標 準 規 格 - ARIB 一般社団法人 電波産業会

標 準 規 格 - ARIB 一般社団法人 電波産業会

ARIB STD-T56

携帯型無線端末の比吸収率測定法

SPECIFIC ABSORPTION RATE (SAR) ESTIMATION

標   準   規   格

ARIB STANDARD

ARIB STD-T56 3.1版

平 成 1 0 年 1 月 2 7 日   策       定

平 成 1 4 年 1 月 2 4 日   2 . 0 改 定

平 成 2 3 年 7 月 7 日   3 . 0 改 定

平 成 2 4 年 1 2 月 1 8 日   3 . 1 改 定

一般社団法人 

電 波 産 業 会

Association of Radio Industries and Businesses

ARIB STD-T56

まえがき

一般社団法人電波産業会は、無線機器製造者、電気通信事業者、放送機器製造者、放送事業者及

び利用者の参加を得て、各種の電波利用システムに関する無線設備の標準的な仕様等の基本的な要

件を『標準規格』として策定している。

『標準規格』は、周波数の有効利用及び他の利用者との混信の回避を図る目的から定められる国

の技術基準と、併せて無線設備、放送設備の適正品質、互換性の確保等、無線機器製造者、電気通

信事業者、放送機器製造者、放送事業者及び利用者の利便を図る目的から策定される民間の任意基

準をとりまとめて策定される民間の規格である。

る公正性及び透明性を確保するため、内外無差別に広く無線機器製造者、電気通信事業者、放送機

器製造者、放送事業者及び利用者等の利害関係者の参加を得た当会の規格会議の総意により策定さ

れたものである。

一般社団法人電波産業会の前身である旧電波システム開発センターは、旧郵政省電気通信技術審

議会が平成

2 年に答申した諮問第 38 号『電波利用における人体の防護指針』に準拠して、自主基

準として『電波防護標準規格

RCR STD-38』を平成 5 年にとりまとめた。その後、平成 9 年に諮問

89 号に対する電気通信審議会答申『電波利用における人体防護の在り方』が公表され、身体の近傍

に電波の発射源があるような場合に適用する局所吸収指針が明確に規定された。また、平成

10 年

認するための電波の強度の測定方法及び算出方法』が答申された。これらのことから電波産業会は、

平成

11 年に RCR STD-38 の改訂を行い 2.0 版を策定し、局所吸収指針については、 2.4 節 局所

吸収規格”の項において、「電磁波放射源

(主にアンテナ)や金属(筐体等)と人体との距離が 10cm 以

(周波数 300MHz 以上 3GHz 未満)の場合には、局所吸収規格を原則として適用する」と規定して

いる。

局所吸収指針に関して総務省は、諮問

89 号答申に基づき、人体頭部における比吸収率(SAR)

の許容値を制定する省令を公布し、平成

14 年 6 月 1 日より施行している。

携帯電話端末等に対する

SAR の測定方法については、国際標準化機関の IEC(TC106)におい

て、各国での局所吸収指針の制度化に共通的に使用することを目的に具体的な技術基準の標準化が

進められてきた。この進展に合わせて電気通信技術審議会は、諮問第

118 号として平成 12 年に『携

帯電話端末等に対する比吸収率の測定方法』のうち『人体側頭部の側で使用する携帯電話端末等に

対する比吸収率の測定方法』を答申した。総務省は、この答申に基づき平成

13 年に『人体頭部にお

ける比吸収率の測定法』を定める告示を出し、平成

14 年 6 月 1 日より施行している。

ARIB STD-T56

一方、電波産業会は、平成

9 年の諮問第 89 号電気通信審議会答申の「身体の近傍に電波の発射

源があるような場合に適用する局所吸収指針」に対して、その適合性を実験的に確認するための測

定技術基準を『

ARIB STD-T56 1.0 版』として平成 10 年 1 月 27 日に世界に先駆けて策定し自主的

に運用してきた。しかし、平成

12 年の諮問第 118 号答申に基づく平成 13 年の告示により国家標準

が規定されたことから、この規定にかかわる詳細な測定技術基準の改定を行い平成

14 年 1 月 24 日

に『

ARIB STD-T56 2.0 版』を発行し利用してきた。

しかし、近年におけるモバイルコンピューティング等の急速な発展により、無線端末が多様化し

て人体側頭部以外でのばく露形態が一般化しつつあることや、第4世代携帯電話、無線

LAN など

における

3GHz 以上の周波数利用が進展しつつあることから、総務省は情報通信審議会に対して平

21 年 7 月 28 日第 2030 号『局所吸収指針の在り方』について諮問し平成 23 年 5 月 17 日に答申

を受けている。さらに

SAR の測定方法についても IEC の最新基準との整合性確保等を目的として、

情報通信審議会は、諮問第

118 号として平成 23 年 10 月 28 日に『携帯電話端末等に対する比吸収

率の測定方法』のうち『人体側頭部を除く人体に近接して使用する無線機器等に対する比吸収率の

測定方法』を答申した。

本標準規格は、局所

SAR を実際に測定する際の、技術要件の詳細及び技術解説等を世界の標準

化機関(

IEC、CENELEC、IEEE 等)の最新規格との整合性を考慮しつつ、平成 23 年 7 月 7 日に

ARIB STD-T56 3.0 版』として取りまとめた。本標準規格が示す技術は、携帯電話端末に類似した

ばく露形態を持つ各種無線機器や端末に対しても応用することが出来る。

無線機器製造業者、電気通信事業者、利用者等が携帯電話端末等の局所吸収指針適合性を判断す

るに当って、本資料に記述する技術情報を基準にして適切な評価を行い、もって、電波利用の円滑

な普及・促進に寄与することが期待される。

本標準規格が、無線機器製造者、電気通信事業者、放送機器製造者、放送事業者、利用者等に積

極的に活用されることを希望する。

尚、付録は本文中で引用している事項を記述しているものであり、規格の一部として扱われる文

書である。

ARIB STD-T56

目 次

まえがき

第1章 一般事項

........................................................................................................................................ 1

1.1

概要

.................................................................................................................................................. 1

1.2

適用範囲

........................................................................................................................................... 1

1.3

SAR 評価 ............................................................................................................................................ 1

1.4

準拠文書

............................................................................................................................................ 3

第2章 測定法の基本的事項

...................................................................................................................... 4

2.1

測定原理

........................................................................................................................................... 4

2.2

測定系の概要

................................................................................................................................... 4

2.3

ファントム

....................................................................................................................................... 5

2.4

液剤

.................................................................................................................................................. 7

2.5

SAR 計測装置 .................................................................................................................................. 9

2.6

プローブ走査装置

............................................................................................................................ 9

2.7

保持器

............................................................................................................................................ 10

第3章 具体的測定方法

............................................................................................................................ 11

3.1

測定系のセットアップ

.................................................................................................................... 11

3.2

測定

................................................................................................................................................ 16

第4章 評価

............................................................................................................................................. 23

4.1

適合確認に用いる指針値(許容値)

............................................................................................. 23

4.2

不確かさ

......................................................................................................................................... 23

4.3

評価方法

......................................................................................................................................... 23

第5章 測定系の評価試験及び較正

......................................................................................................... 24

5.1

測定系の評価試験

.......................................................................................................................... 24

5.2

SAR 計測装置の較正 ..................................................................................................................... 24

あとがき

.................................................................................................................................................... 25

第6章 用語の定義

.................................................................................................................................. 26

付録1 ファントムの根拠

....................................................................................................................... 29

A1.1

形状

............................................................................................................................................. 29

- i-

ARIB STD-T56

A1.2

ファントムの媒質

........................................................................................................................ 29

A1.3

手の影響について

........................................................................................................................ 30

付録2 測定系の評価試験

....................................................................................................................... 31

A2.1 目的 ............................................................................................................................................ 31

A2.2 基本構成例 ................................................................................................................................. 31

A2.3 試験の手順 ................................................................................................................................. 34

A2.4

目的

............................................................................................................................................. 34

A2.5

基本構成

...................................................................................................................................... 34

A2.6

基準

SAR ..................................................................................................................................... 36

付録3

LTE (LONG TERM EVOLUTION) 対応送信機の設定条件 ..................................................... 39

A3.1

概要

............................................................................................................................................. 39

付録4 身体装着無線機の測定位置

......................................................................................................... 40

A4.1

概要

............................................................................................................................................. 40

A4.2

アクセサリの使用が明記されている場合

................................................................................... 40

A4.3

特定のアクセサリがない場合

..................................................................................................... 40

付録5

USB ドングル・カード型無線機の SAR 評価 ............................................................................ 41

A5.1

概要

............................................................................................................................................. 41

A5.2

SAR 測定 ..................................................................................................................................... 41

A5.3

ばらつきを考慮した測定結果の取り扱い

................................................................................... 41

付録6 モジュール型無線機の

SAR 評価 ................................................................................................ 42

A6.1

概要

............................................................................................................................................. 42

A6.2

SAR 測定条件 .............................................................................................................................. 42

A6.3

その他

.......................................................................................................................................... 42

付録7 複数帯域同時送信における閾値の確認方法

................................................................................ 43

A7.1

概要

............................................................................................................................................. 43

A7.2

電力の単純総和による確認

......................................................................................................... 43

A7.3

SAR 測定値を考慮した確認 ........................................................................................................ 43

付録8 複数帯域同時送信機器の測定手順

.............................................................................................. 44

A8.1

概要

.............................................................................................................................................. 44

A8.2

手順

............................................................................................................................................... 44

- ii-

ARIB STD-T56

A8.3

各方法の適用例

............................................................................................................................. 47

付録9 高速

SAR 測定装置を用いたスクリーニング ............................................................................. 48

A9.1

概要

............................................................................................................................................. 48

A9.2

高速

SAR 測定装置の概要 ........................................................................................................... 48

付録10

SAR 補正 ................................................................................................................................. 49

A10.1

概要

........................................................................................................................................... 49

A10.2

概要

........................................................................................................................................... 49

参考文献

.................................................................................................................................................... 50

参考資料1 電気通信技術審議会答申 諮問第38号「電波利用における人体の防護指針」(抜粋)

.. 51

参考資料2 電気通信技術審議会答申 諮問第89号「電波利用における人体防護の在り方」

64

参考資料3 情報通信審議会答申 諮問第2030号「局所吸収指針の在り方」

................................ 70

参考資料4 ICNIRPにおける四肢の定義

....................................................................................... 71

参考資料5 ファントム液剤の組成例

..................................................................................................... 72

参考資料6 LTE対応送信機の測定手順例

.......................................................................................... 77

参考資料7 時間平均電力の算出例

......................................................................................................... 83

参考資料8 微弱電力除外レベルの算出

.................................................................................................. 87

参考資料9 高速SAR測定装置と測定例

.............................................................................................. 91

参考資料10 FCC測定法

.................................................................................................................... 93

参考資料11 その他の測定法(本規格第1版抜粋)

............................................................................ 95

参考資料12 その他の測定法(外部磁界を用いた推定法)

............................................................... 102

参考資料13 その他の測定法(2次元電界測定による推定法)

........................................................ 107

参考資料14 携帯電話端末における取り扱い説明書へのSAR記載例

.............................................. 111

- iii-

ARIB STD-T56

第1章 一般事項

1.1 概要

本比吸収率測定方法(以下「本測定方法」という。)は、人体の

20cm 以内で使用される無線通信

機器について、電波防護指針の局所吸収指針に対する適合性評価に使用する標準的な測定方法を提

示することにより、電波防護指針の円滑な運用を図ることを目的とする。

本測定方法では、電界プローブを使用する測定方法として

IEC(国際電気標準会議)62209-1 お

よび

62209-2 に準拠している。従って、本測定法にて規定されていない事柄については、該当する

IEC 規格を参照すること。

なお、研究・技術の進展や革新により本測定法に記載される技術事項に改良すべき事項が生じた

場合、並びに新たな測定法が提案され、その有効性が確認された場合には速やかに内容の改定や新

たな測定法の追加を行うこととする。

1.2 適用範囲

1.2.1 対象

本測定方法の対象機器は、手掌を除く人体に対して

20cm 以内に近接して使用する無線機器で、

電波発射源が手掌を除く、人体に対して

20 cm 以内の近傍に存在するもののみを対象とする。対象

機器には例えば携帯電話端末、無線データ端末や

RFID などが含まれる。

体内に金属等の異物を植え込んでいる場合等のばく露は対象としない。

1.2.2 周波数範囲

本測定方法は、

30MHz 以上 6GHz 以下の周波数帯域に適用する。但し、人体側頭部の側で使用

する携帯電話端末等については、

300MHz 以上 3GHz 以下とする。

1.3 SAR 評価

1.3.1 SAR 評価の基本手順

1.3.1.1 単一送信・複数送信の有無確認

被測定機に搭載されている送信機の数、システムの種類などを確認する

1.3.1.1.1 単一送信の場合

平均電力の算出を行い、表

4.1 に従い SAR 評価が必要か確認する

1.3.1.1.2 複数送信の場合

・同時に送信しない場合、各々の平均電力を算出し、表 4.1 に従い SAR 評価が必要か確認する

1-

ARIB STD-T56

・同時に複数帯域を送信する場合、それらの平均電力の総和を算出し、表

4.1 に従い SAR 評価が

必要か確認する。

備考)現行の人体側頭部測定法では、複数送信の測定法が規定されていないが、人体側頭部以外

の測定法に準拠した測定をすることができる。

以上の基本手順を図

1.3-1 に示す。

1.3-1 SAR 評価の基本手順

1.3.2 SAR 評価の流れ

1.3.2.1 人体側頭部/人体側頭部以外の確認

被測定機が人体側頭部、人体側頭部以外の使用かを確認する

1.3.2.1.1 人体側頭部の場合

3.1.3 の測定位置で SAR 評価を行う

1.3.2.1.2 人体側頭部以外の場合

・被測定機の製造者等が取扱説明書等において、当該機器の使用方法を明示している場合には、

明示された位置に従い試験すること。 (3.1.4.1)

・意図した所定の使用や取り扱い手順がない場合は一般機器として扱い、近接可能な機器の全て

の面に対してそれぞれ平面ファントムに密着させて設置し

SAR 評価を行うこと。(3.1.4.2)

以上の条件を含む SAR 測定の流れを図 1.3-2 に示す。

2-

ARIB STD-T56

開 始

人体側頭部/側頭部以外の確認

人体側頭部以外

いいえ

一般機器による測定

使用方法が明確?

はい

使用方法による測定

人体側頭部

側頭部設置による測定

ある

他の設置条件?

ない

終了

1.3-2 SAR 評価の流れ

1.4 準拠文書

IEC 62209-1: 2005, Human exposure to radio frequency fields from hand-held and body-mounted wireless communication devices – Human models, instrumentation, and procedure – Part 1: Procedure to determine the specific absorption rate (SAR) for hand-held devices used in close proximity to the ear (frequency range of 300 MHz to 3 GHz)

②情報通信審議会答申 諮問第

118 号,「携帯電話端末等に対する比吸収率の測定法」のうち、「人

体側頭部の側で使用する携帯電話端末等に対する比吸収率の測定法」平成

18 年 1 月 23 日

IEC 62209-2: 2010, Human exposure to radio frequency fields from hand-held and body-mounted wireless communication devices – Part2: Procedure to determine the specific absorption rate (SAR) for wireless communication devices used in close proximity to the human body (frequency range of 30 MHz to 6 GHz)

IEC 62479: 2010, Assessment of the compliance of low-power electronic and electrical equipment with the basic restrictions related to human exposure to electromagnetic fields (10

MHz to 300 GHz)

⑤情報通信審議会答申 諮問第

118 号,「携帯電話端末等に対する比吸収率の測定法」のうち、「人

体側頭部を除く人体に近接して使用する無線機器等に対する比吸収率の測定法」平成

23 年 10 月

28 日

3-

ARIB STD-T56

第2章 測定法の基本的事項

2.1 測定原理

SAR の測定方法においては、擬似的な人体モデル(ファントム)を用いた模擬的ばく露状態を実

現することにより、人体内に生ずるであろう

SAR を実験的に推定する。測定系は、実際のばく露

状態を良好に模擬でき、しかもより正確な推定値が得られるようなものであることが望ましい。こ

れまで、ファントム内部の電界分布や内部電界に起因する温度上昇分布の測定値から

SAR を推定

する方法などが提案されている。

本規格が採用するプローブ走査型

SAR 測定方法は、人体の電気的特性を模擬した液剤を充填し

たファントム内部の電界分布を等方性の電界プローブを用いて高精度に測定し、その測定値から

1g

又は

10g 平均の局所 SAR を算出することを基本原理とする。SAR と電界強度との間には次式の関

係がある。

SAR(x,y,z) = σE

2

(x,y,z)/ρ [W/kg]

ただし、

SAR(x,y,z)及び E(x,y,z)は、それぞれ位置(x,y,z)における SAR 値と電界強度の測定値(実

効値)、また、σ及びρは、それぞれファントムの導電率と密度である。本測定方法は、これまで提

案されている他の方法と比較して、

SAR 分布測定の精度、再現性等の点で優れている。ただし、測

定値の信頼性を確保するために、測定系の条件や局所

SAR の算出方法等を詳細に決めておくこと

が必要である。

2.2 測定系の概要

測定系は、図

2.2-1 に示すように、ファントム、SAR 計測装置、プローブ走査装置、被測定機の

保持器及び基地局シミュレータから構成される。

・周囲温度は 18

C から 25C の範囲とする。(無線設備規則第十四条の二)

・他の無線設備に影響を与えないこと。

・周囲ノイズ(例えば、測定システムのノイズ、ロボットモーターのノイズ、他の

RF 送信機な

ど)の影響が、 SAR で 0.012 W/kg 以下とする。(無線設備規則第十四条の二)

・基地局シミュレータなどの送信設備、床、位置決め装置等からの反射の影響が、測定する SAR

3%未満であること。(無線設備規則第十四条の二)

4-

ARIB STD-T56

プローブ走査装置

(液剤)

ファントム

(2.3.1の形状)

(外殻)

被測定機

保持器

微小ダイポールセンサ

空調設備付電波暗室又はシールドルーム等

基地局シミュレータ

(必要なら)

2.2-1 測定系の基本構成図

2.3 ファントム

ファントムの大きさや形状は、

SAR 値に関わる主要なパラメータであることから、人体を模擬し

ていることが望ましい。また、その電気的特性も人体組織と同等の特性を有することが望ましい。

ファントム内部で電界プローブを走査可能にするため、このファントムは、上部に開口部をもつ外

殻に液剤を充填した構成とする。外殻は形付けられた容器として用い、可能な限り測定に影響を与

えないものである。

2.3.1 形状と寸法

ファントムの形状と寸法は、表

2.3-1 を満足すること。ファントムの根拠については、付録 1 を

参照。

2.3-1 ファントム

人体側頭部 人体側頭部以外

形状及び公差

IEC 62209-1(図 2.3-1)

(無線設備規則第十四条の二)

IEC 62209-2(図 2.3-2)

5-

ARIB STD-T56

ファントム外殻は、低損失かつ低誘電率の物質で構成すること。

・誘電正接は、 0.05 以下であること。(無線設備規則第十四条の二)

・比誘電率の実部は、

3 GHz 以下で 5 以下(無線設備規則第十四条の二)、3 GHz 超で 3 以上 5 以

下であること。

B

F

RE

N

M

2.3-1 ファントムの概念図

2.3-2 人体側頭部以外のファントムの概念図

6-

ARIB STD-T56

備考)周波数が

300 MHz を超え、ファントム外殻底面の外側表面からの離隔距離が 25 mm 以下

の場合。

(1)周波数が

300 MHz を超え 800 MHz 以下

長径

0.6λ

0

(λ

0

は自由空間中の波長、単位はメートル)、短径

0.4λ

0

の楕円形を包含すれば平

面ファントム底面の壁はどのような形状のファントムでもよい。

(2)周波数が 800 MHz を超え 6 GHz 以下

長径

225 mm、短径 150 mm の楕円形を包含すれば底面の壁はどのような形状のファントムでも

よい。

2.4 液剤

ファントムに充填する液剤の電気的特性は、表

2.4-1 に従うこと。表の数値間の値については、

線形補間で求めること。液剤の調合例を参考資料4に示す。

7-

ARIB STD-T56

2.4-1 液剤の電気的特性

周波数

(MHz)

人体側頭部

比誘電率

の実部

規定なし

規定なし r

導電率

 (S/m)

規定なし

人体側頭部以外

比誘電率

の実部

 r

導電率

 (S/m)

30

150

規定なし

55.0 0.75

52.3 0.76

300 45.3 0.87 45.3 0.87

450 43.5 0.87 43.5 0.87

750

規定なし 規定なし

41.9 0.89

835 41.5 0.90 41.5 0.90

900 41.5 0.97 41.5 0.97

1450 40.5 1.20 40.5 1.20

1800 40.0 1.40 40.0 1.40

1900 40.0 1.40 40.0 1.40

1950 40.0 1.40 40.0 1.40

2000 40.0 1.40 40.0 1.40

2100

規定なし 規定なし

39.8 1.49

2450 39.2 1.80 39.2 1.80

2600

規定なし 規定なし

39.0 1.96

3000 38.5 2.40 38.5 2.40

3500

規定なし 規定なし

37.9 2.91

4000

4500

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

5000

5200

5400

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

5600

5800

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

6000

規定なし 規定なし

備考)人体側頭部:無線設備規則第十四条の二に記載

37.4 3.43

36.8 3.94

36.2 4.45

36.0 4.66

35.8 4.86

35.5 5.07

35.3 5.27

35.1 5.48

8-

ARIB STD-T56

2.5 SAR 計測装置

・ SAR の最小検出限界値ならびに最大検出限界値は、表 2.5-1 を満足すること。

感度、直線性及び等方性は、測定周波数における生体組織の電気的特性を模擬する液剤中にて

評価すること。

・ 電界プローブセンサ部の外形寸法は、表 2.5-1 を満足すること。なお、電界プローブは定期的

に較正しておくこと。

2.5-1 SAR 計測装置

人体側頭部

最小検出限界値

<

(無線設備規則第十四条の二)

最大検出限界値

直線性

電界プローブセンサ部の大きさ

> 100 W/kg

(無線設備規則第十四条の二)

  0.5 dB

(0.01 W/kg  SAR  100 W/kg)

(無線設備規則第十四条の二)

保護カバー直径

 8 mm

人体側頭部以外

 0.01W/kg

規定しない

※1

規定しない

※1

先端部直径

 8 mm (

f

 2 GHz)

/3 (

f

> 2 GHz)

:液剤中の波長 (mm)

※1不確かさで評価すること

2.6 プローブ走査装置

2.6.1 概要

3 次元 SAR 分布の評価ができるように、電界プローブを液剤内で走査可能であること。機械的構

造が

SAR 測定を妨げないこと。

2.6.2 技術的条件

(1) 精度

測定範囲に対するプローブ先端の位置決めの精度は、各走査位置について

0.2mm の範囲内であ

ること。(無線設備規則第十四条の二)

(2) 位置決め分解能

1mm 以下であること。(無線設備規則第十四条の二)

9-

ARIB STD-T56

2.7 保持器

・人体側頭部については、傾斜角度の誤差が

1の範囲内であること。(無線設備規則第十四条の

二)

・保持器材質の誘電正接は

0.05 以下であること。保持器材質の比誘電率の実部は 5 以下であるこ

と。(無線設備規則第十四条の二)

10-

ARIB STD-T56

第3章 具体的測定方法

3.1 測定系のセットアップ

3.1.1 一般事項

・ ファントム液剤の電気的特性について、表 3.1-1 を満足すること。

ファントム液剤の深さは、表 3.1-1 を満足すること。

測定前にファントム液剤を慎重にかき混ぜ、気泡がないようにすること(特にプローブ走査領

域 )。

・ 測定系及び各構成部分が条件どおりに正確に動作していることを確認すること。

SAR 算出には、測定した電気特性を用いること。人体側頭部以外については、付録 9 に従って

補正をすること。

ファントム液剤温度

3.1-1 セットアップ

人体側頭部 人体側頭部以外

規定なし

18 C から 25C の範囲とする

ファントム液剤の電気的特性

SAR 測定前の 24 時間以内に、 SAR 測定前の 24 時間以内に、フ

ファントム液剤の電気的特性を

測定すること。

ァントム液剤の電気的特性を測

定すること。もしくは、もし測定

施設が

1 週間を上限とした間隔

の測定で表

2.4.-1 の値に適合で

きるなら、より少ない頻度に測定

間隔を広げることができる

試験中の液剤温度の変化 液剤特性測定の間の液剤温度か

2C を超えないこと。

ファントム液剤の偏差 表

2.4-1 で指定された値に対し

て許容偏差

と。

5%の範囲であるこ

2-3 GHz ではの比誘電率の

偏差は

10%以内とすることが

液剤特性測定の間の液剤温度か

2C を超えないか、または

SAR 偏差が

5%以内になる温

度変化か、どちらか小さい方と

すること。

2.4-1 で指定された値に対し

て許容偏差

10%の範囲である

こと。

の二)

11-

ARIB STD-T56

ファントム液剤の深さ 耳の基準点(

RE、LE 点)にて

備規則第十四条の二)

15 cm 以上になること。3 GHz –

6 GHz の周波数範囲に対しても

15 cm の深さとすることが望ま

しいが、液剤の上部表面からの

反射により

SAR 値の変動が 1%

を超えないなら減らすことがで

きる。

3.1.2 被測定機

測定に際して被測定機は、表 3.1-2 に示す送信機を使うこと。

・ アンテナ、バッテリ及び付属品は、被測定機の製造者により指定されたものであること。

設備規則第十四条の二)

空中線電力及び周波数は、内部試験プログラム又は、適切な試験装置(基地局シミュレータ)

を使って制御すること。

・ 空中線電力は、被測定機を送信モード/もしくは動作必要条件で定義されている最大出力値に

設定すること。ただし、最大出力で

SAR が困難な場合は、それより低出力で測定し、最大出力

時の

SAR に換算してもよい。(無線設備規則第十四条の二)

備考) LTE (Long Term Evolution)対応送信機については、付録 3 を参照のこと。

3.1-2 送信機の条件

人体側頭部 人体側頭部以外

送信機

外部との接続

それ自身の内部送信機を使うこ 内部、一体化、または外部で接

と(無線設備規則第十四条の二) 続された送信機を使うこと

バッテリは、各測定前に十分に 通常の使用状態において必要な

単一なバッテリ充電による測定

充電し、外部との接続がないこ

と。(無線設備規則第十四条の

二)

規定なし

備考

場合以外は、電源等のケーブル

を接続しないこと。

外部電力源による動作機器 バッテリは、各測定前に完全に

下記の方法でドリフトを評価し

補 正 す る こ と ( 詳 細 は 、

IEC

62209-2 6.1.3.2 参照)

1) バッテリの放電特性

2) 累積ドリフト計算

バッテリは、各測定前に完全に

充電し、外部との接続がないこ 充電し、外部との接続がないこ

12-

ARIB STD-T56

と。 と。但し、被測定機の電源が外

部電源のみの場合は、製造者が

送信信号 擬似的なベースバンド信号を用

指定したケーブルを用いて適切

な外部電源に接続する。

規定なし

い、該当する通信方式の信号形

式に従った連続送信とする(無

線設備規則第十四条の二)

備考)現行の人体側頭部測定法では、一回のバッテリ充電で連続的に測定する際の

SAR 補正につ

いて規定されていないが、人体側頭部以外の測定法に準拠した測定をすることができる。

3.1.3 人体側頭部における標準的な測定位置(無線設備規則第十四条の二)

被測定機は、ファントムの左右両側について、次に規定する二つの位置で測定すること。

垂直中央線 垂直中央線

Wt/2

Wt/2 Wt/2 Wt/2

水平線

水平線

A

受話部

A

受話部

B

B

Wb/2

Wb/2

(a) 箱型

Wb/2 Wb/2

(b) 折り畳み型

3.1-1 被測定機の例

(1) 頬の位置

頬の位置を、以下のように定義する。

3.1-1(a)および(b)に示す 2 直線(垂直中央線と水平線)を確認する。垂直中央線は、被測定機

の前面の

2 つの点を通る線である。2 つの点は、被測定機の受話部の高さでの幅 Wt の中央点と被測

定機の底辺部の幅 Wb の中央点である。水平線は、被測定機の受話部の中央を通り垂直中央線に対

13-

ARIB STD-T56

し直交する。

2 つの線は A 点で交差する。 a) 垂直中央線と水平線を、ファントムの正中面に平行に位置させ、かつ、A 点が RE と LE を結

ぶ直線と交差するように被測定機を置くこと(図

3.1-2 (a))。 b) A 点を RE-LE 間の線と合わせたまま、耳に接触するまで被測定機をファントムに向かって動

かすこと(図 3.1-2 (b))。 c) 正中面と平行な面内に被測定機を保持しながら、A 点を中心に両耳と口の三つの基準点(M、RE

及び

LE)を含む基準面に垂直中央線を合わせるように被測定機を回転させること(図 3.1-2 (a))。 d) 基準面内に被測定機の垂直中央線を保ち、かつ、被測定機が耳に接触した状態で被測定機前

面のいずれかの点が、ファントムの頬に接触するまで被測定機の底を動かすこと(図 3.1-2 (c))。

ただし、頬に接触する前に耳から離れた場合は、その位置で測定すること(図 3.1-2 (c))。

正中面

LE

F

RE

M

M

基準面

RE-LE

N

受話部 中央点

(a)

正中面

(b)

正中面

RE LE

RE

LE

基準面

M

(c)

3.1-2 頬の位置

14-

ARIB STD-T56

(2) 傾斜の位置

傾斜の位置を以下のように定義する。 a) (1)の頬の位置に被測定機を置くこと(図 3.1-2(c))。 b) 被測定機の向きを変えずに、被測定機を参照面に対し平行に移動し、被測定機が 15°回転でき

るまでファントムから十分に離す。 c) (1)の基準面内に被測定機の垂直中央線を保ちながら、A 点を中心点として頬の位置の状態か

ら外側に

15°の角度まで被測定機を回転させること(図 3.1-3)。ただし、15°の角度にいたる

前に、被測定機の

1 ヶ所が耳に接触し、同様に他の部分がファントムに接触している場合は、

傾斜角度は 15°より小さくてよい。

正中面

LE

正中面

RE RE

LE

M

15°

15°

3.1-3 傾斜の位置

3.1.4 人体側頭部以外の測定位置

・被測定機の製造者等が取扱説明書等において、当該機器の使用方法が明示されている場合には、

明示された位置とする。また、試験は明示した条件に限ること。

・使用方法が明示されていない場合は、被測定機の全ての面に対してファントム外殻下部に密着さ

せたそれぞれの位置とする。

・上記のほか、

3.1.4.1 記載の IEC の規格 62209-2 で定める位置方法に準じることができる。

・被測定器の大きさがファントム外殻の大きさを超える場合は、

IEC 62209-2 で定める方法で測定

すること。

15-

ARIB STD-T56

3.1.4.1 使用形態による測定位置

IEC 62209-2 6.1.4.3  6.1.4.11 に使用形態別の分類が記載されており、これらに準じた測定位

置とすることができる。

1) 一般機器

2) 身体装着機器(付録 4)

3) ヒンジか回転可能はアンテナを搭載した機器

4) 身体保持機器

5) デスクトップ機器

6) 顔正面利用機器

7) 手持ち機器

8) 手足装着機器

9) 衣服一体型機器

3.1.4.2 ホスト装置が必要な被測定器の測定位置

ホスト装置に装着され両者が一体化する送信機、例えばモジュール型送信機、

USB ドングル/カー

ドタイプの送信機については、

3.1.4.1 の使用形態による設置方法とすること。これらの測定につい

ては付録

5(USB ドングル/カードタイプ送信機)、付録 6(モジュール型送信機)を参照のこと。

3.2 測定

3.2.1 一般条件

(1) 人体側頭部の測定は、3.1.3 で記述した(1)と(2)の両方の位置に対して、ファントムの左右両

側にて各動作帯域の中央付近の周波数を使って行うこと。(無線設備規則第十四条の二)人

行うこと。

(2) 被測定機の全ての構成(例えば、収納可能なアンテナを持つ場合には、アンテナを伸ばした

状態と収納した状態の両方など)で

(1)の試験を行うこと。

(3) マルチモード機能又は複数の使用帯域を持つ被測定機を測定する場合には、各送信モード又

は帯域について対応する最大送信出力で (1)の試験を行うこと。

(4) 送信周波数帯域幅が中心周波数の 1%を超え、かつ、10%以下の場合は、(1)から(3)の試験で

SAR の最も高い測定値が得られたときの被測定機位置において、送信帯域の最大と最小の周

波数について試験すること。さらに、 SAR の測定値が SAR の許容値に対し 50%以上(-3dB

以上)にある他の全ての条件に対しても同様に行うこと。

(5) 送信周波数帯域幅が中心周波数の 10%を超える場合は、(1)から(3)の試験で SAR の最も高い

測定値が得られたときの被測定機位置において、以下の式を用いて試験する周波数の数を決

め試験すること。さらに、 SAR の測定値が SAR の許容値に対し 50%以上(-3dB 以上)にあ

16-

ARIB STD-T56

る他の全ての条件に対しても、同様に行うこと。(無線設備規則第十四条の二)

N = 2*roundup(10*(f h

– f l

)/f c

)+1 f c

:中心周波数 f h

:帯域内の最高周波数 f l

:帯域内の最低周波数

N:測定数

Roundup(x)は、変数 x を次の整数に切り上げる。試験する周波数は、できる限り等間隔に

すること。

3.2.2 高速 SAR 測定装置を用いたスクリーニング

人体側頭部以外の測定には、高速

SAR 測定装置を用いたスクリーニングが適用できる。高速 SAR

測定装置を用いたスクリーニングについては付録

9 に記載している。

3.2.3 測定手順の詳細

3.2.1 項に記述した一般条件についてさらに、以下の操作及び測定を実施すること。

(1) ファントム外殻の内部表面から表 3.2-1 記載の距離にある測定点を一つ選び SAR を測定する

こと。測定点は、表

3.2-1 記載の位置とすること。

表 3.2-1 測定点の位置

人体側頭部

位置 被測定機付近。ただし、耳付近

人体側頭部以外

ファントム内部表面からの距離

10 mm 以内

被測定機に最も近接した位置

でも良い。

(2) ファントム内の SAR 分布を測定すること。表 3.2-2 記載の測定間隔であること。内部表面近

くでの走査を行う場合は、電界プローブ先端の中央とファントム内部表面の間の距離は、表

3.2-2 を満足すること。全ての測定ポイントにおいて、表面の法線に対してプローブの角度が

3.2-2 を満足することが望ましい。

17-

ARIB STD-T56

表 3.2-2 粗い走査の条件

人体側頭部 人体側頭部以外

測定間隔

20 mm 以下(< 3 GHz)

60/

f

[GHz]mm 以下

(  3 GHz)

電界プローブ先端の中央とファン

トム内部表面との距離

8 mm 未満で偏差が 1 mm 5 mm 未満で偏差が 1 mm

< 3 GHz)

ln(2)/2 mm 未満で偏差が

±0.5 mm (

 3 GHz)

表面の法線に対するプローブ角度

30 未満 5 未満

但し、

は平面波の表皮深さ、ln(x)は自然対数である。

(3) 得られた SAR 分布から、最大 SAR 値の位置と最大 SAR 値の 63%以上(-2dB 以上)となるす

べての

SAR の位置を割り出すこと。最大値の検索を行うために必要である。最大 SAR 値以

外の

SAR については、最大 SAR 値が SAR 許容値に対して 63%以上(-2dB 以上)、すなわち

1.26W/kg 以上になるときのみ測定する。

(4) 最小寸法が 30 mm × 30 mm × 30 mm である体積内において、表 3.2-3 記載の測定間隔で SAR

を測定すること。

3 GHz 以上では、22 mm × 22 mm × 22mm に減らすことができる。深さ方向

は表

3.2-3 記載とすること。垂直方向に可変間隔を利用する場合は、表 3.2-3 記載の条件を満

足すること。その領域の中心を検出された最大 SAR 値の位置に重ねること。電界プローブ先

端の中央とファントム内部表面の間の最大距離は、

3 GHz 未満で 5 mm、3 GHz 以上で

ln(2)/2 mm であること。但し、

は平面波の表皮深さ、ln(x)は自然対数である。全ての測定ポイント

において、表面の法線に対してプローブの角度が表 3.2-3 を満足することが望ましい。

最小寸法

測定間隔

深さ方向

8

5

垂直方向への可変間隔

3.2-3 立方体走査の条件

人体側頭部

30 mm × 30 mm × 30 mm

規程なし

人体側頭部以外

30 mm × 30 mm × 30 mm

22 mm × 22 mm × 22mm

(

 3 GHz)

24/f [GHz] mm 以下

ただし、 8 mm を超えない

8-f [GHz] mm 以下

ただし、 5 mm を超えない

ファントム外殻に近い

2 箇所の

表面の法線に対するプローブ角度

30

未満

ること。但し

4 mm を超えない

こと。それ以外は、隣接する間

隔に対して

1.5 倍を超えない割

合で間隔を増加させることがで

きる。

5

未満

18-

ARIB STD-T56

(5) 3.2.5 に示された補間及び外挿手順を使って、質量平均に必要な空間分解能における局所 SAR

値を求めること。

(6) (1)の測定点にて SAR 測定を再度行い、表 3.2-4 に従ったドリフトの評価を行うこと。

(7) 人体側頭部以外の SAR 測定結果は、付録 10 に従って補正すること。ただし、補正係数

SAR

が負の場合、測定した SAR は補正してはならない。

3.2-4 測定結果取り扱い

人体側頭部

ドリフトの取り扱い

(6)にて再度行った測定値と、(1)

で得られた測定値とを比べて二

つの測定結果に

±5%以上の差が

ある場合は、バッテリを完全に

充電して測定を繰り返す等の処

人体側頭部以外

(6)にて再度行った測定値と、

(1)で得られた測定値とを比べ

て二つの測定結果が

5%以下の

場合は、不確かさ量に追加する

5%を超える場合は、偏りとし

て測定した

SAR に補正する

置をとること。これが不可能な

場合は、例えば

SAR の時間に

対する変化データ等を用いて試

験が適切であることを実証する

こと。

以上の条件を含む測定の基本手順及び測定手順の詳細を図

3.2-1 及び図 3.2-2 に示す。

19-

ARIB STD-T56

測定系のセットアップ

被測定機の動作条件を設定

被測定機の設置

中心周波数近傍でSAR測定

未完了

設置条件は全て完了か?

完了

SAR値が最も高くなる被測定

機の設置条件を決定

他の全ての周波数(下限、上

限周波数等)でSAR測定

未完了

許容値に対して-3 dB以上

にある全ての条件完了か?

完了

未完了

被測定機の動作条件は

全て完了か?

完了

全ての測定値の中から局所最大SARを決定

3.2-1 測定の基本手順

20-

ARIB STD-T56

参照点でのSAR測定

粗い走査

最大SARの位置と最大SARの63%

以上となるすべてのSARを割り出す

立方体走査

未完了

全ての条件測定?

完了

参照点でのSAR測定

3.2-2 測定手順の詳細

3.2.4 複数帯域同時送信時の測定

被測定機が複数の送信周波数で同時に動作する場合で、プローブ校正もしくはファントム液剤の

有効な周波数範囲より離れている複数周波数の場合、各々の送信周波数における局所

SAR を別々

に測定し、同じ条件下で合計した値を被測定機の複数帯域同時送信時の局所

SAR とする。複数あ

る送信モードのうち

2 番目以降の出力レベルが付録 7 で定める閾値より小さい場合は、試験を省く

ことができる。代替法を含む複数帯域同時送信時の測定詳細については付録

8 を参照のこと。

3.2.5 SAR 値の算出

(1) 補間

局所

SAR を計算するとき、与えられた質量に対して測定間隔が粗い場合には、測定点間で補間

を行うこと。詳細は

IEC 62209-1 を参照のこと。

(2) 外挿

使用される電界プローブは、通常三つの近接した直交ダイポールを持ち、これらのダイポールは

保護管に納められている。測定点はプローブ先端から数 mm の所に設けられており、SAR の測定

の位置を求める際に、このオフセットを考慮すること。

(3) 平均体積

局所

SAR を算出するための組織の形状は、立方体の形をしていること。算出に用いる密度は、

1000 kg/m

3 を使用すること。

立方体がファントム外殻内面と交差する場合は、三つの頂点が外殻内面に接触するように、又は

一つの面の中央が表面に正接するように立方体の向きを決めること。

外殻内面に最も近い立方体の面をその表面に合うよう変更し、追加された体積を立方体の反対側

21-

ARIB STD-T56

の面から差し引くこと。

(4) 最大値の検索

局所最大

SAR が求められる位置の近傍のファントム内部表面上で立方体の位置を動かすこと。

局所最大

SAR を持つ立方体が走査空間内の端にないこと。もし端にある場合は、走査領域をず

らし、測定をやり直すこと。

この局所最大

SAR 値を測定結果とする。

22-

ARIB STD-T56

第4章 評価

4.1 適合確認に用いる指針値(許容値)

適用する電波防護指針は、平成9年4月電気通信技術審議会「電波利用における人体防護の在り

方」

[2]及び平成23年5月情報通信技術審議会「局所吸収指針の在り方」[3]とする。

対象部位

4.1 指針値と除外レベル

環境 指針値

SAR limit

[W/kg]

除外レベル

P th,m

[mW]

頭部

備考

および胴体

四肢

一般環境

一般環境

2 20

4 40

頭部および胴体

四肢

管理環境

管理環境

10 100

20 200

備考)人体側頭部については、無線設備規則第十四条の二で規程

参考)胴体および四肢の定義は、参考資料

4 を参照

4.2 不確かさ

SAR 値測定の不確かさ決定については、IEC 62209-1 および 62209-2 に規定された方法に基づ

いて評価する。不確かさの取り扱いについては、表

4.2 を参照すること。

表 4.2 不確かさの取り扱い

人体側頭部 人体側頭部以外

不確かさ量 本測定方法において

0.4 W/kg

から

10 W/kg の局所最大 SAR

本測定方法において

から

0.4 W/kg

10 W/kg の局所最大 SAR

値測定の拡張不確かさは

30%

値測定の拡張不確かさは

30%

以下であること。

第十四条の二)

30%超の取り扱い

規程なし 拡張不確かさが

30%を超える

場合、

IEC 62209-2 で定める方

法で、当該超えた不確かさを

SAR 測定値に上乗せすること。

4.3 評価方法

測定結果を指針値と比較し、測定値が指針値以下である場合、被測定機は局所吸収指針を満足し

ているものと判定する。

23-

ARIB STD-T56

第5章 測定系の評価試験及び較正

5.1 測定系の評価試験

本測定系は、様々な構成部分を有することから、下記に述べるいくつかの試験を適切に実施する

ことで、測定系が正常に動作していることを確認する必要がある。

SAR 測定前に、測定系が仕様の範囲内で正常に動作していることを短時間で確認するために、簡

易性能試験を実施すること。簡易性能試験は、平面ファントムと一般的な放射源(ダイポールアン

テナ等)を用いて行うこととする。詳細は付録2に示す。

少なくとも年

1 回あるいはソフトウェアのバージョンアップ等の測定装置の変更があった場合に、

測定装置全体が正常に動作していることを確認するために、総合評価試験を行うこと。総合評価試

験は、平面ファントムと標準ダイポールアンテナを用いて行うこととする。詳細は付録

2 に示す。

5.2 SAR 計測装置の較正

SAR 計測装置のうち電界プローブに関わる部分については IEC 62209-1 を参照のこと。増幅器

やその他の機器については、必要に応じ指定された較正を行うこととする。

24-

ARIB STD-T56

あとがき

今後、無線通信技術がますます発展し、人体の近傍で使われる機器の使用形態が多様なものにな

ることが予想されることから、本測定方法で採用した方法だけでなく、より広範な使用形態に適用

可能な汎用性の高い測定方法や短時間で測定可能な装置の開発にも努力することが望ましい。

本測定方法は、現時点で国際的に統一された測定方法を採用しているが、一方で対象とする機器

の目覚しい発展や測定方法技術の進歩に合わせるために改訂作業が行われている。今後も国際標準

化作業に寄与するとともに、国際的に整合した測定方法となるように努力すべきである。

25-

ARIB STD-T56

第6章 用語の定義

電磁波:電界及び磁界の振動が真空中や物質中を伝搬する波動の総称である。電磁波には、低周

波の電磁界から通信に使われている、いわゆる電波、太陽より放射される光(赤外線、可視光線、

紫外線)、医療等に応用される放射線(X線、γ線)などが含まれる。紫外線より波長の短い電

磁波が電離放射線、波長の長いものが非電離放射線に大別される。

電波:電波法第 2 条に定められた 3000GHz 以下の周波数の電磁波をいう。電波防護指針において

は、 10kHz から 300GHz までの周波数帯を対象とする。

・ 電波防護指針:電波利用において人体が電波(周波数の範囲は 10kHz から 300GHz までに限る。)

にさらされるとき、その電波が人体に好ましくないと考えられる生体作用を及ぼさない安全な状

況であるために推奨される指針のことをいう [1][2]。

・ 局所吸収指針:主に身体に極めて近接して使用される無線機器等から発射される電磁波により、

身体の一部が集中的に電磁波にさらされる場合において使用する指針をいう

[2]。

比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate):生体が電磁波に照射されるときの、単位質量当りの

吸収電力をいう。密度ρ

[kg/m

3

]の微小体積要素

dV

に含まれる微小質量要素

dm

に吸収されるエ

ネルギー

dW

の時間微分、すなわち

SAR [W/kg]=

d

(

dW

/

dm

) /

dt

=

d

(

dW

dV

) /

dt

= σE

2

で与えられる。単位は

W/kg で与えられる。

ただし、σ[S/m]は物質(すなわち生体組織)の導電率、E [V/m]は当該物質内の電界強度実効値

である。

平均時間: 局所 SAR の平均時間も電波防護指針で 6 分と規定されている。本測定方法において

は、評価対象の携帯電話端末等が 6 分間にわたって送信のみを持続する条件を想定する。

・ 局所 SAR:SAR は微小体積要素当りの数値として与えられ、電磁波の照射条件と生体組織内の

場所に依存した空間分布関数となる。この分布関数について、任意の

1g 又は 10g の組織内で平

均した

SAR を局所 SAR と呼ぶ。その中での最大値を局所最大 SAR と呼ぶ。ただし、本測定方法

では 1g 又は 10g の組織を立方体で定義している。

・ 電界強度:電界の強さをいう。単位は V/m で与えられる。

磁界強度:磁界の強さをいう。単位は A/m で与えられる。

電力密度(電力束密度):伝搬の方向に垂直な単位面積当たりの放射電力をいう。例えば、平面

波の場合の電力密度 S[W/m

2

]は、電界強度の実効値を E[V/m]、磁界強度の実効値を H[A/m]とす

れば、自由空間における波動インピーダンス

120π[Ω]により、S = E

2

/120π = 120π・H

2

のよ

うに関連付けられる。

・人体側頭部以外(の使用):手掌を除く人体に対して 20cm 以内に近接して使用する無線機器で、

26-

ARIB STD-T56

電波発射源が手掌を除く、人体に対して

20 cm 以内の近傍に存在する場合をいう。

・ ファントム:実験的に SAR を推定するために用いられる擬似的な人体モデルをいう。モデル全体

に渡って同じ材料を用いる場合を均一ファントム、対応する組織毎に忠実に電気特性等を模擬し

たものを不均一ファントムと呼ぶ。本測定方法においては、人体形状を模擬するための外殻(容

器)とそれに充填される液剤で構成される均一ファントムを用いる。

・ 不確かさ(Uncertainty):ある量の実測値と真値との差を表す推定値をいい、平均誤差、確率誤

差、標準偏差等で表わされる。

・拡張不確かさ:測定の結果について、合理的に測定量に結び付けられ得る値の分布の大部分を含

むと期待される区間を定める量。本測定方法では 95%の信頼区間を想定する。

・ 境界効果:プローブの感度に対して、ファントムの二つの媒体間の境界が与える影響並びにプロ

ーブが二つの媒体間の境界に近づいたとき、電界分布及び電流密度に対してプローブが与える影

響をいう。

・ 検出限界:最小検出限界値(又は最大検出限界値)は、測定機器の測定可能な最低 (又は最大)SAR

値により定義される。

誘電率(ε):電束密度 D を電界強度 E で割った値により定義される。生体組織やファントムの

電気的特性を表す変数である。

r

r

0

r

'

D

E j

r

''

r e

j

r

'

j



0

ただし、

0

:真空中の誘電率

r

:複素比誘電率

r

'

:比誘電率の実部

r

"

:比誘電率の虚部

:複素比誘電率のオイラー表記を使った角度

:導電率

単位は

F/m で与えられる。

誘電正接:複素比誘電率の実部と虚部の比をいう。

・ 導電率

(

)

:電界強度に対する媒体内の伝導電流密度の比をいう。単位は S/m である。

・ 等方性:任意の電磁波の入射方向に対して、その電磁界強度が同じであれば、同一指示値を与え

るプローブ(又はアンテナ)の特性をいう。

直線性:測定範囲における与えられた区間に対して定義された基準直線からの最大偏差をいう。

・ プローブ走査装置:電界プローブ(センサ部)をファントム内の指定位置に3次元的に移動し、

保持するための自動位置決め装置をいう。

27-

ARIB STD-T56

電界プローブ:本測定方法では、ファントム液剤中での電界強度を等方性、かつ、高空間分解能

で測定する器具をいう。

SAR 計測装置:電界プローブによってファントム液剤中の電界強度を測定し、この測定値より

SAR を算出する装置をいう。電界プローブ、信号変換装置、マイクロコンピュータなどで構成さ

れる。

・ 基地局シミュレータ:被測定機の動作を電波によって制御するための装置をいう。

感度:測定システムの感度とは、測定された数量(例えば、電界)に対する測定システムの出力

信号(例えば、電圧)の比をいう。

・ 表皮深さ:一般に、表皮深さは損失がある半無限領域に平面電磁波が入射した場合に、電界強度

が入射表面の値の 1/e に減衰する距離のことをいう。

・平均電力:ある時刻 t

1

から t

2

で時間的に変動する電力の平均出力は、以下の式で与えられる。こ

のとき、積分時間 t

2

– t

1

を平均時間と呼ぶ。

P

t

2

1

t

1

2

t t

1

P

 

dt

・平均時間:局所 SAR の平均時間は電波防護指針で 6 分と規定されている。

・複数帯域同時送信:被測定機が複数の送信周波数で同時に動作するものをいう。

28-

ARIB STD-T56

付録1 ファントムの根拠

A1.1 形状

A1.1.1 頭部ファントムの形状

これまでの研究によると、大きな頭部は、小さな頭部に比べて放射エネルギーとの結合度がより

大きいため、より多くのばく露を受ける場合がある

[5]。

1988 年のアメリカ軍人の人体測定研究により、様々な年齢、人種及び民族のサンプルに基づいた

データが提供されている

[6]。したがって、このデータを利用し、それに基づく、成人男性の 90 パ

ーセンタイル値の頭部寸法モデルを使用することにより、過大側の測定結果を得ることができる。

ここで、

90 パーセンタイル値とは、ある標本数を抽出したときに、それらのうちから特に寸法の

大きいもの

10%を除いた残りの 90%が含まれるようにとった寸法値である。

また、耳後部の突起は、携帯電話端末等及びアンテナと頭部との距離に直接影響し、

SAR 測定の

重要なパラメータである。耳の形状は、携帯電話端末等の位置決めを行う場合の基準を与えること

から、正確で再現性のある位置決めが可能となるよう設計しなければならない。

参考)

SAM CAD データは、下記で入手可能;IEEE Recommended Practice for Determining the

Peak Spatial-Average Specific Absorption Rate (SAR) in the Human Head From Wireless

Communications Devices: Measurement Techniques Amendment 1: CAD File for Human Head

Model (SAM Phantom), 2006. E-ISBN: 0-7381-4807-5

A1.1.2 平面ファントムの形状

人体側頭部以外の

SAR 測定では、平面ファントムを用いる。これは身体装着機器などにばく露

される部分は、人体側頭部と異なり必ずしも明確に決まらず、製品の形状や利用形態により決まる

からである。底面が平面なファントムは、被測定機との接触面積が最大となり、一般的に実人体に

生じる

SAR より概ね大きくなる。

平面ファントムは人体胴体の大きさに比べて過度に大きくならないことが望ましい。大きなファ

ントムは製造が難しく、測定も困難になるからである。

A1.2 ファントムの媒質

A1.2.1 頭部ファントムの媒質

頭部は、脳・頭蓋骨・皮膚・眼球など様々な組織から構成されており、これらの組織の電気的定

数はそれぞれ異なる値を持つため、頭部の電気的特性は不均一である。このため、携帯電話端末等

使用時の頭部内における

SAR 分布は、非常に複雑である。

数値シミュレーションでは、頭部構造を詳細に模擬した計算上の仮想モデルが利用可能であるが、

現実的には、不均一構造をもつファントムの製作は難しく、測定の簡便性や再現性からも、均一フ

29-

ARIB STD-T56

ァントムの使用が望ましい。そこで、均一ファントムを用いた測定による

SAR 推定値の妥当性を

検証するため、均一頭部モデルと不均一頭部モデルによる局所

SAR 分布の比較検討が報告されて

いる

[7][8]。これらの検討結果から次のことが判る。

・頭部内部の

SAR 分布は、頭部組織の不均一構造に依存し、均一頭部モデル内部の SAR 分布は、

不均一頭部モデル内部の SAR 分布とは異なる。

・頭部表面の SAR 分布は、頭部形状に依存し、同じ形状をもつ均一モデルと不均一モデルの表面

SAR 分布は、ほぼ同じである。

・均一・不均一頭部モデルともに、局所最大

SAR 値は頭部表面上に生じ、均一モデルの値は、不

均一モデルの値に比べて同等以上である。

また、

10g 当たりの局所組織で平均された SAR の最大値(局所吸収指針に対応)に関しては、均

一モデルと不均一モデルでの値の違いがほとんど無視できることが報告されている

[9]。

以上より、均一ファントムを用いた測定による頭部局所

SAR の最大値の評価が可能である。

A1.2.2 頭部以外のファントムの媒質

頭部ファントムに対する媒質は、一般的な組織構成(皮膚、脂肪、筋肉)に対しても検討されて

いる。これらの検討結果より、フレネル領域と遠方領域に被測定機が存在するときに、頭部と異な

り皮下脂肪組織での反射による定在波の影響で

SAR が大きくなることが判明している[10]。近接し

た距離(

15 mm など)では、平面ファントムを用いることで概ね大きめのばく露評価が可能である。

3 GHz – 5.8 GHz の周波数範囲における電気特性は線形で内挿され、6 GHz までは外挿されている。

30 MHz – 150 MHz では、高誘電率を実際実現するのは難しい。比誘電率が減少すると SAR が

高くなるため、低誘電率を採用している。

A1.3 手の影響について

携帯電話端末等を保持している手は、その筐体と接触し、かつ、そのアンテナに非常に接近して

いるため、アンテナと電磁的に強く結合している。したがって、携帯電話端末等を握る手の形状や

位置により、頭部に生じる

SAR 分布も強く影響されると予想される。しかし、これまでの数値シ

ミュレーションによる報告から、通常の保持状態の場合(携帯電話端末等を握る手がアンテナを覆

ったりしない場合)には、手で握られていない(空間中に浮いている)携帯電話端末等により生じ

る頭部における局所

SAR の最大値が、手で握られた場合と比較して同程度であることが示されて

いる

[7][11]。同様の傾向が実験による測定でも示され、その報告の中で、手がないことによる頭部

における局所

SAR の最大値の過小評価は、5%未満であることが述べられている[12]。

したがって、頭部における局所

SAR の最大値を評価する際には、手のモデルを考慮しなくても

よい。

30-

ARIB STD-T56

付録2 測定系の評価試験

測定系の評価試験は、以下の「1. 簡易性能試験」及び「2. 総合評価試験」により行われ

る。

1.簡易性能試験

A2.1

目的

簡易性能試験は、一連の

SAR 測定前に、測定系が仕様の範囲内で正常に動作していることを短

時間で確認(再現性確認)するために、簡易性能試験を実施すること。

A2.2

基本構成例

この試験は、平面ファントムと標準放射源として標準アンテナ等を用いて行う。総合評価試験に

用いられる標準ダイポールアンテナも簡易性能試験に使用することができる。

標準放射源の例として標準ダイポールアンテナを使用する場合の基本構成を図

A2.2-1 に示す。ま

た、この場合の各構成部の条件を

A2.2.1 から A2.2.3 に示す。

プローブ走査装置

電界プローブ →

平面ファントム

標準ダイポール

アンテナ

C3

信号発生器 増幅器

方向性結合器

PM-1

C1 C2

PM-2 PM-3

PM:電力計(必要に応じて減衰器を含む。)

A2.2-1 簡易性能試験の基本構成(標準ダイポールアンテナ使用の場合)

31-

ARIB STD-T56

f

A2.2.1 ファントム

底面の最小の幅と長さは局所最大 SAR での誤差が 1%以内であるように、長軸を

a

、短軸を

b

とする楕円で定義する。自由空間波長を

0

、外殻の厚さを

d

としたとき、表

A2.2-1 であること。

f

800MHz

A2.2-1 ファントムの寸法

人体側頭部 人体側頭部以外

a

0.6 λ 、

b

≧ 0.4 λ 、

d

=

≧800MHz

a

0.6λ、

b

≧0.4λ、6.0mm

d

≦6.5mm

a

225mm、

b

≧150mm、

d

=

2mm

a

225mm、

b

≧150mm、

d

=

2mm

ファントム液剤の深さ

15

2mm

3.1.-1 参照

たわみ 最低

15cm の深さで液剤を外殻

に充填した時に、放射源の真上

液剤を充填した際、底面の中心

におけるたわみを

2 mm 未満と

すること。 の 外 殻 ( 底 面 ) の た わ み が

800MHz から 3GHz の周波数帯

域では、自由空間波長の

1%未

満、

800MHz より低い周波数で

は、自由空間波長の

0.5%未満で

あること。

ファントム外殻は、

・誘電正接は、 0.05 以下であること。

・比誘電率の実部は、 3 GHz 以下で 5 以下、3 GHz 超で 3 以上 5 以下であること。

・アンテナに対向する外殻(底面)の厚さは

±0.2mm 以内で一定であること。

・液剤は、

SAR 評価試験に用いるものと同じものを使用すること。

A2.2.2 標準放射源

標準アンテナ等は、位置決めの再現性、機械的な安定性およびインピーダンスの整合が良いもの

を選択使用する。以下の説明では総合評価試験に用いられる標準ダイポールアンテナを標準放射源

として使用する例をあげてある。なお、

5 GHz 以上の周波数では、導波管も標準放射源として使用

することができる(詳細は、

IEC 62209-2 Annex D を参照)。

・ダイポールアンテナをファントム底面の長手方向と平行に配置する。なお、アンテナエレメン

トとファントム底面とは、 ±2°以内で平行であること。

・ダイポールアンテナの中心軸上の給電点からファントム液剤までの距離は、

1GHz 以下では

15mm とし、1GHz より高い周波数では 10mm とする。なお、この距離については±0.2mm の精

32-

ARIB STD-T56

度で一定となるようにすること。

・ファントム近傍に配置された時のダイポールアンテナへの給電コネクタ部(図 A2.2-1 中の C3)

での反射減衰量が

20dB 以上であること。

A2.2.3 給電装置

A2.2-1 は、供給する電力の不確かさをできるだけ低くするために推奨する構成である。

各構成部分は次の条件を満たすこと。

・信号発生器と増幅器は、所望のアンテナ入力を安定して供給できる性能を有していること。な

お、信号発生器が十分に大きな出力レベルを有している場合には増幅器を必要としない。

・高出力の増幅器を使用して、低レベル信号を給電する場合には雑音レベルに注意すること。必

要ならば、アンプの出力端に適切なローパスフィルタ・減衰器を接続し、高調波や雑音を抑圧

すること。

・電力計(

PM-1,PM-2,PM-3)には入力レベルに応じて、必要ならば減衰器を接続すること。

・電力計(

PM-1)及び電力計(PM-1)に接続される減衰器は適切に較正されていること。

・方向性結合器と電力計( PM-2,PM-3)は、通過型電力計で代用することができる。

・電力計( PM-2,PM-3)又は通過型電力計は、低ドリフト特性と 0.01dBm の分解能を有している

こと。ただし、これらの電力計は必ずしも絶対値較正が必要ではない。

C1、C2、C3 の接続において、変換コネクタが必要な場合には高性能なコネクタを使用するこ

と。

ダイポールアンテナへの給電の手順は下記のとおり。

(1) C1 と C2 を接続し、電力計(PM-1)の指示値から C1 での通過電力が所望のレベルになるよ

うに信号発生器の出力レベルを調節する。

(2) 前項目で信号発生器の調節が完了したら、その時の電力計(PM-2)及び(PM-3)の指示値を記

録する。

(3) C1 と C3 を接続し、電力計(PM-2)の指示値が前項目での指示値と同じになるように信号発

生器の出力レベルを調節する。

(4) 信号発生器の出力レベルが 0.01dB ステップで調整できない場合には、(2)と(3)での電力

計(

PM-2)の指示値の差を考慮してアンテナ入力を決定すること。

(5) 電力計(PM-3)の指示値が、同条件で行なった前回の確認作業時と変化していないことを確

認すること。

33-

ARIB STD-T56

A2.3

試験の手順

試験は以下の手順で実施する。

(1) 局所最大 SAR を測定する。

(2) 得られた SAR 値を標準アンテナ等の入力電力で規格化し、以前に記録された対応する SAR 値

と比較する。

(3) 比較した結果が±10%の範囲内にあることを確認する。

2.総合評価試験

A2.4 目的

少なくとも年1回あるいはソフトウェアのバージョンアップ等の測定装置の変更があった場合に、

測定装置全体が正常に動作していることを確認するために、総合評価試験を行うこと。総合評価試

験は、平面ファントムと標準ダイポールアンテナを用いて行うこととする。

A2.5 基本構成

基本構成は、図

A2.2-1 の「簡易性能試験の基本構成例」を適用する。

A2.5.1 ファントム

ファントムは、「

A2.2.1 ファントム」を適用する。

A2.5.2 標準放射源

標準放射源は、標準ダイポールアンテナとする。このダイポールアンテナは、

IEC 62209-1 およ

IEC 62209-2 記載もしくは信頼できる研究機関等により示された仕様であること。

A2.5.3 給電装置

給電装置は、図

A2.2-1 に示す装置とし、給電の手順および各構成部分の条件は、「A2.2.3 給電

装置」を適用する。

A2.5.4 試験の手順

総合評価試験は以下の手順で実施する。なお、手順

(1)は毎回行なう必要があるが、手順(2)~(6)

については測定装置の変更がない場合には省略することができる。

(1) SAR 評価: 一連の平均 SAR 測定を行う。標準ダイポール入力電力は、10g 平均 SAR 値を 0.4

W/kg から 10 W/kg の範囲に収まるように調整する。局所 SAR 値を適合試験で使用される範

34-

ARIB STD-T56

囲内の周波数で測定する。結果は

1 W の等価入力電力で正規化し、IEC 62209-1 および IEC

62209-2 記載もしくは信頼できる研究機関等により示された数値計算結果と比較する。基準値

との差は平面ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR 測定における拡張不確か

さ未満であることを確認する。

(2) 外挿手順:局所最大 SAR の評価に使用するのと同じポイント間隔を使用して、標準ダイポール

の給電点上を真っ直ぐ垂直軸に沿って測定する。この測定を標準ダイポールの給電点から、水

平に

2cm ずらした(y 方向)位置で繰り返す。ファントム表面での SAR を外挿によって求め、

IEC 62209-1 および IEC 62209-2 記載もしくは信頼できる研究機関等により示された数値計

算結果と比較する。基準値との差は平面ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR

測定における拡張不確かさ未満であることを確認する。

(3) プローブの直線性: ステップ(1)の測定を標準ダイポールに異なる電力レベルを入力して繰り

返す。各周波数に対して、おおよそ表

A2.5-1 記載の電力レベルになるように調整する。測定

した

SAR 値は 1 W の等価入力電力で正規化し、ステップ(1)において 1W で正規化した値と比

較する。これらの値の差は平面ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR 測定に

おける直線性に関する拡張不確かさ未満であることを確認する。

A2.5-1 直線性確認に用いる SAR レベル

人体側頭部

W/kg、0.4 W/kg

人体側頭部以外

10 W/kg、2 W/kg、0.4 W/kg、

0.08 W/kg、0.01 W/kg

(4) 変調応答: ステップ(1)の測定をデューティ係数 0.1 およびパルス繰返し周波数 10 Hz のパルス

変調信号で繰り返す。入力電力は

10 g 平均 SAR 値の時間平均値がおよそ 8 W/kg、すなわち

時間ピーク値ではおよそ

80 W/kg となるように設定する。測定した局所 SAR 値は、デューテ

ィ係数1の場合(連続波)の

1 W の入力電力で正規化し、ステップ(1)の 1W で正規化した値

と比較する。これらの値の差は平面ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR 測

定における拡張不確かさ未満であることを確認する。

(5) システムオフセット:人体側頭部のみに適用する。ステップ(1)の測定を、およそ 0.05 W/kg の

10 g 平均 SAR 値となる標準ダイポールへの入力電力で繰り返す。測定した局所 SAR 値を 1 W

の入力電力で正規化し、ステップ

(1)の 1W で正規化した値と比較する。これらの値の差は平面

ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR 測定における拡張不確かさ未満である

ことを確認する。

(6) プローブの軸等方性: プローブを標準ダイポール中心部から真っ直ぐ上方で、ファントムの内

側の底面から

5 mm の位置に配置する。プローブ(あるいは標準ダイポール)を 15°以下のステ

ップで最小

180°軸のまわりで回転させる。最大と最小の SAR の測定値を記録する。最大値と

35-

ARIB STD-T56

最小値の差は、平面ファントムと標準ダイポールを用いた場合の局所

SAR 測定における等方

性に関する拡張不確かさ未満であることを確認する。

A2.6 基準 SAR

標準 SAR の寸法ならびに基準 SAR は以下を参照のこと。

L

0.5 – 3 mm d

標準リジッド

同軸ケーブル

4±2mm h

テフロン

ハンダ

同軸フィーダ

SMA コネクタ

A2.2-2 標準ダイポールの構成

36-

A2.6-1 標準ダイポールアンテナの寸法

周波数

ファントム外殻の

厚み

ARIB STD-T56

注1 L 、h 、d の公差は、± 2 %以内。

注2 5000 MHzから6000 MHzまでの値は、ファントムの外殻の厚さ2 mmで適切である。

反射損失量は 20 d B以上とする。(20 d B以下であることが望ましい。)

37-

ARIB STD-T56

2 000

2 450

2 585

2 600

3 000

3 500

3 700

5 000

5 200

5 500

5 800

周波数

MHz

1 450

1 800

A2.6-2 基準 SAR 値(1W 入力)

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

ファントム外殻

の厚み mm

2.0

2.0

1gSAR

W/kg

29.0

38.4

63.8

67.1

67.4

77.9

41.1

52.4

55.9

55.3

76.5

83.3

25.7

25.0

24.2

22.1

21.1

24.0

24.4

24.6

21.6

23.4

10gSAR

W/kg

表面における SAR

(給電点)W/kg

表面おける SAR (y=2cm

給電点から) W/kg

2.04 2.10

1.94 2.00

3.28 3.20

3.06 2.98

5.55 4.59

6.22 4.90

6.99 5.40

16.0

20.1

50.2

69.5

6.50

6.80

20.5 6.60

20.9 6.60

140

169

178

305

74.6

104

119

113

310

349

9.50

12.1

12.7

15.1

6.50

7.70

7.90

8.29

15.9

18.1

78.0 21.9 341 20.3

※本表の値は、数値解析技術の改良により将来的に変更される可能性がある。

38-

付録3 LTE (Long Term Evolution) 対応送信機の設定条件

ARIB STD-T56

A3.1 概要

LTE 通信方式は従来の通信方式に比べて非常に多くの送信状態のパラメータが存在するため、こ

れらの中から最大

SAR を抽出する手順を定めることは重要である。

(1)考慮すべき通信パラメータ

・変調方式

・帯域幅

・リソースブロック

(RB) サイズ

・リソースブロック

(RB) オフセット

MPR(Max Power Reduction)

現在

IEC TC106 MT1 にて詳細な測定手順の検討が行われている。

参考資料

6 に LTE 対応送信機器の測定手順の一例を記載している。

39-

ARIB STD-T56

付録4 身体装着無線機の測定位置

A4.1 概要

身体装着機器の測定法は

IEC 62209-2 の 6.1.4.4 に記述されている。一般的な例として、無線機

器製造者指定のキャリーアクセサリにより身体に装着され、送信が可能な携帯電話、無線機内蔵

PDA、あるいはバッテリーにより動作するその他の無線機などである。

A4.2 アクセサリの使用が明記されている場合

・被測定機をアクセサリに挿入し、平面ファントムに対して所定の使用通りに設置すること。

・非導電性材質のアクセサリで、ファントムとの距離が変化する場合、最近接時で測定すること。

・非導電性材質のアクセサリは、空隙やスペーサを代替として用いることができる。

・スペーサの材質は、誘電正接 0.005 以下、比誘電率 1.1 以下とする。

A4.3 特定のアクセサリがない場合

・取り扱い説明書等に所定の使用として、人体との一定の値の離隔距離を保つために、適切なア

クセサリを使うと記載している場合、被測定機は記載されている距離に相当するファントム外

部表面からの距離を保ち設置すること。

・アクセサリを用いない場合、離隔距離は

25mm を越えないこと。

定機

測定

離隔

A4.3-1 身体装着無線機の設置概念図

40-

付録5 USB ドングル・カード型無線機の SAR 評価

ARIB STD-T56

A5.1 概要

送信機がホスト装置に装着され両者が一体化する無線機器の

SAR 測定については、IEC 62209-2

では

6.1.4.4 から 6.1.4.11 に従って扱われることが望ましいとされている。ここでは USB ドングル

型無線機やカード型無線機が主に不特定のノート

PC・タブレット PC に装着される場合の SAR 測

定について記述する。それ以外の特別な状態については、個別に測定すること。

A5.2 SAR 測定

一般的に市販されているノート

PC を 1 機種選択し、SAR 測定を行うこと。

A5.3 ばらつきを考慮した測定結果の取り扱い

被測定機とファントムの距離

(

d

)を一定とした条件で、ノート PC の大きさと挿入位置による SAR

の影響について検討がなされている

[13][14]。ノート PC の大きさと挿入位置による SAR の偏差は、

変動係数(標準偏差

/平均値)で最大 17%であることが報告されている。また、距離が離れると変動

係数が大きくなることが示されている。従って、これらの結果を基に最大と最小の比を計算すると

d

5 mm 以下なら 2、5 mm を超え 15 mm 以下なら 2.5(信頼性区間 95%)であることより、任

意のノート

PC での利用を想定した場合、前者で 3 dB、後者で 4 dB のマージンの検討が必要であ

る。これらを踏まえて、現在

IEC TC106 MT1 にて詳細な測定手順の検討が行われている。

41-

ARIB STD-T56

付録6 モジュール型無線機の SAR 評価

A6.1 概要

本項は無線モジュールメーカで無線モジュールの

SAR 値を測定し、局所吸収指針への適合性を

評価するために用いる。

A6.2 SAR 測定条件

・モジュール型の無線機の SAR は原則当該無線機が搭載される筐体またはそれと同等の筐体の所

定の部位にアンテナを実装した状態で SAR を測定する。

・アンテナ分離型のモジュールの場合、アンテナの位置は実機の搭載位置でなければならないが、

アンテナと無線モジュールをつなぐケーブルが長くならない限りにおいて、無線モジュールの

実装位置は問わない。

・モジュールタイプの無線機であっても、ケーブルを使ってアンテナを筐体から離れて設置する

場合は、アンテナ部分について

3.1.4.2 記載の一般機器として評価する。

A6.3 その他

・すでに

SAR 評価されているモジュールとアンテナであっても、筐体を変更した場合や異なる筐

体との組み合わせにおいて当該モジュールを使用する場合、原則再度

SAR を評価する必要があ

る。

注)本付録

6 は対応国際規格にはない事項である。

42-

ARIB STD-T56

付録7 複数帯域同時送信における閾値の確認方法

A7.1 概要

複数帯域同時送信とは、機器が同時に複数の送信モードで動作できることを意味している。例え

ば、

2 GHz 帯での W-CDMA と 2.45 GHz 帯での無線 LAN などである。同時に送信した際に指針

値を満足するかどうかを測定前に確認する。

A7.2 電力の単純総和による確認

同時に送信する機器の出力の総和が、表

4.1 記載の除外レベルより小さい場合、自動的に指針値

を満足している。

A7.3 SAR 測定値を考慮した確認

主たる送信機と

2 次的な送信機を同時に使用した場合に、SAR 制限を超える可能性がある。この

場合、

2 次的な送信機の SAR 測定が必要となる電力閾値(

P

available

)は、主要な送信機の最大局所

SAR

1

から以下の式を用いて計算する。

P available

P th

,

m

SAR

lim

SAR

1

SAR

lim

ここで、

P

th,m

は表

4.1 記載の除外レベルである。

2 次的な送信機の出力電力が、

P

available

より大きい場合、

2 次的な送信機の SAR 測定が必要とな

る。

N 個の送信機が同時に動作し、N-1 送信機の SAR が既知であれば、N 番目の送信機に対する許

容レベルは下記で示される。

P available

P th

,

m

SAR

lim

N i

1

1

SAR i

SAR

lim

43-

ARIB STD-T56

付録8 複数帯域同時送信機器の測定手順

A8.1 概要

同時動作する複数送信モードを搭載した機器は、同時動作させた状態で

SAR 測定を実施する。

ただし、同時動作時の複数周波数が、プローブ校正もしくは組織模擬液剤の有効な周波数範囲より

離れている場合、即ち、

SAR を同じプローブと液剤を用いて同時に評価できない場合は、A8.2 に

示す方法を用いる。

A8.2 手順

4 つの評価方法は、いずれも合理的な評価方法であり、どの方法を用いても良い。方法 1(A.8.2.2)

→ 方法 2(A.8.2.3)→ 方法 3(A.8.2.4)→ 方法 4(A.8.2.5)の順番で SAR 値を正確に評価

できるようになるため、仮に一つ前の方法で指針値を超えていても、次の方法で指針値を超えてい

なければ問題ない。

A.8.2.1 通常測定(粗い走査→立方体走査)

周波数毎に通常の測定(粗い走査 →立方体走査)を実施する。この際、該当する周波数での送信

モードを

ON に、それ以外は OFF にして実行する。

A.8.2.2 方法 1(局所最大 SAR の足し合わせによる評価)

本手順は、複数帯域の

SAR の上限値を決定する最も簡単でかつ最も厳しい評価方法である。

(1) A.8.2.1 で周波数毎に立方体走査で求めた局所最大 SAR を各々の条件に対して単純に加算し、

複数波源の

SAR 値とする。周波数1(

f

1

)における局所最大

SAR を SAR

1

とし、周波数 n(

f

n

における局所最大

SAR を SAR n

と表し次式により合計した最大

SAR(SAR

T

)を求める。

SAR

T

n

N

1

SAR

n

(2) 合計した最大 SAR が指針値より 3 dB 以内のときは、この測定条件にて最小と最大周波数で

追加測定を行うこと。これらの追加データも考慮して最大

SAR を決定すること。

(3) (1)か(2)で得られた最大 SAR が、複数帯域 SAR である。

44-

ARIB STD-T56

SAR

SAR

1

SAR

2

⇒SAR

1

+SAR

2

位置

図 A.8.2.2-1 局所最大 SAR の和

A.8.2.3 方法 2(最大 SAR 値の最も高い値を選択する評価)

A.8.2.1 において得られたそれぞれの周波数での粗い走査結果を空間的に足し合わせることで、分

布がどの程度重なるかを解析する方法である。その際、足し合わせて得られた最大

SAR が、別々

の測定の最大

SAR の 5%未満なら、別々の立方体走査で得られた局所最大 SAR の高い方を複数波

源の局所最大

SAR とする。

(1) A.8.2.1 に従い各々の周波数において別々に局所最大 SAR を測定する。

(2)すべての試験条件に対して、粗い走査結果を空間的に足すことにより SAR 分布がどの程度重な

るかを解析する。

(3) 分布を足し合わせることにより得られた最大 SAR が、別々の測定で得られた最大 SAR の最

大値より

5%未満なら、複数帯域 SAR は 2 つの別々に得られた局所最大 SAR の高い方に等し

くなる。

以下に例をあげて説明する。

周波数

f

1

での立方体走査の結果である局所最大

SAR を SAR

1

、他の周波数

f

2

の局所最大

SAR の

値を

SAR

2

とする。但し、

SAR

1

> SAR

2

とする。

次に、

f

1

粗い走査での最大値を

SAR

1

(a)とし、位置 a における

f

2

の粗い走査の値を

SAR

2

(a)と

する。ここで、次式が成立する場合は、複数波源の

SAR(SAR

T

)は

SAR

1

とする。

SAR

2

SAR

1

 

100

5

尚、上式が成立しない場合には、本代替法

2 は使用できず、他の代替法を選択する必要がある。

SAR

SAR

1

SAR

2

⇒SAR

1

位置

A.8.2.3-1 2 次元 SAR 分布の重なり

45-

ARIB STD-T56

A.8.2.4 方法 3(3 次元計算 SAR データによる評価)

A.8.2.1 の測定において、周波数毎で通常の測定(粗い走査→立方体走査)を行なう過程で、粗い

走査の結果を基に計算して、走査領域内の

3 次元 SAR 分布を求めることができる。各周波数の 3

次元

SAR 分布を全周波数について加算して新たな SAR 分布を求め、この領域内の最大値となる位

置で局所最大

SAR を計算する。

(1) 各々の周波数にて、粗い走査領域に渡り 3 次元 SAR を計算する。この時、不確かさを十分

に評価し記録すること。

(2) 必要なら 3.2.2 に従い全周波数の 3 次元 SAR を空間的に足し合わせること。

(3) (2)で得られた SAR 分布から 3.2.5 規定の後処理手順を用いて、局所最大 SAR を決定する。

粗い走査領域

算出した

3次元走査領域

+ ⇒

図 8.2.4-1 合成された 3 次元 SAR 分布

A.8.2.5 方法4(3 次元走査による評価)

本手順は、複数帯域

SAR を評価するのに最も正確であり、常に適用可能である。2 つ以上の同

時送信モードについて、

SAR データを各試験条件(被測定機の位置、チャネル、状態、アクセサ

リー)ごとに結合する。

(1) 以前に測定された全ての周波数

f

1、

f

2 などにおける立方体走査を包含する 3 次元(体積)格

子を決定する(備考参照)。

(2) 各周波数にて(1)で決めた 3 次元走査を行う。この3次元走査は、体積寸法以外は 3.2.2 の全

ての要求を満足している。測定は、該当する周波数での送信モードを

ON に、それ以外は OFF

にして実行する。

(3) (2)で得られた SAR 分布を空間的に足し合わせて、加算した SAR 分布を得る。

3.2.5 規定の後処理手順を用いて、加算した SAR 分布から複数帯域 SAR の局所最大 SAR を

決定する。

加算した

SAR 分布をできるだけ正確にするために被測定機は、液剤を交換する際もファントム

に固定しておくことが望ましい。ファントムに設置したままの機器のバッテリーを充電する必要が

ある場合、被測定機に充電ケーブルを接続することを推奨する。

46-

ARIB STD-T56

3次元走査領域

+ ⇒

8.2.5 立方体走査領域の足し合わせ

【備考】 (1)で包含する体積は大きい可能性がある(周波数 f

1

f

2

などにおける立方体走査領域が離

れている場合)。その結果、 (2)での測定時間が長くなる。そのため、(1)の変形として、他

の周波数における、以前に測定の立方体走査と一致する、各周波数での立方体走査を選ん

でもよい。

(2)では、周波数 f

2

f

3

などと異なる立方体走査を用いて周波数 f

1

での

SAR を測

定し、周波数 f

2

での SAR を周波数 f

1

f

3

と異なる立方体走査を用いて測定することになる。

A8.3 各方法の適用例

A8.2 に記す各方法によって求めた複数波源の SAR の一例を表 A.8.3-1 に示す。これはそれぞれ

の周波数に対応した標準ダイポールを用いた測定結果の例である。

A.8.2-1 複数波源測定結果例

立方体走査の結果 方法1 方法

2

方法

3

[W/kg]

方法

4

2450 MHz

5200 MHz

複数波源の

SAR

1.50

0.55

-

-

-

-

1.37

0.49

1.41

0.44

47-

ARIB STD-T56

付録9 高速 SAR 測定装置を用いたスクリーニング

A9.1 概要

高速

SAR 測定装置を用いた SAR 評価は、IEC62209-2 6.2.4 に規定されている。すなわち、最

SAR の試験構成を特定するために標準 SAR 測定装置のみで測定する必要はなく、条件を決定す

る(スクリーニングする)ため高速

SAR 測定装置を適用することができる。

A9.2 高速 SAR 測定装置の概要

・高速 SAR 測定装置は、標準 SAR 測定装置を併用して、無線機器を測定するために必要な時間

を短縮できる特別な技法、方法またはアルゴリズムを使用する。

・標準 SAR 測定装置は、絶対 SAR 値を評価するために使用し、高速 SAR 測定装置は、相対的な

SAR 値を評価するために使用する。

・標準

SAR 測定装置は、高速 SAR 測定装置で測定された最も高い SAR 値の試験構成と最も高い

SAR 値から信頼水準 95%以下(測定不確かさ 5%以上)にある試験構成に適用する。

48-

ARIB STD-T56

付録10 SAR 補正

A10.1 概要

る。

A10.2 概要

SAR の変化( SAR)と表 2.4-1 の目標値からの誘電率、導電率の変化(

r

)の間には線

形な関係がある。

SAR

C

r

C

ここで

C

 

SAR

  

C

 

SAR

  

C

C

の値は、周波数

f

[GHz]の関数で以下の式で計算できる。

C

3 .

456

10

3

f

3

3 .

531

10

2

f

2

7 .

675

10

2

f

0 .

186

C

4 .

479

10

3

f

3

1 .

586

10

2

f

2

0 .

1972

f

0 .

7717

補正係数

SAR を用いて測定された局所最大 SAR を補正すること。但し、補正係数SAR が負の

場合は補正はしないこと。

49-

ARIB STD-T56

参考文献

(1) 電気通信技術審議会答申,”電波利用における人体の防護指針”,Jun.,25,1990.

(2) 電気通信技術審議会答申,”電波利用における人体防護の在り方”,Apr.,24,1997.

(3) 情報通信技術審議会答申,”局所吸収指針の在り方”,May,17,2011.

(4) 電 波 産 業 会 標 準 規 格 ARIB STD-T56 Ver.1.0,” 携 帯 型 無 線 端 末 の 比 吸 収 率 測 定

”,Jan.,27,1998

(5) Schönborn, F., M. Burkhardt and N. Kuster, “Differences in Energy Absorption Between

Heads of Adults and Children in the Near Field of Sources.”, Health Physics, vol. 74, pp.

160-168, 1998.

(6) Gordon et al., 1988 Anthropometric Survey of U.S. Army Personnel: Methods and

Summary Statistics, Technical Report NATICK/TR-89/044 , 1989.

(7) S.Watanabe,M.Taki,T.Nojima,and O.Fujiwara,"Charactoristics of the SAR distributions in a head exposed to electromagnetic fields radiated by a hand-held portable radio," IEEE

Trans. Microwave Theory Tech., vol.44, Oct., 1996.

(8) V.Hombach,K.Meier,M.Burkhardt,E.Kühn,and N.Kuster,"The dependence of EM energy absorption upon human head modeling at 900MHz," IEEE Trans. Microwave Theory Tech., vol.44.pp.1865-1873,Oct.,1996.

(9) N.Kuster, R., Kästle,and T.Schmid,"Dosimetric evaluation of handheld mobile communications equipment, with known precision," IEICE Trans. Commun., vol.E80-B,pp.645-652, May 1997.

(10) A. Christ, A. Klingenbock, T. Samaras, C. Goiceanu, and N. Kuster, “The dependence of electromagnetic near-field absorption on body tissue composition in the frequency range from 300 MHz to 6 GHz”, IEEE Trans. Microwave Theory Tech., vol. 54, no. 5, pp. 2188 –

2195, May 2006.

(11) M.A.Jensen and Y.Rahmat-Samii, "Performance analysis of antennas for hand-held transceivers using FDTD," IEEE Trans. Antennas Propag., vol.42, pp.1106-1113, Aug.,

1994.

(12) N. Kuster, Q. Balzano, and J.C. Lin, Eds., "Mobile Communications Safety", Chapman &

Hall, London, 1997.

(13) T. Iyama and T. Onishi, “Variations in SAR of wireless communication devices caused by host devices,” IEICE Trans. Commun., vol. 94-B, no. 12, pp. 3603 – 3606, Dec. 2011.

(14) T. Onishi, “SAR variations with respect to wireless data communication devices operated with host device,” IEICE Trans. ComEX, vol. 1, no. 4, pp. 160 - 164, Oct. 2012.

50-

ARIB STD-T56

参 考 資 料

参考資料1 電気通信技術審議会答申

諮問第

38 号「電波利用における人体の防護指針」(抜粋)

参考資料2 電気通信技術審議会答申

諮問第

89 号「電波利用における人体防護の在り方」(抜粋)

参考資料3 情報通信技術審議会答申

諮問第2030号「局所吸収指針の在り方」

参考資料4 ICNIRPにおける四肢の定義

参考資料5 ファントム液剤の組成例

参考資料6

LTE 対応送信機の測定手順例

参考資料7 時間平均電力の算出例

参考資料8 微弱電力除外レベルの算出

参考資料9 高速SAR測定装置と測定例

参考資料10 FCC測定法

参考資料11 その他の測定法(本規格第1版抜粋)

参考資料12 その他の測定法(外部磁界を用いた推定法)

参考資料13 その他の測定法(

2 次元電界推定による推定法)

参考資料14 携帯電話端末における取扱説明書へのSAR記載例

ARIB STD-T56

参考資料1

電気通信技術審議会答申

(平成2年6月25日)

第1章 目的と範囲

電波防護指針は、人体の安全と電波利用施設の運用との間の適切な調和を図ることによって、社

会・経済的に需要の高まっている電波利用の健全な発展に資することを目的とする。このため、電

波利用において人体が電磁界にさらされる場合、その電磁界が人体に好ましくない電磁現象(深部

体温の上昇、電撃、高周波熱傷など)を及ぼさない安全な状況であるか否かの判断をする際の基本

的な考え方と、それに基づく数値、電波利用施設周辺における電磁界強度等の測定法及び推定法並

びに人体に照射される電磁界の強度を軽減するための防護法を示し、電波利用の安全基準、勧告、

実施要領などを定める際の指針を提供する。ここで示した数値は、十分な安全率を考慮した人体防

護を前提としており、これを超えたからといってそれだけで人体に影響があるものではない。

電波防護指針において対象とする電磁界の周波数範囲は、電波法第2条に定められている範囲

(「電波」とは3、000

GHz 以下の周波数の電磁波をいう。)を全て網羅することが望ましいが周

波数割当ての現状、電波利用技術の動向等を考慮し、

10kHz から 300GHz までの周波数を対象と

した。

電波防護指針は電波利用全般において適用する。具体的には、業務上において電磁界にさらされ

る場合や日常生活において電磁界にさらされる場合が考えられるが、電波防護指針を実際に適用す

る場合には、電磁波源の諸元や電磁界にさらされる状況などの様々な条件を十分吟味した上で、電

波防護指針の考え方に基づき適切に行うことが必要である。

ここで提示する電波防護指針は、現時点において専門家が共通の認識に達している事項に基づい

て記述しているが、暫定的な性格も有している。したがって、今後、この分野における調査研究が

進展し、科学的に裏付けされた根拠や新しい考え方等が示された場合には、社会における電波利用

の状況等に応じて本防護指針の内容を改める必要がある。

51-

ARIB STD-T56

第3章 防護指針

3.1 防護指針の性格と構成

3.1.1 防護指針の基礎とする電磁界の生体作用

人体内の各組織は電磁的にはある電気的定数を持った誘導体と考えられている。電磁界と生体の

相互作用に関しては、この生体の電気的特性の面から理論的解析が行われているほか、適切な誘電

率及び導電率で構成した模擬人体などによる実験的分析手法も確立されている。これらに基づく研

究成果によれば、電磁界による生体作用は、表1に示すように、熱作用、刺激作用及びその他の作

用に大別できる。

作用の区分

表1

電磁波と生体作用の関係

生体の変化の要因 作用の評価量 電磁波との関係

熱作用

全身加熱

局所加熱

熱調節応答

深部体温加熱

熱ストレス

組織加熱

全身平均SAR

上昇温度

上昇温度

(深部体温)

局所平均SAR

マ ク ロ な 相 互 作 用

(線量学的アプロー

チが可能)

刺激作用 電 流 刺 激 に よ る 神

経、筋の興奮

不明

(局所組織温)

誘導電流(密度)

その他作用 電磁界強度など

(変調周波数)

ミクロな相互作用

この生体作用のうち、熱作用及び刺激作用については多くの研究の蓄積があり、電磁界強度との

因果関係がほぼ定量的に把握されている。それらによれば、

100kHz を境界領域として、刺激作用

は低周波領域において、熱作用は高周波領域において支配的である。しかし、熱作用、刺激作用以

外のその他の作用については、生体内の現象と関連した状態で確認されたものでははなく、人の健

康に支障を及ぼすという事実も示されていない。

このため、電波防護指針において対象とする電磁界の生体作用は、熱作用、刺激作用に限定した。

この中には、熱作用及び刺激作用の範疇で捉えられるパルス波や変調波などによる作用が含まれて

いる。また、電磁界から生体が直接に受ける作用でパルス波や変調波などの作用が含まれている。

また、電磁界から直接受ける作用ではないが、電磁界が原因となって生ずる接触電流についても考

慮した。

なお、諸外国でも同様な考え方に基づいて電波防護指針を定めているが、それらの指針の範囲内

において、熱作用、刺激作用はもとよりその他の作用についても、好ましくない影響が生じたとい

52-

ARIB STD-T56

う事実は、現在まで示されていない。

3.1.2 防護指針の評価対象量の問題点

電磁界による生体に対する熱作用は、組織内でのジュール熱の発生による体温あるいは組織温の

上昇である。この温度上昇は、組織の吸収エネルギー量と密接に関係し、単位質量の組織に単位時

間に吸収されるエネルギー量、すなわち比吸収率(SAR)を評価量として用いる。一方、刺激作

用は人体組織に誘導される電流密度と関係づけられ、比吸収率及び誘導電流はいずれも、人体組織

内部の電界強度と組織の導電率に依存する現象として捉えられる。

このように、電磁界の生体作用は組織内部の電界強度等と密接な関係がある。しかし、組織内部

の電界強度等は直接測定することができないため、なんらかの方法により人体内部の電磁現象を推

定しなければならない。現在、この推定を行う手順は定式化されておらず、一部の研究機関等が個

別の問題として推定(評価)を行っているのみである。したがって、現時点においては、人体内部

の電磁現象を測定の対象量とすることは一般的ではないと言える。

電波防護指針は、我々が電波利用機器とかかわるさまざまな場面において、その安全性を迅速に

評価できるようになっている必要があり、直接測定できない人体内部の電磁現象に関する量による

表現では、防護指針としての現実的な役割を果たすことはできない。このため、人体内部の電磁現

象を測定可能な量(電磁界強度、電流)に変換し、これによって安全性の評価を行なうことが必要

となる。

3.1.3 防護指針の構成

防護指針の適用を必要とする状況は、概ね次の3つのケースに分類できる。

1) 空間の電磁環境評価の側面

2) 電波利用機器からの放射および機器の使われ方に関する評価の側面

3) 電磁界に対する防護手段の評価の側面

1では、人体の存在しない空間の電磁界が評価の対象である。電波発射源が十分遠方にあり、人

体の位置する空間の至近距離に金属などの電波を散乱させる物体がなければ、その位置における人

体内部の電磁現象は、その空間に人体が存在しない場合に測定した電界強度及び磁界強度とほぼ一

定の関係があるとみなすことができる。このような条件の下では、人体の存在しない空間における

電磁界強度を用いて防護指針が設定できる。この指針を電磁界強度指針と呼ぶ。防護指針の対象と

なる電磁界は、通常、近傍界又は不均一であるため、電磁界強度指針をそのまま適用できる状況は

限られている。このような条件を満たさない電磁環境は、空間のみを対象とした評価が適切でない

場合である。この場合は、2のケースとして考える。

2では、電磁放射源と人体の相互関係が評価の対象となる。電磁放射源と人体との関係が一定で

あれば、電磁放射源自体に対する評価とみなすこともできる。すなわち、放射源が遠方にある場合

などは1のケースの問題とみなせるが、一般的には人体内部の電磁現象に基づく評価を行う必要が

53-

ARIB STD-T56

ある。このような人体内部の電磁現象に基づく評価のための指針を基礎指針と呼ぶ。

しかし、基礎指針には測定できない量による表現が含まれているため、2の問題すべてに対して

基礎指針による評価を行うとなると、防護指針としての現実的な活用が期待できない。そこで、2

の問題に現実的に対処するため、測定可能な評価量による指針を設ける必要がある。この指針を補

助指針と呼ぶ。補助指針は、基礎指針に基づき電磁界強度指針を補う形で示され、次の4項目から

構成する。

(1) 不均一又は局所的な電磁界にさらされる場合

(2) 接触電流

(3) 誘導電流

(4) 低電力放射源

なお、補助指針は基礎指針に代わる人体内部の電磁現象の簡易評価方法としての性格を有するも

のであって、2のケースは、本来、基礎指針で扱うべき問題であることを念頭に置く必要がある。

3では、人体内部の電磁現象を直接評価しなくては判断できない問題が含まれる。この場合には、

基礎指針による評価を行う必要であり、研究機関等で慎重に推定・評価を行なう必要がある。

以上のように、防護指針は電磁界強度指針、補助指針及び基礎指針から構成する。このうち、電

磁界強度指針及び補助指針は、実際の問題へ具体的に適用するための指針である。この二つの指針

を管理指針と呼ぶ。基礎指針は、管理指針の根拠であるとともに、管理指針で扱えない特別の場合

において、安全性を判断する際の根拠を与える性格を有する。

防護指針は、現時点の研究成果と電波利用状況の実情を基礎に定められたものである。したがっ

て、これらの状況の変化に応じて補足又は改訂する必要がある。電磁界の生体作用に関する研究の

進展は主に基礎指針に反映され、生体内の電磁現象に関する測定法・推定法に関する研究の進展及

び電波の利用状況の変化に伴う実社会との整合性については、管理指針に反映される。このような

位置づけを考慮すると、基礎指針は容易に改訂される性格のものではないが、管理指針は状況によ

って適宜変更されるものである。

3.1.4 管理指針の2段階構成

防護指針による評価が信頼できるものであるためには、防護指針が適切に用いられ、また、電磁

環境の状況に変化がないかどうかを必要に応じ確認できる必要がある。このような状況を確保でき

る場合は、基礎指針から換算される数値に基づく管理指針(電磁界強度指針及び補助指針)を適用

する。しかし、電波利用の状況が正しく認識されていないような場合では、基礎指針を満たさない

状況が無意識のうちに生じてしまうおそれがあり、また、電磁界の存在を意識した行動も期待でき

ない。したがって、このような状況下でも十分な安全性を確保するため、諸外国の防護指針などに

おいても合理的な対応策として取り入れられている方法と同様に、付加的な安全率を考慮した適切

な指針を設ける必要がある。

以上のような観点から、管理指針を防護指針の主旨が生かされ電磁環境が管理されている状況を

54-

ARIB STD-T56

対象とする条件Pと、防護指針及び電波利用の状況が認識されていない状況を対象とする条件Gに

区分する。条件Gは条件Pに比べ電磁界の管理の不十分さに伴う不確定性を考慮し、条件Pより電

力密度に換算しておおむね5倍の付加的安全率を設けている。

3.1.5 防護指針の適用手順

管理指針(電磁界強度指針及び補助指針)及び基礎指針で構成される防護指針の適用の手順は次

のとおりとする。

実際に評価を行う場合は、放射源等の条件にかかわらず電磁界強度指針を最初に適用する。評価

する対象が、電波利用の実情が認識され防護指針の主旨に基づいた電波利用を行うことが可能な場

合は、条件Pを適用し、このような条件が満満たされない場合は、条件Gを適用する。対象とする

全空間(場所)において電磁界強度指針が満足されている場合は、その空間(場所)は安全である

と判断する。

対象とする空間の電磁界は、一般的に不均一又は近傍界であることが多く、真の電磁界強度より

大きな値として評価される。こうした状況において電磁界強度指針が満たされない場合には、補助

指針による詳細な評価を行うことによって、安全かどうかを判断する。

このような手順による評価の結果、条件Gの管理指針が満たさない場合には、条件Pに該当する

ような管理を行うか、若しくは、指針を満たすよう対策を講ずる。条件Pの管理指針が満たされて

いないことが示された場合は、基礎指針を満たさないおそれがあり、これを満たすよう対策を行う

か、あるいは人体への障害の可能性をより直接的に判断するために基礎指針に立ち戻った評価を行

なう必要がある。

基礎指針による評価には、規定される量に具体的な測定法・推定法が十分に確立されていない量

が含まれている。このため、本指針では実際の評価法について例示するにとどめる。この場合の評

価は、研究機関等で適切と認められている方法に従って行う。

3.2 管理指針

管理指針は、基礎指針に基づいて定められたもので、実際の電磁環境の評価は主に管理指針を用

いて行う。この指針は、電磁界強度指針及び補助指針から成り、第4章及び第5章で示す測定法及

び電磁界強度の推定法に基づいて適用する。

3.2.1 電磁界強度指針値

(1) 条件P

条件Pに該当する場合の電磁界強度指針値を表

(2)a 及び(2)b に示す。

測定対象空間が局所的にこの表の値を満足しない場合には、

3.2.2(1)の補助指針を適用する。

2(a)及び 2(b)の指針値をグラフ化したものを図1及び図2に示す。

55-

ARIB STD-T56

周波数 f

表2

(a) 条件Pの電磁界強度(6分間平均値)の指針値

電界強度の実効値 磁界強度の実効値 電力密度

10kHz - 30kHz

30kHz - 3MHz

E[V/m] H[A/m] S[mW/cm

2

]

614 163

614 4.9f

-1

(MHz)

(163-1.63)

MHz - 30MHz

1,842f

-1

(MHz)

(614-61.4)

4.9f

-1

(MHz)

(1.63-0.163)

30MHz -300MHz

300MHz-1.5GHz

1.5GHz-300GHz

3.54f

61.4 0.163 1

1/2

(MHz)

(61.4-137) f(MHz)

1/2

/106

(0.163-0.365) f(MHz)/300

(1-5)

137 0.365 5

表2

(b) 条件Pの低周波領域における電磁界強度(平均時間<1秒)の指針値

周波数 電界強度の実効値 磁界強度の実効値 f

10kHz -100kHz

(V/m)

(A/m)

2,000 163

以下

(平均時間<1秒)でなければならない。ただし、これを満たさない場合であって、表 2(a)及び

2(b)の指針値を下回る時は、3.2.2(2)を適用することができる。

注2:人体の非接地条件を満たさない場合の電磁界強度の実効値

(平均時間6分間)は、3MHz から 30MHz

までの周波数では

3,200f(MHz)

-3/2

V/m(すなわち 614V/m~20V/m)、30MHz から 100MHz までの

周波数では

20V/m、100MHz から 300MHz までの周波数では 0.2f(MHz)V/m(すなわち 20V/m~

61.4V/m)以下でなければならない。ただし、これを満たさない場合であって、表 2(a)の指針値を下

回る時は、

3.2.2(3)を適用することができる。

注3:表2

(a)に示した平均時間内において、電界強度又は磁界強度が変化する場合は平均時間内で実効

値の自乗平均平方根した値を用い、電力密度が変化する場合は平均時間内での平均値を用いる。

注4:電磁界が指針値に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる場合は、電界強度及び磁

界強度に関しては各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求め、電力密度に関しては各周波

数成分の指針値に対する割合の和を求める。これらの総和が1を超えてはならない。

56-

図1

電界強度指針値(条件P)

図2

磁界強度指針値(条件P)

(2) 条件G

条件Gに該当する場合の電磁界強度指針値を表

3(a)及び表 3(b)に示す。

57-

ARIB STD-T56

ARIB STD-T56

周波数 f

表3

(a) 条件Gの電磁界強度(6分間平均値)の指針値

電界強度の実効値

磁界強度の実効値

電力密度

10kHz - 30kHz

30kHz - 3MHz

E[V/m] H[A/m] S[mW/cm

2

]

275 72.8

275 2.18f

-1

(MHz)

(72.8-0.728)

MHz - 30MHz

824f

-1

(MHz)

(275-27.5)

2.18f

-1

(MHz)

(0.728-0.0728)

30MHz -300MHz

300MHz-1.5GHz

1.5GHz-300GHz

27.5 0.0728 0.2

1.585f

1/2

(MHz)

(27.5-61.4) f

1/2

(MHz) /237.8

(0.0728-0.163) f(MHz)/1500

(0.2-1)

61.4 0.163 1

表3

(b) 条件Gの低周波領域における電磁界強度(平均時間<1秒)の指針値

周波数 電界強度の実効値 磁界強度の実効値 f

10kHz -100kHz

(V/m)

(A/m)

894 72.8

注1:接触ハザードが防止されていない場合の電界強度の実効値は、

15MHz 以下周波数では 61.4V/m 以下

(平均時間<1秒)でなければならない。ただし、これを満たさない場合であって、表 3(a)及び表 3(b)

の指針値を下回る時は、

3.2.2(2)を適用することができる。

注2:人体の非接地条件を満たさない場合の電界強度の実効値(平均時間6分間)は、

3MHz から 30MHz

までの周波数では

1,430f(MHz)-3/2V/m(すなわち 275V/m~9V/m)、30MHz から 100MHz までの周

波数では

9V/m、100MHz から 300MHz までの周波数では 0.09f(MHz)V/m(すなわち 9V/m~27V/m)

以下でなければならい。ただし、これを満たさない場合であって、表

3(a)の指針値を下回る時は、

3.2.2(3)を適用することができる。

注3:表3

(a)に示した平均時間内において、電界強度及び磁界強度が変化する場合は平均時間内で実効値

の自乗平均平方根した値を用い、電力密度が変化する場合は平均時間内での平均値を用いる。

注4:電磁界が指針値に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる場合は、電界強度及び磁界

強度に関しては各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求め、電力密度に関しては各周波数成

分の指針値に対する割合の和を求める。これらの総和が1を超えてはならない。

58-

ARIB STD-T56

図3

電界強度指針値(条件G)

図4

磁界強度指針値(条件G)

3.2.2 補助指針

電磁界強度指針だけでは防護指針を満たしていることを示すことができない場合に、人体が電磁

波にさらされる状況、考慮すべき生体作用等に着目してより厳密に評価するための指針である。

(1) 人体が電磁界に不均一又は局所的にさらされる場合の指針

周波数に応じて該当する条件が全て満たされている場合は、管理指針を満足しているもの

とみなす。

対象とする周波数が以下の区分にまたがって存在する場合は、①、②(a)及び(b)並びに

(a)及び(b)については各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総

和が1を超えてはならない。

59-

ARIB STD-T56

なお、人体から

20cm 以内(300MHz 以上の周波数では 10cm 以内)の空間で使用する機器

等については、その状況ごとに個別の判断が必要である。基礎指針を超えるおそれがある場

合には、基礎指針に基づく評価を行なうことが望ましい。

① 周波数が

300MHz 未満の場合

電磁放射源及び金属物体から

20cm 以上離れた空間において、人体の占める空間に相当す

る全領域の電力密度分布の空間的な平均値

(電界強度又は磁界強度の場合は自乗平均値の平

方根である。

)が、対応する条件(条件Pあるいは条件G)の電磁界強度指針(3.2.1 項)以下で

あること。

なお、表2あるいは表3の注1~注4は、本項でも適用する。

② 周波数が

300MHz から 1GHz 未満の場合

(a) 電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間において、人体の占める空間に相

当する全領域の電力密度分布の空間的な平均値

(電界強度又は磁界強度の場合は自乗平

均値の平方根である。

)が、対応する条件(条件Pあるいは条件G)の電磁界強度指針(3.2.1

)以下であること。

なお、表2あるいは表3の注1~注4は、本項でも適用する。

(b) 四肢を除く人体の占める領域内における電力密度の空間的な最大値が 20mW/cm

2

(6分間平均値)であること。ただし、電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた

空間のみを対象とする。

なお、表2あるいは表3の注3及び注4は、本項でも適用する。

③ 周波数が

1GHz から 3GHz 未満の場合

(a) 電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間において、人体の占める空間に相当

する全領域の電力密度分布の空間的な平均値

(電界強度又は磁界強度の場合は自乗平均値

の平方根である。

)が、対応する条件(条件Pあるいは条件G)の電磁界強度指針(3.2.1 項)

以下であること。

なお、表2あるいは表3の注1~注4は、本項でも適用する。

(b) 四肢を除く人体の占める領域内における電力密度の空間的な最大値が 20mW/cm

2

以下

(6分間平均値)であること。ただし、電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間

のみを対象とする。

なお、表2あるいは表3の注3及び注4は、本項でも適用する。

(c) 頭部に入射する電力密度の空間的な最大値が 10mW/cm

2

以下

(6分間平均値)であるこ

と。ただし、電磁放射源及び金属物体から

10cm 以上離れた空間のみを対象とする。

なお、表2あるいは表3の注3及び注4は、本項でも適用する。

60-

ARIB STD-T56

④ 周波数が

3GHz 以上の場合

(a) 電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間において、人体の占める空間に相

当する全領域の電力密度分布の空間的な平均値

(電界強度又は磁界強度の場合は自乗平

均値の平方根である。

)が、対応する条件(条件Pあるいは条件G)の電磁界強度指針(3.2.1

)以下であること。

なお、表2あるいは表3の注1~注4は、本項でも適用する。

(b) 電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間での体表に入射する電力密度の空

間的な最大値が、条件

P の場合は 50mW/cm

2

以下、条件

G の場合は 10mW/cm

2

以下

(い

ずれも6分間平均値

)であること。

なお、表2あるいは表3の注3及び注4は、本項でも適用する。

(c) 電磁放射源及び金属物体から 10cm 以上離れた空間での眼に入射する電力密度が、

10mW/cm

2 以下

(いずれも6分間平均値)であること。

なお、表2あるいは表3の注3及び注4は、本項でも適用する。

以上各条件を表4に示す。

表4 不均一又は局所的にさらされる場合の補助指針

電 磁 界 強 度 の

空間的平均値

電 磁 界 強 度 の

空間的最大値

適用する空間

条件P:表2の電磁界強度指針値以下(注1から注4も適用)

条件G:表3の電磁界強度指針値以下(注1から注4も適用)

四肢以外:

20mW/cm

2

体表:

条件P:

50mW/cm

2

条件G:

10mW/cm

2

電磁放射源、金属

物体から

20cm 以

上離れた人体の占

め る 空 間

頭部:

10mW/cm

2

眼:

10mW/cm

2

電磁放射源、金属物体から

10cm 以上離れた人体の占める空間

議会(電波利用における人体防護の在り方)で明確化されている。

(2) 接触電流に関する指針

(a) 条件Pで接触ハザードが防止されていない場合

10kHz から 100kHz までの周波数において測定された接触電流(平均時間<1秒)が

10

-3 f(Hz)mA 以下、100kHz から 15MHz までの周波数においては 100mA 以下であれば、

表2の注1を満たさなくてもよい。

ただし、接触電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる

61-

ARIB STD-T56

場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総和が1を

超えてはならない。

(b) 条件Gで接触ハザードが防止されていない場合

10kHz から 100kHz までの周波数において測定された接触電流(平均時間<1秒)が

4.5×10

-4 f(Hz)mA 以下、100kHz から 15MHz までの周波数においては 45mA 以下であれ

ば、表3の注1を満たさなくてもよい。

ただし、接触電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる

場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総和が1を

超えてはならない。

(3) 誘導電流に関する指針

(a) 条件Pで非接地条件を満たさない場合

MHz から 300MHz までの周波数で測定された足首における誘導電流(平均時間6分

間)が、片足当たりで

100mA 以下ならば、表2の注2を満たさなくてもよい。

ただし、誘導電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる

場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総和が1を

超えてはならない。

(b) 条件Gで非接地条件を満たさない場合

MHz から 300MHz までの周波数で測定された足首における誘導電流(平均時間6分

間)が、片足当りで

45mA 以下ならば、表3の注2を満たさなくてもよい。

ただし、誘導電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる

場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総和が1を

超えてはならない。

(4) 低電力の電磁放射源に関する指針

100kHz から 3GHz までの周波数において定格出力7W以下の電磁放射源に関しては、通

常の使用状態では基礎指針を満たすものと考えられ、管理指針及び他の補助指針での評価を

要しない。ただし、放射源が身体に極めて近い場合及び放射エネルギーが特定方向に集中す

る場合は、局所的に大きなSARを生じることがあるので注意することが望ましい。

在り方)で答申された局所吸収指針に包含されることから削除されている。

62-

ARIB STD-T56

3.3 基礎指針

基礎指針を表5に示す。基礎指針は管理指針の根拠となる概念であるとともに、生体作用発生の

可能性を判断するための基礎を与えるものである。

表5 基礎指針

1 全身平均SARの任意の6分間平均値が、

0.4W/kg 以下であること。

10kHz から 100kHz までの周波数では、組織内の誘導電流密度が 0.35×10

-4 f[Hz]mA/cm

2

以下であること。

10kHz から 100kHz までの周波数では、接触電流などが体外からの流入電流が 10

-3 f[Hz]mA

以下(平均時間<1秒間)であること。また、

100kHz から 100MHz までの周波数では、100mA

以下

(平均時間6分間) であること。

4 上記の1、2及び3に加え、次の点に関して注意事項として考慮すること。

(a) 全身平均SARの任意の6分間平均値が 0.4W/kg 以下であっても、任意の 組織1g 当りの

SAR(6分間平均値)が8W

/kg(体表と四肢では 25W/kg)を超えないことが望ましい。

(b) 3GHz 以上の周波数においては、眼への入射電力密度(6分間平均)が 10 mW/cm

2 以下とす

ること。

3.4 注意事項

(1) 医療目的の場合

電磁波を医療目的で用いる場合、医療従事者が電磁界にさらされる状況は本指針の適用の対

象となるが、患者に関しては医療効果を考慮して判断するべき問題であり、医師が本指針で示

された安全性の限界を十分に認識した上で用いる場合に限り適用の対象とはしない。しかし、

例えば膝の関節の治療に有効な電波も眼には有害となる可能性があることから、必要以上に広

範囲に電磁波を照射することを避けるとともに、漏洩電磁界には十分注意する必要がある。

(2) ペースメーカー装着者

ペースメーカー装着者が電波利用をする場合は、担当医師の指示に従うべきであり、この指

針ではペースメーカー装着者を対象とはしない。

(3) 体内に金属を埋め込んでいる人

体内に金属を埋め込んでいる場合は、指針値以下の電磁界でも予想外の局所的な発熱などを

引き起こす可能性があり、注意が必要である。

(4) 体に金属を身につけている人

金属を身につけている場合は、特に誘導加熱炉などの近くでは、指針値以下の電磁界でも金

属が発熱する可能性があり、注意が必要である。

63-

ARIB STD-T56

参考資料2

電気通信技術審議会答申

(平成9年4月24日)

4 人体が電磁波に局所的にさらされる場合等の指針

4.1 携帯電話端末等の低電力放射源に関する指針の明確化の必要性

平成2年に電気通信技術審議会が「電波利用における人体の防護指針」を答申して以来、携帯電

話端末等無線機器の小型化が飛躍的に進むとともに、一般に広く普及しつつある。これに伴い、低

電力放射源からの電磁波を頭部を始とする局所で受ける機会がますます増える傾向にあるが、この

ような場合に適用する指針は、まだ明確に記述されていない。

一方、携帯電話の小型化と歩調を合わせて、従来はごく限られた専門機関に限定され、また、測

定精度も十分でなかった擬似的な人体モデル(ファントム)を用いた電磁波の人体内でのSARを

測定する技術も急速に進歩している。このため、一般の利用者に無用な不安や誤解を与えることの

ないよう、低電力放射源に関し、より具体的な分かり易い指針を早急に作成することが必要となっ

ている。

4.2 管理指針の一部改訂

最近の研究結果、国際動向および携帯電話等の著しい普及を考慮して、平成2年に答申された「電

波防護指針」に記載されている管理指針を次のように一部改訂する。

現行の管理指針は、電磁界強度指針と補助指針から構成されているが、国際非電離放射線委員会

(ICNIRP)等の国際規格との整合性を考慮するとともに、携帯電話端末等の低電力放射源に対するよ

り分かりやすい指針を明確化するため、新たに「局所吸収指針」を設けることとする。これに伴い、

現行の補助指針に記載されている「低電力の電磁放射源に関する指針」は、局所吸収指針に包含さ

れることから削除する。したがって、新しい管理指針は電磁界強度指針、補助指針、局所吸収指針

から構成される。

(1) 電磁界強度指針

平成2年に答申された「電波防護指針」どおり。

(2) 補助指針

64-

ARIB STD-T56

局所吸収指針を設けること等により、従来の補助指針についても一部に変更が生ずる。変

更後の補助指針は、別紙1のとおりとなる。

(3) 局所吸収指針

(3-1) 適用範囲

本指針は、周波数

100kHz から 3GHz までに適用する。

局所吸収指針の主な対象は、携帯電話端末等の小型無線機であり、電磁放射源に寄与す

るアンテナや筐体が人体に極めて近接して使用される場合を想定している。

本指針は、電磁放射源(主にアンテナ)や金属(筐体等)と人体との距離が、周波数

100kHz

以上

300MHz 未満で 20cm 以内、周波数 300MHz 以上 3GHz 未満で 10cm 以内の場合に

原則として適用される。また、それ以外の距離においても、従来の管理指針(電磁界強度

指針および補助指針)あるいは局所吸収指針のどちらか一方を満たせば基礎指針を満たし

ていると判断できる。

(3-2) 管理環境

次の要件を全て満たすこと。

<1> 全身平均 SAR の任意の6分間平均値が、0.4W/kg 以下であること。

<2> 任意の組織 10g 当りの局所 SAR(6分間平均値)が 10W/kg(四肢では 20W/kg)

を超えないこと。

<3> 接触ハザードが防止されていない場合は、100kHz から 100MHz までの周波数にお

いて接触電流が

100mA 以下(平均時間6分間)であること。

ただし、接触電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分から

なる場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総

和が1を超えてはならない。

なお、周波数

100MHz 以上の無線局は、<3>に述べた接触電流に関する指針に基づく評

価を行う必要はない。

(3-3) 一般環境

次の要件を全て満たすこと。

<1> 全身平均 SAR の任意の6分間平均値が、0.08W/kg 以下であること。

<2> 任意の組織 10g 当たりの局所SAR(6分間平均値)が 2W/kg(四肢では 4W/kg)

を超えないこと。

<3> 接触ハザードが防止されていない場合は、100kHz から 100MHz までの周波数にお

65-

ARIB STD-T56

いては接触電流が

45mA 以下(平均時間6分間)であること。

ただし、接触電流がこの指針に対して無視できないレベルの複数の周波数成分から

なる場合は、その各周波数成分の指針値に対する割合の自乗和を求める。これらの総

和が1を超えてはならない。

なお、周波数

100MHz 以上の無線局は、<3>に述べた接触電流に関する指針に基づく評

価を行う必要はない。

4.3 注意事項

電波を医療目的で用いる場合は、ペースメーカ装着者、体内に金属を埋め込んでいる人に対する

注意事項は、平成2年に答申された電波防護指針に記されている注意事項と同様である。

最近、一部のマスコミ等で電波がペースメーカ等医用電気機器に与える影響と人体に与える影響

とを同一視する報道がなされているが、これは誤った認識である。電波がペースメーカ等医用電気

機器に干渉を与えるメカニズムは、電波により電子回路に誘起された信号で、電子回路が誤動作を

起こすことに起因するものであり、電波の人体への影響とは同一に取り扱うべきではない。携帯電

話端末等無線機が医用電気機器に与える影響を防止するための指針については、不要電波問題対策

協議会が平成9年3月に公表した「医用電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等

の使用に関する指針」を参照されたい。

66-

ARIB STD-T56

Ⅰ 電磁界強度指針(概要) 【現行指針と同一(変更なし)】

表1:管理環境(条件P)における電磁界強度(平均時間6分間)の指針値

周波数 電界強度の実効値 磁界強度の実効値 電力密度 f

10kHz~30kHz

[V/m]

[A/m]

[mW/cm

2

]

614 163

30kHz~3MHz

3MHz~30MHz 1842f

-1

[MHz]

(614-61.4)

(163-1.63)

4.9f

-1

[MHz]

(1.63-0.163)

30MHz~300MHz

300MHz~1.5GHz

1.5GHz~300GHz

61.4 0.163 1

3.54f

1/2

[MHz] f

1/2

[MHz] /106 f[MHz]/300

(61.4-137) (0.163-0.365) (1-5)

137 0.365 5

表2:一般環境(条件G)における電磁界強度(平均時間6分間)の指針値

周波数 電界強度の実効値 磁界強度の実効値 電力密度 f

10kHz~30kHz

[V/m]

[A/m]

[mW/cm

2

]

275 72.8

30kHz~3MHz

(72.8-0.728)

3MHz~30MHz

824f

-1

[MHz]

(275-27.5)

2.18f

-1

[MHz]

(0.728-0.0728)

30MHz~300MHz

300MHz~1.5GHz

1.5GHz~300GHz

27.5 0.0728 0.2

1.585f

1/2

[MHz] f

1/2

[MHz] /237.8 f[MHz]/1500

(27.5-61.4) (0.0728-0.163) (0.2-1)

61.4 0.163 1

67-

ARIB STD-T56

Ⅱ 補助指針(概要)

(1)人体が電磁界に不均一又は局所的にさらされる場合の指針

電磁界強度の空

間的平均値

電磁界強度の空

間的最大値

管理環境:表1 適用

一般環境:表2 適用

四肢以外:

管理:

20mW/cm

2

一般:

4mW/cm

2

頭部:

管理

:10mW/cm

2

一般

: 2mW/cm

2

体表:

管理

:50mW/cm

2

一般

:10mW/cm

2

眼:

管理

:10mW/cm

2

一般

: 2mW/cm

2

電磁放射源、金属物

体から

20cm 以上

適用する空間

離れた人体の占め

る空間

平均時間

(2)接触電流に対する指針

周波数

電磁放射源、金属物体から

10cm 以上離れた人体の占める空

6分間

10kHz~100kHz

100kHz~15MHz

接触電流

10

-3 f[Hz]mA

(平均時間<1秒間)

4.5×10

-4 f[Hz]mA

(平均時間<1秒間)

100mA 以下

(平均時間6分間)

45mA 以下

(平均時間6分間)

上段:管理環境 下段;一般環境

(3)足首誘導電流に対する指針

周波数

3MHz~30MHz

接触電流

100mA 以下

(平均時間6分間)

45mA 以下

(平均時間6分間)

上段:管理環境 下段;一般環境

68-

ARIB STD-T56

Ⅲ 局所吸収指針(概要)

適用範囲: 本指針は、周波数

100kHz から 3GHz までに適用できる。

対 象: 身体に近接して使用する小型無線機等に適用できる。

主に、周波数

100kHz 以上 300MHz 未満で、電磁放射源との距離 20cm 以内

周波数

300MHz 以上 3GHz 未満で、電磁放射源との距離 10cm 以内

管理環境 一般環境

全身平均SAR

0.4W/kg 0.08W/kg

局所SAR

任意の組織

10g 当たり

10W/kg

20W/kg(四肢)

接触ハザードが防止されていない場合

任意の組織

10g 当たり

2W/kg

4W/kg(四肢)

接触ハザードが防止されていない場合

接触電流

100kHz から 100MHz までの周波数

100mA

100kHz から 100MHz までの周波数

45mA

(任意の6分間平均値)

※ 接触電流に関して、指針値に対して無視できないレベルの複数の周波数成分からなる場合は、その周波数成分

の指針値に対する割合での自乗和を求める。これらの総和が1を超えてはならない。

69-

ARIB STD-T56

参考資料3

情報通信審議会答申

諮問第2030号「局所吸収指針の在り方」

(平成23年5月17日)

電気通信技術審議会答申

諮問第 89 号「電波利用における人体防護の在り方」(平成9年4月2

4日)における局所吸収指針(4.2(3))に関し、以下のとおり適用範囲の改定を行うことが適

当である。

(3-1) 適用範囲

本指針は、周波数

100kHz 以上 6GHz 以下に適用する。

局所吸収指針の主な対象は、携帯電話端末等の小型無線機であり、電磁放射源に寄与するアンテ

ナや筐体が人体に極めて近接して使用される場合を想定している。

具体的には、本指針(局所吸収指針)は、電磁放射源(主にアンテナ)や放射に関わる金属(筐

体等)と人体との距離が

20cm 以内の場合に適用される。また、それ以外の距離においても、電磁

界強度指針、補助指針又は局所吸収指針のいずれか1つを満たせば基礎指針を満たしていると判断

できる。ただし、周波数が

300MHz 以上 300GHz 未満であって、10cm 以上 20cm 以内の距離にお

ける電磁界強度指針又は補助指針の適用は排除されない。

なお、空中線電力の平均電力が

20mW 以下の無線局については、仮に無線局の全出力が身体の

ごく一部に吸収される場合でも、局所

SAR の電波防護指針を満たしており、評価の必要性はない

ものと考えられる。また、管理環境においては、同

100mW 以下の無線局については、評価の必要

性がないものと考えられる。

70-

ARIB STD-T56

参考資料4

ICNIRPにける四肢の定義

参考までに、

ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)ガイドラインによる四肢の定義を示す。

1 に示した灰色の部分が四肢(手足)の定義となる。

1 四肢の定義

参考文献

Internatinoal Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP), “Guideline for limiting exposure to time-varying electric, magnetic, and electromagnetic fields (up to 300GHz)”, Health phsics, vol. 74, no. 4, pp. 494 – 522, Apr. 1998.

71-

ARIB STD-T56

参考資料5

ファントム液剤の組成例

1 ファントム液剤の調合

ファントム液剤を調合する際には、以下の材料を用いる。

・ 蔗糖 (98 %)

・ 塩化ナトリウム (99 + %)

・ 脱イオン水

(電気抵抗値 16M

)

・ ハイドロキシルセルロース

(HEC)

・ 防腐剤

・ ジエチレングリコールブチルエーテル (DGBE)

・ プロピレングリコール

・ ブチルカルビトール

・ ジアセチン

・ トゥイーン(

Tween)

・ 乳化剤

・ 鉱油

ファントム液剤の調合例を、以下に示す。

1)300 MHz 溶液

55.32% 蔗糖

37.56% 脱イオン水

5.95%

塩化ナトリウム

0.98% HEC

0.19%

防腐剤

2)450 MHz 溶液

56.32 % 蔗糖

38.56 % 脱イオン水

3.95 %

塩化ナトリウム

72-

0.98 % HEC

0.19 %

防腐剤

3)835 MHz 溶液1

56.0%

蔗糖

41.45% 脱イオン水

1.45%

塩化ナトリウム

1.0% HEC

0.1%

防腐剤

4)835MHz 溶液2

48.39% トゥイーン

50.36% 脱イオン水

1.25% 塩化ナトリウム

5)900 MHz 溶液1

56.50% 蔗糖

40.71% 脱イオン水

1.48%

塩化ナトリウム

0.99% HEC

0.19%

防腐剤

6)900 MHz 溶液2

64.81% プロピレングリコール

34.40% 脱イオン水

0.79%

塩化ナトリウム

7)900MHz 溶液3

47.42% トゥイーン

51.38% 脱イオン水

1.20% 塩化ナトリウム

73-

ARIB STD-T56

ARIB STD-T56

8)1450 MHz 溶液1

45.51% DGBE

53.82% 脱イオン水

0.67% 塩化ナトリウム

9)1450MHz 溶液2

44.73% トゥイーン

56.67% 脱イオン水

0.60% 塩化ナトリウム

10)1624MHz 溶液

46.20% トゥイーン

53.15% 脱イオン水

0.65% 塩化ナトリウム

11)1767.5MHz 溶液

45.27% トゥイーン

54.23% 脱イオン水

0.50% 塩化ナトリウム

12)1800 MHz 溶液

44.92% ブチルカルビトール

54.90% 脱イオン水

0.18%

塩化ナトリウム

13)1950 MHz 溶液1

45.00% ブチルカルビトール

55.00% 脱イオン水

14)1950MHz 溶液2

44.91% トゥイーン

54.89% 脱イオン水

74-

0.20% 塩化ナトリウム

15)2018MHz 溶液

45.50% トゥイーン

54.63% 脱イオン水

0.17% 塩化ナトリウム

16)2100 MHz 溶液

50.00% ブチルカルビトール

50.00% 脱イオン水

17)2450 MHz 溶液1

49.75% ジアセチン

0.50%

防腐剤

49.75% 脱イオン水

18)2450 MHz 溶液2

45.00% トゥイーン

55.00% 脱イオン水

0.00% 塩化ナトリウム

19)4000 MHz 溶液

44.00% 酸化鉱油

56.00% 脱イオン水

20)5000 MHz 溶液

44.00% 酸化鉱油

56.00% 脱イオン水

21)5000 MHz 溶液

44.00% 酸化鉱油

56.00% 脱イオン水

75-

ARIB STD-T56

ARIB STD-T56

22)5200 MHz 溶液

17.24% ジエチレングリコールモノヘキシルエーテル

17.24% トリトン X-100

66.53% 脱イオン水

23)5800 MHz 溶液

17.24% ジエチレングリコールモノヘキシルエーテル

17.24% トリトン X-100

66.53% 脱イオン水

24)6000 MHz 溶液

44.00% 酸化鉱油

56.00% 脱イオン水

2 ファントム液剤の測定

ファントム液剤の電気的特性は、スロットライン法、接触プローブ法又は

TEM 線路法を用いて

測定することができる。具体的手順等は、

IEC 62209-1 を参照すること。

76-

ARIB STD-T56

参考資料6

LTE 対応送信機の測定手順例

1.1 概要

LTE 通信方式は従来の通信方式に比べて非常に多くの送信状態のパラメータが存在するためそ

れらの送信条件の中から最大

SAR を抽出する手順を定めることは重要である。参考資料6では、

3GPP における RF 出力電力の測定条件を基本とした際の Band 1(2 GHz 帯)における SAR の測

定手順例を示している。表

1 と図1に 3GPP 規定の Band 1 の測定条件を示す。

表1

3GPP 規定の RF 出力電力の試験測定条件 (Band 1)

帯域幅 変調方式 チャネル

RB サイズ RB オフセット MPR [dB]

High 1 24 0

High 8 17 0

20 Low

5 MHz QPSK

High 1 82 0

Low 18 0 0

Middle 18 0 0

High 18 82 0

Low 25 0 1

Middle 25 0 1

High 25 0 1

Low 25 0 2

Middle 25 0 2

High 25 0 2

77-

ARIB STD-T56

10 MHz

20 MHz

QPSK Low 50 0 1

Middle 50 0 1

High 50 0 1

16QAM Low 12 38 1

Middle 12 0 1

Middle 12 38 1

High 12 0 1

Low 50 0 2

Middle 50 0 2

High 50 0 2

QPSK Low 100 0

Middle 100 0

1

1

High 100 0 1

16QAM Low 18 82 1

Middle 18 0 1

Middle 18 82 1

High 18 0 1

Low 100 0 2

Middle 100 0 2

High 100 0 2

78-

ARIB STD-T56

Low z

H

8

1

MPR = 0

8 MPR = 1

25

1922.5 MHz

MPR = 1,2 z

H

12

MPR = 1

50

1925.0 MHz

MPR = 1,2

Middle

5 MHz

1950.0 MHz

10 MHz

High

1977.5 MHz

1950.0 MHz

20 MHz

1975.0 MHz z

H

1

18

MPR = 0

MPR = 1

18

MPR = 1, 2

100

1930.0 MHz 1950.0 MHz 1970.0 MHz

図1

3GPP 規定 RF 出力電力の試験測定条件概念図 (Band 1)

79-

ARIB STD-T56

1.2 SAR 測定手順

本測定例は、

3.2 測定の手順を元に LTE 対応送信機用に修正したものである。

(1) SAR の測定を行う前に 3GPP の RF 出力電力測定条件(表 1 および図1)に従い RF 出力

電力を確認する。

RF 出力電力測定結果から、中心周波数付近で RF 出力電力の最大の設定条件

Middle P max)を決定する。また、下限および上限周波数においても最大の設定条件(Low P max

および

High P max)を決定しておく。この Middle P max は 3.2.1 一般条件に記載されている「各

動作帯域の中央付近の周波数」に相当する。

(2) Middle P max の送信条件にて SAR が最大となる設置条件を決定する。

-人体側頭部であれば Right /Left および Touch/Tilt 等の条件を決定

-側頭部以外であれば Front/Back 等の条件を決定

(3) (2)で決定した設定条件および設置条件で 10 g SAR が 1.6W/kg(許容値に対して-1dB) を

超える場合は、

RF 出力電力が Middle P max に対して-0.5dB 以内の他の設定条件 でも SAR を確

認する。

注 測定データ(図

3)より、RF 出力電力と SAR には 0.5 dB のばらつき(95%信頼区間)がある。

(4) (2)で決定した SAR が最大となる設置条件、およびその他の設置条件でも 10 g SAR が

1.0W/kg を超える場合は、下限、上限周波数などの測定を行う。 この Low P max 及び High P max

3.2.1 一般条件に記載されている「送信帯域の最大と最小の周波数」に相当する。

(5) (4)の測定結果においても 10 g SAR が 1.6W/kg (許容値に対して-1dB)を超える場合は、

RF 出力電力が Low P max や High P max に対して-0.5dB 以内の他の設定条件で SAR を確認す

る。

(6) 以上の測定で得られた SAR 値の中で最も高い値をその帯域における SAR 値とする。

以上の条件を含む測定の基本手順のフローチャートを図

2 に示す。

80-

測定系のセットアップ

被測定機の動作条件を設定

被測定機の設置

中心周波数近傍でSAR測定

未完了

設置条件は全て完了か?

完了

SAR値が最も高くなる被測定機の設置条件

を決定

No

1.6W/kg以上か?

Yes

Middle P maxに対して-0.5dB以内の

全ての設定条件でもSAR測定

他の全ての周波数(下限、上限周波数等)で

SAR測定

No

1.6W/kg以上か?

Yes

Low P max 及び High P maxに対して

-0.5dB以内の全ての設定条件でもSAR測定

未完了

許容値に対して-3dB以上にある全ての

条件完了か?

完了

未完了

被測定機の動作条件は

全て完了か?

完了

全ての測定値の中から局所最大SARを決定

2 LTE 対応送信機測定の手順

ARIB STD-T56

81-

ARIB STD-T56

3 RF 出力電力と SAR の関係

82-

参考資料7

時間平均電力の算出例

1.1 概要

無線機器の時間平均電力の算出例を示す。

1.2 通信

通信時の時間平均電力を以下の様に定義する。

Pmax

・・・

T1 T1 T1

T2 T2

Pave

P

max

 

T

1

T

2

Pave

平均電力

Pmax

:最大送信出力

T1

:送信時間

T2

:繰返し周期(連続送信の場合は、

T1

=

T2

1.3 待ち受け

待ち受け時の時間平均電力を以下の様に定義する。

Pmax Pmax

・・・

1

T3

・・・ n

T3

1

T3

・・・ n

T3

T4

Pave

P

max

   

n

T

3

T

4

Pave

:平均電力

Pmax

:最大送信出力

T3

:送信時間(位置登録)

T4

:繰返し周期(ランダムな場合は最短周期とする)

83-

ARIB STD-T56

ARIB STD-T56

n

:周期内の送信回数

待ち受け中の位置登録は常時発生しないため、平均電力は以下の関係となる。

Pave

(待ち受け)<

Pave

(通信)

したがって、通信中の平均電力以下となるため、待ち受けは考慮しなくてよい。

1.4 ハンドオーバー

ハンドオーバー時の時間平均電力を以下の様に定義する。

Pmax Pmax

1

・・・

・・・

・・・ n

T1 T1 T1 T1

T5

T6

Pave

Pave

:平均電力

P

max

   

n

T

1

T

6

Pmax

:最大送信出力

T1

:送信時間

T5

:チャネル切り替え時間

T6

:ハンドオーバー時間

n

:周期内の送信回数

チャネル切り替え時間

T5≧0

があり、平均電力は以下の関係となる。

Pave

(ハンドオーバー)

Pave

(通信)

したがって、通信中の平均電力以下となるため、ハンドオーバーは考慮しなくてよい。

2. 時間平均電力の算出例

無線機器の時間平均電力の算出例を以下表に示す。

動作条件付で定義されている最大時間平均

RF 出力電力で送信すること。もしこれが可能か現実

的でない場合、試験は低い出力レベルで実施、最大出力レベルまで数値的に補正しても良い。

84-

ARIB STD-T56

1 無線機器の時間平均電力の算出例

無線機器 時間平均電力 無線設備規則

PHS Pave = 1 チャネル当りの平均電力 × チャネル数

Pave = 送信出力 × 100% duty cycle

49 条の 8 の 3

W-CDMA

CDMA2000

WLAN

WiMAX

Pave = 送信出力 × 100% duty cycle

49 条の 6 の 4

49 条の 6 の 5

49 条の 6 の 3

49 条の 6 の 4

Pave = 送信出力 × 100% duty cycle

但し、ハードウェア

ルにより

[1]、ソフトウェアまたは通信プロトコ duty に制限がある場合は、被測定機が対応する最

49 条の 6 の 5

49 条の 20 第 1 号

49 条の 20 第 2 号

49 条の 20 第 3 号

49 条の 20 第 3 号

2

大 duty cycle とする。

Pave = 送信出力 × 最大 duty cycle

[1] FCC KDB 248227 SAR measurement Procedures for

802.11 a/b/g Transmitters

Pave = 送信出力 × 100% duty cycle

49 条の 6 の 12

49 条の 28

但し、バーストする場合は、最大 duty cycle とする。

Pave = 送信出力 × 最大 duty cycle

LTE

オペレータにより

DL:UL symbol ratio が制限される場合

は、実使用状態とする。

たとえば、

DL:UL symbol ratio 29:18 の場合、 duty cycle:24.69%。[2]

[2] FCC KDB 615223 802.16e/WiMax SAR Measurement

Guidance

Pave = 送信出力 × 100% duty cycle

但し、バーストする場合は、最大 duty cycle とする。

Pave = 送信出力 × 最大 duty cycles

49 条の 6 の 9

49 条の 6 の 10

85-

ARIB STD-T56

XGP

AXGP

Push-to-talk

(PTT)機器

Case a(バースト長固定)

Pave = 送信出力 × 50% duty cycle

Case b(バースト長可変)

最大 duty cycle は 45%とする。 [3]

Pave = 送信出力 × 45% duty cycle

[3] ARIB STD-T95

Pave = 送信出力 × 最大 duty cycle

最大 duty cycle は 45%とする。[4]

Pave = 送信出力×45% duty cycle

[4]平成 19 年 11 月 29 日総務省告示第 651 号

使用形態として、最大 duty cycle は 50%とする。[5]

Pave = 送信出力 × 50% duty cycle

[5] IEC 62209-2

49 条の 6 の 7

49 条の 29

86-

ARIB STD-T56

参考資料8

微弱電力除外レベルの算出

4.1 記載の除外レベル P th,m

は非常に保守的な仮定の下に算出した値であり、実際人体に吸収さ

れる電力はその一部である。

IEC 62479 Annex B では、数値解析等により得られた算出式により、

より現実的な放射電力の制限値

P th,m

’を与えており、この P th,m

’よりもアンテナ電力が小さい無線機

器は

SAR の基本制限を超える放射を生じないとみなすことができる。

以下に

IEC 62479 による除外レベル P th,m

の緩和の方法を示すが、本方法の適用性や数式の

詳細については、

IEC62479 を参照のこと。

1 適用可能なアンテナの条件

本微弱電力除外レベルを適用可能な条件を下記に示す。

(1)周波数範囲:300 MHz~6 GHz

(2)発生源から人体までの距離:5 mm から 25 mm

(3)アンテナの種類:ダイポール、モノポール、平板逆 F、逆 F

ただし、半波長ダイポールアンテナよりも指向性が狭いアンテナの場合に適用してはならない。

2 計算式と手順

手順

1:無線の中心周波数/帯域幅および人体との離隔距離の特定

対象となる無線機の送信における中心周波数

f

[GHz]と帯域幅 BW[%]を特定する。SAR はアン

テナの

Q 値に依存するので、ひとつのアンテナで送受信を行う場合、BW はアンテナのカバーする

周波数帯域として計算する。

IEC62209-2 Annex B の表 B.1 の計算例では BW は割り当てられてい

とを推奨しているが、取り扱い説明書で離隔距離を規定している場合は、その離隔距離を使って計

算してもよい。

手順

2:係数(A、B、C、D)の算出

平均体組織質量にしたがって

P th,m

’算出式の係数を計算する。

(1) 平均体組織質量が 10g の場合

A=(-0.4588 f

3

+4.407 f

2

- 6.112 f +2.497)/100 ・・・(式 2.1a)

B=(0.1160 f

3

-1.402 f

2

+3.504 f - 0.4367)/1000 ・・・(式 2.1b)

C =(-0.1333 f

3

+11.89 f

2

-110.8f +301.4)/1000 ・・・(式 2.1c)

D= -0.03540 f

3

+0.5023 f

2

– 2.297 f +6.104 ・・・(式 2.1d)

87-

ARIB STD-T56

手順

3:P th,m

’の算出

手順

2 の式 2.1a から式 2.2d で算出した係数 A、B、C、D を用いて次式により、P th,m

’を

計算する。

P th,m

’ = exp[As + Bs

2

+ Cln(BW) + D ] [mW] ・・・(式 3)

1 に代表的な無線機器の微弱電力除外レベル P th,m

’の計算例を示す。また、図 1 に S[mm]をパラ

メータに、帯域幅

BW=5%の場合の P th,m

’の値を示した。

3 計算例

1 代表的な無線機器の微弱電力除外レベルの計算例

2.0W/kg( 10g 平 均 ) に 対 す る P

th,m

[mW]

中 心 周 波数 f [GHz]

BW

%

s = 25 mm

3.3 310

CDMA-2000 0.845 7.1 144 202

W-CDMA 0.860 7.0 140 198

7.4 194

7.6 185

9.5 101

W-CDMA 1.810 5.5 45 93

95

96 CDMA-2000 1.933 7.8 44

44

802.11b/g 2.442 3.4 32

100

89

84

85

802.11a 5.438

*1

10.6

37

56

163

320

314

272

*1 現在、日本において IEEE802.11a の使用帯域は 5.150~5.350GHz(屋内専用)と、

468

391

386

384

375

308

286

302

305

330

328

315

324

657

793

845

564

5.470~5.727GHz(屋外使用可能)の二つの帯域からなる。本計算は両方の帯域を

カバーすることを仮定して算出した。

88-

ARIB STD-T56

1 微弱電力除外レベルの緩和値 P th,m

’(BW=5%)

4 微弱電力除外レベルを用いた測定数削減の例

IEC62209-2 Annex K に微弱電力除外レベルおよびその緩和値を用いた測定数の削減

方法が示されている。下記の条件を用いて、本除外を例示する。

条件

対象装置は

RF1、RF2、RF3 の3つの無線機を搭載しており、RF1 と RF2 の SAR は

当該装置に内蔵した状態で

SAR を測定しているものとする。

2

無線機の仕様

SAR の値

除外レベル

[mW]

[W/kg]

P th,m

1.6

P th,m

42

RF1

用途:広域通信用

1.8GHz 100mW BW=3%

RF2

用途:無線

LAN

2.45GHz 40mW BW=5%

RF3

用途:

PAN

2.45GHz 5mW BW=5%

実測なし

34

89-

ARIB STD-T56

ケース1:

RF1 と RF2 を排他的に使用し、RF3 との同時使用がある場合

RF1 を使用している場合に同時に使用する無線機に許容される放射電力 P available,1

P available

, 1

P th

,

m

SAR

lim

SAR

SAR

lim

1

20

2

4 [

mW

]

2

1 .

6

同様に

RF2 を使用している場合に同時に使用する無線機に許容される放射電力 P available,2

P available

, 2

P th

,

m

SAR

lim

SAR

SAR

lim

2

20

2

17 [

mW

2

]

0 .

3

P available,1

<(

RF3 の出力):RF1 と RF3 の同時送信の SAR を評価する必要あり。

P available,2

>(

RF3 の出力):RF2 と RF3 の同時送信の SAR は評価不要。

微弱電力除外レベル

P th,m

の代わりに

P th,m’

を用いて評価すると、

RF1、RF2 を使用している

場合に他の無線機に許容される放射電力

P available,1/2’

P available,1’

=6.8[mW]

P available,2’

=28.9[mW]

どちらの場合も

RF3 の送信出力のほうが小さいので、RF1 や RF2 と RF3 の同時送信を

評価する必要はない。

ケース2:

RF1,RF2、RF3、すべての同時使用がある場合

RF3 に許容される送信出力 P available

P available

P th

,

m

SAR

lim

N

1

1

SAR i

SAR

lim

20

2

1 .

6

0 .

3

2

1 [

mW

]

P available

<(

RF3 の出力):RF1、RF2 と RF3 の同時送信の SAR を評価する必要がある。

90-

ARIB STD-T56

参考資料9

高速 SAR 測定装置と測定例

高速

SAR 測定法の測定装置として、標準 SAR 測定装置と同じハードウェア構成の測定装置、異

なるハードウェア構成の測定装置を使用し測定した結果を以下に示す。

1.1 高速 SAR 測定装置

・高速

SAR 測定装置(同じハードウェア構成)

・標準 SAR 測定装置を使用し粗い走査を実施

・得られた SAR 分布より特定のアルゴリズムを用いて 3 次元分布を算出し、最大局所 SAR を

決定

・高速 SAR 測定装置(異なるハードウェア構成)

・固定の複数プローブ、半固体ファントムなどで構成させる装置を用い、 2 次元 SAR 分布を測

・得られた

SAR 分布より、特定のアルゴリズムを用いて 3 次元分布を算出し、最大局所 SAR

を決定

1.2 被測定機と測定条件

・タブレッド型携帯電話機

・周波数帯: 800MHz,1.7GHz,2GHz

・人体側頭部 位置:左右頬 ,左右傾斜,最大位置 アンテナ状態:開・閉

・身体装着 位置:表・裏

,最大位置 離隔距離:1.5cm アンテナ状態:閉

1.3 測定内容

・人体側頭部:標準

SAR 測定、高速 SAR 測定 (同じ/異なるハードウェア構成)

・身体装着:標準

SAR 測定、高速 SAR 測定(同じ/異なるハードウェア構成)

1.4 測定結果

・標準

SAR 測定装置と 2 種類の高速 SAR 測定装置による測定結果を示す。

・ 2 種類の高速 SAR 測定装置の測定時間は、標準 SAR 測定装置と比較して測定時間に対して大

きな改善効果があることが判った。

91-

ARIB STD-T56

測定手段

表1 測定時間の比較

測定時間 短縮率

人 標準

SAR測定のみ Ts:612分

高速

SAR測定(同じハードウェア構成)によるスクリ

ーニング+標準

SAR測定

高速

SAR測定 (異なるハードウェア構成)によるス

クリーニング+標準

SAR測定

Tfsh:407分 Tfsh/Ts=66.5%

Tfdh:223分 Tfdh/Ts=36.4%

標準

SAR測定のみ Ts:204分

高速

SAR測定(同じハードウェア構成)によるスクリ

ーニング+標準

SAR測定

高速

SAR測定 (異なるハードウェア構成)によるス

クリーニング+標準

SAR測定

Tfsh:232分 Tfsh/Ts=113.7%

Tfdh:148分 Tfdh/Ts= 72.5%

備考)拡張不確かさとして、標準 SAR 測定装置、高速 SAR 測定装置(同じハード/異なるハー

ド)についてそれぞれ、

27.8%, 21.5%, 21.2%とした。

92-

ARIB STD-T56

参考資料10

FCC 測定法

米国

FCC (Federal Communications Commission)では、OET Bulltein65 Supplement C (以

OET65)にて人体側頭部および胴体装着などの SAR 測定法を規程している。適用範囲は人体近

20cm 以内で使用される無線機器である。OET65 では、基本的な部分の記述にとどまっており、

IEEE 1528 の引用や KDB (Knowledge Data Base)にて詳細な規程を行っている。

表1

KDB 番号

題名 概要

248227

D01

447498

D01

447498

D02

450824

D01

450824

D02

615223

D01

616217

D01

SAR Measurement Procedures for 802.11 a/b/g

Transmitters

IEEE 802.11 a/b/g ( 無 線

LAN)の SAR 測定法

Mobile and Portable Device

無線通信機器からの

RF ばく

RF Exposure Procedures and Equipment

露評価手順と認定方針

Authorization Policies

SAR measurement procedures for USB Dongle transmitters

Application Note: SAR Probe Calibration and

USB ドングル送信機の SAR

測定

プローブ校正とシステム確認

System Verification Considerations for

Measurements at 150 MHz – 3 GHz

Dipole Requirement for SAR System SAR システム評価のダイポ

Validation and Verification

802.16e/WiMax SAR Measurement Guidance

ール仕様

IEEE 802.16e(WiMAX) の

SAR 測定ガイダンス

SAR Evaluation Considerations for Laptop

ノート

PC のディスプレイに

Computers with Antennas Built-in on Display

搭載されたアンテナの

SAR 評

Screens

SAR evaluation Considerations for

ノート

PC やタブレット PC

Laptop/Notebook/ and Tablet Computers

SAR 評価

616217

D03

648474

D01

941225

D01

SAR Evaluation Considerations for Handsets with Multiple Transmitters and Antennas

SAR Measurement Procedures for 3G Devices

–CDMA 2000 / Ev Do – WCDMA/HSDPA/HSPA

複 数 同 時 送 信 携 帯 端 末 の

SAR 評価

CDMA2000, EvDO,

WCDMA /HSDPA/HSPA の

SAR 評価手順

93-

ARIB STD-T56

941225

D02

941225

D03

941225

D04

941225

D05

941225

D06

941225

D07

3GPP R6 HSPA and R7 HSPA+SAR Guidance

HSPA (3GPP R6, R7)の SAR

ガイダンス

Recommended SAR Test Reduction Procedures for GSM/GPRS/EDGE

GSM/GPRS/EDGE の SAR

試験数削減

Evaluating SAR for GSM/(E)GPRS Dual

Transfer Mode

GSM/(E)GPRS デュアルモー

ドの

SAR 評価

SAR Test Considerations for LTE Handsets and Data Modems

LTE 端末とデータモデムの

SAR 試験

SAR evaluation procedures for portable devices with wireless router capabilities

無線ルーター機能搭載携帯機

器の

SAR 評価手順

SAR evaluation procedures for UMPC mini-tablet devices

UMPC(ウルトラモバイル

PC ) ミ ニ タ ブ レ ッ ト 装 置 の

SAR 評価手順

94-

ARIB STD-T56

参考資料11

その他の測定法(本規格第1版抜粋)

その他の

SAR 測定法として、サーモグラフィを用いる方法と固体ファントムを用いる方法を示

す。サーモグラフィを用いる方法は、ばく露レベルを高くする必要があるため、実際の携帯電話機を

用いた測定はできないが、高出力の送信機を用いれば高精度の測定が可能である。固体ファントムを

用いる方法は、簡易で安定した測定が可能である。但し、これらの測定法は、標準測定法との誤差を

比較した誤差解析等を行っていない。

1. サーモグラフィを用いる SAR 測定法

1.1 SAR と温度上昇

2.1(2)で説明しているように、サーモグラフィによる SAR 測定法では SAR はファントム断面上

の温度分布測定値から導出する。すなわち、均一ファントムにおいて比熱を c[J・kg

-1 ・

K

-1 ]、温度

上昇をΔ

T[K]、ファントムが電波に照射された時間をΔt[s]とすれば、SAR は近似的に次式で

求められる:

SAR=c(ΔT/Δt) [w/kg] (1)

但し、式

(1)は、熱伝導もしくは熱拡散によって生ずる温度変化を無視することにより求めている。

(1)を用いて SAR 値を精度よく推定するためには、サーモグラフィ測定での温度上昇を数℃以上

かつ、照射時間を数十秒から

1 分程度とすることが望ましい[1],[2]。このような条件を達成するた

めには、発射電力(時間平均値)として、

100W 程度以上が必要となる。一方、実際の携帯電話は、

システムによって変調方式や無線アクセス方式(

FDMA か TDMA か等)が異なり、送信出力制御

機能により発射電力が時間的に変化する。例えば

PDC 用携帯電話の場合には、平均送信電力は約

3mW から 300mW 程度までの幅で変化する。SAR は、平均送信電力の最大値である約 300mW 動作

時で評価することが必要であるが、測定を可能とする

100W よりはるかに低く携帯電話実機による

測定はできない。このため

100W 以上の送信電力を有する特殊な模擬携帯電話を構成することが必

要である。但し、温度上昇のみが関係するので、変調をかける必要はなく連続波が使用できる。

1.2 測定系の構成

測定系の基本構成を図

1.2-1 に示す。各構成要素に必要な条件は次のとおりである。

(1) 模擬携帯電話

携帯電話本体の形状及び材料の電気特性並びにアンテナ構造が、評価しようとする携帯電話に

近似していること。またアンテナ許容入力が連続波で

100W 以上であってかつ、一分程度連続し

てそのような高電力を入力してもその発熱による、アンテナや携帯電話本体における温度上昇が

95-

ARIB STD-T56

1℃程度以下であること。

(電波暗室)

高出力増幅器

模擬携帯電話

(出力

100W 以上)

マイクロ波

信号発生器

(シンセサイザ)

高耐入力アンテナ

固体ファントム

又は

ジェリーファントム頭部モ

デル(分割できる構造)

すえ付け用

治具

(強化グラスファイバ等)

サーモグラフィック

カメラ

記録装置

1.2-1 サーモグラフィを用いる SAR 測定系の基本構成

(2) ファントム

形状が人体頭部を模擬したものであって、頭部内部の温度上昇分布を測定できるように、その

断面において分割できる構造であること。ファントム材料として、半固体(ジェリー)もしくは

固体(セラミック等)を用いることができる。半固体の場合には、通常頭部外形を模擬する容器

と分割面でのファントム材の漏出を防ぐための薄い隔壁が必要であり、材料として絹布等が用い

られている

[2],[3]。

固体ファントムは隔壁を必要とせず、ファントム表面での

SAR 測定が可能であり、また経時

変化もないため本測定法に用いるファントムとして大変適している。

[4]

(3) サーモグラフィックカメラ

2.4.2 に記述されているようなカメラを用いればよい。

1.3 測定手順

まず、室温でのファントム表面及び断面の温度分布をサーモグラフィで測定し、均一温度となっ

96-

ARIB STD-T56

ていることを確認する。次に、ファントムと携帯電話の位置関係を

SAR 評価を必要とする所定の

状態に設定する。所定の状態は、マイクとスピーカがそれぞれファントムの口と耳に接近するよう

な、通常の携帯電話を使用する状況を意味する。この際にファントムの分割面に局所

SAR の最大

値が位置するように設定することが必要である。

模擬携帯電話アンテナから出力

P[W]の連続波をファントムに照射する。電波の熱作用のため、

ファントム上には温度分布が生じる。モデル内及びモデル表面の各点での温度上昇Δ

T は、その点

で吸収されたエネルギーに比例し、従って、

SAR 値が大きい点ほど温度上昇ΔT は大きくなる。観

測可能な温度分布が生じるまでの時間(

1 分以下の時間Δt が望ましい)、電波を照射し続ける。

電波を照射した後、携帯電話が電波の発射を停止したことを確認し、ファントムを素早く分割し

てサーモグラフィックカメラの前に位置させ、内部断面の温度分布を測定する。この測定データを

室温で測定したファントムの温度分布、もしくは温度上昇の生じていない部分の温度と比較すれば

温度上昇Δ

T が求まる。ΔT が求まれば SAR 値は式(1)によって導出できる。このとき測定画面上

で読み取られる温度上昇の最大値は、

1 画素面内の平均値であるから、画素の一辺の長さに対応す

る実際の測定対象上での長さが

(10)

1

/

3

2.15cm 以下であれば、10g の組織での SAR の平均値を代

数計算で容易に求めることができる。

こうして求めた

SAR 値を X とすれば、この値は P[W]入力でのものであるから、実際の携帯

電話出力 p[W]での SAR 値に換算するには、単純に X を p/P 倍すればよい。

1.4 測定誤差

本方法における誤差の発生要因と推定誤差は次の通りである。

(1) 模擬携帯電話使用による誤差

アンテナ及び携帯電話本体の形状と材料の電気特性を実機と同様とすれば、近傍電磁界分布に

ついての実機と模擬機との違いは無視できる。またアンテナのインピーダンス整合については、

模擬機では高入力に耐えられるように狭帯域チューニングをよくとる必要があるが、実機及び模

擬機の

VSWR がそれぞれ 1.2 及び 1.05 程度としてもアンテナでの電力損失の差は高々1%である

から、狭帯域チューニングによって発生する誤差は同様に無視できる。

(2) 温度分布測定における誤差

ファントムにおける熱拡散により誤差が生ずる。実験的検討により電波照射及び照射後の温度

測定までの時間が共に

1 分以内であれば、ファントム表面以外の部分での熱拡散による影響は無

視できる。

1GHz から 2GHz を利用する携帯電話電波の頭部ばく露では、携帯電話に接する側の

ファントム表面に局所

SAR の最大点が分布し、微小体積要素当りのその値は、熱拡散の影響に

より真値に対して約

20%低下する。しかし図 1.4-1 から分かるように、SAR 値が低下する領域は

ファントム表面からの深さが数 mm 以内の部分に限定されるので、2.15cm までの深さまでの平

97-

ARIB STD-T56

均化を行う場合、即ち

10g 平均値を求める場合には、この低下分による誤差は数%以内となるか

ら無視できる。

この他電力計やサーモグラフィ等の測定機の各種誤差も厳密には検討する必要があるが、これ

らは個々に補正すればよい。

1.4-1 頭部モデルの断面及び表面での温度分布測定例

(固体ファントムの耳の横で

900MHz 帯 100W の電波をダイポールアンテナで照射し、ファント

ム内部と外側の温度上昇を測定した例。)

測定上の注意点

(1) 100~200W の高電力電波を発射するため、照射は無人の電波暗室で行わなければならない。

(2) 固体ファントムを用いる場合には表面の温度分布から、局所 SAR の最大値を容易に求めら

れる。ジェリーファントムを用いる場合には、容器が存在するために表面温度分布測定ができ

ない。このため、局所

SAR の最大値が生ずる箇所を電界測定等によりあらかじめ求めておき、

ファントム分割面がその箇所と一致するように照射位置を設定する必要がある。

電波照射後、サーモグラフィで温度測定を行うが、温度測定に取りかかるまでの時間に、ファン

トムの温度分布のピーク値は、熱拡散のため降下する。温度測定はできるだけ速やかに行うことが

必要である。

2. 固体ファントムと電界プローブを用いる SAR 測定法

2.1 測定の原理(電界分布と SAR)

固体ファントムと電界プローブによる

SAR 測定法では、頭部モデルの耳のつけね付近に電界プ

ローブを固定し、携帯電話の位置を様々にずらした状態で電界強度を測定し

SAR のピーク値を推

定する。

一般的に、電波に照射される生体組織内の任意の点( x、y、z)における SAR は、電界強度の実

効値|

E(x、y、z)|[V/m]、導電率σ(x、y、z)[S/m]、および密度ρ(x、y、z)[kg/m

3

]を用い

98-

ARIB STD-T56

SAR

(

x

,

y

,

z

)

(

x

,

y

,

z

(

)

E

(

x

,

y

,

z

)

x

,

y

,

z

)

2

[W/kg]

で表わされる。携帯電話を人体近傍で用いる場合、その携帯電話により誘導される頭部内の電磁

界分布は、頭部の表面の形状による境界条件と、頭部内の媒質定数、すなわち、比誘電率ε r

( x、y、 z)、導電率σ(x、y、z)、透磁率μ(x、y、z)の分布により定まる。従って、携帯電話使用時の

頭部内

SAR を推定するには、人体頭部の形状を平均的な意味で模擬した均一ファントムの頭部モ

デルを用いて実際の携帯電話使用状態を再現し、その頭部モデル内部での電界強度分布を測定でき

ればよい。

固体ファントムは固体であるため、内部電磁界分布全体を測定するかわりに大多数の携帯電話の

通常の使用状態で

SAR のピーク値が現われる耳のつけね付近にプローブを固定し、その上でさら

に携帯電話の位置を動かして

SAR のピーク値を検出する[5]。

2.2 測定系の構成

測定系の構成を図

2.2-1 に示す。各構成要素に必要な条件は次の通りである。

電界センサ

頭部モデル

Max

頭部

表示装置

2.2-1

測定系の構成

SAR のピークの位置

電界センサ

2.2-2

携帯電話の位置を固定

電界センサ

頭部 頭部

2.2-3

携帯電話の位置をずらす

2.2-4

近傍界の直接測定となる典型的な例

99-

ARIB STD-T56

(1) ファントム

人体頭部の形状を平均的な意味で模擬したものであること。すなわち、主な曲率、長さなどが

人体頭部の平均的な値となること。ファントムの媒質定数は、人体頭部の媒質定数の平均値に近

い値をとること。

(2) 電界プローブ

電界プローブは

4mm 前後の 3 軸等方性の微小ダイポールで構成されるものとする。4mm 以下

であれば、

0.01cm

3

以下の空間分解能を持つため、組織の

1g 平均、10g 平均での SAR 値を推定

することが可能である。

2.3 測定手順

この測定装置では、携帯電話の位置を動かすことにより

SAR のピーク値を検出する。本来、測

定すべき値は、携帯電話使用位置を固定した状態での頭部内

SAR 分布のピーク値である(図 3.3-2)。

これに対して、携帯電話の位置を動かせばピークの位置を移動させることができ、ピークの位置と

プローブの位置をほぼ一致させることが可能である(図

3.3-3)。この方法によりピークの値を推定

する。

3.3.4 較正法と測定誤差

(1)

較正法

本測定装置の較正はサーモグラフィによる

SAR の測定に基づいて行う。較正には標準ダイポー

ルアンテナ、または、携帯実機の場合にはその高出力モデルを用いる。アンテナへの入力電力を

100W として得られた SAR 値を 100 で割り、1W 入力時の SAR 値に正規化する。次に、この標準

ダイポールアンテナまたは携帯電話に形状が近似した高出力モデルを用いて、アンテナ入力電力を

1W とし、固体ファントムと電界プローブを用いた電界強度測定を行う。ここで、測定された電界

この値に基づいて、較正係数

C は、

C

E

X

2

により導出される。この較正係数を用いて固体ファントムと電界プローブを用いた

SAR 測定を

SAR C E

2

で求められる。

100-

ARIB STD-T56

(2) 測定誤差

較正法として、サーモグラフィに基づいた方法を用いているため、測定誤差はサーモグラフィ

を用いた方法による誤差に準ずることになる。サーモグラフィによる

SAR 測定の誤差に較正係

数導出時の誤差が加算されることになる。

2.5 測定上の注意点

(1) SAR のピーク値が現われる位置は頭部モデルの表面となるのだが、電界プローブを頭部モデル

の表面に固定すると、

SAR(頭部内の電界)ではなく、携帯電話の近傍電磁界を直接測定するこ

とになる。電界プローブと携帯電話の輻射部の電磁界結合が強くなると正確な

SAR 測定ができ

ない。図

3.3-4 はその典型的な状態を表わす。そこで、電界プローブを固定する位置は頭部モデ

ル表面から

1~2cm 内側とし、較正係数によって、表面付近の SAR 値を測定できるようにする。

(2) 測定される SAR 値は、頭部モデルと携帯電話の相対的な位置関係に強く依存する。測定値の

再現性を確保するには、携帯電話の位置を写真等で記録する必要がある。

(3) 固体ファントムの媒質定数は、周波数に依存し単一のモデルで人体の電気的特性と模擬できる

帯域幅は限られている。従って、測定すべき周波数に複素誘電率が良く近似した頭部モデルを用

意する必要がある。

参考文献

[1] Kuster N, Kaestle R, Schmid T, “Dosimetric evaluation of handheld mobile communications equipment with known precision”, IEICE Trans. Commun, vol. E80-B, no.

5, pp.645-652, 1997.

[2] Guy AW, Chou C, “Specific absorption rates of energy in man models exposed to cellular

UHF mobile antenna fields”, IEEE Trans. on MTT, vol. MTT-34, pp.671-680, 1986.

[3] Nojima T, Nishiki S, and Kobayashi T, “An experimental SAR estimation of human head exposure to UHF near fields using dry-phantom models and a thermograph”, IEICE Trans.

COMMUN., vol. E77-B, no. 6, pp.708-713, 1994.

[4] Tamura H, Ishikawa Y, Kobayashi T, Nojima T, “A dry phantom material composed of ceramic and graphite powder”, IEEE Trans. on EMC, vol. 39, no. 2, pp.132-137, 1997.

[5] 鈴木、垂澤、野島、“定点測定法による SAR ピーク値の検出”、電子情報通信学会 1997 年通

信ソサィティ大会、

B-4-32.

101-

ARIB STD-T56

参考資料12

その他の測定法(外部磁界を用いた推定法)

1. 原理

標準測定法では、

SAR はファントム内部の電界とファントム溶液の導電率により定義されている。

しかし、ファントム内部表面の

SAR は表面の磁界強度 Hs および比例係数αを用いると(1)式のよ

うな関係が成り立つ。

SAR=αH s2

(1)

(1)式を用い、基準機とするセットの自由空間の磁界測定と標準測定法でのエリアスキャン測定に

よるファントム内部表面の

SAR 分布から比例係数αを導出する。このαを用いて、他のセットの

自由空間磁界測定をすることにより、ファントム内部表面の

SAR 分布を推定する。一方で、標準

測定法におけるズームスキャンのデータを活用し、ファントムの深さ方向の減衰を推定する。推定

した

SAR 分布および深さ方向の減衰により平均 SAR を推定することが出来る。

測定機種の基準セットを決定

標準測定法にて

SAR 値が最大となる測定ポジションでの SAR を測定する

自由空間での近傍磁界分布

(H ref

)を測定する

標準測定法におけるズームスキャン

標準測定法における

SAR 分布:SAR ref

データによりファントム深さ方向

の減衰を推定

(C

0

C

4

を決定

)

磁界分布:

H ref

によりα分布を算出する

SAR(z)=C

4

Z

4

+C

3

Z

3

+C

2

Z

2

+C

1

Z+C

0

(α=SAR ref

/ H ref

)

測定するセットの磁界分布

:H m

を測定し、

αを乗じて

SAR 分布を求める

平均

SAR を算出する

1 SAR 推定フロー

2. SAR の推定

2.1 SAR 分布の推定

2(a)に示すように、まず基準セットについて自由空間の磁界分布 H ref

(x,y)を測定する。ここで

磁界測定面を

XY 面とする。次に図 2(b)に示すように標準測定法におけるエリアスキャンによりフ

ァントム内部表面の

SAR 分布 SAR ref

(x,y)を測定する。

102-

ARIB STD-T56

2 比例係数α導出のための測定

上記、

H ref

(x,y)、SAR ref

(x,y)により下記の式を用いて測定点毎のαを算出する。

x

,

SAR ref

H

2

ref

 

x

,

x

,

 

(2)

このα

(x,y)を用いて、他のセットの自由空間磁界 H m

(x,y)を測定することで SAR 分布を下記の式

を用いて推定することが出来る。

SAR cal

     

m

(3)

) (1)式ではαは定数であるが、(2)、(3)式ではファントムと測定セットとの距離が一定ではな

いため、測定座標の関数となる。

2.2 平均 SAR の推定

2.1 項で求めたファントム内部表面の SAR 分布:SAR cal

(X,Y)を求めた後、SAR 分布の最大値を

中心とした立法体の

SAR を推定する。SAR のファントム深さ方向(図 3 における Z 軸の方向)の

推定は、標準測定法におけるズームスキャンデータを用い、

IEC 規格等に記載されている 4 次の最

小自乗法近似により

(4)式の C

0

C

4

を決定することで行う。

SAR(z)=C

4

Z

4

+C

3

Z

3

+C

2

Z

2

+C

1

Z+C

0

(4)

(3)式および(4)式により、立法体各点の SAR を推定する。(図 3 参照)

単位体積あたりの平均

SAR は以下の式で算出する。

SAR avrage

1

M x

M y

M z

M

M y

M x



z i

1

i

1

i

1

SAR

x i

,

y i

,

z i

(5)

M x

M y

M z

1g または 10g に相当する体積内に含まれる xyz 方向の計算点数である。

103-

ARIB STD-T56

3 平均 SAR 値の推定概略図

ここで、例えば

5mm 間隔で磁界分布を測定し、深さ方向を 5mm 間隔で推定した場合、1g 平均

3×3×3=27 点、10g 平均は 5×5×5=125 点の SAR 値を平均することで、平均 SAR を推定

することが可能である。

3. 測定システム

4 に測定システムの例を示す。

4 磁界分布測定システムの例

システムにおける必要な条件は以下の通り。

(1) 磁界プローブ

・ 磁界成分のみ正しく検出できること。また、磁界の

3 直交成分を正しく検出できること。

上記条件を満たすには以下のことが挙げられる。

磁界成分以外を検出しない微小ループアンテナ

(例えばシールデッドループ)を用いる。

各軸成分を測定するループアンテナ同士の干渉を防ぐ配置にする。

・ 等方性は

3dB 以下であること。

・ 空間分解能は

5mm 以下であること。

(2) システム

104-

ARIB STD-T56

・ バースト送信に関しては、最低

1 周期分の検出信号をピークホールドできること。

・ 検出信号の周波数を任意に設定できること。

・ 各軸の測定中心が一致するように、ループアンテナのスキャン座標を工夫する。

4. 測定手順

4 の測定システムでは XYZ テーブルを移動させることにより、測定するセットの上 5mm の磁

界分布を測定する。

測定した磁界分布より

2 項に示した推定手順により平均 SAR 値を推定する。

測定上の注意

基準セットでの標準測定法におけるエリアスキャンの

SAR 分布結果を元に SAR 値を推定するの

で、非測定セットに対するエリアスキャン時のグリッドと磁界分布測定時のグリッドを一致させる

必要がある。

参考文献

[1] 尾崎晃弘,梶原正一,山本温,小川晃一,小柳芳雄, 斎藤裕, “自由空間の近傍磁界による高速 SAR

推定方法

,”信学技報 EMCJ2003-15, pp. 13-20, May 2003.

[2] 尾崎晃弘,梶原正一,小川晃一,小柳芳雄,斎藤裕, “自由空間の近傍磁界による高速 SAR 推定方法

(1)-理論検証と実験結果,” 2003 信学総大, SB-2-9, Mar.2003.

[3] 梶原正一,尾崎晃弘,小川晃一,小柳芳雄,斎藤裕, “自由空間の近傍磁界による高速 SAR 推定方法

(2)-磁界検出プローブとシステム構成,” 2003 信学総大,SB-2-10, Mar. 2003.

[4] Koichi OGAWA, Akihiro OZAKI, Shoichi KAJIWARA, Atsushi YAMAMOTO, Yoshio

KOYANAGI and Yutaka SAITO, “High-Speed SAR Prediction for Mass Production in a

Factory by H-Field Measurements,” 2004 IEEE Antennas and Propagation Society

International Symposium (USA), vol.3, pp.2759-2762, Jun 2004

[5] 梶原正一,小柳芳雄,小川晃一,"4 次最小自乗法を用いたファントム内部の SAR 推定法の検討,"

電子情報通信学会

ソサエティ大会,B-4-40,Sep.2004

[6] Koichi Ogawa, Akihiro Ozaki, Shoichi Kajiwara, Atsushi Yamamoto, Yoshio Koyanagi, "An

In-Factory SAR Prediction System by H-Field Measurements for Mass Production Quality

Control Purposes," EMC Zurich, pp.119-122,Feb. 2005.

105-

ARIB STD-T56

関連特許

(1) 小柳芳雄,斉藤裕,小川晃一,梶原正一,尾崎晃弘,浅山叔孝, “局所 SAR 測定装置及び方法”, 特許

4010869 号

(2) 梶原正一, 尾崎晃弘, 小川晃一, 小柳芳雄, 浅山叔孝, “電磁波測定方法およびその方法”, 特許

4481578 号

(3) 梶原正一, 尾崎晃弘, 山本温, 小川晃一, 小柳芳雄, “SAR 推定方法”, 特許第 4345010 号

(4) 斎藤裕, 小柳芳雄, 小川晃一, 梶原正一, 尾崎晃弘, 浅山叔孝, “電磁放射分布測定方法”, 特許

4112898 号

(5) 尾崎晃弘, 小川晃一, 小柳芳雄, 斎藤裕, 梶原正一, 浅山叔孝, 山本温, “SAR測定装置”, 特

許第

4471583 号

106-

ARIB STD-T56

参考資料13

その他の測定法(2次元電界測定による推定法)

1 原理

本推定法

[1]では、振幅と位相を含む 2 次元の電界分布を測定したのちに、等価定理を用いて理論

的に

3 次元の SAR 分布を推定し、これを元に SAR のピーク値を求める。

等価定理によれば、図

1 のような波源を含む閉曲面 S に対して、S の外の任意の点 r における電

界ベクトルは、

E

est

x

,

y

,

z

1

4

s

j



n

H

 

n

E

 

n

E



dS

(1)

e

jkr r r

x

x

 

y

y

 

z

z

2

と記述できる。

Closed surface S

3D volume

Radiating source

(Inside the closed surface)

r

J

0

J

0m

E’, H’ : on the

closed surface S

r’

|r-r’|

E est

: E-field outside the closed surface S

(Observation point)

O

1 等価定理の応用

ファントム内では入射した電界が減衰するため、任意の測定点において反射波の影響が無視でき

るほど小さく、かつ波源側の面からのみ電波が到来していることを仮定する。図

1 のように観測面

をファントム表面の近傍に設定することにより、式

(1)に従ってファントム内部の任意の点での電界

を推定することができる。但し、式

(1)中の磁界の項は、電界測定を 2 面で行いマクスウェルの方程

式の積分形式

C

E

d

s

 

j



0

S

H

n

d

a

(2)

を応用する方法や、鏡像原理を応用して、式

(1)を

107-

ARIB STD-T56

E

est

x

,

y

,

z

1

2

s

 

n

E

 

dS

(3)

と変形させる方法がある。式

(3)では、図 2 における z 成分、すなわち奥行き方向の成分の電界を

測定する必要はない。

Observation plane

S

Phantom

Phantom surface

E’(x

z0

,y

z0

)

H’(x

z0

,y

z0

)

E est

(x,y,z)

Radiating source

x z y z

0

2 本推定法の概要

2 測定系の構成

(1) ファントム

任意の形状のファントムを使用することができる。但し、反射波の影響が無視できるだけの深さ

が要求される。また、ファントム内部であっても、測定面より波源側の領域については

SAR 分布

を推定することはできないので、注意が必要である。

(2) 電界プローブ

電界の振幅と位相を測定可能な、ベクトルプローブを用いる。例えば、電気光学(

Electro Optic:

EO)プローブなどが利用可能である[2]。先端部の大きさ、感度、および線形性について、本規格

で要求する仕様を満足し、指向性および交差偏波識別度についても有効性が確認されている。

電界プローブは、

2 次元スキャナでファントム内を走査する。あるいは、互いに擾乱のない間隔

2 次元的に複数の電界プローブを配置してもよい。

3 測定手順

3 次元の SAR 分布を推定するためには、電界の観測面を被測定物よりも十分広い範囲に設定する

必要があり、自由空間での波長の

0.2 倍程度を被測定物の大きさに加えて測定範囲とすることが望

108-

ARIB STD-T56

ましい。また、電界の観測面における測定間隔は、ファントム内での波長の

0.2 倍程度より小さく

することが望ましい。

2 次元の電界分布を元に 3 次元の SAR 分布を推定し、ピーク SAR を求める。ピーク SAR の求

め方は、本規格に記載のものと同様である。

4 測定誤差

電界の観測面の測定範囲について、例えば

900 MHz において、自由空間での波長の 0.03 倍程度

しか被測定物の大きさに加えないと、

10 g 平均 SAR で 20%以上の誤差となる。また、電界の観測

面の測定間隔について、例えば

900 MHz において、ファントム内での波長の 0.4 倍程度に粗くす

ると、

10 g 平均 SAR で 3%程度の誤差となる。

5 測定例

3 にように標準ダイポールアンテナと平面ファントムから構成される測定系において、本推定

法を用いて

SAR 分布を推定した例を示す。電界の観測面は、ファントム表面から距離 5 mm の面

とする( z = 5 mm)。測定間隔は、900 MHz において 10 mm、1950 MHz および 2450 MHz にお

いて

5 mm とする。図 4 はファントム奥行き方向の SAR 分布を示しており、実線が FDTD 法によ

る解析結果、プロットで示されているうち

Method I が式(2)を、Method II が式(3)を、測定した電

界分布に適用して得られた結果である。なお、ファントム表面付近( z < 5 mm)の SAR 分布は、

本規格に記載の外挿によって得ている。各分布はよく一致しており、本推定法の有効性が示されて

いる。

Shell (2.0 mm)

Phantom

200 mm

Observation plane

Reference dipole antenna

x y z

d mm

3 座標系

200 mm

200 mm

109-

ARIB STD-T56

1.0

1

Calculated

Method (I) (from measured data)

Method (II) (from measured data)

900 MHz

1950 MHz

2450 MHz

0

0

0

0 z [mm]

4 本推定法による SAR 分布推定例

参考文献

[1] K. Kiminami, T. Iyama, T. Onishi, and S. Uebayashi, “Novel Specific Absorption Rate (SAR)

Estimation Method Based on 2-D Scanned Electric Fields,” IEEE Trans. Electromagn. Compat., vol.

50, no. 4, pp.828-836, Nov. 2008.

[2] T. Iyama, K. Kiminami, and T. Onishi, “Applicability of Three-Axis Electro-Optic (EO) Probe for

Specific Absorption Rate (SAR) Measurement,” IEICE Trans. Commun., vol. E92-B, no. 4, pp.1414-1417, Apr. 2009.

関連特許

国内特許申請中

110-

ARIB STD-T56

参考資料14

携帯電話端末における取扱説明書への SAR 記載例

無線設備規則第十四条の二において、携帯電話端末(携帯無線通信を行う陸上移動局)等は人体

頭部における比吸収率の許容値への適合が定められている。電波産業会

電磁環境委員会では携帯電

話端末の電波の安全性に関して、利用者の間で誤解を招かないよう取扱説明書への

SAR 値の記載

方法、携帯電話端末の使用方法等について記載方法のガイドラインを定め、電磁環境委員会の参画

企業にて活用している。ここでは、局所

SAR 等の取扱説明書等への記載内容の一例として本ガイ

ドラインを掲載する。

尚、携帯電話以外の無線設備においては、端末の使用方法等が必ずしも携帯電話と同一であると

は限らないため、取扱説明書は実際の利用形態に則した記載をすることが望ましい。

携帯電話機の比吸収率(

SAR)について

この機種【機種名】の携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準および電

波防護の国際ガイドラインに適合しています。

この携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準(※

1)ならびに、これと

同等な国際ガイドラインが推奨する電波防護の許容値を遵守するよう設計されています。この

国際ガイドラインは世界保健機関(

WHO)と協力関係にある国際非電離放射線防護委員会

ICNIRP)が定めたものであり、その許容値は使用者の年齢や健康状況に関係なく十分な安

全率を含んでいます。

国の技術基準および国際ガイドラインは電波防護の許容値を人体頭部に吸収される電波の平

均エネルギー量を表す比吸収率(

SAR:Specific Absorption Rate)で定めており、携帯電話機

に対する

SAR の許容値は 2.0W/kg です。この携帯電話機の側頭部における SAR の最大値は○

○○

W/kg です。個々の製品によって SAR に多少の差異が生じることもありますが、いずれも

許容値を満足しています。

携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な最低限の送信電力になるよう設計されてい

るため、実際に通話している状態では、通常

SAR はより小さい値となります。一般的には、

基地局からの距離が近いほど、携帯電話機の出力は小さくなります。

製造メーカ】推奨のキャリングケース等のアクセサリを用いて携帯電話機を身体に装着して使

用することで、この携帯電話機は電波防護の国際ガイドラインに適合します(※

2)。【携帯電

話事業者もしくは携帯電話製造メーカ】推奨のキャリングケース等のアクセサリをご使用にな

らない場合には、身体から

1.5 センチ以上の距離に携帯電話機を固定でき、金属部分の含まれ

ていない製品をご使用ください。

111-

ARIB STD-T56

れまで

20 年以上にわたって多数の研究が行われてきました。今日まで、携帯電話使用によっ

て生じるとされる、いかなる健康影響も確立されていません。』と表明しています。

さらに詳しい情報をお知りになりたい場合には世界保健機関のホームページをご参照くださ

い。 http://www.who.int/docstore/peh-emf/publications/facts_press/fact_japanese.htm

SAR について、さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、下記のホームページをご参照く

ださい。

総務省のホームページ http://www.tele.soumu.go.jp/j/ele/index.htm

一般社団法人電波産業会のホームページ http://www.arib-emf.org/index02.html

【メーカ名】のホームページ http://www.○○○.co.jp/○○○

1 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規則第 14 条の2)で規定されています。

2 携帯電話機本体を側頭部以外でご使用になる場合の SAR の測定法については、平成 22 年

3月に国際規格(

IEC62209-2)が制定されました。国の技術基準については、平成 23 年 10

月に情報通信審議会より答申されています。

112-

ARIB STD-T56

標準規格改定履歴表

STD 番号

ARIB STD-T56

規格名 : 携帯型無線端末の比吸収率測定法

策定年月日

: 平成 23 年 7 月 7 日

<注> 関連省令、告示等:平成

13 年総務省令第 81 号(無線設備規則の一部改正)

平成

13 年総務省告示第 628、629 及び 630 号

平成

16 年総務省告示第 88 号

平成

18 年総務省告示第 276、277 号

改定番号

改定年月日

平成

14 年

1月

24 日

平成

24 年

12 月 18 日

平成

23 年 7

7 日

3.1

3.0

2.0

改 定 内 容

●主に、人体側頭部を除く人体に近接して使

用する無線機器の測定法について、平成

23 年 10 月 28 日情通審答申と整合を図っ

た。

● 平 成

22 年 3 月 国 際 電 気 標 準 会 議

(IEC)62209-2 が規格化されたことに伴

い、

IEC 62209-2 に準拠した人体側頭部以

外の

SAR 測定法を追加した。

●人体側頭部についても、平成

18 年 4 月 28

日総務省告示第

276 号と整合を図った。

平成 13 年 10 月 10 日総務省告示第 628

号が公布されたことに伴い、測定の際の技

術要件の詳細、及び正確な測定に必要な条

件等を明確化すると共に、世界の各標準化

記 事

第86回規格会議決定

・平成

23 年度情報通信審議会

諮問第

118 号一部答申「携帯

電話端末等に対する比吸収率

の測定方法」のうち「人体側

頭部を除く人体に近接して使

用する無線機器等に対する比

吸収率の測定方法」準拠

第80回規格会議決定

IEC 62209-2, “Human exposure to radio frequency fields from hand-held and body-mounted wireless communication devices – human models, instrumentation, and procedures – Part 1 and 2 準

・総務省告示第

276 号、平成 17

年度情報通信審議会諮問第

118 号一部答申「携帯電話端

末等に対する比吸収率の測定

方法」のうち「人体側頭部の

側で使用する携帯電話端末等

に対する比吸収率の測定方

法」準拠

第41回規格会議決定

・総務省告示第

628 号、電気通

信技術審議会諮問第

118 号一

部答申「携帯電話端末等に対

(1)

ARIB STD-T56

機関(

IEEE、CENELEC、IEC 等)の規

格との整合を図った。

する比吸収率の測定方法」の

うち「人体側頭部の側で使用

する携帯電話端末等に対する

比吸収率の測定方法」準拠

(2)

携帯型無線端末の比吸収率測定法

標 準 規 格

ARIB STD-T56 3.1版

平成10年 1月 1.0版第1刷発行

平成14年 1月 2.0版第1刷発行

平成23年 7月 3.0版第1刷発行

平成24年12月 3.1版第1刷発行

発 行 所

一般社団法人

〒100-0013 

電  波  産  業  会

東京都千代田区霞が関1-4-1

日土地ビル11階

電 話 03-5510-8590

FAX 03-3592-1103

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement