取扱説明書 - General Imaging

取扱説明書 - General Imaging
取扱説明書
imaginationatwork
GE デジタルカメラ
Aシリーズ : A1456W
準備
基本操作
カメラ機能コントロール
再生
メニューを使用する
カメラ接続
付録
JP
警告
火災や感電の原因となるため、本製品を雨や湿気に
さらさないでください。
米国の顧客の場合
FCC基準に準拠
家庭または事務所で使用する場合
FCC声明
本製品は、FCC基準パート15に準ずるClass Bのデジタ
ル電子機器の制限事項に準拠しています。 操作は次
の2つの条件に規制されます:
(1) 電波障害を起こさないこと、 (2) 誤動作の原因とな
る電波障害を含む、受信されたすべての電波障害に
対して正常に動作すること。
ヨーロッパの顧客の場合
「CE」マークは本製品が安全、健康、環境お
よび顧客保護に関して欧州要件に準拠してい
ることを示しています。「CE」マークの付いたカメ
ラはヨーロッパでの販売を意図しています。
WEEE. [(コマ付きのごみ箱とx印WEEE補遺IV)]の
記号は、EU諸国において電子、電気機器が分
別収集されることを示しています。機器を家
庭ごみと一緒に廃棄しないでください。本製品の廃
棄についてはお住いの自治体の条例に従ってくださ
い。
モデル名 : A1456W
商標名 : GE
責任団体 : General Imaging Co.
住所 : 1411 W. 190th St., Suite 550, Gardena, CA 90248 USA
電話番号 : +1-800-730-6597
次の基準に適合:
EMC : EN 55022:1998/A1:2000/A2:2003 Class B
EN 55024:1998/A1:2001/A2:2003
EN 61000-3-2:2000/A1:2001
EN 61000-3-3:1995/A1:2001
EMC 指令の規定 (89/336/EEC,2004/108/EEC) に従ってい
ます。
安全のための注意事項
ここに示した注意事項は、製品を正しくお使いいただ
き、お客様や他の人々への危害と財産の損害を未然に防
止するためのものです。内容をよく理解してから本文を
お読みください。
危険
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人
が死亡または重傷を負うことが高いと想定され
る内容を示しています。
警告
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人
が死亡または重傷を負う可能性が想定される内
容を示しています。
注意
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人
が傷害を負う可能性が想定される内容および
物的損害の発生が想定される内容を示していま
す。
水につけたり、水をかけたり、雨に濡らさないこ
と (防水カメラを除く)
火災、感電の原因となります。
カメラ内部に水や異物が浸入したときは、すぐに電
源を切り電池とメモリーカードを取り出して、販売
店或いはサービスステーションにご相談ください。
煙が出る、異臭がするなどの異常が発生したとき
はすみやかに電池を取り出す
そのまま使用すると、やけどや火災の原因になり
ます。
電池を取り出す際、
やけどに十分注意してください。
可燃性ガス、爆発性ガス等が大気中に存在する恐
れのある場所では使用しない
引火、爆発の原因となります。
この記号は注意を促す内容を告げるものです。
フラッシュを人の目(特に乳幼児)に近付けて発光
しないこと
視力障害の原因となります。
この記号は禁止の行為を告げるものです。
カメラの取扱いについてのご注意
幼児の手の届かないところに保存すること
メモリーカードや電池などの小さな付属品を誤って飲
み込むと危険です。万一飲み込んだときはただ
ちに医師の診断をうけること。
警告
分解や改造しないこと
感電したり、けがをするおそれがあります。
落下などで破損し内部が露出したときは、露出
部に手を触れない
ii
感電したり、ケガをする原因となります。
指定外の電源は使わない
火災や感電の原因となります。
注意
ぬれた手でカメラを操作しない
感電の原因になることがあります。
電池を火の中に投下したり、加熱しないこと
液漏れ、破裂、火災の原因となります。
窓を閉め切った自動車の中や直射日光が当たる
場所など、異常に温度が高くなる場所に放置し
ないこと
電池をショート、分解しないこと
液漏れ、発熱、破裂の原因となります。
内部の部品に悪い影響を与え、火災の原因とな
ることがあります。
専用の充電器を使用すること
液漏れ、発熱、破裂の原因となります。
長期間使用しないときは、電池を外して保管す
ること
電池と金属製のネックレスやヘアピンを一緒に持
ち運んだり、保管しない
電池の液もれにより、火災やケガの原因となる
ことがあります。
ショート、発熱し、火傷やけがの原因となります。
電池から漏れた液が目に入ったときは、すぐにき
れいな水で洗い、医師の診断をうけること
航空機内で使うときは、離着陸時の電源を
OFFにすること
そのままにしておくと、目に傷害を与える原因とな
ります。
本機器が出す電磁波により、航空機の計器に影
響を与えるおそれがあります。
付属のCD-ROMを音楽用CDプレーヤーで使用し
ないこと
機器に損傷を与えたり、ヘッドフォンなどを使用
したときは、大音響により聴力障害の原因とな
ります。
電池についてのご注意
危険
使用中に本体が過熱するときは、すぐにカメラの
電源を切り、電池を取り出してください。充電中
に電池が過熱するときは、電源を切り、電池を取
り出してください。
警告
水につけたり、端子部を濡らさない
液漏れ、発熱の原因となります。
所定の充電時間を超えても充電が完了しない場合
は、充電を中止する
液漏れ、発熱、破裂の原因となります。
外装にキズや破損のある電池は使用しない
破裂、発熱の原因となります。
電池に強い衝撃を与えたり、投げたりしない
破裂、液漏れの原因となります。
iii
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたとき
は、すぐにきれいな水で洗い流すこと
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないこと
感電の原因となります。
そのままにしておくと、皮膚がかぶれたりする原
因となります。
海外旅行者用電子式変圧器(トラベルコンバータ
ー)などの電源に接続して使わないこと発熱、故
障、火災の原因となります。
注意
長期間使用しない場合は、カメラから電池を外
しておく
液漏れ、発熱により、火災、ケガの原因となるこ
とがあります。
充電器についてのご注意
警告
充電器を分解したり、修理や改造をしないこと
感電したり、異常動作をしてケガの原因となります。
落下などで破損し、内部が露出した時は、露出部
に手を触れないこと
感電したり、破損部でケガをする原因となります。
本体が熱くなる、煙が出る、焦げ臭いなどの異常
時は速やかに電源プラグをコンセントから抜くこ
と
そのまま使用すると火災、
やけどの原因となります。
電源プラグの金属部やその周辺にほこりが付着
しているときは、乾いた布でふき取ること
iv
そのまま使用すると火災の原因になります。
注意
濡れた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
充電器を布などで覆った状態で使用しない
熱がこもってケースが変形したり、火災の原因と
なることがあります。
お手入れの際は、電源プラグをコンセントから抜
いて行う
電源プラグを抜かないで行うと、感電、ケガの原
因となることがあります。
メモリーカードの取り出しは必ずカメラの電源を
オフにしてからおこなってください。若しオンの
状態で取り出すとメモリーカードを破損させる原
因になります。
プログラム(F/W)をアップグレードする時は、カメラの
電源をオフにさせないでください。不完全なデータや
画像がこわれます。
メモリーカードの挿入は、よくカードスロットを
見ながら慎重におこなってください。メモリーカ
ードを乱暴に取り扱うことは禁止です。
使用前に
序章
GEデジタルカメラをお買い上げいただき、ありがと
うございます。このマニュアルをしっかりお読みにな
り、今後のため、本書は安全な場所に保管してくださ
い。
著作権
©著作権 2011 General Imaging Company 所有権を保有す
る。
本刊行物は、一部でも再生したり、受信システムで転
送、転写または保管、あるいは、いかなる形態または
方法によっても、General Imaging Companyの書面による
事前承認なしに、言語やコンピュータ言語に翻訳する
ことはできません。
商標
本書に記載されたブランド名または商品名はすべて識
別目的でのみ使用され、それぞれの所有者の登録商標
です。
安全に関する情報
カメラに関するご注意
• 寒い戸外から暖かい室内に入るなど急激に温度が
変わると、カメラ内部に結露が生じることがあり
ます。カメラの電源を入れる前にしばらくお待ち
になることをお勧めします。
• 寒冷地域では、電池の性能が低下し、使用できる
時間も大幅に短くなります。
• 電池やメモリーカードの取り付けや取り外しの前
に、カメラの電源をオフにしてください。
• カメラの清掃に、研磨剤入り洗剤、アルコールベ
ース、または溶剤ベースの洗浄剤を使用しないで
ください。カメラは軽く湿らせた柔らかい布で軽
く拭いてください。
• 結婚式や海外旅行など大切な撮影の前には必ず試
し撮りをしてカメラが正常に機能することを事前
に確認してください。
• カメラまたはメディアの機能不良により記録した
写真を再生できない場合、記録した写真の損失や
撮影に要した諸費用及び利益損失等に関する損害
などの賠償は致しません。
• カメラ内部に水や異物が浸入したときは、すぐに
電源を切り電池とメモリーカードを取り出して、
販売店或いはサービスステーションにご相談くだ
さい。
• レンズをさわらないでください。
• カメラはカメラケースに入れて下さい。
• カメラが、低温環境から高温環境に変わるとき、
結露の生ずることを避けるため、カメラをすこし
寒いエリアでしばらく置いてから、室温環境まで
徐々に移してください。
• カメラを凹凸のはげしい場所に置かないでくださ
い。
メモリーカードに関するご注意
• 新しいメモリーカードを使用するとき、またはメ
モリーカードがPCで初期化された場合、ご使用の
前にお使いのデジタルカメラでメモリーカードを
必ずフォーマットしてください。
• 画像データを編集するには、画像データをPCのハ
ードディスクにコピーし、その後ファームウエア
をアップグレードする場合はメモリーカードをフ
ォーマットしてください。
• PCでメモリーカードのディレクトリ名、またはフ
ァイル名を変更または削除しないでください。カメ
ラでカードが使用できなくなる原因となります。
本マニュアルについて
本マニュアルには、GEデジタルカメラの使用法に関
する取扱説明が記載されています。本マニュアルの
内容は正確を期してあらゆる努力が払われています
が、General Imaging Companyでは内容を予告なしに変
更する事があります。
本マニュアルで使用される記号
情報を素早く簡単に探せるように、本マニュアルを
通して次の記号が使用されています。
知っていると役に立つ情報を示します。
カメラを操作している間に取るべき注意事項を
示します。
目次
警告........................................................................i
日時設定.........................................................................15
安全のための注意事項.................................... ii
液晶モニターに関するご注意.......................................16
使用前に.............................................................. 1
基本操作............................................................ 17
序章.............................................................................................1
自動モードでの撮影..........................................................17
著作権................................................................................1
ズーム機能を使用する.....................................................17
商標.....................................................................................1
フラッシュモード...............................................................18
安全に関する情報.................................................................1
セルフタイマーモード.....................................................18
本マニュアルについて.......................................................2
マクロモード........................................................................19
本マニュアルで使用される記号............................2
動画撮影ショートカット................................................19
拡張機能メニュー...............................................................20
目次....................................................................... 3
準備をする.......................................................... 7
画質の設定.....................................................................21
画像サイズの設定......................................................21
WB (ホワイトバランス)...........................................22
付属品一覧...............................................................................7
色彩...................................................................................22
カメラの外観 .........................................................................8
ISO感度.............................................................................23
電池と、オプションのSD/SDHC
メモリーカードを挿入する............................................10
モードを使用する........................................... 24
電源をオン/オフに切り換える.....................................12
モードボタンの使用..........................................................13
日時と言語の設定...............................................................14
言語設定.........................................................................14
液晶モニター画面表示.....................................................24
静止画撮影モード表示.............................................24
動画撮影モード表示.................................................26
再生モード表示...........................................................27
画面の切り替え表示.................................................27
IDカード..........................................................................32
自動シーンモード (ASCN)................................................28
博物館..............................................................................32
風景...................................................................................28
テンプレート................................................................32
ポートレート................................................................28
流し撮り.........................................................................33
夜景ポートレート......................................................29
資料撮影.........................................................................33
逆光のポートレート.................................................29
葉........................................................................................33
夜景...................................................................................29
ガラス越し.....................................................................33
マクロ..............................................................................29
魚眼...................................................................................33
自動...................................................................................29
スケッチ.........................................................................33
パノラマでパニング撮影................................................30
シーンモードメニューの表示..............................33
シーンモード(SCN)..............................................................31
ブレ軽減モード....................................................................34
風景...................................................................................32
顔検出.......................................................................................35
スポーツ.........................................................................32
まばたき検出........................................................................35
ビーチ..............................................................................32
再生モード........................................................ 36
夕日...................................................................................32
花火...................................................................................32
夜景...................................................................................32
夜景ポートレート......................................................32
パーティー.....................................................................32
静止画と動画を見る..........................................................36
サムネイルビュー...............................................................38
画像を拡大する(静止画専用)..................................39
画像を消去する方法..........................................................40
子供...................................................................................32
操作メニュー.................................................... 41
室内...................................................................................32
静止画メニュー....................................................................41
雪........................................................................................32
AF モード........................................................................42
AFアシストビーム......................................................42
HDR.....................................................................................55
測光方式.........................................................................43
スライドショー 他..........................................................56
連写...................................................................................43
スライドショー...........................................................56
コンティニュアスAF..................................................44
壁紙の設定.....................................................................57
笑顔検出.........................................................................45
カメラ設定メニュー..........................................................58
デジタルズーム...........................................................46
ビープ音.........................................................................59
バルブシャッター......................................................46
液晶の明度.....................................................................59
レビュー.........................................................................47
省電力..............................................................................60
日付写し込み................................................................47
日時設定.........................................................................60
動画メニュー........................................................................48
ゾーン..............................................................................60
コンティニュアスAF..................................................48
言語設定.........................................................................61
測光方式.........................................................................49
ファイル・ソフトウェア................................................61
DIS安定装置..................................................................49
フォーマット................................................................61
再生メニュー........................................................................50
カードへコピーする.................................................62
保護...................................................................................50
ファイル名.....................................................................62
消去...................................................................................51
リセット設定................................................................63
DPOF (デジタルプリントオー
ダーフォーマット).....................................................52
FWバージョン...............................................................63
画像サイズの変更......................................................53
カメラ接続........................................................ 64
画像回転.........................................................................53
赤目補正.........................................................................54
画像のトリミング......................................................55
ビデオシステム....................................................................64
PCに接続する........................................................................65
USBモードを設定する...............................................65
PCにファイルを転送する........................................65
PictBridge互換プリンターに接続する.........................67
USBモードを設定する...............................................67
カメラとプリンターを接続する..........................68
PictBridgeメニューを使用する.......................................69
日付印刷.........................................................................69
日付なし印刷................................................................70
サムネイル画像の印刷.............................................71
DPOF画像の印刷.............................................................2
USBケーブルを取り外す..........................................72
付録..................................................................... 73
仕様...........................................................................................73
エラーメッセージ...............................................................77
困ったときには....................................................................79 準備をする
付属品一覧
パッケージにはご購入されたカメラ、および次の付属品が含まれています。付属品が足りない場合や破損してい
る場合は、販売店にご連絡ください。
単三形アルカリ電池
CD-ROM
USBケーブル
保証書
リストストラップ
カメラの外観
正面図
背面図
1
2
5
3
6
7
8
9
左側面図
4
15
11
14
12
13
10
上面図
底面図
18
右側面図
16
17
19
20
22
21
23
1
フラッシュ
13
消去/セルフタイマー/機能ボタン下
2
AFアシストビーム/タイマーインジケ
ーター
14
マクロモード/機能ボタン左
3
レンズ(バリア)
15
func/okボタン
4
マイク
16
USB/ AV端子
5
液晶モニター
17
ストラップ取付部
6
ズームボタン
18
電源ボタン
7
電源ランプ
19
動画ボタン
8
モードボタン
20
シャッターボタン
9
再生ボタン
21
メモリーカード/電池収納部
10
メニューボタン
22
三脚ねじ穴
11
disp./機能ボタン上
23
スピーカー
12
フラッシュモード/機能ボタン右
電池と、オプションのSD/SDHCメモリーカードを挿入する
1. 電池カバーを矢印方向にスライドさせて開きま
す。
1
2
3
10
2. 電池のプラスとマイナスを確認しながら、電池を挿
入します。
3. 図に示すように、SD/SDHC カードをメモリーカー
ドスロットに挿入します。
4. 電池カバーを閉じます。
書き込み保護
スイッチ
11
電池容量は、使用と共に減少します。
SD/SDHC カードは別売です。信頼できるデー
タ保存のためには、SanDisk、Panasonic および
Toshiba などの推奨された製造元の、64MB~32
GB のメモリ-カードの使用をお勧めします。
電源をオン/オフに切り換える
カメラの電源ボタンを押して、オンにします。カメ
ラの電源をオフにするには、電源ボタンをもう一度
押します。
電源ボタン
SD/SDHC カードを取り外すには、電池カバーを
開き、カードを一度奥に向かって押し込んでそ
のままゆっくり戻します。カードを慎重に引き
出します。
カメラの電源を入れると、最後に使用した時と同じ
撮影モードになっています。
ボタンを押して
撮影モードを選択することができます。初めてカメ
ラを使用する際には、言語設定ページが表示されま
す。
12
モードボタンの使用
GEカメラでは撮影シーンに応じて簡単に切り換えることができるモードボタンが付いています。使用可能なモー
ドについては、下記の一覧で説明します。
モード名
アイコン
自動
手動
説明
このモードでは誰にでも簡単に静止画を撮影することができます。
M
このモードに切り換えると、手動でカメラの設定を選択して静止画を撮影でき
ます。
ASCNモード
このモードでは、撮影条件に合わせて、カメラが自動的に最適なシーンを選ん
でシャープで鮮やかな静止画を撮影します。
パノラマ
このモードに切り換えると、連続撮影した画像をつなぎ合わせて 1 枚のパノラ
マ写真にします。
シーンモード
20 種類のシーンモードから選択して、自動的に最適な設定で静止画の撮影がで
きます。
ブレ軽減モード
静止画を撮影する時の手ブレや被写体ブレを軽減します。
ポートレート
人物の顔を明るくきれいに撮影できます。
動画
このモードに切り換えると、動画撮影ができます。
13
日時と言語の設定
初めてこのカメラを使用する時、まずセットア
ップメニューで言語と日時を設定してくださ
い。
「一般的なセットアップ」を表示させるには、次の
手順でおこないます。
1. カメラの電源をオンにします。
2.
ボタンを押して、セットアップメニューが表
示されます。機能ボタン左/右を押して、「一般的
なセットアップ」を選びます。
言語設定
1. 機能ボタン下を押して、言語を選択します。
または機能ボタン右を押して、サブメニューが表
示されます。
2. 機能ボタン上/下を押して、言語を設定します。
3.
14
ボタンを押して、設定を確定します。
日時設定
1. 機能ボタン上/下を押して、日付設定を選択しま
または機能ボタン右を押して、サブメニ
す。
ューが表示されます。
2. 機能ボタン左/右を押して、日付を設定し、機能ボ
タン上/下を押して、値を調整します。
3.
ボタンを押して設定を確定します。
15
液晶モニターに関するご注意
カメラをオンにすると、液晶モニターにさまざまなアイ
コンが表示され、現在のカメラ設定とステータスを示し
ます。表示されたアイコンの詳細については、24ページの
「液晶モニター画面表示」を参照してください。
液晶モニターに関するご注意:
液晶モニターの製造に当たっては、ほとんどのピクセル
が操作するように、きわめて高い精度のテクノロジが使
用されています。しかし、液晶モニターにいくつかのき
わめて小さな点 (黒、白、赤、青または緑)が常時表示さ
れる場合があります。これらの点は製造プロセスでは通
常のことであり、記録された写真に影響を与えることは
ありません。
液晶モニターが水で濡れることを避けてくださ
い。濡れてしまった時は、清潔な、乾いた柔ら
かい布で水分を拭き取ってください。
16
液晶モニターが損傷した場合、モニターの液晶に
は特別な注意を払ってください。次の状況が発生
した場合、直ちに以下の措置を取ってください。
• 中の液晶が皮膚に触れた場合、布で拭き取り石鹸と
流水でよく洗ってください。
• 液晶が目に入ったら、きれいな水でその目を15分以
上洗い、医師の診察を受けてください。
• 液晶を飲み込んだ場合、口を水でよくすすぎ、ただち
に医師の診察を受けてください。
基本操作
ズーム機能を使用する
自動モードでの撮影
自動モードは、撮影に使用するもっとも簡単なモー
ドです。このモードで操作している間、カメラは画
像を自動的に最適化します。
カメラには、光学ズームとデジタルズームの 2種類のタ
イプのズームが装備されています。カメラ背面部のズー
ムボタンを押して、被写体を拡大させたり、縮小させた
りして撮影することができます。
自動モードで撮影するには、次の手順でおこないま
す。
1. カメラの電源ボタンを押して、オンにします。
2. モードボタンで自動モード
にセットします。
3. 液晶モニターで被写体の構図を決めます。シャッ
ターボタンを半押し(軽く押す)して、被写体に
ピントを合わせます。
4. 被写体に焦点が合うと、液晶モニターの中央部に
緑色のAFフレームが表示されます。
5. シャッターボタンを静かに全押しして、画像を撮
影します。
ズームインジケ
ーター(46ペー
ジのデジタルズ
ームを参照して
ください)
オートモードは初期のデフォルトのモードです
光学ズームが最大値に達すると停止します。一旦ズーム
ボタンから指を離し、再度同じ方向に
押すと、自動
的にデジタルズームに切り替わります。ズームインジケー
ターの表示位置でズーム位置を判断してください。
17
フラッシュモード
フラッシュを設定するには、次の手順で行います。
1. 機能ボタン右を押して、フラッシュ機能メニュー
が表示されます。
2. 機能ボタン左/右を押して、6 種類のメニューから
選択することができます。
•
発光禁止
暗いところでも発光しません。
•
強制発光
すべての条件下で発光します。逆光で撮影す
るときに適しています。
•
赤目軽減+スローシンクロ
スローシンクロ撮影時に人物の赤目現象を軽
減できます。
スローシンクロ
•
夜景を背景に人物撮影するときに適していま
す。シャッタースピードを遅くして背景をき
れいに写します。
•
赤目軽減発光
予備発光を行い、目が赤くなる現象を軽減
します。
•
自動発光
暗いときや逆光のときフラッシュが自動的に
発光します。
3.
ボタンを押して、設定を確定します。
18
セルフタイマーモード
セルフタイマーを設定するには、次の手順で行いま
す。
1. 機能ボタン下を押すと、セルフタイマー機能メニ
ューが表示されます。
2. 機能ボタン左/右を押して、3 種類のメニューから
選択することができます。
•
セルフタイマーオフ
セルフタイマー機能をオフにします。
•
セルフタイマー:2秒
シャッターボタンを全押しすると、2秒後に
シャッターが切れて、撮影が終了します。
•
セルフタイマー:10秒
シャッターボタンを全押しすると、10秒後に
シャッターが切れて、撮影が終了します。
3.
ボタンを押して、設定を確定します。
マクロモード
マクロモードを設定するには、次の手順で行いま
す。
1. 機能ボタン左を押して、マクロ機能メニューが表
示されます。
2. 機能ボタン左/右を押して、2 種類のメニューから
選択することができます。
•
マクロ:オン
マクロモードオンの設定により、レンズ前約
5cmまでの被写体にピントを合わせることが
できます。
•
マクロ:オフ
動画撮影ショートカット
を押すと、動画モードに切り替
動画撮影ボタン
わって録画始めます。
動画撮影を終了するには、動画撮影ボタン
或い
はシャッターボタンを押すと、動画を保存して、撮
影画面に戻ります。
マクロ機能をオフにします。
3.
ボタンを押して、設定を確定します。
19
拡張機能メニュー
カメラの拡張機能メニューには、画像サイズ、画
質、ホワイトバランス、色彩、ISO感度、および露出
補正機能があります。適切な機能設定により、レベ
ルの高い、安定した静止画および動画を撮影するこ
とができます。
拡張機能メニューの設定は、次の手順で行ないま
す。
1.
ボタンを押して、拡張機能メニューが表示さ
れます。
2. 機能ボタン下を押して、拡張機能メニューの六種
類のモードを選択することができます。
3. 拡張機能モードを選択したら、機能ボタン上を押
して、サブメニューを選択することができます。
20
4.
ボタンを押して、設定を確定します。
画像サイズの設定
画質の設定
画質設定メニューによって画像の圧縮比を調整する
ことができます。高画質に設定するほど優れた画像
が得られますが、より多くの記録スペースを使いま
す。
画質設定メニューによって画像の圧縮比を調整する
ことができます。高画質に設定するほど優れた画像
が得られますが、より多くの記録スペースを使いま
す。
画像サイズを次の7種類から選択します。
「14M 高品質印刷」、「12M 3:2フルサイズ印刷」、
「10M 16:9表示」、「8M A3印刷」、「5M A4印刷」、
「3M 10cm×15cm印刷」、「0.3M 電子メール」
画質を次の3種類から選択します:
記録されるピクセル数が大きくなれば、それだけ
画質もよくなります。 記録されるピクセル数が
小さくなれば、それだけメモリーカードに多くの
画像を保存できます。
•
: 画質: 普通
•
: 画質: 標準
•
: 画質: 精細
WB (ホワイトバランス)
1. ホワイトバランスでは、色合いを正確に再現でき
るように、さまざまな光源の下の色温度などを調
整します。(WB設定はカメラが M 手動モードに
入っているときのみ使用できます)。
21
色彩
色彩を変えることにより、画像にアート効果が追加
されます。さまざまな色の組み合わせを試みて、画
像の雰囲気を変えることができます。
(色彩は
M
手動モードのみ変更ができます)。
2. ホワイトバランスを次の7種類から選択します。
22
•
自動
•
晴天
•
曇天
•
蛍光灯
•
蛍光灯 CWF
•
白熱電球
•
手動
3. 手動を選択すると画面に「シャッターボタンを押し
てWB(ホワイトバランス)をセットします。」と
表示されます。シャッターボタンを全押しすると、
ボタ
自動的にホワイトバランスを調整します。
ンを押して、設定を確定します。
色彩を次の4種類から選択します。
•
自動
•
鮮明
•
白黒
•
セピア
ISO感度
露出補正
ISO感度の変更は、被写体の明るさに応じて設定しま
す。暗い環境での撮影には、ISO値を高くする必要が
あります。 これとは反対に、明るい環境ではISO値を
低くする必要があります。
画像の明るさを調整できます。被写体と背景のコン
トラスト(明暗の差)が極めて大きい場合に、適正
の明るさになるように調整します。
(ISO感度の設定はカメラが M 手動モードに入ってい
るときのみ使用できます)。
ISO感度が高くなるにつれ電気的なノイズが増えて画
像が粗くなります。
露出値の調整可能範囲はEV-2.0 からEV+2.0までです。
ISO のオプションには自動、64、100、200、400、800
および1600 があります。
23
モードを使用する
液晶モニター画面表示
静止画撮影モード表示
1 撮影モードアイコン(自動モード)
撮影モードアイコン:
1
2
M
7
6
5
4
3
自動モード
手動モード
自動シーンモード
シーンモード
パノラマモード
ブレ軽減モード
ポートレート
8
8
16
9
15
10
14
11
2 AFモード
シングルAF
マルチAF
13
17
18
19
20
8
21
12
3 測光方式
スポット測光
中央部重点
AiAE
4 静止画画像サイズ
5 画質の設定
24
21 フラッシュモード表示
6 撮影可能枚数
7 メモリーカード/内蔵メモリー表示
発光禁止
8 電池残量表示
9 ズーム表示(デジタルズーム倍率)
強制発光
10 ズームインジケーター
赤目軽減発光+スローシンクロ
11 露出補正
12 ISO感度(
M
手動モードでのみ使用可能)
13 ヒストグラム
スローシンクロ
赤目軽減発光
14 AFフレーム
自動発光
15 連写
16 顔検出
17 色彩(
M
手動モードでのみ使用可能)
18 ホワイトバランス(
能)
M
手動モードでのみ使用可
19 マクロモード表示
20 セルフタイマー表示
2秒
10秒
25
動画撮影モード表示
6 セルフタイマー表示
撮影モードアイコン:
10秒
7 撮影可能時間
1
2
3
4
5
6
7
8
9
8 メモリーカード/内蔵メモリー表示
9 電池残量表示
13
10
10 ズーム表示(デジタルズーム倍率)
11
11 ズームインジケーター
12 露出補正
12
1 撮影モードアイコン
2 コンティニュアスAF
3 測光方式
スポット測光
13 録画時間
録画スタンバイ
録画中
動画の撮影中は、最高の画質を得るために、SD
カードの使用をお勧めします。カメラの内蔵メ
モリーには制限があり、時々画像が途切れてノ
イズが発生し、画質の低下を招きます。
中央部重点
AiAE
4 動画画像サイズ
5 マクロモード表示
26
HD動画の連続撮影可能時間は約29分です。
録画中、光学ズームが固定されますが、デジタ
ルズームは最大6倍まで拡大が可能です。
再生モード表示
再生モードアイコン:
12 動画再生
13 HDR
画面の切り替え表示
disp./機能ボタン上を押して、画面の表示内容を変更
することができます。
1. 撮影モード
M
撮影モードのときにdisp./機能ボタン上を押して、3種
類の画面表示に切り換ります。
1
2
3
4
5
6
7
8
再生モードアイコン
DPOF 印刷
保護
ファイル番号
メモリーカード/内蔵メモリー表示
電池残量表示
ズーム表示(デジタルズーム倍率)
画面位置表示(案内マーク)
機能の情報表示 グリッドガイドと
ヒストグラムの表示
情報表示なし
2. 再生モード
再生モードのときにdisp./機能ボタン上を押して、3種
類の画面表示に切り換ります。
9 縮小液晶モニター
10 画像番号/総画像数
11 撮影日時
機能の情報表示
詳細の情報表示
情報表示なし
27
自動シーンモード (ASCN)
ASCN モードでは、カメラがさまざまな撮影条件に合
ったシーンを自動的に認識して、最適な絞り値とシ
ャッター速度の組み合わせを決めシャープで鮮やか
な画像を撮影します。
1. モードボタンを押して、ASCNモードを選択しま
す。液晶モニター画面には次のようなアイコンが
表示されます。
4. シャッターボタンを静かに全押しして、画像を撮
影します。
アイ
コン
モード名
アイ
コン
モード名
風景
夜景
ポートレート
マクロ
夜景ポートレート
自動
逆光のポートレート
「ASCN」モードでは、カメラが0.5秒ごとに自動
的に撮影シーンを判別して、最適なシーンで撮
影ができます。
風景
2. カメラを被写体に向けると撮影シーンを自動的に
判別して、最適なモードを選択します。
3. シャッターボタンを軽く半押しして、被写体の中
央にピントを合わせます。
28
風景写真の場合、ASCNは背景に一致するように露出
を自動的に調整します。
ポートレート
人物撮影の場合、ASCNは人物の肌を美しく自然に仕
上げ、適切な露出で撮影します。
夜景ポートレート
夜間や暗い条件下で人物を撮影するとき、ASCN は人
物と背景の明るさを最適に自動調整します。
逆光のポートレート
太陽またはその他の光源が被写体の背景にある場
合、ASCNは前景の露出を自動的に調整して人物が暗
くならないように撮影します。
夜景
夜景の場合、ASCNはISO値を自動的に上げて、手ブレ
を押さえて夜景をきれいに撮影します。
マクロ
小さな被写体をアップで撮影できるようにASCNは自
動的にピントを合わせます。
自動
被写体の明るさに応じて最適な絞り値とシャッター
速度の組み合わせをカメラが自動的に決めます。
29
パノラマでパニング撮影
パノラマモードでは、パノラマ写真を作成します。
カメラは撮影した個々の画像で、パノラマ写真を自
動的に構成します。
パノラマモードで撮影するには、次の手順でおこな
います。
1. モードボタンを押して、パノラマを選択します。
ボタンを押して、設定を確定します。画面に
は、次のアイコンが表示されます
・
2. 機能ボタン左/右を押して、カメラを動かす方向を
選択します。方向を選択しないで2秒経過すると、
自動的に初期設定と同様に左から右方向の撮影に設
定されます。
3. 液晶モニターで構図を決めてから、シャッターボタ
ンを押し最初の一枚を撮影します。撮影が終了する
と画面には、
合成フレームと画面端に
タ
ーゲットフレームが表示されます。
4. 一枚目の画像につなげるようにカメラを移動させ
て、
合成フレームの中心を
ターゲットフ
レームの中心に合わせると、自動的に、二枚目が撮
影されます。この手順を繰り返して撮影します。
30
3枚の撮影が終了すると、カメラは自動的に一枚ずつ
の画像をパノラマに合成させます。再生ボタンを押
して、再生モードに入り、パノラマ画像を見ること
ができます。
パノラマ写真撮影中に
ボタンを押して、画
像を保存し、撮影を終了します。消去/機能ボタ
ン下を押して、保存せずに撮影を終了すること
もできます。
パノラマ自動撮影を最適に行なうには、カメラを
ターゲットに向けて動かすとき、速すぎたり、平
行ズレが発生しないようにしてください。
パノラマ自動撮影中、画面に「照準外なので、
再度お願いします。」と表示されたときは、構
図を決めるときカメラの移動角度がずれたた
め、継続して撮影ができなくなりました。再度
撮影をし直してください。
パノラマ自動撮影を最適に行なうには、カメラを
ターゲットに向けて動かすとき、速すぎたり、平
行ズレが発生しないようにしてください。
シーンモード(SCN)
シーンモードでは、状況に合わせて合計 20 種類のシ
ーンから選択できます。場面に適したシーンを選択
するだけで最適な撮影ができます。
1. モードボタンを押して、シーンモードを選択しま
す。液晶モニター画面には次のように表示されま
す。
2. 機能ボタン上/下、左/右を押して、撮影に適切なシ
ーンモードを選択します。
ボタンを押して、
設定を確定します。
アイ
コン
モード
アイ
コン
モード
風景
スポーツ
ビーチ
夕日
花火
夜景
夜景ポートレート
パーティー
子供
室內
雪
IDカード
博物館
テンプレート
流し撮り
資料撮影
葉
ガラス越し
魚眼
スケッチ
31
風景
パーティー
風景の撮影では、緑色と青色が鮮やかに表現できま
す。
室内のパーティー会場などで、複雑な照明のもとで
人物像を自然に撮ることができます。
スポーツ
動きの速い被写体をぶれずに撮影できます。
ビーチ
日差しの強い浜辺で綺麗な写真を撮ります。
子供
子供やペットを撮影する際、目などを保護する為に
フラッシュは発光しません。
室内
室内撮影用です。背景や周辺を鮮明にします。
夕日
夕日を撮影する際、赤色と黄色が鮮やかに表現でき
ます。
雪
雪景色を撮影する際、見たままの白を表現します。
花火
夜景や花火の撮影には、シャッター速度を遅くして
鮮やかな画像を再現します。(三脚の使用を推奨し
ます)
IDカード
夜景
夜景を撮影します。(三脚の使用を推奨します)
証明書をはっきりと撮ります。
博物館
博物館やフラッシュが禁止されている場所でも明る
く写ります。
テンプレート
夜景ポートレート
人物の顔は明るく、夜景もキレイに写します。
32
おもしろいフレームを加えます。
流し撮り
シーンモードメニューの表示
速く移動する被写体をはっきり、背景は流れるよう
に撮影します。
資料撮影
白地の印刷物などの文字を鮮明に写します。
葉
植物を撮影する際、緑が鮮やかに表現できます。
ガラス越し
透明なガラスの背後の被写体を撮影します。
1. シーンモードで、
ボタンを押して、拡張機能
メニューが表示されます。
魚眼
2. 機能ボタン左/右を押して、拡張機能を選択しま
す。
魚眼効果を強調した面白い写真が写せます。
スケッチ
鉛筆画効果の写真を撮ります。
3. 機能ボタン上を押し、機能ボタン左/右を押して、
機能メニューを選択します。
4.
ボタンを押して、設定を確定します。
機能メニューから画質と画像サイズを設定すること
ができます。詳細な設定については、20ページの「拡
張機能メニュー」を参照してください。
33
ブレ軽減モード
ブレ軽減モードは、暗い時またはシャッタースピー
ドが遅いときに発生する手ブレの影響を軽減しま
す。
モードボタンを押して、機能ボタン左/右を押して、
手ブレ軽減モードを選択します。 ボタンを押し
て、設定を確定します。
ブレ軽減モードは暗い場所、またはスローシャッ
タースピードで撮影するときにお勧めします。
風の強い場所や不安定な場所(動いている乗り
物の中など)で撮影すると、ブレが生じること
があります。
34
顔検出
顔検出機能は、工場出荷時にオンに設定されていま
す。顔検出とオートフォーカスを使用すると、被写
体の顔にピントが自動的に合い、最適な露出が設定
されます。(パノラマモードと動画モードでは使用
できません)
まばたき検出
まばたき検出機能は、工場出荷時にオンに設定され
ています。画像を撮影した後、まばたきが検出され
ると、まばたき検出アイコン( )が液晶モニター
に表示されます。
35
再生モード
静止画と動画を見る
撮影された静止画や動画を液晶モニターに表示する
には、次の手順で行ないます。
1. 撮影モードの状態で、再生ボタンを押すと再生モ
ードに切り替わります。画面には最後に撮影した
静止画及び動画が表示されます。
6
2. 機能ボタン左/右を押して、メモリーカードまたは
内蔵メモリーに保存された画像を選択して表示し
ます。
3. 選択された動画を再生するには、
して動画再生モードに入ります。
ボタンを押
動画再生中は、画面に操作ガイドが表示されます。
ボタンを押して、操作機能の
機能ボタン左/右と
変更ができます。
1
2
3
4
5
36
下記に操作機能を表示してあります。
1
最初のフレーム
に戻って再生す
る
4
最初のフレ
ームに戻る
2
再生
5
巻戻し
3
早送り
6
一時停止
動画を再生する時、機能ボタン上/下を押して、再生
音量を調整し
、消音になるとき、
が
表示されます。
1
2
下記に操作機能を表示してあります。
1.音量を上げる
2.音量を下げる
37
サムネイルビュー
再生モードでズームボタンの
側を押すと液晶
モニターに静止画と動画のサムネイル画像が表示さ
れます。
1. ズームボタンを押すごとに、画像は3x3、4x4と
日 付フォルダーのサムネイル表示に切り替えます
。
4. 機能ボタン上/下/左/右を押して、静止画または動
ボタンを押して再生画面に
画を選択します。
戻ります。
38
2. 3x3、4x4のサムネイル画像が表示されるとき、
機能ボタン上/下/左/右を押して、静止画または動
画を選択します。
日付フォルダーは撮影の日付の順番で表示しま
す。
3. 日付フォルダーが表示されるとき、機能ボタン上
/下を押して、日付フォルダーを選択します。
ボタンを押すと、日付フォルダーのサムネイル
ビューが表示されます。
のアイコンが表示されてい
液晶モニターに
るときは動画画像です。
画像を拡大する(静止画専用)
ズームボタンは再生中にも使用できます。画像を
2~8Xまで拡大することが可能です。
1. 再生ボタンを押して、再生モードに入ります。
2. 機能ボタン左/右を押して、拡大する静止画を選択
します。
3. ズームボタンの
を押して画像を拡大する と、
液晶モニター右上に倍率(2.0X)が表示され ます。ま
た画面右下に、画像全体のどの部分を表 示している
かを示す画面位置表示(案内マーク、 橙色 □)が表
示されます。機能ボタン左/右、 上/下を押して、お好
みの場所を見ることができま す。
4. 拡大した画像を縮小するときは、
ます。またズームボタンの
も画像を縮小できます。
動画は拡大できません。
ボタンを押し
を繰り返し押して
画像サイズが0.3Mに設定されている時には、写
真のショットは4倍にまでしかズームすること
はできません。
39
画像を消去する方法
再生モードで、消去/機能ボタン下を押して、静止画
と動画を消去することができます。
静止画または動画の消去:
1. カメラを再生モードに切り換えます。
2. 機能ボタン左/右を押して、消去する静止画または
動画を選択します。
3. 消去/機能ボタン下を押して、消去画面が表示され
ます。
40
4. 機能ボタン上/下を押して、「はい」または
ボタンを押して、設定を
「戻る」を選択し、
確定します。
消去された静止画/動画は回復することができま
せん。
1回の操作ですべての静止画/動画を消去するに
は、51ページのすべて消去機能を参照してくだ
さい。
操作メニュー
静止画メニュー
撮影モードアイコン:
M
撮影モードで
ボタンを押して、セットアップメ
ニューが表示されます。
各種設定の手順:
1. セットアップメニューで機能ボタン左/右を押し
て、撮影セットアップメニューあるいはカメラセ
ットアップメニューを選択します。
4. 機能ボタン上/下を押して、オプションを選択しま
す。機能ボタン左を押して、セットアップメニュ
ーに戻ることもできます。
5.
ボタンを押して、設定を確定します。
変更する機能オプションを選択するとき、機能
ボタン上/下を押し続けると、各セットアップメ
ニューに素早く切り換えることができます。
2. 機能ボタン上/下を押して、変更する機能オプショ
ンを選択します。
3.
または機能ボタン右を押して、サブメニューが
表示されます。
次のセクションで各設定の詳細を説明しています。
41
AFモード
AFアシストビーム
被写体を撮影している間、この設定を使用して自動
フォーカスメカニズムを制御します。
AF アシストビームで、このオプションでオンまたは
オフにすることができます。カメラは暗い環境でAF
アシストビームは焦点合わせを向上することができ
ます。AF アシストビームをオフにさせないと推薦さ
れ、そうしないと、カメラは焦点に合わせない可能
性もあります。
2種類のメニューから選択することができます:
• シングルAF: AFフレームが液晶モニターの中央に
表示されると、被写体に焦点が合います。
• マルチAF: カメラは焦点を見つけるために、広い
領域で被写体に自動的に焦点を合わせます。
AFアシストビームがオンになっているとき、シ
ャッターボタンを半押しすると、カメラは被写
体にAFビームを投射してピントを合わせ易くし
ます。
42
測光方式
連写
この設定により、明るさを測定する範囲を選択しま
す。
この設定により、連写(連続撮影)を行います。シ
ャッターボタンを全押ししている間、連写を行いま
す。
3種類のメニューから選択することができます。
• スポット測光
• 中央部重点
• AiAE
5種類のメニューから選択することができます。
• オフ:連写を無効にします。
• 無制限: シャッターボタンを全押ししている間、
連続して撮影します。
• 3Xショット: シャッターボタンを全押ししている
間、3コマ連続して撮影します。
• 3Xショット(最後): シャッターボタンを全押し
している間、連続して撮影します。このうち最
後の3コマを記録します。
43
• インターバル撮影: 事前に設定した撮影間隔で自
動的に連続して撮影します。
インターバル撮影を選択して、機能ボタン右を押し
て、サブメニューが表示されます。
下記、4種類のメニューから選択することができま
す。
• 30 秒
• 5 分
• 1 分
• 10 分
連写を設定してある時は、フラッシュは機能し
ません。
44
コンティニュアスAF
コンティニュアスAF機能がオンになっている状態で
は、動きのある被写体に対して自動的にピントを合わ
せ続けます。
笑顔検出
笑顔検出が有効になっているとき、被写体が笑顔に
なるとカメラは自動的に撮影します。
5. 笑顔検出モードで被写体が笑顔にならないとシャ
ッターが切れないことがあります。その場合、笑
顔検出を無効にするにはシャッターボタンを押し
てください。
カメラの顔検出/笑顔検出は、被写体の顔がカメ
ラの方を向いているかどうかを含めさまざまな
条件に左右されます。以下の場合、カメラは顔
を検出できないことがあります。
・顔の一部がサングラスなどで覆われる場合。
1. 笑顔検出を有効にしますと、液晶モニター画面に
アイコンが表示されます。
・最適な結果を得るためには、液晶モニターに顔を
大きめに写してください。また、被写体はカメラ
の正面を向くようにしてください。
2. 被写体の顔が検出され顔の回りに白く四角いフレ
ームが表示されるまで、カメラを被写体に向けて
います。
3. シャッターボタンを半押しして、被写体に焦点を
合わせます。
4. 四角いフレームの色が緑色に変わって、焦点が合
った後、シャッターボタンを静かに全押ししま
す。被写体の顔に焦点が合い露出が最適になる
と、フレームの色が白色から緑色に変わります。
45
デジタルズーム
バルブシャッター
この設定により、デジタルズーム機能のオン/オフ
を切り換えることができます。デジタルズームがオ
フになっているとき、光学ズームのみが使用できま
す。
バルブシャッターが有効になっているとき、シャッ
ターは開いたままになっているか、シャッターボタ
ンを全押ししたままにしていると露出時間をプリセ
ットします。バルブシャッターモードではカメラは
自動的に画像ノイズの処理をおこなっているため、
撮影後の画像表示に時間のかかることがあります。
( M 手動モードでのみ使用可能)
• 露出時間を設定するには、サブメニューで機能
ボタン上/下を押して、2秒~30秒間の範囲で調整
ができます。
長時間露光撮影の場合には、三脚の使用をお勧
めします。
露出時間の設定は撮影ごとにオフに戻ります。
再度必要のときは調整してください。
46
レビュー
日付写し込み
この設定により、直前に撮影した画像を見ることが
できます。画像が画面に表示されている時間を変更
することができます。
撮影と同時に日付と時間を画像に写し込みます。
• オフ
4種類のメニューから選択することができます。
• オフ
• 日付写し込み
• 日付/時刻
• 1秒
• 2秒
• 3秒
47
動画メニュー
動画モードアイコン:
動画モードで
ボタンを押して、動画セットアッ
プメニューが表示されます。
各種設定の手順:
1. 機能ボタン上/下を押して、変更する機能オプショ
ンを選択します。
3. 機能ボタン上/下を押して、オプションを選択しま
す。機能ボタン左を押して、セットアップメニュ
ーに戻ることもできます。
4.
ボタンを押して、設定を確定します。
次のセクションで各設定の詳細を説明しています。
2.
48
/ 機能ボタン右を押して、サブメニューが表示
されます。
測光方式
この設定により、明るさを測定する範囲を選択します。
DIS安定装置
DIS安定装置機能を使用すると、動画撮影の時、手ブ
レによる画像のブレを防ぎ、より鮮明な画像を撮影
できます。
3種類のメニューから選択することができます。
• スポット測光
• 中央部重点
• AiAE
コンティニュアスAF
コンティニュアスAF機能がオンになっている状態で
は、動きのある被写体に対して自動的にピントを合
わせ続けます。
49
再生メニュー
再生モードアイコン:
保護
再生モードで
ボタンを押して、セットアップメ
ニューが表示されます。
静止画や動画が誤って消去されないように、この設
定を使用して一枚またはすべてのファイルを保護す
ることができます。
次のセクションで各設定の詳細を説明しています。
静止画または動画を保護/保護解除するには、次の手
順でおこないます。
1. 再生モードで機能ボタン左/右を押して、保護する
静止画または動画を選択します。次に
ボタン
を押して、再生セットアップ1、2メニューが表示
されます。
50
2. 機能ボタン上/下を押して、保護を選択し、機能ボ
タン右を押して、サブメニューが表示されます。
3. 機能ボタン上/下を押して、3種類のメニューから
選択することができます。
消去
3種類の消去メニューがあります。
・1枚
・すべて
消去されたファイルは回復できません。
・リセット
4. 1枚を選択し、
ボタンを押して、「はい」と
「戻る」が表示されます。機能ボタン上/下を押し
て、「はい」を選択し、
ボタンを押して、設
定を確定します。
5. 「ロック解除」と「戻る」が表示されます。機能
ボタン上/下を押して、「戻る」を選択し、
ボ
タンを押して、再生セットアップ1、2が表示されま
す。
6. 画面上部に保護アイコン
が表示されると、静
止画/動画が保護されていることを示します。
7. すべてを選択すると、「はい」と「取消」が表示
されます。「はい」を選択すると、すべて保護さ
れます。
8. リセットを選択すると、「はい」と「取消」が表
示されます。「はい」を選択すると、すべての保
護が解除されます。
• 1枚消去:
1. 再生セットアップ項目の詳細手順は保護と同様に
おこなってください。
2. 再生セットアップ1、2メニューから消去を選択し、
1枚を選択してから
ボタンを押します。
3. 機能ボタン左/右を押して、消去する静止画または
動画を選択します。機能ボタン上/下を押して、
(画像を消去する場合は)「はい」を、(前のメ
ボ
ニューに戻る場合は)「取消」を選択し、
タンを押して、設定を確定します。
51
• すべて消去:
1. 再生セットアップ1、2メニューから消去を選択
ボタンを押しま
し、すべてを選択してから
す。
2. 機能ボタン上/下を押して、(すべての画像を消
去する場合は)「はい」を、(前のメニューに戻
ボタンを押し
る場合は)「取消」を選択し、
て、設定を確定します。
画像を消去すると、DPOF設定はリセットされま
す。
DPOF (デジタルプリントオーダーフォーマット)
DPOFにより印刷するために選択した静止画を記録
し、それをメモリーカードに保存することにより、
メモリーカードをプリントショップに手渡すだけで
済み、どの画像を印刷するかを指摘する必要はあり
ません。
• 日付フォルダー消去:
1. 日付フォルダーを選択して、
ボタンを押しま
す。
2. 機能ボタン上/下を押して、消去する日付フォルダ
ボタンを押して消去画面が
ーを選択します。
表示されます。
3. 機能ボタン上/下を押して、(日付フォルダーを消
去する場合)「はい」を、(前のメニューに戻る
ボタンを押して、
場合)「取消」を選択し、
設定を確定します。
が表示されている画像は保護
保護アイコン
されています。画像を消去する前に、保護を解
除してください。
52
3種類のメニューから選択することができます。
• 1枚 : プリント予約(画像、枚数、日付等)
をする画像を一枚づつ選択します。
• すべて: すべての画像をプリント予約します。
• リセット: プリント予約を解除します。
画像サイズの変更
この設定により、画像を指定した解像度にサイズ変
更し、それを新しい画像として保存することができ
ます。
1. 再生セットアップ1、2メニューから画像サイズの
変更を選択します。
サイズ変更した画像は、元の画像とは別の画像
として保存されます。
元の画像サイズが、「640×480」より小さい場合
は、サイズ変更することはできません。
回転して方向変更した画像はサイズ変更できま
せん。
パノラマ画像は、サイズ変更できません。
画像回転
選択した画像の方向(縦横位置)を設定します。
1. 再生セットアップ1、2メニューから画像回転を選
択します。
2. 機能ボタン左/右を押して、画像のサイズ変更する
静止画を選択します。
2. 機能ボタン左/右を押して、画像回転する静止画を
選択します。
3. 機 能 ボ タ ン 上 / 下 を 押 し て 、 変 更 す る 画 像 サ イ
ズ「1024X768」、「640X480」を選択します。
「戻る」を選択すると、再生セットアップ1、2メ
ニューに戻ります。
4.
ボタンを押して設定を確定します。
サイズ変更した画像は、元の画像とは別の画像
として保存されます。
53
3. 機能ボタン上/下を押して、回転方向「時計回りに
回転します」、「反時計回りに回転します」を選
択します。「戻る」を選択すると、再生セットア
ップ1、2メニューに戻ります。
1. 再生セットアップ1、2メニューから赤目補正を選
択します。
2. 機能ボタン左/右を押して、赤目補正する静止画を
選択します。
3. 機能ボタン上/下を押して、「はい」を選択しま
す。「戻る」を選択すると、再生セットアップ
1、2メニューに戻ります。
4.
ボタンを押して設定を確定します。
回転した画像は、保存されますが、元の画像は
保存されません。
パノラマ合成した画像を回転させることはでき
ません。
動画ファイルは向きを回転させることができま
せん。
赤目補正
カメラには赤目補正の機能が搭載されています。人物
撮影で赤目の現象が発生したときに赤目の部分を補正
します。
54
4.
ボタンを押して設定を確定します。
被写体ができるだけカメラの正面を向くように
すると、赤目現象は大幅に補正できます。
動画画像は赤目補正ができません。
画像のトリミング
トリミング機能により、撮影した画像の不要な部分
を切り取ります。トリミングした画像は別の画像と
して保存されます。
画像をトリミングするには、次の手順でおこないます。
1. 再生セットアップ1、2メニューからトリミングを
選択します。
2. 機能ボタン左/右を押して、トリミングする静止画
を選択します。
3. ズームボタンと機能ボタン上/下、左/右を押し
て、画面に表示されたトリミング枠で新しい画像
の位置とサイズが合うように調整します。
HDR
HDR機能では、撮影した画像の露出、コントラスト不
足などにより発生した、画像ムラ、明暗を補正して最
適な画像にします。
1. 再生セットアップ1、2メニューからHDRを選択しま
す。
2. 機能ボタン左/右を押して、HDRする静止画を選択
します。
4.
ボタンを押して、「変更を保存しますか?」と
表示されます。「はい」、「いいえ」を選択して
ボタンを押して、設定を確定します。
画像サイズが「640×480」以下の場合はトリミン
グできません。
回転して方向変更した画像はトリミングできま
せん。
3. 機能ボタン上/下を押して、「はい」を選択しま
す。「戻る」を選択すると、再生セットアップ
1、2メニューに戻ります。
4.
ボタンを押して設定を確定します。
5. HDR最適化した画像は、元の画像とは別の画像とし
て保存されます。
55
スライドショー 他
スライドショー 他モードアイコン:
再生モードで
ボタンを押して、セットアップメ
ニューが表示されます。
スライドショー
この設定により、保存されているすべての画像をス
ライドショーとして表示できます。
1. セットアップメニューで機能ボタン左/右を押し
て、スライドショー 他を選択し、機能ボタン上
/下を押して、スライドショーを選択します。
2. 機能ボタン右を押して、サブメニューが表示され
ます。
1.効果:「オフ」、「タイプ1」、「タイプ2」
2.間隔時間:「1秒」、「3秒」、「5秒」
3.リピート:「オン」、「オフ」
設定を行なうには、次の手順でおこないます。
3. 機能ボタン上/下、左/右を押して、オプションを選択
ボタンを押して、設定を確定します。
し、
56
4. 設定を確定後、機能ボタン上/下を押して、
「スタート」を選択するとスライドショーが開始
されます。「取消」を選択すると、セットアップ
メニューに戻ります。
壁紙の設定
この設定により、液晶モニターの背景に使用するお
気に入りの画像を選択できます。
1. セットアップメニューで機能ボタン左/右を押し
て、スライドショー 他を選択し、機能ボタン上
/下を押して、壁紙の設定を選択します。
2.
または機能ボタン右を押して、サブメニューが
表示されます。
1.メニューの壁紙:「ユーザー」、「ナチュラル」、
「スパークリング」
2.歓迎の壁紙:「ユーザー」、「GE Logo」
3.初期設定に戻す:「はい」、「いいえ」
3. 機能ボタン上/下、左/右を押して、オプションを選
ボタンを押して、設定を確定します。
択し、
57
カメラ設定メニュー
モードアイコン:
M
すべてのモードで
ボタンを押して、セットアッ
プメニューが表示されます。
セットアップメニューで機能ボタン左/右を押して、
一般的なセットアップメニューを選択します。
設定を行なうには、次の手順でおこないます。
1. 機能ボタン上/下を押して、変更する機能オプショ
ンを選択します。
58
2. 機能ボタン右を押して、サブメニューに入りま
す。
3. 機能ボタン上/下を押して、オプションを選択しま
す。機能ボタン左を押して、セットアップメニュ
ーに戻ることもできます。
変更する機能オプションを選択するとき、機能
ボタン上/下を押し続けると、各セットアップメ
ニューに素早く切り換えることができます。
ビープ音
この設定により、ボタンを押したときの操作音の音量
を調整し、シャッターボタン、セルフタイマー、およ
び電源オン/オフのトーンを変更します。
設定を変更するには、次の手順でおこないます。
1. 一般的なセットアップメニューからビープ音を選
択します。
2. サブメニューには「音量」、「シャッター」、
「キー」、「セルフタイマー」、「電源」が表示
されます。
3. サブメニューで、各オプションを選択すると、下記
の通りに表示されます。
音量: レベル1、レベル2、レベル3、消音
シャッター:トーン1、トーン2、トーン3
キー: トーン1、トーン2、トーン3
セルフタイマー: トーン1、トーン2、トーン3、
トーン4
電源: トーン1、トーン2
4. 機能ボタン上/下を押して、オプションを選択し、
ボタンを押して、設定を確定します。
液晶の明度
この設定により、液晶画面の明るさを調整します。
1. 一般的なセットアップメニューから液晶の明度を
選択します。
2. 機能ボタン左/右を押して、自動または明度を選択
ボタンを押して、設定を確定します。
し、
59
省電力
4.
この設定により、電力を節約し、電池寿命を延ばす
ことができます。以下のステップに従って液晶画面
をオフにすると、カメラは一定時間の後自動的に停
止状態になります。
日時設定
1. 一般的なセットアップメニューから省電力を選択
します。
ゾーン
2. サブメニューには「液晶画面オフ」、「カメラ電
源オフ」が表示されます。
世界時間の設定は、海外旅行に役立ちます。この機
能により、海外にいる間、液晶画面に現地時間を表
示することができます。
ボタンを押して、設定を確定します。
15ページの「日時設定」を参照してください。
1. 一般的なセットアップメニューからゾーンを選択
します。
2. 機能ボタン上/下を押して、
自宅を選択し、機
能ボタン左/右を押して、ゾーン(同じ時間帯のあ
ボタンを押して、設定を
る都市)を選択し、
確定します。
3. サブメニューで、各オプションを選択すると、下
記の通りに表示されます。
• 液晶画面オフ: オン/30 秒/1 分/2 分
• カメラ電源オフ:オン/3 分/5 分/10 分
60
3. 機能ボタン上/下を押して、
現地(訪問先)を
選択し、機能ボタン左/右を押して、ゾーン(同じ
ボタンを押し
時間帯のある都市)を選択し、
て、設定を確定します。ゾーンを設定するだけで
時差は自動的に処理されます。
ファイル・ソフトウェア
フォーマット
フォーマット機能では、保護された画像を含
め、メモリーカードとカメラの内蔵メモリーの
すべてのデータを消去します。
設定を変更するには、次の手順でおこないます。
1. ファイル・ソフトウェアメニューからフォーマッ
トを選択します。
言語設定
14ページの「言語設定」を参照してください。
2. 機能ボタン上/下を押して、「はい」または「いい
ボタンを押して、設定を確定
え」を選択し、
します。
3. メモリーカード(メディア)も初期化されます。
4. メモリーカードがない場合、内蔵メモリーをフォ
ーマットします。メモリーカードがある場合、メ
モリーカードのみフォーマットしません。
61
カードへコピーする
ファイル名
この設定により、内蔵メモリーに保存された画像を
メモリーカードにコピーします。
静止画または動画を記録した後、カメラはメモリー
カードにファイルを自動的に保存します。保存する
とき、数字が撮影した最後の画像から続くか、新た
にカウンタを 1にリセットして、新しいフォルダに保
存するかを決定することができます。
(メモリーカードに記録された画像数が999枚以上であ
る場合、この機能は効きません。)
1. ファイル・ソフトウェ ア メ ニ ュ ー か ら コ ピ ー
を選択します。
2. 機能ボタン上/下を押して、「はい」または
ボタンを押して、設定
「いいえ」を選択し、
を確定します。
1. ファイル・ソフトウェアメニューからファイル名
を選択します。
2. 機能ボタン上/下を押して、「リセット」または
ボタンを押して、設定
「続ける」を選択し、
を確定します。
62
リセット設定
FWバージョン
この設定により、カメラを出荷時の設定に戻しま
す。
この設定により、現在のカメラのファームウェアバ
ージョンの表示または更新します。
1. ファイル・ソフトウェアメニューからリセットを
選択します。
1. ファイル・ソフトウェアメニューからFWバージョンを選
択します。
2. 機能ボタン上/下を押して、「はい」または
ボタンを押して、設定
「いいえ」を選択し、
を確定します。
2. 新ファームウェアーバージョンをインストールした時
は、画面に新バージョンが表示されます。
3. 画面に新ファームウェアーバージョンが表示されたと
ボタン
きは、
「はい」または「取消」を選択し、
を押して、設定を確定します。
電池残量が少ない時は、ファームウェアを更新す
ることはできません。
63
カメラ接続
ビデオシステム
この設定を使用して、現在の地域のビデオシステム
を選択します。
カメラは、地域によって2つの異なるビデオ出力信号
「NTSC」または「PAL」に適応しています。
1.
NTSC : 米国、カナダ、台湾、日本など。
ボタン押して、セットアップメニューが表示
されます。機能ボタン左/右を押して、転送メニュ
ーを選択し、機能ボタン上/下を押して、ビデオシ
ステムを選択します。
2. 機能ボタン右を押して、サブメニューが表示され
ます。機能ボタン上/下を押して、「NTSC」あるい
は「PAL」を選択します。
3.
PAL
: ヨーロッパ、アジア(台湾を除く)、オセアニ
アなど。
正しいビデオシステムが選択されていない場合、
TV出力は正しく表示されません。
ボタンを押して、設定を確定します。
カメラをテレビに接続する場合は別売りのAVケー
ブルをご使用ください。
64
PCに接続する
カメラに付属するUSBケーブルとArcSoftソフトウェア
(CD-ROM)を使用して、画像をコンピュータにコピー
(転送)します。
USBモードを設定する
カメラのUSB端子は、PCまたはプリンターと接続がで
きます。次のステップにより、カメラをPCに接続し
て正しく設定ができていることを確認します。
1.
ボタン押して、セットアップメニューが表示されま
す。機能ボタン左/右を押して、転送メニューを選択し、
機能ボタン上/下を押して、USB接続を選択します。
2.
/機能ボタン右を押して、サブメニューが表示され
ます。機能ボタン上/下を押して、PCを選択します。
3.
ボタンを押して設定を確定します。
PCにファイルを転送する
コンピュータは、リムーバブルドライブとしてカメラを自
動的に認識します。デスクトップのマイコンピュータアイ
コンをダブルクリックしてリムーバブルドライブを検索
し、一般的なフォルダやファイルをコピーするPCのディレ
クトリにドライブのフォルダとファイルをコピーします。
USBケーブルを使用することによって、撮影した静止
画と動画をPCに転送することができます。以下のス
テップに従って、PCにカメラを接続します。
1. ArcSoftソフトウェアがインストールされているコ
ンピュータを起動します。
2. カメラとPCがどちらもオンになっていることを確
認します。
3. 付属のUSBケーブルの一方の端をカメラのUSB端子に
接続します。
4. ケーブルの他の端をPCの空きUSB端子に接続します。
65
5. 転送が完了したらケーブルを取り外します。
ウィンドウズ・オペレーティングシステム(ウィ
ンドウズ2000、ウィンドウズXP、ウィンドウズ・
ビスタ、ウィンドウズ7)
(ハードウェアーを安全に取り外す)アイコンを
クリックし、現れたメニューにしたがってUSBコネ
クター(接続)を取り外します。
Macintosh
USBオプションが[PC]に設定されている場合:
カメラをオフにし、USBケーブルを抜きます。
USBオプションが[PC (PTP) ]に設定されている場
合:
カメラをオフにしてUSBケーブルを抜く前に、以下で
説明するように、システムからカメラを取り外しま
す。
66
ごみ箱に無題のアイコンをドラッグします。
("無題")
PictBridge互換プリンターに接続する
PictBridgeにより、画像をデジタルカメラの
メモリーカードからどのブランドのプリン
ターにも直接印刷できます。プリンターが
PictBridge互換かどうかを調べるには、パッ
ケージでPictBridgeロゴを探すか、マニュア
ルの仕様をチェックします。カメラにPictBridge機能が
搭載されていることで、付属のUSBケーブルを使用し
てPictBridge互換プリンターで記録した画像を直接印刷
することができます。PCは必要ありません。
2.
ボタンを押して設定を確定します。
USBモードを設定する
カメラのUSB端子は、PCまたはプリンターと接続がで
きます。次のステップにより、カメラをPCに接続し
て正しく設定がされていることを確認します。
1.
2.
ボタン押して、セットアップメニューが表示
されます。機能ボタン左/右を押して、転送メニュ
ーを選択し、機能ボタン上/下を押して、USB接続
を選択します。
カメラをリセットすると、USBモードからPC接続モ
ードに自動的に切り替わります。
/機能ボタン右を押して、サブメニューが表示され
ます。機能ボタン上/下を押して、プリンターを選択し
ます。
67
カメラとプリンターを接続する
1. カメラとプリンターがどちらもオンになっている
ことを確認します。
カメラがPictBridge互換プリンターに接続されていな
い場合、液晶モニターに次のエラーメッセージが表
示されます。
2. 付属のUSBケーブルの一方の端をカメラのUSB端子に
接続します。
3. ケーブルの他の端をプリンターのUSB端子に接続しま
す。
USBモードが正しく設定されていない場合も上
のエラーメッセージが表示されます。その場
合、USBケーブルを抜き、USBモード設定をチェ
ックして、プリンターの電源がオンになってい
ることを確認してから、USBケーブルを再び接
続します。
68
PictBridgeメニューを使用する
USBモードをプリンターに設定すると、5種類の DPSメ
ニューが表示されます。
1.日付印刷
2.日付なし印刷
3.サムネイル画像を印刷する
4.DPOF画像を印刷しますか
日付印刷
カメラの日時設定を行なうと、撮影したすべての画
像が日時付きで保存されます。日時付きで画像をプ
リントアウトするには、次の手順でおこないます。
1. DPSメニューで、
「日付印刷」を選択します。次の画面
が表示されます。
5.戻る
機能ボタン上/下を押して、DSPメニューを選択しま
す。
2. 機能ボタン左/右を押して、日付印刷する画像を選
択します。
すべての設定の詳細については、次の項を参照してくだ
さい。
69
3. 機能ボタン上/下を押して、選択した画像の印刷枚
数を決定します。
4.
ボタンを押すと、次の画面が表示されます。
日付なし印刷
この設定により、日付を入れずに画像が印刷されま
す。
1. DPSメニューで、「日付なし印刷」を選択します。
次の画面が表示されます。
5. 「はい」を選択すると印刷が開始します。
「取消」を
選択すると、印刷をキャンセルします。
ボタン
を押して、設定を確定します。
2. 機能ボタン左/右を押して、日付なし印刷する画像
を選択します。
3. 機能ボタン上/下を押して、選択した画像の印刷枚
数を決定します。
4.
70
ボタンを押すと、次の画面が表示されます。
サムネイル画像の印刷
この機能により、カメラのサムネイル画像の印刷が
できます。
1. DPSメニューで、
「サムネイル画像を印刷する」を選択
します。次の画面が表示されます。
5. 「はい」を選択すると印刷が開始します。
「取消」を選択すると、印刷をキャンセルしま
す。
ボタンを押して、設定を確定します。
2. 「はい」を選択すると印刷が開始します。「取消」
を選択すると、印刷をキャンセルします。
ボタ
ンを押して、設定を確定します。
71
DPOF画像の印刷
USBケーブルを取り外す
DPOF画像を印刷するには、前もってDPOF設定で画像
を選択してください。(52ページのDPOFを参照して
ください。)
DPSメニューを終了するには、「戻る」を選択しま
す。「USB接続ケーブルを外します」メッセージが表
示されます。
1. DPSメニューで、
「DPOF画像を印刷しますか」を選択
します。次の画面が表示されます。
画面にこのメッセージが表示されると、カメラとプ
リンターからUSBケーブルを安全に取り外すことがで
きます。
2. 「はい」を選択すると印刷が開始します。
「取消」を
選択すると、印刷をキャンセルします。
ボタン
を押して、設定を確定します。
72
付録
仕様
「外観と仕様の一部を将来予告なしに変更することがあります。」
カメラ部有効画素数
1410万画素
撮像素子
1/2.33型CCD(総画素数 1440万画素)
レンズ
焦点距離
5.0~25.0mm
35mmフィルム換算
28~140mm
開放F値
F3.5~F5.2
レンズ構成
10群 10枚
光学ズーム
5倍
撮影範囲
通常撮影 60cm~∞(W)、100cm~∞(T)
マクロ撮影 5cm~∞(W)
DIS
ブレ軽減
6倍(光学8倍と併用して最大30倍)
デジタルズーム
記録画素数
(画像サイズ)
静止画
14M, 12M(3:2), 10M(16:9), 8M, 5M, 3M, 0.3M
動画
1280x720(30fps、15fps)
640x480(30fps、15fps)
320x240(30fps、15fps)
73
画質
精細画質、標準画質、普通画質
DCF、DPOF (Ver1.1)サポート
ファイル形式
74
○
静止画
Exif 2.2 (JPEG)
動画
画像圧縮: JPEG(AVI)、音声: G.711 [Monaural]
撮影モード
自動、手動、動画、パノラマ、ASCN、ポートレート、シーン(スポーツ、 室
内、雪、花火、博物館、夜景、子供、葉、夕日、ガラス越し、風景、夜景ポー
トレート、ビーチ、資料撮影、パーティー、IDカード、魚眼、流し撮り、テンプ
レート、スケッチ)
笑顔検出
○
まばたき検出
○
顔検出AF
○
赤目補正機能
○
パノラマ合成撮影
○
液晶モニター
2.7インチ TFTカラー液晶モニター (230,400 ピクセル)
ISO感度
自動、ISO 64/100/200/400/800/1600
AF方式
シングルAF、マルチAF(TTL 9ポイント)、顔検出AF、AFアシストビーム(オ
ン/オフ)
測光方式
AiAE、中央部重点、スポット測光
露出制御方式
プログラムAE(AEロック可能)
露出補正
±2 EV(1/3ステップ刻み)
シャッター速度
4~1/2000秒 (手動30秒)
再生モード
静止画、サムネイル(9/16)、スライドショー、動画(スローモーション
可能)、ズーム(約2倍~8倍)、音声、ヒストグラム表示
ホワイトバランス
自動、晴天、曇天、蛍光灯、蛍光灯(CWF)、白熱電球、手動
内蔵フラッシュ
自動発光/赤目軽減発光/強制発光/発光禁止/スローシンクロ/赤目軽減発
光+スローシンクロ
撮影範囲 ワイド: 約0.6m~4.0m / 望遠: 約0.8m~2.6m
記録メディア
内蔵メモリー: 50 MB
SDカード/SDHCカード(32 GBまでサポート)
75
その他の機能
PictBridge、Exif印刷サポート、言語設定
入出力端子
USB2.0 (*1)/AV-OUT
電源
単三形アルカリ電池(2個使用) 単三形NiMH電池[別売]
撮影枚数
約120枚(CIPA標準に基づく)
動作環境
湿度:90%以下(結露しないこと)
寸法(幅 x 高さ x 奥行き)
96.4mm x 59.5mm x 24.7~26.0 mm
質量
約132g (本体のみ)
*1: 5 pin Macro USB
76
温度:0~40℃
エラーメッセージ
メッセージ
説明
• メモリーカードの画像フォーマットを識別または読み込みできません。
カードエラー
• 新しいメモリーカードと交換するか、または本機でカードをフォーマッ
トしてください。
メモリーカード残量なし
• メモリーカードがいっぱいで、新しい画像を保存できません。
ピクチャーエラー
• 画像が正しく記録されていません。
• 画像が損傷しています 。
ピクチャーなし
• メモリーカードまたは内蔵メモリーに画像がありません。
レンズエラー
• レンズのつまり、引っ掛りにより、カメラの電源が自動的にオフになりま
す。
システムエラー
• 予期せぬエラーが発生しました。
書き込み保護
• メモリーカードの書き込み保護スイッチが「ロック」位置にセットされていま
す。
標準外なので再度お願いします
• パノラマモード撮影中に、移動方向エラーがあり、または角度が内部設
定値から大きく外れました。
77
メッセージ
説明
メモリーカードがフォーマットさ
れていません。フォーマットしま
すか?
• メモリーカードのフォーマットを確認してください。
画像を消去できません
• 消去しようとしている静止画や動画が書き込み保護されています。
警告 カメラ録画中。お待ちくだ
さい。
• 動画/音声の録画中、他の操作は実行できません。
警告 バッテリーがありません
• 電池切れです。
• 電池が充電切れです。
ファイルを再生できません
• 画像(メモリーカード)がカメラで認識できません。
接続なし
• カメラがプリンターに正しく接続されていません。
印刷エラー
• カメラがプリンターに正しく接続されていません。
印刷できません
印刷できません
• プリンターが用紙またはインク切れでないことを確認してください。
• プリンターの用紙が詰まっていないかどうか確認してください。
• プリンターが用紙またはインク切れでないことを確認してください。
• プリンターの用紙が詰まっていないかどうか確認してください。
78
困ったときには
問題
考えられる原因
カメラがオンにならない。
• 電池切れです。
• 電池が正しく挿入されていませ
ん。
操作中にカメラが突然オフに
なる。
• 電池切れです。
写真がぼやける。
• レンズが汚れています。
• 手ブレ、被写体ブレになっていま
す。
静止画、動画ファイルを保存す • メモリーカードの残量がありませ
ん。
ることができません。
シャッターボタンを押しても
画像を撮影できない。
接続したプリンターから画像
を印刷できない。
• メモリーカードの残量がありませ
ん。
• ファイルを保存する空き容量が
ありません。
• 再生モードになっています。
• カメラがプリンターに正しく接
続されていません。
• プリンターがPictBridge互換であり
ません。
• プリンターが用紙またはインク
切れです。
• 用紙詰まりです。
解決法
• 新しい電池に交換してください。
• 電池を充電するか、完全に充電されたものと交換し
てください。
• 電池のプラスとマイナスを確認しながら電池を挿入
します。
• 新しい電池に交換してください。
• 電池を充電するか、完全に充電されたものと交換し
てください。
• 柔らかい布を使用して、カメラのレンズを軽く拭
いてください。
• 手ブレ軽減モードを使用します。
• メモリーカードを新しいものと交換してください。
• 不要な画像を消去してください。
• メモリーカードのロックを解除してください。
• メモリーカードを新しいものと交換してください。
• 不要な画像を消去してください。
• メモリーカードがロックされています。
• モードボタンを押して、静止画撮影モードを選択します。
•
•
•
•
カメラとプリンターの接続を確認してください。
PictBridge互換プリンターを使用してください。
プリンターに用紙を補給してください。
プリンターのインクカートリッジを交換してくだ
さい。
• 詰まっている用紙を取り除いてください。
79
問題
考えられる原因
解決法
メモリーカードの書き込み
速度が遅い
• クラス4以下のメモリカード
でHD以上の動画を記録する場
合、書き込みスピードが遅く
なって、記録できない可能性
があります。
• SDHCカードを使用して、または、このメモリ
ーカードをフォーマットしてください。
• メモリーカードが書き込み保
護されています。
メモリカードに書き込むこ
とができません
80
• 静止画/動画を撮影するとき、
メモリーカードの書き込みが
中止(記録速度が遅すぎるな
どの原因で)になって、撮影
できなくなります。
日付フォルダーの再生はで
きません
• 日付フォルダーで再生する
時、メモリーカードで保存さ
れている画像数或いはフォル
ダー数が規格を超えて、日付
フォルダーの再生はできませ
ん。
メモリーカードにフォル
ダーの保存可能数を超え
ています
• ファイル・ソフトウェアセッ
トアップメニューに「ファイ
ル名」が「はい」に設定され
ています。(ファイル名の詳
細は62ページを参照してくだ
さい)。
• 他のメモリーカードに切り換えてください。
• もう一回撮影します。
• 不要な画像を消去してください。
• メモリーカードにある一部分の画像を他の場
所へ移動して保存してください。
• メモリーカードにある一部分の画像またはフ
ォルダーを他の場所へ移動して保存してくだ
さい。
• ファイル・ソフトウェアセットアップメニュ
ーに「ファイル名」を「いいえ」に設定して
ください。
http://www.ge.com/digitalcameras
© 2011 General Imaging Company
Printed in China
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement