ダウンロード
2-347-847-06 (1)
デジタルパワードミキサー
取扱説明書
お買い上げいただき、ありがとうございます。
電気製品は安全のための注意事項を守らないと、
火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の
取り扱いかたを示しています。この取扱説明書と SRP-X700P
Manager/User Control Panel の取扱説明書をよくお読みのう
え、製品を安全にお使いください。お読みになったあとは、いつ
でも見られるところに必ず保管してください。
ご注意
付属のCD-ROMには、SRP-X700Pの取扱説明書
(日本語、英語、
仏語、独語、西語、伊語、中国語)
が収録されています。
SRP-X700P
Ver. 1.5
© 2008 Sony Corporation
安全のために
電気製品は、安全のための注意事項を守らないと、火災や感電
などにより死亡や大けがなど人身事故につながることがあり、
危険です。
警告表示の意味
事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。
表示をしています。表示の内容をよく理解し
この取扱説明書および製品では、次のような
てから本文をお読みください。
安全のための注意事項を守る
4∼5ページの注意事項をよくお読みください。
定期的に点検する
5年に1度くらいは、内部の点検について、お買い上げ店また
この表示の注意事項を守らないと、火災や感電
はソニーのサービス窓口にご相談ください。
などにより死亡や大けがなど人身事故につなが
ることがあります。
故障したら使わない
お買い上げ店またはソニーのサービス窓口にご相談ください。
万一、異常が起きたら
この表示の注意事項を守らないと、感電やそ
の他の事故によりけがをしたり周辺の物品に
・煙が出たら
・異常な音、においがしたら
/
1 電源を切る。
2 電源コードを抜
く。
3 お買い上げ店ま
たはソニーの
サービス窓口に
修理を依頼す
る。
損害を与えたりすることがあります。
注意を促す記号
注意
行為を禁止する記号
付属のソフトウェアについて
・ 権利者の許諾を得ることなく、本機に付属のソフトウェア
および取扱説明書の内容の全部または一部を複製するこ
と、およびソフトウェアを賃貸に使用することは、著作権
法上禁止されております。
・ 本機に付属のソフトウェアを使用したことによるお客様の
損害、または第三者からのいかなる請求等につきまして
も、当社は一切その責任を負いかねます。
・ 万一、製造上の原因による不良がありましたらお取り替え
いたします。それ以外の責はご容赦ください。
・ 本機に付属のソフトウェアは、指定された装置以外には使
用できません。
・ 本機に付属のソフトウェアの仕様は、改良のため予告なく
変更することがありますが、ご容赦ください。
Microsoft, Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国
およびその他の国における登録商標です。
2
行為を指示する記号
プラグをコン
セントから抜く
目次
!警告 ...................................................................................................................... 4
!注意 ...................................................................................................................... 5
主な特長 .................................................................................................................. 5
各部の名称と働き ................................................................................................... 6
前面 .................................................................................................................. 6
チューナーユニット ................................................................................... 7
チューナーユニットの装着方法 ............................................................ 7
チューナーユニットの取り外し方法 ..................................................... 7
裏面 .................................................................................................................. 8
本機からディスプレイ機器を制御するには ......................................................... 10
PROJECTOR CONTROL RS-232C端子 ............................................... 10
PROJECTOR CONTROL CONTROL S IN/OUT端子 ......................... 10
本機を外部から制御するには .............................................................................. 10
REMOTE RS-232C端子 ............................................................................. 10
REMOTE PARALLEL端子 ......................................................................... 11
本機からAV機器を制御するには ......................................................................... 12
スピーカーとの接続 ...................................................................................... 12
システム図 ........................................................................................................... 13
工場出荷設定を使用したシステム例 ............................................................. 13
特注操作パネル・環境機器等を接続したシステム例 .................................... 14
REMOTE PARALLEL端子を使った制御例 ................................................ 15
工場出荷設定値 .................................................................................................... 16
ブロックダイヤグラム ......................................................................................... 18
主な仕様 ............................................................................................................... 19
寸法図 .................................................................................................................. 20
故障かな?と思ったら ......................................................................................... 21
保証書とアフターサービス .................................................................................. 21
本機は付属のソフトウェアSRP-X700P Managerでパラメーター設定をしなくて
も使用できます。工場出荷時のパラメーターについては、16ページをご覧ください。
付属のCD-ROMについて
付属のCD-ROMには、2つのアプリケーションソフトSRP-X700P Manager、User Control Panelと、専
用USBドライバソフト、コントロールソフトウェアマニュアルおよび本体の取扱説明書が収録されています。
コントロールソフトウェアマニュアルおよび本体の取扱説明書は、PDFファイルでCD-ROMに収録されてい
ます。
ご覧になるには、Adobe Acrobat Readerがお手持ちのコンピューターにインストールされている必要があ
ります。インストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページ
(http://www.adobe.co.jp/)
からダウンロードしてください。
Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Adobe、Adobe Acrobat Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の登録商標です。
3
警告
火災
感電
下記の注意を守らないと、
火災や感電により
死亡や大けがにつながることがあります。
電源コードを傷つけない
本機は日本国内用です
電源コードを傷つけると、火災や感電の原因
交流100Vでお使いください。
となることがあります。
海外などで、異なる電圧で使うと、火災や感
• 設置時に、製品と壁やラック(棚)などの
電の原因となることがあります。
間に、はさみ込んだりしない。
禁止
• 電源コードを加工したり、傷つけたりしな
製品の上に乗らない、重い物を載せない
い。
• 重いものを載せたり、引っ張ったりしな
倒れたり、落ちたり、壊れたりして、けがの
禁止
原因となることがあります。
い。
• 熱器具に近づけたり、加熱したりしない。
お手入れの際は、電源を切って電源プラグを抜く
• 電源コードを抜くときは、必ずプラグを
プラグをコン
セントから抜く
万一、電源コードが傷んだら、お買い上げ店
またはソニーのサービス窓口に交換をご依頼
ください。
油煙、湯気、湿気、ほこりの多い場所には設置しない
上記のような場所に設置すると、火災や感電
の原因となることがあります。取扱説明書に
禁止
記されている使用条件以外の環境での使用
は、火災や感電の原因となることがありま
す。
内部に水や異物を入れない
水や異物が入ると火災や感電の原因となるこ
とがあります。万一、水や異物が入ったとき
は、すぐに電源を切り、電源コードや接続
禁止
コードを抜いて、お買い上げ店またはソニー
のサービス窓口にご相談ください。
内部を開けない
内部には電圧の高い部分があり、キャビネット
や裏ぶたを開けたり改造したりすると、火災や
感電の原因となることがあります。内部の調整
分解禁止
や設定、点検、修理はお買い上げ店またはソ
ニーのサービス窓口にご依頼ください。
4
電源を接続したままお手入れをすると、感電
持って抜く。
プラグをコン
セントから抜く
の原因となることがあります。
注意 下記の注意を守らないと、けがをしたり
周辺の物品に損害を与えることがあります。
ぬれた手で電源プラグをさわらない
ぬれた手で電源プラグを抜き差しすると、感
禁止
電の原因となることがあります。
接続の際は電源を切る
電源コードや接続コードを接続するときは、
電源を切ってください。感電や故障の原因と
主な特長
オーディオミキサー、RGB/ビデオスイッチャー、プロセッ
サー、パワーアンプを3U サイズに収めた多機能デジタルパ
ワードミキサーです。
デジタルミキサー搭載
24bit/48kHzサンプリングのA/D、D/Aコンバーターと高性
能DSPを搭載。一般のミキサーがもつ機能に加え、チャンネ
ル独立のフィードバックリデューサーやオートマチックミキ
シングなど、デジタルならではの多機能を実現しました。
注意
なることがあります。
指定された電源コード、接続コードを使う
注意
RGB/コンポーネント信号に対応
コードを使わないと、感電や故障の原因とな
コンポジット/Sビデオ入力を3系統、RGB/コンポーネント入
力を3系統装備しています。これによりRGB、VIDEOスイッ
チャーを別に用意することなくシンプルなシステムを実現で
きます。コンポーネント信号は480p、
1080i などのハイレゾ
リューション信号にも対応、RGBはSXGA
(1280×1024ピ
クセル)
に対応します。
ることがあります。
ぐらついた台の上や傾いたところに設置する
と、倒れたり落ちたりしてけがの原因となる
ことがあります。また、設置・取り付け場所
の強度を十分にお確かめください。
転倒、移動防止の処置をする
大型の製品をラックに取り付け・取り外しす
るときは、転倒・移動防止の処置をしない
と、倒れたり、動いたりして、けがの原因と
注意
なることがあります。安定した姿勢で注意深
く作業してください。また、ラックの設置状
況、強度を十分にお確かめください。
移動されるときは電源コード、接続コードを抜く
接続したまま移動させると、コードが傷つ
き、火災や感電の原因となることがありま
注意
出力に自由に出力できます。
取扱説明書に記されている電源コード、接続
不安定な場所に設置しない
禁止
豊富なオーディオ入出力端子
6系統のマイク入力、2系統のステレオライン入力を10系統の
す。
省電力デジタルアンプを搭載
150W+150W(8Ω)、200W+200W(4Ω)のパワーアンプを
搭載。従来比約2/3の定格消費電力を実現しています。またハ
イインピーダンススピーカー 150W
(70V LINE 32Ω)
にも対
応しています。
5.1ch対応のオーディオ入力
LINE4 INPUT端子の4D, 4E入力は5.1ch入力に対応。
便利な外部リモート端子
・ RS-232C端子を装備
外部コンピューターやシステムコントローラーから本機の
操作がおこなえます。また、ソニー製プロジェクターやプ
ラズマディスプレイの電源ON/STANDBYや入力の切り
換えがおこなえます。
・ コントロールS出力端子を装備
ソニー製AV機器の基本操作
(再生、停止、早送り、巻戻し
など)
がおこなえます。
・ パラレル入出力端子を装備
入力端子では本機の入力切換、音量調整、シーンリコール
などが、出力端子ではスクリーンや照明機器などの環境機
器の操作、本機の状態表示などがおこなえます。
800MHz帯ワイヤレスチューナーユニットWRU-806
(別売)
を2台装着可能
EIA規格19インチラックにマウント可能(3Uサイズ)
付属のソフトウェアにより設定・操作が可能
本機の基本操作(音量調整、入力切換、シーンリコール)
とソ
ニー製DVD/VTR/CD/MDなどの基本操作
(再生、停止、早送
り、巻戻しなど)
を外部コンピューターから集中しておこなえ
るUser Control Panelと、本機の内部設定をおこなうSRP-
X700P Managerを付属のCD-ROMに収録。
5
各部の名称と働き
前面
1
3
MIC3
MIC4
8
MIC1/WL1
MIC2/WL2
MIC5/LINE1
MIC6/LINE2
LINE3
LINE4
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
SIGNAL
OVER GAIN
-
-
-
-
-
-
-
-
POWER
VU 1
+3
0
-5
-10
-20
2
3
OUTPUT
4
5
LINE 4 SELECT
6
6
7
8 VU
+3
0
-5
-10
-20
7
MASTER A
OVER GAIN
-
A
MASTER B
PROTECTION
CLIP
MASTER
OVER GAIN
-
SCENE
RECALL
B
A
ON
9
0
qa
OFF
A
B
LOCK
B
C
RS-232C
C
USB
D
E
D
F
WL 1
qs
2
1 POWER
(電源)
ボタンと電源表示インジケーター
押すと電源が入ります。電源がオンのときに、電源表示イ
ンジケーターが緑に点灯します。
SRP-X700P Managerの設定により、接続しているプロ
ジェクターやディスプレイを本機と連動して電源オン、電
源スタンバイすることができます。
工場出荷時、プロジェクター、ディスプレイの電源は本機
と連動するよう設定されています。
本機の電源をオンにするとCONTROL S OUTPUT1∼4
端子に接続されているAV機器の電源をオンにします。た
だし、電源オフのときはAV機器の電源スタンバイはおこ
ないません。
2 インプットフェーダー
・ MIC1/WL1, MIC2/WL2フェーダー
MIC1/WL1, MIC2/WL2入力端子の信号レベルを調整
します。
ワイヤレスマイクか有線マイクのどちらかを使用する事
ができます。ワイヤレスチューナーが信号を受信すると
自動的にワイヤレスマイクが選択されます。
・ MIC3, MIC4フェーダー
MIC3/MIC4入力端子の信号レベルを調整します。
・ MIC5/LINE1, MIC6/LINE2フェーダー
MIC5/LINE1, MIC6/LINE2入力端子の信号レベルを
調整します。裏面のMIC/LINE切り換えボタンにより
基準入力レベルの切り換えがおこなえます。
工場出荷時はLINEに設定されています。
・ LINE3, LINE4フェーダー
LINE3, LINE4入力端子の信号レベルを調整します。
インプットフェーダーはムービングタイプではありません。
6
5
MIC TUNER
4
WL 2
qd
3 インプットインジケーター
・ SIGNALインジケーター
各入力端子に信号が入力されると緑に点灯します。
・ OVER GAINインジケーター
入力レベルがSRP-X700P Managerで設定した
GAIN LIMITの値を超えたときに赤く点灯します。
工場出荷時、GAIN LIMITは10dBに設定されています。
・ −∞インジケーター
ミューティング中や入力フェーダーが−∞レベルの位置
にあるときなど音が出ないときに黄色く点灯します。
4 チューナーユニット用スロット
(WL1/2)
800MHz帯ワイヤレスチューナーユニットWRU-806(別
売)
を装着するスロットです。2台まで装着できます。
(装
着方法については7ページをご覧ください。)
チューナーユニットの取扱については、WRU-806の取扱
説明書もよくお読みください。
5 LINE 4 SELECTボタン
LINE 4A∼4F入力端子に接続された機器を選択します。
6 マスターボリューム
グループ化されたフェーダーを操作するボリュームです。
操作するフェーダーはSRP-X700P Managerで設定します。
工場出荷時、MASTER AにはMIC1∼MIC4、MASTER
BにはMIC5/LINE1∼LINE4の入力フェーダーが設定さ
れています。
マスターボリュームはムービングタイプではありません。
・ OVER GAINインジケーター
信号レベルがSRP-X700P Managerで設定した
GAIN LIMITの値を超えたときに赤く点灯します。
工場出荷時、GAIN LIMITは10dBに設定されています。
・ −∞インジケーター
ミューティング中やフェーダーが−∞レベルの位置にあ
るときなど音が出ないときに黄色く点灯します。
7 パワーアンプインジケーター
・ PROTECTIONインジケーター
3 チューナーユニットの上下面を確認して、スロットに差し
込みます。(図1)
内蔵パワーアンプの保護回路が動作したときに、赤く点
灯します。
・ CLIPインジケーター
内蔵パワーアンプの出力レベルが過大で、信号が歪んだ
ときに赤く点灯します。
チューナーユニット
SCENE
RECALL
B
MASTER
A
ECT
LINE 4 SEL
A
B
C
D
E
ご注意
BATT
AF
GP
F
RF
CH
GP
PROTECTIONインジケーターが点灯したら
次のような場合は、保護回路が動作して(PROTECTIONインジ
ケーターが点灯)、出力信号を下げる、またはカットすることに
よって、スピーカーやアンプを保護します。
・アンプ内部の放熱器の温度が規定値を超えた場合。
接続したスピーカーのインピーダンスが低すぎる場合。
空気吸排気孔
(本体左右側面)
がほこりによりふさがれている場
合。
・ SPEAKERS端子をショートした場合。
このような場合はPOWERボタンをOFFにし、原因を取り除い
た後にご使用ください。
がSPEAKERS端子に現れた場合。
・故障によりDC(直流電圧)
POWERボタンをOFFにしたのち、お買い上げ店または添付の
「ソニー業務用製品ご相談窓口のご案内」
にあるお近くのサービ
ス窓口にご相談ください。
8 レベルメーター
LINE OUTPUT1∼8端子の出力信号レベルを5ポイント
LEDにて表示します。
9 LOCKインジケーター
SRP-X700P Managerから本体前面のLOCKをおこな
うと赤く点灯します。点灯中は誤操作防止のため、本体前
面からの操作はできません。
図1
4 本機の電源を入れ、別紙「WRU-806チャンネル設定方法」に
従って、グループとチャンネルを設定します。グループと
チャンネルは使用するワイヤレスマイクと同じにします。
5 ワイヤレスマイクの電源スイッチをONにして、受信状態
になっていることを確認します。
正常に受信すると、チューナーユニットのRFインジケー
ターが点灯します。マイクの設定チャンネルがチューナー
ユニットの設定と異なっているときや、マイクの電池が消
耗しているときは、チューナーユニットのRFインジケー
ターは点灯しません。
チューナーユニットの取り外し方法
1 本機の電源を切ります。
2 チューナースロット下方の穴にシャフト径2∼4mm以内、
シャフト長30mm以上のドライバーを差し込み、チュー
ナーユニットを取り出します。(図2)
0 RS-232Cインジケーター
REMOTE RS-232C端子にてコマンド送受信がおこなわ
チューナーユニット
れているときに緑に点灯します。
SCENE
RECALL
MASTER
A
B
ECT
LINE 4 SEL
qa USBインジケーター
USB端子またはREMOTE USB端子にてコマンド送受信
A
B
C
D
E
AF
GP
がおこなわれているときに緑に点灯します。
F
BATT
RF
GP
CH
qs USB端子
付属のソフトウェア( SRP-X700P Manager 、User
Control Panel)をインストールしたコンピューターと接
続するための端子です。
qd SCENE RECALLボタン
シーンメモリーA∼Dの呼び出しをおこないます。
A∼Dに割り当てるシーンはSRP-X700P Managerで設
定できます。
工場出荷時、 A にはシーン N o . 1 、B にはシーン N o . 2 、
CにはシーンNo.3、DにはシーンNo.4が設定されています。
チューナーユニット
チューナーユニットの装着方法
1 本機の電源を切ります。
2 チューナーカバーをはずします。
図2
ご注意
装着するときは奥までしっかりと差し込んでください。電源がONの
ときはチューナーユニットの取り付け・取り外しは絶対におこなわな
いでください。ノイズの原因となります。
注意
チューナースロット内部に手を入れないでください。
7
各部の名称と働き
裏面
qh
qa
ANT IN a
LINE4 INPUT
DC
9V OUT
35mA MAX
0
ANT IN b
9
OUTPUT
DC
9V OUT
35mA MAX
S VIDEO
VIDEO
qd
S VIDEO
VIDEO
R/R-Y
G/Y
COMPONENT/RGB
w;
SPEAKERS
B/B-Y
CH-2
CH-1
IMPEDANCE USE
4-16
IMPEDANCE USE
4-16
VD
SYNC/HD
5
CIRCUIT
BREAKER
PUSH RESET
70V LINE
IMPEDANCE USE 32 -10k
A
LINE3 IN
B
C
D
FRONT
L
L
L
E
REAR
CENTER
FRONT
REAR
4
R
R
2
+48V
+48V
+48V
ON
ON
ON
1
4
OUT
OFF
PARALLEL
MIC6/LINE2 IN
RS-232C
LINE OUTPUT
1
ON
OFF
2
RS-232C
4
+48V
OFF
CONTROL S
IN
qg
MIC5/LINE1 IN
3
REMOTE
PROJECTOR CONTROL
3
R
MIC INPUT
1
OUTPUT
WOOFER
R
R
CONTROL S
1
L
WOOFER
R
F
CENTER
L
L
(+48V)
MIC
LINE
OFF
2
qk
REC OUT
3
5
7
1
4
6
8
2
AC IN
2
(+48V)
MIC
LINE
3
ql
1 MIC INPUT 1, MIC INPUT 2端子
マイク用の入力端子です。
チューナーユニット装着時はワイヤレスマイク優先です
が、ワイヤレスマイクの電源をONにするまで、ワイヤー
ドマイクが使用できます。
2 MIC INPUT 3, MIC INPUT 4端子
6
qs
7
8 qf
qj
・ 4F入力端子
コンポーネント信号とRGB信号の映像入力端子とステ
レオ音声入力端子です。
工場出荷時はRGB 信号で–10dBu に設定されていま
す。
<LINE4 INPUT COMPONENT/RGB端子>
マイク用の入力端子です。
(HD D-sub 15ピン、凹)
3 MIC5/LINE1 IN, MIC6/LINE2 IN端子
マイク、ライン用の入力端子です。
この入力端子は ql MIC/LINE切り換えボタンで入力レベ
ルを切り換えることができます。マイクレベルが選択され
ると、コンデンサマイクロホン用のDC+48V電源が自動
的に出力されます。
工場出荷時はLINE
(4)に設定されています。
4 LINE3 IN端子
オーディオ機器用の入力端子です。
5 LINE4 INPUT端子
AV機器用の入力端子です。
映像信号は各チャンネルごとにコンポジット信号とSビデ
オ信号、またはコンポーネント信号とRGB信号のいずれ
かをSRP-X700P Managerで設定します。
・ 4A, 4B, 4C入力端子
コンポジット信号、Sビデオ信号の映像入力端子とステ
レオ音声入力端子です。
工場出荷時はCOMPOSITE信号で–10dBuに設定され
ています。
・ 4D, 4E入力端子
コンポーネント信号とRGB信号の映像入力端子と5.1
サラウンド音声入力端子です。
工場出荷時、4D はCOMPONENT 信号で–10dBu 、
4EはRGB信号で–10dBuに設定されています。
8
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
機能
映像入力 R/R-Y
映像入力 G/Y
映像入力 B/B-Y
接地
ピン番号
N.C
接地
接地
接地
9
10
11
12
13
14
15
機能
N.C
接地
N.C
N.C
複合同期信号/水平同期信号
SYNC/HD
垂直同期信号 VD
N.C
6 LINE OUTPUT 1, 2端子
音声出力端子です。
7 LINE OUTPUT 3∼8端子
音声出力端子です。
8 REC OUT端子
音声出力端子です。
主にMD等を接続し録音に使用します。
9 SPEAKERS端子
内蔵パワーアンプ出力端子です。
ハイインピーダンススピーカー
(70V LINE)
も接続できま
す。
(70V LINE時はモノラル出力になります。)
出力する
信号および動作モードはSRP-X700P Managerで選択
します。
工場出荷時、動作モードはLo imp.、
出力する信号はLINE
OUT1、LINE OUT2に設定されています。接続について
は12ページのスピーカーとの接続をご覧ください。
0 映像出力端子
前面のLINE 4 SELECTボタンで選択された映像信号が出
力されます。映像信号方式は変換されません。
・ 5BNC出力端子
RGB信号とコンポーネント信号の出力端子です。
・ VIDEO端子
コンポジット信号の出力端子です。
・ S VIDEO端子
Sビデオ信号の出力端子です。
qa CONTROL S OUTPUT 1∼4 端子
LINE3 IN端子, LINE4 INPUT端子に接続されたAV機器
をリモートコントロールするための端子です。
ご注意
LINE3 IN端子に接続されたAV機器は、付属のソフトウェア
User Control Panelからは操作できません。
ソニー製 DVD/VTR/CD/MD/ オーディオ用 CD-R の再
生、停止、早送り、巻き戻し等の基本操作ができます。ま
た各端子ごとに接続方法をワイヤード接続かワイヤレス接
続かをSRP-X700P Managerにて選択します。
qs PROJECTOR CONTROL端子
映像出力端子に接続されたプロジェクターやプラズマディ
スプレイを制御する端子です。
工場出荷時はRS-232C接続でVPL-FX50を使用する設定
がされています。
・ RS-232C端子
RS-232C 端子を装備したプロジェクターやプラズマ
ディスプレイをRS-232Cで制御する端子です。
・ CONTROL S IN/OUT端子
RS-232C端子をもたないプロジェクターをCONTROL
Sで制御する端子です。
CONTROL S OUT端子を使用し、プロジェクターを
操作する場合はコンポーネント信号とRGB信号の混在
使用はできません。
qd REMOTE PARALLEL端子
INPUT 12本、OUTPUT 10本のパラレルリモート端子です。
INPUTは外部からの本機の制御、OUTPUTは本機からの
外部機器のリモートコントロールに使用します。各端子の
機能は付属のソフトウェア SRP-X700P Managerによ
り選択します。
qf REMOTE RS-232C端子
RS-232Cのリモート端子です。
外部のコントローラーなどを接続し、本機をリモートコン
トロールします。
qg REMOTE USB端子
付属のソフトウェア( SRP-X700P Manager 、User
Control Panel)をインストールしたコンピューターと接
続するための端子です。
ただし、前面のUSB端子を使用中は、前面のUSB端子が
優先されます。
qh ANT IN端子
ワイヤレスチューナー用のアンテナ入力端子です。
UHFアンテナはAN-820(別売)を接続してください。
この端子はアンテナのブースター用電源9Vを出力してい
ます。上記以外のアンテナを接続するとうまく動作しな
かったり、故障の原因となることがあります。
ご注意
アンテナの設置・接続は、アンテナに付属の取扱説明書をよくお
読みのうえ、おこなってください。
アンテナの設置が不適当な場合、音声が途切れるなどの受信不良
の原因となることがあります。特にアンテナ取付後、取付場所の
変更が容易にできない場合は、事前に充分な動作確認をおこなっ
たうえで取り付けてください。
接続にはインピーダンス50Ωの同軸ケーブルをお使いください。
5D-FBで約50mまで配線できます。5C-2Vなど75Ω系のものは
配線長が半減したり、トラブルの原因になることがあります。
雑音が発生するときは
設置場所によっては、外来雑音や妨害電波などの影響で雑音が発
生し、使用できないチャンネルが生じることがあります。
このような場合は、使用チャンネルを設定するときに、ワイヤレ
スマイクロホンやトランスミッターの電源を OFF にしたまま
チューナーユニットのチャンネルを切り換え、RFインジケーター
が点灯していないチャンネル
(雑音や妨害電波の影響を受けていな
いチャンネル)
を選択して使用してください。ワイヤレスマイクロ
ホンやトランスミッター側も、同じチャンネルに設定してくださ
い。
qj AC IN端子
付属の電源コードを接続します。
qk +48Vボタン
MIC INPUT1 ∼4 端子にコンデンサマイクロホン用の
DC+48V電源を供給するボタンです。このボタンをON
($)にするとDC+48Vが出力されます。
工場出荷時はOFF
(4)に設定されています。
ql MIC/LINE切り換えボタン
MIC5/LINE1 IN, MIC6/LINE2 IN端子の入力レベルを
切り換えるボタンです。(P.19参照)
また、このボタンを
(+48V)
MIC($)にすると、コンデン
サマイクロホン用のDC+48V電源が自動的に出力されま
す。
工場出荷時はLINE(4)に設定されています。
ご注意
・qk+48VボタンとqlMIC/LINE切り換えボタンは誤操作防止の
ため、リアパネル面より押し込んだ状態がONになります。
・ケーブルを抜き挿しする場合や、+48Vボタン、MIC/LINE切
り換えボタンなどを切り換えるときは、必ずインプットフェー
ダーを全て絞るか、電源OFFの状態でおこなってください。
w; CIRCUIT BREAKER
本機の電源に過大な電流が流れた時、サーキットブレー
カーが作動し、電源を切ります。
サーキットブレーカーが作動したら、お買い上げ店または
添付の
「ソニー業務用製品ご相談窓口のご案内」
にあるお近
くのサービス窓口にご相談ください。
9
本機からディスプレイ機器を制御するには
本機に対応するプロジェクターについては、別紙「プロジェクター対応一覧表」をご覧ください。
PROJECTOR CONTROL RS-232C端子
プロジェクターやプラズマディスプレイをRS-232C端子に接続するには
本機の動作に連動してプロジェクターやプラズマディスプレイの電源ON/STANDBYと入力信号の切り換えをおこないます。
<SRP-X700P側>
<ソニー製プロジェクター/プラズマディスプレイ側>
(D-sub 9ピン、凸)
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
信号
FG
RD
TD
ER
SG
DR
RS
CS
N.C
(D-sub 9ピン、凹)
機能
フレーム接地
受信データ
送信データ
未接続
信号線グランド
未接続
未接続
未接続
未接続
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
信号
FG
RX DA
TX DA
DTR
GND
DSR
RTS
CTS
RI
機能
フレーム接地
受信データ
送信データ
データ端末レディ
接地
データセットレディ
送信要求
送信許可
被呼表示
PROJECTOR CONTROL CONTROL S IN/OUT端子
本機の動作に連動してプロジェクターの電源ON/STANDBYと入
力信号の切り換えは、自動的におこなわれます。この場合、RGB
信号とコンポーネント信号の混在使用はできません。
また、CONTROL S IN端子にプロジェクター付属のワイヤード
リモコンを接続することで、本機を通してプロジェクターの設定
等をおこなうことができます。
電源供給の関係上、接続はステレオミニプラグ付きコードを製作し
てご使用ください。ワイヤードリモコンを電池でお使いの場合は、
ミニプラグ付きコードをご使用ください。
<SRP-X700P>
CONTROL S
リモコン
PROJECTOR
プロジェクター
IN
OUT
本機を外部から制御するには
ご注意
USB端子およびREMOTE USB端子はSRP-X700P ManagerとUser Control Panel から本機を制御するための専用端子です。
REMOTE RS-232C端子
外部コントローラーから本機を制御するための端子です。
端子形状
電気的仕様
推奨ケーブル
ケーブル長
:D-sub 9ピン、凸 インチネジタイプ
:RS-232C規格準拠
:データ通信用多芯シールドケーブル
:15m以下
通信フォーマット ボーレート
:9600bps
ビット長
:8ビット
ストップビット :1ビット
パリティー
:ODD
(奇数)
ご注意
コンピューターと接続するときにはクロスケーブルを用いてください。
10
ピン番号
信号
機能
1
2
3
4
5
6
7
8
9
FG
RD
TD
ER
SG
DR
RS
CS
N.C
フレーム接地
受信データ
送信データ
未接続
信号線グランド
未接続
未接続
未接続
未接続
REMOTE PARALLEL端子
外部に簡単な回路を接続することにより、リモートコント
ロールをおこなうための端子です。
端子形状
推奨ケーブル
:D-sub 25ピン、凹 :データ通信用多芯シールドケーブル
ケーブル長
:50m以下
INPUT端子
各端子の機能は付属ソフトSRP-X700P Managerの
REMOTE画面からPARALLEL INPUT FUNCTION設定
ボックスで設定します。
図のような可変抵抗器を接続することにより0∼−∞dBの範
囲で全てのフェーダーやボリュームのリモートコントロール
が可能です。
(D-sub 25ピン、凹)
ピン番号
<入力回路の例>
SRP-X700P
入力端子
(2∼13番)
0dB
GND
(1, 14, 25番)
–∞dB
10kΩ
Bカーブ
可変抵抗器
メイク接点により下記の操作が可能です。
・ LINE4の入力選択
・ ミューティング
・ シーンリコール
SRP-X700P
入力端子
(2∼13番)
(Up/Down)
・ 音量調整
・ CONTROL S端子に接続されているAV機器の制御
・ プロジェクターの電源ON/STANDBY
OUTPUT端子
各ピンのON条件は下記より選択できます。
・ LINE4の入力セレクターの状態
・ OVER 、−∞インジケーターの点灯
・ シーンリコールボタンのON
・ プロジェクターの電源ON/STANDBY命令の発生
GND
(1, 14, 25番)
1
GND
2
INPUT1
3
INPUT2
4
INPUT3
5
INPUT4
6
INPUT5
7
INPUT6
8
INPUT7
9
INPUT8
10
INPUT9
11
INPUT10
12
INPUT11
13
INPUT12
14
GND
15
OUTPUT1
16
OUTPUT2
17
OUTPUT3
18
OUTPUT4
<出力回路の例>
19
OUTPUT5
SRP-X700P
20
OUTPUT6
21
OUTPUT7
22
OUTPUT8
23
OUTPUT9
24
OUTPUT10
25
GND
40mA MAX
←
出力端子
(15∼24番)
LED
GND
ON 条件の選択は付属ソフト SRP-X700P Manager の
REMOTE画面からPARALLEL OUTPUT FUNCTION設
定ボックスで設定します。
機能
24V
MAX
(1, 14, 25番)
ご注意
・出力端子に逆電圧はかけないでください。
・リモート線のシールドおよびGND線を中継板等へ接続しないで
ください。誤動作、ノイズ等の原因となります。
・リモート線は必ず調光器、電動機等を避けて配線してください。
・プロジェクターの電源 O N / S T A N D B Y を操作するとき、
PARALLEL入力端子がONの場合はプロジェクターの電源をオ
ンに、OFFの場合はプロジェクターの電源をスタンバイにしま
すので、オルタネイト形のスイッチをお使いください。
11
本機からAV機器を制御するには
CONTROL S OUTPUT1∼4端子に接続しているソニー製機器の制御をおこなうことができます。SRP-X700P Manager上
のMACHINE CONTROLの設定方法および操作可能なファンクションは下表のとおりです。
ただし、付属のソフトウェアSRP-X700P ManagerおよびUser Control Panelでは誤操作防止のため、REC、
POWER ON、
POWER STANDBYをおこなうことができません。
操作
MACHINE
TYPE
対応機器
PREV.
NEXT
STOP
REW.
PLAY
F.F.
PAUSE
REC
POWER ON/
STANDBY
○
○
○
○
○
○
○
—
○
—
—
—
—
—
—
—
—
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
CDプレーヤー
MDレコーダー
オーディオ用CD-R
○
○
○
○
○
○
○
—
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
ブルーレイディスクレコーダー*2
○
○
○
○
○
○
○
—
○
業務用VTR(DVCAMなど)*4
ネットワークプレーヤー*5
○
○
○
○
○
○
○
○
○
—
—
○
○
○
○
○
○
○
DVDプレーヤー
DVDレコーダー*2
DVD*1
VTR1 (Beta)
VTR2 (8mm)
VTR3 (VHS)
VTR4 (DV)
CD
MD
CD-R
Blu-ray Disc*3
Inst. VTR
Cassette Deck
ベータマックス
8mmビデオ
VHSビデオ
デジタルビデオ
*6
カセットデッキ
*1
*2
*3
*4
お使いのデッキのリモコンモードをDVD1に設定してください。
DVDレコーダーおよび、ブルーレイディスクレコーダーのRec機能のコントロールには対応しておりません。
お使いのデッキのリモコンモードをBD1に設定してください。
DSRシリーズのコントロールS端子を用いて制御する場合は、Inst. VTRを選択してください。また、AVマウスVM-50(別売)を用いて制御する場
合は、VTR4
(DV)
を選択してください。
*5 ネットワークプレーヤー(NSP-100)は、プレイボタンワンタッチ再生に設定されたプレイリストのPlay、Pause 、Stopのみが可能です。
*6 ダブルカセットデッキをご使用の場合、デッキBのみコントロール可能です。
コントロールS入力端子をもたないソニー製機器はAVマウス VM-50(別売)
を用いて制御します。
・制御したい機器のリモコン受光部位置を確認し、下図のようにAVマウスVM-50(別売)を両面テープで固定します。
設置条件
正面から見た図
5cm
上面から見た図
VM-50をラックの内側に設置し、発光部
から受光部を10cm程度後ろに下げ、上下
20cm以内で、左右5cm以上離れた位置
発光部
(図の点線部分)
に機器の受光部が来るよう
に設置してください。
受光部
ご注意
10cm
20cm
20cm
5cm
VM-50
制御可能な範囲
発光部と機器の受光部の間に棚板等の遮
蔽物があると赤外線が遮られ、制御でき
なくなります。
機器のフロントパネル側
VM-50
・SRP-X700P ManagerまたはUser Control Panelを操作して、制御できることを確認します。
制御できないときは制御できる位置にAVマウスVM-50を移動してください。
スピーカーとの接続
・ローインピーダンス[Lo imp.]時
本機へのスピーカー接続方法は動作モードによって異な
ります。
70V LINE時はモノラル出力になりますので、スピーカー
の+端子をSPEAKERS CH-1 の+端子(赤色)、スピー
カーの−端子をSPEAKERS CH-2の+端子(赤色)へ接続
します。
・ハイインピーダンス[70V LINE]時
CH-1 –
–
CH-1 –
CH-1 +
+
CH-1 +
CH-2 –
–
CH-2 –
CH-2 +
+
+
インピーダンス
4Ω∼16Ω
CH-2 +
–
インピーダンス
32Ω∼10kΩ
ハイインピーダンス[70V LINE]時に接続できるスピーカーの数は下表のとおりです。
インピーダンス
スピーカー1個あたりに加わる電力
接続可能個数
1kΩ
3.3kΩ
10kΩ
5W
1.5W
0.5W
30
100
300
12
※[ ]内の表記はSRP-X700P Managerで表示
されるものです。
PC 1
CDプレーヤー
DVDプレーヤー
ON
コンポーネント
R
L
REAR
OFF
4
R
L
ON
REAR
OFF
+48V
FRONT
WOOFER
CENTER
AUDIO
WOOFER
CENTER
E
AUDIO
PC 2
ON
+48V
3
MIC INPUT
FRONT
D
RGB
C
COMPONENT/RGB
RGB
5.1chサラウンド
OFF
+48V
ON
OFF
+48V
R
L
2
R
R
B
1
L
A
L
LINE3 IN
S VIDEO
VIDEO
LINE4 INPUT
(+48V)
MIC
LINE
MIC5/LINE1 IN
R
L
F
ANT IN b
DC
9V OUT
35mA MAX
MIC6/LINE2 IN
4
3
OUTPUT
(+48V)
MIC
LINE
2
1
OUT
B/B-Y
SYNC/HD
1
RS-232C
PROJECTOR CONTROL
CONTROL S
IN
G/Y
R/R-Y
CONTROL S
VIDEO
S VIDEO
OUTPUT
2
LINE OUTPUT
VD
4
3
6
5
PARALLEL
8
7
2
1
REC OUT
REMOTE
IMPEDANCE USE 32 -10k
70V LINE
AC IN
電源へ
RS-232C
CH-1
IMPEDANCE USE
4-16
SPEAKERS
CH-2
IMPEDANCE USE
4-16
CIRCUIT
BREAKER
PUSH RESET
・AVマウス VM-50
(別売)は、本体もしくはラック内で受光部を狙える位置に取りつけてください。VM-50の設置については12ページの「本機からAV機器を制御するには」をご覧ください。
・VHS、DVにリモコンモードの切り換えが可能な機種を使用する場合、リモコンモードをVHSはVTR3、DVはVTR4に設定してください。
(CD 、MD は制御できません。)
・本体前面からはVHS 、DV 、DVD の制御はできません。
・本システムはUHFシンセサイザーチューナーユニットWRU-806
(別売)を2台使用します。
・MIC3, 4にエレクトレットコンデンサーマイクロフォンを使用する場合には、該当チャンネルの+48VボタンをONにしてください。
・プロジェクターはVPL-FX51をRS-232C接続して使用します。
USER CONTROL PANEL
USB
・本システムは工場出荷状態のSRP-X700Pを使用し実現できるシステムです。付属のソフトウェアSRP-X700P Managerから設定変更をすることなくご使用いただけます。
・付属のソフトウェアUser Control PanelからVHS、DV、DVDの制御、LINE4 INPUT端子のチャンネル選択、マイクおよびAV機器の音量調整をおこなうことができます。
AVマウス
VHS VTR
MDレコーダー
ANT IN a
DC
9V OUT
35mA MAX
S VIDEO
VIDEO
R/G/B/HD/VD Y/R-Y/B-Y
RS-232C
電源コンセントヘ
フロントスピーカー(R)
パワーアンプ
天井スピーカー
パワーアンプ
センタースピーカー(C) サブウーファー(SW)
パワーアンプ
サラウンドスピーカー(LS) サラウンドスピーカー(RS)
フロントスピーカー(L)
LCD データプロジェクター
システム図
工場出荷設定を使用したシステム例
13
14
PC 1
CDプレーヤー
DVDプレーヤー
ON
コンポーネント
R
L
REAR
OFF
4
R
L
ON
REAR
OFF
+48V
FRONT
WOOFER
CENTER
AUDIO
WOOFER
CENTER
E
AUDIO
PC 2
ON
+48V
3
MIC INPUT
FRONT
D
RGB
C
COMPONENT/RGB
RGB
5.1chサラウンド
OFF
+48V
ON
OFF
+48V
R
L
2
R
R
B
1
L
A
L
LINE3 IN
S VIDEO
VIDEO
LINE4 INPUT
(+48V)
MIC
LINE
MIC5/LINE1 IN
R
L
F
ANT IN b
DC
9V OUT
35mA MAX
MIC6/LINE2 IN
4
3
OUTPUT
(+48V)
MIC
LINE
2
1
OUT
B/B-Y
SYNC/HD
1
RS-232C
PROJECTOR CONTROL
CONTROL S
IN
G/Y
R/R-Y
CONTROL S
VIDEO
S VIDEO
OUTPUT
2
LINE OUTPUT
VD
4
3
6
5
PARALLEL
8
7
I/F
BOX
2
1
REC OUT
REMOTE
IMPEDANCE USE 32 -10k
70V LINE
AC IN
スクリーン
電源へ
RS-232C
CH-1
IMPEDANCE USE
4-16
SPEAKERS
CH-2
IMPEDANCE USE
4-16
CIRCUIT
BREAKER
I/F
BOX
カーテン
・ 特注操作パネル、インターフェースBOX(I/F BOX)については15ページの「REMOTE PARALLEL端子を使った制御例」をご覧ください。
I/F
BOX
外部システムコントローラ
操作端末
USER CONTROL PANEL
USB
RS-232C
PUSH RESET
・ MIC3, 4にエレクトレットコンデンサーマイクロフォンを使用する場合には、該当チャンネルの+48VボタンをONにしてください。
・ AVマウス VM-50
(別売)は、本体もしくはラック内で受光部を狙える位置に取りつけてください。VM-50の設置については12ページの「本機からAV機器を制御するには」をご覧ください。
・ REMOTE PARALLEL出力端子でスクリーン、カーテン、照明等の環境機器を制御する場合は別途インターフェースBOX
(I/F BOX)が必要になります。
DVD等のコンポーネント出力機器はLINE4 INPUT端子の4A∼4C入力を使用しVIDEO又はS VIDEO接続してください。
・ 本システムはUHFシンセサイザーチューナーユニットWRU-806
(別売)を2台使用します。
・ 3通りの方法(User Control Panel、特注操作パネル、外部システムコントローラー)で本機をリモートコントロールできます。
・ 外部システムコントローラーから本機に対しコマンドを送信することにより、SRP-X700P本体およびSRP-X700Pに接続された機器をコントロールできます。
(システムコントローラー用のソフトウェアは別途必要となります。)
・ コントロールSで制御するプロジェクターを使用する場合、RGB信号機器とコンポーネント信号機器を混在使用することはできません。
AVマウス
VHS VTR
MDレコーダー
ANT IN a
DC
9V OUT
35mA MAX
特注操作パネル
RS-232C or CONTROL S
S VIDEO
VIDEO
R/G/B/HD/VD Y/R-Y/B-Y
電源コンセントヘ
フロントスピーカー(R)
照明
パワーアンプ
天井スピーカー
パワーアンプ
センタースピーカー(C) サブウーファー(SW)
パワーアンプ
サラウンドスピーカー(LS) サラウンドスピーカー(RS)
フロントスピーカー(L)
LCD データプロジェクター
システム図
特注操作パネル・環境機器等を接続したシステム例
REMOTE PARALLEL端子を使った制御例
SRP-X700PのREMOTE PARALLEL端子の工場出荷時の設定は、以下のような特注操作パネルを想定してあります。
VHS
START
Camera
Stand LINE4C
DVD
PC1
PC2
MIC
AV
FINISH
EMG STOP
STARTボタン(SCENE No.1リコール):OUTPUT7,9をONにしてスクリーンを下ろし、カーテンを閉め、照明を暗くしてプレゼンテーションを開始します。
FINISHボタン(SCENE No.2リコール):OUTPUT8,10をONにしてスクリーンを上げ、カーテンを開け、照明を明るくしてプレゼンテーションを終了します。
EMG STOPボタン(SCENE No.3リコール):OUTPUT7∼10をOFFにしてスクリーン、カーテンの動作を停止、照明を明るくします。
セレクタ部:LINE4 INPUT端子のA∼F入力を切り換えます。
MICボリューム:マイクの音量を調整します。
AVボリューム:AV機器の音量を調整します。
SRP-X700P REMOTE PARALLEL端子
D-Sub 25pin
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
端子名
GND
INPUT1
INPUT2
INPUT3
INPUT4
INPUT5
INPUT6
INPUT7
INPUT8
INPUT9
INPUT10
INPUT11
INPUT12
GND
OUTPUT1
OUTPUT2
OUTPUT3
OUTPUT4
OUTPUT5
OUTPUT6
OUTPUT7
OUTPUT8
OUTPUT9
OUTPUT10
GND
特注操作パネル
機能名
GND
VHS選択
CAMERA選択
LINE4C選択
DVD 選択
PC1選択
PC2 選択
START
FINISH
EMG STOP
MIC音量
AV機器音量
VHS VTR選択ボタン
書画カメラ選択ボタン
LINE4C入力選択ボタン
DVD選択ボタン
PC 1選択ボタン
PC 2選択ボタン
START(プレゼンテーション開始)ボタン
FINISH(プレゼンテーション終了)ボタン
緊急停止ボタン
マイク音量(10KΩ Bカーブ使用)
AV機器音量(10KΩ Bカーブ使用)
40mA以下
GND
VHS選択タリー
DV選択タリー
CAMERA選択タリー
DVD選択タリー
PC1選択タリー
PC2選択タリー
スクリーン降
スクリーン昇
カーテン閉/照明 暗
カーテン開/照明 明
GND
VHS VTR選択LED
DV VTR選択LED
書画カメラ選択LED
DVD選択LED
PC1選択LED
PC2選択LED
LED
DC24V以下
スクリーン降
スクリーン
スクリーン昇 インターフェースBOX
環境機器インターフェースBOXの仕様における注意点
・ REMOTE PARALLEL出力端子はオルタネート動作のオープンコレクタ出力になります。
よってシーンリコール等で環境機器の操作をおこなう場合、環境機器の動作状態に関係
なく出力端子がONし続けますので、上げ止まり、下げ止まり時のモーター停止などは
インターフェースBOXにておこなってください。
・ EMG STOPをおこなうとOUTPUT7∼10の出力端子をOFFにします。
出力端子OFFによりスクリーン、カーテンの動作を停止し、照明を明るくするようイン
ターフェースBOXを製作してください。
カーテン閉
カーテン開
カーテン
インターフェースBOX
照明 暗
照明 明
照明
インターフェースBOX
シーンリコール操作による環境機器の制御例
端 子 名
OFF
ON
OFF
OUTPUT 8,10
ON
OUTPUT 7,9
環境機器 スクリーン カーテン 照明
昇
開
停止 降
閉
EMG STOP
(SCENE No.3 リコール)
明
明
暗
電源投入
START
(SCENE No.1 リコール)
FINISH
(SCENE No.2 リコール)
START
(SCENE No.1 リコール)
15
工場出荷設定値
INPUT
AUTOMATIC MIXER SETUP
項目
TRIM
LCF
初期設定値
MIC1 - MIC4
MIC5/LINE1,MIC6/LINE2
LINE3,LINE4A - 4F
MIC1 - MIC4
MIC5/LINE1,MIC6/LINE2
PEQ
FR
COMP
MUTING
GAIN LIMIT
INPUT FADER
バンド1
MIC1∼MIC4
MIC5/LINE1,
MIC6/LINE2
PEQ
FREQ
バンド3
バンド1
Q
バンド2
バンド3
GAIN
FREQ
LINE3,LINE4
PEQ
バンド2
バンド1∼3
バンド1
バンド2
バンド1
Q
バンド2
GAIN
バンド1,2
–50dBu
+4dBu
0dBu
ON
OFF
OFF
OFF
SOFT
OFF
+10dB
0dB
63Hz
2.5kHz
20kHz
1.0
1.5
0.47
0dB
63Hz
20kHz
1.0
0.47
0dB
ROUTING
MIC1/WL1
MIC2/WL2
MIC3
MIC4
MIC5/LINE1
MIC6/LINE2
L
R
L
A・B・C・F
R
L
LINE4
C
D・E
R
SW
LS
RS
LINE3
SP OUT
16
CH1
CH2
ROUTING
LINE OUT1,LINE OUT2
LINE OUT7,LINE OUT8,REC OUT1,REC OUT2
LINE OUT1,LINE OUT2
LINE OUT7,LINE OUT8,REC OUT1,REC OUT2
LINE OUT1,LINE OUT2
LINE OUT7,LINE OUT8,REC OUT1,REC OUT2
LINE OUT1,LINE OUT2
LINE OUT7,LINE OUT8,REC OUT1,REC OUT2
LINE OUT1,REC OUT1
LINE OUT2,REC OUT2
LINE OUT1
LINE OUT2
LINE OUT1,REC OUT1
LINE OUT2,REC OUT2
LINE OUT1,REC OUT1
LINE OUT5
LINE OUT2,REC OUT2
LINE OUT6
LINE OUT3
LINE OUT4
ROUTING
LINE OUT1
LINE OUT2
MIX LEVEL
–20dB
0dB
–20dB
0dB
–20dB
0dB
–20dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
0dB
ATT LEVEL
–10dB
–10dB
項目
ON/OFF
DEFAULT/EDIT
初期設定値
ON
DEFAULT
THRESHOLD
–3dB
RATIO
3:1
COMPRESSOR
ATTACK
22ms
RELEASE
100ms
THRESHOLD
–30dB
INPUT
GATE
HOLD
1000ms
AUTOMATIC
RELEASE
470ms
MIXER
NOM
OFF
ONLY ONE
OFF
LAST ON
OFF
SELECT
MIC1-MIC6/LINE2 ON
THRESHOLD
+10dB
LIMITER
ATTACK
0.47ms
OUTPUT
RELEASE
100ms
OUTPUT1-REC OUT2 ON
SELECT
OUTPUT
REMOTE
項目
REF LEVEL
初期設定値
OUTPUT1,OUTPUT2
OUTPUT3 - OUTPUT8
REC OUT1,REC OUT2
HCF
EQ
DELAY
MUTING
GAIN LIMIT
OUTPUT FADER
バンド1
バンド2
バンド3
バンド4
バンド5
OUTPUT1,
OUTPUT2
EQ
FREQ
バンド6
バンド7
バンド8
バンド9
バンド10
バンド11
Q
GAIN
HCF
バンド1 - 11
バンド1 - 11
バンド1
FREQ
OUTPUT3 OUTPUT8
EQ
バンド2
バンド3
バンド4
バンド1
Q
バンド2,3
バンド4
GAIN
HCF
MODE
SPEAKER
OUTPUT
SELECT
ATT
バンド1 - 4
CH1
CH2
CH1
CH2
+4dBu
–5dBu
–5dBu
OFF
OFF
0ms
OFF
+10dB
0dB
25Hz
40Hz
80Hz
160Hz
315Hz
630Hz
1.25kHz
2.5kHz
5kHz
10kHz
20kHz
1.5
0dB
OFF
63Hz
250Hz
2.5kHz
20kHz
1.0
1.5
0.47
0dB
OFF
Lo Imp.
OUTPUT 1
OUTPUT 2
15dB
15dB
項目
PARALLEL I/O
MACHINE
CONTROL
PROJECTOR
CONTROL
初期設定値
INPUT1
INPUT2
INPUT3
INPUT4
INPUT5
INPUT
INPUT6
INPUT7
INPUT8
INPUT9
INPUT10
INPUT11
INPUT12
OUTPUT1
OUTPUT2
OUTPUT3
OUTPUT4
OUTPUT
OUTPUT5
OUTPUT6
OUTPUT7
OUTPUT8
OUTPUT9
OUTPUT10
MACHINE TYPE
LINE3
CTRL S OUTPUT CH
MACHINE TYPE
LINE4A
CTRL S OUTPUT CH
MACHINE TYPE
LINE4B
CTRL S OUTPUT CH
MACHINE TYPE
LINE4C
CTRL S OUTPUT CH
MACHINE TYPE
LINE4D
CTRL S OUTPUT CH
LINE4E,
MACHINE TYPE
LINE4F
CTRL S OUTPUT CH
CH1
CONNECTION CH2
TYPE
CH3
CH4
I/F TYPE
PROJECTOR PROTOCOL
REMOTE POWER ENABLE
LINE4A - LINE4C
INPUT VIDEO
LINE4D
TYPE
LINE4E,LINE4F
AV SEL A
AV SEL B
AV SEL C
AV SEL D
AV SEL E
AV SEL F
RECALL 1
RECALL 2
RECALL 3
LVL Master A
LVL Master B
NONE
AV SEL A
AV SEL B
AV SEL C
AV SEL D
AV SEL E
AV SEL F
RECALL 1
RECALL 2
RECALL 1
RECALL 2
MD
1
VTR3(VHS)
2
NONE
1
NONE
1
DVD
2
NONE
1
WIRED
IR
WIRED
WIRED
RS-232C
VPL-FX51/50
ON
VIDEO
COMPONENT
RGB
GROUP FADER
項目
初期設定値
MASTER A
MASTER B
REMOTE1 - REMOTE6
MIC1/WL1,MIC2/WL2,MIC3,MIC4
MIC5/LINE1,MIC6/LINE2,LINE3,LINE4
アサインなし
17
18
A
B
C
D
LINE 4
S VIDEO IN
LINE4
COMPONENT
/RGB IN
F
E
A
B
C
LINE 4
VIDEO
IN
LINE 4D, 4E
RL/RR/C/W
LINE 4A
|
4F
LINE 3
MIC5/LINE1
MIC6/LINE2
MIC 3,4
ANT a,b
MIC 1,2
+48V
LINE
+48V
TUNER
SLOT
WL1,2
+48V
A/D
TRIM
TRIM
TRIM
TRIM
SIGNAL
SIGNAL
SIGNAL
SIGNAL
INPUT
SELECTOR
A/D
A/D
A/D
RF IND.
TRIM
LCF
LCF
LCF
A/D
FR
FR
FR
SIGNAL
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
-
∞
MUTING FADER
MUTING FADER
-
MUTING FADER
OVER
GAIN
LOCK
REMOTE
USB
RS-232C
MUTING
AUTOMATIC
MUTING FADER
MIXER
MUTING FADER 14IN 10OUT
MUTING FADER
MUTING FADER
COMPONENT
/RGB OUT
S VIDEO
OUT
VIDEO
OUT
2BAND
PEQ
2BAND
PEQ
COMP
COMP
COMP
OVER
GAIN
4BAND
PEQ
11BAND
PEQ
∞
ATT
D/A
0/-5/-10
0/-5/-10
+4/0/-5/-10
+
CLIP
PROTECTION
REC OUT
LINE
OUT 3-8
LINE
OUT 1,2
SP OUT
1,2
USB(REAR)
USB (FRONT)
CTRL S OUT
1,2,3,4
PROJECTOR
CTRL S OUT
PROJECTOR
CTRL S IN
PARALLEL
REMOTE
RS-232C for external
system controller
RS-232C for
projector control
D/A
D/A
D/A
POWER
AMP
OUTPUT
LEVEL
LEVEL
METER
MODE
70V LINE
MAIN CPU
DELAY
DELAY
SELECTOR
MUTING
ブロックダイヤグラム
主な仕様
AUDIO入出力
入力
端子形状
回路
チャンネル
基準入力レベル
最大入力レベル
インピーダンス
MIC 1/WL 1,
MIC 2/WL 2,
MIC 3,MIC 4
XLR-3-31type* 平衡
モノラル
–60∼–45dBu
–37∼–22dBu
2.2kΩ以上
MIC 5/LINE 1
MIC 6/LINE 2
XLR-3-31type* 平衡
モノラル
–60∼–45dBu
–10∼+4dBu
–37∼–22dBu
+10∼+24dBu
2.2kΩ以上(MIC時)
10kΩ以上(LINE時)
–10∼0dBu
–10∼0dBu
–10∼0dBu
+10dBu
+10dBu
+10dBu
10kΩ以上
10kΩ以上
10kΩ以上
ピン
LINE 3
LINE 4(A B C F) ピン
ピン
LINE 4(D E)
出力
LINE OUT 1-2
LINE OUT 3-8
REC OUT 1-2
不平衡
ステレオ
不平衡
ステレオ
不平衡
ステレオ/5.1サラウンド
端子形状
回路
チャンネル
XLR-3-32type* 平衡
モノラル
ピン
不平衡
モノラル
ピン
不平衡
モノラル
基準出力レベル
最大出力レベル
–10/–5/0/+4dBu
–10/–5/0dBu
–10/–5/0dBu
負荷インピーダンス
600Ω以上
10kΩ以上
10kΩ以上
+24dBu
+15dBu
+15dBu
* 1番ピン:GND 2番ピン:HOT 3番ピン:COLD
SPEAKER出力
出力
CH 1
CH 2
70V LINE
端子形状
ネジ式ターミナル
インピーダンス
最大出力
4Ω∼16Ω
4Ω∼16Ω
32Ω∼10kΩ
150W+150W(8Ω, JEITA)
200W+200W(4Ω, JEITA)
150W(32Ω, JEITA)
ATT0dB時、出力信号レベル0VUで150W+150W(8Ω)出力
VIDEO/RGB入出力
入力
端子形状
LINE 4(A B C)
LINE 4(D E F)
信号形式
レベル
インピーダンス
MINI Din
Composite
Y/C
1Vp-p(75Ω)
75Ω
1Vp-p(Y)/0.286Vp-p(C) 75Ω
HD D-sub 15-pin
Component / RGB
0.7Vp-p(映像信号)
1∼5V(同期信号)
ピン
出力
端子形状
信号形式
75Ω(映像信号)
47kΩ(同期信号入力)
レベル
インピーダンス
75Ω(映像信号)
47kΩ(同期信号入力)
R/R-Y,G/Y,B/B-Y,
SYNC/HD,VD
BNC
Component / RGB
0.7Vp-p(映像信号)
1∼5V(同期信号)
S VIDEO
VIDEO
MINI Din
BNC
Y/C
Composite
1Vp-p(Y)/0.286Vp-p(C) 75Ω
1Vp-p
75Ω
AUDIO
周波数特性
REMOTE
20Hz∼20kHz±0.5dB
(LINE OUT 、1kHz 基準)
全高調波歪み率
0.01%以下(LINE OUT、1kHz)
S/N比
94dB以上(LINE 3 、LINE 4、IHF-A )
クロストーク
–85dB以下
PROJECTOR CONTROL
RS-232C
CONTROL S IN/OUT ミニジャック
REMOTE
PARALLEL I/O
( LINE 、Ch 間、 1kHz 、入力ショート)
IN
入力換算雑音レベル –124dBu以下
入力パルス幅 : 100msec以上
0dBu = 0.775V
OUT
オープンコレクタ出力
耐電圧 : +24V以下
VIDEO/S VIDEO
最大シンク電流 : 40mA
50Hz∼10MHz
COMPONENT/RGB
周波数特性
D-sub 25ピン(凹)
メーク接点入力
Logic : C-MOS LEVEL アクティブL
(–60dBu 、入力150Ω終端、IHF-A)
周波数特性
D-sub 9ピン(凸)
50Hz∼150MHz
480p 、1080i 、
1280×1024 60Hz(SXGA)対応
RS-232C
D-sub 9ピン(凸)
USB(フロント/リア) TYPE-B
その他
ANT IN端子
BNC DC+9Vを給電
+48V電源
MIC1∼6 XLR端子へ給電
(MIC1∼4は+48VボタンがON時、
MIC5, 6はMICレベル設定時のみ)
19
一般
本機は「高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 適合品」です。
電源
AC100V 、50/60Hz
消費電力
230W
外形寸法
482×132×350mm(幅/高さ/奥行き)
携帯通信機器による電磁波障害を防止するために
引き起こしたり、映像、音声などに影響を与えることがありま
突起部含まず
質量
約13kg
動作温度
0℃∼40℃
携帯電話などの通信機器を本機の近くで使用すると、誤動作を
す。本機の近くでは、携帯通信機器の電源はできるだけ切って
ください。
保存温度
–20℃∼60℃
付属品
電源コード(1)、フット
(4)、CD-ROM
(1)、
取扱説明書(1)、
WRU-806チャンネル設定方法(1)、保証書(1)、
ソニー業務用製品ご相談窓口のご案内(1)
別売アクセサリー
UHFアンテナ AN-820
UHFシンセサイザーチューナーユニット WRU-806
AVマウス(赤外線発光ユニット)VM-50
仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありますが、
ご了承ください。
4
350
25
寸法図
3
482
単位:mm
430
20
132
*図はフットを装着した状態です。
故障かな?と思ったら
サービス窓口にご相談になる前に下記の項目をもう1度チェックしてみてください。それでも具合の悪いときは、ソニーのサービ
ス窓口にご相談ください。
付属のソフトウェア SRP-X700P Managerを起動して本体の設定を確認してください。それでも解決できないときは以下の
項目をチェックしてください。
原因/対処
症状
電源が入らない
・ 電源コードが抜けている。
→ 電源コードをAC IN端子とコンセントに奥までしっかり差し込んでください。
音が出ない
・ インプットフェーダーが下がっている。
→ インプットフェーダーを上げてください。
・ マスターボリュームが下がっている。
→ マスターボリュームを上げてください。
・ ROUTINGの設定が適切でない。
→ SRP-X700P Managerで正しく設定してください。
マイクの音が出ない
・ MIC/LINE切り換えボタンがLINEになっている。
音が歪む ・ MIC5/LINE1 IN, MIC6/LINE2 IN端子にLINE機器を接続してMIC/LINE切り換え
→ MIC/LINE切り換えボタンをMICにしてください。
ボタンがMICになっている。
→ MIC/LINE切り換えボタンをLINEにしてください。
映像が出ない
・ 映像入力信号の設定が適切でない。
RS-232Cで本機をコントロール
・ ケーブルの結線方法が本機の仕様に合っていない。
できない
・ RS-232Cの各パラメーター設定が本機の仕様に合っていない。
→ 映像入力信号を正しく設定し直してください。
→「REMOTE RS-232C端子」
(10ページ)に従って接続してください。
PROTECTIONインジケーター
が点灯している
・ 故障によりDC
(直流電圧)がSPEAKER端子に現れた場合。
→ POWER(電源)ボタンをOFFにしてください。
・ アンプ内部の放熱器の温度が規定値を超えた場合。
接続したスピーカーのインピーダンスが低すぎる。
→ POWER(電源)
ボタンをOFFにして、適正なインピーダンスのスピーカーに接
続し直してください。
空気吸排気孔(本機左右側面)がほこりによりふさがれている。
→ 掃除機などでほこりを取り除いてください。
・ SPEAKER端子がショートしている。
→ POWER(電源)ボタンをOFFにして、ショートの原因を取り除いてください。
保証書とアフターサービス
保証書
保証期間中の修理は→
・ この製品には保証書が添付されていますので、お買い上げ
の際お受け取りください。
・ 所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、大切に
保存してください。
保証書の記載内容に基づいて修理させていただきます。
詳しくは保証書をご覧ください。
アフターサービス
保証期間経過後の修理は→
修理によって機能が維持できる場合は、ご要望により有料修
理させていただきます。
調子が悪いときはまずチェックを→
この説明書をもう1度ご覧になってお調べください。
ご相談になるときは、次のことをお知らせください。
・ 型名:SRP-X700P
それでも具合の悪いときは→
・ 故障の状態:できるだけ詳しく
・ 購入年月日:
お買い上げ店、または添付の
「ソニー業務用製品ご相談窓口の
ご案内」にあるお近くのサービス窓口にご相談ください。
21
〒108-0075 東京都港区港南1-7-1
Printed in Japan
この説明書は再生紙を使用しています。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement