testo Comfort ソフトウェア Basic 5

testo Comfort ソフトウェア Basic 5

testo Comfort ソフトウェア Basic 5

取扱説明書

2

1 目次

1 目 次

1 目 次...............................................................................................................3

2 説明書について.................................................................................................4

3 仕様......................................................................................................................5

3.1 概要....................................................................................................5

3.2 システム要件....................................................................................5

4 準備作業...........................................................................................................6

4.1 ソフトウェアのダウンロード...............................................................6

4.2 ソフトウェア/ドライバのインストール.............................................6

4.3 ソフトウェアの起動.......................................................................... .8

5 ソフトウェアの使用法 .........................................................................................9

5.1. スタート画面.....................................................................................9

5.2. 設定...................................................................................................9

5.3. 計測器の接続.............................................................................10

5.4. 計測器の設定..............................................................................12

5.5. 計測データのインポート..............................................................14

5.6. 計測データの解析.......................................................................15

6 ヒントおよび補足情報....................................................................................16

6.1. トラブルシューティング.........................................................................16

3

2 説明書について

2 説明書について

> ご使用の前に、この取扱説明書をよくお読みいただき、正しい取り扱い方

法をご理解ください。特に、人が傷害を負ったり、製品が損傷したりするこ

とを防止するため、安全上のご注意や警告は必ずお読みください。

> 必要な場合に参照できるように、常にこの説明書をお手元に置いてくださ

い。

> この説明書は、製品とともに後任担当者に必ずお引継ぎください。

本ソフトウェアを使用するには、Windows

®

オペレーティング・システムに

関する知識が必要です。

この説明書で使用している記号の意味は次の通りです。

文字/記号 説明

重要情報:取扱上の注意や重要事項に関する説明です。

1.

...

2.

...

> ...

- ...

メニュー

[OK]

... | ...

“...”

操作: 連続する操作です。

番号に従って操作してください。

操作: 単独の操作、またはオプションの操作です。

操作の結果を示します。

ソフトウェアによりディスプレイ上に表示される文字や記号

などを表します。

計測器上のコントロール・キーまたはプログラムにより表示さ

れるコントロール・ボタンを表します。

メニュー内の機能/パスを示したものです。

入力値の例を示したものです。

4

3 仕様

3 仕様

3.1 概要 testo Comfort ソフトウェア Basic 5 は、testo 製計測器(以下「計測器」と

呼びます)で記録したデータを PC 上に読み出し、グラフで表示したり、外部保

存したりするための PC 用ソフトウェアです。

PC に計測器のデータを読み込む際は、専用のシリアル・インタフェースが必要

となります。

計測器で記録したデータには日付や時間も記録されています。

3.2

システム要件

オペレーティング・システム(OS)

本ソフトウェアを作動させるには次の基本ソフトが必要です。

• Windows XP Service Pack 3 (SP3) 以降

• Windows Vista

• Windows 7

• その他:ご要請があれば対応

ハードウェア

本ソフトウェアで快適に作業を進めるには、次の要件が満たされている必要が

あります。

• USB1.1 以上のポート

• Internet Explorer 5.0 SP1 またはそれ以上

• 2 GHz以上の CPU

日付・時間は、PC の日付・時間を使用して自動的に設定されます。

システム管理者は、計測データの信頼性を高めるため、日付・時間

の設定が実際の日付・時間と合致しているか定期的に確認し、必

要に応じ調整してください。

5

4 準備作業

4 準備作業

4.1 ソフトウェアのダウンロード testo Comfort ソフトウェア Basic 5 は、testo 社のホームページから

インターネットを通じてダウンロード可能ですが、CD(製品型番:

0572.0580)でも入手可能です。

1. インターネットを通じてのtesto Comfort ソフトウェア Basic 5のダウンロード

は、testo社のホームページ(www.testo.com/download-center)から自

由に可能です。(登録は必要です)

2. ソフトウェアの ZIP ファイルを PC へ保存します。

4.2 ソフトウェア/ドライバのインストール

本ソフトウェアのインストールには、アドミ二ストレータの権限が必要です。

Comfort ソフトウェアのバージョン 3.4 あるいは 4.0 が既にインストールさ

れている場合は、下記の手順に従ってインストールを行ってください。

1. 既存ソフトウェアの更新。 testo社のホームページ(www.testo.com/download-center)か

ら自由にダウンロード可能です。(登録は必要です)

2. Comfort ソフトウェアのバージョン 5 のインストール。

3. アーカイブから機器リンクを削除し、Autodect により再度リンクを行

います。Comfort ソフトウェア 3.4 の取扱説明書を参照ください。

1. ダウンロードしたソフトウェア・プログラムZipファイルが入っているフォルダを選

択して、Zipファイルを解凍します。

または

1. コンピュータのCD-ROMドライブにソフトウェア・プログラムCDを入れます。

2. Setup.exe ファイルをクリックして起動します。

3. インストール・ウィザードの指示に従い作業を進めます。

Windows Vista にインストールする場合:

次の手順に従ってインストレーションを進めてください。

・ 「ユーザー・アカウント制御」ウィンドウが開きます。

> 「続行」をクリックします。

・ 「Windows セキュリティ」ウィンドウが開きます。

> 「このドライバソフトウェアをインストールします」をクリックします。

4. ソフトウェアのインストールを終了するには、「完了」をクリックします。

6

4 準備作業

ソフトウェアのインストール完了後、PC に計測器を接続して、ドライバのイ

ンストールを続行します。

5. USB ケーブルを使用して、PCに計測器を接続します。

- 接続が確立します。

- ドライバのインストールが自動的に始まります。

Windows XP の場合: ソフトウェアがインストールされると、データロガと

PC の接続に使用する USB ポートをシステム管理者が設定できるよう

になります。

1. データロガをUSBポートに接続します。

2. 175

_

176 ドライバをインストールします。

> データロガの接続が可能となり、システム管理者の権限がなくて

も USB ポートが使用できるようになります。

Comfort ソフトウェア 5 のアンインストールを行うと、手作業によるドライ

バのアンインストールも必要となります。

ドライバのインストールが自動的に始まらない場合は、次の手順でインストール

を行ってください。

Windows XP の場合:

- 「新しいハードウェアの検出」ウィンドウが開きます。

1. 「いいえ、今回は接続しません」を選択し、「次へ」をクリックします。

2. 「ソフトウェアを自動的にインストールする」を選択し、「次へ」をクリックします。

ドライバが自動的に検出されない場合:

> CD 内の「Driver」フォルダを選択して、「次へ」をクリックします。

3. 「完了」をクリックします。

Windows Vista/Windows 7 の場合:

- 「新しいハードウェアの検出」ウィンドウが開きます。

1. 「ドライバ ソフトウェアを検索してインストールします」をクリックして、

「続行」をクリックします。

ドライバが自動的に検出されない場合:

> 「コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します」をクリックして、

「参照」ボタンをクリックします。CD 内の「Driver」フォルダを選択して、

「次へ」をクリックします。

- 「Windows セキュリティ」ウィンドウが開きます。

2. 「このドライバ ソフトウェアをインストールします」をクリックします。

3. 「閉じる」をクリックします。

7

4 準備作業

4.3 ソフトウェアの起動

Comfort ソフトウェアを起動する

Comfort のユーザー・インタフェースは、PC のオペレーティング・システ

ムが日本語をサポートしていない場合は、英語で表示されます。

> 「スタート」→「プログラム(Windows XP) または すべてのプログラム

(Windows Vista, Windows 7)」 → 「Testo」 → 「Comfort Software」

の順にクリックします。

Windows Vista の場合は、ソフトウェアを最初に起動すると、

「ユーザー・アカウント制御」ウィンドウが開きます。

> 「許可」をクリックします。

8

5 ソフトウェアの使用法

5 ソフトウェアの使用法

5.1. スタート画面

Comfort ソフトウェア Basic 5 を起動すると、下記のようなスタート画面が表示さ

れます。

① メニュー・バー(ステータス情報付き)

クイック・アクセス・ボタン(プレビュー画面付き)

計測器が何も接続されていないと、画面上には接続用画面が表示

されます。

5.2. 設定

画面上に表示されるユーザー・インタフェース言語は、オペレーティン

グ・システムの言語で表示されます。そのオペレーティング・システム言

語をサポートしていない場合は、英語で表示されます。

1.

メニューの「設定」を選択します。

2.

言語を選択します。

3.

[保存]をクリックします。

4.

ソフトウェアを閉じます。

5.

ソフトウェアを開きます。

- 設定言語で、ソフトウェアのユーザー・インタフェース画面が開きます。

9

5 ソフトウェアの使用法

5.3. 計測器の接続

✓ 計測器を PC へ接続します。

> スタート画面あるいはメニューから、計測器|計測器の選択 を選択します。

- 計測器が写真、型番名とともに表示されます

10

1. PC へ接続されているデータロガ(0572.1560、0572.6560、0572.1751-1754、

0572.1761-1767 など)があると、ここに表示されます。

2.

Comfort ソフトウェアが起動すると、必ず表示されるデータロガ(0572.1560、

0572.6560、0572.1751-1754、0572.1761-1767 など)がここに表示されます。

3. 接続されている COM ポートを選択するためのボタンです。

データロガ(0572.1560、0572.6560、0572.1751-1754、0572..1761-1767 など)

の場合

1. データロガを選択して、「接続」をクリックします。

同時に複数のデータロガを選択できません。

- メニュー・バーの左端に計測器の写真が表示されます。

- 「接続」と表示されていたボタンが、「切断」の表示に変わります。

- 計測器|ステータス が表示されます。

ステータス・ディスプレイには各種情報が表示されますが、その表示を

変更することはできません。

5 ソフトウェアの使用法

データロガ(0563.1741、0563.1754-1761、0563..1771-1775、0554.1778 など)

の場合

1. COM ポートを選択します。(通常は、一番大きな番号の COM ポートから選

選択します。下記の「接続できなかった場合」を参照)

2. データロガを選択して、「接続」をクリックします。

同時に複数のデータロガを選択できません。

- メニュー・バーの左端に計測器の写真が表示されます。

- 「接続」と表示されていたボタンが、「切断」の表示に変わります。

- 計測器|ステータス が表示されます。

ステータス・ディスプレイには各種情報が表示されますが、その表示を

変更することはできません。

接続できなかったとき:

Windows XP の場合:

1. スタート|コントロール・パネル|パフォーマンスとメンテナンス|システム|ハ

ードウェア|デバイス・マネジャーを選択します。

Windows Vista の場合:

1. スタート|システム・コントロール|システムとサウンド|デバイス・マネジャー

を選択します。

Windows 7 の場合:

1. スタート|システム・コントロール|システムとセキュリティ|システム|デバイ

ス・マネジャーを選択します。

2. 「接続(COM ポートと LPT)」をクリックします。

- 接続項目が表示されます。

3. COM インタフェース番号の後に「testo.....」が付いている項目を探します。

4. 選択フィールド(3)のなかの該当 COM インタフェース番号を選択します。

5. 「接続」ボタンをクリックします。

COM インタフェース番号は、USB インタフェースを常に同じ USB ポー

トに接続していたり、あるいは接続したままにしているときは、同じ番

号になります。

11

5 ソフトウェアの使用法

5.4. 計測器の設定

✓ 計測器が testo Comfort ソフトウェア Basic 5 が入っている PC へ接続さ

れ、メニュー・バー上に表示されていることを確認してください。9 ページの

「計測器の接続」を参照。

✓ 計測器が計測モードになっていないことを確認してください。必要に応じて、

[計測ストップ] をクリックしてください。

1.

ホーム・ページで

機器設定 を選択するか、メニューの 計測器 | 計測

器を設定 | 機器設定 を選択します。

2.

必要な設定を行います。

• 計測開始条件:

◦ 開始日時: 設定された時間になると計測を開始します。

◦ 計測器のキースタート: [Go] ボタンを 3 秒間以上押し続けると計測

が始まります。

◦ PCスタート: [計測スタート] をクリックすると計測が始まります。

◦ 演算式: 予め設定した事象が発生すると計測が始まります。各計

測チャネル毎に限度値を設定できます。設定された限度値を超えると

計測が始まり、 [計測ストップ] がクリックされるまで継続します。

• 計測終了条件:

◦ メモリフル: メモリが一杯になると計測を終了します。

12

5 ソフトウェアの使用法

◦ ラップアラウンドメモリ: メモリが一杯になると、最も古い計測値から順

番に上書きしていきます。従って、 [計測ストップ] をクリックしない限り、

計測は継続していきます。

◦ 計測回数: 設定された計測回数に達すると、計測を終了します。

• 計測間隔: 計測値の保存間隔を設定します。計測間隔は表示間隔の

倍数でなければなりません。

• 表示間隔(Measuring interval): 計測値のディスプレイ表示間隔を設定

します。

• 計測単位: 計測単位は、計測値のディスプレイ表示や保存の際、計測

値とともに表示・保存されます。

• チャネル設定: チャネル名や上限値、下限値を入力します。

センサが接続されているときはセンサのタイプを選択します。

接続口をブランキング・プラグで閉鎖しているときは: switched off を選

択してください。

チャネル番号は、機器のハウジング上に表示されているポート番号に

対応しています。

チャネル番号とセンサ・タイプの設定が正しく対応していないと、計測

値は記録されませんのでご注意ください。

3.

計測器設定 タブをクリックして、計測器の設定に進みます。

4. 計測器名(最大 15 文字)、説明書き(最大 70 または 265 文字:計測器

により異なる)などを入力し、ディスプレイ設定を行います。

5.

[計測器へ転送] をクリックします。

-

これで設定は終了です。

> 計測開始条件が PCスタート の場合: [計測スタート] をクリックしま

す。

テンプレート

テンプレートを使用すると、設定データを保存でき、必要に応じてそれを呼び

出して使用できます。

1.

テンプレート選択 ボックスにテンプレート名を入力します。

2.

[テンプレートして保存] ボタンをクリックします。

保存されているテンプレートの呼び出し:

1.

テンプレート選択ボックスに、必要なテンプレート名を入力します。

- 保存されているテンプレートが表示されます。

2.

[計測器ヘ転送] ボタンをクリックします。

- 設定データがデータロガに転送されます。

13

5 ソフトウェアの使用法

5.5. 計測データのインポート

データロガからのインポート

✓ 計測器に計測データが保存されている、そして計測器は PC へ接続され

ていることを確認してください。

1.

スタート・ページから

計測データのインポート を選択、あるいはメニューか

ら 解析 | インポート | 計測データの読込み を選択します。

- 計測器名、シルアル番号、計測場所など、計測データに関する詳細デー

タが表示されます。

14

2.

計測データを保存するフォルダのアイコンをクリックします。

3.

[インポート] をクリックします。

- 画面が

インポート履歴 タブへ変わります。

- 現在のインポート状態を表示するステータス・バーおよび前回実行したイン

ポート処理などが表示されます。

- 計測データのインポートが終了すると、ディスプレイが 解析 画面に変わり

ます。

SD カードからのインポート

✓ 計測データが SD カードにコピーされていることを確認してください。

✓ SD カード・リーダーを PC へ挿入します。

1.

解析 | 計測データの解析 を選択します。

2.

[ファイルを開く] をクリックします。

3.

SD カードを選択します。

4.

ファイル・タイプとして

SD カード(*.*) を選択します。

5.

必要な計測データ・ファイルを選択します。

6.

[ 開く] をクリックします。

- 選択した表示形式で計測データが表示されます。

5 ソフトウェアの使用法

5.6. 計測データの解析

✓ 計測データがインポートされていることを確認してください。前ページの計測

データのインポートを参照。

1.

メニューから

解析 | 計測データの解析 を選択します。

1.

開かれているファイルのファイル名。このタブでは、計測データの編集が行えます。

2.

グラフ形式で表示されている計測データ。

3.

表形式で表示されている計測データ。アラーム値を強調表示したいとき

は: [アラーム値の表示] ボタンをクリックします。

4.

計測チャネルの設定。

5.

グラフの設定。グラフ内でマウス・ホイールを回転させることで、拡大表示が

自由に行えます。

6.

選択した計測データをクリップボードやさ表ソフトへエクスポートできます。

7.

レポートの印刷あるいはエクスポート。

[レポートの印刷] ボタンによりレポート形式の設定が行えます。 [エクスポー

ト開始] ボタンを押すと、標準レポート形式で、ファイルを直接保存できます。 pdf、xls、html 形式の場合、エクスポートできる計測値は最高

65,000 です。これ以上の計測値をエクスポートするときは、csv または csv(m)形式でエクスポートしてください。

8.

e メールによる計測データの送信:

[e-mail で送信] をクリックします。

PC内にeメール・アプリケーションがインストールされている必要があります。

15

6 ヒントおよび補足情報

6 ヒントおよび補足情報

6.1.

トラブルシューティング

エラー状態 考えられる原因と対策

計測器からの応答がありませ

ん。

このエラー・メッセージは、ソフトウェアが PC に接

続した計測器と通信できないとき、あるいは計

測器からの応答がないとき表示されます。

・ 計測器の電源がオンになっているか確認し

てください。

・ ケーブルが正しく接続されているかチェック

してください。

・ 計測器に正しい電流・電圧が供給されてい

るかチェックしてください。

・ 接続ケーブルが正しい COM ポートへ接続さ

れているかチェックしてください。

名前の定義が正しくない: これらの記号を使用せずに、再度定義してくだ

さい。 記号;!、?、*、;、/などは

ロケーション名、フォルダ名など

に使用できません。

同じ計測器名が既に使用され

ています: 違う名前を選択して

ください。

新しい計測器の設定を行うときは、名前が重

複しないようご注意ください。異なる計測器に

同じ名前を付けることはできません。

16

株式会社 テストー

■ 本社

〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル7F

セールス TEL.045-476-2288 FAX.045-476-2277

サービスセンター(修理・校正) TEL.045-476-2266 FAX.045-476-2277

■ 大阪営業所

〒530-0055 大阪市北区野崎町7-8 梅田パークビル9F

TEL.06-6314-3180 FAX.06-6314-3187

ホームページ http://www.testo.jp e-mail [email protected] testo Comfort ソフトウェア Basic 5 取扱説明書 0970.0468J 03V05.00-2(06.2011)

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement