プロテオーム研究における二次元電気泳動法 及び MelanieⅡ - Bio-Rad

プロテオーム研究における二次元電気泳動法 及び MelanieⅡ - Bio-Rad
Nippon
Bio-Rad Laboratories
1998 MAY
目 次
●プロテオーム研究における二次元電気泳動法及びMelanieⅡソフトウェアの有用性 ………………………1
●パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法による感染症の分子疫学的解析のTips………………………4
●D Codeシステムを用いたミューテーション解析について ……………………………………………………6
●キャピラリー電気泳動装置「バイオフォーカス」2波長レーザー誘導蛍光検出器 LIF 2 Detector ……9
●ホールゲルエリューターによるPAGEゲルからのサンプル回収 ……………………………………………11
プロテオーム研究における二次元電気泳動法
及び MelanieⅡソフトウェアの有用性
順天堂大学医学部中央機器分析室 進藤典子 村山季美枝
象の変化に関わる蛋白質を的確にとらえてゲノムとの関
連を明らかにしようとする動きが1994年、オーストラリ
アのマッカリー大学ウイリアムス教授等により始められ
た。オーストラリア政府は国をあげてその研究を支援し
た。当時大学院生であったウイルキンスがゲノムを反映
し た 蛋 白 質 を 表 現 す る 為 に “ Proteome (Protein +
Genome)”という造語を世に送り出した。その後彼はジュ
ネーブ大学に移り、精力的にこの分野の研究を進めている。
これを機にプロテオーム研究がヨーロッパを中心に急
速に拡がっていった。そこでの基本手法は、次の通りで
ある。①ある状況下の細胞或いは臓器における全蛋白質
分布の鳥瞰図を得る。②焦点となる蛋白質スポットがデ
ーターベース上の既知の蛋白質であるか否かをDNAの情
報を含めて検索する。③未知蛋白質の場合はその蛋白質
の構造および機能を明らかにする。将来的には全てのス
ポットを同定し、完全な鳥瞰図マップの作製をめざして
いる。生理的な環境変化で、このマップ上のある蛋白質
の量或いは質の変化を観察し、最終的にその蛋白質の機
能を明らかにすることを目的としている。
ゲノムからプロテオーム研究への流れ
1986年に始まった、高等生物であるヒトのゲノム解析
は当初の予定である2005年を大幅に上回って完了しそう
である。一方、1995年のヘモフィラス インフルエンザ菌
(Haemophilus influenzae)の全DNA解読を皮切りに、大
腸菌やらん藻等5種類のDNA解読も終了した。これらを
含めると、1997年3月現在で50種類の細菌のゲノム解析
が国際的な協力体制の元に実施されている。ゲノム時代
は、一挙に開花した感がある。これはゲノム解析に対す
る人々の期待が如何に大きいかの反映でもある。然し、
ゲノムの機能はその遺伝子配列情報のみで決定する事は
できない。一つの遺伝子が造り出す蛋白質はスプライシ
ングの程度と翻訳後修飾の種類(プロセッシング、リン酸
化、糖化、メチル化、N-、C-末の修飾)によって何種類にも
及ぶことがある。これ以外にも①発生や分化のある特定
の時期にのみ発現する蛋白質、②正常成分である蛋白質
が、何時、どのくらいの量の遺伝子から翻訳されるか、
③薬物、加齢、疾患により発現する蛋白質の同定等の各
種蛋白質の変化をゲノムのDNA配列情報から予測するこ
とは困難である。
ゲノムが明らかになった細胞や組織においては、ゲノ
ム情報を発現する蛋白質を同定しその機能を明らかにす
る段階に至っている(1)。細胞や組織単位で存在する何千と
いう蛋白質を鳥瞰図としてデーターベース化し、生命現
二次元電気泳動法の開発
この鳥瞰図マップを作製する手法として蛋白質の二次
元電気泳動法(2-D PAGE : Two dimensional polyacryl-
1
amide gel electrophoresis)が利用された。これは20年以
上前に開発された手法であるが、蛋白質をその等電点と
分子量の大きさにより分離する分解能の高い分離分析手
段である。2-D PAGEにおける一次元分析の等電点電気泳
動には伝統的なキャリアアンフォライトが用いられてい
る。一般にキャリアアンフォライトはpH勾配の再現性に
問題があり、2枚のゲルを比較検討するためには習熟し
た技術が求められた。
1980年代になりpHを固定化した “Immobilized pH Gradient gel”(IPG gel)が開発され、pH勾配の再現性が大幅に
改善された。その結果、2枚のゲル比較が格段に容易に
なった。その上、ゲルのpH範囲(pH3-12)や試料負荷量
(1-15mg)も近年になって著しく改良され、市販されるよ
うになった為に、適用範囲も拡がった。現在16cm×18cm
のポリアクリルアミドゲル上で3000個に及ぶ蛋白質をス
ポットとして分離する事が可能となった。その結果IPGゲ
ルのプロテオーム研究に果たす役割は著しく上昇した。
実際にHsich等は、このIPGゲルを使い、Creuzfeldt-Jakob
病(狂牛病)患者の脊髄液中に正常人には存在しない二
つの蛋白質スポット130と131とを見つけ、これらが本来、
脳内蛋白質として知られている14-3-3 (protein kinase C
inhibitor protein-1)であることを証明した。従来生前診断
法がなかったこの疾患の指標になることを示した(2)。
この様な2-D PAGE像はスキャナーやCCDカメラ等を使
った市販の装置によりデジタル化された後に解析される。
IPGゲルの開発により再現性が向上したとはいえ、2枚の
2-D PAGE像をそのまま合致させるほど完全な再現性は得
られない。そこで、このデジタル化されたイメージを使
ってわずかなゲルの歪みをゲル中の適当な指標を利用し
てコンピュータで補正する。その結果、スポットの位置、
量変化、pI、MW (Dalton)に関する信頼性の高いデータが
得られるようになった。
スポット同定を行うに際して注意すべき事は、標準ゲ
ルと同一条件(試料の処理、ゲル、及び泳動条件)の試
料ゲルを作製することである。これらに関しては文献、
或いはExPASy (Expert Protein Analysis System)の中にプ
ロトコールとして示されている(http://exspacy.hcuge.ch.
ch2d/technicalinfo.html)。
(A)
試料ゲルA
パーソナルコンピューター
MelView / MelBatch
試料ゲルA
試料ゲルB
試料ゲルB
試料ゲルC
(or標準ゲル)
試料ゲルC
(or標準ゲル)
(B)
試料ゲルA
パーソナルコンピューター
MelView / MelBatch
試料ゲルA
試料ゲルB
Protein
Informations
試料ゲルB
Mater gel
Melanie II 2-D PAGE
(SWISS-2DPAGE master gels 16種類の
ディスクパッケージ)
(表1-B)
P02990
(同定されたAC number)
Internet
server (ExPASy, etc)
Databases (Swiss Prot, etc)
図1. Malanie IIソフトウェア概念図
これとは別に、図1-Bに示すMelanie II独自の使用法があ
る。現在、世界のどこからでもインターネットを使ってア
クセスすることが可能な人細胞及び臓器或いは微生物等の
標準ゲルの2-D PAGE像のデータベース化が進んでおり、表
1-Aに示す19個のデーターベースサイトが存在している。
Melanie IIはこの中のSWISS-2D PAGE(☆ 印)の16種のマ
スターゲルイメージ(表1-B)を収録したディスクパッケー
ジ(version 2.2)を有しており、MelViewを介してそれらの
標準ゲルの2-D PAGE 像と同一条件で分析した手持ちのゲル
を比較することができる。その結果、一致したスポットの
蛋白質情報を得るためにインターネットを用い{ExPASy
(http://exspasy.hcuge.ch/)等}上記データーベースサイトに
直接アクセスすることができる(3)。蛋白質名はSWISS-PROT
のAC (Accession number)か、略称で表示されている(図2.)。
プロテオーム研究の主旨から未同定スポットは相当の早
さで同定されていくであろうと思われる。又標準となるゲ
ルの種類も急速に増加することが予測される。これに合わ
せて既に使用しているマスターゲル情報を更新していかな
ければならない。これらのデータの更新、追加はインター
ネット経由で簡単に出来ると言われている (4)。しかしなが
ら、蛋白質の情報量が多い為に通常のパソコンでは実行で
きず、Solarisの作業環境下で動く Sun Microsystems Workstationsを用いる必要がある。一方、現在のMelanie IIのソ
フトプログラムはパソコンで使用出来る利便性はあるが、
マスターゲルの更新はメーカーのversion upを待たなければ
ならない。
現在はその他のインターネットによる蛋白質解析方法と
して NCI-Flicker (http://www-lecb.ncifcrf.gov/flicker/)(5)が
蛋白質スポット解析における
MelanieⅡソフトウェアの役割
Melanie IIは1991年ジュネーブ大学のRon D. Appel等が
プロテイン解析の為に開発した。試料のゲルイメージを
既にスポットが同定されている標準ゲルイメージと比較
することができるソフトウェアは各社のイメージアナラ
イザーにインストールされているが、Bio-Rad社のMelanie
IIもその一つである。図1-Aに示すごとくMelanie IIソフト
ウェアにあるMelViewまたはMelBatchのコマンドを用い
て各研究者が独自の研究分野のデーターを比較し保存す
ることができる。
2
Bio-Rad Laboratories
☆表1-B
報告されているが、インターネットを長時間占有する不
便さ、或いはコンピューターの性能等の問題があり、現
実には解析の検討を行っていない。
以上プロテオーム研究における二次元電気泳動法及び
Melanie IIのソフトウェアの有用性について記したが、
日本におけるこの分野の研究は緒についたばかりであ
る。World wideの比較がどの程度可能であるかは研究者
が作製する試料ゲルが標準ゲルに近いものであるか否
か、またMelanie IIソフトウェアの使いやすさやデータ
更新の容易さが鍵となるであろう。
文献
(1) "Proteome Research : New Frontiers in Functional
Genomics", 1997, edited by D. F. Hochstrasser,
Springer-Verlag Berlin
(2) HsichG, et al. N. Engl. J. Med, 1996, 335, 824-930
(3) Appel, RD, et al. Electrophoresis, 1997, 18, 2724-2734
(4) Hooglnd C., et al. Electrophoresis, 1997, 18, 2755-2758
(5) Lemkin, P. F., Electrophoresis, 1997, 18, 2759-2773
表1-A
SWISS-2DPAGE map (version 2.2)
Human biological map
1. Colorectal-epithelia-cells
2. Cerebrospinal-Fluid
3. Erythroleukemia-Cell
4. H epG2
5. HepG2-secreted proteins
6. Human-promyelocytic-leukemia-cells
7. Liver
8. Kidney
9. Lymphoma
10. Plasma
11. Platelet
12. Red-blood-cells
13. Macrophage-like-cell-line
Others
14. Dictyostelium-discoideum
15. E.coli
16. Yeast
(Sanchez etal. 1995; Electrophoresis 16, 1131-1151, Appel et al. 1996:
Nucleic Acids Res., 24, 180-181)
2-D PAGEデータベース
WORLD-2DPAGE
http://www.expasy.ch/ch2d/2d-index.html
☆ SWISS-2DPAGE
http://www.expasy.ch/ch2d/ch2d-top.html
YPM
http://www.ibgc.u-bordeaux2.fr/YPM
YEAST 2D-PAGE
http://yeast-2dpage.gmm.gu.se/
ECO2DBASE
http://pcsf.brcf.med.umich.edu/edu/eco2dbase
Sub2D
http://pc13mi/biologie.unipgreifswald.de/
Cyano2Dbase
http://www.kazusa.or.jp/tech/sazuka/cyano/proteome.html
Aberdeen 2-D db
http://www.abdn.ac.uk/~mmb023/2dhome.htm
Maise 2-D db
http://moulon.moulon.inra.fr/imgd/
Fly 2-D db
http://tyr.cmb.ki.se/
LSB 2-D db
http://www.lsbc.com/2dmaps/patterns.htm
HSC-2DPAGE
http://www.harefield.nthames.nhs.uk/nhli/protein/
HEART-2DPAGE
http://www.chemie.fu-berlin.de/user/pleiss/dhzb.html
HP-2DPAGE
http://www.mdc-berlin.de/!emu/heart/
Danish 2-D db
http://www.biobase.dk/cgi-bin/celis
Emb.stem cell
http://www.ed.ac.uk/~nh/2DPAGE.html
A375 UCSF 2-D
http://rafael.ucsf.edu/2DPAGEhome.html
ANGL Breast 2-D
http://www.anl.gov/CMB/PMG/projects/index_hbreast.html
Colon carcinoma
http://www.ludwig.edu.au/www/jpsl/jpslhome.html
文献1 pp.127 Table 5.1より抜粋
図2. 固定されたスポットの種々のデータベース情報
3
パルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)法による
感染症の分子疫学的解析のTips
横浜市立大学医学部小児科・臨床検査部 満田年宏
中の細胞からDNAを抽出する処理行程はEppendorfチュー
ブの開閉回数が多く、周囲への汚染のリスクはかなり高
い。O157 : H7、結核菌をはじめとして、多剤耐性化傾向
にある細菌や治療法の確立していない細菌を取り扱う際
には、さらに細心の注意を要求される(種によってはP3
を使用)。proteinase K処理が済んだところで、Eppendorf
チューブを新しい物と交換すると汚染のリスクは軽減出
来る。通常はこの段階までは感染力ありとして取り扱っ
て欲しい。芽胞形成菌・真菌・抗酸菌に関しては、最後
まで気を抜かない方がよい。著者は念のため、新菌種に
挑むときには、どこまで生菌が残存するのか、コントロ
ールスタディーを行う事にしている。結核菌に関しては、
バイオラッド社では現在GenePathの結核菌用キットを開
発中で、開発者によると汚染対策に関するガイドライン
策定にはいま暫くかかるとのことである。必要に応じて、
ディスポ器材のオートクレイブ処理や、機器の80%エタノ
ールまたは次亜塩素酸処理を行う。
はじめに
開発以来、主に染色体遺伝子のサブクローニング技術に
使われてきたパルスフィールドゲル電気泳動法は、1990年
代に入ると遺伝的多型性解析(PFGE-RFLPs)の一手法とし
ての可能性が研究され始めた。そして応用範囲がMRSAの
院内感染ルートの解明に応用され始めると(1)、その後は適
応菌種を着実に増やし、現在では培養可能なほとんどの臨
床細菌において報告がなされている。これら膨大なデータ
ーの蓄積により、今日では多型性解析のgolden standardと
して、ことに新興・再興感染症分野で実践的に使われてき
ている。PFGEは、1996年、我が国でおこったVero毒素産
生性腸管出血性大腸菌O157 : H7の集団感染の多発に際し
”遺伝子型別判定法”
として、間接的ではあるがその存在は
全国民に知れ渡ることとなった。著者はこの頃、耐熱性毒
素産生性毒素原性大腸菌O25 : NMの800人を越える集団感
染事例の解析に明け暮れていた(2)。今日、Internetを介し全
世界の感染症疫学研究者が、リアルタイムで種々の感染症
の集団感染の事例を報告することで、短期間に全世界的な
感染源追求のための調査が遂行できるようになりつつあ
る。なんと、mass productionとして一般消費者に出荷され
た食品や生物を媒介して、全世界的な規模で集団発生が起
こっていることが解ってきたのだ。たとえばアルファルフ
ァモヤシを介しての、サルモネラ感染症の報告事例がある。
このケースでは菌は種子からは検出されなかったが、世界
各地での喫食調査において、アルファルファモヤシが共通
食材として残り、さらに患者は国は違えども同じ種子会社
の生産した種子をもとに栽培されたモヤシを喫食していた
のである(3)。そして、PFGE-RFLPsの結果もそれを裏付け
ていた。このように、交通手段の加速している現代では、
従来の待っている検疫体制ではもはや限界である。個々の
国を集団感染から防衛するには国際協力が必須である点
で、米国疾病対策センターCenters for Disease Contorol and
Prevention (CDC)も世界保健機構WHOも認識が一致してい
る。以下、PFGE-RFLPsによる疫学解析法施行時の注意事
項とtipsを以下項目別に述べることにする。
作業効率の改善
現在のところ、PFGE-RFLPs解析の殆どの行程が用手法
に頼っている。このため、1日に作業可能な検体数は自ず
と決まってくる。汚染を最小限にとどめるためにも菌液
濃度の調整は、キュベットでなくディスポーザブルの試
験管で直接菌液濃度が測定可能なタイプの分光光度計を
用いると簡便でよい。MacFaland指数に応じた標準液
(ATCCの菌株のカタログに定義が記載されている)を置
き、対比して菌液濃度の指標とすると良い。小型のサン
プルゲルブロックの操作は、検体がアガロースなので、
細心の注意が必要となり、作業効率を悪くする。サンプ
ルゲルブロックの洗浄器が商品化されるまで、当分この
悩みはつきない。作業効率に関しては、大いに問題を感
じるので、今後の技術革新に期待したい。
サンプルプラグをウエルに充填する際に、失敗しないた
めのtipsを紹介しよう。通常サンプルはコームで作成したウ
エルに後から充填するが、挿入時にプラグが曲がったり折
れたりするのでこれを避けるために、予めコームにプラグ
を付着させ、溶解しているアガロースを糊代わりに用いて
周囲を固定しておき、そのコームを立てて、この状態でアガ
ロースをゲルトレイに充填してしまう。こうすると、コー
ムを引き抜くと、サンプルプラグは電気泳動用のアガロー
ス側に固着し、ウエルのみ作成されることとなる。このウ
エルはアガロースで単純に充填しておけばよい(図1.参照)
。
汚染対策
まず対象とする検体が、感染性微生物であるである点
を改めて認識して欲しい。それぞれの菌種に対し、一般
的な取り扱いに関するバイオハザードレベルはCDCの基
準に準ずるべきである。ことにアガロースゲルブロック
4
Bio-Rad Laboratories
体としてのDNA制限酵素切断断片としてみたとき、質量は
このような既存の分子量マーカーが正確に情報を伝えてい
るのかどうなのかということが問われる。現在CDCでは米
国バイオラッド社と共同で、各菌種毎に特定のAmerican
Type Culture Collection(ATCC)株のGenomic DNAを特定
の制限酵素で切断したものをマーカーとして使用する試み
を行っている。将来的にCDCスタンダードとして各菌種毎
に推賞される分子量マーカーが登場するかも知れない。現
状で可能なのはGenePathシステムのスタンダードモジュー
ルに梱包されているATCC株がその目的で採用される可能性
が高いので、これらも同時に処理して泳動しておくことを
お薦めする。
[従来法]
従来法ではまずコームでウエルを作成し、出来たウエルにアガロースブロックを包埋し
ていたが、取り扱いが困難で、習得に時間を要した。
アガロースで包埋
泳動方向
泳動用アガロース サンプルプラグ
[改良法]
改良法ではサンプルブロックをコーム側にまずアガロースで固着し、一体化したもの
を用いてウエルを作成する。コームを除くとサンプルが電気泳動用のアガロースと一
体化し、そのまま泳動できる(ウエルはダミーなので使用しない)。
ウエル作成用コーム
1
固定用アガロース
2
3
4
5
サンプルウエル
解析画像のデーター処理
サンプルブロック
PFGEの済んだアガロースゲルは、EtBr染色を行った後画
像解析のために、カメラに画像を取り込むが、システムによ
っては直接ポラロイドの様なアナログ画像に取り込むより
は、イメージを直接デジタル化しておいた方が、最終的に得
られる情報量が多くなる。即ち、写真フィルムのラチュード
よりもデジタル情報の方が、系統樹作成ソフトウエアで解析
する際に、有利なことが多いのである。この分野もコンピュ
ータの低価格化に伴い、コストはまだ高いが、製品の実用性
は十分である。系統樹作成ソフトウエアのアルゴリズムに
は現在数種類あり、これらの何れを用いても、だれもその正
当性を科学的に証明出来ているわけではない。あくまでも
一定の数式(理論式)にあてはめて仮定しているのみで、こ
の点から、そのデーターはあくまで参考に過ぎない。視覚的
にデーターを変換するので、プレゼンテーションには向いて
いるが、解析結果は将来的に再評価が必要である。たとえば、
ある時、ファージが感染してその遺伝子の一部が、菌の染色
体DNAに取り込まれたとする。すると、挿入部位を含むの
フラグメントは、肥大化し、極端に、分子量の変化を来しう
るのである。このような変化は実験的には証明されている
が、現在のソフトウエアはその理由付けまでは推論してく
れないのである。CDCから細菌のPFGE-RFLPs解析の暫定
案が示されているがこちらも基準が曖昧である(4)。その他
基本的なテクニックは文献を参考にして欲しい(5)。
泳動用アガロース 泳動方向
固定用アガロース+サンプルブロック
図1. 改良用サンプルプラグ包埋法
多型性解析に使用する制限酵素の至適化
特定の菌種において、どの制限酵素がいかに効率よく多
型解析に応用できるかが一つの課題である。この基礎検討
には、膨大なデーターの蓄積のための労力とコストを必要
とする。特定の菌種に、ある酵素を用いると多型性があるこ
とが報告されると、その程度に関わらず、他の研究者たち
が後追いするように同一の酵素を用いて報告し始める傾向
がある。例えば特定の菌種を1,000株調べても、ある酵素で
殆ど多型性がなく、ある酵素では20程度、ある酵素では600
の多型性がみられたりと、制限酵素の認識部位と多型性なら
びに変異度に関連して変化に富む。疫学的目的の多型解析
では、多型性の頻度の明らかになっている制限酵素を用い
て比較検討する必要があるのだ。このような地道な基礎デ
ーターとりの作業は是非、菌株保存施設の研究者に提供し
てもらわなければならない。しかし、データーの過信は禁物
である。PFGE-RFLPsはあくまでも全塩基配列データーが簡
便に比較できるようになるまでの報告では不十分と感じる
菌種に対しては、まず、自らが検討する必要がある。
著者ホームページは "http://163.212.126.148/MolEpidemiol.html" である。
(1) T. Mitsuda, K. Arai, S. Fujita, and S. Yokota. Journal of Hospital
Infection, 31, 123-134, 1995
(2) T. Mitsuda, T. Muto, M. Yamada, K. Kobayashi, M. Toba, Y. Aihara,
A. Ito and S. Yokota. Journal of Clinical Microbiology, 36, 652-656,
1998
分子量マーカーの意味付け
現在国内の多くの研究者は分子量マーカーとして、50Kb
DNAラダーなどのコマーシャルベースの分子量マーカーを
選択しているものと拝察する。ここに問題点が1つある。通
常のミニゲル電気泳動と異なり、PFGE-RFLPsでは解析の対
象とするDNA断片がkb∼Mbのオーダーと大きいので、菌種
によってはA・T・G・Cの各組成に偏りが見られる。集合
(3) R. Puohiniemi, T. Heiskanen, A. Siitonen. Journal of Clinical Microbiology, 35, 2487-2491, 1997
(4) F.C. Tenover, R.D. Arbeit, R.V. Goering, P.A. Mickelsen,
B.E.Murray, D.H.Persing and B.Swaminathan. Journal of Clinical
Microbiology, 33, 2233-2239, 1995
(5) 満田年宏、荒井一二、川本 進、横田俊平. 日本細菌学会誌, 50,
1077-1086, 1995
5
D Codeシステムを用いたミューテーション解析について
日本バイオ・ラッド ラボラトリーズ㈱ ライフサイエンス事業部 プロダクトサポート
B. ゲル
DGGE:尿素とホルムアミドのリニア変性剤濃度勾配ポリ
アクリルアミドゲルを使用する。7M尿素、40%ホルムア
ミドが100%変性剤濃度となる。変性剤濃度勾配は泳動方
向に対して垂直方向又は平行方向が用いられる。垂直ゲ
ルを使用した場合、通常、0-100%または20-70%といった
ような範囲で変性剤濃度勾配が用いられる。それに対し
て平行DGGEでは変性剤濃度勾配は泳動方向に対して平行
に濃度勾配が作製される。
CDGE:尿素とホルムアミドの均一変性剤濃度ポリアクリ
ルアミドゲル。変性剤濃度はDGGEによって決定する。
1. はじめに
分子生物学の分野においてミューテーションを検出す
ることは非常に重要な意味を持つ。遺伝子の欠失、挿入、
塩基置換等のスクリーニングにはこれまでサザンブロッ
ティング等が用いられてきたが、近年、DNAのミューテ
ーションを検出するために多くの手法が開発された。こ
れまで使用されてきた最も一般的な手法としてはSingleStrand Conformational Polymorphism(SSCP)、Denaturing
Gradient Gel Electrophoresis (DGGE)、Temporal Temperature Gradient Gel Electrophoresis (TTGE) などがあげら
れる。そしてまた、これらの手法はミューテーション検
出だけでなくDNA多型の解析にも用いられている。ここ
ではこれらの手法の原理、特長についてDCodeミューテ
ーション検出システムを用いたデータを含めて紹介する。
C. 泳動温度
一般にDGGEは50-65℃の一定温度で行なう。DNAは変
性剤濃度と泳動温度との相互関係によって変性する。
D. サンプル
DNAサンプルはPCRによって増幅する。PCRの際、GC
クランプという40bp程度のGC richな配列をサンプルに付
加させることにより、高い検出効率が得られる。(2)(3)
垂直DGGEの場合は、mutant typeとwild typeのDNAを
混合して泳動し、バンドが複数検出された場合ミューテー
ションがあると判断され、バンドが枝分かれをしている変
性剤濃度のCDGEでスクリーニングを行なうことができる。
2. 変性剤濃度勾配ゲル電気泳動法 DGGE/CDGE法
(DGGE: Denaturing Gradient Gel Electrophoresis、
CDGE: Constant Denaturant Gel Electrophoresis)
A. 原理
変性剤濃度勾配ゲル電気泳動法DGGE はDNA断片中の1
塩基の違いを検出する際非常に有効な手法である。DGGE
法による分離はFisherとLerman(1)によって発表された。変
性剤濃度勾配ゲルの変性剤濃度に応じて2本鎖DNAは
“メルティングドメイン”ごとに解離していく。これらの
“メルティングドメイン”にはそれぞれ塩基配列に依存し
た解離温度(Tm値)を持ち、それらは塩基配列が異なれば
Tm値も異なる。DNA鎖は、低いTm値を持ったメルティ
ングドメインからその解離条件(変性剤濃度)に達すると部
分解離していく。部分解離したDNA鎖はポリアクリルア
ミドゲル中での移動度が非常に小さくなる。つまり、塩
基配列の違いが移動度の差となりmutant typeとwild type
の分離が可能となる。これにより99%にのぼる検出効率
が得られる。(図1)
E. データ
β-グロブリン遺伝子のミューテーション検出を垂直
DGGE、CDGEで行なった。
サンプル:wild typeと3種類 IVS1-1、IVS1-6、IVS1-110の
mutant typeの計4種である。
4種のゲノムDNAからPCRによってGCクランプ(40bp)が
付加された281bpのPCR産物を生成し、DGGE/CDGE法で
解析した。
1) 垂直DGGEを用いて最適な変性剤濃度を決定する。
7.5cmx10cm、1mm厚、8%アクリルアミド/ビス
(37.5:1)ゲル、20-70%変性剤グラジェント、1xTBE、
130V、3時間、56℃にて泳動を行なった。(図2)
このように泳動方向に対して垂直の変性剤濃度勾配ゲ
ルによって濃度による移動度が連続的に確認できるため、
DNAの移動度の差が大きく見られる変性剤濃度が簡単に
決定できる。これにより次の多検体スクリーニング
(CDGE法)の条件設定を容易にする。
Denaturant
0%
100%
*
Partially
melted
“mutant”
Single
strands
Electrophoresis
Partially
melted
“wild type”
Wild Type
* Mutant
Double strand
2)20-70%の垂直ゲルにおいてほぼ45%付近でバンドが枝
図1. 垂直DGGE
6
Bio-Rad Laboratories
C. 泳動温度
TTGEゲルは40-70℃の範囲で泳動する。
MacMeltソフトウェアを用いて塩基配列メルティングプ
ロファイルを求めることによって泳動開始温度と泳動時
間、泳動温度の上昇率を決定する。
分かれしている。このように移動度の差が最も大きく、枝
分かれしている部分の濃度を決定し、変性剤濃度が均一な
CDGEゲルを作製、スクリーニングを行なった。(図3)
結果
このように垂直ゲルによって決定した均一変性剤濃度
ゲルによってHomoduplex、Heteroduplexの4種のサンプ
ルを区別することが可能であり、効果的な多検体のスク
リーニングが可能となる。
泳動条件の決定
MacMeltソフトウェアの値はTm値を算出するソフトウ
ェアである。メルティングプロファイルの値を直接用い
て泳動温度を決定することが可能である。泳動温度の
Ramp Rateの範囲は、GCクランプのついていないDNA配
列の一番高いTm値と低いTm値をメルティングプロファイ
ルから求め、それをもとに算出する。(図4)
詳細はBulletin2107をご請求下さい。
1
図2. Perpendicular DGGE
separation of β-thalassemia
mutant IVS1-6 run on the
DCode system. The optimum
denaturant concentration to
use in a CDGE gel was determined at the location where
the maximum split occurs
between the heterozygous
and homozygous alleles.
2
3
4
5
図3. CDGE separation of β-
図4.
thalassemia samples run on
the DCode system. Lane 1,
compound mutant sample
IVS1-1 + IVA1-6; lane 2,
mutant sample IVS1-1; lane 3,
mutant sample IVS1-6; lane 4,
mutant sample IVS1-110; lane
5, wild-type DNA.
最低温度と最高温度より求められた理論上の解離温度
はゲル中に尿素を加えることにより下げることが可能で
ある。
図4.ではDNA塩基配列の理論上の解離温度範囲は6882℃となっている。しかし、7M尿素のゲルを用いること
により泳動温度は54-68℃となる。
D. サンプル
DGGE法同様、高い検出効率を確保するために30-40bp
のGCクランプをプライマーの一端につけたPCR産物を使
用する。
3. 温度勾配ゲル電気泳動法TTGE
(Temporal Temperature Gradient Gel Electrophoresis)
A. 原理
TTGEは、原理的にはDGGE法と同様DNAが部分解離し、
移動度が著しく小さくなることによって塩基配列の違いを
解析する手法である。化学的な変性剤濃度勾配を使用する
ことなく温度を上昇させることによって変性させる。ター
ゲットとなる遺伝子から増幅されたMutant typeとWild
Typeは 均一の変性ゲルで泳動される。泳動中、温度の勾
配(Ramp Rate)は 直線的にゲル全体の温度を上昇させる。
このように、ゲル中の尿素と温度上昇との組み合わせによ
り、変性状態が形成されていく。変性剤濃度勾配を作製
しないため、迅速に多検体のスクリーニングが可能となる。
E. データ
cystic fibroblast遺伝子のexon10(369bp)及びexon11
(289bp)の14種類のPCR産物をTTGEにて解析した。PCR産
物にはそれぞれ40bpのGCクランプが付加されている。(サ
ンプルはDr.L.Silverman, University of North Carolina
School of Medicineより提供して頂いた)
16x16 cm、1mm厚、6M Urea/6%アクリルアミド/ビス
(37.5 : 1)、1.25xTAEバッファーにて泳動。
PCR産物はそれぞれ200-300ngとなるように5μlの2x色
素溶液 (70% Glycerol、0.05%BPB、XC、2mM EDTA)と
混合しアプライした。
泳動条件:130V、5時間、50-60℃ (温度Ramp Rateは2℃
/hour)、DCodeシステム使用
泳動後EtBrにて染色し、脱色した後、ゲルドキュメン
テーションシステムGel Doc1000にて撮影。(図5)
B. ゲル
尿素を含む均一のポリアクリルアミドゲル。ゲルに尿
素を加えることにより、泳動温度を低下させる。尿素変
性ゲルはDNAの解離温度を1Mあたり2℃低下させるとい
われている。(5)(6)
7
1
2
3
つとなる。SSCPでは1-2%の架橋度が多く使用される。
Exon 11
Exon 10
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14
C. 泳動温度
4-25℃の泳動温度でミューテーションによる移動度の差
を検出する。最適な泳動温度は経験的に決定される。
D. サンプル
SSCPのサンプルはPCR産物を熱変性をさせ、一本鎖に
したものを用いる。
E. データ
サンプルはβ-グロブリン遺伝子のwild typeとmutant
typeの2種類である。
293bpのPCR産物は同量の2xSSCPサンプルバッファー
(95% ホルムアミド、0.05%BPB、XC、20mM EDTA)と混
合し、95℃で5分の熱処理をした後、氷冷し、泳動した。
ゲル:16x20cm、0.75mm厚、8%アクリルアミド/ビス
(37.5:1)、7%グリセロール、1xTBE
バッファーは外付けの冷却循環装置をDCodeシステム
に取付け、8℃で泳動を行なった。
泳動条件:30w定電力。
図5. Separation of amplified mutant and wild-type alleles of
exons 10 and 11from the cystic fibrosis gene on the Dcode
system. Lane 1, mutant allele (∆F508); Lane 2, wild-type
allele; Lane 3, mutant allele (V520F); Lane 4, mutant allele
(R560T); Lane 5, 9, 11, 13, wild-type allele; lane 6, exon 11
mutant allele (1717-1G-A); lane 7, mutant allele (G551S);
lane 8, mutant allele (G542X); lane 10, mutant allele
(R553X); lane 12, mutant allele (G551D); lane 14, mutant
allele (S549N).
結果及び考察
TTGEを行なうにあたっての泳動温度、及びRamp Rate
はMacMeltソフトウェアにて行なった。TTGE法により、
14サンプルから、exon10から2種のミュータント、exon11
から7種のミュータントが検出された。レーン2、5、9、
11、13がwild typeである。
このようにTTGE法はミューテーションのスクリーニン
グに有効な方法である。また、DCodeは正確な温度管理
の必要なTTGE法を再現性良く行なう事が可能である。
なお、詳細についてはBulletin2103をご請求下さい。
結果
最適な泳動条件を用いることによりmutant typeの検出
が可能である。(図6)
詳細についてはBulletin 2104をご請求下さい。
1
2
3
4. 一本鎖DNA高次構造多型SSCP
(Single-Strand Conformational Polymorphisms)
A. 原理
一本鎖DNAは塩基配列に依存した高次構造をとるため、
塩基配列の違いがその構造の差となり移動度の差として
検出される。wild typeとmutant typeの二本鎖DNAはまず
一本鎖に解離され、その後泳動する。1本鎖DNAは塩基配
列に依存した高次構造をとり、サンプルの移動度の差に
よってミューテーションの有無が検出される。SSCPはそ
の簡便さゆえに広くミューテーションスクリーニングに用
いられている手法である。しかしながら、サンプルのミュ
ーテーションに応じた泳動条件は経験的に決定されなけれ
ばならなく、適切な泳動条件の決定は非常に重要となる。
図5. SSCP samples run at 8゜
C on the DCode system. Lane
1, heterozygouz mutant IVS1-6; lane 2, wild-type; lane 3,
homozygous mutant β-sickle.
5. まとめ
PCR法の普及や、検出用の染色剤の発展によってミュー
テーションの検出やDNA多型の解析が短時間、且つ安全
(non RI)になり、様々なミューテーション検出、スクリー
ニングの手法が開発された。その中でも簡便なSSCP、検
出効率の高いDGGE、TTGE法についてDCodeシステムを
用いた解析データを紹介した。
ミューテーション検出するには、手法を変更する、も
しくは複数の手法を組み合わせて行なうことが効果的な
B. ゲル
SSCPでは変性剤の含まないポリアクリルアミドゲルが
用いられる。サンプルによっては5-10%のグリセロールを
加えることによって効果的に移動度の差を検出できる場
合がある。また、架橋度も検出に影響するファクターの1
8
Bio-Rad Laboratories
場合がある。DCodeシステムは、同一の装置において複
数の手法を組み合わせたり、手法を変更、追加すること
が可能な経済的な装置であるため、今後のミューテーシ
ョン検出に大きく貢献すると考えられる。
(2) Myers, R., Fisher, S., Lerman, L., and Maniatis, T., Nucl. Acids, Res.,
13, 3131-3145 (1985)
参考文献
(5) Gelfi, C., Righetti, P., Cremonesi, L., and Ferrari, M., Electrophresis,
15, 1506-1511 (1994)
(3) Costes, B., Girodon, E., Ghanem, N., Chassignol, M., Hum. Mol,
Genet., 2, 393-397 (1993)
(4) Lerman, L. S. and SilverSteinK., Methods Enzymol., 155, 482-501
(1987)
(1) Fisher, S. And Lerman, L., Proc. Natl. Acad. SDI., 80, 1579-1583
(1986)
(6) Steger, G., Nucleic Acids. Res, 22, 2760-2768 (1994)
キャピラリー電気泳動装置「バイオフォーカス」
2波長レーザー誘導蛍光検出器 LIF2 Detector
日本バイオ・ラッド ラボラトリーズ㈱ ライフサイエンス事業部 手塚静雄
バイオ・ラッドでは昨年秋にキャピラリー電気泳動装
置用の蛍光検出器『2波長レーザー誘導蛍光検出器』
:Bio2
Focus LIF Detectorを発売いたしました。今回はご好評頂
いている本装置の優れた性能と、実際の分析例をご紹介
いたします。
バイオフォーカスの蛍光検出器では、励起光を真横か
らではなく、斜め上方からキャピラリーカラムにあてる
ことにより、受光部での散乱光の影響を最小限に抑える
ことが出来ました。
理想的な光学計の完成により、SYBR-GIを用いたDNA
分析において4ゼプトモルという今までにない検出感度を
実現いたしました。(ゼプトモル=Zepto mol = 10-21mol)
2波長レーザー誘導蛍光検出器の特徴
2種類の蛍光を同時測定
2波長レーザー誘導蛍光検出器 LIF 2 DFetectorの検出部
の構造を図2.に示しました。
(1)キャピラリー電気泳動の為に考案された独特の検出系
(2)2種類の蛍光を同時に測定可能
(3)光電子増倍管(PMT)を使用しているので最高の感度
を実現
(4)UV/VISとの切替えがワンタッチで
理想の蛍光検出器
(2)2波長同時測光
Ar-Ion Laser
He-Ne Yellow Laser
キャピラリーのための検出系
すべての蛍光光度計は励起光と受光部は必ず垂直方向
になるように設定されています。これは通常の分光光度
計の場合と異なり、励起光により発生する蛍光は励起光
に関係なくすべての方向に放出されます。このため、励
起光の影響を最も受け難い垂直方向でその強度を測定す
ることが最も望ましいからです。(図1.)
通常の蛍光光度計では角セルを使用していますが、キ
ャピラリー電気泳動ではセルの形状は方形ではなく円形
をしています。このため、蛍光光度計と同じ構造にした
場合、励起光の散乱が検出に大きな影響を与えてしまい
ます。
520nm
630nm
Mirror
Dichroic Mirror
図2.
2本の光ファイバーで誘導された2つの励起光は上記の
ような理想的な光学計により、キャピラリーカラム検出
部に同時に照射されます。得られた蛍光はDichroic Mirror
により短波長側と長波長側に分けられ、フィルターを経
て、それぞれのフォトマルで検出されます。照射するレ
ーザー光も2つ同時に使うことも可能ですが、どちらか片
方のみを使うことも可能です。
励起光
光電子増倍管(PMT)を使用しているので最高の感度を実現
キャピラリー電気泳動に使用されている蛍光検出器に
は得られた蛍光を光電子増倍管(フォトマルチプライヤ
ー)で検出する方法とCCDを用いて検出する方法の2種類
が採用されています。感度において、CCDタイプに比べ
てPMTがはるかにすぐれていることはすでにご承知のこ
とと思います。
蛍
光
励起光
検
出
部
蛍光
散乱光
検出部
【上面図】
散乱光
【側面図】
図1.
9
UV/VISとの切替えがワンタッチで
UV/VISから蛍光検出器に切り替える際にもワンタッチ
で切替えが可能です。だれでも簡単に行える構造になっ
ております。但し、交換の度に光軸のずれによって検出
感度に差が出るようでは仕方ありません。本装置では、
キャピラリーカラムの測光部に励起光が常に正しく照射
されるよう、簡単にアラインメントを調整できる機構を
そなえています。
遺伝子解析に関してはすでにバイオフォーカスを用い
た紫外部吸収法での報告がされていますが、2波長が同時
に測定できるため、測定間誤差を考慮する必要がありま
せん。従って、対象サンプルとの比較が極めて正確に行
えます。図7.にRFLP解析の実例を示しました。
バイオフォーカスでは『ポストインジェクションモー
ド』(対象サンプルを注入後、比較用サンプルを自動注入
する方法)が使えますので、サンプルに比較用サンプル
を入れておく必要はありません。
蛍光測定例
糖及び糖鎖解析
検出感度
蛍光色素としてSYBR-GIを用いて、100bp - 1000bpまで
のラダーを測定したものを図3.と図4.に示しました。いず
れも500bpを基準にして計算しておりますが、図3.では63
ゼプトモル(サンプル濃度で2.5pg/μl)のDNAを検出して
います。未だベースラインは安定しております。図4.では
DNAの濃度が4.2ゼプトモル(サンプル濃度で0.17pg/μl)
のDNAを検出できました。
図7.
図3.
キャピラリー電気泳動での糖解析には紫外部吸収法
と蛍光検出法が報告されております。いずれもPA化等の
方法で修飾することにより分析が可能となりますが、最
近では測定感度の点から蛍光検出による事例が殆どです。
図8.にAPTSでラベルした糖スタンダードの分析例を示し
ました。
糖精製物の純度評価から生体細胞表面の糖鎖解析に応
用範囲が広がってきており、この意味でもより感度の高
い検出装置が必要になってきております。
図4.
【分析条件】
(使用キャピラリー)24cm×75μmIID×375OD, AAEE coated
(印可電圧)2.5kV、(分析温度)40℃、(分析時間)15分、
(泳動バッファー)CE dsDNA Run Buffer
その他
最近ではポリアクリルアミドゲル電気泳動などで
SYPRO OrangeやSYPRO Redなどを用いたタンパク質の蛍
光検出が広く応用されるようになってまいりました。こ
の他にも種々の蛍光試薬が発売されておりこの分野の応
用はさらに広がっていくものと思われます。
他社製DNAスタンダードの分離例
アガロースゲル電気泳動による分離パターンでは、
図5.中の140bpと151bpや413bpと417bpと427bp及び713bp
と726bpのそれぞれがシングルバンドで確認されますが、
バイオフォーカスでの分離ではこれらすべてが分離でき
ています。
また同様に、図6.でも110bpと111bpおよび489bpと
501bpが分離できました。
分析条件は上述のDNAスタンダードと同一条件の24cm
のキャピラリーで行なっております。
遺伝子解析
図5.
図6.
図8.
10
Bio-Rad Laboratories
ホールゲルエリューターによるPAGEゲルからのサンプル回収
日本バイオ・ラッド ラボラトリーズ㈱ ライフサイエンス事業部
ホールゲルエリューターは、PAGEゲルで分離されたサンプルを電気的に溶出し、回収するシステムである。従来法のよう
に、ゲルからのバンドの切り出しは必要なく、簡単、迅速に回収できるため、スクリーニング、精製に有効である。
原理と構造
ホールゲルエリューターは、PAGEゲルで分離された複
数のサンプルバンドを一度に、ゲルを切り出すことなく、
溶出・回収することが可能である。
図1. は、溶出中の断面図である。
ゲル中のサンプルは、下部電極へ向かって電気的に溶
出され、溶出チャンバーの各チャンネル内に保持される。
ミニホールゲルエリューターは14、ホールゲルエリュー
ターは30の分画に溶出・回収される。
セロファンは、溶出されたサンプルが下部フィルター
ペーパーへ流出することを防ぐ。また、低分子量の物質
はセロファンを通り抜けてしまうため、SDS-PAGE後のサ
ンプルから、溶出と同時にSDSの除去を行うことが可能で
ある。
上部電極
上部フィルターペーパー
PAGEゲル
溶出チャンバー
ホールゲルエリューターの構造、操作方法は、図2.と下
記に示す通りである。
セロファン
下部フィルターペーパー
下部電極
1. 溶出バッファーに浸した下部フィルターペーパーとセ
ロファンを重ねて本体にセットする。
2. その上に、溶出チャンバーをセットし、ネジをしっか
り締め、チャンバー内にバッファーを満たす。
3. 電気泳動後のゲルをテンプレートに合わせてカットする。
4. 溶出チャンバーの上にゲルを重ね、さらに溶出バッフ
ァーで浸した上部フィルターペーパーを重ねる。
5. 過剰バッファーを拭き取り、ハーベストポートをシー
ルする。
6. 上部電極、フタをセットし、通電を行う。
7. フタをはずし、シールを取り外してから、ハーベスト
ボックス、またはピペット等で回収を行う。
図1.
ケーブル付フタ
上部電極
アッセンブリー
上部フィルターペーパー
PAGEゲル
※資料:Bulletin 2043, 2216
シーリングタブ
溶出チャンバー
参考文献
セロファン
Anderson, P. and Heron, I., Simultaneous electroelution of whole SDSpolyacrylamide gels for the direct cellular analysis of complex protein
mixtures, Journal of Immunological Methods, 161, 29-39, 1993
下部フィルターペーパー
バイオ・ラッド Tech-スクール開催
下部電極プレート
内容:プレパラティブ電気泳動法
∼ホールゲルエリューターを中心に∼
期日:1998年7月30日
(木)
会場:バイオ・ラッド 東京本社
定員:10名程度
ベースアッセンブリー
申し込み受付中
注)下部フィルターペーパーはミニホールゲルエリューターの場合は2枚です。
図2.
11
お問い合わせは弊社まで
ホールゲルエリューター Q&A
Q. ゲルの大きさはどれくらいのものが使用できるのか?
A. ミニホールゲルエリューターでは、6.5×5.5(L×W)cm
以上、ホールゲルエリューターでは、14×16(L×W)cm
以上のゲルが使用可能である。また、ゲル厚は3mmまで使
用可能である。
Q. 溶出チャンバーのチャンネル(溝)にバンドを合わせて溶出
したいので、溶出前にバンドの確認をしたいが、どのよう
にしたらよいか? CBB染色後のゲルからの溶出は可能か?
A. ・回収したいサンプルの分子量があらかじめわかっている
場合は、着色済みのスタンダードを流してそのバンドを
目安にする。
・ネガティブ染色剤(弊社Zinc Stain Kit、Copper Stain Kit)
を利用する。タンパクを染色せずに、バックグラウンド
を染色するため、タンパクバンドに影響を与えずにバン
ドの確認が可能である。染色後は完全に脱色してから溶
出する。
・CBB染色後のゲルでは、サンプルが固定されているため、
溶出しにくい。ホールゲルエリューターでの効率の良い
回収は期待できない。
Q. 回収率はどれくらいか?
A. 平均70%以上という報告がある。通電時間、溶出バッファ
ー、サンプルの性質(分子量、pI等)、ゲル厚、ゲル濃度
等の要因によっても回収率は変わる。
Q. 溶出バッファーは何を選択すればいいのか?
A. サンプルが溶出しやすいような条件(マイナスチャージ)
になるように溶出バッファーを選択する。特にNative-PAGE
ゲルからの溶出では、目的タンパクのpIに基づき、タンパ
クのマイナスチャージができるだけ大きくなるようなpHの
溶出バッファーを選択する。取扱説明書にはpH3.8∼10.2ま
でのMcLellanのバッファー系を紹介している。
(表1.)
SDS-PAGEゲルからの溶出ではこのMcLellanのバッファー
のpH9.4、10.2のバッファーで回収率が向上するとの報告
がある。また、溶出バッファーにSDSを含まないものを用
いれば、SDS含バッファー中のサンプルをSDSを含まない
バッファーに置換することが可能である(SDSはセロファ
ンを通り抜けてしまうため)。SDSは溶出バッファーに含
まれている方が溶出しやすいが、溶出後アッセイに用いる
場合には、阻害剤となってしまうことがある。前記の
McLellanのバッファーにはSDSは含まれない。
本
社
神奈川営業所
つくば営業所
大阪営業所
名古屋営業所
福岡営業所
Q. サンプルの回収率が悪い。
A. 通電後のゲル、セロファンを染色してタンパク質バン
ドを確認する。
・ゲルからは溶出されているが回収率が悪いという場
合は、セロファンにサンプルが付着している可能性
がある。通電後、パワーサプライに差し込んである
プラグを+−逆にして数十秒間逆通電を行うと、付
着してしまったサンプルが回収しやすくなる。また、
溶出バッファーに界面活性剤が含まれている場合は
付着しにくい。
通電時間が長すぎる、通電後放置しておくなどの原
因でもセロファンに付着して回収しづらくなることが
ある。
・ゲルからの溶出が充分でない場合は、溶出条件の検
討が必要だと思われる。
通電時間が足りない、溶出バッファーが不適当であ
る、電極間に気泡が入っている等の原因が考えられ
る。ゲル厚、ゲル濃度、サンプルの分子量や等電点、
バッファーのpH等は回収率に影響を与えるため、こ
れらに合った条件設定が必要である。また、セッテ
ィング時に気泡が入らないよう十分注意する。
表1. McLellanのバッファー系
バッファーpH
3.8
4.4
4.8
6.1
6.6
7.4
8.1
8.7
9.4
10.2
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-7-18 コスモパークビル
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-7-3 フジビル
〒305-0031 つくば市吾妻1-15-1 筑波司法会館
〒532-0025 大阪市淀川区新北野1-14-11 第一生命ビル
〒465-0093 名古屋市名東区一社3-121-1 MIDORIビル
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-17-5 モリメンビル
※技術的お問い合わせは
12
塩基
30mMβ-アラニン
80mMβ-アラニン
80mM GABA
30mMヒスチジン
25mMヒスチジン
43mMイミダゾール
32mMトリス
50mMトリス
60mMトリス
37mMアンモニア
酸
20mM乳酸
40mM酢酸
20mM酢酸
30mM MES
30mM MOPS
35mM HEPES
30mM EPPS
25mMホウ酸
40mM CAPS
20mM CAPS
(03)5811-6270 FAX.(03)5811-6272
☎
(045)476-0351 FAX.(045)476-0350
☎
(0298)52-0835 FAX.(0298)52-0829
☎
(06) 308-6568 FAX.(06) 308-3064
☎
(052)702-2358 FAX.(052)702-2812
☎
(092)475-4856 FAX.(092)475-4858
☎
(03)5811-6271 FAX.(03)5811-6272
☎
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement