電波時計(デジタル目覚まし時計) 取扱説明書

電波時計(デジタル目覚まし時計) 取扱説明書
電波時計について
電波時計とは
電波時計(デジタル目覚まし時計)取扱説明書
取扱説明書番号 D054−CXXZ
電波時計は、正確な時刻およびカレンダー情報をのせた標準電波を受信すること
により、自動的に表示時刻を修正し正確な時刻をお知らせする時計です。
標準電波とは
∼ 製品の特長 ∼
標準電波 (JJY) は、日本標準時 (JST) をお知らせするために、情報通信研究機構
が運用している電波です。
●標準電波を受信してカレンダーと時刻を自動修正
●カレンダーと温度・湿度を表示
●アラームが使えます
※標準電波の時刻情報は、およそ10万年に1秒の誤差という「セシウム原子時計」
によるものです。
標準電波送信所は、福島県の「福島局:おおたかどや山標準電波送信所」と佐賀
県と福岡県の県境にある「九州局:はがね山標準電波送信所」の 2 ヵ所にあります。
お買い上げいただきありがとうございます。
お使いになる前にこの取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使い
電波の受信範囲について
N
送信所から約 1200km 離れた場所でも
ください。
九州局
(送信周波数60kHz)
受信可能です。ただし、受信範囲であっ
お読みになった後もお手元に保管して、必要に応じてご覧ください。
ても電波障害 ( 太陽活動、季節、天候、
1200km 500km
置き場所、時間帯(昼/夜)あるいは地
500km 1200km
福島局
(送信周波数40kHz)
形や建物の影響など)により、受信でき
発売元
ないことがあります。
〒330-9551 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目299番12
http://www.rhythm.co.jp
この時計は福島局と九州局に対応しており、
標準電波を自動選択して受信します。
※標準電波の詳細については、情報通信研究機構のホームページをご覧ください。 はシチズンホールディングス株式会社の登録商標です。
(Y1003)
(http://jjy.nict.go.jp)
電波を受信しにくい環境
アフターサービスについて
この時計のアフターサービスは、お買い上げ販売店がいたします。つぎの記載事項と保証書を
よくお読みの上、ご利用ください。
つぎのような場所では受信できない場合や誤った時刻を表示することがあります。
●工事現場、空港の近くや交通量の多い所
など電波障害の起きる所
●修理部品の保有について
この時計の修理用性能部品(電子回路など)
は製造打ち切り後、3 年間を基準に保有しています。
ただし、 ●金属製の雨戸やブラインドの近く
外装部品(ケース類)の修理には、類似の代替品を使用したり、現品交換させていただくことがあります。 ●ビルの地下など
●高圧線、テレビ塔、電車の架橋近く
●修理可能期間について
無料保証期間が過ぎても、この時計の性能部品保有期間中は、原則として有料修理が可能です。 ●朝夕の時間帯、雨天のとき
ただし、修理には販売店と修理工場の往復運賃・諸掛り費用も加わり、商品により修理代金が高額
●家電製品や OA 機器の近く
になる場合がありますので、販売店とよくご相談ください。
●スチール机などの金属製家具の上や近く
●転居または贈答品の場合
転居または遠隔地からの贈答品で、お買い上げ販売店でのアフターサービスが受けられない場合は、
お客様相談室にご相談ください。保証期間中の場合は、販売店の保証書が必要です。
海外でのご使用について
標準電波の送信停止について
この時計は、日本以外の標準電波は受
送信所の定期点検や落雷などの影響に
信できません。海外で使用するときには、 より、標準電波の送信が停止することが
(フリーダイヤル)
お問い合わせ先
お客様相談室 0120-557-005
受付時間 9:00 ∼ 17:00(土日、祝日および当社休日を除く)
お問い合わせに際しては、製品番号(型番)
「8RZ103」をお伝えください。
安全にお使いいただくために(はじめにお読みください)
ここに示した注意事項は、あなたや他の人への危害や損害を未然に防ぐためのものです。必ず守
ってください。
■表示の説明について
警告
「死亡または重傷などを負う可能性が
想定される」内容です。
お守りいただく内容の種類を、下記の表示で区
分して説明しています。
(表示の一例です。)
してはいけない「禁止」内容です。
禁止
「傷害を負う可能性または物的損害の
注意
みが発生する可能性が想定される」内
容です。
必ず実行していただく「強制」内容です。
強制
■誤飲による事故防止について
小さな部品や電池は、幼児の手の届く所に置かないでください。万一、飲み込んだ場合は、
すぐ
に医師の治療を受けてください。
警告
を合わせてお使いください。電波 受信
ては「情報通信研究機構」のホームペー
機 能 が 有 効になってい ると、まれに日
ジをご覧ください。 り誤った時刻を表示することがあります。
電池のご注意 (電池の正しい使い方)
電池のご使用上のポイント 正しく使って事故をなくしましょう
●プラス(+)
、マイナス(−)を間違えない。
●種類の異なる電池を混ぜない 。
●長期間使用しないときは電池を取り外す。
●古い電池と新しい電池を混ぜない。
●時計が動いていても定期的に交換する。
●時計が止まったらすぐに電池を取り外す。
●電池に表示されている使用推奨期間内に使う。
●幼児の手が届かないところに置く 。
●電池を新しくするときは、全部取り替える。
電池の種類について
●本製品は 電池の特性に合わせて設計されています。指定以外の電池では、製品仕様を満たさ
ない場合や正常に機能しないことがあります。
●アルカリ乾電池とマンガン乾電池は形状的に互換性があり、一般にアルカリ乾電池のほうが長
持ちします。
㊟ アルカリとマンガン乾電池の混在使用は液もれの原因となりますのでおやめください。
●一般に充電式の電池は電圧が低く、時計には不向きですので使用しないでください。
●一部の高性能電池では、初期電圧が高く時計には不向きなものがあります。
(例 . Panasonic オキシライド乾電池)
取り扱いについて
電池からの液もれや発熱、破裂を防止するために、つぎのことをお守りください。
●電池に傷をつけたり、分解しない。
●電池をショートさせない。
●電池を充電しない。
●時計を使用しないときは電池を取り外す。
●時計が止まったらすぐに電池を取り外す。
注意
分解したり改造しないでください。故障の原因になります。
分解禁止
本製品は精密機器です。落としたりして衝撃を与えないでください。
注意
あります。標 準電 波の 送 信 状 況につい
本の標準電波を受信したり、ノイズによ
この取扱説明書を許可なく複製、変更することを禁じます。
本製品を使用することによって生じたいかなる支出、損益、その他の損失に対
してなんら責任を負いません。
表示内容を無視して、誤った使い方をしたときに
生じる危害や損害の程度を、下記の表示で区分し
て説明しています。
電波 受信機能を無効にして手動で時刻
故障や破損の原因になります。
液もれが起きてしまったとき
液晶表示板について
注意
表示部が破損して液晶が手などについた場合は、石鹸でよく洗い流してください。口や目
に入ったときは、きれいな水で洗い流し、すぐに医師の治療を受けてください。
警告
■使用場所について
下記のような場所では使わないでください。
機械やケース、電池の品質が低下し、精度不良や時計、電池の寿命が短くなります。
禁止
●温度が+50℃以上になる所。例えば、長時間直射日光のあたる所や暖房器具等の熱風や火気に
近い所。
●温度が−10℃以下のところでは、プラスチックが劣化したり、電池の性能が低下することがあり
ます。
●浴室など湿気が多いところ。
●ほこりが多く発生するところ。
●テレビ・OA機器・オーディオのそばなど強い磁気が発生する所。磁力の影響で、時計の進みや遅
れが生じたり、止まることがあります。
●車中や船舶、工事現場など、振動の激しい所。
●温泉場など、ガスの発生する所。
●多くの油を使用する所。霧状になった油分がケースや機械部に付着し、汚れや止まりの原因になり
ます。
●軟質のポリ塩化ビニルに長い間、直接ふれさせておくと、相互に色移りしたり、付着することがあ
ります。
注意
電池からもれた液が目や皮膚についたら、すぐに水道水でよく洗い流して医師の治療をう
けてください。アルカリ乾電池の場合、失明や炎症などの障害が発生する危険性が高くな
ります。
衣服に付着した場合は、すぐに水道水で洗い流してください。
もれた液に直接触れないでください。特にアルカリ乾電池には注意してください。
ゴム手袋をして電池をはずし、もれた液を布や紙でよくふき取ってください。修理が必
要なときはお買い上げの販売店または当社お客様相談室にご相談ください。
電池の寿命について
●付属の電池は、工場を出荷するときに入れていますので、製品仕様より短い期間で電池切れ
になることがあります。
●使用環境の温度などにより、製品仕様より電池寿命が短くなることがあります。
●買い置きの電池を使用した場合、保管状態や乾電池に示されている「使用推奨期限」により、
電池寿命が短くなることがあります。
電池の廃棄
●お住まい地区自治体の指定にしたがってください。
火に入れると破裂の原因となり危険です。
注意
お手入れについて
時計の廃棄
●汚れがひどいときは、水でうすめた中性洗剤や石けん水を、やわらかい布に少量つけてふき
●お住まい地区自治体の指定にしたがってください。
取り、その後、からぶきしてください。
静電気の影響について
●ケースなどのよごれ落としに、ベンジン、シンナー、アルコール、スプレー式クリーナー類は、
使用しないでください。
静電気の影響により正常に機能しなくなることがあります。このようなときにはリセットボタンを
押してください。
おもな製品仕様
強制受信とリセット操作
強制受信ボタン
リセットボタン
場所を移動したときなど電波の受信を試
電 池を入れた直後や 静電 気 などにより
使 用 電 池 単3形マンガン乾電池 JIS 規格 R6P 2個
みたいときに使います。受信に失敗した
誤作動したときに押します。
電 池 寿 命 約1年 アラームを30秒 / 日、照明を3秒 / 日 使用したとき
場合でも日付・時刻を継続します。
リセット直後は、2010年1月1日午前
標 準 電 波 カレンダー・時刻自動修正
●受 信 機 能 が 無 効 のときは、機 能しま
12:00、アラーム時刻は午前 6:0
使 用 温 度 範 囲 −10 ∼50℃ 液晶表示可読温度範囲0∼40℃
時 間 精 度 表示精度 標準電波受信成功直後 ±1秒
標準電波を受信しない場合 平均月差 ±30 秒(常温中のクオーツ精度)
受
局 福島局 / 九州局 自動選択
信
せん。
受 信 機 能 ボタン操作でON/OFF切り替え
●手動で時刻やアラーム時刻を合わせて
受 信 回 数 8回 / 日
いるとき/カレンダー操作中/アラー
受 信 時 刻 1時∼4時、13時∼16時の各時間帯の16分40秒から受信開始
手動時刻合わせ ボタン操作で可能
0に初期化されます。
●受 信 機 能 が 有 効になってい るときは、
受信を開始します。
ム状態のときは機能しません。
ア ラ ー ム 精 度 表示時刻に対して±0秒
ア ラ ー ム 音 電子音 鳴り方が変化
ス ヌ ー ズ 機 能 約5分停止 最大操作回数7回
温度・湿度の表示
自 動 鳴 り 止 め 約2分でアラーム音停止
カ レ ン ダ ー 2002∼2099年まで対応 手動時刻合わせでは、2010∼2099年まで
センサーが時計内部にあるため、表示に反映するまでには時間がかかります。
六
測定範囲を超えたときの表示とその意味
曜
表
示 2002∼2030年まで対応
カウントダウン 最大999日まで表示
温度「HH.H」50℃より高温 「LL.L 」−9.9℃より低温 (カウントアップ )
湿度「HH」95%を超えている 「LL 」20%未満 「— —」測定不能(温度が5∼50℃
温
度
表
示 表示範囲 −9.9∼+50℃
湿
度
表
示 表示範囲 20∼95%(温度が5∼50℃の範囲のとき)
照
明
機
能 ELバックライト方式、ライトボタンを押してから約3秒間照明
の範囲外)
表示範囲での精度 ±2℃
設置場所について
表示範囲での精度 ±10%
空気がよく循環する場所に設置してください。直射日光の当たる場所や冷暖 房器
具、加湿器、除湿器などの近くを避けてください。
※液晶はその特性上、0℃以下になると表示反応が遅くなり、表示が薄くなることがあります。
40℃以上になると表示が濃くなり、ムラに見えることがあります。
※液晶表示板は5年を過ぎると、コントラストが低下して数字が読みにくくなることがあります。
※アルカリ乾電池を使用することができますが、マンガン乾電池と混ぜて使わないでください。
※製品仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
付 属品
単3形マンガン乾電 池
2個 取 扱 説 明 書
温室、
サウナ、
浴室、冷蔵庫、車の中では使用しないでください。
湿度は設置場所により変わります
湿度は「空気のかたまり」として移動するため、同じ室内でも風通しのよいところと
悪いところでは違いがでてきます。
㊟本製品は室内用です。室内の温度・湿度計測以外の目的では使用できません。ま
本書
保証書
1枚
た厳密な温度・湿度管理を行う用途には適していません。
⒈ 電池を入れて時刻を合わせる
⒉ アラーム機能の使い方
図は操作説明用ですので実際の商品と異なることがあります。
アラーム時刻の合わせ方
操作部
正面
短押し:押してすぐ離す
長押し:約2秒間押したまま
マンスリーカレンダー
電池を入れたと
きに必ず押す。
時刻の表示形式を切り替
える。
ボタン リセットボタン
表示例 アラーム時刻を午前6時20分に合わせる。
12/24H ボタン
アラーム時刻
午前/午後の表示に注意
強制受信ボタン
アラームセットボタン
表示されていない場合は24時間表示です。
手動で受信を開始 ア ラ ー ム 時 刻 の 設 定、
させるときに押す。 確認するときに押す。
◀(戻る)
ボタン
アラームスイッチ
スヌーズボタン / ライトボタン兼用
▶
(進む)
ボタン
アラームのON/OFF設定 アラームスイッチ ON :設定時刻にアラームが鳴る
▷アラームマーク が点灯します。
アラームマーク
鳴らす
◀(戻る)
ボタン
ボタン ▶(進む)
ボタン
止める
鳴らさない
絶縁体(取る)
開く
時刻・温度・湿度表示
液晶の特性として、見る角度によって、見えにくくなっ
たり、ムラに見えることがあります。この時計は、正面
およびやや上方から見たときに見やすくなります。
電池ぶた
アラーム時刻は表示されません。
アラームセットボタンを約2秒間押しつづける
と、アラーム時刻を約5秒間点滅表示します。
現在時刻 アラームスイッチ OFF:アラームを止める、鳴らさない
▷アラームマークが消灯します。
アラームスイッチ
アラーム音の試聴
閉じる
電池ぶたを取り外して、電池ホルダーの⊕⊖表示
に合わせて電池を入れ、電池ぶたを取り付ける。
※絶縁体があるときは取ってください。
⊕⊖の表示と逆向きに入れると、電 池の液もれ、
発熱、破裂の原因になります。
アラーム時刻を現在時刻より、1∼2分進んだ時刻に合わせて、アラームスイッチを ON
にしてください。設定時刻にアラームが鳴り出します。
裏面
アラームオートストップ機能………………………………(自動鳴り止め)
鳴っているアラームを放置すると約2分間で終了します。
標準電波を利用しないで、手動で時刻を合わせるときには、 電波を受信できない場合
の「手動での時
刻合わせ」をお読みください。
スヌーズ機能………………………………………………(止めてもまた鳴る)
アラームが鳴っているときに、時計上部にあるスヌーズボタンを押すと、約5分間アラー
ム音が停止します。このときアラームマーク が点滅します。この操作は7回まで繰り
電波を受信しやすい窓際などに置いてください。
❶ 電池ホルダーの⊕⊖表示に合わせて単3形マンガン乾電池を2個入れる
❷ リセットボタンをボールペンの先などで押すと「ピー」と鳴って、受信マークが
点滅し受信を開始します
◎電池を入れた後は、必ずリセットボタンを押してください。
◎受信中はボタンに触れないでください。
返すことができます。8回目にスヌーズボタンを押すとアラームは停止し、アラームマー
ク は点灯表示になります。
アラームご使用上の注意
アラームマーク が点灯しているときは、アラームスイッチがOFFにされるまで毎日ア
ラームが鳴ります。
❸ 受信結果を確認する ☞【受信の流れと表示】参照
⒊ カレンダー
最長で約21分間受信を行いますので、終わるまで待ちます。
受信マークで受信結果を確認してください。
点滅:受信中
点灯:受信成功
消灯:受信失敗→「電波を受信できない場合」へ
マンスリー表示 ひと月分のカレンダー
通常状態のときに、◀または▶ボタンを押すと他
の月を参照することができます。
〈年月日〉の月または日が点滅しているときに ボ
電波受信中のボタン操作について
タンを押すと移動単位が「月」 「日」に変わる。
電波の受信中に◀または▶ボタンを押すか、 ボタンを約2秒間押しつづけると、受信マークが
月が点滅中:◀または▶ボタンで月が変わる。
消灯し受信を中止します。
日が点滅中:◀または▶ボタンで日を移動して、六
【受信の流れと表示】
通常表示
〈リセットボタンを押した直後
六曜
受信マークの変化
(表示の一部)
電波の状態により変化します。
(電波サーチ機能)
受信できない
〈受信開始
①アラームセットボタンを約2秒間押しつづける
アラーム時刻を点滅表示します。
②◀または▶ボタンでアラーム時刻を合わせる
◀または▶ボタンを押しつづけると早く変わ
ります。
③アラーム時刻合わせを終わる
およそ5秒間ボタン操作をしないと、現在時
刻の表示に切り替わります。
❶
受信マーク
(受信中点滅)
受信しやすい
❷
❸
❹
1∼2分経過しても❶または❷の受信状態が
続く場合は受信できません。場所を変えてリ
セットボタンを押し、再度受信を開始させてく
ださい。
※電源投入直後およびリセットボタンを押し
た直後は、2010年1月1日 午前12:00、
アラーム時刻 午前6:
00に設定されます。
◀(戻る)
ボタン
曜を見ることができます。
〈年月日〉 曜日
○約10秒間操作をしないと 年月日 の通常表示に戻る。
○カレンダーは2002∼2099年まで対応。
○六曜は2002∼2030年まで対応。
(進む)
ボタン
ボタン ▶
○〈年月日〉に対応する日は【 】付で表示されます。
六曜について
旧暦の月と日から導きだされ、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種類があります。
※六曜は慣習として使われていますが公的な機関が定めたものではありません。
年の表示 西暦 / 平成切り替え
ボタンを押してすぐ離すと西暦と平成が切り替わります。
ボタン
西暦2000年代の末尾2桁表示。 平成99年を超えると「 − − 」表示。
⒋ カウントダウン/アップの使い方
(通常表示の例)
カウントダウン(あと○日)
:設定日までの日数
カウントアップ(○日経過):設定日からの経過日数
〈受信終了
最長21分後
マンスリーカレンダーの年月
日数
受信マーク消灯
失敗!
受信成功
受信マークが点灯
(カウントアップ / ダウンの表示例)
通常表示のときに、 ボタンを押すと「経過」
または「あと」の表示とともに 日数 が表示
されます。日数 を表示しているときに ボタ
ンを押すと通常表示に戻ります。
年月日
(受信に成功したときの表示例)
(受信に失敗したときの表示例)
受信マークは受信成功後、24∼25時間点灯
※受信に失敗した場合は、時刻や日付は正しく
ありません。
受信成功を示しても、電気的なノイズにより誤った時刻や日付を表示することがあります。
このようなときには、場所を変えてからリセットボタンを押して、再度受信を試みてください。
曜日は表示されません。
◀(戻る)
ボタン
(進む)
ボタン
ボタン ▶
●電池を入れた直後やリセットボタンを押すと、2010年1月1日が設定日になります。
●カウントダウン / アップの機能を無効にすることはできません。
●日数が999日を越えたときは、「−−−」表示になります。
●マンスリーカレンダー上の 設定日 は点滅した【 】で囲まれます。
●〈年月日〉に該当する日は、【 】で囲まれます。
電波を受信できない場合
●朝までそのままにしておく
一般的に、夜間は電波状態が良くなるので、手動で時刻合わせをして一晩そのままにしてお
くと受信できる可能性が高くなります。
●場所を変える/受信をやり直す
電波の受信しやすい窓ぎわや、電波の送信所(取扱説明書の日本地図を参考)に、なるべ
く時計の正面または裏面が向くように置き直し、リセットボタンを押して結果を確認します。
●電波受信中は、カウントダウン/アップの表示に切り替わりません。
〈設定日〉の操作手順
日付が2010年12月25 日のときに、〈設定日〉を2011年6月10日にする操作例 ①
ボタンを押して「経過」または「あと」を
表示させる。
②◀または▶ボタンを押してすぐ離す。→すでに
受信できない場合は、下記の操作で日付と時刻を合わせることによりご使用になれます。
設定されている 設定日 の年が点滅
■ 手動での時刻合わせ
③年を◀または▶ボタンを押して「11」にして、
⑴ ボタンを西暦年が点滅するまで約2秒間押しつづけます。
日付を合わせるときには、西暦年での設定になります。
⑵操作例に従って、西暦年、
月、
日、
時刻(時、分)の順に設定します。
◇◀または▶ボタンを押して数値を合わせます。押してすぐ離すと1つ単位に変わり、押し続けると
連続して変わります。
◇ ボタンを押すとつぎのステップに移ります。
●電波受信機能が「ON」の場合、
手動で時刻合わせをしても、
自動受信を行い、
受信に成功すると日付
と時刻を修正します。
☞ ボタンを押す。→月が点滅
④月を◀または▶ボタンを押して「6」にして、
ボタンを押す。→日が点滅
⑤日を◀または▶ボタンを押して「10」にして、
ボタンを押すと、カウントダウン日数が表
示されます。
※操作中に約30秒間ボタン操作をしないと設
電波受信機能のON/OFF操作 参照 ●約30秒間ボタン操作をしないと、表示されている内容に設定して、手動時刻合わせを終了します。
●電波を受信できない場合は、平均月差±30秒になります。
●時刻は12時間と24時間の表示がありますので、時刻を合わせるときに注意してください。
●電波の受信中に ボタンを約2秒間押し続けると、受信を中止して時刻合わせ状態になります。
●アラーム状態/アラーム時刻設定中/マンスリーカレンダー操作中は、 ボタンを押しても、切り
替わりません。
⒌ 12/24時間表示の切り替え 12/24Hボタン
操作例. 西暦2010年12月25日 午前10:37に合わせる
12時間(午前 / 午後)表示例
定を終了します。
24時間表示例
① ボタンを約2秒間押しつづけます。
西暦年が点滅します。
①
②
②◀または▶ボタンで「年」を「10」に合わせます。
ボタンを押して確定します。
③
③◀または▶ボタンで「月」を「12」に合わせます。
ボタンを押して確定します。
12 /24Hボタンを押すと、午前/午後付の12時間表示と24時間表示を切り換え
ることができます。
●つぎのような操作や状態のときには、この機能は使えません。
電波の受信中、アラーム状態、マンスリーカレンダーを操作中、カウントダウン/アッ
④
④◀または▶ボタンで「日」を「25」に合わせます。
ボタンを押して確定します。
プの設定中など。
⑤
⑤◀または▶ボタンで「時」を「10」に合わせます。
ボタンを押して確定します。
⒍ 表示面の照明
スヌーズボタンはライトボタンを兼ねています。ボタンを押すと約3秒間、液晶表示
⑥
⑥◀または▶ボタンで「分」を「37」に合わせます。
このとき◀または▶ボタンを押すたびに秒は「0
0」秒に設定されます。
ボタンを押して設定を終わります。
面を照明します。照明されているときには、時計正面やや上方より見てください。他
の方向から見ると読み取れないことがあります。
⒎ 電池の交換時期お知らせ機能
電波受信機能のON/OFF操作
電池マーク
電池の交換時期になると、 マークが表
示されます。このマークが表示されたら、お早
受信機能 OFF( 手動で時刻を合わせる)
めに電池を交換してください。
リセットボタンを約1秒間隔で3回押してください。
○「ピー」と鳴ったらすぐに押してください。
○受信機能がOFFになると「ピー」と鳴りません。
電池の交換について 早めに交換して液もれを防ぎましょう
○年月日と時刻は手動で合わせてください。
電池からの液もれにより、時計の修理や家具などの修繕に費用が発生する
受信機能 ON ( 有効にして受信開始)
◀ボタンを押しながら、リセットボタンを押すと「ピー」と鳴って受信を開始します。
その後に◀ボタンを離してください。
○定期的に受信して標準時刻に合わせます。
◎操作のタイミングによっては、ON/OFFが切り替わらないことがあります。この
ようなときには操作を繰り返してください。
◎工場出荷時の設定は、電波受信機能は有効(ON)になっています。
ことがあります。電池からの液もれや発熱、破裂を防ぐために、つぎのこ
注意
とをお守りください。
●液晶表示が薄くなったり、アラーム音が鳴らなくなったときは、速やかに指定の電池
に交換するか、電池を取り出す。
●マンガン乾電池とアルカリ乾電池を混ぜて使用しない。
●動いていても1年に1回定期的に交換する。
●電池の⊕⊖を逆に入れない。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement