カメラ設定説明書 - FAST CORPORATION[株式会社ファースト]

カメラ設定説明書 - FAST CORPORATION[株式会社ファースト]

カメラ設定説明書

☆第 18 版☆

(株)ファースト

ご注意

(1) 本書の内容の一部または全部を転載することは固くお断りします。

(2) 本書の内容については将来予告なしに変更することがあります。

(3) 本書の内容については万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載もれなどお気づきの

点がありましたらご連絡ください。

(4) 運用した結果の影響については、(2)(3)項にかかわらず責任を負いかねますのでご了承ください。

(5) 本製品がお客さまにより不適当に使用されたり、本書の内容に従わずに取り扱われたりしたこと等に起因し

て生じた損害等については責任を負いかねますのでご了承ください。

目 次

1 本説明書について ·············································· 1

2 カメラ設定ガイド ·············································· 3

2.1 アディメック・エレクトロニック・イメージング株式会社 ················· 4

2.1.1 Adimec-2000m/D / Adimec-4000m/D / Adimec-4020m/D ········································· 4

2.2 池上通信機株式会社 ··················································· 6

2.2.1 SKC-133 ················································································· 6

2.3 株式会社ジェイエイアイコーポレーション(JAI) ························ 8

2.3.1 CV-M2CL ················································································· 8

2.3.2 CV-M4+CL ··············································································· 10

2.3.3 CV-A1 ·················································································· 12

2.3.4 CV-A2 ·················································································· 14

2.3.5 CV-A33CL ··············································································· 16

2.3.6 CV-M9CL ················································································ 18

2.3.7 TM-6740CL/RM-6740CL ···································································· 20

2.4 株式会社シーアイエス(CIS) ········································· 22

2.4.1 VCC-8350CL/VCC-8550CL ·································································· 22

2.4.2 VCC-G22V31CL/VCC-G22S21CL/VCC-G22U21CL ················································· 24

2.4.3 VCC-G20U20 ············································································· 26

2.5 株式会社シーマイクロ(CMICRO) ······································ 28

2.5.1 CM050P-C/CM100P-C/CM200P-C ····························································· 28

2.5.2 TK-400a ················································································ 30

2.6 センサーテクノロジー株式会社(SENTECH) ····························· 32

2.6.1 STC-A33A/STC-A83A/STC-A152A/STC-A202A ·················································· 32

2.7 ソニー株式会社 ······················································ 34

2.7.1 XC-55/XC-55BB ·········································································· 34

2.7.2 XC-7500 ················································································ 36

2.7.3 XC-HR50/XC-HR57/XC-HR70/XC-56 ·························································· 38

2.7.4 XC-HR300 ··············································································· 40

2.7.5 XCL-U1000 ·············································································· 42

2.7.6 XCL-V500/XCL-X700 ······································································ 44

2.8 竹中システム機器株式会社 ············································ 46

2.8.1 FC1300 ················································································· 46

2.8.2 FC1320V ················································································ 48

2.8.3 FC1500F ················································································ 50

2.8.4 FC2000 ················································································· 52

2.8.5 FC1500 ················································································· 54

2.8.6 FC5100CL ··············································································· 56

2.8.7 TL-5150UCL/TL-7450UCL ·································································· 59

2.8.8 TL-7400RCL ············································································· 60

2.9 東芝テリー株式会社(旧 東京電子工業株式会社) ······················· 61

2.9.1 CS8530-01/CS8530-04 ···································································· 61

2.9.2 CS8530D-01 ············································································· 63

2.9.3 CS8550D/CS8550Di/CS8550Di-01/CS8550i-01 ················································ 65

2.9.4 CS8560D/CS8570D ········································································ 67

2.9.5 CS3720 ················································································· 69

2.9.6 CS3730DC ··············································································· 71

2.9.7 CS3910 ················································································· 73

2.9.8 CS3920 ················································································· 75

2.9.9 CS3930UV ··············································································· 77

2.9.10 CSB1100CL(-10) ········································································ 79

2.9.11 CSB4000CL(-10A) ······································································· 81

2.9.12 CS3970CL ·············································································· 83

2.9.13 CS6940CL ·············································································· 85

2.9.14 CS8581QCL ············································································· 87

2.9.15 CSCQS15BC23 ··········································································· 89

[1]

目 次

2.10 株式会社東芝 ······················································ 91

2.10.1 IK-542 ················································································ 91

2.10.2 IK-SX1 ················································································ 93

2.10.3 IK-52V/IK-53V ········································································· 95

2.10.4 IK-TF5C/IK-TF7C ······································································· 97

2.11 日興電気通信株式会社 ·············································· 99

2.11.1 TI-480A ··············································································· 99

2.11.2 TI-1200A ············································································· 101

2.11.3 TI-1250A ············································································· 103

2.12 日本エレクトロセンサリデバイス株式会社(NED) ···················· 105

2.12.1 NSUF0512/NSUF1014/NSUF2014/NSUF4010 ··················································· 105

2.12.2 SU51 ················································································· 106

2.12.3 SU74 ················································································· 107

2.13 株式会社日立国際電気 ············································· 109

2.13.1 KP-F100 ·············································································· 109

2.13.2 KP-F120 ·············································································· 111

2.13.3 KP-F100BCL ··········································································· 113

2.13.4 KP-F120CL ············································································ 114

2.13.5 KP-F200CL-S1 ········································································· 115

2.13.6 KP-F200SCL/KP-F230SCL/KP-FB30SCL ······················································ 117

2.13.7 KP-F500SCL ··········································································· 119

2.13.8 KP-FD30CL ············································································ 121

2.13.9 KP-F30/KP-F33 ········································································ 123

2.14 株式会社フローベル ··············································· 125

2.14.1 ADT-33B ·············································································· 125

3 カメラ接続ガイド ············································ 127

3.1 池上通信機株式会社 ················································ 128

3.1.1 SKC-133 ··············································································· 128

3.2 ソニー株式会社 ···················································· 129

3.2.1 XC-003 ················································································ 129

3.3 竹中システム機器株式会社 ·········································· 130

3.3.1 FC1300(V)/FC1320V ····································································· 130

3.3.2 FC1500 ················································································ 131

3.3.3 FC1500F/FC2000 ········································································ 132

3.3.4 TL-7450UFD/TL-5150UFD/TL-2048FD ························································ 133

3.4 東芝テリー株式会社(旧 東京電子工業株式会社) ····················· 134

3.4.1 CS3910/CS3920 ········································································· 134

3.4.2 CS3930UV ·············································································· 135

3.5 株式会社東芝 ······················································ 136

3.5.1 IK-TF1 ················································································ 136

3.6 日本エレクトロセンサリデバイス株式会社(NED) ····················· 137

3.6.1 NUF7500D ·············································································· 137

3.7 株式会社日立国際電気 ·············································· 139

3.7.1 KP-F100 ··············································································· 139

3.7.2 KP-F120 ··············································································· 140

3.8 三菱レイヨン株式会社 ·············································· 141

3.8.1 MKS シリーズ ··········································································· 141

[2]

1 本説明書について

本説明書は、以下のファースト製画像処理装置、画像入力ボードに接続可能で、ランダムトリガ機能等、特殊な

設定が必要なカメラの設定ガイドです。

画像処理装置

CSC903

FV904(a/ac)

VisionNavigator300

VisionNavigator400

FV2100

FV1100

画像入力ボード

RICE-001(a/b)

FVC01

FVC02

FVC04(a)

FVC05

FVC06

FHC331

FHC331LV

FHC3321(A)

FHC3310(A)

FHC3310CL

各機器にカメラを接続して使用するためには、弊社画像処理ライブラリの対応も必要です。各ライブラリの対応

状況に付きましては、各ライブラリのリリースノート、弊社ホームページ(http://www.fast-corp.co.jp/)上にて、

別途ご確認下さい。

弊社製画像入力ボードの FHC シリーズと高分解能デジタルカメラ、RGB カラーカメラを組み合わせて使用する際

には、使用する画像入力ボードおよびカメラに合わせたケーブルを用意する必要があります。本説明書には各カメ

ラを使用する際に用意する必要のあるカメラケーブルおよびカメラ電源等の情報も記載しています。システムを構

築する際に参考にして下さい。

1

2

2 カメラ設定ガイド

本章では各カメラメーカー毎にまとめてカメラの設定方法を記載しています。使用するカメラの説明を良くお読

みになり、確実に設定を行って下さい。

なお、各カメラ毎の設定説明は以下のような構成となっています。

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

そのカメラが接続可能なファースト製画像処理装置・画像入力ボードを列記しています。

サポートする機能

ファースト製ライブラリでの取り込みモード名称と、そのモードでサポートしているカメラの機能名称を併記して

います。

各モード共通の設定

取り込みモードに関わらず、設定が必要な箇所を記載しています。

取り込みモードに依存する設定

取り込みモード毎に設定が必要な箇所、あるいは取り込みモードを変更した場合に設定を変える必要がある箇所を

記載しています。

留意事項

ファースト製画像処理装置・画像入力ボードに接続して使用する上で注意すべき事項、シャッタースピード設定表

等を記載しています。

3

2.1 アディメック・エレクトロニック・イメージング株式会社

2.1.1 Adimec-2000m/D / Adimec-4000m/D / Adimec-4020m/D

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

Adimec-2000m/D :

Adimec-4000m/D :

Adimec-4020m/D :

FHC3310CL

FHC3310CL

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 Continuous モード

露光時間はカメラコントロールソフトウェアに

て設定

露光時間はソフトウェア設定 トリガ入力 Control モード

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された

通信用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではカメラコントロールソフトウェアを使用した設定に

ついて説明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってくだ

さい。

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用

API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

分解能(Digital resolution)

→「8bit」に設定

CC1極性(CC1 polarity)

→チェック(レ)を外す

4

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

読み出しモード(Mode)

→「Continuous」に設定

露光時間(Integration time)

→任意に設定

○ トリガ入力の場合

読み出しモード(Mode)

→「Control」に設定

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL と接続して使用する場合、

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、アディメック・エレクトロニック・イメージング株式会社よ

り提供される「Adimec-2000m Operating and Technical Manual」「Adimec-4000m Adimec-4020m Operating and T echnical Manual」を参照してください。

5

2.2 池上通信機株式会社

2.2.1 SKC-133

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続シャッターモード

ランダムシャッターモード

備 考

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SHUTTER)にて任意に設定

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SHUTTER)にて任意に設定(「2 パルス入力」

「パルス幅入力」はサポートしていません。)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

POWER

シャッター速度切替えスイッチ

→ 任意に設定

SHUTTER

ON

R.TRIG

OFF

ランダムシャッター切替えスイッチ

→ 「OFF」に設定

シャッターモード切替えスイッチ

→ 任意に設定

GAIN

NORM SLOW

REMOTE

VIDEO

MIN

AUTO

MAX

MANU

DIGITAL OUT

○ トリガ入力の場合

シャッター速度切替えスイッチ

→ 任意に設定

カメラ背面

SHUTTER

ON

R.TRIG

OFF

POWER

GAIN

NORM SLOW

REMOTE

MIN

AUTO

MAX

MANU

DIGITAL OUT

VIDEO

ランダムシャッター切替えスイッチ

→ 「ON」に設定

シャッターモード切替えスイッチ

→ 任意に設定

6

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 「シャッターモード切替えスイッチ(SHUTTER)」「シャッター速度切替えスイッチ」は、以下の表を参照して

設定してください。

「SHUTTER」

スイッチ位置

シャッターモード切替えスイッチ

「NORM」の場合(秒) 「SLOW」の場合(秒)

0

1

2

3

4

5

6

C

D

E

F

7

8

9

A

B

1/30

1/60

1/120

1/240

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/16000

1/32000

1/100

1/30

1/15

1/10

0.2

0.3

0.4

0.5

1

2

1/30

2 パルス入力 ※

パルス幅入力 ※

2 パルス入力 ※

パルス幅入力 ※

※ ランダムシャッターモード時の「2パルス入力」「パルス幅入力」はサポートしていま

せんので、設定しないでください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、池上通信機株式会社より提供される取扱説明書および

「SKC-133 オペレーションマニュアル」を参照してください。

7

2.3 株式会社ジェイエイアイコーポレーション(JAI)

2.3.1 CV-M2CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモード

外部トリガモード

Pulse Width Control Mode

シャッター時間はソフトウェア設定※

シャッター時間はソフトウェア設定

※ 一部ライブラリ製品ではシャッタースピード設定をサポートしておりません。(FVC04(a)のみ)

各モード共通の設定

FVC06 に接続して使用する場合、カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアを使用するか、

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではカメラコントロー

ルソフトウェアを使用した設定について説明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が

一致するように設定を行ってください。

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用

API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので背面スイッチ以外の設定は不要

です。

FVC04(a)、FVC06 共通

カメラ背面

GAIN

VIDEO OUT

3

4

1

2

SW1

O

N

DC IN

/TRIG

SW1-1~4

→すべて「OFF」に設定

DIGITAL I/O

FVC06 に接続する場合

部分読み出し設定(Partial Scan Mode)

→使用する部分読み出し設定に合わせます

出力選択(Output Select)

→「Dual Channel(3Ofps)」に設定

ビット割り当て(Output Bit Allocation)

→「1Obit」に設定

垂直ビニング設定(Vertical Binning/Draft)

→使用する設定に合わせます

8

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)に接続する場合

特にありません。(ライブラリ製品により自動的に設定が行われます)

FVC06 に接続する場合

○ ノーマル入力の場合

シャッターモード設定(Shutter Mode)

→任意に設定

トリガモード設定(Trigger Mode)

→「Normal」に設定

シャッタースピード設定(Shutter Speed)

→任意に設定

○ ランダムトリガ入力の場合

トリガモード設定(Trigger Mode)

→「PWC(パルス幅コントロール)」に設定

トリガ極性設定(Trigger Polarity)

→「Active L(負極性)」に設定

LVAL 非同期蓄積設定

(LVAL Asynchronous Accumulation)

→「Asynch(非同期)」に設定

留意事項

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「CV-M2CL Operation Manual」を参照してください。

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• FVC04(a)では Dual ch 出力、パーシャルスキャン機能、垂直ビニング機能はサポートしていません。

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

9

2.3.2 CV-M4+CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモード

外部トリガモード

(パルス幅コントロール

モード)

各モード共通の設定

カメラ背面

備 考

シャッター時間の変更は出来ません。

シャッター時間はソフトウェア設定

GAIN

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

SW1

O

N

DC IN/TRIG

通信モード(SW1-0)

→「ON(RS-232C I/F)」(工場出荷設定)に設定

DIGITAL I/O

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

10

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 部分読み出しモード、マルチプルシャッターモード、ビニングモードはサポートしていません。

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「CV-M4+/CV-M4+CL Operation Manual」を参照してください。

11

2.3.3 CV-A1

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

備 考

シャッター時間はカメラコントロールソフトウ

ェアにて設定

ランダムトリガ入力

外部トリガモード

(読み出し遅延モード)

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ内部

O N

1 2

IC

IC

O N

1 2

外部HD/VD入力終端切換(SW2-1~2)

→ 「1:ON、2:ON(75Ω終端:上側)」に設定

レンズマウント側 背面側

取り込みモードに依存する設定

カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアによって設定を行います。設定内容の保存方法等、

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。

○ ノーマル入力の場合

電子シャッタ(Shutter)

→任意に設定

外部トリガーモード(Trigger mode)

→「Normal(ノーマルモード)」に設定

○ ランダムトリガ入力の場合

外部トリガーモード(Trigger mode)

→「Frame delay readout(読み出し遅延モード)」に設定

トリガー信号極性(Trig polarity)

→「Active_L(負論理)」に設定

HD同期トリガー設定(HD Sync Acc)

→「Async.(非同期)」に設定

12

留意事項

• カメラのモード設定は PC の COM(EIA-232)ポートを通して行われます。PC との接続に使用するケーブルはカ

メラメーカーより提供されます。(型番:KC-RS02/KC-RS05)

• 「Gain level」「Setup level」「White clip level」「Gamma」以外の設定指示の無い設定箇所は、工場出荷

設定でご使用下さい。

「CV-A1 Operation Manual」を参照してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

13

2.3.4 CV-A2

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

備 考

シャッター時間はカメラコントロールソフトウ

ェアにて設定

ランダムトリガ入力

外部トリガモード

(読み出し遅延モード)

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ内部

IC

SW502

O N

SW501

O N

1 2 3 4 1 2

外部HD/VD入力終端切換(SW502-3~4)

→ 「3:ON、4:ON(75Ω終端:上側)」に設定

レンズマウント側 背面側

取り込みモードに依存する設定

カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアによって設定を行います。設定内容の保存方法等、

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。

ここでは「CV-A2 Control Tool.exe」の画面を元に説明します。

○ ノーマル入力の場合

シャッタモード(Shutter Mode)

→任意に設定

シャッタスピード(Shutter Speed)

→任意に設定

外部トリガモード(Trigger Mode)

→「Normal(ノーマルモード)」に設定

14

○ ランダムトリガ入力の場合

外部トリガモード(Trigger Mode)

→「Frame Delay Readout(読み出し遅延モード)」に設定

トリガー信号極性(Trig Polarity)

→「Active L(負論理)」に設定

留意事項

• カメラのモード設定は PC の COM(EIA-232)ポートを通して行われます。PC との接続に使用するケーブルはカ

メラメーカーより提供されます。(型番:KC-RS02/KC-RS05)

• 「Gain Setup」「Gain Level」「Iris Select」「Levels」以外の設定指示の無い設定箇所は、工場出荷設定で

ご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「CV-A2 Operation Manual」を参照してください。

15

2.3.5 CV-A33CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモード

外部トリガモード

(パルス幅コントロール

モード)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

備 考

シャッター時間の変更は出来ません。

シャッター時間はソフトウェア設定

16

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「CV-A33CL Operation Manual」を参照してください。

17

2.3.6 CV-M9CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310CL、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッター時間はカメラコントロールソフトウ

ェアにて設定

トリガ入力

ランダムトリガ入力

外部トリガモード

Pulse Width Control Mode

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された

通信用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではカメラコントロールソフトウェアを使用した設定に

ついて説明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってくだ

さい。

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用

API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

ビット割り当て(Output Bit Allocation)

→「8bit」に設定

垂直ビニング設定(Binning)

→使用する設定に合わせます

部分読み出し設定(Partial Scan Mode)

→使用する部分読み出し設定に合わせて設定

18

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

シャッターモード設定(Shutter Mode)

プログラマブル露光設定(Programmable Exposure)

→任意に設定

トリガモード設定(Trigger Mode)

→「Normal(Continuous)」に設定

シャッタースピード設定(Shutter Speed)

→任意に設定

○ トリガ入力、ランダムトリガ入力の場合

トリガモード設定(Trigger Mode)

→「Pulse Width Control」に設定

LVAL 非同期蓄積設定

(LVAL Asynchronous Accumulation)

→「Asynch(非同期)」に設定

トリガ入力設定(Trigger Input)

→「CL」に設定

トリガ極性設定(Trigger Polarity)

→「Active L(負極性)」

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL を接続して使用する際には

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

• Medium Configuration(10bitRGB)の接続には対応しておりません。

• ゲイン調整以外の設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「CV-M9CL Operation Manual」を参照してください。

19

2.3.7 TM-6740CL/RM-6740CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310CL

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 Manual Shutter

シャッター時間はカメラコントロールソフトウ

ェアにて設定

ランダムトリガ入力

Asynchronous reset

(External VINIT with pulse width)

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するカメラコントロールソフトウェアを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された

通信用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではカメラコントロールソフトウェアを使用した設定に

ついて説明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってくだ

さい。

カメラコントロールソフトウェアの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用

API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

Option>Video Data Output Order

→「<<----------------」に設定

ScanArea

→ソフトウェアに合わせて設定

Video Output

→「8bit」に設定

20

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

Mode

→「Manual」に設定

Shutter Speed

→任意に設定

○ ランダムトリガ入力の場合

Mode

→「Async」に設定

Shutter Speed

→「PWC」に設定

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL を接続して使用する際には

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

• ゲイン調整以外の設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社ジェイエイアイコーポレーションより提供される

「TM-6740CL Series Progressive Scan Shutter Cameras Operation Manual」を参照してください。

21

2.4 株式会社シーアイエス(CIS)

2.4.1 VCC-8350CL/VCC-8550CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VCC-8530CL :

VCC-8550CL :

サポートする機能

FVC04(a)、FVC06

FVC06

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッターモード シャッター時間はソフトウェア設定※

外部トリガ

ランダムトリガ入力 (ワンパルスワントリガ

モード)

シャッター時間はソフトウェア設定

※ 一部ライブラリ製品ではシャッタースピード設定をサポートしておりません。(FVC04(a)のみ)

各モード共通の設定

FVC06 に接続して使用する場合、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があ

ります。通信用 API を使用する場合は、本説明とカメラメーカーが提供する取扱説明書および製品仕様書に記載

された通信仕様を参考に設定を行ってください。また、カメラの内部スイッチ設定を使用することも可能です。

その際には、カメラの製品仕様書を参照し、本説明と一致するよう設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので設定は不要です。

FVC06 に接続する場合

アドレス 設定項目 設定

000

001

003

007

008

009

010

011

012

ゲイン設定(GAIN)

ホワイトバランス設定

任意に設定

(WHITE_BALANCE)

任意に設定

タイミング設定(TIMING SELECT) 「0:TIMING-1」に設定

マニュアルゲイン設定

(MANUAL GAIN)

マニュアルシャッターH 設定

(MANUAL SHUTTER H)

任意に設定

任意に設定

マニュアルシャッターL 設定

(MANUAL SHUTTER L)

マニュアル R ゲイン設定

(MANUAL GAIN-R)

マニュアル B ゲイン設定

(MANUAL GAIN-B)

任意に設定

22

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)に接続する場合

特にありません。(ライブラリ製品により自動的に設定が行われます)

FVC06 に接続する場合

○ ノーマル入力の場合

アドレス

002

004

設定項目

シャッター速度設定

(E-SHUTTER)

トリガシャッター設定

(TRIGGER SHUTTER)

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス 設定項目

任意に設定

「0:OFF」に設定

設定

設定

002

004

005

シャッター速度設定

(E-SHUTTER)

トリガシャッター設定

(TRIGGER SHUTTER)

トリガ入力設定

(INPUT TRIGGER)

「15:PULSE WIDTH TRIGGER」に設定

「1:ON」に設定

「0:NEGA」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• シャッタースピードの設定に関しては、使用するソフトウェアの説明書・ヘルプ等を参照してください。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定内容およびカメラ仕様につきましては、株式会社シーアイエスより提供される取扱説明書および仕

様書を参照してください。

23

2.4.2 VCC-G22V31CL/VCC-G22S21CL/VCC-G22U21CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VCC-G22V31CL

VCC-G22S21CL

VCC-G22U21CL

FVC04(a)、FVC06

FVC04(a)

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

標準動作

(NORMAL TRIGGER MODE)

パルス幅トリガ動作

(PULSE WIDTH TRIGGER MODE

シャッター時間はシリアル通信によって設定

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

FVC06 に接続、または FVC04(a)に接続して FVL/LNX と組み合わせて使用する場合、弊社ライブラリ製品に用意

された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカーが提供する取扱説明書および

製品仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。通信用 API の詳細についてはライブラリ製品

の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続して FVX と組み合わせて使用する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので設

定は不要です

FVC06 と接続、または FVC04(a)+FVL/LNX の組み合わせで使用する場合

アドレス 設定項目 設定

001

005

008

013

ゲイン設定(GAIN)

スキャンモード設定

(SCAN MODE)

マニュアルゲイン制御

(MANUAL GAIN CONTROL)

出力データ設定

(OUTPUT DATA SEL)

任意に設定

使用するモードに合わせて設定

(XCC-G22V31CL のみ可能)

任意に設定

備 考

「0:8bit OUTPUT DATA」に設定

24

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)+FVX の組み合わせで使用する場合

特にありません。(ライブラリにより自動的に設定されます)

FVC06 と接続、または FVC04(a)+FVL/LNX の組み合わせで使用する場合

○ ノーマル入力の場合

アドレス

002

004

009 & 010

設定項目

シャッター速度設定

(E-SHUTTER)

トリガモード設定

(TRIGGER MODE)

マニュアルシャッター設定

(MANUAL SHUTTER CONTROL)

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス

004

011

012

014

設定項目

トリガモード設定

(TRIGGER MODE)

トリガ極性設定

(TRIGGER POLARITY)

トリガ入力ポート選択

(TRIGGER INPUT PORT SELECT)

トリガリセット対応選択

(TRIGGER RESET TYPE)

任意に設定

「0:NORMAL TRIGGER MODE(TRIGGER MODE OFF)」

に設定

任意に設定

設定

設定

「2:PULSE WIDTH TRIGGER MODE」に設定

「0:POSITIVE INPUT」に設定

「0:26pin Camera Link 対応コネクタ」に設定

「0:V-SYNC RESET」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定内容およびカメラ仕様につきましては、株式会社シーアイエスより提供される取扱説明書および仕

様書を参照してください。

25

2.4.3 VCC-G20U20

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力 ノーマル動作

備 考

シャッター値はカメラ背面スイッチ

(SW1~3)にて任意に設定

ランダムトリガ入力

パルス幅露光による

外部トリガ動作

シャッター値はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面

MGC

OFF

MODE

O N

7

10

1

4

HD/VD入出力切換え(SW10)

→「ON(HD/VD入力)」に設定

DC12V/VS OUT

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

MGC

OFF

MODE

O N

7

10

1

4

固定電子シャッタスイッチ(SW1~3)

→任意に設定

モード切換えスイッチ(SW4~5)

→「4:OFF、5:OFF(ノーマル動作)」に設定

DC12V/VS OUT

○ ランダムトリガ入力の場合

カメラ背面

MGC

OFF

MODE

O N

7

10

1

4

DC12V/VS OUT

固定電子シャッタスイッチ(SW1~3)

→「1:OFF、2:OFF、3:OFF」に設定

モード切換えスイッチ(SW4~5)

→「4:ON、5:OFF(パルス幅露光による外部トリガー動作)」に設定

26

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマル動作時のシャッター値は、以下の表を参照して設定してください。

背面スイッチ設定

SW1 SW2 SW3

OFF OFF OFF

OFF OFF ON

OFF ON OFF

OFF ON ON

ON OFF OFF

ON OFF ON

ON

ON

ON

ON

OFF

ON

シャッター値(sec)

OFF

1/120

1/300

1/600

1/1250

1/2500

1/5000

1/10000

• 本カメラは、標準仕様では HD/VD 入力の終端抵抗が実装されていません。弊社装置は HD/VD 信号が 75Ωで愁嘆

されていることを前提に信号を出力しますので、終端抵抗が実装されていない場合、カメラが故障する可能性

があります。弊社装置と本カメラを接続する際には、カメラ購入時には HD/VD の終端抵抗を実装して納入する

よう、カメラメーカーに依頼してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社シーアイエスより提供される取扱説明書および仕

様書を参照してください。

27

2.5 株式会社シーマイクロ(CMICRO)

2.5.1 CM050P-C/CM100P-C/CM200P-C

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

フリーランモード

(MODE 0 または 1)

外部 EXSYNC 使用

(MODE 2)

露光時間はシリアル通信によって設定

(MODE 1 設定時)

露光時間はトリガ周期により決定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。カメラに関しての詳

細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API の詳細についてはラ

イブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド sdm ssc

設定項目

出力モード設定

システムクロック設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

設定

「1:10bit」に設定

任意に設定(0:40MHz または 1:20MHz)

コマンド ssm sst

設定項目

同期モード設定

内部同期周期の設定※

設定

「0:MODE 0(内部同期、露光制御なし)」

または

「1:MODE 1(内部同期、露光制御はコマンド指定)」

に設定

任意に設定

CM050P-C:15~3333

CM100P-C:27~3333

CM200P-C:53~3333

任意に設定(0~3333) set 露光時間の設定※

※ 同期モード設定が「1:MODE 1」の時のみ有効

○ トリガ入力の場合

コマンド ssm

設定項目

同期モード設定

設定

「2:MODE 2(外部同期、露光制御なし)」に設定

28

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 画質調整等以外の設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社シーマイクロより提供される取扱説明書を参照し

てください。

29

2.5.2 TK-400a

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

内部同期モード

外部同期モード

露光時間はシリアル通信によって設定

(内部同期周波数)

露光時間はトリガ周期により決定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。カメラに関しての詳

細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API の詳細についてはラ

イブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

設定

ソフトウェア設定に合わせて設定

コマンド sbr

設定項目

ボーレート設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

○ トリガ入力の場合

コマンド ssm

設定項目

同期種別の設定

コマンド ssm ssf

設定項目

同期種別の設定

内部同期周波数の設定

設定

「0:内部同期」に設定

任意に設定(300~8400)

「2:CC1」に設定

設定

30

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 通信速度の設定は、以下の表を参照して設定してください。 sbr コマンド

設定値

シリアル通信速度

[bps]

0

1

2

3

4800

9600

19200

38400

• 画質調整等以外の設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社シーマイクロより提供される取扱説明書を参照し

てください。

31

2.6 センサーテクノロジー株式会社(SENTECH)

2.6.1 STC-A33A/STC-A83A/STC-A152A/STC-A202A

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッタースピードはカメラ背面スイッチ

(DSW1~3)にて任意に設定

ランダムトリガ入力

パルス幅トリガモード

(ノンリセット動作)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面

DC IN

FNC

1

3

5

7

9

6

8

2

4

1 0

シャッタ・モード(DSW:4~5)

→「4:OFF、5:OFF(Non-reset)」に設定

トリガ極性(DSW6)

→「OFF(正極性)」に設定

パーシャルスキャン(DSW:7~8)

→ソフトウェア設定に合わせて設定

7 5 Ω GAIN

同期信号の方向(DSW9)

→「OFF(入力)」に設定

外部同期入力インピーダンス切換(75Ω)

→「ON(75Ω)」に設定

O N OFF FIX MANU

MADE IN JAPAN

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

DC IN

FNC

1

3

5

7

2

4

6

8

9

1 0

シャッタ・スピード(DSW:1~3)

→任意に設定

7 5 Ω GAIN

○ ランダムトリガ入力の場合

O N OFF FIX MANU

MADE IN JAPAN

カメラ背面

DC IN

FNC

5

7

1

3

9

2

4

6

8

1 0

7 5 Ω GAIN

シャッタ・スピード(DSW:1~3)

→「1:OFF、2:OFF、3:OFF(OFF/Pulse幅)」に設定

O N OFF FIX MANU

MADE IN JAPAN

32

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルモード時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

DSW1 DSW2 DSW3 STC-A33A

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

OFF

1/200

1/500

1/1,000

1/2,000

1/4,000

1/8,000

1/20,000

シャッタースピード(秒)

STC-A83A STC-A152A

OFF

1/200

1/500

1/1,000

1/2,000

1/4,000

1/8,000

1/20,000

OFF

1/200

1/500

1/1,000

1/2,000

1/4,000

1/8,000

1/20,000

STC-A202A

OFF

1/200

1/500

1/1,000

1/2,000

1/4,000

1/8,000

1/20,000

• パーシャルスキャン機能利用時は、以下の表を参照しソフトウェア設定に合わせて設定してください。

スイッチ設定

DSW7 DSW8

OFF

ON

OFF

ON

OFF

OFF

ON

ON

STC-A33A

OFF

パーシャルスキャン

STC-A83A

OFF

STC-A152A

OFF

STC-A202A

OFF

OFF OFF OFF OFF

1/2 Partial 1/2 Partial 1/2 Partial 1/2 Partial

1/4 Partial 1/4 Partial 1/4 Partial 1/4 Partial

• STC-A33A は、シリアル通信にてフレームレートを 30fps/60fps/90fps に切り換えが可能ですが、FVC05 および

FV1100 はシリアル通信機能を搭載していません。あらかじめソフトウェア設定に合わせて適切にフレームレー

トが設定されたカメラをご購入いただくか、カメラメーカーにお問い合わせの上、設定を変更してからご使用

ください。なお、カメラのフレームレート設定とソフトウェア設定が一致していない場合の取り込み動作は保

証できません。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、センサーテクノロジー株式会社より提供される取扱説明書

および製品仕様書を参照してください。

33

2.7 ソニー株式会社

2.7.1 XC-55/XC-55BB

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

CSC903、VisionNavigator300、VisionNavigator400、FV2100、FVC01、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモード

ノーマルシャッターモード

トリガシャッター

(E-DONPISHAⅡ)モード

シャッタースピードはカメラ側スイッチ(S1)

にて任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラリヤ部

F M

SIGNALスイッチ

→ 「1N」に設定

SIGNAL

1N

GAIN

A

1I

リヤ側

ON

S6 OFF E N S

HD

S2

VD

S3

ON OFF

S4

EXT INT

カメラ内部

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

レンズ/CCU側

S1

4

5

6

S5

-

+

トリガーモード切換えスイッチ(S2)

→ 「E」に設定

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

ノーマルシャッタースピードスイッチ(S1-4~6)

→ 任意に設定

34

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッターモード時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定 シャッタースピード

S1-4 S1-5 S1-6 (秒)

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON ON

ON ON ON

ノーマル

1/100

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

• 「トリガモード切換えスイッチ(S2)」は「E(トリガシャッターモード)」に設定しますが、ノーマル取り込

み時もそのままの設定でご使用頂けます。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および

「XC-55/XC-55BBアプリケーションガイド」を参照してください。

35

2.7.2 XC-7500

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

RICE-001(a/b)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備考

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモード

ノーマルシャッターモード

(2N モード)

E-DONPISHA シャッター

(RESET モード、

Normal Speed シャッター)

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(MB-612 基板 S2)にて任意に設定

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SG-235 基板 S6)にて任意に設定

各モード共通の設定

SIGNALスイッチ

→ 「2N」に設定

2N 2I 1N

ED N R.R

A F M

SIGNAL

SHUTTER

GAIN

カメラリヤ部

DC IN/SYNC

LENS

リヤ側

S1

S2

S5

S3

カメラ内部(SG-235基板)

S6

1 2 3

1 2

S4

4 5 6

1 2 3

S7

8 9 0

4 5 6

E-DONPISHAシャッタースピード(S6)

→ 任意に設定

WE信号タイミング(S7-1)

→ 「ON(0V)」に設定

E-DONPISHAモード(S7-3)

→ 「ON(RESETモード)」に設定

WE信号極性(S7-4)

→ 「ON(正論理)」に設定

レンズ側

1 VIDEO OUT 2

※ ノーマル入力しか行わない場合には、内部スイッチの設定は必要ありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

SHUTTERスイッチ

→ 「N」に設定

カメラリヤ部

2N 2I 1N

DC IN/SYNC

SIGNAL

ED N R.R

SHUTTER

A F M

GAIN

LENS

1 VIDEO OUT

36

2

○ ランダムトリガ入力の場合

SHUTTERスイッチ

→ 「ED」に設定

カメラリヤ部

2N 2I 1N

SIGNAL

ED N R.R

SHUTTER

A F M

GAIN

DC IN/SYNC

LENS

1 VIDEO OUT 2

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• E-DONPISHA シャッター時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

S6-1 S6-2 S6-3 S6-4 S6-5 S6-6 S6-7 S6-8 S6-9 S6-0

シャッタースピード

(秒)

ON ON

ON ON

ON

ON

ON

ON ON ON ON

ON

ON

ON

ON ON

ON ON ON

ON

ON

ON

ON

ON

ON

ON

ON

ON

ON

1/1000

1/2000

1/3000

1/4000

1/6000

1/8000

1/10000

1/11000

※ 空欄は OFF です。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および「XC-7500

アプリケーションガイド」を参照してください。

37

2.7.3 XC-HR50/XC-HR57/XC-HR70/XC-56

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

XC-HR50

XC-HR57

XC-HR70

XC-56

VisionNavigator400、FV2100、FV1100、FVC02、FVC05

FVC02、FVC05、FV1100

FV2100、FVC02、FVC05、FV1100

FV2100、FVC01、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

備 考

ノーマルモード

ノーマルシャッターモード

外部トリガシャッター

(モード 1:パルス幅設定)

シャッタースピードはカメラ側スイッチ(SHUT)

にて任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ後面

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHUT

HR

TRIG

FIX/M

BINING

TRIGスイッチ(6~8)

→「6:OFF、7:ON、8:ON」に設定

HD/VD信号入出力切り換えスイッチ

→「EXT」に設定

ON OFF

75Ω

MIN MAX EXT INT

M GAIN HD/VD

75Ω終端スイッチ

→「ON」に設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ後面

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

5

6

7

8

9

0

3

4

1

2

O

N

SHUT

HR

TRIG

FIX/M

BINING

SHUTスイッチ(1~4)

→ 任意に設定

ON OFF

75Ω

MIN MAX EXT INT

M GAIN HD/VD

○ ランダムトリガ入力の場合

カメラ後面

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHUT

HR

TRIG

FIX/M

BINING

SHUTスイッチ(1~4)

→「1:OFF、2:OFF、3:OFF、4:OFF」に設定

ON OFF

75Ω

MIN MAX EXT INT

M GAIN HD/VD

38

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッターモード時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

SHUT スイッチ設定 シャッタースピード(秒)

1 2 3 4 XC-HR50/XC-HR57 XC-HR70 XC-56

OFF OFF OFF OFF シャッターOFF シャッターOFF シャッターOFF

ON OFF OFF OFF 1/125 1/125 1/125

OFF ON OFF OFF

ON ON OFF OFF

1/250

1/500

1/250

1/500

1/250

1/500

OFF OFF ON OFF

ON OFF ON OFF

OFF ON ON OFF

ON ON ON OFF

OFF OFF ON ON

OFF ON OFF ON

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/15000

1/30000

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/20000

-

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/15000

-

OFF OFF OFF ON 1/100 1/100 1/100

• 「トリガシャッターモード切り換えスイッチ(6~8)」は「モード 1(ノンリセットモード)」に設定します

が、ノーマル取り込み時もそのままの設定でご使用頂けます。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および「ユーザー

ズガイド XC-HR50」「ユーザーズガイド XC-HR57」「ユーザーズガイド XC-HR70」」「ユーザーズガイド XC-56」を参照

してください。

39

2.7.4 XC-HR300

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VisionNavigator400、FV2100、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

備 考

リスタートリセット

(ハイレートスキャン)

外部トリガシャッター

(モード 1:パルス幅設定)

(ハイレートスキャン)

シャッタースピードの変更は出来ません。

(1/120 固定)

指定の設定以外のハイレートスキャン設定は出

来ません。

シャッタースピードはソフトウェア設定

指定の設定以外のハイレートスキャン設定は出

来ません。

各モード共通の設定

カメラ後面

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

2I 1N

読み出しモード切り換えスイッチ

→ 「2I」に設定

F M

GAIN

R.R N M1 M2

1

2

3

4

O

N

0

2

OFF ON INT EXT

75Ω

SHUTTER

SPEED

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ後面

2I 1N

HIGH

RATE

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

HIGH RATE調整スイッチ

→ 左側を「0」、右側を「2」に設定

F M

GAIN

R.R N M1 M2

3

4

1

2

O

N

0

2

OFF ON INT EXT

75Ω

SHUTTER

SPEED

○ ランダムトリガ入力の場合

カメラ後面

2I 1N

HIGH

RATE

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

リスタートリセット/外部トリガー

シャッターモード切り換えスイッチ

→ 「R.R」に設定

F M

GAIN

R.R N M1 M2

リスタートリセット/外部トリガー

シャッターモード切り換えスイッチ

→ 「M1」に設定

0

3

4

1

2

O

N

OFF ON INT EXT

75Ω

SHUTTER

SPEED

HIGH

RATE

2

40

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および「ユーザー

ズガイド XC-HR300」を参照してください。

41

2.7.5 XCL-U1000

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06、FHC3310CL

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッタースピードはシリアル通信によるソ

フトウェア設定

ランダムトリガ入力

トリガモード

(トリガ幅検出モード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。カメラに関しての詳

細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API の詳細についてはラ

イブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド 設定項目

BRATE

BINING

PARTIAL

シリアル通信速度設定

ビニングモード設定

パーシャルスキャン設定

設定

ソフトウェア設定に合わせて設定

(初期値は「3:38400[bps]」です)

ビニング機能を使用する場合には「1:V(垂直ビニング)」

に設定

パーシャルスキャン機能を使用する場合にはパラメータ

1 に「1:ON」、パラメータ 2、パラメータ 3 に取り込みラ

イン数に合わせた値を設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

コマンド 設定項目

TRG-MODE 動作モード設定

SHUTTER シャッタースピード設定

「0:OFF」に設定

任意に設定

設定

○ ランダムトリガ入力の場合

コマンド 設定項目 設定

TRG-MODE 動作モード設定

SHUTTER シャッタースピード設定

TRG-POL

EXTTRG

外部トリガパルス極性設定

外部トリガ信号入力選択

「2:外部トリガパルス幅検出」に設定※

「0:OFF」に設定※

「0:負極性」に設定

「0:Camera Link」に設定

※ 動作モード設定を行う前に、シャッタースピード設定を行う必要があります。

42

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL と接続して使用する場合、

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要で す。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

• シリアル通信速度設定は、以下の表を参照して設定してください。

BRATE コマンド

設定値

シリアル通信速度

[bps]

0

1

2

3

4

4800

9600

19200

38400

57600

• ノーマルモード時のシャッタースピード設定は、以下の表を参照して設定してください。

SHUTTER コマンド

設定値

シャッタースピード

[s]

10

11

12

13

6

7

8

9

0

1

2

3

4

5

OFF

1/15

1/30

1/100

1/120

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/5000

1/10000

1/7.5

1/2

1

• パーシャルスキャン使用時のパラメータ 2、および 3 の値は、ソニー株式会社より提供される取扱説明書およ

び「ユーザーズガイド XCL-U1000C/1000」を参照して設定してください。

• ゲイン調整以外の設定指示のない設定は、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および「ユーザーズガ

イド XCL-U1000C/1000」を参照してください。

43

2.7.6 XCL-V500/XCL-X700

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッタースピードはシリアル通信によるソ

フトウェア設定

ランダムトリガ入力

トリガモード 2

(トリガ幅シャッター)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。カメラに関しての詳

細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API の詳細についてはラ

イブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド 設定項目

BRATE シリアル通信速度設定

設定

ソフトウェア設定に合わせて設定

(初期値は「0:38400[bps]」です)

「1:HD/VD INT(内部同期信号を出力)」に設定 VHINTEXT HD/VD IN/OUT 設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

コマンド

MODE

設定項目

動作モード設定

SHUTTER シャッタースピード設定

○ ランダムトリガ入力の場合

コマンド

MODE

SHUTTER

EXTRG

設定項目

動作モード設定

シャッタースピード設定

外部トリガ信号入力選択

「0:Normal」に設定

任意に設定

備 考

設定

設定

「3:Trigger Mode 2」に設定

「12:Trigger width」に設定

「0:Camera Link」に設定

44

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• シリアル通信速度設定は、以下の表を参照して設定してください。

BRATE コマンド

設定値

シリアル通信速度

[bps]

0

1

38400

19200

• ノーマルモード時のシャッタースピード設定は、以下の表を参照して設定してください。

SHUTTER コマンド

設定値

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

シャッタースピード

XCL-X700

OFF

1/100

1/125

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/20000

OFF

OFF

1/125

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/15000

1/30000

OFF

[s]

XCL-V500

OFF

1/100

12 OFF OFF

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、ソニー株式会社より提供される取扱説明書および「ユーザーズガ

イド XCL-X700/V500」を参照してください。

• ゲイン調整以外の設定指示のない設定は、工場出荷状態でご使用下さい。

45

2.8 竹中システム機器株式会社

2.8.1 FC1300

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC331、FHC331LV、FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続電子シャッター

(高速/低速シャッター、

通常/倍速読み出し)

ランダムシャッター

(高速/低速シャッター、

通常読み出し)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

DIGITAL OUT

シャッタスイッチ(EXP.) モードスイッチ(MODE)

EXP.

LENS

U

D

MODE

UP/DOWNスイッチ(U-D)

POWER VIDEO

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作(連続シャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「9(フレームモード切替)」に設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を通常読み出しの場合は「U(上)」側、倍速読み出しの場合

は「D(下)」側に操作。

8. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

9. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

10. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「0~9」に設定(シャッター速度設定)。

46

○ トリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作(ランダムシャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

8. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「0~8」に設定(シャッター速度設定)。

留意事項

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

EXP.スイッチ

設定

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

高速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/10000 (1H)

1/5400 (2H)

1/2000 (6H)

1/1000 (12H)

1/500 (25H)

1/250 (50H)

1/125 (100H)

1/60 (208H)

1/24 (525H)※

低速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/7.5 (2V)

1/5 (3V)

1/3.7 (4V)

1/3 (6V)

1/1.5 (12V)

1 (24V)

2 (36V)

3 (48V)

4 (60V)※

※ ランダムシャッター時は「パルス幅設定」となりますが、サポー

トしていませんので設定しないでください。

• トリガ入力モードで使用しており、カメラ電源(PU-97)の内部ジャンパー設定が「A」側になっている場合、

カメラ電源前面の「TRG-MANUAL」スイッチを押すと画像取り込みに異常が出る場合がありますので「A」側のジ

ャンパーを開放し、「TRG-MANUAL」スイッチを無効とすることをお薦めいたします。

• RS-232C を使用してカメラ設定を行う際には本説明と設定が一致する様、注意してください。また、接続方法

等に付きましては、カメラメーカー(竹中システム機器株式会社)にお問い合わせ下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び「FC1300 オペレーションマニュアル」を参照してください。

47

2.8.2 FC1320V

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC331LV、FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続電子シャッター

(高速/低速シャッター、

通常/倍速読み出し)

ランダムシャッター

(高速/低速シャッター、

通常読み出し)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(MODE)に

て任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(MODE)に

て任意に設定

DIGITAL OUT

MODE

モードスイッチ(MODE)

POWER

U

D

UP/DOWNスイッチ(U-D)

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時任意のシャッター速度でカメラが動作します。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A(連続シャッター/ランダムシャッターの切り替え)」に

設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作(連続シャッター動作)。

4. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

6. カメラ電源を OFF する。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A」に設定し、カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」

を「U」または「D」のいずれかに押し込んだ状態でカメラ電源を ON する。

8. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(高速シャッター/低速シャッター切り替え)」に設定。

9. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

10. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(通常走査/倍速走査切り替え)」に設定。

11. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を通常読み出しの場合は「U(上)」側、倍速読み出しの場合

は「D(下)」側に操作。

12. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

13. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

48

14. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「0~9」に設定(シャッター速度設定)。

○ トリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時任意のシャッター速度でカメラが動作します。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A(連続シャッター/ランダムシャッターの切り替え)」に

設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作(ランダムシャッター動作)。

4. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

6. カメラ電源を OFF する。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A」に設定し、カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」

を「U」または「D」のいずれかに押し込んだ状態でカメラ電源を ON する。

8. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(高速シャッター/低速シャッター切り替え)」に設定。

9. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

10. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

11. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

12. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「0~8」に設定(シャッター速度設定)。

留意事項

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。なお、上記操作でページ F 以外に設定を保存した

場合、シャッター速度設定を行った状態でカメラ電源を投入すると設定が反映されませんのでご注意下さい。

MODE スイッチ

設定

高速シャッター

(秒)

低速シャッター

(秒)

4

5

6

7

8

0

1

2

3

9

シャッターなし

1/10000 (1H)

1/5400 (2H)

1/2000 (6H)

1/1000 (12H)

1/500 (25H)

1/250 (50H)

1/125 (100H)

1/60 (208H)

1/24 (525H)※

シャッターなし

1/6 (2V)

1/4 (3V)

1/3 (4V)

1/2 (6V)

1 (12V)

2 (24V)

3 (36V)

4

5

(48V)

(60V)※

※ ランダムシャッター時は「パルス幅制御時間」となりますが、サ

ポートしていませんので設定しないでください。

• トリガ入力モードで使用しており、カメラ電源(PU-97)の内部ジャンパー設定が「A」側になっている場合、

カメラ電源前面の「TRG-MANUAL」スイッチを押すと画像取り込みに異常が出る場合がありますので「A」側のジ

ャンパーを開放し、「TRG-MANUAL」スイッチを無効とすることをお薦めいたします。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び「FC1320 オペレーションマニュアル」を参照してください。

49

2.8.3 FC1500F

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続電子シャッター

(高速/低速シャッター、

通常/倍速読み出し)

ランダムシャッター

(高速/低速シャッター、

通常読み出し)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

DIGITAL OUT

シャッタスイッチ(EXP.) モードスイッチ(MODE)

EXP.

LENS

U

D

MODE

UP/DOWNスイッチ(U-D)

POWER VIDEO

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作(連続シャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「9(フレームモード切替)」に設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を通常読み出しの場合は「U(上)」側、倍速読み出しの場合

は「D(下)」側に操作。

8. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

9. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

10. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「0~9」に設定(シャッター速度設定)。

50

○ トリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作(ランダムシャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

8. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「1~8」に設定(シャッター速度設定)。

留意事項

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

EXP.スイッチ

設定

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

高速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/23000 (1H)

1/10000 (3H)

1/4000 (8H)

1/2000 (16H)

1/1000 (32H)

1/500 (64H)

1/250 (128H)

1/125 (266H)

1/60 (532H)※

低速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/15 (2V)

1/10 (3V)

1/7.5 (4V)

1/6 (5V)

1/5 (6V)

1/4.3 (7V)

1/3.8 (8V)

1/3.3 (9V)

1/3 (10V)※

※ ランダムシャッター時は「パルス幅設定」となりますが、サポー

トしていませんので設定しないでください。

• RS-232C を使用してカメラ設定を行う際には本説明と設定が一致する様、注意してください。また、接続方法

等に付きましては、カメラメーカー(竹中システム機器株式会社)にお問い合わせ下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び「FC1500F オペレーションマニュアル」を参照してください。

51

2.8.4 FC2000

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続電子シャッター

(高速/低速シャッター)

ランダムシャッター

(高速/低速シャッター)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(EXP.)に

て任意に設定

DIGITAL OUT

シャッタスイッチ(EXP.) モードスイッチ(MODE)

EXP.

LENS

U

D

MODE

UP/DOWNスイッチ(U-D)

POWER VIDEO

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作(連続シャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

8. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「0~9」に設定(シャッター速度設定)。

52

○ トリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5(シャッター 連続/ランダム)」に設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作(ランダムシャッター動作)。

4. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「6(シャッター 高速/低速)」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を高速シャッターの場合は「U(上)」側、低速シャッターの

場合は「D(下)」側に操作。

6. 変更したデータを保存するページ(「A~F」のいずれか)に「モードスイッチ(MODE)」を設定。

7. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でモードスイッチで選択

されたページに変更内容が保存されます。)

8. カメラ背面の「シャッタースイッチ(EXP.)」を「1~9」に設定(シャッター速度設定)。

留意事項

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

EXP.スイッチ

設定

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

高速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/18000 (1H)

1/6000 (3H)

1/2300 (8H)

1/940 (20H)

1/470 (40H)

1/230 (80H)

1/120 (160H)

1/60 (320H)

1/30 (620H)

低速シャッター

(秒)

シャッターなし

1/7.7 (2V)

1/5.2 (3V)

1/3.8 (4V)

1/3 (5V)

1/2.6 (6V)

1/2.2 (7V)

1/1.9 (8V)

1/1.7 (9V)

1/1.5 (10V)

• RS-232C を使用してカメラ設定を行う際には本説明と設定が一致する様、注意してください。また、接続方法

等に付きましては、カメラメーカー(竹中システム機器株式会社)にお問い合わせ下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書および

「FC2000 オペレーションマニュアル」を参照してください。

53

2.8.5 FC1500

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

連続電子シャッター

(通常シャッター)

ランダムシャッター

(通常シャッター)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(MODE)に

て任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(MODE)に

て任意に設定

DIGITAL OUT

MODE

POWER

LENS

U

D

モードスイッチ(MODE)

UP/DOWNスイッチ(U-D)

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時任意のシャッター速度でカメラが動作します。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A(連続シャッター/ランダムシャッターの切り替え)」に

設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作(連続シャッター動作)。

4. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

6. カメラ電源を OFF する。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「0~9」に設定(シャッター速度設定)。

○ トリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時任意のシャッター速度でカメラが動作します。

1. カメラ電源を ON する。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「A(連続シャッター/ランダムシャッターの切り替え)」に

設定。

3. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作(ランダムシャッター動作)。

4. 変更したデータをページ F に保存するために、モードスイッチ(MODE)を「F」に設定。

5. カメラ背面の「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作。(この時点でページ F に変更内容が

保存されます。)

6. カメラ電源を OFF する。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「0~8」に設定(シャッター速度設定)。

54

留意事項

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。なお、上記操作でページ F 以外に設定を保存した

場合、シャッター速度設定を行った状態でカメラ電源を投入すると設定が反映されませんのでご注意下さい。

MODE スイッチ

設定

シャッター時間

0 シャッターなし (1/15 秒)

5

6

7

1

2

3

4

8

9

1/12000 (1H)

1/5000

1/2000

1/1000

1/500

1/250

1/125

1/60

1/30

(3H)

(8H)

(16H)

(32H)

(64H)

(128H)

(256H)

(532H)※

※ ランダムシャッター時は「パルス幅制御時間」となりますが、サ

ポートしていませんので設定しないでください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び「FC1500 オペレーションマニュアル」を参照してください。

55

2.8.6 FC5100CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 連続シャッター

シャッター時間はカメラ背面スイッチ(EXP.)

にて任意に設定

ランダムトリガ入力

ランダムシャッター

(パルス幅制御)

シャッター時間はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」および「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を以下の手順で操作し、各モード

共通の設定を行います。

1. カメラの電源を OFF します。

2. 「モードスイッチ(MODE)」を「A」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」また は「D(下)」

の何れかに操作した状態でカメラの電源を ON にして「グループ 2」の設定モードに入ります。

3. 「モードスイッチ(MODE)」を「4」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して

「パルス幅制御の許可/不許可(PWC)」設定を「許可(ENABLED)」にします。

4. モードスイッチ(MODE)を変更したデータを保存するページ(A~F の何れか)に設定し、「UP/DOWN スイ

ッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して設定データを保存します。

5. カメラの電源を OFF します。

6. 「モードスイッチ(MODE)」を「C」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」また は「D(下)」

の何れかに操作した状態でカメラの電源を ON にして「グループ C」の設定モードに入ります。

7. 「モードスイッチ(MODE)」を「6」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作して

「Vinit2 の極性設定(Vinit2)」設定を「負論理(NORMAL)」にします。

8. カメラの電源を OFF します。

9. 「モードスイッチ(MODE)」を「D」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」また は「D(下)」

の何れかに操作した状態でカメラの電源を ON にして「グループ D」の設定モードに入ります。

10. 「モードスイッチ(MODE)」を「3」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」側に操作して

「出力ビット(BIT)」設定を「8bit」にします。

11. カメラの電源を OFF します。

カメラ背面

Camera Link

EXP.

MODE

シャッタスイッチ(EXP.)

POWER

U

D

モードスイッチ(MODE)

UP/DOWNスイッチ(U-D)

56

取り込みモードに依存する設定

カメラのモード設定は、通常、カメラ背面のスイッチ操作により設定画面を呼び出して行います。設定画面は

カメラによって撮像された映像に重畳して表示されますので、設定変更を行う際には、ノーマル入力で連続的に

画像を取り込むアプリケーションを用意する必要があります。(弊社画像入力ボードをご使用の場合は FVXStart

等が利用可能です。)

なお、設定画面の詳細な操作方法については、カメラの取扱説明書をご覧頂くか、カメラメーカーにお問い合

わせ下さい。

○ ノーマル入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時ノーマル入力の設定でカメラが動作します。

1. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「1」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」

側に操作して OSD(メニュー1)を表示します。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」

側に操作して OSD 上の「S.FORM」設定を「NORMAL/HIGH」にします。

3. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「9」に設定し、パーシャルスキャンを使用しない場合は「U

P/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して OSD 上の「SCAN」設定を「NORMAL/」に、パーシャ

ルスキャンを使用する場合は「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(上)」側に操作して OSD 上の「SCAN」

設定を「PARTIAL/」にします。

4. モードスイッチ(MODE)を変更したデータを保存するページ(A~F の何れか)に設定し、「UP/DOWN スイ

ッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して設定データを保存します。

5. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「1」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」

側に操作して OSD(メニュー1)を消去します。

6. カメラ電源を OFF します。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を設定データを保存したページに設定します。

○ ランダムトリガ入力の場合

以下の手順で設定を行います。この操作で次回カメラ電源投入時ノーマル入力の設定でカメラが動作します。

1. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「1」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」

側に操作して OSD(メニュー1)を表示します。

2. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「5」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」

側に操作して OSD 上の「S.FORM」設定を「ASYNC/HIGH」にします。

3. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「9」に設定し、パーシャルスキャンを使用しない場合は「U

P/DOWN スイッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して OSD 上の「SCAN」設定を「NORMAL/」に、パーシャ

ルスキャンを使用する場合は「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(上)」側に操作して OSD 上の「SCAN」

設定を「PARTIAL/」にします。

4. モードスイッチ(MODE)を変更したデータを保存するページ(A~F の何れか)に設定し、「UP/DOWN スイ

ッチ(U-D)」を「U(上)」側に操作して設定データを保存します。

5. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を「1」に設定し、「UP/DOWN スイッチ(U-D)」を「D(下)」

側に操作して OSD(メニュー1)を消去します。

6. カメラ電源を OFF します。

7. カメラ背面の「モードスイッチ(MODE)」を設定データを保存したページに設定します。

57

留意事項

• シャッター時間は、以下の表を参照して設定してください。

EXP.スイッチ

設定

シャッター時間

(高速シャッター)

0 シャッターなし (1/15 秒)

5

6

7

8

1

2

3

4

9

1/18000 (1H)

1/6500 (4H)

1/2000 (15H)

1/1000 (31H)

1/500 (62H)

1/250 (124H)

1/125 (249H)

1/60 (520H)

1/30 (1041H)

• ランダムシャッターに設定されたカメラの設定を変更する際には、カメラの電源投入後、背面スイッチの設定

により設定画面を呼び出した後、ノーマル入力で画面の確認を行って下さい。

• カメラの設定変更はカメラリンク I/F 内のシリアル通信を利用して行うことも出来ます。詳細な設定方法につ

いては、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定

が可能です。通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

• 設定指示のない設定項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書を参

照してください。

58

2.8.7 TL-5150UCL/TL-7450UCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

コマンド ctrl bit expc

設定項目

Ctrl 設定

出力 bit 設定

露光制御設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

内部 SYNC 動作

外部 SYNC 動作

露光時間は変更不可

露光期間はソフトウェア設定(ライン周期)

各モード共通の設定

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカー

が提供する取扱説明書および仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

設定

「1:シリアル通信有効」に設定

「8:8bit 出力」に設定

「0:ライン周期」に設定

コマンド sync Sync 設定

設定項目

○ トリガ入力の場合

コマンド sync Sync 設定

設定項目

設定

「2:Internal Sync」に設定

設定

「1:Ext Sync」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び「ラインセンサ仕様書 型式 TL-5150UCL」「ラインセンサ仕様書 型式 TL-7450UCL」を参照してください。

59

2.8.8 TL-7400RCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

コマンド ctrl bit expc

設定項目

Ctrl 設定

出力 bit 設定

露光制御設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

内部 SYNC 動作

外部 SYNC 動作

各モード共通の設定

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカー

が提供する取扱説明書および仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

設定

「1:シリアル通信有効」に設定

「8:8bit 出力」に設定

「0:ライン周期」に設定

コマンド sync Sync 設定

設定項目

○ トリガ入力の場合

コマンド sync Sync 設定

設定項目

「0:Auto」に設定

設定

設定

「1:Ext Sync」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、竹中システム機器株式会社より提供される取扱説明書およ

び仕様書を参照してください。

60

2.9 東芝テリー株式会社(旧 東京電子工業株式会社)

2.9.1 CS8530-01/CS8530-04

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

CSC903、VisionNavigator300、VisionNavigator400、FV2100、FVC01、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマル電子シャッター

(1/30s NOR モード)

ランダムトリガシャッター

(1/30s RDM モード)

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-3~5)にて任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面

MODE MG

1 2 3 4 5 6 7 8

映像出力モード切換(SW1-2)

→ 「ON(1/30s)」に設定

DC IN

/SYNC

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

MODE

カメラ背面

MG

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタモード切換(SW1-6)

→ 「OFF(NOR)」に設定

シャッタスピード切換(SW1-3~5)

→任意に設定

DC IN

/SYNC

○ ランダムトリガ入力の場合

MODE

カメラ背面

MG

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタモード切換(SW1-6)

→ 「ON(RDM)」に設定

DC IN

/SYNC

61

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマル電子シャッター時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1-3 SW1-4 SW1-5

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON

ON ON

OFF

OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

シャッタースピード

(秒)

ノーマル

1/100

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

• Windows ベースのシステムで FVC01 と CS8530-01 を組み合わせて使用した場合、入力画像が乱れる場合があり

ます。その場合には CS8530-04 をご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S8530-01 機器仕様書」を参照してください。

62

2.9.2 CS8530D-01

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

CSC903、VisionNavigator300、VisionNavigator400、FV2100、FVC01、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマル電子シャッター

(1/60s NOR モード)

ランダムトリガシャッター

(1/60s RDM モード)

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-3~5)にて任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面

MODE MG

1 2 3 4 5 6 7 8

映像出力モード切換(SW1-2)

→ 「ON(1/60s)」に設定

DC IN

/SYNC

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

MODE

カメラ背面

MG

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタモード切換(SW1-6)

→ 「OFF(NOR)」に設定

シャッタスピード切換(SW1-3~5)

→任意に設定

DC IN

/SYNC

○ ランダムトリガ入力の場合

MODE

カメラ背面

MG

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタモード切換(SW1-6)

→ 「ON(RDM)」に設定

DC IN

/SYNC

63

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマル電子シャッター時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1-3 SW1-4 SW1-5

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON

ON ON

OFF

OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

シャッタースピード

(秒)

ノーマル

1/100

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

• Windows ベースのシステムで FVC01 と CS8530D-01 を組み合わせて使用した場合、入力画像が乱れる場合があり

ます。ご注意下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および

「CS8530D-01 機器仕様書」を参照してください。

64

2.9.3 CS8550D/CS8550Di/CS8550Di-01/CS8550i-01

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

CS8550D

CS8550Di

CS8550Di-01

CS8550i-01

VisionNavigator400、FV2100、FV1100、FVC02

VisionNavigator400、FV2100、FV1100、FVC02、FVC05

FVC01※

FV2100、CSC903※、FVC01※、FVC02

※ 「留意事項」を参照してください。

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッター

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SHUT)に

て任意に設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(ノンリセット、

パルス幅モード)

シャッター速度はソフトウェア設定

各モード共通の設定

O

N

カメラ背面

HIGH 75Ω

HD/VD

F M

GAIN

外部同期入力インピーダンス切換

→ 「75Ω」に設定

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

TRIG

EXP

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

ランダムトリガシャッタ露光切換(EXP)

→ 「ON(パルス幅モード)」に設定

M GAIN

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

O

N

カメラ背面

HIGH 75Ω

HD/VD

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

TRIG

EXP

8

9

0

6

7

4

5

1

2

3

F M

GAIN

電子シャッタ速度切換(SHUT:1~3)

→ 任意に設定

M GAIN

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

○ ランダムトリガ入力の場合

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

TRIG

EXP

8

9

6

7

0

3

4

1

2

5

カメラ背面

O

N

HIGH 75Ω

HD/VD

F M

GAIN

電子シャッタ速度切換(SHUT:1~3)

→「1:ON、2:OFF、3:OFF」に設定

M GAIN

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

65

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッター時のシャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

SHUT スイッチ設定

1 2 3

シャッター速度(秒)

CS8550D/CS8550Di

/CS8550Di-01

CS8550i-01

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON ON

ON ON ON

OFF

1/200

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

OFF

1/100

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

• FVC01+FVL/DOS、CSC903 を CS8550i-01 と組み合わせて使用する場合、ライブラリ側で CS8530-01 を使用する設

定を行い、Lib_set_vline()にて取込開始ラインを+12 としてください。

• FVC01+FVL/DOS、CSC903 を CS8550Di-01 と組み合わせて使用する場合、ライブラリ側で CS8530D-01 を使用する

設定を行い、Lib_set_vline()にて取込開始ラインを+12 としてください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および

機器仕様書を参照してください。

66

2.9.4 CS8560D/CS8570D

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC02、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッター

備 考

電子シャッター速度はカメラ側スイッチ(SHUT)

にて任意に設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(ノンリセット、

パルス幅モード)

シャッター速度はソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラ背面

M GAIN

O

N

GAIN

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

EXP

5

6

7

8

3

4

1

2

9

0

ランダムトリガシャッタ露光切換(EXP)

→ 「ON(パルス幅モード)」に設定

HD/VD

HIGH 75Ω

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

カメラ背面

M GAIN

GAIN

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

EXP

7

8

5

6

9

0

1

2

3

4

O

N

外部同期入力インピーダンス切換

→ 「75Ω」に設定

電子シャッタ速度切換(SHUT:2~4)

→ 任意に設定

HD/VD

HIGH 75Ω

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

○ ランダムトリガ入力の場合

GAIN

SHUT

VIDEO

SMODE

PART

EXP

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

カメラ背面

M GAIN

HD/VD

HIGH 75Ω

VIDEO OUT/

DC IN/SYNC

電子シャッタ速度切換(SHUT:2~4)

→「2:ON、3:OFF、4:OFF」に設定

67

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッター時の電子シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

SHUT スイッチ設定 電子シャッター速度

2 3 4 (秒)

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON ON

ON ON ON

ノーマル

1/200

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および

機器仕様書を参照してください。

68

2.9.5 CS3720

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VisionNavigator400、FV2100、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマル電子シャッター

(1/120s NOR モード)

ランダムトリガシャッター

(1/120s RDM モード、

パルス幅モード)

各モード共通の設定

備 考

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SHUTTER)にて任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

カメラ制御器内部

SW8

HIGH

75Ω

HD/VD信号終端設定(SW8)

→ 「75Ω」に設定

シャッタスピード制御切換(SW1-1)

→ 「ON(パルスモード)」に設定

トリガ極性切換(SW1-5)

→ 「ON(正論理)」に設定

1 2 3 4 5 6 7 8

SW1

前面側 後面側

※ カメラのシリアル番号下 4 桁が「0020」以前のカメラには SW8 がありません。

POWER

NOR

カメラ制御器前面

SHUTTER GAIN

MANU

RDM

2

1

3 4 5

6

0

7

FIX GAIN PED

CS3720

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

MODE

1/120

1/60

映像出力モード切換(MODE)

→ 「1/120」に設定

POWER

NOR

カメラ制御器前面

SHUTTER GAIN

MANU

RDM

2

1

3 4 5

6

0

7

FIX GAIN PED 1/60

CS3720

MODE

1/120

シャッタスピード切換

→ 任意に設定

シャッタモード切換

→ 「NOR(ノーマル電子シャッタ)」に設定

○ ランダムトリガ入力の場合

POWER

NOR

カメラ制御器前面

SHUTTER GAIN

MANU

RDM

3 4 5

2

1

0

7

6

FIX GAIN PED 1/60

CS3720

MODE

1/120

シャッタモード切換

→ 「RDM(ランダムトリガシャッタ)」に設定

69

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマル電子シャッター時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

(ポジション)

シャッタースピード

(秒)

4

5

6

7

0

1

2

3

1/120

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S3720 機器仕様書」を参照してください。

70

2.9.6 CS3730DC

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VisionNavigator400、FV2100、FVC02

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルシャッター

(1/100s)

ランダムトリガシャッター

(1/100s ノンリセット、

パルス幅モード)

各モード共通の設定

カメラ内部

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(ED)にて

任意に設定

シャッター速度はソフトウェア設定

レンズマウント側

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

SMD

EXP PARTIAL

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

ED

GAIN.SW

VIDEO.MD

GAIN

背面側

外部同期入力インピーダンス切換

→ 「75Ω(右側)」に設定

露光時間設定切換(EXP:6~7)

→「6:ON、7:OFF(トリガ信号パルス幅制御)」に設定

電子シャッタ速度設定(ED:1~3)

→ 任意に設定

DC IN/SYNC

○ ランダムトリガ入力の場合

EXP

SMD

カメラ背面

PARTIAL

GAIN

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

ED

GAIN.SW

VIDEO.MD

露光時間設定切換(EXP:6~7)

→「6:ON、7:OFF(トリガ信号パルス幅制御)」に設定

電子シャッタ速度設定(ED:1~3)

→「1:ON、2:OFF、3:OFF」に設定

DC IN/SYNC

71

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッター時のシャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

ED スイッチ設定 シャッター速度

1 2 3 (秒)

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON ON

ON ON ON

OFF

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S3730DC 機器仕様書」を参照してください。

72

2.9.7 CS3910

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC331LV、FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

シャッターOFF

ノーマル電子シャッター

ランダムトリガシャッター

FIX モード

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ内部

備 考

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-4~6)にて任意に設定

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-4~6)にて任意に設定

SW1

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→電子シャッタを利用する場合「2:ON、3:OFF」に設定

→電子シャッタを利用しない場合「2:OFF、3:OFF」に設定

○ トリガ入力の場合

カメラ内部

SW1

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→「2:ON、3:ON(ランダムトリガシャッタFIXモード)」に設定

73

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1-4 SW1-5 SW1-6

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON

ON ON

OFF

OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

シャッタースピード

(秒)

1/30

1/60

1/125

1/250

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

※ ノーマル電子シャッターモード時、上記設定を有効にするためには「シャッターモー

ド切換スイッチ(SW1-2~3)」を「2:ON、3:OFF(ノーマル電子シャッター)」に設定

してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S3910 機器仕様書」を参照してください。

74

2.9.8 CS3920

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

シャッターOFF

ノーマル電子シャッター

備 考

FVL/WIN、FVX のみ対応

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-4~6)にて任意に設定

トリガ入力

ランダムトリガシャッター

FIX モード

(フィールド出力、

フレーム出力)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ内部

FVL/WIN、FVX はフレーム出力のみ対応

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(SW1-4~6)にて任意に設定

SW1

1 2 3 4 5 6 7 8

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→電子シャッタを利用する場合「2:ON、3:OFF」に設定

→電子シャッタを利用しない場合「2:OFF、3:OFF」に設定

○ トリガ入力の場合

カメラ内部

SW1

1 2 3 4 5 6 7 8

フィールド出力/フレーム出力(SW1-7)

→フィールド出力で使用する場合「OFF」に設定

→フレーム出力で使用する場合「ON」に設定

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→「2:ON、3:ON(ランダムトリガシャッタFIXモード)」に設定

75

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1-4 SW1-5 SW1-6

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON

ON ON

OFF

OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

シャッタースピード

(秒)

1/30

1/60

1/125

1/250

1/1000

1/2000

1/5000

1/10000

※ ノーマル電子シャッターモード時、上記設定を有効にするためには「シャッターモー

ド切換スイッチ(SW1-2~3)」を「2:ON、3:OFF(ノーマル電子シャッター)」に設定

してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S3920 機器仕様書」を参照してください。

76

2.9.9 CS3930UV

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

シャッターOFF

ノーマル電子シャッター

備 考

ノーマル電子シャッター時のシャッタースピー

ドはカメラ内部スイッチ(SW1-4~6)にて任意

に設定

シャッタースピードはカメラ内部スイッチ

(SW1-4~6)にて任意に設定

トリガ入力

ランダムトリガシャッター

FIX モード

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ内部スイッチ(SW1)

6

7

8

3

4

1

2

5

O

N

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→電子シャッタを利用する場合「2:ON、3:OFF」に設定

→電子シャッタを利用しない場合「2:OFF、3:OFF」に設定

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

○ トリガ入力の場合

カメラ内部スイッチ(SW1)

7

8

5

6

1

2

3

4

O

N

シャッタモード切換(SW1-2~3)

→「2:ON、3:ON(ランダムトリガシャッタFIXモード)」に設定

シャッタスピード切換(SW1-4~6)

→任意に設定

77

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1-4 SW1-5 SW1-6

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON

ON ON

OFF

OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON

ON ON

ON

ON

シャッタースピード

(秒)

1/30

1/60

1/125

1/250

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

※ ノーマル電子シャッターモード時、上記設定を有効にするためには「シャッターモー

ド切換スイッチ(SW1-2~3)」を「2:ON、3:OFF(ノーマル電子シャッター)」に設定

してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および「C

S3930UV 機器仕様書」を参照してください。

78

2.9.10 CSB1100CL(-10)

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 電子シャッター シャッタースピードはソフトウェア設定

ランダムトリガ入力 ランダムトリガシャッター シャッタースピードはソフトウェア設定

※ FVC06 では WOI 機能をサポートしておりません。

各モード共通の設定

FVC06 に接続して使用する場合、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があ

ります。本説明とカメラメーカーが提供する取扱説明書またはインターフェイス仕様書に記載された通信仕様を

参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので背面スイッチ以外の設定は不要

です。

カメラ背面

CAMERA LINK

背面スイッチ

→ すべてOFF

1 2 3 4

DC IN

FVC06 に接続する場合

アドレス 設定項目 設定

0x64

0x66

ゲイン設定(Gain1)

シャッターモード設定

(Shutter Mode)

任意に設定

「0x00:Global Shutter」に設定※

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

79

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)に接続する場合

特にありません。

FVC06 に接続する場合

○ ノーマル入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x68~x69

シャッタースピード設定

(Shutter Speed)

任意に設定※

トリガ設定 1(Trigger1) 「0x00」に設定※ 0x6A

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x6A トリガ設定 1(Trigger1) 「0x01(ランダムトリガシャッター、負極性)」に設定※

0x6B トリガ設定 2(Trigger2) 「0x01(パルス幅露光モード)」に設定※

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

留意事項

• 各設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書等を参照

してください。

80

2.9.11 CSB4000CL(-10A)

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 電子シャッター シャッタースピードはソフトウェア設定※

ランダムトリガ入力 ランダムトリガシャッター シャッタースピードはソフトウェア設定

※ 一部ライブラリ製品ではシャッタースピード設定をサポートしておりません。

※ FVC06 では WOI 機能をサポートしておりません。

各モード共通の設定

FVC06 に接続して使用する場合、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があ

ります。本説明とカメラメーカーが提供する取扱説明書または仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行っ

てください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので背面スイッチ以外の設定は不要

です。

カメラ背面

CAMERA LINK

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

ボーレート切換(SW1-2)

→ 「1:OFF、2:OFF(9600)」に設定

DC IN

任意に設定

設定

「0x00:Global Shutter」に設定※

FVC06 に接続する場合

アドレス

0x64

0x66

設定項目

ゲイン設定(Gain1)

シャッターモード設定

(Shutter Mode)

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

81

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)に接続する場合

特にありません。

FVC06 に接続する場合

○ ノーマル入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x68~x69

シャッタースピード設定

(Shutter Speed)

任意に設定※

トリガ設定 1(Trigger1) 「0x00」に設定※ 0x6A

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x6A トリガ設定 1(Trigger1) 「0x01(ランダムトリガシャッター、負極性)」に設定※

0x6B トリガ設定 2(Trigger2) 「0x01(パルス幅露光モード)」に設定※

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update Windowing」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

留意事項

• 各設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書等を参照

してください。

82

2.9.12 CS3970CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310CL、FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 電子シャッター

シャッタースピードは PC 通信アプリケーション

またはソフトウェアにて設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(パルス幅モード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

FHC3310CL に接続する場合、カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、

TeraTerm など)を使用するか、ユーザープログラム内にシリアル通信による設定機能を実装して、カメラリンク

インタフェースを通して行う必要があります。詳細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わ

せ下さい。

FVC04(a)に接続する場合は、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要がありま

す。本説明とカメラメーカーが提供する取扱説明書または仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってく

ださい。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

アドレス 設定項目 設定

0x62 セットアップ設定(Setup)

0x64~0x65 ゲイン設定(Gain)

0x70

0x81

任意に設定(0x00~0x1F)

任意に設定(0x00~0x1FF)

高速ドラフト読出し(Draft Mode) 「0x00:OFF」に設定

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

カメラ背面

CAMERA LINK

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

通信速度設定(SW2-3)

→ PCの設定に合わせて設定

メモリ読み出し設定(SW4-5)

→ 任意に設定

DC IN

83

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x68~0x69

0x6A

シャッタースピード設定

(Shutter Speed)

ランダムトリガシャッター

(Shutter Mode)

任意に設定(0x00~0x4E1)

「0x00:負極性、OFF」に設定

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x6A

0x6B

ランダムトリガシャッター

(Shutter Mode)

ランダムトリガモード

(Random Mode)

「0x01:負極性、ON」に設定

「0x01:PLS(パルス幅モード)」に設定

※ 設定変更後「アドレス 0x6E:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

留意事項

• 設定指示のない設定項目は、工場出荷状態でご使用下さい。

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL に接続して使用する場合、

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

• 通信速度設定は、以下の表を参照して設定してください。ただし、FVC04(a)に接続して使用する場合は 9600(b ps)に設定してください。

スイッチ設定

SW3

OFF

OFF

ON

通信速度

(bps)

SW2

OFF

ON

OFF

9600

19200

38400

• シャッタースピードは下式にて計算できます。

シャッタースピード(s) = (1007CLK+1920CLK×設定値)/36(MHz)

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書等を参照

してください。

84

2.9.13 CS6940CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 マニュアル電子シャッター

シャッタースピードは PC 通信アプリケーション

またはソフトウェアにて設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(パルス幅モード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、ユーザープログラム内にシリアル通信による設定機能を実装して、カメラリンクインタフェースを通して

行う必要があります。詳細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

アドレス 設定項目 設定

0x63

0x70

0x72

読み出しモード設定(Resolution) 任意に設定(0x00、0x02、0x05)

ゲイン設定(Gain) 任意に設定(0x00~0xFF)

セットアップ設定(Setup) 任意に設定(0x00~0x1F)

※ 設定変更後「アドレス 0x60:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

カメラ背面

CAMERA LINK

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

通信速度設定(SW1~2)

→ 任意に設定

メモリ読み出し設定(SW3~4)

→ 任意に設定

DC IN

85

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x69

0x6E~0x6F

※ 設定変更後「アドレス 0x60:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x66

0x67

0x68

マニュアル電子シャッター設定

(Shutter Mode)

シャッタースピード設定

(Shutter Speed)

ランダムトリガシャッター

(Random Trigger Shutter)

ランダムトリガ極性

(Random Trigger Polarity)

ランダムトリガモード

(Random Trigger Mode)

「0x00:MANU」に設定

任意に設定(0x00~0x7FF)

「0x01:ON」に設定

「0x00:NEG(負極性)」に設定

「0x01:Multi OFF、PLS(パルス幅モード)」に

設定

※ 設定変更後「アドレス 0x60:Update」レジスタへの書き込み(0x01)が必要です。

留意事項

• 設定指示のない設定項目は、工場出荷状態でご使用下さい。

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われます。

• 通信速度設定は、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

SW1

OFF

ON

OFF

SW2

OFF

OFF

ON

通信速度

(bps)

9600

19200

38400

• シャッタースピードは下式にて計算できます。

全画素読み出し、パーシャルスキャン時 :シャッタースピード(s) = (1007CLK+1920CLK×設定値)/36(MHz)

高速ドラフト読み出し時 :シャッタースピード(s) = (1007CLK+2400CLK×設定値)/36(MHz)

• 読み出しモード設定は、以下の表を参照して設定してください。

読み出しモード設定

(アドレス:0x63)

動作

0x00

0x02

0x05

全画素読み出し

パーシャルスキャン

高速ドラフト読み出し

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書等を参照

してください。

86

2.9.14 CS8581QCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

アドレス

0x91

0xA0

0xA4

設定項目

シャッターモード

シャッタースピード分母

シャッタースピード分子

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス

0x91

0x92

0x93

設定項目

シャッターモード

ランダムトリガモード

トリガ極性

備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッター

シャッタースピードはシリアル通信によるソフ

トウェア設定

ランダムトリガ入力

0x76

0x87

0x90

ランダムトリガシャッター

(パルスモード)

ゲイン

出力ビット数

スキャンモード

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。カメラに関しての詳

細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API の詳細についてはラ

イブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

アドレス 設定項目 設定

任意に設定(0x00~0x78)

「0x08:8bit」に設定

ソフトウェア設定に合わせて設定

設定

「0x00:ノーマルシャッター」に設定

任意に設定(0x01~0xC350)

任意に設定(0x01~0xFF)

設定

「0x01:ランダムトリガシャッター」に設定

「0x01:パルスモード」に設定

「0x00:負極性」に設定

87

留意事項

• 各設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• パーシャルスキャン機能使用時は、以下の表を参照して設定してください。

スキャンモード設定

(アドレス:0x90)

スキャンモード

0x00

0x01

0x02

0x03

0x04

ノーマル

1/4 パーシャル

2/4 パーシャル

3/4 パーシャル

ビニング

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書およびイ

ンターフェース仕様書等を参照してください。

88

2.9.15 CSCQS15BC23

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッター

シャッタースピードは PC 通信アプリケーション

またはソフトウェアにて設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(パルス幅モード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミナル、TeraTerm など)を使用す

るか、ユーザープログラム内にシリアル通信による設定機能を実装して、カメラリンクインタフェースを通して

行う必要があります。詳細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

アドレス 設定項目 設定

0x76

0x87

0x90

0xC1

0xC4

0xC8

ゲイン設定

出力ビット数設定

スキャンモード

パーシャル領域番号

パーシャル垂直開始座標

パーシャル垂直高さ

任意に設定(0x00~0x78)

「0x08:8bit」に設定

ソフトウェア設定に合わせて設定

パーシャルスキャン非使用時:0x00

パーシャルスキャン使用時 :0x01

「0x00」に設定※

任意に設定(0x00~0x7A6)※

ソフトウェアの設定に合わせて任意に設定(0x64

~0x80A)※

0xCC パーシャル領域有効 「0x0001」に設定※

※ パーシャルスキャン機能利用時のみ設定します。設定変更後、「アドレス 0xC0:パーシャル更新」レジス

タへの書き込み(0x01)が必要です。

カメラ背面

CAMERA LINK

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

通信速度設定(SW2~3)

→ 任意に設定

メモリ読み出し設定(SW4~5)

→ 任意に設定

DC IN

89

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

アドレス 設定項目 設定

0x91

0xA0

0xA4

シャッターモード

シャッタースピード分母

シャッタースピード分子

「0x00:ノーマルシャッターOFF」または「0x01:

ノーマルシャッター」に設定

任意に設定(0x01~0x4E20)※

任意に設定(0x01~0xFF)※

※ シャッターモードを「1:ノーマルシャッター」に設定した時のみ有効

○ ランダムトリガ入力の場合

アドレス

0x91

0x92

0x93

設定項目

シャッターモード

ランダムトリガモード

トリガ極性

設定

「0x02:ランダムトリガシャッター」に設定

「0x01:パルスモード」」に設定

「0x00:負極性」に設定

留意事項

• 設定指示のない設定項目は、工場出荷状態でご使用下さい。

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われます。

• 通信速度設定は、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定 通信速度

(bps)

SW1

OFF

ON

OFF

ON

SW2

OFF

OFF

ON

ON

9600

19200

38400

57600

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、東芝テリー株式会社より提供される取扱説明書および制

御インタフェース仕様書を参照してください。

90

2.10 株式会社東芝

2.10.1 IK-542

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV904(a/ac)、RICE-001(a/b)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

通常モード

(1/30I)

1 パルストリガモード

(1/30I、

SYNC リセットモード)

各モード共通の設定

DC IN/SYNC

カメラ背面

SELECT

1/30N

1/60N

ON

OFF

GAIN

1/30I

映像出力選択(SELECT)

→「1/30I」に設定

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ

(SHUTTER)にて任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ

(SHUTTER)にて任意に設定

SHUTTER

電子シャッタースイッチ(SHUTTER)

→任意に設定

DC IN 12V VIDEO

レンズ側

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

特にありません。

○ ランダムトリガ入力の場合

カメラ内部

OPT

S202

TTL

O

N

1 2 3 4 5 6

S201

背面側

1パルストリガ/2パルストリガ選択(S201-1~4)

→「1:OFF、2:ON、3:OFF、4:ON」に設定

トリガ入力切換え(S202)

→「TTL(右側)」に設定

91

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

スイッチ設定

(ポジション)

シャッター速度

(秒)

9

A

B

C

D

E

F

4

5

6

7

8

0

1

2

3

1/60

1/100

1/125

1/250

1/500

1/1000

1/1500

1/2000

1/3000

1/4000

1/6000

1/8000

1/10000

1/30000

1/50000

2 パルス ※

※ 2 パルスモードはサポートしていませんので設定しないでください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社東芝より提供される取扱説明書を参照してくださ

い。

92

2.10.2 IK-SX1

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

備 考

内部同期モード

シャッタースピードは背面スイッチ(No.6~8)

により任意に設定

パルス幅トリガモード シャッタースピードはソフトウェア設定 ランダムトリガ入力

各モード共通の設定

カメラ背面

DC IN 12V

MODE SELECT

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

GAIN

同期信号切り換えスイッチ(No.2)

→「HD/VD(OFF)」に設定

DIGITAL

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

DC IN 12V

MODE SELECT

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

GAIN

DIGITAL

電子シャッタスピードスイッチ(No.6~8)

→任意に設定

モード設定スイッチ(No.3~5)

→「3:OFF、4:OFF、5:OFF(内部同期)」に設定

○ ランダムトリガ入力の場合

DC IN 12V

カメラ背面

MODE SELECT

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

GAIN

DIGITAL

モード設定スイッチ(No.3~5)

→「3:OFF、4:ON、5:OFF(パルス幅トリガ)」に設定

93

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 部分読み出し機能はサポートしておりません。

• 内部同期モード時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

電子シャッタースピード

スイッチ

No.6 No.7 No.8

電子シャッタースピード

(秒)

OFF

OFF

OFF

OFF

ON

ON

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

1/15

1/100

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/50000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社東芝より提供される取扱説明書を参照してくださ

い。

94

2.10.3 IK-52V/IK-53V

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

ノーマルシャッター

(外部同期モード)

外部トリガモード

(SYNC-NONRESET、

パルス幅トリガモード)

各モード共通の設定

カメラ背面

ON

75Ω

EXT

HD/VD

INT

OFF

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHT

TRG

P.S

M.G

シャッタースピードはカメラ側スイッチ(SHT)

にて任意に設定

75Ω終端スイッチ(75Ω)

→「ON(75Ω)」に設定

備 考

シャッタースピードはソフトウェア設定

HD/VD信号入出力切り換えスイッチ(HD/VD)

→「EXT(入力)」に設定

VIDEO OUT

DC IN/SYNC

MIN MAX

M GAIN

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

ON

75Ω HD/VD

EXT INT

OFF

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHT

TRG

P.S

M.G

シャッタースピード設定(SHT:1~4)

→任意に設定

リスタートリセット/外部トリガモード設定(TRG:5~7)

→「5:OFF、6:OFF、7:OFF(ノーマルシャッター)」に設定

VIDEO OUT

DC IN/SYNC

MIN MAX

M GAIN

○ ランダムトリガ入力の場合

カメラ背面

ON

75Ω

EXT

OFF

HD/VD

INT

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHT

TRG

P.S

M.G

シャッタースピード設定(SHT:1~4)

→「すべてOFF(パルス幅トリガー)」に設定

リスタートリセット/外部トリガモード設定(TRG:5~7)

→「5:ON、6:ON、7:OFF(SYNC-NONRESET)」に設定

トリガー極性(TRG:8)

→「OFF(正極性)」に設定

VIDEO OUT

DC IN/SYNC

MIN MAX

M GAIN

95

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• ノーマルシャッター時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

SHT スイッチ設定 シャッタースピード

1 2 3 4 (秒)

OFF OFF OFF OFF

ON OFF OFF OFF

OFF ON OFF OFF

ON ON OFF OFF

OFF OFF ON OFF

ON OFF ON OFF

OFF ON ON OFF

ON ON ON OFF

OFF OFF OFF ON

ON OFF OFF ON

OFF

1/100

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/50000

1/100000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社東芝より提供される取扱説明書および「オペレーティ

ングガイド 型名:IK-52V/IK-53V」を参照してください。

96

2.10.4 IK-TF5C/IK-TF7C

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310CL、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

ランダムトリガ入力

マニュアルシャッター

(MANU)モード

外部トリガ(E.TRG)

PW SR モード

シャッタースピードはカメラ設定画面(OSD)に

て任意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラのモード設定は、通常、カメラ背面のボタン操作により設定画面を呼び出して行います。設定画面はカ

メラによって撮像された映像に重畳して表示されますので、設定変更を行う際には、ノーマル入力で連続的に画

像を取り込むアプリケーションを用意する必要があります。(弊社画像入力ボードをご使用の場合は FVXStart

等が利用可能です。)

なお、設定画面の詳細な操作方法については、カメラの取扱説明書をご覧頂くか、カメラメーカーにお問い合

わせ下さい。

-- SHUTTER --

MODE

MANU

PART

MANU

OFF

OFF

部分読出設定

→使用するモードに合わせて以下から設定

IK-TF5C:OFF/120fps/180fps

IK-TF7C:OFF/60fps/90fps

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

-- SHUTTER --

MODE

MANU

PART

MANU

OFF

OFF

シャッターモード

→「MANU」に設定

シャッタースピード設定

→任意に設定

97

○ トリガ入力、ランダムトリガ入力の場合

-- SHUTTER --

MODE

E.TRG

TRG.P

PART

E.TRG

PW SR

OFF

シャッターモード

→「E.TRG」に設定

E.TRGモード設定

→「PW SR」に設定

入力トリガーパルス設定(TRG.P)

→「 (入力トリガー負極性)」に設定

留意事項

• 外部トリガモードに設定されたカメラの設定を変更する際には、カメラの電源投入後、背面スイッチの設定に

より設定画面を呼び出した後、ノーマル入力で画面の確認を行って下さい。

• カメラの設定変更はカメラリンク I/F 内のシリアル通信を利用して行うことも出来ます。FHC3310CL と接続す

る場合はオプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC

の COM(EIA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。詳細な設定方法については、カメラ

メーカーにお問い合わせ下さい。FVC06 と接続する場合は、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使

用して設定が可能です。通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

• 設定指示のない設定項目は、工場出荷設定でご使用ください。

• IK-TF7C において、部分読出と外部トリガを組み合わせて使用した場合、カメラから出力される画像が異常と

なることがあります。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社東芝より提供される取扱説明書等を参照してくださ

い。

98

2.11 日興電気通信株式会社

2.11.1 TI-480A

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

VisionNavigator400、FV2100、FV1100、FVC02、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

通常動作モード

(ノンインタレース)

ランダムトリガモード

(ノンインタレース、

V リセットモード)

各モード共通の設定

カメラ背面

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

1 2 3 4 5 6 7 8

O F F

走査モード切替(SW-6)

→ 「ON(ノンインタレース)」に設定

シャッタ速度切替(SW-1~3)

→ 任意に設定

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

99

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 通常動作モード、ランダムトリガモード時のシャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

シャッター速度切替設定

1 2 3

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

OFF

OFF

ON

ON

ON

ON

シャッター速度(秒)

通常動作

1/60

1/200

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

ランダムトリガ

1/120

1/200

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/8000

1/20000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日興電気通信株式会社より提供される取扱説明書および

「TI-480A 倍速 CCD カメラ仕様書」を参照してください。

100

2.11.2 TI-1200A

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC02、FV2100、VisionNavigator400

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

通常動作モード

ランダムトリガモード

(V リセットモード)

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

各モード共通の設定

カメラ背面

1 2 3 4 5 6 7 8

O F F

シャッタ速度切替(SW-1~3)

→ 任意に設定

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

101

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 通常動作モード、ランダムトリガモード時のシャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

シャッター速度切替設定 シャッター速度

1 2 3 (秒)

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

OFF

OFF

ON

ON

ON

ON

OFF※

1/100※

1/250※

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

※ランダムトリガモード時には設定しないでください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日興電気通信株式会社より提供される取扱説明書および

「TI-1200A 小型高精細 CCD カメラ製品仕様書」を参照してください。

102

2.11.3 TI-1250A

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

通常動作モード

ランダムトリガモード

(V リセットモード)

備 考

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

シャッター速度はカメラ側スイッチ(SW-1~3)

にて任意に設定

各モード共通の設定

VIDEO OUTPUT

カメラ背面

AUX

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

1 2 3 4 5 6 7 8

O F F

POWER INPUT

DC 12V

ランダムトリガモード(SW-8)

→ 「OFF(Vリセットモード)」に設定

電子シャッタ速度切換(SW-1~3)

→ 任意に設定

103

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 通常動作モード、ランダムトリガモード時のシャッター速度は、以下の表を参照して設定してください。

シャッター速度切替設定 シャッター速度

1 2 3 (秒)

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

OFF

OFF

ON

ON

ON

ON

OFF

1/200

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/9000

1/20000

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日興電気通信株式会社より提供される取扱説明書および

「TI-1250A 小型高精細 CCD カメラ製品仕様書」を参照してください。

104

2.12 日本エレクトロセンサリデバイス株式会社(NED)

2.12.1 NSUF0512/NSUF1014/NSUF2014/NSUF4010

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

フリーラン

外部トリガモード

積算時間はシリアル通信によるソフトウェア設

積算時間はシリアル通信によるソフトウェア設

各モード共通の設定

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカー

が提供する取扱説明書等に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド 設定項目

E=

S=

G=

I=

データ転送設定

出力フォーマット設定

ゲイン設定

積算時間設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

設定

「6:20MHz で 2tap 出力」または「8:30MHz で 2tap 出力」

に設定

「2:8bi 出力データ」に設定

任意に設定(0~851)

任意に設定(5~13000)

コマンド

M=

○ トリガ入力の場合

設定項目

トリガモード設定

コマンド

M=

設定項目

トリガモード設定

設定

「1:フリーラン+積算時間設定」に設定

設定

「2:外部トリガ+積算時間設定」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日本エレクトロセンサリデバイスより提供される取扱説明

書等を参照してください。

105

2.12.2 SU51

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

ノーマル(通常)入力

対応カメラ機能名称 x v g

G

駆動 CK 設定

ビデオ出力データフォーマッ

ト設定

奇数ゲイン設定

偶数ゲイン設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

任意に設定(0~384)

任意に設定(0~384)

備 考

トリガ入力

フリーラン露光モード 露光時間は固定

外部トリガ露光モード

露光時間はソフトウェア設定

(ライン周期モード)

各モード共通の設定

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカー

が提供する取扱説明書および仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド 設定項目 設定

「0:内部 CK(40MHz)」に設定

「0:8bit/1tap 出力」に設定

コマンド t

設定項目

露光モード設定

○ トリガ入力の場合

コマンド t

設定項目

露光モード設定

設定

「0:フリーラン(SCAN 固定)」に設定

設定

「1:外部トリガ(Ext Edge)」に設定

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日本エレクトロセンサリデバイスより提供される取扱説明

書等を参照してください。

106

2.12.3 SU74

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

フリーラン露光モード

外部トリガ露光モード

露光時間はシリアル通信によるソフトウェア設

露光時間はソフトウェア設定

(ライン周期モード)

各モード共通の設定

弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要があります。本説明とカメラメーカー

が提供する取扱説明書および仕様書に記載された通信仕様を参考に設定を行ってください。

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

コマンド x g

G b

B

設定項目

駆動 CK 設定

奇数ゲイン

(1~3700 画素)設定

偶数ゲイン

(1~3700 画素)設定

奇数ゲイン

(3701~7400 画素)設定

偶数ゲイン

(3701~7400 画素)設定

設定

「0:内部 CK(50MHz)」に設定

任意に設定(0~350)

任意に設定(0~350)

任意に設定(0~350)

任意に設定(0~350)

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

コマンド 設定項目 t 露光モード設定

設定

「0:フリーラン(プログラマブル設定固定時間)」

に設定 i

フリーラン露光モードスキャ

ン時間設定

○ トリガ入力の場合

コマンド 設定項目 t 露光モード設定

任意に設定(4000~1048575)

設定

「1:外部トリガ(エッジ周期露光)」に設定

107

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のない項目は、工場出荷設定でご使用ください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、日本エレクトロセンサリデバイスより提供される取扱説明

書等を参照してください。

108

2.13 株式会社日立国際電気

2.13.1 KP-F100

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC331、FHC331LV、FHC3321(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッターモード

トリガ入力

フレーム・オン・デマンド

(固定シャッターモード)

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(A0~2)にて任意に設定

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(A0~2)にて任意に設定

各モード共通の設定

カメラ背面

DC IN/SYNC

VIDEO OUT

MODE

1 2 3

SHUTTER

DATA

A0

A1

A2

RM

DIGITAL OUT

OFF

FD

ON

読み出し速度切換(RM)

→「1/12秒(右側)」に設定

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

DC IN/SYNC

カメラ背面

VIDEO OUT

MODE

1 2 3

SHUTTER

DATA

A0

A1

A2

RM

DIGITAL OUT

OFF

FD

ON

フレーム・オン・デマンド切換(FD)

→「OFF」に設定

シャッタースピードセレクト(A0~2)

→任意に設定

モード切換(MODE)

→任意に設定

○ トリガ入力の場合

DC IN/SYNC

カメラ背面

VIDEO OUT

MODE

1 2 3

SHUTTER

DATA

A0

A1

A2

RM

DIGITAL OUT

OFF

FD

ON

フレーム・オン・デマンド切換(FD)

→「ON」に設定

シャッタースピードセレクト(A0~2)

→任意に設定

モード切換(MODE)

→「1(固定シャッター)」に設定

109

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

シャッタースピードセレクト シャッタースピード

A0 A1 A2 (秒)

ON

ON

ON

ON

OFF

OFF

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

ON

OFF

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

ON

OFF

1/30

1/60

1/125

1/250

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

※ ノーマルシャッターモード時、上記設定を有効にするためには「モード切換スイッチ

(MODE)」を「2」に設定してください。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

「KP-F100 製品仕様書」を参照してください。

110

2.13.2 KP-F120

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310(A)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッターモード

トリガ入力

フレーム・オン・デマンド

(固定シャッターモード)

各モード共通の設定

特にありません。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

カメラ背面

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(MODE 2)にて任意に設定

シャッタースピードはカメラ側スイッチ

(MODE 2)にて任意に設定

DC IN/SYNC VIDEO OUT REMOTE 1

OFF

REMOTE

ON

MODE 1 MODE 2

8

D.OUT/REMOTE 2

モード切り換えスイッチ(MODE1、MODE2)

→「MODE1:8、MODE2:任意」に設定

○ トリガ入力の場合

カメラ背面

DC IN/SYNC VIDEO OUT REMOTE 1

OFF

REMOTE

ON

MODE 1 MODE 2

9

D.OUT/REMOTE 2

モード切り換えスイッチ(MODE1、MODE2)

→「MODE1:9、MODE2:任意」に設定

111

留意事項

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• シャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

MODE2 スイッチ設定

(ポジション)

シャッタースピード

(秒)

0

1

2

3

4

5

6

7~F

1/30

1/60

1/125

1/250

1/1000

1/2000

1/10000

1/50000

• 「REMOTE」スイッチを「ON」に設定すると、「REMOTE 1」または「D.OUT/REMOTE 2」コネクタからカメラ設定

を変更することが出来ます。この機能を使用する際には本説明と設定が一致する様、注意してください。また、

この機能を使用する際の接続方法等に付きましては、カメラメーカー(株式会社日立国際電気)にお問い合わ

せ下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

「KP-F120 製品仕様書」を参照してください。

112

2.13.3 KP-F100BCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッターモード シャッタースピードはソフトウェア設定※

ランダムトリガ入力

フレーム・オン・デマンド

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

※ 一部ライブラリ製品ではシャッタースピード設定をサポートしておりません。

各モード共通の設定

カメラ背面

DC IN/SYNC

REMOTE

MODE

1 2 3

SHUTTER

DATA

A0

A1

A2

RM

DIGITAL OUT

OFF

FD

ON

REMOTE ON/OFF切り替えスイッチ(RM)

→「ON(左側:REMOTE優先)」に設定

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書をおよび

「KP-F100BCL 製品仕様書」を参照してください。

113

2.13.4 KP-F120CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルシャッターモード シャッタースピードはソフトウェア設定※

ランダムトリガ入力

フレーム・オン・デマンド

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

※ 一部ライブラリ製品ではシャッタースピード設定をサポートしておりません。

各モード共通の設定

カメラ背面

DC IN/SYNC VIDEO OUT REMOTE 1

OFF

REMOTE

ON

MODE 1 MODE 2

D.OUT/REMOTE 2

リモートON/OFFスイッチ

→「ON」に設定

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• 設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

「KP-F120CL 製品仕様書」を参照してください。

114

2.13.5 KP-F200CL-S1

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FHC3310CL、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモードまたは

ノーマルシャッターモード

フレーム・オン・デマンド

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはリモートコントロールソ

フトにて設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するリモートコントロールソフトを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された通信

用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではリモートコントロールソフトを使用した設定について説

明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってください。

リモートコントロールソフトの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API

の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

カメラ背面

DC IN/SYNC VIDEO OUT REMOTE 1

OFF

REMOTE

ON

MODE 1

D.OUT/REMOTE 2

MODE 2

リモートON/OFFスイッチ

→「ON」に設定

115

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

モード切り換え(MODE)

→電子シャッターを利用しない場合「NORMAL」に設定

→電子シャッターを利用する場合「NORMAL SHUTTER」に設定

シャッタースピード設定(SHUTTER SPEED)

→任意に設定(NORMAL SHUTTER時)

○ トリガ入力、ランダムトリガ入力の場合

モード切り換え(MODE)

→「1TRIGGER」に設定

トリガ極性設定(TRIGGER)

→FHC3310CL使用時 :「INVERT」に設定

FVC06使用時 :「NORMAL」に設定

留意事項

• カメラのモード設定等はカメラリンクケーブルを通して行われますが、FHC3310CL を接続して使用する場合、

オプションの「専用 I/O 中継ケーブル(CBL-Z054)」が必要です。オプションケーブルを使用して PC の COM(E

IA-232)ポートと FHC3310CL の I/O コネクタを接続して下さい。

• ランダムトリガ入力時、FHC3310CL に接続して使用する場合と FVC06 に接続して使用する場合で、 トリガ極性

設定(TRIGGER)の設定が異なりますのでご注意ください。

• GAIN、BLACK LEVEL 以外の設定項目については、工場出荷設定でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

「KP-F200CL-S1 製品仕様書」を参照してください。

116

2.13.6 KP-F200SCL/KP-F230SCL/KP-FB30SCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッタースピードはリモートコントロールソ

フトにて設定

トリガ入力

ランダムトリガ入力

フレーム・オン・デマンド

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するリモートコントロールソフトを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された通信

用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではリモートコントロールソフトを使用した設定について説

明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってください。

リモートコントロールソフトの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API

の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

パーシャルスキャン設定(PARTIAL SCAN)

→使用する場合は「ON」に設定し、その他はボード設定に合わせて設定

※「垂直2画素加算モード」との併用不可

出力データ設定(DATA BIT)

KP-F200SCL/KP-FB30SCL

KP-F230SCL

→「10bit」に設定

→「8bit」に設定

VD/FVAL切り換え(VD/FVAL)

→「FVAL」に設定

HD/LVAL切り換え(HD/LVAL)

→「LVAL」に設定

垂直2画素加算モード設定(2xACCEL)

→使用する場合は「ON」に設定

※「パーシャルスキャン」との併用不可

※KP-F200SCLは設定不可

117

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

シャッタースピード設定(SHUTTER SPEED)

→任意に設定

トリガー設定(TRIGGER)内

→MODEを「OFF」に設定

○ トリガ入力、ランダムトリガ入力の場合

トリガー設定(TRIGGER)内

→TRIG-AのPOLARITYを「POSI」に設定

トリガー設定(TRIGGER)内

→HD RESETを「RESET」に設定

※KP-F200SCLは「RESET」固定

トリガー設定(TRIGGER)内

→MODEを「1TRIGGER」に設定

留意事項

• パーシャルスキャン使用時は、以下の表を参照して設定を行ってください。

KP-F200SCL/KP-F230SCL KP-FB30SCL

ボード側

ライン数設定

START

設定値

WIDTH

設定値

ボード側

ライン数設定

START

設定値

WIDTH

設定値

64

128

256

512

768

1024

586

554

490

362

234

106

64

128

256

512

768

1024

60

120

240

360

-

-

210

180

120

60

-

-

60

120

240

360

-

-

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

製品仕様書を参照してください。

118

2.13.7 KP-F500SCL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力

トリガ入力

ランダムトリガ入力

ノーマルモードまたは

ノーマルシャッターモード

フレーム・オン・デマンド

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはリモートコントロールソ

フトにて設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するリモートコントロールソフトを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された通信

用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではリモートコントロールソフトを使用した設定について説

明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってください。

リモートコントロールソフトの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API

の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

12pinコネクタ出力設定(12pinOUT)

→「OFF」に設定

カメラリンク設定(CAMERA LINK)

→DATA BITを「8bit」、SYNCを「FVAL」「LVAL」、CONFIGを「BASE」に設定

119

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

パーシャルスキャン設定(PARTIAL SCAN)

→使用する場合は「ON」に設定し、その他はボード設定に合わせて設定

ビニングモード設定(2xACCEL)

→使用する場合は「ON」に設定

シャッタースピード設定(SHUTTER SPEED)

→任意に設定

モード設定(TRIGGER)

→MODEを「OFF」に設定

○ トリガ入力、ランダムトリガ入力の場合

パーシャルスキャン設定(PARTIAL SCAN)

→使用する場合は「ON」に設定し、その他はボード設定に合わせて設定

ビニングモード設定(2xACCEL)

→使用する場合は「ON」に設定

モード設定(TRIGGER)

→MODEを「1TRIG」、SOURCEを「CC1」、POLARITYを「POSI」に設定

留意事項

• GAIN、BLACK LEVEL 以外の設定項目については、工場出荷設定でご使用下さい。

• パーシャルスキャン使用時は、以下の表を参照して設定を行ってください。

ボード側ライン数設定 START 設定値 WIDTH 設定値

64

128

256

512

1024

1536

997

965

901

773

517

261

64

128

256

512

1024

1536

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

製品仕様書を参照してください。

120

2.13.8 KP-FD30CL

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 ノーマルモード

シャッタースピードはリモートコントロールソ

フトにて設定

ランダムトリガ入力

外部トリガ

(ONE トリガモード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

カメラメーカーの提供するリモートコントロールソフトを使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された通信

用 API を使用して設定を行う必要があります。ここではリモートコントロールソフトを使用した設定について説

明します。通信用 API を使用する場合は、本説明を参考に設定内容が一致するように設定を行ってください。

リモートコントロールソフトの詳細な使用方法は、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、通信用 API

の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

取り込みモードに依存する設定

○ ノーマル入力の場合

シャッター設定(SHUTTER)内

→MODEを「OFF」または「PRESET」に設定

シャッター設定(SHUTTER)内

→PRESETを任意に設定(MODEが「PRESET」の時のみ有効)

121

○ ランダムトリガ入力の場合

シャッター設定(SHUTTER)内

→MODEを「EXT.TRIG」に設定

留意事項

• 画質調整に関する以外の設定項目については、工場出荷設定でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書および

製品仕様書を参照してください。

122

2.13.9 KP-F30/KP-F33

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FV1100、FVC05

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称

ノーマル(通常)入力

ランダムトリガ入力

外部同期

(電子シャッター)

フレーム・オン・デマンド

(リセットコントロール)

各モード共通の設定

カメラ背面

備 考

シャッタースピードはカメラ側スイッチにて任

意に設定

シャッタースピードはソフトウェア設定

VIDEO OUT/DC IN/SYNC

7

8

5

6

9

0

3

4

1

2

O

N

SHUT

SCAN

MODE

H.TERM

V.TERM

電子シャッター(SHUT:1~3)

→任意に設定

フレーム・オン・デマンド(SCAN:4~5、MODE:6~8)

→「4:ON、5:OFF、6:OFF、7:OFF、8:ON(リセットコントロール)」に設定

終端切換(H.TERM:9、V.TERM:0)

→「9:ON(75Ω)、0:ON(75Ω)」に設定

OUT

HD/VD

IN

MIN

GAIN

MAX

取り込みモードに依存する設定

特にありません。

HD/VD入出力(HD/VD)

→「IN(外部HD/VD入力)」に設定

123

留意事項

• ゲイン調整以外の設定指示のないスイッチは、工場出荷状態でご使用下さい。

• 外部同期(電子シャッター)利用時のシャッタースピードは、以下の表を参照して設定してください。

SHUT スイッチ設定

1 2 3

OFF OFF OFF

ON OFF OFF

OFF ON OFF

ON ON OFF

OFF OFF ON

ON OFF ON

OFF ON ON

ON ON ON

シャッタースピード(秒)

KP-F30

Normal

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/4000

1/10000

1/50000

KP-F33

Normal

1/125

1/250

1/500

1/1000

1/2000

1/5000

1/25000

• 「フレーム・オン・デマンド」設定を「リセットコントロール」に設定しますが、ノーマル取り込み時もその

ままの設定でご使用頂けます。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社日立国際電気より提供される取扱説明書をおよび

「KP-F30/F33 オペレーションガイド」参照してください。

124

2.14 株式会社フローベル

2.14.1 ADT-33B

接続可能な画像処理装置・画像入力ボード

FVC04(a)、FVC06

サポートする機能

取り込みモード名称

(ファースト呼称)

対応カメラ機能名称 備 考

ノーマル(通常)入力 シャッターOFF

シャッタースピードはシリアル通信によるソ

フトウェア設定

ランダムトリガ入力

ランダムトリガシャッター

(パルスモード)

シャッタースピードはソフトウェア設定

各モード共通の設定

FVC06 に接続して使用する場合、カメラのモード設定は、一般的な PC 通信アプリケーション(ハイパーターミ

ナル、TeraTerm など)を使用するか、弊社ライブラリ製品に用意された通信用 API を使用して設定を行う必要が

あります。カメラに関しての詳細な設定手順・方法については、カメラメーカーにお問い合わせ下さい。また、

通信用 API の詳細についてはライブラリ製品の説明書・ヘルプ等を参照してください。

FVC04(a)に接続して使用する場合は、ライブラリにより自動的に設定が行われますので背面スイッチ以外の設

定は不要です。

FVC04(a)、FVC06 共通

カメラ背面スイッチ

通信入力セレクト(SW8)

→「ON(カメラリンクコネクター入力)」に設定

トリガー入力セレクト(SW7)

→「ON(カメラリンクコネクター入力)」に設定

同期モード設定(SW6)

→「OFF(内部同期)」に設定

FVC06 に接続する場合

コマンド

#mode_

設定項目

カメラの設定方法

設定

「1:通信からカメラの設定を行う」に設定

125

取り込みモードに依存する設定

FVC04(a)に接続する場合

特にありません。(ライブラリ製品により自動的に設定が行われます)

FVC06 に接続する場合

○ ノーマル入力の場合

コマンド 設定項目 設定

#sht_ シャッターモード設定

「0:シャッターOFF」または「1:ノーマルシャッター」

に設定

任意に設定(001~511) #shm_ シャッタースピード設定

※ 事前に #mode_1 コマンドを設定しておく必要があります。

○ ランダムトリガ入力の場合

コマンド 設定項目

#sht_ シャッターモード設定

設定

「2:ランダムトリガシャッター(パルスモード)」に設

※ 事前に #mode_1 コマンドを設定しておく必要があります。

留意事項

• カメラのモード設定はカメラリンク I/F を通して行われます。

• ノーマル入力時のシャッタースピード(露光時間)は、以下の式で計算できます。

露光時間(us)= 16683.217(us)- 31.7775571(us)×(設定値)

• ゲイン設定など、画質に関する調整以外の設定指示のない項目は、工場出荷状態でご使用下さい。

詳細な設定方法およびカメラ仕様につきましては、株式会社フローベルより提供される取扱説明書および仕様書、

通信コマンド仕様書等を参照してください。

126

3 カメラ接続ガイド

本章ではカメラメーカー毎にまとめて、弊社画像入力ボード(FHC331、FHC331LV、FHC3321(A)、FHC3310(A)、FH

C3328)に接続する際のカメラの接続方法を参考として記載しています。

カメラ毎の接続方法についての説明は以下のような構成となっています。

接続可能な画像入力ボード

そのカメラが接続可能なファースト製画像入力ボードを列記しています。

画像入力仕様

本説明での画像入力の仕様(濃度分解能等)について記載しています。

接続図

画像入力ボードとの接続の際の構成を示しています。

構成部品

接続図に記載されている各構成部品の概要・型式名称等について簡単に説明しています。

留意事項

ファースト製画像入力ボードに接続して使用する上で注意すべき事項等を記載しています。

なお、本章に記載されている型式名称、接続図は参考例のため今後の動向等により記載内容と実際が異なってくる

場合があります。本章の構成でシステムを構築される場合には、再度メーカーにお問い合わせ下さい。

127

3.1 池上通信機株式会社

3.1.1 SKC-133

接続可能な画像入力ボード

FHC3310(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

SKC-133

画像入力

ボード

ACアダプタ

TRG_IN(BNC)

構成部品

番号 概要

カメラ接続ケーブル

(8bit、TRG 付、3m)

カメラ接続ケーブル

(8bit、TRG 付、5m)

② AC アダプタ

③ DC ケーブル(3m)

型式名称

RSC130-3A2

RSC130-5A2

ACP-130

PSC130-3A

留意事項

特にありません。

メーカー

池上通信機(株)

池上通信機(株)

池上通信機(株)

池上通信機(株)

備考

128

3.2ソニー株式会社

3.2.1 XC-003

接続可能な画像入力ボード

FHC3328

画像入力仕様

濃度分解能 RGB 各 8bit

接続図

XC-003

画像入力

ボード

カメラアダプター

構成部品

番号 概要

RGB ケーブル

(Dsub9 ピン-Dsub9 ピン、5m)

② カメラアダプター

カメラケーブル(2m)

カメラケーブル(5m)

型式名称

CCXC-9DD

メーカー

ソニー(株)

DC-700 ソニー(株)

CCXC-12P02N ソニー(株)

CCXC-12P05N ソニー(株)

留意事項

特にありません。

備考

129

3.3 竹中システム機器株式会社

接続可能な画像入力ボード

FHC331、FHC331LV、FHC3321(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

3.3.1 FC1300(V)/FC1320V

FC1300/

FV1320V

画像入力

ボード

DSUB 9pin

メス

外部トリガ入力

(BNC)

カメラ電源

構成部品

番号 概要

デジタルケーブル(8bit、5m)

デジタルケーブル(8bit、2m)

② カメラ電源

カメラケーブル(3m)

カメラケーブル(5m)

④ RS-232C ケーブル(2m)

型式名称

DG36-05AV

DG36-02AV

PU-97

12W-03

12W-05

RS23-02

メーカー

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

備考

留意事項

• FHC331をご使用の場合、FV1300V、FC1320Vは接続できません。

• RS-232Cケーブル(④)は、カメラモードをパソコン等で設定する場合のオプションです。必須部品ではあり

ません。

130

3.3.2 FC1500

接続可能な画像入力ボード

画像入力仕様

FHC3321(A)

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

FC1500

画像入力

ボード

DSUB 9pin

メス

外部トリガ入力

(BNC)

カメラ電源

構成部品

番号

概要

デジタルケーブル(8bit、5m)

デジタルケーブル(8bit、2m)

② カメラ電源

カメラケーブル(3m)

カメラケーブル(5m)

④ RS-232C ケーブル(2m)

型式名称

DG36-05AV

DG36-02AV

PU-100 または

PU-97

12W-03

12W-05

RS23-02

メーカー

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

備考

留意事項

• RS-232Cケーブル(④)は、カメラモードをパソコン等で設定する場合のオプションです。必須部品ではあり

ません。

131

接続可能な画像入力ボード

画像入力仕様

FHC3310(A)

濃度分解能 8/10bit、外部トリガ可能

接続図

3.3.3 FC1500F/FC2000

FC1500F/

FC2000

画像入力

ボード

DSUB 9pin

メス

TRG_IN(BNC)

構成部品

番号

カメラ電源

概要

デジタルケーブル

(10bit、TRG 付、5m)

デジタルケーブル

(10bit、TRG 付、2m)

② カメラ電源

カメラケーブル(3m)

カメラケーブル(5m)

④ RS-232C ケーブル(2m)

型式名称

DG36-05APC

DG36-02APC

PU100

12W-03

12W-05

RS23-02

メーカー

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

備考

留意事項

• 濃度分解能は組み合わせて使用するライブラリの仕様によっても制限されます。使用できる濃度分解能につ

いては、使用するライブラリ製品に付属の説明書を参照してください。

• RS-232Cケーブル(④)は、カメラモードをパソコン等で設定する場合のオプションです。必須部品ではあり

ません。

132

3.3.4 TL-7450UFD/TL-5150UFD/TL-2048FD

接続可能な画像入力ボード

画像入力仕様

FHC3310(A)

濃度分解能 8/10bit、外部トリガ可能

接続図

TL-7450UFD/

TL-5150UFD/

TL-2048FD

画像入力

ボード

電源ボックス

TRG/ENC

(DSUB 15pin メス)

構成部品

番号 概要 型式名称

デジタルケーブル(10bit、2m)

デジタルケーブル(10bit、5m)

カメラ中継ケーブル

(10bit、TRG/ENC 付、0.5m)

DG36-02A

DG36-05A

CBL-Z040

③ 電源ボックス(ラインセンサ用) AD-50

カメラケーブル(2m)

カメラケーブル(5m)

12DD-02S

12DD-05S

メーカー

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

(株)アバールデータ

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

竹中システム機器(株)

備考

留意事項

• このカメラはラインセンサカメラです。

• 濃度分解能は組み合わせて使用するライブラリの仕様によっても制限されます。使用できる濃度分解能につ

いては、使用するライブラリ製品に付属の説明書を参照してください。

• カメラ中継ケーブル(②)のTRG/ENCコネクタのピン配置は以下の表を参照してください。

ピン番号

4

5

6

7

8

1

2

3

信号名

GND

ETRG(IN)

A+(IN)

B+(IN)

Z+(IN)

ピン番号

9

10

11

12

13

14

15

信号名

GND

ENCTRG(IN)

A-(IN)

B-(IN)

Z-(IN)

133

3.4 東芝テリー株式会社(旧 東京電子工業株式会社)

接続可能な画像入力ボード

FHC331LV、FHC3321(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8/10bit、外部トリガ可能

接続図

3.4.1 CS3910/CS3920

CS3910/

CS3920

画像入力

ボード

外部トリガ入力

(BNC)

カメラ電源

構成部品

番号 概要 型式名称 メーカー

デジタルケーブル(8/10bit、3m) CDC3910D2-03 東芝テリー(株)

デジタルケーブル(8/10bit、5m) CDC3910D2-05 東芝テリー(株)

② カメラ電源

電源ケーブル(3m)

電源ケーブル(5m)

CA130C-01

CPC3910-03

CPC3910-05

東芝テリー(株)

東芝テリー(株)

東芝テリー(株)

備考

留意事項

• 濃度分解能は組み合わせて使用するライブラリ製品の仕様によっても制限されます。使用できる濃度分解能

については、使用するライブラリ製品に付属の説明書を参照してください。

• FVL/DOS、902システムでご使用の場合、FHC331LVにはCS3920は接続できません。ご注意下さい。

134

3.4.2 CS3930UV

接続可能な画像入力ボード

画像入力仕様

FHC3310(A)

濃度分解能 8/10bit、外部トリガ可能

接続図

CS3930UV

画像入力

ボード

TRIG_IN(BNC)

カメラ電源

構成部品

番号 概要 型式名称 メーカー 備考

カメラケーブル(8/10bit、2m)

カメラケーブル(8/10bit、5m)

② カメラ電源

電源ケーブル(3m)

電源ケーブル(5m)

CBL-Z053-02 (株)アバールデータ

CBL-Z053-05 (株)アバールデータ

CA130C-01

CPC3910-03

東芝テリー(株)

東芝テリー(株)

CPC3910-05 東芝テリー(株)

留意事項

• 濃度分解能は組み合わせて使用するライブラリ製品の仕様によっても制限されます。使用できる濃度分解能

については、使用するライブラリ製品に付属の説明書を参照してください。

135

3.5 株式会社東芝

3.5.1 IK-TF1

接続可能な画像入力ボード

FHC3328

画像入力仕様

濃度分解能 RGB 各 8bit

接続図

IK-TF1

画像入力

ボード

ACアダプタ

構成部品

番号 概要

RGB ケーブル

(Dsub15 ピン-Dsub9 ピン、5m)

② AC アダプタ(1.5m)

③ AC コード(1.8m)

型式名称

EXC-TF05D9

AC-M412W

AC-M100

留意事項

特にありません。

メーカー

(株)東芝

(株)東芝

(株)東芝

備考

136

3.6 日本エレクトロセンサリデバイス株式会社(NED)

3.6.1 NUF7500D

接続可能な画像入力ボード

FHC3310(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

NUF7500D

画像入力

ボード

スイッチング電源

TRG_IN

(DSUB 15pin メス)

構成部品

番号 概要 型式名称

カメラ接続ケーブル

(8bit、片側オープン、10m)

カメラ中継ケーブル

(8bit、TRG 付、0.5m)

スイッチング電源

DG1-10m

CBL-Z022A

RMC50A-1-N

④ 電源ケーブル(片側オープン、10m) DGPC-10m

メーカー

NED(株)

(株)アバールデータ

備考

コーセル(株)

NED(株)

留意事項

• このカメラはラインセンサカメラです。

• カメラ接続ケーブル(①)は片側オープン(コネクタ無し)となっています。次頁の結線図を参照してコネク

タを取り付けるか、別途ケーブル作成を行って下さい。

• スイッチング電源(③)は一例です。同様の仕様であれば他メーカの物でもご使用になれます。

• 電源ケーブル(④)は片側オープン(コネクタ無し)となっています。カメラの説明書、仕様書等を良く確認

し、使用するスイッチング電源に合わせて配線を行って下さい。

• エンコーダを使用した画像入力はサポートしていません。

137

• カメラ中継ケーブル(②)の TRG コネクタのピン配置は以下の表を参照してください。

ピン番号 信号名 ピン番号 信号名

1

2

3

4

5

6

7

8

GND

TRG(IN)

9

10

11

12

13

14

15

GND

使用コネクタ :17JE-13150-02(D1) (DDK)

使用ケース :17JE-15H-1A (DDK) +2.6mm 勘合台 17L-002A (DDK)

NUF7500D カメラ接続ケーブル結線図

NUF7500Dカメラ側 CBL-Z022Aケーブル側

D0+

D0-

D2+

D2-

D4+

D4-

D6+

D6-

D8+

D8-

CKOUT+

CKOUT-

ENABLE+

ENABLE-

GND

コネクタ: 10136-6000EL

(住友3M)

フード: 10336-3210-000

(住友3M)

3

4

1

2

5

6

7

8

9

28

29

30

31

24

25

26

27

32

NC

33

34

35

36

20

21

22

23

16

17

18

19

14

15

NC

10

11

12

13

D7+

D7-

D9+

D9-

D3+

D3-

D5+

D5-

CKIN+

CKIN-

GND

GND

D1+

D1-

LTOUT+

LTOUT-

GND

LTIN+

LTIN-

GND

GND

ケーブル: UL20276SB

(18P-28AWG)

8

27

10

29

12

31

14

33

NC

NC

NC

NC

35

NC

32

15

34

NC

18

19

36

NC

28

11

30

13

5

23

NC

9

21

16

NC

4

NC

1

20

2

D0+

D0-

D2+

D2-

D4+

D4-

D6+

D6-

SCK+

SCK-

SLT+

SLT-

GND

CK+

CK-

GND

D1+

D1-

D3+

D3-

D5+

D5-

D7+

D7-

GND

LT+

LT-

GND

コネクタ: 17JE-23370-02(D1) (DDK)

または DC-37PF-N (JAE)

フード: 17JE-37H-1A (DDK)

または DC-C8-J13-F11 (JAE)

138

3.7 株式会社日立国際電気

3.7.1 KP-F100

接続可能な画像入力ボード

FHC331、FHC331LV、FHC3321(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

KP-F100

画像入力

ボード

TRIG-A

外部トリガ入力

(BNC)

ジャンクション

ユニット

④ ACアダプタ

構成部品

番号 概要 型式名称 メーカー 備考

① デジタルケーブル(8bit、2m)

② ジャンクションユニット

カメラケーブル(2m)

カメラケーブル(5m)

④ AC アダプタ

CBL-Z006

JU-M1A

C-201KSM

C-501KSM

AP-60A(改)

(株)アバールデータ

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

留意事項

• AC アダプタ(④)はオープンエンドです。出力線をジャンクションユニット(②)の端子台に接続する必要が

あります。

• デジタルケーブル(①)とジャンクションユニット(②)の接続は、トリガ入力を行う場合に必要です。

139

3.7.2 KP-F120

接続可能な画像入力ボード

画像入力仕様

FHC3310(A)

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

KP-F120

③ TRG_OUT(BNC)

画像入力

ボード

TRIG-A

TRG_IN(BNC)

ジャンクション

ユニット

④ ACアダプタ

構成部品

番号 概要

カメラ中継ケーブル

(8bit、TRG 付、3m)

② ジャンクションユニット

カメラケーブル(2m)

カメラケーブル(5m)

④ AC アダプタ

型式名称

CBL-Z028

JU-M1A

C-201KSM

C-501KSM

AP-60A(改)

メーカー

(株)アバールデータ

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

(株)日立国際電気

備考

留意事項

• AC アダプタ(④)はオープンエンドです。出力線をジャンクションユニット(②)の端子台に接続する必要が

あります。

• カメラ中継ケーブル(①)とジャンクションユニット(②)の接続は、トリガ入力を行う場合に必要です。

140

3.8 三菱レイヨン株式会社

3.8.1 MKS シリーズ

接続可能な画像入力ボード

FHC3310(A)

画像入力仕様

濃度分解能 8bit、外部トリガ可能

接続図

MKS

シリーズ

画像入力

ボード

カメラ電源

TRG/ENC

(DSUB 15pin メス)

構成部品

番号 概要 型式名称 メーカー

① カメラ接続ケーブル(8bit、5m) MKS-Z022-CBL 三菱レイヨン(株)

カメラ中継ケーブル

(8bit、TRG/ENC 付き、0.5m)

CBL-Z022A (株)アバールデータ

③ カメラ電源

④ カメラ電源ケーブル(3m)

MKS-PW

MKS-CPW-L3

三菱レイヨン(株)

三菱レイヨン(株)

留意事項

• このカメラはラインセンサカメラです。

• 上記構成は、三菱レイヨン株式会社製 MKS シリーズのラインセンサすべてで共通です。

• カメラ中継ケーブル(②)の TRG/ENC コネクタのピン配置は以下の表を参照してください。

備考

ピン番号

1

2

3

4

5

6

7

8

信号名

GND

ETRG(IN)

A+(IN)

B+(IN)

Z+(IN)

ピン番号

9

10

11

12

13

14

15

信号名

GND

ENCTRG(IN)

A-(IN)

B-(IN)

Z-(IN)

141

カメラ設定説明書

2009 年 8 月 第 18 版 発行

発行所 株式会社ファースト

ユーザ・サポート

本 社 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間 2791-5

FAX 046-272-8692

TEL 046-272-8691

E-mail : [email protected]

B-001122

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents