ライフライザー05コーチ

ライフライザー05コーチ

行動変容支援ソフトウェア

ライフライザー05コーチ Ver.2.2

操作マニュアル

内容物をご確認ください

ライフライザー05コーチ CD・USB ケーブル

ご購入された方へ

●この度は、Kenz ライフライザー05 コーチをご購入いただき誠に

ありがとうございます。

本製品をご利用になる前には必ずこの操作マニュアルをよくお読み

いただき、操作方法をご理解の上ご使用ください。

保証・サービス

●本製品には保証規定に従い、ご購入後1年間の保証がついておりま

す。本製品に付属の保証書をよくお読みいただき、大切に保管して

ください。

PRODUCT KEY

・Lifecorder

®

は株式会社スズケンの登録商標です。

・Windows は、米国 Microsoft Corporation の登録商標です。

・その他、一般に会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

安全のためのお願い

ご使用の前にこの「安全のためのお願い」をよくお読みの上、正しくご使用ください。

■絵表示について

この「安全のためのお願い」は、製品を安全に正しくご使用いただき、人体への危害や財産

への損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。内容をよく理解してか

ら本文をお読みください。

この表示を無視して、誤って取扱いをすると、人が死亡

または重傷を負う可能性が想定される内容を示してい

ます。

この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害

を負う可能性が想定される内容、および物的損害のみの

発生が想定される内容を示しています。

注意(警告を含む)を促す内容があることを告げるものです。

禁止の行為であることを告げるものです。

安全上のご注意

USBケーブルを加工したり、無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったりしない

でください。火災・感電の原因となります。

コネクタやケーブルが傷んだUSBケーブルは使用しないでください。

●本ソフトウェアをお客様が改造したことによる損害については、責任を負いかね

ますのでご了承ください。

●お客様の誤った操作に起因する損害については、責任を負いかねますのでご了承

ください。

●USBプラグを抜くときは、ケーブルを引っ張らないでください。ケーブルに傷が

つき、火災・感電の原因となることがあります。USBプラグを持って抜いてく

ださい。

●濡れた手でUSBプラグを抜き差ししないでください。感電の原因となることがあ

ります。

●USBケーブルを熱器具に近付けないでください。ケーブルの被覆が溶けて、火

災・感電の原因となることがあります。

水、湿気、湯気、ほこり、油煙などの多い場所に置かないでください。故障の原

因となることがあります。

ハードディスク等の機械的な破損や、操作者の不注意によりデータを消失するこ

とがあります。不慮の事故に備え、必ずデータのバックアップを取ってください。

●使用に際しては、電極、電源コード、アース線などの接続が正確で、機器が正常かつ安全に動作す

CDやUSBケーブルなどの廃棄については、廃棄時の法規制に従ってください。

必ず指定のUSBケーブルを使用してください。指定以外のUSBケーブルを使用す

ると、火災の原因になることがあります。

直射日光の当たる場所など極端に高温になる場所に放置すると、CDの変形やUSB

ケーブルの故障または劣化を招く恐れがあります。このような状態のまま使用す

ると、ショートや絶縁不良などにより火災・感電につながることがあります。

目 次

お客様へのお願い .............................................................................................................................. 1

動作環境 .............................................................................................................................................. 2

ライフコーダ製品をご使用のお客様へ ........................................................................................... 3

はじめに .............................................................................................................................................. 4

旧バージョンからのデータ移行 ..................................................................................................... 12

アンインストール ............................................................................................................................ 14

操作クイックマニュアル................................................................................................................. 16

(1) ライフライザーの起動........................................................................................................ 16

(2) データ受信から印刷まで.................................................................................................... 17

① ライフライザー05 コーチへのユーザ登録(指導者でのログイン) .............................................. 17

② ライフコーダデータの受信 .................................................................................................................. 20

③ ライフコーダデータのレポート印刷 ................................................................................................... 23

④ 利用者でのログイン .............................................................................................................................. 27

1. ユーザの種類 ............................................................................................................................. 31

(1) 指導者 ................................................................................................................................... 31

(2) 利用者 ................................................................................................................................... 31

(3) ログインユーザによる機能の違い .................................................................................... 31

2. 画面及び操作 ............................................................................................................................. 35

(1) トップ画面 ........................................................................................................................... 35 i.

[ログイン] ボタン ................................................................................................................................................35

ii.

iii.

[ライフコーダデータ受信] ボタン .....................................................................................................................35

[終了] ボタン ........................................................................................................................................................35

① トップ画面でのデータ受信 .................................................................................................................. 36

(2) 指導者メニュー画面 ........................................................................................................... 39

i.

メニューバー.........................................................................................................................................................40

ii.

ツールバー ............................................................................................................................................................41

① ライフコーダセットアップ .................................................................................................................. 42 i.

利用者一覧 ............................................................................................................................................................42

ii.

個人情報とオプションの登録 .............................................................................................................................43

② 指導者管理画面 ...................................................................................................................................... 47 i.

指導者管理 ............................................................................................................................................................47

ii.

指導者新規登録の場合 .........................................................................................................................................48

iii.

指導者編集の場合 .................................................................................................................................................49

iv.

指導者削除の場合 .................................................................................................................................................50

③ 運動マスタ編集画面 .............................................................................................................................. 51 i.

運動マスタ編集 .....................................................................................................................................................51

④ 環境設定 .................................................................................................................................................. 54

i.

自動受信 ................................................................................................................................................................55

ii.

レポート設定.........................................................................................................................................................57

iii.

ライフコーダレポート設定 .................................................................................................................................58

iv.

レポート(日内変動)設定 ......................................................................................................................................60

v.

タッチパネル設定 .................................................................................................................................................61

vi.

利用者設定 ............................................................................................................................................................62

vii.

血糖・血圧設定 .....................................................................................................................................................63

viii.

その他の設定.........................................................................................................................................................64

ix.

環境設定の初期値 .................................................................................................................................................65

⑤ 指導者メニュー画面におけるデータ受信 ........................................................................................... 68

(3) 利用者一覧画面 ................................................................................................................... 72

i.

メニューバー.........................................................................................................................................................74

ii.

ツールバー ............................................................................................................................................................76

① 利用者一覧(リスト表示) ........................................................................................................................ 78

② 利用者登録 .............................................................................................................................................. 79

③ 利用者編集 .............................................................................................................................................. 82

④ 利用者削除 .............................................................................................................................................. 85

⑤ グループ登録 .......................................................................................................................................... 87

⑥ グループ編集 .......................................................................................................................................... 88

⑦ グループ削除 .......................................................................................................................................... 89

⑧ 利用者一覧画面におけるデータ受信 ................................................................................................... 91

⑨ グループレポート .................................................................................................................................. 95

CSV 一括エクスポート .......................................................................................................................... 97

CSV 一括インポート............................................................................................................................ 100

⑫ ライフコーダレポート一括印刷 ......................................................................................................... 102

⑬ 個人情報エクスポート ........................................................................................................................ 104

⑭ 個人情報インポート ............................................................................................................................ 106

(4)利用者メニュー ....................................................................................................................... 107

i.

メニューバー....................................................................................................................................................... 109

ii.

ツールバー .......................................................................................................................................................... 111

① 利用者メニュー画面・グラフ表示画面・データ入力画面・レポート印刷画面におけるデータ受信

................................................................................................................................................................ 113

② 目標値送信 ............................................................................................................................................ 119

CSV エクスポート ............................................................................................................................... 121

CSV インポート ................................................................................................................................... 124

⑤ グラフ表示 ............................................................................................................................................ 125

⑥ レポート印刷 ........................................................................................................................................ 128

i.

ライフコーダレポート印刷 ............................................................................................................................... 130

ii.

比較レポート印刷 ............................................................................................................................................... 134

iii.

エクササイズチェックシート印刷 ................................................................................................................... 136

iv.

行動変容レポート印刷 ....................................................................................................................................... 137

v.

日常身体活動分析レポート印刷 ....................................................................................................................... 138

⑦ ライフコーダレポートコメント入力 ................................................................................................. 139

i.

コメントテンプレートの編集 ........................................................................................................................... 141

⑧ データ入力 ............................................................................................................................................ 142

i.

運動入力 .............................................................................................................................................................. 144

ii.

データ編集 .......................................................................................................................................................... 146

iii.

血圧値入力 .......................................................................................................................................................... 149

iv.

血糖値入力 .......................................................................................................................................................... 150

⑨ グルテストデータ受信 ........................................................................................................................ 152

⑩ ダイエットシミュレーション............................................................................................................. 153

i.

ダイエットシミュレーショングラフ ............................................................................................................... 156

⑪ メタボリックシミュレーション ......................................................................................................... 157

⑫ 各グラフ共通機能 ................................................................................................................................ 159

3. タッチパネル ........................................................................................................................... 160

(1) 準備 ..................................................................................................................................... 160

(2) タッチパネルの流れ ......................................................................................................... 161

4. グラフ詳細 ............................................................................................................................... 169

(1) 活動時間分布・距離グラフ .............................................................................................. 169

(2) 運動量・歩数グラフ ......................................................................................................... 170

(3) 身体活動推移(週別平均)グラフ ....................................................................................... 171

(4) 身体活動パターングラフ(曜日別平均) ........................................................................... 172

(5) 総消費量グラフ ................................................................................................................. 173

(6) 身体活動パターングラフ.................................................................................................. 174

(7) 活発度グラフ ..................................................................................................................... 176

(8) 平均活動時間グラフ ......................................................................................................... 177

(9) 体重の推移グラフ ............................................................................................................. 178

(10) 活動時間合計(目標運動強度) ........................................................................................... 179

(11) 継続運動回数(目標運動強度以上を 10 分以上継続) ..................................................... 180

(12) 血糖の推移グラフ ............................................................................................................. 181

(13) 血圧の推移グラフ ............................................................................................................. 182

(14) 身体活動レベルの日内変動グラフ .................................................................................. 183

(15) エクササイズグラフ ......................................................................................................... 184

(16) レポートに表示する目標値の変更 .................................................................................. 185

(17) 「統計除外データです」と表示された場合 .................................................................. 187

(18) データが無い場合の日内変動グラフ .............................................................................. 188

5. レポート詳細 ........................................................................................................................... 189

(1) ライフコーダレポート詳細 .............................................................................................. 189

① サマリーレポート ................................................................................................................................ 189

② 活動状況レポート ................................................................................................................................ 190

③ 体重管理レポート ................................................................................................................................ 191

④ エクササイズレポート ........................................................................................................................ 193

⑤ 血糖値・血圧値レポート .................................................................................................................... 195

⑥ 日内変動グラフ .................................................................................................................................... 196

(2) 比較レポート詳細 ............................................................................................................. 198

(3) エクササイズチェックシート詳細 .................................................................................. 199

(4) 行動変容レポート詳細...................................................................................................... 200

(5) 日常身体活動分析レポート詳細 ...................................................................................... 206

(6) グループレポート詳細...................................................................................................... 211

6. バックアップ ........................................................................................................................... 215

(1) データベースのバックアップ作成 .................................................................................. 215

(2) バックアップしたデータベースの復元 .......................................................................... 215

お困りになったときは................................................................................................................... 217

(1) ライフコーダが繋がっていない場合のメッセージ ...................................................... 217

(2) 印刷したグラフの文字が化けるとき .............................................................................. 217

(3) [不整合データ] 時のメッセージ .................................................................................... 217

(4) ライフコーダからデータ受信できなかった場合 .......................................................... 218

RMR/METs 交換 .............................................................................................................................. 231

お客様へのお願い

●本書の一部または全部を無断で転記することは固くお断りします。

●本書の内容は将来予告無しに変更することがあります。

●本書の内容については、万全を期して作成致しましたが、万一ご不審な点や誤り、記載漏

れなどがありましたらご連絡ください。また、運用した結果につきましては、上記にかかわ

らず責任を負いかねますので、ご了承ください。

●予期しないトラブルが起きたときのために、重要なデータ、プログラム及びライフコーダ

EX・ライフコーダ PLUS・ライフコーダ GS の受信データの複製を取っておくこと(バック

アップ)をおすすめします。

●レセプトコンピュータや請求業務系ソフト・電子カルテ等がインストールされているパソ

コンへのインストールは極力控えてください。

1

動作環境

コンピュータ

PC/AT 互換機で本体に USB ポートを装着していること

OS

Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1

(64 bit 版は Vista / 7 / 8 / 8.1 のみ対応)

CPU

Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 の各 OS の推奨 CPU

メインメモリ

Windows XP は 512MB 以上

Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 は OS の推奨メモリ容量以上

ハードディスク空き容量

8GB 以上(ソフトウェア起動時)

ディスプレイ

ディスプレイカラー

800×600 ピクセル以上

タッチパネル画面は、800×600 ピクセル、

1024×768 ピクセル

1280×1024 ピクセルのみに対応

16、32 ビット色

ディスク装置

CD-ROM ドライブ

インターフェース

USB プラグコネクタ

(USB Revision1.1 以上準拠)

●Windows 3.1/95/98/98SE/Me/NT 上では動作しません。

●Windows XP の 64bit 版上では動作しません。

●工場出荷時に Windows XP/Vista/7/8/8.1 がインストールされているもののみに対応します。

他のバージョンの OS(Windows 3.1/95/98/98SE/Me 等)からアップグレードしたコンピュー

タでの動作は保証いたしません。

●ライフライザー05 コーチの一部の機能に、タッチパネル機能の付いたコンピュータが必要

となっております。その機能をご利用いただくためには、タッチパネル機能を搭載したコン

ピュータをご利用ください。タッチパネル機能を搭載したコンピュータは、お客様ご自身で

ご用意してください。

●タッチパネル機能を搭載していないコンピュータにおいても、マウスを使うことによりラ

イフライザー05 コーチのすべての機能がご利用いただけます。

●ライフライザー05 コーチは、ご利用するにしたがってデータベースサイズが増加していき

ますので、運用を考慮したハードディスク容量を確保してください。

2

ライフコーダ製品をご使用のお客様へ

本ソフトはライフコーダ GS、ライフコーダ PLUS、ライフコーダ EX のデータ通信・管理

ソフトです。ライフコーダをご使用のお客さまは、ライフコーダデータ通信プログラム(ラ

イフコーダ通信オプション、もしくはライフコーダ通信オプション USB)を別途インスト

ールしてください。

また、ライフコーダ Me をご使用のお客様は、ライフライザー05 パーソナルを別途インス

トールしてください。

ライフコーダ GS4 秒版をご使用のお客様は、ライフコーダ 4 秒版通信ソフトを別途インス

トールしてください。

なお、使用方法につきましては、それぞれの操作マニュアルを参照してください。

3

はじめに

準 備

ライフライザー05 コーチをご利用するに当たって、以下のものを準備してください。

本製品に同封されているもの

ライフライザー05 コーチ CD

USB ケーブル

お客様に準備していただくもの

パソコン

ライフコーダ GS・PLUS または EX

4

● インストール(6 ページ)

ご利用の流れ

お手持ちのパソコンにライフライザー05 コーチ

をインストールします。ライフライザー05 コー

チを起動します。

ライフライザー05 コーチ

● ログイン(35 ページ)

● ライフコーダからのデータ受信(36,68,91,113 ページ)

(a) ライフコーダ GS の場合

ライフコーダ GS とパソコンを付属の USB ケーブルで接続します。測定データを受信しま

す。

(b) ライフコーダ PLUS の場合

ライフコーダ PLUS とパソコンを付属の USB ケーブルで接続します。測定データを受信し

ます。

(c) ライフコーダ EX の場合

ライフコーダ EX とパソコンを付属の USB ケーブルで接続します。測定データを受信しま

す。

グラフ表示(125 ページ)

レポート印刷(128 ページ)

5

インストールの前に

インストールの前に「動作環境」を参照して、ご使用のパソコンのシステム条件を確認して

ください。

実行中のアプリケーションがありましたら、終了してください。

付属の USB ケーブルは、まだコンピュータに接続しないでください。

ライフライザー05 コーチのインストール

(1) コンピュータの電源を入れます。

(2) CD-ROM ドライブにライフライザー05 コーチの CD を入れます。しばらくすると自

動的にインストール画面が表示されます。

■もしも…

内の「setup.exe」をダブルクリックしてください。

注意:

Windows Vista/7/8/8.1 では、設定によっては、インストール画面が表示される前に、

「ユーザ アカウント制御」ダイアログが表示される場合があります。

表示された場合は、[続行]をクリックしてください。インストール画面が表示されま

す。

6

(3) インストールの初期画面が表示されます。

(4) 「次へ」をクリックして進んでください。

(5) 使用許諾書をよくお読みいただき、同意する場合は「はい」を、同意しない場合は

「いいえ」をクリックしてください。同意いただけなければ、インストールは中断

されます。

(6) プロダクトキー(CDキー)を入力し、「次へ」をクリックしてください。

プロダクトキーは、本書の表紙に記載してあります。

Windows 8/8.1 をご使用の場合は、入力が全

角になっている場合があります。この場合、

キーボードの[半角/全角]キーを押して、半角

入力に直してから入力してください。

7

(7) インストール先のフォルダを選択し、「次へ」をクリックしてください。インスト

ール先を変更する場合は「参照」ボタンをクリックします。

(8) インストールが開始されます。

<注意>

Windows Vista/7/8/8.1 をご使用の場合、ライフライザー05 コーチのインストール中に

以下の画面が表示される場合があります。画面が表示されましたら、「インストール」

をクリックしてください。

8

(9) 「完了」をクリックし、終了します。

(10) デスクトップに「Lifelyzer05 Coach」のアイコンが追加されます。

以上でライフライザー05 コーチのインストールは終了です。

WindowsXP をご使用の場合、引き続き、ドライバソフトのインストールを行います。

9

Windows XP でのドライバソフトのインストール手順

(1) 付属の USB ケーブルを用意し、大きい方のコネクタをコンピュータの USB ポート

に差し込んでください。続いて小さい方のコネクタをライフコーダ GS/PLUS/EX 本

体ケーブル接続部に差し込みます。

(2) ドライバソフトの検索画面が表示されます。

れません。

(3) Windows XP Service Pack2 以降の場合、以下の画面が表示されます。

「いいえ、今回は接続しません」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

10

(4) 「ソフトウェアを自動的にインストールする」を選択して「次へ」ボタンをクリッ

クします。

(5) ドライバのインストールが開始されます。

(6) インストールが終了すると、終了画面が表示されます。「完了」をクリックし、終

了してください。

以上でドライバソフトのインストールは終了です。

11

旧バージョンからのデータ移行

旧バージョン(ライフライザー03 コーチ)を使用されていた場合、ライフライザー03 コー

チからライフライザー05 コーチへデータを移行することができます。

注意:

すでにライフライザー05 コーチで、ご使用中のデータが存在する場合には削除され

ますのでご注意ください。

初回起動時のデータ移行

ライフライザー05 コーチを初めて起動した際、ライフライザー03 コーチのデフォルトのイ

ンストールフォルダにデータベースが存在する場合に [ライフライザー03 コーチ データベ

ース移行ツール] が起動します。

[実行] ボタンをクリックすると、ライフライザー03 コーチで保存されたデータをライフラ

イザー05 コーチに取り込んだ後、トップ画面を表示します。

[キャンセル] ボタンをクリックすると、データを移行せずにトップ画面を表示します。

[参照] ボタンをクリックすると [ファイルを開く] コモンダイアログを表示します。ライフ

ライザー03 コーチのデフォルトのインストールフォルダ以外に存在するデータベースを選

択することもできます。

初回起動時以外のデータ移行

ライフライザー05 コーチの初回起動時以外で、[ライフライザー03 コーチ データベース移

行ツール] は自動的に起動しません。ライフライザー05 コーチ の初回起動時以外にデータ

移行を行いたい場合は、スタートメニューの「プログラム(P) 」もしくは「すべてのプロ

12

グラム(P) 」-「Suzuken 」-「Lifelyzer05 Coach」-「Lifelyzer03coach データベース移行ツー

ル」を選択し、クリックしてください。

ライフライザー05 コーチにおいて、既にデータを保存している場合[実行] ボタンをクリッ

クすると、警告のメッセージボックスが表示されます。

[OK] ボタンをクリックすると、ライフライザー05 コーチで保存されたデータを削除し、ラ

イフライザー03 コーチで保存されたデータをライフライザー05 コーチに取り込みます。

ライフライザー05 コーチで保存済みのデータを残したい場合

(1) [キャンセル] ボタンをクリックし、ライフライザー03 コーチ データベース移行ツ

ールを終了します。

(2) ライフライザー05 コーチを起動し、必要なデータについて CSV エクスポートまた

は CSV 一括エクスポートを行います。

(3) ライフライザー05 コーチを終了し、[ライフライザー03 コーチ データベース移行ツ

ール] を起動してデータ移行を実行します。

(4) ライフライザー05 コーチを起動し、CSV インポートまたは CSV 一括インポートを

行います。

13

アンインストール

ライフライザー05 コーチのアンインストール

(1) インストールと同じように、CD-ROM ドライブにライフライザー05 コーチの CD を

挿入してください。自動でファイル削除の確認画面が表示されますので、「OK」を

クリックしてください。

注意:

Windows Vista/7/8/8.1 では、ファイル削除の確認画面が表示される前に、

「ユーザ アカウント制御」ダイアログが表示される場合があります。

表示された場合は、[続行]をクリックしてください。ファイル削除の確認画面が

表示されます。

(2) アンインストールが開始されます。

14

(3) アンインストールが終了すると、メンテナンス完了画面が表示されます。「完了」

をクリックし終了します。

以上でアンインストールは終了です。

注意:

ライフライザー05 コーチはアンインストール時に、ライフコーダ等のデータをすべ

て削除します。

アンインストールをおこなう際には、バックアップを行うことをお勧めいたします。

バックアップの方法については、[6.バックアップ]を参照してください。

15

操作クイックマニュアル

(1) ライフライザーの起動

パソコンのデスクトップ画面上にある「Lifelyzer05 Coach」

というアイコンをダブルクリックします。

■もしも…

画面上に「Lifelyzer05 Coach」のアイコンが存在しない場合は、以下の手順で Lifelyzer05 Coach を起動してください。

-「Lifelyzer05 Coach」を選択してクリック。

注意:

すでにライフライザー03 コーチ を使用されている場合、 ライフライザー03 コーチ から

ライフライザー05 コーチ へデータを移行できます。

詳細は「旧バージョンからのデータ移行」を参照してください。

16

(2) データ受信から印刷まで

ライフライザー05 コーチへのユーザ登録(指導者でのログイン)

i.

トップ画面が表示されます。[ログイン] ボタンをクリックしてライフライザー05 コー

チにログインしてください。

■指導者のログイン ID について

ライフライザー05 コーチは指導者のログイン ID が1つ設定されており、ログイン ID:

「kenz」,パスワード:なしでログインが行えます。

17

ii.

「利用者一覧」ボタンをクリックしてください。

iii.

ツールバーにある人型の「新規」アイコンをクリックしてください。

iv.

装着者の個人情報を入力し、

■ログイン ID

■氏名

の 2 項目が必須事項です。

この他に「識別番号」を

入力しておくと便利です。

18

v.

「ID とパスワード」画面が表示されますので、「閉じる」ボタンをクリックしてくだ

さい。

「印刷」ボタンをクリックすることで実行される

「ID とパスワード」の印刷機能は、装着者自身が

ライフライザー05 コーチを使いレポート出力等を

行うときに使用します。

この機能は、パソコンのセキュリティ上、お勧め

できません。

この操作で装着者のユーザ登録は終了です。

次の装着者を登録するときにはⅲから再度作業を

行ってください。

vi.

プログラムを終了する場合は、[×]ボタンをクリックしてください。

19

ライフコーダデータの受信

i.

「利用者者一覧」ボタンをクリックしてください。

ii.

通信したい「ライフコーダデータ装着者のアイコン」をダブルクリックしてください。

iii.

装着者の名前を確認してください。

前の画面に戻ります。

20

iv.

USB ケーブルでライフコーダとパソコンとを接続してください。

v.

「ライフコーダデータ受信」ボタンをクリックしてください。

データ受信が開始されます。

vi.

装着者の名前に間違いがないか確認してください。

正しければ「受信」ボタンをクリックしてください。

間違っている場合は「キャンセル」をクリックし、ⅲの装着者を間違った場合を参照

してください。

21

「受信」ボタンをクリックした場合、データ受信が開始されます。

vii.

データ受信が完了したら「OK」ボタンをクリックしてください。

viii.

USB ケーブルをライフコーダから外してください。

これでライフコーダデータの通信は終了です。

◆ 次の装着者のデータを通信する場合は、「利用者一覧」ボタンをクリックしてくださ

い。

◆ 終了する場合は、[×]ボタンをクリックしてください。

◆ レポート印刷を行う場合は、次の項を参照してください。

22

ライフコーダデータのレポート印刷

i.

「レポート印刷」ボタンをクリックしてください。

ii.

印刷したいレポートのボタンをクリックしてください。

■ ライフコーダレポート

■ 行動変容レポート

■ 日常身体活動分析レポート

のいずれかのボタンをクリックしてください。

23

■ ライフコーダレポートを印刷する場合:

1. 印刷期間を設定します。

2. 印刷したいレポートを選択します。

3. 「印刷」ボタンをクリックしてください。

■ 行動変容レポートを印刷する場合:

「印刷」ボタンをクリックしてください。

詳細に関しては、130 ページ「ライフコーダ

レポート印刷」を参照してください。

左図の設定は、初期設定です。

表示される時の設定を変更したい場合は、55

ページ「環境設定」を参照ください。

印刷期間の設定を変更する場合は、54 ページ「環境設定」を参照

してください。

24

■ 日常身体活動分析レポートを印刷する場合:

「印刷」ボタンをクリックしてください。

iii.

プリンタを選択し、

印刷期間の設定を変更する場合は、54 ページ「環境設定」を参照

してください。

これでレポート印刷操作は終了です。

次の装着者のデータを通信する場合は、「利用者一覧」ボタンを押してください。

終了する場合は、[X] 押してください。

25

注意:

(a)ログイン ID と氏名は必ず入力してください。

(b)新たに登録する利用者の氏名がすでに登録してある利用者の氏名と同じ場合は、

新たに登録する利用者に識別番号も合わせて入力してください。

(c)目標運動量,目標歩数,目標摂取量,1 週間エクササイズ合計の基準日と目標値

はレポートとグラフに反映されます。

(d)[目標] [ライフコーダの目標値を使用] を選択した場合において、ライフコー

GSPLUS でデータ受信を行った際にはライフコーダ GSPLUS に記録され

ている目標歩数と目標運動量を目標値として用います。ライフコーダ GS の目標

は本体内部に歩数 10,000 歩、運動量 300kcal で初期設定されています。ライフコ

ーダ EX を使用した際には、運動量はライフコーダ EX に記録されている目標値

を用い、歩数は個人情報登録で登録した目標を用います。[個人情報登録値を使用]

を選択した場合は、個人情報登録で設定した目標運動量、目標歩数の値を表示し

ます。

(e)ライフコーダからデータをダウンロードすると目標運動量、目標歩数の値はライ

フコーダの値で更新されます。ただしライフコーダ EX からダウンロードした場

合は目標歩数の値は更新されません。

(f)未登録のグループ名を入力した場合は、新規にグループも作成します。

(g)都道府県名は、日常身体活動分析レポートにて使用します。日常身体活動分析レ

ポートを使用する場合は、利用者のお住まいの都道府県を選択してください。

(h)タッチパネル機能を使用する場合は、CPUNo、記録開始日を入力してください。

(i)環境設定で [タッチパネル] [使用しない] と選択している場合、CPUNo、記録

開始日は表示されません。

26

利用者でのログイン

i.

トップ画面が表示されます。ライフコーダを USB ケーブルでパソコンに接続して、[ラ

イフコーダデータ受信] ボタンをクリックしてください。

[受信] - [自動] 設定の場合は、パソコンをコンピュータに接続すると自動的にデータ

受信が始まります。

ii.

ライフライザー05 コーチに登録されていないライフコーダがパソコンに接続されてい

た場合は、 [新規ライフコーダの接続] 画面が表示されます。

データを受信する利用者のログイン ID とパスワードを入力し[OK]をクリックしてく

データ受信が行えません。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

27

iii.

データ受信時には以下の画面が表示されます。

iv.

データ受信が成功すると以下の画面が表示されますので、[OK] ボタンをクリックして

ください。

v.

データ受信が成功すると、データを受信した利用者の [利用者メニュー] 画面を表示し

ます。

28

vi.

グラフを表示する場合は ボタンをクリック、または アイコンをクリックし、

[グラフ表示] 画面を表示します。

表示されているグラフを印刷する場合はグラフ右上の [印刷] ボタンをクリックして

ください。

vii.

プリンタを設定し、[OK]ボタンをクリックしてください。

29

viii.

[ライフコーダレポート]を印刷する場合は、[利用者メニュー]画面に戻り

ボタン

をクリック、または アイコンをクリックしてください。

[ライフコーダレポート印刷]画面が表示されますので印刷項目を設定し、[印刷] ボタン

をクリックしてください。

30

. ユーザの種類

ライフライザー05 コーチには指導者と利用者と異なる役割を持つ 2 種類のユーザが存在し

ます。

(1) 指導者

ライフライザー05 コーチの全体の管理、グループ、ユーザ(指導者・利用者)の管理、

グループ全体を対象としたレポートの印刷,個々の利用者データの閲覧,編集とレポー

ト印刷を行います。

指導者自身にはライフコーダのデータの受信はできません。

指導者の新規作成,編集と削除は [指導者メニュー] 画面の [指導者管理] で行いま

す。

(2) 利用者

ライフコーダのデータを受信し、自身のデータの閲覧,編集とレポート印刷を行いま

す。

利用者の新規作成,編集と削除は [利用者一覧] 画面で指導者が行います。利用者は

自身の情報の編集のみ行います。

(3) ログインユーザによる機能の違い

 画面表示

画面

トップ画面

指導者メニュー画面

利用者一覧画面

利用者メニュー画面

グラフ表示画面

データ入力画面

レポート印刷画面

●=表示 ×=非表示

指導者

利用者

×

×

備考

31

トップ画面 指導者メニュー画面

利用者一覧画面 利用者メニュー画面

グラフ表示画面

データ入力画面

レポート印刷画面

32

メニュー

移動

 メニュー表示

メニュー

編集

表示方法

プルダウンメニュー

グループ新規登録

利用者新規登録

グループ編集

利用者編集

グループ削除

利用者削除

名前順(昇順)

名前順(降順)

登録順(昇順)

登録順(降順)

利用者一覧(アイコン表

示)

利用者一覧(リスト表示) ●

ライフコーダデータ受信

グラフ表示 ●

レポート印刷

グルテストデータ受信

データ入力

ダイエットシミュレーション

メタボリックシミュレーション

グループレポート

ライフコーダレポートコ

メント入力

目標値設定

CSV エクスポート

CSV インポート

CSV 一括エクスポート

CSV 一括インポート

ライフコーダレポート一

括印刷

個人情報エクスポート

個人情報インポート

トップ画面

利用者一覧

指導者メニュー

戻る

指導者 利用者

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

指導者の場合はレポート印

×

×

×

×

×

×

備考

刷画面へ遷移。利用者の場合

はライフコーダレポート印

刷となる

利用者の可不可は環境設定

で設定

×

×

×

● トップ画面に戻る

× 利用者一覧画面に戻る

× 指導者メニュー画面に戻る

1 つ前の画面に戻る

33

ヘルプ

終了

ヘルプ

バージョン

●=表示 ×=非表示

 ツールバー表示

画面

[戻る]

[グループ新規登録]

[利用者新規登録]

[グループ編集] [利用者編集]

[ライフコーダデータ受信]

[グラフ表示]

[レポート印刷]

[グルテストデータ受信]

[データ入力]

[ダイエットシミュレーション]

指導者

[トップ画面]

●=表示 ×=非表示

利用者

×

×

備考

利 用 者 の 場 合 は [利用者編

集] のみの機能となる

利用者の可不可は環境設定で

設定

34

. 画面及び操作

(1) トップ画面

ライフライザー05 コーチを起動させるためには、デスクトップ上の

し、以下の画面を表示させてください。

アイコンをダブルクリック

i.

[ログイン] ボタン

[ログイン] ボタンをクリックすると [ログイン] 画面が表示されます。詳細は [ログイン] を参照

してください。

ii. [ライフコーダデータ受信] ボタン

[ライフコーダデータ受信] ボタンをクリックすると、ライフコーダに記録されているデータをパ

ソコンにダウンロードします。タッチパネル使用モードの場合は、タッチパネル画面を表示しま

す。[ライフコーダデータ受信]については[①トップ画面でのデータ受信]を参照してください。タ

ッチパネル機能の詳細については[3.タッチパネル] を参照してください。

iii. [終了] ボタン

[終了] ボタンをクリックすると、ライフライザー05 コーチを終了します。

35

トップ画面でのデータ受信

データ受信を行うためには、あらかじめ利用者を登録しておく必要があります。利用者の登録方法

については、[(3)利用者一覧 ②利用者登録]を参照してください。

 データ受信

(a) [環境設定] - [自動受信] - [受信] - [自動] 設定の場合

ライフコーダを接続すると自動的にライフコーダからデータ受信を行います。

(b) [環境設定] - [自動受信] - [受信] -[マニュアル] 設定の場合

[ライフコーダデータ受信] ボタンをクリックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

受信準備終了後、以下の画面が表示されます。

 [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [自動] 設定の場合

(a) 前回ライフコーダのデータを受信している利用者が存在する場合

確認画面を表示せずに現在データを受信している利用者に自動的にデータを受信します。ただし、

前回受信以降にライフコーダをリセットした場合は以下の画面が表示されます。

データを受信する利用者のログイン ID とパスワードを入力し[OK]をクリックしてください。指

導者のログイン ID とパスワードを入力した場合はエラー画面が表示され、データ受信が行えま

せん。

36

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

データを受信する利用者のログイン ID とパスワードを入力し[OK]をクリックしてください。指

導者のログイン ID とパスワードを入力した場合はエラー画面が表示され、データ受信が行えま

せん。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

 [環境設定] - [自動受信] - [保存] -[確認] 設定の場合

(a) 前回ライフコーダのデータを受信している利用者が存在する場合

データを受信する利用者のログイン ID とパスワードを入力し[OK]をクリックしてください。指

導者のログイン ID とパスワードを入力した場合はエラー画面が表示され、データ受信が行えま

せん。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

37

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

データを受信する利用者のログイン ID とパスワードを入力し[OK]をクリックしてください。指

導者のログイン ID とパスワードを入力した場合はエラー画面が表示され、データ受信できませ

ん。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

 [環境設定] - [自動受信] - [保存] -[なし] 設定の場合

ライフライザー05コーチに登録されている指導者または利用者のログインIDとパスワードを入力し

[OK]をクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

 データ受信成功後

データ受信が成功すると、データを受信した利用者の [利用者メニュー] 画面を表示します。ただし、

[印刷] が [自動] 設定の場合はレポートを印刷し、印刷後はデータ受信前の画面のままです。

い。

38

(2) 指導者メニュー画面

トップ画面から指導者でログインすると指導者メニューが表示されます。

以下の5つのメニューアイコンを表示します。

[ライフコーダセットアップ]

ライフコーダに個人情報を送信します。

[指導者管理]

指導者の新規登録、編集、削除を行います。

[運動マスタ編集]

運動入力に用いる運動の新規登録、編集、削除を行います。

[環境設定]

ライフライザー05 コーチの環境設定を行います。

[利用者一覧]

登録されている利用者の一覧画面を表示します。

39

i. メニューバー

指導者メニュー画面にて使用できるメニューバーの機能は以下のとおりです。

 [メニュー]

- [ライフコーダデータ受信] はライフコーダに保存されたデータをパソコンに

(詳しくは[⑤指導者メニュー画面におけるデータ受信]を参照してください。

 [移動]

- [トップ画面] はトップ画面に戻ります。

 [ヘルプ]

- [ヘルプ] はライフライザー05 コーチの操作に関するヘルプです。

- [バージョン] はライフライザー05 コーチのバージョン番号を表示します。

 [終了]

- [終了] はライフライザー05 コーチを終了します。

40

ii. ツールバー

指導者メニュー画面にて使用できるメニューアイコンの機能は以下のとおりです。

[ライフコーダデータ受信]

ライフコーダに保存されたデータをパソコンに取り込みます。

[トップ画面]

41

ライフコーダセットアップ

[指導者メニュー] 画面を表示してください。

i.

利用者一覧

ライフコーダを接続し、

利用者の一覧が表示されます。

[ライフコーダセットアップ] をクリックすると、登録されている

42

既に登録されている利用者のライフコーダをセットアップする場合は、利用者一覧の該当する利

用者をダブルクリックしてください。

利用者を新規登録し、その利用者でライフコーダをセットアップする場合は、[利用者の新規登録]

ボタンを選択してください。

ライフコーダのセットアップをキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンを選択してください。

ii. 個人情報とオプションの登録

セットアップ情報を入力し、[送信] ボタンをクリックしてライフコーダのセットアップを行ってく

ださい。すでにご利用のライフコーダに設定されている値を取得したい場合は、[現在値取得] ボタ

ンをクリックしてください。

ライフコーダ GS の場合

ライフコーダ PLUS の場合

43

ライフコーダ EX の場合

個人情報

ライフコーダを使用している個人情報を設定します。

● [身長]

0 から 200 cm の範囲で値を入力してください。

● [体重]

0 から 200 kg の範囲で値を入力してください。

● [年齢]

ライフコーダ GS,PLUS の場合は 0 から 100 の範囲で値を入力してください。

ライフコーダ EX の場合は 0 から 99 の範囲で値を入力してください。

● [性別]

男性または女性を選択してください。

● [強度しきい値] <ライフコーダ EX のみ>

1 から 9 の範囲で値を入力してください。

● [評価対象] <ライフコーダ PLUS のみ>

ライフコーダ PLUS では、目標値の「歩数」または「運動量」を選択する必要がありますので、

どちらか片方を選択してください。

● [目標運動量]

0 から 1000 の範囲で値を入力してください。

● [目標歩数]

ライフコーダ GS では、2000 から 20000 の範囲で値を入力してください。

ライフコーダ PLUS では、1000 から 20000 の範囲で値を入力してください。

● [指定強度] <ライフコーダ PLUS のみ>

ライフコーダ PLUS にて活動時間の計算をおこなうためには、運動強度の範囲を指定する必要

44

がありますので、運動強度の下限と上限とをそれぞれ指定してください。

● [表示項目]

ライフコーダ GS では、歩数,総消費量,運動量,エクササイズからライフコーダで表示させ

る項目を選択してください。チェックを外すを選択すると時刻画面を表示します。

ライフコーダ PLUS では、以下の 2 項目からライフコーダで表示させる項目を選択してくださ

い。

・運動量・歩数,活動グラフ,総消費量

・運動量・歩数,活動グラフ,総消費量,活動時間

オプション

● [時刻]

自動またはマニュアルを選択してください。

[自動] を選択した場合、コンピュータの時刻をセットします。

[マニュアル] を選択した場合は日時と時刻も設定してください。

● [メモリ]

ループまたはロックを選択してください。

データ記録期間を限定する場合は [ロック] を選択し、記録期間を設定してください。

[ループ] を選択すると、ライフコーダ PLUS の場合は 60 日、ライフコーダ GS、EX の場合は

200 日を越えると、1 日ごとに記録初期日のデータから順に消去します。

● [保存期間]

ライフコーダ GS、EX の場合は 200 日まで設定できます。

● [キーロック]

[する] または [しない] を選択してください。[する] を選択した場合、ライフコーダのボタン

操作が無効になります。

● [キーロック時の表示]

[キーロック] で [する] を選択した場合、以下に示す項目の中からキーロック時にライフコー

ダで表示させる項目を選択してください。

[GS の場合]

歩数

総消費量

運動量

エクササイズ

時刻

-----

45

[EX の場合]

時刻

総消費量

運動量

歩数

-----

[PLUS の場合]

運動量・歩数

活動グラフ

総消費量

活動時間

-----

● [測定待機]

[する] [しない] [測定待機時刻指定] を選択してください。

[する] を選択した場合、測定待機モードになりライフコーダのいずれかのボタンを押すと測定

開始します。

[測定待機時刻指定] を選択した場合、測定待機モードになり(7) [開始日時] で設定した時間か

ら測定を開始します。

● [開始日時]

[測定待機] で [測定待機時刻指定] を選択した場合、測定待機モードから測定開始する日時を

設定してください。

● [日毎体重設定] [日毎体重設定時刻]<ライフコーダ GS のみ>

[する] [しない] を選択してください。

[する] を選択した場合、[日毎体重設定時刻]で設定した時間にライフコーダに体重設定が表示

されます。

注意:

(a)初期表示されている値が工場出荷時にライフコーダに設定されている値です。現在ライフコ

ーダに設定されている値を表示させる場合は、[現在値取得] ボタンをクリックしてくださ

い。

(b)ライフコーダのセットアップを行うと、セットアップ前にライフコーダに保存されていたデ

ータは受信できなくなります。

46

指導者管理画面

[指導者メニュー] 画面を表示してください。

i.

指導者管理

をクリックすると、以下の画面が表示され、登録されている指導者の一覧が表示されます。

47

ii. 指導者新規登録の場合

● [新規登録] ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

指導者情報を入力し、[登録] ボタンをクリックして新規指導者を登録してください。

注意:

ログイン ID、氏名は必ず入力してください。

● [登録] ボタン選択後、以下の画面が表示されます。

ログイン ID とパスワードのお知らせを印刷する場合は [印刷] をクリックしてください。印刷し

ない場合は、[閉じる] をクリックしてください。

● ID とパスワード画面を閉じると、[指導者管理] 画面に戻ります。

48

iii. 指導者編集の場合

● [指導者管理] 画面で指導者を選択すると、選択された指導者の行が濃い色で表示されます。[編

集] ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。指導者情報を編集し、[登録] ボタ

ンをクリックしてください。

注意:

ログイン ID、氏名は必ず入力してください。

49

● [登録] ボタン選択後、以下の画面が表示されます。

ログイン ID とパスワードのお知らせを印刷する場合は [印刷] をクリックしてください。印刷し

ない場合は、[閉じる] をクリックしてください。

● ID とパスワード画面を閉じると、[指導者管理] 画面に戻ります。

iv. 指導者削除の場合

● [指導者管理] 画面で指導者を選択すると、選択された指導者の行が濃い色で表示されます。[削

除] ボタンをクリックすると、選択された指導者を削除します。

50

運動マスタ編集画面

[指導者メニュー] 画面を表示してください。

i.

運動マスタ編集

ボタンをクリックすると、以下の画面が表示され、登録されている運動の一覧が表示されます。

METs と RMR の表示はタブで切り替えてください。

51

● 運動新規登録の場合

[新規登録] ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

運動情報を入力した後、[登録] ボタンをクリックして新規運動を登録してください。[運動マス

タ編集] 画面に戻ります。

● 運動編集の場合

[運動マスタ編集] 画面で運動を選択すると、選択された運動の行が濃い色で表示されます。[編

集] ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。運動情報を編集した後、[登録] ボ

タンをクリックしてください。

編集が終了すると[運動マスタ編集] 画面に戻ります。

● 表示順を変更する場合

[上へ] [下へ] ボタンをクリックすると、選択された運動情報が上下に移動します。この順番は、

運動入力画面の運動の種目コンボボックスに反映されます。

52

● 運動削除の場合

[運動マスタ編集] 画面で運動を選択し、 [削除] ボタンをクリックすると、選択された運動を

削除します。

注意:

既に、運動入力で使用されている運動は削除できません。

53

環境設定

[指導者メニュー] 画面を表示してください。

アログが表示されます。

ボタンをクリックすると、[環境設定] ダイ

54

i.

自動受信

自動受信設定では受信,保存と印刷の設定が行えます。

(a)自動受信

ライフコーダからのデータ受信を [自動] または [マニュアル] で行うか選択してください。

[受信] - [自動] 設定では、ライフコーダを接続した場合、[ライフコーダデータ受信] ボタン

をクリックしなくても、自動的にデータ受信が始まります。

(b)保存

[受信] - [自動] 設定時のデータ保存の方法を選択してください。

[自動] を選択した場合は、トップ画面,指導者メニュー画面と利用者一覧画面において、ライ

フコーダからのデータ受信時にデータを受信する利用者の確認ダイアログは表示されません。

[確認] を選択した場合、トップ画面,指導者メニュー画面と利用者一覧画面におけるライフコ

ーダからのデータ受信時に、データを受信する利用者を確認するダイアログが表示されます。

[なし] を選択した場合、ライフライザー05 コーチにデータを保存しません。(c)の印刷の設定は

自動的に [自動] になります。

55

(c)印刷

[受信] - [自動] 設定時に、ライフコーダレポート印刷を自動的に行うか、行わないかの選択

してください。

[自動] を選択した場合は、ライフコーダからのデータ受信時に、自動的に最新受信データでラ

イフコーダレポート印刷を行います。

[なし] を選択した場合は、ライフコーダからのデータ受信時にレポート印刷は行いません。

56

ii. レポート設定

レポート設定ではグラフ表示と出力するレポートの設定が行えます。

(a) [統計除外]

グラフ表示時とレポート印刷時の平均値などの計算から除くデータの条件が指定できます。

平均などの計算からライフコーダを使用していない日やデータが少ない日を除く機能です。

(b) [表示期間]

グラフ表示時とレポート印刷時に、初期表示する期間が指定できます。

(c) [目盛軸]

グラフ表示時にグラフの目盛軸が指定できます。

[自動] はグラフに表示する値が基準値を超えた場合、自動的に目盛軸を変更します。

[固定] は(d)の [グラフ最大値] で設定した目盛軸を使用します。

(d) [グラフ最大値]

グラフ表示時にグラフの目盛軸の最大値が指定できます。

設定できる最大値は、歩数,運動量,総消費量,活動時間と距離です。

57

iii. ライフコーダレポート設定

ライフコーダレポート設定では出力するライフコーダレポートの設定が行えます。

(a) [グラフ表示]

サマリーレポートに身体活動推移(週別平均)と総消費量とのどちらのグラフを印刷するかが

指定できます。

(b) [ライフコーダレポート印刷]

ライフコーダレポート印刷時に印刷する項目をチェックします。

サマリーレポート:必ず印刷します。

活動状況レポート:印刷する場合チェックしてください。

体重管理レポート:印刷する場合チェックしてください。

エクササイズレポート:印刷する場合チェックしてください。

血糖値・血圧値レポート:印刷する場合チェックしてください。

身体活動レベルの日内変動:印刷する場合チェックしてください。

日内変動グラフに血糖値を表示:日内変動グラフに血糖値を表示する場合、チェックして

ください。

58

[グラフ表示][ライフコーダレポート印刷]で設定する項目は [ライフコーダレポート印刷] の初

期表示の値に反映されます。

(c)[自動コメント]

ライフコーダレポートの自動コメントの有無が指定できます。

(d)[活動時間分布]

活動時間分布に表示する運動種目の表示順が設定できます。

(e)[活発度]

活発度に表示する活発度の目標と強度が設定できます。

(f)[体重管理レポートに体重管理グラフを印刷]

レポート出力期間内の推移体重グラフの印刷を行うかが選択できます。

59

iv. レポート(日内変動)設定

レポート(日内変動)設定では出力するライフコーダレポートの日内変動に関する設定を行います。

(a) [日内変動グラフ]

指定した曜日のみの日内変動グラフを印刷する場合は、各曜日から選択してください。全ての

る日を月曜日か解析初日のどちらにするか選択できます。

(b) [運動の判定]

特定の身体活動レベルが一定時間以上持続した場合の判定を設定する項目です。

● 印表示させる身体活動レベルと継続時間、 ★ 印を表示させる一日の合計時間を設定してくだ

さい。

60

v. タッチパネル設定

タッチパネル設定では タッチパネルを使用する/使用しない、の設定や、出力するレポートの設定が

行えます。

(a)[タッチパネル]

タッチパネルを [使用する] か [使用しない] か、選択してください。

タッチパネルを使用する場合は、 [行動変容レポート] と [日常身体活動分析レポート] のどち

らを出力するか選択してください。

(b)[行動変容レポート]

タッチパネルまたはレポート印刷から行動変容レポートを出力する際に [身体活動レベルの日

内変動] も出力する場合はチェックしてください。

(c) [日常身体活動分析レポート]

タッチパネルまたはレポート印刷から日常身体活動分析レポートを出力する際に [身体活動レ

ベルの日内変動] も出力する場合はチェックしてください。

解析期間にて、日常身体活動の分析期間を [14 日間] と [30 日間] のどちらにするか、選択し

てください。

61

vi. 利用者設定

利用者設定では [利用者登録] 画面で初期表示する値の設定が行えます。

(a)

(b)

(c)

(d)

(a) [目標摂取量]

[利用者登録] の初期表示の値として、1 日あたりのおよその目標摂取量を設定してください。

(b) [目標]

[利用者登録] の初期表示の値として、1 日あたりの目標運動量と目標歩数を設定してください。

(c) [都道府県名]

[利用者登録] の初期表示の値として、利用者が住んでいる都道府県名を選択してください。

(d) [1 週間のエクササイズ合計]

[利用者登録] の初期表示の値として、1 週間あたりのエクササイズの基準日とエクササイズの

目標値を選択してください。

[環境設定] で設定するのは [利用者登録] 画面の初期表示の値です。各利用者の目標摂取量,目標

運動量と目標歩数、1 週間のエクササイズ合計の基準日と目標値を変更したい場合は利用者登録時

または編集時に変更してください。

62

vii. 血糖・血圧設定

血糖・血圧設定ではレポート印刷の設定が行えます。

(a) [基準値]

血糖・血圧の基準値を指定してください。

以下の値は、参考値としてご利用くだい。

血圧基準値

最高血圧 130 mmHg 最低血圧 85 mmHg

(高血圧治療ガイドライン 2004 年 )

血糖基準値

空腹時血糖値 126mg/dl 随時血糖値 200 mg/dl

(日本糖尿病学会 1999 )

(b) [COM ポート]

グルテストデータ受信時に使用する COM ポートを指定してください。

(c) [利用者ログインで血糖血圧の入力を許可する]

[グルテストデータ受信] [血糖の入力] [血圧の入力] の機能を利用者も使用する場合はチェック

してください。チェックしていない場合は指導者のみの機能となります。

63

viii. その他の設定

(a) [施設名]

学校や病院などの団体名を入力してください。印刷したレポートに団体名が記載されます。

(b) [白黒印刷]

レポートを白黒印刷にするかプリンタの設定に依存するかを指定してください。

(c) [通常使うプリンタ]

レポート印刷時に使用するプリンタを指定してください。

64

ix. 環境設定の初期値

環境設定の初期値は下記の通りです。

注意:

目標摂取量、目標運動量、目標歩数について、[環境設定] で設定するのは [利用者登

] 画面の初期表示の値です。

すでに登録されている利用者の値を変更したい場合は利用者登録時または編集時に

変更してください。

[自動受信]

[受信]

受信 : マニュアル

[レポート設定]

[統計除外]

記録開始日 : チェックなし

最終通信日 : チェックなし

指定歩数 : 50 未満

[表示期間]

デフォルト表示期間 : 最新 14

[目盛軸]

目盛軸 : 自動

[ライフコーダレポート設定]

[グラフ表示(選択)]

グラフ表示 : 身体活動推移(週別平均)

[ライフコーダレポート印刷]

活動状況レポート : チェックなし

体重管理レポート : チェックなし

エクササイズレポート : チェックなし

血糖値・血圧値レポート : チェックなし

身体活動レベルの日内変動 : チェックなし

日内変動グラフに血糖値を表示 : チェックなし

[自動コメント]

自動コメント : 非表示

65

[活動時間分布]

運動種目 : 下から強い運動・速歩運動・歩行運動

[活発度]

活発度の目標 : 30

強度 4 以上を表示する

[体重管理レポートに体重管理グラフを]

体重管理レポートに体重管理グラフを : 印刷する

[レポート(日内変動)設定]

[日内変動]

日内変動の表示 : 全て

最上端 : 月曜日

[運動の判定]

身体活動レベル 4 以上が 10 分以上継続した場合は●印

1 日の合計時間 20 分以上は★印

[タッチパネル]

[タッチパネル]

タッチパネル : 使用する

出力レポート : 行動変容レポート

[行動変容レポート]

身体活動レベルの日内変動 : ON

[日常身体活動分析レポート]

身体活動レベルの日内変動 : ON

解析期間 : 14 日間

[利用者設定]

[目標摂取量]

目標摂取量 : 0

[目標]

目標運動量 : 300

目標歩数 : 10000

[都道府県名]

都道府県名 : 東京都

[1 週間のエクササイズ合計]

基準日: 月曜日 目標値 : 23.0

66

[血糖・血圧設定]

最高血圧の基準値 : 130

最低血圧の基準値 : 85

空腹時血糖の基準値: 126

随時血糖の基準値: 200

[その他]

COM ポート: COM1

利用者ログインで血糖血圧の入力を許可する: チェックなし

施設名 : 空欄

白黒印刷 : プリンタ依存

通常使うプリンタ : Windows Default Printer

67

指導者メニュー画面におけるデータ受信

● データ受信

(a) [環境設定] - [自動受信] - [受信] - [自動] 設定の場合

ライフコーダを接続すると自動的にライフコーダからデータ受信を行います。

(b) [環境設定] - [自動受信] - [受信] -[マニュアル] 設定の場合

アイコンまたは [メニュー] プルダウンメニューの [ライフコーダデータ受信] ボタンをク

リックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

(b) データ受信後またはデータ受信キャンセル後、同じライフコーダから再度データ受信を行う場合

アイコンまたは [利用者一覧] 画面の [メニュー] プルダウンメニューの [ライフコーダデ

ータ受信] ボタンをクリックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

受信準備終了後、以下の画面が表示されます。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [自動] 設定の場合

(a) 前回、お手持ちのライフコーダをデータ受信している利用者が存在する場合

確認画面を表示せずに現在、データを受信している利用者に自動的にデータ受信を行います。

ただし、前回受信以降ライフコーダをリセットした場合は以下の画面が表示されます。

68

[氏名]に表示されている利用者にデータ受信を行う場合は[受信]ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者にデータ受信を行う場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データ受信を行う利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [確認] 設定の場合

(a) 前回、お手持ちのライフコーダをデータ受信している利用者が存在する場合

以下の画面が表示され、現在、データ受信している利用者情報を表示します。

69

[氏名]に表示されている利用者でデータ受信を行う場合は [OK]ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

データ受信する利用者の変更を行う場合は、 [利用者一覧からの選択] ボタンをクリックしてく

ださい。

データ受信する利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくださ

い。

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者でデータ受信を行う場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データ受信を行う利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [なし] 設定の場合

確認画面を表示せずに自動的にデータを受信します。ただし受信データは保存されません。

70

● データ受信成功後

データ受信が成功すると、データを受信した利用者の [利用者メニュー] 画面を表示します。ただ

し、[印刷] が [自動] 設定の場合はレポートを印刷し、印刷後はデータ受信前の画面のままです。

環境設定については、④環境設定 .自動受信を参照してください。

71

(3) 利用者一覧画面

[指導者メニュー] 画面を表示してください。

ボタンを選択すると、以下の画面が表示されます。

(c)

(a)

(d)

(b)

72

(a) ナビゲーションウィンドウ

メニューバー( [編集],[表示方法],[メニュー],[移動],[ヘルプ] と [終了] ) とツールバーを表

(b) グループアイコンウィンドウ

登録されているグループをグループアイコンで表示します。

最後に選択された利用者が所属するグループが [共通] グループの次に表示され、他のグループ

は登録された順に表示されます。

ツールバーの アイコンをクリックすることで新しいグループを登録できます。

(c) グループアイコンフレーム

選択されたグループのグループ名とコメントを表示します。

(d) 利用者アイコンフレーム

登録されている利用者を利用者アイコンで表示します。

利用者アイコンの下には氏名と識別番号を表示します。

メニューの [表示方法] のプルダウンメニューで選択された表示順に、左上側から利用者アイコ

ンを表示します。

ツールバーの アイコンをクリックすることで新しい利用者を登録できます。

注意:

ライフライザー05 コーチには、サンプルデータとして鈴木 一郎さんが、登録されていま

す。同様のお名前を登録されるときは、サンプルデータの“鈴木 一郎”さんを削除してく

さい。利用者の削除方法については、[④利用者削除]を参照してください。

73

i.

メニューバー

利用者一覧画面にて使用できるメニューバーの機能は以下のとおりです。

● [編集]

● [表示方法]

- [名前順(昇順)] は利用者一覧から利用者のアイコンを名前の昇順で表示します。

- [名前順(降順)] は利用者一覧から利用者のアイコンを名前の降順で表示します。

- [登録順(昇順)] は利用者一覧から利用者のアイコンを登録の昇順で表示します。

- [登録順(降順)] は利用者一覧から利用者のアイコンを登録の降順で表示します。

- [利用者一覧(アイコン表示)] はアイコン形式で利用者表示します。

- [利用者一覧(リスト表示)] は全利用者をリスト形式で表示し、利用者の検索を

74

注意:

「名前順」は文字コード順となりますので、数字を使用していたとしても数字順とは

● [メニュー]

- [ライフコーダデータ受信] はライフコーダに保存されたデータをパソコンに

- [CSV 一括エクスポート] は複数の利用者のライフコーダのデータを一括で CSV ファイルと

- [CSV一括インポート] は複数の利用者のCSVファイルのデータを一括でインポートします。

- [ライフコーダレポート一括印刷] は複数の利用者のライフコーダレポートを一括で印刷しま

● [移動]

- [トップ画面] はトップ画面に戻ります。

- [指導者メニュー] は指導者メニュー画面に戻ります。

- [戻る] は前画面に戻ります。

● [ヘルプ]

- [ヘルプ] はライフライザー05 コーチの操作に関するヘルプです。

- [バージョン] はライフライザー05 コーチのバージョン番号を表示します。

● [終了]

- [終了] はライフライザー05 コーチを終了します。

75

ii. ツールバー

利用者一覧画面にて使用できるメニューアイコンの機能は以下のとおりです。

[戻る]

[利用者一覧] 画面の場合は [指導者メニュー] 画面に戻ります。

[グループ新規登録]

[利用者新規登録]

[グループ編集] [利用者編集]

[利用者一覧画面]でグループを選択している場合はグループの編集が行えます。また、利用者を選

択している場合は利用者の編集が行えます。同様に、[グラフ表示画面] ,[レポート印刷画面]と[デ

76

[ライフコーダデータ受信]

[トップ画面]

トップ画面に戻ります。

77

利用者一覧(リスト表示)

● [表示方法] プルダウンメニューの [利用者一覧(リスト表示)] をクリックすると [利用者一覧(リ

スト表示)] 画面が表示されます。

(a)

(b)

(a) [氏名] に検索する利用者の氏名を入力し、[検索] ボタンをクリックすると、検索結果を一覧に

表示します。[全利用者の表示] ボタンをクリックすると登録されている全利用者を表示します。

(b) 氏名、グループ名、識別番号、性別、年齢、CPU 番号をクリックすると、クリックした列を基

準に利用者一覧を並び変えます。クリックするたびに昇順、降順が切り替ります。

注意:

初期表示時は登録されている全利用者を氏名の文字コード順で表示します。

氏名の検索は前方一致(氏名の部分が一致)で行います。

身長と体重の行では並び替えは行えません。

78

利用者登録

[編集] プルダウンメニューの [利用者新規登録] か

が表示されます。

利用者情報を入力し、[登録] ボタンをクリックして新規利用者を登録してください。

79

注意:

(a)ログイン ID と氏名は必ず入力してください。

(b)新たに登録する利用者の氏名がすでに登録してある利用者の氏名と同じ場合は、新たに登

録する利用者に識別番号も合わせて入力してください。

(c)目標運動量,目標歩数,目標摂取量,1 週間エクササイズ合計の基準日と目標値はレポート

とグラフに反映されます。

(d)[目標] [ライフコーダの目標値を使用] を選択した場合において、ライフコーダ GS

PLUS でデータ受信を行った際にはライフコーダ GSPLUS に記録されている目標歩数と

目標運動量を目標値として用います。ライフコーダ GS の目標は、本体内部に歩数 10,000

歩、運動量 300kcal で初期設定されています。ライフコーダ EX を使用した際には、運動量

はライフコーダ EX に記録されている目標値を用い、歩数は個人情報登録で登録した目標

を用います。[個人情報登録値を使用] を選択した場合は、個人情報登録で設定した目標運

動量、目標歩数の値を表示します。

(e)ライフコーダからデータをダウンロードすると目標運動量、目標歩数の値はライフコーダ

の値で更新されます。ただしライフコーダ EX からダウンロードした場合は目標歩数の値

は更新されません。

(f)未登録のグループ名を入力した場合は、新規にグループも作成します。

(g)都道府県名は、日常身体活動分析レポートにて使用します。日常身体活動分析レポートを

使用する場合は、利用者のお住まいの都道府県を選択してください。

(h)タッチパネル機能を使用する場合は、CPUNo、記録開始日を入力してください。

(i)環境設定で [タッチパネル] [使用しない] と選択している場合、CPUNo、記録開始日は

表示されません。

80

● [登録] ボタンをクリック後、以下の画面が表示されます。

ログイン ID とパスワードのお知らせを印刷する場合は [印刷] をクリックしてください。印刷し

ない場合は、[閉じる] をクリックしてください。

ID とパスワード画面を閉じると[利用者一覧] 画面に戻り、利用者アイコンと利用者名が表示さ

れます。

す。

81

利用者編集

[利用者一覧] 画面を表示し利用者アイコンを選択してください。選択された利用者アイコンが濃

い色で表示されます。

選択された利用者の行が濃い色で表示されます。

82

[編集] プルダウンメニューの [利用者編集]か

アイコンをクリックすると、以下の画面が表

示されます。利用者情報を変更し、[登録] ボタンをクリックしてください。

83

注意:

(a)ログイン ID と氏名は必ず入力してください。

(b)新たに登録する利用者の氏名がすでに登録してある利用者の氏名と同じ場合は、新たに登

録する利用者に識別番号も合わせて入力してください。

(c)目標運動量,目標歩数,目標摂取量,1 週間エクササイズ合計の基準日と目標値はレポート

とグラフに反映されます。

(d)[目標] [ライフコーダの目標値を使用] を選択した場合において、ライフコーダ GS

PLUS でデータ受信を行った際にはライフコーダ GSPLUS に記録されている目標歩数と

目標運動量を目標値として用います。ライフコーダ GS の目標は本体内部に歩数 10,000 歩、

運動量 300kcal で初期設定されています。ライフコーダ EX を使用した際には、運動量はラ

イフコーダ EX に記録されている目標値を用い、歩数は個人情報登録で登録した目標を用

います。[個人情報登録値を使用] を選択した場合は、個人情報登録で設定した目標運動量、

目標歩数の値を表示します。

(e)ライフコーダからデータをダウンロードすると目標運動量、目標歩数の値はライフコーダ

の値で更新されます。ただしライフコーダ EX からダウンロードした場合は目標歩数の値

は更新されません。

(f)未登録のグループ名を入力した場合は、新規にグループも作成します。

(g)都道府県名は、日常身体活動分析レポートにて使用します。日常身体活動分析レポートを

使用する場合は、利用者のお住まいの都道府県を選択してください。

(h)タッチパネル機能を使用する場合は、CPUNo、記録開始日を入力してください。

(i)環境設定で [タッチパネル] [使用しない] と選択している場合、CPUNo、記録開始日は

表示されません。

84

利用者削除

● 利用者アイコンを選択してください。選択された利用者アイコンが濃い色で表示されます。

選択された利用者の行が濃い色で表示されます。

85

● [編集] プルダウンメニューの [利用者削除] をクリックします。

● [編集] プルダウンメニューの [利用者削除] をクリックすると [利用者削除] 画面が表示されま

す。[削除] ボタンをクリックすると、選択した利用者を削除します。

注意:

利用者を削除すると、削除した利用者の全てのデータが削除されます。

86

グループ登録

● グループを新規登録しない場合は全ての利用者は [共通] グループに所属します。

アイコンか、[編集] プルダウンメニューの [グループ新規登録] をクリックすると、以下の

画面が表示されます。

グループ情報を入力し、[登録] ボタンをクリックして新規グループを登録してください。

[利用者一覧] 画面に、登録したアイコンとグループ名が表示されます。

す。

注意:

グループ名は必ず入力してください。

87

グループ編集

● グループアイコンを選択してください。選択されたグループアイコンが濃い色で表示されます。

アイコンか [編集] プルダウンメニューの [利用者編集] をクリックすると、以下の画面が

表示されます。グループ情報を変更した後に、[登録] ボタンをクリックしてください。

す。

88

グループ削除

● グループアイコンを選択してください。選択されたグループアイコンが濃い色で表示されます。

● [編集] プルダウンメニューの [グループ削除] をクリックします。

89

● [編集] プルダウンメニューの [グループ削除] をクリックすると [グループ削除] 画面が表示さ

れます。[削除] ボタンをクリックすると、選択した利用者を削除します。

注意:

グループを削除すると、グループに所属する全ての利用者とデータが削除されます。

90

利用者一覧画面におけるデータ受信

● データ受信

(a) [環境設定] - [自動受信] - [受信] - [自動] 設定の場合

ライフコーダを接続すると自動的にライフコーダからデータ受信を行います。

(b) [環境設定] - [自動受信] - [受信] -[マニュアル] 設定の場合

アイコンまたは [メニュー] プルダウンメニューの [ライフコーダデータ受信] ボタンをク

リックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

(b) データ受信後またはデータ受信キャンセル後、同じライフコーダから再度データ受信を行う場合

アイコンまたは [利用者一覧] 画面の [メニュー] プルダウンメニューの [ライフコーダデ

ータ受信] ボタンをクリックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

受信準備終了後、以下の画面が表示されます。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [自動] 設定の場合

(a) 前回、お手持ちのライフコーダをデータ受信している利用者が存在する場合

確認画面を表示せずに現在、データを受信している利用者に自動的にデータ受信を行います。

ただし、前回受信以降ライフコーダをリセットした場合は以下の画面が表示されます。

91

[氏名]に表示されている利用者にデータ受信を行う場合は[受信]ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者にデータ受信を行う場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データ受信を行う利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [確認] 設定の場合

(a) 前回、お手持ちのライフコーダをデータ受信している利用者が存在する場合

以下の画面が表示され、現在、データ受信している利用者情報を表示します。

92

[氏名]に表示されている利用者でデータ受信を行う場合は [OK]ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください

データ受信する利用者の変更を行う場合は、 [利用者一覧からの選択] ボタンをクリックしてく

ださい。

データ受信する利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくださ

い。

(b) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者でデータ受信を行う場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データ受信を行う利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [なし] 設定の場合

確認画面を表示せずに自動的にデータを受信します。ただし受信データは保存されません。

93

● データ受信成功後

データ受信が成功すると、データを受信した利用者の [利用者メニュー] 画面を表示します。ただ

し、[印刷] が [自動] 設定の場合はレポートを印刷し、印刷後はデータ受信前の画面のままです。

環境設定については、2.画面及び操作 (2)指導者メニュー画面 ④環境設定 .

動受信を参照してください。

94

グループレポート

[メニュー] プルダウンメニューの [グループレポート] をクリックすると、以下の画面を表示しま

す。

● 印刷の設定

印刷範囲の設定を行います。以下に示す期間の中から選択してください。

最新 7 日:パソコンの現在日から、最新 7 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 14 日:パソコンの現在日から、最新 14 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 30 日:パソコンの現在日から、最新 30 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 60 日:パソコンの現在日から、最新 60 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 90 日:パソコンの現在日から、最新 90 日間の受信データのレポートを印刷します。

ユーザ設定:印刷範囲を指定します。

印刷範囲の設定で[ユーザ設定] を選択した場合、印刷する範囲の日付を設定してください。

● グループレポートを印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

95

● グループレポートの印刷プレビューを表示する場合は [プレビュー] ボタンをクリックしてくだ

さい。

グループレポートを画像保存する場合は[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を表示させ

てください。

グループレポートを画像保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所を変更

したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

● グループレポートのデータをCSV ファイル保存する場合は [CSV 保存] ボタンをクリックしてく

ださい。

● グループレポート印刷をキャンセルする場合は [閉じる] ボタンをクリックしてください。

96

CSV 一括エクスポート

登録済みのグループに所属している利用者のうち、指定した利用者のデータを一括してエクスポー

トします。

[利用者一覧] 画面でエクスポートしたいグループを選択し、[メニュー] プルダウンメニューの

[CSV 一括エクスポート] をクリックすると、[CSV 一括エクスポート] ダイアログを表示します。

● 出力範囲

出力範囲の設定を行います。以下に示す期間の中から選択してください。

最新 7 日:エクスポートの実行日から実行日を含む過去 7 日間分のデータファイルを作成しま

す。

最新 14 日:エクスポートの実行日から実行日を含む過去 14 日間分のデータファイルを作成し

ます。

最新 30 日:エクスポートの実行日から実行日を含む過去 30 日間分のデータファイルを作成し

ます。

最新 60 日:エクスポートの実行日から実行日を含む過去 60 日間分のデータファイルを作成し

ます。

最新 90 日:エクスポートの実行日から実行日を含む過去 90 日間分のデータファイルを作成し

ます。

ユーザ設定:データをエクスポートする範囲の日付を指定し、データファイルを作成します。

出力範囲の設定で [ユーザ設定] を選択した場合は、データをエクスポートする範囲の日付を設定

してください。

97

● 出力フォーマット

エクスポートするデータのフォーマットを指定します。

ライフライザー03 コーチ・05 コーチ

ライフライザー02 プロ・ベーシック

● 保存先フォルダの設定

データファイルを保存するフォルダを指定します。[参照] ボタンをクリックすると以下の画面が

表示されます。データファイルを保存するフォルダを選択して、[OK] ボタンをクリックしてくだ

さい。

● 利用者リスト

選択したグループに所属する利用者の一覧を表示します。エクスポートしたい利用者のチェック

ボックスにチェックを入れてください。

リスト上部の [全選択] ボタンをクリックすると、全利用者のチェックボックスにチェックが入り

ます。[全選択解除] ボタンをクリックすると、全利用者のチェックボックスからチェックが外れ

ます。

[氏名] [グループ名] [識別番号] [性別][年齢] [CPUNo] の各行のヘッダをクリックすると、その項目

でソートされます。

98

● CSV 一括エクスポートの実行

[OK]ボタンをクリックすると、CSV 一括エクスポートを開始します。

CSV 一括エクスポートが成功した場合、以下のダイアログを表示します。

利用者を選択していない場合は以下のダイアログを表示し、CSV 一括エクスポートは行われませ

ん。

指定した期間中にデータが存在しない利用者がいた場合は、CSV ファイルが作成されず、以下の

ダイアログが表示されます。

データファイルの詳細については[(4)利用者メニュー CSV エクスポート]を参照してく

ださい。

99

CSV 一括インポート

指定したフォルダ内にある複数の CSV ファイルを、一括してインポートします。

● CSV 一括インポートするフォルダの設定

[利用者一覧] 画面でインポートしたいグループを選択し [メニュー] プルダウンメニューの

[CSV 一括インポート] をクリックし [フォルダの参照] ダイアログを表示してください。

インポートしたい CSV ファイルを含むフォルダを選択し [OK] ボタンをクリックすると、選択中

のグループにデータをインポートします。

インポート処理が終了すると、成功したものと失敗したものとを含めた処理結果を表示しますの

で、[OK]ボタンをクリックしてください。

インポートが行えるファイルの形式等は[(4)利用者メニュー CSV インポート]を参照し

てください。

100

一括インポートがおこなえる CSV ファイルのファイル名は以下の通りです。

ログインID

_

氏名

_YYYYMMDD.CSV

ログインID

:利用者のログインID

氏名

:利用者の氏名

YYYYMMDD:年月日

ログイン

ID]と[

氏名

はそのまま

、利用者のログ

ログイン

ID]が含まれていな

いファイル名の場合、ログイン ID を[S1]から[S999999]の間で順番に割り当て、利用者登録を

おこないます。

氏名

]と[YYYYMMDD]が CSV ファイルのファイル名に含まれていない場合には、イ

ンポートを行えません。CSV ファイルのファイル名を一括インポートが行えるファイル名に変更す

るか、利用者を指定して個別にインポートを行ってください。

注意:

ポート]はご利用いただけません。

インポートする CSV ファイルの利用者 ID が登録済みの場合、選択中のグループで

はなく、その利用者が属するグループにインポートします。

一括インポート処理中にエラーが発生した場合、該当ファイルのインポート処理は終

了しますが、残りのファイルのインポート処理は続行します。

101

ライフコーダレポート一括印刷

ライフコーダレポートの一括印刷を行います。

印刷したいグループを選択し、[利用者メニュー] 画面で[メニュー] -[ライフコーダレポート一括印

刷] をクリックし、[ライフコーダレポート一括印刷] ダイアログを表示させてください。

● 印刷範囲

印刷する期間を指定します。

● ライフコーダレポート印刷

印刷するレポートを選択します。

● 目標

目標の値を選択します。

● 利用者リスト

選択したグループに所属する利用者の一覧を表示します。レポート印刷したい利用者のチェック

ボックスにチェックを入れてください。

リスト上部の [全選択] ボタンをクリックすると、全利用者のチェックボックスにチェックが入り

ます。[全選択解除] ボタンをクリックすると、全利用者のチェックボックスからチェックが外れ

ます。

でソートされます。

102

● ライフコーダレポート一括印刷の実行

[印刷] ボタンをクリックすると、一括印刷を開始します

一括印刷が成功した場合、以下のダイアログを表示します。

利用者を選択していない場合は以下のダイアログを表示し、ライフコーダレポートの一括印刷は

行われません。

指定した期間中にデータが存在しない利用者がいた場合は、以下のダイアログが表示され、印刷

は行われません。ただし、指定した期間中にデータが存在する利用者のライフコーダレポートの

印刷は行われます。

印刷の形式等は[(4)利用者メニュー ⑥レポート印刷 .ライフコーダレポート印刷]

参照してください。

103

個人情報エクスポート

登録済みのグループに所属している利用者のうち、指定した利用者のデータを一括してエクスポー

トします。

[利用者一覧] 画面でエクスポートしたいグループを選択し、[メニュー] プルダウンメニューの [個

人情報エクスポート] をクリックすると、[個人情報エクスポート] ダイアログを表示します。

● エクスポートするデータのファイル名の設定

[OK] ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。データファイルを保存するフォルダと

ファイル名を選択して、[保存] ボタンをクリックしてください。指定したフォルダにデータファ

イル(CSV ファイル形式)が保存されます。

注意:

(a)出力ファイル名の初期表示は「個人情報.csv」です。

(b)データはライフライザー05 コーチに記録された順に出力します。

(c)指導者のデータは出力しません。

(d)途中でエラーが生じた場合は、データファイルは出力されません。

104

● CSV ファイル形式

CSV ファイルは下記のデータを含んでいます。

ログイン ID

パスワード

氏名

識別番号

身長

体重

性別

年齢

コメント

グループ名

アイコン

基準日

エクササイズ

都道府県

CPUNo.

記録開始日

使用する目標値

目標運動量

目標歩数

目標摂取量

ライフライザー05 コーチ

○ yyyy/mm/dd

105

個人情報インポート

データファイル(CSV ファイル形式)を読み込み、利用者を登録します。

● インポートするデータ(ファイル)の設定

対象のデータファイルを選択して、[開く] ボタンをクリックしてください。指定したデータファ

イルの読込を始めます。

インポート処理が終了すると、利用者登録に成功したものと失敗したものとを含めた処理結果を

表示しますので、[OK]ボタンをクリックしてください。

注意:

インポートする CSV ファイルのログイン ID または氏名が登録済みの場合、その利用者の登録は行

いません。インポート処理中にエラーが発生した場合、その利用者の登録は行いませんが、残りの

利用者の登録は続行します。

106

(4)利用者メニュー

ログインユーザが指導者の場合、[利用者一覧] 画面でユーザアイコンをダブルクリックすると利用者

メニューを表示します。

ログインユーザが利用者の場合、トップ画面からログインすると利用者メニューを表示します。

(a)

(b)

(a) 利用者情報ウィンドウ

選択された利用者名と利用者の所属しているグループ名、識別番号(登録されている時のみ)、利用

者のコメントを表示します。

アイコンをクリックする ログインユーザが [指導者] の場合は、 アイコンが表示され、

ことによって、利用者一覧に戻ります。

(b) 利用者メニューウィンドウ

以下の6つのメニューアイコンを表示します。

[ライフコーダデータ受信]

107

[グラフ表示]

[レポート印刷]

ログインユーザが [指導者] の場合は [ライフコーダレポート], [比較レポート], [エクササイズチ

ェックシート], [行動変容レポート] と[日常身体活動分析レポート] を選択できます。ログインユ

ーザが [利用者] の場合はライフコーダレポートを印刷します。

[グルテストデータ受信]

[データ入力]

[運動入力], [データ編集], [血圧値入力]と [血糖値入力] の各項目の入力および編集が行えます。

[ダイエットシミュレーション]

[メタボリックシミュレーション]

ライフコーダから受信したデータを元に減らしたい腹囲からダイエットのシミュレーションが行

108

i.

メニューバー

利用者メニュー画面,グラフ表示画面,レポート印刷画面とデータ入力画面にて使用できるメニ

ューバーの機能は以下のとおりです。

● [編集]

- [利用者編集] は登録済の利用者情報を編集します。

● [メニュー]

- [ライフコーダデータ受信] はライフコーダに保存されたデータをパソコンに

- [レポート印刷] はログインユーザが [指導者] の場合は [ライフコーダレポート印刷] [比較

レポート印刷] [エクササイズチェックシート] [行動変容レポート] [日常身体活動分析レポー

ト] を選択するレポート印刷画面へ移動します。ログインユーザが [利用者] の場合は [ライ

- [データ入力] は [運動入力] [データ編集] [血圧値入力] [血糖値入力] を選択するデータ入力

- [ダイエットシミュレーション] はライフコーダから受信したデータを元にダイエットシミ

(詳しくは[⑩ダイエットシミュレーション]を参照してください。

- [メタボリックシミュレーション] はライフコーダから受信したデータを元に減らしたい腹

109

- [グループレポート] はグループレポートを印刷します。ログインユーザが [利用者] の場合

- [ライフコーダレポートコメント入力] はライフコーダレポートに出力するコメントの手入

- [CSV エクスポート] はライフコーダのデータを CSV ファイルとしてエクスポートします。

- [CSV インポート] は CSV ファイルのデータをインポートします。ログインユーザが [利用

 [移動]

- [トップ画面] はトップ画面に戻ります。

- [利用者一覧] は利用者一覧画面に戻ります。ログインユーザが [利用者] の場合は表示され

ません。

- [指導者メニュー] は指導者メニュー画面に戻ります。ログインユーザが [利用者] の場合は

表示されません。

- [戻る] は前画面に戻ります。

 [ヘルプ]

- [ヘルプ] はライフライザー05 コーチの操作に関するヘルプです。

- [バージョン] はライフライザー05 コーチのバージョン番号を表示します。

 [終了]

- [終了] はライフライザー05 コーチを終了します。

110

ii. ツールバー

利用者メニュー画面,グラフ表示画面,レポート印刷画面とデータ入力画面にて使用できるメニ

ューバーの機能は以下のとおりです。

[戻る]

[利用者メニュー] 画面の場合は [利用者一覧] 画面に戻ります(ログインユーザが[指導者]であった

[グラフ表示] 画面,[レポート印刷] 画面と[データ入力] 画面の場合は利用者メニュー画面に戻りま

す。

[利用者編集]

[ライフコーダデータ受信]

[グラフ表示]

111

[レポート印刷]

ログインユーザが [指導者] の場合は[ライフコーダレポート印刷] [比較レポート印刷] [エクササイ

ズチェックシート] [行動変容レポート] [日常身体活動分析レポート]を選択できます。

ログインユーザが [利用者] の場合はライフコーダレポートを印刷します。

[グルテストデータ受信]

グルテストに保存されたデータをパソコンに取り込みます。

[データ入力]

[運動入力] ,[データ編集] ,[血圧値入力] と [血糖値入力] の各項目の入力および編集が行えま

[ダイエットシミュレーション]

[トップ画面]

トップ画面に戻ります。

112

利用者メニュー画面・グラフ表示画面・データ入力画面・レポート印刷画面におけ

るデータ受信

● データ受信

(a) [環境設定] - [自動受信] - [受信] - [自動] 設定の場合

ライフコーダ を接続すると自動的にライフコーダからデータの受信を行います。

(b) [環境設定] - [自動受信] - [受信] - [マニュアル] 設定の場合

ボタン、 アイコンまたは [メニュー] プルダウンメニューの [ライフコーダデータ受

信] ボタンをクリックすると、ライフコーダからデータ受信を行います。

113

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [自動] 設定の場合

(a) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示中の利用者が一致する場合

確認画面なしでデータの取り込みを行います。

ただし、前回受信以降ライフコーダをリセットした場合は以下の画面が表示されます。

[氏名]に表示されている利用者でデータ受信を行う場合は [受信] ボタンをクリックしてくださ

い。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(b) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示中の利用者が一致しない場合(ログイン

しているユーザが指導者の場合)

以下の画面が表示され、[利用者一覧] 画面で選択した利用者の利用者情報が表示されます。

ださい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

データを受信する利用者を変更する場合は [利用者選択] ボタンをクリックしてください。

114

利用者を選択した場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者にデータを受信する場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データを受信する利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(c) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示が一致しない場合 (ログインしているユ

ーザが利用者の場合)

以下の画面が表示され、ログインしている利用者の利用者情報が表示されます。

ログインしている利用者でデータを受信する場合は、[受信] ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

データを受信する利用者を変更する場合は [利用者選択] ボタンをクリックしてください。

(d) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、表示中の利用者に自動的にデータ受信を行います。

115

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [確認] 設定の場合

(a) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示中の利用者が一致する場合

確認画面なしでデータの取り込みを行います。

ただし、前回受信以降ライフコーダをリセットした場合は以下の画面が表示されます。

ださい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(b) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示中の利用者が一致しない場合(ログイン

しているユーザが指導者の場合)

以下の画面が表示され、[利用者一覧] 画面で選択した利用者の利用者情報が表示されます。

ださい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

116

データを受信する利用者を変更する場合は [利用者選択] ボタンをクリックしてください。利用

者を選択した場合、以下の画面が表示されます。

既に登録されている利用者にデータを受信する場合は、[利用者一覧からの選択] ボタンをクリッ

クしてください。

データを受信する利用者を新規登録する場合は、[利用者の新規登録] ボタンをクリックしてくだ

さい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

(c) 接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者と表示中が一致しない場合 (ログインしている

ユーザが利用者の場合)

以下の画面が表示され、ログインしている利用者の利用者情報が表示されます。

ログインしている利用者でデータを受信する場合は、[受信] ボタンをクリックしてください。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

117

(d) 新しいライフコーダの場合

・ライフライザー05 コーチに今まで接続していないライフコーダを接続した

・接続中のライフコーダで最後に取り込んだ利用者を削除した

等の場合、以下の画面が表示され、[利用者一覧] 画面で選択した利用者情報が表示されます。

ださい。

データ受信をキャンセルする場合は、[キャンセル] ボタンをクリックしてください。

● [環境設定] - [自動受信] - [保存] - [なし] 設定の場合

確認画面を表示せずに自動的にデータを受信します。ただし受信データは保存されません。

● データ受信成功後

データ受信が成功すると、データを受信した利用者の [利用者メニュー] 画面を表示します。グ

ラフ表示画面の場合は、グラフを再描画します。ただし、[印刷] が [自動] 設定の場合はレポー

トを印刷し、印刷後はデータ受信前の画面のままです。

118

目標値送信

[利用者メニュー] 画面で目標値送信するライフコーダを接続し、[メニュー] プルダウンメニュ

ー の [ 目 標 送 信 ] を ク リ ッ ク す る と 、 [ 目 標 送 信 ] ダ イ ア ロ グ を 表 示 し ま す 。

接続したライフコーダが GS の場合

接続したライフコーダが PLUS の場合

接続したライフコーダが EX の場合

目標値情報を入力した後、[目標送信] ボタンをクリックしてライフコーダのセットアップを行っ

てください。また、現在のライフコーダの目標値を取得したい場合は、[目標取得] ボタンをクリ

ックしてください。

119

注意:

(a)現在、利用者がデータ受信しているライフコーダ以外のライフコーダを接続した場合はエラ

ーメッセージが表示され、目標値送信が行えません。

(b)目標値以外のライフコーダの値は変更しません。

120

CSV エクスポート

データファイル(CSV ファイル形式)を出力します。[利用者メニュー] 画面で、[メニュー] プルダウ

ンメニューの [CSV エクスポート] をクリックすると、[CSV エクスポート] ダイアログを表示しま

す。

● 出力範囲の設定

出力範囲の設定を行います。以下に示す期間の中から選択してください。

最終通信日:保存データの内、最新受信データのデータファイルを作成します。

最新 7 日:保存データの内、最新 7 日間の受信データのデータファイルを作成します。

最新 14 日:保存データの内、最新 14 日間の受信データのデータファイルを作成します。

最新 30 日:保存データの内、最新 30 日間の受信データのデータファイルを作成します。

最新 60 日:保存データの内、最新 60 日間の受信データのデータファイルを作成します。

最新 90 日:保存データの内、最新 90 日間の受信データのデータファイルを作成します。

ユーザ設定:データをエクスポートする範囲を指定します。

出力範囲の設定で [ユーザ設定] を選択した場合は、データをエクスポートする範囲の日付を設定

してください。

● 出力フォーマット

エクスポートするデータのフォーマットを指定します。

ライフライザー05 コーチ

ライフライザー03 コーチ

ライフライザー02 プロ・ベーシック

● エクスポートするデータのファイル名の設定

[OK] ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。データファイルを保存するフォルダと

ファイル名を選択して、[保存] ボタンをクリックしてください。指定したフォルダにデータファ

イル(CSV ファイル形式)が保存されます。

121

注意:

(a)出力ファイル名の初期表示は「ログイン ID_利用者名_出力日(yyyymmdd 形式).csv」です。

(b)データはライフライザー05 コーチに記録された順に出力します。

(c)[データ編集] 機能で削除したデータは出力しません。

(d)途中でエラーが生じた場合は、データファイルは出力されません。

122

● CSV ファイル形式

CSV ファイルは下記のデータを含んでいます。

受信日

CPU 番号

CSV フォーマットバージョ

利用者名

測定日

身長

体重

性別

年齢

目標運動量

総消費量

運動量

目標歩数

歩数

歩幅

距離

ライフライザー

05 コーチ yyyy/mm/dd

GS200

○ yyyy/mm/dd

M/F

ライフライザー

03 コーチ yyyy/mm/dd

PLUS-JP

○ yyyy/mm/dd

M/F

ライフライザー02

プロ・ベーシック m/d/yyyy

EX-100

○ m/d/yyyy

M/F

×

×

×

活動時間(運動強度下限~

上限までの回数)

運動強度下限・上限

エクササイズ

×

×

×

×

○ ○ ○

数分布

イベント 1 から 10 HHMM HHMM HHMM

ライフコーダバージョン ○ ○ ×

ライフコーダメモリ設定 ループ/ロック ループ/ロック ×

測定方法 ○ ○ ×

2 分間の最頻値

○ ○ ○

123

CSV インポート

データファイル(CSV ファイル形式)を読み込み、データを取り込みます。取り込みを行いたい利用

者の[利用者メニュー] 画面で、[メニュー] -[CSV インポート] をクリックし、以下の画面を表示

してください。

● インポートするデータ(ファイル)の設定

読込対象のデータファイルを選択して、[保存] ボタンをクリックしてください。指定したデータ

ファイルの読込を始めます。

注意:

(a)CSV インポートできるファイル形式は以下の通りです。

05 コーチ形式

03 コーチ形式

Pro/Basic 形式

・通信オプション 232C で出力した CSV

Basic 通信オプション形式

・通信オプション USB で出力した CSV

・ライフコーダ EX 4 秒版通信ソフトおよびライフコーダ 4 秒版通信ソフトの 2 CSV 形式

(b)保存されているデータと重複している日時のデータも追加で取り込みます。同日のデータが

ある場合は [データの編集] 機能で編集してください。

(c)日毎データ(上部ブロック)と日内変動データ(下部ブロック)の日付の不整合がある場合

は、エラーとなります。

(d)フォーマットの不整合、データに不正があるときはエラーとなります。

(e)途中でエラーが生じた場合は、データファイル内全てのデータを取り込みません。

124

グラフ表示

[利用者メニュー] 画面から

ボタンを選択、または アイコンをクリックすると [グラフ表

示] 画面を表示します。

ライフコーダやグルテストのデータ,データ入力に基づく 9 つのレポートを表示し、印刷すること

ができます。

(a) 利用者情報ウィンドウ

選択された利用者名と利用者の所属しているグループ名、識別番号(登録されている時のみ)、利

用者のコメントを表示します。

ログインユーザが [指導者] の場合は、

ることによって、利用者一覧に戻ります。

アイコンが表示され、 アイコンをクリックす

(b) 9 つのタブの 1 つを選択すると、以下のグラフや分析データが表示されます。

活動時間・距離と運動量・歩数

身体活動週別と曜日別平均

総消費量

身体活動パターン

テキパキ度と活発度と平均活動時間

体重の推移

目標活動時間と継続運動回数

血糖と血圧値の推移

身体活動レベルの日内変動

125

(c) グラフを表示する期間を指定します。

グラフ表示させる期間の設定をおこないます。以下に示す期間の中から選択してください。

最終通信日:保存データの内、最新受信データのグラフを表示します。

最新 7 日:保存データの内、最新 7 日間の受信データのグラフを表示します。

最新 14 日:保存データの内、最新 14 日間の受信データのグラフを表示します。

最新 30 日:保存データの内、最新 30 日間の受信データのグラフを表示します。

最新 60 日:保存データの内、最新 60 日間の受信データのグラフを表示します。

最新 90 日:保存データの内、最新 90 日間の受信データのグラフを表示します。

ユーザ設定:印刷範囲を指定します。

期間の設定で[ユーザ設定]を選択した場合は、期間を手入力で行ってください。

[設定] ボタンをクリックすると指定した期間でグラフを再描画します。

(d) [印刷] ボタンをクリックすると現在表示しているグラフを印刷します。

プリンタを選択した後に、[OK] ボタンをクリックしてください。

注意:

レポート印刷時に印刷したレポートの文字が化けることがあります。ご使用のパソ

コンのプリンタドライバを最新にしてご使用してください。なお、ドライバの入手方法

やインストール方法は各メーカーのホームページをご覧ください。

126

印刷結果は以下のとおりです。

(a) ヘッダ

利用者の氏名、所属グループや期間内の運動量最大の日と平均的な日の情報などを表示します。

(b) グラフ

画面に表示されているグラフと同様ですが、日内変動グラフと身体活動パターングラフには凡例

を追加します。

グラフ等の詳細については、4.グラフ詳細を参照してください。

注意:

ライフコーダの目標値を使用する場合

ライフコーダ GSPLUS を使用した場合は歩数・運動量ともにライフコーダに記録され

た目標値を用います。

ライフコーダ EX を使用した場合、運動量はライフコーダに記録された目標値を用

い、歩数は個人情報登録で登録された目標を用います。

ヘッダの目標値の欄には、ライフコーダの目標値を使用する場合は期間内での最終

日の目標値を表示し、個人情報の目標値を使用する場合はその値を表示します。

127

レポート印刷

ログインユーザが指導者の場合、[利用者メニュー] 画面から

コンをクリックすると [レポート印刷] 画面を表示します。

ボタンを選択、または アイ

(a)

(b)

(a) 利用者情報ウィンドウ

選択された利用者名と利用者の所属しているグループ名、識別番号(登録されている時のみ)、利

用者のコメントを表示します。

ログインユーザが [指導者] の場合は、

ることによって、利用者一覧に戻ります。

アイコンが表示され、

(b) レポート印刷メニューウィンドウ

以下の 5 つのメニューアイコンを表示します。

アイコンをクリックす

[ライフコーダレポート]

128

[比較レポート]

[エクササイズチェックシート]

[行動変容レポート]

[日常身体活動分析レポート]

129

i.

ライフコーダレポート印刷

ログインユーザが指導者の場合、[レポート印刷] 画面で

レポートダイアログを表示します。

ログインユーザが利用者の場合、

グを表示します。

ボタンを選択するとライフコーダ

アイコンをクリックするとライフコーダレポートダイアロ

● 印刷の設定

(a) 以下に示す期間の中から印刷する範囲を選択してください。

最終通信日:保存データの内、最新受信データのレポートを印刷します。

最新 7 日:保存データの内、最新 7 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 14 日:保存データの内、最新 14 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 30 日:保存データの内、最新 30 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 60 日:保存データの内、最新 60 日間の受信データのレポートを印刷します。

最新 90 日:保存データの内、最新 90 日間の受信データのレポートを印刷します。

ユーザ設定:印刷範囲を指定します。

(b) (a)で [ユーザ設定] を選択した場合、印刷する範囲の日付を設定してください。

130

(c) ライフコーダレポートに印刷する項目を設定します。

サマリーレポート:必ず印刷します。

活動状況レポート:印刷する場合チェックしてください。

体重管理レポート:印刷する場合チェックしてください。

エクササイズレポート:印刷する場合チェックしてください。

身体活動レベルの日内変動:印刷する場合チェックしてください。

血糖値・血圧値レポート:印刷する場合チェックしてください。

択してください。

日内変動グラフに血糖値を表示:血糖値・血圧値レポートの日内変動グラフに血糖値を表示

する場合、チェックしてください。

表示タイミング:[血糖値・血圧レポート] - [血糖値の推移グラフ] に表示する血糖値データ

を選択してください。

れている目標値を用いるか、個人情報の値を用いるか選択できます。個人情報登録値を使用

する場合、目標値を入力・設定することができます。

目標運動量:利用者情報に設定されている値を表示します。レポートに表示する目標運動量

を入力してください。

目標歩数:利用者情報に設定されている値を表示します。レポートに表示する目標歩数を入

力してください。

目標活動時間:環境設定情報に設定されている値を表示します。レポートに表示する強度・

目標活動時間を入力してください。

注意:

ライフコーダレポートダイアログで目標運動量、目標歩数の値を変更しても、ライフコーダレ

ポートに反映されるだけであり、利用者情報の目標運動量、目標歩数の値は変更されません。

● ライフコーダレポートを印刷する場合は [ライフコーダレポート印刷]画面にて[印刷] ボタンをク

リックしてください。

131

● ライフコーダレポートの印刷プレビューを表示する場合は[ライフコーダレポート印刷]画面にて

[プレビュー] ボタンをクリックしてください。以下の画面が表示されます。

印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

ライフコーダレポートの画像を保存する場合[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を表示

させてください。

ライフコーダレポートの画像を保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所

を変更したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

132

画像保存ファイル名フォーマットは RS ベースで以下のようになっています。

氏名

~SEQ~YYYY_MM_DD~

種別

(s)~RSB.jpg

氏名

:利用者の氏名、識別番号が入力されている場合は識別番号

SEQ:シーケンス番号( 001)

YYYY_MM_DD:年月日(出力日)

種別

:運動サマリー、活動状況、体重管理、エクササイズ、血糖血圧、日内変動(1)

● ライフコーダレポートを PDF 保存する場合は[ライフコーダレポート印刷]画面にて[PDF 出力]ボ

タンをクリックし、以下の画面を表示させてください。

ライフコーダレポートの PDF ファイルを保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。

保存場所を変更したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

出力するファイル名は以下のようになります。

ログイン

ID~YYYYMMDD

~

life.pdf

ログイン

ID:利用者のログイン ID

YYYYMMDD:年月日(出力日)

● ライフコーダレポート印刷をキャンセルする場合は [閉じる] ボタンをクリックしてください。

ライフコーダレポートの詳細については、5.レポート詳細 (1)ライフコーダレポート詳細

を参照してください。

133

ii. 比較レポート印刷

[レポート印刷] 画面で

ボタンを選択すると比較レポートダイアログを表示します。

● 印刷の設定

(a) 前回期間

印刷期間:印刷する範囲の日付を設定してください。

目標歩数:レポートに表示する目標歩数を設定できます。初期表示されている目標値は、期間最

終日にライフコーダで設定されていた値を表示します。ただし、最終日にデータが存在しない場

合、個人情報で設定された目標値を表示します。

目標運動量:レポートに表示する目標運動量を設定できます。初期表示されている目標値は、期

間最終日にライフコーダで設定されていた値を表示します。ただし、最終日にデータが存在しな

い場合、個人情報で登録された目標値を表示します。

(b) 今回期間

印刷期間:印刷する範囲の日付を設定してください。

目標歩数:レポートに表示する目標歩数を設定できます。初期表示されている目標値は、期間最

終日にライフコーダで設定されていた値を表示します。ただし、最終日にデータが存在しない場

合、個人情報で登録された目標値を表示します。

目標運動量:レポートに表示する目標運動量を設定できます。初期表示されている目標値は、期

間最終日にライフコーダで設定されていた値を表示します。ただし、最終日にデータが存在しな

い場合、個人情報で登録された目標値を表示します。

今回の期間を保存する:今回の期間を記録し、次回比較レポートダイアログを表示時に、前回期

間に今回期間の印刷を表示します。

134

注意:

比較レポートダイアログで目標歩数、目標運動量の値を変更しても、比較レポートダ

イアログに反映されるだけで、利用者情報の目標歩数と目標運動量の値には反映され

ません。

● 比較レポートを印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

● 比較レポートの印刷プレビューを表示する場合は [プレビュー] ボタンをクリックしてください。

以下の画面が表示されます。

そのまま印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

比較レポートの画像を保存する場合[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を表示させてく

ださい。

比較レポートを画像保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所を変更した

い場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

135

画像保存ファイル名フォーマットは RS ベースで以下のようになっています。

氏名

~SEQ~YYYY_MM_DD~

比較レポート

(s)~RSB.jpg

氏名

:利用者の氏名、識別番号が入力されている場合は識別番号

SEQ:シーケンス番号( 001)

YYYY_MM_DD:年月日(出力日)

● 比較レポート印刷をキャンセルする場合は [閉じる] ボタンをクリックしてください。

比較レポートの詳細については、5.レポート詳細 (2)比較レポート詳細を参照してくださ

い。

iii. エクササイズチェックシート印刷

[レポート印刷] 画面で

ボタンを選択するとエクササイズチェックシートと健康づくりのため

の身体活動量の資料を印刷します。

エクササイズチェックシートの詳細については、5.レポート詳細 (3)エクササイズチェッ

クシート詳細を参照してください。

136

iv. 行動変容レポート印刷

[レポート印刷] 画面で

します。

ボタンを選択すると、行動変容レポートのプレビュー画面を表示

● 行動変容レポートを印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

● 行動変容レポートを画像保存する場合は[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を表示させ

てください。

行動変容レポートを画像保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所を変更

したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

画像保存ファイル名フォーマットは RS ベースで以下のようになっています。

氏名

~SEQ~YYYY_MM_DD~

種別

(s)~RSB.jpg

氏名

:利用者の氏名、識別番号が入力されている場合は識別番号

SEQ:シーケンス番号( 001)

YYYY_MM_DD:年月日(出力日)

種別

:行動変容(02)、日内変動(0)

ライフコーダレポートの詳細については、5.レポート詳細 (4)行動変容レポート詳細を参

照してください。

137

v. 日常身体活動分析レポート印刷

[レポート印刷] 画面で

面を表示します。

ボタンを選択すると、日常身体活動分析レポートのプレビュー画

● 日常身体活動分析レポートを印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

● 日常身体活動分析レポートを画像保存する場合は[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を

表示させてください。

日常身体活動分析レポートを画像保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所を

変更したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

画像保存ファイル名フォーマットは RS ベースで以下のようになっています。

氏名

~SEQ~YYYY_MM_DD~

種別

(s)~RSB.jpg

氏名

:利用者の氏名、識別番号が入力されている場合は識別番号

SEQ:シーケンス番号( 001)

YYYY_MM_DD:年月日(出力日)

種別

:日常身体活動分析(01)、日内変動(0)

日常身体活動分析レポートの詳細については、5.レポート詳細 (6)日常身体活動分析レポ

ート詳細を参照してください。

138

ライフコーダレポートコメント入力

本機能は指導者のみの機能です。

利用者メニュー画面,グラフ表示画面,レポート印刷画面とデータ入力画面にてメニューの[メニュ

ー]-[ライフコーダレポートコメント入力]を選択し、ダイアログを表示させます。

[プレビュー] ボタンをクリックし、プレビュー画面を表示させ、コメント欄にコメントを入力しま

す。

注意:

ライフコーダレポートコメント入力では印刷ボタンは使用できません。

プレビューボタンをクリックし、プレビューを表示してください。

139

● コメント欄に、コメントテンプレートからコメントを挿入する場合は、[テンプレート一覧]ボタン

をクリックし、下記のテンプレート一覧ダイアログを表示します。

● コメントテンプレートのタイトルを選択し、[適用]ボタンをクリックすると、プレビュー画面のコ

メント欄にコメントが挿入されます。

● 印刷する場合は [印刷] ボタンをクリックしてください。

● ライフコーダレポートを画像保存する場合は[画像保存] ボタンをクリックし、以下の画面を表示

させてください。

ライフコーダレポートを画像保存する場合は [OK] ボタンをクリックしてください。保存場所を

変更したい場合は、[参照] をクリックして、フォルダの変更を行ってください。

140

i.

コメントテンプレートの編集

● ライフコーダレポートコメント入力機能で作成したコメントをコメントテンプレートに保存する

ことができます。プレビュー画面の [コメント保存] ボタンをクリックし、以下の画面にテンプレ

ート名称を入力します。[登録]ボタンをクリックすると現在のコメントをコメントテンプレートに

新規登録します。

注意:

(a)入力できるコメントは 200 文字以内です。

(b)プレビュー画面入力したコメントは [コメント保存] を行わないと保存されません。

(c)コメントを入力したレポートはプレビュー画面では表示されません。印刷または画像保存を

行ってください。

● コメントテンプレート一覧に表示する一覧の表示順を編集することができます。テンプレート一

覧の[上へ][下へ]ボタンをクリックすると、選択されているコメント名称が上下へ移動します。テ

ンプレート一覧画面を閉じる際に表示順が登録され、次回起動時に反映されます。

● コメントテンプレートからコメントを削除することが出来ます。[テンプレートから削除]をクリッ

クし、確認ダイアログで[OK]を選択すると、テンプレート一覧から削除されます。

注意:

テンプレート一覧に登録されたコメントの編集は行えません。コメントの編集を行う場合は、

一度、テンプレート一覧から削除し、再度、コメント保存を行ってください。

141

データ入力

[利用者メニュー] 画面から

力] 画面を表示します。

ボタンを選択、または アイコンをクリックすると [データ入

(a)

(b)

(a) 利用者情報ウィンドウ

選択された利用者名と利用者の所属しているグループ名、識別番号(登録されている時のみ)、利

用者のコメントを表示します。

ログインユーザが [指導者] の場合は、 アイコンが表示され、

ることによって、利用者一覧に戻ります。

(b) データ入力メニューウィンドウ

以下の4つのメニューアイコンを表示します。

アイコンをクリックす

[運動入力]

142

[データ編集]

[血圧値入力]

[血糖値入力]

143

i.

運動入力

[データ入力] 画面で

ボタンを選択すると [運動入力] ダイアログを表示します。

(a) 運動を入力する日を選択してください。

(b) 選択した日に運動が入力してある場合は、入力した運動の一覧が表示されます。

● 運動新規登録の場合

[新規登録] ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

運動情報を入力した後、[登録] ボタンをクリックして新規運動を登録してください。登録が終了す

ると[運動入力] 画面に戻ります。

144

● 運動編集の場合

[運動入力] 画面で運動を選択すると、選択された運動の行が濃い色で表示されます。[編集] ボタン

をクリックすると、以下の画面が表示されます。運動情報を入力した後、[登録] ボタンをクリック

してください。登録が終了すると[運動入力] 画面に戻ります。

● 運動削除の場合

[運動入力] 画面で運動を選択すると、選択された運動の行が濃い色で表示されます。[削除] ボタン

をクリックすると、選択された運動を削除します。

運動入力で入力した内容は、[グラフ表示] [身体活動レベルの日内変動][身体活動パターン]

運動量に反映されます反映されます。

注意:

(1)運動の種目で表示される運動の種類は [運動マスタ編集] で設定します。

(2)継続時間は分単位での入力となります。

3 桁以下の数値が入力された場合は頭に 0 をつけた数値で判定します(例:813 と入力された

場合は 0813(08 13 )と判定します)802400 といった入力はエラーとなります。

(4)METs RMR の計算式は下記の通りです。

METs

(厚生労働省 「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」より)

運動量(kcal)=(基準値 [METs] -1)× 時間(h)×体重(kg)

運動量(kcal)=RMR×T×W×Bm

RMR:エネルギー代謝率

T :運動継続時間(分)

W :体重(㎏)

Bm:性別・年齢別基礎代謝基準値(kcal//分)より

(5)計算に用いる体重、性別、年齢はデータ受信したライフコーダが保存している値を使用しま

す。入力した日にライフコーダのデータが無い場合は、最終通信日の値を使用します。

145

ii. データ編集

保存されているライフコーダのデータの整合性が取れない場合、グラフ表示画面に [エラーデータ

をソートして表示します。] というダイアログが表示されます。ダイアログを表示したくない場合

は、[データ編集] 機能を用いて、保存データを正しい順番に修正してください。

修正後は、[エラーデータをソートして表示します。] というダイアログはグラフ表示画面に表示

されなくなります。

[データ入力] 画面で

表示されます。

ボタンを選択すると、データの一覧を含む[データ編集] ダイアログが

● データ編集の場合(本機能は、ログインユーザが[指導者]の場合に使用できます。)

[編集モード]で[編集] を選択し、データ一覧から変更するデータをクリックしてください。

(a) 日付の変更と削除

日付を変更し、[更新] ボタンをクリックしてください。

データベースが更新され、日付を変更すると [元の日付] 欄に元の日付が表示されます。

146

[日付の削除] を選択し、[更新] ボタンをクリックしてください。データベースが更新され、[日付]

欄の日付が削除され、[元の日付] 欄に元の日付が表示されます。日付が削除されたデータはデー

タベースには残っていますが、グラフとレポートには表示されなくなります。

(b) 体重、目標運動量、目標歩数の変更

体重、目標運動量、目標歩数を変更し、[更新] ボタンをクリックしてください。

(c) メモの入力

データに対するメモを入力後、[更新] ボタンをクリックしてください。

● データ削除の場合(本機能は、ログインユーザが[指導者]の場合に使用できます。)

[削除] を選択すると以下の画面が表示されます。

データ一覧から削除するデータをクリックしてください。そのデータが赤で強調して表示され、

左端のチェックボックスにチェックが入ります。もう一度データをクリックすると、表示が元に

戻りチェックボックスのチェックがはずれます。

[削除] ボタンをクリックするとチェックボックスにチェックが入っているデータが削除されます。

147

● ログインユーザが [利用者] の場合

データに対するメモの入力が行えますが、データの編集と削除は行えません。

(a) メモの入力

データ一覧から、データ入力したい日のデータをクリックしてください。メモを入力後、[更新] ボ

タンをクリックしてください。

148

iii. 血圧値入力

● [データ入力] 画面で

ボタンを選択すると [血圧値入力] ダイアログを表示します。登録され

ている血圧値の一覧が表示されます。

(a) 血圧を入力する年と月を選択してください。選択した月のデータが一覧に表示されます。

[前月]ボタンを押すと 1 ヶ月戻り、[翌月] ボタンを押すと 1 ヶ月後が表示されます。

入力したい朝食前最高血圧、朝食前最低血圧、就寝前最高血圧、就寝前最低血圧を入力してくだ

さい。

(b) 血圧値を入力した後、[登録] ボタンをクリックして血圧値を登録してください。[データ入力] 画

面に戻ります。

149

iv.

血糖値入力

● [データ入力] 画面で

ボタンを選択すると [血糖値入力] ダイアログを表示します。登録され

ている血糖値の一覧が表示されます。

(a) 血糖を入力する月を選択してください。選択した月が一覧に表示されます。[前月]ボタンを押す

と 1 ヶ月戻り、[翌月] ボタンを押すと 1 ヶ月後が表示されます。

(b) 時間帯の列に、以下に示す期間の中から血糖値を測定した時間帯を選択してください。

1:朝食前

2:朝食後

3:昼食前

4:昼食後

5:夕食前

6:夕食後

7:就寝前

に対応する時間帯がコンボボックスに選択されます。

(b) 時間の列に血糖値を測定した時刻を数字 4 桁で入力してください (例: 20 時 12 分の場合は 2012

と入力します) 。

3 桁以下の数値が入力された場合は頭に 0 をつけた数値で判定します(例:813 と入力された場合

は 0813(08 時 13 分)と判定します)。

80、2400 といった入力はエラーとなります。

150

(b) 計測値列に測定した血糖値を入力してください。

注意:

グルテストで取り込んだデータがある日には血糖値を入力できません。

(c) 血糖値を測定したタイミング、時刻、計測値を入力した後、[登録] ボタンをクリックして血糖値

を登録してください。

151

グルテストデータ受信

[利用者メニュー] 画面から

ボタンを選択、または

ストデータ受信] ダイアログを表示します。

アイコンをクリックすると [グルテ

(a) グルテストを接続し、電源ボタンを押してください。グルテスト Neo の場合はケーブルをつなぐ

と通信が始まります。

(b) [利用者メニュー] 画面で選択されている利用者にグルテストのデータを受信します。

さい。

152

ダイエットシミュレーション

[利用者メニュー] 画面から

ボタンを選択、または アイコンをクリックすると [ダイエ

ットシミュレーション] 画面を表示します。

ダイエットシミュレーションとは、入力した期間内で目標体重まで減量するのに、どれぐらいの運

動が必要なのかを自動計算します。

● あなたのボディ・マス・インデックス(BMI)

最新のライフコーダからの受信データの身長・体重を用い、BMI 値と標準体重を表示します。

注意:

BMI とは肥満度を表す指標の1つです。体重(kg÷ [身長(m)×身長(m)] で計

算され、疫学研究より「22」が最も罹病率が低いとされています。

BMI は、成人に適用するものであり、成長期にある子供にはあてはまりません。

標準体重は BMI 法より計算しています。

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)× 22

153

● ダイエットシミュレーション(条件設定)

量体重を入力します。

食事での減量も行う場合は、食事量または摂取カロリーのどちらで入力するかを選択し、減らす量

を入力してください。ただし食事の減量は、シミュレーション結果にある減量目標を達成するため

のさらに必要な運動量の値を越えでは設定できません。

ボタンをクリックすると、シミュレーション結果(下記参照)に計

算結果を表示します。

ボタンをクリックすると、設定した条件を保存します。また、シミュ

レーション結果でグラフ表示できます。

ボタンをクリックすると、条件を編集する前(前回シミュレーション

内容の保存ボタンをクリックしたときの状態)に戻します。

● シミュレーション結果

統計除外とならない、最大で 10 日分の直近のデータから平均運動量,ダイエットシミュレーション

で設定した減量目標を達成するためにさらに必要な運動量と 1 日の目標運動量を計算します。

算出には、METs または RMR(エネルギー代謝率)を用い、代表的な運動に換算した場合の運動

時間を表示します。

METs 選択時の算出に用いる計算式

・運動時間(分)= 平均運動量(kcal)/ [ (METs-1) × 体重] × 60(分)

METs 値 速歩 3.8、ジョギング 7.0

(厚生労働省 「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」より)

RMR(エネルギー代謝率) 選択時の算出に用いる計算式

・運動時間(分)

平均運動量(kcal/[エネルギー代謝率×体重×性別・年齢別基礎代謝基準値(kcal//分)]

RMR 値:急ぎ足 3.5 ジョギング(遅い)120/6.0

(厚生労働省 第五次改定 日本人の栄養所要量より)

ボタンをクリックすると、ダイエットシミュレーション設定時からの体重変

ボタンをクリックすると、シミュレーション結果を印刷します。

154

注意:

ダイエットシミュレーションの内容は、参考程度に留めてご利用ください。

なお、この内容による運動で減量をお約束するものではございませんので、

予めご了承ください。

また、運動は体調に合わせて行い無理はしないでください。

疾患のお持ちの方は主治医とご相談の上、運動してください。

このシミュレーションは、脂肪 1 ㎏を減少させるためには 7000kcal の燃焼

が必要と仮定して作成しています。

155

i.

ダイエットシミュレーショングラフ

シミュレーションと実際の体重変化をグラフ表示します。

● 開始日とデータ最新日体重の比較

シミュレーション開始日の日付,体重と BMI、データ最新日の日付,体重とシミュレーション開

始日からの体重の変化量を表示します。

● シミュレーショングラフ

運動量グラフに実体重とシミュレーション上での目標の推移をプロットします。

注意:

体重は設定された期間の最新日の値を表示します。運動量は設定された期間の平均値

を表示します。このとき、1 日の歩数が 50 歩以下の日,記録開始日と最終日データ

は計算に含まれません。

グラフの縦軸の最大値は自動で決定されます。

データが記録されていない期間は数値を表示しません。

156

メタボリックシミュレーション

[利用者メニュー] 画面から

ボタンを選択すると[メタボリックシミュレーション] 画面を表示し

ます。

メタボリックシミュレーションとは、入力した期間内で目標の腹囲まで減らすのに、どれぐらいの運

動が必要なのかを自動計算します。

● あなたのボディ・マス・インデックス(BMI)

最新のライフコーダからの受信データの身長・体重を用い、BMI 値と標準体重を表示します。

● メタボリックシミュレーション(条件設定)

目標の腹囲までの期間(コンボボックス),あなたの腹囲,目標腹囲を決定します。

食事での減量も行う場合は、食事量または摂取カロリーのどちらで入力するかを選択し、減らす量

を入力してください。ただし食事の減量は、シミュレーション結果にある減量目標を達成するため

のさらに必要な運動量の値を越えでは設定できません。

ボタンをクリックすると、シミュレーション結果(下記参照)に計

算結果を表示します。

157

● シミュレーション結果

統計除外とならない、最大で 10 日分の直近のデータから平均運動量、メタボリックシミュレーシ

ョンで設定した減少目標を達成するためにさらに必要な運動量と 1 日の目標運動量を計算します。

算出には、METs を用い、代表的な運動に換算した場合の運動時間を表示します。

METs

運動時間(時間)=平均運動量(kcal)/ [ (METs-1) × 体重]

METs 値 速歩(ゴルフ、子供と遊ぶ)約 3.8、 ジョギング(エアロビ、階段昇降)約 7.0

ボタンをクリックすると、シミュレーション結果を印刷します。

注意:

メタボリックシミュレーションの内容は、参考程度に留めてご利用ください。なお、

この内容による運動で減量をお約束するものではございませんので予めご了承下さ

い。

また、運動は体調に合わせて行い無理はしないでください。疾患のお持ちの方は主治医

とご相談の上、運動してください。

腹囲 1cm を減らす(=体重 1Kg を減らす)のに、7000kcal(脂肪 1 ㎏を燃焼させる)

と仮定して作成しています。

厚生労働省 「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」より

158

各グラフ共通機能

● 期間の設定

期間の設定には 2 種類の方法があります。次のどちらかの方法で期間を選択し、[設定] ボタンを

クリックすると、指定した期間のグラフを表示します。

(a) 以下に示す期間の中から表示する範囲を選択してください。

最終通信日:保存データの内、最新受信データのレポートを表示します。

最新 7 日:保存データの内、最新 7 日間の受信データのレポートを表示します。

最新 14 日:保存データの内、最新 14 日間の受信データのレポートを表示します。

最新 30 日:保存データの内、最新 30 日間の受信データのレポートを表示します。

最新 60 日:保存データの内、最新 60 日間の受信データのレポートを表示します。

最新 90 日:保存データの内、最新 90 日間の受信データのレポートを表示します。

ユーザ設定:グラフの表示範囲を指定します。

(b) 表示する範囲の日付をカレンダーで設定する。

● 印刷

画面に表示されているグラフを印刷することができます。

右上の[印刷] ボタンをクリックし、プリンタ選択ダイアログを表示してください。 [OK] ボタン

をクリックすると印刷を開始します。プリンタを変更することも可能です。

159

.タッチパネル

OS の変更で、文字サイズの大きさを「小」以外にすると、画面が正常に表示されず、操作に支障

をきたす場合があります。

[ライフコーダからのデータ受信] および [レポート印刷] を、タッチパネルを用いて簡単に操作する

ことができます。

[環境設定] - [タッチパネル] - [タッチパネル] で設定できます。

レポートの詳細については [行動変容レポート印刷] - [行動変容レポート詳細] , [日常身体活動分析レ

ポート印刷] - [日常身体活動分析レポート詳細] を参照してください。

※本機能は[タッチパネル] - [使用する] と設定した場合に使用できます。

本機能をご利用される場合は、タッチパネルシステムを搭載したパソコンをご用意ください。ただ

し、タッチパネルシステムを搭載していないパソコンでも、本機能の操作をマウスにて代用するこ

とが可能です。

本機能では音声が流れますので、適切な音量調整を行ってください。

(1) 準備

利用者がタッチパネルを使用するには、利用者の CPUNo とライフコーダの記録開始日が事前に登録

されている必要があります。登録についての詳細は [利用者登録] および [利用者編集] を参照してく

ださい。

注意:

複数の利用者について同一の CPUNo を登録した場合、利用者の個人情報にてライフコーダの

記録開始日が、最も新しい日付の利用者を識別します。

CPUNo、記録開始日とも同じ利用者が存在する場合は、最後に登録した利用者が識別されます。

160

(2) タッチパネルの流れ

● タッチパネルトップ画面

タッチパネル使用モードのとき、トップ画面にて[ライフコーダデータ受信] ボタンをクリックす

ると、タッチパネルトップ画面を表示します。

タッチパネル使用モードでは、説明文や操作手順が音声でも出力されます。

画面の [ちょう] を押すと [操作開始画面] に進みます。

タッチパネルを終了する場合は、[いますぐ終了] ボタンを押すと [トップ画面]に戻ります。

161

● 操作開始画面

説明文を表示します。 [開始] ボタンを押すと、 [ライフコーダ接続画面] に進みます。

● ライフコーダ接続画面

ライフコーダの接続を促します。正しく接続できている場合は 自動的に[待機画面1] に進みます。

正しく接続できていなかった場合は [ライフコーダ接続エラー画面] を表示します。

162

● ライフコーダ接続エラー画面

ライフコーダが正しく接続できていません。数秒後に [タッチパネルトップ画面] に戻ります。

● 待機画面1

ライフコーダに登録された利用者情報を読み込んでいます。 [利用者確認画面] または [CPUNo

エラー画面] に進みますので、そのまましばらくお待ちください。

163

● 利用者確認画面

利用者の氏名を確認します。

正しい場合は [はい] ボタンを押すと [待機画面2] に進みます。

正しくない場合は [いいえ] ボタンを押すと[利用者エラー画面] に進みます。

● 利用者エラー画面

利用者が登録されていない場合に表示します。 [いますぐ終了] ボタンを押すと [トップ画面] に

戻ります。

164

● CPUNo エラー画面

接続したライフコーダの CPUNo に該当する利用者が存在しない場合に表示します。[いますぐ終

了] ボタンを押すと [トップ画面] に戻ります。

● 待機画面2

ライフコーダに保存されたデータを読み込んでいます。そのまましばらくお待ちください。

[はじめに戻る] ボタンを押すと [タッチパネルトップ画面] に戻ります。

[いますぐ終了] ボタンを押すと [トップ画面] に戻ります。

データの読み込みとレポートの印刷が終了すると、行動変容レポートを出力する設定の場合は[結

果コメント画面]に進み、日常身体活動分析レポートを出力する設定の場合は [ライフコーダ接続

解除画面] に進みます。

165

● 結果コメント画面

歩数と活動量に応じてコメントを表示します。また、レポートがプリンタから出力されます。結

果コメントの音声が終了するか、画面を押すと [ライフコーダ接続解除画面] に進みます。

166

● ライフコーダ接続解除画面

ライフコーダの接続解除を促しますので、ケーブルを外してください。 [はい] ボタンを押すと

[終了画面] に進みます。

● 終了画面

タッチパネルによるライフコーダデータ受信とレポートの出力が正常に終了しました。[小鳥] を

押すと [スタッフロール画面] に進みます。

167

● スタッフロール画面

ライフライザー05 コーチのタッチパネル機能の開発スタッフを表示します。数秒間表示した後、

[タッチパネルトップ画面] に戻ります。

168

.グラフ詳細

(1) 活動時間分布・距離グラフ

● グラフ詳細

1 日ごとの歩行運動(1~3)、速歩運動(4~6)、強い運動(7~9)の活動時間の分布を棒グラフ

で表示します。この並びは環境設定画面で変更することができます。

1 日ごとの距離を折れ線グラフで表示します。

注意:

目標値は個人情報修正画面で変更することができます。

グラフの目盛りの最大値は環境設定画面で変更することができます。

169

(2) 運動量・歩数グラフ

● グラフ詳細

1 日ごとの運動量(手入力データ含む)を棒グラフで表示します。目標値以上の日のデータは色を変

えて表示します。

1 日ごとの歩数を折れ線グラフで表示します。

注意:

目標値は個人情報修正画面で変更することができます。

ライフコーダの目標値を使用する場合、ライフコーダ GSPLUS を使用した場合は歩数・

運動量ともにライフコーダに記録された目標値を用います。ライフコーダ EX を使用

した場合、運動量はライフコーダに記録された目標値を用い、歩数は個人情報登録で登録

された目標値を用います。

グラフの目盛り最大値は環境設定画面で変更することができます。

170

(3) 身体活動推移(週別平均)グラフ

● グラフ詳細

週ごとの平均運動量(手入力データ含む)を棒グラフで表示します。

週ごとの平均歩数を折れ線グラフで表示します。

注意:

目標値は個人情報修正画面で変更することができます。

グラフの目盛り最大値は環境設定画面で変更することができます。

平均値の計算には統計除外された日データは使用されません。統計除外については

「環境設定」の項目を参照してください。

ライフコーダの目標値を使用する場合、ライフコーダ GSPLUS を使用した場合は歩数・

運動量ともにライフコーダに記録された目標値を用います。ライフコーダ EX を使用

した場合、運動量はライフコーダに記録された目標値を用い、歩数は個人情登録で登録

された目標値を用います。

ライフコーダの目標値を使用する場合、表示する目標値は、表示期間の各週の直近の

日の目標値です。

171

(4) 身体活動パターングラフ(曜日別平均)

● グラフ詳細

曜日ごとの平均運動量(手入力データ含む)を棒グラフで表示します。

曜日ごとの平均歩数を折れ線グラフで表示します。

注意:

目標値は個人情報修正画面で変更することができます。

グラフの目盛り最大値は環境設定画面で変更することができます。

平均値の計算には統計除外された日データは使用されません。統計除外については

「環境設定」の項目を参照してください。

ライフコーダの目標値を使用する場合、ライフコーダ GS,PLUS を使用した場合は歩数・

運動量ともにライフコーダに記録された目標値を用います。ライフコーダ EX を使用

した場合、運動量はライフコーダに記録された目標値を用い、歩数は個人情報登録で登録

された目標値を用います。

ライフコーダの目標値を使用する場合、表示する目標値は、表示期間の各曜日の直近

の日の目標値です。

172

(5) 総消費量グラフ

● グラフ詳細

1 日ごとの総消費量(手入力データ含む)を棒グラフで表示します。

目標摂取量が設定されていた場合、グラフ背景を平均摂取量の高さまで濃いピンクで表示します。

注意:

目標摂取量は個人情報修正で変更することができます。

グラフの目盛り最大値は環境設定画面で変更することができます。

手入力運動データがある場合、総消費量へ次の計算により加算します。

RMR:手入力運動の運動量 × 1.11 (少数第 2 位四捨五入)

METS:手入力運動の運動量

173

(6) 身体活動パターングラフ

● グラフ詳細

選択された期間内で、運動量(手入力データ含む)が最大の日と平均運動量に最も近い日の日内変

動グラフを表示します。

● :[環境設定] - [レポート(日内変動)設定] - [運動の判定]で設定した運動強度と継続時間以

上の場合に表示されます。

★ :[環境設定] - [レポート(日内変動)設定] - [運動の判定]で設定した運動強度以上で活動し

た時間の 1 日の時間の合計が、設定した時間以上の場合に表示されます。

▲ :ライフコーダで、EVENT キーを押した時間を 1 日、最大 10 個まで表示します。

注意:

運動強度ごとの活動時間グラフ(棒グラフ)は表示しません。日内変動グラフについては

日内変動グラフの項目を参照してください。ライフコーダの目標値を使用する場合、

ライフコーダ GSPLUS を使用した場合は歩数・運動量ともにライフコーダに記録さ

れた目標値を用います。ライフココーダ EX を使用した場合、運動量はライフコーダ

に記録された目標値を用い、歩数は個人情報登録で登録された目標値を用います。

174

ます。

● グラフ詳細

運動量と歩数の関係を示した表です。1 日毎の運動量(手入力データ含む)と歩数を散布図に●で表

示します。それぞれの目標値を、グラフ中央に配置します。

平均の歩数、平均運動量をそれぞれ点線で示しており交差した値が●でプロットされています。

このグラフは、平均値である●点がグラフのどの範囲にプロットされているかで、長期的な運動

習慣を客観的に確認いただけるものです。

(a) 右上「運動量・歩数とも良好」に●点があるとき

目標達成しており運動習慣がついていますが、過剰な運動に留意することが大切です。

(b) 左上「運動量のみ良好」に●点があるとき

歩数が達成しておらず、強い強度で歩きすぎている状態です。

(c) 右下「歩数のみ良好」に●点があるとき

歩数は目標達成していますが、だらだら歩いている状態です。

(d) 左下「運動量・歩数とも少なめ」に●点があるとき

目標達成しておらず、運動習慣がついてない状態です。

175

(7) 活発度グラフ

● グラフ詳細

1 日毎の指定強度以上の運動時間と歩数を●で散布図に表示します。それぞれの目標値を、グラ

フ中央に配置します。歩数を横軸、活動時間を縦軸に目標値を実線で示しています。

(a) 右上「活動時間・歩数とも良好」に●が多いとき

目標達成しており運動習慣がついていますが、過剰な運動に留意することが大切です。

(b) 左上「活動時間のみ良好」に●が多いとき

歩数が達成しておらず、活動時間が達成している状態です。

(c) 右下「歩数のみ良好」に●が多いとき

歩数は目標達成しているが、活動時間が達成していない状態です。

(d) 左下「活動時間・歩数とも少なめ」に●が多いとき

目標達成しておらず、運動習慣がついていない状態です。

176

(8) 平均活動時間グラフ

● グラフ詳細

期間内の歩行運動(1~3)、速歩運動(4~6)、強い運動(7~9)毎の運動時間の平均値を円グラフ

に表示します。

注意:

平均値の計算には統計除外された日のデータは使用されません。統計除外項目の設定

に関しては「環境設定」機能の項目を参照してください。

177

(9) 体重の推移グラフ

● グラフ詳細

1 日ごとの体重の推移を折れ線グラフで表示します。

注意:

グラフの目盛りは自動で計算されます。

体重値は「データ編集」機能で変更することができます。詳しくは「データ編集」の

項目を参照してください。

178

(10) 活動時間合計(目標運動強度)

● グラフ詳細

1 日ごとの活動時間合計(目標運動強度)を棒グラフで表示します。

注意:

運動強度の範囲はライフコーダ PLUS のみ設定することができます。

詳しくはライフコーダ PLUS の取扱説明書を参照してください。

ライフコーダ GSEX の場合は 4 から9までの固定値となります。

グラフの目盛り最大値は環境設定で変更することができます。

179

(11) 継続運動回数(目標運動強度以上を 10 分以上継続)

● グラフ詳細

1 日ごとの継続運動回数(目標運動強度以上を 10 分以上継続)を棒グラフで表示します。

計測されると、それを 1 つとして表示します。

ライフコーダ GS、EX の場合、強度 4 以上の 2 分最頻値データが 10 分継続したときに表示され

ます。

注意:

運動強度の範囲はライフコーダ PLUS のみ設定することができます。

詳しくはライフコーダ PLUS の取扱説明書を参照してください。

グラフの目盛り最大値は自動で計算されます。

180

(12) 血糖の推移グラフ

● グラフ詳細

1 日最高7回までの血糖値の推移を折れ線グラフで表示します。

各入力タイミング(朝食前、朝食後、昼食前、昼食後、夕食前、夕食後、就寝前、グルテストから

の取り込み)を表示します。

注意:

グラフの目盛り最大値は自動で計算されます。

血糖の手入力に関しては「血糖の入力」機能の項目を参照してください。

グルテストからのダウンロードに関しては「グルテストのダウンロード」機能の項目

を参照してください。

181

(13) 血圧の推移グラフ

● グラフ詳細

1 日 2 回ごとの最高血圧・最低血圧の推移を折れ線グラフで表示します。

注意:

グラフの目盛り自動で計算されます。

血圧の入力に関しては「血圧の入力」機能の項目を参照してください。

182

(14) 身体活動レベルの日内変動グラフ

● グラフ詳細

1 日の身体活動レベルの変動を折れ線グラフに表示します。

1 日の各運動強度の活動時間を棒グラフに表示します。

環境設定で日内変動グラフに血糖値を表示すると設定された場合、血糖値の推移を折れ線グラフ

で表示します。

手入力の運動がある場合、折れ線グラフの下部に開始時間から終了時間まで線(

)を引きます。

ライフコーダに記録されているイベント時刻に

を表示します。

注意:

グラフの目盛り最大値は固定です。

手入力の運動データに関しては「運動手入力」機能を参照してください。

い。

血糖値の出力の有無については「環境設定」を参照してください。

イベントの入力に関してはライフコーダ(GS/PLUS/EX)の取扱説明書を参照してください。

● 期間内の移動

:前(次)の週の月曜日に移動します。

:前(次)の日に移動します。ただし、週をまたいでの移動はでき

ません。

183

(15) エクササイズグラフ

● グラフ詳細

1 日ごとのエクササイズの値を棒グラフで表示します。

1 週間の週毎のエクササイズの合計を棒グラフで表示します。また、個人情報登録画面及び個人

情報修正画面の[1 週間のエクササイズ合計-目標値]で設定した値を、目標値として表示します。

エクササイズ合計の値が目標値以上の場合に、その週の棒グラフの色を変えて表示します。1 週

間のエクササイズ合計の計算を開始する曜日は、個人情報登録画面及び個人情報修正画面の [1

週間のエクササイズ合計-基準日]で設定した曜日となります。

注意:

目標値と開始曜日は個人情報修正画面で変更することができます。

グラフの目盛り自動で計算されます。

184

(16) レポートに表示する目標値の変更

● 利用者編集を表す

アイコンをクリックします。

(a) 利用者編集画面で「目標値:個人情報登録値を使用」を選択し、目標値を変更します。

185

(b) 変更した目標運動量,目標歩数と目標摂取量の値がグラフに反映されます。

注意:

(a)ライフコーダからデータ受信すると目標運動量、目標歩数は最終通信日のライフコーダの目

標値に変更されます(ただしライフコーダ EX では目標歩数は変更されません)

(b)ライフコーダの目標値を変更したい場合はライフコーダを操作、または目標値送信を行って

ください。

186

(17) 「統計除外データです」と表示された場合

グラフ画面に「統計除外データです」と表示される場合があります。

これは、1 日の歩数が 50 歩未満、ライフコーダに対応する期日の 24 時間分全ての記録がない場合(計

測初日など)に表示されます。統計除外の条件の設定は環境設定の [レポート設定] で行います。

187

(18) データが無い場合の日内変動グラフ

ライフコーダの記録が無い日の場合、[グラフ表示] 画面の日内変動グラフには「データが記録されて

いません」というメッセージが表示されます。

188

. レポート詳細

(1) ライフコーダレポート詳細

① サマリーレポート

サマリーレポートは以下のグラフを含んでいます。

サマリー情報(ヘッダ):指定期間の平均値、運動量が最大の日など、サマリー情報 を表示しま

す。

活動時間分布・距離:歩行運動・速歩運動・強い運動の運動時間と距離を表示します。

運動量・歩数:1 日毎の運動量と歩数を表示します。

身体活動推移(週別平均) :週毎の運動量と歩数の平均値を表示します。

総消費量:1 日毎の総消費量を表示します。

身体活動パターン(曜日別平均):曜日毎の運動量と歩数の平均値を表示します。

コメント:自動コメントおよび指導者による手入力コメントを表示します。

189

② 活動状況レポート

活動状況レポートは以下のグラフを含んでいます。

平均的な日・最大の日:手入力データを含めた運動量が最大の日と平均的な日(運動量が平均値

に最も近い日)の日内変動グラフを表示します。

テキパキ度:運動量と歩数を散布図で表示します。

活発度:[環境設定] - [ライフコーダレポート設定]にて指定された運動強度の値以上の活動時間

と歩数を散布図で表示します。

平均活動時間:解析期間内の強い運動・速歩運動・歩行運動の平均時間を円グラフで表示しま

す。

解析条件:平均値の変更、使用しているライフコーダの種類、メモリの設定、印刷の際に変更

した目標値、などを表示します。

190

③ 体重管理レポート

体重管理レポートは以下のグラフを含んでいます。

体重:最後の日の体重が最初に日の体重に比べてどれ位増減したか確認できます。また、最後

の日の体重が、標準体重に比べてどれ位の差があるか確認できます。

肥満度:最初の日と最後との日の肥満度が確認できます。また、期間の最終日の体重と身長を

用い、下記の式で与えられる BMI、肥満度を計算し、肥満傾向、ふつう、やせを判断し図に表

示します。

BMI:

BMI = 体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)} (少数第 2 位を四捨五入)

肥満度:

標準体重(kg) = {身長(m) × 身長(m)} × 22 (少数第 2 位を四捨五入)

肥満度(%)= [(実測体重-標準体重)÷標準体重] ×100(少数第 2 位を四捨五入)

やせ:肥満度-15%未満

普通:肥満度-15%以上 15%以下

肥満:肥満度 15%超

体重:1 日毎の体重を表示します。

活動時間合計(目標運動強度):1 日毎の運動強度下限・上限内の運動強度の活動時間を表示しま

す。

継続運動回数(目標運動強度以上を 10 分以上継続):1 日毎の運動強度下限以上で、10 分以上連

続した運動を回数で表示します。

191

192

④ エクササイズレポート

エクササイズレポートは以下のグラフを含んでいます。

1 日のエクササイズ:1 日毎のエクササイズの値を棒グラフで表示します。

1 週間のエクササイズ合計:週毎のエクササイズの合計を棒グラフで表示します。また、個人情

報登録画面及び個人情報修正画面の[1 週間のエクササイズ合計-目標値]で設定した値を、目標

値として表示します。エクササイズ合計の値が目標値以上の場合に、その週の棒グラフの色を

変えて表示します。

エクササイズ集計表:1 日毎のエクササイズ・週毎のエクササイズの合計の値を表にまとめて

表示しています。[1 週間のエクササイズ合計]と[エクササイズ集計表]にて 1 週間の計算を開始

する曜日は、個人情報登録画面及び個人情報修正画面の [1 週間のエクササイズ合計-基準日]

で設定した曜日となります。

エクササイズ(Ex:

身体活動の量を表す単位で、身体活動の強度(メッツ)に身体活動の実施時間(時)をかけたも

のです。エクササイズ=METs×活動時間(時)

厚生労働省「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」より

上記の「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」で、エクササイズは 3METs

以上の運動を対象となることから、ライフコーダ GSEXPLUS の運動強度 4 以上のデータ

193

194

⑤ 血糖値・血圧値レポート

血糖値・血圧値レポートは以下のグラフを含んでいます。

運動量・歩数:1 日毎の運動量と歩数を表示します。

活動時間合計(目標運動強度):1 日毎の運動強度下限・上限内の運動強度の活動時間を表示しま

す。

血糖値の推移:手入力、あるいはグルテストを用いて計測された血糖値データを表示します。

血圧値の推移:手入力された血圧値データを表示します。

195

⑥ 日内変動グラフ

ライフコーダの日内変動データと手入力された運動データ( ■ )を表示します。

ライフコーダからイベントを入力した場合、イベント時刻に三角(

)を表示します。[サマリー

値( ● )を表示します。

身体活動のレベルは、動きが全くない時をベースラインとし、デスクワークなど身体が少し動いてい

196

階(運動強度 1~3、4~6、7~9)に細分化されて階段状に表示されます。

運動が続けて行われると、このサンプルのように、幅を持った山として表現されます。この山の内側

のオレンジ部分がエネルギー消費量(消費カロリー)を表し、多いほどたくさんのエネルギーを消費

したといえます。

〔留意点〕

身体活動レベルの日内変動は、4 秒ごとに測定した運動の強さのデータ(運動強度 1~9)を 2 分間で

最も多かった値を代表値としています。ウォーキングをしている場合、2 分の間で信号をまっている

ラフに表示します。身体活動連ベルの日内変動グラフは、継続的に意識した運動が行われているが客

観的に把握するためにご活用いただけます。

注意:

身体活動推移(週別平均)グラフと総消費量グラフは環境設定画面で、どちらを印刷するか設定

します。自動コメントの印刷の有無は環境設定画面で設定します。詳しくは環境設定の項目を

参照してください。

手入力コメントは指導者のみで行えます。

利用者が印刷するサマリーレポートには表示されません。

[目標] [ライフコーダの目標値を使用] を選択した場合、データ受信にライフコーダ GS

PLUS 使用した際には歩数・運動量ともに表示期間内最終日に設定されていたライフコーダに

保存された目標値を用い、データ受信にライフコーダ EX を使用した際には運動量はライフ

コーダに記録された目標値、歩数は個人情報登録で登録された目標値を用います。

ヘッダの目標値の欄には、ライフコーダの目標値を使用する場合は期間内での最終日の目標値

を表示し、個人情報の目標値を使用する場合はその値を表示します。

197

(2) 比較レポート詳細

比較レポートは図のように、ヘッダと各期間のサマリー情報で構成されます。

ヘッダには 1.氏名、2.グループ名、3.印刷日 を表示します。

各期間のサマリー情報には 1.期間、2.運動量(目標値,目標達成度,実績値(各期間の平均値))、3.歩数(目標

値,目標達成度,実績値(各期間の平均値))、4 活動時間 (各期間の平均値の総計,歩行運動・速歩運動・強

い運動)、5.期間内最終日の体重 を表示します。

注意:

運動量と歩数の目標達成度の「前回比較」欄には、前回期間の目標達成度()と今回

期間の目標達成度()の比較が表示されます。

198

ダミー

(3) エクササイズチェックシート詳細

エクササイズチェックシート、健康づくりのための身体活動量は、厚生労働省「健康づくりのための運

動指針(エクササイズガイド)2006」に準拠して作成しております。

詳しい内容は、「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」をご参照ください。

199

(4) 行動変容レポート詳細

本レポートは、名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科 竹島 伸夫 先生

近畿大学生物理工学部 楠 正暢 先生の研究をもとに作成されています。

ーダのデータがない日も含みますが、データのない日はレポートで使用する平均値の計算には含めま

せん。また、平均値の計算には統計除外された日のデータも使用されません。統計除外については「環

境設定」の項目を参照してください。

年齢や目標運動量, 目標歩数などの利用者情報は、ライフコーダに登録されている最新のデータを使

用します。

ページ 1

ライフコーダで測定された歩数と中等度強度以上の合計時間により、身体活動のランクわけをしま

す。各ランクに応じた評価とアドバイスのコメントが出力されます。ご利用者のランクと同時に本

研究で明らかになった地域在住者の身体活動も表示しますので、ご利用者の身体活動ランクを確認

する参考としてご利用いただけます。

200

(a) 利用者情報(ヘッダ):氏名, 年齢, 記録期間などの利用者情報を表示します。

(c) 結果値:利用者の歩数・活動時間・活動量のランク(期間中平均値)を表示します。

(d) ランク説明:グラフおよび結果値のランク(A, B, C, D)についての説明です。ランクの区分点は

[歩数]70 歳以上の場合 7000 歩/70 歳未満の場合 9000 歩

[活動時間]年齢にかかわらず 30 分

です。

201

1 日の平均活動時間から目標とする散歩程度・中等度強度以上の活動時間が表示されます。この目

標を参考にして、身体活動のランクを維持または少しでも上げていく参考としてご利用いただけま

す。

ページ 2

202

(a) 利用者情報(ヘッダ):利用者の氏名, グループ名, 施設名と印刷日を表示します。

(b) 活動の内訳グラフ:1日あたりの散歩程度の活動時間, 中等度強度以上の活動時間の割合を表示

します。利用者の期間中平均値と目標値をそれぞれ表示します。

目標値は次のように算出したものです。

[中等度強度の活動時間目標値]

現在の中等度強度以上の活動時間が

・10 分未満:10 分

・10 分以上 20 分以下:現在の 2 割増

・21 分から 30 分以下:30 分固定

・31 分以上:現在の 1 割増

の時間がグラフ出力されます。

[散歩程度の活動時間目標値]

「一日あたりの活動時間」-「活動目標の中等度強度活動時間」

(c) 活動時間・装着時間:1日あたりの活動時間とライフコーダ装着時間を表示します。

[1日あたりの活動時間] 中等度強度以上の活動時間、散歩程度の活動時間の合計

[1日あたりのライフコーダ装着時間] 運動強度 1-9 と微少運動の合計時間

(d) 解説:活動時間と運動の種類についての説明を表示します。

203

ページ 3

解析期間の曜日別平均歩数と目標歩数をグラフ表示しています。これにより、目標達成されていな

い曜日の歩数を少しでも増やす参考にしてください。さらに日付別の歩数と活動時間の状況を分析

することで生活パターンを確認いただけます。

204

(a) 利用者情報(ヘッダ):利用者の氏名, グループ名, 施設名と印刷日を表示します。

(b) 歩数(曜日別平均)グラフ:曜日ごとの歩数の平均値を表示します。目標値未満の曜日は黄色、

目標値以上に達した曜日はオレンジ色で表示します。ライフコーダのデータが無い曜日は、0 歩

として表示します。

(c) 歩数と活動時間の関係(日付別)グラフ:期間中の1日毎の活動時間(棒グラフ)と歩数(折れ

線グラフ)を表示します。ライフコーダのデータが無い日は、0 分, 0 歩として表示します。

(d) 解説:(b), (c)のグラフについての説明を表示します。

ページ 4 以降

ライフコーダの日内変動データと手入力された運動データを表示します。 [環境設定] – [タッチパ

ネル] - [行動変容レポート] で [身体活動レベルの日内変動] をチェックしている場合のみ出力し

ます。

詳細は [ライフコーダレポート印刷] – [ライフコーダレポート詳細] の日内変動グラフの項およ

び [グラフ詳細] – [身体活動レベルの日内変動] の項を参照してください。

205

(5) 日常身体活動分析レポート詳細

本レポートは、東京都老人総合研究所 青柳幸利先生の「中之条研究」と、その研究をまとめた冊子

「身体活動計を用いた、新しい健康づくり」をもとに作成されています。

中之条研究とは、青柳先生が群馬県の中之条町で

5

年以上にわたり、高齢者の日常身体活動と生化

学・医学・体力学などの広範囲な研究調査を行ったものです。このプログラムでは中之条町での研

を利用してレポート作成しています。

年齢や目標運動量, 目標歩数などの利用者情報は、ライフコーダに登録された最新のデータを使用し

ます。

「日常身体活動の量・質と心身の健康との関係」を利用して、ライフコーダで測定された歩数と中

等度強度以上の合計時間により、生活習慣に関連する疾患と体力低下とが予防・抑制できる可能性

のある活動があるかの評価と簡単なアドバイスのコメントが出力されます。

ページ 1

206

ライフコーダからデータ受信した日以前の 14 日間または 30 日間のデータを使用します。

分析日数は [環境設定] – [タッチパネル]の [日常身体活動分析レポート] - [解析期間] で設定します。

この日数にはライフコーダのデータがない日も含みますが、データのない日はレポートで使用する平

均値の計算には含めません。また、平均値の計算には統計除外された日のデータも使用されません。

環境設定と統計除外については[2.画面及び操作 -(2)指導者メニュー画面 - ⑥環境設定]を参

照してください。

(a) サマリー情報(ヘッダ):氏名, 体重などの利用者情報と、記録期間の運動量の平均値, 最大値など

のサマリー情報を表示します。

(b) 歩数と活動時間の関係グラフ:日常身体活動の量・質と心身の健康との関係を表すグラフです。

経過として最大6つのプロット(

●)とその日付を表示します。

[プロット値]

各データ受信日以前の 14 日間または 30 日間の平均値をプロットします。

●の位置は実際の値の位置ではなく、枠の中央に表示します(例:6000~6999 歩, 20~24.9

分の場合、6500 歩, 22.5 分に相当する位置です)

●が存在する場合は、日

付が最新のものだけを表示しますが、グラフ下側の分析日には全ての日付を表示します。

12000 歩以上, 40 分以上の場合は、それぞれ 19999 歩, 39.9 分とみなして表示します。解析期

間中に有効なデータが存在しない場合は 0 歩, 0 分とみなします。

[プロット日]

プロット値計算の起点となる分析日の日付です。同じタイミングで受信したデータの中の最

終日の日付となります。

◇データ受信回数が 6 回以下の場合のプロット日とプロット色

1 つ目:初回分析日(青色)

2 つ目:最新の分析日から 4 回前の分析日(初回を除く)

3 つ目:最新の分析日から 3 回前の分析日(初回を除く)

4 つ目:最新の分析日から 2 回前の分析日(初回を除く)

5 つ目:最新の分析日から 1 回前の分析日(初回を除く)

6 つ目:最新の分析日(赤色)

※データ受信が1回しかない場合は 6 つ目として、受信が 2 回の場合は1つ目と6つ目と

してプロットします。

◇データ受信回数が 6 回以上の場合のプロット日とプロット色

1 つ目:初回分析日(青色)

2 つ目:最新の分析日から 1 年前に一番近い分析日(橙色)

3 つ目:最新の分析日から 6 ヶ月前に一番近い分析日(橙色)

4 つ目:最新の分析日から 3 ヶ月前に一番近い分析日(橙色)

207

5 つ目:最新の分析日から 1 ヶ月前に一番近い分析日(橙色)

6 つ目:最新の分析日(赤色)

※それぞれ一番近い分析日が複数存在する場合は、最新に近い分析日を対象とします。

[グラフ背景]

縦軸の目盛りは 10 分以下を 2.5 分単位、10 分以上を 5 分単位で表示します。

左側に表示される活動の効果は、75 歳以上と 75 歳未満とで異なります。

[分析日]

プロットに対応するデータ受信日の年月日を表示します。プロット数が 6 つ未満の場合も 1

から順に番号をふります。

208

「気象要素と身体活動との関係」を利用して、活動しやすい時期や活動が不足しやすい時期を考慮

し、年間を通して平均 8000 歩となる月ごとの歩数目標や、季節による運動注意を出力します。こ

の歩数の目標は各都道府県の月ごとの平均気温変化より算出し、基準となる 8000 歩から 5%以上の

差がある時期に出力されます。

ただし、地域によっては月ごとの歩数目標値に変化がない場合もあります。また、平均気温は都道

府県庁所在地の値を使用していますので、お住まいの地域と都道府県庁所在地との気温変化差が大

きい場合には、より気温変化の近い都道府県を設定して下さい。

ページ 2

ライフコーダから最後に受信した日以前の 14 日間または 30 日間のデータを使用します。

分析日数は [環境設定] – [タッチパネル]の [日常身体活動分析レポート] - [解析期間] で設定しま

す。日数にはライフコーダのデータがない日も含みます。

209

(a) 利用者情報(ヘッダ):利用者の氏名, グループ名, 施設名, 印刷日を表示します。

(b) 歩数と活動時間の関係(日付別)グラフ:期間中の1日毎の活動時間(棒グラフ)と歩数(折れ

線グラフ)を表示します。ライフコーダのデータが無い日は、0 分, 0 歩として表示します。

(c) 季節コメント:健康づくり・維持のための活動の目安と、お住まいの都道府県の季節に応じた運

動アドバイスを表示します。運動アドバイスは設定された都道府県の都道府県庁所在地の年間気

温変化をもとに作成されています。

都道府県は[個人情報登録] または [個人情報修正] で設定します。都道府県を設定していない場

合は、個人情報登録時に [環境設定] - [利用者設定] - [都道府県名] で設定されている都道府県名

(初期値として設定されている都道府県名:東京都)にて運動アドバイスが表示されます。

ページ 3 以降

ライフコーダの日内変動データと手入力された運動データを表示します。

詳細は [ライフコーダレポート印刷] - [ライフコーダレポート詳細] の日内変動グラフの項およ

び [グラフ詳細] - [身体活動レベルの日内変動」の項を参照してください。

本レポートは、東京都老人総合研究所 青柳幸利 先生の中之条研究による統計的な結果をもとに作成

されています。内容に関してはあくまでもご参考にとどめ、実際のご利用者の健康状態や健康づくり

に関しては医師や指導者の方とご相談ください。

本レポートの詳細な内容に関しては、東京都老人総合研究所 青柳幸利 編著 「身体活動計を用いた、

新しい健康づくり」(株式会社日本医療企画)をご覧ください。

210

(6) グループレポート詳細

1 枚目

1枚目は以下の情報を含んでいます。

人数集計:(全体・男性・女性)

平均年齢集計:(全体・男性・女性)

肥満傾向数集計:(全体・男性・女性)

人数集計(ふつう・肥満・やせ):(全体・男性・女性)

運動量:(最大の人・最小の人・平均・標準偏差)

歩数:(最大の人・最小の人・平均・標準偏差)

BMI:(最大の人・最小の人・平均・標準偏差)

体重:(最大の人・最小の人・平均・標準偏差)

肥満度:(最大の人・最小の人・平均・標準偏差)

コメント:コメント入力用ボックスです(何も表示されません)

運動量達成度:期間内の平均運動量と目標値から計算した達成度です。

歩数達成度:期間内の平均運動量と目標値から計算した達成度です。

運動量-歩数達成度:期間内の平均運動量・平均歩数と期間内最終日の目標値から計算した

達成度を散布図に表示します。

211

注意:

目標値はライフコーダに記録されている目標値の期間最終日(なければそれ以前の直

近の日)の値を用います。ただし、ライフコーダ EX を使用している場合の歩数目標

値は利用者情報の値を用います。

選択された期間にデータが存在しない利用者は表示されません。

集計する人数の上限はありません。

212

2 枚目

2 枚目は以下の情報を含んでいます。

氏名:

性別:男性、女性

年齢:

身長:

体重:期間内最後の日の値です。

【よく活動した日】期間内の手入力を含めた運動量が最大の日の情報です。

日付:

運動量:手入力の運動量も含んだ値です。

運動量達成度:よく活動した日の運動量とその日の目標値から計算した値です。

総消費量:手入力の運動量も含んだ値です。

歩数:

活動時間:運動強度 1~9 までの時間の合計です。

213

【平均】期間内の各データの平均値です。統計除外の対象日は、平均値の計算に含まれませ

ん。

運動量:手入力の運動量も含んだ値です。

運動量達成度:期間内の平均運動量と期間内の最終日の目標値から計算した値です。

総消費量:手入力の運動量も含んだ値です。

歩数:

活動時間:運動強度 1~9 までの時間の合計です。

歩行運動:運動強度 1~3 の活動時間です。

速歩運動:運動強度 4~6 の活動時間です。

強い運動:運動強度 7~9 の活動時間です。

肥満度:

標準体重(kg) = {身長(m) × 身長(m)} × 22 (少数第 2 位を四捨五入)

肥満度(%)= [(実測体重-標準体重)÷標準体重] ×100(少数第 2 位を四捨五入)

やせ:肥満度 15%未満

普通:肥満度 15%以上~15%以下

肥満:肥満度 15%超

214

. バックアップ

(1) データベースのバックアップ作成

ライフライザー05 コーチをアンインストールを行うと、ライフコーダ等のデータを保存していたデー

タベースは削除されます。

よって、データベースをライフライザー05 コーチの再インストール時に復旧させたい場合には、ライ

フライザー05 コーチのアンインストール前にデータベースのバックアップを行う必要があります。

ライフライザー05 コーチをインストールしたフォルダ内に、データベースファイルである

「PAAS.mdb」ファイルとそのバックアップファイルである「PAAS.mdb.bak」ファイルの 2 つがあり

ますので、バックアップ用フォルダへ 2 つのファイルをコピーしてください。バックアップ用フォル

ダは、ライフライザー05 コーチをインストールしたフォルダとは別の場所に作成してください。

は以下のフォルダに保存されています。

「C:¥suzuken¥Lifelyzer05¥Coach¥data¥mdb」

注意:

PAAS.mdb」と表示されている場合があります。

(2) バックアップしたデータベースの復元

ライフライザー05 コーチの再インストールを行った後、バックアップを行ったデータベースファイル

「PAAS.mdb」をライフライザー05 コーチの再インストール先にある「PAAS.mdb」ファイルに上書き

を行ってください。

保存されています。

「C:¥suzuken¥Lifelyzer05¥Coach¥data¥mdb」

215

注意:

バックアップしたデータベースファイル「PAAS.mdb」で再インストールしたデータベース

ファイル「PAAS.mdb」を上書きした場合は、再インストールしたデータベースファイルに

保存されているライフコーダ等のデータは削除されます。

データベースの復元を行う場合は、ライフコーダ等のデータを保存する前に行ってくださ

い。

もし、データベースの復元を行う前に、ライフコーダのデータを保存した場合は、

(a)データベースの復元を行う前に、ライフライザー05 コーチを起動し、必要なデータにつ

いて CSV エクスポートまたは CSV 一括エクスポートを行う

(b)ライフライザー05 コーチを終了しデータベースの復元を行う

(c)ライフライザー05 コーチを起動し CSV ファイルをエクスポートもしくは CSV 一括エク

スポートを行う

という作業を行ってください。

注意:

バックアップしたデータベースを復元した後に、ライフライザー05 コーチが起動しない場合

は「PAAS.mdb.bak」ファイルの名前を「PAAS.mdb」に変更して、ライフライザー05 コーチ

の再インストール先にある「PAAS.mdb」ファイルに再度、上書きを行ってください。

注意:

PAAS.mdb」と表示されている場合があります。

216

お困りになったときは

(1) ライフコーダが繋がっていない場合のメッセージ

ライフコーダが USB ケーブルでパソコンに正しく接続されていない場合は以下のメッセージが表示

されます。ライフコーダとパソコンとが適切に接続されているか確認してください。

(2) 印刷したグラフの文字が化けるとき

まれに印刷できないことがあります。ご使用のパソコンのプリンタドライバを最新にしてご使用して

ください。なお、ドライバの入手方法やインストール方法は各メーカーのホームページをご覧くださ

い。

(3) [不整合データ] 時のメッセージ

ライフコーダに記録データが非連続で記録されているなど日付の整合性が取れない場合、グラフ表示

時に [エラーデータをソートして表示します] というメッセージが表示されます。

詳しくは、[データ編集] を参照してください。また、ライフコーダをリセットしてからご使用くださ

い。

217

(4) ライフコーダからデータ受信できなかった場合

- ライフコーダとパソコンが USB ケーブルによって接続されていることを確認してください。

- ライフコーダに電池が正しく挿入されていることを確認してください。

- USB ドライバが適切にインストールされているか以下の手順で確認してください。

Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 の場合

① Windows Vista / 7 をご使用の場合はスタートメニューの [コントロールパネル] をクリックし

てください。

Windows 8 / 8.1 をご使用の場合はデスクトップ画面でマウスポインタを画面右端に移動させるこ

とで表示されるメニューから [設定]-[コントロールパネル] の順番でクリックしてください。

・Windows Vista / 7 の場合

・Windows 8 / 8.1 の場合

218

② Windows Vista をご使用の場合は [システムとメンテナンス] をクリックしてください。

Windows 7 / 8 / 8.1 をご使用の場合は [ハードウェアとサウンド] をクリックしてください。

・Windows Vista の場合

・Windows 7 / 8 / 8.1 の場合

219

③ Windows Vista をご使用の場合は [デバイスマネージャ] をクリックしてください。

Windows 7 / 8 / 8.1 をご使用の場合は [デバイスマネージャ-] をクリックしてください。

・Windows Vista の場合

・Windows 7 / 8 / 8.1 の場合

注意:

OS の設定によっては、[デバイス マネージャ]または[デバイス マネージャー]をクリックする

[続行]をクリックしてください。[デバイスマネージャ]画面が表示されます。

220

④ ドライバが正しくインストールされている場合は以下の画面が表示されます。

この場合ライフコーダの問題が考えられますので、ライフコーダの説明書をご参照ください。

以下の画面のように [LifecorderEX] に[!] のマークが表示されている場合は、USB ドライバに問題

があります。

⑤ [!LifecorderEX] を右クリックし、[ドライバソフトウェアの更新] をクリックしてください。

221

⑥ 以下の画面が表示されますので、[コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します]

ボタンをクリックして次のステップに進んでください。

⑦ 以下の画面が表示されますので [参照] ボタンをクリックしてください。

⑧ ライフライザー05 コーチをインストールしたフォルダの Coach フォルダ内にある

[driver] フォルダを選択して、[OK] ボタンをクリックしてください。

222

⑨ 以下の画面が表示されますので、[次へ] ボタンをクリックして次のステップに進んでください。

⑩ 以下の画面が表示されますので、[インストール]ボタンをクリックしてください。

⑪ ドライバソフトがインストールされます。

223

⑫ 以下の画面が表示されますので、[閉じる] ボタンをクリックして終了してください。

⑬ 以下の画面が表示されます。 [Kenz LifecorderGS/Me] となっていることを確認してください。

224

Windows XP の場合

① スタートメニューの [コントロールパネル] を選択します。

② 以下の画面が表示されますので [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックしてください。

③ 以下の画面が表示されますので [コンピュータの基本的な情報を表示する] をクリックしてくだ

さい。

225

④ 以下の画面が表示されますので [ハードウェア]タブを選択して [デバイスマネージャ] をクリッ

クしてください。

⑤ ドライバが正しくインストールされている場合は以下の画面が表示されます。この場合ライフコ

ーダの問題が考えられますので、それぞれの製品の取扱説明書をご参照ください。

以下の画面のように!マークが表示されている場合は、USB ドライバに問題があります。

226

⑥ [! Kenz Lifecorder EX] を右クリックし、[ドライバの更新] をクリックしてください。

⑦ Windows XP Service Pack2 以降の場合、以下の画面が表示されます。

「いいえ、今回は接続しません」を選択して「次へ」ボタンをクリックします

⑧ 以下の画面が表示されますので、[次へ] ボタンをクリックして次のステップに進んでください。

227

⑨ 以下の画面が表示されますので [参照] ボタンをクリックしてください。

⑨ ライフライザー05 コーチをインストールしたフォルダの Coach フォルダ内にある[driver] フォ

ルダを選択して、[OK] ボタンをクリックしてください。

⑩ 以下の画面が表示されますので、[次へ]ボタンをクリックして次のステップに進んでください。

228

⑪ ドライバソフトがインストールされます。

⑫ 以下の画面が表示されますので、[完了]ボタンをクリックして終了してください。

⑬ 以下の画面が表示されます。!マークがなくなっていることを確認してください。

229

「データが記録されていません」とメッセージが表示されます。

ライフコーダからのデータが受信されていないため、表示されます。

230

RMR/METs 交換

(エネルギー代謝率〈RMR〉交換表)

No

運動メニュー

1

家庭庭園、草むしり

RMR

2.0

2

ゲートボール

3

日本舞踊

4

バレーボール(9人制)

5

普通歩行

6

ゆっくりした歩行

7

急ぎ足

8

エアロビックダンス

9

キャッチボール

10

ゴルフ(丘陵)

11

ゴルフ(平地)

12

ゴルフ(打ちっぱなし)

13

サイクリング 時速 10km

14

自転車(普通の速さ)

15

ソフトボール(平均)

16

卓球

17

ダンス(軽い)

2.0

2.1

2.1

2.1

1.5

3.5

4.0

3.0

5.0

3.0

3.0

3.4

2.0

2.5

5.0

3.0

18

日本民謡①(秋田音頭など)

19

ハイキング(山地)

20

ハイキング(平地)

21

ボート、カヌー

4.0

4.5

3.0

5.0

22

ボウリング

23

野球(平均)

24

ラジオ・テレビ体操

25

合気道

2.5

2.7

3.5

6.0

26

アメフト

27

筋力トレーニング(腹筋)

7.0

7.6

28

筋力トレーニング(ダンベル)

11.5

29

筋力トレーニング(バーベル)

8.7

30

剣道

6.0

31

サッカー

32

柔道

33

ジョギング(遅い) 120m/分

7.0

6.0

6.0

34

ジョギング(速い) 160m/分 8.5

35

水泳(遠泳)

8.0

36

水泳(クロール)

20.0

37

水泳(平泳ぎ)

38

水上スキー

39

スキー(滑降)

10.0

6.0

6.0

231

No

運動メニュー RMR

40

スキー(クロスカントリー)

9.0

41

スケート(アイス・ローラー)

7.0

42

テニス

43

登山(平均)

44

縄跳び

45

日本民謡②(阿波踊りなど)

46

バスケットボール

47

バドミントン

6.0

6.0

8.0

12.0

7.0

6.0

48

バレーボール

49

ラグビー

6.0

7.0

50

ランニング(200m/分)

12.0

(厚生労働省 第五次改定 日本人の栄養所要量より)

(エネルギー代謝率〈METs〉交換表)

No

1

アクアビクス、水中体操

運動メニュー

2

ウェイトリフティング(軽・中等度)

3

エアロビクス

4

キャッチボール(フットボール、野球)

5

ゴルフ

6

サッカー

7

ジョギングと歩行の組み合わせ(ジョギングは 10 分以下)

8

ジョギング

9

スキー

10

スケート

11

ストレッチング、ヨガ

12

ソフトボールまたは野球

13

テニス

14

ドラム

15

バスケットボール

16

バドミントン 標準

17

バレエ、モダン、ツイスト、ジャズ、タップ

18

バレーボール

19

フリスビー

20

ボーリング

21

ラグビー

22

ランニング:134m/分

23

ランニング:161m/分

24

ランニング:階段を上がる

25

階段を降りる

26

階段を上がる

27

健康教室での運動

28

山を登る:約 1~2kg の荷物を背負って

METs

4.0

3.0

3.0

3.0

10.0

8.0

10.0

15.0

3.0

8.0

5.5

7.5

4.0

6.0

4.5

4.8

7.0

2.5

5.0

7.0

7.0

6.0

7.0

7.0

3.0

6.5

2.5

4.5

232

No

運動メニュー

29

自転車に乗る:50watts、とても軽い活動

30

自転車に乗る:16.1km/時以下、レジャー、通勤、娯楽

31

自転車に乗る:100watts,軽い活動

32

自転車に乗る

33

柔道、柔術、空手、キックボクシング、テコンドー

34

柔軟体操(家で、軽・中等度)

35

スイミング:ゆっくりしたストローク

36

水泳:クロール、ゆっくり(46m/分)

37

水泳:クロール、速い(69m/分)

38

水泳:バタフライ

39

水泳:背泳

40

水泳:平泳ぎ

41

水中運動、水中で柔軟体操

42

太極拳

43

卓球

44

釣り

45

入浴(座位)

46

シャワーを浴びる、タオルで拭く(立位)

47

美容体操、ジャズダンス

48

歩く(平地、散歩または家の中、非常に遅い=53.6m/分)

49

歩く(平地、遅い=53.6m/分)

50

歩く(平地、67.0m/分、幼い子ども・犬を連れて)

51

歩く(平地、80.5m/分)

52

歩く(平地、やや速めに=93.9m/分)

53

歩く(平地、速く=107.3m/分)

(厚生労働省 「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)2006」より

METs

3.0

11.0

7.0

10.0

4.0

4.0

4.0

3.0

1.5

4.0

5.5

8.0

10.0

3.5

6.0

8.0

11.0

3.0

3.3

3.8

5.0

2.0

6.0

2.0

2.5

233

■ 最新のソフトウェアアップデートや資料等のサポート情報に関しては、下記 URL をご参照ください。 http://www.suzuken.co.jp/product/healthcare/support.html

お問い合せ先

■ 許可なく複写、複製することを禁じます。

2015.02.AN.K.*.(*).*

1545

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents