T-スキャン

T-スキャン
T-スキャン
咬合接触検査装置
咬合接触位置、咬合接触力、咬合接触時間の
咬合の3要素を同時に検査表示
EBM医療の重要性が叫ばれる現在、客観的な咬合検査・調整法の必要性が高まっ
ています。
咬合接触検査装置「T-スキャンⅢ」は従来の咬合紙やワックス、その他の検査機器
では検知できなかった咬合の3要素「咬合接触位置」
「
、咬合接触力」
「
、咬合接触時間」
を同時に精密に計測できます。
より科学的で客観的なデータに基づいた咬合診断、治療結果の判定が可能となり
ます。
これからの歯科医療に欠かせない新しい咬合検査機器の登場です。
わかりやすい画面表示で
インフォームドコンセントに威力を発揮
咬合紙による診断をより客観的に!
咬合治療に明確な治療方針を
もたらすT-スキャン
<神奈川県相模原市開業 奥森 直人先生>
当医院では日々の臨床でインプラントによる治療を
<神奈川県川崎市開業 小野田 恵一先生>
近年、多くの歯科医師が『ブラキシズムによる過度
おこなっております。インプラント補綴と天然歯を含
む症例では、咬合紙記録による咬合調整では二次元
的要素を満たすのみで、定量的に破壊的咬合圧を判
断することが困難です。そこでT-スキャンを用いる
とインプラント上部構造がどのように対合と接触す
の咬合力が歯科疾患に関わっている』
ことを報告し
ています。
しかし従来の方法では患者さんが噛みし
めたときにどのような力がどのように歯牙に加わっ
ているかを本質的に知ることは不可能でした。T-ス
キャンを使えばそれらを知ることが出来、患者さん
べきで、また天然歯の場合とどのように違いをつけ
るべきか、それとも同時同圧かなどと言う問題をメ
にも視覚的に説
明できるので咬
インテナンス時に考察しやすく、患者さんにも直接
PC画面をみていただ
き咬合の経年的変化を
ビジュアルで捉えるこ
合治療に対して
明確な治療方
針を示すことが
できるのです。
とが可能です。そして、
咬合もメインテナンス
が必要であることを説
明できます。
<患者様からの一言>
インプラントの治療をして定期的に衛生面とかみ合わ
せなどを見ていただいてます。画像を使われた説明で
たいへんわかりやすく今後も安心です。
<患者様からの一言>
噛み合わせは人と比べることが出来ないので曖昧に
「こんなものかな」
と思っていましたが、検査の結果を見
て驚きました。
「まさにその通り!」なのです。噛み合わせ
の力が強く加わっていた歯に今までトラブルが多かった
のでなるほどと思いました。
T-スキャンⅢの特徴
咬合バランス表示
時間的変化が分かる
咬合接触部位や咬合圧バランスをリアルタイムに表示可
能。測定中においても咬合接触状態が確認できます。セン
サシートを噛むだけでCOFとCOF軌跡により、咬合バラ
ンスとその変化が簡単にわかります。
咬合部位の動的変化を測定可能。早期接触や咬頭干渉の
発見、側方滑走運動、タッピング運動などの動的な咬合解
析が可能です。
コストパフォーマンスの高いセンサシート
データベース機能
センサシートは10回程度 ※の連続使用が可能で、ランニ
ングコストが安くなります。
患者様のムービーデータや各種情報を管理するデータ
ベース機能により、素早く検索でき目的のデータを簡単に
探すことが出来ます。
※患者様の咬合状態により変わります。
使いやすく便利な解析ソフト
COF表示、MIP表示、
グラフ表示、3次元表示等、視覚的で使いやすい解析ソフトを用意しています。咬合診断や治療結
果の判定のみならず、患者様へのインフォームドコンセントにご利用頂けます。
■MAX表示
1つのムービーの中で各センサセルに
加わった最大荷重値を合成して表示す
る機能です。
■各歯の荷重割合
設定した歯列弓モデル
における各 歯ごとの 荷
重割合が表示できます。
■COF表示・MIP表示
MIPは咬合接触面積の最も広いフレームを表示します。咬頭嵌合位
における接触部位と咬合バランスを表示します。
COFは咬合圧重心を表示します。重心の移動軌跡、基準範囲も表示
します。
■デルタ表示
MAX表示からMIPのフレームの各セ
ンサセルの値を減算した表示です。
MIPに至る過程で接触があったがMIP
では接触がなくなった接触部位を表示
する機能です。早期接触などの検索に
有用です。
■グラフ表示
咬頭嵌合位における咬合接触の同時性や側方滑走運動時の離開の
スムーズさなど接触時間の測定が可能です。
■3次元・ズームグラフの表示
2次元とグラフに加えて、3次元とズームしたグラフのウィンドウを
表示します。
■表によるアーチモデルの設定
各歯の情報を表で設定できます。
臨床例̶顎関節症の患者さんの場合
治療前データ
治療後データ
●接触点数が少なく、
咬みしめ初期のバランスが悪い
●両側臼歯部の均等接触がみられる
●特定歯に咬合力が集中している
●COF軌跡が短縮し、
COFターゲット内で推移している
●術前よりも同時性が高い
●左側小臼歯部に早期接触がみられる
●グラフの総荷重値が安定し、
咬みしめが保持できている
●咬合接触の同時性が悪い
●グラフの総荷重値が安定せず、
咬みしめが保持できていない
T-スキャンⅢ システム内容
品 名
数量
20枚 (S)10枚、
(L)10枚、
センサシート
センササポート
4個 (S)2個、
(L)2個
センサコネクタ
1個
A/D分解能:8ビット
サンプリング速度:
最大10msec(1フレーム当り)
※ターボモード時:最大2msec
サイズ:幅55×奥行135×高さ33
(mm)
ケーブル長さ:約4.5m
重量:約330g
(ケーブル含む)
ソフトウエア
1式
OS:Windows2000、XP、VISTA、7対応
取扱説明書
1式
(USBケーブル付)
※PC本体はシステム内容に含まれません
※システムでご使用になられるPCにつきましては、
営業窓口までお問い合わせください
仕 様
消費税込み価格 921,900円
(本体価格878,000円)
■ 消耗品
センサシート (L)
1パック、20枚入り
センサシート (S)
1パック、20枚入り
センササポート (L)
1パック、2個入り
センササポート (S)
1パック、2個入り
価格につきましては、下記までお問い合わせください
医療機器届出番号 29B3X00007-000008(一般医療機器、クラス分類Ⅰ、特定保守該当)
※Windows2000、XP、VISTA、7はMicrosoft社の登録商標です。
安 全に関 する
ご注意
安全にお使いいただくため、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。
※このカタログに掲載している内容は予告なく変更される場合があります。
ご用命は…
事業開発センター
東 京 〒104-0061 東京都中央区銀座8-2-1
TEL:03 - 6744 - 2720 FAX:03 - 6744 - 2721
奈 良 〒639-1085 奈良県大和郡山市池沢町172 TEL:0743 - 56 - 8848 FAX:0743 - 56 - 8770
http://www.nitta.co.jp/product/mechasen/sensor/top.html
E-Mail:[email protected]
2011.4.1000.DF
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement