MP-170 I-Vチェッカー 取扱説明書

MP-170 I-Vチェッカー 取扱説明書

2013 年 10 月 18 日 Ver4

取 扱 説 明 書

I-V チェッカー

MP-170

1.安全にお使いいただくために

弊社製品は,安全を十分に考慮して設計・製造されておりますが,お客様の使用状況により思わぬ重大な

事故を招く可能性があります。本書をよくお読みになり,使用方法を必ず守りながら正しくお使い下さい。

この表示を無視して誤った取り扱いをすると、感電等のけがによ

警告・注意

る重傷または死亡を負う可能性があることを示しています。

高電圧注意

高電圧が加わる部分です。この表示を無視して誤った取り扱いを

すると、感電等のけがによる重傷または死亡を負う可能性がある

ことを示しています。

禁止

してはいけない禁止行為を示します。

義務

しなければならない義務行為を示します。

警告

● 本装置をフィールドで使用する場合は必ず、感電防止のための絶縁用防護具(電気用ゴム手袋、電気用

ゴム長靴)を着用して作業を行ってください。

● 本装置への太陽電池取り付け・取り外しの際は、必ず接続する箇所をテスター等により感電の恐れがない

かチェックしてから作業を行うようにしてください。

● 本装置の端子台や電源コンセントは、濡れた手で触れないでください。感電や漏電事故の原因になる可

能性があります。

● 本装置を使用する際には、太陽電池及びパワーコンディショナーを含む周辺機器の電源を OFF にして、

パワーコンディショナーを含む周辺装置を切り離し、本装置以外には接続されていない状態で計測を行っ

てください。

● 本装置を使用する際には、損傷の危険を回避するために、本装置の電源を ON にしてから計測する太陽

電池を接続し、電源を OFF にする前に太陽電池の接続を切り離してください。

● 太陽電池接続に使用する接続端子・ケーブルは、必ず太陽電池の定格容量を満たしているものを使用し、

接続箇所から外れないようしっかりと取り付けてください。

● 本装置を本来の使用目的以外には使用しないでください。

● 本装置を分解、改造したり、あるいは内部に触れたりしないでください。

● 本装置の電源電圧が供給電源の電圧、種類(AC、DC)にあっているか必ず確認した上で、本装置の電

源スイッチを ON にしてください。

● 本装置に付属の AC アダプタ以外は使用しないでください。

1

● 本装置から煙あるいは異臭が発生したことに気づいたら、すぐに電源スイッチを OFF にしてください。

● 本装置は振動や衝撃の加わる場所、湿気やホコリが多い場所、温度差の激しい場所、強い磁力、電波

が発生する物の近くでは使用しないでください。故障の原因になります。

● 本装置は特に防水処理は取っておりません。雨天時は使用できませんので、雨が降りそうな天気の時は

使用しないでください。

● 本装置に付属のケーブル以外は使用しないでください。感電や漏電事故の原因になる可能性があります。

付属以外のケーブル等を接続して起きた場合の故障や事故に対しては補償いたしかねます。その場合

計測精度も保障できません。

● 本装置の定格電圧 1000V、定格電流 20A、定格電力 10kW を超える太陽電池アレイには絶対に接続しな

いでください。入力範囲を超えて使用した場合に起きた故障に関しては、たとえ購入後 1 年以内の故障で

あっても補償できない場合があります。

● 本装置をフィールドで使用する際は、必ずアース端子にアースを接続してご使用ください。

注意

《取扱説明書について》

● 本装置を使用する前に、必ずこの取扱説明書をお読みになりご理解ください。

● 必要なときにすぐに使えるように、手近な所にこの取扱説明書は大切に保管して下さい。

● 装置本来の使用方法及び取扱説明書に指定した取扱方法を守って下さい。

● この取扱説明書の安全に関する指示に対しては、指示内容を理解の上、必ず従って下さい。

● ご不明な点やご不安等がございましたら、予めお問い合わせ下さい。

● 取扱説明書の内容に関しては万全を期しておりますが、万一不審な点や誤り、記載漏れに気付いたときは、

お手数ですが当社までご連絡下さい。

2

2.もくじ

目 次

ページ

1.安 全 にお使 いいただくために ------------------------------------ 1

2.もくじ ------------------------------------------------------- 3

3.I-V チェッカーの概 要 ------------------------------------------ 6

3 -1 .概 要 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 6

3 -2 .機 能 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 6

3 -3 .特 長 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7

(1)ポータブル ----------------------------------------------------------------------- 7

(2)センサーユニットの分離 ------------------------------------------------------------ 7

3 -4 .システ ム構 成 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 8

3 -5 .計 測 可 能 範 囲 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 9

4.各 部 の名 称 とはたらき ---------------------------------------- 10

4 -1 .装 置 全 体 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 0

4 -2 .本 体 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 0

4 -3 .電 池 ボック ス - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 1

4 -4 .センサーユニット - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 2

5.設 置 のしかた ----------------------------------------------- 13

5 -1 .本 体 (親 機 ) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 3

(1)本体の設置方法 ----------------------------------------------------------------- 13

(2)ショルダーストラップの付け方 ------------------------------------------------------- 14

(3)ショルダーストラップに電池収納ポシェットの付け方 ------------------------------------- 14

5 -2 .センサーユニット (子 機 ) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 5

(1)センサーユニットの構成 ----------------------------------------------------------- 15

(2)センサーユニットの設置方法 ------------------------------------------------------- 16

6.MP-170 の使 い方 ------------------------------------------- 17

6 -1 .MP-1 70 のキー操 作 方 法 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 7

(1)キーボード ---------------------------------------------------------------------- 17

6 -2 .MP-1 70 の起 動 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 8

(1)起動画面 ----------------------------------------------------------------------- 18

(2)起動時のセンサーユニットの電源投入を促すメッセージ画面 ------------------------------ 18

6 -3 .メインメニュー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1 9

(1)メインメニュー画面 --------------------------------------------------------------- 19

(2)モニター画面 -------------------------------------------------------------------- 19

6 -4 .計 測 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2 0

(1)計測中画面 --------------------------------------------------------------------- 20

6 -5 .設 定 メニュー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2 1

(1)レンジ設定 ---------------------------------------------------------------------- 21

(2)計測パラメータ設定 --------------------------------------------------------------- 22

3

(3)自動計測設定 ------------------------------------------------------------------- 27

(4)システムメニュー ----------------------------------------------------------------- 28

6 -6 .データ表 示 メニュー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 2 9

(1)保存データの検索 ---------------------------------------------------------------- 30

(2)データ表示---------------------------------------------------------------------- 30

(3)日射 VS パラメータ(Pm、Voc、Isc、FF)グラフ表示 ------------------------------------ 32

(4)データ消去---------------------------------------------------------------------- 32

6 -7 .警 告 表 示 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 3 3

7.ソフトウェア ------------------------------------------------- 35

7 -1 .ソフ トウェア基 本 機 能 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 3 5

7 -2 .ソフ トウェアのインストール - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 3 5

(1)ソフトウェアのインストール方法 ----------------------------------------------------- 36

(2)USB ドライバのインストール方法 ---------------------------------------------------- 38

(3)インストール完了の確認 ----------------------------------------------------------- 39

(4)USB ドライバに関するベンダー情報 -------------------------------------------------- 40

7 -3 .ソフ トウェアのアンイン ストール - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 4 0

(1)ソフトウェアのアンインストール方法 -------------------------------------------------- 40

(2)USB ドライバのアンインストール方法 ------------------------------------------------- 41

7 -4 .ソフ トウェア操 作 方 法 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 4 2

(1)測定タブの操作 ------------------------------------------------------------------ 42

(2)表示タブの操作 ------------------------------------------------------------------ 50

(3)保存タブの操作 ------------------------------------------------------------------ 53

(4)日射グラフタブの操作 ------------------------------------------------------------- 54

7 -5 .保 存 データフォーマット - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 5 6

(1)個別変換データファイル(CSV 変換方式) ---------------------------------------------- 57

(2)特性値変換データファイル(CSV ファイル変換) ---------------------------------------- 58

8.MP-170 使 用 ケースと作 業 手 順 -------------------------------- 59

準 備 作 業 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 5 9

ケース1: MP-170 本体のみでの計測 -------------------------------------------------- 60

ケース2: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測 -------------------------------- 61

ケース3: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測 ------------------------------------ 62

ケース4: MP-170 本体の計測データを PC で解析・管理 ----------------------------------- 63

ケース5: PC 上の計測データを、MP-170 本体で使用 ------------------------------------- 64

ケース6: MP-170 本体のみでの計測を PC で制御 ---------------------------------------- 65

ケース7: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測を PC で制御 ---------------------- 66

ケース8: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測を PC で制御 ------------------------- 67

9.メンテナンス ------------------------------------------------ 68

9 -1 .日 常 的 な点 検 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 6 8

10.故 障 かな,と思 ったら ---------------------------------------- 68

1 0- 1 .ト ラブルシューティング - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 6 8

1 0- 2 .Wi ndo ws Vist a/7 でのファイル 仮 想 化 に関 する 不 具 合 の 回 避 方 法 - - - - - - - - 7 1

11.仕 様 -------------------------------------------------- 74

1 1- 1 .仕 様 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 4

4

1 1- 2 .標 準 品 リ スト - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 5

12.アフターサービス ------------------------------------------- 76

お 問 い 合 わせ 先 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 6

保 証 につ いて - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 6

校 正 につ いて - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 6

取 扱 説 明 書 につい て - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 6

更 新 履 歴 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 7 6

CE マーキング宣 言 書 ------------------------------------------- 78

5

3.I-V チェッカーの概要

3-1.概要

I-V チェッカー MP-170 は,太陽電池モジュール・アレイの評価・故障診断・メンテナンスを目的とした,太陽電池専用の

I-V カーブ計測装置です。コンデンサー負荷方式を採用することで他社と比較してコンパクトで高耐圧、大容量、高機能、

高精度を実現しました。

MP-170 は本体(親機)とセンサーユニット(子機)から構成されます。

親機は,I-V カーブの計測,表示,およびデータ解析などをキー操作により行うことができる他,パソコンと USB 接続により

計測したデータをパソコンに転送し、専用ソフトウェアにより、パソコン上でデータ解析を行うことができます。

また、子機は、Si フォトダイオードセンサーを使用した小型日射計を内蔵しており、親機による I-V カーブ計測と傾斜面日

射強度と太陽電池裏面温度も同時に計測を行うことができ、JIS C8914 規格に対応する基準状態への換算も容易に行え

ます。また、子機の外部入力端子には、弊社製日射計 MS-802、MS-402 および MS-601 や基準セルの他、熱電対も接続

してそのデータを記録することが可能です。

親機と子機は、モジュラーケーブルを使用して接続することにより、子機で計測した日射データや温度データを親機に転

送することができます。

3-2.機能

MP-170 は従来の I-V カーブトレーサーに比べ、下記に挙げるような多くの優れた機能があります。

本体(親機)側は太陽電池の I-V 特性を、センサーユニット(子機)側では日射強度と温度を独立に計測することが可

能です。

小型日射計が子機に内蔵されています。

計測する太陽電池パネルの設置角度と方位を簡易に測り、子機の内蔵小型日射計をその向きと同じ傾斜角度と方

位角に設置できます。

子機には以下のものが接続可能です。

高精度の日射計

温度測定用熱電対 2ch (太陽電池温度、気温)

基準セル

親機と子機の内部時計をあらかじめ同期させておくことにより、親機と子機の間をケーブルレスで計測が可能です。

従来でのわずらわしい長距離のケーブル配線が一切不要となり計測が容易となります。

計測終了後に親機と子機をモジュラーケーブルで接続して、同時刻のデータ(日射強度と温度)を子機側からロード

し、1 計測毎に I-V データに反映できます。

親機と子機をモジュラーケーブルで接続して使用すると、日射強度と温度をリアルタイムでモニターしながらの計測も

可能です。

JIS C8914 規格による結晶系太陽電池モジュールの基準状態への換算機能があります。従って、太陽電池 1 枚分の

モジュールパラメータの計測だけで、モジュールの直列数と並列数の設定値から自動で太陽電池アレイのパラメータ

を計算し、基準状態への換算ができます。

計測開始時刻と終了時刻、計測インターバルを設定し、1 日以内での自動計測が可能です。

6

自動計測での一日分の計測データを以下の各集計グラフで表示可能です。

日射強度 vs 最大出力電力 Pm

日射強度 vs 開放電圧 Voc

日射強度 vs 短絡電流 Isc

本体の LCD 上に太陽電池の故障診断に有効な以下の特性グラフを表示できます。

I-V 特性を一階微分した di/dV-V 特性を表示可能。

表示した I-V カーブグラフの倍率を 2 倍、4 倍、8 倍と可変でき、微妙な I-V カーブの歪みをチェック可能。

電圧 10V~1000V、電流1A~20A、電力 10W~10kW と幅広いレンジでの計測が可能です。(規格上最小電圧で 10V、

最小電流で 1A となり、それ以下での計測は出来ません。もしも計測できたとしても精度を補償できません。)

電池の消耗を抑えるため、電池ボックスを使用中は、キー操作や計測等しないとセーフモードにより 10 分で電源が

自動的に OFF となります。

以下の安全機能を備えています。

本体内部の温度が 65℃を超えた場合、温度が 60℃以下になるまで CPU を停止させ計測はできないようにして

あります。

連続して 1 分以下の間隔での手動/自動計測もできないようになっています。

300 件の計測データが本体メモリに記録可能です。300 件を超えた場合は上書きされてしまうので、使用後はなるべ

く PC にデータをダウンロードして保存・管理し、本体メモリはクリアして使用することをお勧めします。

3-3.特長

(1)ポータブル

MP-170 は,「ポータブル」を設計思想に据え,現場での使い

やすさと安全性を重要視して筐体設計を行いました。安全のた

め本体ケースは樹脂でできていて電気的に絶縁されています。

持ち運びに便利なようにケース一体型とし、子機やケーブル類

を収納できる斬新な筐体デザインとなっています。 PV プローブ

を太陽電池に接続し、“Measure”ボタンを押すだけで計測が

可能です。

(2)センサーユニットの分離

MP-170 は,ケーブルレスでセンサーユニットを分離可能で、

太陽電池パネルと同じ傾斜角にセンサーユニットを設置調整が

行えるように設計されています。有線通信とか電波による無線

通信ではありませんので、距離に関係なく、見通しの良くない場

所でも何メートルでも離せます。

図1 本体とセンサーユニットの分離

センサーユニットに内蔵の小型日射計にて日射強度の計測

が可能です。また裏面の端子台には外部日射計、基準セル、T型熱電対を2ch接続可能です。

ケーブルレスの場合は、計測終了後にモジュラーケーブルで本体と接続し、センサーユニットから本体側に計測時と同

時刻の日射と温度のデータをダウンロードすることができます。

モジュラーケーブルにてセンサーユニットと本体を接続すればリアルタイムでの計測も可能です。あらゆる計測条件に対

して柔軟に計測ができる設計となっています。

7

3-4.システム構成

入力電力 10W~10kW のワイドレンジかつ高性度を実現しました。最大 10kW の範囲で 1000V、20A まで計測可能です。

システム構成を以下に示します。

太陽電池モジュール

太陽電池アレイ

基準セル

外部日射計

外気温度

太陽電池裏面温度

センサーユニット

RS-485

本体

接続箱、インバータ

警告

計測する前に、パワーコン

ディショナーやインバータ

との接続を太陽電池から切

り離してください。

USB

PC

電池ボックス

図2 システム構成

8

3-5.計測可能範囲

MP-170 の電圧と電流の計測範囲は 10V~1000V、1A~20A ですが、その範囲内であっても、計測に不向きな領

域があります。下のグラフの「計測可能領域」での電圧と電流の組み合わせを計測の目安にしてください。

25

Isc 計測不能

領域

許容電力オー

バー領域

20

15

10

5

0

1 10

計測可能領域

100

電圧[V]

1000

Voc 計測

不能領域

10000

※ 計測条件や太陽電池の違いにより、この範囲を超えることもあるかもしれません。ある程度の目安

と考えてください。

Isc 計測不能領域: 直列抵抗の影響で電流が大きくなると電圧降下が大きくなり Isc までの計測がで

きなくなります。Isc の計算は Pm から Isc にかけての I-V カーブの直線部分を利

用して外挿で計算していますので、I-V カーブに直線部分がない場合は誤差が大

きくなります。

Voc 計測不能領域: 電流が小さすぎて計測時間内に内部コンデンサを充電しきれないため、Voc 側ま

で I-V カーブを描けなくなります。

許容電力オーバー領域:10kW を越える電力になりますので、1000V、20A 以内であっても、この範囲は

発熱し機器が故障する恐れがありますので、この領域では絶対に計測はしないで

ください。

9

4.各部の名称とはたらき

4-1.装置全体

図3 各部の名称

4-2.本体

図4 装置上面

10

① 本体上蓋 (空けた状態で右にスラ

イドさせるとはずせます。)

② 操作パネル

③ LCD ディスプレイ

④ 赤 PV プローブ +(プラス)

⑤ 黒 PV プローブ -(マイナス)

⑥ リアパネル

⑦ キーボード

⑧ 子機ドーム用クッションパッド

⑨ センサーユニット(子機)

⑩ ショルダーストラップ

⑪ AC アダプタ

⑫ USB ケーブル(本体、PC 通信用)

⑬ 熱電対 3m 2 本

⑭ モジュラーケーブル(本体と子機通

信用)

⑮ アース線

⑯ 電池ボックス

⑰ 電池収納ポシェット

① ストラップフック (左右に 1 個あ

り、ショルダーストラップを繋ぐた

めのものです。)

② スナップインラッチ ( 本体の蓋

は、スナップインラッチのボタンを

押しながら上に引き上げてくださ

い。)

③ ケースハンドル (持ち運びの時

には、ここに手をかけて持ち上げ

られます。)

④ DC ジャック (AC アダプタのプラ

グを挿入してください。)

⑤ USB ポート (パソコンへデータを

ダウンロードまたはアップロード

する場合に使用します。)

① モジュラージャック (センサ

ーユニットとの通信用)

② 電池ボックス用 DC ジャック

③ PV ジャック(+)

④ PV ジャック(-)

⑤ 収納スペース (センサーユ

ニットとケーブル類を収納

可能です。)

⑥ アース端子

4-3.電池ボックス

図5 装置背面パネル

裏面

表面

中身

電池ボックスは、裏面に 4 本のローレットネジをはず

して蓋を開けると、電池交換ができるようになっていま

す。

電池交換時には、単1アルカリ電池、または単1充

電式 Ni-H 電池 4 本を使用してください。

マンガン電池は使用できません。

Ni-H 電池の充電は本装置ではできません。市販の

充電器をご使用ください。

※ 電池ボックスを使用する場合、電池ボックス用 DC

ジャックにプラグを差込み、すぐに POWER キーを押し

ても電源が入らない場合があります。その場合、数秒

間待ってから POWER キーを押してください。

図6 電池ボックス

11

4-4.センサーユニット

図7-a センサーユニット前面

図7-b センサーユニット背面

① アングルキャプチャー

② ドームとスクリーン

③ 水準器

④ 内蔵小型日射計

⑤ Power スイッチ

⑥ LED (電源 ON 時、約 1 秒間隔で点滅します。

点滅が早くなった場合は電池が消耗している証

拠です。電池を交換して下さい。)

⑦ 角度調整ローレットネジ

⑧ モジュラージャック (本体との通信用)

⑨ 電池ボックス(006P 用)

マンガン電池は使用できません。

⑩ 日射計切替えスイッチ (内蔵日射計の時は、

INT 側へ倒し、外部日射計を使用する時は EXT

へ倒します。)

⑪ センサー端子台

センサー端子台は下表のように配置されていま

す。

使用するセンサーをそれぞれの端子に接続してく

ださい。

Ref Pyrano Temp1 Temp2

- + - + - + - +

Ref :基準セル (基準セル接続用端子)

Pyrano :日射計 (外部接続日射計用端子)

Temp1 :熱電対1 (太陽電池裏面温度計測用

端子)

Temp2 :熱電対2 (外気温計測用端子)

⑫ ベースプレート

12

5.設置のしかた

5-1.本体(親機)

(1)本体の設置方法

図8-a 背面パネルの接続

● 電池ボックスを使用する場合は、電池

ボックスの DC プラグを本体背面の DC ジ

ャックに差し込んでください。

● 本体背面のプラス端子に赤 PV プロー

ブ(+) を、マイナス端子には黒 PV プロ

ーブ(-)を差し込みます。

● PV プローブ先端のワニグチクリップを

太陽電池の端子台に、プラスとマイナスを

間違えないように接続してください。

● センサーユニットと本体をモジュラーケ

ーブルで接続します。

● AC アダプターを使用する場合は、AC

アダプターの DC プラグを本体上面の DC

ジャックに差し込んでください。

● PC との接続には、本体上面の USB 端

子に USB ケーブルを差し込みます。

図8-b 上面パネルの接続

※ 本装置を使用する際には、損傷の危険を回避するために、本装置の電源を ON にしてから計測する太陽電池を接

続し、電源を OFF にする前に太陽電池の接続を切り離してください。

※ 感電事故防止のため、絶縁用防護具(電気用ゴム手袋、ゴム長靴)を着用して作業してください。

※ 安全のためアース端子は必ずアースに接続してください。但し、片側を必要に応じて加工して御使い下さい。

※ 計測する太陽電池は、パワーコンディショナーからは完全に切り離して接続してください。

※ 定格電流 20A、定格電圧 1000V、定格電力10kW以上の太陽電池アレイは接続できません。

※ 直射日光が当たるところに長時間本体を置いて使用しないでください。内部温度が 65℃以上になると計測不可状

態となります。また、温度が 60℃以下になると電源ボタンを押下して起動可能になります。

13

(2)ショルダーストラップの付け方

図9-a ショルダーストラップの取り付け

(3)ショルダーストラップに電池収納ポシェットの付け方

ショルダーストラップのベルトは、右図の

ように本体のストラップフックの穴にベル

トを通して外れないようにしっかり取り付

けてください。

電池収納ポシェットの背面にあるベルト通し穴

へショルダーストラップを通します。

図9-b 電池収納ポシェットの取り付け

14

5-2.センサーユニット(子機)

(1)センサーユニットの構成

センサーユニット本体とアングルキャプチャー、ベースプレートから構成されています。本体には内蔵小型日

射計と角度調整用ローレットネジが付いています。アングルキャプチャーにはスクリーンとドーム、水準器が付い

ていて本体から簡単に取り外せます。

水準器

アングルキャプチャー

ドーム

内蔵小型日射計

スクリーン

ベースプレート

電源スイッチ

図10 子機のアングルキャプチャーの取り外し

角度調整用

ローレットネジ

15

(2)センサーユニットの設置方法

1. センサーユニットと本体の時刻を合わせておきます。 a.本体側の時計を合わせます。

b.モジュラーケーブルでセンサーユニットと本体を接続します。

c.センサーユニットの電源を先に ON にします。

電源スイッチの脇の LED が約 1 秒間隔で点滅します。電池が消耗してくると点滅が早くなります。

d.本体側の電源ユニットを ON にします。

e.本体側 LCD 画面が起動画面からメニュー画面に変われば時刻合わせ完了です。

※ 一度時刻合わせを行ったら計測終了まで子機の電源は切らないでください。電源を OFF にするとセンサーユニ

ットの内部の時刻設定はクリアされてしまいます。

もしも、エラーメッセージが表示される場合にはモジュラーケーブルか、センサーユニットの電源スイッチが OFF に

なっていないか確認してください。そして、もう一度最初からやり直してください。

2. ここで、モジュラーケーブルを外して計測するか、外さないで計測するか判断してください。 a.モジュラーケーブルを外して計測する場合、計測終了後、本体側から子機データのダウンロードの操作が必要に

なります。 b.モジュラーケーブルを外さないで計測する場合、リアルタイムに子機側の計測データを本体側でモニターもできま

す。

3. アングルキャプチャーを子機から取り外します。

4. 計測対象の太陽電池パネル面にアングルキャプチャーを置き、内蔵の水準器の気泡が真ん中に来るように位置を合

わせます。

5. アングルキャプチャーのドームに 3 箇所あるマーカーのどれかが、ドーム下のスクリーン上の放射状の目盛りのどの

位置に影を落しているかを目で見て記憶し、必要であればメモしておくようにします。

6. 子機を太陽電池パネル付近の影にならない適当な場所に設置し、アングルキャプチャーを取り付けます。

7. 先ほど記憶したスクリーン上の目盛りの影の位置と同じ位置に来るように、センサーユニットの方向と傾斜角度を調

整し、固定します。

8. 計測時は、ドームの反射光や影が日射量計測に影響するのを防ぐためにアングルキャプチャーを取り外して計測しま

す。

9. 計測前には、本体側のパラメータ設定で、必ず日射計または基準セルの検定値を入力してから計測を開始してくださ

い。

10.高温の輻射熱があるところには置かないでください。内部温度が上昇し過ぎると電池の電圧降下のため動作

を停止する場合があります。

マーカーの影の位置を記

憶しておくこと。

マーカーの影が同じ位置

になるように調整する。

図11 センサーユニット設置手順

16

6.MP-170 の使い方

I-V チェッカー MP-170 の単体での使用方法を説明します。

6-1.MP-170 のキー操作方法

(1)キーボード

DATA キー

CONFIG キー

POWER キー

MEASURE キー

左右キー

上下キー

テンキー

エスケープキー

(Esc)

エンターキー

(Enter)

図12 操作パネル

・ POWER キー :電源を ON します。OFF する時は押したまま 5 秒間待ちます。

・ DATA キー :計測データの表示に関するファンクションキー

・ CONFIG キー

:計測設定に関するファンクションキー

・ MEASURE キー :計測スタートのファンクションキー(押すと即、計測が開始されます。)

・ 上下キー :メニューの選択時に使用します。

メインメニュー画面で押すと、モニター機能となります。

・ 左右キー :パラメータの入力時、I-V カーブの拡大表示時に押すと画面が移動します。

・ エンター(Enter)キー :処理を先に進める時、または入力を確定させる時に押します。

・ エスケープ(Esc)キー :前の画面に戻す時、または処理を中断する時に押します。

・ テンキー :テンキーは数字の他に画面の入力状態により下表の意味を持ちます。

機能 キー 機能

1、A、B、C

2、D、E、F

3、G、H、I、

4、J、K、L

5、M、N、O

6、P、Q、R

+/-

7、S、T、U

8、V、W、X

9、Y、Z、@

0、/、*、#

.、[SPACE]

+/-、&

I-V カーブの表示時に押します。2

倍、4 倍、8 倍と変化します。

17

6-2.MP-170 の起動

MP-170 を起動するには、操作パネル上の POWER キー を押してください。また、電源を切るには、もう一度 POWER

キー を押してください。POWER キーの位置は図 12 を参照してください。

を押してください。

※ 必ず太陽電池に接続する前に、MP-170 の電源を ON して下さい。

※ 必ず太陽電池との接続を切り離した後に、MP-170 の電源を OFF して下さい。

(1)起動画面

本体の電源投入後にセンサーユニットとの通信を試み、センサーユニットと本体がモジュラーケーブルで接

続されているかどうかを確認します。接続されていない場合、または接続されていてもセンサーユニットの電

源が ON になっていない場合は“Powering on Sensor unit.” の警告メッセージが表示されます。

PORTABLE I-V CHECKER

MP-170

Ver.02.020A

EKO INSTRUMENTS

起動画面

PORTABLE I-V CHECKER

MP-170

Powering on

Ver.1.0.0

Sensor unit.

EKO INSTRUMENTS

センサーユニット電源 OFF メッセージ

ファームウェアバージョン

電池残量表示

電池駆動で使用するときは、電池残量をチェック

して使用してください。

※ 電池残量表示はあくまで目安としてください。

実際の電池残量とは若干差が出る場合がありま

す。

警告表示“Powering on Sensor unit.”

本体装置は、電源を ON した時に、センサーユニッ

トの時計を合わせる機能を持っています。

その時にセンサーユニットが接続されていないか、

またはセンサーユニットの電源が OFF 状態の場合は、

上記のような警告表示をします。

センサーユニットを使わない場合は、どれかキーを

押すと警告表示は消えます。

この警告表示中のままの状態で電源を OFF できま

せん。どれかキーを押して警告表示をけしてから電源

を OFF してください。

(2)起動時のセンサーユニットの電源投入を促すメッセージ画面

センサーユニットを使用しない場合は、メインメニューの画面右上に“NOT SU”と表示されます。このまま

どれかキーを押すとメインメニュー画面が表示され操作を続行できます。もしも、センサーユニットを使用す

る場合は、メインメニューの画面右上に“SU”と表示されます。本体とセンサーユニットをモジュラーケーブ

ルで接続し、センサーユニットの電源を ON にしてから本体側の電源を ON にしてください。警告メッセージ等

18

も表示されず、センサーユニットと本体の時計も自動的に合わせます。

センサーユニットを使用する場合、必ずこの手順で行なってください。

※ センサーユニットの時刻同期をしなかった場合は、センサーユニットのデータを読込めなくなるか、本体側のデー

タと日付が合致しないデータを読込んでしまう可能性が出てきます。

6-3.メインメニュー

(1)メインメニュー画面

起動画面の後、メインメニュー画面に移行します。

MP-170

DATA CONFIG MEASURE

DATA、CONFIG、MEASURE の表示それぞれに対

応するキーを押すことにより機能を選択で

きます。

メインメニュー画面 b.CONFIG キーを押すと、各種設定メニューに移行します。 c.DATA キーを押すと、計測データの表示メニューも移行します。

(2)モニター画面

メインメニュー画面で△、▽キーを押すとモニター画面が表示され、日付、時刻、日射強度、モジュール

温度、temp2、PV 端子電圧が表示されます。センサーユニットが接続されていない場合は、日射強度と温度は

それぞれ、0.00 W/㎡、0.0 ℃、0.0 ℃が表示されます。

MONITOR

DATE: 2007/01/10

TIME: 12:10:00

Irradiance: 0.00 W/㎡

Module temp.: 0.0 ℃ temp2: 0.0 ℃

Voc : 0.00 V

モニター画面

① 年月日

② 現在時刻

Ref 端子入力)設定による。

④ Module temp 端子入力温度

⑤ temp2 端子入力温度

⑥ 開放電圧 Voc:(PV 端子電圧)

19

6-4.計測

(1)計測中画面

本体の PV 端子にプローブを接続し、被計測太陽電池アレイ・モジュールのプラス(+)にプローブの赤を

接続し、マイナス(-)端子にはプローブの黒を接続します。計測する場合、太陽電池アレイ・モジュールは

パワーコンディショナー(インバータ)または系統から完全に切り離されている必要があります。

メインメニュー画面、またはモニター画面の状態で MEASURE キーを押すだけで即、計測を実行します。

この場合、測定レンジは電圧、電流共に最大レンジの 1000V、20A で計測されます。精度を要求する場合、ま

たは測定レンジがあらかじめ既知の場合は、レンジ設定を行ってから計測することを推奨いたします。

MEASUREMENT

Measuring

計測中の表示

計測終了まで約 10 秒間程度かかり

ます。

計測中画面

REVERSE

CONNECTION !

警告画面

Not ready for

! next measure!

Wait 1 minute.

警告画面

Internal

Failure

Occurred!

故障表示画面

逆接注意の警告表示

もしも、PV プローブがプラス、マイナ

ス逆に接続されていた場合、この警告表示

をして計測を中断します。

計測インターバルの警告表示

1 分以上の間隔を置かないと次の計測

はできません。

内部故障発生の表示

内部で故障が発生した事を示します。

計測は出来ません。 修理の依頼をして下

さい。

20

001

計測結果表示

計測結果の表示

←┘キーを押すと以下の順で画面が

切り替わります。

① I-V カーブ

② P-V カーブ

③ dI/dV-V カーブ(微分カーブ)

④ 計測情報

⑤ 特性値1

⑥ 特性値2

計測開始から、約 10 秒程度で I-V カーブが画面に表示されます。←┘キーを押すと以下の順で画面が切り

・I-V カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が電流(A))

・P-V カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が電力(W))

・(dI/dV)-V カーブ(横軸が電圧(V)、縦軸が微分値)

・計測情報

・特性値 1/2

・特性値 2/2

: (以降繰り返し)

※ 計測の間隔は最低 1 分以上の間隔を空ける必要があります。もしも 1 分間隔以内に計測し

ようとして MEASURE キーを押しても、警告メッセージが表示され計測できません。これは、

装置内部の発熱により装置の寿命を早めてしまうこと避けるためです。

※ 電池ボックスを使用してお使いの場合は、電源のオートオフ機能が働き、何もキー操作を

しないと、電池消耗を抑えるために 10 分で電源が自動的に OFF します。

6-5.設定メニュー

メインメニュー画面から、 “CONFIG”を選択すると“設定メニュー”画面に移行します。

設定メニュー画面には以下の選択項目があります。

CONFIGURE

RANGE

MEAS PAR

AUTO MEASUREMENT

SYSTEM a.

RANGE

――> レンジ設定 b.

MEAS PAR

――> 計測パラメータ設定 c.

AUTO MEASUREMENT

――> 自動計測設定 d.

SYSTEM

――> 環境設定

設定メニュー

(1)レンジ設定

センサーユニットを使用しないで I-V カーブのみを計測する場合、測定レンジのみをマニュアルで設定した

い時合に設定します。

21

計測する太陽電池モジュール・アレイの測定レンジを入力します。以下の内容から、<、>キーを押すこ

とにより、レンジを選択できます。

RANGE

電圧レンジの設定

Voltage Range: 10V、100V、1000V、AUTO

Voltage Range AUTO

Current Range AUTO

電流レンジの設定

Current Range: 2A、10A、20A、AUTO

レンジ設定

※AUTO レンジは予備計測を行い、適正レンジを決めて

から本計測を行うためマニュアル計測時よりも測定

に多少時間がかかります。

(2)計測パラメータ設定

パラメータメニュー画面には以下の選択項目があります。

MEAS PAR

EDIT

SELECT

ERASE a.EDIT ―> パラメータ編集 b.SELECT ―> 登録パラメータの設定 c.ERASE ―> パラメータの削除

パラメータメニュー

PARAMETER EDIT

01: EKOTEST1

02: EKOTEST2

03: AAA

04: BBB

05: no name

06: no name

登録パラメータリスト

PARAMETER LIST

Si a-Si

CIS

CUSTOM

登録パラメータリスト

登録済みのパラメータリスト

登録なし

22

3 種類のモジュールの“

α、

β、Rs、κ

”参考値が入力

されている。

画面上 での編集も可 能であ

る。

編集したいパラメータ名にカーソルを △ 、 ▽ キーを使って合わせ ←┘キーを押します。最初に

“PARAMETER LIST”が表示されます。ここでは、Si(単結晶・多結晶シリコン型)、a-Si(非結晶アモ

ルファス型)、CIS(CIS 系薄膜型)と新たに参考値を選択できます。CUSTOM は従来通り入力値はデフォ

ルトになっています。下記に示す。

※ 注意:設定されている Si, a-Si, CIS のパラメータ数値は、参考値です。実際に精度良く計測に使

用する場合は、計測するモジュールのカタログ等に記載されている数値を設定してご使用下さい。

01 PARAMETER 2/2

Area 1.3230 ㎡

Alpha 0.0026 A/deg

Beta -0.0900 V/deg

Rs 0.6000 ohm

K 0.0020 ohm/deg

Connection S:01 P:01

Si 太陽電池パラメータ設定

01 PARAMETER 2/2

Area 1.0000 ㎡

Alpha 0.0009 A/deg

Beta -0.0033 V/deg

Rs 7.1200 ohm

K -0.1520 ohm/deg

Connection S:01 P:01 a-Si 太陽電池パラメータ設定

01 PARAMETER 2/2

Area 1.0000 ㎡

Alpha 0.0001 A/deg

Beta -0.0027 V/deg

Rs 1.7300 ohm

K -0.0090 ohm/deg

Connection S:01 P:01

CIS 太陽電池パラメータ設定

各種太陽電池モジュールのパラメータ設定参考画面

次に“センサーユニット選択画面”が表示され、以下のどちらかを選択します。 a.USE SENSOR UNIT ―> センサーユニット使用 b.MAIN UNIT ONLY ―> 本体のみの使用

し、←┘キーを押すと、次に“太陽電池パラメータ設定画面”が表示され、太陽電池モジュールの各パ

ラメータを設定し、←┘キーを押します。すると設定したパラメータ名でパラメータが保存されます。

すると“日射強度・温度固定値入力画面”が表示され、キー入力により日射強度と太陽電池裏面温度が

入力可能となります。入力後←┘キーを押すと“レンジ、日射計検定値設定画面”に移行します。

23

るとメインメニューの画面右上に“SU”と表示されます。

MP-170

DATA CONFIG MEASURE

センサーユニットが選択されています。

メインメニュー画面

センサーユニットを使用しない場合は、メインメニューの画面右上に“NOT SU”と表示されます。

MP-170

DATA CONFIG MEASURE

メインメニュー画面

センサーユニットが選択されていません。

24

パラメータ編集の流れ

パラメータリストを選択

01 PARAMETER EDIT

本体のみ使用時

←┘ キー

USE SENSOR UNIT

MAIN UNIT ONLY

の選択

押下

←┘ キー押下

01 PARAMETER 1/2

Name EKOTEST1

Voltage Range AUTO

Current Range AUTO

Sensor PYR

Cal 7.00 mV/kW・㎡

センサーユニット選択画面

01 PARAMETER EDIT

Set Irr & Temp ?

YES

NO

日射強度・温度入力選択画面

レンジ、日射計検定値設定画面

←┘ キー押下

01 PARAMETER 2/2

Area 1.00 ㎡

Alpha 0.001 A/deg

Beta -0.003 V/deg

Rs 0.40 ohm

K 0.00 ohm/deg

Connection S:01 P:01

太陽電池パラメータ設定画面

←┘ キー押下

01 PARAMETER EDIT

Irradiance:1000.00 W/㎡

Parameter Saving

Wait for a moment.

パラメータ保存メッセージ画面

Module temp.: 25.0 ℃

日射強度・温度固定値入力画面

←┘ キー押下

01 PARAMETER EDIT

Name EKOTEST1

Voltage Range AUTO

Current Range AUTO

Sensor PYR

Cal 7.000 mV/kW・㎡

←┘

キー

レンジ選択画面

押下

←┘ キー

押下

25

01 PARAMETER EDIT

USE SENSOR UNIT

MAIN UNIT ONLY

センサーユニット選択画面

各画面の設定内容 a.USE SENSOR UNIT ―> センサーユニット使用 b.MAIN UNIT ONLY ―> 本体のみ使用

のいずれかを選択してください。

01 PARAMETER EDIT

Set Irr & Temp ?

YES

NO

日射強度・温度入力選択画面 a.YES ―> 日射強度と温度を固定値キー入力としま

す。 b.NO ―>

01 PARAMETER EDIT

Irradiance:1000.00 W/㎡

Module temp.: 25.0 ℃

日射強度・温度固定値入力画面

01 PARAMETER EDIT

Name EKOTEST1

Voltage Range AUTO

Current Range AUTO

レンジ選択画面

01 PARAMETER 1/2

Name EKOTEST1

Voltage Range AUTO

Current Range AUTO

Sensor PYR

Cal 7.00 mV/kW・㎡

レンジ、日射計検定値設定画面 a.

Irradiance

―> 日射強度をキー入力します。 b.

Module temp.

―> 温度をキー入力します。 a.

Voltage Range

―> 電圧レンジ設定

(10V、100V、1000V、AUTO) b.

Current Range

―> 電流レンジ設定

(2A、10A、20A、AUTO) a.

Voltage Range

―> 電圧レンジ設定 b.

Current Range

―> 電流レンジ設定 c.

Sensor

―> 日射計センサの設定

(PYR:日射計、REF:基準セル) d.Cal ―> 日射計/基準セル 検定値入力

※ 内蔵小型日射計の検定値は、センサーユニット裏面の

メイバンに記載されている値を入力してください。外部日射

計を使用する場合はその日射計の検定値を入力してくださ

い。

26

01 PARAMETER 2/2

Area 1.00 ㎡

Alpha 0.001 A/deg

Beta -0.003 V/deg

Rs 0.40 ohm

K 0.00 ohm/deg

Connection S:01 P:01

太陽電池パラメータ設定画面 a.

Area

―> 太陽電池面積 b.

Alpha

―> 短絡電流温度係数 c.

Beta

―> 開放電圧温度係数

( モ ジ ュ ー ル d. Rs ―> 直列抵抗

1 枚の値を入力) e. K ―> 曲線補正因子 f.Connection ―> S:モジュール直列数 P:並列数

が表示されます。設定したいパラメータ名にカーソルを移動して←┘キーを押すとそのパラメータにて

計測設定がなされます。

が表示されます。消去したいパラメータ名にカーソルを移動して←┘キーを押すとそのパラメータが消

去されます。

注意:ファームウェア Ver.02.016 までは上記のパラメータ設定をした後、電源を切るとデフォルト値に戻ってい

ました。Ver.02.020 からは最終設定されたパラメータをメモリして置くようになりました。

(3)自動計測設定

プローブの接続とセンサーユニットの設置をした後、下記の手順にて自動計測を行うことができます。

AUTO MEASUREMENT の

Start time 09:00:00

End time 16:00:00

Interval 00 minutes

Meas Par 03:EKO 003

自動計測設定

03 AUTO MEASUREMENT

Start auto measurement ?

YES

NO

自動計測の開始/中止

開始時刻、終了時刻、計測間隔、

を入力します。

現在選択されているパラメータ

番号とファイル名を表示します。

自 動 計 測 を 開 始 す る 場 合 は

“YES”、中止する場合は“NO”

を選択します。

すると、初回の計測は MAX レンジで計測し、その後 2 回目以降の計測は一回前の計測値

からレンジを自動判別して計測します。よって、天候が急激に変動するような場合はレ

27

ンジの追従が適正でなくなる可能性が出てきます。太陽電池の最大定格が既知の場合は

なるべく固定レンジに設定して計測することをお勧めいたします。

※ 自動計測中は、電池ボックスを使用中であっても電源のオートオフ機能は働くことはあ

りません。

※ 計測データは本体メモリの 0~300 番に計測順に記憶されます。300 件を超えた場合は 0

番から上書きされてしまうので、使用後はなるべく PC にデータをダウンロードして保

存し、本体メモリはクリアして、データの管理は PC 側で行うようにお勧めいたします。

AUTO MEASUREMENT

自動計測中画面

自動計測が開始されると、計測の

度毎に I-V カーブが表示されま

す。

自動計測を中断したい場合は、エ

スケープ( ┌→ )キーを押すと、

“自動計測の開始/中止”の画面

に戻り自動計測を中断できます。

(4)システムメニュー

システムメニュー画面には以下の選択項目があります。

SYSTEM a.DATE & TIME SET ―> 日付、時刻設定 b.

LCD CONTRAST

―> LCD コントラスト調整 c.

LOADING SENSOR DATA

―> センサーユニットのデータ取り込み

DATE & TIME SET

LCD CONTRAST

LOADING SENSOR DATA

パラメータメニュー

A)日付、時刻の設定

本体の日付と時刻を設定できます。 <、>キーと数字キーを使用して現在の日時に設定してください。

DATE & TIME SET

DATE 2007/02/11

TIME 15:10:30

日付の年は西暦年 4 桁で、月、日、時、分、

秒はそれぞれ 2 桁で入力してください。

※注意 本装置は、リチウム電池のようなバックアップ電池を搭

載せず、代わりにスーパーキャパシタを使用しております。その

ため、電池が切れた場合は、3 日程度で設定した日時がクリアされ

日時設定画面

てしまいます。使用の際には必ず日時を確認し設定してください。

B)LCD コントラスト調整

す。

28

LCD CONTRAST

LOW HIGH

<、>キーを使用して、インジケーターを調整

して、見やすい位置に設定してください。

LCD コントラスト調整画面

C)センサーユニットのデータ取り込み

本体とセンサーユニットをモジュラーケーブルで接続して、センサーユニットの電源を ON にしてくだ

取り込み画面が現れます。

LOADING SENSOR DATA

150/300

データの取り込み状況がインジケーターとカウ

ンタでモニターできます。

センサーユニットデータ取り込み

※ センサーユニットの計測データは、原則として計測したその日のうちに本体側に取り込むようにしてくださ

い。センサーユニットが記録したデータには時刻情報は付いていますが、年月日の情報はありません。も

しも日付が変わってこの操作をした場合は、読込めなくなるか、本体側のデータと日付が合致しないデー

タを読込んでしまう可能性が出てきます。

※ センサーユニットの時刻同期の操作をしなかった場合も上記と同様のことが発生します。

6-6.データ表示メニュー

a.“SEARCH”は計測したデータの検索と表示です。 b.“Irr vs Parm Gaph”は日射強度と各種太陽電池パラメータのグラフ表示です。 c.“ERASE”は保存されてあるデータの削除機能です。

DATA

SEARCH

Irr vs Parm Graph

ERASE a.SEARCH -> 保存データの検索 b.Irr vs Parm Graph

-> 日射強度 vs 各太陽電池特性値のグラフ表示 c.ERASE -> 保存データの削除

データメニュー

29

(1)保存データの検索

“SEARCH”を選択すると“DATA LIST”画面が表示され、本体メモリに保存されてあるデータリストを表示し

ます。

※ PC 上のソフトウェア側からアップロードされたデータは、保存番号“301”番から登録されます。

DATA LIST

001: 07/01/10 12:10:00

002: 07/01/10 12:11:00

003: 07/01/10 12:12:00

004: 07/01/10 12:13:00

005: 07/01/10 12:14:00

006: 07/01/10 12:15:00

データリスト

保存番号 年/月/日 時:分:秒

↓ ↓ ↓

001: 07/01/10 12:10:00

002: 07/01/10 12:11:00

(300 件まで保存可能)

(2)データ表示

“DATA LIST”画面でデータリストから表示したいデータの日時を▽、△キーで選択し、←┘キーを押すと表

示します。さらに←┘キーを押して行くと、以下の順に表示されます。

・I-V カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が電流(A))

・P-V カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が電力(W))

・(dI/dV)-V カーブ(横軸が電圧(V)、縦軸が微分値)

・計測情報

・特性値 1/2

・特性値 2/2

: (以降繰り返し)

001 EKO ROOF

I-V カーブグラフ

I-V カーブ(横軸が電圧(V)、縦軸が電流(A))

I-V カーブグラフは、計測時の日射量、気温、太

陽電池温度での太陽電池の電圧電流特性を表していま

す。横軸(電圧軸)とカーブの交点を開放電圧 Voc と

呼び、縦軸(電流軸)とカーブの交点を短絡電流 Isc

と呼びます。

001 I:2.3 V:5.5

2

I-V 拡大表示

I-V カーブ拡大表示

I-V カーブを表示中に+/-キーを押す毎に、I-V カ

ーブが 2 倍、4 倍、8 倍の順に拡大表示されます。そし

て、<、>キーを押すことにより、表示位置を移動で

きます。グラフ上段には中心位置の電流値(A)と電圧値

(V)を数値表示します。 微妙な I-V カーブの変極点を

探す場合に使用してください。

30

001 EKO ROOF

P-V カーブグラフ

P-V カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が電力(W))

P-V カーブグラフは、I-V カーブから電圧と電力の

関係に直したグラフです。横軸に電圧、縦軸に電力を

とった場合に電力のピークの点を最大出力電力 Pm と

呼びます。

001 EKO ROOF dI/dV

微分グラフ

微分カーブ (横軸が電圧(V)、縦軸が微分値)

微分カーブは、横軸が電圧(V)、縦軸が電圧に対す

る電流の微分値(dI/dV)を取り、I-V カーブに変極点

があるかどうかを判断するためのグラフです。

ホットスポットや太陽電池の一部分に影がある場

合、または太陽電池モジュール内の一部のセルの不良

や劣化があると I-V カーブは乱れます。I-V カーブか

らは読み取りにくい微妙な乱れを強調し分かりやす

く表示します。

001 EKO ROOF

DATE: 2007/01/10

TIME: 12:10:00

Irradiance:1000.00 W/㎡

Module temp.: 25.0 ℃ temp2 :25.0 ℃

計測情報

DATE:

西暦年/月/日

TIME:

時:分:秒

Irradiance:

日射強度 (W/㎡)

Module temp.:

太陽電池裏面温度 (℃) temp2

:気温 (℃)

計測情報

001 EKO ROOF

Voc: 11.12 V

Isc: 4.84 A

Pm : 12.88 W

Vpm :

5.52 V

Ipm

: 2.33 A

特性値 1/2

特性値 1/2

Voc: 開放電圧 (V)

Isc: 短絡電流 (A)

Pm : 最大出力電力 (W)

Vpm: 最大出力電圧 (V)

Ipm: 最大出力電流 (A)

31

001 EKO ROOF

Pm(STC): 12.88 W

Voc(STC): 4.84 V

Isc(STC): 4.84 W

η :

0.01

FF

: 0.24

特性値 2/2

特性値 2/2

Pm(STC) : 基準状態最大出力電力 (W)

Voc(STC): 基準状態開放電圧 (V)

Isc(STC): 基準状態短絡電流 (A)

η : 発電効率 (%)

F.F. : 曲線補正因子

※ JIS C8914 の基準状態への換算値 Pm(STC)、Voc(STC)、Isc(STC)の値は、日射強度が 700(W/㎡)

以上の場合に有効です。また、パラメータ設定にて、太陽電池パラメータ:α、β、K、Rs、モジュ

ール面積等が、全て入力することが必要です。

(3)日射 VS パラメータ(Pm、Voc、Isc、FF)グラフ表示

“Irr vs Parm Gaph”を選択することにより、選択した日の日射強度に対する Pm、Voc、Isc、FF の変化のグラ

フを表示させることができます。

Voc

Irr

Irr vs Voc

Irr vs Voc グラフ表示

Irr vs Pm

Pm

Irr

Irr vs Pm グラフ表示

Irr vs Isc

Isc

Irr

Irr vs Isc グラフ表示

Irr vs FF

FF

Irr

Irr vs FF グラフ表示

(4)データ消去

データメニュー画面で△、▽キーにて“ERASE”を選択すると、“データ消去メニュー”が表示されます。

“SELECT”を選択すると、“保存データリスト”が表示され、消去したいデータ番号にカーソルを移動して

←┘キーを押すと選択されたデータ番号のデータが消去されます。

データを全て消去したい場合は、“データ消去メニュー”にて“ALL”を選択し←┘キーを押してください。

“全消去確認画面”が表示され“YES”を選択して←┘キーを押すと、全データが完全に消去されます。

32

ERASE

SELECT

ALL

データ消去メニュー

ERASE

ERASE ALL?

YES

NO

DATA LIST

001: 07/01/10 12:10:00

002: 07/01/10 12:11:00

003: 07/01/10 12:12:00

004 : 07/01/10 12:13:00

005: 07/01/10 12:14:00

006: 07/01/10 12:15:00

保存データリスト

この状態で←┘キーを押すとデータは全

て消去されます。取り消したい場合は、

“NO”を選択してください。

△、▽キーにて

選択し、←┘キ

ー を 押 し て く

ださい。

全消去確認画面

※ PC からアップロードされた 301 番以降に登録されたデータに関しては、ERASE SELECT や ERASE

ALL を実行しても削除されません。PC を接続して、PC ソフトウェア側から削除してください。

6-7.警告表示

本体の操作中に以下の警告メッセージが表示される場合があります。各表示の説明に従って適切な処置を行

ってください。

1) 子機未接続メッセージ

電源 ON 時、子機と時刻の同期を取るために子機へ時刻を送

Powering on

Sensor unit.

ります。この時に、子機とモジュラーケーブルで接続されていないか、

又は子機の電源が OFF の時は、このメッセージが表示されます。子機を使用しない場合は、どれかキ

ーを押すとメッセージは消えます。又は、接続を確認し、子機の電源を ON し子機との時刻同期が終了

するとメッセージは消えます。

2) ケーブル逆挿しメッセージ

PV ケーブルを逆挿し又は、接続した太陽電池の極性が逆だった場

REVERSE

CONNECTION !

合に表示されます。PV ケーブルの極性を確認してください。

3) 計測禁止時間メッセージ

計測間隔が 60 秒以下の場合に表示します。しばらく時間を置いてか

ら再度計測を行ってください。(内部回路の発熱を抑え、機器の故障を

Not ready for next measure!

Wait 1 minute.

4) レンジオーバーメッセージ

計測する太陽電池の端子の開放電圧が 1100V 以上の場合、又は

短絡電流が 22A を超えた場合に表示します。計測範囲を超えていま

すので計測を中止してください。

33

Out of range !

5) 温度異常メッセージ

内部回路の温度が上昇し、65℃以上になった事を示します。

考えられる原因を以下に示します。 a) 装置に直射日光が当たる場所で長時間計測を行っている。

High internal temp. Do not start meas. b) 周囲温度が高すぎる場所で使用されている。 c) 本装置の最大定格付近、又は、超過している太陽電池を長時間計測している。

上記のどれかに当てはまる場合は、本体の電源を切り、日陰とかに置いて温度が下がるまでしばらく放

置してください。本体は日陰に置いて計測使用してください。最大定格を超えるような太陽電池への接

続はやめてください。接続する太陽電池が本装置の最大定格以内の場合は、計測インターバルをでき

るだけ長く取ってご使用ください。

34

7.ソフトウェア

本ソフトウェアは、I-V チェッカー MP-170 用 ソフトウェアです。MP-170 本体で計測したデータを PC 上にダウンロードし、

データ解析等を行うことができます。 また、本計測ソフトウェアからの計測制御も可能です。 計測したデータはCSV形式

のテキストデータに変換し、Excel等の表計算ソフトにて処理することが可能です。

7-1.ソフトウェア基本機能

本ソフトウェアの機能を以下に示します。

(1) MP-170 本体から計測データをパソコンにダウンロードできます。

(2) MP-170 本体とパソコンを接続して、パソコンから計測制御が可能です。

(3) 以下に挙げるグラフを表示する機能があります。

I-V カーブ、PV カーブ、dI/dV-V カーブ、I-Tカーブ、V-Tカーブ、

基準状態 I-V カーブ、基準状態 PV カーブ、

日射強度-Voc、日射強度-Isc、日射強度-Pm、日射強度-FF

(4) データをテキスト変換し保存することができます。

(5) パソコンから計測データを MP-170 にアップロードできます。

(6) 過去の計測データをカレンダー機能でデータベース化し管理できます。

7-2.ソフトウェアのインストール

本ソフトウェアは日本語と英語の両方の言語に対応しています。英語版パソコンと日本語版パソコンを自動

で認識し、英語版パソコンでは英語表示で、日本語パソコンでは日本語で表示されます。ただし、インストー

ラーは日本語版と英語版2通り用意しています。

※ インストールするパソコンがネットワークに接続されてある場合は、アドミニストレータ権限を持って

いないとインストールできません。ネットワーク管理者に相談してください。

※ Windows のコントロールパネルから「地域と言語オプション」の設定で「地域オプション」内の「カス

タマイズ」の「地域のオプションのカスタマイズ」で少数点の記号を「ピリオド」ではなく「カンマ」にする

とデータのテキスト変換とグラフ表示に不具合が発生しますので「カンマ」には設定しないでください。

※ 本ソフトウェアには日本語版と英語版がありますが、日本語以外の PC で英語版ソフトをインストール

してお使いいただく場合、ドイツ語などの OS では「地域と言語オプション」の「地域オプション」内の「カ

スタマイズ」の「地域のオプションのカスタマイズ」設定がデフォルトで少数点の記号を「カンマ」に設定さ

れている地域があります。このような場合、テキスト変換とグラフ表示に不具合が発生します。小数点の記号

を「カンマ」から「ピリオド」に設定し直してお使いください。

35

(1)ソフトウェアのインストール方法 a.ソフトウェアインストール方法

ソフトウェアインストール用CDをCDドライブに入れて

ください。 日本語版インストーラーは“Japanese”のフ

ォルダーの下に、英語版のインストーラーは“English”

のフォルダーの下に、どちらも、“MP170Setuo.msi”とい

うファイルが入っています。(右図参照。)

そのファイルをマウスでダブルクリックしてください。セッ

トアップウィザードが開始されます。

インストーラーMP170Setup.msi

インストールが開始されるとセットアップウィザードが

表示されます。次へ(N)>をクリックしてください。

セットアップウィザード b.インストールフォルダーの選択

ソフトウェアをインストールしたいフォルダーを設定して

く だ さ い 。 何 も 設 定 し な い 場 合 は 、 デ フ ォ ル ト

で”C:\Program Files\EKO\”が設定されます。

“すべてのユーザー/このユーザーのみ”の選択に

チェックを付けます。

ネットワークに接続されたパソコンで全てのユーザ

ーが使用する場合は、アドミニストレータ権限でパ

ソコンにログインし、すべてのユーザーにチェック

を付けてください。

次へ(N)>をクリックしてインストールを続行してくださ

い。

インストールフォルダーの選択画面

36

c.インストールの確認

これでインストールの準備ができました。

次へ(N)>をクリックするとインストールが開始されま

す。

設定を修正したい場合は、<戻る(B)をクリックしてく

ださい。

キャンセルしたい場合は、キャンセルをクリックしてく

ださい。

インストールの確認画面

インストールが開始されるとインストールの進行状況

をインジケーターで表示されます。

インストールの進行状況表示 d.インストールの終了

インストールが終了すると右図の画面になります。

閉じる(C)をクリックしてください。

これでソフトウェアのインストールは完了しましたが、

MP-170 本体とパソコンを接続するには USB ドライバを

インストールする必要があります。

次に USB ドライバのインストール方法を説明します。

インストール完了画面

37

(2)USB ドライバのインストール方法

本装置の USB は FTDI 社製のデバイスドライバソフトを使用します。

FTDI 社により 2 つのドライバーソフトが用意されています、一つは EXE 実行タイプで USB デバ

イスを PC へ接続する前にあらかじめ Windows にドライバーを組み入れるタイプです。 もう一

つは USB デバイスを PC へ接続したときに Windows が表示するウイザードに従ってインストール

するタイプです。両ドライバソフトは、添付 CD-ROM 内に収録されています。

EXE 実行タイプは、“CDM20600.exe”を起動すると下図の画面になり、

USB Serial

Converter ドライバと USB Serial Port ドライバ

がインストールされます。

( Windows 2000 / XP/ Vista /7 に対応しています。 )

もしも、旧バージョンのデバイスドライバーが既に PC にインストールされていたり、他の USB

関連機器用のドライバがインストールされていたりするとポート番号や割り込み番号が競合し

ていたりして、正常に通信できなかったり、あるいはインストール自体ができない場合があり

ますので、その場合は、ポート番号を変更し競合を避けるか、または、両ドライバをアンイン

ストールしてから再インストールしてください。

もう一つの方法は、USB コネクタを PC に差し込んだ時にウイザードが表示されるインストール

方法がありますが、PC の操作に詳しい方はこの方法でもインストール可能です。ウィザード形

式のインストール方法は、Windows 2000 / XP/ Vista に対応しています。

Windows 7 の場合はウイザードが表示されませんので手動でインストールする必要があります。

その場合はデバイスマネジャーから手動でデバイスドライバーの更新や再インストールを行う

必要があります。

詳しくは下記の FTDI 社の URL をご参照ください。

URL:

http://www.ftdichip.com/Documents/InstallGuides.htm

ウイザード形式でのインストールやドライバの更新時には、ドライバのインストール元のフォ

ルダは、添付 CD-ROM の以下のフォルダを指定してください。

\CDM 2.06.00 WHQL Certified

38

(3)インストール完了の確認

手順

1)PC の再起動が完了した後、PC と MP-170 を USB ケーブルで接続します。

2)Windows の「コントロールパネル」を起動します。

「ハードウェア」タグ内の「デバイスマネージャ」をクリックします。

4)ポート(COM と LPT)に USB Serial Port(COM*)が表示されていることを確認します。COM 番

号は PC 環境によって異なります。

表示されていることを確認します。

以上で USB Serial Converter ドライバ及び USB Serial Port ドライバのインストールは

完了です。

39

(4)USB ドライバに関するベンダー情報

1) PC の OS バージョンと USB ドライバのバージョンによりインストール方法は多少異なりま

す。

各 OS 毎の詳しいインストレーションガイドが必要な場合は、FTDI 社の下記 URL をご参照く

ださい。

URL:

http://www.ftdichip.com/Documents/InstallGuides.htm

2)最新のドライバソフトは、FTDI 社(Future Technology Devices International Ltd.)のウ

ェブサイトからダウンロードしてください。

URL:

http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm

7-3.ソフトウェアのアンインストール

(1)ソフトウェアのアンインストール方法

本ソフトウェアは将来的にバージョンアップ等で新ソフトを配布されたような場合、バージ

ョンアップする前に、旧ソフトウェアのアンインストールが必要になります。

ボタンを押すとアンインストール処理が開始されます。

始されます。

40

(2)USB ドライバのアンインストール方法

● EXE 実行タイプでインストールした場合の手順

Windows の「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」を起動します。

実行タイプのインストーラーでインストールした場合は下図のように

が 2 件存在します。

項目を選択すると、反転表示となり変更と削除ボタンが表示されます。このボタンを押

して 2 件とも削除してください。

削除が終了したら PC を再起動してください。

41

7-4.ソフトウェア操作方法

本ソフトウェアの起動には、スタート > EKO> MP-170 を選択します。終了には、下記に示すウインドウ右下の 終了 を

クリックします。

本ソフトウェアを起動するとメイン画面のウインドウが表示されその中に測定、表示、保存、日射グラフの“4つのタブが

表示されます。マウスでクリックすると画面が切り替わります。起動時は測定のタブがデフォルトで表示されます。

(1)測定タブの操作

ソフト起動時は、測定タブで起動されます。

測定タブの機能は、計測と各種設定機能となります。

この時本体側の設定は付属の USB ケーブルで PC と接続し、本体側の電源を ON にしてください。

本体側の設定は不要です。

各ボタンの操作内容を以下に示します。

太陽電池パラメータ

を設定します。

MP-170 本体から計測デ

このウィンドウズが常に

一番上に表示されます。

停止中、待機中、測

ータを読み込みます。

データを自動的に保存し

ます。

定 中のいず れか を

表示します。

センサーユニットを使用

する場合はチェックを付

計測を開始します。

けます。

計測環境を設定しま

す。

CSV ファイルを自動生成

する場合にチェックを付

けます。

日射計の 設定を行

います。

保存済みのパラメ

ータファイルを読

込みます。

マニュアルで計測レンジを

設定する場合チェックマー

クを付け定格電圧・定格電

流を設定します。

MP-170 本体およびセ

ンサーユニットのファー

ムウ ェ ア の バ ージ ョ ン

が表示されます。

MP-170 本体および接続さ

れているセンサーユニット

の時計をパソコンの時計に

合わせます。

設定内容をファイルに

保存します。

温度設定を行います。

表示レンジを指定します。

アプリケーションを終了し

ます。

注意:

ファームウェアのバージョンは、機器と最初に通信(設定、読み取りなど)した時点で表示されます。

接続しただけでは表示されません。

OS のシステムロケール(言語設定の一種)を変更すると文字化けが発生する場合があります。

42

a.全般設定

全般設定ダイアログ

全般設定のボタンをクリックすると左図のダイアログが表

示されます。

(1)通信ポートの選択

使用する通信ポート(COM 番号)を選択します。

※ COM1~COM16 までのポートが使用可能です。

もしも PC にインストールされている他のアプリケーショ

ンソフトで COM ポートを多数使用されている場合は、

COM16 以降の番号に登録される場合があり、その場

合は COM 番号が表示されません。デバイスマネージ

ャーから COM ポート番号を変更してください。

(2)計測モードの選択 a.手動を選択すると一回ごとに計測開始ボタンを押さ

ないと計測しません。 b.自動を選択した場合は、開始時刻と終了時刻の間

で設定された計測間隔で自動的に計測します。

(3)自動計測モード設定

計測開始時刻、計測終了時刻、計測間隔を入力しま

す。

(4)データ保存ディレクトリの設定

データを保存するディレクトリを選択します。

(5)帳票データ出力ディレクトリの設定

帳票データを保存するディレクトリを選択します。

入力が完了したらOKボタンをクリックします。

キャンセル をクリックすると入力した内容は取り消されま

す。

注意:

ソフトウェア Ver.02.022 までは上記の自動計測パラメータ設定をした後、指定計測開始時間を過ぎてから計測開始ボタンをクリ

ックした場合、その直後に計測し、その時点から指定間隔で自動計測されていました。

Ver.02.023 からは、開始時刻を起点とし計測間隔で指定された時刻で自動計測されるようになりました。

データ保存ディレクトリの表示欄の右側にある参照ボタンを押すと

左図のように“フォルダーの参照”ダイアログが表示されます。以下

の機能を使ってディレクトリを指定してください。

a)ディレクトリツリー表示窓

フォルダーを選択します。

b)キー入力欄

キー入力によりフォルダーの指定ができます。

c)ドライブ選択プルダウンメニュー

プルダウンメニューによりドライブの変更ができます。

入力が完了したらOKボタンをクリックします。

キャンセルをクリックすると入力した内容は取り消されます。

フォルダーの参照

43

b.パラメータ設定

パラメータ設定

パラメータ設定ボタンをクリックすると左図のようなパラメータ

設定ダイアログが表示されます。

太陽電池面積(Area)、短絡電流温度係数(α)、開放電圧

温度係数(β)、直列抵抗(Rs)、曲線補正因子(K)は、太陽

電池モジュール一枚の値を入力します。

次に太陽電池モジュール枚数に直列数と並列数を入力する

と計測する太陽電池アレイ全体でのパラメータに換算し、

JISC8914 の基準状態換算に使用します。

コメントの項目は、計測には直接には関係ありませんが、

データの識別のため、入力しておくと後でデータ整理が容易

になるので計測条件を変えるたびに、こまめに入力すること

をとお勧めします。この内容は、データファイルにも保存され

ます。

ダウンロードボタンを押すと MP-170 本体から計測のパラメ

ータがダウンロードされます。

アップロードボタンはソフトウェア上で設定したパラメータを

MP-170 本体に転送します。 このパラメータ設定をしてアップ

ロードしなかった場合は、計測データに基準状態換算が反映

されません。 MP-170 側ではアップロードしたパラメータで計

測しますが、パソコン側からアップロードされたパラメータの内

容自体は本体側では確認できません。 ただし、アップロード

したパラメータを再度パソコン側にダウンロードして設定内容

を確認する事はできます。 パソコン本体側で管理してくださ

い。

一度本体側の電源を OFF すればアップロードしたパラメータ

は消えてしまいます。MP-170 側のメモリにアップロードしたパ

ラメータを登録する機能はありません。

※ 測定タブ画面のパラメータ読込ボタンで読込んだパラメー

タ情報には左図のパラメータ設定情報も書き込み/読み出し

可能ですが、MP-170 本体側へはアップロードボタンを押さな

い限りこの情報は転送されません。

44

c.基準日射量の設定 d.太陽電池温度設定

基準日射量設定のボタンをクリックすると左図のダイアログ

が表示されます。

日射量を計測するセンサーを選択します。日射計か基準セ

ル(リファレンスセル)を選択します。選択したセンサーの感度

定数を入力します。

日射閾値(Er)と平均化計測回数を入力します。 日射閾値

とは、設定した日射強度以下のデータを表示タブや保存タ

ブ、日射グラフタブのデータ表示一覧上に指定した値以下の

データはリスト表示しないように設定する値です。

測定ボタンを押すと日射量が計測され表示されます。

入力が完了したらOKボタンをクリックします。

キャンセルをクリックすると入力した内容は取り消されます。

太陽電池温度設定のボタンをクリックすると左図のダイア

ログが表示されます。

太陽電池温度の方はセンサーユニット端子の Temp1の方

になり、基準状態の変換で使用されます。

気温の方はセンサーユニット端子の Temp2の方になります。

それぞれの測定ボタンをクリックすることで計測値が表示さ

れます。計測回数は平均化する回数を入力します。入力され

た回数分の計測を繰り返し平均化された値が表示されます。

入力が完了したらOKボタンをクリックします。

キャンセルをクリックすると入力した内容は取り消されます。

45

以上の設定が完了すると計測が開始できます。

パラメータの設定が終了したら、 パラメータ

保存ボタンをクリックし、設定内容を適当な名

前を付けて保存することをお勧めいたします。

ファイル名を入力したら保存(S)ボタンをク

リックしてください。

ここで保存された設定内容は、次にソフトを起

動した時、パラメータ読み込みボタンをクリック

し同じファイル名を選択することで同じ設定を

復元できます。

ファイル名を選択したら開く(O)ボタンをクリッ

クしてください。

ただし、ここで読込んだパラメータ情報は太陽

電池パラメータ情報等も含まれますが、計測

開始ボタンを押して計測をしても太陽電池パラ

メータは MP-170 本体へは反映されていませ

ん。パラメータ設定ダイアログを開き アップロ

ードボタンを押して MP-170 本体へ太陽電池

パラメータを転送してから計測開始をするよう

にし下さい。

46

e.計測

MP-170 本体に PV プローブを接続してください。

電源を ON にしてから、太陽電池の端子を PV プロ

ーブのワニぐちクリップでプラス・マイナス間違えな

いようにはさんでください。

USB ケーブルで計測パソコンと MP-170 本体を接

続してください。

計測開始ボタンをクリックすると計測が開始され

計測状態の表示欄には測定中が表示されます。

連続計測の場合は、計測中止ボタンを押すと計

測が止まります。

※ “センサーユニットを使用する” にチェックを付

けないで使用した場合は、子機のデータは取得で

きません。

※ “データを保存する” にチェックを付けてない場

合、計測結果は保存されません。

※ 容量の大きな太陽電池アレイなどの計

測時は、装置内部の発熱のため寿命を早め

てしま可能性がありますので、計測の間隔

は最低でも 1 分以上は開けてご使用くださ

い。 f.計測結果の表示

計測が終了すると I-V カーブを表示します。

左図は手動計測の場合のグラフ表示例です。

ここで、印刷ボタンをクリックするとグラフの印刷ができます。

ただし、事前にプリンタ設定を行い印刷可能であることを確認してください。

この画面上で左下の印刷ボタンをクリックするとプリンタが接続されていれば画面イメージが印刷されます。

47

g.データロード

MP-170 単体で計測した後、MP-170 本体とパソコンとを USB ケ

ーブルで接続し、データロードボタンをクリックすると、MP-170 本体

のメモリに保存された計測データをパソコンに読み込むことができま

す。PC 画面上にはデータロード中は右図のようにカウンタ値が表示

されます。

この時、本体側の LCD 画面は右下の図の表示となっています。

データ転送が終了すると PC 画面のデータロード中のカウンタ表示画

面は自動で消えますが、本体側の LCD 画面はそのままですので

┌→キーを押してください。

データの保存先は、全般設定ダイアログの“データ保存フォルダ

ー”で設定されたフォルダーに書き込まれます。

PCへのデータダウンロード後に本体側のデータ削除の有無を表示

する。

データロード用カウンタ画面

REMOTE MODE

TRANSFERRING DATA

QUIT

本体側データロード中 LCD 画面

ダイアログ(日本語) h.COMポートエラー表示

計測開始 、 データロード 、 MP-170 時計調整 をクリックした時に

“COMポート書き込みエラー” が表示される場合があります。

この現象はCOMポート番号が正しく設定されていない可能性が考

えられます。

そのような場合は、一度パソコン側の USB コネクタを抜いて、全般設

定の通信ポートの矢印をクリックしてください。COMポート番号が表

示されます。(通常は、COM1は必ず表示されます。)

次に USB コネクタをパソコンに差し込んでください。もう一度全般設定

の通信ポートを確認してください。先のCOMポート番号より増えてい

るCOM番号があればそのCOM番号が USB に割り当てられた通信

ポートとなります。そのCOM番号を選択してください。

最初からCOM1のみで、増えていない場合はCOM1を選択してくだ

さい。COM番号が最初から複数ある場合で、USB コネクタの抜き差

しでCOM番号が変化ない場合は、USB ドライバのインストールから

やり直してください。

COMポート書き込みエラー表示

COMポートの確認

※ 一度通信状態になった場合でも、しばらく操作をしない状態で放置した場合、再度操作しようとしたときに“COM ポート

書き込みエラー”が発生する場合があります。または、全般設定ダイアログを開いて何か操作した後にも発生します。その

場合は、再度同じ操作をしていただくと通信再開されます。もしも、通信再開されない場合は全般設定の通信ポートを再度

確認してください。COM ポート番号が消えているような場合は、USB コネクタを抜き差しするか、パソコン側の別の USB ポ

ートに接続して再度設定し直して下さい。

48

i.計測禁止時間の警告メッセージ

計測間隔が 60 秒以下の場合に表示します。 しばら

く時間を置いてから再度計測を行ってください。 (内 j.内部温度異常メッセージ

本体内部の温度が許容値を超えています。考えられる

原因は、

① 本体を直射日光の当たる場所で長時間使用して

いる場合。

対策 ⇒ 本体を日陰の涼しい場所で温度を下

げてからご使用ください。

② 定格容量いっぱいの容量の太陽電池を連続で長時間計測している場合。

対策 ⇒ 計測インターバルを長くして計測してください。 k.計測エラーメッセージ

計測メッセージは、計測開始ボタンをクリックした場

合に、以下の条件があった時に時に表示されます。

① レンジオーバーの場合は、電圧1100V以上が印

加された場合、または電流22A以上流れた場合に

表示されます。

対策 ⇒ 機器の故障につながり非常に危険ですので計測を中止し、接続している太陽電池の定格容量を確認

してください。

② PV プローブを逆に接続した場合に表示されます。

対策 ⇒ PV プローブの極性、接続している太陽電池の極性を確認してください。 l. 時刻調整エラーメッセージ

MP-170 時計調整ボタンをクリックした時、時刻調整エラ

ーメッセージが表示されることがあります。エラーの原

因として以下が考えられます。

MP-170 本体との通信エラー

MP-170 本体の故障

対策 ⇒ PC と MP-170 本体間の接続ケーブルをチェックして、MP-170 本体の電源がオンであることを確認してく

ださい。そして、再度時刻調整を行ってください。それでもエラーが発生する場合は、弊社にご連絡ください。

49

(2)表示タブの操作

表示のタブをクリックすると下図の画面表示に移行します。

計測済みのデータを再度グラフ表示したい場合は、この表示タブの機能でデータを再表示し確認する事ができます。

各ボタンの操作内容を以下に示します。

クリックするとカレンダーが表示

され、日付を選択できます。

測定日から指定日数分データ

一覧に表示できます。

チェックマークを入れると、日射

不足データも一覧表示する。

測定日時を表示します。

データ一覧を表

示します。

グラフ表示させ

たい項目にチェ

ックを入れる。

グラフ表示色を

変更できます。

MP-170 本体にパソコン上の

データを登録します。 a.カレンダーの操作方法

アップロードしたデー

タを消去します。

ク リ ッ ク す る と

カ レ ン ダ ー が

現れます。

1 ヶ 月 戻 り

ます。

チェックマークを入

れ、電圧、電流値を

入力すると、グラフ

の表示スケールを変

更できます。

グラフを表示しま

す。

アプリケーションを終了

します。

1ヶ月進み

ます。

年をクリックす

ると上下矢印

が現れます。

月をクリックする

と現れます。

50

表示タブメニューでは、初めに計測日を選択します。計測日表示欄の右側の下矢印ボタンをクリックするとカレンダーが

表示されます。

西暦年を変更する方法は、西暦年表示の上にマウスカーソルを移動して、マウスの左ボタンをクリックします。すると上

下矢印が現れます。その上下矢印をクリックすると西暦年が変更できます。

月を変更する場合は、月の表示位置にマウスカーソルを移動して左クリックでプルダウンメニューが現れます。変更した

い月を選択するか、または左右の矢印キーをクリックすることで1ヶ月毎にカレンダーが前後に入れ替わります。最後にカ

レンダーの日付位置をマウスで左クリックします。

年月日が選択されると、データ一欄にその日付に計測されたデータが時間毎にリストアップされデータ一覧に表示され

ます。グラフ表示したいデータの日時をクリックすると、その行が反転表示され選択状態になります。 この状態でグラフ表

示ボタンをクリックするとグラフが表示されます。

もしもスケールが合っていないときは、“表示レンジ指定”にチェックを付け任意の電圧,電流のスケール値を入力し、再

度グラフ表示ボタンをクリックします。

またデータ一覧には、カレンダーの右隣に “ 1 日分” で指定した日数分のデータを表示させることも可能です。 b.グラフ表示方法

表示タブでのグラフ表示は、7 種類を選択できます。 a. I-V カーブ(計測値) b. P-V カーブ(計測値) c. I-V カーブ(基準状態換算) d. P-V カーブ(基準状態換算) e. V-T カーブ(計測値) f. I-Tカーブ(計測値) g. 微分カーブ(dI/dV–V カーブ)

表示データの項目で表示したい項目にチェックを入

れ、グラフ表示をクリックすると表示されます。

51

c.グラフ表示色の設定

各表示データ項目の右側にある表示色設定のボタンをクリックすると、

“色の設定ダイアログ”が表示されます。 変更したい色をクリックしてO

Kボタンをクリックすると、グラフの表示色が変更されます。 d.データのアップロードと消去

アップロードは、既に計測したデータを本体側のメモリ

に転送する機能です。本体メモリには記憶番号 001~300

までの 300 件の計測データを保存可能ですが、パソコン

側のからアップロードするデータは、記憶番号 301~420

に最大 120 件まで記憶可能です。

● データのアップロード方法

データ一覧で選択したデータにアップロード番号 1~120 番までの番号を付けて、アップロードボタンをクリッ

クすると、本体側のメモリーの記憶番号 301~420 番の記憶領域に転送されます。

● データの消去方法

消去方法は、消去したい本体側の記憶番号“301”番の場合は、アップロード番号に“1”を入力して、消去ボタ

ンをクリックしてください。つまり、アップロードする時に設定した番号と同じ番号を入力して消去してください。

“0”番を設定して消去ボタンをクリックすると、本体メモリーの 301~420 番に記録されたデータを一括消去さ

れます。

※ 本体側記憶番号 301~420 に登録されたデータは本体側のキー操作では消去できません。パソコンと接続し、

パソコンソフトから消去してください。

52

(3)保存タブの操作

保存タブをクリックすると下の画面表示になります。

計測されたデータは、Excel などの表計算ソフト等で閲覧可能なファイル形式にはなっておりません。Excel などの表計算

ソフトで開ける形式に変換する必要があります。この保存タブでは計測データを CSV ファイル形式に変換し、保存するた

めの機能が用意されています。

以下に保存タブでの各ボタンの操作内容を示します。

クリックするとカレンダーが表示

され、日付を表示されます。

測定日時を表示します。

データ一覧に表示されているデータ

を全て選択状態にします。

データ一覧の選択状態

を全て解除します。

デ ー タ 一 覧 を

表示します。

テキストデータ 変

換 の 保 存 方 法 を

選択します

CSV 形式へのファ

イ ル 変 換 お よ び

CSV 自動生成時

のファイル名の先

頭に指定文字列を

追加します。

テ キ ス ト 変 換 を 実

行し、ファイルを作

成します。

保存ファイル名を

フ ル パ ス で表 示

します。

アプリケーション

を終了します。

測定日の年月日を直接入力または、カレンダーから設定します。 データ一覧に設定した年月日に計測されたデータ

が、一覧表示されます。 “日射不足データを含む” にチェックマークを付ければ、その日に計測された日射不足のデ

ータも全て表示されます。 保存タイプで変換したいテキストデータの形式 “個別変換” または “特性値変換” を

指定します。(保存データ形式については、 “7-5.保存データフォーマット” の項目を参照してください。)

データ一覧の “選択” の項目で、変換したいデータにチェックマークを付けます。 または、全て選択したい場合は

全選択、クリアしたい場合は、全クリアボタンをクリックしてください。

ファイル識別文字の項目に文字列を入力すると、ファイル変換や CSV 自動生成で生成されるファイル名の先頭にそ

の文字列が挿入されます。文字列の制限およびファイル名の命名方法については、“7-5.保存データフォーマット”

を参照してください。

ファイル作成ボタンを押すと指定されたフォルダーに “7-5.保存データフォーマット” の項目で規定されたファイル

名の命名方法に基づき自動的にファイル名が付いて CSV ファイル形式で保存されます。

保存されたファイルはファイル名の項目にフルパスで表示されます。

53

(4)日射グラフタブの操作

日射グラフタブをクリックすると下の画面表示となります。

計測済みのデータは連続で保存した場合、この日射グラフのタブの機能で、日射量に対する開放電圧、日射量に対

する短絡電流、日射量に対する最大出力、日射量に対する曲線因子の各グラフを表示する事ができます。

各ボタンの操作内容を以下に示します。

測定日時を表示します。

クリックするとカレンダーが表示

され、日付を表示されます。

データ一覧に表示されているデータ

を全て選択状態にします。

データ一覧の選択状態

を全て解除します。

データ一覧を表示

します。

データが選択状態の

時チェックマークが

付きます。

グラフを表示します。

日射 vs 各特性

値グラフを選択

します。

アプリケーション

を終了します。

a.日射-開放電圧グラフ

横軸に日射強度(W/㎡)、縦軸に開

放電圧 Voc(V)を取り、連続計測で取

得したデータから、日射強度に対す

る開封電圧の変化をグラフ化できま

す。

54

c.日射-最大出力電力グラフ b.日射-短絡電流グラフ d.日射-曲線因子グラフ

55

横軸に日射強度(W/㎡)、縦軸に短

絡電流 Isc(A)を取り、連続計測で取

得したデータから、日射強度に対す

る短絡電流の変化をグラフ化できま

す。

横軸に日射強度(W/㎡)、縦軸に最

大電力 Pm(W)を取り、連続計測で取得

したデータから、日射強度に対する

最 大 電 力の 変 化を グ ラフ 化で き ま

す。

横軸に日射強度(W/㎡)、縦軸に曲

線因子 F.F. を取り、連続計測で取

得したデータから、日射強度に対す

る曲線因子 F.F. の変化をグラフ化

できます。

7-5.保存データフォーマット

計測結果は生データとして日毎に指定したディスクのフォルダーに保存されます。

● 生データファイルの命名方法は以下通りです。

2007 1215 103510 001.MDF (生データファイル)

連番

時分秒

年月日

西暦年

● 個別変換データファイルおよび自動生成 CSV ファイルの命名方法は以下通りです。

2007 1215 103510 001.CSV (テキストファイル)

連番

時分秒

年月日

西暦年

● 特性値テキストファイルの命名方法は以下通りです。

CHARA 2007 1215 103510 .CSV (テキストファイル)

時分秒

年月日

西暦年

● ファイル識別文字指定時の個別変換データファイルおよび自動生成 CSV ファイルの命名方法は以下通りです。

EKO 2007 1215 103510 001.CSV (テキストファイル)

連番

時分秒

年月日

西暦年

ファイル識別文字

ファイル識別文字の制限

最大文字数:16

指定可能文字:半角英数字、-(半角ハイフン)、_(半角アンダーバー)

先頭文字:半角英数字のみ

56

(1)個別変換データファイル(CSV 変換方式)

個別変換を選択することによって、以下のようなデータフォーマットが作成されます。

名称

計測日

計測時刻

気温[℃]

電圧レンジ[V]

電流レンジ[A]

サンプリングピッチ[μS]

センサ

センサ感度定数[mV/kW/m^2

太陽電池面積[m^2]

短絡電流温度係数[A/℃]

開放電圧温度係数[V/℃]

直列抵抗値[Ω]

曲線因子[Ω/℃]

直列モジュール枚数

並列モジュール枚数

日射強度[W/m^2]

TEST_1

Pyranometer

2006/12/22

14:44:46

13.513

1000

2

10

7

0.78

0.02

-0.07

0.4

0.01

24

1

85.176286

太陽電池温度[℃]

Isc[A]

Voc[V]

Pm[W]

Ipm[A]

Vpm[V]

η[%]

FF

日射強度(stc)[W/m^2]

太陽電池温度(stc)[degC]

Isc(stc)[A]

Voc(stc)[V]

Pm(stc)[W]

Ipm(stc)[A]

Vpm(stc)[V]

η(stc)[%]

FF(stc)

13.6843

1.675681

348.52855

402.844002

1.400445

287.654195

0.252646

0.689775

1000

25

62.964673

475.22682

9413.024916

62.964673

149.496923

0.502833

0.68977

電圧[V] 電流[A]

2.744

4.218

5.335

; ;

; ;

電圧と電流のペアで402ポイントまで

1.684

1.681

1.689

57

(2)特性値変換データファイル(CSV ファイル変換)

特性値変換を選択することによって、以下のようなデータフォーマットが作成されます。

名称 計測日 計測時刻 気温

電圧レ

ンジ

TEST_1 2006/12/22 13:50:16 15.859

1000

TEST_1 2006/12/22 13:50:48 15.796

1000

TEST_1 2006/12/22 13:53:08 15.485

1000

TEST_1 2006/12/22 13:54:24 15.298

1000

TEST_1 2006/12/22 13:57:10 15.071

1000

TEST_1 2006/12/22 13:57:44 15.071

1000

TEST_1 2006/12/22 14:29:00 13.762

1000

TEST_1 2006/12/22 14:29:46 13.677

1000

TEST_1 2006/12/22 14:32:02 13.615

1000

TEST_1 2006/12/22 14:44:46 13.513

1000

電流レ

ンジ

2

2

2

2

2

2

2

2

2

2

サンプ

リング

ピッチ

センサ

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

10 Pyranom

センサ

感度定

7

7

7

7

7

7

7

7

7

7

太陽電

池面積

短絡電

流温度

係数

開放電

圧温度

係数

直列抵

抗値

曲線因

日射強

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.78

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

0.02

-0.07

太陽電

池温度

0.4 0.01 63.6 16.1

0.4 0.01

109 16.1

0.4 0.01

110 15.7

0.4 0.01

110 15.6

0.4 0.01

116 15.2

0.4 0.01

115 15.2

0.4 0.01

96 13.9

0.4 0.01

103 13.8

0.4 0.01 98.4 13.9

0.4 0.01 85.2 13.7

直列抵

抗値

曲線因

日射強

太陽電

池温度

Isc

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

0.4

Voc Pm Ipm Vpm η FF

0.01 63.582 16.114 0.5238 711.23 295.25 0.4765 619.57 0.2481 0.7925

0.01 109.17 16.051 0.5254 711.39 265.68 0.4472 594.06

0.01 110.37

15.74 0.5389 712.66 293.31 0.4563 642.84

0.13 0.7109

0.142 0.7637

0.01 110.37 15.553 0.5369 713.01 273.02 0.4446 614.08 0.1321 0.7133

0.01 116.37 15.242 0.5579 713.77 286.02 0.4749 602.29 0.1313 0.7183

0.01 115.17 15.242 0.5564 713.32 283.01

0.475 595.79 0.1313

0.713

0.01 95.973 13.934 0.4587 29.218 11.419 0.4424 25.813 0.0064

0.852

0.01 103.17 13.848 0.4919 29.523 10.548 0.4254 24.797 0.0055 0.7264

0.01 98.373 13.871 0.4639 29.268 11.472 0.4453 25.762 0.0062 0.8449

0.01 85.176 13.684 1.6757 348.53 402.84 1.4004 287.65 0.2526 0.6898

日射強

度(stc)

1000

1000

1000

1000

1000

1000

1000

1000

1000

1000

58

8.MP-170 使用ケースと作業手順

ここでは、MP-170 の使用ケースを以下のように分け、ケースごとに必要な情報を一覧にして提供します。

 計測に PC を使用しないケース

 ケース1: MP-170 本体のみでの計測

 ケース2: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測

 ケース3: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測

 ケース4: MP-170 本体の計測データを PC で解析・管理

 ケース5: PC 上の計測データを、MP-170 本体で使用

 計測を PC で制御するケース

 ケース6: MP-170 本体のみでの計測

 ケース7: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測

 ケース8: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測

一覧では、ケースごとに以下の情報を提供します。これらの情報を計測システムの全体像や作業の全体

的な流れ等の把握や、作業ステップでの詳細情報検索にお役立てください。

 計測項目

 用途・特長

 計測システム(使用機器とケーブル接続)

 全体的な作業手順

 各ステップの詳細情報の参照先

以下に MP-170 の使用前に実施すべき準備の手順を示します。この準備を怠ると、計測ができなかったり、

間違った日時の計測データになってしまったり、問題が起きますので、必ず実施してください。

準備作業

作業手順

1 MP-170 を開けて、付属品、ケーブル等を確認。

2 センサーユニットの電池の状態確認。

3 MP-170 本体の電源 ON。

4 MP-170 本体の電池の状態確認。

5 MP-170 本体の日付・時刻の設定。

6 MP-170 本体の電源 OFF。

参照先

P. 10

P. 12

P. 18

P. 18

P. 28

P. 18

59

ケース1: MP-170 本体のみでの計測

I-V 特性

PC 不要、高所作業向き

 日射量、太陽電池温度、気温は計測不要(固定値でも良い)の場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

1

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

参照先

P. 1

2

P. 13

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

*: 付属品

作業手順

参照先

6

7

8

計測実施。

P. 20,

27

P. 29

計測データを表示、解析。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから切り離す。 P. 13

3

4

5

アース線で MP-170 本体を接

地。

MP-170 本体の電源 ON。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

計測用項目の設定。

本体のみ使用設定

自動または手動計測設定

測定レンジ

 (日射強度・温度固定値)

P. 18

P. 13

P. 21

9

10 MP-170 本体からアース線を外す。

11

MP-170 本体の電源 OFF。

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

P. 18

P. 13

60

ケース2: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測

I-V 特性

 日射量

温度

PC 不要、高所作業向き

 日射量、太陽電池温度、気温の計測が必要な場合

MP-170 と付属品だけで計測・解析可能

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓔ センサーユニット*

Ⓕ モジュラーケーブル(1.5m)*

Ⓖ 熱電対(3m、2 本)*

*: 付属品

1

2

3

4

センサーユニットを本体に接続。

5

6

7

8

アングルキャプチャーをセンサーユニット

から外し、太陽電池モジュール/アレイに

設置し、向きと傾きを計測。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

に戻し、センサーユニットを太陽電池モ

ジュール/アレイの近傍に設置し、向きと

傾きを調整。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

から外す。

アース線で MP-170 本体を接

地。

9

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

センサーユニット裏面のスイッチが INT

ポジションに設定されていることを確認。

熱電対ケーブルをセンサーユニットに接

続して、熱電対を計測場所に設置。

参照先

P. 1

P. 12

P. 12

P. 10,

12

センサーユニットの電源 ON。

P. 16

P. 16

P. 16

14 計測実施。

15

作業手順

ケーブルレスでセンサーユニットを使用

した場合、センサーユニットを MP-170 本

体に接続し、センサーユニットから日射

量と温度の計測データをダウンロード。

16 計測データを表示、解析。

17

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから切り離

す。

18 MP-170 本体の電源 OFF。

19 センサーユニットの電源 OFF。

P. 13

P. 12

P. 18

20

21

22

熱電対ケーブルをセンサーユニットか

ら外す。

センサーユニットを MP-170 本体から

外す。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

に戻す。

10 MP-170 本体の電源 ON。

11

12

13

ケーブルレスでセンサーユニットを使用

する場合、センサーユニットの電源を ON

のまま、センサーユニットと MP-170 本体

とを繋いでいるケーブルを外す。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

計測用項目の設定。

 センサーユニット使用設定

自動または手動計測設定

 測定レンジ

P. 16

23 MP-170 本体からアース線を外す。

24

P. 13

25

センサーユニット、熱電対、ケーブル類を

片づける。

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

 日射計センサ選択

日射計/基準セル検定値

 太陽電池パラメータ

参照先

P. 20,

27

P. 28

P. 29

P. 13

P. 18

P. 12

P. 12

P. 10,

12

P. 16

P. 13

P. 21

61

ケース3: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測

I-V 特性

 日射量

温度

PC 不要、高所作業向き

 計測サイトに設置されている高精度日射計を利用したい場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓔ センサーユニット*

6

7

8

9

10

11

アース線で MP-170 本体を接

地。

センサーユニットの電源 ON。

MP-170 本体の電源 ON。

ケーブルレスでセンサーユニットを使用

する場合、センサーユニットの電源を ON

のまま、センサーユニットと MP-170 本体

とを繋いでいるケーブルを外す。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

計測用項目の設定。

センサーユニット使用設定

 自動または手動計測設定

 測定レンジ

日射計センサ選択

日射計/基準セル検定値

 太陽電池パラメータ

P. 13

P. 12

P. 18

P. 16

P. 13

P. 21

Ⓕ モジュラーケーブル(1.5m)*

Ⓖ 熱電対(3m、2 本)*

Ⓗ 外部日射計(ご用意ください)

Ⓘ 外部日射計用接続ケーブル(ご用意ください)

*: 付属品

1

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

参照先

P. 1

12 計測実施。

作業手順

2

3

センサーユニット裏面のスイッチを EXT

ポジションに設定。

熱電対ケーブルをセンサーユニットに接

続して、熱電対を計測場所に設置。

P. 12

P. 12

13

ケーブルレスでセンサーユニットを使用

した場合、センサーユニットを MP-170 本

体に接続し、センサーユニットから日射

量と温度の計測データをダウンロード。

14 計測データを表示、解析。

4

外部日射計をセンサーユニットに接続。

P. 12

15

5

センサーユニットを本体に接続。

P. 10,

12

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから切り離す。

16 MP-170 本体の電源 OFF。

17 センサーユニットの電源 OFF。

18

19

20

21 MP-170 本体からアース線を外す。

22

23

熱電対ケーブルをセンサーユニットから

外す。

外部日射計をセンサーユニットから外

す。

センサーユニットを MP-170 本体から外

す。

センサーユニット、熱電対、ケーブル類を

片づける。

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

参照先

P. 20,

27

P. 28

P. 29

P. 13

P. 18

P. 12

P. 12

P. 12

P. 10,

12

P. 13

62

ケース4: MP-170 本体の計測データを PC で解析・管理

計測データを PC で管理したい場合

 計測データを他のアプリケーションで利用したい場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓒ USB ケーブル(1m)*

作業手順

1

MP-170 本体を PC に接続。

2

MP-170 本体の電源 ON。

3

PC を立ち上げ、I-V チェッカーソフトウェ

アを起動。

4

MP-170 本体との通信ポートの設定。

5

データをロードするフォルダの設定。

6

計測データのロード。

参照先

P. 13

P. 18

7

作業手順

データをロード終了後、本体側データを

消去するかどうかの選択。

8

計測データを表示、解析。

P. 42

Ⓓ PC

*: 付属品

9

I-V チェッカーソフトウェアを終了。

P. 43

10 MP-170 本体の電源 OFF。

P. 43

11 MP-170 本体を PC から外す。

P. 48

12 PC をシャットダウン。

参照先

P. 48

P. 50,

54

P. 42

P. 18

P. 13

63

ケース5: PC 上の計測データを、MP-170 本体で使用

計測現場で過去に計測したデータと現在のデータとを比較したい場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓒ USB ケーブル(1m)*

作業手順

1

MP-170 本体を PC に接続。

2

3

4

5

MP-170 本体の電源 ON。

PC を立ち上げ、I-V チェッカーソフトウェ

アを起動。

MP-170 本体との通信ポートの設定。

MP-170 本体へ計測データをアップロー

ド。

Ⓓ PC

*: 付属品

参照先

P. 13

P. 18

P. 42

6

7

作業手順

MP-170 本体でアップロードしたデータの

確認。

I-V チェッカーソフトウェアを終了。

参照先

P. 30

P. 42

P. 18

P. 43

8

MP-170 本体の電源 OFF。

9 MP-170 本体を PC から外す。

P. 13

P. 52

10 PC をシャットダウン。 ―

64

ケース6: MP-170 本体のみでの計測を PC で制御

I-V 特性

計測データを PC で管理したい場合

 計測データを他のアプリケーションで利用したい場合

計測制御、データ解析・管理を PC 上で一元管理したい場合

 日射量、太陽電池温度、気温は計測不要(固定値でも良い)の場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓔ USB ケーブル(1m)*

Ⓕ PC

*: 付属品

1

2

3

4

MP-170 本体を PC に接続。

5

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

アース線で MP-170 本体を接

地。

PC を立ち上げ、I-V チェッカーソフトウェ

アを起動。

MP-170 本体の電源 ON。

参照先

P. 1

P. 13

10 計測実施。

P. 42

P. 13

9

11

12

作業手順

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

計測データを表示、解析。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから切り離す。

P. 18

13 MP-170 本体の電源 OFF。

参照先

P. 13

P. 47

P. 47,

50

P. 13

P. 18

P. 13

6

MP-170 本体との通信ポートの設定。

P. 43

14 MP-170 本体からアース線を外す。

7

MP-170 本体の日付・時刻を PC と同期。 P. 42

15 MP-170 本体を PC から外す。

8

計測用項目を設定。

本体のみ使用設定

 測定レンジ

自動または手動計測設定

 (日射強度・温度固定値)

データ保存関連の指定

P. 42

16

17

I-V チェッカーソフトウェアを終了し、PC

をシャットダウン。

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

P. 13

P. 42

65

ケース7: MP-170 本体、センサーユニット、熱電対での計測を PC で制御

I-V 特性

 日射量

温度

計測データを PC で管理したい場合

 計測データを他のアプリケーションで利用したい場合

計測制御、データ解析・管理を PC 上で一元管理したい場合

 日射量、太陽電池温度、気温の計測が必要な場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓔ センサーユニット*

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

センサーユニット裏面のスイッチが INT

ポジションに設定されていることを確認。

熱電対ケーブルをセンサーユニットに接

続して、熱電対を計測場所に設置。

参照先

P. 1

P. 12

P. 12

Ⓕ モジュラーケーブル(1.5m)*

Ⓖ 熱電対(3m、2 本)*

Ⓗ USB ケーブル(1m)*

Ⓘ PC

*: 付属品

16

17

18

作業手順

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

計測実施。

計測データを表示、解析。

センサーユニットを本体に接続。

P. 10,

12

19

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから切り離す。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

から外し、太陽電池モジュール/アレイに

設置し、向きと傾きを計測。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

に戻し、センサーユニットを太陽電池モ

ジュール/アレイの近傍に設置し、向きと

傾きを調整。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

から外す。

地。

アース線で MP-170 本体を接

MP-170 本体を PC に接続。

センサーユニットの電源 ON。

MP-170 本体の電源 ON。

PC を立ち上げ、I-V チェッカーソフトウェ

アを起動。

MP-170 本体との通信ポートの設定。

MP-170 本体および接続されているセン

サーユニットの日付・時刻を PC と同期。

計測用項目の設定。

 センサーユニット使用設定

自動または手動計測設定

 測定レンジ

P. 16

P. 16

20 MP-170 本体の電源 OFF。

21 センサーユニットの電源 OFF。

P. 16

P. 13

P. 13

22

23

24

熱電対ケーブルをセンサーユニットか

ら外す。

センサーユニットを MP-170 本体から

外す。

アングルキャプチャーをセンサーユニット

に戻す。

P. 12

25 MP-170 本体からアース線を外す。

P. 18

26 MP-170 本体を PC から外す。

P. 42

P. 43

27

28

I-V チェッカーソフトウェアを終了。PC を

シャットダウン。

センサーユニット、熱電対、ケーブル類を

片づける。

P. 42

29

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

日射計センサ選択

 日射計/基準セル検定値

太陽電池パラメータ

 データ保存関連の指定

参照先

P. 13

P. 47

P. 47,

50

P. 13

P. 18

P. 12

P. 12

P. 10,

12

P. 16

P. 13

P. 13

P. 42

P. 42

66

ケース8: MP-170 本体、外部日射計、熱電対での計測を PC で制御

I-V 特性

 日射量

温度

計測データを PC で管理したい場合

 計測データを他のアプリケーションで利用したい場合

計測制御、データ解析・管理を PC 上で一元管理したい場合

 計測サイトに設置されている高精度日射計を利用したい場合

Ⓐ MP-170 本体

Ⓑ PV プローブ(1.7m、赤、黒、2 本)*

Ⓒ アース線(3m)*

Ⓓ 電池ボックスもしくは AC アダプタ(1.8m)*

Ⓔ センサーユニット*

Ⓕ モジュラーケーブル(1.5m)*

1

2

3

13

作業手順

計測する太陽電池モジュール/

アレイをパワーコンディショナー等の周

辺機器から完全に切り離す。

センサーユニット裏面のスイッチを EXT

ポジションに設定。

熱電対ケーブルをセンサーユニットに接

続して、熱電対を計測場所に設置。

計測用項目の設定。

センサーユニット使用設定

自動または手動計測設定

 測定レンジ

参照先

P. 1

P. 12

P. 12

Ⓖ 熱電対(3m、2 本)*

Ⓗ 外部日射計(ご用意ください)

Ⓘ 外部日射計用接続ケーブル(ご用意ください)

Ⓙ USB ケーブル(1m)*

Ⓚ PC

*: 付属品

参照先

作業手順

14

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイに接続。

15 計測実施。

P. 13

16

17

計測データを表示、解析。

電源 ON のまま、MP-170 を太

陽電池モジュール/アレイから外す。

4

外部日射計をセンサーユニットに接続。

P. 12

18 MP-170 本体の電源 OFF。

5

センサーユニットを本体に接続。

P. 10,

12

19 センサーユニットの電源 OFF。

6

7

8

地。

アース線で MP-170 本体を接

MP-170 本体を PC に接続。

センサーユニットの電源 ON。

P. 13

P. 13

P. 12

20

21

22

熱電対ケーブルをセンサーユニットから

外す。

外部日射計をセンサーユニットから外

す。

センサーユニットを MP-170 本体から外

す。

9

10

PC を立ち上げ、I-V チェッカーソフトウェ

アを起動。

11 MP-170 本体との通信ポートの設定。

12

MP-170 本体の電源 ON。

MP-170 本体および接続されているセン

サーユニットの日付・時刻を PC と同期。

P. 18

P. 42

P. 43

P. 42

23 MP-170 本体からアース線を外す。

24 MP-170 本体を PC から外す。

25

26

27

I-V チェッカーソフトウェアを終了し、PC

をシャットダウン。

センサーユニット、熱電対、ケーブル類を

片づける。

切り離したパワーコンディショナーや周

辺機器の接続を元に戻す。

日射計センサ選択

日射計/基準セル検定値

太陽電池パラメータ

 データ保存関連の指定

P. 47

P. 47,

50

P. 13

P. 18

P. 12

P. 12

P. 12

P. 10,

12

P. 13

P. 13

P. 42

P. 42

67

9.メンテナンス

9-1.日常的な点検

・ しばらく使わない時は乾電池を抜いておいてください。

・ 使用前には新しい乾電池を入れてご使用ください。

・ 使用前には必ず内部の時計を合わせてください。

・ センサーユニットの内蔵日射計のガラスドームは、使用前には柔らかい布で拭いてください。

・ 保管は湿気の少ない場所に保管してください。

10.故障かな,と思ったら

修理やお問い合わせのご連絡を頂く前に,下記の項目をご確認下さい。

10-1.トラブルシューティング

症状

I-V カーブが計測できない。

対応

・太陽電池の容量が本装置の計測範囲外でないか確認してください。

・ヒューズが切れた疑いがあります。精密機器ですので筐体は開けないでください。二

次的な故障を誘発する危険性がありますので弊社へご返送ください。

PC と本体の通信が出来ない。 ・USB ドライバを PC にインストールしたかどうか確認してください。

・全般設定内の COM ポート番号の選択を確認してください。

連続計測が出来ない。 ・開始時刻より終了時刻が早い時刻に設定されていないか確認してください。

短絡電流 Isc 側の I-V カーブが

持ち上がっている。

・故障ではありません。アモルファス太陽電池、HIT 型太陽電池など接合容量の大きな

太陽電池を計測した場合このような現象が現れる可能性があります。I-V チェッカー

の採用しているコンデンサー負荷方式という計測方法では避けることが出来ません

が、短絡電流 Isc の値は I-V カーブの平坦な部分から直線近似式で計算しています

ので、数値的には極力影響が出ないように工夫されております。

68

・ 計測した I-V カーブの FF 値が

低い。

・ 計測した I-V カーブで短絡電

流側がグラフの縦軸から離れ

ている。

日時の設定が狂ってしまう。

・太陽電池のケーブルが長すぎるか、接触抵抗が大きい事が考えられます。

本装置の計測回路の抵抗分とケーブルの抵抗分が計測値に影響してきます。

比較的電圧が低く電流値の大きい太陽電池では発生する可能性があります。

パソコンから設定したパラメータ

が設定されていない。

子機のデータが親機に反映され

ない。

本装置は、電池が切れた場合に内蔵時計の動作を保持するようなバックアップ電池を

搭載せず、代わりにスーパーキャパシタを使用しております。そのため、電池が切れた

場合は、3日程度で設定した日時がクリアされてしまいます。

使用の際には必ず日時を確認し、狂っていた場合は設定し直してご使用ください。

(環境保護のためリチウム電池の使用を控えためですのでご理解ください。)

本装置は、パソコンを接続して使う場合はパソコンからパラメータを設定可能ですが、

パソコンから設定したパラメータは本体の電源を切ると消えてしまいます。本体側で設

定してください。

・子機の設置と計測までの操作手順は、以下の通りになっているか確認し

てください。

1)子機の裏面の切り替えスイッチの設定を確認してください。 a)“INT”側:子機内蔵の小型日射計を使用の場合。 b)“EXT”側:外部日射計を接続されている場合。

使用する日射計

により、スイッ

チを切り替えて

ください。

2)親機の日時を合わせます。

メイン画面 ⇒“CONFIG”⇒“SYSTEM”⇒“DATE&TIME”のキー操作で日時設定画

面になります。

3)子機の時刻を親機に合わせます。 a)一旦、親機の電源を OFF します。 b)モジュラーケーブルで親機と子機を接続します。 c)子機の電源を先に ON してください。

※ LEDの点滅が正常かどうか確認します。LEDの点滅が早い場合は電池が

切れ掛かっています。その場合は電池を交換してください。

※ 時刻同期後、計測終了までは子機の電源は切らないでください。一度でも

電源を OFF すると子機の時刻同期はリセットされます。 d)親機の電源を ON します。

メインメニュー画面が表示されれば子機との時刻同期が正常に行われたことを

示します。

69

※ 警告表示“Powering on Sensor unit.”が表示された場合は子機との接続をもう

一度確認してください。

※ 子機と親機の時刻合わせは、親機側の電源を ON にした時一度だけ行わ

れます。子機と親機が通信ケーブルで接続されていた場合であっても、親

機側の日時を設定し直した場合、そのままでは子機の時計は同期が取れ

ていません。親機側の電源を切ってもう一度 ON にしてください。

4)パラメータの設定を行います。 a)パラメータの編集/登録を行います。

メイン画面 ⇒“CONFIG”⇒“MEAS PAR”⇒“EDIT”のキー操作でパラメータ編

集画面になります。

編集または新規に登録したいパラメータ番号を選びパラメータを編集します。

編集の最初に、“USE SENSOR UNIT”か“MAIN UNIT ONLY”を選択画面が

表示されますが、子機を使用する場合は必ず、“USE SENSOR UNIT”を選択

して下さい。

※ PC ソフト側から同様の操作を行う場合は、PC ソフトウェアのメイン画面上

に以下のコントロールがありますので、これをクリックしチェックマークをつ

けてください。 b)パラメータ編集後、パラメータの選択操作を行います。

メイン画面 ⇒“CONFIG”⇒“MEAS PAR”⇒“SELECT”のキー操作でパラメー

タ選択画面になります。

使用するパラメータ番号を選択します。

※ この操作で初めてパラメータが有効になります。

5)計測を行います。

6)子機のモジュラーケーブルを接続しないで計測した場合は、計測終了後、子機デー

タを本体に読み込む必要があります。モジュラーケーブルを接続し、以下の操作

で子機データが本体に読み込まれます。

メイン画面 ⇒“CONFIG”⇒“SYSTEM”⇒“LOADING SENSOR UNIT”

POWER キーを押しても電源が

入らないことがある。

電池ボックスを使用して使う場合、電池ボックス用 DC ジャックにプラグを差込み、すぐ

に POWER キーを押しても電源が入らない場合があります。その場合、数秒間待って

から POWER キーを押してください。

電源 ON 時は通常より電流を多く消費するので、数秒間内部のスーパーキャパシタへ

の充電時間を待たないと電源が ON にならない時があります。気温や電池の消耗状態

等により充電時間は多少変わります。5 秒~10 秒程度待ってから POWER キーを押し

てください。

STC 換算値の誤差が大きい。 JIS C8914 の基準状態への換算値 Pm(STC)、Voc(STC)、Isc(STC)の値は、日射強度

が 700(W/㎡)以上が目安です。また、パラメータ設定にて、太陽電池パラメータ:α、

β、K、Rs、モジュール面積等が、計測するモジュールの規格値を全て入力することで

精度が向上します。

70

本体から PC にデータロードした

が、指定したフォルダーにデータ

がロードされない。

(OS が Windows Vista / 7 の

場合)

次項に示す「9.2.Windows Vista/7 でのファイル仮想化に関する不具合の回避方

法」を参照してください。

10-2.Windows Vista/7 でのファイル仮想化に関する不具合の回避方法

パソコンのOSが“Windows Vista” 又は“Windows 7”の場合はユーザーアカウント

制御機能のため、以下に示す現象が発生しますので、その対処方法を示します。

現象1:計測したデータが指定フォルダに保存されていない。

現象2:テキスト変換したデータが、指定フォルダに落ちない、又は作成されない。

現象3:装置本体からPC にデータロードしたが、指定したフォルダにデータがロードされていない。

現象4:設定したパラメータが計測に反映されない。

※ この現象は製品の機種は問いません。PCを使用する製品全てにおいて言えることです。

原因:

たユーザーアカウント制御(UAC; User Account Control)の機能が原因しています。

ユーザーアカウント制御は Vista 以降の OS のセキュリティの基盤となる技術で、許可の無い限りアプ

リケーションを標準ユーザー権限で動作させることにより、ウイルス、スパイウェア、マルウェアなど悪

意のあるソフトにより、オペレーティングシステムに変更を加えないようにするための機能ですが、この

機能を理解していないとアプリケーションソフトの不具合と勘違いされるかも知れません。

通常、セキュリティで保護された領域内で、許可の無いアプリケーションが動作し、ファイル出力した

場合、例えばファイルの出力先フォルダが

”C:\Program Files\EKO”の下に指定したとすると、

“C:\Users\<user>\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\EKO”という全く別のところに仮想フ

ォルダを作成し、このフォルダに対してデータファイルを出力することになります。そのためデータファ

イルを見る場合、

”C:\Program Files\EKO”を見てもデータは存在しないと言うことになります。これは、

パラメータファイルに対しても同じことで、上記に挙げた現象1~4のような現象が発生します。

回避方法1:

最も簡単な対処方法は、最初にアプリケーションソフトをセキュリティで保護されたフォルダー以外

の場所にインストールする方法です。

例えば、通常アプリケーションソフトのインストーラーは、デフォルトではインストール先のフォル

ダーを“C:\Program Files\~”の下などに設定されている場合が殆どですが、それをディスクトップ上

71

に作成したフォルダーや”C:\”ドライブのルート上に作成したフォルダなど、OSがセキュリティで保護

されていないフォルダーにインストールしてください。

回避方法2:

ファイル出力指定先のフォルダをエクスプローラーで閲覧した場合にファイル存在しなかった場合は

エクスプローラーのツールバー内にある「互換性ファイル」ボタンを押すと、指定フォルダと同じ名前の

仮想フォルダにジャンプしてその仮想フォルダ内のファイルを表示します。しかし、もともと別のフォル

ダですので先に表示していた指定フォルダ内にあったファイルなどは逆に見えなくなります。アプリケー

ション側からは、指定フォルダも仮想フォルダも区別無く一緒のフォルダとしてみなしていますので、ア

プリケーションの実行には何も支障はありません。データの出力先が仮想フォルダになると言うだけです。

回避方法3:

次の方法は、“アプリケーション実行

ファイル”を右クリックし、「プロパテ

ィ」から「互換性」タブを選択します。

① 動作モードを変更。「互換性モード

でこのプログラムを実行する」にチェッ

Pack 3)”を選択してください。

② アプリケーション権限の変更。同じ

くプロパティの「互換性」タブ内の、「特

権レベル」内の“管理者としてこのプロ

グラムを実行する”にチェックマークを

付けてください。

①、または②、あるいは①②の両方を採

用し、適用(A)ボタンを押しO Kを押し

てください。

アプリケーションソフトのプロパティの変更

(WindowsVista/7 共通)

この操作の後アプリケーションを実行すると仮想フォルダにはデータを出力することはなくなり、指定

フォルダに出力するようになります。

ただし、アプリケーションを実行した際に必ず、以下のように確認のダイヤログが表示されますので許可

してください。

72

確認ダイヤログ(Windows Vista の場合) 確認ダイヤログ(Windows 7の場合)

73

11.仕 様

11-1.仕 様

I-V チェッカーMP-170 の仕様は下表の通りです。

I-V チェッカーMP-170 の仕様一覧

ハードウェア

定格

測定精度

入力

測定レンジ

電圧

電流

電力

・ 10V~1kV

・1A~20A

・10W~10kW

・ 電圧測定精度 10Vレンジ : ±1.0%FS以内

100Vレンジ : ±1.0%FS以内

1000Vレンジ: ±1.0%FS以内

・ 電流測定精度 2Aレンジ : ±1.0%FS以内

10Aレンジ : ±1.0%FS以内

20Aレンジ : ±1.0%FS以内

・日射計測定精度: ±1.5%FS以内

・基準セル入力測定精度: ±1.5%FS以内

・ 温度測定精度: 25℃で±1℃以内

・PV 入力 1ch

・温度入力 2ch (熱電対 -50℃~+100℃)

・日射計 1ch (0~15mV)

・基準セル 1ch (0~100mA)

・ PV入力 電圧レンジ:10V、100V、1000V、AUTOレンジ

インターフェイス

キー操作

メモリ

サンプリング数

LCD

電源 本体

セ ン サ ー

ユニット

電流レンジ:2A、10A、20A、AUTOレンジ

・ PC との通信:USB (※COM1~COM16 まで対応可)

・ センサーユニットとの通信: RS-485

・10 キー+カーソルキー+ファンクションキー (フラットパネルキーボード)

・300 データを保存可能

・10μs 固定、 1 カーブの保存データ点数 400 点 (間引き処理)

・反射型 LCD 128×64ドット バックライトなし、コントラスト調整機能あり

・ 単1アルカリ乾電池 x4 本 (10 分毎の連続計測で約5時間連続使用可能)

充電式 Ni-H 電池も使用可能。(アルカリ電池の約 1.5 倍長持ちします。)

※マンガン電池は使用不可。

・ AC アダプタ使用可能

AC100~240V 50/60Hz DC9V 1.3A (プラグ:EIAJ-3 中心+)

消費電流値:MAX 300mA ※AC アダプタ使用時の消費電流値は、入力電圧が常に

一定のため、電圧降下による電流変化はないものとしています。

・海外向けの AC アダプタがオプション品であります。(EU/EC 規格)

006P アルカリ電池 9V x1、 消費電流値:MAX 60mA

(約 8 時間の連続使用が可能。ただし、使用環境温度により多少左右されます。)

※マンガン電池は使用不可。

74

寸法

重量

温度範囲

湿度範囲

本体 : W230×D300×H160 (カバー共、脚含まず)

センサーユニット : W210×D85×H55 (水平時、脚含まず)

・ 本体:3.5kg

・ センサーユニット:480g

・ 電池ボックス:751g (単 1 電池 4 本含む)

・ケーブル類:300g

・ 使用温度範囲:0℃~50℃ (長時間の直射日光はさけてください)

・ 保存温度範囲:-20℃~+70℃ (梱包ケースに収められた状態)

・ 使用湿度範囲:35%RH~85%RH (結露なきこと)

・ 保存湿度範囲:30%RH~60%RH (梱包ケースに収められた状態)

ソフトウェア

対応 OS

ソフト機能

・ Windows 2000 / XP / Vista / 7

・ ソフトウェアからの単発計測、連続計測

・ MP-170 本体からの設定パラメータ&データロード機能

・ I-V カーブ、P-V カーブ、V-T カーブ、I-T カーブ、dI/dV-V カーブの表示機能

・ 日射強度 vs Pm、Voc、Isc の 1 日の集計グラフの表示

・ データベース機能(カレンダーの日付け選択により過去の測定データリスト一覧を表示、一覧

リストから各グラフ表示が可能)

・ CSV 形式のテキストファイルへデータ変換(測定データ毎のファイル、特性値集計ファイル)

・ MP-170 本体への時刻合わせ機能

・ MP-170 本体メモリへのデータアップロード機能

計測項目

11-2.標準品リスト

・ 最大出力電力 Pm、開放電圧 Voc、短絡電流 Isc、曲線因子 FF、発電効率η、最大出力動作

電圧 Vpm、最大出力動作電流 Ipm、JIS C8914 基準状態換算

I-V チェッカーMP-170 の標準品は下表の通りです。

標準添付品

MP-170 本体

数 量

1台

MP-170 センサーユニット

AC アダプタ

PV プローブ

熱電対

1式

1本

2本

2本

モジュラーケーブル

USB ケーブル

アース線

電池ボックス

電池収納ポシェット

ショルダーストラップ

CD-ROM

アルカリ単1乾電池

アルカリ006P乾電池(9V)

1本

1本

1本

1個

1個

1本

1枚

4個

1個

備 考

スタンド付き

ケーブル長:1.8m

1.7m 赤、黒 各1本

ケーブル長:3m

ケーブル長:1.5m

ケーブル長:1m

ケーブル長さ:3m

ソフトウェアと MP-170 取扱説明書を収録

75

オプション品

コイルボックス

備 考

突入電流抑制用、接続ケーブル(赤)、(黒) 40cm含む。 ※別途購入が必要。

12.アフターサービス

修理をご依頼される前に,「9.故障かな,と思ったら」をご確認下さい。

お問い合わせ先

弊社連絡先は,次の通りです。

英弘精機株式会社

本社 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷 1-21-8

カスタマーサポートセ

ンター

〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷 1-21-8

Tel:(03)3469-6714

Fax:(03)3469-6719

Tel:(03)3469-5908

Fax:(03)3469-5897

関西営業所 〒532-0012 大阪府大阪市淀川区木川東3-1-31 TEL: 06-6307-3830

FAX: 06-6307-3860

ホームページ http://www.eko.co.jp/

E-Mail アドレス info@eko.co.jp

保証について

本装置の無償保証期間は工場出荷後1年間とさせていただきます。万一、本製品が当社の席により故障した場合、

故障箇所を無償にて修理または交換いたします。ただし、次に該当する場合は保証の対象から除かせていただきま

す。

1) 当社以外による改造、または修理が行われた場合。

2) カタログや仕様書(取扱説明書)に記載されている条件、使用環境の範囲を逸脱した取り扱いに起因する

場合。

3) ご購入時あるいは契約時の技術では予見することが不可能な現象に起因する場合。

4) 天災、災害などに起因する場合。

詳しくは弊社が定める保証規定に従いますので,弊社の担当者にご相談ください。

校正について

本装置の再校正時期は、工場出荷後2年または累積使用時間約4800時間のいずれかを越えた時点を推奨しま

す。 再校正のための費用または期間等については上記のお問い合わせ先まで別途ご相談ください。

取扱説明書について

取扱説明書の内容に関しては,万全を期しておりますが,万一不審な点や誤り,記載漏れなどにお気づきの時に

は,お手数ですが弊社までご連絡下さい。

更新履歴

2007 年 2 月 初版発行 Ver 1.0

2008 年 4 月 10 日 改定版発行 Ver 2.0 (安全性向上対策版)

76

2008 年 10 月 21 日 改定版発行 Ver 2.1

2009 年 2 月 20 日 改定版発行 Ver 2.2

2009 年 4 月 8 日 改定版発行 Ver 2.3

2010 年 3 月 26 日 改訂版発行 Ver 2.4(ソフトウェア&ファームウェアのバージョンアップ版)

2010 年 4 月 26 日 改訂版発行 Ver 2.5(Windows7 対応、USB ドライバのインストール&

アンインストール方法の更新)

2010 年 6 月 16 日 改訂版発行 Ver 2.6(ファームウェアのバージョンアップ版に改訂)

2011 年 9 月 5 日 改訂版発行 Ver 2.7 (故障発生時の表示/測定可能範囲を追記、WindowsVista/7での

不具合回避方法の追記)

2012 年 5 月 23 日 改訂版発行 Ver 3 (ソフトウェアのバージョンアップ版)

2013 年 10 月 18 日 改訂版発行 Ver 4 (仕様誤記修正)

77

CE マーキング宣言書

78

http://www.eko.co.jp/

本 社 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷 1-21-8 Tel: (03)3469-67114Fax:(03)3469-6719

79

関西営業所 〒532-0012 大阪府大阪市淀川区木川東 3-1-31 Tel:(06)6307-3830 Fax:(06)6307-3860

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement