Untitled

Untitled
はじめに
この度は TECH 21 SANSAMP をお買い上げいただき誠にありがとうございます。製品の性能を
十分に発揮させ、末永くお使いいただく為、ご使用になる前にこの取扱説明書を必ずお読みくだ
さい。なお、本書が保証書となりますのでお読みになった後は大切に保管してください。
APPLICATIONS
ベースアンプと組み合わせ
ストンプ・ボックスとして:フォン端子の出力からアンプの入力端子に接続します。アンプ入力をオーバーロ
ードさせ不用意ディストーションを発生させないよう、SansAmp Bass Driver DI のレベルをユニティ
ー・ゲインと近い数値で使用してください。
プリ・アンプとして:フォン端子を SansAmp Bass Driver DI のフォン出力からパワーアンプ入力(エフェ
クト・リターン入力)に接続してください。この設定で使用することでベースアンプの音造りプリアン
プ回路をバイパスします。
パワーアンプとの組み合わせ
フォン出力端子からアンプの入力端子に接続し、ステージ・ボリュームを SansAmp Bass Driver DI
で調整できます。
(注意)必要に応じボリュームを思いっきり上げることも可能です。
ダイレクト・レコーディングをするには
XLR またはフォン出力から直接ミキサー/レコーダーに入力してください。ミキサー/レコーダーの入
力トリム・コントロールで入力信号のオーバーロードを防いでください。フル・レンジのシステムは
幅広い周波数帯を持っているので、EQ レベルを 0(12時)の設定から始め、そこから音を調整して
いくことをお勧めします。
コントロールの説明
PRESNECE:高域のハーモニックスとアタックを引き出します。滑らかな高音、クリーンな音を出すには
数値を好みに下げてください。
DRIVE:全体のゲイン/オーバードライブを調整します。チューブ・アンプの出力をオーバードライブさせ
ている(push している)時と同じです。
BASS&TREBLE:カットしか出来ないパッシブ・コントロールとは違い、このアクティブ・トーン・コン
トロールを使って±12dB カット/ブーストが出来ます(ユニティー・ゲインは 12 時の位置です)。この
パワフルな EQ セクションは固定のミッド・コントロールの必要性を実質的になくし、ミッド・カット/
ブースト等の幅広いトーンの曲線を描くことが出来ます。
ミッドレンジの調整:SansAmp Bass Driver DI のミッド・レンジ・レベルはプリセットされています。
ミッド・カット:ベースとトレブルを上げることによってミッドのカットが行えます。
ミッド・ブース:逆にベースとトラブルを下げることによってミッド・ブースが行えます。
(注意)全体の出力レベルは EQ コントロールのレベルによって異なりますので LEVEL コントロールを
使って調整してください。
BLEND:入力されている楽器の信号を SansAmp チューブ・アンプ・エミュレーション回路にどれほど送れるか
を調節するコントローラです。ほとんどの場合このコントロールは最大に設定されているのでしょう。透明感溢れる
音が必要な時、またはピエゾ・ピックアップを使用しているときには BLEND の数値を下げることをお勧めします。
BLEND が最小設定の時、SansAmp チューブ・アンプ・エミューレーション回路はバイパスされますが
BASS,TREBLE と LEVEL コントロールはアクティブです。
LEVEL:全体の出力レベルを調整します。
2
入力端子
スピーカー等にダメージを与えないよう、音響の基本ルールを守りましょう。
配線を繁げたり、外したりする時には、ミキサーとアンプのボリュームを下げてください。
INPUT:フォン端子、1 メガオーム、楽器(insturment)レベル。電池のスイッチを入/切します。長時間
使用されない場合は、配線をはずしてください。その際ミュートを忘れないでください。
PARALLEL OUTPUT:フォン・アンバランス・ダイレクト出力は入力端子直結しています。入力信号は影響
を受けずに直接出力されます。
フットスイッチ(入/切表示 LED ライト付): SansAmp チューブ・アンプ・エミュレーション回路の入/
切を操作。
ON:LED が点灯、トーンもゲインも SansAmp Bass Driver DI コントロールの数値通りに信号がフォン出
力と XLR 出力から送られます。
OFF: LED が消灯、SansAmp Bass Driver DI は透明のダイレクト・ボックスとして入力された信号は音
質を変えずに送られます。
バランス XLR 出力:バランス・ローZ 出力です。ミキサー/レコーダーにフットスイッチで選択されてい
る信号を送ります。
フォン出力:アンバランス・ローZ 出力。アンプにフットスイッチで選択されている信号を送ります。
PHANTOM&GROUND CONNECT SWITCH:
“PHANTOM&GROUND CONNECT”を選択されるとグランドが接続され XLR 出力かファンと無電源を受けます。
“PHANTOM&GROUND CONNECT”を選択しない場合は、電源をミキサーから受けず、電池からの電源で動作
します。
ファントム・パワーを装備しているミキサーであれば、XLM ケーブルを使い信号をミキサーに送りなが
ら同じケーブルでミキサーから電源を受けることが出来ます。詳しい説明はミキサーの説明書をお読
みください。
(注意)ファントム・パワーを使用している時にミキサーから電源が突然切れてしまうと、スピーカ
ーにダメージを与えてしまう可能性があるので、ファントム・パワーを使用する際も電池を SansAmp
Bass Driver DI に装備しておいてください。
スピーカー・シュミレーション
スピーカー・シュミレーションは SansAmp チューブ・アンプ・エミュレーション回路の大きな特徴で
す。本数のマイクでキャビネットをマイキングするような滑らかで、統一感のある音を作り上げます。
どんなベース・キャビネット・スピーカー・システムとも相性が良いでしょう。
メモ/ノート
1.
SansAmp Bass Driver DI はインターアクティブなツールだ!
同じ設定でも入力信号のレベルによって反応が変わります。PRESENCE,DRIVE,EQ を使って貴方の望ん
でいた音を探すことが出来るでしょう。音質をクリーンで滑らかな音に仕上げたいのであれば、
Treble を上げ、Presence を下げることをおすすめします。
もっとオーバードライブを効かせた音を望んでいるならば、反対に Treble を下げ、Presence を上げ
ると良いでしょう。この設定で高域のハーモニックスとアタックを引き出せるでしょう。
2. SansAmp Bass Driver DI のノイズ・レベルは大変低いです。しかし、楽器などが拾い上げるノイズ
を拡大してしまうこともあります。SansAmp Bass Driver DI のコントロールは驚くほど敏感なので
高入力でもなく、高出力を得ることが可能です。SansAmp Bass Driver DI に接続している時のノイ
ズを最大限に押さえるため次の設定をお勧めします。
A) アクティブ(electronic)楽器:トーン設定を±0 の状態にしてください。(ブースとが必要
な場合は少しずつ上げていってください。)
B) パッシブ(electronic)楽器:ボリューム、トーン共に最大値まで上げてください。
3
3.
4.
4
SansAmp Bass Driver DI を最大限のレベルまで上げるとチューブ・アンプのオーバードライブと同
じようにハーモニックスを引き出すことが出来ます。設定によっては、ベースドライバーやユニー
クな回路がピーク数値を制限してくれますので外部のコンプレッサーやリミッターを使わなくても
一定のレベルを保ってくれる事があります。
エフェクターを使用する際:SansAmp Bass Driver DI の大きな特徴は 1 人 1 人の演奏(playing style)
によって異なるニアンスな等によって作り出される音が変わることです。エフェクトを SansAmp
Bass Driver DI の前に接続してしまうと、この特徴を最大に活かすことが出来なくなります。どう
しても前に接続する必要がある場合はエフェクターからの出力レベルを楽器からの出力レベルと同
等にするよう心がけてください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement