ECセンサー - 藤原製作所

ECセンサー - 藤原製作所
土 壌 E C / p F 計
PFC-
FC-42型用
ECセンサ
ECセンサ
取 扱 説 明 書
株式会社
藤原製作所
はじめに
この度は土壌EC/pF計 PFC-42型用ECセンサをお求め頂きまして、有り難
う御座います。このECセンサはPFC-42型専用の土壌用ECセンサです。
測定したい土壌にECセンサを設置しておき、測定時にPFC-42型を接続すれば、
EC値を直接読み取る事が出来ます。
植物は生育するための養分を、主に土壌中から根を通して取り込みます。土壌に含まれ
る養分は、水溶性の形で存在します。養分が多くあれば電流は流れやすく、少なければ電
流は流れにくくなります。この電流の流れは、電気伝導度(EC=Electric Conductivity)
として測定する事が出来ます。ECを測定する事によって、土壌中の養分量を知る事が出
来ます。
・ ご使用の際には本取扱説明書と共に、PFC-42型の取扱説明書をよく読んで戴き、
正しく、安全にご使用下さい。
・ 本取扱説明書は、実際に操作されるご担当者のお手元に有るよう、心がけて下さい。
・ ご不明な点や修理が必要な場合は、弊社、又は販売店にご連絡下さい。
取り扱い上の注意
・センサは分解
分解しない
分解しないで下さい。故障の原因になる事があります。
しない
・高温
高温、
避けて下さい。
高温、多湿、
多湿、又は急激な
急激な温度変化がある場所での使用、及び保管は避
温度変化
けて
・センサに強
強い衝撃を
衝撃を与えないで下さい。故障の原因になる事があります。
えない
・センサのコードを強
強く引っ張ったり、ねじったりしない
ったり ねじったりしないで下さい。
ねじったりしない
・ センサコネクタ
コネクタ部
本体から
外さない
コネクタ部が濡れている時
れている時は、PFC-42型本体
本体から電極コネクタを外
から
で下さい。
目
次
ページ
・ はじめに
・ 取り扱い上の注意
1.構成と各部の名称
……………………………………………………………
(1)構成 ………………………………………………………………………
(2)各部の名称 ………………………………………………………………
2.動作確認
………………………………………………………………………
(1)塩化カリウム標準液の調製 ……………………………………………
(2)動作確認 …………………………………………………………………
3.測定
……………………………………………………………………………
(1)ECセンサの埋設 ………………………………………………………
(2)測定 ………………………………………………………………………
4.測定の終了と保管
(1)保管方法
(2)保管場所
5.保守
……………………………………………………………
…………………………………………………………………
…………………………………………………………………
……………………………………………………………………………
(1)ECセンサチップの温水洗浄 …………………………………………
(2)ECセンサチップの交換 ………………………………………………
6.補用品
7.仕様
1
1
1
2
2
3
4
4
6
7
7
7
8
8
9
…………………………………………………………………………
10
……………………………………………………………………………
10
1. 構成と各部の名称
(1)構成
ECセンサ
EL2121-KM 型
取扱説明書
(2)各部の名称
乾燥防止キャップ
センサ受感部の乾燥を防止します。
動作確認時、測定時以外は必ず水
センサ支持管
を入れ、受感部に取り付けて下さい。
センサチップ
EC を測定する部分です。
壊れた時など、交換が可能
です。
センサコード(5m)
防水キャップ
コネクタ
コネクタの防水用キャップです。動作
メータ本体に接続する時は、PFC-42 型
確認時、測定時以外はコネクタに
取説「4.準備」の「5.センサの接続」を
被せ、水・埃が入らないように
ご参照下さい。
しっかりと止めて下さい。
1
2. 動作確認
ECセンサは受感部がハンドメイドの為、1本1本少しずつ値が違い、そのまま使用す
ると間違った値を示してしまいます。その違いを補正する為の定数が各センサにあります。
そこで定数(「セル定数」と言います。)が正しいかどうかを確認する作業を行います。
注意:
注意:測定を
測定を始める前
める前に必ず動作確認を
動作確認を行って下
って下さい。
さい。
(1)塩化カリウム標準液の調製
① 以下の物を準備して下さい。
・特級塩化カリウム試薬
・乾燥機
・デシケータ
・天秤
・1度沸騰させて冷ました純水(脱気水)1L
② 特級塩化カリウムを105℃で2時間乾燥させ、デシケータ中で放冷します。
③ 乾燥・放冷した塩化カリウムを1.86g量り取ります。
④ 1度沸騰させて冷ました純水(脱気水)に量り取った塩化カリウムを溶かし、全量
を1Lにします。
この溶液を標準液として使用します。この標準液は5
5/200mol/L
200mol/L の濃度の
濃度の塩化カリ
塩化カリ
ウム液
25℃
ウム液で、25
25℃で333mS/m
333mS/m の導電率を示します。他に温度補償機能付きの導電率計が
ある場合は、それを用いて333mS/m になるように濃度を調整して下さい。
2
(2)動作確認
① 標準液を500mL 位のビーカに入れ、
スターラで緩く撹拌します。
② センサの乾燥防止キャップを取り、テ
ィッシュペーパー等で受感部に付いた
水分を押さえます。センサの受感部が
5㎝以上標準液に浸るようにセットし
ます。
③ 標準液に2時間以上浸透後、センサの
防水キャップを外し、メータ本体の1ch.
にセンサを接続します。メータの「PO
WER」キーを押して電源を入れ、EC
測定モードにして下さい。
④ 値が333±20mS/m 以内である事を確認して下さい。値が範囲外であればセル
セル定
範囲外
セル定
数の再設定が必要です。PFC-42型取説「5-1.土壌EC測定」の「3.校
再設定
正」(5-4ページ)をよく読んで、セル定数を再設定して下さい。
⑤ メータの「POWER」キーを押して電源を切り、センサをメータから外し、セン
サコネクタに防水キャップを取り付けます。
⑥ 標準液に浸していたセンサを純水に約2時間浸し、値を下げます。充分値が下がっ
たら、乾燥防止キャップに脱気水を入れ、空気が入らないようにセンサ受感部に被
せておきます。
3
3.測定
注意:
注意:測定を
測定を始める前
める前に必ず動作確認を
動作確認を行って下
って下さい。
さい。
(1)ECセンサの埋設
① 移植ゴテ等で測定したい深さまで穴を掘り
ます。土壌表面に肥料などが残っている場
合、石や木屑など堅い物がある場合は、そ
れぞれ取り除いて下さい。
注意:
注意:堅い土壌に
土壌に直接センサ
直接センサを
センサを差したり、
したり、
センサ受感部
センサ受感部に
受感部に石などが当
などが当たると、
たると、
センサ受感部
センサ受感部を
受感部を破損するおそれがあ
破損するおそれがあ
ります。
ります。
② センサを埋設する穴に少量の純水を入れ、
センサ受感部と土の密着を良くするように
します。
③ センサの乾燥防止キャップを取り、埋設す
る穴にセンサを差し込みます。
4
④ 掘り起こした土をセンサの周りに少しずつ
埋め戻します。なるべく均一に埋め戻して
下さい。ときどき純水等を振りかけると、
土が締まってセンサをしっかりと支持出来
ます。
注意:
注意:コネクタ部
コネクタ部は直接地面に
直接地面に置かず、
かず、ブロックや
ブロックや木の枝等を
枝等を用いて、
いて、地面から
地面から少
から少し持
ち上げておいて下
げておいて下さい。
さい。コネクタ部
コネクタ部を泥汚れから
泥汚れから防
れから防げます。
げます。
参考:検土杖やソイルオーガ等を用いてセンサを埋設する事も可能です。センサ支持管
の外径が18mm なので、直径18mm の穴が開けられる検土杖やソイルオーガ等を
使用して下さい。埋設する深さより2~3cm 浅い穴を開け、少量の純水を入れま
す。センサをゆっくり差し込み、最後に少し強く押し込んで所定の深さに埋設し
ます。この場合、センサ受感部先端の土壌に石や礫等の有無がわかりません。充
分注意して作業を行って下さい。
5
(2)測定
注意:
注意:測定は
測定はセンサを
センサを埋設して
埋設して24
して24時間経過
24時間経過してから
時間経過してから行
してから行うようにして下
うようにして下さい。
さい。埋設後す
埋設後す
ぐは正
ぐは正しい測定値
しい測定値が
測定値が得られません。
られません。
① コネクタ部に水や泥等が付着している場合
は、拭き取ります。センサの防水キャップを
外し、コネクタをメータ本体の1ch.に接続
します。
② メータの「POWER」キーを押して電源
を入れ、EC測定モードにします。
③ リアルタイムに測定値が表示されます。測
定値が安定した時点で数値を読み取って下さ
い。
④ 測定値をメモリする場合は、PFC-42型取説「6-3」ページの「2.データメモ
リ機能」をご参照下さい。
⑤ センサを複数本設置してある等、次のセンサの測定に移る時は、メータの「POWER」
キーを押して、電源を切ります。メータ本体からセンサコネクタを外し、測定の終わっ
たセンサの防水キャップを取り付けてから、次の測定に移って下さい。
⑥ データロギング測定を行う場合は、PFC-42型取説「5-8」ページの「(2)デ
―タロギング測定」をご参照下さい。
注意:
注意:近い場所で
場所で複数本の
複数本のデータロギング測定
データロギング測定を
測定を行うと、
うと、センサが
センサが干渉し
干渉し合い、測定値
が不安定になります
不安定になります。
になります。又、絶縁性のない
絶縁性のない他
のない他の測定器が
測定器が近くにある場合
くにある場合も
場合も、測定値
に影響を
影響を与える事があります
があります。
ます。
注意:
注意:土壌が
土壌が乾燥する
乾燥すると
すると、測定値が
測定値がゼロに
ゼロに近づき不安定
づき不安定になります
不安定になります。
になります。しかし、
しかし、潅水や
潅水や降
雨等で土壌が
土壌が吸水す
吸水すると、
ると、また測定出来
また測定出来るようになります
測定出来るようになります。
るようになります。pF2
pF2.5前後がその
前後がその
境目にな
境目になります
になります。
ります。
6
4. 測定の終了と保管
測定が終了した時は、センサを土壌から掘り起こします。付着した土をスポンジ等で洗
い落とし、水気を拭いて下さい。乾燥防止キャップに純水を入れ、センサ受感部に空気が
なるべく入らないように、しっかり被せて保管して下さい。
注意:
注意:センサコードや
センサコードやセンサ支持管
センサ支持管は
支持管は汚れ(主に土)が徐々に付着して
付着して取
して取れなくなりま
すが、
すが、薬品や
薬品や金ブラシ等
ブラシ等でムリに
ムリに汚れを落
れを落とさないで下
とさないで下さい。
さい。
注意:
注意:測定中圃場
測定中圃場に
圃場にセンサコードを
センサコードを這わせていると、
わせていると、動物に
動物にコードを
コードを囓られる事
られる事があり
ます。
ます。測定中や
測定中や測定終了時に
測定終了時に点検して
点検して下
して下さい。
さい。浅い噛み跡であればビニルテープ
であればビニルテープ
等で補修して
補修して下
して下さい。
さい。
(1)保管方法
誤った保管方法は故障の原因になったり、センサの寿命を縮める原因になります。良好
な状態で保管され、必要な時にいつでも使用できるように注意して保管して下さい。
① コネクタの防水
防水キャップ
コネクタの汚れ
防水キャップは
キャップはコネクタに
コネクタに取り付けたまま保管
けたまま保管して下さい。
保管
を防止できます。
② センサの汚れをよく落としてから保管して下さい。
③ センサ受感部の乾燥防止のため、乾燥防止キャップに純水を入れ、センサ受感部に空気
がなるべく入らないようにしっかり被せて、保管して下さい。
(2)保管場所
次のような場所に保管して下さい。
・
・
・
・
・
・
・
常温に近いところ
直射日光の当たらないところ
湿気の少ないところ
振動のないところ
塵、埃の少ないところ
腐食性のガスのないところ
水のかからないところ
注意:窓を閉め切った自動車内
った自動車内や
自動車内や、直射日光の
直射日光の当たるところ、
たるところ、冷暖房器具の
冷暖房器具の近くなどは、
くなどは、
変形、
変形、変色、
変色、故障の
故障の原因になりますので
原因になりますので、
になりますので、そのような場所
そのような場所に
場所に放置しないで
放置しないで下
しないで下さい。
さい。
7
5. 保守
(1)ECセンサチップの温水洗浄
土壌は乾湿を繰り返したり、肥料分が多い時には表面に塩が噴いたようになる事があり
ます。そのような場所だけでなく測定を行っているうちに、センサ受感部であるセラミッ
クの空隙に肥料分の塩類が析出したり、セラミックの空隙に空気を咬んだりして、測定値
が不安定になります。そのような時は、ECセンサチップの温水洗浄を行って下さい。
① 80℃に加温した水(水道水で可)を
スターラで緩く撹拌します。
② センサの乾燥防止キャップを外します。
センサチップ部分を温水に浸し、1晩放
置します。水温は室温まで徐々に下がっ
てもかまいません。
この作業を行う事で、セラミック空隙に析出した塩類を取り除け、セラミック空隙に咬
んだ空気を追い出せます。
その後、「2.動作確認」を行って下さい。
8
(2)ECセンサチップの交換
「ECセンサチップの温水洗浄」を行っても「2.動作確認」が出来ない場合や、測定
値が不安定な場合は、ECセンサチップが劣化、又は破損している可能性があります。そ
のような時は、ECセンサチップを交換して下さい。
① サイズ1.5の六角レンチで、2本のセンサチップ取付用六角穴付き止めネジを反時計
方向に回して緩めます。
② センサチップをゆっくり引き出し、センサチップコネクタを外します。
センサチップ
センサチップコネクタ
センサ支持管
六角穴付き止めネジ
六角レンチ
③ 新しいセンサチップをセンサチップコネクタに接続し、センサチップをゆっくりセンサ
支持管に差し込みます。
④ センサ支持管とセンサチップの間に隙間が出来ないように、しっかりと差し込み、止め
ネジでセンサチップを固定します。
⑤ 「2.動作確認」を行い、新しいセンサチップのセル定数を設定します。
9
6.補用品
以下の補用品を準備しておくと、万一壊れたり無くなった場合に便利です。
①
②
③
④
土壌用ECセンサ EL2121-KM型
土壌用ECセンサチップ
乾燥防止キャップ
六角レンチ
7.仕様
製 品
型
製品分
測定範
名
式
類
囲
分
能 :
解
温度補償
使用温度
組合せ本体
外形寸法
:
:
:
:
:
:
:
:
センサ重量 :
土壌用ECセンサ
EL2121-KM型
セラミックス電極式
EC 0~500mS/m
温度 0~50℃
EC 1mS/m
温度 0.1℃
自動0~50℃(25℃換算)
0~50℃
PFC-42型
センサ部 φ18×250㎜
リード線 φ6、L=5m
約350g
10
株式会社 藤原製作所
本社
〒114-0024 東京都北区西ヶ原1丁目46番16号
TEL.03-3918-8111
FAX.03-3918-8119
URL:http://www.fujiwara-sc.co.jp
E-mail:[email protected]
11
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement