HP BladeSystem
Brochure
HP BladeSystem
Generation9へとたどり着いた進化するブレードサーバー
Brochure | HP BladeSystem
HP BladeSystemはいま、Generation9の領域へ
変化し続けるビジネスとテクノロジーをこれからも支えます
グローバル化という荒波の中で厳しい競争を勝ち抜いていくために、企業は変わり続け
ることを宿命づけられています。また、クラウドやビッグデータ、ソーシャルネットワーク、
モバイルデバイスなど次々と登場してくる新たなテクノロジーを取り込み、ビジネスに活
用していく努力も競争力の強化には不可欠です。
しかし、企業活動を支える基盤の重要な一つであるIT環境は、なかなか変われずにいま
す。ITコストの7割を占めるといわれる運用管理費用が足かせとなり、ビジネス変化への
レスポンス良い対応、急拡大するデータ量への対処、セキュリティの強化、エネルギー利
用の効率化といった目の前にある課題に対しての取り組みは遅れがち。新しく登場したテ
クノロジーの取り込みにも、多くの企業が苦労しているという現実があります。
ブレードサーバーの進化をリードし続け、Generation9(Gen9)へとさらなる飛躍を遂げた
HP BladeSystemは、こうしたIT環境をドラスティックに変革する力を秘めています。一歩
「標準」というベースの上に次世代のテクノロジーをいち早く取り入れ
先のITを見据え、
ていく。積極的に進化し続けるHP BladeSystemのこうした姿勢が、企業のIT環境に変革
を促し、これから待ち受ける新たなIT環境への対応力も高めます。
■変わりゆくIT―”New Style of IT”とは
クラウド
ソーシャル
モビリティ
ビッグデータ
New Style of IT
ITインフラ
HP BladeSystem
アプリケーション
クライアント
Contents
HPが見つめるITの将来 ..........................................................3
推奨構成例 ........................................................................... 10
HP BladeSystemの実績 ........................................................4
HP CloudSystem ................................................................. 11
HP BladeSystemのアドバンテージ ......................................6
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3ファミリー ............. 12
Onboard Administrator、HP バーチャルコネクト、............................6
オプション.............................................................................. 14
HPラック、製品ポートフォリオ .......................................................7
HP ProLiantサーバー Gen9の先進性 ..................................8
iLOマネジメントエンジン、HP Insight Onlineダイレクトコネクト ..........8
HP OneView .............................................................................9
2
スペック一覧 ......................................................................... 15
Brochure | HP BladeSystem, HPが見つめるITの将来
姿を現し始めた“New Style of IT”への改革を
HP BladeSystemは継続して力強くサポート
省電力や大量データ、重い運用管理負担といった今日的課題の解消はもちろん、
すでに見え始めている新たなITニーズへの対応、そしてITコストの削減に対しても、
進化し続けるブレード、HP BladeSystemが引き続き貢献していきます。
■次世代データセンターの構成コンセプト
“New Style of IT”の構築に欠かせない三つのレイヤー
今日的なITの課題を解消し、ビッグデータ、クラウド、モバイルデバイスなど続々と登場するテクノ
Converged Cloud
統合管理/セキュリティ
ロジーをビジネスに積極的に活用していくうえで、現状のITインフラは転換を迫られています。そ
共通アーキテクチャ/API
SDDC / Cloud
SDDC / Cloud
Application
Application
API
API
Controller
Controller
Converged Infrastructure
Converged Infrastructure
抽象化
抽象化
Server
Pool
Server
Storage Network
Pool
Pool
Storage Network
抽象化
こでHPは、目指すべき新たな理想のIT像として “New Style of IT” を提唱しています。ハードウェアを
群としてプール化する「Converged Infrastructure」、ハードウェアプールをソフトウェアで制御する
「Software-Defined Data Center(SDDC)」、そしてオンプレミスのITインフラとパブリッククラウドを
統合する「Converged Cloud」。“New Style of IT” の実現に必要な三つのレイヤーをHPは明確に意識
抽象化
抽象化
Server
Pool
Server
Storage Network
Pool
Pool
Storage Network
抽象化
し、こうしたコンセプトを具体化するための取り組みをすでにスタートさせています。
“New Style of IT”実現への最初の鍵となるSDDC
大規模な仮想化技術の適用などにより、Converged Infrastructureはすぐ手の届くところまできてい
ます。そして次にフォーカスすべきSDDCの実現には、ソフトウェアでのネットワーク制御を可能にする
OpenFlow、クラウドの基盤技術となるOpenStackといったテクノロジーへの対応を進めなくてはなり
ません。HP BladeSystemは、こうした最新テクノロジーとの親和性を高めるために積極的な努力を
続けています。
■Software-Defined Data Center(SDDC)の概要
アプリ開発者
プログラム
GUI
HP SDDC
コントローラ
API
コントローラ
コントローラ
リソース
プール
HP Converged
Infrastructure
ネットワーク
サーバー
ストレージ
新たな技術を取り込みながら、常に進化し続けるHP BladeSystem
サーバーはもとより、ストレージやネットワークまで一つの筐体内に統合するHP BladeSystemは、
小規模なConverged Infrastructureと見ることもできるでしょう。こうしたポテンシャルをベースに、
SDDC、さらにはConverged Cloudのためのテクノロジーを積み上げていく。HP BladeSystemは、今
後登場してくる革新的なテクノロジーを継続的に取り込みながら、エンタープライズ規模のITインフ
ラの標準基盤製品としてこれからも歩みを続けていきます。
■ITインフラの中核となる要素を格納
サーバー
ストレージ
ネットワーク
運用管理
3
Brochure | HP BladeSystem, HP BladeSystemの実績
ブレードサーバーとしての基本性能の高さゆえ
先端技術に柔軟に対応し、圧倒的な評価を獲得
HP BladeSystemはブレードサーバーの世界を常にリードする存在です。
市場での高い評価や膨大な数の導入例はこれを雄弁に物語っており、
新しく生まれる利用形態へのいち早い対応力にも自信があります。
ワールドワイドで、そして日本でもブレードNo.1
ブレードサーバーというカテゴリーをいち早く切り開いてきたHP BladeSystem。市場からの認知と
評価は極めて高く、ワールドワイドでも、日本国内でもトップシェアを獲得。累計出荷台数は国内だけ
でも13万台を超えており※、ブレードサーバーの標準としての地位を確立しています。
※出典:IDC, Worldwide Quarterly Server Tracker, 2014Q2
(2003Q1-2014Q2の累計)
■国内Blade出荷台数シェア
■ワールドワイドBlade出荷台数シェア
[2013年第3四半期 – 2014年第2四半期(1年間)]
[2013年第3四半期 – 2014年第2四半期(1年間)]
その他
HP
50%
3.6%
E社
4.8% F社
3.7%
D社
40%
HP
23.7%
10.5%
30%
E社
20%
C社
12.9%
A社
C社
F社
その他
A社
B社
D社
10%
22.5%
B社
18.3%
0%
2013
Q3
2013
Q4
2014
Q1
2014
Q2
出典:IDC, Worldwide Quarterly Server Tracker, 2014Q2
出典:IDC, Worldwide Quarterly Server Tracker, 2014Q2
(2013Q3-2014Q2の累計)
(2013Q3-2014Q2の累計)
投資の保護を考慮した、一貫したアーキテクチャー
HP BladeSystemは、2006年に登場して以来、ブレードサーバーとしてのアーキテクチャーを一貫し
て維持。特に、サーバーなどを格納するエンクロージャーに関しては最も気を使ってきました。最新
の技術を搭載したサーバーやストレージなどのブレード機器が次々と登場しても、基盤となるエンク
ロージャーは替えずに済むこと。これは、長期間の利用を前提にしたエンタープライズ規模のシス
テム向けとして、投資の保護の重要性を強く認識しているからこそ、HPは大切にしてきた姿勢なの
です。
大規模システムでも豊富な採用実績
HP BladeSystemは、長年にわたり、市場から高い評価を受け続けており、実際の導入例も世界規模
で膨大に積み上がっています。例えば、エンクロージャー数が60台を超える大規模システムに、ある
いは止まることの許されない人気のECサイトのシステムに、さらには超高速処理のためのHPCシステ
ムとして、……。活躍の場はこれからもますます広がっています。
■60エンクロージャーで構成される大規模システムでも採用
60エンクロージャーを連結
ブレードサーバー
2000台以上を格納
超大規模システムや
HPC分野、スケールアウト分野でも実績が豊富
4
Brochure | HP BladeSystem, HP BladeSystemの実績
ブレードサーバーの“常識”を定義し続ける
●コストと性能を両立するための標準対応
様々なITニーズに柔軟に対応できるHP BladeSystemでは、導入ニーズが高いと考えられる主要な
オプションについて標準対応を基本原則としています。例えば、FCoE(Fibre Channel on Ethernet)、
iSCSI(Internet Small Computer System Interface)、SAN Boot(Storage Area Network Boot)な
ど。利用する機器などを用意すれば、こうしたテクノロジーを導入時からすぐ活用できます。
■HP BladeSystemが標準対応するテクノロジー
サーバー
ネットワーク
HP ProLiant
グラフィックス
カード
ストレージ
バーチャル
コネクト
I/Oアクセラ
標準10Gb NIC
FC
Ethernet
FCoE
ポート分割
InfiniBand
iSCSI
ID仮想化
(MAC/WWN)
iLO4
マネージメント
HP OneView
レーター
FCoE
Gateway
●多様な仮想化ソリューションと幅広く連携
急速に普及の度合いを強めている仮想化。この分野は、HP BladeSystemが得意とする分野の一つ
です。多様な仮想化ニーズに応えるため、HP BladeSystemは市場に存在する多くの仮想化ソリュー
ションに対応。ソリューションベンダーとの親密なパートナーシップの下で、可用性やセキュリティに
も配慮した仮想化インフラの実現をサポートします。
■主要ハイパーバイザーに幅広く対応
■HPは仮想化サーバーでワールドワイドシェアNo.1
VMWare ESX 採用サーバー出荷台数
Hyper-V 採用サーバー出荷台数
(2013Q3-2014Q2累計)
Hyper-V
(2013Q3-2014Q2累計)
(2013Q3-2014Q2累計)
HP
HP
30.2%
HP
37.0%
22.5%
Red Hat KVM 採用サーバー出荷台数
45.2%
21.8%
12.7%
10.3%
19.4%
8.4%
出典:IDC Worldwide Quarterly Server Virtualization Tracker Q2 2014
●先進的、専門的な利用形態も確実にフォロー
EDAやCADに代表される先進的な製造技術、省エネルギーと利便性に加えセキュリティの向上に
もつながるデスクトップ仮想化、そして膨大な量のデータの高速処理。次々と登場するITインフラ
の新たな活用ニーズに対しても、HP BladeSystemはその実現を確実にフォロー。そのために、HP
BladeSystemのエンクロージャー内に格納できるHP Blade WorkstationやHP IOアクセラレータ半導
体ストレージ、ストレージブレードなどの先進的な製品を数多くラインアップしています。
■ユニークなニーズにも対応できる製品ラインアップ
iSCSI共有ストレージ
ブレード
ワークステーション
ブレード
NAS Gateway
仮想化
ブレード
PCI拡張ブレード
Infiniband
HPC
テープブレード
超高速半導体
ストレージ
スケールアウト
HP BladeSystem
DAS拡張ストレージ
ストレージブレード
ソリューション
NonStop/UNIX
5
Brochure | HP BladeSystem, HP BladeSystemのアドバンテージ
他社製ブレードには真似のできない
効率化とコストダウンのためのテクノロジー
導入や運用管理にかかる作業をいかに効率化し、併せてコストダウンも図る。
そこで生まれた余裕は、これからの投資と新しいチャレンジに振り向ける。
HP BladeSystemは、ユニークな技術でお客様のこうした願いをサポートします。
■監視と管理をエンクロージャー単位で統合
エンクロージャー組み込みの管理機能
Onboard Administrator
Agent
監視
管理
エンクロージャー内にあるすべてのハードウェアの監視機能と、iLOマネジメントエンジンに連携する
リモート運用機能とを併せて提供するのが、標準の統合管理環境であるOnboard Administratorで
す。Onboard AdministratorはHP BladeSystemのエンクロージャー背面に搭載されおり、サーバー
iLO ment
age
Man Engine
ブレード単位で提供されるiLOマネジメントエンジンのリモート管理機能をエンクロージャーレベル
にまで拡張します。また、Webコンソールを搭載し、説明書なしでも直感的で分かりやすいGUIを提
Onboard Administrator画面
供します。
ネットワーク問題を解消するI/O仮想化テクノロジー
■エンクロージャー内のケーブルおよびポート集約、
通信帯域を統合管理
今日の統合、仮想化されたサーバー環境では、複雑化するネットワークが大きな課題です。一般的
あらゆる物理ポート数の要求に対応
オンボードのポートを
2ポートNICとして
使うことも…
20Gb
8NIC/4HBAとして
使うこともアダプターを
追加せずに実現
20Gb
20Gb
HP バーチャルコネクト
さらに帯域が必要な場合はアダプター
を追加することによって拡張可能
なラックマウントサーバーでは、大量のネットワークアダプターやケーブル、スイッチ等の増設がコス
ト増や保守性の悪化などを招きます。また一般的なブレードサーバーでは、スイッチ類の内蔵により
ケーブル本数を大幅削減できる反面、拡張性に制約が生まれます。こうした課題の解消に向け、HP
20Gb
が独自に開発した技術がHPバーチャルコネクトです。この技術は、マルチプロトコル対応の「ポート
分割機能」、アダプター固有の「ID仮想化機能」、
「FCoEゲートウェイ機能」、分割したポートの「帯域
設定機能」、接続先や帯域などの「論理配線機能」、という5つの基本的な機能を提供します。
ポート単位の帯域を自由自在に
Mb/s
1.5
1.0
0.5
2.0
3.5
3.5
4.0
4.0
20Gb
●HP バーチャルコネクト Flex-20/FlexFabric
Gb/s
HP バーチャルコネクト Flex-20/FlexFabricモジュールは、20Gbの帯域を活用したポート分割機能
分割されたポートは
100Mb∼20Gbの
範囲で自由に定義可能
を提供します。Flex-20は1つの20Gbpsのポートを8つのNICに、FlexFabricは1つの拡張20Gbpsの
ポートを6つのNICと2つのHBA(iSCSI/FCoE)に分割できます。分割された各ポートはBIOSやOSか
あらゆるネットワークへの接続提供
Ethernet
FC
iSCSI
Ethernet
iSCSI
ら物理ポートとして認識されるうえ、ポートの帯域を100Mbpsから20Gbpsまで自由に設定可能。ブ
レードにNICやHBAを増設することなくネットワークポート数を8倍に増やすことができ、仮想化に最
HPバーチャルコネクト
Flex-20モジュール
HPバーチャルコネクト
Flex-20モジュール
Flex-20テクノロジー
物理20Gbポートの論理ポート分割と帯域設定機能を活用
帯域変更は手動、
もしくはスクリプト化し稼働中に動的変更が可能
適なネットワークインフラを柔軟に構築することができます。
●HP バーチャルコネクト for 3PAR with Flat SAN
仮想化やクラウドの環境下では、サーバーとストレージ間で膨大なネットワークトラフィックが発生し
ます。その対策として高速なファイバーチャネルを使ったSANの構築を検討するケースは多いはず。
しかし、高いコストと導入・管理の煩雑さから、導入を諦めてきた企業も多いでしょう。Flat SANは低
コストにSANを、しかも迅速に導入したいというニーズに応えます。
■高速なストレージネットワークを低コストに実現
従来のFC-SAN
HP Flat SANテクノロジー
FCoE アーキテクチャーで
設計もコストもシンプルに
• FC-Switch
FC-HBA
増設
→ 不要
→ 不要
(ブレード標準搭載の FCoE CAN)
• FC-HBA
• FC 専用インタコネクト → 不要
(HP バーチャルコネクト FlexFabric)
FC-Switch
• ケーブルの少ないシンプル設計
経由
¥
6
3PAR直収
• 障害発生ポイントの削減
Brochure | HP BladeSystem, HP BladeSystemのアドバンテージ
●ネットワーク帯域の自動調整
HP バーチャルコネクト Flex-10/Flex-20の新しい機能として、分割したネットワーク帯域の自働調整
機能が追加されました。最新のファームウェアを導入することで、ネットワークの利用状況に応じて
帯域を自動的に調整。従来は手動で行っていた帯域の設定変更が不要になり、ネットワークの利用
効率も大幅に向上します。
■ネットワーク帯域の自動調整を実現
最新のVirtual Connectファームウェアを適応
従来のFlex-10
Max
Max
Min
Min
1Gb
2Gb
4Gb
1Gb
3Gb
2Gb
10 Gbps
4Gb
10Gb
Max
2Gb
Min
3Gb
10 Gbps
帯域は固定割り当て
帯域の自働調整機能を搭載
管理用センサーを備えたHP純正ラック
HP BladeSystemとラックに搭載されたセンサーとが通信し、サーバーなど位置を正確に、自動的に
把握。管理用のデータ取得も実現するのが、HP 11000 G2ラック/ HP インテリジェントラック専用オ
プション「HP ロケーションディスカバリキット」です。このセンサーから集められた情報は、各種の管
理ツールに集められ、温度・発熱状況、電力の使用状況などを把握、監視することを可能にします。
■HPラックが提供する機能
「GPS for Server」で手作業の削減
高度な電源構成情報の管理
電力効率の最大化
設置したサーバーの位置情報が管理ソフ
トに自働反映、一括管理
ラックレベルの電力情報もサーバーの位
置情報も管理ソフト上で自動的に可視化
ラック内/ラック別の温度情報を管理ソフ
トで可視化
自在な組み合わせ可能な選択肢をそろえた製品ポートフォリオ
多様な使い方に柔軟に対応できるHP BladeSystem。その秘密は、エンクロージャー内に格納でき
る豊富な選択肢を用意していることにあります。サーバーブレードだけでも、サイズ、ソケット数、コ
ア数などに応じてラインアップは多彩。また、インテル® Itanium® プロセッサー搭載機も選択できま
す。さらにワークステーションブレードやストレージブレードもそろい、ニーズに応じた最適なハード
ウェアを組み合わせることが可能になっています。
■サーバーブレードでもこれだけの選択肢
2CPU
4CPU
サーバーブレード
8CPU
エンクロージャー
7
Brochure | HP BladeSystem, HP ProLiantサーバー Gen9の先進性
ライフサイクル全体をカバーする
充実した自動化機能が実現した“自働サーバー”
HP ProLiantサーバー Generation9(Gen9)
HP ProLiantサーバーのユーザーの多くが、その優れた管理性を高く評価しています。
その機能を一層強化し、管理負担を最小限にまで減らせるHP ProLiantサーバー Gen9。
HP BladeSystemはGen9の機能をフル活用し“自働サーバー”として働きます。
サーバー利用の常識を劇的に変革
■ライフサイクルをカバーする
iLOマネジメントエンジン
導入
監視
1
2
3
4
解析
通報
iLO Management Engine(iLO 4)
1
インテリジェント・プロビジョニング機能
2
3
エージェントレス管理機能
4
アクティブヘルスシステム
(サーバー版フライトレコーダー機能)
自働通報機能
iLOマネジメントエンジン
HP BladeSystemを含めたHP ProLiant サーバー Gen9を“自働サーバー”たらしめている最大のポイ
ントは、このiLOマネジメントエンジンにあります。これまでのIntegrated Lights-Out(iLO)が提供し
てきた仮想リモートコンソール機能/仮想メディア機能、消費電力の管理・制御機能等はそのままに、
新たに以下の4つの新機能を標準搭載。サーバー利用のライフサイクル全体にわたって、これまで
の常識だった作業の工程や方法を一気に変革します。
1)インテリジェント・プロビジョニング機能ーー導入や設定で使う各種ユーティリティを内蔵し、メ
ディア管理も不要に。セットアップやメンテナンスを迅速に、かつ容易にします
2)エージェントレス管理機能ーー管理エージェントをインストールすることなく、監視や障害検知が
可能に。エージェントによるトラブル発生の不安を解消しました。
3)アクティブヘルスシステムーーエンクロジャー内部で刻々と変化する各種パラメーターを自動記
録。取得対象パラメーターは1600以上。障害対応時にこのログが役に立ちます。
4)自動通報機能ーーコンポーネント障害や障害予兆を自動検知し、HPのサービスセンターに自動
通報。スピーディ、そして確実な障害復旧を行うことができます。
■Insight Onlineのトップ画面
いつでも、どこからでも使えるクラウドサービス
HP Insight Online ダイレクトコネクト
世界で230万台、国内でも7万台以上の利用実績を誇る「HP 通報サービス」。その機能拡張として、
中継サーバーを必要とせず、Onboard Administratorからの自動的な障害通知を実現するのが「HP
Insight Online ダイレクトコネクト」です。管理者に代わって自ら働く“自働サーバー” HP ProLiant
Gen8のすべての機能を活用できるHP BladeSystemではOnboard Administrator 4.11以降を使用
することでHP Insight Online ダイレクトコネクトの導入が可能です。エージェントレス管理と連携し
た障害予兆の自動通報が容易に実現できます。
障害のプロアクティブな通知
お客様のIT環境
HP Insight Remote Support
自動通報サービス
HP Insight Onlineダイレクトコネクト
ホスティング・デバイス
①Remote SupportのメニューでDirect Connect
HP Insight Remote Support
Onboard
Administrator
簡単操作で設定ができるよう
になりました
Alert
データセンター
iLO4
HPサーバー、ストレージ、ネットワーク製品
HP BladeSystem
HP レスポンスセンター
を選択
Manage
②HPパスポート認証情報を入力
③オプションでWeb Proxy設定
いつでもどこでもハードウェア管理
資産管理ポータル「HP Insight Online」
HP Insight Online
HP ProLiantサーバー Gen8/Gen9なら無償で利用できるオンライン・ダッシュボードサービス。これ
が「HP Insight Online」です。ダッシュボードでは、自動通報機能で収集した「サーバー構成/ヘルス
ステータス情報」、コール対応履歴などの「サービスイベント」、標準保証やHP Care Packなどの保
守契約の期間・期限といった情報をブラウザから確認することができます。お客様のサーバー構成
管理や契約管理、障害履歴管理などの管理業務の手間を大幅に減らします。
8
Brochure | HP BladeSystem, HP ProLiantサーバー Gen9の先進性
データセンター自動化に向けた統合管理ソフトウェア
現在
今まで
HP OneView
HP OneViewは、ITインフラ管理に関わる多くのユーザーの声を反映した新しい統合管理プラット
VCEM
HP
OneView
Insight Control
Systems
Insight Manager
フォームです。これまでのHP Systems Insight Manager
(SIM)、HP Insight Control、そしてHP Virtual
Connect Enterprise Manager(VCEM)の機能を統合しています。HPが提供する広範なITインフラスト
ラクチャー全体を1つのツールで管理できるだけでなく、日々の運用タスクをシンプルかつ迅速にし、
管理対象の拡大も容易。さらに、Webサイトのような手軽な操作感を実現します。
iLO Management Engine
iLO Management Engine
Webブラウザ経由の操作
Software defined
templates
(テンプレートによる管理)
仮想マシン
アプライアンス
として提供
Hyper-V
ESXi
HP OneView
パートナーツール連携
統合管理プラットホーム
サーバー
ストレージ
ネットワーク
●ハードウェアインフラ全体のライフサイクルマネジメントを提供
サーバー、ストレージ、ネットワークの管理窓口を1つに統合。ハードウェアインフラ全体を単一のビュー
で表示でき、各運用管理者間でリアルタイムに情報を共有しながら、業務効率を最大化できます。
• Dashboard:各デバイスの容量およびヘルス情報を瞬時に把握
• Map View:デバイスの設置ロケーションや接続先ネットワークなどの依存関係をマップ形式で可視化
• Smart Search:検索機能により、必要な情報を即座に、インベントリ内のすべての要素から入手可能
• Templates:あらかじめBIOSやファームウェアなどの各種設定項目を作成
• Activity Feed:システムタスクおよびアラートの表示、重大度によりフィルタリングしメールで通知
■サーバー設定のプロファイル化
テンプレート
作業指示をあらかじめ定義
プロファイルA
プロファイルB
状態認識
構成管理
情報収集
設定
監視
Dashboard
Map View
Smart Search
Templates
Activity Feed
一斉展開
●サーバーグループおよびサーバー設定のプロファイル化
社内ポリシーに基づく各種設定、ベストプラクティスをプロファイルとして定型化・定常化できます。
同一プロファイルを複数台に一斉適用することにより、高速、かつ作業ミスのない最適セットアップが
■標準APIによる連携
CloudSystem
他ベンダーツール
可能です。
●標準APIを使った各種ツールとのオープンな連携
など、予定
既存の管理ソフトウェアやユーザー企業の独自ツールとの統合を容易にするREST APIをサポート。広
範な仮想化管理ソフトウェアと連携し、システム環境に則した柔軟で効率的な管理を可能にします。
REST APIs
HP OneView
Message Bus
●3PAR ストレージ管理
HP OneView1.1では、ストレージ管理機能がいっそう強化されました。具体的には、3PAR StoreServ
ストレージのプロビジョニング 、およびSANゾーニングをサポートします。
サーバー
ストレージ
ネットワーク
9
Brochure | HP BladeSystem, 推奨構成例
豊富なオプション類を組み合わせることで
あらゆるシステムニーズに柔軟に対応
既存システムのリプレースからサーバー統合に向けた仮想化の導入、
VDIやHPCといった先進的な利用環境の構築、さらにはワークステーション仮想化まで、
あらゆるニーズにHP BladeSystemがお応えします。
すでに稼働している3階層構造システムの代替に
これまでに構築してきた3階層構造システムのリプレースを検討する際に、HP BladeSystemは有
効な選択肢となります。Webサーバー、アプリケーションサーバー、DBサーバーを単一エンクロー
ジャー内に格納することが可能であるため、設置スペースや消費電力の削減が図れるだけでなく、
運用管理性の面でも大幅な効率化を実現することが可能です。
仮想化をベースにしたITインフラやVDI
もはや標準となったサーバー仮想化基盤やデスクトップ仮想化(VDI)基盤では、物理サーバー
および仮 想サ ーバーを同 時に、協 調して管 理する必 要があります。“自働サ ーバー” を謳うHP
BladeSystemは、先進的な管理機能を備えており、物理/仮想サーバーをシームレスに、しかも直感
的に管理できます。仮想化のメリットを最大限に引き出します。
超高速な演算を必要とするHPC用途
従来の一般的な業務利用と異なり、複数ノードを同時利用しながら超高速演算を行うHPC(High
Performance Computing)用途にもHP BladeSystemは最適です。サーバー単体のスペックだけで
なく周辺システム間をつなぐ超高速インターフェースもそろっており、コストパフォーマンスに優れ
たクラスター構成でのHPC環境を容易に構築することが可能です。
グラフィックス性能が問われるワークステーション用途
高いグラフィックス性能が求められる従来型のワークステーション用途から、よりコストダウンが
見込める最新の仮想ワークステーションまで幅広く対応可能。仮想化環境下でも要求されるグラ
フィックス性能に応じて選択できるよう、グラフィックスカード占有型とグラフィックカード共有型の 2
タイプを用意。VDI環境での柔軟なワークステーション利用を可能にします。
■多様なシステムニーズに応えるHP BladeSystem
Servers
•広帯域、高管理性
•最新の4RANK DIMMにも対応
エンクロージャー
•ラック内位置情報の自動認識
HP BladeSystem
仮想化
Storage
•DAS ストレージブレード
•iSCSI ストレージブレード
•NAS アプライアンスブレード
•HP 3PAR StoreServへの
スケールアウト
Networking
•40 Gbps Ethernet スイッチ
•56 Gbps Infiniband スイッチ
•Virtual Connect
I/O 仮想化テクノロジー
Management
Solutions
•サーバー、ネットワーク、
ストレージまで含めた
シャーシ内統合管理
Power Supply
•電力の変換ロスを抑える
380V HVDC / 277V HVAC
対応のパワーサプライも
選択可
10
HPC
直接接続のサポート
•様々なGPUを搭載可能な
ブレードワークステーション
•Infiniband+超高速半導体
ストレージを使用したHPC
•スケールアウトシステム
ソリューション
Brochure | HP BladeSystem, HP CloudSystem
HPの新クラウド戦略「HP Helion」の
中核をなすプライベートクラウド
HP CloudSystem
プライベートクラウドは、“クラウド時代”を生き抜くための中核ソリューション
日本においても本格的な “クラウド時代” はすでに到来しています。しかし、クラウドコンピューティ
ングの利用を検討する中で、多くのお客様がパブリッククラウドサービスのみの利用では、セキュリ
ティ、サービスレベルの確保、システムの構成柔軟性、リスク回避、説明責任の遂行など、様々な点で
払拭できない課題にぶつかっています。
そこで、こうした課題を一掃できる、クラウドコンピューティングの大本命として注目されているのが
「プライベートクラウド」です。第三者機関の予測では、今後、ITシステムの過半数がこのプライベー
トクラウドになると見込まれています。
プライベートクラウドとして抜群の実績を積み上げてきたHP CloudSystem
HPで は、2002年 の 段 階 で 業 界 初となるプ ライ ベ ートクラウドシステム「HP UDC(Utility Data
Center)」を発表・発売。さらに、HP社内の巨大なITシステムをプライベートクラウド化する過程で多
くのノウハウや技術を磨き上げ、2009年には「HP BladeSystem Matrix」
(その後「HP CloudSystem
Matrix」と改名)として一般販売を開始しています。こうした長年の実績をベースに、OpenStackをク
ラウドエンジンとして取り込み、最新版として進化したのが「HP CloudSystem」です。HPの新クラウド
戦略「HP Helion」の下、ハイブリッドクラウドの“主軸”となる中核ソリューションに位置づけています。
HP CloudSystemの特徴
●サービスタイプによって選べる2ラインアップ構成
主にOpenStack機能を中心に基本的なIaaS環境を提供する「Foundation」、あるいはアプリの導入、
自動システム構築、ポータルなどのサービス管理機能、さらにハイブリッド連携まで実現し、PaaS、
SaaS環境にも対応する「Enterprise」の2つから選択可能です(後日のアップグレードにも対応)。
●アプライアンス型提供による迅速・低コストな導入
HP CloudSystemは「HP Converged System」ファミリーとしてアプライアンス型の提供が可能です。
システム構築や管理機能の実装などを含め、東京都内のHP自社工場で一貫生産できるため、構築費
用の大幅な削減や迅速な導入を実現します。
●世界レベルでの圧倒的な導入実績
HP CloudSystemは、すでに世界の2,000社以上で稼働しています。もちろん、ハードウエア基盤は、
世界で最も普及しているブレードサーバーであるHP BladeSystemを中核とした豊富なコンポーネン
トで構成されます。圧倒的な市場からの支持が信頼の証です。
CloudSystem Foundation / Enterprise
OpenStackコンソール画面
CloudSystem Enterprise
ポータル機能
CloudSytem Enterprise
システムテンプレート機能
HPの新クラウド戦略「HP Helion」
HPは、
「HP Helion」の名称の下、全社一丸となって強力にクラウドビジネスを推進する戦略とともに、クラウド
関連製品・サービスの開発、展開に2年間で約1,000億円の巨額投資を行うことを発表しました。
「HP Helion」は、HP CloudSystemをはじめとするプライベートクラウド製品、パブリッククラウドサービス(HP
Helion Public Cloud)、マネージドクラウドサービス(HP Helion Managed Cloud)といったすべてのクラウドサー
ビスの共通ブランドであり、技術基盤としてOpenStackを統一採用しています。これにより、各クラウド形態間
の相互互換性を持たせ、シームレスな連携や可搬性を容易に実現することが可能となります。
11
Brochure | HP BladeSystem, プロセッサー
最新のインテル® マイクロアーキテクチャー Haswell※を採用
■インテル® Xeon® プロセッサー
E5-2600 v3 製品ファミリー
DDR4
インテル® Xeon®
プロセッサー E5-2600 v3
DDR4
DDR4
DDR4
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
CORE
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリー登場
QPI
QPI
ミリーは、製品発表と同時に新たに27の世界記録を性能面で樹立するとともに※1、前世
代製品と比べて最大3倍の性能向上を実現し※2、世界最高水準の消費電力効率、さらに
セキュリティー面での強化など、多くの機能強化を実現しています。また、今後急激に高
まっていくソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャ(SDI)の要望に応え、その基
(総所有コスト)を維持しながら最高の性能と柔軟性を提供できるように
盤に最適なTCO
Up to 45MB Shared Cache
4 channnels of up to
DDR4 2133 MHz
memory
最新のHP ProLiant Gen9に搭載されているインテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファ
Integrated
PCI Express* 3.0
Up to 40 lanes
per socket
* Other names and brands may be claimed as the property of others
● 1 CPUあたり最大18コア
● 22nmの微細化プロセスによる優れた電力効率
● DDR 4メモリに対応し、最大2133MHzのメモリサ
ポート
● インテル® AVX2.0を採用しより高い演算性能を実現
● Core P-States(PCPS)
によりコア単位で電力制御
● キャッシュ・モニタリングによるQuality of Serviceの
向上
● 優れたセキュリティー機能
将来を見据えて設計・開発された最新プロセッサーです。
※Haswellは開発コード名です。
更なる性能と電力効率の向上
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリーは3D Tri-Gateトランジスター・テクノロジーに
よる22nm製造プロセスを引き継ぎつつ、最新のインテル® マイクロアーキテクチャーHaswellを
採用し、更なる性能と電力効率の向上を実現しました。コア数、キャッシュ容量を従来の1.5倍に増
強し、1CPUにあたり最大18コア(インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーを使うと36ス
レッド処理可能)、45MBのキャッシュを搭載。インテル® AVX 2.0やより高速なインテル® QPI(最大
9.6GT/s)など様々なハードウェアによる拡張も行うことで、前世代と比較し最大3倍の性能向上を
実現しました。
優れた電力効率を誇る3D Tri-Gateトランジスター・テクノロジーによる22nm製造プロセスに加え、
コア単位で供給電力を制御する新機能Per Core P-states(PCPS)を搭載し、性能を犠牲にするこ
となく電力効率を最大24%※3向上しました。
※1 Twenty-seven performance world records based on two-
socket configurations. Source as of Sept. 8, 2014.
http://www.intel.com/content/www/us/en/benchmarks/
server/xeon-e5-2600-v3/xeon-e5-2600-v3-summary.html.
※2 Source as of Sep. 8, 2014. New configuration: Hewlett-
Packard Company HP ProLiant ML350 Gen9 platform with
two Intel Xeon Processor E5-2699 v3, Oracle Java Standard
Edition 8 update 11, 190,674 SPECjbb2013-MultiJVM maxjOPS, 47,139 SPECjbb2013-MultiJVM critical-jOPS.
h t t p : / / h 2 0 1 9 5 .w w w 2 . h p . c o m / V 2 / G e t D o c u m e n t .
aspx?docname=4AA5-4748ENW&cc=us&lc=en/
※3 Source as of June 2014: Intel internal measurements on
Mayan City CRB with one E5-26xx v3 (14C, 2.3GHz, 145W),
8x4GB DDR4-1600, RHEL kernel 3.10.18, PCPS on 110W,
PCPS off 70W on an internal web workload. Software and
workloads used in performance tests may have been
optimized for performance only on Intel microprocessors.
Performance tests, such as SYSmark and MobileMark, are
measured using specific computer systems, components,
software, operations and functions. Any change to any of
those factors may cause the results to vary. You should
consult other information and performance tests to assist you
in fully evaluating your contemplated purchases, including
the performance of that product when combined with other
products.
※4 Source as of August 2014 TR#3034 on Linpack*. Baseline
configuration: Intel® Server Board S2600CP with two Intel®
Xeon® Processor E5-2697 v2, Intel® HT Technology disabled,
Intel® Turbo Boost Technology enabled, 8x8GB DDR31866, RHEL* 6.3, Intel® MKL 11.0.5, score: 528 GFlops. New
configuration: Intel® Server System R2208WTTYS with two
Intel® Xeon® Processor E5-2699 v3, Intel® HT Technology
disabled, Intel® Turbo Boost Technology enabled, 8x16GB
DDR4-2133, RHEL* 6.4, Intel® MKL 11.1.1, score: 1,012 GFlops
※5 Source as of April 2014: Intel internal measurements on
platform with two E5-2697 v2, 8x8GB DDR3-1866, NUMA, HT
enabled, Turbo disabled, RHEL6.3, IC12.0, score: 101.2 GB/s.
Platform with two E5-2697v3 (14C, 2.6GHz, 145W), HSW-C0
QGEF, BIOS 27.R01, Prefetchers Enabled, HT enabled, Turbo
enabled, NUMA & COD mode, 8x16GB DDR4-2133, IC14.0,
score: triad=114.7 GB/s, copy=103.6 GB/s, scale=103.5 GB/
s, add=114 GB/s. Source as of June 2014: Intel internal
measurements on DIMM power using Mayan City CRB with E526xx v3, with 4GB DR-DDR3-1600 or 4GB DR-DDR4-2133
DIMMs. Software and workloads used in performance tests
may have been optimized for performance only on Intel
microprocessors. Performance tests, such as SYSmark and
MobileMark, are measured using specific computer systems,
components, software, operations and functions. Any change
to any of those factors may cause the results to vary. You
should consult other information and performance tests to
assist you in fully evaluating your contemplated purchases,
including the performance of that product when combined
with other products.
12
より進化した拡張命令セット インテル® アドバンスト・
ベクトル・エクステンション2.0(インテル® AVX2.0)を採用
拡張命令セット インテル® アドバンスト・ベクト
■インテル® アドバンスト・ベクトル・
エクステンション(AVX)2.0
ル・エクステンション(インテル® AVX)を更に進
256-bit AVX レジスター(16個)
化させインテル® AVX2.0を採用。浮動小数点
浮動小数点演算:256ビット幅
演算256ビット幅に加え、整数演算演算も256
AVX 1.0
ビット幅に拡張しています。
整数演算:128ビット幅
更 に、FMA(Fused Multiply-Add)対 応 に よ
り、1クロックあ たりのFLOPS(Floating-point
Operation per Second)が2倍に向上。ハイパ
AVX 2.0
インテル®
浮動小数点演算:256ビット幅
Xeon®
フォーマンス・コンピューティングや画像処理、
プロセッサー
特徴抽出、コーディック、DSPソウトウエア等で
製品ファミリー
E5-2600 v3
整数演算:256ビット幅
すぐれた効果を発揮します。エンタープライズ
ワークロードで最大90%※4の性能向上を実現
しました。
DDR4メモリに対応
メモリは最新のDDR4メモリをサポートしました。前世代のDDR3と比較して、より広い帯域幅と、高
密度化による大容量を実現するとともに、従来より低い電圧で動作するため消費電力が低減されて
います。最大2133MHzのDDR4メモリをサポート。DDR4メモリを利用することで、従来と比較
し、帯域幅は最大40%※5向上しながら、消費電力は50%低減することが可能となりました。
%
DDR4
DDR3
帯域幅が最大40%向
上(3DPC利用時)
%
DDR3
DDR4
消費電力が最大50%低減
(3DPC利用時)
Brochure | HP BladeSystem, プロセッサー
※6 インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが
必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびイン
テル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 は、一部のインテル®
プロセッサーでのみ利用可能です。各PC メーカーにお問い合
わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システ
ム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.
co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。
インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0
前世代インテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリーから採用されたインテル® ターボ・ブースト・テ
クノロジー 2.0は、CPUへの負荷や温度を監視し、状況に応じて自動的にCPUの処理速度を加速させ
るテクノロジーです※6。電気的、温度的なヘッドルームや、メモリー、I/Oのボトルネックを検知して状
況に適した、インテリジェントなブーストを可能とします。
ターボ周波数は、
プロセッサー番号、各プロセッサーごとの仕様、動作しているコア数によって異なります。
18コア稼働時
2コア
稼働時
※インテル® Xeon®
プロセッサーE5 v3
ファミリーの場合
必要に応じて
より高い
性能を実現
Core 0
Core 1
Core 0
Core 1
Core 2
Core 3
Core 4
Core 5
Core 6
Core 7
Core 8
Core 9
Core 10
Core 11
Core 12
Core 13
Core 14
Core 15
Core 16
Core 17
Core 0
Core 1
Core 2
Core 3
Core 4
Core 5
Core 6
Core 7
Core 8
Core 9
Core 10
Core 11
Core 12
Core 13
Core 14
Core 15
Core 16
Core 17
動作周波数
通常全てのコアが定格の周波数で動作
データの暗号処理をさらに高速化
暗号化を高速に処理する命令セット、インテル® AES-NI(Advanced Encryption Standard New
Instructions)が進化し、最大2倍の高速暗号処理を実現。ハードウェア側で真の乱数を生成するイ
ンテル® セキュア・キーとの組み合わせにより、さらに強力で高速な暗号化が可能になりました。
これまで困難だった領域にも暗号化の実装が促進でき、ビジネス利用では欠かせない高い信頼性を
提供します。
より堅牢なセキュリティー機能
データ保護
優れた暗号が
不可欠
強固な
アルゴリズム
強固な
暗号鍵
暗号を
高速に
処理
真の乱数を
ハードウェア内で
生成
インテル®
インテル®
セキュア・キー
AES-NI
キャッシュ・モニタリングによるQuality of Serviceの向上
より安定したサーバー運用を可能にするため、インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリーは、
キャッシュQoSモニタリング機能を搭載しました。CPUが備えるキャッシュメモリは、限りある容量を
OSやアプリケーションで分け合って使用します。
そのため、たとえば複数の仮想マシンが稼働している時、状況によっては1つの仮想マシンがキャッ
シュメモリの大部分を占有し、他の仮想マシンがキャッシュメモリを確保できなくなることも想定さ
れます。これを解決するための仕組みが、キャッシュQoSモニタリング機能です。
仮想マシンを稼働させているサーバー上でキャッシュの占有状況などを検知できるため、意図しな
いキャッシュの占有を引き起こす仮想マシンの稼働スケジュールを補助し、システム全体の処理向
上に寄与します。
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v2 ファミリー
VM1
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリー
CPU
CPU
キャッシュ占有率
キャッシュ占有率
VM2
VM3
VM4
VM1
VMM
VM1
VM2
VM3
VM2
VM3
VM4
VMM
VM4
VM1
VM2
VM3
VM4
マルチテナント環境である特定の
アプリケーションがリソースを占有
キャッシュ・モニタリングによる
Quality of Serviceの向上
以前:各仮想マシンのリソース占有率を見ることができなかった
今後:各仮想マシン毎のキャッシュ占有率を見ることができる
インテル® Xeon® プロセッサー
E5 v3ファミリー
13
Brochure | HP BladeSystem, オプション
サーバーからストレージ、ネットワークまで、
クラウド時代の多様なビジネスニーズに応える
機能、性能、拡張性の豊富な選択肢をラインアップ
最適を選べる2タイプのエンクロージャー
c3000エンクロージャー
c7000エンクロージャー
• サーバー台数が少ない(8台以下)
• サーバー台数が多い(8台以上∼数千台)
• AC100V電源で利用したい
• IOの数がたくさん必要
• 手軽にブレードを始めたい
• ネットワークなどの高い冗長化を求める
• IOの数があまり必要ない
データセンター、マシンルームに設置
HP BladeSystemオプション
※掲載製品は一例です。
サーバーブレード/
ワークステーション
ブレード
c3000前面
ハーフハイト
HP ProLiant
BL420c/BL460c/
WS460c/
WS460cグラフィックス
ストレージブレード
HP D2200sb ストレージブレード
フルハイト
HP ProLiant BL660c
HP Integrity BL860c
i4/BL870c i4(ダブルワ
(クア
イド)/BL890c i4
拡張(ダブルワイド)
ストレージ・
コントローラ
Smart アレイ
P410i/1GB FBWC
対応ドライブ
2.5型ホットプラグSAS
最大ドライブ数
12台
ドラブルワイド)
ラック搭載型
追加用パワーサプライ
パワーサプライ オプションキット
(200V, 2400W, 80Plus Platinum)
(c7000用)
HP D2220sb ストレージブレード
c7000前面
パワーサプライオプションキット(200V,2650W,80Plus Platinum) (c7000用)
ストレージ・
コントローラ
Smartアレイ
P420i/2GB FBWC
対応ドライブ
2.5型スマートキャリアドライブ
最大ドライブ数
12台
HP 1200W CS Platinum Plus パワーサプライ (c3000用)
HP StoreEasy 3840 ゲートウェイブレードモデル
主な機能
KVM切り替えモジュール
外 部ストレージ( D 2 2 2 0 s b )
や 、S A N ストレー ジを 利 用し
て、Windows Storage Server
2012 R2によるCAL 無制限の
ファイルサービスを提供
BladeSystem c3000 KVM オプション
テープブレード
イーサネット対応インターコネクト
HP 6125G ブレード スイッチ
HP テープブレード
HP 6125XLG ブレード スイッチ
c3000背面
バーチャルコネクト
製品名
HP SB3000c テープブレード B
搭載ドライブ
Ultrium3000 SASテープドライブ
製品名
HP SB1760c テープブレード B
搭載ドライブ
Ultrium1760 SASテープドライブ
c-Class 10/10Gb バーチャルコネクト Flex-10/10D
イーサネット モジュール
イーサネット/FC両対応インターコネクト
ラック搭載型
BladeSystem c-Class PCI拡張ブレード
サーバーブレードの横に挿入し、PCIスロットを
拡張可能
バーチャルコネクト
c-Class 10Gb 24ポート
バーチャルコネクトFlexFabric モジュール
バーチャルコネクトFlexFabric 20/40 F8モジュール
FC対応インターコネクト
PCI拡張ブレード
c7000背面
追加用冷却ファン
アクティブ冷却ファン モデル200
*HP BladeSystem c7000エンクロージャー用
HP BladeSystem c-Class Brocade SAN スイッチ 8/12 B
HP BladeSystem c-Class Brocade SAN スイッチ 8/24 B
HP BladeSystem c-Class Brocade 16Gb/16 SANスイッチ
HP BladeSystem c-Class Brocade 16Gb/28 SANスイッチ
管理モジュール冗長化用
バーチャルコネクト
c-Class 8Gb 24ポート バーチャル
コネクト ファイバーチャネル モジュール
SASストレージ用インターコネクト
HP 6Gb/s SAS BL スイッチ(デュアルパック)
14
c7000 リダンダント統合管理モジュール(KVM内蔵) BladeSystem c3000 エンクロージャー
リダンダント管理モジュール
Brochure | HP BladeSystem, スペック一覧
HP BladeSystem エンクロージャー
c3000
c7000
19インチラック搭載
配置方法
サイズ
(高さ×幅×奥行)
(mm)
最大重量(概算)
(kg)
高さ
搭載可能サーバーブレード数
パワーサプライ
インターコネクトモジュール
(ラック搭載型)265×485×835
(ラック搭載型)442×445×813
最大搭載時(ラック搭載型)136
エンクロージャのみ 217.7
6U
10U
16 ※ハーフハイトの場合
AC200∼240V DC-48V
最大8
8 ※ハーフハイトの場合
AC100V AC200V DC-48V
最大4
最大6
パワーサプライ
アクティブ冷却ファン
最大6
エンクロージャー
統合管理モジュール
最大10
オンボードアドミニストレーター標準装備
HP ProLiant サーバーブレード一覧
HP ProLiant BL460c Gen9
HP ProLiant BL460c Gen8
ハーフ
フォームファクター(ハイト)
インテル® Xeon® プロセッサー
E5-2600 v3 製品ファミリー 最大2P/36C
インテル® チップセット
C610
C600
ディスクコントローラー
標準搭載:B140i
(オンボート)
追加選択可能:Smartホストバスアダプター
H244br、Smartアレイ P244br
Smartアレイ P220i
ドライブベイ
ネットワーク
HP ProLiant BL460c Gen9
E5-2600 v2 製品ファミリー 最大2P/24C
最大 512GB
メモリ
拡張スロット
リモート管理
標準保証
2(2.5型ホットプラグ対応) SAS/SATA/SSD
10Gb/20Gb対応統合NIC 標準で2ポート
2スロット
iLO 4
3年間パーツ保証、3年間翌営業日オンサイトサービス
HP ProLiant BL420c Gen8
フォームファクター(ハイト)
インテル® Xeon® プロセッサー
メモリ
インテル® チップセット
ディスクコントローラー
ドライブベイ
ネットワーク
拡張スロット
HP ProLiant BL660c Gen8
リモート管理
標準保証
フォームファクター(ハイト)
インテル® Xeon® プロセッサー
メモリ
グラフィックス
インテル® チップセット
ディスクコントローラー
ドライブベイ
ネットワーク
拡張スロット
リモート管理
標準保証
HP ProLiant BL660c Gen8
ハーフ
フル
E5-2400 v2 製品ファミリー 最大2P/20C
最大 384GB
E5-4600 v2 製品ファミリー 最大4P/48C
最大 1TB
C600
Dynamic SmartアレイB320i/SmartアレイP220i
Smartアレイ P220i
2(2.5型ホットプラグ対応) SAS/SATA/SSD
10Gb対応統合NIC 標準で2ポート
10Gb/20Gb対応統合NIC 標準で2ポート
2スロット
3スロット
iLO 4
3年間パーツ保証、3年間翌営業日オンサイトサービス
HP ProLiant WS460c Gen8
HP ProLiant WS460c Gen8 グラフィックス拡張ブレード
ハーフ
ハーフ ダブル
E5-2600 v2 製品ファミリー 最大2P/24C
最大 512GB
NVIDIA Quadro K4000/K5000/K6000、GRID K1/K2、
NVIDIA K3100M、AMD FirePro S4000X
Tesla K20/K20X、HP MultiGPU 6 × K3100M
C600
Smartアレイ P220i
2(2.5型ホットプラグ対応) SAS/SATA/SSD
10Gb/20Gb対応統合NIC 標準で2ポート
2スロット
iLO 4
3年間パーツ保証、3年間翌営業日オンサイトサービス
HP ProLiant BL420c/BL460c/BL660c/WS460cを稼動させるには、ブレードエンクロージャー、インターコネクト、パワーサ
プライ(ブレードの台数に応じて)、ファン
(ブレードの台数に応じて)が必要です。
サーバーブレード用
メザニンカード
各種ソリューション用
ブレード・製品
エンクロージャ内蔵
インターコネクトモジュール
• ネットワーク
• FC-HBA
• SAS-HBA
• Infiniband HCA
• IOアクセラレーター
• ストレージブレード
• テープブレード
• iSCSI共有ストレージブレード
• NAS Gatewayブレード
• PCI拡張ブレード
• ブレード対応DAS拡張ストレージ
• 統合ネットワーク用
(ネットワーク+ストレージ)
バーチャルコネクトタイプ
• ネットワーク用
バーチャルコネクトタイプ
スイッチタイプ
パススルータイプ
• FC用
バーチャルコネクトタイプ
スイッチタイプ
パススルータイプ
• Infiniband用
Infinibandタイプ
• SAS用
スイッチタイプ
最新の製品ラインアップ/仕様は右記Webサイトでご確認いただけます。 www.hp.com/jp/bladesystem
15
最新のインテル® マイクロアーキテクチャー Haswell※を採用
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリー
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリーは、前世代製品と比べて最大3倍の性能向上を実現し、世界最高水
準の消費電力効率、さらにセキュリティー面での強化など、多くの機能強化を実現しています。
また、今後急激に高まっていくソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャ
(SDI)の要望に応え、その基盤に最適
なTCO
(総所有コスト)
を維持しながら最高の性能と柔軟性を提供できるように将来を見据えて設計・開発された最新
プロセッサーです。
※ Haswellは開発コード名です。
※本冊子に掲載している画面と、実際のHP Insight Onlineサービスの画面は一部異なる場合もあります。
安全に関するご注意
ご使用の際は、商品に添付の取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。水、湿気、油煙等の多い場所に設置しないでください。火災、故障、感電などの原因となることがあります。
お問い合わせはカスタマー・インフォメーションセンターへ
03-5749-8330 月∼金 9:00∼19:00 土 10:00∼17:00(日、祝祭日、年末年始および5/1を除く)
機器のお見積もりについては、代理店、または弊社営業にご相談ください。
HP BladeSystemに関する情報は http://www.hp.com/jp/bladesystem
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、
Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/
またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
記載事項は2014年10月現在のものです。
本カタログに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
© Copyright 2014 Hewlett-Packard Development Company,L.P.
日本ヒューレット・パッカード株式会社
〒136-871 1 東京都江東区大島2-2-1
JSS13150-02
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement