HSQT2-93A

HSQT2-93A
計測システムの総合メーカ 高速マルチAC
トランスデューサ
HSQT2-93A
電力制御に適した高速応答をマルチで実現
1
DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
http://www.daiichi-ele.co.jp/
高速マルチACトランスデューサ HSQT2-93A
■概要
本製品は、電力制御に適した高速応答用のマルチACトランスデューサです。
電力系統の1回路と接続することで、電流
(各相電流の平均値)
・電圧
(三相3線:各線間電圧の平均値、
三相4線:各相電圧の平均値)・電力・無効電力・周波数計測のアナログ出力が可能です。
■特長
● 120×120×130mm、約800gで小形軽量
● DINレール取付対応
● 電力、無効電力、周波数の計測レンジ選択切替付き
● 応答時間が高速
(電流、電圧、電力、無効電力:入力1周期+10ms以内/99%、周波数:1秒以下/99%)
● 電圧計測は基本波実効値演算方式
ガス対策品が製作可能
● オプションで、硫化水素(H2S)
● 補助電源DC24V品はCEマーキング適合品
(補助電源AC85∼253V、DC80∼143V品はCEマーキングに適合していません)
● RoHS指令適合品
HSQT2-93A
(1 2 0 ×1 2 0 ×1 3 0 m m )/ 8 0 0 g
■形名
・HSQT2-93A-5-33-1
(三相3線用)
・HSQT2-93A-5-34-1
(三相4線用) ■仕様コード
入力仕様
A
①
記
①電流入力
号
1 0∼5A(50/60Hz)
2 0∼1A(50/60Hz)
出力要素仕様
出力仕様 補助電源仕様
V
② 0−11110100− ③
②電圧入力
( )内は三相4線時
0∼150V(0∼150/√3V)
1
(50/60Hz)(1)
記
号
注(1)定格電圧は110V
(110/√3 V)です。
● 出力要素仕様
(仕様コードは上記の通り固定となります)
本製品の出力要素は
(1)
電流
(各相電流の平均値)
、
(2)
電圧
(三相
3線:各線間電圧の平均値、三相4線:各相電圧の平均値)
(3)
電
力、(4)無効電力、(5)周波数の5要素となります。
記
号
3
4
5
8
9
B
−
④
③A、V、W、var、Hz
出力信号
0∼5V (600Ω以上)
0∼10V (2kΩ以上)
1∼5V (600Ω以上)
±5V
(600Ω以上)
±10V (2kΩ以上)
4∼20mA(550Ω以下)
記
号
④補助電源
1
AC85∼253V(50/60Hz)
(定格電圧 100/110V、200/220V)
DC80∼143V(定格電圧 100/110V)
交流直流両用
2
DC24V ±15% CEマーキング適合品
■定格
項 目
入力
定 格
三相3線:AC100V、110V、115V、120V ご指定 50/60Hz
電 圧
入力消費VA:0.25VA以下
三相4線:AC100/√3V、110/√3V、115/√3V、120/√3V ご指定 50/60Hz
電 流 AC 5A または 1A ご指定 50/60Hz
入力消費VA:0.1VA以下
AC100/110V、200/220V
(AC85∼253V)50/60Hz 13VA
DC100/110V
(DC80∼143V)10W以下 交流直流両用、または DC24V
(±15%)10W以下 ご指定
アナログ出力5点
(電流、電圧、電力、無効電力、周波数)出力相互間は非絶縁
補助電源
出力
■仕様・性能
項 目
準拠規格
CE適合指令
安全
許容差
温度の影響
測定値更新時間
応答時間
出力信号のリプル
電源瞬断許容時間
電源突入電流
出力信号の外部調整
移動平均回数設定
2
製品一覧へ
仕 様
交流入力トランスデューサ JIS C 1111:2006
[ IEC 60688:1992、Amendment 1(1997)
、Amendment 2(2001)
]
電磁両立性指令(EMC指令)2004/108/EC
(補助電源DC24V仕様のみ適合)
低電圧指令 73/23/EEC
(補助電源DC24V仕様のみ適合)
JIS C 1010-1:2005(IEC 61010-1:2001)
測定カテゴリⅢ(建造物設備で行われる測定に対するカテゴリ)最大使用電圧300V
汚染度 2(通常、非導電性の汚染だけが発生する程度。ただし、場合によっては結露に起因する一時的な導電性が発生する)
±0.5%
(出力スパンに対する百分率誤差)
使用グループⅠ(屋内用で、研究室、工場などで一般にみられる条件下で、その装置が注意して取り扱われる場所で使用)
10∼35℃で階級指数内、0∼45℃で階級指数の2倍以内、−10∼+55℃で階級指数の3倍以内
5ms
ステップ入力を加えた時、出力信号が最終の静止値の±1%に納まる時間:
[A, V, W, var]移動平均なし:入力1周期+10ms以内 [Hz]1秒以下
移動平均 2回:入力1周期+15ms以内
移動平均 3回:入力1周期+20ms以内
出力スパンに対し1% p-p以下
20ms
AC110V:05.5A以下
(時定数:10ms以下)
AC220V:11.0A以下
(時定数:10ms以下)
DC110V:04.0A以下
(時定数:10ms以下)
DC24VV:06.5A以下
(時定数:10ms以下)
前面スイッチによるBIAS、MAX調整。調整範囲:出力スパンに対して±5%
A、V、W、varの移動平均回数を1
(平均なし)
∼3回に変更できます
前面ディップスイッチS10、S11にて変更可能
DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
http://www.daiichi-ele.co.jp/
1
高速マルチACトランスデューサ HSQT2-93A
■仕様・性能
項 目
仕 様
電気回路一括と外箱
(アース)
間
50MΩ以上 / DC500V
入力、出力、補助電源相互間
アナログ出力相互間は非絶縁(マイナスコモン)
電気回路一括と外箱
(アース)
間
AC2210V
(50/60Hz)5秒間
入力、出力、補助電源相互間
アナログ出力相互間は非絶縁
(マイナスコモン)
電気回路一括
(アナログ出力は除く)と外箱
(アース)間
5kV 1.2/50μs 正負極性 各3回
入力、補助電源間
(出力はアース接続)
JIS C 60068-2-6:1999
(IEC 60068-2-6:1995)
による
振動数範囲:10∼55Hz、振動振幅:0.15mm
(片振幅)
、掃引サイクル数:10回
JIS C 60068-2-27:1995
(IEC 60688-2-27:1972)
による
ピーク加速度:500m/s2
定格電圧の2倍10秒間、1.2倍連続
定格電流の40倍1秒間、20倍4秒間、10倍16秒間、1.2倍連続
定格電圧の1.5倍10秒間、1.2倍連続(AC100/110V、AC200/220V、DC24V)
定格電圧の1.5倍10秒間、1.3倍連続(DC110V)
電圧出力:短絡1秒を10秒間隔で10回、5秒間1回、定格出力負荷の70%連続
電流出力:開放連続、定格出力負荷の130%連続
1250A 8/20μs 正負極性
(1)
振動性サージ電圧
1∼1.5MHz、ピーク電圧:2.5∼3kVの減衰性振動波形を30秒間繰り返し加えた時、誤差±10%以内
(電源回路、電圧回路、電流回路)
(2)
方形波インパルス性ノイズ
1μs、100ns幅のノイズを繰り返し5分間加えた時、誤差±10%以内
電源、電圧回路(ノーマル/コモン) 1.5kV以上
電流回路(コモン)
1.5kV以上
アナログ出力
(誘導)
1.0kV以上
(3)
電波ノイズ
150MHz、430MHz、900MHz帯の電波を5W、1m及び、携帯電話2GHzの電波を0.5mで断続照射
誤差±10%以内
(4)
静電ノイズ
通電時8kVで誤差±10%以内。無通電時10kVで損傷のないこと。コンデンサチャージ方式
外形 :120×120×130mm
[横×縦×奥行]
材質 :ケース 難燃性ABS(V-0)
、端子カバー ポリカーボネート
外観色 :黒色(マンセルN1.5)
端子ねじ:入力、補助電源、アース端子 M4ねじ、出力端子 M3ねじ
質量 :約800g
−10 ∼+55℃、20 ∼ 95% RH 結露しないこと
−25 ∼+70℃
絶縁抵抗
電圧試験
(商用周波耐電圧)
インパルス電圧試験
(雷インパルス耐電圧)
振動
衝撃
入力
過負荷
耐量
補助電源
出力
出力線間サージ
ノイズ耐量
ANSI C37.90a
電力用規格B-402
IEC801-2
構造
使用温湿度範囲
保存温度範囲
■CEマーキング品
(補助電源DC24V仕様のみ適合)
適合規格
・EMC適合規格 EMI
(エミッション) EN61000-6-4 EMS
(イミュニティ)EN61000-6-2
・安全規格
EN61010-1 CATⅢ(最大回路電圧300V)
、汚染度2
■計測レンジ設定
前面のディップスイッチにて電力、無効電力、周波数の計測
レンジを変更することができます。
POWER LINE TRANSDUCER
HIGH SPEED
MU LT I
スケーリング機能(ディップスイッチ)
TYPE HSQT2-93A
出力調整用MAX./OFF/BIAS切替(スライドスイッチ)
ADJUST
S1・ ・ ・ ・ ・ ・ S8 S9 ・ ・ S12
OFF
MAX. BIAS
ON
UP
5 6 7
OFF
DOWN
4
8
3
9
2 1 10
出力調整用要素No.設定(ロータリースイッチ)
OUTPUT NO.
FUNCTION SW[S1∼S9]110V,5A(1A)
S1 S2 S3
0
0
0
0
ディップスイッチ S1
S2
S3
S4 S5
S6 S7
S8 S9 S10 S11 S12
1
OF F(0)
0
0
1
1
0
0
1
0
1
0
W SCALING
S4 S5
var SCALING
S8 S9
0∼1kW(0∼200W)
0
0
0
45∼55Hz
0∼833.3W(0∼166.7W)
0
1
LAG/LEAD 833.3var(LAG/LEAD 166.7var)
0
1
55∼65Hz
0∼750W(0∼150W)
1
0
LAG/LEAD 750var (LAG/LEAD 150var)
1
0
45∼65Hz
0∼500W(0∼100W)
1
1
LAG/LEAD 500var (LAG/LEAD 100var)
LAG/LEAD 1kvar
(LAG/LEAD 200var)
0
Hz SCALING
出力調整用DOWN設定(プッシュスイッチ)
±1kW(±200W)
1
0
1
±833.3W(±166.7W)
1
1
0
±750W(±150W)
1
1
1
±500W(±100W)
ON (1)
出力調整用UP設定(プッシュスイッチ)
電力レンジ設定
S1
S2
S3
0
0
0
入力 110V 5A
( )内は1A定格時
0∼1kW
(0∼200W)
周波数レンジ設定
無効電力計測レンジ設定
入力 110V 5A
移動平均回数設定
S8
S9
周波数
( )内は1A定格時
0
0
45∼55Hz
0
LAG/LEAD 1kvar(LAG/LEAD 200var)
0
1
55∼65Hz
0
0
平均なし
S4
S5
0
S10 S11
移動平均回数
0
0
1
0∼833.3W(0∼166.7W)
0
1
LAG/LEAD 833.3var(LAG/LEAD 166.7var)
1
0
45∼65Hz
0
1
2回
0
1
0
0∼750W (0∼150W)
1
0
LAG/LEAD 750var(LAG/LEAD 150var)
1
1
−
1
0
3回
0
1
1
0∼500W (0∼100W)
1
1
LAG/LEAD 500var(LAG/LEAD 100var)
1
1
−
1
0
0
±1kW
1
0
1
±833.3W (±166.7W)
1
1
0
±750W
(±150W)
1
1
1
±500W
(±100W)
製品一覧へ
(±200W)
DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
http://www.daiichi-ele.co.jp/
● 移動平均回数設定
前面のディップスイッチ
(S10、S11)にて電流、電圧、電力、無効電力の
移動平均回数を変更することができます。
<注意>ディップスイッチの設定変更は、補助電源再投入により有効となります。
2
高速マルチACトランスデューサ HSQT2-93A
3
■出荷時の設定
(標準品でご指定が無い場合)
S12
ディップスイッチ S1
OFF (0)
ON (1)
(2)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(0)
(−)
入力定格 110V、5Aの場合
W計測レンジ 0∼1kW
var計測レンジ LEAD 1∼0∼LAG 1kvar
Hz計測レンジ 45∼55Hz
移動平均回数 平均なし
■外形図
120
13-M4ネジ
65
R
3
注(2)ディップスイッチS12は出荷時の状態にてご使用ください。
(4)
19
(12.5)
130
6
(3)
7
■結線図
注(3)DINレール(高さ15mm)取付の場合です。
(レールはDIN標準35mmをご使用下さい。)
(4)スイッチカバーを開けた時の寸法です。
31
K
1
2
3
CT
L
K
U
V
U
120
92
22-M3ネジ
110
(3)
LOAD
L
V
VT
K
1
2
3
0
CT
L
K
L
K
U
V
U V
U
V
P3
P0
L
LOAD
VT
P1
AUX.
SUPPLY
P2
E
P3
S1(+)
1S 1L
3S 3L
1
2
1
(+) 2
(−)
7
(+) 8
(−)
A
V
P1
AUX.
SUPPLY
S2(−)
3
4
13
15
(+)14(+)16
(−) (−)
W var
OUTPUT
5
P2
E
19
(+)20
(−)
S1(+)
1S 1L
2S 2L
3S 3L
S2(−)
1
2
1
(+) 2
(−)
7
(+) 8
(−)
A
V
3
5
4
13
15
(+)14(+)16
(−) (−)
19
(+)20
(−)
Hz
W var
OUTPUT
Hz
<注意>低圧回路の場合、VT、CTの2次側接地は不要です。また、110Vダイレクトでご使用になる場合、VTは不要です。
安全に関するご注意
・本製品を使用するに当たりましては、専門知識が必要です。取扱説明書を参照の上、正しい取扱をしてください。
・結線は結線図を十分に確認の上、行って下さい。
・活線作業は、禁止して下さい。感電・機械の故障・焼損・火災の原因となります。
■ご注文時のご指定事項
(1)
形名、
(2)
仕様コード、
(3)
数量 形名、仕様コード例 HSQT2-93A-5-33-1 110-11110100-B-1
入力定格AC110V、5A、出力要素:電流、電圧、電力、無効電力、周波数
(5点固定)
アナログ出力4∼20mA、補助電源AC85∼253V/DC80∼143V
計測システムの総合メーカ
DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
本 社
〒121-8639 東京都足立区一ッ家一丁目11番13号
(東京営業所)
03(3885)2411(代)
FAX 営業部03(3858)3966 技術センター03(3850)4004
京都営業所
〒610-0114 京都府城陽市市辺西川原1-19
0774(55)1391(代) FAX 0774(54)1353
千葉事業所
〒298-0134 千葉県いすみ市行川446-1
■第一エレクトロニクス
企画・編集/㈱第一エレクトロニクス <平成21年3月発行>
カタログNo.98-118
印刷/㈱日立アイシーシー
※ カタログ掲載内容については、製品改良のため予告なしに変
更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
0470 (86)3815 FAX 0470(86)3805
URL http://www.daiichi-ele.co.jp/
環境に配慮した大豆油インキを使用しています
4
製品一覧へ
DAIICHI ELECTRONICS CO.,LTD.
http://www.daiichi-ele.co.jp/
高速マルチACトランスデューサ HSQT2-93A
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement