屋外塗装工事を発注・施工する皆様へ(PDF形式 293.2KB)

屋外塗装工事を発注・施工する皆様へ(PDF形式 293.2KB)
屋外塗装工事を発注・施工する皆様へのお願い
VOC発生の少ない塗料(水系塗料やハイソリッド系塗料など)を使用しましょう。
≪外壁塗装工事の施工例≫
≪鋼道路橋工事の施工例≫
外壁塗装工事で水系塗料を使用
塗装工事で水系塗料を使用
従来仕様(溶剤系塗料)と比べ、VOCを 81%削減
従来仕様(溶剤系塗料)と比べ、VOCを 88%削減
〔東京都VOC対策ガイド(屋外塗装編)掲載の仕様によるVOC削減率の例〕
VOC 量 [g/m2]
塗装仕様名称
鋼橋
コンクリート橋
新設(外面)
新設(内面)
塗替(A、B 系、1種ケレン)
塗替塗装(C 系、4種ケレン)
新設(プレストレストコンクリート部材)
新設(鉄筋コンクリート部材)
塗替
現行
仕様
899
566
621
208
240
254
240
低
VOC
512
64
472
96
165
179
165
削減率[%]
超低
VOC
120
64
56
14
6
6
(現行→低 VOC)
(現行→超低 VOC)
43
89
24
54
31
30
31
87
89
91
93
98
98
〔東京都VOC対策ガイド(屋外塗装編)p.26 抜粋〕
塗料の保管・貯蔵管理を徹底しましょう。
直射日光を避け、通風の良い場所に保管しましょう。
容器の破損などによって塗料や溶剤が漏洩しないよう、丈夫な材質の容器を使用しましょう。
調合には、はかりを使用し、取扱説明書以上に希釈しないようにしましょう。
かくはんのために缶上部を切って開封した場合は、シートなどで、密閉化しましょう(右図)。
洗浄用の溶剤は一時に大量に用いず、少量ずつ回数を多くしましょう。
〔東京都VOC対策ガイド(屋外塗装編)p.28 抜粋〕
塗装時期の変更(夏季から秋・冬季)を検討しましょう。
光化学オキシダントの発生が広域化していることから、
「夏季の VOC 対策」は、東京都・埼玉県・
千葉県・神奈川県・横浜市・川崎市・さいたま市・千葉市・相模原市が共同で呼びかけています。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement