Black-and-White Video Camera Module

Black-and-White Video Camera Module

3-800-478-04(1)

Black-and-White Video

Camera Module

取扱説明書

2

ペ−ジ

Operating Instructions

Page 48

Before operating the unit, please read this manual thoroughly and retain it for future reference.

お買い上げいただきありがとうございます。

警告

電気製品は、安全のための注意事項を守らないと、

火災や人身事故になることがあります。

この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱いかたを

示してあります。この取扱説明書をよくお読みのうえ、製品を安全にお使いくだ

さい。お読みになったあとは、いつでも見られるところに必ず保管してください。

XC-7500

1995 by Sony Corporation

2

日本語

警告

安全のために 

ソニー製品は安全に充分配慮して設計されています。

しかし、電気製品は、まちがった使いかたをすると、火

災などにより死亡や大けがなど人身事故につながるこ

とがあり、危険です。

事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。

故障したら使わない

すぐに、お買い上げ店にご連絡ください。

万一、異常が起きたら

安全のための注意事項を守る

4∼6 ページの注意事項をよくお読みください。製品全

般の注意事項が記されています。

7ページの「本機の性能を保持するために」もあわせて

お読みください。

定期点検をする

長期間、安全にお使いいただくために、定期点検をす

ることをおすすめします。点検の内容や費用について

は、お買い上げ店にご相談ください。

・煙が出たら

・異常な音、に

おいがしたら

・内部に水、異

物が入ったら

・製品を落とし

たり、キャビ

ネットを破損

したときは

/ 1 本機が接続されて

いる電源供給機器

の電源を切る。

2 DC電源ケーブルを

抜く。

3 お買い上げ店に連

絡する。

目次

警告 .....................................................................................

5

注意 .....................................................................................

6

本機の性能を保持するために(使用上のご注意)..................

7

特長 ............................................................................................

8

システムの構成 ......................................................................

10

構成品目一覧 ................................................................... 11

各部の名称と働き ..................................................................

12

前面・上面・底面 ............................................................ 12

後面 ................................................................................... 13

設置 ..........................................................................................

16

レンズの取り付け .............................................................. 16

三脚の取り付け ................................................................ 17

接続 ..........................................................................................

18

接続例 1 ............................................................................ 18

接続例 2 ............................................................................ 19

映像出力のモード ..................................................................

20

外部同期について ........................................................... 20

映像出力 2I モード ............................................................ 21

映像出力 2N モード........................................................... 22

映像出力 1N モード........................................................... 23

シャッターモードの選択とシャッタースピードの設定 .....

24

E-DONPISHA モードのノーマルスピードのシャッター

スピード設定 ..................................................................... 24

E-DONPISHA

の使いかた .................................................

26

E-DONPISHA 機能とは ................................................. 26

設定 ................................................................................... 27

RESET モード / 映像出力 1V 目 ................................... 29

RESET モード / 映像出力 3V 目 ................................... 31

NON-RESET モード(2I)の映像出力 ....................... 33

NON-RESET モード(1N)の映像出力 ...................... 35

リスタートリセット ...............................................................

37

内部スイッチの働き ...............................................................

38

内部スイッチを設定するときのご注意 ....................... 38

カバーの外しかた ........................................................... 38

基板の配置 ....................................................................... 39

MB-612 基板の内部スイッチの配置と設定 ................ 39

PR-214 基板の内部スイッチの配置と設定 .................. 41

SG-235 基板の内部スイッチの配置と設定 .................. 42

CCD 特有の現象 ....................................................................

44

主な仕様 ...................................................................................

45

3

4

警告表示の意味

この取扱説明書および製品では、次のような表示

をしています。表示の内容をよく理解してから本

文をお読みください。

警告

この表示の注意事項を守らないと、火災などによ

り死亡や大けがなど人身事故につながることがあ

ります。

注意

この表示の注意事項を守らないと、火災やその他

の事故によりけがをしたり周辺の物品に損害を与

えたりすることがあります。

注意を促す記号

注意

行為を禁止する記号

火災

禁止

行為を指示する記号

分解禁止

強制

警告

火災

下記の注意を守らないと、

火災

などにより

死亡

大けが

につながることがあります。

禁止

分解禁止

内部に水や異物を入れない

水や異物が入ると、火災の原因となります。

万一、水や異物が入ったときは、すぐに本機が接続されている電源供給機

器の電源を切り、DC電源ケーブルや接続ケーブルを抜いて、お買い上げ店

にご相談ください。

分解しない、改造しない

分解や改造をすると、火災やけがの原因となります。

内部スイッチを設定するときは、サービストレーニングを受けた技術者に

ご依頼ください。

点検および修理は、お買い上げ店にご依頼ください。

5

6

注意

下記の注意を守らないと、

けが

をしたり周辺の物品に

損害

を与えることがあります。

禁止

強制

DC 電源ケーブルを傷つけない

DC 電源ケーブルを傷つけると、火災や故障の原因となることがあります。

次の項目をお守りください。

・ 設置時に、製品と壁やラック、棚などの間に、はさみ込まない。

・ DC 電源ケーブルを加工したり、傷つけたりしない。

・ 重いものをのせたり、引っ張ったりしない。

・ 熱器具に近づけたり、加熱したりしない。

・ DC 電源ケーブルを抜くときは、必ずプラグを持って抜く。

芯線の露出や断線などでDC電源ケーブルが傷んだら、お買い上げ店に交換

をご依頼ください。そのまま使用すると、火災の原因となります。

設置・取り付けは確実に

設置については、必ずお買い上げ店にご相談ください。

壁面や天井などへの設置は、本機と取り付け金具を含む重量に充分耐えら

れる強度があることをお確かめください。充分な強度がないと、落下して、

けがの原因となります。

また、1 年に 1 度は、取り付けがゆるんでいないことを点検してください。

指定された内部スイッチ以外には触れない

内部スイッチを設定するときは、この説明書で指定されたス

イッチ以外には触れないでください。

他の部分に触れると故障の原因となります。

使用・保管場所

次のような場所での使用および保管は避けてください。

−5℃

+45℃

直射日光が長時間あたる場所や暖房器具の近く

湿気、ほこりの多い所

雨のあたる所

激しく振動する所

強い磁気を発するものの近く

強力な電波を発するテレビやラジオの送信所の近く

                          

放熱

動作中は布などで包まないでください。内部の温度が上が

り、故障や事故の原因となります。

                          

輸送

輸送するときは、付属のカートンとクッション、または同等

品で梱包し、強い衝撃を与えないようにしてください。  

                        

お手入れ

レンズや光学フィルターの表面に付着したごみやほこり

は、ブロアーで払ってください。

外装の汚れは、乾いたやわらかい布で軽く拭き取ってくだ

さい。汚れがひどいときは、中性洗剤溶液を少し含ませた

布で汚れを拭き取った後、からぶきしてください。

アルコール、ベンジン、シンナー、殺虫剤など揮発性のも

のをかけると、表面の仕上げをいためたり、表示が消えた

りすることがあります。

7

特長

VS (Video、Sync) 信号:

用した白黒ビデオカメラモジュールです。

全画素独立読み出し方式により、約1/60秒ですべての画素信

号を独立して出力することができます。

による同期方式は、外部入力信号に応じて自動的に切り

換わります。)

多様なモード設定

用途に応じた多様なモード設定が容易に行えます。

例えばゲインについては、後面スイッチの切り換えにより、

内部同期信号出力

については、内部スイッチの切り換えにより、ON(補正す

により6ピンコネクターより出力されます。

HD信号とVD信号は、内部スイッチを変更することにより、

12ピンコネクターから出力させることができます。

8

外部同期

下記の3種類の入力信号により、本機を外部同期で動作させ

ることが可能です。なお、引き込み周波数範囲は、水平周波

数の±1%と広くとってあります。

HD、VD信号:

ンターレース方式かノンインターレース方式かを自動的

に識別し、その方式に応じて外部同期で動作します。

豊富な電子シャッター機能

せない、電子シャッター機能を応用したCCDならではの数々

の機能を搭載しました。

電子シャッター

FL(フリッカーレス)モードと豊富なシャッタースピード

ノンインターレース機能

後面のVIDEO OUT 1端子からフィールド1だけの映像を、

VIDEO OUT 2端子からフィールド2だけの映像を、1/60秒で

連続して出力し続けることができます。

選べます。

E-DONPISHA (ドンピシャ)シャッター

E-DONPISHAとは、動く物体の撮影に適した外部トリガー

シャッターのことです。高速移動する被写体も、定位置か

らブレの少ない画像として捉えることができます。

筐体固定

レンズマウント面に対して、高い精度で加工されたカメラモ

ジュール固定用のネジ穴が設けてあります。このネジ穴を

使って本機を固定すれば、光軸のずれを最小限にとどめるこ

とができます。

リスタートリセット

外部同期用のVDパルスを発生し、画像の取り込みと出力の

タイミングを調整する機能です。VDパルス数は1回∼4回ま

で設定でき、長時間露光も可能です。

その他の特長

長寿命、高信頼性

画像ひずみが少なく精度の高い画像

優れた耐振動衝撃性

クイックスタート

強磁界でも乱れない画像

低消費電力 (2.5 W)

..........................................................................................................................................................................................................................................................

1)

9

システムの構成

ビデオカメラモジュールXC-7500を中心としたシステムの構

す。)

カメラケーブル

CCXC-12P02S (2 m)

CCXC-12P05S (5 m)

CCXC-12P10S (10 m)

CCXC-12P25S (25 m)

CCXC-6P05 (5 m)

ビデオカメラモジュール

XC-7500

;

12ピンコネクター PC-XC12

;;;

;;

6ピンコネクター PC-XC06 メモリーアダプターCMA-87

10

推奨Cマウントレンズ

VCL-50YM

VCL-25YM

VCL-16YM

VCL-12YM(標準)

VCL-08YM

三脚アタッチメント

VCT-37

VCT-75I(絶縁タイプ)

カメラアダプター

DC-77RR

ジャンクションボックス

JB-77

構成品目一覧

レンズ

カメラアダプター

カメラアダプターDC-77RR

ジャンクションボックス

ジャンクションボックスJB-77

カメラケーブル接続用プラグ

12ピンコネクターPC-XC12

6ピンコネクターPC-XC06

三脚アタッチメント

三脚アタッチメントVCT-37

カメラケーブル

11

12

各部の名称と働き

前面・上面・底面

1

レンズマウント部(Cマウント)

2

三脚取り付け用ネジ穴

1

レンズマウント部(Cマウント)

標準レンズVCL-12YMなど、Cマウント方式のレンズや光学

機器を取り付けます。

2

三脚取り付け用ネジ穴

三脚を使うときに、このネジ穴を使って三脚アタッチメント

VCT-37を取り付けます。

3

カメラ固定用基準穴

(上面前側にも2穴あります。)

3

カメラ固定用基準穴

レンズマウント面に対して、高い精度で加工されたカメラモ

ジュール固定用のネジ穴です。

上面前側と底面に同じネジ穴があります。

このネジ穴を使って本機を固定すると、光軸のずれを最小限

にとどめることができます。

ださい。

後面

1

手動ゲイン調整つまみ

GAINスイッチ 2 でMを選択した場合、このつまみでゲイン

1

手動ゲイン調整つまみ

2

GAINスイッチ

3

SHUTTERスイッチ

4

SIGNALスイッチ

2N 2I 1N

SIGNAL

ED N R.R

SHUTTER

A F M

GAIN

DC IN ⁄ SYNC

LENS

1—VIDEO OUT—2

6

VIDEO OUT 1端子

5

LENS端子

8

DC IN/SYNC端子

7

VIDEO OUT 2端子

2

GAIN(ゲインモード切り換え)スイッチ

スイッチの切り換えにより、次のモードを選択できます。

A: 自動調整

F: 固定

M:手動調整

3

SHUTTER(シャッターモード切り換え)スイッチ

スイッチの切り換えにより、次のモードを選択できます。

ED: E-DONPISHA

N: ノーマル

R.R: リスタートリセット

13

14

各部の名称と働き

4

SIGNAL(映像出力モード切り換え)スイッチ

スイッチの切り換えにより、次のモードを選択できます。

2N: VIDEO OUT 1端子とVIDEO OUT 2端子からODD、EVEN

それぞれの同一フィールド信号を、1/60秒で連続して出

力します。

2I: VIDEO OUT 1端子とVIDEO OUT 2端子からODD、EVEN

それぞれを、1/60秒のインターレース状態で出力しま

す。

1N: VIDEO OUT 1端子からのみ1/30秒のノンインターレース

を出力します。

ご注意

VIDEO OUT 2端子から映像信号は出力しません。

5

LENS(レンズ/外部コントロール)端子 (6ピン)

オートアイリスレンズからのレンズケーブルを接続すると、

レンズの絞りを自動調整することができます。

E-DONPISHAモード、リスタートリセットモードの場合は、

外部トリガーパルス入力、WENパルス出力用に使用します。

この端子のピン配置は下図のとおりです。

5

6

4

1

2

3

2

3

4

5

6

ピン番号

1

信号

コントロール入力/

FLDパルス出力

外部トリガー入力

アース

WENパルス出力

AI VIDEO出力

DC+12V

1番ピンについてのご注意

出荷設定:コントロール入力

E-DONPISHAモード設定時、通常映像の出力が必要な場合は、

◆詳しくは、お買い上げ店またはこの説明書の裏表紙に記載されている「お

問い合わせ」先までご相談ください。

6

VIDEO OUT 1(映像出力1)端子 (BNC型)

本機からの映像を、映像出力1として出力します。

7

VIDEO OUT 2(映像出力2)端子 (BNC型)

本機からの映像を、映像出力2として出力します。

8

DC IN/SYNC(DC電源/同期信号入力)端子 (12ピン)

カメラケーブルCCXC-12P05Sを接続して、DC+12Vの電力

の供給を受け、本機からの映像信号を送出します。

また、同期信号発生器を接続して外部同期信号(VSまたは

この端子のピン配置は下図のとおりです。

1 9

2

3

4

11

10

12

5

6

8

7

とができます。

ピン番号

6

7

8

9

10

3

4

5

1

2

アース

HD/VD

DC+12V

外部同期モード

アース

DC+12V

——

——

アース アース

11 DC+12V DC+12V

12 a) HD、VD出力を得るには、内部スイッチの変更が必要です。

VS

リスタートリセット

アース

DC+12V

——

——

カメラ同期信号出力

アース

DC+12V

HD出力 (信号)

VD出力 (信号)

アース

DC+12V

15

16

設置

レンズの取り付け

2

;;;

;;

1

レンズケーブル

3

1

レンズマウントキャップを回して外す。

2

レンズ

3

オートアイリスレンズを使用する場合は、レンズケーブ

ルを本機後面のLENS端子に接続する。

(マニュアルアイリスレンズを使用する場合、手順

3

は不

要です。)

使用できるレンズ

Cマウント方式のレンズで、レンズマウント面からの飛び出

し量が7 mm以下のものを使用してください。

レンズマウント面

7 mm以下

三脚の取り付け

1

2

1

三脚アタッチメント

取り付ける。

2

三脚

ご注意

てください。

してください。

ISO規格 n= 4.5 mm±0.2 mm

ASA規格 n= 0.197インチ

17

接続

接続例1

して電源に接続します。 DC-77RRの取扱説明書をご覧ください。

ビデオカメラモジュール

XC-7500

DC IN/SYNC

VIDEO OUT2

カメラケーブル

CCXC-12PO2S

CCXC-12PO5S

CCXC-12P10S

CCXC-12P25S

前面のカメラ接続用端子

同期信号発生器

HD出力

VD出力

EXT-SYNC V/RST

EXT-SYNC H

VIDEO OUT1

EXT-SYNC V/RST

カメラアダプター

DC-77RR

EXT-SYNC H

VIDEO OUT

AC電源へ

映像入力1

映像入力2 VD出力

画像処理装置

HD出力

他のカメラモジュール、

他の機器へ

映像入力

モニター

18

ご注意

映像信号が2チャンネル必要な場合、カメラアダプターDC-

77RRは使用できません。ジャンクションボックスJB-77を使

用してください。

場合は、CMA-87の取扱説明書をご覧ください。

接続例2

ビデオカメラモジュール

XC-7500

DC IN/SYNC

LENS

カメラケーブル

CCXC-12PO2S

CCXC-12PO5S

CCXC-12P10S

CCXC-12P25S

CAMERA

VIDEO OUT

ジャンクションボックス

JB-77

GND(−)

CLOCK OUT a)

HD IN VD IN

VIDEO OUT1または2

12VDC

GND

安定化電源

AC電源へ

映像入力

モニター

映像入力1 映像入力2

画像処理装置

VD出力

HD出力

トリガー出力

同期信号発生器 a) ジャンクションボックスJB-77のCLOCK OUT端子から映像信号2が出力

されます。

19

映像出力のモード

本機の映像信号の出力方法には、3つのモードがあります。

モードの選択は、本機後面のSIGNALスイッチで設定してく

ださい。

外部同期について

20

内部同期はすべてのモードで使用できますが、外部同期

(EXT-HD/VD、EXT-SYNC)は選んでいるモードによっては

使用できないものがあります。

映像出力モード

2I

シャッターモード

ノーマル

EXT-HD/VD :○

EXT-SYNC :○

RESETモード

E-DONPISHA

リスタートリセット

NON-RESET

モード

EXT-HD/VD :×

EXT-SYNC :×

○:

使用可能 

×:

使用不可

EXT-HD/VD :×

EXT-SYNC :×

EXT-HD/VD :○

EXT-SYNC :○

2N

EXT-HD/VD :×

EXT-SYNC :×

1N

EXT-HD/VD :○

EXT-SYNC :×

RESETモード

NON-RESET

モード

EXT-HD/VD :×

EXT-SYNC :×

EXT-HD/VD :×

EXT-SYNC :×

EXT-HD/VD :○

EXT-SYNC :×

映像出力2Iモード

VIDEO OUT 1端子とVIDEO OUT 2端子からODD、EVENそ

れぞれを、1/60秒のインターレース状態で出力します。

本機はEIA出力方式に対応しています。フィールド定義は以

下のようになります。

HD/VD

の立ち下がりが一致

:

ODDフィールド

HD/VD

の立ち下がりが不一致

:

EVENフィールド

1/60秒

1/30秒

映像信号

複合同期信号

映像出力1

1

ODD

2

EVEN

3

ODD

4

EVEN

5

ODD

6

EVEN

1 2 3 4 5 6

映像出力2

;

EVEN ODD EVEN ODD EVEN ODD

;

映像出力2Iモード時のタイミングチャート

;; ;;

21

映像出力のモード

映像出力2Nモード

VIDEO OUT 1端子とVIDEO OUT 2端子からODD、EVENそ

れぞれの同一フィールド信号を、1/60秒で連続して出力しま

す。

1/60秒

1/30秒

映像信号

複合同期信号

22

映像出力1

;

1

EVEN

映像出力2

2

EVEN

3

EVEN

4

EVEN

5

EVEN

6

EVEN

1 2 3 4 5 6

;; ;; ;;

EVEN EVEN EVEN EVEN EVEN EVEN

;; ;;

映像出力2Nモード時のタイミングチャート

;; ;

映像出力1Nモード

VIDEO OUT 1端子からのみ1/30秒のノンインターレースを出

力します。

ご注意

VIDEO OUT 2端子から映像信号は出力しません。

1/30秒

1/60秒

映像信号

複合同期信号

映像出力1

映像出力2

映像信号なし

;; ;; ;; ;

;;

映像出力1Nモード時のタイミングチャート

23

24

シャッターモードの選択とシャッタースピードの設定

本 機 の シ ャ ッ タ ー モ ー ド の う ち 、 ノ ー マ ル モ ー ド と E -

DONPISHAモードでは、シャッタースピードを設定できます。

シャッターモードは本機後面のSHUTTERスイッチで選択しま

す。シャッタースピードは内部スイッチで設定します。

シャッター

モード

SHUTTER

スイッチ

シャッタースピードの設定

ノーマル N

E-DONPISHA

ED

MB-612基板のS2スイッチでスピード可変 a)

ノーマル

スピード

SG-235基板のS6スイッチでスピー

ド可変 b)

HIGH-

SPEED

SG-235基板のS7-5スイッチをON、

S7-6スイッチをOFF。SG-235基板の

S6スイッチとトリガーパルス幅の任

意設定により、スピード可変 c)

LOW-

SPEED

SG-235基板のS7-6スイッチをON、

S7-5スイッチをOFF。外部トリガーに

より、スピード可変 d)

外部

コント

ロール

SG-235基板のS7-5とS7-6スイッチ

をON。S5スイッチを−側に設定。

トリガーパルス幅の任意設定によ

り、スピード可変 e)

E-DONPISHAモードのノーマルスピードの

シャッタースピード設定

SG-235基板の内部スイッチS6で、シャッタースピードを設定

します。

◆内部スイッチS6の位置については42∼43ページをご覧くださ

い。

S6

ON

OFF

設定例

スピード

(秒)

A

S6

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

1/1000 343 ON ON ON ON ON

1/2000 163 ON ON

1/3000 102 ON

ON ON ON

ON

1/4000 72

1/6000 42

1/11000 14

注) 空欄はOFFです。

ON

ON

ON ON ON

ON

1/8000 27 ON ON ON

1/10000 19 ON ON ON

ON

ON ON

前ページの設定例のシャッタースピードの精度は±

10

%で

す。これよりも高い精度を求める場合や、任意のシャッター

スピードにしたい場合は、次の計算式に基づいて設定してく

ださい。

シャッタースピード=

露光時間 [μs]

10 6

露光時間 =A×

2.77

μs +

48.6

μ s

A=(□×

1

+□×

10

+□×

100

Y値

Z値

X値

ご注意

Aの値が13以下にならないように設定してください。

X値、Y値、Z値の設定方法

X値

S6

1 2 3 4

0

1 ON

2 ON

3 ON ON

4 ON

5 ON

6

ON

ON ON

7 ON ON ON

8

9 ON

ON

ON

Z値

S6

9 0

0

1 ON

2 ON

3 ON ON

注) 空欄はOFFです。

Y値

S6

5 6 7 8

0

1 ON

2 ON

3 ON ON

4

5 ON

ON

ON

6 ON ON

7 ON ON ON

8

9 ON

ON

ON

25

E-DONPISHA

の使いかた

E-DONPISHA機能とは

外部から入力されるトリガーパルスを基準にして電荷を蓄積

し、連続した同期信号にのせて映像を出力する機能です。

高速で動く物体をセンサーで認識し、その映像を一定の場所

で正確に撮影できます。

入力してください。

18

ページ)

本機の

E-DONPISHA

機能には次の

2

つのモードがあります。

RESETモード

トリガーパルスが入力されてから

V

同期信号がリセットさ

れ、一定期間後に映像が出力されます。

映像出力のタイミングは、トリガーが入力されてから

1V

目か

3V

目かを、SG-235基板の内部スイッチ

S7-2

で設定できます。

26

NON-RESETモード

トリガー入力から映像出力までの期間は設定できませんが、

V

同期信号にリセットがかからないので、

V

同期信号の周期

を一定に保つことができます。

シャッタースピードは、ノーマルスピード、HIGH-SPEED、

LOW-SPEED、外部コントロールの4つから選べます。

E-DONPISHA

モード

RESETモード

(2I/1V)

(29ページ)

RESET モード

(2I/3V)

(31ページ)

NON-RESET

モード(2I)

(33ページ)

NON-RESET

モード(1N)

(35ページ)

ノーマルスピード

HIGH-SPEED

LOW-SPEED

外部コントロール

ノーマルスピード

HIGH-SPEED

LOW-SPEED

外部コントロール

ノーマルスピード

HIGH-SPEED

LOW-SPEED

外部コントロール

ノーマルスピード

HIGH-SPEED

LOW-SPEED

外部コントロール

設定

内部スイッチの設定には、市販の調整棒をお使いください。

3

シャッタースピードを設定する。

◆ 詳しくは「E-DONPISHAモードのノーマルスピードの

1

SG-235基板の内部スイッチS7-3で、RESETモード

ON

HIGH-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-5をON、S7-6をOFFにしてくだ

さい。

ON

OFF

2

手順

1

でRESETモードを選んだ場合は、SG-235基板の内部

する。

ON

OFF

LOW-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-6をON、S7-5をOFFにしてくだ

さい。

ON

OFF

OFF

27

28

E-DONPISHAの使いかた

設定(つづき)

外部コントロール

SG-235基板の内部スイッチS7-5、S7-6をONにしてくださ

い。

ON

OFF

SG-235基板の内部スイッチS5を−側に設定してください。

S5

RESETモード/映像出力1V目

出力モードは、2Iのみに対応しています。

ノーマルスピード(SG-235基板の内部スイッチS7-2:OFF)

トリガーパルスの入力と同時に

V

同期信号がリセットされ、

31H

後に映像が出力されるモードです。

H=

水平走査期間 

1H=63.5μsec.

トリガーパルスが入力されてからできるだけ早いタイミング

で映像を取り込みたい場合に適しています。

トリガーパルスの入力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S5

で、

WEN

パルスの出力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S7-

4

で、切り換えられます。

HIGH-SPEED

シャッタースピード1/10000∼1/100000秒に対応しています。

SG-235基板の内部スイッチS7-5をONにしてください。

トリガーパルス幅T2を任意に設定できます。

トリガーパルス

任意設定(2μs∼10ms)トリガーパルス間隔:2V以上

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

複合同期信号

ODD

ODD

EVEN

映像信号

EVEN

ODD

ODD

EVEN

EVEN

RESETモード(1V目)映像出力のノーマルスピードのタイミングチャート

トリガーパルス

任意設定(2μs∼90μs)トリガーパルス間隔:2V以上

T

2

T

3

T

1

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像出力1

複合同期信号

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

ODD

ODD

EVEN

映像信号

EVEN

T1:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

T2:外部より任意に設定してください (T2<T1)

T3:露光時間

ODD

ODD

EVEN

EVEN

RESETモード(1V目)映像出力のHIGH-SPEEDのタイミングチャート

29

E-DONPISHAの使いかた

RESETモード/映像出力1V目(つづき)

LOW-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-6をONにしてください。

露光時間は入力トリガーによって制御されます。

外部コントロール

SG-235基板の内部スイッチS5を−側に設定してください。

SG-235基板の内部スイッチS7-5、S7-6をONに設定してくだ

さい。

SG-235基板の内部スイッチS6にてT2(100μs:1/10000s∼

外部トリガーパルスのパルス幅T1を任意に設定することによ

30

トリガーパルス

~

1/60 s

任意設定(2μs∼10ms)

トリガーパルス間隔:2V以上

露光時間

31 H

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

ODD

ODD

EVEN

映像信号

ODD

複合同期信号

EVEN ODD

RESETモード(1V目)映像出力のLOW-SPEEDのタイミングチャート

トリガーパルス

任意設定(2μs以上)トリガーパルス間隔:2V以上

T

1

T x

T

2

31 H

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

複合同期信号

ODD

ODD

EVEN

映像信号

EVEN

T1:外部より任意に設定してください

T2:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

TX:露光時間

ODD

ODD

EVEN

EVEN

RESETモード(1V目)映像出力の外部コントロールのタイミングチャート

RESETモード/映像出力3V目

出力モードは、2Iのみに対応しています。

ノーマルスピード(SG-235基板の内部スイッチS7-2:OFF)

トリガーパルスの入力と同時に

V

同期信号がリセットされ、

31H

後に映像が出力されるモードです。

H=

水平走査期間 

1H=64μsec.

トリガーパルスが入力されてからできるだけ早いタイミング

で映像を取り込みたい場合に適しています。

トリガーパルスの入力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S5

で、

WEN

パルスの出力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S7-

4

で、切り換えられます。

HIGH-SPEED

シャッタースピード1/10000∼1/100000秒に対応しています。

SG-235基板の内部スイッチS7-5をONにしてください。

トリガーパルス幅T2を任意に設定できます。

トリガーパルス

31 H

任意設定(2μs∼10m)トリガーパルス間隔:4V以上

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像信号

1 ⁄ 60 s

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

複合同期信号

ODD

ODD

EVEN

EVEN

ODD

ODD

EVEN

EVEN

RESETモード(3V目)映像出力のノーマルスピードのタイミングチャート

任意設定(2μs∼90μs)トリガーパルス間隔:4V以上

トリガーパルス

T

2

T

3

T

1

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像信号

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

複合同期信号

ODD

ODD

EVEN

EVEN

T1:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

T2:外部より任意に設定してください (T2<T1)

T3:露光時間

1 ⁄ 60 s

ODD

ODD

EVEN

EVEN

RESETモード(3V目)映像出力のHIGH-SPEEDのタイミングチャート

31

E-DONPISHAの使いかた

RESETモード/映像出力3V目(つづき)

LOW-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-6をONにしてください。

露光時間は入力トリガーによって制御されます。

外部コントロール

SG-235基板の内部スイッチS5を−側に設定してください。

SG-235基板の内部スイッチS7-5、S7-6をONに設定してくだ

さい。

SG-235基板の内部スイッチS6にてT2(100μs:1/10000s∼

外部トリガーパルスのパルス幅T1を任意に設定することによ

32

トリガーパルス

~

1/60 s

任意設定(2μs∼10ms)

トリガーパルス間隔:4V以上

31 H

露光時間

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

映像信号

1 ⁄ 60 s

映像出力1

ODD

複合同期信号

EVEN ODD EVEN

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

ODD EVEN ODD EVEN

RESETモード(3V目)映像出力のLOW-SPEEDのタイミングチャート

トリガーパルス

任意設定(2μs以上)トリガーパルス間隔:4V以上

T

1

T

2

T x

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

複合同期信号

WENパルス

(0V)

31 H 1 ⁄ 60 s

ODD

ODD

1 ⁄ 60 s

映像信号

EVEN

EVEN

1 ⁄ 60 s

ODD

ODD

EVEN

EVEN

T1:外部より任意に設定してください

T2:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

TX:露光時間

RESETモード(3V目)映像出力の外部コントロールのタイミングチャート

NON-RESETモード(2I)の映像出力

ノーマルスピード

トリガーパルスが入力されてから、

2V

目に映像が出力される

モードです。

トリガー入力から映像出力までのタイミングは設定できませ

んが、

V

同期信号の周期は一定です。画像処理システム側

で、一定周期の

V

同期信号が必要な場合に有効です。

SG-235基板の内部スイッチ

S7-2 1V

3V

は関係なく、トリガー入力から

2V

目に映像出力されます。

トリガーパルスの入力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S5

で、

WEN

パルスの出力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S7-

4

で、切り換えられます。

HIGH-SPEED

シャッタースピード1/10000∼1/100000秒に対応しています。

SG-235基板の内部スイッチS7-5をONにしてください。

トリガーパルス幅T2を任意に設定できます。

トリガーパルス

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

任意設定(2μs∼10ms)トリガーパルス間隔:3V以上

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

映像信号

複合同期信号

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

NON-RESETモード(2I)映像出力のノーマルスピードのタイミングチャート

トリガーパルス

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

任意設定(2μs∼90μs)トリガーパルス間隔:3V以上

T

2

T

3

T

1 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

1 ⁄ 60 s

映像信号

複合同期信号

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

T1: SG-235基板の内部スイッチS6で設定

T2: 外部より任意に設定してください(T2<T1)

T3: 露光時間

NON-RESETモード(2I)映像出力のHIGH-SPEEDのタイミングチャート

33

E-DONPISHAの使いかた

NON-RESETモード(2I)の映像出力(つづき)

LOW-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-6をONにしてください。

露光時間は入力トリガーによって制御されます。

外部コントロール

SG-235基板の内部スイッチS5を−側に設定してください。

SG-235基板の内部スイッチS7-5、S7-6をONに設定してくだ

さい。

SG-235基板の内部スイッチS6にてT2(100μs:1/10000s∼

外部トリガーパルスのパルス幅T1を任意に設定することによ

34

トリガーパルス

~

1/60 s

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

任意設定(2μs∼10ms)

露光時間

トリガーパルス間隔:3V以上

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

1 ⁄ 60 s

映像信号

複合同期信号

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

NON-RESETモード(2I)映像出力のLOW-SPEEDのタイミングチャート

トリガーパルス

映像出力1

任意設定(2μs以上)トリガーパルス間隔:3V以上

T

1

T

2

T x

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

映像信号

複合同期信号

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

T1:外部より任意に設定してください

T2:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

TX:露光時間

NON-RESETモード(2I)映像出力の外部コントロールのタイミングチャート

NON-RESETモード(1N)の映像出力

ノーマルスピード

トリガーパルスが入力されてから、

2V

目に映像が出力される

モードです。

トリガー入力から映像出力までのタイミングは設定できませ

んが、

V

同期信号の周期は下図のようになります。

SG-235基板の内部スイッチ

S7-2 1V

3V

は関係なく、トリガー入力から

2V

目に映像出力されます。

トリガーパルスの入力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S5

で、

WEN

パルスの出力極性はSG-235基板の内部スイッチ

S7-

4

で、切り換えられます。

トリガーパルス

複合同期信号

任意設定(2μs∼10ms)トリガーパルス間隔:

4V+26H以上

*1フレーム

 映像信号

映像出力1

複合同期信号のみ

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

* ノンインターレース出力であるため、フィールドの概念はなくフレーム信号となります

NON-RESETモード(1N)映像出力のノーマルスピードのタイミングチャート

HIGH-SPEED

シャッタースピード1/10000∼1/100000秒に対応しています。

SG-235基板の内部スイッチS7-5をONにしてください。

トリガーパルス幅T2を任意に設定できます。

トリガーパルス

映像出力1

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

T

2

T

3

T

1

任意設定(2μs∼90μs)トリガーパルス間隔:

複合同期信号

4V+26H以上

*1フレーム

 映像信号

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

複合同期信号のみ

1 ⁄ 30 s

T1: SG-235基板の内部スイッチS6で設定

T2: 外部より任意に設定してください(T2<T1)

T3: 露光時間

*

ノンインターレース出力であるため、フィールドの概念はなくフレーム信号となります

NON-RESETモード(1N)映像出力のHIGH-SPEEDのタイミングチャート

35

E-DONPISHAの使いかた

NON-RESETモード(1N)の映像出力(つづき)

LOW-SPEED

SG-235基板の内部スイッチS7-6をONにしてください。

露光時間は入力トリガーによって制御されます。

外部コントロール

SG-235基板の内部スイッチS5を−側に設定してください。

SG-235基板の内部スイッチS7-5、S7-6をONに設定してくだ

さい。

SG-235基板の内部スイッチS6にてT2(100μs:1/10000s∼

外部トリガーパルスのパルス幅T1を任意に設定することによ

36

トリガーパルス

~

1/60 s

複合同期信号

任意設定(2μs∼10ms) トリガーパルス間隔:

4V+26H以上

露光時間

*1フレーム映像信号

映像出力1

複合同期信号のみ

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

*

ノンインターレース出力であるため、フィールドの概念はなくフレーム信号となります

NON-RESETモード(1N)映像出力のLOW-SPEEDのタイミングチャート

トリガーパルス

T

1

T

2

T x

任意設定(2μs以上)トリガーパルス間隔:

複合同期信号

4V+26H以上

*1フレーム

映像信号

映像出力1

複合同期信号のみ

映像出力2

WENパルス

(−1V)

WENパルス

(0V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

T1:外部より任意に設定してください

T2:SG-235基板の内部スイッチS6で設定

TX:露光時間

*

ノンインターレース出力であるため、フィールドの概念はなくフレーム信号となります

NON-RESETモード(1N)映像出力の外部コントロールのタイミングチャート

リスタートリセット

VDパルスを基準信号とした外部同期のかけかたです。

次の手順で設定してください。

1

本機後面のSHUTTERスイッチをR.Rにする。

2

本機後面のSIGNALスイッチを2Iにする。

ご注意

2I以外のモードでは使用できません。

トリガーパルス

HDパルス

VDパルス 1回

VDパルス 2回

VDパルス 3回

VDパルス 4回

A

3

SG-235基板の内部スイッチS4でVDパルス数を設定する。

A A

リスタートリセットのタイミングチャート

長時間露光する場合

フィールド蓄積、画像を1フィールド

出力する場合

フィールド蓄積、画像をフレーム出力する場合

フィールド蓄積、画像を1フレーム出力する場合

A=525/2H

37

内部スイッチの働き

本機の内部スイッチの設定を変更することにより、VDパル

ス数などの設定が可能になります。

内部スイッチを設定するときのご注意

注意

安全のため、次の項目を必ず守ってください。

本機と接続しているシステムの電源をすべて切って

ください。

本機に接続されているケーブルをすべて外してくだ

さい。

内部スイッチの設定は、市販の調整棒をお使いくだ

さい。

基板を取り外さないでください。

(MB-612基板の内部スイッチを設定する場合を除く。)

カバーの外しかた

1

ネジ6本を外し、カバーを外す。

38

2

ステーを外す。

1

2

ステー

カバーを取り付けるには

外したときと逆の手順で取り付けてください。

ご注意

カバー上面のネジを最初に取り付けてください。

基板の配置

内部スイッチの設定はSG-235基板、PR-214基板、MB-612基

板の内部スイッチで行います。

基板の配置は下図のとおりです。

前面

PS-383基板

SG-235基板

後面

MB-612基板の内部スイッチの配置と設定

MB-612基板の内部スイッチを設定するには、他の基板を外

す必要があります。以下の手順にしたがって他の基板を外し

てください。

1

PR-214基板を外す。

2

PS-383基板を外す。

ご注意

SG-235基板は絶対に外さないでください。

基板は、必ず真上に引き抜いてください。

基板を取り付けるには

外したときと逆の手順で取り付けてください。PR-214基板を

取り付けるときは、ガイドに沿って基板をはめ込んでくださ

い。

前面

後面

PR-214基板 MB-612基板

基板の配置

ガイド

ご注意

差し込むときは、コネクターとコネクターを確実に差し込ん

でください。差し込みが不充分な場合、正常に働かないこと

があります。 39

内部スイッチの働き

S1

S1

ON

OFF

S2

4

6

7

8

9

1

3

2

RV1

CV1

S2

S1(出荷設定:OFF)

メモリーアダプターCMA-87を接続し、ハイレートスキャン

モードなどを使用する場合にONにします。

◆ 詳しくは、メモリーアダプターCMA-87の取扱説明書をご

覧ください。

S2(出荷設定:0)

シャッターモードがノーマルモードのときのシャッタース

ピードを可変するスイッチです。設定するときは、本機後面

のSHUTTERスイッチをNの位置にしてください。

ポジション

シャッター

スピード(秒)

ポジション

2

3

0

1

4

OFF

1/125

1/250

1/500

1/1000

5

6

7

8

9

シャッター

スピード(秒)

1/2000

1/4000

1/10000

◆ E-DONPISHAモードのノーマルスピードのシャッタースピー

40

MB-612基板の内部スイッチの配置

PR-214基板の内部スイッチの配置と設定

S1

RV6

RV1

S1

RV7 RV2

TP1

RV23

RV22 RV15

S2

RV5

TP2

RV18

RV3 RV19

S3

RV4 RV21

TP4

S2

RV17 RV20

RV10 RV9 RV8

RV14 RV13

RV11 RV12

M A

S3

S1(出荷設定:OFF)

映像出力1のγ補正ON/OFFスイッチです。

S2(出荷設定:M)

ゲインを切り換えるスイッチです。

M:手動調整

A: 自動調整

S3(出荷設定:OFF)

映像出力2のγ補正ON/OFFスイッチです。

PR-214基板の内部スイッチの配置

41

42

内部スイッチの働き

SG-235基板の内部スイッチの配置と設定

S5

S1

S2

+

S5

RV1

OFF

ON

S1

S2

EXT

INT

S3

OFF ON

TP11

S3

S6

ON

S6

1 · · · · · · · ·10

1 2 1 · · · · 6

S4 S7

OFF

S4

ON

S7

ON

SG-235基板の内部スイッチの配置

OFF OFF

S1(出荷設定:ON)

外部VD信号 75Ω終端のON/OFFスイッチです。

S2(出荷設定:EXT)

S3(出荷設定:ON)

外部HD信号 75Ω終端のON/OFFスイッチです。

RV1

外部同期時、RV1にてHの位相合わせが可能です。

ご注意

SG-235基板のS2スイッチをINT側にし、S1スイッチをOFFに

しないと、信号は出力できません。

S4(出荷設定:S4-1、S4-2ともOFF)

2

つの

ON/OFF

スイッチの組み合わせで、リスタートリセッ

トモードの

VD

パルス数を

1

回∼

4

回のいずれかに設定するス

イッチです。

パルス数

スイッチ

S4-1

S4-2

1回

ON

ON

2回

ON

OFF

3回

OFF

ON

4回

OFF

OFF

S5(出荷設定:+)

イッチです。

S6(出荷設定:S6-9、S6-0はON、他はOFF)

E-DONPISHAモードのノーマルスピードのシャッタースピー

ドを設定するスイッチです。

S7(出荷設定:すべてOFF)

各種パルスの状態を設定するスイッチです。

スイッチ ON

S7-1 WENパルス:0V

S7-2 映像出力:3V

OFF

WENパルス:−1V

映像出力:1V

S7-3 RESET DONPISHA NON-RESET DONPISHA

S7-4 WENパルス出力極性:+ WENパルス出力極性:−

S7-5 HIGH-SPEED:ON HIGH-SPEED:OFF

S7-6 LOW-SPEED:ON LOW-SPEED:OFF

ご注意

S7-5、S7-6スイッチの両方をONにしないでください。

43

44

CCD特有の現象

CCDカメラの場合、次のような現象が起きることがあります

が、故障ではありません。

                          

スミア

折り返しひずみ

縞模様、線などを写したとき、ぎざぎざのちらつきが見える

ことがあります。

CCDはフォトセンサー(素子)が縦横に並んでできており、

フォトセンサーのいずれかに欠陥があると、その部分だけ画

縦に薄く尾を引いた

ような画像になる。

(垂直スミア)

モ ニ タ ー

画面

高輝度の被写体

(電灯、蛍光灯、太

陽、強い反射光など)

微小白点

高温時に暗い被写体を写している場合、画面全体に多数の白

点が現れることがあります。

この現象は、

CCD

がインターライン転送方式を採用している

ため、フォトセンサーの深いところに入った赤外線などによ

り誘起された電荷が、レジスターに転送されるために起こる

ものです。

主な仕様

撮像部

撮像素子

有効画素数

インターライン転送方式CCD

撮像面積 1/2インチサイズ

光学黒期間 各水平走査線のうち33画素

CCD垂直駆動周波数 15.734 kHz±1%

CCD水平駆動周波数 12.2727 MHz

信号方式

セルサイズ

EIA方式

チップサイズ

外部同期許容周波数偏差

ジッター

走査方式

±50 nsec以内

525本

光学系、その他

レンズマウント

フランジバック

同期方式

外部同期入出力

Cマウント

17.526 mm

内部/外部

(入力信号に応じて自動切り換え)

入力信号に応じて自動切り換え、入出

力の切り換えは内部スイッチによる)

映像出力

水平解像度

1.0Vp-p 同期負、75Ω不平衡

500 TV本

垂直有効ライン数 485本

感度

最低被写体照度

映像SN比

ゲイン

60 dB

自動ゲイン調整/固定ゲイン/手動ゲ

イン調整

(後面のスイッチで切り換え)

γ

チで切り換え)

ホワイトクリップ 115IRE±10IRE

シャッターモード ノーマルシャッター/E-DONPISHA

シャッター

45

主な仕様

1/500、1/1000、1/2000、1/4000、

電源電圧

消費電力

動作温度

保存温度

動作湿度

保存湿度

耐震動性

耐衝撃性

外形寸法

質量

付属品

−5℃∼+45℃

−25℃∼+60℃

25∼80%(結露のない状態で)

20∼90%(結露のない状態で)

70 G

(突起部含まず)

約190 g

46

仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあり

ますが、ご了承ください。

47

48

Owner’s Record

The model and serial numbers are located on the bottom. Record the serial number in the space provided below. Refer to these numbers whenever you call upon your Sony dealer regarding this product.

Model No. XC-7500 Serial No. ______________

WARNING

To prevent fire or shock hazard, do not expose the unit to rain or moisture.

This symbol is intended to alert the user to the presence of important operating and maintenance (servicing) instructions in the literature accompanying the appliance.

For the customers in the USA

This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to

Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a commercial environment. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may cause harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential area is likely to cause harmful interference in which case the user will be required to correct the interference at his own expense.

You are cautioned that any changes or modifications not expressly approved in this manual could void your authority to operate this equipment.

The shielded interface cable recommended in this manual must be used with this equipment in order to comply with the limits for a digital device pursuant to

Subpart B of Part 15 of FCC Rules.

Für Kunden in Deutschland

Dieses Produkt kann im kommerziellen und in begrenztem Maße auch im industriellen Bereich eingesetzt werden. Dies ist eine Einrichtung, welche die Funk-Entstörung nach Klasse B besitzt.

Table of Contents

WARNING

Features .......................................................................... 46

Precautions ..................................................................... 48

Typical CCD Phenomena .............................................. 49

System Components ...................................................... 50

Accessories ................................................................ 51

Location and Function of Parts and Controls ............ 52

Front Panel/Top Panel/Bottom Panel ........................ 52

Rear Panel .................................................................. 53

Installation ...................................................................... 56

Mounting a Lens ........................................................ 56

Using a Tripod ........................................................... 57

Connections .................................................................... 58

Connection Example 1 ............................................... 58

Connection Example 2 ............................................... 59

Video Output Modes ..................................................... 60

External Synchronization ........................................... 60

The Video Signal 2I Mode ......................................... 61

The Video Signal 2N Mode ....................................... 62

The Video Signal 1N Mode ....................................... 63

Selecting Shutter Mode and Setting Shutter Speed .... 64

Shutter Speed Setting for Normal Speed in the E-DONPISHA Mode ................................. 64

Using the E-DONPISHA Function ............................... 66

What Is the E-DONPISHA Function? ....................... 66

Setting the E-DONPISHA Function .......................... 67

The RESET mode (1V) video out .............................. 73

The RESET mode (3V) video out .............................. 75

The NON-RESET mode (2I) video out ..................... 77

The NON-RESET mode (1N) video out .................... 79

The Restart/Reset Mode ................................................ 81

Internal Switch Function .............................................. 82

Precautions on Setting the Internal Switches ............. 82

Removing the Cover .................................................. 82

Location of Boards ..................................................... 83

Location and Setting of the Internal Switches on the MB-612 Board ........................................... 83

Location and Setting of the Internal Switches on the PR-214 Board ............................................ 85

Location and Setting of the Internal Switches on the SG-235 Board ............................................ 86

Specifications .................................................................. 88

49

50

Features

The XC-7500 is a black-and-white video camera module that uses a CCD (Charge Coupled Device) solid-state image sensor compatible with the VGA (Video Graphic Array) format.

The CCD uses an “all pixels independent read-out” method, which enables the CCD to output all pixel signals in 1/60 sec.

VS (Video/Sync) signals:

The video camera module can be synchronized with an external video or composite sync signal. (The unit switches automatically between HD/VD and VS synchronization.)

Wide range of operating modes

You can easily select the required operating mode. The gain, for example, can be set to AGC (A), to fixed gain (F), or to manual gain control (M) with a switch on the rear. An internal switch switches

γ

(gamma) compensation on or off.

Internal sync signal output

FLD (field index) signals are output from the 6-pin connector in accordance with the internal switch settings.

An internal switch change also allows the HD/VD signals to be output from the 12-pin connector.

External synchronization

The camera module can be synchronized with three types of signals (explained below). The capture frequency range is

±1% of the horizontal scan frequency.

HD (horizontal drive)/VD (vertical drive) signals:

The camera module analyzes the HD and VD signals input from external synchronization and automatically determines whether to operate in interlace or noninterlace mode.

Wide range of electronic shutter modes

The electronic shutter built into this unit is indispensable in attaining the level of image resolution required for factory automation, etc., and comes with a variety of shutter modes.

• Electronic shutter

You can select the shutter speed from a wide range of settings (1/125 to 1/10000 sec.) or set it to flickerless (FL) mode.

• E-DONPISHA

1)

shutter

The E-DONPISHA is an external trigger shutter that can be useful when shooting moving objects. This function enables a camera in a fixed location to capture flickerless images of fast-moving objects.

...........................................................................................................................................................................................................................................................

1) “DONPISHA” is a registered trademark of Sony Corporation.

Restart/Reset function

Accurately picks up and outputs an object from the desired and fixed position by generating the VD pulses for external synchronization. You can set the number of VD pulses (1 to

4) and change the charging time for long exposure, depending on your particular operating conditions.

Non-interlace function

Outputs only field 1 video signals from the VIDEO OUT 1 connector on the rear panel, and only field 2 video signals from the VIDEO OUT 2 connector. These signals are output continuously from the frame data at 1/60 sec.

Body fixing

High-precision screw holes are provided for mounting a camera module according to the surface plane of the lens mount face, allowing mounting with an absolute minimum deviation of the optical axis.

Other features

• Long life and high reliability

• Fine image, minimum distortion

• High resistance to vibration and impact

• Quick start-up

• Stability against strong magnetic fields

• Low power consumption (2.5 W)

51

52

Precautions

Power supply

Be sure to operate the video camera module according to the power requirement outlined under “Specifications” on page 88.

In the U.S., use only with a UL-listed 12 V DC Class 2 power supply.

Foreign objects

Be careful not to spill liquids, or drop any flammable or metal objects into the camera body.

Operating and storage locations

Avoid operating or storing the camera in the following locations.

• Extremely hot or cold places (operating temperature

+5°C to +45°C [41°F to 113°F])

• In direct sunlight for long periods, or close to heating equipment

• Damp or dusty places

• Where it is exposed to rain

• Locations subject to strong vibration

• Close to generators producing strong magnetism

• Close to generators producing powerful electromagnetic radiation, such as radio or TV transmitters

Care

• Remove dust or dirt on the surface of the lens or optical filter with a blower.

• Clean the cabinet with a soft, dry cloth. If it is very dirty, use a cloth dampened with a small quantity of neutral detergent, then wipe dry.

• Avoid the use of volatile solvents such as alcohol, benzene, and thinners. They may damage the surface finish, or impair the operation of the shutter adaptor.

Ventilation

Do not wrap the camera in a cloth, etc., during operation.

This may cause the internal temperature to rise excessively and the camera to malfunction.

Miscellaneous

• Be careful not to spill water or other liquids on the camera or allow combustible or metallic objects inside the body. If used with foreign objects inside, the camera is liable to fail or cause a fire or an electric shock.

• If the product is transported or shipped, repack it as originally packed at the factory, or in materials equal in quality.

In the event of any problems with the operation of the video camera module, contact your Sony service representative.

Typical CCD Phenomena

The following effects on the monitor screen are characteristic of CCD cameras. They do not indicate any fault with the camera module.

Smear

This occurs when shooting a very bright object such as electric lighting, the sun, or a strong reflection (shown below).

Pale vertical streak

Video monitor screen

Very bright object

(electric lighting, the sun, strong reflection, etc.)

This phenomenon is caused by an electric charge induced by infrared radiation deep in the photosensor. It appears as a vertical smear, since the CCD imaging element uses an interline transfer system.

Vertical aliasing

When you shoot vertical stripes or lines, they may appear jagged.

Blemishes

A CCD image sensor consists of an array of individual sensor elements (pixels). A malfunctioning sensor element will cause a single pixel blemish in the picture. (This is generally not a problem.)

White speckles

When you shoot a dark object at a high temperature, small white dots may appear all over the image.

53

54

System Components

Pictured below are the components of the XC-7500 video camera module system.

All products other than the XC-7500 Video Camera

Module are optional (not supplied).

;

PC-XC12 Connector (12-pin)

;;;

Camera Cables

CCXCC-12P02S (2 m [6.6 feet])

CCXC-12P05S (5 m [16.5 feet])

CCXC-12P10S (10 m [33.3 feet])

CCXC-12P25S (25 m [83.25 feet])

CCXC-6P05 (5 m [16.5 feet])

XC-7500 Video Camera

Module

;;

PC-XC06 Connector (6-pin) CMA-87 Memory Adaptor

C-mount lenses

(recommended)

VCL-50YM

VCL-25YM

VCL-16YM

VCL-12YM (Standard)

VCL-08YM

Tripod Attachments

VCT-37

VCT-75I (insulated)

DC-77RR Camera Adaptor

JB-77 Junction Box

Accessories

Lenses

VCL-50YM C-mount lens (f = 50 mm, manual focus)

VCL-25YM C-mount lens (f = 25 mm, manual focus)

VCL-16YM C-mount lens (f = 16 mm, manual focus)

VCL-12YM C-mount lens (f = 12 mm, manual focus)

[standard lens]

VCL-08YM C-mount lens (f = 8 mm, manual focus)

Camera adaptor

DC-77RR Camera adaptor

Junction box

JB-77 junction box

Camera cable connection plugs

PC-XC12 12-pin connector

PC-XC06 6-pin connector

Tripod attachments

VCT-37 tripod attachment

VCT-75I tripod attachment (insulated type)

Camera cables

CCXCC-12P02S (2 m [6.6 feet])

CCXC-12P05S (5 m [16.5 feet])

CCXC-12P10S (10 m [33.3 feet])

CCXC-12P25S (25 m [83.25 feet])

CCXC-6P05S (5 m [16.5 feet])

55

56

Location and Function of Parts and Controls

Front Panel/Top Panel/Bottom Panel

1

Lens mount (C-mount)

2

Tripod screw holes

1 Lens mount (C-mount)

Attach a VCL-12YM standard lens, or any C-mount lens or other optical equipment.

2 Tripod screw holes

Use these screw holes to attach the tripod attachment

(VCT-37) to the camera module.

For details, see “Using a Tripod” on page 61.

3 Reference holes

High-precision screw holes are provided on the top and bottom panels. Use these screw holes for alternative mounting of the camera module. Using these holes assures accurate alignment of the optical axis.

For additional details and dimensions, refer to the service manual (not supplied).

3

Reference holes

(The top panel also has two reference holes.)

Rear Panel

1

Manual gain control

2

GAIN switch

3

SHUTTER switch

4

SIGNAL switch

2N 2I 1N

SIGNAL

ED N R.R

SHUTTER

A F M

GAIN

DC IN ⁄ SYNC

LENS

1—VIDEO OUT—2

8

DC IN/SYNC

connector

7

VIDEO OUT 2

connector

6

VIDEO OUT 1 connector

5

LENS connector

1 Manual gain control

Controls the gain level (0 to +18 dB) in manual gain mode

(with the GAIN switch

2

set to M).

2 GAIN switch

Use this switch to select the following modes:

A:

Automatic

F:

Fixed

M:

Manual

3 SHUTTER switch

Use this switch to select the following modes:

ED:

E-DONPISHA

N:

Normal

R.R:

Restart/Reset

57

Location and Function of Parts and Controls

58

4 SIGNAL switch

Use this switch to select the following modes:

2N :

The same field signals (ODD/EVEN) are output continuously for 1/60 sec. from the VIDEO OUT 1 and VIDEO OUT 2 connectors.

2I :

The ODD/EVEN signals are output in the interlace mode for 1/60 sec. from the VIDEO OUT 1 and

VIDEO OUT 2 connectors.

1N :

The non-interlace signal is output only from the

VIDEO OUT 1 connector for 1/30 sec.

Note

In 1N mode, no video signals are output from the

VIDEO OUT 2 connector.

5 LENS (lens/external control) connector (6-pin)

The lens cable of an auto-iris lens plugs into this connector for automatic iris control. Use this connector to input an external trigger pulse or output a WEN (Write ENable) pulse when you use the E-DONPISHA mode or Restart/

Reset mode. The pin configuration of this connector is as follows:

Pin no.

1

5

6

4

1

3

2

4

5

2

3

6

Signal

Control input/

FLD pulse output

Ext. trigger input

Ground

WEN pulse output

AI video signal output

+12 V DC

Note on pin no. 1

Factory setting: Control input

When you need normal video output when in the E-

DONPISHA mode, ground pin no. 1 (set to low voltage).

For details, contact the store of purchase or your authorized Sony dealer.

6 VIDEO OUT (output) 1 connector (BNC-type)

Outputs video signal 1 from the camera module.

7 VIDEO OUT (output) 2 connector (BNC-type)

Outputs video signal 2 from the camera module.

8 DC IN/SYNC (DC power input/sync signal I/O)

connector (12-pin)

Connect a CCXC-12P05S camera cable to this connector, the +12 V DC power supply, and the video signal output from the camera module.

When a sync signal generator outputting external sync signals is connected to this connector, the camera module is synchronized with the external sync signals.

The pin configuration of this connector is as follows:

3

2

4

1 9

10

11 12

5

6

8

7

Pin no.

10

11

8

9

12

6

7

4

5

1

2

3

Ground

+12 V DC

HD/VD

Ground

+12 V DC

Ground

Video output 1 (ground) Video output 1 (ground) Video output 1 (ground) Video output 1 (ground)

Video output 1 (signal)

HD input (ground)

HD input (signal)

VD input (signal)

External sync mode

VS

Video output 1 (signal)

———

———

VS input (signal)

Restart/reset

+12 V DC

Video output 1 (signal)

HD input (ground)

HD input (signal)

VD input (signal)

Camera sync output

Ground

+12 V DC

Video output 1 (signal)

HD output (ground)

HD output a)

(signal)

VD output a)

(signal)

Video output 2 (ground) Video output 2 (ground) Video output 2 (ground) Video output 2 (ground)

Video output 2 (signal) Video output 2 (signal) Video output 2 (signal) Video output 2 (signal)

Ground

+12 V DC

VD input (ground)

Ground

+12 V DC

VS input (ground)

———

———

Reset (ground)

Ground

+12 V DC

VD output (ground) a) An internal switch change is necessary to output HD and VD signals.

For details, see “Location and Setting of the Internal Switches on the SG-235 Board” on page 86.

59

60

Installation

Mounting a Lens

2

;;;

;;

1

Lens cable

3

To mount a lens on the camera module, follow steps

1

to

3

.

1

Turn the lens mount cap and remove it.

2

Mount the lens (not supplied) by screwing it on.

3

When using an auto-iris lens, connect the lens cable to the LENS connector on the rear panel of the camera module.

(When using a manual-iris lens, omit step

3

.)

Applicable lenses

The lens must not project more than 7 mm ( 9 /

32

in.) from the lens mount face.

Lens mount face

7 mm (

9

/

32

in.) or less

Using a Tripod

1

2

1

Fix the tripod attachment (not supplied) to the bottom panel of the camera module using the four screws supplied with the tripod attachment.

2

Mount the camera module on the tripod (not supplied).

Notes

• To fix the tripod attachment (not supplied) to this unit, use four screws with a maximum length of 4 mm, or the screws supplied with the tripod attachment.

• Use a tripod (not supplied) with screws meeting either of the following specifications.

ISO standard: n = 4.5 mm ± 0.2 mm

ASA standard: n = 0.197 inches

61

Connections

Connection Example 1

Connect the camera module to an AC power adaptor (not supplied) for the AC power source.

XC-7500

Video

Camera

Module

For details, refer to the operating instructions for the

DC-77RR Camera Adaptor.

DC IN/SYNC

Camera cable

CCXC-12P02S

CCXC-12P05S

CCXC-12P010S

CCXC-12P025S

Camera connector

(on the front panel)

Sync signal generator

HD output VD output

EXT-SYNC V/RST

EXT-SYNC H

VIDEO OUT 2

VIDEO OUT 1

VD output

HD output

Video input 1

Image

Video input 2 processor

Another camera module or other equipment

EXT-SYNC V/RST

DC-77RR

Camera

Adaptor

EXT-SYNC H

VIDEO OUT

Video input

Monitor

AC power source

62

Note

If you use two video channels, you cannot use the DC-

77RR Camera Adaptor. Use the JB-77 Junction Box.

For details on connecting to the CMA-87 Memory Adaptor, refer to the operating instructions for the CMA-87 Memory

Adaptor.

Connection Example 2

XC-7500

Video

Camera

Module

DC IN/SYNC

LENS

VIDEO OUT 1 or 2

Video input

Monitor

Camera cable

CCXC-12P02S

CCXC-12P05S

CCXC-12P10S

CCXC-12P25S

CAMERA

VIDEO OUT

CLOCK OUT a)

JB-77

Junction

Box

HD IN VD IN

DC IN 12 V (+)

GND (–)

12 V DC

GND

Power transformer

AC power source

Video input 1

Video input 2

Image processor

VD output

HD output

Trigger output

Pulse generator a)

The JB-77 junction box CLOCK OUT terminal outputs video signal 2.

63

64

Video Output Modes

There are three methods to output video signals with this camera module.

External Synchronization

You can use internal synchronization in any mode, but you cannot use external synchronization (EXT-HD/VD, EXT-

SYNC) in certain modes.

Video output mode

Shutter mode

2I

NORMAL

E-DONPISHA

RESTART/RESET

EXT-HD/VD: r

EXT-SYNC : r

RESET mode

NON-RESET mode

EXT-HD/VD: ®

EXT-SYNC : ®

EXT-HD/VD : ®

EXT-SYNC : ®

EXT-HD/VD : r

EXT-SYNC : r r : Yes

® : No

Set the video output mode with the SIGNAL switch on the rear panel.

2N 1N

EXT-HD/VD : ® EXT-HD/VD: r

EXT-SYNC : ® EXT-SYNC : ®

———

———

RESET mode

NON-RESET mode

EXT-HD/VD: ®

EXT-SYNC : ®

EXT-HD/VD : ®

EXT-SYNC : ®

EXT-HD/VD : r

EXT-SYNC : ®

The Video Signal 2I Mode

In this mode, the camera module outputs ODD and EVEN signals from the VIDEO OUT 1 and VIDEO OUT 2 connectors in a 1/60 sec. interlace.

The camera module is corresponded to the EIA format.

The field definition is as follows:

Falling edge of HD/VD is corresponded: ODD field

Falling edge of HD/VD is not corresponded: EVEN field

1/30 sec.

1/60 sec.

SIGNAL

SYNC

Video output 1

1

ODD

2

EVEN

3

ODD

4

EVEN

5

ODD

6

EVEN

1

Video output 2

;

EVEN

2

ODD

3 4 5 6

EVEN ODD EVEN ODD

;

Video signal 2I mode timing chart

;; ;; ;;

65

66

Video Output Modes

The Video Signal 2N Mode

In this mode, the camera module continuously outputs identical ODD and EVEN field signals from the VIDEO

OUT 1 and VIDEO OUT 2 connectors every 1/60 seconds.

1/30 sec.

1/60 sec.

SIGNAL

SYNC

Video output 1

;

1

EVEN

Video output 2

2

EVEN

3

EVEN

4

EVEN

5

EVEN

6

EVEN

1 2 3 4 5 6

;; ;; ;; ;;

EVEN EVEN EVEN EVEN EVEN EVEN

;; ;; ;; ;

Video signal 2N mode timing chart

The Video Signal 1N Mode

In this mode, the camera module outputs only 1/30 sec.

non-interlace signals from the VIDEO OUT 1 connector.

Note

No video signals are output from the VIDEO OUT 2 connector.

1/30 sec.

1/60 sec.

SIGNAL

SYNC

Video output 1

NO SIGNAL

Video output 2

;; ;; ;;

;;

Video signal 1N mode timing chart

67

Selecting Shutter Mode and Setting Shutter Speed

68

The shutter speed can be set for both normal operation and

DONPISHA operation. Select the shutter mode with the

SHUTTER switch on the rear panel, and set the shutter speed with the internal switches.

Shutter mode

SHUTTER switch

Shutter speed setting

Normal

E-

DONPISHA

N

ED

Change the speed by setting the S2 switch on the MB-612 board.

a )

Normal speed

High speed

Change the speed by setting the

S6 switch on the SG-235 board.

SG-235 S7-5: ON

SG-235 S7-6: OFF

Change the speed by setting the

S6 switch on the SG-235 board and a trigger pulse signal.

c) b)

Low speed

SG-235 S7-6: ON

SG-235 S7-5: OFF

Change the speed with an external trigger.

d )

External

Control

Set switches S7-5 and S7-6 on the

SG235 board to ON. Set the S5 switch to minus (-). Speed will be adjusted according to the width of the trigger pulse (e).

a)

For details, see “Location and Setting of the Internal Switches on the

MB-612 Board” on page 84.

b)

For details, see “Shutter Speed Setting for Normal Speed in the E-

DONPISHA Mode” on page 68.

c) e)

For details, see “High-Speed” on page 70.

d)

For details, see “Low-Speed” on page 70.

For details, see “External Control” on page 70.

Shutter Speed Setting for Normal Speed in the E-DONPISHA Mode

To set the shutter speed for the E-DONPISHA mode, set the

S6 switch on the SG-235 board as follows.

For details on the positions of the S6 switch, see page 86 to

87.

S6

ON

OFF

Settings example

Shutter speed

(sec.)

A

1/1000 343 ON ON

S6

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

ON ON ON

1/2000 163 ON ON

1/3000 102

1/4000 72

ON

ON

ON ON

ON ON ON

ON

ON

1/6000 42 ON

1/8000 27 ON ON ON

1/10000 19 ON ON ON

ON

ON

1/11000 14 ON ON

Note: Blank spaces indicate an OFF setting.

The precision of the fixed speed in the settings example on the previous page is ±10%. For higher precision or nonstandard shutter speed, obtain the shutter speed from the following equation.

Exposure duration [µs]

Shutter speed = —————————

10

6

Exposure duration = A

×

2.77 µs + 48.6 µs

A = (

×

1 +

×

10 +

×

100)

Note

X

The value of A should not be 13 or less.

Y Z

Setting the X, Y, and Z parameters

S6

X Y

1 2 3 4

0 0

1 ON

2

5 ON

ON

ON

6 ON ON

7 ON ON ON

8

9 ON

ON

3 ON ON

4

ON

ON

5 6

S6

7

1 ON

2 ON

3 ON ON

4

5 ON

ON

ON

6 ON ON

7 ON ON ON

8

9 ON

8

ON

ON

Z

S6

9 0

0

1 ON

2 ON

3 ON ON

Note: Blank spaces indicate an OFF setting.

69

70

Using the E-DONPISHA Function

What Is the E-DONPISHA Function?

A charge starts building up the instant an external trigger signal is input, and then a 1-field image is output. The

DONPISHA function lets you shoot an object moving at high speed from a fixed position with minimal blurring.

Connect the trigger signal to the No.2 pin of the LENS connector (6-pin) on the rear panel.

For details, see “Connections” on page 62.

The E-DONPISHA function has the following two modes:

RESET mode

The trigger pulse is input, the V sync signal is reset and, after a predetermined period, the video signals are output.

The output timing (1 V or 3 V) can be set with the S7-2 switch on the SG-235 board.

NON-RESET mode

You cannot set the period between the trigger input and the video signal output. In this mode, however, the V sync signals are not reset and, therefore, a constant V sync signal frequency can be maintained.

You can set the shutter speed in the following four modes: normal speed, high speed, low speed, or external control.

E-DONPISHA mode

RESET mode

(2I/1V)

(page 73 )

RESET mode

(2I/3V)

(page 75)

NON-RESET mode

(2I)

(page 77)

NON-RESET mode

(1N)

(page 79)

Normal speed

High speed

Low speed

External control

Normal speed

High speed

Low speed

External control

Normal speed

High speed

Low speed

External control

Normal speed

High speed

Low speed

External control

Setting the E-DONPISHA Function

Use an adjusting rod to adjust the internal switches.

For details on internal switch locations, see “Internal

Switch Function” on page 82.

1

Select the RESET mode (ON) or NON-RESET mode

(OFF) by setting the S7-3 switch on the SG-235 board.

ON

3

Set the shutter speed.

For details, see “Shutter Speed Setting for Normal

Speed in the E-DONPISHA Mode” on page 68.

High speed

Set the S7-5 switch to ON and the S7-6 switch to OFF on the SG-235 board.

ON

OFF

2

If you selected the RESET mode in the step above, select 1 V (OFF) or 3 V (ON) with the S7-2 switch on the SG-235 board.

ON

OFF

Low speed

Set the S7-6 switch to ON and the S7-5 switch to OFF on the SG-235 board.

ON

OFF OFF

71

72

Using the E-DONPISHA Function

Setting the E-DONPISHA Function

External control

Set the switch S7-5 and S7-6 on the SG-235 board to ON.

ON

OFF

Set switch S5 on the SG-235 board to minus (–).

S5

The RESET mode (1V) video out

The output mode is compatible with 2I only.

Normal-speed

(The S7-2 switch on the SG-235 board: OFF)

When the trigger pulse is input, the V sync signal is reset, and after 31H, the video signal is output.

(H = Horizontal scanning period/1H = 63.5 µsec.)

This mode is suitable for capturing an image immediately after the trigger pulse is input.

The trigger pulse input polarity is set with the S5 switch on the SG-235 board. The WEN pulse output polarity is set with the S7-4 switch on the SG-235 board.

High-Speed

The shutter speeds compatible with this function are

1/10000 to 1/100000 sec. To set to high speed, set the S7-5 switch on the SG-235 board to ON. You can also set the trigger pulse width (T2).

Trigger pulse

31 H

2 µs to 10 ms (TTL) Trigger pulse interval:over 2 V

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video output 1

V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD

ODD

EVEN

Video signal

ODD

EVEN ODD

EVEN

EVEN

Timing chart for RESET mode (1V) video signal output

Trigger pulse

2 µs to 90 µs (TTL) Trigger pulse interval:over 2 V

T

2

T

3

T

1

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video output 1

V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD

ODD

EVEN

Video signal

ODD

EVEN

T1: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

T2: Set externally (T2 < T1).

T3: Exposure duration

ODD

EVEN

EVEN

Timing chartfor high-speed RESET mode (1V) video signal output

73

Using the E-DONPISHA Function

The RESET mode (1V) video out (continued)

Low-Speed

To set to low speed, set the S7-6 switch on the SG-235 board to ON. The exposure duration is controlled by the input trigger.

External Control

Set the S5 switch on the SG-235 board to the minus (–) position.

Set the S7-5 and S7-6 switches on the SG-235 board to ON.

Set the T2 (100 µs :1/100000s to 1 µs : 1/1000s) on the S6 switch on the SG-235 board.

You can control TX (exposure time) by setting the external trigger pulse width T1.

Trigger pulse

~

1/60 s

31 H

2 µs to 10 ms (TTL)

Exposure duration

Trigger pulse interval:over 2 V

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video output 1

ODD

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD

EVEN

Video signal

ODD

V sync signal

EVEN ODD

74

Timing chart for low-speed RESET mode (1V) video signal output

over 2 µs (TTL)

Trigger pulse

T

1

T

2

T x

Trigger pulse interval:over 2 V

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

31 H

Video output 1

V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD

ODD

EVEN

Video signal

EVEN

T1: Set externally .

T2: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

TX: Exposure duration

ODD

ODD

EVEN

EVEN

Timing chart for external control RESET mode (1V) video signal output

The RESET mode (3V) video out

The output mode is compatible with 2I only.

Normal-speed

(The S7-2 switch on the SG-235 board: ON)

The video signal is output at 3 V after the trigger pulse is input. Set this mode when the 1 V (31H) output from the trigger is too fast for the image processor to capture an image.

The trigger pulse input polarity is set with the S5 switch on the SG-235 board. The WEN pulse output polarity is set with the S7-4 switch on the SG-235 board.

High-Speed

The shutter speeds compatible with this function are

1/10000 to 1/100000 sec. To set to high speed, set the S7-5 switch on the SG-235 board to ON. You can also set the trigger pulse width (T2).

Trigger pulse

31 H

2 µs to 10 ms (TTL) Trigger pulse interval:over 4 V

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video signal

1 ⁄ 60 s

Video output 1

V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD

ODD

EVEN

EVEN

ODD

ODD

EVEN

EVEN

Timing chart for RESET mode (3V) video signal output

2 µs to 90 µs (TTL) Trigger pulse interval:over 4 V

Trigger pulse

T

2

T

1

T

3

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video signal

Video output 1

V sync signal

ODD EVEN

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD EVEN

T1: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

T2: Set externally (T2 < T1).

T3: Exposure duration

1 ⁄ 60 s

ODD

ODD

EVEN

EVEN

Timing chart for high-speed RESET mode (3V) video signal output

75

Using the E-DONPISHA Function

The RESET mode (3V) video out (continued)

Low-Speed

To set to low speed, set the S7-6 switch on the SG-235 board to ON. The exposure duration is controlled by the input trigger.

External Control

Set the S5 switch on the SG-235 board to the minus (–) position.

Set the S7-5 and S7-6 switches on the SG-235 board to ON.

Set the T2 (100 µs :1/100000s to 1 µs : 1/1000s) on the S6 switch on the SG-235 board.

You can control TX (exposure time) by setting the external trigger pulse width T1.

76

Trigger pulse

Video output 1

2 µs to 10 ms (TTL)

~

1/60 s

Trigger pulse interval:over 4 V

31 H

Exposure duration

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video signal

1 ⁄ 60 s

ODD

V sync signal

EVEN ODD EVEN

ODD EVEN ODD EVEN

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

Timing chart for low-speed RESET mode (3V) video signal output

over 2 µs (TTL) Trigger pulse interval:over 4 V

Trigger pulse

T

1

T

2

T x

31 H 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

Video signal

Video output 1

ODD EVEN

V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD EVEN

T1: Set externally.

T2: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

T3: Exposure duration

1 ⁄ 60 s

ODD

ODD

EVEN

EVEN

Timing chart for external control RESET mode (3V) video signal output

The NON-RESET mode (2I) video out

Normal-speed

This mode outputs the video signal at 2 V after the trigger pulse is input.

You cannot set the timing (from the trigger input to the video signal output) but the V sync signal frequency is constant. This mode is effective in cases where the image processor requires a constant period (frequency) V sync signal.

The video signal is output at 2 V from the trigger input regardless of the S7-2 (1 V/3 V video output) switch setting on the SG-235 board.

The trigger pulse input polarity is set with the S5 switch on the SG-235. The WEN pulse output polarity is set with the

S7-4 switch on the SG-235 board.

High-Speed

The shutter speeds compatible with this function are 1/10000 to

1/100000 sec. To set to high speed, set the S7-5 switch on the SG-

235 board to ON. You can also set the trigger pulse width (T2).

Trigger pulse

Video output 1

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

1 ⁄ 60 s

2 µs to 10 ms (TTL) Trigger pulse interval:over 3 V

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

Video signal

V sync signal

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

Timing chart for NON-RESET mode (2I) video signal output

Trigger pulse

2 µs to 90 µs (TTL) Trigger pulse interval:over 3 V

T

2

T

3

T

1 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

1 ⁄ 60 s

Video signal

Video output 1

V sync signal

ODD ⁄ EVEN

ODD

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD ⁄ EVEN

T1: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

T2: Set externally (T2 < T1).

T3: Exposure duration

Timing chart for high-speed NON-RESET mode (2I) video signal output

77

Using the E-DONPISHA Function

The NON-RESET mode (2I) video out (continued)

Low-Speed

To set to low speed, set the S7-6 switch on the SG-235 board to ON. The exposure duration is controlled by the input trigger.

External Control

Set the S5 switch on the SG-235 board to the minus (–) position.

Set the S7-5 and S7-6 switches on the SG-235 board to ON.

Set the T3 (100 µs :1/100000s to 1 µs : 1/1000s) on the S6 switch on the SG-235 board.

You can control TX (exposure time) by setting the external trigger pulse width T2.

78

Trigger pulse

Video output 1

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

~

1/60 s

2 µs to 10 ms (TTL)

Trigger pulse interval:over 3 V

Exposure duration

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

1 ⁄ 60 s

Video signal

V sync signal

ODD ⁄ EVEN

ODD

ODD ⁄ EVEN

Timing chart for low-speed NON-RESET mode (2I) video signal output

Trigger pulse over 2 µs (TTL) Trigger pulse interval:over 3 V

T

1

T

2

T x

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s

EVEN

Video output 1

V sync signal

ODD ⁄ EVEN

ODD

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

ODD ⁄ EVEN

T1: Set externally.

T2: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

TX: Exposure duration

Video signal

Timing chart for external control NON-RESET mode (2I) video signal output

The NON-RESET mode (1N) video out

Normal-speed

This mode outputs the video signal at 2 V after the trigger pulse is input.

You cannot set the timing (from the trigger input to the video signal output) but the period of the V sync signal is as illustrated below.

The video signal is output at 2 V from the trigger input regardless of the S7-2 (1 V/3 V video output) switch setting on the SG-235 board.

The trigger pulse input polarity is set with the S5 switch on the SG-235. The WEN pulse output polarity is set with the

S7-4 switch on the SG-235 board.

High-Speed

The shutter speeds compatible with this function are 1/10000 to

1/100000 sec. To set to high speed, set the S7-5 switch on the SG-

235 board to ON. You can also set the trigger pulse width (T2).

Trigger pulse

V sync signal

2 µs to 10 ms (TTL) Trigger pulse interval: over 4 V+26 H

*1-frame

Video signal

Video output 1 onry V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

*This is a frame signal as it is a non-interlace output.

Timing chart for NON-RESET mode (1N) video signal output

Trigger pulse

T

2

T

3

T

1

2 µs to 90 µs (TTL) Trigger pulse interval:

V sync signal over 4 V+26 H

*1-frame

Video signal

Video output 1 onry V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

T1: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

T2: Set externally (T2 < T1).

T3: Exposure duration

*This is a frame signal as it is a non-interlace output.

Timing chart for high-speed NON-RESET mode (1N) video signal output

79

Using the E-DONPISHA Function

The NON-RESET mode (1N) video out (continued)

Low-Speed

To set to low speed, set the S7-6 switch on the SG-235 board to ON. The exposure duration is controlled by the input trigger.

External Control

Set the S5 switch on the SG-235 board to the minus (–) position.

Set the S7-5 and S7-6 switches on the SG-235 board to ON.

Set the T3 (100 µs :1/100000s to 1 µs : 1/1000s) on the S6 switch on the SG-235 board.

You can control TX (exposure time) by setting the external trigger pulse width T2.

80

Trigger pulse

Video output 1

~

1/60 s

V sync signal

2 µs to 10 ms (TTL)

Trigger pulse interval:

Exposure duration over 4 V+26 H

*1-frame

Video signal onry V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

*This is a frame signal as it is a non-interlace output.

Timing chart for low-speed NON-RESET mode (1N) video signal output

Trigger pulse

T

1

T

2

T x over 2 µs (TTL) Trigger pulse interval:

V sync signal over 4 V+26 H

*1-frame

Video signal

Video output 1 onry V sync signal

Video output 2

WEN pulse

(–1 V)

WEN pulse

(0 V)

1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 60 s 1 ⁄ 30 s

T1: Set externally.

T2: Set with the S6 switch on the SG-235 board.

TX: Exposure duration

*This is a frame signal as it is a non-interlace output.

Timing chart for external control NON-RESET mode (1N) video signal output

The Restart/Reset Mode

You can set the synchronization externally with a VD pulse as a reference signal. Set the synchronization as follows:

1

Set the SHUTTER switch at the rear of the unit to R.R.

2

Set the SIGNAL switch at the rear of the unit to 2I.

Note

External synchronization can only be set when the SIGNAL switch is in the 2I position.

Trigger pulse

HD pulse

VD pulse (1)

3

Set the VD pulse with the S4 switch on the SG-235 board.

For details on how to set the VD pulse, see “Location and Setting of the

Internal Switches on the SG-235 Board” on page 87.

VD pulses (2)

VD pulses (3)

VD pulses (4)

A A

Restart/reset timing chart

A

For long exposure

For 1-field output of field accumulation/image

For frame output of field accumulation/image

1-frame output of field accumulation/image

A = 525/2H

81

82

Internal Switch Function

The internal switches enable you to change the camera settings (such as number of VD pulses, etc.).

Precautions on Setting the Internal Switches

For your safety, follow these precautions.

• Turn off the power for the whole system connected to this camera.

• Disconnect all of the connected cables.

• Use an adjusting rod to set the internal switches.

• Do not remove the boards except when setting the internal switches on the MB-612 board.

Removing the Cover

1

Remove the six screws and detach the cover.

2

Remove the stay.

1

2

Stay

Reattaching the cover

Reattach the cover in reverse order of removing it.

Note

Attach the screws on the top cover first.

Location of Boards

The internal switches are located on the SG-235, the PR-

214, and the MB-612 boards.

The following figure shows where the boards are located.

Front

PS-383 board SG-235 board

Rear

Location and Setting of the Internal

Switches on the MB-612 Board

You must remove the PR-214 and PS-383 boards before setting the internal switches on the MB-612 board.

1

Remove the PR-214 board.

2

Remove the PS-383 board.

Notes

• Do not remove the SG-235 board.

• To remove a board, pull it up vertically.

Reinstalling boards

Reinstall the boards in the reverse order of removing them.

Install the PR-214 board by sliding it into the guide.

Rear

Guide

Front

PR-214 board MB-612 board

Location of boards

Note

To install a board, make sure that it is firmly inserted along the appropriate board receptacle guide. If a board is not inserted properly, the unit is liable to malfunction.

83

Internal Switch Function

S1

S1

ON

OFF

S2

4

6

7

8

9

1

3

2

RV1

CV1

S2

84

Location and setting of the internal switches on the MB-612 board

S1 (Factory setting: OFF)

Set to ON when you connect to the CMA-87 Memory

Adaptor and use functions of the CMA-87, such as the hirate scan mode.

For details, refer to the operating instructions for the

CMA-87 Memory Adaptor.

S2 (Factory setting: 0)

Changes the shutter speed in the normal mode. Set the

SHUTTER switch (on the rear panel) to N for fine adjustment of the shutter speed.

Position

Shutter speed (sec.)

Position

Shutter speed

(sec.)

0

1

OFF

1/125

1/250

5

6

1/2000

1/4000

2 7 1/10000

3 1/500 8 FL (flickerless)

4 1/1000 9 FL (flickerless)

For details on setting the shutter speed at normal speed in the E-DONPISHA mode, see “Shutter Speed Setting for

Normal Speed in the E-DONPISHA Mode” on page 68.

Location and Setting of the Internal Switches on the PR-214 Board

S1

RV6

RV1

S1

RV7 RV2

TP1

RV23

RV22 RV15

RV5

TP2

RV18

RV3 RV19

S3

RV4 RV21

TP4

S2

RV17 RV20

RV10 RV9 RV8

RV14 RV13

RV11 RV12

M A

S1 (Factory setting: OFF)

Toggles the

γ

(gamma) compensation of video output 1 ON and OFF.

S2 (Factory setting: M)

Use this switch to select the following gain control setting:

M:

Manual

A:

Automatic

S3 (Factory setting: OFF)

Toggles the

γ

(gamma) compensation of video output 2 ON and OFF.

S2

S3

Location and setting of the internal switches on the PR-214 board

85

86

Internal Switch Function

Location and Setting of the Internal Switches on the SG-235 Board

S5

S6

ON

S1

OFF

S2

+

S5

RV1

OFF

ON

S1

S2

EXT

INT

S3

OFF ON

TP11

S3

S6

1 · · · · · · · ·10

1 2 1 · · · · 6

S4 S7

S4

ON

S7

ON

OFF

Location and Setting of the Internal Switches on the SG-235 Board

OFF

S1 (Factory setting: ON)

Toggles the external VD signal 75-ohm termination ON and OFF.

S2 (Factory setting: EXT)

Inputs the HD/VD signals (EXT) to the camera module or outputs the HD/VD signals (INT) from the camera module.

S3 (Factory setting: ON)

Toggles the external HD signal 75-ohm termination ON and OFF.

RV1

Allows H phase synchronization of RV1 when synchronizing to an outside source.

Note

To output signals, set the S2 switch to INT and set the S1 switch on the SG-235 board to OFF.

S4 (Factory setting: OFF (S4-1 and S4-2))

This switch is composed of two ON/OFF switches.

Combine their settings to set the number of VD pulses (1 to

4) in the restart/reset mode.

Switch

No. of pulses

S4-1

S4-2

1 2 3 4

ON ON OFF OFF

ON OFF ON OFF

S5 (Factory setting: +)

Changes the trigger pulse input polarity (+/–).

S6 (Factory setting: S6-9, S6–0: ON/others: OFF)

Sets the shutter speed in the E-DONPISHA mode.

For details on setting the shutter speed at normal speed in the E-DONPISHA mode, see “Shutter Speed Setting for

Normal Speed in the E-DONPISHA Mode” on page 68.

S7 (Factory setting: All OFF)

Sets various pulses.

Switch ON

S7-1

S7-2

S7-3

S7-4

S7-5

S7-6

WEN pulse: 0 V

Video output: 3 V

RESET

DONPISHA

WEN pulse output polarity: +

OFF

WEN pulse: –1 V

Video output: 1 V

NON-RESET

DONPISHA

WEN pulse output polarity: –

HIGH-SPEED: ON HIGH-SPEED: OFF

LOW-SPEED: ON LOW-SPEED: OFF

Note

Do not set both the S7-5 and S7-6 switches to ON.

87

88

Specifications

Imaging system

Pickup device Interline-transfer CCD

Effective picture elements

692

×

504 (horizontal/vertical)

Sensing area 1 /

2

-inch size

Optical blank 33 elements on each horizontal line

CCD vertical drive frequency

15.734 kHz ± 1%

CCD horizontal drive frequency

Signal system

Cell size

Chip size

12.2727 MHz

EIA system

9.9

×

9.9 µm (horizontal/vertical)

8.10

×

6.33 mm (horizontal/vertical)

Optical system and others

Lens mount

Flange focal length

Synchronization

C mount

17.526 mm

Internal/external (automatically switched according to input signal)

External sync signal I/O S, VS (sync level: 0.3 Vp-p ± 6 dB)

HD/VD (HD/VD level: 2 to 5 Vp-p, automatically switched between

HD/VD according to input signal;

I/O selection by internal switch)

External sync allowance frequency

±1% (of horizontal sync frequency)

Jitter

Scanning system

Video output

Within ±50 nsec

525 lines

2-line simultaneous scanning (2I/2N mode)

1-line sequential scanning (1N mode)

1.0 Vp-p, sync negative, 75 ohms unbalanced

Horizontal resolution 500 TV lines

Vertical effective lines 485 lines

Sensitivity 400 lux, F4 (

γ

compensation ON,

0 dB)

Minimum illumination 3.0 lux (AGC mode, F1.4,

γ compensation ON)

Video S/N ratio

Gain

60 dB

AGC/Fixed gain/Manual gain control (selected with the GAIN

γ switch on the rear panel)

γ

compensation/

γ

– ON/OFF (0.45/

1) (selected with internal switch)

White clip

Shutter mode

115 IRE ± 10 IRE

Normal shutter/E-DONPISHA shutter

Shutter speed (normal mode)

FL (flickerless), 1/125, 1/250, 1/500,

1/1000, 1/2000, 1/4000, 1/10000 sec.

(selected with internal switch)

Power requirements +12 V DC (range: 10.5 to 15.0 V)

Power consumption 2.5 W (±10%)

Operating temperature –5°C to +45°C (+41°F to +113°F)

Storage temperature –25°C to +60°C (–13°F to +140°F)

Operating relative humidity

25% to 80% (no condensation)

Storage relative humidity

20% to 90% (no condensation)

Vibration resistance 7 G (11 Hz to 200 Hz)

Shock resistance 70 G

External dimensions 44

×

44

×

70 mm (w/h/d)

(1 3 /

4

×

1 3 /

4

×

2 3 /

4

inches)

(excluding protruding parts)

Mass 190 g (4.2 oz)

Supplied accessories Lens mount cap (1)

Operating Instructions (1)

Design and specifications are subject to change without notice.

89

90

91

お問い合わせ

ソニー株式会社

イメージ&サウンドコミュニケーションカンパニー

アプリケーションプロダクツ営業部

カメラモジュール課

神奈川県厚木市岡田4-16-1 〒 243

Tel. 0462-27-2346 Fax. 0462-27-2347

ソニー株式会社 〒141 東京都品川区北品川6-7-35 Printed in Japan

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents