FIM型 仕様・取扱い説明書

FIM型 仕様・取扱い説明書
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
FIM型 仕様・取扱い説明書
絶縁型F/V変換器
FIM 型
◆ 本仕様・取扱い説明書は、必ず最終需要家様にお渡し下さい。
◆ 本仕様・取扱い説明書は、後々のために大切に保管して下さい。
◆ 本仕様・取扱い説明書は、内容改善のために変更することがあります。
フェイス株式会社
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
1
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
はじめに
このたびは、絶縁型F/V変換器(FIMシリーズ)をお買い求め頂きまして、誠にありがとう
ございます。本仕様・取扱い説明書は、絶縁型高速パルスアンプの取扱い・操作・保守点検を行う
場合の必要事項及び、安全上の注意事項について説明しております。
取扱い・操作等を誤ると思わぬ事故を起こしたり、製品の寿命を縮めたり、性能を劣化させる事
になります。ご使用前に本仕様・取扱い説明書をお読みいただき、正しくご使用いただくことを
お願いいたします。
◆ 本仕様・取扱い説明書は、必ず最終需要家様にお渡し下さい。
◆ 本仕様・取扱い説明書は、後々のために大切に保管して下さい。
◆ 本仕様・取扱い説明書は、内容改善のために変更することがあります。
安全上のご注意
据付・運転・保守点検の前に必ず本仕様・取扱い説明書を熟読し正しく御使用下さい。機器の
知識、安全の情報、そして注意事項の全てについて習熟してから御使用下さい。
『注意』として区別
本仕様・取扱い説明書では、安全注意事項のランクを下記の様に『危険』
してあります。
!
危
険
: 取扱いを誤った場合に危険な状況が起こる可能性があり、死亡、又は重傷を負う
事故が想定される場合。
!
注
意
: 取扱いを誤った場合に危険な状況が起こり、中程度の傷害や軽傷を受ける事故が
想定される場合、及び、物的損害の発生が想定される場合。
尚、
「注意」に記載した事項でも、状況によっては重大結果に結びつく可能性があります。
いずれも重要な内容を記載していますので、必ずお守り下さい。
<本仕様・取扱い説明書で使用されているその他の記号の意味>
禁
!
DRAWN
強
BY
‘11.07.13
梶 田
: してはいけないこと。
止
制
: しなければいけないこと。
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
2
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
感電・けが・装置破壊の原因となりますので、次の事を必ず守って下さい。
!
危
険
◇ 供給電源は、端子番号 7−8 間に仕様電源電圧範囲(AC85∼264V)の電圧を供給
して下さい。この範囲外の電圧を供給しますと、本器が破壊される恐れがありますので、必ず
電圧を確認してから確実に行ってください。
!
注
意
◇ 電源ケーブルは、断面積0.75 mm2 以上(AWG18番線以下)で配線することを推奨
します。
◇ 検出器ケーブル及び出力ケーブルは、断面積0.5 mm2 以上(AWG20番線以下)の
ツイストペアシールド線で、配線する事を推奨します。
◇ 供給電源にサージやノイズが乗っている場合には、サージ吸収素子やノイズフィルタを本器の
近くに設置し、接続して下さい。
◇ 電源ケーブル、出力ケーブル、及び検出器ケーブルを高圧線、動力線と平行に配線すると、誤
動作や壊れる場合がありますので、30 cm 以上離した別ルートとしてください。又、検出器
ケーブル及び出力ケーブルは、シールド線や金属電線管を使用し、ノイズ発生源や動力線から
離してできる限り短く配線して下さい。
◇ 本器を、モータ等ノイズを多く発生させる機器や動力線、多量の静電気が発生する機械から
できる限り離して設置して下さい。
◇ 仕様の入力応答の最高周波数は、波形比が1:1のときの応答周波数です。従って波形比に
よっては、仕様応答周波数の範囲内でも、応答できなくなる事がありますので、できる限り
波形比のよい検出器を使用してください。
◇ 付属ソケットの端子ネジは過度の力で締付けを行なわないようにして下さい。ソケットの端子
ネジは締付けトルク 0.92 N・m(9.4 kgf・cm)以下として下さい(M3.5ネジ)
。
◇ 取付方向はできる限り水平方向で(制限ではありません)確実にネジ止めして下さい。
又、本器を多く並べて取付ける場合は、上下・左右の間隔に注意して下さい。
!
強
制
◇ 結線終了後、確実に結線されている事(ネジの緩みや誤配線)を確認してください。
禁
止
◇ 本仕様・取扱い説明書に説明されている以外の操作は絶対に行わないで下さい。特に、絶縁
抵抗や耐電圧の測定を行うと本器が壊れる場合があります。
◇ 本器を水のかかる場所や蒸気・腐食性ガスの雰囲気の中では使用しないで下さい。
◇ 落すなど本器に強い衝撃を加えないで下さい。
◇ 本器の改造や分解を絶対にしないで下さい。
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
3
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
1.概
要
本器はロータリエンコーダ等からのパルス信号を受信し、入力周波数に比例したアナログ
信号の 0∼10 V及び、4∼20 mAを出力するものです。フルスケール出力時の周波数は、
パネル面に設けられた4桁のロータリ式コードスイッチと2bitのディップスイッチにて
50.00 Hz∼99.99 kHzの範囲で任意に選択する事ができます。又出力応答は、
パネル面4bitのディップスイッチにより、約25 ms∼約2.5 sの範囲で段階的に
変更する事が可能です。尚入力信号は、フォトカプラにて出力とは絶縁されています。
プラスッチクモールドケースの採用により小型軽量で、取付けは付属のソケットにより
DINサイズのレールに直接取り付ける事が可能です。
2. 型
式
FIM −12 E 010 420 A
本器を表す
検出器用電源電圧を表す
12:DC12 V
入力信号仕様を表す
E:電圧パルス入力
C:オープンコレクタパルス入力
電圧出力信号仕様を表す
010:0∼10 V
出力
電流出力信号仕様を表す。
420:4∼20 mA
出力
バージョン記号
3. 外 形 図
20
端子台ソケット
本体取付用
クランプ(上、下)
7. 8
8
7
6
5
50
DINレール
(35 mm 幅)
取付の場合
10 0
12 9
11 - M 3. 5
端子ネジ
8 1 ma x.
2-φ4 .5
取り付け穴
(深さ25)
9
3
10
11
1
40
2
4
80
3 5. 4
4
9 0. 5
98 m ax .
ターミナルソケット
51 m ax .
(3 .3 )
適合端子台ソケット
オムロン社製 型式 11PFA
単位 : mm
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
4
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
4.ブロック図
フルスケール設定 レンジ選択
10
9
1
11
7
8
波形整形 フォトカプラアイソレート
SIG
6
+V
0V
ロータリエンコーダ
5.仕
F/V変換器
3 + V(I)
4 0 V(I)
+ V(○)
0 V(○)
+ V(I)
0 V(I)
AC/DC
電圧出力0−10 V
0 V
電流出力4−20 mA
0 V
AC85∼264 V
様
5.1. 供給電源
AC85 V ∼ AC264 V 50/60 Hz
5.2. 検出器電源
DC12 V ±5 % 120 mA max.
5.3. 入力最高周波数
99.99 kHz max.(波形比1:1にて)
5.4. 入力信号
種 類
項 目
信 号 レ ベ ル
入
力
抵
電圧 パルス入力
(FIM−12E010420A)
オープンコレクタ パルス入力
(FIM−12C010420A)
「L」レベル: -5 ∼ +2 V
「H」レベル: +5 ∼ +30 V
抗
シンク電流(Is):24 mA
飽 和 電 圧: 2 V 以下
プルアップ抵抗: 510 Ω
10 kΩ
−
12 V
REF
510 Ω
REF
Is
入
力
回
路
Sig
−
−
+
Sig.
+
μPC272相当
0V
μPC272相当
送信側
0V
5.5. 使用周波数範囲
50.00 Hz∼99.99 kHz
(フルスケール出力時の周波数)
5.6. フルスケール周波数設定
①4桁ロータリ式コードスイッチ
②2bit ディップスイッチにてレンジ切替
DIP5
レ ン ジ
1
2
OFF
OFF
× 0.01
ON
OFF
× 0.1
OFF
ON
× 1
ON
ON
× 10
上記①×② により、フルスケールの設定値が決定します。
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
5
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
5.7. 出力信号
5.7.1. 出力1
電圧出力
5.7.2. 出力2
5.7.3.
5.7.4.
5.7.5.
5.7.6.
精度
出力リップル
温度ドリフト
出力応答時間
0∼10 V
許容負荷抵抗 1 kΩ 以上
電流出力
4∼20 mA
許容負荷抵抗 500 Ω 以下
±0.5 % F.S.(at 25 ℃)
±0.5 % F.S.
±0.125 % F.S./10 ℃
出力信号の0∼90 %までにかかる時間
DIP5
出力応答時間
3
4
5
6
OFF
OFF
OFF
OFF
25 ms
ON
OFF
OFF
OFF
150 ms
OFF
ON
OFF
OFF
250 ms
OFF
OFF
ON
OFF
600 ms
OFF
OFF
OFF
ON
1.4 s
ON
ON
ON
ON
2.5 s
精度 ±50 %
5.7.7. スパン調整
5.7.8. オフセット調整
5.8. 入出力信号間絶縁
5.9. 絶縁抵抗
5.10. 絶縁耐圧
5.11. 耐ノイズマージン
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
±0.5 % (内部可変抵抗)
±0.5 % (内部可変抵抗)
フォトカプラにて絶縁
下記3種類の組合せに於いて
DC500 Vメガにて100 MΩ以上
・供給電源端子一括
・エンコーダ入力端子一括
・出力信号端子一括
下記2種類の組合せに於いて
AC2000 V 1分間印加後、異常なき事。
(日本電機工業会規格 JEM 1021 準拠)
・供給電源端子一括 ――― エンコーダ入力端子一括
・供給電源端子一括 ――― 出力信号端子一括
下記の組合せに於いて
AC500 V 1分間印加後、異常なき事。
・エンコーダ入力端子一括 ――― 出力信号端子一括
IEC801−4 LEVEL3
(電源ラインノイズ2000 V、入出力信号線誘導ノイズ1000 V)
DRAWING
NO.
D11038
6
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
5.12.
5.13.
5.14.
5.15.
5.16.
使用温度範囲
使用湿度範囲
保存温度範囲
消費電力
質 量
0 ℃∼+50 ℃(但し、結露なき事)
35 %∼85 %R.H.(但し、結露なき事)
−10 ℃∼+60 ℃(但し、氷結なき事)
10 VA max.
280 g max.(但し、付属ソケットは含まず)
6.取付け
6.1. 直接取付け
下記寸法で付属ソケットにより取り付けて下さい。
62以上
62以上
2−M4
10以上
40
6.2. 支持レールを使用する場合
使用するレールは、DIN規格の下記のものを推奨します。
メーカー:オムロン製
支持レール
形 PFP−100N
形 PFP−50N
7.3±0.15
35±0.3
4.5
27±0.15
15
25
10
25
25
10
25
15
1
1000(500)
支持レール
形 PFP−100N2
16
27
24
29.2
4.5
35±0.3
15
25
10
25
25
10
25
15
1
1.5
1000
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
7
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
7.取り扱い説明
7.1. 供給電源は、仕様電源範囲(AC85∼264 V)の電圧を、本体接続銘板の通り、
端子番号 7−8 間に供給して下さい。この範囲外の電圧を供給しますと、本器が
破壊される恐れがありますので、必ず電圧を確認してから確実に行ってください。
7.2. 電源ケーブルは、断面積0.75 mm2 以上(AWG18番線以下)で配線することを
推奨します。
7.3. 検出器ケーブルは、断面積0.5 mm2 以上(AWG20番線以下)のツイストペア
シールド線で、配線することを推奨します。
7.4. 結線終了後、確実に結線されている事(ネジの緩みや誤配線)を確認して下さい。
7.5. 配線の確認が出来ましたら電源を投入します。電源を投入しますと、表示ランプが
点灯し動作を開始しますので、検出器用の外部出力電圧が仕様通りか確認し、パルス
信号を入力して下さい。
7.6. 入力周波数に対する設定
7.6.1. 入力するパルスのフルスケール周波数を下記右図の様にパネル面にあるロータリ
式ディップコードスイッチ(Dip1∼4)とピアノディップスイッチ(Dip5)の2bitで
設定します。
7.6.2. フルスケール設定は、下表の様になります。
6
Dip1∼4
応答時間
設定
5
Dip5
レンジ
フルスケール周波数範囲
OFF
OFF
×0.01
50.00∼99.99 Hz
ON
OFF
×0.1
050.0∼999.9 Hz
OFF
ON
×1
0.050∼9.999 kHz
ON
ON
×10
0.050∼99.99 kHz
Dip5
4
2
ON 1
2
3
1
01
9
78
23
01
9
56
Dip3
4
78
23
01
9
78
01
56
9
4
23
Dip1
56
Dip2
4
[例]右図のフルスケール選択値は、
5.000 kHz
となります。
56
Dip4
4
23
2
1
周波数
レンジ設定
×1000
×100
周波数
×10 定数設定
×1
78
7.7. 入力信号に対する出力信号の応答時間設定は、前項のピアノディップスイッチ(Dip5)の
3∼6のスイッチで行います。次表の様に段階的に選択が可能です。
応答時間の規定は、出力信号の0∼90 %までにかかる時間を言います。
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
8
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
DIP5
出力応答時間
3
4
5
6
OFF
OFF
OFF
OFF
25 ms
ON
OFF
OFF
OFF
150 ms
OFF
ON
OFF
OFF
250 ms
OFF
OFF
ON
OFF
600 ms
OFF
OFF
OFF
ON
1.4 s
ON
ON
ON
ON
2.5 s
尚、応答時間は、入力周波数に対する出力リップル値との兼ね合いがありますので、低
周波数入力になるに従い遅れが増加致しますのでその点について考慮をお願い致します。
8.注意事項
!
8.1. 仕様の入力応答の最高周波数は、波形比が1:1のときの応答周波数です。従って、
波形比によっては、仕様応答周波数の範囲内でも、応答できなくなる事があります
ので、できる限り波形比のよい検出器を使用して下さい。
8.2. 供給電源にサージやノイズが乗っている場合には、サージ吸収素子やノイズフィルタ
を、本器の近くに設置し接続して下さい。
8.3. 電源ケーブル、出力ケーブル、検出器ケーブルを高圧線、動力線と平行に配線すると、
誤動作や壊れる場合がありますので、30 ㎝以上離した別ルートにして下さい。
又、検出器ケーブルは、シールド線や金属電線管を使用し、ノイズ発生源や動力線から
離しできる限り短く配線して下さい。
8.4. 本器を、モータ等のノイズを多く発生させる機器や、動力線、多量の静電気が発生する
機械等からは、できる限り離れた場所に設置して下さい。
8.5. 本器は、水のかかる場所や、蒸気、腐食性ガスの雰囲気の中では使用しないで下さい。
8.6. 取付け方向は、(特に制限はありませんが)できる限り水平方向で確実にネジ止めして
下さい。又、本器を多く並べて取り付ける場合は、上下・左右の間隔に注意して行って
下さい。
8.7. 本器付属ソケットの端子ネジ締付けの際には、過度の締付けをしないように注意して
下さい。ソケットの端子ネジは、M3.5のため、締付けトルクは0.92 N・m(9.4 ㎏f・㎝)
以下として下さい。
8.8. 本仕様・取扱い説明書に説明されている以外の操作は、絶対に行わないで下さい。
特に、絶縁抵抗や絶縁耐圧の測定を行うと、本器が壊れる場合がありますので絶対に
行わないで下さい。
8.9. 落とす等して本器に強い衝撃を加えないで下さい。
8.10. 本器の改造や分解は、絶対にしないで下さい。
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
9
10
REV.MARK
REVISIONS
DATA
REVISED
BY
APPROVED BY
絶縁型F/V変換器 仕様・取扱説明書
9.保証規定
9.1. 保証期間
貴社指定場所へ納入後1年間と致します。
9.2. 保証範囲
保証期間内に於ける、取扱い説明書の取扱い説明、注意事項に従った正常な使用
状態で故障した場合には、本保証規定に従い無償修理致します。
9.3. 修理手順
故障品は、当社工場に返却後、速やかに修理及び調整後、貴社にご返却致します。
9.4. 保証期間内でも次の場合には、保証の範囲外とさせていただきます。
a)使用者側での輸送・移動時の落下等、取扱いが適当でない為に生じた故障・損傷。
b)接続している他の機器に起因して、本器に故障を生じた場合。
c)火災・塩害・ガス害・異常電圧 及び地震・雷・風水害・その他の天災地変等に
よる故障・損傷。
d)当社の承認無く修理・調整・改造された場合。
e)取扱い説明に記載の使用方法、及び注意事項に反する取扱いによって生じた故障。
f)お客様の特別なご要望により出張修理を行う場合の出張料金。
9.5. この保証は、日本国内での取り引き及び使用を前提とし、製品の修理又は、交換のみと
致します。
9.6. なお、ここで言う保証とは、納入品単体の保証を意味するもので、納入品の故障により
誘発される二次的損害(災害)は、保証対象外と致します。
又、本器の故障により二次的損害(災害)のおそれがある場合には、他に保護装置等を
設け 対策を講じて下さい。
尚、本仕様は製品の改良の為、予告なしに変更する場合がありますので、予めご了承下さい。
DRAWN
BY
‘11.07.13
梶 田
CHECKED
BY
APPROVED BY
‘11.07.15 ‘11.07.16
原 田
高見澤
DRAWING
NO.
D11038
10
10
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement