取扱説明書 - ワゴジャパン

取扱説明書 - ワゴジャパン
取扱説明書
WAGO PLC直結32点コネクタ端子台
734コネクタタイプ『PM-734シリーズ』
製品を安全にご使用頂くために作業説明に従った正しい作業を行って下さい。
1.使用工具
◆739-3.5mmピッチ端子台及び734コネクタ用ドライバー工具
210-719(絶縁タイプ)
210-119SB(国産ミニタイプ)
写真は 210-719
◆734コネクタ専用操作レバー
734-230(操作レバー)
*作業には必ず適正な寸法, 形状の工具をご使用下さい。
2.電線のむき出し
①必ず規定のむき出し長さ(L)を範囲内にして下さい。
* 電線むき出し長(L)と接続電線サイズ
739-3.5mm ピッチ端子台
電線むき出し長さ :5~6mm
電線サイズ:0.08~1.5mm2
734コネクタ
電線むき出し長さ :6.5~7.5mm
電線サイズ:0.08~1.5mm2
②素線にバラケ・曲がりがある場合は修正して下さい。
3.結線作業(739/3.5 及び 734 ドライバ操作)
①操作ドライバーを操作穴に差し込み、
スプリングを開きます。
左図のようにドライバーを斜めにあてて
から、一気に突き刺すように差し込むと
スムーズに開きます。
ドライバーはカチッと保持されます!
②電線を接続穴にゆっくりと先端が突き当たる
位置まで挿入して下さい。
細径の電線では押し込み過ぎによる被覆の
噛み込みに注意して下さい。
③ドライバーを外すと電線はスプリングで
クランプされます。
④電線を軽く引っ張り確実に結線されているか
確認して下さい。
ご注意!
・本モジュールは「一対一接続回路」のコネクタ端子台製品ではございません。
接続される機器の回路などをよくご確認の上ご使用ください。
4.PM-734シリーズの概要
4.1.各部説明
PM-734(734コネクタプラグ未接続状態)
電源端子台
MILコネクタ
739/3.5シリーズ端子台を各2個搭載
「C1」「C2」とマーキング
MILコネクタでPLCとストレート接続
C1 C1 C2 C2
CN5
Made by WAGO in Japan
PM-C32-734(51093524)
TB1
10
17
18
1F
08
0F
CN3
CN4
00
07
コーディングキー
4個の734コネクタプラグを、正しいペアで
勘合できるようにコーディングキーを取付け
ていますので、違うペアでは勘合できません
CN1
CN2
マーカ
734コネクタヘッダ
サイズ
734コネクタプラグ(3.5mmピッチ)
8Px4個と勘合します
縦55mmx横95mm
マーカーはPLCの信号名イメージ(プラグ)
基板にも両端の信号名を明記
本体に簡易ストッパ金具が付いていますので、アルミ製35mm
DINレールにストッパー不要で固定可能です。
レールストッパ分のコストダウンと省スペース化が可能です。
*ネジフランジタイプには簡易ストッパー金具は付いていません。
*アルミ製以外のDINレールの場合、別途ストッパーが必要と
なる場合があります。
4.2.全機種統一デザイン
A社のPLC
B社のPLC
PM-734シリーズは同じデザインで
C社のPLC
す。異なる件名でPLCメーカーが変わっ
た時でも適合する機種を選定して、信号接
続用コネクタの同じ位置に同じ作業で結線
が行えます。
C1 C1 C2 C2
CN5
信号は前列左から順に整列しています。
Made by WAGO in Japan
PM-C32-734(51093524)
TB1
10
17
18
1F
08
0F
CN3
CN4
00
07
信号接続が端子台ではなく8極ごとのコネ
CN1
クタになっていますので、特に狭い場所や
CN2
低い場所など施工が容易ではない場所で
メリットが出ます。
信号接続用コネクタ
フィールドからの信号線を接続します
指レバーも使用できます
コネクタにはコーディングキーが装着され
電源端子台
てありますので、違うペアには勘合できま
せん。
4.3.端子台マーカー
PM-734シリーズにはPLC信号イメージのマーカーを表記しています。
PM-A32-734
OMRON 入力用
PM-C32-734
C1 C1 C2 C2
三菱電機入出力用
C1 C1 C2 C2
CN5
CN5
Made by WAGO in Japan
PM-A32-734(51093898)
TB1
Made by WAGO in Japan
PM-C32-734(51093524)
TB1
16
23
24
31
10
17
07
08
15
00
07
0F
CN2
CN2
CN3
08
CN1
CN1
16 17 18 19 20 21 22 23
1F
CN4
CN4
00
18
CN3
CN3
24 25 26 27 28 29 30 31
CN4
10 11 12 13 14 15 16 17
CN3
18 19 1A 1B 1C 1D 1E 1F
CN4
「PM-A32-734」「PM-B32-734」の2機種は 10 進数でマーキング、
「PM-C32-734」は
16 進数でマーキングしています。
結線作業の際に間違が起こりにくいように、接続されるPLCの信号イメージでマーキング
しております。
4.4.コネクタピン配列
PM-734にはPLC接続用にOMRON社のMILコネクタ「XG4A-4031」を実装
しています。
なおMILコネクタの番号の付け方はメーカー毎に異なる場合があります。
回路のご確認や結線作業の際はMILコネクタの▲マーク位置や極性スロット向きをご確認下さい。
FCN40P(PLC側)とMIL40P(モジュール側)の接続ですから、ピン番号は以下の
ようになります。
PM-734
コネクタ部ピン番号
「FCNコネクタ」のA1、B1の位置
(B1)
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
28
30
32
34
36
38
40
(B20)
(A1)
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
27
29
31
33
35
37
39
(A20)
「MILコネクタ」の▲マーク位置
「FCNコネクタ」のA20、B20の位置
PM-734シリーズと各社PLCとの接続には、PMシリーズのコネクタケーブルASタイプが
お奨めです。
*PMコネクタケーブルASタイプ : FCN40P⇔MIL40P、MIL極性スロット外側、一対一ストレート
ASタイプのコネクタケーブルは、横から見て
MILコネクタの極性スロットが外側です。
ですから極性スロットが下向きに実装されている
PM-734シリーズに最適です。
4.5.信号接続用734シリーズコネクタの電線接続方法
PM-734の信号接続を行なう734シリーズコネクタでは、前述のドライバ操作による電線接続
方法以外に、指レバーでの電線接続が行えます。
またコネクタを机の上に置きコネクタサイドからスプリングを直接押して電線接続を行なう事も
可能です。この方法は専用工具でご紹介したドライバでなくてもコネクタサイドのスリットに
入る刃先寸法のマイナスドライバ(市販の精密ドライバなど)でも電線接続する事が可能です。
ドライバにて電線接続される場合には、本資料の「3.結 線 作 業」をご参照下さい。
4.7.電源端子台と電源の横渡し
PM-734の左上に実装されているライトグレーの端子台「C1」「C2」は、適合PLCのコモン
ピンに接続されています。コモン端子台はそれぞれ2極の端子台ですので電源分岐が可能です。
パワーサプライ横の電源分岐用端子台が省略できます。
例:「C1」に「24V」
、「C2」に「0V」を接続する場合(詳しくは回路図をご参照下さい)
C1 C1 C2 C2
CN5
Made by WAGO in Japan
PM-A32-734(51093898)
TB1
0V
24V
16
23
24
31
08
15
CN3
CN4
00
07
CN1
CN2
パワーサプライより
DC24V電源
例:「PM-A32-734」から隣接の「PM-A32-734」への電源横渡し
C1 C1 C2 C2
C1 C1 C2 C2
CN5
CN5
Made by WAGO in Japan
PM-A32-734(51093898)
TB1
Made by WAGO in Japan
PM-A32-734(51093898)
TB1
16
23
31
08
CN1
15
00
23
0V
CN4
07
16
24V
0V
0V
24V
24V
00
24
CN3
24
31
08
15
CN3
CN4
07
CN1
CN2
CN2
電源横渡し
制御盤や装置内で省スペース電源分岐が可能な「コモン端子台モジュール
シリーズ」もあります。
PM-PW
5.DINレールへの取付け方法
装着方法(イラストはIMシリーズ)
①DINレールの上部にケースのフックを引っ掛けて位置を決めます。
フックを引っ掛けただけの状態では簡単に左右に移動させる事が可能です。
②位置が決まりましたらケースの下部(端子台でも可)を押してDINレールに装着します。
アルミ製DINレールの場合、簡易金具がDINレールに噛み込みますので固定は完了です。
アルミ製以外のレールやレールを垂直にして御使用される場合、絶対に固定位置から移動しては
いけない場合などは、DINレールストッパー(別売:249-116、249-117 等)を御使用下さい。
固定
739
739
739
739
フックを引っ掛けた状態
固定された状態
左右に移動可能です
無理に移動させないで下さい
取外し方法
①マイナスドライバ工具をケース足に引っ掛けて、ロックを外す方向に少し力を入れます。
②さらにマイナスドライバをナナメにするとロックが外れますので、片手で抑えます。
③片手でケース部を押さえたまま反対側も同じ作業でロックを外すと、レールから取外せます。
取外し
739
739
739
739
マイナスドライバの位置
左右とも同じ作業を行って
(無理に力を加えないで下さい)
取外し完了
ご不明な内容等ありましたら下記の事業所にお問い合わせ下さい。
ワゴジャパン株式会社
本
社
東京都江東区亀戸 1-5-7 日鐵 ND タワー
Tel:03-5627-2050 Fax:03-5627-2055
Ver.1.0
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement