1 - Fluke

1 - Fluke

Fluke 434/435

Three Phase Power Quality Analyzer

JA

April 2006, Rev. 1, 04/2007

© 2006, 2007 Fluke Corporation. All rights reserved. Printed in The Netherlands

All product names are trademarks of their respective companies.

ユーザーズ・マニュアル

目次

1

2

4

5

題目 ページ

一般的な注意事項

.................................................................................. 1-1

はじめに

........................................................................................................... 1-1

保証及び責任

................................................................................................... 1-2

適合性及び準拠に関する公示内容

................................................................ 1-3

出荷ノート

....................................................................................................... 1-4

サービス・センターへの連絡先

...................................................................... 1-5

安全に関する情報

: はじめにお読みください.............................................. 1-5

このマニュアルについて

....................................................................... 2-1

はじめに

........................................................................................................... 2-1

ユーザーズ・マニュアルの内容

.................................................................... 2-1

の機能

............................................................................ 3-1

はじめに

........................................................................................................... 3-1

一般的な測定

................................................................................................... 3-1

詳細測定モード

............................................................................................... 3-2

基本操作及びメニューのナビゲーション

.............................................. 4-1

はじめに

........................................................................................................... 4-1

傾斜スタンド と吊り下げストラップ

.......................................................... 4-1

アナライザーの電源投入

............................................................................... 4-2

画面の明るさ

................................................................................................... 4-3

キーボードのロック

....................................................................................... 4-3

メニュー・ナビゲーション

.............................................................................. 4-3

画面のコントラスト

....................................................................................... 4-4

リセット

........................................................................................................... 4-4

画面の情報

............................................................................................ 5-1

はじめに

........................................................................................................... 5-1

相の色

............................................................................................................... 5-2

画面タイプ

....................................................................................................... 5-2

全画面タイプに共通の画面情報

.................................................................... 5-3

i

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

6

7

8

9

入力接続

................................................................................................ 6-1

はじめに ........................................................................................................... 6-1

入力接続 ........................................................................................................... 6-1

スコープ波形及びフェーザー

................................................................ 7-1

はじめに ........................................................................................................... 7-1

スコープ波形 ................................................................................................... 7-1

スコープ・フェーザー ................................................................................... 7-2

参考 ................................................................................................................... 7-2

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ

........................................................................ 8-1

はじめに ........................................................................................................... 8-1

メーター画面 ................................................................................................... 8-1

トレンド ........................................................................................................... 8-2

参考 ................................................................................................................... 8-3

ディップ及びスウェル

.......................................................................... 9-1

はじめに ........................................................................................................... 9-1

トレンド ........................................................................................................... 9-3

イベント表 ....................................................................................................... 9-4

参考 ................................................................................................................... 9-5

10

高調波

.................................................................................................... 10-1

はじめに ........................................................................................................... 10-1

バー・グラフ画面 .............................................................................................. 10-1

メーター画面 ................................................................................................... 10-3

トレンド ........................................................................................................... 10-3

参考 ................................................................................................................... 10-4

11

電力及び電力量

..................................................................................... 11-1

はじめに ........................................................................................................... 11-1

メーター画面 ................................................................................................... 11-1

トレンド ........................................................................................................... 11-4

参考 ................................................................................................................... 11-5

12

フリッカー

............................................................................................ 12-1

はじめに ........................................................................................................... 12-1

メーター画面 ................................................................................................... 12-1

トレンド ........................................................................................................... 12-3

参考 ................................................................................................................... 12-4

13

不平衡

.................................................................................................... 13-1

はじめに ........................................................................................................... 13-1

メーター画面 ................................................................................................... 13-1

トレンド ........................................................................................................... 13-2

フェーザー ....................................................................................................... 13-3

参考 ................................................................................................................... 13-4

ii

14

トランジェント

..................................................................................... 14-1

はじめに ........................................................................................................... 14-1

波形表示 ........................................................................................................... 14-1

参考 ................................................................................................................... 14-3

15

突入

....................................................................................................... 15-1

はじめに ........................................................................................................... 15-1

突入電流画面 ................................................................................................... 15-1

参考 ................................................................................................................... 15-4

16

メイン電源シグナリング

....................................................................... 16-1

はじめに ........................................................................................................... 16-1

トレンド ........................................................................................................... 16-1

イベント表 ....................................................................................................... 16-3

参考 ................................................................................................................... 16-4

17

ロガー

.................................................................................................... 17-1

はじめに ........................................................................................................... 17-1

開始メニュー ................................................................................................... 17-1

トレンド ........................................................................................................... 17-5

メーター画面 ................................................................................................... 17-6

イベント ........................................................................................................... 17-7

18

電源品質のモニター

.............................................................................. 18-1

はじめに ........................................................................................................... 18-1

電力品質モニターの主画面 ........................................................................... 18-3

イベント表 ....................................................................................................... 18-4

トレンド画面 ................................................................................................... 18-6

バー・グラフ画面 .............................................................................................. 18-6

19

カーソルとズーム

.................................................................................. 19-1

はじめに ........................................................................................................... 19-1

波形画面のカーソル ....................................................................................... 19-1

トレンド画面のカーソル ............................................................................... 19-2

イベント表からカーソル・オンのトレンド画面へ ...................................... 19-3

バー・グラフ画面のカーソル .......................................................................... 19-4

20

アナライザーのセットアップ

................................................................ 20-1

はじめに ........................................................................................................... 20-1

一般的な設定 ................................................................................................... 20-3

FUNCTION PREFerences (機能設定): ............................................................ 20-6

USER PREFerences (ユーザー設定): .............................................................. 20-10

制限の調整 ....................................................................................................... 20-11

21

メモリー、プリンター、

PC

の使用

...................................................... 21-1

はじめに ........................................................................................................... 21-1

メモリーの使用 ............................................................................................... 21-1

プリンター及び PC の使用............................................................................. 21-3

iii

目次

(

続き

)

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

22

ヒント及び保守

..................................................................................... 22-1

はじめに ........................................................................................................... 22-1

本器及びアクセサリーのクリーニング ........................................................ 22-1

本器の保管 ....................................................................................................... 22-1

良好な状態でバッテリーを維持する方法 .................................................... 22-1

Fluke 433 でのオプションのインストール .................................................. 22-1

部品とアクセサリー ....................................................................................... 22-2

トラブルシューティング ............................................................................... 22-3

23

仕様

....................................................................................................... 23-1

はじめに ........................................................................................................... 23-1

電気的測定 ....................................................................................................... 23-1

iv

1

一般的な注意事項

はじめに

この章では、Fluke 434/435 Three Phase Power Quality Analyzer (以降、「本器」と呼

びます) に関する一般的及び重要な事項について説明します。

次の項目が含まれます。

• 保証及び責任について

• 適合性及び準拠に関する公示内容

• 出荷時の内容物:本器のキットに含まれている項目を確認してください。

• サービス・センターへの連絡先

• 安全に関する情報: はじめにお読みください。

1-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

保証及び責任

Fluke の製品はすべて、通常の使用及びサービスの下で、材料及び製造上の欠陥が

ないことを保証します。本器の保証期間は 3 年、アクセサリーの保証期間は

1 年です。保証期間は、発送された日から計算されます。部品、製品の修理、及び

サービスに関する保証期間は 90 日です。この保証は、最初の購入者または Fluke

認定再販者のエンドユーザー・カスタマーにのみに限られます。また、ヒューズ、

使い捨て電池、あるいは、使用上の間違い、改造、不注意、事故もしくは異常な

操作や取り扱いによって損傷したと Fluke が認めた製品は保証の対象になりません。

Fluke は、ソフトウエアは実質的にその機能仕様通りに動作すること、また、本ソ

フトウエアは欠陥のないメディアに記録されていることを 90 日間保証します。し

かし、Fluke は、本ソフトウエアに欠陥がないことまたは中断なく動作することは

保証しておりません。

詳細は、英文取扱説明書を参照して下さい。製品が Fluke 認定販売店で購入される

か、または購入者が適当な国際価格を支払った場合に保証のサポートが受けられ

ます。ある国で購入された製品が修理のため他の国へ送られた場合、Fluke は購入

者に、修理パーツ/交換パーツの輸入費用を請求する権利を保有します。

Fluke の保証義務は、Fluke の見解に従って、保証期間内に Fluke 認定サービス・セ

ンターへ返送された欠陥製品に対する購入価格の払い戻し、無料の修理、または

交換に限られます。

保証サービスを受けるには、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご連絡くだ

さい、または、問題個所の説明と共に製品を、送料及び保険料前払い (FOB 目的

地) で、最寄りの Fluke 認定サービス・センターへご返送ください。Fluke は輸送中

の損傷には責任を負いません。保証による修理の後、製品は購入者に送料前払い

(FOB 到着地)で返送されます。当故障が、使用上の誤り、改造、事故、または操作

や取り扱い上の異常な状況によって生じたと Fluke が判断した場合には、Fluke は

修理費の見積りを提出し、承認を受けた後に修理を開始します。修理完了後、製

品は購入者に送料前払いで返送されますが、Fluke は購入者に対して修理費及び送

料 (FOB 出荷地) を請求します。

本保証は購入者の唯一の救済手段であり、ある特定の目的に対する商品性または

適合性に関する黙示の保証をすべて含むがそれのみに限定されない、明白なまた

は黙示の他のすべての保証の代りになるものです。データの紛失を含む、特殊な、

間接的、偶然的または必然的損害または損失に関して、それが保証の不履行、ま

たは、契約、不法行為、信用、若しくは他のいかなる理論に基づいて発生したも

のであっても、Fluke は一切の責任を負いません。

いくつかの国においては、示唆的保証の条件を制約すること、あるいは二次的あ

るいは結果として生ずる損害に対する責任の免責または限定が許されていません

ので、本保証における制約及び免責はすべての購入者に適用されるとは限りませ

ん。本保証の規定の一部が、管轄の裁判所により無効または執行不能と見なされ

た場合においても、それは他の部分の規定の有効性または執行性に影響を与えま

せん。

Fluke Corporation, P.O. Box 9090, Everett, WA 98206-9090 USA, or

Fluke Industrial B.V., P.O. Box 90, 7600 AB, Almelo, The Netherlands

1-2

一般的な注意事項

適合性及び準拠に関する公示内容

1

適合性及び準拠に関する公示内容

適合性及び準拠に関する公示内容

Fluke 434/435

Three Phase Power Quality Analyzers

製造元

Fluke Industrial B.V.

Lelyweg 14

7602 EA Almelo

The Netherlands

適合性及び準拠に関する事項

本品は適切な基準に従って行われた試験結果に基づき、

電磁適合性指令 89/336/EEC

低電圧指令 2006/95/EC

に準拠しています。

サンプル試験

次の基準に準拠して実施されました。

EN 61010-1 2nd edition

測定、制御、研究用に使用する電気機器に対する

安全要求事項

EN 61326 – 2002

測定、制御、研究用に

使用する電気機器

EMC 要件

本器の試験は、標準的な設定状態において

実施されました。

上記の公示に準拠していることは、 「Conformité Européenne」などのマークに

よって示されています。

1-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

出荷ノート

本器のキットには、次のものが含まれています。

注記

:

充電式

NiMH

バッテリーは、初めて開梱した時には充電されていませ

ん。第

4

「本器の電源投入」を参照してください。

1-4

1 - 1.

アナライザー・キットの内容

一般的な注意事項

サービス・センターへの連絡先

1

#

説明

1

電力品質アナライザー

2

電圧電流入力部のシール・セット

3

吊り下げストラップ

4

アリゲーター・クリップ。

5

つのセット

5

テスト・リード、

2.5 m

5

つのセット

6

バッテリー充電器

/

電源アダプター

7

ライン・プラグ・アダプター

(

各国仕様

)

8

スタート・マニュアル

+

ユーザーズ・マニュアルとスタート・マニュアル

(

多言語

)

を収録した

CD-ROM

9 USB

Fluke 434:

10 FlukeView

®

Software for Windows

® を収録した

CD-ROM

11 AC 400 A (1 mV/A)

及び

40 A

(10 mV/A)

切り替え可能なクランプ

4

個セッ

ト。 i400s

12

ハード・ケース

C430

Fluke 435:

FlukeView

®

Software for Windows

®

+ Power Log

Software for Windows

® を収録した

CD-ROM

柔軟な

AC

電流クランプ

3000 A

4

個セット。

モデル

i430flex-4pk

堅牢なトロリー・スタイルのケース

C435

サービス・センターへの連絡先

Fluke のサービス・センターに関する情報は、弊社 WWW ページ www.fluke.com

アクセスしていただくか、あるいは下記の電話番号までお問い合わせください。

+1-888-993-5853

米国とカナダ

+31-40-2675200

ヨーロッパ

+1-425-446-5500

その他の国.

安全に関する情報

:

はじめにお読みください

Fluke 434/435 Three Phase Power Quality Analyzer は、次の規格に適合しています。

IEC/EN61010-1-2001 CAN/CSA C22.2 No 61010-1-04 ( c

CSA us

の認定を含む)、

UL std No 61010-1 測定、制御、及びラボ使用の電気機器に関する安全条件、

パート 1: 一般的な条件定格: 600V CAT IV 1000V CAT III 汚染度 2

必ず

ユーザーズ・マニュアル

に記載されている手順に従って、本器及びアクセサ

リーを使用してください。これを怠ると、本器及びアクセサリーに付属している

保護機能が損なわれることがあります。

警告:使用者に危険を及ぼすおそれのある条件及び行為を示しています。

注意:本器に損傷を与えるおそれのある条件及び行為を示しています。

本器及び本マニュアルにおいて使用されている国際標準記号は次のとおりです。

1-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

本マニュアルをご覧く

ださい。

アース

直流

二重絶縁

(

保護クラス

)

安全規格の準拠

ヨーロッパ安全規格

交流

危険な活線には適用し

ないでください。ま

た、危険な活線から取

り外してください。

リサイクル情報 破棄情報

この製品は、分別のない一般ゴミとして破棄しないでくだ

さい。リサイクル情報については、フルークの

Web

サイ

トをご覧ください。

警告

感電や火災を避けるために、

• 本器及びアクセサリーの使用前に、マニュアル全体をよくお読みくださ

い。

1

人での作業は避けてください。

• 引火性のあるガスや蒸気のある場所では製品を動作させないでくだ

さい。

• 本器に付属の絶縁された電流プローブ及びテスト・リード

、本器に付

属しているアダプター、あるいは

Fluke

社によって

Fluke 434/435

Analyzer

用に指定された同等品のみを使用してください。

• 使用前に、電圧プローブ、テスト・リード、及びアクセサリーを点検

し、損傷がないことを確認します。損傷している場合は、使用前に

取り替えてください。ひび割れや欠損したプラスチック部がないか

調べます。特にコネクターの周囲にある絶縁部は念入りに点検して

ください。

• 使用していないプローブ、テスト・リード、及びアクセサリーは、す

べて本器から取り外してください。

• バッテリー充電器

/

電源アダプターは、本器に接続する前に、必ず

AC

コンセントに接続してください。

• アース入力は、本器への接地のみに使用し、その他の電圧には利用

しないでください。

• 入力端子に、本器に記載の定格を越える電圧を加えないでください。

• 電圧プローブまたは電流クランプに記載されている定格を超える電

圧を加えないでください。

• フレキシブル電流プローブの装着と取り外しには十分注意してくだ

さい。テストしている設備の放電を行うか、適切な保護衣を着用し

てください。

• 金属部分がむき出しになっている

BNC

またはバナナ・プラグ・コネク

ターを使用しないでください。

• コネクターに金属を差し込まないようにしてください。

• 必ずフルーク社製電源アダプター、部品番号

BC430 (

バッテリー充

電器

/

電源アダプター

)

をご使用ください。

1-6

一般的な注意事項

安全に関する情報: はじめにお読みください

1

• ご使用になる前に、

BC430

に指定されている電圧レンジが、各国の

ラインの電圧と周波数にあっているかどうか確認してください

(

下図

参照

)

。 必要に応じて、

BC430

のスライダー・スイッチを正しい電圧

に切り替えてください。

BC430

では、地域の安全規則に適合した

AC

ライン・プラグ・アダプ

ターまたは

AC

ライン・コードのみを使用してください。

BC430 バッテリー充電器/電源アダプターのスライダー・スイッチを切り替えて、

ライン電圧を選択:

115V 230V

アースと電圧バナナ入力間における最大入力電圧

:

入力 A (L1)、B (L2)、C (L3)、N (アース):1000 V Cat III, 600 V Cat IV

電流 BNC 入力での最大電圧 (マークを参照)

:

入力 A (L1)、B (L2)、C (L3)、N (アース): 42 V ピーク

電圧定格は「稼動電圧」に基づいています。AC 正弦波のアプリケーションには

Vac-rms (5060 Hz)、DC のアプリケーションには Vdc 単位で表記しています。

測定カテゴリー IV は、架空又は地下に設置されている送電線に適用されます。カ

テゴリー III は、建物内に設置されている配線及び配電盤に適用されます。

安全保護機能が作動しない場合

本器は、この説明書に記載されている方法でのみ使用してください。これを怠る

と、本器に提供されている安全保護機能が損なわれる可能性があります。

使用前に、テスト・リードに損傷がないかどうかを確認し、損傷がある場合は使用

前に取り替えてください。

本器またはアクセサリーが故障しているようにみえる場合、または正しく機能し

ていないような場合は、使用を中止し、修理を依頼してください。

注記

BC430

充電器

/

電源アダプターは、多様な電源ソケットへの接続を実現

するために、各国で適切に使用できるよう電源プラグ・アダプターに接

続するオス型の変換プラグが付属しています。充電器は絶縁されてい

るため、保護アース端子がある、またはないライン・プラグ・アダプ

ターを使用できます。

BC430

230 V

は北米では使用できません。特定の国ではコンセント

の形状を変更する必要があるため、その国の適用基準に準じた電源プ

ラグ・アダプターが付属することがあります。

1-7

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

1-8

2

このマニュアルについて

はじめに

本マニュアル は、Fluke 434 及び 435 Three Phase Power Quality Analyzers の効果的

で安全な使用方法について詳しい情報を提供するものです。本器及びその付属品

の安全な使い方を学んでいただき、すべての測定モードの性能を最大限に引き出

すため、本マニュアルを詳しくお読みください。

本器には基本的な情報を掲載したスタート・ガイド の冊子が付属しており、簡単な

参考資料としてお使いいただけます。

ユーザーズ・マニュアルの内容

• はじめに:目次

• 第 1 章「一般的な注意事項」保証と責任、適合性及び準拠に関する公示内容、

出荷ノート、サービス・センターの連絡先、安全に関する情報

• 第 2 章「本マニュアルの概要」

• 第 3 章「測定モードと正しい使い方の概要」

• 第 4 章「基本操作」傾斜スタンド、吊り下げストラップ、電源投入、表示調整、

キーボードのロック、リセット、メニュー・ナビゲーション

• 第 5 章「画面情報」画面の種類、一般的な表示情報、画面記号

• 第 6 章「入力の接続」電圧プローブと電流プローブの使用

• 第 7~18 章「測定機能の説明とヒント」

- スコープ波形及びスコープ相 (7),

- ボルト/アンペア/ヘルツ (8),

- ディップ及びスウェル (9),

- 高調波 (10)

- 電力及びエネルギー (11)

- フリッカー (12)

- 不平衡 (13)

- トランジェント (14)

- 突入電流 (15)

- メイン電源シグナリング (16)

2-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

- ロガー (17)

- 電源品質のモニター (18)

• 第 19 章「カーソルとズーム」測定結果の詳細を調べる方法

• 第 20 章「本器のセットアップ」測定のユーザー設定に関する詳しい説明

• 第 21 章「メモリー、プリンター、PC の使用」表示画面やデータ表示形式の保

存、呼び出し、削除の方法。測定結果の印刷と PC との通信設定の方法

• 第 22 章「ヒントと保守」クリーニング、保管、バッテリー、交換部品、トラ

ブルシューティング

• 第 23 章「仕様」電気的仕様、機械的仕様、安全上の特徴

• 索引

2-2

3

Fluke 434/435

の機能

はじめに

本器は、電力配電系を検証するための強力で多彩な測定手段を提供します。電力

システムの一般的な性能を測る機能、及びより詳しい情報を得るために使用する

機能が備わっています。本章では、正しい測定の方法について概要を説明します。

測定モードについては、第 7 章から第 16 章で詳しく説明します。測定モードごと

に別々の章に分かれています。

Fluke 435 には 、 434 の 機 能 の ほ か 、 メ イ ン 電 源 シ グ ナ リ ン グ 、 ロ ギ ン グ 、

IEC61000-4-30 2003 クラス A に相当する 0.1 % の電圧入力確度、ロギング・データ

を保存する追加メモリー、電源ログ・ソフトウェアー、柔軟な電流クランプ、堅牢

なトロリー・スタイルのケースなどが備わっています。

Fluke 434 では、メイン電源シグナリング及びロギング機能をオプションでインス

トールすることができます。インストールしない場合、これらの機能はメニュー

上に灰色で表示されます。

一般的な測定

電圧リード線や電流クランプが正しく接続されているかどうか調べるには、ス

コープ波形とスコープ相を使用します。クランプには、正しい信号極性を示す矢

印が付いています。第 6 章「入力の接続」に接続方法が記載されています。

電力システムの一般的な特性について調べるには、MONITOR を使用します。

MONITOR キーにより、画面にバー・グラフが表われ、相電圧の特性が表示されま

す。関連する特性が制限に合わない場合、バー・グラフが緑から赤に変わります。

Fluke 435 では、制限として 7 種類の組み合わせが選べ、その多くはユーザーが設

定できます。7 つの制限の 1 つは、EN50160 規格に準拠しています。それぞれの

特性に関しては、詳しい情報を備えたサブメニューをファンクション・キー F1 から

F5 で表示させることができます。

数値は、ボルト/アンペア/ヘルツ・モードで表示されます。次にボルト/アンペア/ヘ

ルツを選び、F5 – OK を押します。すると、その時点での電圧や電流の実効値と

ピーク値、周波数、相ごとのクレスト・ファクターがメーター画面に示されます。

F5 – TREND を押すと、これらの値が時間とともに変化する様子を表示できます。

3-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

詳細測定モード

相電圧

。相電圧は公称値に近い必要があります。電圧波形は、滑らかで歪みのな

い正弦波でなければなりません。波形を調べるには、スコープ波形モードを使用

します。突然の電圧変化を記録するには、 ディップ及びスウェル・モードを使いま

す。電圧異常を検知するには、トランジェント・モードを使用します。

相電流

。電流と電圧の関係を調べるには、ボルト/アンペア/ヘルツ・モードとディッ

プ及びスウェル・モードを使います。モーターによる突入電流など、突然の電流増

加を記録するには、突入電流モードを使用します。

クレスト・ファクター

。クレストファクターが 1.8 以上の場合、波形が大きく歪ん

でいる事を意味します。波形の歪みを見るにはスコープ波形モードを使用します。

高調波と統合高調波ひずみ (THD) を調べるには高調波モードを使います。

高調波

。相ごとに電圧と電流の高調波と THD を調べるには、高調波モードを使用

します。高調波の時間変化を記録するにはトレンドモードを使います。

フリッカー

。相ごとの短時間及び長時間の電圧フリッカーと関連データを調べる

には、フリッカー・モードを使います。これらの値の時間変化を記録するにはトレ

ンド・モードを使用します。

ディップ及びスウェル

。半サイクルといった短い間に発生する電圧の急瞬な変化

を記録するには、ディップ及びスウェル・モードを使います。

周波数

。周波数は公称値に近い値でなければなりません。通常、周波数は非常に

安定しています。周波数を表示するには、ボルト/アンペア/ヘルツ・モードを選んで

ください。周波数の時間変化はトレンド画面に表示されます。

不平衡

。各相電圧は、三相の平均から 1 % の誤差範囲内に納まっていなければな

りません。電流の不平衡は 10 % の誤差範囲に納まっている必要があります。不平

衡の程度を調べるには、スコープ・フェーザー・モードあるいは不平衡モードを使い

ます。

メイン電源シグナリング。

配電システムでよく利用されるリモート制御信号のレ

ベルの分析に使用できます。

ロギング。

長期メモリーに高分解能の読み取り値を複数保存できます。

3-2

4

基本操作及びメニューのナビゲーション

はじめに

この章では、本器に関するさまざまな一般的な操作内容を解説します。

• 傾斜スタンドと吊り下げストラップ

• アナライザーの電源投入

• 画面の明るさ

• キーボードのロック

• メニュー・ナビゲーション

• 画面コントラスト

• 工場出荷時初期設定へのリセット

傾斜スタンド と吊り下げストラップ

本器には、平面に置いた時に、画面に角度を付けることができる傾斜スタンドが

備わっています。傾斜スタンドを拡げると、図に示したように RS-232 ポートが本

器の右側より使用可能になります。

4-1.

傾斜スタンドと

RS-232

インターフェイスの位置

4-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・ガイド

また、本器には、吊り下げストラップが付いています。下の図は、ストラップの

正しい取り付け方を示しています。

4-2

4-2.

吊り下げトラップの固定

アナライザーの電源投入

本器には充電可能な NiMH バッテリーが内蔵されており、完全に充電した状態で

6 時間以上の稼動が可能です。バッテリーにより電力が供給されている間は、画面

上部にバッテリーの状態を示す記号が現れ、バッテリーの残量を示します。完全

に充電された状態から空の状態まで、

で表示されます。

バッテリーが空になったら、バッテリー充電器/電源アダプター BC430 を使って

バッテリーを完全に充電してください。完全に充電するには、本器の電源を切っ

た状態で少なくとも 4 時間かかります。電源を切らずに充電すると、さらに時間

がかかります。

例えば、業務時間外などで長時間充電器を接続したままにしておいても、本器が

損傷を受けることはありません。自動的にトリクル充電状態になります。出荷時

にはバッテリーが空の状態になっている場合があります。このため、使用前に充

電することをお勧めします。

バッテリー充電器/電源アダプターの使用に関しては、次の点をご注意ください。

• 付属のバッテリー充電器/電源アダプター BC430 のみを使用してください。

• ご使用になる前に、BC430 に指定されている電圧レンジが、お使いになる地域

の 電 源 電 圧 と 周 波 数 に 適 合 し て い る か ど う か 確 認 し て く だ さ い 。

必要に応じて、BC430 のスライダー・スイッチを正しい電圧に切り替えてくだ

さい。

• バッテリー充電器を AC ライン・コンセントに接続してください

• バッテリー充電器を本器上部にある POWER ADAPTER 入力に接続してくだ

さい。

• 充電中のバッテリーの過熱を避けるため、仕様で規定されている温度を超える

環境では充電を行わないようにしてください。

基本操作及びメニューのナビゲーション

画面の明るさ

4

注意

バッテリーの性能低下を防ぐため使用しない状態でも、少なくとも年

に 2 回は充電するようにしてください。

電源オン/オフ:

最後の設定状態を保ったまま電源をオン/オフにし

ます。起動画面が現れ、現在使用されている本器の設

定内容が表示されます。電源を入れるとビープ音が 1

回鳴ります。

バッテリーを節約するため、ある一定時間いずれのキーも押されなかった場合は

自動的に本器の画面が暗くなります。この時間は調節することができます。

いずれかのキーを押すと、画面が再び表示されます。

自動オフ時間の設定については、第 20 章「ユーザー設定」を参照してください。

注意: 本器をバッテリーで使用している際は、電源投入後ノブの操作がない場合

(ようこそ画面が表示されている場合など) のみに電源が自動でオフになります。

画面の明るさ

バ ッ ク ラ イ ト を 暗 く ま た は 明 る く し ま す 。

強い日光の下でもよく見えるように、特に明るい画面

にするには、5 秒以上押し続けます。明るさを下げる

と、バッテリーを節約できます。

キーボードのロック

無人測定の際に誤った操作を避けるため、キーボードをロックすることができ

ます。

ENTER

5 秒間押して、キーボードのロックまたはロック解除

します。

メニュー・ナビゲーション

本器の機能は、ほとんどメニューから操作します。メニュー内を移動するには矢

印キーを用います。項目の選択には、F1~F5 までのファンクション・キーと

ENTER キーを使用します。アクティブなファンクション・キーは、黒い背景で強調

表示されます。

以下に、特定のプリンターを使用するためにアナライザーを設定する方法を例に、

メニューの使い方を示します。

SETUP

SETUP メニューが開きます。

F4

SETUP USER PREF サブメニューが開きます。

4-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・ガイド

ENTER

プリンターを強調表示にします。

PRINTER サブメニューが開きます。ここからプリン

ターの種類とボーレートを指定します。

ボーレートを強調表示にします。

必要な転送速度を指定します。

使用したいプリンターの種類を強調表示にします。

指定した内容を確認します。

ENTER

F5

次の SETUP USER PREF メニューに移動します。この

メニューは、画面コントラストの調整や工場出荷時設

定へのリセットといった設定を行なうための開始メ

ニューです。

画面のコントラスト

開始点として、SETUP USER PREF サブメニューを使います。このメニューを表

示するには、「メニュー・ナビゲーション」で説明した内容を参照してください。

画面のコントラストを調節します。

リセット

本器を工場出荷時の初期設定に戻すには、次の手順に従います。記録されたデー

タや設定内容が失われることに注意してください。

開始点として、SETUP USER PREF サブメニューを使います。このメニューを表

示するには、「メニュー・ナビゲーション」で説明した内容を参照してください。

F1

初期設定へのリセットを開始します。データを意図せ

ず消去してしまわないよう、確認のメニューが表示さ

れます。

F5

リセットを確認します。

データを失うことなく本器を工場出荷時の初期設定に戻すには、次の手順に従い

ます。電源を切ってから、SAVE SCREEN (画面の保存) を押しながら、電源をもう

一度入れます。ビープ音が 2 回鳴ります。

4-4

5

画面の情報

はじめに

本器では、測定結果を最も効果的に表示するために 5 つの異なる画面タイプを用

意しています。この章では、これらの画面に共通する特徴を説明します。各測定

モードの詳細については、そのモードに関する章を参照してください。画面の

ヘッダーは、選択した言語で表示されます。下の図は、画面のタイプ 1~5 を示し

ています。特徴は A から F で説明します。

A

B

C

1

D

2

3

5

F1

5-1.

画面のタイプ

F2 F3 F4 F5

E

F

5-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

相の色

異なる相における測定結果は、それぞれ別の色で表示されます。1 つの相に関して

電圧と電流が同時に表示される場合は、電圧は暗い色で、電流は明るい色で表示

されます。相の色の組み合わせは、SETUP キーとファンクション・キー F4-USER

PREF を使って選ぶことができます。詳しくは、第 20 章を参照してください。

画面タイプ

次に、各画面タイプとその目的を簡単に説明します。また、それぞれの画面タイ

プを使用する測定モードと、詳しい情報を含む章の情報も記載しています。画面

に表示される情報の量は、相の数と配線構成によって変わります。図 5-1 の項目

1~ 5 を参照してください。

1

メーター画面: 数多くの重要な測定値を一覧することができ

ます。次のモードで使用します。ボルト/アンペア/ヘルツ (第 8

章)、ディップ及びスウェル (第 9 章)、高調波 (第 10 章)、電力及

びエネルギー (第 11 章)、フリッカー (第 12 章)、不平衡 (第 13

章)、電力品質のモニター (第 18 章)。

2

トレンド画面:メーター画面と関連しています。トレンド画面で

は、メーター画面からの測定値を時間の変化とともに表示し

ます。測定モードを選ぶと、本器がメーター画面のすべての内

容をロギングし始めます。次のモードで使用します。ボルト/

アンペア/ヘルツ (第 8 章) 、ディップ及びスウェル (第 9 章)、電

力及びエネルギー (第 11 章)、フリッカー (第 12 章)、突入電流

(第 15 章)。

3 波形画面: オシロスコープのように電圧と電流の波形を表示し

ます。チャンネル A(L1) は基準相で、0 ボルトから始まって 2 サ

イクル分をすべて表示します。電流と周波数の公称値により測

定グリッドの大きさが決まります。次のモードで使用します。

スコープ波形 (第 7 章)、トランジェント (第 14 章)。

4 フェーザー画面: ベクトル図で、電圧と電流間の相関係を示し

ます。基本波相 A (L1) のベクトルが、正の水平軸方向を指し

ます。A (L1) の振幅は、測定グリッドの大きさに対する基準に

もなります。次のモードで使用します。スコープ・フェーザー (第

7 章) 、不平衡 (第 13 章)。

5 バー・グラフ画面: バー・グラフを用いて各測定パラメータの密度

を割合で表示します。次のモードで使用します。高調波 (第 10

章)、電力品質のモニター (第 18 章)。

5-2

画面の情報

全画面タイプに共通の画面情報

5

全画面タイプに共通の画面情報

図 5-1 項目 A~F を参照してください。

A

B

C

測定モード: アクティブな測定モードが画面上部に表示され

ます。

測定値: 主な測定値。相、電流、電圧によって背景色が異なり

ます。カーソルがオンの場合、カーソル位置の値が表示され

ます。

ステータス・インジケーター。次の記号が画面に現れた場合は、

アナライザーと測定の状態を表しています。

: 50/180 のサイクル (3 s) 間欠 (50/60 Hz) がアクティブである

ことを示します。表示がない場合は、間欠は 10/12 サイクル

(50/60 Hz) です。

測定の経過時間。表示形式:時間、分、秒。開始

時間を待機している間は、- の付いた時間がカウント・ダウンさ

れます。

水平ズーム・オン。

測定が不安定です。例えば、周波数の読み取りで、基準相

A (L1) に電圧がありません。

IEC61000-4-30 フラグ変換に基づき、表示されているデータ

間隔で、ディップ、スウェル、または間欠が発生したことを示

します。集積値が信頼できない可能性があることを示します。

測定データの記録がオンです。

相の回転方向を表示します。

バッテリー/電源を示します。バッテリー操作中は、

バッテリー充電状態を示します。

D

E

キーボードがロックされています。ENTER を 5 秒間押し

て、ロックとロック解除を切り替えます。

メイン画面と測定データ: 特徴は 1 から 5 で説明します。

ステータス・ライン: 次の情報が画面に表示されます。項目の設定

方法は第 20 章「一般設定」に記載されています。次の情報が示

されます。

本器のリアルタイム・クロックの日付。日付表示形式

は、月/日/年または日/月/年です。

5-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

時間またはカーソル時間です。

公称ライン電圧及び周波数: 測定の基準となり

ます。

GPS 信号強度インジケーター。

測定の相数及び配線構成。

F

電力品質のモニター、ディップ、スウェル、間欠、急

激な電圧変化で使用される制限の名前。

ソフトキーの テキスト領域: F1~F5 を使って選択するソフト

キー機能は、白で表示されます。現在使用できない機能は灰色

で示されます。アクティブなファンクション・キーは、黒い背景

で強調表示されます。

5-4

6

入力接続

はじめに

この章では、テストの対象となる配電システムへの接続方法と本器の設定方法に

ついて説明します。

本器の設定内容が、テストするシステムや使用する付属品の特性に合致したもの

であるかどうかを確認してください。次の内容について説明します。

• 配線構成

• 公称周波数

• 公称電圧

• 電圧リード線と電流クランプの特性

現在の設定内容は、電源を入れた際に現れる起動画面に表示されます。設定を変

更するには、第 20 章をご覧ください。

入力接続

本器には、電流クランプ用の BNC 入力 4 つ、及び電圧用のバナナ入力 5 つが備

わっています。

米国、カナダ、ヨーロッパ大陸、英国、中国で使用されているカラー・コード配線

に対応する粘着シールが付いています。図 6-1 で示されているように、粘着シール

を、地域の配線コードに合うよう電流及び電圧入力の周りに貼ります。

6-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・ガイド

6-1.

電圧及び電流入力の取り付けシール

可能な限り、接続する際には、電力システムの通電されていない状態で接続して

ください。常に、適切な身体保護具を使用してください。単独で作業することを

避け、第 1 章「安全に関する情報」に記載されている警告に従ってください。

三相システムに関しては、図 6-2 に示すように接続してください。

6-2

6-2.

三相配電システムへの本器の接続

最初に、使用する電流クランプを A (L1)、B (L2)、C (L3)、N (ニュートラル) 相

コンダクターの周囲に接続します。クランプには、正しい信号極性を示す矢印が

付いています。

次に、電圧を接続します。まず、アース線から始め、続いて N、A (L1)、B (L2)、

C (L3) を接続します。正しい測定結果を得るには、常にアース入力を接続してく

ださい。接続を再度確認します。電流クランプがしっかりと接続されていて、導

体の周辺で完全に閉じていることを確認します。

単相の測定には、電流入力 A (L1) 、電圧入力のアース、N (ニュートラル)、A (L1)

を使用します。

A (L1) は、全測定の基準相です。

入力接続

入力接続

6

測定する前に、測定する電源システムのライン電圧、周波数、配線構成に関して、

本器をセットアップしてください。セットアップについては、第 20 章「一般設

定」で説明します。

電圧リード線と電流クランプが正しく接続されているかどうかを調べるには、ス

コープ波形とスコープ相の画面が便利です。図 6-3 の例に示したように、ベクトル

図で時計周り方向に見ていくと、相電圧と相電流 A (L1)、 B(L2)、 C(L3) が順に表

示されています。

6-3.

正しく接続された本器のベクトル図

6-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・ガイド

6-4

7

スコープ波形及びフェーザー

はじめに

スコープ・モードは、テストする電力システムの電圧や電流を、波形やベクトル図

で表示します。また、相電圧、相電流、周波数、電圧と電流の位相角などの数値

も表示します。

スコープ波形

スコープ波形画面を表示するには、次の手順に従います。 c

SCOPE

スコープ波形画面は、オシロスコープのように、電圧や電流の波形を高速更新

レ ー ト で 表 示 し ま す 。 画 面 の ヘ ッ ダ ー に は 、 関 係 す る 電 圧 と 電 流 の 実 効 値

(IEC61000-4-30:2003 による 10/12 サイクル rms または 150./180 サイクル rms) が表

示されます。デフォルトでは、2 周期分の波形が表示されます。チャンネル A(L1)

は基準チャンネルで、0 ボルトから始まって 2 サイクル分をすべて表示します。

利用できるファンクション・キー:

F1

表示する波形を選択します。V はすべての電圧、A

はすべての電流を表示します。A (L1)、B (L2)、C

(L3)、N (ニュートラル) を使うと、選択した相の電圧

と電流を同時に表示できます。

F2

カーソルとズーム操作のサブメニューを開きます。

F3

フェーザー画面を開きます。次の説明を参照してくだ

さい。

7-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

F4

相の電圧読み取り (A/L1、B/L2、C/L3、N) または 三

相 Y 結線構成では相から相 (AB、BC、CA) を切り替

えます。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の 1 つが表示されます。

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

波形のレンジは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるように事前設定され

ています。これは、電圧 (Vnom) 及び電流レンジ (A レンジ ) の公称値を基にし

ています。

必要に応じて、レンジを変更できます。PHASOR PREFerence も調整可能です。こ

れは、相の方向またはシーケンス、及び相の角度 (+/-) を示す回転を表します。

SETUP キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を経由して調整メ

ニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照して

ください。

このメニューでファンクション・キー F1 を使って波形の残像をオンに設定すると、

時間とともに変化する波形を分析できます。

スコープ・フェーザー

フェーザー画面を表示するには、次の手順に従います。 d

F3

フェーザー画面では、電圧と電流の位相関係がベクトル図で表示されます。基準

チャンネル A (L1) のベクトルは、水平軸の正方向を向いています。さらに、基本

波の相電圧、周波数、位相角などのデータが表示されます。画面のヘッダーには

電圧や電流の実効値が表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F1

表示する追加データの選択。全電圧、全電流、電圧及

び電流の位相を選択できます。

F3

スコープ波形に戻ります。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。

7-2

スコープ波形及びフェーザー

参考

7

参考

スコープ波形は、電圧と電流の波形を表示できます。電圧波形はなめらかな正弦波

であるべきです。電圧波形に歪みがある場合は、高調波を表示し、調べてみてくだ

さい。電圧実効値や周波数は、公称値に近いはずです。

波形画面やフェーザー画面は、電圧リード線と電流クランプが正しく接続され

ているかどうかを調べる際にも便利です。ベクトル図で時計周り方向に見ていく

と、相電圧と相電流 L1 (A)、L2 (B)、L3 (C) が順に表示されています。

7-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

7-4

8

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ

はじめに

ボルト/アンペア/ヘルツでは、重要な測定値がメーター画面に示されます。対応す

るトレンド画面には、メーター画面のすべての数値に関して時間とともに変化す

る様子が表示されます。

メーター画面

ボルト/アンペア/ヘルツのメーター画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d

ENTER

メーター場面には、全相の電圧と電流が一覧表示されます。また、周波数とクレ

スト・ファクターも表示されます。クレスト・ファクター は、歪みの程度を表わし

ます。クレスト・ファクターが 1.41 の場合は歪みがなく、1.8 の場合は歪みが大きい

ことを意味します。他の測定モードを使って電力システムを詳しく調べる前に、大

まかなシステム特性をこの画面で掴むことができます。メーター画面の列数は、電

力システムの構成によって変わります。

メーター画面の数値は常時更新され、現在の値が表示されています。数値の時間

変化は、測定が開始されるとすぐに記録されていきます。記録内容は、トレンド

画面で見ることができます。

8-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

利用できるファンクション・キー:

F4

相の電圧読み取り (A/L1、B/L2、C/L3、N) または 三

相 Y 結線構成では相から相 (AB、BC、CA) を切り替

えます。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。HOLD か

ら RUN に切り替えると、メニューで選択した項目が

直ちに開始されます (NOW)。TIMED に切り替える

と、開始時間と測定期間を定義できます。

トレンド

ボルト/アンペア/ヘルツのトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 e

F4

メーター画面の数値はすべてロギングされていますが、それぞれの行のトレンド

は一度に 1 つしか表示されません。ファンクション・キー F1 を押すと、上下矢印

キーを使って、行が選択できるようになります。

測定データは右側から蓄積されていきます。画面ヘッダーには、右側にプロット

された最新の数値に対応する読み取り値が表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド画面に表示する行を

メーター画面の中から選択できるようになります。

F2

カーソルのオン/オフ

F3

F4

矢印キーをカーソルまたはズーム操作に割り当てます。

メーター画面に戻ります。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。HOLD か

ら RUN に切り替えると、メニューで選択した項目が

直ちに開始されます (NOW)。TIMED に切り替える

と、開始時間と測定期間を定義できます。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の 1 つが表示されます。

8-2

ボルト/アンペア/ヘルツ

参考

8

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

オフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるように自動レ

ンジ設定されていますが、必要に応じて調整できます。SETUP キー及びファンク

ション・キー F3 - FUNCTION PREF を経由して調整メニューを開きます。詳しくは、

第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照してください。

参考

電圧と周波数は、120 V、230 V、480 V、60 Hz、50 Hz などの公称値に近い値でな

ければなりません。

メーター画面の電圧と電流は、例えば 三相の誘導電動機に供給される電力が平衡

であるかどうかを検証する場合などにも利用できます。不平衡な電圧はステー

ター巻線の電流を不安定にさせるため、過度の発熱が生じて発動機の寿命が短く

なります。各相電圧は、三相の平均から 1 % の誤差範囲でなければなりません電

流の不平衡は 10 % の誤差を超えてはなりません。不平衡が非常に激しい場合は、

別の測定モードを使用して電力システムをさらに検証してください。

クレスト・ファクターが 2.0 に近い場合には、歪みが大きいことを意味します。例

えば、正弦波の上半分だけを通す整流器を流れる電流を測定すると、クレスト・

ファクターは 2.0 になります。

8-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

8-4

9

ディップ及びスウェル

はじめに

ディップ及びスウェル・モードでは、ディップ、間欠、急瞬な電圧変化、スウェル

を記録します。

ディップ (サグ) 及びスウェルは、通常電圧からの急激な変動を表わします。その

大きさは 10 ボルトから数百ボルトになることもあります。持続時間は、EN61000-

4-30 にも記述されているように、半サイクルから数秒間に至るまで多様です。本

器では、公称値か変動基準電圧を選ぶことができます。変動基準電圧は、1 分の時

定数をもつフィルターを使って測定した値を使用します。

ディップの間には電圧が降下し、スウェルの間には電圧が上昇します。三相系統

では、1 つあるいは複数の相電圧がディップしきい値を下回った時点でディップが

始まったとし、全相電圧がしきい値にヒステリシス分を加えた値を上回った段階

でディップが終わったとします。ディップ及びスウェルのトリガー条件は、し

きい値とヒステリシスで決まります。ディップ及びスウェルは持続時間、大きさ、

発生時刻で表現できます。図 9-1 と 9-2 にこの現象を示します。

9-1.

電圧ディップの例

9-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

9-2

9-2.

電圧スウェルの例

間欠の際には、電圧が公称値を大きく下回ります。三相系統では、全相電圧がし

きい値を下回った時点で間欠が始まったとし、単一相の電圧がしきい値にヒステ

リシス分を加えた値を上回った段階で間欠が終わったとします。間欠のトリガー

条件はしきい値とヒステリシスで決まります。間欠は、持続時間、大きさ、発生

時刻で表現できます。図 9-3 にこの現象を示します。

INTERRUPTION-INT-

NOMINAL

VOLTAGE

HYSTERESIS

THRESHOLD time duration magnitude

0 VOLT

9-3.

電圧間欠の例

急瞬な電圧変化は、電圧の実効値が 2 つの定常値の間を急瞬に移動することを指

します。急瞬な電圧変化は、安定電圧許容誤差、安定した時間、検出された最低

ステップ数、最低比率 (%/s) に基づいて検知されます。電圧の変化がディップまた

はスウェルしきい値を超えると、急速な電圧の変化ではなくディップやスウェル

であると見なされます。電圧のステップ (Vstep) を基にした検出に加え、最大電圧

変化 (Vmax) を基にした検出を制限の設定時に選択できます。ノルウェー式 FoL

には、Vmax での検出が必要です。イベントの一覧には、電圧ステップと遷移時間

が表示されます。詳細なイベント一覧には、公称電圧に対する Vmax が表示され

ます。図 9-4 にこの現象を示します。

ディップ及びスウェル

トレンド

9

Steady time

Voltage tolerance

Normal voltage

Voltage step

Maximum voltage change

Rate of change

Voltage tolerance

Steady time

Transition time

9-4.

急速な電圧変化の例

電圧に加え、電流も記録されます。これにより、変動の原因と影響を調べること

ができます。ファンクション・キー F4 – EVENTS を押すと、電圧イベントが順番

にリストされたイベント表を表示することができます。

トレンド

ディップ及びスウェルのトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d e

ENTER

9-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

主画面で変動の原因と影響を見るため、設定されたすべての電圧チャンネルと電

流チャンネルが記録されます。すべてのチャンネルが同時に表示されるわけでは

ありません。ファンクション・キー F1 を押すと、表示されるトレンドのデータを矢

印キーを使って選択できるようになります。画面は右側から描画され、該当する

数値が画面ヘッダーに表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、表示される電圧チャンネルま

たは電流チャンネルを選択できるようになります。

F2

F3

カーソルのオン/オフ

矢 印 キ ー を カ ー ソ ル ま た は ズ ー ム 操 作 に 割 り 当 て

ます。

F4

イベント表を表示します。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。HOLD か

ら RUN に切り替えると、メニューで選択した項目が

直ちに開始されます (NOW)。TIMED に切り替える

と、開始時間と測定期間を定義できます。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の 1 つが表示されます。

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

トレンドのオフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるよ

うに自動レンジ設定されています。これは、電圧 (Vnom) 及び電流レンジ (A レン

ジ ) の公称値を基にしています。必要に応じて、オフセットやスパンを変更でき

ます。SETUP キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を経由して調整

メニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照し

てください。

しきい値やヒステリシスなどのイベント条件はあらかじめ設定されていますが、

変更することもできます。調整メニューは、SETUP キーと制限のセットアップか

ら表示することができます。第 20 章「制限の調整」をご覧ください。

イベント表

ディップ及びスウェルのイベント表を開くには、次の手順に従います。 f

F4

9-4

ディップ及びスウェル

参考

9

イベント表には、相電圧がしきい値を通過した場合がすべてリストされています。

国際規格に基づいたしきい値またはユーザーが定義したしきい値を使用すること

ができます。しきい値の設定は SETUP キーと制限から実行することができます。

詳しくは第 20 章「制限の調整」をご覧ください。

標準モードでは、主なイベントの特徴として、開始時刻、持続時間、電圧振幅が

一覧表示されます。詳細モードでは、しきい値を通過した現象が相ごとに詳しく

表示されます。

表では次の略語や記号が使用されています。

略語 説明 記号 説明

CHG

DIP

INT

SWL

急速な電圧変化 電圧エッジの上昇

電圧ディップ 電圧エッジの降下

電圧間欠 上向きの変化

電圧スウェル 下向きの変化

利用できるファンクション・キー:

F3

イベント表の NORMAL (標準) 表示と DETAILED (詳

細) 表示を切り替えます。

F4

F5

前の画面に戻ります。

カーソルをオンにして強調表示されたイベントに合わ

せると、トレンド画面を表示できます。このイベント

は上下矢印キーで選ぶことができます。

参考

ディップ (サグ) やスウェルが発生する場合は、電力配電系が弱まっている可能性

があります。このようなシステムでは、大きなモーターや溶接機の電源をオン/オ

フすると、電圧が激しく変化します。これが原因となって、電灯がちらついたり、

目に見えるほど暗くなることがあります。またこれにより、コンピューター・シス

テムやプロセス・コントローラーのリセットやデータの損失が発生することがあり

ます。

電力系統の入口部分での電圧と電流のトレンドをモニターすることで、電圧

ディップの原因が建物の中にあるのか外にあるのかを調べることができます。電

流が上昇している間に電圧が降下していれば、原因は建物の中 (下流側) にあり、

電圧と電流が両方とも降下していれば、原因は建物の外 (上流側) にあります。

9-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

9-6

10

高調波

はじめに

高調波は、高調波及び中間高調波を第 50 次 成分まで測定、記録します。DC 成分、

THD (総合高調波歪み)、K ファクターなどの関連データが測定されます。高調波

は、電圧、電流、電力などの正弦波の周期的な歪みを指します。波形は、異なる

周波数と振幅をもったさまざまな正弦波が重ね合わさったものとして考えること

ができます。これらの正弦波成分のそれぞれが信号全体にどの程度寄与している

かを測定します。表示には、基本波成分に、あるいは総合高調波を和した分に

対する割合を示すことができます (実効値)。測定結果は、バー・グラフ表示、メー

ター画面、あるいはトレンドとして見ることができます。高調波は、通常、コン

ピューターの直流電源やテレビ、あるいは可変速モーター駆動回路のような非線

形負荷により生じます。高調波は、変圧器、導線、モーターを過熱させる原因と

もなります。

バー・グラフ画面

高調波のバー・グラフ画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d

10-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル e

ENTER

10-2

バー・グラフ画面では、各成分が信号全体に対するパーセントで表示されます。歪

みのない信号の場合、第 1 高調波 (基本波) が 100 % として表示され、その他の成

分は 0 % となります。実際には、こうしたケースは発生しません。波形にはつね

にある程度の歪みが存在し、その結果高調波が出現するからです。

純粋な正弦波に高調波成分を加えることで歪みが生じます。歪みは THD パーセン

トで表わされます。DC 成分のパーセントと K ファクターも表示できます。K ファ

クターは、高調波電流により変圧器内に生じる損失を定量的に特徴づける数値

です。低次の高周波よりも高次の高周波のほうが、K ファクターに及ぼす影響は

大きくなります。

以下の表は、1 つの画面に同時に表示できるバー・グラフの数を示しています。

高調波 高調波及び

中間高調波

全相表示

1 ... 12 1 ... 6

単相表示

1 ... 50 1 ... 25

左右の矢印キーを使って、特定のバーにカーソルを合わせます。画面ヘッダーには、

そのバーに関する相、高調波の次数、周波数、位相角度が表示されます。画面にす

べての次数の高調波が表示されていない場合は、カーソルを画面の左や右端に移動

させることで、次の次数の高調波を画面内に表示できます。垂直方向の拡大や縮小

には、上下矢印キーを使います。フルスケールで 100 %、50 %、20 %、10 %、5 %

の倍率を選ぶことができます。SETUP キーとファンクション・キー F3 - FUNCTION

PREF を使うと、高調波の表示は、基本波電圧に対するパーセント (%f) や総合高調

波電圧の合計に対するパーセント (%r) を選ぶことができます。詳しくは、第 20 章

「機能設定」を参照してください。

フィルタリング。中間高調波をオフにした状態で高調波を測定すると、高調波が

表示され、1.5 s のスムーズ・フィルターがオンになります。中間高調波をオンに

した状態で高調波を測定すると、高調波の棒グラフの間に中間高調波が表示され、

フィルターがオフになります。

使用できるファンクション・キー:

F1

高調波の種別選択:電圧、電流、有効電力 (ワット)。電

力高調波には、正及び負の極性があります。

F2

F3

使用する波形を選択します。A (L1)、B (L2)、C (L3)、

N (ニュートラル) または ALL (すべて)

メーター画面を表示します。

F4

中 間 高 調 波 デ ィ ス プ レ イ の オ ン と オ フ を 切 り 替 え

ます。

F5

波形更新には HOLD から RUN に切り替えます。

HOLD から RUN に切り替えると、直ちに測定開始

(NOW) するか、又は TIMED を選び開始時間と測定時

間を定義するかを選択します。

メーター画面

高調波のメーター画面を開くには、次の手順に従います。 f

F3

高調波

メーター画面

10

メーター画面には、相ごとに 8 つの測定結果が示されます。SETUP キーとファン

クション・キー F3 - FUNCTION PREF を使って、画面の表示内容を選択することが

できます。詳しくは、第 18 章「機能設定」を参照してください。

使用できるファンクション・キー:

F1

高調波の種類を電圧、電流、有効電力 (ワット) から選

択します。

F3

F4

バー・グラフ画面に戻ります。

トレンド画面を表示します。次の説明を参照してくだ

さい。

F5

波形更新には HOLD から RUN に切り替えます。

HOLD から RUN に切り替えると、直ちに測定開始

(NOW) するか、又は TIMED を選び開始時間と測定時

間を定義するかを選択します。

トレンド

高調波のトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 g

F4

トレンドでは、高調波が時間とともに変化する様子が表示されます。カーソルと

ズームを使って詳細を見ることができます。メーター画面の数値はすべてロギン

グされていますが、トレンドは一度に 1 つの高調波しか表示されません。ファン

クション・キー F1 を押して、矢印キーを使って次の次数の高調波を選択出来ます。

10-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

SETUP キーとファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を使うと、高調波の表示

として、基本波電圧に対するパーセント (%f) 、あるいは総合高調波電圧の合計に

対するパーセント (%r、総合 Vrms) を選ぶことができます。また同じメニューから、

メーター画面の測定内容を選ぶこともできます。詳しくは、第 20 章「機能設定」

を参照してください。

使用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド画面に表示する行を

メーター画面の中から選択できるようになります。

F2

F3

カーソルのオン/オフ

カーソルや垂直方向のズーム操作に矢印キーを割り当

てます。

F4

F5

メーター画面に戻ります。

波形更新には HOLD から RUN に切り替えます。

HOLD から RUN に切り替えると、直ちに測定開始

(NOW) するか、又は TIMED を選び開始時間と測定時

間を定義するかを選択します。

参考

高調波の次数は、高調波の周波数を示すものです。第 1 次高調波は基本周波数

(60Hz または 50Hz) を意味し、第 2 次高調波は基本周波数の 2 倍の周波数成分

(120Hz または 100Hz) を表わします。高調波シーケンスは、正 (+)、ゼロ (0)、負 (-)

があります。次の表に、概要を示します。

次数

周波数

1

2

4

6

60 Hz 120 Hz 180 Hz 240 Hz 300 Hz 360 Hz

50 Hz 100 Hz 150 Hz 200 Hz 250 Hz 300 Hz

シーケンス

+ - 0 + - 0

次数

7

8

10

...

周波数

420 Hz 480 Hz 540 Hz 600 Hz 660 Hz ...

350 Hz 400 Hz 450 Hz 500 Hz 550 Hz

シーケンス

+ - 0 + -

...

正のシーケンス を持つ高調波は、基本波よりも速くモーターを動かそうとし、負

のシーケンスは基本波よりもゆっくりとモーターを動かそうとします。どちらの

場合もモーターのトルクが下がり、発熱を生じます。高調波は、変圧器を加熱さ

せることもあります。波形が対称の場合、すなわち正の部分と負の部分が等しい

ときは、偶数次の高調波は消えます。

シーケンスがゼロの電流高調波は、ニュートラルの導線に流れます。これにより

これらの導線が発熱することがあります。

10-4

高調波

参考

10

歪み: 電流の歪みは、DC 電源のような非線形負荷があるシステムで発生します。

電流歪みにより 5 % 以上の電圧歪み (THD) が生じるなど、潜在的に問題があると

考えられます。

K ファクター:これは、高調波電流の量を表すもので、変圧器を選ぶ際の参考とな

ります。非線形で高調波を多く含む負荷を扱う変圧器の代替品を選ぶ場合には、K

ファクターと KVA を活用してください。

10-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

10-6

11

電力及び電力量

はじめに

電力及びエネルギーは、 重要な電力パラメーターをすべてメーター画面に表示し

ます。対応するトレンド画面には、メーター画面のすべての測定値に関して時間

とともに変化する様子が表示されます。

Fluke 434/435 では、積算電力を表示し、パルス出力を持つ電力量計の検証も提供

します。電力の計算には、FUNDamental (基本波) または FULL (全て) を選択でき

ます。FUND (基本波) は、電力の計算において、電圧と電流を基本波の周波数 (60

または 50 Hz) のみ考慮します。FULL (全て) は、全周波数スペクトラム (真の実効

値電圧及び電流) を使用します。この選択には、SETUP キー及びファンクション・

キー F3 - FUNCTION PREF を使います。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION

PREFerences」を参照してください。

メーター画面

電力及び電力量のメーター画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d

11-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル e

ENTER

メーター画面には、各相及び総合電力データが表示されます: 有効電力 (kW)、皮

相電力 (kVA、電圧実効値及び電流実行値の積)、無効電力 (kVAR、誘導性及び容

量性負荷により AC 電流及び電圧間における位相シフトにより発生する皮相電力

の無効分)、力率 (PF、高調波を含む総実効値の皮相電力に対する比)、変位力率

(DPF または cos ϕ、基本波の皮相電力に対する有効電力の比率)、12/10 または

180/150 サイクルの電流及び電圧の 実効値。

F1 を使って、三相 Y 結線 (A/L1、B/L2、C/L3、N) か三相 △ 結線 (AB、BC、CA)

を切り替えます。

記号は、負荷が容量性( )であるか誘導( )であるかを示します。

Fluke 434/435 では、F3 – ENERGY ソフトキーを押して、相または総合電力利用状

況をメーター画面に表示できます。メーター画面には、有効電力量 (kWh)、皮相電

力量 (kVAh)、無効電力量 (kVARh) が含まれます。電力量の測定は、電力及び電力

量を開始した時から始まります。読み取り値は、ファンクション・キー F5 を使っ

てリセットできます。

測定の TIMED 開始を指定すると、Fluke 434/435 を使って、事前に定義した時間で

電力利用量を測定できます。TIMED 開始は、ファンクション・キー F5 を使って

HOLD から RUN に切り替えて、調整できます。ファンクション・キー F5 を

HOLD/RUN 操作で利用できるように、一時的に ENERGY を閉じます。

パルス・カウント・モードは、特定の電力量計で見られる、パルス出力のパルス

(ワット時) をカウントします。エネルギー・メーターの画面は、総 kWh とエネル

ギー・メーターのパルス数の偏差を割合 (パーセント) で示します。これは、課金

メーターのエラーをすばやくテストするために利用できます。パルス出力は、パ

ルス出力と本器のオプティカル RS-232 インターフェイス間に接続されているオプ

ティカル絶縁トリガー・プローブを使って、測定されます。図 11-1 は、測定のセッ

トアップを示しています。1 パルスあたりの電力利用量 (kWh あたりのパルス数)

は、事前に設定しておく必要があります。SETUP キー及びファンクション・キー

F3 - FUNCTION PREF を経由して調整メニューを開きます。詳しくは、第 20 章の

「FUNCTION PREFerences」を参照してください。

トリガー・プローブを使用する代わりに、手動で測定を実行することができます。

これには、エネルギー・メーターのホイール回転を見て、ホイールのポインターが

通過するたびに F4- MANUAL COUNT +1 (手動カウント +1) を押します。アナライ

ザーが、トリガー・プローブまたは F4 からパルスをカウントします。この機能は、

測定源が 1 つであることを想定しています。

11-2

電力及び電力量

メーター画面

11

F1

F2

F3

F4

F5

11-1.

パルス出力を使った電力量メーターの検証

利用できるファンクション・キー:

F1

F1 を使って、三相 Y 結線 (A/L1、B/L2、C/L3、N) か

三相 △ 結線 (AB、BC、CA) を切り替えます。

F3

F4

エネルギー画面をオンへ切り替え。

トレンド画面を開きます。次の説明を参照してくだ

さい。

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。HOLD か

ら RUN に切り替えると、直ちに測定開始 (NOW) する

か又は TIMED を選び開始時間と測定時間を定義する

かを選択します。電力量が表示されている時は、F5

を使って読み値をリセットできます。

電力量のメーター画面を開くには、次の手順に従います。 f

F3

11-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

利用できるファンクション・キー:

F2

パルス・カウント・モードのオンとオフ。

F3

F4

エネルギー画面をオフへ切り替え。

手 動 パ ル ス ・ カ ウ ン ト 。 上 の 説 明 を 参 照 し て く だ

さい。

F5

電力量画面のリセット。

トレンド

電力及び電力量のトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 g

F4

メーター画面の数字は、随時更新される瞬間値です。測定されている間は、時間

とともにこれらの値の変化する様子がロギングされます。メーター画面の数値

はすべてロギングされていますが、それぞれの行のトレンドは一度に 1 つしか表

示されません。ファンクション・キー F1 を押して、矢印キーを列選択に割り当て

ます。

トレースが右側から形成されます。ヘッダーの読み取り値は、右側にプロットさ

れる最新の測定値に対応しています。

TIMED 開始で行う電力利用量測定に加え、本器は、調整可能な時間内での平均電

力を測定できます。工業用の需要家に対しては、指定した時間内で平均電力使用

量の最大値を使って電気料金が計算されることがよくあります。この指定間隔は、

15 分が一般的です。トレンドの水平スケールをオフにしている以外は、各データ・

ポイントは、指定時間間隔内での最大、最小、平均利用量に対応しています。指

定間隔は、1~60 分、または、オフに設定できます。SETUP キー及びファンク

ション・キー F3 - FUNCTION PREF を使って調整メニューを開きます。詳しくは、

第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照してください。指定間隔をオフに設

定すると、トレンドの水平軸は自動スケールを使って通常通りに作動します。

11-4

電力及び電力量

トレンド

11

利用できるファンクション・キー

:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド画面に表示する行を

メーター画面の中から選択できるようになります。選

択した行は、画面のヘッダーに示されます。

F2

F3

カーソルのオンとオフ。

矢印キーを Cursor または Zoom 操作に割り当てます。

F4

メーター画面に戻ります。

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

から RUN に切り替えると、直ちに測定開始 (NOW) す

るか又は TIMED を選び開始時間と測定時間を定義す

るかを選択します。電力量が表示されている時は、F5

を使って読み値をリセットできます。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の次の時間領域画面が表示されます。

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

オフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるように自動

レンジ設定されています。これは、電圧 (Vnom) 及び電流レンジ (A レンジ ) の公

称値を基にしています。必要に応じて、オフセットやスパンを変更できます。

SETUP キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を経由して調整メ

ニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照して

ください。

11-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

参考

電力モードを使って、変圧器の皮相電力 (kVA) を数時間にわたって記録すること

ができます。トレンドを見て、変圧器が過負荷状態になっている時間があるかど

うかを確認し、他の変圧器に負荷を移す、負荷のタイミングをずらす、または必

要に応じてより大きい負荷に耐えられる変圧器に交換することも可能です。

デバイスで測定した時の力率は、次のように理解することができます。

• PF = 0~1: 供給されたすべての電力が消費されたわけではなく、いくらかの無

効電力が存在します。電流の進み (容量性負荷) または遅れ (誘導負荷) があり

ます。

• PF = 1: 供給されたすべての電力が負荷装置に消費されています。電圧と電流は

同相。

• PF = -1: 負荷装置が電力を発生しています。電圧と電流は同相です。

• PF = -1~0: 負荷装置が電力を発生しています。電流には進みまたは遅れがあり

ます。

負荷に接続していて負の電力または力率の読み値が示される場合は、電流クラン

プの矢印が負荷の方向を指していることを確認してください。

通常、無効電力 (VAR) は、モーター、インダクター、変圧器など、誘導負荷のた

めに発生します。力率改善コンデンサーを設置すると、誘導 VAR を補正できます。

システムで高調波が測定されている場合は、力率改善コンデンサーを設置する前

に、資格のある技術者に確認してください。

11-6

12

フリッカー

はじめに

フリッカーは、供給電力の変動により生じる電球の輝度のゆらぎ を定量化するも

のです。測定に用いるアルゴリズムは、EN61000-4-15 に準拠したもので、人間の

目や脳の感覚知覚モデルに基づいています。本器は、電圧変動の持続時間と大き

さを、60W の電球が起こすフリッカーによる「不快係数」に変換します。フリッ

カーの値が大きい場合には、ほとんどの人が明るさのゆらぎを不快と感じること

を意味します。電圧変動は比較的小さい場合もあります。測定は、120 V / 60 Hz

または 230 V / 60 Hz の電力供給を受けた電球に対し最適化されています。フリッ

カーは、メーター画面に示されたパラメーターにより相ごとに測られています。

トレンド画面は、メーター画面にあるすべての測定値が時間とともに変化する様

子を示します。

注記

フリッカーに切り替えてから測定が始まるまで、安定化のためにおよ

10

秒の時間を要します。この間、

U (

不安定

)

の記号が画面のヘッ

ダーに表示されます。また、タイマーが

-10

秒からカウントを始めま

す。タイマーを使ってフリッカー測定を予約して開始する場合は、安

定化のための時間は必要ありません。

メーター画面

フリッカーのメーター画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

12-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル d e

ENTER

フリッカーは、短期深刻度 Pst (すばやくフィードバックするため 1 分間の測定)、

短期深刻度 Pst (10 分間測定)、長期深刻度 Plt (2 時間測定)により特徴づけられま

す。このデータ及び関連する D パラメーターの Dc、Dmax、TD (EN61000-3-3 準

拠) がメーター画面に示されます。

ポップアップ・メーター画面を開き、測定中に生じた D パラメーターのピーク値を

表示させることもできます。ファンクション・キーの F5 を使って、保持されている

D パラメーターの値をゼロに戻すことができます。

D パラメーターのピーク値を記載するポップアップ・メーター画面を開くには、次

の手順に従います。 f

F2

Pst と Plt は、一定時間にわたるフリッカーを表すパラメーターです。瞬間フリッ

カーは PF5 サブメニュー内にあり、ファンクション・キー F3 を使って表示するこ

とができます。フリッカー PF5 は、高速トレンドプロットとして表示されます。

使用できるファンクション・キー (ポップアップ・メーター画面はオフにしてくだ

さい):

F2

D パラメーターの最大値を表すポップアップ画面を起

動します。

F3

PF5 トレンド画面を開きます。

トレンド画面を開きます。次の説明を参照してください。

F4

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

か ら RUN に 切 り 替 え る と 、 直 ち に 開 始 さ れ る

(NOW)、あるいは TIMED を選ぶメニューになりま

す。開始時間と測定期間を定義できる。

12-2

トレンド

フリッカーのトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 g

F4

フリッカー

トレンド

12

メーター画面のパラメーターは時間とともに更新されていきます。これらのパラ

メーターは、測定が行なわれている間は常にロギングされています。トレンド画

面では、パラメーターの数値が時間とともに変化する様子が表示されます。メー

ター画面の数値はすべてロギングされていますが、それぞれの行のトレンドは一

度に 1 つしか表示されません。ファンクション・キー F1 を押して、矢印キーを列選

択に割り当てます。トレンド画面は、6 つの画面で構成されることもあります。

PF5 は、高速のトレンド・プロットを 1 つの画面に表示します。また、メニューを

押して PF5 を選び、予定測定時間の指定をしたり、測定を直ちに開始するか、あ

るいはタイマーで予約するかを決めることができます。PF5 のトレンド画面で Pst

の期間を示すには、2 本の垂直マーカーを使います。

利用できるファンクション・キー

:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド画面に表示する行を

メーター画面の中から選択できるようになります。選

択した行は、画面のヘッダーに示されます。

F2

カーソルのオン/オフ

F3

矢印キーをカーソルまたはズーム操作に割り当てます。

F4

メーター画面に戻ります。

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

か ら RUN に 切 り 替 え る と 、 直 ち に 開 始 さ れ る

(NOW)、あるいは TIMED を選ぶメニューになりま

す。開始時間と測定期間を定義できる。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の 1 つが表示されます。

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

オフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるように自動レ

ンジ設定されていますが、変更することもできます。D パラメーターの設定も変

更可能です。SETUP キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を使って

調整メニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参

照してください。

12-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

参考

フリッカーの発生源を調べるには、PF5 フリッカーのトレンドや、半サイクル電圧

または電流のトレンドを使います。ファンクション・キー F1 を押して、矢印キーを

フリッカー、または電圧、あるいは電流の各トレンドに割り当て、選びます。

10 分間 Pst では、ランダムな電圧変動の影響を避けるため、より長い測定時間が

使われます。また、家庭用電化製品やヒート・ポンプといった長い作動サイクルを

持つ機器からの影響がある場合に、それを検知するのに十分長い測定時間となっ

ています。

2 時間 (Pst) の測定時間は、変則的な作動サイクルで影響を与える発生源が複数あ

る場合や、溶接機や圧延装置などの機器に対して効果的です。

12-4

13

不平衡

はじめに

不平衡は、電圧と電流の位相関係を示すものです。測定結果は、基本波周波数成

分 (対称成分法を使った 60 Hz または 50 Hz) を基準にしています。三相電力システ

ムでは、電圧間や電流間の位相差は 120

° 近辺です。不平衡モードでは、メーター

画面、関連するトレンド画面、フェーザーを表示することができます。

メーター画面

不平衡のメーター画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d e

ENTER

13-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

メーター画面には、関連する数値がすべて表示されます。これには、負電圧不平

衡パーセント、ゼロシーケンス電圧不平衡パーセント (4 線システム)、負電流不平

衡パーセント、ゼロシーケンス電流不平衡パーセント (4 線システム)、基本波相電

圧、周波数、基本波相電流、A/L1 を基準としてニュートラルと各相電圧の位相角、

各相の電圧と電流間の位相角が含まれます。読み取り値の数は、選んだ配線構成

によって変わります。

利用できるファンクション・キー

:

F3

フェーザー画面を開きます。次の説明を参照してくだ

さい。

F4

トレンド画面を開きます。次の説明を参照してくだ

さい。

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

から RUN に切り替えると、直ちに測定開始 (NOW) す

るか又は TIMED を選び開始時間と測定時間を定義す

るかを選択します。電力量が表示されている時は、F5

を使って読み値をリセットできます。

トレンド

不平衡のトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 f

F4

13-2

メーター画面の数字は、随時更新される瞬間値です。測定されている間は、時間

とともにこれらの値の変化する様子がロギングされます。メーター画面の数値

はすべてロギングされていますが、それぞれの行のトレンドは一度に 1 つしか表

示されません。ファンクション・キー F1 を押して、矢印キーを列選択に割り当て

ます。トレンド画面は 6 つの画面で構成されることもあります。

利用できるファンクション・キー

:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド画面に表示する行を

メーター画面の中から選択できるようになります。選

択した列は、画面のヘッダーに示されます。

F2

F3

F4

カーソルのオン/オフ

矢印キーをカーソルまたはズーム操作に割り当てます。

メーター画面に戻ります。

不平衡

フェーザー

13

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

から RUN に切り替えると、直ちに測定開始 (NOW) す

るか又は TIMED を選び開始時間と測定時間を定義す

るかを選択します。電力量が表示されている時は、F5

を使って読み値をリセットできます。

カーソル: カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッダー

に表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの画面の

内の 1 つが表示されます。

ズーム: ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小し、

詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム及び

カーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

オフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるように事前設

定されていますが、変更することもできます。PHASOR PREFerence も調整可能

です。これは、相の方向またはシーケンス、及び相の角度 (+/-) を示す回転を表し

ます。SETUP キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を使って調整メ

ニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照して

ください。

フェーザー

不平衡のフェーザー画面を開くには、次の手順に従います。 g

F3

電圧及び電流間の位相関係を、30 度ずつに区切ったベクトル図で表示します。基

準相 A (L1) のベクトルは、正の水平軸方向を指します。同様のベクトル図は、ス

コープ・フェーザーでも表示されます。さらに、負の電圧あるいは電流の不平衡

パーセント、ゼロシーケンスの電圧あるいは電流の不平衡パーセント、基本波相

電圧や基本波相電流、周波数、位相角度などの数値が表示されます。ファンク

ション・キー F1 を用いて、すべての相電圧、あるいはすべての相電流、または 1

つの相の電圧と電流の表示を選択することができます。

利用できるファンクション・キー

:

F1

表示される信号の選択:V はすべての電圧、A はすべて

の電流を表示します。 A (L1)、B (L2)、C (L3)、N

(ニュートラル) を使うと、相の電圧と電流を同時に表

示できます。

メーター画面に戻ります。

F3

F4

トレンド画面を開きます。

13-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

から RUN に切り替えると、直ちに測定開始 (NOW) す

るか又は TIMED を選び開始時間と測定時間を定義す

るかを選択します。電力量が表示されている時は、F5

を使って読み値をリセットできます。

参考

メーター画面の電圧と電流は、例えば 三相の誘導電動機に供給される電力が平衡

であるかどうかを検証する場合などにも利用できます。不平衡な電圧はステー

ター巻線の電流を不安定にさせるため、過度の発熱が生じて電動機の寿命が短く

なります。負の電圧成分 Vneg は、2 % を超えてはなりません。また、電流の不平

衡は 10 % の範囲に納まっている必要があります。不平衡が非常に大きい場合には、

他の測定モードを使って電力システムをさらに検証してください。

それぞれの相電圧や相電流は、正のシーケンス、負のシーケンス、ゼロシーケン

スの 3 つの成分に分けることができます。

正シーケンスの成分は、不平衡のない三相システムなどで見られる標準的な成分

です。負シーケンスの成分は、不平衡な相間電流や相間電圧から生じる成分です。

この成分は、たとえば三相モーターにおける「ブレーキ作用」の原因となり、結

果として過熱や寿命の低下に結びつきます。

ゼロシーケンスの成分は、4 線電力システムの不平衡負荷などで見られ、N

(ニュートラル) 線に電流が流れていることを表しています。不平衡率が 2 % を超

えると、不平衡が過度であると判断されます。

13-4

14

トランジェント

はじめに

Fluke 434/435 アナライザーは、さまざまな電源異常発生時に、波形を高分解能で

捕捉することができ、異常発生時瞬間の電圧波形及び電流波形を表示します。こ

れにより、ディップ、スウェル、瞬停、電流スウェル、トランジェントが発生し

た際の波形を見ることができます。

トランジェントとは、電圧 (または電流) 波形における高速のスパイクが乗ること

です。トランジェントは非常に大きなエネルギーを持つことがあるため、電子機

器に影響を及ぼしたり、損傷を与えたりする可能性があります。トランジェント

画面は、スコープ波形画面に似ていますが、電圧スパイクが見えるように、垂直

軸のスケールが拡大され、60Hz または 50Hz の正弦波に重畳されて表示されます。

電圧 (または電流の実効値) が変更可能な制限値を越えるたびに、波形が捕捉され

ます。最大 40 のイベントを捕捉することができます。サンプル・レートは 200kS/s

です。

波形表示

トランジェントの波形画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d

14-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル e

ENTER

f

F3

g

F5

1 つのトリガー・イベントまたは複数のトリガー・イベントの組み合わせ、過渡電圧

(Volt)/電流 (AMP) のトリガー・レベル、即時測定開始またはタイマー予約、をス

タート・メニューで選ぶことができます。

本器は、次のような現象を見つけるたびに波形を捕捉するよう設定することがで

きます。過渡電圧、電圧スウェル、電圧ディップ、電圧瞬停、電流スウェル。

ディップ (サグ) とスウェルは、公称電圧からの急峻な変化を表わします。トラン

ジェント電圧の期間は、5 マイクロ秒以上となります。トランジェントを含むディ

スプレイ・ウィンドウは、ズーム率に基づいて異なり、1 サイクル~200 ms になり

ます。電圧が降下している間をディップと言い、電圧が上昇している間をスウェ

ルと言います。瞬停時には、電圧は公称値のわずか数パーセントの値にまで降下

します。電流スウェルは電流が上昇する現象で、持続時間は 1 サイクルから数秒

程度です。

しきい値やヒステリシスといったトリガー条件の変更は、調整可能です。これら

の条件は電力品質のモニターでも使用します。条件変更は、SETUP キー制限値選

択、ファンクション・キー F3 – EDIT を経由して行えます。PERSISTENCE のオン/

オフ:SETUP (セットアップ)、FUNCTION PREFerence (機能設定)、トランジェント

で調整可能です。変更方法については、第 20 章の「セットアップ」をご覧くだ

さい。

カーソルとズームを使用して捕捉した波形の詳細を調べることができます。

SETUP キーとファンクション・キー F3 - FUNCTION PREFerence から、各種のトリ

ガー・イベントに関わる制限値は変更できます。詳しくは、第 20 章「機能設定」を

参照してください。

14-2

トランジェント

参考

14

利用できるファンクション・キー

:

F1

表示する波形を選択します。V はすべての電圧、A

はすべての電流を表示します。A (L1)、B (L2)、C

(L3)、N (ニュートラル) を使うと、相の電圧と電流を

同時に表示できます。

F2

カーソル操作とズーム操作のサブメニューを表示させ

ます。

F3

F4

F5

すべての捕捉した画面を閲覧するために上下矢印キー

を割り当てます。

相の電圧読み取り (A/L1、B/L2、C/L3、N) または 三

相 Y 結線構成では相から相 (AB、BC、CA) を切り替

えます。

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

か ら RUN に 切 り 替 え る と 、 直 ち に 開 始 さ れ る

(NOW) 、 あ る い は TIMED を 選 ぶ メ ニ ュ ー に な り

ます。開始時間と測定期間を定義できる。

参考

電力配電系にトランジェントのような異常が生じると、さまざまな装置の故障の

原因となることがあります。たとえばコンピューターがリセットされたり、トラ

ンジェントに繰り返しさらされた装置がやがて機能しなくなるといったことが起

こります。イベントは断続的に発生するため、その検知には一定時間システムを

モニターしている必要があります。電源が繰り返し不良になったり、コンピュー

ターが勝手にリセットされてしまうような場合、過渡電圧の有無を調べてくだ

さい。

14-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

14-4

15

突入

はじめに

Fluke 434/435 で突入電流を捕捉することができます。突入電流は、大きな負荷あ

るいは低インピーダンス負荷がかかった場合に発生するサージ電流です。通常、

電流は負荷が通常作動状態になり、しばらくすると安定します。インダクション・

モーターの起動電流の例では、定常状態の作動電流の 10 倍に達することもあり

ます。突入電流モードは、電流イベント (トリガー) が発生した後の電流と電圧の

トレンドを記録する「シングル・ショット」モードです。イベントは、電流波形が

変更可能制限値を越えたときに生じます。ディスプレイは、画面の右側から開始

されます。プリ・トリガー情報からは、突入電流が生じる前に何が起こっていたか

を知ることができます。

突入電流画面

突入電流のトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

d

15-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル e

ENTER

f

F3

開始メニューで矢印キーを使い、トリガー制限値を設定します。トリガー制限値

には、予想される突入電流時間、公称電流、しきい値、ヒステリシスが含まれ

ます。最大電流は、電流表示画面の高さを決定します。しきい値は、トレンドの

捕捉をトリガーする電流レベルです。突入電流時間は、トリガーが生じた時刻か

ら、電流がヒステリシスにより与えられる値にまで下がった時刻までの時間を表

し、トレンド画面上の 2 つの垂直マーカー間の距離で示されます。画面上部には、

突入電流時間内におけるすべての実効値が表示されます。カーソルがオンの場合

は、カーソル位置での測定実効値が表示されます。

THRESHOLD

(=TRIGGER)

DURATION

AMPLITUDE WINDOW

}

HYSTERESIS pretrigger inrush time t 35 s

1

12.3 A

2 12.3 A rms during inrush

3 1.5 A

15-1.

突入電流の特性及び開始メニューとの関係

15-2

参考

突入

15

カーソルとズームを使用すると記録されたトレンドの詳細を調べることができ

ます。表示するチャンネルの選択は、上下矢印キーで行ないます。ファンク

ション・キー F1 を押して、矢印キーをこの操作に割り当てます。

SETUP キーとファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を経由して、各トリ

ガー制限値(予想突入電流時間、最大電流、公称電流、しきい値、ヒステリシス)

やトレンド画面のオフセットあるいはスパンの初期設定値を変更することができ

ます。詳しくは第 20 章「機能設定」を参照してください。

利用できるファンクション・キー

:

F1

上下矢印キーを使って、表示するトレンド・データを

選択します。

F2

F3

カーソルのオン/オフ

矢印キーを カーソルまたはズーム操作に割り当て

ます。

F5

波形更新には HOLD と RUN を切り替えます。HOLD

か ら RUN に 切 り 替 え る と 、 直 ち に 開 始 さ れ る

(NOW) 、 あ る い は TIMED を 選 ぶ メ ニ ュ ー に な り

ます。開始時間と測定期間を定義できる。

参考

ピーク電流値とその持続時間を確認してください。瞬時値を読むにはカーソルを

使用します。突入電流が流れている間、電力配電系のヒューズ、回路遮断機、導

線がその突入電流に耐えられるかどうかを調べます。また、相電圧が十分安定か

どうかも確認してください。

電流のピーク値が高い場合、回路遮断機が突然切れる原因になることがあります。

突入電流を測定することで、遮断レベル設定に役立ちます。本器は突入電流と電

圧のトレンドを同時に捕捉するので、その測定を利用して、大きな負荷がかかっ

た場合の電圧の安定度を調べることができます。

15-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

15-4

16

メイン電源シグナリング

はじめに

メイン電源シグナリングは、Fluke 435 で利用できる機能です。Fluke 434 では、

オプションとして利用可能です。配電システムでは、機器のオンとオフを遠隔か

ら切り替える制御信号が使用される場合があります (リップル・コントロールと

も呼ばれます)。このような制御信号は、通常の 50 または 60 Hz ライン周波数よ

りも高い周波数を持ち、そのレンジはおよそ 3 kHz にまで達します。振幅は、公

称ライン電圧の振幅より著しく低くなります。制御信号は、遠隔機器を制御する

必要がある瞬間にのみ存在します。

メイン電源シグナリング・モードでは、435 が 2 つの異なる周波数を持つ制御信

号の発生 (信号レベル) を捕捉できます。周波数のレンジは、60 Hz システムで

70.0~3000.0 Hz、50 Hz システムで 60.0~2500.0 Hz です。メイン電源シグナリン

グ機能は、開始メニューから開き、両周波数とそれぞれの最小トリガー電圧及び

しきい値 (ヒステリシス) を選択します。トリガー電圧としきい値は、公称ライ

ン電圧の割合として調整できます。シグナリングの時間は調整可能で、トレンド

表示に「マーカー」で示されます。マーカーを見ると、シグナリングの期間を視

覚的にチェックできます。また、測定期間、即時測定開始またはタイマー予約を

選択することも可能です。

測定結果は、トレンド画面とイベント表に表示されます。

トレンド

メイン電源シグナリングのトレンド画面を開くには、次の手順に従います。 c

MENU

16-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル d e

ENTER

f

F3

g

F5

測定データは右側から蓄積されていきます。画面ヘッダーには、右側にプロット

された最新の数値に対応する読み取り値が表示されます。上下の矢印キーを使っ

て、公称ライン電圧の割合または 3 秒間の平均電圧 (V3) として読み取り値を選

択できます。

ニュートラルの導線はメイン電源シグナリングでは使用されませんが、トラブル

シューティングの目的で表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、トレンドとその読み取り値の

セットを選択します。

F2

F3

カーソルのオン/オフ

矢印キーをカーソルまたはズーム操作に割り当て

ます。

F4

イベント表を表示します。

16-2

メイン電源シグナリング

イベント表

16

F5

画面更新の HOLD と RUN を切り替えます。HOLD か

ら RUN に切り替えると、即時測定開始またはタイマ

ー予約、さらに測定期間を選択するメニューが表示さ

れます。

カーソル:カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッ

ダーに表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、6 つの

画面の内の 1 つが表示されます。

ズーム:ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小

し、詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。ズーム

及びカーソルは、矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明し

ます。

トレンドのオフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られるよ

うに自動レンジ設定されていますが、必要に応じて調整も可能です。SETUP

キー及びファンクション・キー F3 - FUNCTION PREF を使って調整メニューを開

きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照してくだ

さい。

イベント表

メイン電源シグナリングのイベント表を開くには、次の手順に従います。 f

F4

イベント表は、Normal (標準) モードで測定中に発生したイベント (制限値を越え

る V3) を表示します。各イベントの日付、時間、種類 (相、信号 1 または信号 2)、

レベル、期間が表示されます。Detail (詳細) モードでは、しきい値の超過点で追

加情報が表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F3

Normal (標準) 表示と Detailed (詳細) 表示を切り替えま

す。

F4

F5

次の上位メニューに戻ります。

トレンド画面を開きます。トレンド画面を表示する 2

つの方法について参照。

16-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

トレンド画面を表示する 2 つの方法:

1. 上下矢印キーを使って表内のイベントを反転表示にします。ENTER キーを押

すとトレンド画面が現れます。カーソルはオンとなり、画面中央で選んだイベン

トの上に置かれています。

2. ファンクション・キー F5 を押すと、最新の測定値を表示しているトレンド画面

を見ることができます。カーソルとズームは、必要であれば後でオンに切り替え

ることができます。

参考

制御信号を捕捉するには、その周波数を事前に知っておくことが必要です。作業

を行う地域でメイン電源シグナリングに使用されている周波数の情報については、

各地域の電力会社のウェブサイトをご覧ください。

EN 50160 には、許容範囲内の 3 秒間の平均電圧 V3 に対応する「Meister_Kurve

(マイスター曲線)」が周波数関数として示されています。制限値は、必要に応じ

てプログラムできます。

10

1

0,1 1 10

Frequency in kHz

100

16-1. EN50160

に従った

Meister Kurve (

マイスター曲線

)

16-4

17

ロガー

はじめに

ロギング機能は、Fluke 435 で利用できる機能です。Fluke 434 では、オプション

として利用可能です。ロギング機能を使うと、高分解能で複数の読み取り値を保

存できます。読み取り値は、調整可能なインターバルで表示されます。次の測定

が開始される前にインターバルの終わりにその間の測定値の最小値、最大値、平

均値が長期メモリーに保存され、次のインターバル(測定期間)が開始します。

この処理は、ロギング中は継続されます。

本器では、ロギング機能を使用するにあたり設定が事前に定義されていますが、

ユーザーが定義したい設定にカスタマイズすることもできます。

ロギング機能は、メイン・メニューから開始します。開始メニューから始まり、

平均時間 (0.5 秒~2 時間)、ロギングする読み取り値、ロギング期間 (1 時間~最

大)、ロギングの即時開始またはタイマー予約を選択できます。

読み取り値は、トレンド画面、メーター画面、イベント表に表示されます。

開始メニュー

Logger Start (記録の開始) メニューを開くには、次の手順に従います。 c

MENU

17-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル d e

ENTER

ロ ギ ン グ す る 読 み 取 り 値 の セ ッ ト は 、 フ ァ ン ク シ ョ ン ・ キ ー F1 ~ SETUP

READINGS (読み取り値の設定) のメニューで選択できます。上下矢印キーを

使って、事前に設定されている読み取り値の 5 セット (初期設定 1~5) 及び

ユーザーが設定できる読み取り値 2 セット (ユーザー 1、2) を選択できます。表

17-1 に、 初期設定 1~5 で利用可能な読み取り値設定の概要を示します。また、

ロギング機能でロギングできる測定値も示されています。

準備ができたら、F5 – OK を押します。次のメニューに、読み取り値を変更する

オプションが表示されます。これは、次に説明します。読み取り値を変更しない

場合は、ファンクション・キー F5 – OK を押して、START (開始) メニューに戻

ります。

図 17-1 に示すように、Change Selections (選択の変更) メニューには 3 つの列が

あり、ロギングされる読み取り値のセットを変更するのに使用します。

17-2

17-1.

選択の変更メニュー

メニュー内を移動するには矢印キーを用います。「Selected」(選択済み) 列には、

ロギングに使用される読み取り値が示されます。

「Category」(カテゴリー) 列では、メインの選択 (電圧など) を行います。この選

択により、読み取り値の数が「Reading」(読み取り値) 列に表示されます

(Vfund = 基本電圧など)。すでに選択されている読み取り値は、前に示されます。

矢印キーを使って、任意の読み取り値を反転表示にします。

ファンクション・キー F3 – ADD (追加) を使うと、反転表示にした読み取り値を

記録に使用する「Selected」(選択済み) 列に追加できます。図 17-2 に、矢印キー

ロガー

開始メニュー

17

を使って選択した Vfund の例を示します。図 17-3 には、Vfund が「Selected」(選

択済み) 列に追加され、記録で利用できるようになった例が示されています。

17-2.Vfund

が選択された例

17-3.Vfund

が記録に利用できるようになった例

選択した読み取り値の削除: 矢印キーを使って、「Selected」(選択済み) 列から削

除する読み取り値を反転表示にします。ファンクション・キー F4 – REMOVE (削

除) を押して、読み取り値を削除します。

「Selected」(選択済み) 列で読み取り値を反転表示にし、ファンクション・キー

F3 – MOVE (移動) を押して、上に移動することもできます。これにより、この

読み取り値は測定データとともに、トレンド及びメーター画面で 1 つ上のレベ

ルに表示されます。

ロギングする読み取り値の選択が終わったら、ファンクション・キー F5 - OK を

押して、ロギングを開始できます。この設定は、次回以降使用するために保存し

ておくことができます。設定を保存するには、メニューを使って、矢印キーで設

定の名前を定義します。

ファンクション・キー F2 – CHANGE NAME (名前の変更) のメニューで矢印キー

を使うと、ロギング設定テンプレートの名前を変更できます。

ファンクション・キー F2 – MEMORY CLEAR (メモリーの消去) の確定メニューで、

ロギング・データのメモリーを消去できます。

ファンクション・キー F5 – START (開始) を押して記録を開始します。

17-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

デフォルト

1

電圧

17-1.

デフォルト

(

初期設定

) 1

で利用できる読み取り値の概要

5

デフォルト

2

デフォルト

3

デフォルト

4

電圧及び電流 電圧、電流、

パワー

電圧、電流、

パワー、高調波

デフォルト

5

読み取り値の

モニター

V rms V rms V rms V rms V rms

V pk V pk V pk V pk A rms

CF

電圧

CF

電圧

CF

電圧

CF

電圧

THD

V ½

サイクル

V V V H1

周波数

A rms A rms A rms Plt

V ½

サイクル

A pk A pk A pk

CF

電流

CF

電流

CF

電流 サイクル

周波数 電力

サイクル サイクル 不平衡

電力

V3s

信号

1

VA

信号

2

VAR 10 s

周波数

V H1 ...H25

K

ファクター

A

K

ファクター

W

THD V

THD A

THD W

Plt

Pst

17-4

開始メニューで利用できるファンクション・キー:

F1

Readings Select (読み取り値の選択) メニューを開き

ます。

F2

メニューを開き、ロギング・データを保存したファイ

ルの名前を定義します。

F3

F5

メニューを開き、データ・ロギング用に予約されてい

るメモリーを消去します。

記録を開始し、Logging Trend (ロギング・トレンド) 画

面を開きます。

トレンド

ロギング・トレンド画面を開くには、次の手順に従います。 f

F5

ロガー

トレンド

17

ロギング中は、すべての読み取り値がロギングされますが、一度にすべて表示

されるわけではありません。ファンクション・キー F1 を押すと、上下矢印キーを

使って、別の読み取り値セットを選択できます。

測定データは右側から蓄積されていきます。画面ヘッダーには、右側にプロッ

トされた最新の数値に対応する読み取り値が表示されます。

利用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、トレンド表示で記録するセッ

トを選択します。選択したセットは、画面のヘッダー

に表示されます。

F2

F3

カーソルとズーム操作のサブメニューを開きます。

記録したすべての読み取り値の瞬間測定結果を示す

メーター画面を開きます。

F4

イベント表を表示します。

F5

ロギング停止メニューを開きます。または、利用可能

なメモリー・スペースをチェックして、続行します。

17-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

カーソル:カーソルがオンの場合は、カーソルにあるトレンド値が画面のヘッ

ダーに表示されます。カーソルを画面の左端または右端に移動させると、画面の

内の 1 つが表示されます。カーソルは、「Hold」(ホールド) モードでのみ利用で

きます。

ズーム:ズームを使うと、ディスプレイを水平方向や垂直方向に拡張または縮小

し、詳細を見る、または画面領域内にグラフ全体を表示したりできます。垂直

ズームが表示エリアの 1 つのトレースに拡張されている場合は、トレンドの最

小値、最大値、平均値が画面のヘッダーに表示されます。ズーム及びカーソルは、

矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

トレンドのオフセット及びスパンは、ほとんどの場合に良好な表示を得られる

ように自動レンジ設定されていますが、必要に応じて調整も可能です。SETUP

キ ー 及 び フ ァ ン ク シ ョ ン ・ キ ー F3 - FUNCTION PREF を 使 っ て 調 整 メ

ニューを開きます。詳しくは、第 20 章の「FUNCTION PREFerences」を参照し

てください。

メーター画面

記録メーター画面を開くには、次の手順に従います。 g

F3

この画面には、ロギング機能の現在の読み取り値がすべて表示されます。上下

矢印キーを使って、メーター画面をスクロールします。

利用できるファンクション・キー:

F1

上下矢印キーを使って、メーター画面をスクロールし

ます。

F3

F4

F5

トレンド画面に戻ります。

イベント表を表示します。

ロギング停止メニューを開きます。または、利用可能

なメモリー スペースをチェックして、続行します。

17-6

イベント

ロギング・イベント表画面を開くには、次の手順に従います。 h

F3

イベント表には、相電圧がしきい値を通過した場合がすべてリストされていま

す。国際規格に基づいたしきい値またはユーザーが定義したしきい値を使用する

ことができます。しきい値の設定は SETUP キーと制限から実行することができ

ます。詳しくは第 20 章「制限の調整」をご覧ください。

標準モードでは、主なイベントの特徴として、開始時刻、持続時間、電圧振幅

が一覧表示されます。詳細モードでは、相ごとに、しきい値を超えたイベントの

詳細が表示されます。

表では次の略語や記号が使用されています。

CHG

DIP

INT

SWL

略 説明 記号 説明

急瞬電圧変化

電圧ディップ

電圧瞬停

電圧エッジの上昇

電圧エッジの降下

上向きの変化

電圧スウェル 下向きの変化

利用できるファンクション・キー:

F3

イベント表の NORMAL (標準) 表示と DETAILED (詳

細) 表示を切り替えます。

F4

F5

メーター画面に戻ります。

トレンド画面に戻ります。

ロガー

イベント

17

17-7

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

17-8

18

電源品質のモニター

はじめに

電力品質のモニターまたはシステムのモニターでは、バー・グラフ画面が表示され

ます。この画面により、重要な電力品質パラメーターが要件を満たしているかど

うかがわかります。電力品質パラメーターには次のものがあります。

1. 実効値電圧

2. 高調波

3. フリッカー

4. ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェル (DIRS)

5. 不平衡/周波数イベント/メイン電源シグナリング

図 18-1 は、バー・グラフ画面とプロパティーを示しています。

18-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

18-2

18-1.

電源品質モニターの主画面

関連するパラメーターが公称値より離れると、バーが長くなります。許容範囲を

超えると、バーの色が緑から赤に変わります。

左右の矢印キーを使用してカーソルを特定のバーの上に置くと、そのバーに関連

する測定データが画面上部に表示されます。

通常、電力品質のモニターは長時間にわたる観察の中で行われます。この機能は、

MONITOR キー及びスタートメニューで呼び出すことができ、測定をすぐに開始

するかタイマー予約して開始するかを決めることができます。最短測定時間は 2

時間です。通常の測定時間は 1 週間です。

電力品質パラメーターの実効値電圧、高周波、フリッカーに対し、相ごとにバー

が表示されます。これら 3 つのバーは、左から右の順に A (L1)、B (L2)、C (L3) の

各相に対応しています。

ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェル及び不平衡/周波数の各パラメーターは、

各々に 1 つのバーが割り当てられ、3 つの相の状態を表示します。

メイン電源シグナリングでは、三相及び周波数 1 と 2 のパフォーマンスを表す 1

つのバーがメイン画面に表示されます。ファンクション・キー F5 のサブメニューで

は、相及び周波数 1 と 2 にそれぞれ別のバーが表示できます。

ほとんどのバー・グラフは下が幅広くなっており、時間に関連した調整可能な制限

(例えば、95 % の時間は制限値の範囲内など) を表しています。また幅の狭い方は

100 % 制限を表しています。これらの制限のいずれかを越えると、越えた方の

バーの色が緑から赤に変わります。画面上の水平方向の点線は、100 % 制限値と変

更可能制限値を表しています。

幅の広い下側と幅の狭い上側が組み合わさった形をしたバー・グラフは、次のこと

を意味します。実効値電圧を例に取って説明します。実効値電圧として、120 V の

公称値と ±15 % の許容 (102 V から 138 V の許容範囲) が与えられているとします。

瞬時実効値電圧は、本器により常時モニターされています。その測定値から、10

分間の測定時間毎の平均値が計算されます。

100 % 制限とは、10 分間毎の平均がつねに (すなわち 100 % の時間あるいは

100 % の確率) 許容範囲内にあることを意味します。バー・グラフは、10 分間平均

が許容範囲を超えた時点で赤色に変わります。また、95 % の (すなわち 95 % の確

率) 変更可能制限値とは、10 分間平均の 95 % のものが許容範囲に入っていなけれ

電源品質のモニター

はじめに

18

ばならないということを意味します。この 95 % 制限は、100 % 制限に比べると条

件が緩和されることになります。したがって、それに関わる許容範囲は、通常よ

り狭い範囲になっています。例えば、120 V の場合、±10 % 許容範囲は 108 V か

ら 132 V になります。

ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェルのバーは、幅が狭く、測定時間内に発生した

制限値超過の回数を表しています。許容回数は変更可能です (週に 20 回のディッ

プなど)。設定した制限を超えた場合は、バーが赤色になります。

事前定義された各制限値セットとして使うかまたは独自の定義として使用できま

す。事前定義の制限セット例は、EN50160 規格に従っています。最大 6 つのセッ

トを選ぶことができます。工場出荷時に設定されているセットが 2 つ、FlukeView

SW43W ソフトウェアを使って管理者だけが定義できるセットが 2 つ、本器上で設

定可能なセットが 2 つです。制限の選択と定義は、SETUP キーと制限の選択、そ

してファンクション・キー F3 – EDIT から行なうことができます。

18-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

次の表は、電力品質のモニターの特徴を示しています。

V rms

パラメーター

高調波

フリッカー

ディップ/瞬停/急瞬電圧

変化/スウェル

不平衡

周波数測定機能

4

。各パラメーターにつ

1

つで、それぞれ

三相すべてをカバー。

1

、三相すべてをカ

バー。

1

、三相すべてをカ

バー。基準電圧入力

A/L1

で測定。

メイン電源シグナリング

利用可能なバー・グラフ

3

、各相に

1

つずつ。

3

3

、各相に

、各相に

1

1

つずつ。

つずつ。

制限

確率

100 %

:上限と下限

確率

x %

:上限と下限

10

分間

確率

100 %

:上限

確率

x %

:上限

10

分間

確率

100 %

:上限

確率

x %

:上限

1

週間内に発生するイベ

ントの許容回数

平均を行う時間

2

時間

半サイクル実効値に

基づく

6

、各相につき

波数

1

2

1

つ、周

確率

100

%:上限

確率

x %

:上限

*

確率

100

%:上限と下

確率

x %

上限と下限

*

確率

100 %

上限

:

該当なし

確率

x %:

上限

:

調整可能

10

10

分間

秒間

3

秒間。真の実効値

電力品質モニターの主画面

電力品質モニターの主画面を開くには、次の手順に従います。 c

MONITOR

d

F5

電源品質のモニターは、MONITOR キーを使って開き、即座に開始するか、ある

いは時間を指定して開始できます。左右矢印キーを使って、特定のバー・グラフ上

にカーソルを置くと、そのバーに関わる測定データが画面上部に表示されます。

詳しい測定データは、ファンクション・キーを使って見ることができます。

18-4

電源品質のモニター

イベント表

18

F1

F2

F3

F4

真の実効値電圧

高調波

:

フリッカー

:

:

イベント表、トレンド。

イベント表、トレンド。

バー・グラフ、イベント表、トレンド。

ディップ、瞬停、急瞬な電圧変化、スウェル

:

イベン

ト表、トレンド。

F5

不平衡、周波数イベント、メイン電源シグナリング:

イベント表、トレンド、メイン電源シグナリング周波

数/相ごとのバー・グラフ。

ファンクション・キーで得られる測定データについては、次の節で説明します。測

定データの表示には、イベント表、トレンド画面、バー・グラフ画面の形式が使用

されます。

イベント表

18-2.

イベント表

イベント表は、測定中に発生したイベントを、開始日時、相、持続時間とともに

表示します。表に含まれる情報の量は、ファンクション・キーの F2 と F3 で選択す

ることができます。

• Selected (選択) は、選んだイベントを表にします。選べるイベントは、実効値

電圧、高調波、フリッカー、ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェル、不平衡/周

波数のみです。All (すべて) は、すべてのイベントを表にまとめます。この表

によりイベントの原因と影響を調べることができます。

• Normal (標準) では、主なイベントの特徴として開始日時、持続時間、イベン

トの種類、大きさが示されます。Detail (詳細) では、各相に対ししきい値を超

えたイベントの情報が提供されます。

18-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

CHG

DIP

INT

SWL

Hx

以下の略語や記号が表で使用されます。

略 説明

急瞬電圧変化

記号 意味

上回った

電圧ディップ

下回った

電圧瞬停

電圧スウェル

上回った

x%

制限の下限値を

下回った

不平衡イベント 制限を超えた高調波の

上向きの変化

利用できるファンクション・キー

:

F2

下向きの変化

選択したイベントか全イベントを切り替えます。

F3

イベント表。Normal (標準) 表示と Detailed (詳細) 表示

を切り替えます。

F4

トレンド画面を開きます。トレンド画面を表示する 2

つの方法について参照。

F5

次の上位メニューに戻ります。

トレンド画面を表示する 2 つの方法:

1. 上下矢印キーを使って表内のイベントを強調表示にします。ENTER キーを押

すとトレンド画面が現れます。カーソルはオンとなり、画面中央で選んだイベ

ントの上に置かれています。ズームは 4 に設定されています。

2. ファンクション・キー F4 を押すと、最新の測定値を表示しているトレンド画面

を見ることができます。カーソルとズームは、必要であればあとでオンに切り

替えることができます。

各測定の特徴:

• Vrms イベント: 10 分間のデータ集計で得た実効値が制限を超えるたびにイベン

トが記録されます。

• 高調波イベント: 10 分間のデータ集計で得た高調波または THD が制限を超え

るたびにイベントが記録されます。

• フリッカー・イベント: Plt (長期深刻度) が制限を超えるたびにイベントが記録さ

れます。

18-6

電源品質のモニター

トレンド画面

18

• ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェル・イベント: これらの 1 つが制限を超える

たびにイベントが記録されます。

• 不平衡/周波数イベント: 10 分間のデータ集計で得た実効値が制限を越えるたび

にイベントが記録されます。

トレンド画面

18-3.

トレンド画面

トレンド画面は、測定値が時間とともに変化する様子を示します。ズームとカー

ソルを使ってトレンドの詳細を調べることができます。ズーム及びカーソルは、

矢印キーを使って操作します。詳しくは、第 19 章で説明します。

利用できるファンクション・キー

:

F1

上下矢印キーを使って、表示する各トレンドを選択し

ます。選択したセットは、画面のヘッダーに示されま

す。

カーソルのオン/オフ

F2

F3

F5

矢印キーをカーソルまたはズーム操作に割り当てます。

イベント表に戻ります。

バー・グラフ画面

18-4.

バー・グラフ画面

メイン・システムのモニター画面には、3 つの相のそれぞれの最大高調波が表示さ

れます。ファンクション・キー F2 を押すとバーグラフの画面が現れ、25 の高調波

と全高調波歪み (THD) に関して各相が制限範囲内に納まっている時間の割合が表

示されます。それぞれのバー・グラフは、下が幅広く (例えば 95 % といった変更可

能制限を表す)、上が細く (100 % 制限を表す) なっています。その高調波の制限を

超えると、バー・グラフの色が緑から赤に変わります。

18-7

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

カーソル: 左右の矢印キーを使ってカーソルを特定のバー・グラフの上に置くと、そ

のバーに関係する測定データが画面上部に表示されます。

利用できるファンクション・キー

:

F1

A (L1)、B (L2)、C (L3) の各相に対応するバー・グラフ

を選択します。

F2

F4

F5

イベント表を開きます。

トレンド画面を開きます。

メイン・メニューに戻ります。

18-8

19

カーソルとズーム

はじめに

この章では、カーソルとズームを使って波形画面、トレンド画面、バー・グラフ画

面の詳細を調べる方法を説明します。カーソルとズームは、相互に関連があり、

どちらも矢印キーを用いて操作します。

カーソルは垂直の線で表され、波形、トレンドもしくはバー・グラフ上の 1 点に置

くことができます。その点の測定値が画面上部に表示されます。

ズームを使うと、グラフを見やすくするために拡大することができます。水平方

向のズームは、波形とトレンドで使用することができます。

波形画面のカーソル

例としてスコープ波形画面を取り上げます。過渡電圧/電流画面のカーソルとズー

ムも同じように機能します。

図 19.1 は、カーソルとズームがオフ状態のスコープ波形画面を表しています。画

面ヘッダーには、表示されている波形の実効値が示されています。

19-1.

波形画面、カーソル・オフ

19-2.

波形画面、カーソル・オン

19-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

19-3.

波形画面、カーソルとズーム・オン

ファンクション・キー F2 を押すと、カーソルとズームを制御するキーが使用できる

ようになります。

• F3 を押すとカーソルがオンになります。カーソルを波形に沿って水平方向に

移動するには、左右矢印キーを使用します。図 19.2 に示されているように、

カーソル位置の波形の値が画面ヘッダーに表示されます。

• 図 19.3 に示されているように、F4 を押すとズーム操作に矢印キーが割り当て

られます。左右矢印キーを使って波形を水平方向に拡大または縮小できるよう

になります。上下矢印キーは、垂直方向の拡大または縮小を行ないます。カー

ソルがオンの場合、水平ズームはカーソルを中心として対称に拡大または縮小

します。カーソルがオフの場合は、水平ズームは画面中央を中心に拡大または

縮小します。垂直ズームは画面中央を中心に実行されます。

• F4 を再び押すと、矢印キーをカーソル操作に割り当てることができます。

• F2 を押すと前のメニューに戻ります。

トレンド画面のカーソル

例としてボルト/アンペア/ヘルツのトレンド画面を取り上げます。その他のトレン

ド画面のカーソルとズームも、同じように機能します。

図 19.4 は、カーソルとズームがオフ状態のトレンド画面を表しています。画面

ヘッダーには、画面右側にあるトレンドの実効値が表示されています。画面右側

は最新の測定値が表示される位置です。

19-4.

トレンド画面、カーソル・オフ

19-5.

トレンド画面、カーソル・オン

19-2

カーソルとズーム

イベント表からカーソル・オンのトレンド画面へ

19

19-6.

トレンド画面、カーソルとズーム・オン

ファンクション・キー F1、F2、F3 及び矢印キーを使ってカーソルとズームを操作

します。

• F2 を押してカーソルをオンにします。カーソルをトレンドに沿って水平方向

に移動させるには、左右矢印キーを使います。図 19.5 に示されているように、

カーソル位置のトレンドの値が画面上部に表示されます。このとき画面の更新

が停止することに注意してください (ただしデータの記録は継続されています)。

トレンドでは最大 6 つの画面を記録できますが、1 度に表示できるのは 1 画面

のみです。カーソルを画面の左右端に置くと、隣接する画面が表示領域に現れ

ます。

• F3 を押すと矢印キーがズーム操作に割り当てられます。図 19.6 に示されてい

るように、左右矢印キーを使って水平方向にトレンドを拡大または縮小するこ

とができます。上下矢印キーは垂直方向の拡大または縮小を行ないます。カー

ソルがオンの場合、水平ズームはカーソルを中心として対称に実行され、オフ

の場合は画面の右端から拡大または縮小を行ないます。垂直ズームは画面中央

を中心に拡大または縮小します。

• F1 を押すと、表示するトレンドデータの選択に矢印キーが割り当てられます。

• F3 を再び押すと、矢印キーをカーソル操作に割り当てることができます。

イベント表からカーソル・オンのトレンド画面へ

イベント表の中では、上下矢印キーを使って特定のイベントを強調表示させること

ができます。次に ENTER キーを押します。するとトレンド画面が現れ、オンに

なったカーソルが強調表示されたイベントの上に置かれます。この手順を次に示し

ます。

次の表では、ディップ及びスウェル・モードのイベント表から、カーソルをオンに

したトレンド画面に移動する例を示しています。 c

矢印キーを使って、調べたいイベントを強調

表示にします。

19-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル d

F5

ENTER を押すとトレンド画面が現れ、オン

になったカーソルが表内で反転表示されたイ

ベントの上に置かれています。

バー・グラフ画面のカーソル

図 19.7 に示されているように、例として 三相電圧高調波画面を取り上げます。そ

の他のバー・グラフ画面に対するカーソルとズームも同じように機能します。

19-7.

バー・グラフのカーソル

バー・グラフ画面では、カーソルはつねにオンになっています。カーソルとズーム

は矢印キーを使って操作します。

• 左右矢印キーを使ってカーソルを特定のバーに置きます。そのバーに関係する

測定データが画面上部に表示されます。場合によっては、1 画面に表示できる

より多くのバーが存在していることがあります。図では、例として 51 の高調

波のうち 17 の高調波を表示しています。カーソルを画面の左右端に置くと、

隣接する画面が表示領域に現れます。

• 上下矢印キーを使うとバー・グラフを垂直方向に拡大または縮小することがで

きます。

19-4

20

アナライザーのセットアップ

はじめに

SETUP キーを使って、本器の設定を表示及び変更するメニューを開きます。本器

の出荷時には、地域の状況と付属アクセサリーに一致するよう設定が調整されて

います。次の表に、概要を示します。

設定 事前設定値

公称電圧 または

230 V

公称周波数 または

50 Hz

変位パワー・ファクター

DPF

または

Cos

φ

相識別

A

B

C

または

L1

L2

L3

相の色

A/L1-B/L2-C/L3-N-Ground Black-Red-Blue-Gray-Green

または

Black-Red-Gray-Blue-Green/Yellow

または

Red-Yellow-Blue-Black-Green/Yellow

または

Black-Black-Black-Blue-Green/Yellow

(

黒、赤、青、グレー、緑、または

黒、赤、グレー、青、緑

/

黄色、または

赤、黄色、青、黒、緑

/

黄色、または

黒、黒、黒、青、緑

/

黄色

)

日付表示形式

Day/Month/Year

(

/

/

)

となります。

必要に応じて、表にある設定をユーザーが変更することができます。

また、トレンド及び波形表示のオフセットやスパンなどの他の設定は、工場出荷

時の初期設定値に設定されています。初期設定の状態でも、一般的な測定に対応

できるよう設定されているので、すぐにご使用いただけます。

電源投入時に、起動画面が表示され、現在使用している設定が示されます。シス

テム・クロックの日付と時間が正しいことを確認してください。また、配線構成に

ついても電力系統の構成に一致しているか確認してください。配線構成は、ファ

クション・キー F1 で表示できます。

20-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

必要に応じて、日付、時間、構成を調整します。調整方法は、「一般的な設定」

を参照してください。下図に、起動画面を示します。

20-2

20-1.

電源投入時の起動画面

設定は、4 つの基本的な部分にグループ化されており、マニュアルでは、次のセク

ションとしてそれぞれ説明します。

一般的な設定

: 日付、時間、GPS 時間の同期、配線構成、公称電圧、公称周波

数、電流及び電圧のプローブ・タイプ、表示言語、インストールされているオ

プションの検出情報が含まれます。

FUNCTION PREFerences (

機能設定

):トレンド及び波形表示のオフセットとスパ

ン調整、高調波メーター画面の内容と高調波の設定、パワー設定、フリッカー

D パラメーター設定、突入電流、トランジェント設定が含まれます。これらの

メニューでファンクション・キー F4 を使うと、工場出荷時の設定にリセットで

きます。初期設定を使うと、良好な表示が得られるはずです。

USER PREFerences (

ユーザー設定

): 相識別及び色の調整、プリンター及び RS-

232 の設定、自動電源オフ、ユーザー名の定義 (入力画面に表示)、画面のコン

トラストが含まれます。多くのメニューには、工場出荷時の初期設定にリセッ

トするファンクション・キーがあります。

制限設定

: 電力品質モニターの制限を保存、呼び出し、定義します。

下の図に、SETUP キーで開いたセットアップの開始メニューを示します。

セットアップ・メニューの開始: c

SETUP

メニューのナビゲーションと選択:

調整する項目を選択します。

ENTER

押して、選択した設定メニューを開きます。

設定メニューで、項目を選択 (上下) 及び調整 (左右)

します。

F5

選択を確認し、前のメニューに戻ります。

一般的な設定

一般的な設定メニューを開くには、次の手順に従います。

1.

アナライザーのセットアップ

一般的な設定

20

2.

3.

F4

7

8

5

6

3

4

1

2

4.

ENTER

F1 F2 F3 F4 F5

9 10 11 12 13

実際の設定は、SETUP の開始画面に表示されます。前述のキー操作を使って、項

目を変更します。

調整方法については、次の表を参照してください。

User (ユーザー名/アドレス):「ユーザー設定」を参照。

1

2

3

4

Date、Time: F3 を使って、日付または時間の調整を選択します。

矢印キーを使って、日付とその表示形式、時間を調整します。

表示形式は、MM/DD/YY (月/日/年) または DD/MM/YY (日/月/年)

です。GPS 受信機が接続されている場合は、F2 で GPS をオンに

します。日付と時間は自動的に同期されます。タイム・ゾーンと

夏時間調整のオン/オフも設定できます。F1 を押して、受信品質

を示す GPS テスト・メニューを開きます。ファンクション・キー

F5 – OK を押して、選択を確認し、前のメニューに戻ります。

Config: 10 種類の配線構成から選択します。F1、F2、F3、矢印

キーを使って選択を終えます。次に、ファンクション・キー F5 –

OK を押して、選択を確定し、本器と電力システムの接続方法を

示す画面を表示します。準備ができたらファクション・キー F5 を

押し、SETUP の開始画面に戻ります。

5 Vnom: 公称電圧を設定します。矢印キーを使って、100 V、120

V、230 V、400 V または任意の値を選択します。ファンクショ

ン・キー F5 – OK を押して確定します。

20-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

6 Freq: 公称周波数を設定します。上下矢印キーを使って、60 また

は 50 Hz を選択します。ファンクション・キー F5 – OK を押して

確定します。

Limits:「制限の設定」を参照。 7

8

9

10

Clamp、A range、V scale:本器を電流クランプ及び電圧リードの特

性に対して設定します。本器に付属しているアクセサリーでは、

初期設定が有効となります。付属の電圧リードは、1:1 のタイプ

で、減衰リードまたは変圧器を使用する場合は、電圧スケールを

該 当 す る ス ケ ー ル に 適 応 さ せ る 必 要 が あ り ま す

(10 倍の減衰には 10:1 など)。電流クランプと電源変圧器を使用し

ている場合は、同様に電流スケールを調整できます。矢印キー

を使って、電圧及び電流の読み取り値を任意の変換率にカスタ

マイズできます。相とニュートラルでは、別の選択表がありま

す。ファンクション・キー F3 を使って選択します。

F1 – LANGUAGE: 上下矢印キーを使って、使用する表示言語を選

択します。ファンクション・キー F5 – OK を押して確定します。

F2 – VERSION & CAL: モデル番号、シリアル番号、校正番号、

校正日、インストールされているオプションの情報を示す、読

み取り専用のメニューを開きます。F1 下のサブメニューは、オ

プションを使用開始にするために使用されます。この方法につ

いては、第 22 章「ヒント及び保守」で説明します。

F3 – FUNCTION PREF.:「機能設定」を参照。 11

12

13

F4 – USER PREF.:「ユーザー設定」を参照。

F5 – BACK: 最後にアクティブであった測定モードに戻ります。

20-4

アナライザーのセットアップ

一般的な設定

20

次の表に、配線構成を 非接地三相 Y 結線に変更する方法を手順ごとに示します。 c

SETUP

d

ENTER

アクティブな構成は、Config に表示されます。

Config が強調表示になっており、ENTER キー

を押して、この項目を調整できることが示され

ます。属している構成記号が、画面の右側に表

示されます。 e

F2

画面には、4 つの配線構成が示されており、非接地

三相 Y 結線が含まれていません。F2 を押して、次

の画面に移動し、さらに 4 つの構成を表示します。 f

2 つ目の画面に非接地三相 Y 結線が示されます。

矢印キーを使って、非接地三相 Y 結線を強調表

示にします。F5 押して、選択を確定します。

20-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル g

F5

h

F5

情報画面に本器とテストする電力システムの接続方

法が表示されます。完了したら、F5 を押します。

セットアップの開始画面に戻ります。新しい構

成が Config. に表示され、その構成記号が画面

の右側に示されます。

20-6

アナライザーのセットアップ

FUNCTION PREFerences (

機能設定

):

20

FUNCTION PREFerences (

機能設定

):

FUNCTION PREFerences (機能設定) メニューを開くには、次の手順に従います。

1.

F3

2.

5

6

7

1

2

3

4

8

9

10

3.

ENTER

12

F1

F1

F3 F4

13

14

15 16

FUNCTION PREFerences を使うと、測定機能のデータ表示方法をカスタマイズで

きます。これには、トレンド及び波形表示のオフセットとスパンが含まれます。

入力メニューは、選択した言語で表示されます。下の表に、各機能の調整可能な

項目を示します。設定の調整中は、測定機能がアクティブなままとなります。こ

れにより、調整の結果を直接判断できます。

項目によっては、相とニュートラルで異なる調整が可能です。ファンクション・

キー F3 を使って、相とニュートラルの調整を切り替えます。スコープとトラン

ジェントでは、ほとんどの状況で良好なデータ表示を得られる初期設定が指定さ

れています。F4 – DEFAULT を押すと、この設定に戻すことができます。

その他の測定機能は、F4 で AUTO ON (自動オン) と OFF (オフ) を切り替えます。

AUTO ON では、利用可能なウィンドウに収まるように、トレンドの範囲及びオフ

20-7

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

セットが新しい読み取りを取得するたびに自動的に更新されます。F4 が AUTO

OFF に設定されている場合は、手動調整が可能です。

測定機能/

画面の種類

調整される測定データ 設定の種類

1.

スコープ波形

/

フェーザー ボルト、アンペア

(

相とニュートラル別

)

レンジ、残像オン

/

オフ

フェーザー設定

:

方向、角度

2.

3.

4.

5.

6.

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツのトレンド ボルト

CF (

(

ピーク

)

、アンペア

相とニュートラル別

)

(

ピーク

、ヘルツ

)

7.

不平衡のトレンド

/

フェーザー

Unbal

V

A

Hz

Φ

V-V

8.

ディップ及びスウェルのトレンド

高調波メーター画面

トレンド

電力及びエネルギーのトレンド

フリッカーのトレンド

機能

機能

D

トランジェントの波形

ボルト、アンペア

(

相とニュートラル別

)

表示される高調波、

THD

DC

V

A

W

V&A

%r (

実効値の

) / %f

(

基準相の

)

高調波、

THD

DC

W

VA

VAR

PF

DPF/cos

Φ、

Vrms

Arms (

相とニュートラル別

)

需要間隔、パルス

/kWh

DPF/cos ϕ、

FULL/FUNDamental

Pst

Plt

Dc

Dmax

Td<%

Φ

V-A (

相とニュートラル別

)

PF5

オフセット

+

スパン

(2

画面

)

、自動オン

/

オフ

オフセット

+

スパン、自動オン

/

オフ

高調波の次元

オフセット

+

スパン、自動オン

オフセット

+

スパン

(2

画面

)

、自動オン

/

オフ

測定のカスタマイズ用

/

オフ

オフセット

+

スパン、自動オン

/

オフ

安定時間、安定許容値、しきい値

オフセット

+

スパン

(2

画面

)

、自動

オン

/

オフ

フェーザー設定

:

方向、角度

V

A (

相とニュートラル別

)

レンジ、残像オン

/

オフ

トリガー条件

V/A

9.

突入電流のトレンド

機能

10.

メイン電源シグナリング

A

V (

相とニュートラル別

)

トリガー条件

信号

1

、信号

2 (V

%)

、相とニュー

トラルで別

11.

ロギングトレンド

V-rms

V-pk

CF

Hz

相とニュートラルで別

オフセット

電流の特性

オフセット

オフセット

+

+

+

機能

%r

%f

、 rms

、インターハーモニクス 高調波の次元

スパン、自動オン

スパン、自動オン

スパン、自動オン

/

/

/

オフ

オフ

オフ

12.

トレンド

周波数のトレンド

Vrms

トレンド高調波

のモニター

V

A (

相とニュートラルで別

) (2

フリッカーのトレンド

Pst

Plt

不平衡のトレンド 割合

ヘルツ

オフセット

+

スパン、自動オン

/

オフ

オフセット

+

スパン、自動オン

/

オフ

オフセット

オフセット

+

スパン、自動オン

/

オフ

オフセット

+

+

スパン、自動オン

スパン、自動オン

/

/

オフ

オフ

利用できるファンクション・キー

:

13

F1 - DEMO (デモ) モード:デモ・モードで使用するために、入力の

感度が 2 V に上がります。デモ・モードは三相電圧及び電流を出

力できます。

14

F2 – AGGREGation INTERVAL: メニューを開き、150/180 サイク

ル (50/60 Hz) の 3 秒間欠と 10/12 サイクル (50/60 Hz) の 200 ミリ

秒間欠のいずれかを選択します。この機能は、電圧/電流/周波

数、パワー及びエネルギー、高調波テーブル (電圧、電流)、不

20-8

アナライザーのセットアップ

FUNCTION PREFerences (

機能設定

):

20

均衡 (Unbal (%)、Vfund、Afund)、ロガーで、rms を基にした読

み取りに使用されます。

3 秒の間隔がオンの場合は、画面の見出しに「3s」と表示され

ます。

15

F4 - ALL DEFAULT:このメニューの全設定を工場出荷時の設定

にリセットします。

16

F5 - BACK:SETUP の開始画面に戻ります。

下の例は、電圧の変化が発生した後で、ボルト/アンペア/ヘルツ・トレンドのオフ

セットとスパンを調整する方法を手順ごとに示しています。 c d

SETUP

トレンドがウィンドウ外にあります。 e

F3

SETUP を押して、セットアップの開始画面

を開きます。 f

ENTER

ファンクション・キー F3 を押して、機能の選

択画面を開きます。

20-9

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル g

F4

上下矢印キーを使って、ボルト/アンペア/ヘ

ルツを選択します。 h

ファンクション・キー F4 を押して、AUTO

OFF を選択します。 i

左右矢印キーを使って、電圧のオフセットを

下げます。 j

F5

上下矢印キーを使って、ボルトのスパン調整

を選択します。左右矢印キーを使って、電圧

のスパンを上げます。

ファンクション・キー F5 を 3 回押して、新し

いオフセットとスパンを設定したボルト/ア

ン ペ ア /ヘルツのトレ ンド画面を 表示しま

す。これで、トレンドがウィンドウ内に表示

されるようになりました。

ファンクション・キー F4 AUTO ON/OFF。AUTO ON では、利用可能なウィンドウ

に収まるように、トレンドの範囲及びオフセットが新しい読み取りを取得するた

20-10

アナライザーのセットアップ

USER PREFerences (

ユーザー設定

):

20

びに自動的に更新されます。ファンクション・キー F4 が AUTO OFF に設定されて

いる場合は、手動調整が可能です。

USER PREFerences (

ユーザー設定

):

USER PREFerences (ユーザー設定) メニューを開くには、次の手順に従います。

1.

F4

6

3.

ENTER

F1 F2 F3 F4 F4

7 8 9 10 11

USER PREFerences を使うと、相識別のための色の設定、プリンター及び RS-232

の設定、自動電源オフ、メモリー構成、ユーザー名/アドレスの定義 (入力画面に表

示)、画面のコントラストをカスタマイズできます。多くのメニューには、工場出

荷時の初期設定にリセットするファンクション・キーがあります。

調整方法については、次の表を参照してください。

1

Phase Identification:上下矢印キーを使って、A、B、C、または

L1、L2、L3 を選択します。ファンクション・キー F5 – OK を押し

20-11

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

て確定します。

2

Phase Colors: ファンクション・キー F1 から F4 を使って、USA (米

国)、EU (ヨーロッパ)、UK (英国) または IEC に準じる色を選択

します。または、独自の色セットを定義します。上下矢印キー

を使って相を選択し、左右矢印キーを使って色を選択します。

ファンクション・キー F5 – OK を押して確定します。

3

Printer: 矢印キーを使って、プリンターで使用するボーレートを

選択及び調整します。上下矢印キーを使って、プリンターの種

類を選択します。ファンクション・キー F5 – OK を押して確定し

ます。

4

RS-232: 左右矢印キーを使って、通信ボーレートを調整します

(PC との通信用)。

5

Battery save:上下矢印キーを使って、キー操作がない場合に、表

示を暗くするまでの時間を選択します。

6

Flash メモリーの構成: データのロギングや表示画面/データセッ

トに利用できるメモリー量を指定します。上下矢印キーを使っ

て選択し、ENTER を押して確認します。

7

F1 – FACTORY DEFAULTS: このメニューの全設定を工場出荷時

の初期設定にリセットします。

8

F2 – USER ID: ユーザーがプログラムできる 3 行のテキストを定

義するメニューを開きます (所有者の名前や住所などを入力でき

ます)。このテキストは、起動時及び SETUP の開始画面に表示さ

れます。ファンクション・キー F3 を使って、スペースを入力しま

す。ファンクション・キー F5 – OK を押して確定します。

9

F3 – CONTRAST: 左右矢印キーを使って、画面のコントラストを

調整します。

10

F4 – CLEAR ALL MEMORY: すべてのデータセット、画面、記録

データを一度に消去できます。誤って消去しないよう、確認メ

ニューが表示されます。

11

F5 – BACK: SETUP の開始画面に戻ります。

20-12

アナライザーのセットアップ

制限の調整

20

制限の調整

Limits Setup メニューをナビゲートするには、次の手順に従います。

1.

2.

3.

ENTER

1

2

F1

5

F2

3

F3

6

F4

7

F5

1.

2.

F5

1.

2.

F5

4

1.

2.

0...9

A...Z

1.

2.

3.

3.

F5

4.

F5

F1 F2

20-13

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

制限の調整は、次のテストに関する制限セットを保存、呼び出し、定義します。

• 電源品質のモニター

• ディップ/瞬停/急瞬電圧変化/スウェル

入力メニューは、選択した言語で表示されます。

この方法については、次の表を参照してください。

1

Adjust Monitor Limits が開始画面になります。この画面には、ア

クティブな制限セットの主な設定が表示されます。名前、作成

日、制限データの要約が含まれます。

2

Recall Monitor Limits メニューは、電源品質の制限セットを呼び出すた

めに使います。最大 6 つのセットを呼び出すことができます。

- Default 1 及び 2 は、工場出荷時にインストールされている読み取

り専用のセットです。1 つは、EN50160 規格に準拠しています。

- Admin 1 及び 2 は、ソフトウェアを使って管理者が定義できる

セットです。一般ユーザーには、読み取り専用のセットとなります。

- User 1 及び 2 は、ユーザーが定義し、保存できるセットです。

上下矢印キーを使って、呼び出す制限のセットを選択します。次

に、ファンクション・キー F5 を押して、セットを呼び出して、使

用します。

ファンクション・キー F1 を押して、ここで作業を中止してメ

ニューを終了します。

3

Edit Monitor Limits メニューは、制限を修正するために使用します。

セットアップは、電圧、高調波、フリッカーなどで、電源品質の項目

ごとに別のサブメニューにグループ化されています。

上下矢印キーを使って、調整する項目を選択します。F5 を押し

て、調整サブメニューを開きます。すべての調整項目が、下の

表にリストされます。

4 矢印キーを使って、制限を選択し、編集します。

ファンクション・キー F5 を押して、選択を確認し、Edit Limits メ

ニューに戻ります。ファンクション・キー F1 – PREVious または

F2 – NEXT を使って、調整サブメニューに直接移動します。制

限の編集が完了したら、ファクション・キー F5 – OK を 2 回押し

て、Adjust Monitor Limits メニューに戻ります。ここで矢印キー

を使うと、制限の新しいセットに名前を定義することができま

す。次に、ファンクション・キー F2 – SAVE を押して、Save

Monitor Limits メニューを開きます。

20-14

アナライザーのセットアップ

制限の調整

20

5

Save Monitor Limits メニューは、User 1 または 2 の制限セットを

保存するために使用します。上下矢印キーを使って、User 1 また

は 2 を選択します。可能な場合は、空の場所に制限セットを保

存します。すでにセットが保存されている場所に保存すると、

既存のセットが上書きされます。ファンクション・キー F5 –

SAVE を押して、保存操作を実行します。F1 – CANCEL を押し

て、制限を保存せずに Adjust Monitor Limits メニューに戻りま

す。このメニューでは、保存した制限セットの名前を定義する

こともできます。矢印キーを使って、保存する制限セットの名

前を定義します。

6

View Monitor Limits メニュー。このメニューは、Edit Monitor

Limits メニューと同じですが、制限を変更することなく、制限を

表示するために使用します。

7 ファンクション・キー F5 – BACK を押して、選択を確認し、

SETUP の開始画面に戻ります。

モニター制限のセットアップ、調整の表示

制限 調整

電圧

2

上限及び下限を調整可能。

高調波 各高調波に対して、

2

つの確率

(100 %

及び調整可

能な割合

):

それぞれ、上限を調整可能。

フリッカー 重み付き曲線

(

ランプ・タイプ

)

2

つの確率

(100 %

及び調整可能な割合

):

調整可能な上限をもつ調整可

能な割合。

ディップ

(*)

スウェル

(*)

基準電圧

(

公称またはスライディング

)

。しきい値、

ヒステリシス、許容できる週当たりのディップ数。

基準電圧

(

公称またはスライディング

)

。しきい値、

ヒステリシス、許容できる週当たりのスウェル数。

瞬停

(*)

急瞬な電圧変化

不平衡

(*)

しきい値、ヒステリシス、許容できる週当たりの瞬

停数。基準電圧は公称。

電圧の許容値、安全時間、最小ステップ、最小率

(V/s)

、許容できる週当たりのイベント数。

各高調波に対して、

2

つの確率

(100 %

及び調整可

能な割合

):

調整可能な上限をもつ調整可能な割合。

周波数

2

上限及び下限を調整可能。

メイン電源シグナリング

2 2

つの確

(100%

及び調整可能

):

調整可能な上限

(**)

(*):

ディップ及びスウェルの測定モードでも有効なセットアップ。週当たりのイベントは、モニターのみで

使用されます。

(**):

周波数を変更すると、制限が自動的に

EN50160

の「

Meisterkurve (

マイスター曲線

)

」に準じますが、手

動で設定することもできます。次ページに、「

Meisterkurve

」の図を示します。

20-15

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

10

1

0,1 1 10

Frequency in kHz

100

20-2. EN50160

に従った

Meister Kurve (

マイスター曲線

)

20-16

21

メモリー、プリンター、

PC

の使用

はじめに

この章では、本器のメモリーに画面やデータを保存する方法、及び保存した画面

やデータの表示、名前変更、削除方法について説明します。

章の後半では、PC、ノートブック、プリンターとの通信をセットアップする方法

について説明します。

注記: 本器には、セットアップを保存しておくメモリーが備わっています。セットアッ

プの変更、保存、呼び出し方法は、第 20 章「セットアップ」に記載されています。

メモリーの使用

本器には、メモリーへの測定結果を保存する方法が 3 つあります。

1. 現在の画面のコピーを保存できます。表示画面の記号は、次のようになり

ます。

2. 現在の測定に属する完全なデータセットを保存できます。データセットには、測

定に属するすべてのデータが含まれます。データセットを保存すると、測定に属

するすべての画面を表示して、分析することができます。また、カーソルやズー

ムも使用できます。表示画面の記号は、次のようになります。

3. Fluke 435 のロギング機能 (Fluke 434 ではオプション) でも、データの保存にメ

モリーが必要となります。データのロギングや表示画面/データセット (メモ

リー) に利用できるメモリー量はユーザーが定義できます。構成方法について

は、第 20 章の「USER PREFerences」をご覧ください。ロギング機能について

は、第 17 章を参照してください。

メモリー構成により、表示画面とデータセット用に次のスペースが割り当てられ

ます。

- 8 MB メモリー: 10 データセット + 50 表示画面

- 4 MB メモリー: 5 データセット + 25 表示画面

- 1 MB メモリー: 1 データセット + 15 表示画面

表示画面の取得

SAVE

SCREEN

このキーを押して、表示画面を取得します。

21-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

表示画面を取得すると、簡単ですばやく測定結果を保存できます。ただし、取得

後の処理はできません。表示画面は、このボタンを押すたびに保存されます。表

示画面は、保存された日付と時間とともにファイルとして保存されます。これは、

保存されるファイルの名前を定義するために、メニューで行われます。

名前の定義には、矢印キーを使います。上下矢印キーで文字を選択し、左右矢印

キーで文字の位置を指定します。ファンクション・キー F3 を使って、スペースを挿

入します。表示画面の呼び出し、印刷、削除方法及び保存した表示画面の名前を

変更する方法については、次の「メモリーの操作」で説明します。

メモリーの操作

MEMORY ボタンを使って、データセットや表示画面の保存、呼び出し、表示、削

除、印刷を実行するメニューを開きます。MEMORY ボタンを押すと、現在の測定

画面が保持されます。 c

MEMORY

利用できるファンクション・キー (通常使用する順番):

F3

SAVE。測定に属する全データをメモリーに保存しま

す。これは、保存されるファイルの名前を定義するため

に、メニューで行われます。名前の定義には、矢印キー

を使います。上下矢印キーで文字を選択し、左右矢印

キーで文字の位置を指定します。ファンクション・キー

F3 でスペースを挿入します。保存した日付と時間は、

本器のリアルタイム・クロックから取得されます。

F4

PRINT。押すと、現在の画面を印刷できます。アナラ

イザーのセットアップについては、「プリンターと

PC の使用」を参照してください。

F5

F1

BACK。押して、測定を再開します。

RECALL / DELETE。ファイルの表示、削除、名前変

更、データセットの使用で使うサブメニューを開きま

す。下図に、サブメニューを示します。ここには、すべ

ての表示画面とデータセットが、日付と時間順に表示さ

れます。TYPE 欄には、小さい記号 ( ) で表示画面、大

きい記号 (

) でデータセットが示されます。上下矢印

キーを使って表示する項目を強調表示にします。

21-2

メモリー、プリンター、PC の使用

プリンター及び PC の使用

21

表示画面及びデータセットの呼び出し及び削除: d

F1

呼び出しと削除で利用できるファンクション・キー:

F1

メイン・メニューに戻ります。

F2

強調表示にした表示画面やデータセットを表示するサ

ブ メ ニ ュ ー を 開 き ま す 。 フ ァ ン ク シ ョ ン ・ キ ー

PREVious または NEXT を使って、他のファイルを表

示します。ファイルは、日付と時間順にグループ化さ

れています。データセットでは、入力画面が表示され

ます。USE を押すと、データセット内の完全なデータ

を利用できるようになります。

F3

F4

上下矢印キーとともに使用して、強調表示にしたファ

イルを削除します。

上下矢印キーとともに使用して、強調表示にしたファイ

ルの名前を変更します。新しい名前を定義するために、

名前の変更はメニューで実行されます。名前の定義に

は、矢印キーを使います。上下矢印キーで文字を選択

し、左右矢印キーで文字の位置を指定します。ファンク

ション・キー F3 を使って、スペースを挿入します。ファ

ンクション・キー F5 を使って、選択を確定します。

F5

データセットで唯一利用できるボタンで、完全な内容

を表示します。

プリンター及び

PC

の使用

本器には、PC またはプリンターとの通信用に、オプティカル RS-232 インター

フェイスが備わっています。PC の USB ポートを使って接続するために、Fluke

434 にはオプティカル・インターフェイス・ケーブルのモデル OC4USB が付属してい

ます。Fluke 434 及び 435 に付属している FlukeView ソフトウェアーを使うと、波

形データや表示画面をビットマップ形式で PC やノートブック・コンピューターに

アップロードできます。FlukeView ソフトウェアーには、この機能に関する情報が

含まれています。Fluke 435 に付属している Power Log は、データロギング専用の

ソフトウェアーです。インターフェイス接続は、本器の右側にあり、傾斜スタン

ドを立てた状態にすると利用できるようになります。Fluke 434 では、Power Log

ソフトウェアーは、オプションとしてご注文いただけます。

21-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

21-1.

オプティカル・インターフェイスの場所

開始すると、FlukeView ソフトウェアが PC のポートをスキャンし、接続されてい

る本器を検出します。PC と本器のボーレートを調整する必要はありません。

その他のアプリケーション通信では、次のようにボーレートを調整できます。

SETUP キー、次にファンクション・キー F4 – USER PREFerence を押します。それから、

上下矢印キーを使って RS-232 を選択し、ENTER を押します。この後、左右矢印キー

を使ってボーレートを調整し、F5 - BACK を押してメニューを閉じます。FlukeView

のボーレートと COM ポート番号は、正しく調整する必要があります。

F1

F2

F3

F4

F5

21-2.

本器とノートブック

PC

の接続

プリンターと正しく通信するには、本器のボーレートとプリンターの種類が、印刷デ

バイスと一致している必要があります。本器のボーレートとプリンターの種類は、次

のように調整します。SETUP キー、次にファンクション・キー F4 – USER PREFerence を

押します。さらに、上下矢印キーを使って Printer (プリンター) を選択し、ENTER を押

します。この後、左右矢印キーでボーレート、上下矢印キーでプリンターの種類を調

整し、ENTER キーを使って確定します。F5 - BACK でメニューを閉じます。

次にプリンター DPU-414 とプリンター・アダプター・ケーブル PAC91 の典型的なセット

アップを示します。このセットアップには、本器のボーレート 9600 が必要です。

21-4

メモリー、プリンター、PC の使用

プリンター及び PC の使用

21

21-3.

本器とプリンターの接続

(DPU-414

プリンター・アダプター・ケーブル

PAC91)

注記

本器では、

PC

とプリンターに対して、異なるボーレートを調整でき

ます。

21-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

21-6

22

ヒント及び保守

はじめに

本章では、ユーザーが実行できる基本的な保守の手順について説明します。サー

ビス、分解、修理、及び校正などの完全な情報に関しては、Service Manual (英語版

サービス・マニュアル) を参照してください。サービス・マニュアルの注文コードは

本章の

「部品とアクセサリー」

を参照してください。

本器及びアクセサリーのクリーニング

本器及びアクセサリーは、湿らせた柔らかい布と中性洗剤を使用して、クリーニ

ングしてください。研磨剤、溶剤、アルコール等は使用しないでください。刻印

されている文字が消える場合があります。

さらに、電流クランプのジョーを開き、油を少し含ませた布で磁石電極部分を拭

くことをお勧めします。これは、磁石電極のさびや腐食を防ぎます。

本器の保管

本器を長期間保管する場合は、保管前に NiMH バッテリーを完全に充電してくだ

さい。

良好な状態でバッテリーを維持する方法

バッテリーにより電力が供給されている間は、画面上部にバッテリーの状態を示

す記号が現れ、バッテリーの残量を示します。完全に充電された状態から空の状

態まで、

のように表示されます。

バッテリーを最適な状態に保つには、完全に放電させてから充電してください。

完全に充電するには、本器の電源を切った状態で 8 時間かかります。これを、少

なくとも年に 2 回繰り返してください。

Fluke 434

でのオプションのインストール

Fluke 435 で利用できる高度な機能、メイン電源シグナリングとロギングは、Fluke

434 でも利用できます。これらの機能を使用するには、本器のシリアル番号に特有

のピンコードを使います。コードは、Fluke より提供されます。ピンコードの取得

方法について詳しくは、Fluke のセールス担当者までご連絡ください。Fluke 435 に

備わっている追加メモリーは、この方法では追加できません。

22-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

高度な機能の使用を開始するには、次の手順に従います。

• SETUP キーを押し、SETUP の開始メニューを開きます。

• ファンクション・キー F2 を押し、VERSION & CALIBRATION メニューを開き

ます。これは、使用開始になっているオプションを示す読み取り専用のメ

ニューです。このメニューには、最後に機器を構成した日付も表示されます。

• ファンクション・キー F1 を押し、INSTALL OPTION メニューを開きます。

• 矢印キーを使って、ピンコードを入力します。左右矢印キーを使って位置を選

択し、上下矢印キーで数字を定義します。

• ENTER を押して、選択を確認し、オプションを使用開始にします。使用開始

にしたオプションの後ろに、「INSTALLED」が表示されます。

Fluke 434 には、アップグレード・キットを注文することもできます。キットには、

高度な機能のインストールと Power Log ソフトウェアーが含まれています。

注記

:

VERSION & CALIBRATION

メニューには、最後に校正した日付が表示さ

れます。本器の校正期間として、

1

年を推奨しています。校正期間が過

ぎている場合は、

Fluke

サービス・センターまでお問い合わせください。

部品とアクセサリー

標準アクセサリー

次の表に、ユーザーが交換できる部品を示します。その他のオプション・アクセサ

リーについては、ScopeMeter アクセサリーのパンフレットをご覧ください。交換

部品や追加アクセサリーのご注文には、Fluke サービス・センターまでお問い合わせ

ください。

部品 注文コード

バッテリー充電器

/

電源アダプター

BC430

充電式

NiMH

バッテリー

BP190

2.5 m

テスト・リード・セット、アリゲーター・クリップ入り

(5

) TLS430

AC

電流クランプ・セット

(4

): 400 A (1 mV/A)

及び

40 A (10 mV/A)

の切り替え

可能。

Fluke 434

に付属。 i400s

柔軟

AC

電流クランプ・セット

(4

): Fluke 435

に付属。

i430flex-4pk

テスト・リード用のカラー・コード・クリップのセット

00071

入力ソケット用のシール・セット

(

カラー

00412

入力ソケット用のシール・セット

(

白黒

00401

米国

/

カナダ用のシール・セット

00761

USB

用オプティカル・ケーブル

OC4USB

ハード・ケース。

Fluke 434

に付属。

C430

堅牢なトロリー・スタイルのケース。

Fluke 435

に付属。

C435

吊り下げストラップ

946769

ユーザーズ・マニュアルとスタート・マニュアルを収録した

CD ROM (

多言語

00023

22-2

ヒント及び保守

トラブルシューティング

22

スタート・マニュアル

(

印刷バージョン

):

-

英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語

-

英語

-

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ノルウェー語の安全

テキスト

-

英語、韓国語、日本語、中国語、ロシア語

4822 872 30781

4822 872 30782

4822 872 30783

4822 872 30784

オプションのアクセサリー

部品 注文コード

Fluke 434

のロギング機能

(

メイン電源シグナリング、ロギング

)

Fluke-434/Log

光絶縁

RS-232

ケーブル

PM9080

GPS

同期ユニット

GPS430

パラレル・プリンター用アダプター

PAC91

光絶縁トリガー・プローブ

(

エネルギー・メーターのテスト用

) ITP120

AC

電流クランプ

200 A (10 mV/A)

20 A (100 mV/A)

の切り替え可能

i200s

AC

電流クランプ

2000 A (1 mV/A)

200 A (10 mV/A)

の切り替え可能、柔軟型

i2000flex

AC

電流クランプ

1000 A (1 mV/A)

100 A (10 mV/A)

10 A (100 mV/A)

の切り

替え可能 i1000s

AC

電流クランプ

3000 A (0.1 mV/A)

300 A (1 mV/A)

30 A (10 mV/A)

の切り替

え可能 i3000s

AC/DC

電流クランプ

100 A (10 mV/A)

10 A (100 mV/A)

の切り替え可能

80i-110s

AC

電流クランプ

5 A (400 mV/A

3

パック

) i5s PQ3 (*)

Service Manual (

英語版サービス・マニュアル

05392

(*): SETUP/Clamp (セットアップ/クランプ) メニューでは、i5s と本器を使用できる

ように専用の場所が提供されます。

トラブルシューティング

本器が起動しない。

バッテリーが完全に放電している可能性があります。この場合、バッテリー充電

器/電源アダプターで給電しても本器は起動しません。本器の電源を切ったまま、

バッテリー充電器で本器に給電し、バッテリーを充電させてください。約 15 分経

過してから、再度本器を起動してみてください。

起動数秒後に本器がシャットダウンされる。

バッテリーが空の可能性があります。画面ヘッダーのバッテリー記号を確認して

ください。

は、バッテリーが空になっており、充電の必要があることを示して

います。

注意: バッテリー駆動時に電源を投入した後 (起動画面が表示されている時など) で

ノブを回さない状態が続く場合にのみ、アナライザーの電源が自動的にオフにな

ります。

22-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

画面が黒いままである。

本器の電源が入っていることを確認してください。電源投入時には、ビープ音が

2 回鳴ります。まだ画面が黒いままである場合は、画面のコントラストに問題がある

可能性があります。コントラストを変更するには、以下の手順に従ってください。

• SETUP キーを押します。

• ファンクション・キー F4 を押します。

• 左右の矢印キーを 5 秒間押し、通常の表示に戻ります。

完全に充電したバッテリーの稼動時間が短い場合。

バッテリーの性能が落ちている可能性があります。この章の「良好な状態にバッ

テリーを維持する方法」で説明されているように、完全に放電してから充電する

と改善される場合があります。

プリンターで印刷できない。

• 本器とプリンター間のオプティカル・インターフェイス・ケーブルがしっかりと

接続されていることを確認してください。

• 正しいプリンターの種類とボーレートが選択されていることを確認。この方法

については、第 21 章を参照してください。

• PAC91 (印刷アダプター・ケーブル) を使用している場合は、オンになり、新し

い電池が収納されていることを確認してください。

FlukeView が本器を認識できない。

• 本器の電源が入っていることを確認してください。

• 本器と PC 間のオプティカル・インターフェイス・ケーブルがしっかりと接続さ

れていることを確認してください。

その他の PC ソフトウェアーが本器を認識できない。

• 本器の電源が入っていることを確認してください。

• 本器と PC 間のオプティカル・インターフェイス・ケーブルがしっかりと接続さ

れていることを確認してください。

• PC に対して正しい COM ポートが選択されていることを確認してください。

必要に応じて通信ポートの設定を変更したり、インターフェイス・ケーブルを

別の通信ポートに接続します。

• 本器と PC のボーレートが同じであることを確認します。この方法については、

第 21 章を参照してください。

22-4

23

仕様

はじめに

性能特性

Fluke は、数値で示している特性を許容誤差範囲内で保証します。許容誤差のない

数値は、代表値で、アクセサリーを除く平均的な機器の特性を示しています。本

器は、電源投入後、30 分及び 2 回の完全なデータ取得に対して指定されている確

度に適合しています。すべての動作仕様は、特に指定のない限り、「環境」に記

載されている制限下で有効となります。仕様は、1 年周期の校正を基にしています。

環境データ

本マニュアルに記載されている環境データは、弊社製造工場での検証作業に基づ

いています。

安全性の特徴

本器は、標準 EN61010-1 2 nd

edition (2001)、クラス III 、汚染度 2 機器の測定制御及

びラボでの使用に関する電子機器の安全条件に従って設計及びテストされていま

す。

本マニュアルには、安全に操作し、本器及びアクセサリーを安全な状態に保つため各

種の情報と警告が記載されています。ここに指定された方法で本器及びアクセサリー

を使用しなかった場合は、安全保護機能が損なわれる恐れがあります。

23-1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

電気的測定

次の機器仕様は、61000-4-30 chap-6-2 に指定されている通り、「実装検証」表 3 を

使って検証されています。

入力の特性

電圧入力

入力の数

4 ) DC

結合

最大入力電圧

1000

公称電圧レンジ

50

500 V

3

つのレンジ

(500 V

250 V

125 V)

に内部で分割

最大ピーク電圧

6

入力インピーダンス

4

帯域幅

> 10 kHz

、トランジェント表示では

100kHz

まで

スケーリング

1:1

10:1

100:1

1000:1

及び可変

電流入力

入力の数

4 ) DC

結合

mV

レンジ

公称入力レンジ

0

± 5.625 Vpeak

0

3.97 Vrms

正弦波

1

400 Arms (

付属クランプ

I400S)

0.1

3000 Arms (

クランプはオプション

)

入力インピーダンス

50

帯域幅

>10

スケーリング

0.1

1

10

100

1000 mV/A

、可変、 i5s

及び

i430flex-4pk

公称周波数

40

70 Hz

サンプリング・システム

分解能

8 -

デジタル変換器

最大サンプリング速度 各チャネル同時に

200kS/s

実効値サンプリング

IEC

に準ずる

10/12

2 サイクルで

5000

サンプル

PLL

同期 に準ずる

10/12

2 サイクルで

4096

サンプル

23-2

仕様

電気的測定

23

表示モード

波形表示

フェーザー

メーター読み取り

自動トレンド・グラフ

バーグラフ

イベント一覧

スコープ及びトランジェント・モードで表示可能

8

波形を同時に捕捉

表示更新率は毎秒

5x

最高

10/12

倍の水平ズーム

カーソル

:

カーソル位置で、

1

本の垂直線により最小値、最大値、平均値を表

リアルタイムのフェーザー図を表示

スコープ及び不平衡モードで表示可能

表示更新率は毎秒

5x

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ、高調波、電力及びエネルギー、フリッカー、不平衡

及びロギング 4 モードで表示可能

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ、ディップ及びスウェル、高調波、電力及びエネルギ

ー、フリッカー、不平衡、突入、メイン電源シグナリング 4 、ロギング 4 、モニ

ター・モードで表示可能。カーソル位置で、

1

本の垂直線により最小値、最大

値、平均値を表示

高調波及びモニター・モードで表示可能

ディップ及びスウェル、メイン電源シグナリング 4 、ロギング 4 、モニター・モ

ードで表示可能

23-3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

測定モード

スコープ

Vrms

Arms

Vcursor

Acursor

Vfund

Afund

Hz

V

位相角、

A

位相角

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ

Vrms

Vpk

V

クレスト・ファクター、

Arms

Apk

A

クレスト・ファクター、

Hz

ディップ及びスウェル

Vrms½, Arms½

プログラム可能なしきい値を伴う日付、時間、期間、規模、相識別を使い、最

1000

イベントを捕捉

高調波

DC

1

50

電力及びエネルギー

高調波電圧、

電力、

K

電力、中間高調波電圧 4 、中間高調波電流

対して

)

THD

電圧、高調波電流、

THD

電流、

K

電流、高調波電力、

THD

4

(

基本波または総実効値に

ワット、

VA

VAR

、力率、

Cos ϕ

/ DPF

Arms

Vrms

、 kWh

、 kVAh

KVARh

、トレンドを使ったピーク・デマンド間隔、オプション入力を介した

KYZ

課金メーター確認

フリッカー 分

)

Pst

Plt

PF5

Vrms½

Arms½

Dc

Dmax

TDEX

不平衡

Vneg

Vzero

Aneg

Azero

Vfund

Afund

Hz

V

位相角、

A

位相角

過渡電圧

/

電流

Vrms

Arms

Vcursor

Acursor

突入電流 突入電流、突入期間、

Arms½

Vrms½

メイン電源

シグナリング 4

ロギング 4

システム・モニター

2

つのユーザー選択可能周波数で、

圧及び絶対シグナリング電圧

3

秒間の平均に対する相対シグナリング電

選択可能な平均時間を使って、全

4

相で同時に最高

100

パラメーターまで測

定及びロギング

プログラム可能なしきい値を伴う日付、時間、期間、規模、相識別を使い、最

10000

イベントを捕捉

Vrms

Arms

、高調波電圧、

THD

電圧、

Plt

Vrms½

Arms½

Vneg

Hz

ディップ及びスウェル、不平衡。すべてのパラメーターは、

EN50160

に準じ

て同時に測定されます。

IEC61000-4-30

に準じ、信頼できない読み取り値をフラグで表示。

23-4

仕様

電気的測定

23

確度、分解能、レンジ

ボルト

/

アンペア

/

ヘルツ 測定レンジ 分解能 確度

Vrms(AC+DC)

Fluke 435

Fluke 434

1

600 Vrms

600

1000 Vrms

1

1000 Vrms

0.01 Vrms

0.01 Vrms

0.1 Vrms

_

1 V

0.01

公称電圧の

± 0.1%

公称電圧の

± 0.1%

± 0.5%

Vpk 1

1400 Vpk

電圧のクレスト・ファク

ター

(CF)

1.0

> 2.8

公称電圧の

± 5%

5%

Arms (AC+DC)

Fluke 435

Fluke 434

Fluke 434 (i400s)

Fluke 435 (i430flex-4pk)

0

20.00 kArms

1

0

20.00 kArms

1

0

40 / 400 Arms

30

3000 Arms

0

5500 Apk 1mV/A

スケーリングを

使った

Apk

電流のクレスト・ファク

ター

(CF)

Hz

5

Fluke 435 (50Hz

公称

)

Fluke 435 (60Hz

公称

)

Fluke 434 (50Hz

公称

)

Fluke 434 (60Hz

公称

)

1

42.500 ... 57.500 Hz

51.000

69000 Hz

42.50

51.00

57.50 Hz

69.00 Hz

0,001

10 Arms

1

0,001

10 Arms

1

0.1

及び

1 Arms

1 Arms

1A

0.001 Hz

0.001 Hz

0.01 Hz

0.01 Hz

± 0.5% ± 5

± 5%

± 0.01Hz

± 0.01Hz

± 0.01Hz

± 0.01Hz

カウント

± 1% ± 5

カウント

± 1% ± 5

カウント

± 0.5% ± 20

3

3

3

カウント

10 0.01 ±

3

ディップ及び

スウェル

測定レンジ 分解能 確度

Vrms½ (AC+DC)

Fluke 435

Fluke 434

公称電圧の

0.0%

200%

公称電圧の

0.0%

200%

0.1Vrms

0.1Vrms

公称電圧の

公称電圧の

± 0.2%

± 1%

Arms½ (AC+DC)

Fluke 435

Fluke 434

Fluke 434 (i400s)

Fluke 435 (i430flex-4pk)

しきい値のレベル

0

20,000 Arms

1

0

20,000 Arms

1

0

400 Arms

30

3000 Arms

0,001 Arms

10 Arms

0,001 Arms

10 Arms

0.1 Arms

及び

1 Arms

1 Arms

公称電圧の割合でのプログラム可能なしきい値

½

サイクル

rms

電圧を基にしたイベント検出

ディップ、スウェル、間欠、急速な電圧変化の捕捉

± 1% ± 10

カウント 3

± 2% ± 10

カウント 3

± 2% ± 10

カウント 3

± 1% ± 20

カウント 3

持続時間

hhh

、 mm

、 ss

、 mmm ½

サイクル

1

サイクル

23-5

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

(

(

高調波

高調波の次元

(n)

中間高調波の次元

フィルタリング

Vrms

相対

(%f):

Fluke 435

絶対

:

Fluke 434

絶対

:

Arms

絶対

:

DC

相対

電力相対

電力絶対

相対

:

:

(%f):

高調波のみ

:

高調波のみ

)

)

Fluke 435

絶対

V:

Fluke 434

絶対

V:

絶対

A:

絶対

W:

THD

(n=40)

(

相対

%f

また

%r)

ヘルツ

位相角

Fluke 435

Fluke 434

測定レンジ 分解能 確度

DC

1

50

グループ

: IEC61000-4-7

に準ずる高調波グループ

オフ、

1

49

グループ

: IEC61000-4-7

に準ずる高調波及び中間高調波サブグル

ープ

中 間 高 調 波 を オ フ に し た 状 態 で 高 調 波 を 測 定 す る と 、 高 調 波 の グ

ル ー プ が 使 用 さ れ 、

1.5 s

の ス ム ー ズ ・ フ ィ ル タ ー が オ ン に な り ま す 。

中間高調波をオンにした状態で高調波を測定すると、高調波の棒グラフの間に

中間高調波が表示され、フィルターがオフになります。

0.0

100.0%

0.0

1000 Vrms

0.0

1000 Vrms

0.0

100.0%

0.0

4000 mV x

クラン

プ・スケーリング

0.1%

0.1 Vrms

0.1 Vrms

0.1%

1 mVrms x

クランプ・ス

ケーリング

± 0.1% ± n x 0.1%

(%r

(%r

では

では

± 0.4%)

公称電圧の

± 0.05%

公称電圧の

る場合は、

± 5% ± 2

± 5% ± 5

< 1%

± 5%

± 0.4%)

である

場合は、公称電圧の

1%

カウント

± 0.1% ± n x 0.1%

カウント

であ

0.0

100.0%

クランプと電圧スケーリ

ングによる

0.1%

0.0

100.0%

0.0

1000V

0.0

1000V

0.0

4000 mV x

クラン

プ・スケーリング

クランプと電圧スケーリ

ングによる

0.1%

0.1V

0.1V

1 mVrms x

クランプ・ス

ケーリング

0.1V

スケーリングによる

± n x 2%

± 5% ± n x 2% ± 10

カウ

ント

± 0.1% V

及び

A (± 2%

ワット

)

公称電圧の

± 0.2%

± 5% ± 10

カウント

± 5% ± 10

カウント

± 5% ± 10

カウント

0.0

100.0 % 0.1% ± 2.5% V

及び

A (± 5%

ワット

)

0

3500 Hz 1 Hz ± 1Hz

-360º

+0º

-360º

+0º

± n × 1º (

8

)

± n × 1.5º (

8

)

23-6

仕様

電気的測定

23

電力及びエネルギー 測定レンジ 分解能 確度

電力

(VA

Fluke 435

Fluke 434

VAR)

1.0

20.00MW

1

1.0

20.00MW

1 kWh

6

(kVA

6 、 kVAR

6

) 00.00

200.0

GWhr

1

00.00 kWhr

200.0

GWhr

1

力率

Cos ϕ

/ DPF

0.1

1 kW

0.1

1 kW

1

1

0.01 Xhr

100 Whr

1

0.01 Whr

100 Whr

1

± 1% ± 10

カウント 3

± 1.5% ± 10

カウント 3

± 1% ± 10

カウント 3

± 1.5% ± 10

カウント 3

0

~ 3

1 0.01 ±

0

~ 3

1 0.01 ±

フリッカー 測定レンジ 分解能 確度

Pst (1

)

Pst

Plt

PF5

、瞬時フリッカー

0.00

20.00 0.01

制限を越える

Dc%

Dmax%

及び時間

d(t)

IEC 61000-3-3

に準ずる

Dc%

及び

Dmax%

では

0.0

± 100.0%

、時間で

0.000

9.999s

Dc%

0.1%

及び

Dmax%

、時間では

では

10 ms

表値の

±5%

Dc%

及び

Dmax%

では

± 1%

、時間では

20 ms

測定レンジ

0.0

5.0%

0.0

5.0%

分解能

0.1%

0.1%

確度

± 0.15%

± 0.5%

不平衡

電圧

Fluke 435 (

負及び

ゼロ・シーケンス

)

電圧

Fluke 434 (

負及び

ゼロ・シーケンス

)

電流

(

負及び

ゼロ・シーケンス

)

トランジェント捕捉

電圧

カーソルの読み取り値 rms

読み取り値

最小検出期間

5

サンプリング・レート

200kS/s

突入電流モード

Arms (AC+DC)

突入電流の持続期間

0.0

20% 0.1%

測定レンジ

± 6000 Vpk

10

1000 Vrms

mm:ss:mmm

7.5

30

分より選択可能

秒~

分解能

1 V

1 V

測定レンジ 分解能

0.000

20.00 kArms

1

0.001

10 Arms

1

10ms

確度

カーソルの読み取り値の

± 15%

Vnominal

± 2.5%

確度

測定値の

± 1% ± 5

カウント

± 20 ms

(Fnominal = 50 Hz)

23-7

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

メイン電源

シグナリング 4

測定レンジ 分解能 確度

しきい値のレベル しきい値、制限、シグナリング期間は、

2

つの独立したシグナリング周波数で

プログラム可能。

シグナリング周波数

60

3000 Hz

相対

V% 0%

100% of

0.1 Hz

0.1%

0.1 V

± 0.4%

公称電圧の

± 5%

絶対

V3 (3

秒間の平均

) 0.0

1000 V

トレンドのロギング

方法 自動トレンドは、三相及びニュートラルで同時に表示される全読み取り値の経

時的な最小値、最大値、平均値を自動的にロギングします。

ボルト/アンペア/ヘルツ、高調波、電力及びエネルギー、フリッカー、不平衡、

メイン電源シグナリング

4

・モード

サンプリング チャネルにつき

5

読み取り値

/

秒の連続サンプリング

ロギング時間

1 30

分から、

6

時間の表示分解能の

450

日まで

ズーム 最高

6

倍の水平ズーム

メモリー 各読み取りの最小、最大、平均ポイント

1800

持続時間

7.5

時間 時間

15

時間

30

時間

150

時間

450

時間

900

時間

75

分解能

1

30

5 15 30

1

ディップ及びスウェル・モード

サンプリング チャネルにつき

100/120

2 読み取り値

/

秒の連続サンプリング

ロギング時間

25msec 90

秒から、

3

時間の表示分解能の

450

日まで

ズーム

メモリー

最高

12

倍の水平ズーム

各読み取りの最小、最大、平均ポイント

3600

持続時間

90

30

1

時間

2.5

時間

7.5

時間

15

時間

30

時間

分解能

100

ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒

200

ミリ秒

500

ミリ秒

1

2.5

7.5 15

30

23-8

仕様

電気的測定

23

突入電流及びフリッカー PF5 モード

サンプリング

ロギング時間

チャネルにつき

100/120

2 読み取り値

/

秒の連続サンプリング

突入測定では

25msec

表示分解能の

7.5

秒から

500msec

表示分解能の

30

分、

PF5

ロギングでは

2.5

秒表示分解能の

2

時間

ズーム

メモリー

最高

12

倍の水平ズーム

各読み取りの最小、最大、平均ポイント

3600

持続時間

7.5 90 180

6

12 30

1

時間

分解能

25

ミリ秒 ミリ秒 ミリ秒

25

ミリ秒

50

ミリ秒

100

ミリ秒

200

ミリ秒

500

ミリ秒

1

2

ロギングモード

サンプリング 測定されるパラメーターにより、チャネルにつき

5

読み取り値

/

秒と

100/120

2

読み取り値

/

秒を組み合わせた連続サンプリング

ロギング時間 選択した読み取り値と平均時間によって異なる

ズーム

2 1

倍)

メモリー ユーザーが構成可能な共有メモリー、

Fluke 435

では最高

15 MB

Fluke 434

では最高

7 MB

4

三相

+ N

での読み取り値

Nr

平均時間

0.5 0.5

10

2 0.5

10

時間

15MB

期間

を使った最長 7

66

時間

9

100 6

時間

333

10

18

間欠の測定 パラメーターの基本的な時間間隔測定は、

50/60 Hz

パワー・システムで

10/12

サイクル間隔です。 間欠測定は、ロガーの平均時間設定から選択されます。

注記

: IEC 61000-4-30 Clauses A.7

による

150/180

サイクル

(3 s)

間欠は、

SETUP

FUNCTION PREF

AGGREGation INTERVAL

設定から選択でき

ます。

モニター・モード

サンプリング 測定されるパラメーターにより、チャネルにつき

5

読み取り値

/

秒と

100/120

2

読み取り値

/

秒を組み合わせた連続サンプリング

ロギング時間

10 1

週間まで

メモリー 各読み取りの最小、最大、平均ポイント

1008

件、

10

分の分解能

制限

EN50160

23-9

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

測定方法

Vrms

Arms IEC 500/416

2 サンプルを使用して、重複

しない

10/12

2 サイクル連続間隔

Vpeak

Apeak 40µs 10/12

2 サイクル間隔内の絶対最高サンプル値

電圧のクレスト

ファクター

Vpeak

Vrms

の測定比

電流のクレスト

ファクター

Apeak

Arms

の測定比

ヘルツ

IEC61000-4-30

Vrms½

Arms½

値は

1

サイクルで測定されます。基本波がゼロに達すると開始され、半サイク

ルごとに更新されます。この手法は、

IEC 61000-4-30

に準じ、各チャネルで

独立しています。

高調波 に準じて、電圧及び電流で、

10/12

サイクルのギャップのない

高調波グループ測定から計算されます。

電力

VA

選択可能な総合または基本有効電力を表示

各相で

10/12

サイクル期間の瞬間電力の平均値を計算

総合有効電力

P

T

=P

1

+ P

2

+ P

3

選択可能な総合または基本皮相電力を表示

10/12

サイクル期間で

Vrms x Arms

を使って、皮相電力を計算

総合皮相電力は、有効及び皮相電力の二乗平均平方根

VAR

選択可能な総合または基本無効電力を表示

10/12

サイクル期間で、

VA

平方根から電力

(

ワット

)

を引いて無効電力を計算

容量負荷と誘導負荷は、容量アイコン、誘導アイコンで示されます。

力率

Cos ϕ

/ DPF

電力

/ VA

で計算

基本波電圧と電流間のコサイン角度

不平衡

IEC61000-4-30

フリッカー フリッカーメーター

-

機能及び設計仕様に準じます。

230V

50Hz

ランプと

120V 60Hz

ランプ・モデルを含む

トランジェント捕捉 信号枠でトリガーされた波形を捕捉します。ディップ、スウェル、間欠、

IEC61000-4-30

で指定されている電流レベルでもトリガーされます。

突入電流 突入電流は、

Arms

の半サイクルが突入しきい値を超えた時点から始まり、

Arms

の半サイクル

rms

が突入電流のしきい値からユーザーが選択したヒステ

リシス値を引いたものに等しくなるか下回った時点で終わります。測定値は、

突入期間中に測定された

Arms

半サイクル値の二乗平均平方根です。各半サイ

クル期間は、

IEC 61000-4-30

で推奨されているように連続していて重複があ

りません。マーカーにより、突入期間が示されます。カーソルを使って、

Arms

半サイクルのピークを測定できます。

メイン電源シグナリング 測定は、該当する

10/12

サイクルの

rms

値中間高調波ビンか

IEC 61000-4-30

に準じた

4

つの最も近い

10/12

サイクル

rms

値中間高調波ビンの

rms

を基に

しています。モニター・モードの制限設定は、

EN50160

Meistercurve (

マイス

ター曲線

)

」に準じます。

時間同期 オプションの

GPS430

時間同期モジュールは、イベントの時間タグ付けや時

間集積測定に、時間の不確かさ ≤

20 ms

または ≤

16.7 ms

2 を提供します。同

期が利用できなくなると、時間のしきい値が ≤

1-s/24h

になります。

23-10

仕様

電気的測定

23

配線構成

3Ø WYE

3Ø DELTA

1Ø + NEUTRAL

1Ø SPLIT PHASE

1Ø IT NO NEUTRAL

3Ø IT

3Ø HIGH LEG

3Ø OPEN LEG

2-ELEMENT

2½-ELEMENT

一般

三相

4

線システム

WYE

三相

4

線システム・デルタ

単相、ニュートラルあり

分割相

ニュートラルのない

2

相電圧を持つ単相システム

ニュートラル

WYE

のない三相システム

中央でタップした高レグを持つ

4

線三相デルタ・システム

2

つの変換器巻線を持つオープンなデルタ三相配線システム

L2 / B

に電流センサーのない三相

3

線システム

(2

ワット・メーター法

)

L2 / B

に電圧センサーのない三相

4

線システム

ケース

設計

耐水滴及び耐粉塵

衝撃及び振動

堅牢で、保護ホルスターが統合された耐衝撃型

傾斜スタンド位置で使用する場合は、

IEC60529

に準じる

IP51

衝撃

30g

、振動

: MIL-PRF-28800F

クラス

2

に準ずる

3g

シヌソイド、ランダ

0.03g

2

/Hz

画面

CCFL LCD

80cd/m

2

寸法

解像度

コントラスト

及び明るさ

115.2 x 86.4 mm

320 x 240

ピクセル

ユーザー調整可能、温度補正済み

メモリー

表示画面

50

データ

ロギング

ロギングを含むデータの保存用に

10

データ・メモリー

ユーザーが構成可能な共有メモリー、

では最高

7 MB

Fluke 435

では最高

15 MB

Fluke 434

4

制限テンプレート

2 2

管理者

(FlukeView

でプログラム可能

)

2

ユーザー

位置

リアルタイム・クロック 自動トレンド、トランジェント表示、システム・モニターでの時間及び日付ス

タンプ

23-11

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

機械的仕様

寸法

256 x 169 x 64 mm

重量

2kg

電力

ライン電力 と

230 V

の切り替え可能アダプター、国別の特殊プラグ付き

電源アダプター

入力電圧

バッテリー

15

23 DC V

、電源アダプター

BC430

のみを使用

バッテリー作動時間

充電式

NiMH BP190 (

収納済み

)

最低

7

時間

バッテリー充電時間

4 /006

バージョンは

8

時間

(

本器の電源はオフ

)

節電 バックライトの明るさ低減の時間調整可能、画面での電源インジケーター

付き

規格

使用される測定方法

IEC61000-4-30 A

測定性能

Fluke 435 IEC61000-4-30

クラス

A

Fluke 434 IEC61000-4-30

クラス

B

電源品質

EN50160

フリッカー

IEC

高調波

IEC

クロス・トーク

V

入力間

-60 dB @ Fnominal

電圧と電流入力間

-95 dB @ Fnominal

コモン・モード除去比

CMRR > 60 dB

安全規格への適合

準拠

IEC/EN61010-1-2001 CAN/CSA C22.2 No 61010-1-04 ( c

CSA us

承認を含

)

UL std No 61010-1

測定、制御、及びラボ使用の電気機器に関する安

全条件、パート

1:

一般的な条件定格

: 600V CAT IV 1000V CAT III

汚染度

2

1000 V CAT III / 600 V CAT IV

バナナ入力での

最大電圧

電流

BNC

入力

42 Vpeak

での

最大電圧

23-12

仕様

電気的測定

23

環境仕様

作動温度

: 0

°

C

+50

°

C

バッテリーのみ、

0

°

C

+40

°

C

アダプター付き、

仕様内

+15

°

C

+35

°

保管温度

-20

湿度

10

30

°

C:95% RH

結露なし

30

40

°

C:75% RH

結露なし

40

50

°

C:45% RH

結露なし

(

バッテリーのみ

)

最大作動高度

3000m

2000m

を超える場合は

1000 V CAT II / 600 V CAT III / 300 V

CAT IV

最大保管高度

12 km

プリンターとインターフェイス

型 シリアル、光絶縁。

PM9080 (RS-232)

または

OC4USB (USB)

と互換

ボーレート

1200

2400

9600

57k6

出力

(

白黒のみ

)

オプションのアダプター

PM9080

または

PAC 91

を介して

印刷プロトコル

Epson FX LQ

Deskjet

LaserJet

DPU-414

PostScript

電磁互換性 (EMC)

顧客仕様 項目

放射及びイミュニティ

EN-61326

追加情報

標準のアクセサリーを含む

Fluke 434/435

は、

EMC

イミュ

ニティに関する

EEC

規格

89/336

に準拠。下の表に加え、

EN-61326

による定義。

周波数

80

400 MHz

400

600 MHz

600 MHz

1 GHz

変動要因

< 0.5 %

変動要因

< 10 %

すべてのレンジ

すべての他のレンジ レンジ

すべてのレンジ

本器は、

400

600 MHz

で、

10 V/m

のフィールド強度をもつ

RF

フィールドに対して影響を受けます

(

性能条件

B)

1

クランプのスケーリングに依存する電圧スケーリング 1:1

2

IEC 61000-4-30 に準じる 50Hz/60Hz 公称周波数

3

クランプ確度を加算

4

ロギング及びメイン電源シグナリング機能は、Fluke 434 ではオプション、

Fluke 435 では標準装備

5 基準電圧入力 A/L1 で測定

23-13

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

6

最長 9999 時間

7 予測期間

8 i430flex を使用する場合は、電流には ±(n-1) x 2.5° を加えます。

23-14

索引

1

150/180 のサイクル, 5-3, 20-8

3

3 s, 5-3, 20-8

A

A レンジ, 20-4

B

BNC 入力, 6-1

C

CF, 8-1

CHG, 9-5, 17-7, 18-6

Cos ϕ, 11-2

D

DC, 10-1

DIP, 9-5, 17-7, 18-6

DIRS, 18-1

DPF, 11-2

F

F1~F5, 5-4

Fluke 434, 14-1, 15-1, 21-1

Fluke 435, 3-1

Freq, 20-4

Full (全て), 11-1

FUNDamental (基本波), 11-1

G

GPS 時間, 20-2

GPS 信号, 5-3

H

Hx, 18-6

I

INT, 9-5, 17-7, 18-6

K

K ファクター, 10-1 kVA, 11-2 kVAR, 11-2 kW, 11-2

P

PC, 21-3

PF, 11-2

R

RS-232 のセットアップ, 20-12

S

SWL, 9-5, 17-7, 18-6

T

THD, 10-1

U

U、不安定, 5-3

1

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

V

Vnom, 20-3

— あ —

明るさ , 4-3

アクセサリー

, 1-1

アクティブなパワー , 11-2

安全

, 1-1

— い —

色 , 5-2, 20-12

インターハーモニクス

, 10-1

— お —

大きさ

, 9-1

オシロスコープ , 7-1

オプション

, 22-1

オプションの部品 , 22-3

オフセット

, 20-7

オフセットとスパンの変更 , 20-9

— か —

カーソル

, 19-1

カウント・ダウン , 5-3

確率

, 18-2

画面 , 4-3

画面タイプ

, 5-1

間欠 , 5-3, 9-1, 20-8

— き —

キーボードのロック , 4-3

記号

, 5-3, 18-6

技術データ , 23-1

基準相

, 6-2

輝度ゆらぎ , 12-1

機能

, 3-1

機能設定 , 20-7

基本波

, 11-1

急瞬な電圧変化 , 9-1

記録

, 5-3

— く —

クランプ , 20-4

クリーニング , 22-1

クレスト・ファクター

, 8-1

クレスト・ファクター , 8-1

クロック

, 5-3

— け —

傾斜スタンド , 4-1

言語 , 20-4

顕著なパワー

, 11-2

— こ —

公称周波数 , 5-3

工場出荷時の初期設定

, 20-12

工場出荷時のデフォルト , 4-4

公称ライン電圧

, 5-3

校正 , 23-1

構成

, 5-3

構成、配線 , 20-3

高調波

, 10-1

高調波のフィルタリング , 10-2

コントラスト

, 4-4

コントラストの調整 , 20-12

— さ —

サービス・センター , 1-1

残像

, 14-2

— し —

シール , 6-1

時間

, 5-3

しきい値 , 9-1, 15-2

シグナリング

, 16-1

システムのモニター , 3-1, 18-1

事前設定値

, 20-1

持続時間 , 9-1

指定間隔

, 11-4

自動オン /オフ, 20-7

出荷ノート

, 1-1

瞬間フリッカー , 12-2

信号の極性

, 6-2

真のパワー , 11-2

— す —

スウェル , 9-1

数値

, 8-1

ズーム , 5-3, 19-1

スタート・ガイド

, 2-1

ステータス・インジケーター , 5-3

ステッカー

, 6-1

スパン , 20-7

全て

, 11-1

すべて消去 , 20-12

2

— せ —

制限 , 5-3, 18-2

制限のセットアップ , 20-13

正のシーケンス

, 10-4, 13-4

ゼロ・シーケンス

, 10-4

ゼロシーケンス

, 13-4

— そ —

相識別 , 20-11

相の色

, 5-2

相の回転 , 5-3

相の設定

, 7-2, 13-3

測定モード , 3-2

ソフトキー

, 5-4

— た —

短期深刻度

, 12-2

単相 , 6-2

— ち —

長期深刻度

, 12-2

— つ —

吊り下げストラップ

, 4-1

— て —

ディップ

, 9-1

データセット , 21-1

適合性 , 1-1

デフォルト設定 , 20-8

デモ・モード

, 20-8

電圧レンジ

, 1-7

電源アダプター

, 1-6

電源 , 4-2

電力品質のモニター , 18-1

電流クランプ , 6-2

電力及びエネルギー

, 11-1

— と —

特性 , 23-1

突入電流

, 15-1

突入電流時間 , 15-2

トラブルシューティング

, 22-3

トランジェント , 14-1

トリガー条件

, 20-7

トレンド画面 , 5-2

— に —

入力 , 6-1

— は —

バージョンと校正 , 20-4

配線構成

, 5-3

配線構成の変更 , 20-5

バッテリー充電器

, 1-6

バッテリーの充電 , 4-2

バッテリーの状態

, 22-1

バッテリーの節約 , 20-12

バナナ入力

, 6-1

パルス・カウント・モード , 11-2

— ひ —

ヒステリシス , 9-1, 15-2

皮相電力

, 11-2

日付 , 5-3, 20-3

表画面

, 5-2

表示画面 , 21-1

標準の部品

, 22-2

— ふ —

フェーザー画面 , 7-2

負のシーケンス

, 10-4, 13-4

部品 , 22-2

不平衡

, 13-1

フラグ済み , 5-3

フリッカー

, 12-1

プリンター , 21-3

プリンターのセットアップ

, 20-12

— へ —

ベクトル図

, 7-2

変位力率 , 11-2

変動基準電圧

, 9-1

— ほ —

保管

, 22-1

保証 , 1-1

ボルト /アンペア/ヘルツ, 8-1

本器のセットアップ , 20-1

— ま —

マニュアル

, 2-1

— む —

無効電力

, 11-2

索引

(

続き

)

3

Fluke 434/435

ユーザーズ・マニュアル

— め —

メイン電源シグナリング , 16-1, 18-2

メーター画面 , 5-2

メニュー・ナビゲーション

, 4-3

メモリー

, 21-1

メモリー構成

, 20-11

メモリーの使用 , 21-1

メモリー構成 , 21-1

— も —

モニター , 3-1, 18-1

— ゆ —

有効電力 , 11-2

ユーザー

ID, 20-12

ユーザーズ・マニュアル , 2-1

誘導負荷 , 11-2

— よ —

容量性負荷 , 11-2

読み取り値の選択

, 17-2

— り —

力率 , 11-2

リセット

, 4-4

利用率 , 11-1

— ろ —

ロガー , 17-1

ロック

, 4-3

ロックされたキーボード , 5-3

4

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project