一括印刷はこちらへ→PDF形式:4294KB

一括印刷はこちらへ→PDF形式:4294KB
第二次みやぎ子ども読書活動推進計画
目次
第1章 計画の策定に当たって
第1節 計画の背景と趣旨 ··················································································· 1
1 子どもの読書活動を推進する意義 ··························································· 1
2 第一次計画の取組・成果・課題 ······························································ 1
3 国の動き ···························································································· 2
4 第二次計画の考え方 ············································································· 2
第2節 子どもの読書活動の現状 ·········································································· 3
1 全国の状況 ························································································· 3
2 宮城県の状況 ······················································································ 5
3 読書を取り巻く新たな環境 ···································································· 7
第2章 基本方針
第1節 計画の目標と基本的方策 ·········································································· 9
1 計画の目標 ························································································· 9
2 基本的方策 ························································································· 9
第2節 数値目標 ·························································································· 10
第3節 計画の期間 ·························································································· 10
計画の体系図 ··································································································· 11
第3章 推進のための具体的方策
第1節 家庭,地域における具体的方策 ······························································· 12
第1項 家庭における読書活動の推進方策 ························································· 12
1 現状・課題 ························································································ 12
2 推進の担い手とその役割 ······································································ 12
(1)家庭の役割 ·················································································· 12
(2)行政の取組 ·················································································· 14
第2項 地域における読書活動の推進方策 ························································ 15
1 現状・課題 ························································································ 15
2 推進の担い手とその役割 ······································································ 16
(1)地域の役割 ·················································································· 16
(2)行政の取組 ·················································································· 16
第2節 学校等における具体的方策 ····································································· 18
1 現状・課題 ······················································································· 18
2 推進の担い手とその役割 ····································································· 19
(1)学校等の役割 ·············································································· 19
(2)行政の取組 ················································································· 22
第3節 公立図書館等における具体的方策 ···························································· 23
1 現状・課題 ······················································································· 23
2 推進の担い手とその役割 ····································································· 24
(1)公立図書館の役割 ········································································ 25
(2)行政の取組 ················································································· 26
第4節 推進体制の整備 ···················································································· 28
1 宮城県と民間団体等との推進体制 ························································· 28
2 宮城県と市町村との推進体制 ······························································· 28
県内の子ども読書活動推進に関する先進的・特色のある活動事例集 ············ 29
資料編 ·················································································································· 51
第1章 計画の策定に当たって
第1節 計画の背景と趣旨
1
子どもの読書活動を推進する意義
読書活動(※1)は,言葉を学び,感性を磨き,表現力を高め,創造力を豊かなも
のにし,そして人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないも
のです。
特に,子どもにとって読書は,ストーリーの展開にわくわく・どきどきし,本の世
界に遊ぶ楽しさを知るとともに,自らが筋道をたてて考え,正しく判断し,社会に参
加していくために,必要な知識や教養を身に付ける大切な活動です。また,自分の体
験できない世界や事柄に触れ,空想の世界で遊ぶこともできます。
しかしながら,近年におけるインターネットや携帯電話の普及は,子どもを取り巻
くメディア環境にも著しい変化をもたらしました。とりわけ,一人で手軽に楽しめる
テレビゲームや携帯電話の急速な普及は,子どもの生活習慣や学習に大きく影響して
いるだけでなく,ものの考え方や感じ方にも大きく作用していることが指摘されてい
ます。幼児期からの読書習慣の未形成や,読書の楽しさに触れる機会の不足などによ
り,子どもの読書離れ・活字離れも指摘されるとともに,読書離れによって,自ら考
え,判断する力が弱まったり,自主性や社会性が育ちにくくなっていることなど,子
どもの健全な成長への影響が懸念されています。
子どもが自主的に読書活動を行うことや読書習慣を身に付けるためには,家庭,地
域,学校等が連携・協力し,社会全体でことさら意識的に子どもの読書活動を推進し
ていく必要があります。
2
第一次計画の取組・成果・課題
宮城県では,平成13年12月に「子どもの読書活動の推進に関する法律」(平成
13年法律第154号)が施行されたこと等を契機として,宮城県における子ども(お
おむね18歳以下の者)の読書活動の推進に関する方策と具体的な取組を内容とした,
(※1)人々が読書の対象とする図書や資料については,新聞,雑誌,マンガや小説など多種多様に及ん
でいます。そのいずれも,人々の生活に必要な情報や知識を伝えるための重要な役割を担っていま
す。ただし,この計画では,読書の対象は「書籍」に絞っており,新聞,教科書,学習参考書,マ
ンガ,雑誌や付録を除きます。
なお,子どもにとっては,自ら本を読むことはもちろん,お話し会・読み聞かせの会など子ども
と本に関わる様々な行事に参加することや読書感想文を書くことなども読書活動と捉えています。
-1-
「みやぎ子ども読書活動推進計画」(以下,第一次計画という)を平成16年3月に
策定し,主に,家庭,地域(※2),学校(※3),図書館等の関係者への意識啓発,
ボランティア等の担い手育成,学校や公立図書館等における読書活動の推進に取り組
んできました。
この結果、
(1)全校一斉読書(※4),ボランティアや公立図書館との連携など,学校におけ
る読書活動の普及が図られています。
(2)平均読書冊数は小・中学校,高等学校とすべての校種において増加傾向にあり
ます。
(3)不読率は,小・中学校において減少傾向にあります。
以上のことから,子どもの読書活動は着実に進んできていることがうかがわれます。
しかしながら,依然として小学生,中学生,高校生と段階が進むにつれて,子ども
たちが読書をしなくなる傾向があります。子どもの自主的な読書活動を充実させるた
めには,家庭・地域・学校を通じた社会全体での取組が必要です。その上で,子ども
の発達段階に応じて,子ども自身が読書そのものの楽しさを知り,読書を通じた感動
体験を重ねることが何より重要です。
3
国の動き
平成17年7月に「文字・活字文化振興法」が制定され文字・活字文化の振興に関
する基本理念が明確に示されました。また,平成18年12月には教育基本法の改正,
平成19年6月には学校教育法の改正,平成20年6月には図書館法が改正されるな
ど,子どもの読書活動にもかかわる法律が相次いで改正されました。さらに,平成
20年6月,読書の機運をさらに高めるべく,衆参両院において平成22年を「国民
読書年」とする決議がなされました。
4
第二次計画の考え方
第一次計画期間における成果や課題,社会環境の変化を踏まえて,第二次の「みや
ぎ子ども読書活動推進計画」(以下,第二次計画という)を定め,平成21年度より
5年間,この計画に基づいて,県内の子どもの読書活動を積極的に推進していきます。
(※2)この計画において,「地域」の担い手は,家庭文庫,地域文庫やお話し会など,子どもの読書活
動を推進する市民団体(含むNPO)や個人のほか,公立図書館の諸活動を支援するボランティア
等,地域において継続的に市民活動を行っている主体を指します。
(※3)この計画において,「学校」と記述している場合は,学校教育法第1条に定められた幼稚園,小
学校,中学校,高等学校,中等教育学校,特別支援学校,高等専門学校で,公立や私立のものすべ
てを指します。
(※4)全校一斉読書とは,児童生徒の読書に親しむ態度を育成し,読書習慣を身に付けるためのきっか
けづくりを目的に行われている学校の取組の一つです。「始業前」や「授業中」,「昼休み・放課
後」などに全校一斉で,定期的に読書活動を行うもので,「朝の読書」もその一つです。
-2-
第2節 子どもの読書活動の現状
1
全国の状況
(1)児童生徒の読書の状況
「第 54 回学校読書調査」(毎日新聞社,社団法人全国学校図書館協議会)
イ
小学生の読書活動の推移(全国)
12.0
全国の小・中・高等学校の児童生徒を対象に,
9.3%
10.0
7.0%
6.0%
5.9%
8.0
4.5%
6.0
5.0%
10.0%
毎日新聞社と社団法人全国学校図書館協議会が毎
8.0%
年実施している読書調査結果をみると,平成 20
6.0%
年 5 月の1か月間に読んだ本の平均読書冊数は,
4.0%
4.0
2.0
2.0%
8.0
7.7
7.7
9.7
9.4
11.4
0.0
0.0%
H15
H16
H17
H18
全国 平均読書冊数
H19
平均読書冊数
H20
小学生は 11.4 冊で,前年度より 2.0 冊増え,これ
までの最高だった平成 18 年の 9.7 冊を上回り過去
最高の読書量となりました。
中学生の平均読書冊数は 3.9 冊で,前年度より
全国 不読率
0.5 冊増え過去最高の読書量となりました。
中学生の読書活動の推移(全国)
高校生の平均読書冊数は 1.5 冊で,前年度より
5.0
31.9%
18.8%
4.0
3.0
24.6%
22.7%
14.6%
14.7%
2.0
1.0
0.0
2.8
3.3
2.9
2.8
3.4
3.9
H15
H16
H17
H18
H19
H20
全国 平均読書冊数
35.0%
30.0%
25.0%
20.0%
15.0%
10.0%
5.0%
0.0%
0.1 冊減りました。
ロ
不読率
小学生の不読率は 5.0%,中学生の不読率は
14.7%で過去最低を記録した平成 19 年とほぼ同率
となっています。 高校生の不読率は 51.5%で,前
年度より 4 ポイント増えています。
全国 不読率
高校生の読書活動の推移(全国)
2.0
70.0%
58.7%
50.7%
1.5
50.2%
42.6%
47.9%
51.5%
全国
H15
H16
H17
H18
H19
H20
平均
小学生
8冊 7.7冊
7.7冊 9.7冊 9.4冊 11.4冊
読書
中学生
2.8冊 3.3冊
2.9冊 2.8冊 3.4冊 3.9冊
20.0%
冊数
高校生
1.3冊 1.8冊
1.6冊 1.5冊 1.6冊 1.5冊
10.0%
不読率
小学生
50.0%
40.0%
1.0
30.0%
0.5
0.0
60.0%
1.3
1.8
1.6
1.5
1.6
1.5
H15
H16
H17
H18
H19
H20
全国 平均読書冊数
全国 不読率
9.3%
7.0%
5.9%
6.0%
4.5%
5.0%
0.0%
中学生
31.9% 18.8%
24.6% 22.7% 14.6% 14.7%
高校生
58.7% 42.6%
50.7% 50.2% 47.9% 51.5%
-3-
(2)学校における読書活動の状況(公立学校)
「平成 19 年度学校図書館の現状に関する調査結果」(文部科学省初等中等教育局)
イ 全校一斉読書の実施率
66.0%(H13)→81.5%(H19)
平成 19 年 5 月現在,全校一斉読書を実施している公立学校は,小学校 94.4%,中学校
84.1%,高等学校 36.9%で,小・中学校,高等学校とも増えてきています。
ロ ボランティアとの連携(※5)の実施率
22.5%(H13)→48.1%(H19)
平成 19 年 5 月現在,ボランティアを活用している公立学校は,小学校 72.4%,中学校
18.7%,高等学校 2.1%で,小・中学校は増えてきていますが,高等学校は減少傾向にあ
ります。
ハ 公立図書館との連携(※6)の実施率
38.9%(H13)→53.4%(H19)
平成 19 年 5 月現在,公立図書館との連携を図っている公立学校は,小学校 64.9%,中
学校 40.6%,高等学校 36.0%で,小・中学校,高等学校とも増えてきています。
(3)地方公共団体における子ども読書活動推進計画の策定状況(H19 年度末)
『都道府県及び市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定状況に関する調査結果』(文部科学省スポーツ・青少年局)
地方自治体における子ども読書活動推進基本計画の策定は,「子どもの読書活動の推
進に関する法律」(平成 13 年法律第 154 号)により努力義務とされています。
平成 19 年度末の市町村の子ども読書活動推進計画の策定状況は,31.3%(567 市町村)
で,平成 18 年度よりも 136 市町村増加しましたが,未だ約 70%の市町村で策定されてい
ません。
1 策定済
31.3%
2 具体的に策定作業を進めている
13.2%
3 策定について検討中
33.0%
4 策定の検討に入っていない
22.5%
(※5)ボランティアとの連携とは,次のような取組です。
・配架や貸出・返却業務等,学校図書館の運営の支援
・学校図書館の書架見出し,飾りつけ,図書の修繕等支援
・読み聞かせ,ブックトーク等,読書活動の支援
・学校図書館の地域開放の支援
(※6)公立図書館との連携とは,次のような取組です。
・公立図書館資料の学校への貸出
・公立図書館との定期的な連絡会の実施
・公立図書館司書等による学校への訪問
・移動図書館の訪問
-4-
2 宮城県の状況
(1)児童生徒の読書の状況
「宮城県教育庁生涯学習課調べ」
イ
宮城県の小・中学校,高等学校の児童生徒を対
小学生の読書活動の推移(宮城県)
12.0
17.7%
10.0
20.0%
12.9% 12.2%
8.0
15.0%
8.5%
6.0
2.0
10.0%
4.5%
5.4
6.1
7.3
9.1
8.0
10.4
H15
H16
H17
H18
H19
H20
0.0
宮城県 平均読書冊数
象に,宮城県教育庁生涯学習課が毎年実施してい
る読書調査結果をみると,平成 15 年度から平成
20 年度における1か月の平均読書冊数は,小学生
8.2%
4.0
は 5.4 冊,6.1 冊,7.3 冊,9.1 冊,8.0 冊,10.4
5.0%
冊と推移し目標値の 8.0 冊以上に達したことか
0.0%
ら,読書活動は促進されていると推測できますが,
全国と比較した場合,1.0 冊少ない状況となって
宮城県 不読率
います。
中学生の1か月の平均読書冊数は,2.7 冊,3.0
中学生の読書活動の推移(宮城県)
5.0
4.0
28.2%
19.9%
18.3%
19.9%
3.0
13.4%
16.1%
0.0
30.0%
冊,2.4 冊,2.8 冊,3.7 冊,4.0 冊と推移し,目
25.0%
標値の 3.0 冊以上に達するとともに全国の平均値
20.0%
15.0%
2.0
1.0
2.7
3.0
2.4
2.8
3.7
4.0
H15
H16
H17
H18
H19
H20
0.0%
上に達するとともに,全国の平均値を 1.0 冊上回
りました。
60.0%
50.5%42.7%
42.6%
50.0%
33.2%
2.0
28.1%
24.3%
40.0%
30.0%
1.0
0.5
20.0%
2.2
1.9
1.4
1.8
1.8
2.5
H15
H16
H17
H18
H19
H20
0.0
宮城県 平均読書冊数
冊,1.4 冊,1.8 冊 1.8 冊,2.5 冊と推移しており,
前年度より 0.7 冊増え,初めて目標値の 2.5 冊以
宮城県 不読率
3.0
2.5
高校生の1か月の平均読書冊数は 2.2 冊,1.9
5.0%
高校生の読書活動の推移(宮城県)
1.5
を 0.1 冊上回りました。
10.0%
宮城県 平均読書冊数
平均読書冊数
宮城県 不読率
ロ
不読率
小学生の不読率は,17.7%,12.9%,12.2%,8.5%,
8.2%,4.5%と減少傾向にあります。5月の1か月
間に全く本を読まなかった理由は,「読みたいと
10.0%
思わなかった」が 66.7%と半分以上を占めており,
0.0%
その理由は,「マンガや雑誌の方がおもしろいか
ら」が 38.2%ともっとも多く,次いで「スポーツ
の方が楽しい」が 17.6%となっています。一方「読
みたかったが読めなかった」児童は 33.3%で,その理由は,「読んでみたい本がなかった
から」が 37.5%ともっとも多くなっています。
-5-
中学生の不読率は,19.9%,28.2%,18.3%,19.9%,13.4%,16.1%と推移しており,前年
度より 2.7 ポイント高くなったものの,目標値の 18%以下に達している状況です。全く本
を読まなかった理由は,「読みたいと思わなかった」が 60.3%で,その理由は,「マンガ
や雑誌の方がおもしろいから」が 37.0%ともっとも多く,次いで「読書はおもしろくない
から」が 19.8%となっています。一方「読みたかったが読めなかった」生徒は 39.7%で,そ
の理由は「読んでみたい本がなかったから」が 30.8%ともっとも多くなっています。
高校生の不読率は,24.3%,33.2%,50.5%,42.7%,42.6%,28.1%と推移しており,前年
度より 14.5 ポイント低く,全国と比較しても低い数値となったものの,目標値の 21%以下
に達していない状況です。全く本を読まなかった理由は,「読みたいと思わなかった」が
59.7%で,その理由は,「マンガや雑誌の方がおもしろいから」が 22.8%,「読まなくても
いいと思ったから」が 22.1%となっています。一方「読みたかったが読めなかった」生徒
は 40.3%で,その理由は,「部活等で時間がなかったから」が 62.8%と大半を占めています。
5 月の 1 か月の平均読書冊数及び不読率(H15 のみ 8 月)
宮城県
H15
H16
H17
H18
H19
H20
H20年度までの目標値
平 均
小学生
5.4冊
6.1冊
7.3冊
9.1冊
8.0冊 10.4冊
8.0冊以上
読 書
中学生
2.7冊
3.0冊
2.4冊
2.8冊
3.7冊
4.0冊
3.0冊以上
冊 数
高校生
2.2冊
1.9冊
1.4冊
1.8冊
1.8冊
2.5冊
2.5冊以上
小学生
17.7%
12.9%
12.2%
8.5%
8.2%
4.5%
8%以下
中学生
19.9%
28.2%
18.3%
19.9%
13.4%
16.1%
18%以下
高校生
24.3%
33.2%
50.5%
42.7%
42.6%
28.1%
21%以下
不読率
5 月の1か月間に全く本を読まなかった理由
読みたかったが読めなかった
小学生
中学生
37.5%
30.8%
何を読んだらよいかわからなかったから
0.0%
3.8%
勉強・塾・習い事で時間がなかったから
25.0%
19.2%
部活等で時間がなかったから
6.3%
28.8%
図書館が近くにないから
6.3%
1.9%
25.0%
15.4%
読んでみたい本がなかったから
その他
高校生
読みたいと思わなかった
16.0% 読書はおもしろくないから
小学生
中学生
高校生
8.8%
19.8%
18.4%
8.8%
14.8%
22.1%
13.8% テレビの方が楽しいから
11.8%
4.9%
13.2%
62.8% ゲームの方が楽しいから
5.9%
4.9%
1.5%
38.2%
37.0%
22.8%
17.6%
8.6%
16.2%
8.8%
9.9%
5.9%
4.3% 読まなくてもいいと思ったから
1.1%
マンガや雑誌の方がおもしろいから
2.1% スポーツの方が楽しいから
その他
-6-
(2)学校における読書活動の状況(公立学校)
「平成 19 年度学校図書館の現状に関する調査結果」(文部科学省初等中等教育局)
イ 全校一斉読書の実施率
55.4%(H13)→84.3%(H19)
平成 19 年 5 月現在,全校一斉読書を実施している公立学校は,小学校 95.7%,中学
校 88.1%,高等学校 54.1%で,小・中学校,高等学校とも増えてきています。
ロ ボランティアとの連携の実施率
15.6%(H13)→29.0%(H19)
平成 19 年 5 月現在,ボランティアを活用している公立学校は,小学校 49.3%,中学
校 1.8%,高等学校 0.0%で,小学校では増えてきていますが,中学校,高等学校では減
少傾向にあります。小学校では読み聞かせやブックトーク等の読書活動の支援を受けて
いる学校が多いようです。
ハ 公立図書館との連携の実施率
26.5%(H13)→44.8%(H19)
平成 19 年 5 月現在,公立図書館との連携を図っている学校は,小学校 60.8%,中学
校 23.7%,高等学校 36.5%で,小・中学校,高等学校とも増えてきています。
(3)民間団体やボランティアの活動状況 137団体(H15)→172団体(H20)
「宮城県教育庁生涯学習課調べ」
地域文庫や読み聞かせ団体等,県内の読書関係民間団体等の数
県内の読書関係民間団体等の数は,家庭文庫(※7)・地域文庫(※8)は減少傾向
にありますが,おはなし・読み聞かせ等を行っている団体が増えてきています。
(4)地方公共団体における子ども読書活動推進計画の策定状況(H19 年度末)
『都道府県及び市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定状況に関する調査結果』(文部科学省スポーツ・青少年局)
平成 19 年度末の県内市町村の子ども読書活動推進計画の策定状況は,25.0%(9市町
村)で,平成 20 年度にも策定が進んでいるものの,未だ約 70%の市町村で策定されて
いません。法律の趣旨のさらなる理解の浸透が必要と考えられます。
1
策定済
25.0%
2
具体的に策定作業を進めている
22.2%
3
策定について検討中
16.7%
4
策定の検討に入っていない
36.1%
3 読書を取り巻く新たな環境
(1)情報化社会の進展
テレビの多チャンネル化,DVD・インターネット・携帯電話の普及などにより,
多様な情報が簡単・瞬時に入手できるようになりました。また,ケータイ小説(※9)
が多く読まれるようになり,書籍化されるようになりました。
(※7)家庭文庫とは,個人が子どものために家庭の一部を開放して設置した読書施設を言います。
(※8)地域文庫とは,児童図書を備え付けて近隣の子どもたちに貸出す活動及び組織を言います。
(※9)ケータイ小説とは,携帯電話を使用して執筆し,閲覧される小説のことです。
-7-
(2)市町村合併,学校の統廃合・男女共学化
地方分権の受皿として市町村の行財政基盤の強化を図るため,宮城県では平成11
年4月 1 日の10市59町2村から,平成20年3月31日現在13市22町1村へ
と平成の大合併が行われました。また,県立高校においては,平成17年4月から再
編統合校,昼夜間開講型三部制単位制高校,中高一貫教育校,男女共学化が開始され,
さらに,平成22年度の入学生からは全課程・全学科の通学区域が全県一学区になる
など,教育環境も大きく変わってきています。
(3)教育基本法の改正
平成18年12月,制定から約60年ぶりに教育基本法が改正され,新しい時代の
教育の理念が定められ,教育の目標の一つに,「幅広い知識と教養を身に付け,真理
を求める態度を養い,豊かな情操と道徳心を培う」ことが掲げられています。また,
「生涯学習の理念」「家庭教育」「幼児期の教育」「学校,家庭及び地域住民等の相
互の連携協力」等が盛り込まれ,家庭教育においては,「父母その他の保護者は,子
の教育について第一義的責任を有するものであって,生活のために必要な習慣を身に
付けさせるとともに,自立心を育成し,心身の調和のとれた発達を図るよう努めるも
のとする。」と掲げられています。さらに,教育振興基本計画を定める規定が設けら
れました。
(4)学校教育法の改正
平成19年6月,学校教育法が改正され,教育基本法の新しい教育理念を踏まえ,
新たに義務教育の目標が規定されるとともに,幼稚園から大学までの各学校段階の目
的・目標が見直されました。義務教育として行われる普通教育の目標の一つとして,
「読書に親しませ,生活に必要な国語を正しく理解し,使用する基礎的な能力を養う
こと」が掲げられています。
(5)文字・活字文化振興法の成立
文字・活字文化は,人類の知識及び知恵の継承・向上,豊かな人間性の涵養並びに
健全な民主主義の発達に欠くことのできないものであることにかんがみ,文字・活字
文化の振興に関する施策の総合的な推進を図ることを目的として,平成17年7月に
文字・活字文化振興法が制定されました。すべての国民が等しく豊かな文字・活字文
化の恵沢を享受できる環境を整備し,学校教育においては,読む力及び書く力並びに
言語力の涵養に十分配慮するよう規定されています。
(6)図書館法の改正
平成20年6月,図書館法が改正され,司書等の資格取得要件の見直しが行われ,
また,図書館の運営状況に関する評価及び改善並びに関係者への情報提供に努める
よう規定されています。
(7)子ども読書活動の推進に関する基本的な計画の改訂
平成20年3月,国による「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」が改
訂され,「多様な情報提供を通じた家庭における読書活動への理解の促進」「地域に
おける読書環境の格差の改善」「学校図書館図書標準の達成を目指した図書の整備,
司書教諭の発令の促進」など,家庭,地域,学校それぞれにおける具体的取組につい
て整理されました。
-8-
第2章 基本方針
第1節 計画の目標と基本的方策
この計画は,平成13年12月に制定された「子どもの読書活動の推進に関する法
律」の規定に基づき策定した「みやぎ子ども読書活動推進計画(第一次)」を基に,
国の「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画(第二次)」(平成20年3月
策定)を踏まえながら,宮城県における子どもの読書活動に関する推進策と具体的な
取組をまとめたものです。
1 計画の目標
すべての子どもが,本を読みたいと思った時に,いつでもどこでも自主的に読書活動
ができるよう環境の整備を推進し,心豊かでたくましく生きるみやぎの子どもの育成を
目指します。
2 基本的方策
(1)読書機会の提供と充実
家庭,地域,学校,公立図書館等において,子どもが自主的に読書に親しむ機会を
提供することに努めます。
(2)読書環境の整備充実
子どもの自主的な読書活動を推進するため,施設・設備の充実や人的支援など読
書環境の整備に努めます。
公立図書館においては,図書資料の整備充実,司書の適切な配置,民間団体・ボ
ランティア・図書館関係職員を対象とした研修の実施に努めます。
学校図書館においては,図書資料の整備充実,司書教諭・学校図書館担当事務職
員の配置に努めます。
(3)読書活動の理解の促進
読書活動の意義や重要性,読書への関心を持たせるための活動について,広く県
民の理解を深めるよう普及・啓発に努めます。
(4)家庭,地域,学校と公立図書館・行政との連携の強化
家庭,地域,学校と公立図書館・行政が,子どもが読書に親しむ機会を充実させ
るためにそれぞれの役割を果たしながら,互いに連携・協力し,子どもの読書活動
の推進を図る取組を推進します。
-9-
第2節 数値目標
この計画を推進し,その状況を把握するための指標として,次の四つの数値目標を設定
します。
1 本を全く読まない児童生徒の割合を減らします。
今後5か年間で,1か月間に本を全く読まない児童生徒の割合を,小学生はおおむね4%
以下,中学生はおおむね15%以下,高校生はおおむね21%以下に減らして,一人でも多
くの子どもたちが本に親しむことを目指します。
小学生 平成20年度
4.5%
中学生 平成20年度 16.1%
高校生 平成20年度 28.1%
⇒
⇒
⇒
平成25年度
4%以下
平成25年度 15%以下
平成25年度 21%以下
2 児童生徒の平均読書冊数を増やします。
今後5か年間で,1か月間の児童生徒の平均読書冊数を,小学生はおおむね11冊以上,
中学生はおおむね4.5冊以上,高校生はおおむね3冊以上に増やして,子どもたちがより
多くの本と触れ合うことを目指します。
小学生 平成20年度 10.4冊
中学生 平成20年度
4.0冊
高校生 平成20年度
2.5冊
⇒
⇒
⇒
平成25年度 11.0冊以上
平成25年度
4.5冊以上
平成25年度
3.0冊以上
3 公立図書館の図書の個人貸出数を増やします。
今後5か年間で,公立図書館における年間の図書の個人貸出総数を,835万冊以上に増
やすとともに,この内の児童書の貸出総数についても,251万冊以上に増やし,多くの子
どもたちが公立図書館を利用することを目指します。
図書の個人貸出総数
平成19年度 759万冊
児童書の個人貸出総数 平成19年度 234万冊
⇒ 平成25年度 835万冊以上
⇒ 平成25年度 251万冊以上
4 県内市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定を促進します。
今後5か年間で,県内市町村における「子ども読書活動推進計画」の策定率を60%以上
に増やし,各地域の実情を踏まえた読書活動の取組の推進が図られるよう支援します。
計画策定率
平成21年3月末 41.7% ⇒ 平成25年度 60%以上
第3節 計画の期間
この計画は,平成21年度(2009年度)から平成25年度(2013年度)までの
5か年間とします。
- 10 -

【 計 画 の体 系 図 】
【計画の目標】
すべての子どもが,本を読みたいと思った時に,いつでもどこでも自主的に読
書活動ができるよう環境の整備を推進し,心豊かでたくましく生きるみやぎの
子どもの育成を目指します。
計画の期間:平成 21 年度から平成 25 年度までの 5 年間
数値目標
②児童生徒の1か月間
の平均読書冊数を増
やします
①1か月間に本を全く
読まない児童生徒の
割合を減らします
小学校
中学生
高校生
小学校 11.0 冊以上
中学生 4.5 冊以上
高校生 3.0 冊以上
4%以下
15%以下
21%以下
家庭・地域
835 万冊以上
[児童書]
251 万冊以上
策定率
60%以上
公立図書館
学校
1 乳幼児期の読み聞かせ
の推進
2 民間団体(含むNPO)
やボランティアとの連
携・協力
④市町村における「子
ども読書活動推進計
画」の策定率を増や
します
③公立図書館における
年間の図書の個人貸
出数を増やします
1 公立図書館の設置促進
と整備充実
2 県図書館と市町村立図
書館や公民館図書室の
相互貸借などの連携・協
力
1 学校における読書活動の
推進
2 司書教諭の養成と図書資
料の整備充実
具体的方策
推進体制の整備
「みやぎ子ども読書活動推進に関する意見交換会」の設置
基本的方策
1 読書機会の提供と充実
2 読書環境の整備充実
3 読書活動の理解の促進
4 家庭,地域,学校と公立図書館・行政との連携の強化
【推進の担い手】
家
庭
地
域
学
校
- 11 -
公
立
図
書
館
行
政
第3章 推進のための具体的方策
第1節 家庭,地域における具体的方策
第1項
1
家庭における読書活動の推進方策
現状・課題
近年,インターネットや携帯電話などの普及によりライフスタイルが変化し,様々
な情報が瞬時に入手できるようになったり,メールやブログによるコミュニケーショ
ンなど,情報のデジタル化が進んでいます。それに伴い,子どもの生活環境も変化し,
テレビゲームや携帯電話への過度の依存が,新たな問題を引き起こし,読書離れ・活
字離れにもつながっています。子どもが自主的に読書活動を行うことや読書習慣を身
に付けるためには,家庭,地域,学校を通じた社会全体で子どもの読書活動の推進を
図る取組をしていく必要があります。
読書活動は子どもの感性や表現力を豊かにするだけでなく,子どもが自ら考え、判
断し,主体的に周囲の社会にかかわっていくために必要な知識や意欲をはぐくむ重要
な活動の一つであると言えます。子どもが読書習慣を形成する上でもっともかかわり
が深いのは家庭であり,親や周囲の大人からの継続的な働き掛けがとても重要です。
このような社会状況を踏まえ,県内における子どもの読書離れを止めるためにも,
家庭において本に親しむ工夫がなお一層求められます。
2
推進の担い手とその役割
(1)家庭の役割
イ 乳幼児期の読み聞かせ
乳幼児への読み聞かせなどは,親子の大切なコミュニケーションの機会となり
ます。親のぬくもりを感じながら優れた本に出会うことは,子どもの感性や心を
豊かにする貴重な機会となります。特に乳幼児期においては,周囲の人や言葉に
対する信頼感を育て,他者との関係を培っていく上でも,読み聞かせはきわめて
重要な活動となります。
そのためにも,乳幼児から発達段階に応じて習慣的に読み聞かせを行い,本や
物語の楽しさや喜びを共有していくことは大切な時間となります。
- 12 -
ロ 親や大人の読書活動
本を読む最初のきっかけは,親や大人が意識的に読み聞かせることにあります。
子どもの読書活動を促進するためには,身近な大人が子どもと共に生涯学習とし
ての読書活動の楽しさを分かち,日ごろから読書に親しむことが肝要です。子ど
もの読書習慣は日常生活の中から形成されるものであり,家庭で親が率先して読
書時間を設けて本に親しむ姿を示したり,親子で身近な公立図書館を利用して本
についての話題を共有したりすることは,生涯にわたる読書習慣の形成につなが
る有効な取組と言えます。
また,親や大人が読んでいた良書を子どもたちに伝えることも,読書に興味を
持たせるきっかけとなります。
ハ 公立図書館,家庭文庫・地域文庫等の利用
公立図書館では図書の貸出以外にも,読み聞かせ会や優良図書・話題図書の紹
介なども行っており,そのような魅力的な機会を積極的に活用していきたいもの
26 ,○
32 ~○
39 参照)
です。
(⇒事例集○
また,地域で活動している家庭文庫・地域文庫は,子どもが身近に本の世界に
触れる貴重な場の一つです。親子で家庭文庫・地域文庫を積極的に利用すること
も,地域でのつながりの中で魅力的な読書体験を得るきっかけになります。
(⇒事例集②④⑤参照)
このほか,県東北歴史博物館の図書情報室も,子どもが歴史の本に触れること
ができる場の一つですので,積極的に活用していきたいものです。
ニ 多様なメディアと読書
書籍以外の活字媒体やテレビ,ビデオ,映画,DVD 等の様々なメディアに触発
されて,書物と出会う例も数多く報告されています。また,インターネットの活
用により,様々な図書情報を検索し,必要な情報を自由に取捨選択することが可
能となりました。
ケータイ小説やブログ等を通じた読者の意見の交流など多様なメディアを通じ
て,子どもが自発的に読書活動に入っていくような新しい状況についても,認識
しておく必要があります。
ホ 優良図書情報
各種団体等の推薦する図書や,子どもが読みたい本の傾向を知ることは,子ども
- 13 -
の読書活動を充実させるためにも意義があります。公立図書館や身近な書店等を
親子で訪れて,様々な本を手にしながら選書していくことも,良書や気に入った
本との出会いのきっかけとなります。
(2)行政の取組
イ 宮城県の取組
(イ)
乳幼児期の読み聞かせの推進について,現在文部科学省が作成している
「家庭教育手帳(乳幼児編)」の配布に加えて,読み聞かせの技法やわらべ
うた・手遊びなどの技術の習得,選書の仕方やプログラムの作成に関する
講座を開催するとともに,県図書館で所蔵している絵本をはじめとする児
童書の情報提供にも取り組んでいきます。
(ロ)
家庭での読み聞かせや読書習慣を形成する意義について,家庭教育や子
育て支援のための講座・研修会等を通じて,親や大人の理解促進に努めま
す。また,市町村に対しても同様の取組を促していきます。
(ハ)
PTAや子ども会育成会,青尐年のための宮城県民会議など青尐年育成
団体と連携・協力し,親や大人に対して子どもの読書活動の推進を,引き
続き呼び掛けます。
ロ 市町村に期待される取組
(イ)
乳幼児期からの読書活動のきっかけ作りが望まれます。市町村において
は , 乳 幼児 健 診時 に 行う ブ ッ クス タ ート ( 乳幼 児 へ の絵 本 の贈 呈 )
(※10)や新生児の誕生時に図書館利用者カードを発行することなどが
31 ○
34 ○
37 ○
39 参照)
挙げられます。
(⇒事例集○
また,公立図書館等においては,素ばなし(※11)や絵本の読み聞か
せを行う「おはなし会」の開催や選定された適書の普及,読書案内や資料
相談,レファレンスサービス(※12)など,積極的な読書支援が求めら
26 ~○
39 参照)
れます。
(⇒事例集○
(※10)
ブックスタートとは,市町村が赤ちゃんと親や大人にメッセージを伝えながら絵本を贈る事
業です。地域のすべての赤ちゃんに,絵本を媒介とした楽しい時間を過ごしてもらうため,乳
幼児健診の時等に行われます。
(※11) 素ばなしとは,物語を覚えて子どもたちに対して語ることです。
(※12)
レファレンスサービスとは,利用者の質問に対して,図書館職員が所蔵資料等を活用し,資
料の検索や提供などのサービスを行うことを言います。
- 14 -
(ロ)
「子ども読書の日」(4月23日)と「こどもの読書週間」(4月23日
~5月12日)の周知に努めるとともに,学校,公立図書館や公民館をは
じめとする社会教育施設などで「子ども読書の日」,「こどもの読書週間」
や「読書週間」(10月27日~11月9日)(※13)を中心にその趣旨
にふさわしい各種行事の実施が望まれます。
第2項
1
地域における読書活動の推進方策
現状・課題
今日における情報化社会の著しい進展は,私たちを取巻くメディア環境を大きく変
化させました。とりわけ,インターネットや携帯電話といった通信手段の普及によっ
て,多様な情報を手軽に入手できる利便性と危険性の両面をもたらした一方で,メー
ルやブログといった情報の発信・受信は新しいコミュニケーションの在り方を創出し
ました。また,ライフスタイルの多様化や地域社会の変容によって,親や大人から子
どもへ伝承されてきた伝統文化や地域コミュニティの結束も希薄になりつつあります。
子どもの読書活動を推進するためには,身近な読書環境を整備していくことが大切
です。県内では家庭文庫・地域文庫など約150の民間団体やボランティアが各地域
で活動し,子どもの読書活動の推進に携わっています。中には20年,30年と息の
長い活動を行っている文庫もあり,本の貸出や読み聞かせなどの本来の活動に加え,
地域に根ざした行事や交流など多彩な活動も展開しています。
(⇒事例集①~⑤参照)
これら家庭文庫・地域文庫や読み聞かせボランティア団体の地道な活動は,地域に
おける子どもの読書活動を推進する上で,今後もその役割の重要性が増しています。
このため,市町村ではこれらの民間団体の自主性を尊重しつつ,家庭,地域,学校
が相互に連携し合いながら,地域社会全体で子どもの読書活動を推進する必要があり
ます。
(※13) 「子ども読書の日」
(4月23日)は,国民の間に広く子どもの読書活動についての関心と理
解を深めるとともに,子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高めるため,子どもの読書活動
の推進に関する法律により定められています(同法第10 条)。また「読書週間」(昭和22年
から実施)と「こども読書週間」
(昭和34年から実施)は,社団法人読書推進運動協議会が取
り組んできた事業で,全国の公立図書館や公民館などで,読書活動を推進するための様々な活
動が行われています。
- 15 -
2
推進の担い手とその役割
(1)地域の役割
イ 家庭文庫・地域文庫は,子どもが本に親しむ様々な機会を提供するなど,子ど
もの自主的な読書活動に大きく寄与しています。そうした文庫活動をより一層充
実させることが望まれます。
(⇒事例集②④⑤参照)
ロ 読み聞かせボランティア団体においては,公立図書館や児童館,学校,放課後
児童クラブ等と連携しながら,あらゆる機会を通じて読み聞かせやおはなし会を
開催することが大切です。
(⇒事例集①②⑤参照)
ハ 民間諸団体が活動を継続し,新たな読書事業を展開するためにも,地域を拠点
26 参照)
とした団体間のネットワークの構築が求められています。(⇒事例集①○
ニ 市町村においては,広報誌やホームページ等を通じて,地域の読書活動ボラン
ティア団体や図書資料に関する新しい話題を積極的に情報発信し,周知していく
ことが大切です。
(2)行政の取組
イ 宮城県の取組
(イ)
家庭文庫・地域文庫や読み聞かせボランティアの活動を支援するため,
読書に関する講演会や読み聞かせボランティアの養成講座を継続して実施
します。また,市町村においても同様の取組が望まれます。
28 ○
31 ○
36 参照)
(⇒事例集○
(ロ)
県では,民間団体やボランティアの活動をホームページや事例集で紹介
し,推進体制整備の一助となるよう情報提供を行うとともに,県内の子ど
もの読書活動に関する情報を更新し,県民に提供するよう努めます。
(ハ)
県図書館においては,読書活動に関する相談に応じられる体制づくりに
より一層努めます。
また,子ども読書活動推進の場については,関係団体と調整しながら確
保に努めます。
- 16 -
(ニ)
市町村に設置されている児童館や保健センターなどの施設,放課後児童
クラブや母親クラブ,その他の民間団体等に対して,子どもの読書活動の
推進に関する情報提供を行い,普及・啓発に努めます。
(ホ)
市町村は各地域の実情を踏まえて,当該市町村の子ども読書活動推進計
画を策定し,地域全体で読書環境の整備をする必要があります。県では,
子どもの読書活動の担い手を育成するなど,その支援に努めます。
ロ
市町村に期待される取組
(イ)
民間団体やボランティアとの連携を進め,地域における子どもの読書活
26 ○
28 ○
31 参照)
動を推進するネットワークづくりが必要です。
(⇒事例集○
(ロ)
児童館を利用する子どもを対象に,母親クラブ,ボランティアサークル
などの協力の下,読み聞かせやおはなし会などを行うとともに,児童館内
33 ○
36 参照)
の図書資料の整備が望まれます。
(⇒事例集○
(ハ)
「市町村子ども読書活動推進計画」の未策定市町村においては,早期の
計画策定が望まれます。
- 17 -
第2節 学校等における具体的方策
1
現状・課題
学校においては,従来から国語などの各教科における学習活動を通じて,読書活動
が行われてきました。学校は児童生徒の読書習慣の形成に重要な役割を担っているこ
とに変わりはありません。平成19年に改正された学校教育法においても,義務教育
として行われる普通教育の目標の一つとして「読書に親しませ,生活に必要な国語を
正しく理解し,使用する基礎的な能力を養うこと」が掲げられています。全校一斉読
書や総合的な学習の時間(※14)での調べ学習,ロングホームルームなど,年間を
通じた教育活動の中での読書活動や,学習情報センターとしての図書館での計画的・
22 参照)
組織的な学習が行われています。
(⇒事例集○
さらに,児童生徒の豊かな読書経験の機会を充実させていくために,児童生徒のニ
ーズにこたえる魅力的な学校図書館づくりが必要です。その意味で,図書資料の整
備・充実は喫緊の課題となっています。平成19年度から5か年を期間とする新たな
「学校図書館図書整備計画」が策定され,公立義務教育諸学校における学校図書館資
料の計画的な整備と,学校図書館図書標準の早期達成が要請されています。
県内の学校図書館における平均蔵書冊数は,小学校や高等学校では全国平均をわず
かに上回っているものの,中学校では下回っており,読書活動推進の重要な場として
一層の図書資料の充実が求められています。
また,学校図書館と民間団体やボランティアが連携している割合は,全国平均を下
回っており,今後一層の連携・協力が望まれるとともに,地域住民に対する文化施設
としての学校図書館の開放ということも時代のニーズとなっています。
司書教諭については,学校図書館資料の選択・収集・提供を行うなど,学校図書館
の運営・活用について中心的な役割を担っています。平成15年度から,学校図書館
法により,学級規模が12学級以上の学校に学校図書館の専門的職務を担う司書教諭
を必ず配置しなければならないと定められています。引き続き,関係機関と連携しな
がら司書教諭養成講習を実施し,有資格者の発令の促進と学校図書館機能の充実を図
っていくことがなお一層求められています。
(※14)
総合的な学習の時間とは,地域や学校の実態に合わせ,教科の枠を超えてテーマに沿って学
習を行う時間を言います。自ら考え解決する能力の育成を重視します。
- 18 -
2
推進の担い手とその役割
(1)学校等の役割
イ 幼稚園・保育所の取組
幼稚園や保育所においても,乳幼児期に絵本や紙芝居などに親しむ活動の推進
33 参照)
が期待されます。(⇒事例集○
また,乳幼児が絵本等に親しむ機会を確保する観点から,安心して図書に触れ
ることができるような時間と場所の確保に努めるとともに,民間ボランティア等
と連携して図書の整備を促していくとともに,公共図書館等の協力を得て発達段
階に応じた図書の選定にも配慮していくことが必要です。さらに,本との触れ合
いの時間を家庭でも持つよう,親や大人を対象とした講習会や情報交換の場を設
35 参照)
けることなどが大切です。
(⇒事例集○
ロ 小・中学校,高等学校及び特別支援学校の取組
(イ) 読書機会の提供
各学校の段階や実情に合わせて,児童生徒に読書に親しむ態度を育成し,
本に親しむきっかけをつくるとともに,読書の時間を確保し,読書習慣を
身に付けるような計画的な取組が期待されます。例えば,全校一斉読書や
25 参照)を実施したり,また,各教科の授
読み聞かせなど(⇒事例集⑥~○
業の中での調べ学習や総合的な学習の時間(⇒事例集⑯⑳参照)
,特別活動
(※15)での取組など,児童生徒が自発的に読書を行えるような取組が
25 参照)
期待されます。
(⇒事例集○
(※15)
特別活動とは,学級活動や生徒会活動・学校行事など,各教科での授業以外の活動を言いま
す。
- 19 -
さらに,読書への興味・関心をより高めるために,ゲーム的手法を用い
た読書へのアニマシオン(※16)
(⇒事例集⑩参照)やオーサー・ビジッ
ト(作者の訪問授業)(※17),テーマを決めて様々な本を紹介するブッ
23 参照)
クトーク(※18)
(⇒事例集⑥⑦⑩⑬⑰⑳○
,新聞を教材とした NIE
21 参照)の推進なども一つの取組と言えます。
(※19)
(⇒事例集○
(ロ) 学校図書館の機能充実
学校図書館は,児童生徒の自発的・主体的な学習活動を支援し,教育課
程の展開に寄与する学習情報センターの機能とともに,児童生徒の自由な
読書活動や読書指導の場として興味・関心を呼び起こし,豊かな心をはぐ
くむ読書センターとしての機能を有しています。
学校教育においては,児童生徒が自ら考え,主体的に判断し,行動でき
る能力をはぐくむことが求められており,学校図書館の果たす役割はます
ます重要になってきています。
また,児童生徒が自主的に読書に親しむため,全校一斉読書をさらに拡
大するとともに,学校関係者や保護者などを対象とした研修会の開催や学
校における読書活動の事例紹介を行います。
(ハ) 校内協力体制の強化
司書教諭等がその役割を十分に発揮できるよう,校内における研修体制
の強化に努めることが求められます。
また,学校図書館担当事務職員が配置されている学校においては,司書
教諭と学校図書館担当事務職員が連携・協力し,学校全体として児童生徒
の読書活動を推進することが求められます。
(⇒事例集⑬参照)
(※16) アニマシオンとは,子どもたちをリードしていく指導者「アニマドール」が,子どもと一緒
になって活動し,ゲーム的手法を用いて「遊び」という感覚で子どもに本に対する興味を持た
せ,本好きにするための手法を言います。
(※17) オーサー・ビジットとは,作家や詩人などが学校を訪れ,アイデア溢れるユニークな「授業」
を行い,子どもたちの「本に対する理解を深め」「読書意欲を喚起する」ことを目的とする手
法を言います。
(※18) ブックトークとは,動物や食べ物など一つのテーマに従って,何冊かの本をいろいろな角度
から紹介し,本の楽しさを知ってもらうための手法を言います。
(※19) NIE とは,Newspaper In Education の略で,授業で新聞を教材とする学習活動を言います。
- 20 -
(ニ) 公立図書館や地域との連携
公立図書館等からの団体貸出による図書資料の活用や司書の学校訪問の
受入れなど,公立図書館等と連携を深めることが望まれます。
23 参照)
(⇒事例集⑥⑦⑪⑰○
また,学校の読書活動を地域ぐるみで推進するため,PTA や地域住民に
学校の図書館運営に積極的にかかわってもらったり,地域の実情に合わせ
て地域住民に学校図書館を開放するなど,地域との連携・協力を進めるこ
24 参照)
とも期待されます。(⇒事例集⑪○
(ホ) 障がいのある児童生徒の読書活動の推進
障がいのある子どもが豊かな読書体験ができるよう,障がいの状態に応
じた図書資料の選定や環境の整備,視聴覚機器の活用,民間ボランティア
による読書支援等が期待されます。児童生徒が読書に興味を持つようなさ
わる絵本(※20)や布の絵本(※21),絵人形などをパネル上で動かす
パネルシアター(※22)などの充実を図ったり,快適な読書スペースづ
くりに努めたりすることなどが例として挙げられます。
(⇒事例集③参照)
また,視覚障害教育情報ネットワークの活用等により,点字データの相
互利用や情報提供の促進が期待されます。
(へ) 「22世紀を牽引する叡智の杜づくり」事業の活用
県図書館が展開している,古典・近代文学の複製資料や文化財レプリカの
学校への貸出など,県図書館が所蔵する知の集積を活用し,ふるさとみやぎ
の歴史や文化を,次代を担う人たちに伝えていこうとする「22世紀を牽引
する叡智の杜づくり」事業の積極的活用が望まれます。
(※20) さわる絵本とは,布や木ぎれなどを使って,手で触って分かり,楽しめるように作成された
絵本を言います。
(※21) 布の絵本とは,布で作られた台紙に様々な布で作った絵を面ファスナーなどではり付け,自
由に取り外しができる絵本を指し,手指の機能訓練もできます。
(※22) パネルシアターとは,観客の正面に,ネル布を張った大きなパネルを置き,演じ手がそのパ
ネルの脇に立って,不織布でつくった絵人形をパネルの上にくっつけたり,はずしたりしなが
ら,物語の内容に沿った場面を構成し演じる,動く紙芝居とも言うべき手法を言います。
- 21 -
(2)行政の取組
イ 宮城県の取組
(イ) 乳幼児期の読み聞かせの推進
乳幼児への読み聞かせなどは,親子の大切なコミュニケーションの場と
なるほか,感性を磨き,表現力や創造力を高め,言葉を学ぶきっかけとも
なる大切な働き掛けと言われています。そのため,親や大人,保育士,幼
稚園教諭を対象にした各種研修会を通じて,乳幼児に対する読み聞かせな
どの啓発に努めます。
(ロ) 学校における読書活動の推進
児童生徒が継続的に読書に親しみ,読書習慣を身に付けるよう,次に掲
げる取組を通じて学校における読書活動を推進します。
①
児童生徒の読書活動を推進する意義について理解をより深めるため,
学校関係者や保護者などと連携・協力を深めながら,全校一斉読書やオー
サー・ビジット(作者の訪問授業),授業の中での活動例,また地域と連
携した取組事例など,学校における様々な読書活動の事例も県のホームペ
ージなどを通じて紹介します。
②
児童生徒が自主的に読書を行えるよう,県立学校における図書資料の
計画的な整備充実に努めます。また県立学校においては,コンピュータ
を活用した調べ学習の支援や所蔵する図書資料のデータベース化を図る
など,学校図書館の情報化に努めます。
③
引き続き,司書教諭の養成を促進するとともに,参考となる情報の提
供等を通じて学校図書館教育の充実・支援を図ります。また,学校図書
館関係者の資質向上を図る機会の提供に努めます。
さらに,宮城県教育研究会学校図書館教育部会(小・中学校),宮城県
高等学校図書館研究会等と連携し,学校における読書活動の推進に努め
ます。
④
障がいのある児童生徒が自主的に読書活動を行える環境を整えること
はきわめて重要です。障がいのある子どもが読書に親しむことができる
- 22 -
よう,図書資料の充実に努めるとともに,読書活動についての実践事例
の紹介に努めます。
(⇒事例集③参照)
⑤
宮城県図書館情報ネットワークシステム(※23)を活用し,公立図
書館や図書館未設置町村の公民館図書室を通じた学校図書館に対する県
図書館所蔵資料の積極的な貸出を促進します。
ロ 市町村に期待される取組
(イ)
学校図書館の図書資料の充実を図ることが期待されます。また,コンピ
ュータを活用した調べ学習の支援や所蔵する図書資料のデータベース化を
図るなど,学校図書館の情報化を引き続き促進することが望まれます。
(ロ)
児童生徒がより充実した図書サービスを受けられるように,公立図書館
等と学校図書館との連携を促進することが期待されます。例えば,公立図
書館等による学校への団体貸出や司書の学校訪問など,地域のネットワー
ク化などが挙げられます。
(ハ)
11 ⑰○
23 ○
27 ○
29 ○
31 ○
38 参照)
(⇒事例集⑦○
小・中・高等学校における学校図書館の一層の充実を図る上で,地域の
民間団体やボランティアとの連携や学校図書館担当事務職員の配置なども
望まれます。
(⇒事例集⑥~⑯参照)
第3節 公立図書館等における具体的方策
1
現状・課題
公立図書館は地域の読書活動の推進拠点として,すべての住民が読みたい本や必要
な情報を豊富な資料の中から入手することによって,新しい知識を獲得したり,読書
の楽しみを享受することができる情報施設です。また,住民が自らのニーズに応じた
資料や情報を自由に収集し,それを基に課題解決や情報活用を図るなど自己教育に資
する生涯学習施設でもあり,公立図書館はもっとも身近で重要な役割を果たしていま
す。
(※23)
図書館情報ネットワークシステムとは,参加市町村立図書館が県図書館に対して蔵書情報の
提供や貸出を依頼する機能である「依頼機能」と県民が県図書館のホームページ上で,
「書籍の
有無」「書籍名」「著者名」や「出版社名」について,参加館の状況を同時に検索できる「総合
目録」の機能を有しています。なお,県内総合目録化には,平成20年11月1日現在で,
17館(11市5町及び宮城県)が参加しています。
- 23 -
特に,地域の子どもの読書活動を支援する拠点として,県内の公立図書館では,
「児
童室」や「児童コーナー」を設け児童サービスを行い,児童書の充実や情報提供を行
っているほか,中高生を対象としたサービスなどを実施しています。
さらに,
「子ども読書の日」
(4月23日)や「こどもの読書週間」
(4月23日~5
月12日)と関連させ,子どもの本の展示会やおはなし会といった各種イベントを開
催するなど,地域のボランティアの協力を得ながら,子どもの読書活動を推進するた
めの様々な活動に取り組んでいます。
県民の図書館サービス享受を実現するための拠点として,県図書館では「宮城県図
書館情報ネットワークシステム」を構築し,市町立図書館・公民館図書室へ
の資料提供(県図書館所蔵資料の協力貸出)における基盤整備を行うなど,県民の読
書環境の向上のため,市町村支援に努めています。生涯学習社会の進展の中で,県図
書館は県民の学習を支援する身近な情報源として,さらには地域文化の保護・育成・
活用を目的とした「22世紀を牽引する叡智の杜づくり」事業の展開など,生涯学習
社会を支える大きな柱として,その機能の充実に努めています。
また,市町立図書館の中には,学校図書館への団体貸出や職員による出前おはなし
会の実施など,学校と連携したり,保健センター等と連携して検診時のおはなし会や
ブックスタートなどを行っている図書館もあります。公立図書館においては,地域や
学校との連携を強化しながらサービスの向上を目指すなど,県民の読書環境を一層充
27 ○
30 ○
31 ○
33 ○
37 参照)
実して,子どもの読書活動を推進します。(⇒事例集○
宮城県内の市町村における公立図書館の設置率は,市町村合併の結果58.3%と高
くなりましたが,全国平均の72.2%と比べて依然低率です。公立図書館が未設置の
町村においては,公民館図書室が読書施設としての役割を果たしていますが,提供で
きるサービスが限られているため,図書館の設置が望まれます。
2 推進の担い手とその役割
公立図書館は,地域の人々の営みや歴史を収集・記録し保管すると同時に,その知
識や情報を維持・継承し,人々の生活や地域社会の発展のため発信・提供する情報拠
点としての役割を担っています。また,人々が「心の豊かさ」や「生きがい」を得よ
うと生涯にわたる自発的な学びを支援する生涯学習施設でもあります。
このような役割を持つ図書館は,子どもの自主的な読書活動を推進する上でも,き
わめて重要な役割を担っています。
- 24 -
(1)公立図書館の役割
イ 子どもを読書にみちびくための多彩な活動
子どもが読書に興味や関心を寄せるような様々な企画を実施することが期待さ
れます。例えば,おはなし会やブックトーク,興味あるテーマによる図書リストの
作成,季節や時事問題などを採り上げた掲示や本の紹介記事を載せたおたよりの発
26 ,○
32 ~○
39 参照)
行,親子を対象とした読書会などが挙げられます。
(⇒事例集○
ロ 情報の収集・提供と相談
図書資料の紹介やイベント,研修会の案内,民間団体やボランティアの活動など
子どもの読書に関連する様々な情報を収集し,図書館広報紙やホームページで提供
することが期待されます。併せて,子どもや保護者などの相談に応じてアドバイス
27 ○
38 参照)
することも大切な役割です。(⇒事例集○
ハ 児童室や児童コーナーなどの充実
子どもたちが気軽に公立図書館を訪れ,図書を通して楽しく学び,過ごせるよう,
児童室や児童コーナー,青尐年コーナー(※24)などの魅力ある空間づくりに取
り組むことが期待されます。例えば,親しみやすいインテリアや書架の配置,展示
の工夫などが挙げられます。
ニ
インターネット活用によるサービス機能の充実
県民がインターネットを活用して,図書の貸出予約ができたり,公立図書館から
学校図書館への図書の貸出が円滑に行われるよう,図書館のサービス機能を拡充す
ることが期待されます。そのためには,公立図書館におけるインターネットを活用
27 ○
38 参照)
した情報サービスシステムの一層の拡充が期待されます。(⇒事例集○
ホ
児童担当の司書の育成・配置
子どもの読書活動を推進するには,それを担う専門的な職員が必要です。公立図
書館における児童担当の司書の育成や配置が望まれます。
(※24)
青尐年コーナーとは,主に13歳から18歳を対象にした図書資料を配置したコーナーを言
います。子どもから大人への転換期にある時期の好みや心理に配慮して,展示法を工夫したり,
青尐年向けの広報物を併せて置いたりする例が多く,ヤングアダルトコーナーとも言われます。
- 25 -
(2) 行政の取組
イ 宮城県の取組
(イ) 公立図書館は,子どもと本をつなげるための重要な機関であり,身近なと
ころで本と触れ合う環境の整備が必要です。県では,図書館未設置町村に対
して,設置に向けた機運の醸成を図ります。
また,市町立図書館を通じて,県図書館資料を取り寄せることができる
ことを周知するなど,公立図書館と県図書館との図書資料の相互貸借を一
層推進します。
(ロ) 県図書館に児童担当の司書を配置し,子どもの読書活動を多面的に支援し
ます。
(ハ) 県図書館を子どもの読書に関する県内の中核拠点として,おはなし会など
の行事,児童書展示会を引き続き実施し,
「子ども読書の日」や「こどもの読
書週間」の周知・理解に努めます。
また,絵本をはじめとする児童書など,新刊の図書資料の紹介や県内の子
ども読書活動団体とその活動状況などの情報を提供するとともに,子どもの
読書全般に関する相談・援助に努めます。
さらに,研究用児童書や子どもの本に関する研究書を収集している「児童
資料研究・相談室」の周知に努め,積極的な活用を推進します。
(ニ)
県図書館や県視覚障害者情報センターにおいて,障がいのある子どもへの
サービスの充実に努めます。多様な図書資料の整備充実を引き続き推進する
とともに,視覚障がいのある子どもへの音訳サービスや聴覚障がいのある子
どもへの字幕付き又は手話付きのビデオの貸出などを行います。
(ホ)
県図書館や県視覚障害者情報センターにおいて,今後もボランティアの養
成と協力の受け入れに努めるとともに,民間団体やボランティアの活動の場
の提供に努めます。
(へ)
県図書館では,公立図書館や公民館図書室との連携・協力の促進に引き続
き努めます。また,公立図書館と学校図書館との連携・協力への支援を積極
的に行います。
- 26 -
(ト)
県図書館が展開している,古典・近代文学の複製資料や文化財レプリカの
学校への貸出など,県図書館が所蔵する知の集積を活用し,ふるさとみやぎ
の歴史や文化を,次代を担う人たちに伝えていこうとする「22世紀を牽引
する叡智の杜づくり」事業を引き続き推進します。
(チ)
県図書館では,国の登録有形文化財(※25)の街頭紙芝居等を所蔵して
います。紙芝居は,聞き手と演じ手の心の交流を生み出し,人々を物語の世
界に引き込みます。また,県美術館では,国内最大の絵本絵画コレクション
を所蔵しています。これらを常設展や企画展で活用することにより,子ども
と本の出会いのきっかけづくりを行います。
ロ 市町村に期待される取組
(イ)
図書館の未設置町村において,今後設置に向けた積極的な対応が期待さ
れます。なお,市町村合併を視野に入れた図書館の適正な配置についても
取り組むことが必要です。
(ロ)
公立図書館において,子どもの読書活動の推進に重要な役割を担う児童
担当の司書の配置と研修が求められます。
(ハ)
公立図書館では,各年齢層のニーズに対応できるよう,乳幼児向けの児
童コーナーや中高生を中心とした青尐年コーナーの設置を促進するととも
に,図書館資料や読書活動の機会に関する情報を随時発信するなど,図書
館の情報化に努めることが望まれます。
(ニ)
公立図書館や公民館図書室に設けている児童室や児童コーナーなど子ど
もの読書スペースを十分確保することが期待されます。また,学校図書館,
公民館,児童館,保健センター等に必要な情報や資料を提供するとともに,
これらの施設に対し,児童書の団体貸出を行うための体制づくりが求めら
26 ○
27 ○
29 ○
31 ○
32 ○
35 ○
38 参照)
れます。
(⇒事例集○
(※25)
登録有形文化財とは,文化財保護法に基づき,国・地方公共団体指定以外の有形文化財,有
形民俗文化財及び記念物のうち,保存・活用のための措置が特に必要なものを文部科学大臣が
文化財登録原簿に登録して保存を図るもの。
- 27 -
(ホ)
公立図書館の司書が,学校を訪問して読書指導をしたり,児童生徒の調
べ学習や図書館利用のための支援を行うことが期待されます。
27 ○
29 ○
31 ○
35 ○
38 参照)
(⇒事例集⑦⑪⑰○
(ヘ)
県図書館が実施している「子どもの本展示会」の移動展示会を,公民館
図書室においても積極的に開催することが望まれます。
(ト)
公立図書館において,図書館から遠距離にある地域に居住する子どもへ
の移動図書館車によるサービスの充実が期待されます。
第4節 推進体制の整備
子どもの読書活動を推進する上で,公立図書館・学校・行政が,家庭文庫・地域
文庫などの民間団体(含む NPO)やボランティアと連携・協力をすることが必要
です。県では,民間団体やボランティアの活動をホームページや事例集で紹介し,
推進の一助となるよう情報提供を行うとともに,諸団体や公立図書館・学校との連
携に必要な推進体制の整備を進めます。
1
宮城県と民間団体等との推進体制
宮城県は,民間団体,幼稚園・保育所,公立図書館等の関係者で構成する「みやぎ
子ども読書活動推進に関する意見交換会」を開催し,子どもの読書活動の推進に関す
る様々な方策について研究・協議を進めます。
また,読書活動を推進する民間団体やボランティア団体との連携や協力を求め,読
書環境の充実に努めるとともに,県民に意識の高揚を図ります。
2
宮城県と市町村との推進体制
公立図書館や公民館図書室と連携して,情報ネットワークを活用した資料の相互貸
借,巡回相談,館長・職員研修会等を実施するほか,市町村生涯学習担当課長会議等
の各種会議での情報提供や意見交換を通じ,子ども読書活動推進の重要性を理解して
もらうよう努めます。
- 28 -
県内の子ども読書活動推進に関する
先進的・特色のある活動事例集
県内の子ども読書活動推進に関する先進的・特色のある活動事例集 目次
個人・団体
番号
種別
頁
名称
特色
活動内容
1 昔語り団体
P29 岩出山むかしかたりの会
大崎市内外の小学校,保育所,幼稚園で,かたりボランティア活動
2 地域文庫
P29 こすもす文庫(野島裕子)
本の貸出 おはなし会 近隣の学校・幼稚園等におはなし会の出前
3 ボランティア
P30 触察絵本グループ わか草
触る絵本の制作 視障児への貸出,贈呈等関係施設への常置
4 家庭文庫
P30 だいちゃん文庫(佐々木博美)
絵本の読みきかせ,わらべうた他を随時
5 家庭文庫
P31 まつお文庫(松尾福子)
本の貸出し,おはなし会,工作など
学校 6 小学校
P32 仙台市立荒町小学校
外部団体・ボランティア団体との連携
読み聞かせボランティア(サクランボの会)によるお話の会
7 小学校
P32 仙台市立通町小学校
読書活動の推進・啓蒙
市民図書館との連携事業(朝読書パッケージ貸出し・ブックトーク・ネットワーク貸出
しの利用)
8 小学校
P33 石巻市立向陽小学校
外部団体・ボランティア団体との連携
外部団体・ボランティア団体との連携
9 小学校
P33 登米市立豊里小学校・中学校
読書活動の推進・啓蒙
朝の読書タイム用の本(教科書に出てくる本)を教室に常時設置
P34 登米市立柳津小学校
読書活動の推進・啓蒙
ブックトーク,アニマシオンの実施(全校向け,各学級)
11 小学校
P34 村田町立村田第五小学校
図書館関係職員・教育関係者等対象 図書館関係職員・教育関係者等対象との連携 昇降口前の図書コーナー設置
との連携
他機関との連携による子どもの本展示会実施
12 小学校
P35 利府町立菅谷台小学校
読書活動の推進・啓蒙
教職員による全校おはなし会(年3回:学期末)
13 小学校
P35 大和町立吉岡小学校
読書活動の推進・啓蒙
司書教諭の授業参加(ブックトーク)と資料提供
14 小学校
P36 加美町立中新田小学校
図書委員会を中心とした各種活動
図書館まつり(11月4週の5日間「ぼく・わたしの勧める本」「当たり本」「多読賞の紹
介」「新しい本の紹介」「お話し会」「スタンプラリー」以上全校
15 小学校
P36 女川町立女川第一小学校
図書委員会を中心とした各種活動
図書委員会による図書祭り 近隣高校(女川高校)生徒による読み聞かせ
16 小学校
P37 聖ドミニコ学院小学校
読書活動の推進・啓蒙
17 中学校
P38 仙台市立長町中学校
他機関との連携
18 中学校
P38 岩沼市立玉浦中学校
読書活動の推進・啓蒙
19 中学校
P39 登米市立東和中学校
図書委員会を中心とした各種活動
20 中学校
P39 宮城県古川黎明中学校
総合的な学習の時間を活用した多様 「学びの土台を作る」ことを目的とした「言偏の時間」(Lタイム)を,全学年週1時間
な活動
実施
21 高等学校
P40 宮城県泉館山高等学校
読書活動の推進・啓蒙
朝の読書(8:30~8:40 平均週3回 新聞の社説,評論文などを読む)
22 高等学校
P40 宮城県松島高等学校
読書活動の推進・啓蒙
LHR読書会・有志読書会(校内)
23 高等学校
P41 宮城県松山高等学校
図書委員会を中心とした各種活動
24 高等学校
P41 宮城県迫桜高等学校
図書委員会を中心とした各種活動
25 高等学校
P42 東北生活文化大学高等学校
図書館関係職員・教育関係者等対象
読書クイズ王決定戦
との連携,各種研修会の開催
26 図書館
P43 塩竃市民図書館
ボランティアの活動の支援と促進,連
携,活動の場の提供
図書館ボランティアによる定例のおはなし会
27 図書館
P43 塩竃市民図書館
総合的な学習に対する支援
総合的な学習の支援
28 図書館
P44 塩竃市民図書館
ボランティア活動の支援
ボランティアのための実力アップ講座
29 図書館
P44 多賀城市立図書館
学校との連携
学校図書館の支援
30 行政
P45 岩沼市民生部次世代育成支援室新たな読書活動の推進
親子ふれあい絵本事業(ブックチャンス)
31 図書館
P45 岩沼市図書館
学校教育・ボランティアとの連携
学校図書室・ボランティアの支援
32 図書館
P46 東松島市図書館
多彩な事業の展開
子どもと本の橋渡し 科学,工作あそび
10 小学校
全校生が読書貯金(本の題名と読んだページ数のみを記入したもの)記載 各学
年,各教科で調べ学習への積極的取り組み
公共図書館員によるブックトーク,仙台市文学館学芸員による講義,点字ボラン
ティアの方の協力で点字本の作成
購入希望図書アンケート(対象は職員・生徒) 新着図書を学年ごとに掲示して知
らせる 新着図書を学年ごとに掲示して知らせる
多読賞の表彰(図書委員会)
地域の高齢者への読み聞かせ会(年6回) 公共図書館との連携による図書資料
の提供(常時 司書のストーリーテリング,ブックトーク等(年10回程度)
学校司書による本の情報紙「朝読の友」発行(随時) 生徒図書委員による文化
祭企画展示
図書館等
33 図書館
P46 蔵王町立図書館
34 公民館図書室 P47 柴田町槻木生涯学習センター
他機関との連携(学校,病院,保育
出前おはなし会
所,児童館,子ども会,社会福祉施設
等)
子どもたちが本に親しみをもってもらう
家庭教育振興事業 「絵本おはなし会」
ための事業
35 公民館図書室 P47 松島町勤労青少年ホーム
他機関との連携・読書活動の普及
巡回図書の実施 ブックラリーの開催
36 公民館図書室 P48 七ヶ浜町図書センター
新たな読書活動の推進
公民館図書室における講座及びよみきかせ行事等
37 図書館
P49 利府町立図書館
新たな読書活動の推進
2歳児歯科検診「おはなし会」(町保健福祉課と連携)
38 図書館
P50 美里町立小牛田図書館
総合的な学習に関する支援
総合的な学習の支援
39 図書館
P50 本吉町立図書館
新たな読書活動の推進
赤ちゃんとプレママのおはなし会
①
団体名
担当部署住所等
活動名
岩出山むかしかたりの会
代表者
庄司
悦子
〒989-6413
大崎市岩出山字東川原町4-9
TEL 0229-72-1149
FAX 0229-72-1149
E-mail
ホームページ
むかしかたり
蔵書冊数
開始期日
活動場所
活動対象
活
動
内 具体的内容
容
昭和63年1月
小学校,保育所,幼稚園,社会福祉施設
園児,児童から成人まで
・おはなし集会の講師として出向
・地域(岩出山地区の小学校5校) 新年かるた取り大会の読み手として協力
・大崎市内外の小学校,保育所,幼稚園で,かたりボランティア活動
その他
活動の実績
宮城県知事より「みやぎ児童文化おてんとさん賞」受賞(平成11年5月30日)
2008年子どもの読書活動優秀実践団体として文部科学大臣より表彰
②
団体名
こすもす文庫
代表者
裕子
TEL 022-243-4687
FAX 022-243-4687
担当部署住所等
E-mail
活
動
内
容
野島
ホームページ
[email protected]
活動名
地域文庫
蔵書冊数
500冊(他に仙台市図書館より年間600冊の貸出を受けています)
開始期日
活動場所
活動対象
2005年4月~
仙台市太白区金剛沢1丁目5-21 教会内
地域の子ども・大人 どなたでも
〈活動日時〉毎月第2・4木曜日 14:30~17:00
・本の貸出
具体的内容
・おはなし会(15:30~16:00)
(活動形態) ・昔遊びや工作
その他
活動の実績
近隣の学校・幼稚園等におはなし会の出前
平成19年度
貸出冊数
延べ利用者数
1,032冊
366人
- 29 -
③
団体名
触察絵本グループ
「わか草」
代表者
菅原
はつ子
〒984-0035
仙台市若林区霞目2-25-3
TEL 022-286-6490
FAX 022-286-6490
E-mail
ホームページ
担当部署住所等
活動名
触察絵本作り
蔵書冊数
100冊
開始期日
昭和54年10月~
活動場所
仙台市中央市民センター
活動対象
視覚障害児
具体的内容 ・触る絵本の制作
(活動形態) ・視障児への貸出,贈呈等
・関係施設への常置(県図書館,盲学校,県視覚障害者情報センター,泉区社協等)
その他
小学校への貸出,中学校におけるボランティア講習会,若林社協主催のチョボラ講習
活
動
内
容
活動の実績
仙ボラ,市社協,市長賞,厚生労働大臣賞他
伊藤忠商事,東ロータリークラブ,YMCAの各団体より表彰と基金の授与
④
団体名
だいちゃん文庫
代表者
〒981-0952
仙台市青葉区中山9-22-1
担当部署住所等
E-mail
活
動
内
容
活動名
家庭文庫
蔵書冊数
約1,500冊
佐々木
博美
TEL 022-277-5352
FAX 022-277-5352
ホームページ
開始期日
活動場所
活動対象
平成2年5月~
自宅
子どもも親も どなたでも
・開催日 毎月第2金曜日 午前10時~夕方
・絵本の読みきかせ,わらべうた他を随時
具体的内容 ・昼食会(主にカレーライス,秋は手作りきりたんぽ,他)
(活動形態) ・手作りおもちゃの会を随時別日程で開催
・通信の発行(年4回)
その他
各種講座の講師として出向
活動の実績
障害児こそ絵本を! そしてその親も夢と希望をもった豊かな子育てを! という思
いから,知的障害のある0,1,2歳児の親子が多く参加しています(10~20組)
。母親に少しずつ笑顔が増え,子を受容していく姿を見守っています。
- 30 -
⑤
団体名
まつお文庫
代表者
松尾福子
〒984-0821
仙台市若林区中倉3-16-8
TEL 022-231-2712
FAX 022-231-2712
e-mail
ホームページ
http://blog.goo.ne.jp/matuobunnko/
担当部署住所等
活動名
家庭文庫
蔵書冊数
6,900冊
開始期日
活動場所
活動対象
活
動
内
容 具体的内容
その他
活動の実績
1977年10月1日
自宅
子どもから大人まで(仙台市内全域)
・本の貸出し,おはなし会,工作など(毎週水・土曜日 週2回)
・(行事)夏,秋,新春の特別おはなし会,クリスマス会,子ども市
・(大人向けの会)レンゲの会(年8回),あそびの学校(年8回)
・文庫だより発行(月1回),文集「なかま」発刊(年1回)
・絵本や子どもの本についての講座で講師を務める。
・小学校や図書館で語り手として,子どもたちにおはなしを届けている。
2007年度の文庫登録者124名 貸出冊数3,462冊
文庫来場者2,149名(うち本を借りた人1,017名)
1998年 みやぎ児童文化おてんとさん賞受賞
2003年子どもの読書活動優秀実践者として文部科学大臣より表彰
- 31 -
⑥《外部団体・ボランティア団体との連携》
学校名
学校住所等
仙台市立荒町小学校
学級数・児童数 17学級・431名
〒984-0073
仙台市若林区荒町86番地
e-mail [email protected]
TEL 022(221)3595
FAX 022(221)3597
ホームページ Http://www.sendai-c.ed.jp/~aramati/
図書館蔵書冊数 11,898冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成20年 4月~
各ホームルーム教室及び図書館,マルチ室
各学年 全クラス
・朝の読書タイム(週1回・全校一斉)
・夕読みカード(全校一斉)
・読み聞かせボランティア(サクランボの会)によるお話の会(1~4年 月1回)
具体的内容 ・教員による読み聞かせ(月1回 全校一斉)
(実施形態) ・若林図書館のボランティアによるブックトーク(年1回 4.6年)
・図書委員による読書週間(11月2週間)
・校内読書感想文コンクール
その他
ホームページや図書新聞に掲載
活動の体制
しらはぎ図書委員会,学校図書事務員,校内図書部
活動の効果
・読み聞かせやブックトークによって,読書の興味関心が高まっている。
・図書館の利用者が増え,「夕読み」の本のジャンルが広がっている。
今後の課題
より多くの子供たちに,より多くの分野の本が好きになるようにする。
⑦《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
仙台市立通町小学校
学級数・児童数 14学級・366名
〒981-0915
仙台市青葉区通町1-1-1
e-mail [email protected]
TEL 022-234-2471
FAX 022-301-9414
ホームページ http://www.sendai-c.ed.jp/~tooricho/
図書館蔵書冊数 9,192冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成14年4月~
各教室・図書室・生活科室
全学年
・朝の読書タイム活動(週1回・全校一斉)
・図書ボランティアによる読み聞かせの開催(月1回・学年ごと)
具体的内容 ・図書ボランティアによるお話し会の開催(週2回・休み時間)
(実施形態) ・市民図書館との連携事業(朝読書パッケージ貸出し・ブックトーク・ネットワーク貸
出しの利用)
・校内読書週間の催し(読書感想文紹介,図書委員会の活動,おすすめの本の紹介等)
活動の体制
司書教諭・図書館教育部・学校図書事務員
活動の効果
・児童の貸出し冊数の増加
・本に親しむ児童が増え,図書室を利用する児童が増加
今後の課題
学習センターとしての図書資料等の充実
- 32 -
⑧《外部団体・ボランティア団体との連携》
学校名
学校住所等
石巻市立向陽小学校
学級数・児童数 17学級・469名
〒986-0863
石巻市向陽町4丁目13番24号
e-mail [email protected]
TEL 0225-95-0221
FAX 0225-95-7570
ホームページ
図書館蔵書冊数 4,141冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成15年4月~
各教室(朝読書・朝の読み聞かせ)ランチルーム・音楽室(一単位時間の読み聞かせ)
全学年
・ 朝の読書タイム活動(週2回・全校一斉)
・ 読み聞かせボランティアによる読み聞かせ(週1回・1から3年生)
具体的内容 ・ 読み聞かせボランティアによるお話し会の開催(年3回・学級ごと)
(実施形態) ・ 図書委員会による月ごとお薦め本の展示と図書だよりの発行(月1回)
・ 読み聞かせボランティアによる読み聞かせで使用した本の展示(参観日ごと)
・読み聞かせボランティアによる活動紹介の通信発行(学期1回)
活動の体制
図書館教育部
図書委員会
図書館ボランティア
活動の効果
・ 児童の貸出冊数の増加。
・ 本に対する興味関心を持つ児童が増加し,図書館利用増加。
・ 詩の暗唱や読み物に対する関心が高まった。
・朝の大切なひと時を朝の読書で始めることで,静かな雰囲気の中で一日を始めること
ができるようになった。
今後の課題
・外部団体との連携強化
⑨《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
登米市立豊里小・中学校
学級数・児童数 22学級・536名
〒987-0362
登米市豊里町上町裏100番地
e-mail
TEL 0225-76-2039
FAX 0225-76-2156
ホームページ
図書館蔵書冊数 15,622冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成19年4月~
教室及び図書館
全学年
・朝の読書タイム(週3回・全校一斉)
・朝の読書タイム用の本(教科書に出てくる本)を教室に常時設置
具体的内容 ・読書週間,読書祭りの開催(1~6年生)
(実施形態) ・毎月のお薦めの本の紹介
活動の体制
学校図書館司書,図書館教育部,図書委員会
活動の効果
教室に教科書に出てくる本を置いたことにより,常時よい本にふれることができた。
今後の課題
よりよい本を児童生徒に読ませる。
- 33 -
⑩《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
登米市立柳津小学校
学級数・児童数 8学級・93名
〒986-0401
登米市津山町柳津字本町57番地
e-mail [email protected]
TEL 0225-68-2009
FAX 0225-68-2331
ホームページ http://www.tome-svr.jp/~yanaidu-syo/
図書館蔵書冊数 6,124冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成18年4月
各教室・体育館・図書室
全学年
・ 朝の読書タイム活動(週1回全校一斉)
・ 学校図書館オリエンテーション 読書集会の実施(年3回)
具体的内容 ・ ブックトーク,アニマシオンの実施(全校向け,各学級)
(実施形態) ・ 読み聞かせ(教師→児童,児童→児童)
・保護者への学校図書館開放
その他
事業内容はホームページに掲載。事業に関する資料提供可能
活動の体制
図書館教育部
図書委員会
活動の効果
児童の貸出冊数の増加
今後の課題
情報メディアを活用する学び方の指導
⑪《図書館関係職員・教育関係者等対象との連携》
学校名
学校住所等
村田町立村田第五小学校
学級数・児童数 4学級・33名
〒989-1311
TEL 0224-83-2069
柴田郡村田町大字足立字折越1番地
FAX 0224-83-2069
e-mail [email protected] ホームページ http://www.murata5-e.myswan.ne.jp
図書館蔵書冊数 5,427冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成16年4月~
図書コーナー,各教室
全学年
・昇降口前の図書コーナー設置
・朝の読書タイム活動(週1回・全校一斉)
具体的内容 ・ボランティアによる読み聞かせ会の開催(年6回・上下学年ごと)
(実施形態) ・教育後援会共催による本の選定会
・他機関との連携による子どもの本展示会実施
活動の体制
図書館教育部,図書委員会等
活動の効果
・本に対する興味関心をもつ児童が増加し,図書コーナー利用増加。
・児童が本に親しみをもち,読書をする習慣が身に付いた。
今後の課題
図書ボランティアとの連携について
- 34 -
⑫《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
利府町立菅谷台小学校
学級数・児童数 16学級・450名
〒981-0135
宮城郡利府町菅谷台4-40
e-mail [email protected]
TEL 022-356-7829
FAX 022-356-7148
ホームページ http://www.sugaya-e.myswan.ne.jp
図書館蔵書冊数 7,784冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成20年4月
各教室,図書室,特別教室,校長室,職員室等
全学年
・ 朝の読書(毎週木・金曜日)
・ 読み聞かせボランティアによる朝の読書
具体的内容
(年21回,学級ごとに金曜日の朝の読書の時間等に行う)
(実施形態) ・ 教職員による全校おはなし会(年3回:学期末)
・ 図書室まつり(6月,11月,2月)
・学級文庫の設置(図書委員会が月ごとに準備)
その他
・学校だより等で活動の様子を紹介,毎月「学校図書室の利用状況調べ」を教員委員会
に報告
活動の体制
図書業務員,図書委員会等
活動の効果
・児童の貸出冊数が増加している(昨年度は児童一人平均77冊の本を借りている)
・本に対する興味関心が高く,学級や個人での図書室利用が高い。
今後の課題
・図書の充実,図書室経営の工夫(図書の展示の工夫等)
⑬《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
大和町立吉岡小学校
学級数・児童数 26学級・715名
〒981-3621
黒川郡大和町吉岡字町裏32番地
e-mail [email protected]
TEL 022-345-4571
FAX 022-347-1392
ホームペーシ ゙ http://www.yoshioka-e.myswan.ne.jp
図書館蔵書冊数 8,575冊(平成20年3月現在)
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成18年4月~
各教室及び図書館
全児童
・朝の読書タイム活動(週1回・全校一斉)
・全職員による読み聞かせ「朝のおはなしの時間」(年4回)
具体的内容 ・読み聞かせボランティアによる読み聞かせ(毎週)
(実施形態) ・各学年の推薦図書リストと「○年生の本棚」の設置
・「先生方からのおすすめ本」と読書郵便
・図書館祭りの実施,図書委員会主催の集会(手作りジャンボ絵本の読み聞かせ)
・司書教諭の授業参加(ブックトーク)と資料提供
他
その他
事業内容はホームページに掲載。事業に関する資料提供可能。
活動の体制
司書教諭,図書館教育部,図書委員会
活動の効果
児童の貸出冊数の増加
今後の課題
各教科の年間指導計画に明確に位置付けた図書館活用教育の実践
・日常の開館時の図書館利用者数の増加
- 35 -
⑭《図書委員会を中心とした各種活動》
学校名
学校住所等
加美町立中新田小学校
学級数・児童数 21学級・513名
〒981-4252
加美郡加美町字西田四番7番地1
e-mail
[email protected]
TEL 0229-63-2038
FAX 0229-63-3353
ホームページ
http://www.town.kami.miyagi.jp/nakaniidasyo/
図書館蔵書冊数 9,988冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成20年4月~
各ホームルーム教室及び図書館など
全学年
・ 朝読書(毎週火曜・全校一斉)
・ 読み聞かせボランティアによるお話し会(毎週1学年ずつ 6週に1度のサイクル)
具体的内容 ・ 読書感想文コンクール参加(全校)
(実施形態) ・ 図書館まつり(11月4週の5日間「ぼく・わたしの勧める本」「当たり本」「多読
賞の紹介」「新しい本の紹介」「お話し会」「スタンプラリー」以上全校
「親子読書」(低学年)・標語(中高学年)
活動の体制
学校図書館司書,図書館教育部,図書委員会等
活動の効果
いろいろなジャンルの本に対する興味関心をもつ児童が増えた
今後の課題
読書活動の推進・啓蒙
⑮《図書委員会を中心とした,読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
女川町立女川第一小学校
学級数・児童数 12学級・229名
〒986-2231
牡鹿郡女川町浦宿浜字門前4番地
e-mail [email protected]
TEL 0225-54-2437
FAX 0225-54-2615
ホームページ http://onagawa1sho.myswan.ne.jp/
図書館蔵書冊数 7,798冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成15年4月~
各ホームルーム教室及び図書館
全学年
・朝の読書タイム活動(毎朝・全校一斉)
・読み聞かせボランティアによるお話会の開催(週1回・学年ごと)
具体的内容 ・教員によるお薦め本のリスト作成(毎月)
(実施形態) ・図書委員会による図書祭り
児童のお薦め本の紹介
図書委員会児童による読み聞かせ
・近隣高校(女川高校)生徒による読み聞かせ
活動の体制
臨時図書補助員
図書委員会
活動の効果
児童の貸出冊数の増加
今後の課題
担任と図書補助員とのT・T(ティーム・ティーチング)
- 36 -
⑯《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
聖ドミニコ学院小学校
学級数・児童数 6学級・171名
〒980-0874
仙台市青葉区角五郎2-2-14
e-mail [email protected]
TEL 022-222-6337
FAX 022-221-6203
ホームページ http://www.dominic.ac.jp/elem/
図書館蔵書冊数 9,943冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成7年10月~
各ホームルーム教室及び図書室
全学年
・朝の読書タイム活動(週4回・全校一斉)
・全校生が読書貯金(本の題名と読んだページ数のみを記入したもの)記載
具体的内容 ・1,2年生対象のボランティアによる読み聞かせ会開催(週1回程度)
(実施形態) ・各学年,各教科で調べ学習への積極的取り組み
・児童による図書新聞作成(オリジナル推薦図書)
活動の体制
職員会,図書委員会等
活動の効果
・長編の本も根気強く興味を持って読むことが出来る児童が増加した。
・本に対する興味関心を持つ児童が増加し,朝礼前の待機中の読書などが自然に出来る
ようになっている。
今後の課題
他機関との連携(公民館図書室,他学校,社会福祉施設等)
教員対象の研修会・学習会の開催
- 37 -
⑰《他機関との連携》
学校名
学校住所等
仙台市立長町中学校
学級数・生徒数 26学級・823名
〒982-0023
仙台市太白区鹿野1-8-1
e-mail [email protected]
TEL 022-248-1444
FAX 022-304-1359
ホームページ http://www.sendai-c.ed.jp/~nagajh00/
図書館蔵書冊数 16,456冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成13年4月~
各学級 及び 図書室
全学年
・ 蔵書のデータベース化
・ 関係機関と連携(公共図書館員によるブックトーク,仙台市文学館学芸員による
具体的内容
講義,点字ボランティアの方の協力で点字本の作成)
(実施形態) ・ 朝読書の実施(毎日・全校一斉)
・ 学級文庫の設置(一ヶ月入替・全クラス)
・ 図書だよりの発行(年3回程度)
・ 図書委員会による多読賞表彰
・ 朗読CD等を利用した集団読書
・「私のお薦めの本」ポスター作成・展示(選択教科)
活動の体制
図書館教育担当,図書事務員,図書委員会
活動の効果
・ 図書室利用生徒・貸出冊数の増加
・各教科・「総合的な学習の時間」での図書室利用数の増加
今後の課題
外部団体との連携強化
⑱《読書活動の推進・啓蒙》
学校名
学校住所等
岩沼市立玉浦中学校
学級数・生徒数 6学級・148名
〒989-2423
岩沼市押分字新田東1
e-mail
TEL 0223-22-2704
FAX 0223-22-2905
ホームページ
図書館蔵書冊数 10,148冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
随時
図書館
全学年
・朝の読書活動(毎日)
・教員によるお薦め本紹介(年度始め)
・購入希望図書アンケート(対象は職員・生徒)
具体的内容 ・新着図書を学年ごとに掲示して知らせる
(実施形態) ・校内読書感想文コンクール
・読書週間(玉中図書委員会主催の読書週間,10月中旬~11月の2週間)
活動の体制
司書教諭,学校図書館担当事務職員,図書委員会
活動の効果
・読書活動の定着
今後の課題
各教科との連携
・図書館利用者の増加,貸出冊数の増加
- 38 -
⑲《図書委員会を中心とした各種活動》
学校名
学校住所等
登米市立東和中学校
学級数・生徒数 9学級・184名
〒987-0902
登米市東和町米谷字細野35
e-mail [email protected]
TEL 0220-53-2002
FAX 0220-53-2003
ホームページhttp://www.tome-svr.jp/~touwa-ch
u/
図書館蔵書冊数 8,565冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成19年4月~
各ホームルーム教室
全学年
・ 朝の読書タイム活動(週2回,全校一斉)
具体的内容 ・ 校内読書感想文コンクール開催(全校)
(実施形態) ・ 多読賞の表彰(図書委員会)
・教員による感想文に適するお薦め本の紹介(各クラス1時間程度)
活動の体制
図書館教育部,図書委員会
活動の効果
昼休みの図書館利用者の増加,長期休暇前の貸出冊数の増加
今後の課題
朝読書の有用性の実証
⑳《総合的な学習の時間を活用した多様な活動》
学校名
学校住所等
宮城県古川黎明中学校
〒989-6175
大崎市古川諏訪二丁目7番18号
e-mail [email protected]
事業・行事名等 読書活動の啓発に向けて
活
動
内
容
学級数・生徒数 7学級・240名
TEL 0229-22-4260
FAX 0229-22-3148
ホームページhttp://www.freimei-j.myswan.ne.jp/
-「言偏の時間」(Lタイム)をとおして-
実施期日
実施場所
実施対象
週1時間(通年)
図書室(ブックレビューの作品を展示)を中心に各教室(授業)
全校生徒
・読書活動の啓発に向けて
本校の特色ある教科の一つとして,「学びの土台を作る」ことを目的とした「言偏
具体的内容
の時間」(Lタイム)を,全学年週1時間実施している。その中に読書活動を啓発する
(実施形態) ために,①読み聞かせ ②ブックレビュー ③ブックトーク ④校内読書感想文コン
クールを実践している。また,本校独自で作成した「私の本棚」に,読書した本のあ
らすじや感想を記録し累積していく冊子を「言偏の時間」の一環として全校生徒が活
用している。
その他
3年生の「言偏の時間」は,高校の教師が担当している。
活動の体制
平成17年度~
活動の効果
読書活動の啓発として,各自のお薦めの「本の紹介」を中心に取り組んでいる。読書
傾向が偏りがちな生徒たちの他の図書への興味・関心を拡大する一助になりつつある。
今後の課題
抵抗なく論理的な文章を読書させる手だての工夫が必要である。
- 39 -
21 《読書活動の推進・啓蒙》
○
学校名
学校住所等
宮城県泉館山高等学校
学級数・生徒数 21学級・840名
〒981-3211
仙台市泉区長命ヶ丘東1
e-mail [email protected]
TEL 022-378-0975
FAX 022-378-0976
ホームページ http://izumit-h.myswan.ne.jp
図書館蔵書冊数 23,155冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成16年4月~
各ホームルーム
全学年
・朝の読書
具体的内容
(8:30~8:40 平均週3回 新聞の社説,評論文などを読む)
(実施形態) ・校内読書感想文の提出(夏休み後提出)
・図書館便りの発行(年4~5回 主に新刊案内)
その他
特になし
活動の体制
図書部
活動の効果
図書館利用の増加
今後の課題
図書館利用者の一層の促進
22 《読書活動の推進・啓蒙》
○
学校名
学校住所等
宮城県松島高等学校
学級数・生徒数 15学級・592名
〒981-0215
宮城郡松島町高城字迎山3-5
e-mail [email protected]
図書館蔵書冊数 30,214冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成20年4月
各教室・図書館
全学年
・朝の読書活動(毎日・全校一斉)
・LHR読書会・有志読書会(校内)
具体的内容 ・校内読書感想文コンクールの実施
(実施形態) ・芸術鑑賞会の実施(校内)
・百人一首大会の実施(校内)
活動の体制
図書部・生徒会図書委員会
活動の効果
・生徒の読書力の向上
・生徒図書委員会活動の育成
今後の課題
- 40 -
TEL 022-354-3307
FAX 022-354-5847
ホームページ http://matsushima-h.myswan.ne.jp/
23 《図書委員会を中心とした各種活動》
○
学校名
学校住所等
宮城県松山高等学校
学級数・生徒数 6学級・220名
〒987-1304
大崎市松山千石字松山1-1
e-mail [email protected]
TEL 0229-55-2313
FAX 0229-55-2314
ホームページ http://www.matuyama-h.myswan.ne.jp/
図書館蔵書冊数 9,578冊
実施期日
実施場所
実施対象
平成16年4月~
各ホームルーム教室及び図書館,地域の老人保健施設等
全学年,教職員,地域の高齢者
・朝の読書実施(毎日・全校一斉),学級文庫の設置
・図書館ニュース発行(年9回),図書館だより発行(年1回)
具体的内容 ・読書感想文コンクールの実施(全校),読書感想画コンクールの実施(全校)
(実施形態) ・校内読み聞かせ会(年1回),地域の高齢者への読み聞かせ会(年6回)
・作家などの紹介(年11回),詩や短歌,俳句の紹介(年12回)
・図書委員会の文化祭への参加(年1回)
・公共図書館との連携による図書資料の提供(常時)
・司書のストーリーテリング,ブックトーク等(年10回程度)
活
動
内
容
活動の体制
教務部,学校図書館司書,図書委員会
活動の効果
・本に興味関心を持つ生徒の増加,図書館利用者の増加。
・地域の高齢者への読み聞かせ会をとおして地域との交流ができた。
・図書館活動の可能性を広げられた。
今後の課題
図書館の多面的な活動の工夫及び追求。読書習慣の普及。
24 《図書委員会を中心とした各種活動》
○
学校名
学校住所等
宮城県迫桜高等学校
学級数・生徒数 15学級・571人
〒989-5502
栗原市若柳川南字戸ノ西184
e-mail [email protected]
TEL 0228-35-1818
FAX 0228-35-1822
ホームページ http://www.hakuou.myswan.ne.jp
図書館蔵書冊数 20,451冊
実施期日
実施場所
実施対象
活
動
内
容
平成20年4月~
学校図書館・各ホームルーム等
全年次
・朝読書の実践(毎日・全校一斉)
・校内読書感想文コンクールの開催
・図書委員会による「図書館だより」の発行(月1回)
具体的内容 ・学校司書による本の情報紙「朝読の友」発行(随時)
(実施形態) ・図書館インフォメーション(掲示板)での図書情報の提供
・季節や時事・行事等にちなんだ企画展示による情報の提供
・生徒図書委員による文化祭企画展示
その他
常時,学校図書館の一般開放をおこなっている。
活動の体制
図書情報管理部・学校司書・図書委員会等
活動の効果
・朝読書の取組みにより,生徒の読書に対する興味関心が高まった。
・読書を通して自身の変化を感じ取っている生徒が多く見受けられた。
・学校の落ち着いた始業に寄与している。
- 41 -
今後の課題
・公共図書館や地域との連携強化 ・授業時の学校図書館の有効活用
・情報センターとしての機能の充実
25 《図書館関係職員・教育関係者等対象との連携,各種研修会の開催》
○
学校名
学校住所等
東北生活文化大学高等学校
学級数・生徒数 34学級・1101名
〒981-8585
仙台市泉区虹の丘1-18
e-mail
TEL 022-272-7511
FAX 022-272-7523
ホームページ http://mni.ne.jp/~mishima
図書館蔵書冊数 21,680冊
活
動
内
容
実施期日
実施場所
実施対象
平成12年4月より
各ホームルーム教室
全学年
・朝の読書実施(全校一斉・朝10分間)
・読書クイズ王決定戦(平成14年より,今年で7年目)
具体的内容
小・中・高,保護者2人1組の参加者が「ハリーポッター」から自作の問題を出しあ
(実施形態) い,クイズ形式で競う。
その他
・モバイル・ライブラリー(移動図書館)毎週木曜日昼休み,貸出のみ実施
活動の体制
図書部,学校司書,図書委員会等
活動の効果
対外的なPRも含めて,本校生徒の読書の啓蒙を図った。
今後の課題
図書委員会を中心とした活動
- 42 -
26 《ボランティアの活動の支援と促進,連携,活動の場の提供》
○
市町村名
塩竈市
担当部署
塩竈市民図書館
〒985-0052
TEL 022-365-4343
担当部署住所等
塩竈市本町 1 番 1 号
FAX 022-365-5100
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.lib-shiogama.jp
事業・行事等名 図書館ボランティアによる定例のおはなし会
実施期日
月1回または春・夏・冬休み期間中
実施場所
塩竈市民図書館
事 事業対象
親子,幼児から小学生
業
・
「てのひらの会」による紙芝居を中心としたおはなし会を毎月1回開催。
内
・
「ごきげん座」による人形劇・パネルシアター・大型絵本の読みかせによるおはなしフ
容 具体的内容
ェスティバルを年3回開催。
・
「おはなしびっくり箱」による毎月テーマに沿った絵本の読み聞かせと小さい遊びを交
えた『ちいさな絵本の部屋』を毎月1回開催。
・
「おはなしびっくり箱」による朗読劇を中心とした年 2 回のおはなし会を開催。
・
「おはなしぱんどら」によるパネルシアター,エプロンシアター,素話,絵本の読み聞
かせ,また工作も取り入れたおはなし会を年5~6回開催。
・
「手話サークルマーチ」の手話による歌・かるた・パネルシアターなどを楽しむ会とし
て毎月1回開催。
その他
事業内容はホームページに掲載。事業に関するチラシ配布。
事業期間
年間
図書館ボランティア団体の活躍は,各団体の特徴ある内容で常連となる利用者を生み好
実績及び効果 評となっており,1回に80名~100名の集客がある公演もある。又,当館での活躍
が評価され,市内の保育所,幼稚園,児童館,保健センター,社会教育施設等更に市外
からの要請にも応え,年々要請の回数も増えおはなし会を幅広く展開しながら普及に貢
献している。
(要請回数等は自主活動により不明)
今後の課題
活動の継続と充実のための研修の機会や情報の提供
27 《総合的な学習に対する支援》
○
市町村名
塩竈市
担当部署
塩竈市民図書館
〒985-0052
TEL 022-365-4343
担当部署住所等
塩竈市本町1番1号
FAX 022-365-5100
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.lib-shiogama.jp
事業・行事等名 総合的な学習の支援
実施期日
随時
実施場所
塩竈市民図書館,市内小学校・中学校・高等学校
事 事業対象
市内小学校,中学校,高等学校
業
・学校教育との連携によるレファレンスサービスや学級文庫への団体貸出。
内
・子ども向け図書館だより「プクちゃんつうしん」を小学校に,中高生向け図書館だよ
容 具体的内容
り「本の杜」を中学校,高等学校各クラスに配布,情報提供。
・「夏休みおすすめ本」「読書週間おすすめ本」等のブックリストを学年別や中高生向け
に作成し全児童生徒に配布。 ・総合学習による施設見学,職場体験学習の受け入れ。
・対象者別に作成した「小学生向け利用案内」を小学1年生に,
「中高生向け利用案内」
を中学1年生,高校1年生に配布し図書館利用を促す。
事業期間
随時
平成17年度から市内小学校2校の1年生を対象にスタートした学級文庫への貸出が,
実績及び効果 平成18年度には1校からの希望により全学年に拡大され約7000冊の貸出冊数の増
加が見られ,定着した利用状況となっている。また,施設見学や職場体験学習に訪れる
学校が年々増え1ヶ月に3~4校の受け入れとなる月もある。
今後の課題
団体の利用から個人利用・貸出に繋げるための工夫
- 43 -
28 《ボランティア活動の支援》
○
市町村名
塩竈市
担当部署
塩竈市民図書館
〒985-0052
TEL 022-365-4343
担当部署住所等
塩竈市本町1番1号
FAX 022-365-5100
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.lib-shiogama.jp
事業・行事等名 ボランティアのための実力アップ講座
実施期日
年1回程度
実施場所
塩竈市民図書館
事 事業対象
読み聞かせ等に関心のある方
業
・読み聞かせに必要なワークショップを開催
内
・
「図書館ボランティア養成講座」
容 具体的内容
(絵本の読み聞かせ・手遊び・歌遊び・パネルシアター・紙芝居・人形劇など)
・
「絵本講座」
・
「お父さんのための読み聞かせ講座」
・
「ボランティア・フォローアップ講座」読み聞かせの講話と実技
・
「ボイストレーニング」
・大人と子どものための『絵本講座』&『帽子おじさんのおはなし会』
・
「作ってあそぼう!人形作り」など
事業期間
平成10年度~
実績及び効果
読み聞かせのための講座は,活動の継続あるいはボランティア活動をはじめるきっかけ
に必要な講座として要望が高く好評となっている。
29 《学校との連携》
○
市町村名
多賀城市
担当部署
多賀城市立図書館
〒985-0872
TEL 022-367-1730
担当部署住所等
多賀城市伝上山 1 丁目1番6号
FAX 022-367-1736
e-mail [email protected]
ホームページ http://homepage2.nifty.com/tagajo-lib
事業・行事等名 学校図書館の支援
実施期日
平成19年度~
実施場所
市内小学校6校中3校
事 事業対象
市内小学校
業
・市立図書館の職員(パート,有資格者)を市内の小学校へ派遣し,従来の学校図書館
内
の業務を行う。
容 具体的内容 ・市立図書館の蔵書を学校図書館内に設置し貸出を行う他,予約,総合的学習の支援,
読書相談業務等を行う。
・市内小学校6校のうち,平成19年度から2校,平成20年度から1校プラスして3
校へ派遣。21年度はもう1校増やし4校とする予定。
事業期間
平成19年7月~
実績及び効果
20年度は3校に増えたこともあり,19年度の市立図書館の蔵書の利用は,既に11
月末で前年度を超えるなど順調に伸びている。
今後の課題
小学校6校全校への職員(有資格者)の派遣
- 44 -
30 《
○
新たな読書活動の推進
市町村名
岩沼市
》
担当部署
民生部次世代育成支援室
〒989-2480
TEL 0223-22-1111(内355)
担当部署住所等
岩沼市桜1-6-20
FAX 0223-24-0406
e-mail [email protected] ホームページ
事業・行事等名 親子ふれあい絵本事業(ブックチャンス)
実施期日
毎月の1歳8ヶ月健診時
実施場所
保健センター
事 事業対象
1歳児とその保護者
業
絵本を通して親子の絆を深め,子どもたちが豊かな心を育んで健やかに育つことを願
内
って事業実施。親子ふれあい絵本選定委員会が選定した20冊の絵本(平成20年度に
容 具体的内容 一部入れ替え)から2冊をプレゼントする。あわせて図書館バッグや,図書館が発行す
る利用案内・ブックリスト等を配付する。担当室の窓口及び図書館に選定絵本の展示コ
ーナーを設けている。
その他
事業期間
実績及び効果
今後の課題
当初は福祉事務所が実施し,保健課・図書館等が協力していた。組織改編に伴い次世代
育成支援室に引き継がれ,他課が協力している。
平成13年12月~
絵本の貸出冊数が平成 12 年度 25,431 冊から平成 19 年度 37,949 冊へと約 1.5 倍増加。
対象者へのアンケート結果では,
「絵本を読む機会が増えた」との回答が 83%であった。
絵本に関する当日の相談体制
31 《学校教育・ボランティアとの連携》
○
市町村名
岩沼市
担当部署
岩沼市図書館
〒989-2433
TEL 0223-24-3131
担当部署住所等
岩沼市桜1-5-38
FAX 0223-25-1713
e-mail
ホームページ http://www.iwanumashilib.jp/
事業・行事等名 学校図書室・ボランティアの支援
実施期日
随時
実施場所
岩沼市図書館,市内各小・中学校
事 事業対象
市内全小・中学校(小学校4校,中学校4校)
,ボランティア団体
業
・団体貸出,レファレンスサービスの実施
内
・学校向けの新規購入図書目録の発行
容 具体的内容 ・読み聞かせボランティア団体・図書室担当職員等を対象とした研修講座や情報交換会
の開催
・図書館と学校の間の連携・融合に関するシステムの確立によるサービスの提供
事業期間
実績及び効果
・団体貸出冊数が,年々増加している。
・研修の効果があり,要請の数が増加しているようである(自主活動のため,正確な数
値は不明)
。
今後の課題
- 45 -
32 《多彩な事業の展開》
○
市町村名
東松島市
担当部署
東松島市図書館
〒981-0503
TEL 0225-82-1120
東松島市矢本字大溜1-1
FAX 0225-82-1121
担当部署住所等
e-mail
ホームページ
[email protected] http://library.city.higashimatsushima.miyagi.jp/docshp/
事業・行事等名 子どもと本の橋渡し 科学,工作あそび
実施期日
通年
実施場所
図書館(会議室及び外)
,市内小学校
事 事業対象
子ども
業
・水でつくろう ぷよぷよスライム
・ケナフで作ろうMYしおり
内
・オリーブオイルせっけん作り
・EM石けん作り
容 具体的内容 ・ゆきだるまマスコット作り
・図書館利用PR大作戦
・しゃぼん玉&スライムで遊ぼう
(市内小学校出前おはなし会等)
事業期間
実績及び効果
今後の課題
平成15年~(継続)
毎年,子どもと本の橋渡しとして科学,工作あそびを開催。実演することで,興味を
持ちそこから広がる無限の世界をねらいとしている。
効果としては,有志によるボランティアと子ども達との交流が生まれ図書館利用,貸
出増加へとつながる。
参加者の維持・ボランティア等の協力
33 《他機関との連携(学校,病院,保育所,児童館,子ども会,社会福祉施設等)
○
》
市町村名
蔵王町
担当部署
蔵王町立図書館
〒989-0821
TEL 0224-33-2018
担当部署住所等
刈田郡蔵王町大字円田字西浦5
FAX 0224-33-2019
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.gozain.jp/library/
事業・行事等名 出前おはなし会
事 実施期日
児童館(毎月1回 ※1館のみ12月~2月はお休み) 幼稚園(年3回)
業 実施場所
町内児童館(2館)
,町内各幼稚園(5園)
内 事業対象
児童館利用児童(主に小学1~3年生)
,幼稚園児
容 具体的内容 ・司書が選んだ本・紙芝居・ぺープサート・エプロンシアターを利用して読み聞かせを
行う。その際,季節に合ったものを選んだり,リクエストにも対応している。
事業期間
実績及び効果
今後の課題
児童館(平成16年9月~継続),幼稚園(平成17年2月~継続)
幼稚園でのおはなし会が,その後,児童館でのおはなし会に参加するというきっかけに
つながっているようだ。
町内各児童館に読み聞かせを広めると同時に,児童館への団体貸出を行い,広く子ども
たちが本に親しむ機会を設けたい。また,保育所,小学校でも同様の対応を試みたい。
- 46 -
34 《子どもたちが本に親しみをもってもらうための事業》
○
担当部署
教育委員会 槻木生涯学習センター
市町村名
柴田町
(柴田町中央公民館)
〒989-1604
TEL 0224-56-1997
担当部署住所等 柴田郡柴田町槻木下町3丁目 1 番 60 号 FAX 0224-56-1982
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.town.shibata.miyagi.jp/
事業・行事等名 家庭教育振興事業 「絵本おはなし会」
実施期日 随時(年2回程度)
実施場所
槻木生涯学習センター
事 事業対象
幼児と保護者,学童
業
・町子ども読書活動推進計画に基づく公民館図書室における読書活動の推進事業として,
内
幼児や児童に読書への興味を持ってもらうため絵本おはなし会(絵本の読み聞かせ会)
容
を開催する。
具体的内容 ・おはなし会グループに依頼し,絵本や紙芝居などの読み聞かせや手遊び歌を行い本へ
の興味を深める。
事業期間
実績及び効果
今後の課題
平成19年8月~
幼児や児童について,図書室で本を借りて読む習慣が身についてきている。
(当該事業に
参加した親子について,絵本など児童本の貸し出しが増加している。
)
事業への参加者数の増加を図ること。
35 《他機関との連携・読書活動の普及》
○
市町村名
松島町
担当部署
松島町勤労青少年ホーム
〒981-0215
TEL 022-354-4036
担当部署住所等
宮城郡松島町高城字町71番地
FAX 022-354-4036
e-mail [email protected]
ホームページ
事業・行事等名 ・巡回図書の実施
・ブックラリーの開催
実施期日 ・巡回図書 毎月1回
・ブックラリー 年2回
実施場所
・巡回図書
町内各保育所,幼稚園,小学校,留守家庭児童学級
事
・ブックラリー 松島町勤労青少年ホーム図書室
業 事業対象
・巡回図書 町内10カ所
内
(保育所4カ所,幼稚園3カ所,小学校1カ所,留守家庭児童学級2カ所)
容
・ブックラリー 小学生まで
・巡回図書
町内各保育所等10カ所に1ヶ月毎に本を持って行き,図書の入れ替えを実施
具体的内容
・ブックラリー
期間内に決められた内容,冊数の本を読んだ子供達にプレゼントを贈呈
事業期間
平成18年4月~
巡回図書,及びブックラリーを実施したことにより,読書活動参加への動機付けができ,
実績及び効果 多種多様の本にふれる機会が提供できた。
今後の課題
事業継続のためのノウハウの継承
- 47 -
36 《新たな読書活動の推進》
○
市町村名
七ヶ浜町
担当部署
七ヶ浜町生涯学習課(図書センター)
〒985-0804
TEL 022-357-3866
担当部署住所等 宮城郡七ヶ浜町吉田浜字野山5-264 FAX 022-349-6065
e-mail [email protected] shichigahama.com
ホームページ なし
事業・行事等名 公民館図書室における講座及びよみきかせ行事等
実施期日
講座等は随時・よみきかせ会については毎月2回実施・映画上映は月1回実施。
実施場所
図書センター内での実施。
事 事業対象
講座関係:一般町民・行事等は未就学児及び児童を対象。
業
行事関係
内
・よみきかせ会は,ボランティアを主とし非常勤職員(図書センター勤務)とで構成,
容
月2回の行事。
(絵本・紙芝居・手遊び等)24回実施。
・映画会は,中央公民館の職員の協力で実施。幼稚園児及び児童を対象。12回上映。
具体的内容
事業関係
・よみきかせ講座は,一般町民,ボランティア,児童館非常勤職員等を対象。2回開催。
・
「人形劇」の公演。対象は未就学児とし,今年度は町立保育所2ヶ所で実施。2回開催。
・読書感想文事業は,町内小・中学生を対象に作品を募集及び文集発行。年1回発行。
その他
町の広報に掲載周知。チラシ等で周知する。
事業期間
平成19年4月~平成20年3月。
・平成19年度の行事及び事業の効果は下記のとおりである。
実績及び効果
よみきかせ会:437 名 映画会:161 名 よみきかせ講座:80 名 人形劇:142 名
読書感想文応募点数:106 点等。
・上記行事及び事業も含め,図書センターの利用者を対象によりよい本の提供を目的と
し図書館システムを最大限に活用し,県立図書館の本を最大限に活用し,町民満足度
を図る。なお。仙台都市圏の公立図書館等の相互利用は公民館図書室等の利用者にお
いては,より幅広く本の利用が出来,利用者のためにも欠かせないものとなっている。
また宮城県図書館情報ネットワークシステム(MY-NET)は,資料費の少ない図
書センターにとっては,日常業務に切り離せないシステムとなっている。
・平成19年度利用状況(当図書センターは平成12年4月図書館システムが稼動)
登録者総数:5,370 人(一般:4,353 人・児童 1,017 人)H20.3.31 現在
貸出人数: 10,847 人(一般:7,673 人・ 児童:3,174 人)H19 年度状況
貸出冊数: 37,216 冊(一般:25,759 冊・児童:11,457 冊)H19 年度状況
リクエスト件数:1,235 件(自館処理:782 件・他館(県立)453 件)同 上
- 48 -
37 《新たな読書活動の推進》
○
市町村名
利府町
担当部署
利府町図書館
〒981-0104
TEL 022-356-2130
担当部署住所等
宮城郡利府町中央二丁目11-2
FAX 022-349-1677
e-mail [email protected]
ホームページ http://www.town.rifu.miyagi.jp/
事業・行事等名 2歳児歯科検診「おはなし会」
(町保健福祉課と連携)
実施期日
随時
実施場所
利府町保健福祉センター
事 事業対象
町内在住・検診者とその保護者
業 具体的内容 ・図書館のPR ・図書館の利用方法の説明 ・おはなし会(手遊び・絵本・紙芝居)
内
その他
なお,この「おはなし会」とは別に,利府町図書館において毎月第2・第4水曜日午
容
前11時と午後3時から,定例の「おはなし会」を図書館ボランティアの協力を得て,
開催している。
事業期間
平成19年度~
図書館利用者・登録者・貸出冊数は年々増加している。
・平成19年度図書館利用者 33,639 人(平成18年度 30,583 人)で,9.9%増加。
・平成19年度図書館登録者 10,986 人(平成18年度 10,280 人)で,6.8%増加。
実績及び効果
・平成19年度貸出冊数
152,550 冊(平成18年度 142,860 冊)で,6.7%増加。
・上記のうち絵本・児童書貸出冊数
64,300 冊(平成18年度 61,491 冊)で,4.5%増加。
この企画を実施して2年目ということもあり,まだ確立したものとは言えず,今後,
今後の課題
住民ニーズの把握をとおして改善点の方策を検討したい。
- 49 -
38 《総合的な学習に関する支援》
○
市町村名
美里町
担当部署
〒987-0005
遠田郡美里町北浦字待江98
担当部署住所等
e-mail [email protected]
事業・行事等名
実施期日
実施場所
事 事業対象
業
内
容
具体的内容
その他
事業期間
実績及び効果
今後の課題
美里町小牛田図書館
TEL 0229-33-3030
FAX 0229-33-3010
ホームページ http://www.town.misato.miyagi.jp/
10shisetu/tosyo/index.html
総合的な学習の支援
随時
小牛田図書館 南郷図書館 町内各小中学校 高校 宮城県立ろう学校小牛田分校
町内全小中学校(小学校6校中学校3校) 高校2校 宮城県立ろう学校小牛田分校
・学校教育との連携・融合を強化したレファレンスサービスや学校図書館・学級文庫へ
の貸出。
・子ども向けの図書館だより「わらすこつうしん」
(小学校下学年向け)を発行し,小学
校へ配布。
・図書館と学校の間の連携に関するシステム(インターネットによる学校からの蔵書検
索などの情報提供,申込み方式及び物流体制)の確立による迅速かつ的確なサービス
の提供。
事業に関する資料提供可能
平成5年4月~
事業対象の全ての学校がサービスを受けている。総合学習などへの資料の利用も浸透し
貸出も増えている。
増加した対象校へのサービスレベルと資料の維持
39 《新たな読書活動の推進》
○
市町村名
本吉町
担当部署
本吉町立図書館
〒988-0381
TEL 0226-42-4785
担当部署住所等
本吉郡本吉町津谷新明戸136
FAX 0226-42-2528
e-mail
ホームページ
事業・行事等名 赤ちゃんとプレママのおはなし会
実施期日
月1回
実施場所
図書館内
事 事業対象
0~3歳児とその保護者,妊婦
業
・絵本,紙芝居,歌,手遊び などを約30分
内
・おはなし会終了後,希望者に手作り赤ちゃん絵本の講習会を行う。
容 具体的内容
材料・道具は図書館で準備し,誰でも無料で参加できる。
事業期間
実績及び効果
今後の課題
平成19年4月~
赤ちゃん対象のため,体調等により,毎回同じメンバーとは限らないが,一定人数の
参加がある。小さな子どもを連れた利用者が増えたように感じる。
効果的なPRの実施・継続
- 50 -
第二次みやぎ子ども読書活動推進計画
資 料 編
※
資料編は,毎年度更新しデータとして提供いたします。
第二次みやぎ子ども読書活動推進計画[資料編]
目 次
[データ 1]全国の小・中・高等学校平均読書冊数
及び全く本を読まない児童の割合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
51
[データ 2]
「県内の児童生徒及び保護者の読書活動状況」集計結果・・・・・・・・・・・・・・・
52
[データ 3]子どもの読書活動の推進に関わる団体及び個人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
53
[データ 4]学校図書館の状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
[データ 5]平成19年度県内市町村における読書活動に関する主な行事・・・・・・・・・
61
[データ 6]県内の公立図書館における図書の個人貸出数調査・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
62
[データ 7]全国の公立図書館の状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
63
[データ 8]県図書館が実施している子ども読書活動推進関連事業・・・・・・・・・・・・・・・
65
[データ 9]平成20年度県内の公立図書館や公民館で開催している
「子ども読書の日」関連事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
65
[データ10]障がい者向けサービス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
68
[データ11]県内の公立図書館設置状況一覧(平成20年度)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
71
[データ1]全国の小・中・高等学校平均読書冊数及び全く本を読まない児童の割合
過去40回分の5月1ヶ月間の平均読書冊数
12.0
10.0
9.7
9.4
8.0
8.0
7.4
5.6
5.3
4.7
4.0 4.1
4.0
4.5
4.1 4.0
4.7
4.3
4.3
5.6
6.5 6.4
6.3
6.0
5.8
7.1
6.8
6.5
6.0
7.6
7.4
7.5
7.7 7.7
6.8
6.7
6.4 6.3
6.1 6.2
5.8
5.4
5.0
4.5 4.6
3.3
2.8
2.2
2.0
1.5
3.4
2.9 2.8
2.5
2.5
2.4
2.3
2.3
2.1
2.1
2.1
2.1 2.1
2.1
2.1 2.1
2.0 2.0 1.9
1.9 2.0
1.9 2.0
1.9 1.8
1.9 1.8
1.9
1.9
1.9
1.8
1.8
1.8
1.8
1.8
1.7
1.7
1.7 1.7
1.7
1.6 1.5
1.6 1.5
1.6
1.6 1.51.6
1.5 1.4
1.5
1.5 1.4
1.5
1.4 1.4 1.3 1.3
1.3
1.3 1.4 1.3 1.3
1.3 1.3 1.3 1.2
1.3 1.3
1.3
1.2 1.2
1.1 1.0 1.0
1.1
0.0
1968
1970
1972
1974
1976
1978
1980
1982
1984
小学生
1986
1988
1990
1992
中学生
1994
1996
1998
2000
2002
2004
2006
高校生
過去40回分の不読者(0冊回答者)の推移
80.0
70.0
69.8
67.3
66.2
67.0
63.2
61.3
59.95 9.660.8
62.3
59.6
58.8
58.7
57.0
56.0
55.7
55.654.4
55.3
54.5
53.8 54.0
51.9
51.5
50.750.2
50.4 51.449.9
49.5
49.0
47.9
47.9
4
8.0
47.9
47.0
46.7
45.8
45.3
45.0 4 3.945.3
44.1
43.9
43.7
43.6
43.5
43.0
43.0
42.6
42.5
42.0
42.04 2.3 42.8
41.94 1.9
41.2
38.537.3
37.4
36.235.2
35.8
35.1
34.134.334.934.7
32.831.9
32.4
31.7
31.4
30.2
29.9
60.0
50.0
40.0
30.0
24.6
22.7
20.0
18.8
15.5 15.016.6 16.4
15.114.214.3
14.6
14.21 4.4 13.31 3.1
14.0
13.5 12.6
12.5
1 2.1
11.7
11.5
11.2
1
0.7
10.59.7
10.51 0.3
10.5
10.3
10.2 9.9
8.9 9.3
8.4 8.9
7.8 7.1
7.0 5.9 6.0
6.8
6.9
4.5
10.0
0.0
1968
1970
1972
1974
1976
1978
1980
1982
1984
小学生
1986
1988
1990
中学生
1992
1994
1996
2000
2002
2004
2006
高校生
(出典:毎日新聞社,社団法人全国学校図書館協議会「平成 19年度
- 51 -
1998
第53回学校読書調査」)
[データ2]「県内の児童生徒及び保護者の読書活動状況」集計結果
1
調査の目的
県内の児童生徒及びその保護者の傾向を調査し,毎年度更新することとしているみやぎ子ども読
書活動推進計画(平成16年3月策定)資料編の基礎資料とするため実施したもの。
2
調査対象
(1)小学校については,教育事務所管内毎の児童生徒数の割合で全 36 学級を比例按分の上,無作為
に抽出した。
小学校 3 年生~6 年生 各学年から 9 学級を抽出 計 36 学級
(2)中学校については,教育事務所管内毎の児童生徒数の割合で全 33 学級を比例按分の上,無作為
に抽出した。
中学校 1 年生~3 年生 各学年から 11 学級を抽出 計 33 学級
(3)高等学校については,学科別で分類し,それぞれの生徒数の割合で全 30 学級を比例按分して無
作為に抽出した。
高等学校 1 年生~3 年生 各学年から 10 学級を抽出 計 30 学級
3
実施期間
平成 20 年5月現在のことについて,平成 20 年6月~7月にかけて調査を実施。
4
回答状況
(1)学校数の回答状況 回収率 94.9% 回収数 94 校/全体数 99 校
(2)サンプル数の回収状況 平均回収率 約 87.9%
イ 児童生徒のサンプル数の回収状況 約 89.3% 回収数 2,669 人/全体数 2,989 人
小学校 : 1,013 人/ 1,070 人
中学校 :
849 人/ 944 人
高等学校:
807 人/ 975 人
ロ 保護者のサンプル数の回収状況
約 88.1% 回収数 2,634 人/全体数 2,989 人
小学校 : 1,013 人/ 1,070 人
中学校 :
849 人/ 944 人
高等学校:
772 人/ 975 人
5
調査結果の概要
全国値については,
「第 54 回学校読書調査」
(毎日新聞社,社団法人全国学校図書館協議会)から
引用。
(1) 小学生の1か月間の平均読書冊数は全国平均より 1.0 冊下回っているが,1か月間に全く本を読
まない率は 0.5 ポイント低い結果となった。
(2) 中学生の1か月間の平均読書冊数は全国平均より 0.1 冊上回っているが,1か月間に全く本を読
まない率は 1.4 ポイント高い結果となった。
(3) 高校生の1か月間の平均読書冊数は全国平均より 1.0 冊上回っており,1か月間に全く本を読ま
ない率も 23.4 ポイント低い結果となった。
(4) 保護者については全国との比較はできないが,県内の前年度の数値と比較した場合,平均読書冊
数は同数の 1.8 冊となっており,1か月間に全く本を読まない率は 2.3 ポイント低い 39.9%という結
果となった。
児童生徒の 1 か月間の平均読書
冊数(冊)
小
中
高
児童生徒の中で1か月間に全く本
を読まない率(%)
小
中
高
大人の1か月間
の平均読書冊数
(冊)
大人の1か月間
の不読者率(%)
a 全国
11.4
3.9
1.5
5.0
14.7
51.5
-
-
b 本県
10.4
4.0
2.5
4.5
16.1
28.1
1.8
39.9
格差
b-a
▲1.0
0.1
1.0
▲0.5
1.4
▲23.4
-
-
- 52 -
[データ3] 子どもの読書活動の推進に関わる団体及び個人
(1) 家庭・地域文庫
NO
名称
所在地
活動日時
連絡先
貸出の
有無
本の貸出以外の活動
1 旭ヶ丘文庫
仙台市
青葉区
掲載不可
毎週土曜日10:00~16:00
有
「あそぼう広場」として開催。文庫活動はその1
つ。子どもの作ったバタフライガーデンもある。
2 こひつじ文庫
仙台市
青葉区
022-301-1665 毎週水曜日14:00~15:30
有
第1週英語の絵本で遊ぼう,第2週お話・絵本の読み聞
かせ,第3週工作,第4週おやつの日,第5週休
3 だいちゃん文庫
仙台市
青葉区
022-277-5352 第2金曜日10:00~17:00
有
随時読み聞かせを実施
4 たんぽぽ文庫
仙台市
青葉区
022-275-4252 毎週水曜日13:00~16:00
有
読み聞かせ,パネルシアター,紙芝居,お話会,
プラバンや折り紙などの手作り
5 のはら文庫
仙台市
青葉区
022-393-4893 第2,4水曜日11:00~,15:15~
有
お話し会
6 わかばぶんこ
仙台市
青葉区
022-277-5352 第1・第3月曜日13:00~17:00
有
本の貸出,よみきかせ,折り紙,工作など。
7 野の花文庫
仙台市
太白区
022-244-5675
毎週水曜日14:00~16:30
(冬季は16:00まで)
有
紙芝居,絵本の読み聞かせ。手作りおもちゃなど
の工作
8 おてんとさん文庫
仙台市
太白区
掲載不可
掲載不可
9 風の子文庫
仙台市
太白区
022-241-4281 毎週金曜日14:30~18:00
有
折り紙
10 のぞみ文庫
仙台市
太白区
022-221-4667
毎週金曜日14:00~17:00
(3~7月は18:00まで)
有
おはなし会のほか,折り紙,プラバン,クッ
キー,パン,工作などの手づくり遊びなど
11 ぴよぴよ文庫
仙台市
太白区
掲載不可
第1,3月曜日(現在文庫活動休止
中)
有
絵本の読み聞かせ
12 こすもす文庫
仙台市
太白区
022-243-4687 第2,4木曜日14:30~17:00
有
手作りあそび,おはなし会など
13 さんさい文庫
仙台市
太白区
022-248-4774 毎週水曜日14:00~17:00
有
おはなし会,工作,折り紙,将棋など
14 なかよし文庫
仙台市
022-258-3349 毎週水曜日14:00~16:00
宮城野区
有
季節の遊び(例えば七夕まつり),折紙,手作り
工作
15 きらきら文庫
仙台市
若林区
022-285-7573
有
工作,手作りおもちゃ,手作りお菓子などを作る
お楽しみ会を開催,月末におはなし会
16 木ノ下おひさま文庫
仙台市
若林区
022-293-3466 毎週水曜日13:30~17:00
有
乳幼児~小学生を対象にわらべうた,素話,詩,
絵本の読み聞かせ,手作りあそびなどを実施
17 まつお文庫
仙台市
若林区
022-231-2712
有
おはなし会,手作り工作,昔の遊び(あやとり,
お手玉など)子ども市,クリスマス会
18 荒浜文庫
仙台市
若林区
022-288-7402 毎週水曜日13:30~16:30
有
簡単な工作,お菓子作り,折り紙など
19 さくらんぼ文庫
仙台市
泉区
022-372-8564 毎週金曜日14:00~16:30
有
手作り遊び,季節の行事の開催
20 水曜文庫
仙台市
泉区
022-372-7173 毎週水曜日14:00~16:00
有
折り紙などの伝承あそび,季節の行事,年1回文
庫まつりを開催
21 虹の丘文庫
仙台市
泉区
022-375-0068 毎週月曜日14:00~16:30
有
絵本の読み聞かせ,紙芝居,おりがみ,手づく
り,手あそび,お楽しみ会等
22 ひまわり文庫
仙台市
泉区
022-375-0825 年14回の金曜日10:00~12:00
有
2~4歳児を対象に,手あそび,運動あそび,手
づくりあそびなどを実施
23 めだか文庫
仙台市
泉区
022-773-4564 隔週水曜日15:30~16:30
有
幼児~小学生を対象に,紙芝居,本の紹介,工作
などの内容で実施
24 りんごの木文庫
仙台市
泉区
022-376-5262 第1・2水曜日14:00~16:30
有
絵本,紙芝居,おはなし
25 わらべ文庫
仙台市
泉区
022-376-3764 第2,4金曜日10:30~11:30
有
絵本の読み聞かせ,紙芝居,わらべうたなど
26 熊谷文庫
山元町
0223-37-0225 毎日(休館の時もあり)
有
読み聞かせの会,放課後週一回「子どもの学校」
に開放している。
27 ふれあい移動文庫
大衡村
022-345-2356 8:00~19:00
有
28
大衡村
022-345-2326 毎日8:00~20:00
有
29 こけし文庫
大崎市
0229-83-2153 第3土曜日14:00~16:30
有
絵本の読み聞かせ,おはなし会,クッキング,わ
らべうた遊び
30
栗原市
0228-58-2423
有
本の紹介
31 トトロのどんぐり
石巻市
0225-22-0204 毎週土曜日13:00~15:00
有
読み聞かせ,おはなし会,紙芝居など
32 ぐるんぱ文庫
石巻市
0225-24-0829
毎週木曜日,第2土曜日
10:00~16:00
有
子育て支援センター,保育所,小学校の読み聞か
せ及び子育てに関する講話など
33 そらいろ文庫
掲載不可 掲載不可
毎週木曜日14:00~17:00
有
造形あそび,お料理づくり,ワークショップなど
大衡村家庭文庫戸部商店
NPO法人クリーンせみね
掲載
掲載不可
不可
毎週水曜日14:30~16:30(4~9
月)14:00~16:00(10~3月)
毎週水,土曜日14:00~17:00
(第2土曜日休み)
第1駅文庫(JRせみね駅となり)
火~金曜日10:00~16:00
第2駅文庫(せみね総合支所南庁舎
内) 土・日曜日12:00~15:00
-53-
(2)おはなし,読み聞かせなどを行っている団体及び個人
NO
名称
所在地
活動日時
連絡先
特色ある活動
仙台手をつなぐ文庫
仙台市
青葉区
022-276-3958 第2,4火曜日10:00~12:00
おはなしてんとうむ
仙台市
青葉区
022-223-7352
36 ぶんぶん
おもちゃ図書館ぶん
仙台市
青葉区
022-391-3371 毎週火曜日午前10:00~12:00
おもちゃ図書の貸し出し,読み聞かせ,手遊びを実施
37 ぐりの会
仙台市
青葉区
022-278-6678 第2,4水曜日10:00~12:00
乳幼児,小学生,老人ホームなどを対象に絵本,パネルシア
ター,手遊びなどを実施
図書ボランティア
仙台市
青葉区
022-223-9095
毎週水曜日10:30~16:00
第1,3土曜日13:00~16:00
福沢市民センター内の図書室で,本の貸出ほか,図書室業務を実
施。
図書ボランティア
仙台市
青葉区
掲載不可
第1~4金曜日11:00~15:00
図書貸出及び返却,書架の整理
図書ボランティア
仙台市
青葉区
022-279-6320
毎月第1,2,3火曜日14:00~
16:00
本の貸出,本の整理,選書など
図書ボランティア
仙台市
青葉区
022-272-1020
毎週水曜日10:00~12:00
14:00~16:00
毎週水曜日の貸出,返却作業のほか,図書の環境整備やお話会の
開催等を行う。
42 院同窓会早苗会
宮城県立保育専門学
仙台市
青葉区
022-279-5698 第2,4土曜日13:00~16:00
児童文化財の貸出,公演,紙芝居,絵本の読み聞かせ,パネルシ
アターその他実演,子育て相談
43 宮城点訳奉仕会
仙台市
青葉区
022-234-4047 随時
本(児童書も含む)を点訳,点訳絵本の製作
仙台市
青葉区
022-285-2521 毎月第2,4火曜 10:00~12:00
手あそび,紙芝居や絵本の読み聞かせ等
34 の会
35 し
38 「カンナの会」
39 「たんぽぽ」
40 「ひまわり」
41 「ポテト」
仙台朗読ひまわりの
44 会
水の森おはなしの会
45 ドロップス
掲載不可 掲載不可
第1土曜日,第3水曜日15:00~
火曜日,金曜日ほか
第2,4水曜日10:30~11:00
15:00~15:30
文庫の交流会で情報交換と研修を行うほか,定期的に子どもの本
とストーリーテリングの勉強会を実施
ストーリーテリング(素話),手あそび,パネルシアターなどの
ほか本の紹介
掲載不可
46 ティア
仙台市
青葉区
022-277-2711 毎週水曜日10:00~16:00
図書の貸し出し,本の整理等を週1回ボランティアで行ってい
る。
47 みやぎ民話の会
仙台市
青葉区
022-358-2314 第1土曜日13:30~17:00
幼稚園,保育所,小学校で昔話を語り聞かせ,わらべうたを一緒
に歌う
48 宮城朗読奉仕会
仙台市
青葉区
022-234-4047 随時
本(児童書も含む)をテープ,又はCDに吹き込み,録音図書の
製作
49 森のおもちゃ図書館
仙台市
青葉区
022-234-1345 第1,2,4水曜日10:30~15:30
障害児及び子育て支援グループ等に布絵本,布おもちゃなどの手
作り作品を貸し出し。寄贈,委託製作。遊び場の提供。
水の森図書ボラン
50
読み聞かせボランティア
「どんぐりころころ」
掲載不可 掲載不可
掲載不可
吉成市民センターでおはなし会(第2水曜日11:00~11:30)。乳幼
児~高齢者に絵本の読み聞かせ,紙芝居,手遊び等を実施。
51
読み聞かせボランティア
「ひなたぼっこ」
仙台市
青葉区
022-392-1688
第1水曜・金曜日:愛子児童館,
第3水曜日:広瀬図書館 他
乳幼児~小学校低学年を対象に,絵本や紙芝居のおはなし会
52 い
おはなしの会あいあ
仙台市
太白区
022-241-9640
第1木曜日12:45~13:10
第3水曜日15:30~16:00
小学校,幼稚園,市民センターなどで,絵本,紙芝居の読み聞か
せ,エプロン・パネルシアターなどを実施
53 仙台むかし話の会
仙台市
太白区
022-248-5028
第4火曜日(定例会)
「語りの出前」は随時
幼稚園,児童館,小中学校などへ民話を語りに出向く「語りの出
前」を実施
仙台市
太白区
022-246-2426
第4水曜日14:30~15:00
(八本松市民
第4土曜日14:30~15:00
センター)
おはなしひろばを開き,絵本,紙芝居,手遊びを実施。市民セン
ター祭りでは,手作りの人形劇やおたのしみシアターも行う。
仙台市
図書ボランティア
55 「ブックポケット」
太白区
022-306-6750 毎週水曜日14:00~16:00
本の紹介紙を隔月発行し,掲載図書を図書室内のコーナーに展示
し,読書をすすめている。
富沢市民センター図 仙台市
56 書ボランティアの会
太白区
022-244-3977
図書ボランティアコ
54 スモス
四半期毎の推薦本の選定,ディスプレイ表示。
ブックスフレンド中
仙台市
太白区
022-241-1459 毎週水曜日10:00~16:00
みやぎ親子読書をす
仙台市
太白区
022-228-1776
茂庭台図書ボラン
仙台市
太白区
022-281-3293 毎週水曜日13:30~16:30 第3土曜日 図書の貸出,返却
57 田
58 すめる会
59 ティア
仙台市
読み聞かせボラン
60 ティアおはなしやま
太白区
仙台市
読み聞かせボラン
61 ティア「ののはな」
太白区
絵本,紙芝居を中心に読み聞かせや折り紙を中心とした製作のほ
か,人形劇,ブラックパネルも実施
第2土曜日14:00~15:30(会場の都
読み聞かせ,素話,紙芝居,パネルシアター,わらべうた,手遊
合により第3土曜に変更の場合あ
びなど
り,要確認) 第4水曜日10:20~
11:30
022-228-1190 第2土曜日10:30~ (おはなし会他)
(八木山市民 八木山市民センター内
センター)
第4木曜日10:00~(定例会)
第1土曜日10:00~15:00
022-304-2742 第1,3水曜日13:00~16:00
第3月曜日10:00~11:00
児童館2ヶ所,幼児,児童向のおはなし会。特別養護老人ホーム
へ訪問し,紙芝居,おはなしで交流
おはなし会(太白図書館第3水曜日15:00~15:30,太白中央児童
館第1水曜日15:30~16:00)絵本の読み聞かせ,紙芝居,手遊び
など
仙台市
022-259-1066 第3木曜日14:30~16:00
宮城野区
幼児から小学校低学年を対象に,紙芝居や絵本の読み聞かせを実
施
仙台市
022-255-7728 毎週水,土曜日10:00~16:00
宮城野区
おはなし会(毎月第3水曜日,午前11時から午前11時30
分)絵本の読み聞かせ,紙芝居。センターまつりでは工作やゲー
ムをして子どもたちに楽しみを与えている。
絵本お話し会 ぱす
仙台市
022-297-1669 第1火曜日10:00~
宮城野区
絵本の読み聞かせ,紙芝居,手遊びなど
おはなし会「ひだま
仙台市
第2水曜日13:00~15:00
022-259-7931
宮城野区
15:30~16:00
1歳児から小学生を対象に絵本の読み聞かせ,紙芝居,手遊びや
素話を実施。第2水曜日は定例会を実施しながら自己研鑽を積ん
でいる。
おはなしクレヨン宮
仙台市
掲載不可
宮城野区
絵本の読み聞かせ,紙芝居,ペープサート,パネルシアター,手
遊び等を実施
62 いちごの会
63
毎週水,土曜日10:00~12:00
14:00~16:00
岩切市民センター図書ボラン
ティア「しおりの会」
64 てる
65 り」
66 城野
第2水曜日10:30~11:00
16:00~16:30
-54-
NO
名称
67 おはなしポッケ
所在地
活動日時
連絡先
特色ある活動
仙台市
第4土曜日13:30~15:00(変更の場 おはなし会,依頼に応じて,読み聞かせ,紙芝居,手遊びうた,
022-258-3502
オカリナ演奏等の出前おはなし会を行う。
宮城野区
合有り)
拡大写本の会「宮城
仙台市
022-252-4339 毎週火曜日10:00~15:00
宮城野区
通常の活字では読みにくい方のために,文字を大きくした本を作
り,図書館を通じて貸出
図書ボランティアか
仙台市
掲載不可
宮城野区
70 ティア「芽ぐみ」
読み聞かせボラン
仙台市
022-238-5591 随時
宮城野区
絵本,紙芝居を中心とした読み聞かせ
読みと語りの会みや
71 ぎの
仙台市
第4木曜日,他
022-238-5591
宮城野区
随時
小学校の朝読,障害者センター等
72 赤ずきんの会
仙台市
若林区
022-231-2712
語りについての交流会,語りの入門講座,昔話の連続講座,おは
なしまつり,おはなしの出前
お話しボランティア
仙台市
若林区
022-282-7530 第2木曜日10:30~11:00
「おはなしコロリン」として,就園前の1~3歳児を対象に,絵
本の読み聞かせ,手遊びなどを実施
七郷市民センター・児童
館図書ボランティア
仙台市
若林区
022-288-8700 水,土曜日9:30~16:00
図書貸出及び返却,乳幼児を対象に読み聞かせの会
仙台市
若林区
022-288-7030 土曜日(その他随時)
映像と音楽を組み入れた目と耳で楽しむ対面朗読を行う
68 野」
69 すみそう
73 「きらら」
74
75 七郷朗読奉仕会
触察絵本グループ
76 「わか草」
毎週水曜日13:30~15:30
第2または3金曜日19:00~(5,7,9,1
月)11,2月は特別企画
掲載不可 022-286-6490 第1,3木曜日10:00~15:00
触察絵本の制作,貸出,贈呈
仙台市
若林区
022-266-5436
毎週水,土曜日,第1水曜日(定例
会)
本読み聞かせ,紙芝居,おり紙,貸出ボランティア,購入希望図
書の集計 ※おはなしボランティア独立
仙台市
若林区
022-293-3466
毎月1回 ①10:30~11:30
②12:00~13:00
①親子を対象にわらべうたのあそびの会を開催。②大人を対象に
したわらべうたの講座を開催。
79 会
仙台市
泉区
022-375-0068 第3火曜日
80 泉おはなしの会
掲載不可 022-378-3920
81 おはなしもこもこ
仙台市
泉区
022-378-9864 毎週水曜日15:00~
82 松陵えほんの会
仙台市
泉区
022-372-1502 ③第4金曜日15:20~15:40
ひかりおもちゃ図書
83 館
仙台市
泉区
022-251-4419 毎週水曜日13:00~16:00
84 ル「ぽけっと」
ボランティアサーク
仙台市
泉区
022-252-0942
85 みやぎ紙芝居の会
仙台市
泉区
022-372-0843 随時
各種紙芝居の製作,実演の勉強会。読み語りの勉強会
仙台市
泉区
022-378-9465 第1,3火曜日13:00~16:00
絵本の読み聞かせ,手遊び,ペープサート,パネルシアター,紙
芝居など
87 すぎのこ母親クラブ 白石市
0224-25-7070 随時
絵本の読み聞かせ,紙芝居,パネルシアター,手遊び,人形劇,
素話,折り紙など
88 絵本をたのしむ会
0224-62-1868 毎月第1水曜日11:00~12:00
乳幼児(就学前)対象に絵本の読み聞かせ
0224-62-4819 毎月末10:00~12:00
書架整理の手伝い
77
”みちくさ”荒町市民セ
ンター図書ボランティア
78 宮城わらべうたの会
泉手をつなぐ文庫の
泉区内の各文庫の近況報告,行事の打合せ,勉強会,講演会,お
たより発行など,情報交換の場。
第一木曜日10:00~12:30(変更の時
有。要問い合わせ。)
お話,絵本の読み聞かせ,紙芝居,手遊び,わらべ唄など
①第1月曜日13:30~17:00(定例会)
②毎週木曜日8:40~9:00
④第2火曜日11:00~11:30
読み聞かせとんがり
86 ぼうし
角田市
89 かくだ図書館友の会 角田市
図書館ボランティア
国内外のお話しを素話しを中心に語る。子ども向け毎月1回(ス
ペシャルは7月),大人向け年2回,他,出前語り随時。
第2木曜日13:30~15:00
第4木曜日14:00~15:00
小学校では,毎週木曜日読書タイムに,市民センター,児童セン
ターでは,月1回絵本や民話の読み聞かせ,市民センターまつり
参加
障害のある子ども達とその保護者に,おもちゃ,絵本やビデオの
貸し出し,遊びの場を提供
幼児及び小学校低学年を対象に絵本や紙芝居の読み聞かせを実
施。仙台つどいの家で絵本や紙芝居の読み聞かせを実施
90 「すまいる」
角田市
0224-68-2345 毎週木曜日8:15~8:30
小学生を対象に(主に1~3年)絵本の読み聞かせを実施
91 蔵王町語り部の会
蔵王町
0224-33-3828 随時
幼稚園児,小学校低・中学年,福祉センターデイサービスを対象
に,読み聞かせや昔話の語りを実施
ごろすけ文庫の会
92 (代表)
図書館ボランティア
93 「レール」
大河原町 0224-52-5524
第2火曜日10:00~12:00(自宅に
て)
お話や読み聞かせを幼稚園,児童館,母親達のサークルなどで実
施
大河原町 0224-51-3330
第2土曜日10:30~11:30
第4火曜日10:30~11:30
図書館内での絵本の読み聞かせ,図書館行事への参加,協力
掲載不可
掲載不可
94 よつばのクローバー 大河原町 掲載不可
絵本読みきかせの会
95 おむすびころりん
おはなしの会ぴいか
96 ぶう
柴田町
0224-55-4438 第2土曜日10:00~12:00
小学校低学年を対象に絵本の読み聞かせやクリスマスリースなど
の手作り,おもちつきなどの季節の行事も行っている
柴田町
0224-55-0916 毎月3回(木),その他随時
小学校の授業に読み語り。公民館共催「こどもの本っておもしろ
い」「わらべうたとおはなしの夕べ」。その他各所へお話の出
前。
0224-72-6086 毎月第4日曜日
丸森町内に伝わる昔話の採話と語り
丸森町
0224-72-1512 毎週火曜日10:00~10:20
1歳~4歳未満の幼児とその保護者を対象に,絵本の読み聞かせ
を実施
塩竈市
022-365-4343
97 丸森ざっと昔話の会 丸森町
読み聞かせ「てんと
98 うむし」
おはなし「びっくり
99 箱」
100 きっと・えすけっと 塩竈市
塩竃と仙台で毎月おはなし会を開
催。他は随時
0223-367-2010
塩竈市生涯学習
毎月第2土曜日14:00~14:30
センターふれあ
いエスプ塩竈
-55-
美しい日本語と季節感を大切にしながら朗読劇,ボードシアター
等でイメージを膨らませた表現を展開。
小学生以上を対象に詩の朗読とギター演奏,絵本やおはなしの読
み聞かせを実施
NO
名称
子育て支援「ふぉ・
所在地
活動日時
連絡先
特色ある活動
101 ゆ」
塩竈市
022-364-0276 毎週水,金曜日11:00~12:00
乳幼児の親子を対象に読み聞かせを実施
102 手話とお話会
塩竈市
022-367-7605 第3日曜日13:30~
親子を対象にして手話を使っての紙芝居やカルタの実施
103 手のひらの会
塩竈市
022-365-4343 第4土曜日11:00~
幼児を対象に紙芝居の実施
104 人形劇団ごきげん座 塩竈市
掲載不可
人形劇,ボードビル,パネルシアターなどの実施
おはなしキラキラの
105 会
名取市
022-382-1421 第2,4木曜日10:00~12:00
106 おはなしぱくぱく
名取市
掲載不可
107 川島せつ子
名取市
022-384-8753 随時
幼稚園教諭・保育士へのわらべうた指導。園児・幼児へのわらべ
うた指導,学年P行事のゲーム指導の実施
108 会
名取市
022-384-0823 第1火曜日(定例会)・随時
民話を語る(昔話,わらべ歌,手遊び,紙芝居等)
109 カンガルー読書会
多賀城市 掲載不可
名取昔ばなし語りの
多賀城市立図書館ボ
110 ランティア団体連絡 多賀城市 022-367-1730
会
随時(依頼に応じて公演)
児童センター(月3回)
小学校・保育所(不定期)
幼児~小学校6年生までを対象に絵本の読み聞かせやストーリー
テリングなどを実施
絵本。手作りの紙芝居,仕掛け絵本,人形等のオリジナル作品も
多数有り
第1土曜日,第2,4水曜日
10:30~11:30
乳幼児から小学生を対象に,絵本と紙芝居の読み聞かせ,手遊
び,わらべうた,工作などを実施
読み聞かせ6団体による定例読み聞
かせ
幼児から小学生を対象に,絵本と紙芝居の読み聞かせ,手遊びな
どを実施
多賀城市 022-365-7498 第2,4金曜日11:00~12:00
0~4歳児と母親を対象に絵本の読み聞かせ,わらべうた,絵本
の紹介などを実施。
多賀城市 掲載不可
第1,3土曜日11:00~11:30
絵本,紙芝居の読み聞かせ
岩沼市
掲載不可
第4月曜日14:30~16:00
第4火曜日10:00~12:00
児童館で小学校低学年児童,未就園児の親子を対象に,絵本の読
み聞かせ,紙芝居,パネルシアター,手あそび,折り紙など実施
岩沼市
0223-22-5676 毎月第1,3木曜日
小学生(1学年~3学年)を対象に絵本の読み聞かせと紙芝居,
詩の朗読
115 ンのへや
岩沼市
掲載不可
絵本,紙芝居などの読み聞かせ,折り紙などの工作
116 ラブリーマザーズ
岩沼市
0223-23-2342 毎月第1,3水曜日
人形劇,着ぐるみ,ピエロ
117 わくわく広場
岩沼市
0223-24-4526 第4水曜日10:30~12:00
乳幼児と母親を対象に手遊び,絵本の読み聞かせ
118
亘理町
0223-34-2752
119 青空文庫
松島町
022-354-3712 毎週土,日曜日10:00~15:00
120 おはなしころころ
松島町
掲載不可
121 おはなしぱんどら
利府町
022-356-7018 第4火曜日10:00~
122 おはなしの森
黒川郡
大和町
第1土曜日,第1水曜日,第2金曜。小 絵本の読み聞かせ,素話,紙芝居,折り紙,パネルシアター,人
022-348-8518 学校の朝読書の時間。第2木曜日定 形劇,手遊び,小学校での朝の読み聞かせ
例会
人形劇サークル
黒川郡
大和町
022-345-3880 随時
人形劇,紙芝居,手遊び,読み聞かせ,語りべ
読み聞かせボラン
黒川郡
大和町
022-345-6552 毎月第3水曜日10:00~12:00
まほろば忠良ホール内で読み聞かせ,読み聞かせをしな
がら母親の育児相談
富谷町
022-358-4640 第4月曜日(定例会)
民話や絵本,紙芝居,パネルシアターなどによる読み聞かせを実
施
大郷町
掲載不可
幼児,児童,知的障害者(施設者)などへのよみきかせ実施。
(絵本,紙しばい,方言による地域の昔話等)
図書館ボランティア
111 蒲公英
プーさんのおはなし
112 や
おはなしの会
113 じゃんけんぽん
おはなしの会「仲よ
114 しこよし」
おはなしの会ノンタ
わたり母親クラブ
123 七ッ森座
124 ティア「もみじっ
子」
図書ボランティア
125 サークル虹の声
読み聞かせサークル
126 「どんぐりの会」
第3日曜日10:30~11:30
毎週火曜日:定例会,絵本等の自主勉強会。定期 地元小学校や子育て支援の場等でおはなし会を実施。また活動に
的に亘理町内小学校での読み聞かせ。その他随時 沿った各種セミナーを企画運営している。
第1月曜日10:00~11:00
第4土曜日10:00~10:30
乳幼児~小学生低学年を対象に民話,絵本の読み聞かせを実施,
紙芝居,人形劇など
幼児~小学校低学年を対象に絵本,紙芝居,パネルシアターなど
を実施
保育所幼児,小学生を対象に絵本,紙芝居,昔話,パネルシア
ター,わらべうたなどを実施
毎月第1月曜日9:30~11:30
127 影絵「とらのこ座」 加美町
0229-63-2029
(中新田公民 毎週土曜日13:30~16:30
館)
町内や近隣市町の幼稚園,保育所,小学校,公民館等に出向き,
影絵公演をしたり,簡単な製作指導を行っている。
128 童話の会
加美町
0229-63-5948 第2土曜日14:00~16:00
昔話,絵話し,人形劇,パネルシアター,エプロンシアター,紙
芝居,指人形,絵本の紹介
加美町
0229-63-2567 第2水曜日(定例会),随時派遣
夏休み中の保育園児,幼稚園児,小学生対象にむかしばなしを中
心にしたおはなし会の開催,派遣活動。採話,収集による伝承。
130 おひさまの会
加美町
掲載不可
乳幼児から小学生を対象に絵本の読みきかせ
131 朗読ボランティア
色麻町
0229-65-3110 月4回 1時間程度
母親クラブのメンバーが主となり,町内の幼稚園,保育所の児童
を対象に絵本の読み聞かせ,パネルシアターなどを実施
132 おたまじゃくし
涌谷町
0229-43-6661 第1水曜日13:30~15:30(定例会)
幼児から高齢者までを対象に素話,絵本,紙芝居,パネルシア
ターなど
133 絵本タイムの会
大崎市
古 川
0229-24-3116 毎月第4水曜日10:00~11:00
0才児から大人迄,絵本の読み聞かせを主に実施。手あそび,紙
芝居,エプロンシアターなど
0229-56-6311 随時
読み聞かせ,昔話,紙芝居作製・上演,鎌田記念館のガイドなど
未就学児の親子を対象に絵本の読み聞かせ,手あそび,製作
中新田むかしばなし
129 の会
朗読ボランティア
わくやお話の会
134 鹿島台町歴史研究会 大崎市
掲載不可
135 「わっこの会」
大崎市
古 川
0229-22-3392 毎月第3水曜日10:00~11:30
136 サークル・アン
大崎市
0229-72-0140
子育て支援みやぎ
第1金曜日,第4土曜日,
第2・4火曜日
-56-
幼児,小学生を対象に絵本の読み聞かせ
NO
名称
所在地
活動日時
連絡先
特色ある活動
0229-23-6487 随時
昔話,紙芝居,読み聞かせ
大崎市
掲載不可
地域に伝承された昔話,童話,絵本の読み聞かせ
139 プ スコーレ
大崎市
0229-72-1319 毎週日曜日9:00~16:00
日曜日の図書室運営と貸出業務,読書相談
140 まつやま語りの会
大崎市
0229-55-4121 第1,3水曜日9:30~11:30
小学校へ読み聞かせに出向。地域の老人の集まりに出向し,読み
聞かせ,寸劇をしている。
141 民話、瑞の会
大崎市
0229-56-2776 随時
昔ばなし,昔あそび,紙芝居など
大崎市
田 尻
0229-39-1236
社会福祉協議 毎月第1木曜日15:30
会田尻支所内
田尻内3ヶ所にある学童保育で絵本の読み聞かせ
143 石澤 京子
大崎市
掲載不可
幼児から小学生を対象に絵本の読み聞かせと昔話や民話の語り
144 門脇 京子
大崎市
0229-23-2689 随時 第2・3土曜日10:30~11:00
小学生の親子を対象に読書会を実施。幼年・小学生の親子を対象
に“お話し会,紙芝居”を大崎市立図書館において実施。
美里町
0229-33-3030 毎週土曜日14:30~
絵本の読み聞かせ
美里町
0229-58-1212 毎週火曜日13:30~14:30
本の読み聞かせ,わらべうた,紙芝居,おり紙 ほか
147 おひざにだっこの会 美里町
0229-32-3030 毎週火曜日10:30~11:00
絵本の読み聞かせ,手遊び,わらべうた,紙芝居など
148 おはなし玉手箱
栗原市
掲載不可
毎月第2土曜日10:00~10:30
幼児から小学生を対象に絵本の読み聞かせ,手遊び,折り紙を実
施
149 おはなしポケット
栗原市
0228-45-3188
第2,4土曜日10:00~10:30(都合
により変更の場合あり)
幼児~小学校低学年対象に絵本の読み聞かせや紙芝居,素話を実
施(公民館,幼稚園,小学校にて)
栗原市
0228-21-1403 毎週土曜日14:30~15:00
栗原市
0228-42-1734
幼稚園・保育所(月1回)
金成教育センター(月1回)
絵本,お話,パネルシアター,人形劇,指遊びや金成に伝わる伝
説を子どもから高齢者までを対象に活動しています。
栗原市
090-29932797
毎週月曜日13:30~15:00 第2・4
金曜日10:30~11:30
紙芝居,絵本の読み聞かせ
栗原市
0228-32-3121
第2土曜日10:00~11:00
(その他は依頼に応じて)
幼児~小学校低学年を対象に絵本や紙芝居の読み聞かせを実施
登米市
0220-34-8081
第2・4水曜日9:30~11:00
その他依頼の状況による
本の読み聞かせを中心に,パネルシアター,エプロンシアター,
紙芝居,手袋人形などを実施
登米市
0220-22-2740
月5回佐沼小業間10:25~10:40
年数回
佐沼小学校で活動。絵本,紙芝居,パネルシアター,音楽歌付き
のお話,素話等。希望があれば,各学級でも実施。
156 「だっこ・ラッコ」 登米市
0220-22-9820
第1,3土曜日10:30~11:00
第4火曜日10:30~
乳幼児~小学校低学年を対象に絵本の読み聞かせ,紙芝居,パネ
ルシアターなどを実施
137 さわやかハーモニー 大崎市
出前読み聞かせ虹の
138 会
ボランティアグルー
朗読の会「みみず
142 く」 田尻ボランティ
ア友の会
145
図書館ボランティアグ
ループ本のかけはし
146 おはなし広場
150
おはなしボランティア
「ひなたぼっこ」
金成朗読ボランティ
151 アこすもす
よみきかせ「おひさ
152 ま」
153
若柳図書ボランティア
「ぽっかぽか」
おはなしサークル
154 「どんぐり」
155
佐沼小学校読み聞かせボ
ランティア ドリーム
図書館ボランティア
随時
基本は依頼者要請日時
幼児から小学校低学年の児童を対象に,絵本の読み聞かせ等を実
施。年2回(7月12月)に特別おはなし会を実施。
157 の会
石巻市
掲載不可
第2木曜日
読み聞かせ,素話の練習会,小学校へのおはなし会ボランティ
ア,大人向講座企画
158 お月とお星の会
石巻市
桃生町
掲載不可
随時
幼児から老人を対象に絵本のよみきかせや手あそび,紙芝居など
159 おはなしのへや
石巻市
0225-94-7205
毎週金曜日8:10~8:45
隔週火曜日13:00~13:45
小学生を対象に絵本の読み聞かせ(1時間授業にも入ることあ
り),老人ホームでの絵本の読み聞かせ
石巻絵本とおはなし
160 ぐるんぱ文庫友の会 石巻市
0225-24-0829 月1~2回
保育所,小学校などで人形劇,紙芝居などを上演
161 ひだまりの会
掲載不可
年4回,町内の幼稚園,小学校1,2年生を対象に,絵本,パネ
ルシアターなどを実施
石巻市
162 女川一小おひさま会 女川町
女川二小おひさまの
163 会
女川町
年に2回,大型紙芝居や影絵などの実施(学芸会,卒業間近の6
0225-54-2437 月6回 女川一小での朝読時間と業間 年生に)
0225-53-2678
164 紙芝居かちかちかち 東松島市 0225-82-1120
布えほんボランティ
165 アフェルト
随時
第2,4金曜日8:15~8:35
第3水曜日13:00~13:35
絵本,紙芝居を中心とした読み聞かせを実施。学芸会へのペープ
サート,大型紙芝居上演
第1,3日曜日10:00~12:00
第2土曜日15:00~15:30
昔話・民話を普通版紙芝居化し,その紙芝居の大型化,自作の台
本の紙芝居化,おはなし会(第2土曜日)
東松島市 0225-82-1120 毎週木曜日10:00~12:00
布えほんの製作
166
読み聞かせボランティア
おはなしのはなたば
東松島市 0225-82-1120 毎週水,土曜日15:00~15:30
毎週水町内小学校3校へ出前おはなし会,絵本,素話,紙芝居,
手あそび,エプロンシアター,パネルシアターなど
167
気仙沼市図書館読み聞か
せボランティア「おはな
しほっとけーき」
気仙沼市 0226-22-6778 第4土曜日10:30~11:00
紙芝居,絵本の読み聞かせ,エプロンシアターなど
168 志津川民話の会
南三陸町 0226-46-3549
第2木曜日13:30~15:00
最終火曜日15:30~16:30
幼児から小学生を対象に,昔話,読み聞かせの実施
169 図書ボランティア
南三陸町 0226-46-3053
最終火曜日15:00~16:30
小学校休業日10:00~11:30
幼児~小学生を対象に紙芝居,絵本読み聞かせ,伝承あそび,折
り紙あそびを実施
掲載不可
乳幼児~小学生を対象に絵本の読みきかせ,パネルシアター,紙
芝居など
170 エプロンおはなし隊 本吉町
掲載不可
171 小野寺 世利子
本吉町
0226-42-4027 月2回1~2時間
幼児,小学校低学年,4年生を対象に,工作教室を実施
172 千葉 しげ子
本吉町
0226-42-2159
又は
要請があればいつでも
0226-31-5623
視覚障害,高齢者から乳児までの読み聞かせ,昔語り
※このデータは,県内の市町村教育委員会などが把握し,掲載について了承を得ている団体及び個人を掲載しているものです。(平成21年1月1日現在)
-57-
(出典:宮城県教育庁生涯学習課調べ)
[データ 4]学校図書館の状況
1 宮城県の司書教諭の配置
司書教諭の配置は,平成 15 年度から 12 学級以上の小中高等学校の全校に配置することになって
いる。
(平成21年1月1日現在)
学校種別
全学校数
配置対象校
配置校数
有資格者数
小学校
438
213
246
668
中学校
217
84
109
259
高等学校
85
65
62
163
16
6
6
25
16
2
2
9
17
6
4
21
789
376
429
1,145
特別支援学校
(小学部)
特別支援学校
(中学部)
特別支援学校
(高等部)
計
※ 分校を除く
(出典:宮城県教育庁生涯学習課調べ)
2 宮城県の学校図書館担当事務職員(学校司書)の配置
学校図書館担当事務職員(学校司書)は,県立学校においては県,市町村立学校においては各市町
村が配置している。
(平成21 年1月1日現在)
学校種別
全学校数
配置校数
割合
小学校
438
178
40.6%
中学校
217
92
42.4%
高等学校
85
81
95.3%
16
0
0.0%
16
0
0.0%
17
0
0.0%
789
351
44.5%
特別支援学校
(小学部)
特別支援学校
(中学部)
特別支援学校
(高等部)
計
※ 分校を除く
(出典:宮城県教育庁生涯学習課調べ)
- 58 -
3 全校一斉の読書活動の実施状況 (平成19年度)
「始業前」
,
「授業中」
,
「昼休み・放課後」などに全校一斉の読書活動を実施しているか否かを調査し
たもの。
最近活発な動きとなっている「朝の読書」については,米国のバーモント大学で 1960 年(昭和 35 年)
代初めに生まれた方法「黙読の時間」を,1980 年(昭和 55 年)代後半に,千葉県の私立高校がほぼ踏襲
する形で導入したのが始まりとされる。次の四つ内容を原則として取り組むものである。
1 全校一斉に行う … みんなでやる
2 10分間だが毎朝続ける … 毎日やる
3 読む本は自分で選ぶ … 好きな本でよい
4 本を読むこと以外何も求めない … ただ読むだけ
全
公立校の
実施状況①
国
宮 城 県
実施校数
公立校の
実施
回答
実施状況②
校数
校数
20,642
19,060
95.7%
97.2%
425
413
444
88.1%
95.9%
193
185
219
92.2%
8,426
7,766
36.9%
1,418
54.1%
46
85
(朝の始業前に実施)
80.8%
1,146
65.2%
30
4-1 特別支援学校(小学部)
23.9%
(朝の始業前に実施)
29.6%
4-2 特別支援学校(中学部)
24.0%
(朝の始業前に実施)
32.1%
4-3 特別支援学校(高等部)
18.6%
(朝の始業前に実施)
31.7%
189
56
190
61
139
44
7.1%
100.0%
7.1%
100.0%
6.7%
100.0%
1
1
1
1
1
1
5-1 中等教育学校(前期課程)
82.4%
(朝の始業前に実施)
92.9%
5-2 中等教育学校(後期課程)
75.0%
(朝の始業前に実施)
88.9%
14
13
9
8
-
-
平均値
81.5%
84.3%
667
94.4%
1 小学校
(朝の始業前に実施)
92.3%
84.1%
2 中学校
(朝の始業前に実施)
3 高等学校
②-①
1.3 ポイント
4.9 ポイント
4.0 ポイント
3.7 ポイント
17.2 ポイント
▲15.6 ポイント
14
▲16.8 ポイント
70.4 ポイント
14
▲16.9 ポイント
67.9 ポイント
15
▲11.9 ポイント
68.3 ポイント
-
791
(出典:文部科学省初等中等教育局「平成19年度 学校図書館の現状に関する調査結果」
)
- 59 -
4 ボランティア等との連携 (平成19年度)
学校図書館で,
保護者や地域住民によりボランティア活動が行われている学校の状況を調査したもの。
全
国
公立校の
実施状況①
宮 城 県
学校数
1 小学校
72.4% 15,834
2 中学校
18.7%
2.1%
3 高等学校
公立校の
実施状況②
②-①
学校数
49.3%
219
▲23.1 ポイント
1,873
1.8%
4
▲16.9 ポイント
82
0.0%
0
▲ 2.1 ポイント
4-1 特別支援学校
▲ 6.0 ポイント
27.4%
217
21.4%
3
(小学部)
4-2 特別支援学校
▲ 8.5 ポイント
22.8%
180
14.3%
2
(中学部)
4-3 特別支援学校
▲12.3 ポイント
19.0%
142
6.7%
1
(高等部)
8-1 中等教育学校
29.4%
5
(前期課程)
8-2 中等教育学校
25.0
3
(後期課程)
229
平均値
48.1% 18,336
29.0%
(出典:文部科学省初等中等教育局「平成19年度 学校図書館の現状に関する調査結果」
)
5 公立図書館等との連携状況 (平成19年度)
学校図書館が,公立図書館から,
「図書資料の貸借」
,
「学校との定期的な連絡」または「公立図書館の
司書等の巡回訪問」などを受けているかを調査したもの。
全
公立校の
実施状況①
国
宮 城 県
学校数
公立校の
実施状況②
②-①
学校数
1 小学校
64.9% 14,188
60.8%
270
▲ 4.1 ポイント
2 中学校
40.6%
4,067
23.7%
52
▲ 16.9 ポイント
3 高等学校
36.0%
1,385
36.5%
31
0.5 ポイント
4-1 特別支援学校
30.1%
238
7.1%
1 ▲ 23.0 ポイント
(小学部)
4-2 特別支援学校
▲28.8 ポイント
28.8%
228
0.0%
0
(中学部)
4-3 特別支援学校
▲26.8 ポイント
26.8%
200
0.0%
0
(高等部)
8-1 中等教育学校
41.2%
7
(前期課程)
8-2 中等教育学校
50.0%
6
(後期課程)
354
平均値
53.4% 20,319
44.8%
(出典:文部科学省初等中等教育局「平成19年度 学校図書館の現状に関する調査結果」
)
- 60 -
[データ5] 平成19年度中に実施した読書活動に関する主な行事
館
七
大
柴
名
ヶ
河
期 日
行 事 名
参加人数
7/24~8/23
子どもの本移動展
26
8/11~24
宮城県図書館複製資料展示
73
毎月第2土曜日 館内読み聞かせ
166
ボランティアによる絵本等読み聞かせ
5/20
チビッコ公民館「佐藤屋絵本のおはなし会」
55
町内の文化的価値のある建物を会場に絵本の読み聞かせ
8/4~5
夏休み子ども本まつり
45
絵本の読み聞かせ,パネルシアター,ビデオ上映
9/7~9
子どもの本展示会
107
宮城県図書館子どもの本移動展示
1/6
お正月のあそびとお話の会
55
お正月に関連する絵本の読み聞かせや昔懐かしいお正月の遊びの体験
毎月第2土曜日 絵本の読み聞かせ会
275
語り,工作,昔の遊び,おやつ作り
毎月第3木曜日 子どもの本って面白い
190
絵本読み聞かせ,わらべ歌,昔の遊び
宿
原
6,7,9月
世界の絵本探検隊
40
外国や日本の絵本を読み聞かせ,文化の違いや習慣などを読み取る
6月
本とあそぼう!全国訪問「おはなし隊」
50
キャラバンカー内の図書閲覧と絵本等のおはなし会
8月
子どもの本移動展示会・おはなし会
3月
おはなし会
56
絵本,紙芝居,手遊び
7/7~8
子どもの本展示会
80
県図書館の本を展示し,良書に触れる機会を提供する
ー
廃棄図書等を駅待合室に駅文庫として設置し,利用者に活用していただく
田
川
崎
山
元
4/5,7/31,12/5 駅文庫
松
内 容
島
136、30 展示会(県図書館)絵本のおはなし会
7/23~8/24
読書マラソン
43
小学生を対象に夏休み中どれだけ多くの本を読めたかを競う事業
4/28~5/27
春のブックラリー
22
決められた内容・冊数の本を読みスタンプ10個でプレゼント進呈
10/20~11/25 秋のブックラリー
31
決められた内容・冊数の本を読みスタンプ10個でプレゼント進呈
5/26
図書館振興講演会
37
県図書館と共催で図書館の利用促進等を目的とした講演会の開催
毎月第2第4木曜日
よみきかせ会
437
ボランティア活動による「よみきかせ会」
6/9,28
よみきかせ講座
80
「紙芝居の演じ方」「わらべ歌とえほんの世界」
11/1~1/23
人形劇
142
人形劇
2/1
読書感想文事業
106
小中学生を対象に作品募集
年間
おはなし会
113
絵本,紙芝居,パネルシアター等の読み聞かせ
10/12~14
子どもの本展示会
416
子どもの本展示会,おはなし会,遊ぶ折り紙等
65
ボランティアによる読み聞かせと16ミリ映写会
七 ヶ 浜
大 和
大 郷
7~11月
読み聞かせ,親子16ミリ映写
大 衡
5~3月
ブックスタート
43
3~4ヶ月健診時に利用案内をしながら絵本贈呈
6/5,6/22 他
移動図書まつり
219
読み聞かせ,パネルシアター,ミニ人形劇,手あそび
6/12~7/10
子どもの本展示会
100
子どもの本展示会
10/27~28
図書室まつり
147
子どもの本展示会,まなぶくんを探せ,手づくり絵本講習会
10/28
読書感想文コンクール
50
小中学生対象,夏休み読書の奨励
2/20
読み聞かせ講座,ミニ文庫本バック作り教室
15
絵本の読み聞かせ,図書室蔵書の本を参考にミニ文庫バックを作る
色 麻
女 川
(出典:宮城県図書館調べ)
-61-
[データ6] 県内の公立図書館における図書の個人貸出数調査
1 年間の図書の個人貸出総冊数
(単位:冊)
館種
市町村立図書館
県図書館
平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度
6,153,054 6,718,940 6,706,793 6,723,857 6,845,075
741,206
小計
公民館図書室
合計
830,340
796,300
766,228
746,953
6,894,260 7,549,280 7,503,093 7,490,085 7,592,028
506,324
442,262
320,913
312,862
187,155
7,400,584 7,991,542 7,824,006 7,802,947 7,779,183
※CD,ビデオ等の視聴覚資料を除く
2 年間の児童書の個人貸出総冊数
(単位:冊)
館種
市町村立図書館
県図書館
平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度 平成19年度
2,015,941 1,852,421 1,695,665 2,223,902 2,143,429
178,505
小計
公民館図書室
合計
212,907
208,463
207,709
205,291
2,194,446 2,065,328 1,904,128 2,431,611 2,348,720
196,332
169,632
134,422
109,996
110,541
2,390,778 2,234,960 2,038,550 2,541,607 2,459,261
※CD,ビデオ等の視聴覚資料を除く
県内公立図書館等における図書の個人貸出数
1,000
800
600
400
200
0
H15年度
H16年度
H17年度
H18年度
H19年度
図書の個人貸出総数(公立図書館)
児童書の個人貸出総数(公立図書館)
図書の個人貸出総数(公立図書館+公民館図書室)
児童書の個人貸出総数(公立図書館+公民館図書室)
(出典:宮城県図書館調べ)
-62-
[データ7]全国の公立図書館の状況
1 全国の公立図書館設置状況
図書館数
県番号
図書館設置自治体数
市区
県名
県
町村
[広域]
市区
計
設 置
自治体数
自治体数
町村
設置率
(%)
設 置
自治体数
自治体数
都道府県計
設置率
設 置
自治体数
自治体数
設置率
人口
(千人)
設置市区
町村人口
(千人)
設置人口
割 合
1 北海道
1
69
73
143
35
34
97.1%
145
65
44.8%
180
99
55.0%
5,171
91.8%
5,630
2 青森
1
19
17
37
10
8
80.0%
30
14
46.7%
40
22
55.0%
1,242
85.0%
1,460
3 岩手
1
31
15
47
13
13
100.0%
22
14
63.6%
35
27
77.1%
1,289
92.8%
1,388
4 宮城
1
29
10
40
13
13
100.0%
23
8
34.8%
36
21
58.3%
2,081
88.8%
2,345
5 秋田
1
41
5
47
13
13
100.0%
12
5
41.7%
25
18
72.0%
1,097
94.9%
1,156
6 山形
1
23
9
33
13
13
100.0%
22
8
36.4%
35
21
60.0%
1,088
89.7%
1,212
7 福島
1
35
15
51
13
13
100.0%
47
15
31.9%
60
28
46.7%
1,832
87.2%
2,101
8 茨城
1
48
6
55
32
31
96.9%
12
6
50.0%
44
37
84.1%
2,831
94.7%
2,989
9 栃木
2
30
13
45
14
13
92.9%
17
10
58.8%
31
23
74.2%
1,735
86.3%
2,009
10 群馬
1
26
10[1]
38
12
12
100.0%
26
10
38.5%
38
22
57.9%
1,851
91.6%
2,020
11 埼玉
3
125
26
154
40
40
100.0%
30
25
83.3%
70
65
92.9%
6,927
98.7%
7,020
12 千葉
3
139
8
150
36
34
94.4%
20
6
30.0%
56
40
71.4%
5,771
95.6%
6,036
13 東京
3
366
9
378
49
49
100.0%
13
8
61.5%
62
57
91.9%
12,265
99.9%
12,273
14 神奈川
2
68
10
80
19
19
100.0%
14
9
64.3%
33
28
84.8%
8,638
99.4%
8,693
15 新潟
1
64
5[1]
71
20
19
95.0%
15
5
33.3%
35
24
68.6%
2,313
94.9%
2,438
16 富山
1
53
5
59
10
10
100.0%
5
5
100.0%
15
15
100.0%
1,115
100.0%
1,115
17 石川
1
32
13
46
10
10
100.0%
9
9
100.0%
19
19
100.0%
1,171
100.0%
1,171
18 福井
2
17
16
35
9
9
100.0%
8
8
100.0%
17
17
100.0%
821
100.0%
821
19 山梨
1
38
13
52
13
13
100.0%
15
7
46.7%
28
20
71.4%
848
96.5%
879
20 長野
1
71
34
106
19
19
100.0%
62
33
53.2%
81
52
64.2%
2,043
93.3%
2,191
21 岐阜
1
47
14
62
21
21
100.0%
21
12
57.1%
42
33
78.6%
2,024
96.2%
2,105
22 静岡
1
74
13
88
23
23
100.0%
19
13
68.4%
42
36
85.7%
3,684
97.6%
3,776
23 愛知
1
73
17
91
35
34
97.1%
28
17
60.7%
63
51
81.0%
6,872
96.7%
7,107
24 三重
1
32
7
40
14
14
100.0%
15
6
40.0%
29
20
69.0%
1,715
92.3%
1,857
25 滋賀
1
35
11
47
13
13
100.0%
13
10
76.9%
26
23
88.5%
1,348
98.7%
1,365
26 京都
2
58
5
65
15
15
100.0%
11
5
45.5%
26
20
76.9%
2,520
98.2%
2,566
27 大阪
2
132
4
138
33
32
97.0%
10
4
40.0%
43
36
83.7%
8,440
97.4%
8,664
28 兵庫
1
84
9
94
29
28
96.6%
12
9
75.0%
41
37
90.2%
5,494
98.5%
5,577
29 奈良
1
18
12
31
12
12
100.0%
27
12
44.4%
39
24
61.5%
1,367
95.6%
1,430
30 和歌山
2
16
11
29
9
9
100.0%
21
9
42.9%
30
18
60.0%
982
92.5%
1062
31 鳥取
1
7
17
25
4
4
100.0%
15
14
93.3%
19
18
94.7%
607
99.5%
610
32 島根
1
21
11
33
8
8
100.0%
13
8
61.5%
21
16
76.2%
716
96.1%
745
33 岡山
1
48
11
60
15
15
100.0%
12
9
75.0%
27
24
88.9%
1,938
99.1%
1,955
34 広島
1
66
13
80
14
14
100.0%
9
8
88.9%
23
22
95.7%
2,862
99.7%
2,871
35 山口
1
39
10
50
13
13
100.0%
9
7
77.8%
22
20
90.9%
1,491
99.5%
1,499
36 徳島
1
16
12
29
8
8
100.0%
16
11
68.8%
24
19
79.2%
754
92.4%
816
37 香川
1
22
4
27
8
8
100.0%
9
4
44.4%
17
12
70.6%
945
92.1%
1,026
38 愛媛
1
36
5
42
11
11
100.0%
9
5
55.6%
20
16
80.0%
1,434
96.4%
1,487
39 高知
1
19
12
32
11
11
100.0%
24
11
45.8%
35
22
62.9%
742
92.8%
799
40 福岡
1
74
29
104
28
25
89.3%
38
22
57.9%
66
47
71.2%
4,730
94.1%
5,028
41 佐賀
1
14
6
21
10
9
90.0%
13
6
46.2%
23
15
65.2%
749
85.9%
872
42 長崎
1
26
10
37
13
13
100.0%
10
6
60.0%
23
19
82.6%
1,458
97.5%
1,495
43 熊本
1
31
16
48
14
14
100.0%
34
13
38.2%
48
27
56.3%
1,683
90.5%
1,859
44 大分
1
25
2
28
14
14
100.0%
4
2
50.0%
18
16
88.9%
1,200
98.2%
1,222
45 宮崎
1
12
12
25
9
9
100.0%
21
11
52.4%
30
20
66.7%
1,082
92.3%
1,172
46 鹿児島
2
43
19
64
17
16
94.1%
32
17
53.1%
49
33
67.3%
1,584
90.0%
1,760
47 沖縄
3
22
9
34
11
11
100.0%
30
9
30.0%
41
20
48.8%
1,217
88.1%
1,382
62 2,414 613 [2] 3,091
805
789
98.0% 1,022
530
計
51.9% 1,827 1,319
(出典:図書館年鑑2008)
注1 人口はH18.3.31現在,自治体数,図書館数,設置自治体数はH19.4.1現在。私立図書館を除く。
2
[広域]は広域市町村圏の図書館の館数で外数。
3
「設置人口割合」は各都道府県人口に占める図書館設置市区町村人口の割合。
4
集計は四捨五入しているので,計と内訳の合計は一致しない場合がある。
-63-
72.2% 121,764
95.8% 127,055
2 全国の市区町村立・広域図書館(都道府県立図書館を除く)の個人貸出数一覧
人口
市区町村立・広域図書館の個人館外貸出
県番号
県名
1 北海道
貸出数
(千点)
①
人口百人当
図書貸出数
①÷③×100
うち児童書貸出
数(千冊)
②
人口百人当
児童書貸出数
②÷③×100
(千人)
③
21,177
376
4,311
77
5,632
2 青森
3 岩手
3,094
4,342
211
311
687
1,259
47
90
1,469
1,397
4 宮城
7,532
321
1,672
71
2,348
5 秋田
6 山形
2,176
3,401
187
279
546
527
47
43
1,164
1,219
7 福島
8 茨城
5,653
12,007
268
402
1,596
2,907
76
97
2,108
2,989
9 栃木
8,940
445
2,854
142
2,008
10 群馬
11 埼玉
10,643
38,878
527
556
2,604
10,201
129
146
2,021
6,997
12 千葉
31,634
526
6,904
115
6,015
13 東京
14 神奈川
94,626
36,790
778
426
19,378
8,584
159
99
12,168
8,644
15 新潟
16 富山
8,607
4,872
352
437
2,395
1,204
98
108
2,446
1,116
17 石川
18 福井
5,484
3,183
468
387
1,434
938
122
114
1,172
822
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
4,563
9,813
8,700
18,954
38,398
518
447
413
502
544
868
3,154
2,834
4,661
11,860
99
144
135
124
168
881
2,193
2,106
3,774
7,063
24 三重
7,057
380
2,000
108
1,858
25 滋賀
26 京都
10,902
11,937
802
465
3,229
2,781
238
108
1,359
2,565
27 大阪
28 兵庫
29 奈良
48,342
26,580
7,190
559
477
501
13,871
8,557
2,152
160
154
150
8,651
5,571
1,435
30
31
32
33
34
35
36
37
2,044
2,145
2,569
9,687
11,873
8,524
2,729
3,840
192
350
344
495
414
566
333
374
710
681
834
2,945
3,003
2,574
664
1,057
67
111
112
151
105
171
81
103
1067
612
747
1,955
2,868
1,505
819
1,027
86
84
105
175
109
104
77
81
84
101
123
1,491
805
5,014
874
1,502
1,858
1,225
1,173
1,763
1,372
126,868
19
20
21
22
23
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
愛媛
5,427
364
1,283
高知
2,401
298
678
福岡
22,271
444
5,282
佐賀
5,435
622
1,531
長崎
5,497
366
1,639
熊本
5,414
291
1,935
大分
2,803
229
949
宮崎
2,918
249
955
鹿児島
4,830
274
1,485
沖縄
4,378
319
1,387
計
600,260
473
155,559
(出典:社団法人日本図書館協会「図書館年鑑2006」,「日本の図書館2006」)
注1 人口は平成17年3月31日現在。
2 館外個人貸出は平成17年度実績。
3 貸出数は視聴覚資料を含む。
4 集計は四捨五入しているので,計と内訳の合計は一致しない場合がある。
-64-
[データ8]
県図書館が実施している子ども読書活動推進関連事業
事業名
内
1
子どもの本展示会
(昭和 45 年~)
容
データ
1 月から 12 月までの
間に,国内で出版さ
れた子供向けの図書
の中から厳選・分類
し展示。
県民,図書館職員を
2
対象に講演会等を実
読書活動研究集会
施。近年は子どもの
(昭和 52 年
読書活動推進に関す
~平成 19 年)
る講座を実施。
H16 年度 H17 年度 H18 年度 H19 年度
県図書館展 1,153 人
761 人 1,150 人
796 人
入場者数 (35 回展) (36 回展) (37 回展) (38 回展)
県内市町村
移動展
入場者数
32 会場 24 会場 20 会場 19 会場
6,527 人 5,665 人 4,834 人 4,853 人
参加者数
108 名
94 名
67 名
98 名
(出典:宮城県図書館調べ)
[データ9]
名称
1
平成20年度県内の公立図書館や公民館で開催している
「子ども読書の日」関連事業
日程
子 ど も の 本 の 4/19 ~
宮城県図書館
展示会
4/30
子ども読書の
2 日 特 別 お は な 4/20
し会
3
主催・後援・協賛等
仙台市民図書館
子 ど も の 本 の 4/25 ~
仙台市民図書館
展示会
5/21
子ども読書の
5 日 特 別 お は な 4/23
し会
概要
昨年出版された子どもの本を展示
し,公立図書館・公民館図書室・
学校図書館・一般家庭などで子ど
もたちが本の世界の楽しさを共有
するために,本を選択・購入する
際の参考に供する。
絵本の読み聞かせやおはなし
子どもの本の展示
仙台市広瀬図書館
絵本の読み聞かせやおはなし
仙台市広瀬図書館
子どもの本の展示
子ども読書の
7 日 特 別 お は な 4/20
し会
仙台市泉図書館
絵本の読み聞かせやおはなし
8 おはなし会
4/23
仙台市泉図書館
絵本の読み聞かせやおはなし
9 おはなし会
4/23
仙台市宮城野図書館
絵本の読み聞かせやおはなし
10 おはなし会
4/23
仙台市若林図書館
絵本の読み聞かせやおはなし
6
子どもの本の
4/1~
展示会
- 65 -
名称
11 おはなし会
日程
4/23
主催・後援・協賛等
仙台市太白図書館
概要
絵本の読み聞かせやおはなし
平成 20 年度子
ど も 読 書 活 動 4 月 上 仙台市教育委員会
12
推 進 ポ ス タ ー 旬~
生涯学習課
作成・掲示
「あなたが読んで感動した本を絵に描
いて紹介してください」をテーマに,市
内小・中学生から募集した絵画のうち,
最優秀作品をデザインに採用して啓発
ポスターを作成し,掲示する。
募集
4/14~
ぼくの わたしの 6/1
13
石巻市図書館
好きな本
掲示
4/19 ~
8/31
好きな本を紹介・推薦する文章を
募集し,館内に掲示する。
14
「としょかんがお
すすめするおもし
ろい本のリスト」
作成&配布
4/23 ~
塩竈市民図書館
5/14
こどもの読書週間にあわせ,市内小学校
の全児童に学年別におすすめ本のリス
トを配布し,市民図書館内に専用ブース
を設けておすすめ本を展示し,おすすめ
内容の説明や貸出を行う。
出前おはなし
15
4/23
会
気仙沼市図書館
対象校に図書館職員が出向き,「子ども
読書の日」についての話や,図書館利用
の呼びかけ,ブックトーク,絵本の読み
聞かせなどを行う。
子ども読書の
16 日 お は な し ひ 4/23
ろば
白石市図書館
図書館ボランティアによる絵本や
紙芝居の読み聞かせ
ブックスター
17 ト 事 業 開 始 記 4/25
念贈呈式
白石市社会福祉協議会
ブ ッ クス ター ト事 業開始 を 記念
し,市長,社会福祉協議会長によ
る贈呈式
18
おはなしひろ
5/24
ばの開催
名取市図書館
絵本の読み聞かせ,パネルシアタ
ーなど
19
桜の木の下で
4/23
おはなし会
角田市図書館
読み聞かせ(絵本,おりがみ等),
エプロンシアター
多賀城市立図書館
①おはなしコンサート
②朗読とギター演奏
子ども読書の
日スペシャル
20
4/20
子どもおはな
し会
①
②
③
④
み ん な の と し 5/2 ~
21
岩沼市図書館
ょかん
5/30
22 一日司書体験
23
4/3 ~
東松島市図書館
4/5
絵本の選び方
4/25
講座
東松島市図書館
- 66 -
こどもの本展,おとなの本展
絵本のお医者さん
としょかんたんけん
おいなりぐみシアター
司書の体験
乳幼児・親への読み聞かせ等
名称
24
日程
防災ブックバ
4/17
ック作り講座
25 おはなし会
4/12
4/19
主催・後援・協賛等
概要
東松島市図書館
防災ずきんにもなる貸出バッグ作
り教室
大崎市図書館
絵 本 や紙 芝居 の読 み聞か せ によ
り,家庭での読み聞かせのきっか
けを!
「ねずみ年生
生 涯 学習 セン ター 内にあ る 本か
4/15 ~ 柴田町船迫生涯学習セン
26 ま れ の 作 家 た
ら,ねずみ年生まれの作家を1ヶ
5/14
ター
ち」
所に集め,展示する。
27
絵本・児童書の 4/23 ~ 山元町教育委員会
展示
5/3
生涯学習課
子ども向け絵本・児童書の紹介
子どもの本の
親子で楽しめる絵本を選び展示す
5/1 ~ 利府町教育委員会生涯学
28 展示会・リサイ
る。あわせて本のリサイクルフェ
5/11
習課図書振興班
クル
アを予定
29
児童書・絵本コ 4/21 ~
大和町公民館
ーナー展示
4/27
児童書・絵本コーナー展示
30
読み聞かせ・お
5/3
はなし会
色麻町公民館
ミニ人形劇,おはなし会
美里町小牛田図書館
年齢別(絵本・小学校低・中・高
学年)に図書館が薦める 20 冊の本
を1年かけて読み進んでいく
31 ブックラリー
4/23
~
3/31
32 ブックラリー
4/23 ~
美里町南郷図書館
3/31
33
スペシャルお
5/3
はなし会
美里町小牛田図書館
年齢別(絵本・小学校低・中・高
学年)に図書館が薦める 10 冊の本
の中から 5 冊を読み進んでいく
「タネ」をテーマに大型絵本やペ
ープサートの読み聞かせを行い,
タネをプレゼントする
企画展示『ぐり
とぐらの仲間
が 勢 ぞ ろ い ! 4/23 ~
34
美里町南郷図書館
中川李枝子・山 5/11
脇百合子の世
界』
「ぐりとぐら」をはじめとする中
川李枝子・山脇百合子の作品の展
示
35
ぐ り と ぐ ら に 4/23 ~
美里町南郷図書館
変身
4/27
ぐりとぐらの洋服と帽子を身に着
けて記念写真を撮る。
36
ぐりとぐらの
4/26
おはなし会
美里町南郷図書館
ぐりとぐらを中心としたおはなし
会
37
ぐりとぐらの
5/10
カルタ大会
美里町南郷図書館
「ぐりとぐら」のカルタを楽しむ
38
春のおはなし
4/27
会
本吉町立図書館
子ども読書の日,こどもの読書週
間にちなみ,おはなし会を通常よ
り時間を拡大して開催する。
(出典:宮城県教育庁生涯学習課調べ)
- 67 -
[データ10]障がい者向けサービス
1
県図書館における障がい者向けの主なサービス
(1)郵送での貸し出し
イ 利用者
療育手帳,身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳,戦傷病手帳を持っている県内在住者
ロ 利用できる資料
(イ)一般図書,児童書,視聴覚資料(CD
録音図書 ビデオなど)
(ロ)聴覚障がい者には字幕付きまたは手話付きビデオ
(ハ)視覚障がい者には点字雑誌
ハ 貸出冊数と期間
(イ)貸し出しは10点まで(うち視聴覚資料は5点まで),30日間利用可能
(ロ)郵送費用は図書館で負担
(2)音訳サービス
イ 対象
(イ)視覚障がい者が希望する本や雑誌
(ロ)ラジオや電話機の取扱説明書など,手持ち資料。
ロ 利用者
視覚障がい者
ハ 利用できるサービス
(イ)来館者への対面朗読室での朗読
(ロ)電話での朗読
(ハ)カセットテープへの録音
(3)その他
イ 大活字本
普通の本より大きな活字を使った,読みやすい「大活字本」の備え付け。
ロ 拡大読書器
本を拡大して見ることができるテレビ型の拡大読書器の設置
ハ 車いす利用者への館内専用の携帯電話の貸し出し
- 68 -
2
県図書館及び県視覚障害者情報センターにおける利用状況等
(1)県図書館における利用状況等
イ 郵送貸出の利用
新規
登録
平成19年度
計
平成18年度
計
平成17年度
計
平成16年度
計
平成15年度
計
平成14年度
計
平成13年度
計
図書
338件
1,191冊
309件
1,232冊
324件
1,127冊
314件
1,127冊
298件
1,204冊
265件
1,068冊
208件
855冊
利用件数
33人
33人
利用冊数
利用件数
33人
27人
利用冊数
利用件数
33人
35人
利用冊数
利用件数
33人
21人
利用冊数
利用件数
46人
利用冊数
利用件数
33人
利用冊数
利用件数
29人
利用冊数
郵送貸出資料別
朗読テープ
点字雑誌 ビデオ
268件
49件
90件
275タイトル 1,105点
122冊 339点
347件
46件 119件
478タイトル 1,901点
118冊 451点
372件
63件
67件
344タイトル 1,484点
80冊 189点
281件
29件
90件
386タイトル 1,455点
53冊 269点
214件
36件
79件
435タイトル 1,209点
72冊 261点
141件
24件 114件
418タイトル 1,303点
51冊 486点
147件
19件
62件
407タイトル 1,761点
40冊 220点
CD
84件
246点
120件
402点
120件
486点
117件
432点
149件
585点
111件
340点
60件
176点
合計
829件
3,003点
941件
4,104点
946件
3,366点
831件
3,336点
776件
3,331点
655件
3,248点
496件
3,052点
ロ 音訳サービスの利用及び調査相談件数
朗読テープの作成
職員
ボランティア
平成19年度
計
平成18年度
計
平成17年度
計
平成16年度
計
平成15年度
計
平成14年度
計
平成13年度
計
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
実施件数
延べ時間
30件
音訳サービス
対面朗読
職員
ボランティア
電話朗読
職員
ボランティア
計
68件
0件
3件
47件
115件
263件
31.0時間 234.4時間
0.0時間
6.0時間
10.2時間
101.0時間
382.6時間
23件
0件
4件
54件
116件
216件
12.5時間 44.0時間
19件
0.0時間
8.0時間
33.9時間
98.1時間
196.5時間
15件
3件
1件
62件
130件
226件
8.0時間 23.0時間
15件
6.0時間
2.0時間
24.4時間
105.3時間
168.6時間
33件
0件
0件
55件
162件
253件
4.5時間 54.0時間
0.0時間
0.0時間
25.1時間
135.6時間
219.2時間
3件
38件
3件
11件
19件
150件
221件
0.0時間 53.8時間
0件
4.3時間
9.2時間
10.4時間
131.7時間
209.4時間
16件
0件
0件
27件
173件
216件
0.0時間 14.5時間
0件
0.0時間
0.0時間
17.0時間
139.3時間
170.8時間
21件
1件
9件
17件
80件
128件
0.0時間 21.0時間
0件
0.5時間
9.1時間
6.3時間
79.7時間
116.6時間
- 69 -
調査
相談
件数
783件
739件
791件
678件
658件
588件
613件
(2) 視覚障害者情報センターにおける利用状況等
イ
蔵書冊数
年度
デイジー図書
点字図書(冊)
録音図書(巻)
平成 19 年度
37,755
49,470
3,853
917
91,995
平成 18 年度
36,919
48,154
3,615
866
89,554
平成 17 年度
35,930
46,614
3,377
816
86,737
平成 16 年度
34,992
45,033
3,199
756
83,980
平成 15 年度
34,133
43,569
3,003
705
81,410
平成 14 年度
33,228
42,267
2,839
643
78,977
平成 13 年度
32,441
40,645
2,767
590
76,443
ロ
(※1) (枚)
点訳絵本(冊)
合計
利用状況
年度
点字図書
録音図書
デイジー
テープ雑誌
デイジー
(冊)
(巻)
図書(枚)
(※2) (巻)
雑誌(枚)
合計
平成 19 年度
5,273
38,333
4,849
15,265
898
64,618
平成 18 年度
4,946
41,640
3,705
15,184
477
65,952
平成 17 年度
5,198
40,224
2,969
15,958
137
64,486
平成 16 年度
4,763
41,288
1,945
14,162
96
62,254
平成 15 年度
4,599
46,821
1,068
13,887
101
66,476
平成 14 年度
3,744
45,291
852
17,642
-
67,529
平成 13 年度
4,846
41,719
480
17,228
-
64,273
ハ
対面朗読サービスの利用
年度
件数
時間
平成 19 年度
15 件
26 時間
平成 18 年度
1件
1 時間
平成 17 年度
-
-
平成 16 年度
-
-
平成 15 年度
5件
9 時間
平成 14 年度
12 件
20 時間
平成 13 年度
3件
4 時間
デイジー(DAISY:Digital Accessible Information SYstem の略)とは,日本をはじめとする 12 か国の会員団体
によるデイジーコンソーシアムで開発された国際標準規格である。その規格で製作された図書をデイジー図書といい,
主な媒体として CD-ROM が使われている。CD1 枚に 50 時間以上の音声を収録することが可能で,頭出し機能など
を使用することができ,快適に目的の部分を検索することができる。再生には専用のプレーヤーか Windows パソコ
ンへの専用ソフトウェアのインストールが必要になる。
※1
テープ雑誌とは「視覚障害者情報センターだより」
「テープみやぎ」
「文芸春秋」
「からだの科学」など約 70 誌を複
製し貸出しているもの。
※2
(出典:宮城県視覚障害者情報センター「平成20年度 事業概要」
)
- 70 -
[データ11]県内の公立図書館設置状況一覧(平成20年度)
18
40
29
28
36
35
17
27
30
1
5
2 3
8
4
34 16
23
10
20
11
9
15
7
21
40 館/36 市町村
(県図書館を含む 13 市 8 町に設置)
25 24 26
31
39
14
13
37
38 12
6
19
33
22
32
(平成 20 年 3 月 31 日現在)
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
図書館名
宮城県図書館(仙台市泉区)
仙台市民図書館(仙台市青葉区)
仙台市榴岡図書館(仙台市宮城野区)
仙台市宮城野図書館(仙台市宮城野区)
仙台市泉図書館(仙台市泉区)
仙台市広瀬図書館(仙台市青葉区)
仙台市若林図書館(仙台市若林区)
仙台市太白図書館(仙台市太白区)
石巻市図書館
石巻市図書館河北分館
石巻市図書館雄勝分館
石巻市図書館河南分館
石巻市図書館桃生分館
石巻市図書館北上分館
石巻市図書館牡鹿分館
塩竈市民図書館
大崎市図書館
気仙沼市図書館
気仙沼市図書館唐桑分館
白石市図書館
番号
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
- 71 -
図書館名
名取市図書館
角田市図書館
多賀城市立図書館
岩沼市図書館
岩沼市図書館西分館
岩沼市図書館東分館
登米市立迫図書館
登米市立登米図書館
栗原市立図書館
東松島市図書館
蔵王町立図書館
丸森町立金山図書館
亘理町立図書館
利府町図書館
加美町中新田図書館
加美町小野田図書館
美里町近代文学館
美里町南郷図書館
南三陸町図書館
本吉町立図書館
県内の公立図書館連絡先
No
1
図書館名
宮
城
県
図
〒
書
館
981-3205
所在地
仙台市泉区紫山一丁目 1-1
仙台市青葉区春日町 2-1
せんだいメディアテーク内
仙台市宮城野区榴岡四丁目 1-8
パルシティ仙台ビル
TEL
FAX
022-377-8441
022-377-8484
022-261-1585
022-213-3524
022-295-0880
022-295-0891
2
仙 台 市 民 図 書 館
980-0821
3
仙 台 市 榴 岡 図 書 館
983-0852
4
仙台市宮城野図書館
983-0833
仙台市宮城野区東仙台四丁目 1-1
022-256-7361
022-256-7363
5
仙 台 市 泉 図 書 館
981-3133
仙台市泉区泉中央一丁目 8-6
022-375-6161
022-375-6165
6
仙 台 市 広 瀬 図 書 館
989-3125
仙台市青葉区下愛子字観音堂 5
022-392-8421
022-392-8410
7
仙 台 市 若 林 図 書 館
984-0827
仙台市若林区南小泉一丁目 1-1
022-282-1175
022-282-1176
8
仙 台 市 太 白 図 書 館
982-0011
仙台市太白区長町五丁目 3-2
022-304-2742
022-304-2526
9
石
館
986-0831
石巻市羽黒町一丁目 9-2
0225-93-8635
0225-21-1598
10
石巻市図書館河北分館
986-0102
石巻市成田字小塚裏畑 54
0225-62-2121
11
石巻市図書館雄勝分館
986-1333
石巻市雄勝町雄勝字寺 4-4
0225-57-3052
12
石巻市図書館河南分館
987-1103
石巻市北村字前山 15-1
0225-72-3561
13
石巻市図書館桃生分館
986-0313
石巻市桃生町中津山字江下 10
0225-76-4535
14
石巻市図書館北上分館
986-0201
石巻市北上町十三浜字月浜 88-2
0225-67-2234
15
石巻市図書館牡鹿分館
986-2523
石巻市鮎川浜清崎山 7
0225-45-3618
16
塩 竈 市 民 図 書 館
985-0052
塩竈市本町 1-1
022-365-4343
022-365-4100
17
大
館
989-6172
大崎市古川前田町 2-28
0229-22-0002
0229-22-0421
18
気 仙 沼 市 図 書 館
988-0073
気仙沼市笹が陣 3-30
0226-22-6778
0226-22-0964
19
気仙沼市図書館唐桑分館
988-0535
気仙沼市唐桑町馬場 181-1
0226-32-3130
20
白
石
市
図
書
館
989-0257
白石市字亘理町 37-1
0224-26-3004
0224-26-3505
21
名
取
市
図
書
館
981-1224
名取市増田一丁目 7-37
022-382-5437
022-382-5706
22
角
田
市
図
書
館
981-1505
角田市角田字牛舘 10
0224-63-2223
0224-63-5633
23
多 賀 城 市 立 図 書 館
985-0872
多賀城市伝上山一丁目 1-6
022-367-1730
022-367-1736
24
岩
館
989-2433
岩沼市桜一丁目 5-38
0223-24-3131
0223-25-1713
25
岩沼市図書館西分館
989-2456
岩沼市松ヶ丘 1-10-1
0223-22-4677
26
岩沼市図書館東分館
989-2423
岩沼市押分字新田東 75-1
0223-22-2656
27
登 米 市 立 迫 図 書 館
987-0511
登米市迫町佐沼字上舟丁 20-1
0220-22-9820
0220-21-6575
28
登米市立登米図書館
987-0702
登米市登米町寺池目子待井 391
0220-52-2316
0220-52-3657
29
栗 原 市 立 図 書 館
987-2252
栗原市築館薬師三丁目 3-1
0228-21-1403
0228-21-1404
30
東 松 島 市 図 書 館
981-0503
東松島市矢本大溜 1-1
0225-82-1120
0225-82-1121
31
蔵 王 町 立 図 書 館
981-0821
蔵王町大字円田字西浦 5
0224-33-2018
0224-33-2019
32
丸森町立金山図書館
981-2402
丸森町金山字下前川原 17
0224-78-1121
33
亘 理 町 立 図 書 館
989-2351
亘理町字西郷 140
0223-34-8700
0223-34-8704
34
利
館
981-0104
利府町中央 2-11-2
022-356-2130
022-349-1677
35
加美町中新田図書館
981-4253
加美町字大門 176
0229-63-6100
0229-63-2977
36
加美町小野田図書館
981-4341
加美町字中原南 105 番地
0229-67-5252
0229-67-5588
37
美 里 町 近 代 文 学 館
987-0005
美里町北浦字待江 98
0229-33-3030
0229-33-3010
38
美 里 町 南 郷 図 書 館
989-4205
美里町木間塚字中央 1
0229-58-1212
39
南 三 陸 町 図 書 館
986-0763
南三陸町志津川字汐見町 115
0226-46-2670
0226-46-5155
40
本 吉 町 立 図 書 館
988-0381
本吉町津谷新明戸 136
0226-42-4785
0226-42-2528
巻
崎
沼
府
市
市
市
町
図
図
図
図
書
書
書
書
- 72 -
計画策定の経緯
【国の動向】
平成13年12月12日 「子どもの読書活動の推進に関する法律」公布・施行
平成14年 8月 2日 「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」策定
平成17年 7月29日 「文字・活字文化振興法」公布・施行
平成20年 3月11日 「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」(第二次)策定
【
「みやぎ子ども読書活動推進計画」策定の経緯】
平成16年 3月
「みやぎ子ども読書活動推進計画」策定
平成20年11月25日 「宮城県における子どもの読書活動の推進方策」について,宮城県生涯学習
審議会に諮問
平成20年11月25日
宮城県生涯学習審議会において「第二次みやぎ子ども読書活動推進計画」
(素案)を審議
平成21年 2月 6日 「第二次みやぎ子ども読書活動推進計画(案)」に対するパブリックコメ
~
3月17日
ントを実施
平成21年 3月27日
宮城県生涯学習審議会において最終案を審議
平成21年 3月
宮城県生涯学習審議会による答申
平成21年 4月
「第二次みやぎ子ども読書活動推進計画」策定
- 73 -
表紙画 とよた かずひこ
※この表紙画は,2002年2月に発刊された「みやぎ親子読書をすすめる会30周年
記念誌」のために描かれた画を,著作権者とよたかずひこ氏の許諾と「みやぎ親子読書
をすすめる会」の御協力を得て掲載しました。
とよた かずひこ氏 略歴
(本名・豊田一彦)絵本作家。
昭和22年,宮城県仙台市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
フリーのイラストレーターを経て,絵本作家となる。「うららちゃんののりものえほん」
シリーズや,
「ももんちゃんあそぼう」シリーズ,
「ワニのバルボン」シリーズなど,人気
絵本多数。
平成9年,
『でんしゃにのって』
(アリス館)で厚生省中央児童福祉審議会児童文化財特別
推薦を受ける。
『どんどこももんちゃん』
(童心社)で第7回日本絵本賞受賞。
『あめですよ』が小学1年生の国語の教科書(東京書籍)に採用される。
全国各地において,絵本の魅力を伝える講演や実演を精力的に行っている。
第二次みやぎ子ども読書活動推進計画
平成21年4月
編集・発行
宮城県教育庁生涯学習課
〒980-8423
仙台市青葉区本町三丁目8番1号
TEL:022-211-3652
URL
FAX:022-211-3697
http://www.pref.miyagi.jp/syougaku/
E-mail [email protected]
「第二次みやぎ子ども読書活動推進計画」は 1,700 部作成し1部当たりの
印刷単価は 114 円です。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement