CONVOY V3HD

CONVOY V3HD

目次

CyberEye-V3 をお買上げいただき、誠にありがとうございます。このマニュアルは製品の取り付けや使用方法について説明いたします。

本マニュアルにいくつかの誤りの可能性がありますのでご了承ください。また 製品の性能向上のため予告なく変更することがございます。

安全のためのご注意

SD カードについてのご注意

1、製品の概要

2、製品の構成

3、各部の名称

4、仕様

5、製品の取付け

6、製品使用時の状態

主なる音声ガイド

7、再生プログラムをパソコンにインストールする

8、操作メニュー ① 基本的なアイコンの説明

3 頁

4 頁

5 頁

6 頁

7 頁

8 頁 a. システムの設定 b. イベント録画の設定 c. ユーザー情報の設定 d. SDカードの状態 e. バージョン情報

② その他の機能

9 頁・10 頁

11 頁

再生画像の操作方法

③ SD カード内のフォルダーについて

12 頁 9、F・W をアップグレードする方法

13・14・15 頁 10、Wi-Fi(FTPモデルのみ適用)

16 頁 11、Wi-Fi(FTPモデルのみ適用)

23・24・25 頁

26 頁

27 頁

28 頁

29 頁

17 頁

18 頁

19 頁

20 頁

21 頁

22 頁

2

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

安全のためのご注意

 最初の 3~5 分間は SD カードのメモリー形式やファイルシステムのチェ

ックや作成を行なうため途中で取り外さないで下さい。

またこの間は電源を切らないでください。

 機器を過度の衝撃や埃のある場所に置かないで下さい。

(火災の原因となる可能性があります)

 フロントガラスに過剰な着色がある場合や、特殊ガラスは避けてくださ

い。映像の乱れや、GPS受信に障害が出ることがあります。

 SDカードを取り外す時は、SDカードの損傷から守るために、機器の電

源を切ってから行なってください。)

 機器の分解や改造をしないでください。不具合が出ても保証の対象外

になります。

 機器を長時間使用しないと時計がリセットされますが、GPS信号を受

信すると自動的に現在時刻に修正されます。

 安全のために運転中は機器の操作をしないでください。

 揮発性の化学物質で機器の清掃をしないでください。機器の損傷、

火災や感電の危険性があります。

 高温の中で長時間にわたり機器を作動させると動作不良・不具合の

原因となります。

 レンズやフロントガラスの汚れは録画品質を低下させます。常に汚れを

取り除いてください。

 機器を落下や衝撃から保護してください。

 バッテリー電圧が 11.7V 以下になるとバッテリーを保護するために自動

的に電源を切断します。13V 以上に戻ると通常動作が再開されます。

3

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

SD カードについてご注意

1.

SD カードは消耗品です。読み/書きには寿命があります。記録、長時間の使用には定期的な管理が必要とされています。 a.

SD カードの不良発生に備えて、予備の SD カードの準備をしてください。 b. 車の事故に対応するため、予備の SD カードの準備をしてください。

2.

自動車事故時のデーターは、時間の経過とともに上書きによって消去されますので早めに電源を切るか、パソコンに保存してください

3. 電源が入っている時に SD カードを取り外さないでください。 a. 記録された映像が失われることがあります。 b. 故障が発生するほか、SD カードの寿命を減少させます。

4. 再生プログラムなど SD カード内に記録された製品以外のデーターは、安定性を高めるために自動的に消去される場合があります。

5. メンテナンスのため月二回ほど、定期的にパソコン上で SD カードをフォーマットしてください。

6. a. 再生プログラムに適合したフォーマット形式をお勧めします。 b.

P

https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/ の SD フォーマットプログラムをダウンロードしてください。 c. 本製品で使用する SD カードは動作温度 85℃以上、速度は MLC タイプ、クラス 10 以上を推奨します。

SD カードは消耗品です。 a. 長時間にわたり高温で読み書きするため寿命が終わりに近づくと、記録エラーが発生する可能性があります。 b. メーカーは、SD カードの記録エラーについては責任を負いませんのでご了承ください。 c. 付属の SD カードの保障期間は購入後6ヵ月です。(その後はメーカー保証になります)

7. 未使用の SD カードを挿入すると、初回だけフォーマットをするため、3 分ほど待ち時間が必要です。録画開始の音声アナウンスが流れるまで

SD カードを取り外さないで下さい。またこの間は電源を切らないで下さい。

SD カード内に自動で生成される 3 ファイル config / data / update が消去された場合は、記録動作を行うことができません。

4

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

1.

製品の概要

Smart

WDR

Smart

HD

Smart

Recovery

Smart

Information

Smart

Wi-Fi

Smart

Security

Smart

Saving

 クリアーな映像品質、ワイドダイナミックレンジサポート

 解像度 1280×720 録画速度 30fps

内部レンズと前方レンズのダブルカメラ

 SD カードの自動回復機能

 機器の状態を日本語音声ガイドでお知らせ

 各イベントごとに Wi-Fi を介してスマートフォンへ転送、

1 画像を表示する。(Wi-Fi 仕様モデルの場合)

 高輝度 LED を 10 球採用、高度なセキュリティ

 電源電圧(車バッテリー)が 11.7V 以下になるとバッテリーを保

護するために自動的に電源を切断します。

その後 13V 以上に戻ると、通常動作が再開されます。

5

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

2.

製品の構成

ご注意:工場出荷時は SD カードが入っていません。(販売店オプション)

6

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

3.

各部の名称

7

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

4.

仕様

イメージセンサー

音声入力

映像圧縮方式

音声圧縮方式

録画解像度

録画速度

緊急時の外部非常ボタン

衝撃センサー

音声ガイド(スピーカー)

GPS

記録媒体

レンズ画角

再生ビューワー

電源電圧

耐熱温度

湿度

重量

外径サイズ (W x D x H)

V3

前方カメラ : ワイドダイナミックレンジ 1 メガピクセル

内部カメラ : ワイドダイナミックレンジ 1 メガピクセル

内蔵マイク

H.264

ADPCM

前方カメラ : 720P(1280pic×720pic)

内部カメラ : 720P(1280pic×720pic)

各チャンネル、最大 30fps

外付け緊急ボタンで手動操作によるイベント録画

外部からの衝撃によるイベント記録

機器の状態を通知する日本語音声と電子音

グーグル電子マップに接続するための内蔵装置

SD カード (標準: 16GB, 最大: 128GB)

推奨仕様 : Over MLC クラス 10, 動作温度 : 85°C

前方カメラ : 約 130° 広角レンズ 後方カメラ : 約 130° 広角レンズ

Windows XP/ VISTA/ 7/ 8-32Bit/ 64Bit

DC 12V ~ 24V

-20°~ 70°(保存温度: -20° ~ 90°)

10%~95%

本体:150g アンテナとブラケット:50g

64(W) x 112(D) x 47.2(H)mm

8

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

5.

製品の取り付け

取り付け上のご注意

接着剤のついたブラケットを一度取り付けると、移動することは容易ではありません。運転視界の妨げにならないフロントガラスやリ

アウィンドウ上の位置に仮に当て、ペンでマークを付けるなどして慎重に貼り込んでください。 また、カーナビゲーションなどの映像モ

ニターで撮影アングル確認しながら取り付けてください。

取付位置:最初にルームミラーの角度・視野が適正であるかを確認し、水平を保ったままフロントガラスの上部中央付近に機器を

設置してください。フロントガラス上部に着色がある場合はレンズ部分が入り込まないよう調整します。

9

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

10

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

6.

製品使用時の状態につて

操作

電源 ON

取り付け後、機器の電源をオンにすると、すべての LED が点滅を開始します。

「録画開始」の音声ガイドと REC LED が点灯すると録画が始まります。

電源 OFF 機器の電源を切断すると、すべての LED が消灯します。

GPS

GPS の LED は、3 次元の情報を探索・受信すると、GPS の LED は明るさが変化しながら点灯します。

GPS の電波を捉えることができない時は消灯します。

緊急事態 非常ボタンが押された直後、「緊急」録画が開始されます。

録画

標準

衝撃

駐車

動体検知

ひとたび機器に電源が入ると、通常の連続録画が始まります。

この時、前面のセキュリティ LED が 1 秒間隔で点滅します。

交通事故などで、強い衝撃を内蔵センサーが検知すると、自動で標準録画モードから「衝撃イベントモード」に切り替わり録画を続け

て、衝撃イベントモードの終了後に標準録画モードに戻ります。

駐車場などで衝撃センサーが一定の時間内に動きを検出しない場合、駐車モードをチェックして、5 分後に自動的に駐車モードに切り

替わります。 録画速度を 10FPS に落とすことで録画時間を延長します。 この時セキュリティ LED が 1 秒間隔で点滅します。車が動き

出すと自動的に標準録画モードに切り替わります。

駐車モード中に車両の前方 3m以内に動体が検出された場合には、動体検知モードで記録を開始します。この時、前面のセキュリティ

LED が 0.5 秒間隔で点滅します。モーション録画の終了後、再び駐車モードに戻ります。

11

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

主なる音声ガイド

標準モードで録画を始める

システムを構成する

上書きの設定

GPS を接続する

録画の異常

駐車モードから標準モードに変更

SD カードをフォーマットする

SD カードが挿入されていない

SD カードのファイルシステムを復旧

ファームウェアーのアップデート

ファームウェアーの更新終了

録画を開始します。

システムを構成します。

録画領域がありません。上書きの設定を確認してください。

GPS が接続されています。

映像が入力されていません。

安全運転モードで録画を開始します。

SD カードをフォーマットしています。しばらくお待ちください。

SD カードが見つかりません。

SD カードが損傷しているために再起動します。

再起動が続く場合は、SD カードを交換してください。

プログラムのインストール中です、電源を切らないでください。

ファームウェアーの更新処理が終了しました。

12

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

7.

再生プログラムをパソコンにインストールする

ご注意

フル HD を再生するために CPU デュアル 2.4G 以上、PC の仕様を引き継ぎ、RAM-2G、VGA512M 以上が必要です。

低スペックのパソコンでは、記録されたデーターを正しく再生することができません。

① 初めて使用する SD カードは、再生プログラムがインストールされていません。

② 録画時間は SD カードの記憶容量に応じて異なります。

③ 最初に、SD カードを機器に挿入して電源を入れて下さい。

(すべての LED が点滅、データーファイルシステムを生成 するため、3 分ほど待ち時間が必要です。

録画開始の音声アナウンスが流れるまで SD カードを取り外さないで下さい。またこの間は電源を切らないで下さい。)

④ SD カードを取り出して PC に挿入してください。

⑤ PC の VIEWER.EXE"ファイルを実行してください。

⑥ ユーザーアカウント制御メニューを表示するので

「はい(Y)」をクリックしてください。

13

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

⑦ 自動インストールを選択し「次へ」をクリックしてください。

⑧ ネットワークが接続されている場合は、ファームウェアおよび

プログラムについての最新バージョン確認ウィンドウを表示します。

それらをアップグレードする場合は、「アップグレード」をクリックして

ください。ネットワークが接続されていない場合は、V2-HD 再生

プログラムを実行します。

14

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

⑨ インストールが完了すると、V3のプログラムが自動的に

実行され、プログラムのアイコンが PC 上で作成されます。

⑩ アイコンをクリックして再生プログラムが起動すると右側の

ファイルボタン「開く」を押して SD カード内の data フォルダ

ーを選択して「OK」をクリックします。

15

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

8.

操作メニュー

基本的なアイコン

逆再生/再生

一時停止

繰り返す

1 コマ再生

次のイベント

再生速度の変更

音量調整

パノラマ画面

走行レーンを描く

印刷

保存

設定メニュー

ファイルを開く

画面を切り替える

白黒画面にする

走行速度

(GPS が接続されて

いる場合)

ネット接続時の

Google マップ

(GPS が接続されて

いる場合)

再生リスト

G

PS 信号バー

(GPS が接続されて

いる場合)

衝撃センサー

グラフ

16

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

a. システム設定

 解像度

前方カメラ:HD(720P)&(450P)

内部カメラ:HD(720P)&(450P)

ノーマル/イベント-毎秒のコマ数を調整します。

上記の項目は、データサイズやSD容量と関連します。

 音声録音の可否を選択します。

 SDカード容量が満杯になった時、上書きするか、自動的に録画を

停止するか、選択します。

 「使用しない」にチェックした場合は、SDカード内に最後のデータを

書き込んだ後は記録されません。

 標準タイムゾーン:各国の適切な時間を設定する

 安定した動作を維持するために、一日一回の自動再起動を

設定します。

 Km/Miles-再生上の速度表示はキロメートルかマイルを選択して

ください。

17

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

b. イベント録画の設定

 イベント:緊急ボタン/衝撃/オーバースピード/急加速/急減速/

駐車/モーション(動体検知)

 イベント録画時間:イベント後に録画する延長時間を設定します。

 速度の設定:イベントモードを動的にするために上限の速度を

設定します。

 衝撃センサー設定:衝撃センサーの感度を調整します。

 イベントの保存:通常のフォルダとイベントフォルダのそれぞれの

割合を設定します。

ご注意

イベントフォルダの割合を変更した後に電源が投入されると SD

カードは自動的にフォーマットされます。(データー消去)この点に

注意して変更前には重要な録画データーを必ずバックアップして

ください。

18

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

c. ユーザー情報設定

 車両情報

 運転者情報

 車両番号(ナンバー)

 ユーザー情報:

メイン画面のユーザーのID(デフォルト:admin)

ログインするためのパスワードを設定

(デフォルト - いいえ)

 LBP:低バッテリー保護機能の最低電圧を微調整する。

 タイムゾーン設定:ユーザーが手動で時刻を設定することができます。

外部GPSが接続されている場合は自動的に時間を修正します。

ご注意

 このメニューは個人情報です。開示したくない場合は

情報を保管(ブロック)してください。

 パスワード入力がない場合は保管(ブロック)しません。

19

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

d. SDカードの状態

 若干の誤差がSDカードで起こる場合、SDカードのデータを修復または

フォーマット(初期化)します。

 この作業を行うときは、記録されたデータ消去など最悪の場合に備えて、

SDカードに記録されたデータをバックアップしてください。

- SDカードが挿入されているドライブを選択します。

- 修復か、フォーマットか、行いたい機能を選択します。

- フォーマットは、記録されたすべてのデータを削除します。

ご注意

 長期間使用時は SD カードの速度が著しく低下します。

 SD カードの管理は最重要です。

 週に一度は SD カードをフォーマットしてください。

20

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

e. バージョン情報

 OS :オペレーションシステムの作成日を表示します。

 S/W VER-:アプリケーションの作成日を表示します。

 VIEWER:再生プログラムのバージョンを表示します。

 Latest firmware/Latest viewer:最新のファームウェアー/

最新再生ファームウェアーおよび再生ソフトウェアを更新する場合は

“Check the latest version”をクリックします。

ご注意

 インターネットに接続して、アップグレードのファームウェアーを入手し

て PC に SD カードを挿入していることを確認してください。

 最新のファームウェアを SD カードなしでダウンロードする場合はダウ

ンロードしたファイルを上書きします。

21

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

その他の機能

映像保存形式の選択

保存 a. 静止画(JPEG、BMP)、動画(AVI ファイル)の保存、

元データーの保存、G センサーデーターの保存。 b. AVI ファイルは、Windows Media Player や他の

AV メディアプレーヤーで再生することができます。 c. JDR バックアップファイルはヤヌス V2-HD ビューア

プログラムで再生することができます。 d. イメージ·バックアップ·ファイルは、画像ビューアや

ペイントプログラムで示しすることができます。 e. 画像の保存、記録されたデータの時間の JDL を選択し、

AVI ファイルに戻って、保存ボタンを押します。 f. ビデオ、オーディオを一緒に保存する場合は「オーディオ」をチェックします、

保存の進捗状況を作るために「次へ」ボタンを押して

データーの経路を指定します。 g. AVI 保存機能は、改ざん防止に使用することができます。

「ウォーターマークプルーファー」プログラムを実行する

ための「開くボタン」を選択することによって、保存デー

ターが改算されたかどうかを確認することができます。

22

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

全画面

メイン画面から全画面表示に変換するために、

マウスの左ボタンをダブルクリックします。

メイン画面に戻すには、マウスの左ボタンをもう一度クリックします。

拡 大

再生画面で、ズームをする場所の上でマウスの右ボタンをクリックします。

右ボタンを押した後、拡大画面をどこにでも移動することができます。

拡大機能を終了するには、マウスの右ボタンをクリックします。

23

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

走行レー

ンの表示

レーンに合わせてラインを調整し、画面をポップアップすると

上記のようにレーンのアイコンを描画します。「レーンを表示する」

と適用ボタンをクリックして選択します。

キャンセルを選択するとドローレーンを解除します。

「適用」ボタンをクリックしてください。

サムネイル

開始するには「パノラマ」アイコンをクリックすると

16 分割画面が表示されます。

各画面は、シーケンスの個々のフレームを示しています。

ダブル全画面を表示するように 1 画面をクリックしてください。

パノラマモードを解除するには、右端の操作ボタン

「元の表示に戻る」をクリックします。

24

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

イベントシャッ

フル再生

セットアップセクションに左記のようにイベントタブをクリックします。

再生希望の始め点をクリックすると、選択した時間終わり点ま

で再生を繰り返します。

ポイントの始めと終わりをクリアするために解放をクリックします。

反復イベントが一つのイベントになります。

OSD

録画データーの再生では、ビデオ画面の左側下方に

日付、時間、現在の電源電圧、速度を表示します。

時間と日付は、すべてのバックアップに記録されます。

25

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

SDカード内のフォルダーについて

 機器の電源をオフにした後、SD カードを取り外してください。

 その SD カードをパソコンに挿入してください。

 エクスプローラメニューのリムーバブルディスクを選択してください。

 リムーバブルディスク内のフォルダは、左の写真のように表示される。

 イベントデータ保存の割合を 10%以上として設定される場合、

「イベント」フォルダを作成することができる。

 config(システム管理フォルダー)

 data(通常のデータフォルダー)

 event(イベント専用フォルダー)

 update(ファームウェアーアップデートフォルダー)

Log.txt:デバイスの動作状態は、ログファイルに保存する。

Version.ini:機器のバージョン情報を保存する

記録されたデータを保存する。

SD カードにより容量、数量、JDR フォルダが異なっており、

スペースを作るため、事前にフォルダを作成します。

速度オーバー、急発進、急停止、緊急時、衝撃、駐車、運動などの

イベントデータが保存される。

最新のファームウェアをアップグレードする場合に

アップデートファイルを収容するフォルダ 。

ご注意

SD カード内のフォルダーを削除しないでください。 重要な記録データはパソコンにバックアップしてください。

26

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

9.

ファームウェアーをアップグレードする方法

 手動でファームウェアーをアップグレードする

①機器の電源を切断してください。

②機器から SD カードを取り外し、パソコンに挿入してください。

そして、SD カード内の「update」フォルダーにダウンロードしたファームウェアーを

コピーして貼り付けてください。

③機器にその SD カードを挿入してください。

この時点では機器の電源が切れていることを確認してください。

④SD カードを挿入した後、機器に電源ケーブルを接続してください。

⑤起動中に音声ガイドと共に LED が点滅してファームウェアーはアップグレードします。

⑥機器のアップグレードが完了すると「録画を開始します」の音声ガイドが流れ

正常に動作します。

 自動でファームウェアーをアップグレードする

①ビューアがインストールされ、実行されると設定メニュー画面で、

左の写真のようにポップアップ表示されます。

②インターネットの接続と PC に SD カードが自動ファームウェアーの

アップグレードのために必要とされるべきで挿入する。

③メニューのボタンを「アップグレード」を押すと、「最新版」アップグレード

ファイルは、自動的に SD カードの「update」フォルダーにコピーされます。 」

④後は手動アップグレードのプロセスと同じです。

27

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

10. Wi-Fi の接続 ( iPhone モデル )

APP ストアから

設定画面で Wi-Fi をタップ

本体側面の赤い緊急ボタンを

ワンタッチで押す

gnet

で検索、ダウンロード gnet をタップ gnet app をタップ

パスワードを入力する

“qwertyuiop”

接続するとライブ映像や

録画再生・保存ができる

28

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

11. Wi-Fi の接続 ( Android モデル )

Google play から

アプリをインストールして開く

本体側面の赤い緊急ボタンを

ワンタッチで押す

gnet

で検索、ダウンロード

カメラを登録する

接続の成功を確認し、

接続名称を登録します。

④の操作で Wi-Fi の信号を

捕らえる

「接続」をタップ、ライブ映像や

録画再生・保存ができる

29

Copyright © 2015 i-commerce co.,ltd.

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement