組立・取扱説明書

組立・取扱説明書
保存用
ソファ本体・ワイドアーム・2シーター・羽根ポケットコイルクッション
ソファ本体・ワイドアーム・2.5シーター・羽根ポケットコイルクッション
ソファ本体・スリムアーム・2シーター・羽根ポケットコイルクッション
ソファ本体・スリムアーム・2.5シーター・羽根ポケットコイルクッション
組立・取扱説明書
この度は本製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。
ご使用前に本書をよくお読みいただき、内容を理解した上で、正しく組み立て、正しくお使いください。
また、本書はいつでも確認できるように大切に保管してください。
もくじ ページ
・重要なお知らせ(安全上のご注意)
2~3
・パーツリスト/各部の名称
4
・組立手順
5
・お手入れ方法/ご使用に際して
・製品仕様/お問い合わせ先
6~7
8
20150828
1
NN/W PF
重要なお知らせ(安全上のご注意)
※必ずお守りください。
この「組説・取扱説明書」は、当社製品を安全に組立て末長くご使用いただき、お客様や周りの方々への危害や損害を未然に
防止するためのものです。その内容により【警告】と【注意】に区分されています。表示と意味は下のとおりです。
●表示の説明
誤った使い方をしたときに生じる危害や損害の程度を区分して説明しています。
警告
人が死亡または重傷 の可能性が
(※1)
想定される内容です。
注意
人が傷害 を負う可能性及び物的
(※2)
損害 の発生が想定される内容です。
(※3)
●図記号の説明
お守りいただく内容を次の図記号で説明しています。(次は図記号の例です。)
してはいけない「禁止」の内容です。
必ず実行しなければならない「強制」の内容です。
※1 重傷とは、失明やけが、やけど、骨折、中毒、感電などで後遺症が残るもの及び治療に入院、長期の通院を要するもの
をさします。
※2 傷害とは治療や入院や長期の通院を要しない、けが、やけどをさします。
※3 物的損害とは、家屋、家財にかかわる拡大損害をさします。
組み立ての際のご注意
警告
禁止
●不要になった包装資材はすぐに処分するなど、お子様の手の届く所に置かないでください。
頭からかぶるなどしたときに、口や鼻をふさぎ、窒息する恐れがあります。
注意
●組立てに充分な場所を確保し、敷物等を敷いて床や既存の家具に傷が付かないように、注意して行ってください。
●重量がありますので、組立ては必ず2人以上で行ってください。重いものや長いものなど無理やり持ち上げたり、
無理な態勢で取り付けると商品破損やケガの原因となります。
必ず守る
●組立て中にパーツ等の不足、不備があった場合は、組立を中止してください。固定部分が外れて、ケガの原因に
なります。
設置環境についてのご注意
警告
●ストーブなど引火するおそれのあるものを近くに置かないでください。火災の原因となります。
禁止
●製品の脚などで電化製品の電源コードを踏まないでください。コードが破損し、感電や火災の原因になることが
あります。
注意
●直射日光や照明、ストーブやエアコンなどの熱や温風を商品に直接あてないでください。反りや歪み、割れ、変色
などの原因になります。
禁止
●多湿な場所(目安:湿度70%以上でかつ室温20℃以上)で長期間設置はしないでください。
カビやダニなどが発生し、健康を害することがあります。
●ソファを長時間同じ場所に設置し使用されますと床と、脚の設置面が凹んだりして床を傷める場合があります。
必ずカーペット等敷物の上にソファを設置するか、ソファの脚にフェルト等を貼って使用してください。木部の塗料と
床面との化学反応による汚れ防止になります。
必ず守る
●壁から少し離して設置してください。(目安:10cm程度)。風通しが悪くて空気が滞留したり、壁側の結露や外気
の影響でカビが発生しやすくなり、健康を害することがあります。また、壁に直接触れていると、壁紙が変色する
おそれがあります。
ー お願い (その他 注意) ー
●平らで安定した場所に設置してください。不安定な場所での使用は、製品が歪んだり、破損の原因になることがあります。
2
(つづき)
使用上のご注意
警告
●乳幼児を寝かさないでください。床への落下や窒息の原因になることがあります。
●保護者の目の届かないところで、お子さまだけでは使用させないでください。
●たばこの火等をソファの座面等に落とさないでください。火事の原因となります。
●座る以外には使わないでください。思わぬケガの原因になることがあります。
●座った状態でソファを傾けるなど、不安定な状態では使用しないでください。
転倒や商品の破損により、思わぬケガをする原因となります。
禁止
●商品の上に立ったり、飛び跳ねたり、踏み台代わりに使用したりしないでください。
バランスを崩し転倒したり、商品の破損によりケガの原因になることがあります。
●破損・変形したソファは使用しないでください。思わぬケガをするおそれがあります。
●修理や改造はしないでください。製品の強度が弱くなり、ケガをする原因となります。
●座面に浅く腰掛けないでください。転倒してケガをする原因となります。
注意
●製品の周辺、または上部に物を置かないでください。落下しケガの原因になることがあります。
●羽毛クッションを強くたたいたり、折り曲げたりしないでください。羽毛や側生地を痛めて、羽毛の飛び出しの原因と
なり、ケガをするおそれがあります。
●シンナーなどの有機溶剤や漂白剤などの薬剤でお手入れしないでください。
変色や変形の原因となります。
●化学ぞうきんを長時間接触させたままにしないでください。変色したり、表面がはがれたりすることがあります。
禁止
●フェルトを貼った状態では凹凸や継ぎ目などの段差のある床面では使用しないでください。
フェルトが剥がれて、床面を汚したり、傷つけたりする原因となります。
●移動する際は、引きずったり落としたりしないでください。商品の破損、床面への傷の原因となります。
●移動する際は、大人2人以上で移動させてください。
1名で無理に移動させるとケガや商品の破損、また床を傷付ける原因となります。
●ソファの上に物を置かないでください。落下しケガをすることがあります。
●万が一、羽毛の硬い部分が飛び出している場合は、羽根を取り除いてください。そのまま使用すると、飛び出した
羽毛でケガをすることがあります。
必ず守る
●使い始めるときは、室内の換気を十分にしてください。
木材の接着剤などに含まれるホルムアルデヒドが残っている可能性があり、化学物質に過敏な体質な方や乳幼児
などアレルギー症状を起こすことがあります。
3
パーツリスト
ワイドアーム
A 本体×1
B 背クッション×2
スリムアーム 共通
C 座クッション×2
※イラストはワイドアームです。
スリムアームの場合はアームの幅が異なります。
※別売の「脚・ソファ本体用」に含まれるパーツ
a 木脚×4(別売)
b フェルトシール×4(別売)
各部名称
ワイドアームの場合
スリムアームの場合
B 背クッション
A 本体
B 背クッション
A 本体
C 座クッション
アーム
C 座クッション
a 木脚
アーム
a 木脚
(完成図)
※カバー装着方法は、別売のカバーに付属の説明書をご確認ください。
4
組立手順
ワイドアーム
スリムアーム 共通
組立ての前に必ずお読みください。
注意
●組立てに充分な場所を確保し、敷物等を敷いて床や既存の家具に傷が付かないように、注意して
ください。
●組立ては必ず2人以上で行ってください。
※木脚(別売)を組み立てる前にカバー(別売)をカバー付属の取扱説明書を確認し、装着してください。
※手順のイラストはワイドアームを例にしております。
1
床の傷付き防止のため 木脚に フェルトを貼り付けてください。
a
b
a
注意
b
2
フェルトは床面を保護するために使用してください。
貼る前に貼る面のほこりなどの付着物をふき取ってください。
付着物があると粘着力が低下します。
貼った後は全体をしっかり押さえて、ムラなく接着してください。
本体を下図のように立ててください。
1
A
a
本体側の脚取り付け穴に 木脚のボルトを入れ、矢印方向に回し、
2
A
最後までしっかり締めつけてください。
脚取り付け穴
A
2
1
a
A
敷物
3
A 本体を起こしてください。 座クッションを「クッションの置き方」を参考に正しい向きにして置きます。
C
A
4
C
背クッションを「クッションの置き方」を参考に
B
正しい向きにして置きます。
クッションの置き方
B 背クッションは
前後はありません。
B
B
C 座クッションはパッドがある
C
面を上にしてください。
A
パッド
完成
注意
側面図
ファスナーの向きを図のように
設置してください。
■起こす際に脚の片側に過度の荷重がかからないようにご注意ください。
破損、床のキズ等の原因になります。
移動するときは二人以上で持ち上げて移動してください。
■各パーツがしっかり固定されているか必ず確認してください。
■ご使用後、一週間程経過しましたら脚の取付ボルトをしっかり締め直してください。
緩んだまま使用すると、ソファが破損し、ケガをする恐れがあります。
5
C
お手入れ方法
汚れについて
【カバーのお手入れ】
●毎日のお手入れは柔らかい布で乾拭きしてください。ほこりなどはブラシや掃除機(弱設定)などを使って取り除いてください。
●コーヒーなどの汚れがひどいときは、ぬるま湯を使って3-5%程度に薄めた中性洗剤に柔らかい布を浸し、よく絞って表面を
たたくようにふき取ってください。その後、水を浸した布で洗剤をよく拭き取り、自然乾燥してください。
●カバーの洗濯方法については、カバーの洗濯表示に従い、正しく取り扱いください。
【羽毛クッションの側生地のお手入れ】
●部分的に側生地が汚れた場合は、中性洗剤でつまみ洗いをしてください。その後は、風通しの良い場所で陰干しし、
中の羽毛をほぐしてください。湿気が残っている場合には、臭いの原因になりますので充分乾燥させてください。
【木脚のお手入れ】
●塗装面のホコリは、柔らかい布または、ハタキなどで軽く払ってください。硬い布やほこりなどが付着した状態でこすると
細かなキズがつく原因となります。
●汚れがひどい時は、3-5%程度に薄めた中性洗剤を浸した布で汚れを落とし、その後、水で浸した布で洗剤をよくふき取っ
てください。次に乾いたやわらかい布で軽く拭いた後で自然乾燥させてください。
●化学雑巾を長時間、接触させないでください。表面が剥がれたり変色したりするおそれがあります。
羽毛クッションついて
【クッションのお手入れ】
●インナークッションの中身は、隅に片寄る性質があります。型崩れ防止のためにも、定期的にクッションをもみほぐし、
中に空気を入れて形を整えるようにしてください。
●お使いいただくうちにクッション材が動いて移動して形状が型くずれします。クッションをかるく横からたたいたり、揉みほぐす
などして形を整えてください。羽毛クッションの中に充分な空気が入るようにすると、よりきれいに仕上がります。
注意
クッションは強くたたいたり、無理に折り曲げたりしないでください。
羽毛や側生地を傷めて、羽毛の飛び出しの原因となり、ケガをするおそれがあります。
●側生地の縫い目が一部ほつれたり、小さな穴が開いた場合には、裏側に接着剤の付いた市販の補修布をご使用ください。
●陰干し等した後は、表面を軽く手で払いホコリを取り除くようにしてください。強く“たたく”行為は、羽毛や側生地を痛め
羽毛飛出しの原因になる恐れがありますので、軽くたたくようにしてください。
【羽毛の飛出しについて】
クッションには詰め物の羽毛が外に出てこないように高密度に織られた側生地を使用し、ダウンプルーフ加工を施して
いますが、縫い目などからまれに羽軸の硬い部分が生地からでてくる事があります。羽軸の硬い部分が飛び出して
いる場合は、飛び出した羽毛を取り除いてご使用ください。
【羽毛の臭いについて】
ご購入直後や湿気の多い梅雨時には、羽毛の臭いがすることがあります。臭いが気になる場合は、クッションの中の
臭気(空気)を押し出し、新しい空気と入換えて、3~4時間、風通しの良いところに干してください。
6
ご使用に際して
木脚について
●本商品は天然木を使用しているため、木目や色合い等、天然木材特有の個体差があります。
そのため、商品として木目や色調に差がありますが、あらかじめご了承ください。
ホルムアルデヒドの対策について
●ホルムアルデヒドとは
ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群の原因物質の一つといわれています。常温で気化する無色で刺激臭のある
化学物質で、家具はもとより建築資材、壁紙を貼る接着剤などに含まれています。少しづつ放散されるため、ホルム
アルデヒドに汚染された室内に長時間いると目がチカチカしたり、喉に不快な刺激を感じたりすることがあります。濃度
が高いと呼吸困難を起こす場合もあります。 ●お部屋の換気をしてください。
注意
家具を設置の際は、室内の換気を十分にしてください。化学物質に過敏な体質の方や乳幼児など
アレルギー症状を起こすことがあります。
ホルムアルデヒドは空気中に放散されやすいので、普段からこまめに室内の換気を行うようにしてください。
複数の家具を同時に設置した場合は特に窓をできるだけ広く開け、十分な換気を行ってください。室内の温度が高く
なると、ホルムアルデヒドは多く放散される傾向がありますので、夏季に室内を長時間締め切っている場合は特に換気
をするようご注意ください。換気効率を上げるため、複数の窓を開けたり、換気扇、扇風機、サーキュレーターなどの
利用したりすることをお勧めします。
●化学物質に過敏な体質のお客様へ
ホルムアルデヒドに限らず、シックハウス症候群に該当する化学物質は許容量に個人差があります。
よって、室内濃度指針値(健康上望ましいとされるホルムアルデヒドの室内濃度値)以下の濃度であっても反応する
体質の方もいらっしゃいます。現段階の無印良品の家具におきましても少ない材料を極力使用しておりますが、まった
く放散されないわけではありませんので、特にご注意ください。
アレルギー症状が起きた際は、医師にご相談される事をおすすめします。
●無印の家具は梱包内にホルムアルデヒド吸着・分解シート※を入れて出荷しています。
※ホルムアルデヒド吸着・分解シート:アイシン精機(株)との共同開発
狭い空間ではホルムアルデヒドは逃げ場がなく、材料に再吸着する可能性があります。そこで、少しでもお客様のお手
元に届くまでにホルムアルデヒド濃度を低下させるためにホルムアルデヒド吸着分解シートを入れています。
※同梱の「ホルムアルデヒド吸着シート」は、能力が落ちておりますので、燃えるゴミとして処分してください。
●「収納家具用ホルムアルデヒド吸着・分解シート」のご案内
収納家具用ホルムアルデヒド吸着・分解シートを別途販売しております。
引き出しなど密閉された空間の場合など、ホルムアルデヒドは少しずつ放散され続けますので、継続してのご使用が
お勧めです。
保守点検
●脚にゆるみやグラツキがないか定期的に点検し、ゆるみはじめたらしっかり締めなおしてください。
ケガや破損、床面への傷の防止となります。
●害虫を発見した場合は、直ちに殺虫や防虫処理をしてください。放置すると虫害が拡大する恐れがあります。
移動について
注意
1人では移動を行わないでください。ケガや破損、床面へのキズの原因になります。
●移動させる際は、クッションなど取り外しできるものは外して運んでください。
必ず座部の下に両手をかけて、大人二人以上で、床面をひきずらないように持ち上げて運んでください。
廃棄について
廃棄の際は、住居地域自治体のルールに従い、処分してください。
7
製品仕様
品名
ソファ本体・ワイドアーム・
2シーター・羽根ポケット
コイルクッション
ソファ本体・ワイドアーム・
2.5シーター・羽根ポケット
コイルクッション
ソファ本体・スリムアーム・
2シーター・羽根ポケット
コイルクッション
ソファ本体・スリムアーム・
2.5シーター・羽根ポケット
コイルクッション
用途
ソファ・2人用
ソファ・2~3人用
ソファ・2人用
ソファ・2~3人用
製品重量
約37.5Kg
約43.3Kg
約33.9Kg
約39.9Kg
製品寸法
幅 1600mm
奥行 875mm
高さ 750mm 座面の高さ 400mm
幅 1900mm
奥行 875mm
高さ 750mm 座面の高さ 400mm
幅 1390mm
奥行 875mm
高さ 750mm 座面の高さ 400mm
幅 1690mm
奥行 875mm
高さ 750mm 座面の高さ 400mm
材質
原産国
本 体 スチールパイプ・合板・プラスチックボード(ポリプロピレン)
脚 部 天然木(ブナ材)
脚 部 : ウレタン樹脂塗装
表面加工 体 : ポリエステル100%
張 り 材 本
クッション部 : 綿100%
クッション材 ウレタンフォーム
羽毛(フェザー)
鋼製ばね(Sばね、ポケットコイルスプリング、スチールワイヤー)
中国
お問い合わせ先
商品のお問い合わせ先は、お買い上げの販売店もしくは下記お客様室までご連絡ください。
お客様室でんわ
〒170-8424
東京都豊島区東池袋4-26-3
0120-14-6404
受付時間 平日 10:00~21:00
土・日・祝 10:00~18:00
8
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement