USBハブ・カードリーダー付き マルチ机上ラック取扱説明書 100

USBハブ・カードリーダー付き マルチ机上ラック取扱説明書 100
USBハブ・カードリーダー付き
マルチ机上ラック取扱説明書
100-MR056BK
100-MR056W
1.はじめに
この度はUSBハブ・カードリーダー付きマルチ机上ラック(100-MR056シリーズ)
をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。ご使用の前にこの取扱説明書をよ
くご覧ください。読み終わったあともこの取扱説明書は大切に保管してください。
6.各部名称と働き
8.Windows XPへのインストール(続き)
Windows XPをご使用のお客様
カップホルダー
カップホルダー差込み口
2.動作環境
●対応機種:Windows搭載(DOS/V)パソコン、Apple Macシリーズ
●対応OS:
Windows 7・Vista・XP(SP3以降)、
Mac OS X 10.1.2以降
※USBポートを持ち、パソコン本体メーカーがUSBポートの動作を保証している機種。
<USB1.1対応のUSBポートに接続した場合は、USB1.1の転送速度(1.5Mbps∼
12Mbps)
にのみ対応します。>
※USB2.0の環境で動作させるためにはパソコン本体にUSB2.0ポートが必要です。
※パソコン・USB機器により対応できないものもあります。
書類ホルダー
USBコネクタ
書類ホルダー差込み口
③USBコネクタを接続すると、自動的にインス
トールが行われます。タスクトレイにインスト
ール完了のメッセージが表示され、これでイ
ンストールは完了です。
ゴム足
USBポート3機
3.安全にお使いいただくためのご注意(必ずお守りください)
■警告
下記の事項を守らないと火災・感電により、死亡や大けがの原因となります。
●分解、改造はしないでください。(火災、感電、故障の恐れがあります)
※保証の対象外になります。
●水などの液体に濡らさないでください。(火災、感電、故障の恐れがあります)
●小さな子供のそばでは本製品の取外しなどの作業をしないでください。
(飲み込んだりする危険性があります)
■注意
下記の事項を守らないと事故や他の機器に損害を与えたりすることがあります。
セット内容
最初に
ご確認
ください。
●USBハブ・カードリーダー付きマルチ机上ラック …………1台
(100-MR056BK・W)
●書類ホルダー ………………………………………………1台
●カップホルダー ………………………………………………1台
●ゴム足シート ………………………………………………1枚
●取扱説明書 …………………………………………………1冊
●取付け取外しの時は慎重に作業をおこなってください。
(機器の故障の原因となります)
●次のようなところで使用しないでください。
①直接日光の当たる場所 ②湿気や水分のある場所 ③傾斜のある不安定な場所 ④静電気の発生するところ ⑤通常の生活環境とは大きく異なる場所
●長時間の使用後は高温になっております。取扱いにはご注意ください。
(火傷の恐れがあります)
カードリーダー
xDピクチャーカード
対応スロット(3.3V)
メモリースティック専用スロット
ACCESS LED
メモリースティック メモリースティック メモリースティック メモリー
&Duo
PRO&Duo
PRO-HG
スティック
(High Speed)
マイクロ(M2)
Duo
※1
メディアを挿入する
と点灯します。
■お手入れについて
①清掃する時は電源を必ずお切りください。
②機器は柔らかい布で拭いてください。
③シンナー・ベンジン・ワックス等は使わないでください。
4.取扱い上のご注意
1
●はじめに
2
●動作環境
3
●安全にお使いいただくためのご注意(必ずお守りください)
・警告 ・注意 ・お手入れについて
4
●取扱い上のご注意
5
●特長
6
●各部名称と働き
■Windows
MS/MS
PRO DUO
XD
SD/
MMC
MICRO
SD
SDメモリーカード対応スロット
●Windows XPへのインストール
・正しくセットアップできたか確認する
・正しくセットアップできたか確認する
9
●各種メディアの挿入・取出し
・パソコンの電源が切れている場合
・パソコンの電源が入っている場合
Windows 7・Vistaの場合
Windows XPの場合
10
●各種メディアの使い方
11
●本製品の取外し
・Windows 7・Vistaの場合
・Windows XPの場合
■Apple Macシリーズ
12
●Mac OS X 10.1.2以降へのインストール
・正しくセットアップできたか確認する
13
●メディアの挿入・取出し
・パソコンの電源が切れている場合
・パソコンの電源が入っている場合
14
●本製品の取外し
15
●USB機器の接続
16
●仕様
17
●保証規定
18
●よくある質問
5.特長
●USBポートを3機、カードリーダー、書類ホルダー、カップホルダー、多用途なトレーを備
えデスクワークを快適にします。
●ACアダプタ不要のバスパワータイプです。
●56種類のメディアが読み書きできるカードリーダーです。
をご覧ください。
対応メディアの詳細は弊社WEBサイト
(http://direct.sanwa.co.jp/)
●多くの携帯電話に採用されているmicroSDなど小型メディアがそのまま使えます。 ●アクセスが分かるLED付きです。
●ドライバなしの簡単接続です。
●WindowsでもMacでも使用できます。
●USB2.0/1.1に対応しています。
※USBポートを持ち、パソコン本体メーカーがUSBポートの動作を保証している機種。
<USB1.1対応のUSBポートに接続した場合は、USB1.1の転送速度(1.5Mbps∼
12Mbps)
にのみ対応します。>
※メディアのフォーマットは必ず、使用機器で行ってください。
※メディアの全てを同時に使用できません。
※メモリースティックの「著作権保護されたデータ」には対応していません。
※SDメモリーカードの著作権保護機能には対応していません。
※スタンバイ・休止・スリープ機能には対応していません。
※全てのパソコン、メモリーカードで動作を保証するものではありません。
※SDXCメモリーカードはフォーマット形式が「exFAT」なのでWindows 7・Vista (SP1以降)・XP<SP2以降+マイクロソフト更新プログラム(KB955704)をインス
トールする必要があります。>
リムーバブルディスクのドライブ番号について
Windowsパソコンではリムーバブルディスクのドライブ番号は順番に割当てられます。
パソコン内のドライブがEで終っている場合
表示されるリムーバブルディスクアイコン
リムーバブルディスク(F)…使用しません
リムーバブルディスク(G)…XDピクチャーカードスロット
リムーバブルディスク(H)…SDスロット
リムーバブルディスク(I)…MSスロット
リムーバブルディスク(J)…microSDスロット
microSDカード
対応スロット
64MB
RS-MMC
miniSD
カード※1
SDメモリーカード RS-MMC MMCmicro
(Ver.1.1)
RS-MMC4.0
※1
(SDHC)
カード※1
(SDXC)
マルチメディア
カード
microSD microSDHC
カード
カード
microSDXC
カード
※同時に挿入することはできません。
※1:別途専用アダプタが必要です。
9.各種メディアの挿入・取出し
メディアの挿入
メディアの挿入は、裏表を確認し、スロットに水平に挿入してください。
注意
7.Windows 7・Vistaへのインストール
本製品は、
ドライバをインストールする必要がありません。接続するだけで簡単に使えます。
①パソコンの電源を入れ、Windowsを起動させます。
②パソコンのUSBポートに本製品のUSBコネクタを接続します。
メディアの挿入角度に注意してください。斜めに無理に押し込むと、本体やメディアを
破損する恐れがあります。
①メモリースティック・メモリースティックDuo(PRO・High Speedを含む)
・
メモリースティックマイクロ(M2)の場合
メモリースティック・メモリースティックPRO-HG Duoなど
パソコン の U S B ポ ートはメー
カーによってコネクタの向きが違
います。
よく確認して接続してください。
③USBコネクタを接続後、自動的にインストールが行われます。タスクトレイにインストー
ル完了のメッセージが表示され、
これでインストールは完了です。
ラベル面を上に
して挿入します。
メモリースティックマイクロ(M2)
直接挿入することはできません。
①スロットへ
スロットへ
アダプタ
アダプタ
デスクトップにある「コンピュータ」をクリックして
「リムーバブルディスク」のアイコンが追加されて
いることを確認します。
ADAPTER
8
※XPの場合は、
「スタート」→「マイコンピュー
タ」の場合があります。
ADAPTER
●Windows 7・Vistaへのインストール
デスクトップにある「マイコンピュータ」をダブ
ルクリックして、
「リムーバブルディスク」のアイ
コンが追加されていることを確認します。
M2 Duo
7
●本製品の取付け、取外しをする時には必ずパソコン内(ハードディスク等)のデータをす
べてバックアップ(DVD-R等)をしてください。
●メディア内のデータは、必ず他のメディア(DVD-R等)にすべてバックアップしてください。
※特に修復・再現のできない重要なデータは必ずバックアップをしてください。
※バックアップの作成を怠ったために、データを消失、破損した場合、弊社はその責任を
負いかねますのであらかじめご了承ください。
●本製品のUSBハブはバスパワーでの動作となります、ACアダプタを繋いでの動作は保
証しておりません。
※ACアダプタ使用による、データを消失、破損した場合、弊社はその責任を負いかねま
すのであらかじめご了承ください。
●本製品に電圧が不安定なUSB機器は、接続しないでください。
特に外付けハードディスクを接続した場合は誤作動の原因になることがあります。
※外付けハードディスクの誤作動による、データを消失、破損した場合、弊社はその責任
を負いかねますのであらかじめご了承ください。
●本製品にレターオープナーの機能はありません。刃物を取付ける等の改造はしないでく
ださい。
※改造による、ケガや事故等について弊社はその責任を負いかねますのであらかじめご
了承ください。
xDピクチャーカード
※同時に挿入することはできません。
※同時に挿入することはできません。
デザイン及び仕様については改良のため予告なしに変更することがございます。
本書に記載の社名及び製品名は各社の商標又は登録商標です。
ご使用のパソコンがUSB2.0に対応していない場合やサービスパック1以前の場合
「高速ではないUSBハブに接続している高速USBデバイス」のメッセージがタスクト
レイに表示されます。
サービスパックの場合「さらに高速で実行できるデバイス」のメッセージがタスクトレ
イに表示されます。これは本製品がUSB2.0に対応している機器ですが、接続した
USBポートがUSB2.0に対応していないため表示されるメッセージです。この場合
USB2.0ではなくUSB1.1のスピードで動作します。
※アダプタは別途
お買い上げください。
スロットへ
Windows 7では「コンピューター」です。
②SDXCメモリーカード・SDHCメモリーカード・SDメモリーカード・Wii用SDメモ
リーカード・miniSDHCカード・miniSDカード・マルチメディアカード・MMC
Plus・MMC micro・RS-MMCカード・RS-MMC 4.0の場合
Windows 7は、メディアを挿入していない
状態ではアイコンは表示されません。
リムーバブルディスクのドライブ番号について
Windowsパソコンではリムーバブルディスクのドライブ番号は順番に割当てられます。
SDXCメモリカード・SDHCメモリーカード・SDメモリーカードなど
パソコン内のドライブがEで終っている場合
表示されるリムーバブルディスクアイコン
リムーバブルディスク(F)…使用しません
リムーバブルディスク(G)…XDピクチャーカードスロット
リムーバブルディスク(H)…SDスロット
リムーバブルディスク(I)…MSスロット
リムーバブルディスク(J)…microSDスロット
ラベル面を下に
して挿入します。
8.Windows XPへのインストール
本製品は、
ドライバをインストールする必要がありません。
接続するだけで簡単に使えます。※Windows 98・98SEには対応していません。
miniSDHCカードminiSDカードなど
直接挿入することはできません。
①パソコンの電源を入れ、Windowsを起動させ
ます。
②パソコンのUSBポートに本製品のUSBコネク
タを接続します。
アダプタ
パソコンのUSBポートはメーカーに
よってコネクタの向きが違います。
よく確認して接続してください。
スロットへ
9.メディアの挿入・取出し(続き)
10.各種メディアの使い方
②SDXCメモリーカード・SDメモリーカード.......・RS-MMC 4.0の場合の続き
MMC Plus・RS-MMCカード・RS-MMC 4.0・MMC microなど
RS-MMC
スロットへ
アダプタ
※アダプタは別途お買い上げください。
13.メディアの挿入・取出し
③リムーバブルディスクの中に「DCIM」とい
うフォルダがでています。これは「デジカメ
で撮影された画像が入っているフォルダ」
として、どのデジカメでも共通です。
18.よくある質問
メディアの挿入
メディアの挿入は、裏表を確認し、スロットに水平に挿入してください。
ク
クリッ
注意
カードリーダーを使用する場合に発生する現象ごとに、その原因・対策方法について説明しますの
で、これに沿って、
トラブルを解決してください。
メディアの挿入角度に注意してください。斜めに無理に押し込むと、本体やメディアを破
損する恐れがあります。
※一枚のメディアをフォーマットせず、色々なデジ
カメで使用すると「DCIM」フォルダの中にメー
カー別のフォルダが作成されます。
メディアの取出し
■パソコンの電源が切れている場合
パソコンの電源が切れている場合は、そのままメディアを取出してください。
④「DCIM」フォルダをクリックすると、メー
カー特有のフォルダができます。
■パソコンの電源が入っている場合
メディアのアイコンを選択し、ゴミ箱にドラッグ&ドロップし、
デスクトップからアイコンがなくなったことを確認後、メディ
アを取出してください。
※フォルダはメーカー・機種によって異なります。
「マイコンピュータ」の中に「リムーバブルディスク」のアイコンが表示されない。
●原因 …… 本製品が接続されていません。
●対策 …… 一度、USBポートから本製品を抜き、接続し直してください。
それでも同じ現象が出る場合は、別のUSBポートに接続してください。
①
「リムーバブルディスク」のアイコンをクリックすると、「ドライブにディスクを挿入してく
ださい」などの表示が出る。
●原因(1)… メディアが正しくセットされていません。
●対策 …… メディアの向きを確認して、再びスムーズに挿入してください。
●原因(2)… メディアがフォーマットされていません。
●対策 …… フォーマットをしてください。
※ご使用の環境によって、メディアアイコンは異なります。
スロットへ
アダプタ
⑤このフォルダの中に画像は入っています。パソコンに保存する場合はドラッグして希望
のフォルダに移動してください。
・あくまでも一般的な使用方法であり、OS・デジカメメーカーによって異なる場合があります。
・携帯電話で撮影した画像は各携帯電話メーカーによって異なります。携帯電話の取扱説
明書をご覧ください。
・動画を再生する場合は、対応のコーデックが必要です。お持ちのデジタルカメラの取扱説
明書をご覧ください。
③xDピクチャーカードの場合
xDピクチャーカード
11.本製品の取外し
注意
ラベル面を上にして
挿入します。
※注意
デジタルカメラ、携帯電話でもご使用になる場合は、必ず、デジタルカメラ、携帯電話側
でフォーマットしてください。パソコン側でフォーマットした場合、デジタルカメラ・携帯電
話側で認識しない場合があります。尚、Windows上でフォーマットしたメディアは、Mac
OSでも読むことはできますが、Mac OS上でフォーマットしたメディアは、Windowsで
読むことはできませんので、
ご注意ください。
○
Windows
②
メディアの取出し作業の終了後、本製品にメディアが入っていないことを確認してから、
パソコンのUSBポートから本製品のUSBケーブルを抜き取ります。
注意
※アダプタは別途お買い上げください。
14.本製品の取外し
本製品を取外す時には、本製品にアクセスしているアプリケーションをすべて
終了してください。ファイルのコピー中など、アクセス中に本製品を取外すと、
データが壊れたり、消失する恐れがあります。
注 意 本製品を取外す時は、本製品にアクセスしているアプリケーションをすべて終了させてく
ださい。ファイルのコピー中など、アクセス中に本製品を取外すと、データが壊れたり消
失する恐れがあります。
Windows上でフォーマットしたメディア
Mac OS上でフォーマットしたメディア
15.USB機器の接続
①USB機器の接続は本機のUSBコネクタが正常に接続されていることを確認してから
おこなってください。USB機器の接続は、各機器の取扱説明書にしたがっておこなっ
てください。
②USB機器を本USBハブのダウンストリームポート
(Aコネクタ)
に接続してください。
○
Mac OS
×
Windows
○
Mac OS
デスクトップ上にカードリーダーのアイコンが表示されない。(Macの場合)
●原因(1)…メディアの入れ方が遅すぎます。
●対策 ……一度、メディアを抜いて、再び、素早く挿入してみてください。
③
●原因(2)…デスクトップ上にアイコンが表示されるまで、
しばらく時間がかかる場合があ
ります。
●対策 ……しばらくお待ちください。
■ 接続図
■Windows 7・Vistaの場合
①タスクバーにある「ハードウェアの取り外し」アイコンをクリックします。
④microSDXCカード・microSDHCカード・microSDカード・T-Flashの場合
microSDXCカード・microSDHCカード・microSDカード・T-Flashなど
ク
クリッ
Windows 7でタスクバーに
アイコンが表示されない場合はそのまま
取外してください。
①
注意
アイコンが表示されない場合はWindowsのヘルプを参照してください。
USB2
USB3
④「ハードウェアの取り外し」が表示されていることを確認して「OK」をクリックして本製
品をパソコンから取外します。
※画像は、使用機器・OSによって若干異なります。
■Windows XPの場合
①タスクバーにある「ハードウェアの安全な取り
外し」アイコンをダブルクリックします。
●Windows 7・Vistaの場合
①本製品に挿入されているメディア内のデータを使用しているアプリケーションをすべて
終了します。
注意
アイコンが表示されない場合はWindowsのヘルプを参照してください。
②「ハードウェアの安全な取り外し」が表示されますので、「USB大容量記憶装置デバイス」
を選択し、「停止」をクリックします。
Windows 7では「コンピューター」です。
③「リムーバブルディスク」を右クリックして、表示されたメニューから「取り出し」をクリッ
クします。
③「USB大容量記憶装置デバイス」が表示されていることを確認して、「OK」ボタンをク
リックします。
④「ハードウェアの取り外し」の吹き出しが表示され
ていることを確認して、USBケーブルをパソコン
から取外します。
④メディアをスロットから取出します。
●Windows XPの場合
①本製品に挿入されているメディア内のデータを使用しているアプリケーションをすべて
終了します。
②「スタート」→「マイコンピュータ」をクリックします。
③「リムーバブルディスク」を右クリックして、表示されたメニューから「取り出し」をク
リックします。
④メディアをスロットから取出します。
注 意 アクセス中に、本製品からメディアを取出すと、データが破壊されたり、消失する恐れが
あります。
※画像は、使用機器・OSによって若干異なります。
12.Mac OS X 10.1.2以降へのインストール
※本製品は、
ドライバをインストールする必要がありません。
①パソコンの電源を入れ、Mac OSを起動させます。
②パソコンのUSBポートに、本製品のケーブルを接続します。
USBハブを経由してパソコンに接続する場合は、必ずセルフパワーモードで使用して、
USBポートに電源が供給できる状態にしてください。
ACアダプタで電源供給できないUSBハブは使用できません。
パソコンのUSBポートはメーカーに
よってコネクタの向きが違います。
よく確認して接続してください。
10.各種メディアの使い方
■デジカメで撮影した画像を見る
①カードリーダーにメディアを挿入します。
③これでインストールは完了です。 ※メディアを挿入しないとアイコンは表示されません。
ク
クリッ
Windows 7では「コンピューター」、Windows Vistaでは「コンピュータ」です。
カードリーダーのスロットにメディアを挿入すると、デスクトップにアイコン
が表示されます。
※アイコンが表示されるまでに、5∼6秒かかる場合があります。
※画像は、OSによって若干異なります。
※ご使用の環境によってメディアアイコンは異なります。
⑥
携帯電話で録画した動画ファイルをパソコンで再生できない。
●原因……携帯電話で録画した動画ファイルをパソコンで再生するには拡張子に対応し
た再生ソフトやコーデックが必要になる場合があります。
●対策……携帯電話のメーカーに問合わせてください。
パソコン
●USB2.0対応の機器同士を接続する場合には、USB2.0対応のケーブルをご使用ください。
●USB2.0の機器とUSB1.1の機器は、混在して使用することができます。この場合、USB1.1
の機器は1.5∼12Mbpsの速度で動作します。また、USB2.0の機器も、USB1.1規格のUSB
ハブに接続した場合は1.5∼12Mbpsの速度で動作します。
※USB2.0/1.1両モードをサポートしている機器の場合
●USBハブ同士を接続(カスケード接続)することで、USBはどんどん拡張することができます。
●カスケード接続する場合は、すべてのUSBハブにACアダプタを接続し、セルフパワーモード
でご使用ください。
●USBの規格では接続可能なUSB機器は最大で127台まで、またカスケード接続の段階は最
大で6階層までとなっています。
●USB機器とUSB機器を接続するケーブルは最長で5mまでとされています。
●USBでは、パソコン本体側(パソコンにより近い側)をアップストリーム(上流)
と呼び、パソコン
からより遠い側をダウンストリーム(下流)
と呼びます。
保証書
16.仕様
100-M R05 6(
型番
) シリーズ
シリアルナンバー
お名前
ご住所
TEL
販売 店
②「スタート」→「コンピュータ」をクリックします。
⑤
カードリーダーを取外すことができない。
取外しの操作をすると「USB大容量記憶装置デバイスの取り外し中にエラーが発生しま
した」というメッセージがでる。
●原因……カードリーダーに挿入されているメディアが使用中です。
●対策……すべてのアプリケーションを終了してください。
終了後もう一度取外しを行ってください。
お 客 様
■パソコンの電源が入っている場合
ク
クリッ
ダブル
携帯電話でダウンロードした音楽がパソコンにうつせない。
●原因……本製品は著作権保護機能には対応していません。
Copy holder
③「ハードウェアデバイスの停止」が表示されるので「OK」をクリックします。
メディアの取出し
■パソコンの電源が切れている場合
パソコンの電源が切れている場合は、そのままメディアを取出してください。
②マイコンピュータの中にあるリムーバブル
ディスクのアイコンをクリックします。
USB1
②「ハードウェアの安全な取り外し」が表示されますので「USB大容量記憶装置」を選択し、
「停止」をクリックします。
ラベル面を下にして
挿入します。
④
②USB機器、USBメモリ等
販売店名・住所・TEL
担当者名
<カードリーダー部> <USB ハブ部>
インターフェース
USB Ver.2.0準拠
(USB Ver.1.1上位互換)
xDピクチャーカード対応スロット
ス ロ ッ ト (3.3V)×1
メモリースティック専用スロット×1
SDメモリーカード対応スロット×1
microSDカードスロット×1
サ イ ズ・重 量
ケーブル長
供 給 電 流
消 費 電 流
インターフェース
コ ネ ク タ
USB Ver.2.0準拠
(USB Ver.1.1上位互換)
保証期間 6ヶ月
お買い上げ年月日 年 月 日
USB Aコネクタ メス×3
(ダウンストリーム)
電 源 供 給
バスパワー
通 信 速 度
480Mbps/12Mbps/
1.5Mbps(理論値)
W540×D100×H75mm(ケーブル除く)・約700g
約1.0m<USB Aコネクタ オス
(アップストリーム)>
320mA(全ポート合計)
動
作
時 180mA(MAX)
ス タ ン バ イ 時 150mA(MAX)
17.保証規定
1.保証期間内に正常な使用状態でご使用の場合に限り品質を保証しております。
万一保証期間内で故障がありました場合は、弊社所定の方法で無償修理いたしますので、保証書を本製品に添
えてお買い上げの販売店までお持ちください。
2.次のような場合は保証期間内でも有償修理になります。
(1)
保証書をご提示いただけない場合。 (2)
所定の項目をご記入いただけない場合、あるいは字句を書き換えられた場合。 (3)
故障の原因が取扱い上の不注意による場合。 (4)
故障の原因がお客様による輸送・移動中の衝撃による場合。
(5)
天変地異、
ならびに公害や異常電圧その他の外部要因による故障及び損傷。
3.お客様ご自身による改造または修理があったと判断された場合は、保証期間内での修理もお受けいたしかねます。
4.本製品の故障、
またはその使用によって生じた直接、間接の損害については弊社はその責を負わないものとします。
5.本製品を使用中に発生したデータやプログラムの消失、
または破損についての保証はいたしかねます。
6.本製品は医療機器、原子力設備や機器、航空宇宙機器、輸送設備や機器などの人命に関わる設備や機器、及び高
度な信頼性を必要とする設備や機器やシステムなどへの組み込みや使用は意図されておりません。
これらの用
途に本製品を使用され、人身事故、
社会的障害などが生じても弊社はいかなる責任も負いかねます。
7.修理ご依頼品を郵送、
またはご持参される場合の諸費用は、お客様のご負担となります。
8.保証書は再発行いたしませんので、大切に保管してください。
9.保証書は日本国内においてのみ有効です。
2012.07現在
〒700-0825 岡 山 県 岡 山 市 北 区 田 町 1 - 1 0 - 1
TEL.086-223-3311 FAX.086-223-5123
12/07/KTDaSz
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement