立地分析のための分布地図表現

立地分析のための分布地図表現
立地分析のための分布地図表現
一分布地図作成支援システムの構築−
D
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nMapApproacht
oG
e
o
g
r
a
p
h
i
c
a
lA
n
a
l
y
s
e
s
ーI
m
p
l
e
m
e
n
t
a
t
i
o
no
fAS
u
p
p
o
r
tSystemf
o
rDrawingD
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nMaps-
中島高司・加藤常員
T
a
k
a
s
h
iNak
勾imaandTsunekazuKato
大阪電気通信大学大学院工学研究科,寝屋川市初町 18-8
G
r
a
d
u
a
t
eS
c
h
o
o
lo
fE
n
g
i
n
e
e
r
i
n
g
,OsakaE
l
e
c
t
r
o
C
o
m
m
u
n
i
c
a
t
i
o
nU
n
i
v
e
r
s
i
t
y
,
1
8
8H
a
t
u
u
m
a
c
h
i
,Neyagawa,Osaka5
72・8
5
3
0
,J
a
p
a
n
n
a
k
a
j
i
m
a
@
k
t
l
a
b.
o
s
a
k
a
c
.
a
c
.
j
p
,
k
a
t
o
@
k
t
l
a
b
.
o
s
a
k
a
c
.
a
c
.
j
p
あらまし:人文系の諸分野において基本的な研究活動のひとつとして分布地図の作成作業
があげられる。人文系分野におけるデータの蓄積、管理はコンビュータの使用が日常にな
ってきている。しかし、分布地図の作成に当たっては地図は電子化が進んでいるものの、
安価で容易に利用できるアプリケーションソフトはないのが現状である。我々はこれまで
に分布地図の作成支援を目的としたシステムの開発を進めてきた。本稿では構築した分布
地図作成支援システムの開発した機能の概要について述べ、弥生集落遺跡のデータを用い
て作成した分布地図による遺跡の立地分析の試みについて報告する。
Summary:Drawingad
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nmapi
so
n
eo
fb
a
s
i
ca
c
t
i
v
i
t
i
e
sf
o
re
v
e
r
ys
t
u
d
yo
ft
h
eh
u
m
a
n
i
t
i
e
s
.
Computeri
sr
e
c
e
n
t
l
yu
s
e
dt
os
t
o
r
eo
rt
omanaged
a
t
ai
nt
h
eh
u
m
a
n
i
t
i
e
s
.T
o
d
a
y
,s
i
n
c
emanyk
i
n
d
so
f
mapsh
a
v
eb
e
e
nd
i
g
i
t
a
l
i
z
e
d
,wec
a
ne
a
s
i
l
yt
r
e
a
tmapsbyc
o
m
p
u
t
e
r
,c
o
m
b
i
n
i
n
gthemw
i
t
ho
t
h
e
rt
y
p
e
s
o
fd
a
t
a
.I
nt
h
i
sp
a
p
e
r
,i
m
p
l
e
m
e
n
t
a
t
i
o
no
fas
u
p
p
o
r
ts
y
s
t
e
mf
o
rd
r
a
w
i
n
gd
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nmapsi
sp
r
e
s
e
n
t
e
d
a
n
dd
i
s
c
u
s
s
e
d
.I
na
d
d
i
t
i
o
n
,wep
r
e
s
e
n
ta
na
r
c
h
a
e
o
k
o
g
i
c
a
ls
t
u
d
yonad
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nmapo
fas
p
e
c
i
a
l
t
y
p
eo
fs
i
t
e
s
,w
h
i
c
hi
sdrawnbyo
u
rs
y
s
t
e
m
.Goodu
n
d
e
r
s
t
a
n
d
i
n
go
fg
e
o
g
r
a
p
h
i
c
a
lr
e
l
a
t
i
o
nb
e
t
w
e
e
n
t
h
es
i
t
e
si
so
b
t
a
i
n
d
.
キーワード:分布地図, GIS,支援システム,立地分析,可視範囲
Keyword:d
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
nMap,G
I
S
,s
u
p
p
o
r
ts
y
s
t
e
m
,g
e
o
g
r
a
p
h
i
c
a
ll
o
c
a
t
i
o
n
,v
i
e
w
s
h
e
da
n
a
l
y
s
i
s
1
. はじめに
近年コンピュータの機能↑生、操作性の向上、
アプリケーションソフトの充実は、考古学、歴
史学の研究者においても日常的に計算機を扱い、
多くの研究者が独自なデータベースを容易に作
成できる環境を生み出している。また、地理情
報は電子化された多種多様なものが釘面で提供
されるようになった。分布地図の作応畳程も従
前の紙媒体上の作業から電子化された地図を利
用した計算機上での操作となってきている。
-1
3-
コンビュータを利用した分布地図作成の方法
のひとつとして GIS ソフトの利用が考えられ
ム側で既存データ指定時に設定することで対応
する 。
るが、研究者が従前から蓄えてきたデータがそ
(
2)既存データベース活用に必要な機能
のまま利用できないといったことやイ吏用できる
既存データベースを加工することなく活用す
地図が限られてしまうなど研究用のツールとし
ては使用しづらいのカ苛見状である(1,2)。このため
るために以下の 3つの機能が必要と考えられる。
① 既存データベースの情報保持機能
既存データファイルの緯度・経度のフィール
分布地図作成でも っとも労力を費やす対象点の
プロット作業は、依然として一点一点を指定す
る操作が手作業で行われている。
ド位置およびその表現形式を取得、指定する。
得られた情報を参照ファイルとして保存する機
本研究では研究者が従前から蓄えてきたデー
タ形式を極力変更することなく利用できる分布
地図作成支援システムの開発を進めてきた(3)
。
能を設ける 。
② 分布表示対象の複数指定機能
本稿では本システムの現状の報告を行い、立地
分布地図には、複数の対象群が異な った色や
マークで示されることがしばしばある。ひとつ
状況の分析に関する 1 2の特化した処理機能
または複数の既存データベースより対象のデー
を紹介する。開発した特化した処理は対象点周
囲の可視性を判定するもので、従前に行った弥
タ(レコード)を選択し、 lつのグループにする
生時代の遺跡聞の水平的な地理的分布分析の研
究成果ωを踏まえた活用事例を示し考察を行う 。
機能とそうしたグループを複数同時に扱える機
能の設定が要求される 。
③ 再編集可能な描画機能
2
. 既存データとその活用
一度作成した分布地図の再編集が必要となる
手助某体を基本とした人文系の資料も様々な局
場面は研究活動のなかで多々起こる。再編集の
面で電子イヒが行われるようになり、多くの研究
実現のためには、作成した分布地図の情報をフ
者がワープロや表集計ソフトを活用し独自のデ
ァイル化し、保存する機能と保存されている情
ータベースを作成している。提案する分布地図
報から再描画する機能が必要となる。
作成支援システムでは、個々に作成された既存
3
. 分布地図作成支援システムの構成
データベースの活用を重要な視座に据えている。
分布地図作成支援システムは、図 lに示す、
研究者が作成したデータを損なうことなく、負
既存ファイル設定モード、地図設定モード、分
担や抵抗の少ない作業で既存データベースを活
用するシステムをめざした。
布地図編集モードおよび精殊処理モードの 4つ
のモードを指針に構成する。
(
1)活用可能なデータベースの条件
(1)既存ファイル設定モード
既存データベースの活用にあたり、つぎのふ
既存ファイル設定モードは、ファイル情報取
たつの事項を条件とした。
ひとつは、ファイル形式
はc
s
v形式とした。これ
はファイル形式として一般
的であり、多少異なっても
研究者が使い慣れている
E
x
c
e
l等で簡単に変換が可
能ためである。ふたつめに
は、緯度・経度がデータ項
目に含まれている事が必須
条件である。緯度・経度の
項目の位置や表現形式は多
岐にわたることが想定され
図 l 分布地図作成支援システムの構成
るが項目の位置を本システ
~~-
い’
モ
白|
-14-
1
:
川の 3種類の水系データと、標高データをもと
既存ファイル設定モード
に一定標高幅ごとに色づけした彩色標高地図、
等高品加血図および行政界地図である。色彩標高
ファイル情報取得フェーズ
地図に関しては基準色、広域、狭域および 2色
表示の四つの配色パターンを準備した。これら
グループ設定フェーズ、
図 2 既存ファイル設定モードの構成
の地図は、任意に組み合わせることでき、多様
得フェーズとグループ設定フェーズから成る
な地図£勃可能となっている。複数の地図種
をレイヤー構造にすることにより、地図種の選
(
図 2参照)。
①ファイル情報取得フェーズ
ファイル情報取得フェーズは、ユーザが独自
択操作、表示速度の向上を図る。
②地図領域設定フェーズ
地図領域設定フェーズでは、地図の描画範囲
に作成したデータファイルを取り込むモードで
ある。画面上の[データファイルを開く]ボタン
をクリックするとファイル選択画面ダイアログ
を設定する。設定には 3つの方法を準備した。
ひとつめの方法は、日本全国の任意の範囲を選
ボックスが表示され、ファイルを選択する。す
択する場合を想定し、縮小表示した全国図上で
マウスドラッグにより範囲を指定する。ふたつ
ると自動的に E
x
c
e
lがコールされ、選択したフ
ァイルついての参照ファイルが既に作成済みで
あれば、即、グループ宮支定フェーズに移行する。
また、なければ緯度、経度項目位置を順次、
田I
画面上で「列J
を指定することで取得し、
E
x
1
緯度・経度の保存形式は、保存形式のサンプル
を示したリストボックスで選択する。その内容
は参照ファイルとして保存される。
めの方法は、左下緯度 ・左下経度、右上緯度・
右上経度の値をテキストボックスに直接入力で
指定する。 3つめは、この設定操作に先立ち描
画対象の分布情報(ファイ J
ゆが指定されている
とき、指定されている緯度経度情報をもとに 2
0万分の l地勢図の相当する範囲を設定する。
分布図編集モード
②グループ設定フェーズ
このフェーズ、は、 E
x
c
e
l画面上で複初子を指
拡大・縮小描画フェーズ
定し、分布のひとつのグループとし、グループ
名と表示色を指定する。ひとつのファイルに対
し、複数のグループの設定を可能とし、グルー
グループ属性変更フェーズ
2万 5千分の l地形図表示フェーズ、
プ指定に当たっては、ソート等の E
x
c
e
lの機能
描画情報保存フェーズ
を使用した結果に対して指定できる。指定後、
描画ファイルとして保存される。
画像保存フェーズ、
印刷フェーズ
(
2)地図設定モード
図 4 地図設定設定モードの構成
このモードには、地図干重設定フェーズと、地
(
3)分布地図編集モード
的
。
図領域設定フェーズがある(図 3参H
分布地図編集モードでは、拡大・静j
、描画フ
地図設定モード
ェーズ、グループ属性変更フェーズ、 2万 5千
地図種類設定フェーズ
分の l地形図表示フェーズ、描画情報保存フェ
ーズ、画像保存フェーズ、印刷フェーズの 6つ
地図領域設定フェーズ
のフェーズから構成される(図 4参照)。
①拡大・縮小描画フェーズ
図 3 地図設定設定モードの構成
①地図種類設定フェーズ
分布地図の背景となる地図の種類をチェック
ボックスのチェックにより指定するフェーズで、
ある。指定できる地図は、海岸線、湖岸線、河
このフェーズは、表示している地図を拡大・
給j
、する機能がある。拡大では、描画範囲を狭
め、狭めた範囲を拡大描画する。拡大描画には、
の領域
表示範囲の中心を変えずに単純 2分の 1
を拡大描画する方法、指定した分布点を中心に
一 15-
一定領域の広さで拡大描画する方法、マウスド
(左下緯度・経度、右上緯度・経度)、グループ
ラックの指定により任意の範囲を拡大描画する
方法の 3通り用意する。縮小は、描画範囲を広
の名前・色、各グループの分布点の緯度・経度
である。
め、広めた範囲の縮小描画を行う。縮小描画で、
⑤画像保存フェーズ
は、描画されている 2倍領域を描けるように縮
作成した分布地図の他のアプリケーションで
小を行う。描画範囲内で表示される分布点は、
の 2次利用を目的にピットマッフ'°%.式で画像と
自動的に制御される。新制、描画の場合、描画範
して保存する。作成中のどの時点でも保存可能
とする。
囲が拡大されるが編集当初の分布対象点以上に
増加することはなし、。
②グループ属性変更フェーズ
⑥ 印 刷 フ ェ ーズ
作成した分布地図をいくつかの付加情報(テ
分布地図編集を進める上で、グループ名や表
キスト)とともにプリントアウトする機能を設
示色の変更が必要になることが考えられる。そ
定する。付加情報しては、分布地図領域の左下
うしたグループ属性の変更を行うフェーズを準
緯度・経度、右上緯度・経度、グループ事士、各
グループの名称、色、分布点数および描画ファ
イル名が印字される。
備する。操作は、グループ名の上をマウスクリ
ックすることで入力欄が表示される単純な方法
を採用する。また分布点の色に関しても色変更
ボタンをクリックする事で再指定可能とする。
特殊処理モード
③ 万 5千分の l地形図表示フェーズ
表示されている分布地図に示されている分布
広領域地図表示フェーズ
点(マーカー)を含む 2万 5千分の l地形図画像
可視探索フェーズ
が表示する。このとき、白地図上に表示されて
2重円描画フェーズ
いたすべての分布点は、表示地形図上にも表示
グループ化フェーズ、
する。この地形図の表示は、分布点周囲の詳細
な現地形の情報が確認でき、研究者に有益な付
加情報になると考えられる。
④画像情報保存フェーズ
最短路探索フェーズ
図 5 特殊処理モードの構成
(
4)特殊処理モード
①から③の操作を適宜繰り返し、得られた分
粉末処理モードは、寸支的、共通的な分布地
布地図を描画ファイルとして保存する処理であ
る。保存では、再描画、再編集が可能となる情
図作成処理とは異なり、特定の主題に特化した
処理群を設ける。本稿で挙げる処理群は、 2種
報をファイル化する。保存する項目は描画範囲
類遺跡群間の分布立地を分析するツールである
(
図 5参H
官
)
。
①広領域地図表示フェーズ、
対象がない領域に分布してい場
合、限られた画面上の表示には、
おのずと限界があると思われる。
分析においては大縮尺で対象のす
べてが地図上に表示される事が必
要と考えられる。分布の観察に有
標
高
~
効な広領域の地図画像を別フォー
ムに生成しス クロールにより連続
的な観察を可能にし全域の状況を
単位地形メッ、ンュ
図 6 可視性判定の概念図
把握する。表示された広領域地図
上で、任意の範囲をマウスドラック
すると編集モードの拡大・縮小フ
-16-
ェーズと連動し、元のフォーム上に拡大または
の 2種類の異なった遺跡群(拠点集落遺跡、およ
縮小して指定範囲の地図が描かれる。
び高地性集落遺跡)を採り上l
久地形的な立地関
②可視探索フェーズ
係の分析に活用した事例により、構築したシス
任意の地点からの見通し関係を判定するする
テムの操作を述べるとともに分析結果について
処理系である。基本は 3次元地形データ(標高デ
検討、考察を行う。
ータ)によりコンピュータ内に生成した地形空
4.1 拠点集落遺跡と高地性集落遺跡
間上で 2点間の地形的障害の有無を判定する
弥生時代の集落は水稲農耕と密接に関連した
(
図 6参照)。中心地点(遺跡位置など)を定め、
低台地上や沖積地の自然堤防上の微高地に営ま
一定距離内のすべて地点(円領域)に対して行い、
可視領域を探索する。標高データは、国土地理
れた。拠点集落遺跡とは、各地域の中核となる
大規模で継続的に営まれた集落跡である紛。拠
院カ守新共している数値地図 5
伽lメッシュ(標高)
点集落はその周囲に派生した多様な諸集落、諸
を用いる。このデータは緯度・経度区画された
約5
白n
間隔の格子位置で、の標高値が l
O
c
m
単位で、
施設を持つ。西日本では、弥生前期から後期に
与えられている。また、探索に当たっては可視
いるが、東日本では極めて少ない。
至る長期キ断、売の拠点集落遺跡が多く検出されて
性の判定を制御するパラメータとして可視距離
一方、高地性集落遺跡は、弥生時代中期から
と標高調整量を導入する。可視距離は定常的に
後期にかけて西日本を中心に水稲農耕には不向
見通せる距離の上限を定めるパラメータであり、
きな標高 lOOmときには 300mを超える高
拝呈を行う円領域の半径となる。一方、標高調
整量は標高データの量子化誤差などいくつかの
所から検出される集落跡である。弥生時代中期
不確定要因を踏まえた上で、有効な可視可能性
伝える軍事的緊張があった時代にあたる。高地
判定を行うためパラメータである。
このフェーズは対象すべてに対して一括でも
性集落遺跡は、こうした立地的特異性と時代的
背景のもと、軍事用のノロシ通信施設で、あった
一対象に対しても実行可能で、結果は①で述べ
た広領域表示、元のフォーム上のいずれにも表
とする考古学上の仮説があるへ
拠点集落と高地性集落は、地域ともに重なる
示できる。
③グループ化フェーズ
が碍期的には拠点集落が廃絶されると相前後し
から後期は、中国の史書が「倭国大乱」として
て高地性集落が急増することが知られている。
近接する複数の対象を lグループにまとめ l
4.2 立地分析
る対象を lグループとしその一群の重心を代表
拠点集落遺跡と高地性集落遺跡は、上述した
ように同時には営われなかったが、その平面的
点とする。データに偏りや時期的変遷を集約す
位置関係に関しては、先に行った研究により興
る場合などに有効と思われる。
④最短路探索フェーズ、
味深い結果を得た。地形的制約が緩い領域では
対象にする処理である。一定の距離内につなが
両者は 2.20km
∼2.75km離れて存在すること
対象聞に適当な距離を設定し、その距離にも
が示された。本稿ではこの結果を踏まえた両者
とづく最短路網を探索する。この処理は遺跡間
の垂直的な分布分析の試みを分布図作成支援シ
の交流、親疎などの関係を検討するに有効と考
ステムの活用事例として示す。
えられる ω
。
拠点集落遺跡データおよび高地性集落データ
⑤ 2重円描画フェーズ
は、異なったフォーマットの
注視する対象を中心に 2つ円を各々設定した
c
s
v形式のファ
イルで各々 381
件と 581
件のレコードが登
半径で描く機能である。極めて単純であるが対
録されている。
象聞の位置関係などを示すのに有効な手法であ
るω
。
(1)既存ファイル情報取得操作事例
4
. 分布図作成支援システムの活用事例
3章で述べた各モードを実装した分布地図作
ァイルまたは高地性集落データファイ l
レ)を選
択し、緯度・経度の項目(フィールド)位置を
成支援システムを構築した。ここでは弥生時代
E
x
c
e
lの 樹乍画面で指定、登鮒桑作画面である。
図 7は、既存ファイル(拠点集落遺跡データフ
-17-
'
"
圃2
パλ~お百五石s;市首;¥68:石戸商務
U刊
保 鴨R
F印
刷 幽 鵬 首 鴎ア
雌 仰 岨
~a·
__g_j
個師蝿
f
i
" _____p:__j
臨 酔工 J
刑判
句﹁
仰帰 依 許
J
制間宮圃
芝草画
UFufMF
話回
判明明一幽
h AL
恥 W
−−
t
電
削
1E
2盆甥.贋勿 考
M 台
土
E 2 4 22E2B22Z2233V
布
J4
EW
t
p
F
i
z
zF
叫一需主主山
間
明
引叩山知
14 2249仇 可 22S322221AF
3 tp
3 4 町周
hA
・
6
マ・AAA4hpttztt’可 799E2tI害
虫
圃
・
WWVFWW wmmmm
一
G‘ mmmwm rwrw WURWV・
’
・
h
CA
・
’
ふ
w甲車耐品開川R
h
M
U
M
u
u
m明u
u
m
E
即即副島問抑恥m
ポ
レ
3 m m 帥軒軒軒司岨別町配町ιHUVU町
fmata−
E
ミマ海軍司
−’
−
−−−−
’
m
・
・
・ 22t
”
’
e
・間一&智室岡 a
−
、
烹
烹
月
師
酷
町
一〆 一−
明
・
・
・
恥
嗣
一
J
2
2
2
2
p
’
ヂ室
’
J
付門 川パリロ一r
V
H円 a
一 ﹁ ﹂L
刊円
H庁川け川市川吋HHドH
イ圃園
R 周−
’札‘,
、.ドドo
t
t
t
t
J
e
tJU−J園
・
・
・
・
一
・ 5
r
劃
刷周一一14一
﹃
− 一定崎町附
,
。hR
53
叩
岬ニ申告一
o
; i jRiijzili .
;
;! :
rR
暗
山
町
一
r
r
r
z
M回一 一r沼町お弘 一一怒 川
ア 、W・
1 忠弘恥主圃畑﹁一 U L Z Z u
地
刷
吉
宮
a 崎将回目宮司場.,. 馴喝 ー 羽
−− e ・
・
事
子思
噂
沢
η
⋮
目恥はいth一湾咽特刷掴削拍H崎臨 曲 目
−
−
畑
ド 町民自刊一肝咽酔岬一同 司同 一附開軒 叫
i
IIlli
四
一
い任文一仁川町叶川川川川川州川刈則一日一叫均一 Nh
比
一 d h向山市川げ刊 H
制等斗ゲマ
n
ah
RF
4& −
川川柏町町川円♂川内, ILY貯庁 AfA山 花 U
品
E汀庁凶バ bd
川口川げ引阿川村唱山出U
一ι
m
‘
z
wr
−−日 2222noZ君主”
mwm
si?
と
!
? ::iT
572Fiji
’
7
⋮4 5
今
; ttir
唱司叫
淀川四一 F
吋mV附岡山明
別問mm川町山小川叩町四市川相官問問問お一山mmmm
− A E A闘
2 3 A 4 2 4 2 2;
一
一 zZ2224 6 1 z:− 2 2 2令
M WA一
﹂4
w
E
x
c
e
lの列指定確認画面が表示され
OKボタンをクリックすることで玉話議
シート(右フォーム)に登録され、登録
シートの他の項目も設定し、設定終了
ボタンをクリックすることで参照ファ
イルが作成される。
(2)クループ設定操作事例
図 8は、分布対象のグループを設定
する画面である。既存ファイルが展開
x
c
e
l画面と設定項目シートが
された E
表示される。設定項目シートのグルー
プ番号および分布点の色を設定する。
が
緯度項目の列をマウスクリックすると
図 7 既存ファイル情報取得操作事例
次に必要な範囲(行)を E
x
c
e
l上でマウ
スドラッグして選択し、 Ex
,
田lの行指
ewt t
:
:
n
l
事総7
定確認画面が表示され OKボタンをク
リックするとことで対象が選択される。
保存ボタンをクリックすることで仮の
描画ファイルの作成される。
(
3)地図編集操作事例
同4安
e
.
u
蝿揖1
日
_
_J _
ー
,.
.
.
ωω
図 9は全国図表示枠より任意の範囲
をマウスドラッグによって指定し、地
図設定操作から彩色標高地図を選択し、
描画した地図上に畿内に分布する高地
性集落遺跡を 5つのグループに分け描
画した例である。図の右下シートには、
タル』ヲ省号
告
'3泊 .
に車窓コ
.
.
.
.
.
!校 J
'
.
1
1
1
>
:
:
I
名人力
m
顎E一
一
一一
一
ー
’J
Eる
図 8 グループ設定操作事例
それぞれ設定したグループ名と、分布
点の数が表示さる。このグループ名の
上をマウスクリックすると、名前変更
欄が表示されるので、ここでグループ
名の変更も可能となっている。また、
地図の上をマウスドラッグすることで
図 9の地図内に四角枠の表示され、拡
大ボタンをマウスクリックすると、選
択範囲を拡大表示できる。
(
4
) 2万5千分の l地形図表示操作
図 8において任意の位置をクリック
し、右中のタグシート操作の地形図呼
び出しボタンをクリックするとクリッ
図 9 地図編集操作事例
ク位置を中心とした 2万5千分の l地
形図が国 10のように表示される。表示範囲は
クリックした近辺であるがスクロールパーを操
(
5)特殊処理操作(立地分析処理)
作することで当該の地形図の全域を参照できる。
ると特殊処理選択フォームが表れる。
メニューパーの特殊処理をマウスクリックす
-18-
①広領域地図表示操作
特殊処理宰択フォームから広領域
地図表示選択すると広領域分析用フ
ォームが表示される。表示されたフ
ォーム上の画像読み込みボタンをマ
ウスクリックすると広領域地図画像
の読み込まれ、広領域地図が表示さ
電)。スクロールパー
れる(図 11参R
により連続的に全国土をスクロール
することができる。この時点で(1)
および( 2)で指定したファイルの対
象データがグループごとに色分けさ
れ分布点として表示されている。
図 10 2万 5千分の l地形図表示操作
②可視探索操作
a
,
‘
.
・
・
.
.
.失麓
掃出扇舟補届
4
置 誕 百 間 賞E
−税込ゐ 占
3
i
j1
2
露霊
I
肘嗣
町線第費R
2酬輔 i
源
"
~r
!
i
H
v
r
叫問問
一
間
’
F省副.
富一ー一
−
唯
店時互育ーー
特殊処王監霊択メニューまたは広領
域分析用フォームの可視探索ボタン
をマウスクリックすると可視判定の
基本となる可視探索ファイルを生成
する。すでに可視探索ファイルが生
成済みの場合は再生成しない。
可視探索ファイルの生成終了後
(生成済み場合は即)、テキストボッ
クスで指定した 2つパラメー夕、可
視距離および標高調整量の値に応じ
た可視判定結果が図 11のように表
示されている。パラメータ値を変え
て再度、可視探索ボタンをマウスク
リックするとそれら値に応じた結果
図 11 分析操作
ぷ
'
・
' 司「、常~·
一
が胃描画される。図 11は各拠点集
落遺跡を中心に円を探索し不可視領
一…一一一叫
"
"
'
ミ
制
柑
S ·~ "
域を塗り潰している。また、この操
6・駒叫同11ts.,dS•ttnss¥DBt.,p¥fl 存フHルぬ凶訓”加i1 ~ .
.
.
作は可視探索ファイルが有る場合、
一旦、可視領域を消去した後。首去ボ
タンをクッリク)に表示されている
領域内の対象遺跡をマウスクリック
するとその遺跡の分析結果のみの表
的。この
示も可能である(図 12参H
画面で任意の領域をマウスドラック
で指定すると、その領域を元のフォ
ーム上に表示可能な大きさに拡大ま
たは刷、し表示する。この元のフォ
架索が可
ーム側においても先の可視j
能で詳細な関係が観測できる(図 1
m
n
。
図 12 分析操作
2参
-1
9-
③ 2重円描画操作
w奄
A
E15
F
4津h
kも日、
♂
R
’
Jh
々
a
a
JI
開発を進めている分布地図作成支援システム
および特殊処理機能について述べ、具体的なデ
ータを用いた処理事例を示した。事例は可視領
域分析で遺跡相互間の立地分析を試みた。興味
深い結果が得られたと考えている。今後、専門
的立場の方の意見を聞き、より有効な分析処理
機能の付加を行っていく必要があると感じてい
る。また、システム開発においては処理主度の
K
凶
﹄
守
色
夜
、
6
. おわりに
,
φ
・
、
−−
同
s
ue
充当
さ
E普門担
S
広領域分析用フォームで大小 2つの円の半径
を設定し、可視探索と同様にマウスクリックで
遺跡、をした後、フォーム上の 2重円描画ボタン
をクリックすることで、当該の遺跡位置に 2重
の円を描画する。
図 12は、詳細化した地図上で 3遺跡をマウ
スクリックで指定し、先の研究結果にもとづき
.75km、標高調整 lOmで、可視探
可視距離 2
.20km、外円半
索を行い、さらに内円半径 2
径2
.75kmで、描画したものである 。
(6)印刷操作事例
メニューパーの印刷をマウスクリックする
ことで (
1)から( 5)の操イ乍等を行って画面
、
に表示されている結果を印刷する。図 13は
図 12の立地分析の結果を詳細化した彩色標高
地図を印刷出力である。印刷では A4用紙に分
布地図と必要と思われる諸情報が印字さる。
5
. 立地分析結果の検討、考察
図 12は、拠点集落遺跡と高地性集落遺跡と
の立地関係を分析した結果図である。本分析を
進めるに当たり、参考にした先行研究では両遺
跡間水平距離 2.5km前後を導いているが具体
的な位置の地形|犬況については、「地形が影響す
る」との示唆に留まっている。図 12は、この
示唆に対して具体的にどうような関係の所に所
在するかを明確に示していると言える。すなわ
ち、拠点集落の可視領域を図示した結果、可視
領域と不可視領域の境界最良tに高地性集落遺跡
の分布点が見られ、拠点集落と高地性集落とは
同時期に共存しないが、高地性集落と平地の集
落の位置関係を推察するにあたり可視性がひと
つのネ見点となると考察される。この両遺跡聞の
関係については専門分野から検討、評価が必要
と考えている。
i虫イト I~
違 下 線 座 344309
i
t
<下 程 度 1353026
渚 下 緯 度 345330
岩 下 程 度 1354457
善点集落 10
地性集落口
調整量: 10m
L
半径: 2.75km
凋円、: 2
.
2町
、
婦問 2:2.75km
図 13 印刷結果表示
向上、扱いやすいユーザインタフェースの構築
等、改善していく予定である。
本研究を進めるに当たり、日頃ご討論、ご援
助を賜る、大阪電気通信大判、淳一雅樹受に深
謝いたします。また、本研究の一部は、日本学
術振興会科学噺究費補助金(基盤研究( C)(2)
N
o
.15500 159)によった。
参考文献
(
1)杉本智彦:カシミール 3D パーフェクトマ
スター編、 p
.
2
5
5、実業之日本社、東京( 2
0
0
3
)
.
(
2
)(樹ゼンリン: Z
P
R
O
F
E
S
S
I
倒 此 4取扱説明書、
p
.
1
1
6、(槻ゼンリン、東京(2
0
0
5
)
.
(3)中島高司、加藤常員:分布地図作成支援シス
テムの構築、情報処理学会研究報
告
,V
o1
.2
0
0
5
,N
o
.5
1
,p
p
.1
8(
2
0
0
5
)
.
(
4
)T
s
u
n
e
k
a
z
uK
a
t
oa
n
dK
a
z
u
m
a
s
aO
z
a
w
a
:
D
i
s
t
r
i
b
u
t
i
o
na
n
a
l
y
s
i
so
fs
i
t
e
sb
a
s
e
do
nG
I
S
,
G
I
SD
e
v
e
l
o
p
m
e
n
t
,V
o
l
.8
,N
o
.6
,p
p
.2
2
2
5(
2
0
0
4
)
.
(5)加藤常員、小津一雅:集落遺跡間の文物移動
流のモデル化に関する一考察、情報処理学会論
文誌、 V
o
l
.40、N
o
.3、p
p
.8
4
9
8
5
6
(
1
9
9
9
)
.
(6)酒井龍一:拠点集落と弥生社会,歴史発掘
⑥
,p
p
.
1
1
8
1
3
9,講談社,東京 (
1
9
9
7)
.
(7)森岡秀人:高地性集落性格論,論争・学説日
本の考古学, 4,雄山閤( 1
9
8
6
)
.
-20-
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement