Property Owners

Property Owners
Vol.155
マンション管理に関する月間情報誌
発行日/平 成 26年 (2014年 )12月 25日
発行者/ ア ー バ ン サ ー ビ ス 株 式 会 社
大阪営業部 業務課
http://www.urbanservice.co.jp/
Property Owners
■
「平成 26 年下期 管理員全体研修」を開催しました
「平成 26 年下期 管理員全体研修」を 11 月 26 日(神戸会
場)、12 月 4 日(大阪会場)に開催いたしました。
本研修会開催にあたり、皆様からのご理解、ご協力を賜り
誠にありがとうございました。
今回は、社会問題となっている「居住者の高齢化問題」を
テーマに取りあげ、前半では社会福祉協議会から招いた講師
から「認知症」についての正しい知識を学び、後半では今後の
高齢化問題についての取組み方について講習を受けました。
「居住者の高齢化問題」は、管理会社だけでは解決しがたい
難問です。今回の研修を活かして、皆様と共に取り組んでまいりたいと思います。
■ 『機械式・立体駐車場 事故原因調査報告』について③
消費者庁の消費安全対策委員会が取りまとめた「機械式・立体駐車場 事故原因調査報告」を要約し
てシリーズで記載します。
≪ 事 例 ③ ≫
■事故の経緯
被災者はパレットに駐車し、車のドアを開けて荷物を降ろしていた。その時、別の利用者が、隣接する駐車装
置Bに駐車している車の呼出し操作を行ったところ、被災者がいるパレットのすぐ隣にある駐車装置Bのパレ
ットが上昇を始め、開いていた被災者のドアに接触した。(損害はドアの破損のみでした。)
駐車装置 B
駐車装置 A
■調査で判明した事実
・駐車装置の稼働時に、パレットは複雑な動きをする。
・駐車装置前面には、可動式の出入口扉が設置されている。駐車装置AとBの周囲は1.8mの高さの柵で囲
われている。駐車装置AとBの間には柵がない。
・駐車装置AとBは相互間のインターロックがないため、同時に操作することができる。
・駐車装置の安全確認は、利用者の目視のみで行うしくみとなっている。
・非常停止ボタンには駐車装置AとBの相互間の連動はなく、それぞれの駐車装置に対してのみ作動する。
■主な分析結果
隣接する駐車装置内の安全確保について
駐車装置AとBの相互間のインターロックがないため、同時に操作することができる。また、駐車装置内
には柵がなく、利用者は駐車装置内を自由に行き来することができる状況にあった。そのため、利用者
が駐車装置内にいる間に、他の利用者が隣接する駐車装置を操作すると、事故発生のリスクがある。本
件駐車装置のパレットは複雑な動きをするが、取扱説明書や掲示等には隣接する駐車装置に対
する注意や警告の記載がなく、危険性が利用者に十分に伝わっていなかったと推定される。
ことを説明しました。しかし、入金もないのに、収入があったとなれば、貸借対照表の左右は一致し
■ マンション管理組合会計について第⑤回 ~未収入金~収入計上と未収入金の関係について②~
前回は発生主義に基づいて、実際に入金がなくても、期日の到来により管理費等は収入計上される
なくなってしまいます。
そこで、貸借対照表の資産の部に、「収入として計上したにもかかわらず、入金がないもの 」を『未
の未収がいくらあるか?」が科目の残高として確認できるようになるわけです。
もし、実際に入金されたものだけを収入として計上しているとどうでしょうか?
管理費等の未収がいくらあるのか、どの財務帳票にも述べられていないことになってしまいます。
つまり、現金主義では未収の管理はできず、未収の管理をしたいのであれば発生主義で会計する必要
があるのです。未収入金は資産の部に以下のように計上しています。
<管理費会計 貸借対照表>
資 産 の 部
負 債 の 部
普通預金
○○○銀行 △△支店
未払金
12,345
○○○○費
43,210
定期預金
○○○銀行 △△支店
456,789
前払金
○○○○費
未収入金
98,760
32,100
■ 建物の劣化現象 第⑩回 ~機能的劣化について~
これまで、取り上げてまいりました劣化は、いわば「物質的な劣化」
でしたが、その他に、「機能的劣化」と呼ばれるものがあります。
今回は、「機能的劣化」についてご説明させて頂きます。
「機能的劣化」とは、建築当時の設備や構造が社会環境の変化に合
わなくなり性能や機能が低下したり、建築技術の向上や商品開発に
より、評価が下がることをいいます。機能的劣化は、改良工事や、新商
品への入れ替えで解消することができます。
機能的劣化例
居住者の高齢化が進み、共用部分に危険箇所
が生じた。
防犯対策の強化が必要となった。
解消例
外部階段への手摺設置、段差部スロープ設置等
のバリアフリー化。
エントランスホールのオートロック化
駐輪台数が増えたり、自転車のサイズが大型
化となり、駐輪場が乱雑になった。
集合郵便受けの受け口が、郵便物の大きさと
合わなくなった。
自転車置場ラックの取替(スライド型、2段式型、平
置き省スペース型等)。
集合郵便受けの取替(A4サイズ封筒を折らずに
投入できるサイズ等)
安全な住まいを維持するだけでなく、マンションの価値を高めるためにも性能・機能を向上させ
る改良改修工事についてご検討ください。
***
アーバンサービス株式会社
住まいる事業部
大阪市西区北堀江 1-1-21
℡. / 06-6532-2246
神戸市東灘区本山南町 8-6-26
℡. / 078-436-2233
まずはご相談ください
本社(大阪) 0120-804-164
神戸オフィス 0120-804-161
詳しくは
http://www.urbanservice-refom.com/
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement