取扱説明書

取扱説明書
保証書付
取扱説明書
充電式剪定ばさみ
BSH-120
ページ
安全上のご注意………………… 1
騒音について…………………… 7
充電式剪定ばさみを安全に …… 8
お使いいただくために
12
13
13
14
14
備
充電方法
充電ランプの状態
準
1 回の充電あたりの作業量 …… 15
充電について …………………… 15
主要機能・名称・用途
各部の名称………………………
仕様………………………………
用途………………………………
付属品……………………………
別販売品…………………………
安全上のご注意
もくじ
結束バンドの取外し …………… 19
ブレードカバーの取外し ……… 19
枝の切り方
剪定目安表
ブレードについて ……………… 29
各部取付けネジの点検………… 29
使用後の手入れ………………… 29
作業後の保管…………………… 29
修理について…………………… 30
故障かなと思ったら…………… 31
6986522
保守と点検
このたびは、リョービ 充電式剪定ばさみをお買い
上げいただきありがとうございます。
安全に能率よくお使いいただくために、ご使用前に
この取扱説明書を最後までよくお読みいただき、
使用上の注意事項、本機の能力、使用方法など十分
ご理解のうえで、正しく安全にご使用くださるよう
お願いいたします。また、この取扱説明書は大切に
お手元に保管してください。
20
21
22
22
23
25
使い方
スイッチの扱い方………………
LED ライト………………………
過負荷保護機能…………………
温度保護機能……………………
ブレードの取外し、 取付け ……
剪定作業…………………………
安全上のご注意
● 火災、感電、けがなどの事故を未然に防ぐために、次に述べる「安全上のご注意」
を必ず守ってください。
● ご使用前に、この「安全上のご注意」すべてをよくお読みのうえ、指示に従っ
て正しく使用してください。ご使用上の注意事項は「危険」と「警告」と「注意」
に区分していますが、それぞれ次の意味を表します。
● お読みになった後は、お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してく
ださい。
● 他の人に貸出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。
■危険表示・警告表示・注意表示について
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や損害の程度を、次の表示で区
分し、説明しています。 誤った取扱いをしたときに、使用者が死亡または重傷を負う可能性
が大きい内容のご注意。
誤った取扱いをしたときに、使用者が死亡または重傷を負う可能性
が想定される内容のご注意。
誤った取扱いをしたときに、使用者が傷害を負う可能性が想定され
る内容および物的損害のみの発生が想定される内容のご注意。
なお、
「 注意」に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可能性があり
ます。いずれも安全に関する重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。
「 危険」
・「 警告」
・「 注意」以外に製品の据付け、操作、メンテナンスなどに関する重
要な注意事項は「 」にて表示しています。安全上の注意事項と同様必ず守ってください。
■絵表示について
お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、説明しています。
この絵表示は、してはいけない「禁止」内
容です。行為の内容によって、文字や図記
号と組み合わせて表示しています。
この絵表示は、
必ず実行していただく「強制」
内容です。行為の内容によって、文字や図
記号と組み合わせて表示しています。
この絵表示は、気をつけていただきたい「注
意喚起」内容です。行為の内容によって、文
字や図記号と組み合わせて表示しています。
1
専用の充電器を使用してください。
・他の充電器で本体に内蔵されている電池(以下、電池という)を充電
しないでください。
安全上のご注意
本体や電池は火への投入、加熱をしないでください。
主要機能・名称・用途
本体や電池に釘を刺したり、衝撃を与えたり、分解・改造をし
ないでください。
本体の端子間を短絡させないでください。
・金属と一緒に工具箱や釘袋などに保管しないでください。
準
備
本体や電池を火のそばや炎天下など高温の場所で充電・使用・
保管しないでください。
・発熱、発火、破裂のおそれがあります。
使い方
正しく充電してください。
保守と点検
・この充電器は定格表示してある電源で使用してください。直流電源や
エンジン発電機では使用しないでください。
・温度が 5℃以下、または温度が 40℃以上では電池を充電しないでく
ださい。
・電池は、換気の良い場所で充電してください。本体や充電器を充電中、
布などで覆わないでください。
・使用しない場合は、電源プラグを電源コンセントから抜いてください。
2
安全上のご注意
感電に注意してください。
・ぬれた手で電源プラグに触れないでください。
作業場の周囲状況も考慮してください。 ・充電工具、充電器は、雨中で使用したり、湿った、
またはぬれた場所で使用しないでください。
・作業場は十分に明るくしてください。
・可燃性の液体やガスのある所で使用したり、充電
しないでください。
次の場合は、充電工具のスイッチを必ず切ってください。
・使用しない、または修理する場合。
・刃物などの付属品を交換する場合。
・その他危険が予想される場合。
不意な始動は避けてください。
・スイッチに指を掛けて運ばないでください。
指定の付属品やアタッチメントを使用してください。
・この取扱説明書および弊社カタログに記載されている付属品やアタッ
チメント以外のものは使用しないでください。
3
電池の液が目に入ったら直ちにきれいな水で十分に洗い、医師の
治療を受けてください。
安全上のご注意
使用時間が極端に短くなった電池は使用しないでください。
主要機能・名称・用途
準
作業場は、いつもきれいに保ってください。
備
・ちらかった場所や作業台は、事故の原因になります。
子供を近づけないでください。
使い方
・作業者以外、充電工具や充電器のコードに触れさせないでください。
・作業者以外、作業場へ近づけないでください。
使用しない場合は、きちんと保管してください。
保守と点検
・乾燥した場所で、子供の手の届かない安全な所または鍵のかかる所に
保管してください。
・充電工具や電池を、温度が 45℃以上に上がる可能性のある場所(金属
の箱や夏の車内など)に保管しないでください。
飛散物が目に入るような作業をする場合は、めがねなど保護具を
着用してください。
4
安全上のご注意
無理して使用しないでください。
・安全に能率よく作業するために、充電工具の能力に合った速さで作業
してください。
・モーターがロックするような無理な使い方はしないでください。
作業に合った充電工具を使用してください。
・小型の充電工具やアタッチメントは、大型の充電工具で行なう作業に
は使用しないでください。
・指定された用途以外に使用しないでください。
きちんとした服装で作業してください。
・だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は着用しないでください。
・手袋と滑止めのついた履物の使用をお勧めします。
・長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。
充電工具は、注意深く手入れをしてください。
・安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、
よく切れる状態を保ってください。
・付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。
・充電器のコードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い上げ
の販売店に修理を依頼してください。
・延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合に
は交換してください。
・握り部は、常に乾かしてきれいな状態に保ち、油やグリスなどが付か
ないようにしてください。
充電器のコードを乱暴に扱わないでください。
・コードを持って充電器を運んだり、コードを引っ張ってコンセントか
ら抜かないでください。
・コードを熱、油、角のとがった所に近づけないでください。
・コードが踏まれたり、引っかけられたり、無理な力を受けて損傷する
ことがないように充電する場所に注意してください。
5
無理な姿勢で作業をしないでください。
・常に足元をしっかりさせ、バランスを保つようにしてください。
安全上のご注意
調節キーやレンチなどは、必ず取外してください。
・スイッチを入れる前に、調節に用いたキーやレンチなどの工具類が取
外してあることを確認してください。
屋外使用に合った延長コードを使用してください。
主要機能・名称・用途
・屋外で充電する場合、キャブタイヤコードまたはキャブタイヤケーブ
ルの延長コードを使用してください。
油断しないで十分注意して作業を行なってください。
準
・充電工具を使用する場合は、取扱方法、作業の仕方、周囲の状況など
十分注意して慎重に作業してください。
・常識を働かせてください。
備
・疲れている場合は、使用しないでください。
損傷した部品がないか点検してください。
使い方
・使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか十分点検し、正
常に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。
・可動部分の位置調整および締付け状態、部品の破損、取付け状態、そ
の他運転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。
・破損した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示
に従ってください。取扱説明書に指示されていない場合は、お買い上
げの販売店に修理を依頼してください。
・電源プラグやコードが損傷した充電器や、落としたり、何らかの損傷
を受けた充電器は使用しないでください。
・スイッチで始動および停止操作の出来ない充電工具は、使用しないで
ください。
保守と点検
6
安全上のご注意
充電工具の修理は、専門店に依頼してください。
・サービスマン以外の人は充電工具、充電器を分解したり、修理・改造
は行なわないでください。
・充電工具が熱くなったり、異常に気付いた時は、点検・修理に出して
ください。
・この製品は、該当する安全規格に適合していますので改造しないでく
ださい。
・修理は、必ずお買い上げの販売店にお申し付けください。修理の知識
や技術のない方が修理すると、十分な性能を発揮しないだけでなく、
事故やけがの原因となります。
騒音について
ご使用に際し、周囲に迷惑をかけないように、各都道府県などの条例で定める騒音
規制値以下でご使用になる必要があります。必要に応じてしゃ音壁を設けるなどし
てください。
この取扱説明書は、大切に保管してください。
7
充電式剪定ばさみを安全にお使いいただくために
充電式剪定ばさみご使用に際して
●先に充電工具として共通の危険・警告・注意事項を述べましたが、充電式
剪定ばさみをご使用の際には、さらにつぎに述べる警告・注意事項を守っ
てください。
安全上のご注意
取扱説明書に記載されている用途、または能力以上の作業には、
絶対に使用しないでください。
・発煙、発火、また思わぬ事故の原因になります。
主要機能・名称・用途
作業する箇所に電線などがないことを作業前に確認してくださ
い。
・電線などがあると、ブレード(刃)が触れ、感電のおそれがあり、事
故の原因になります。
備
準
使用する前に、近くに人がいないことを必ず確認してください。
また、使用中は人を近づけないでください。
・けがの原因になります。
使用中は、本体の先端部分やブレード(刃)に、手や顔を近づ
けないでください。
使い方
・けがの原因になります。
使用中は、枝を保持する手に注意して作業してください。
・誤って挟むと、切断などけがの原因になります。
保守と点検
使用中は本体を確実に保持してください。
・確実に保持していないと、けがの原因になります。
使用中、機械の調子が悪かったり、異常音がしたときは、直ち
にスイッチを切って使用を中止し、お買い上げの販売店に点検・
修理を依頼してください。
・そのまま使用していると、けがの原因になります。
8
充電式剪定ばさみを安全に
誤って落としたり、ぶつけたときは、本体やブレード(刃)に
破損や亀裂、変形がないことをよく点検してください。
・破損や亀裂、変形があると、けがの原因になります。
電池は発煙、発火、破裂のおそれがあります。次のようなこと
はしないでください。
・本体の端子に金属類を接触させないでください。
・本体を釘や硬貨などが入った袋や箱の中に入れないでください。
・本体を雨や水に濡らさないでください。
ラッカー、ペイント、ベンジン、シンナー、ガソリン、可燃性ガス、
接着剤などのある場所では充電しないでください。
・爆発や火災のおそれがあります。
火災のおそれがありますので、次のようなことはしないでくだ
さい。
・段ボールなどの紙類、座布団などの布類、畳、カーペット、ビニール
などの上では充電しないでください。
・風窓のある充電器は、充電中に風窓をふさがないでください。また風
窓に金属類、燃えやすい物をさし込まないでください。
・綿ぼこりなど、ほこりの多い場所で充電しないでください。
充電用端子部には、金属片、水などの異物を近づけないでくだ
さい。
充電器は充電以外の用途に使用しないでください。
9
お使いいただくために
スイッチ(トリガ)に指を掛けて運ばないでください。
・不意な始動による、けがの原因になります。
安全上のご注意
セフティロックトリガを押込んだ状態で固定しないでください。
・セフティ機構が働かず、けがの原因になります。
主要機能・名称・用途
枝や異物がブレード(刃)にかみ込んだときは、スイッチを切り、
枝や異物からブレードを離してください。
・無理に切ろうとすると、本体に支障をきたすばかりでなく、発煙・発
火や思わぬ事故の原因になります。
本体やブレード(刃)にヒビ、割れなどの異常がないことを確
認してください。
備
準
・けがの原因になります。
雨の中での作業や雨上がり、水やり(散水)直後のぬれた枝の
剪定はしないでください。
・感電のおそれがあり、事故の原因になります。
使い方
使用しないときや持運ぶときは、ブレード(刃)がむき出しに
ならないように付属のブレードカバーを取付けてください。
・けがの原因になります。
保守と点検
10
充電式剪定ばさみを安全にお使いいただくために
ブレード(刃)や付属品は、取扱説明書に従って確実に取付けて
ください。
・確実でないと、外れたり、けがの原因になります。
高所作業のときは、下に人がいないことをよく確認してください。
・本機などを落したとき、事故の原因になります。
ブレード(刃)の交換は、手袋・ウエスなどで手を保護してから
行なってください。
・不用意に扱うと、けがの原因になります。
連続して使用したときは、本体が熱を持ち熱くなります。
特に先端の金属部は熱くなりますので不用意に触れないでくださ
い。
・やけどの原因になります。
充電中、異常発熱などの異常に気がついたときは、直ちに電源プ
ラグを抜いて充電を中止してください。
・そのまま充電を続けると発煙、発火、破裂のおそれがあります。
リチウムイオン電池の回収にご協力ください。
左のマークはリサイクルができるリチウムイオン電池を使用していることを
表しています。リョービグループでは、希少資源のリサイクル活動と環境保護
のため、使用済みのリチウムイオン電池の回収を行なっています。
不要になった本体は分解しないで、お買い上げの販売店、 またはリョービ販
売営業所にお持ちくださるようお願いいたします。
11
主要機能・名称
■各部の名称
安全上のご注意
刃物交換レバー
ブレード
(刃)
主要機能・名称・用途
セフティロックトリガ
スイッチ
(トリガ)
LED ライト
備
準
固定刃
充電ランプ
使い方
充電器プラグ
さし込み口
保守と点検
12
仕様・用途
■仕様
●本体 ・電圧 ………………………………………………………………… DC 3.6V
(リチウムイオン電池内蔵式)
・最大切断枝径 ………………………………………………………… 12mm ※
・本体寸法(長さ×幅×高さ)………………………… 300 × 52 × 98mm
・質量(内蔵電池を含む)……………………………………………… 0.6kh
※ 最大切断枝径は、樹木の種類やブレード(刃)の状態などにより変わる場合があります。
●電池(内蔵式 )
● 充電器(BC-364L)
・ 電圧 ……………………… DC 3.6V
・電池 ………… リチウムイオン電池
・容量 …………………… 1,300mAh
・ 電源 …………… AC 100V 50/60Hz
・定格出力電圧 ……………… DC 3.6V
・標準充電時間 ……………… 約 60 分 ※
・質量 …………………………… 0.1kh
※ 充電時間は周囲の温度や電池の状態により変動します。
■用途
※
・庭木の枝の剪定 , その他(樹脂パイプ、ビニールホースの切断)
※ 樹脂パイプの切断径は 12mm 程度まで可能です。板状のものには不向きです。
切断作業は、保護めがねを着用してください。 ・ 金属,食品などの切断には使用しないで
ください。
13
付属品・別販売品
■付属品
充電器……1
(BC-364L)
主要機能・名称・用途
備
準
■別販売品
ブレードカバー …… 1
(本体取付)
安全上のご注意
ブレード(刃)……1
(本体取付)
使い方
・ブレード(替刃)
※付属品と同じ
保守と点検
14
準 備
■1回の充電あたりの作業量(目安)
(周囲温度 20℃)
約 350 カット(切断径 10mm の場合)
※ 上記を参考に作業してください。
電池容量および、作業環境、ブレード(刃)の切れ味、周囲温度などの条件により
作業量は異なります。
■充電について
専用の充電器を使用してください。
・他の充電器で本体に内蔵されている電池(以下、電池という)を充電し
ないでください。破裂して傷害や損傷を及ぼすおそれがあります。
正しく充電してください。
・充電器は定格表示してある電源で使用してください。直流電源やエン
ジン発電機では使用しないでください。異常に発熱し火災のおそれが
あります。
・温度 5℃以下、または温度が 40℃以上では電池を充電しないでくださ
い。破裂や火災のおそれがあります。
・電池は換気の良い場所で充電してください。充電中、本体や充電器を
布などで覆わないでください。破裂や火災のおそれがあります。
・段ボールなどの紙類、座布団などの布類、畳、カーペット、ビニール
などの上では充電しないでください。火災のおそれがあります。
15
安全上のご注意
・風窓のある充電器は、充電中に風窓をふさがないでください。また風
窓に金属類、燃えやすい物をさし込まないでください。火災のおそれ
があります。
・綿ぼこりなど、ほこりの多い場所で充電しないでください。火災のお
それがあります。
・使用しない場合は、電源プラグを抜いてください。感電や火災のおそ
れがあります。
主要機能・名称・用途
ラッカー、ペイント、ベンジン、シンナー、ガソリン、可燃性ガス、接
着剤などのある場所では充電しないでください。
・爆発や火災のおそれがあります。
備
準
使い方
充電器のコードを乱暴に扱わないでください。
・コードを持って充電器を運んだり、コードを引っ張ってコンセントか
ら抜かないでください。
・コードを熱、油、角のとがった所に近づけないでください。
・コードが踏まれたり、引っかけられたり、無理な力を受けて損傷する
ことがないように、充電する場所に注意してください。感電やショー
トして発火するおそれがあります。
保守と点検
屋外使用に合った延長コードを使用してください。
・屋外で充電する場合、キャブタイヤコードまたはキャブタイヤケーブ
ルの延長コードを使用してください。
充電する際は、ブレードカバーを取付けてください。
・不用意に扱うと、けがの原因になります。
16
準 備
※ 使用中(充電器を電源コンセントに接続していない状態でスイッチ(トリガ)を引いて
作業しているとき)に充電ランプが赤点滅する場合は、電池残量がない状態ですので、
充電が必要です。
●充電方法
1. スイッチが『OFF』になっていること
を確認してください。
(セフティロックトリガとスイッチ(ト
リガ)を引いていない状態)
充電ランプ
プラグ
2. 本体の充電器プラグさし込み口に充電
器のプラグをさし込みます。
3. 充電器を電源コンセントにさし込むと
充電ランプ(赤色)が点灯し、充電を
開始します。
4. 充電が完了すると充電ランプ(緑色)
が点灯します。
充電時間は約 60 分です。
充電器プラグ
さし込み口
充電器
5. 充電器を電源コンセントから抜いてく
ださい。
6. 充電器のプラグを本体より抜いてくだ
さい。
充電ランプ
※充電中は、充電器本体に多少の熱を持ちますが性能に影響ありません。
※セフティロックトリガ ON の状態では、充電できません。
※充電中は、スイッチ(トリガ)を引いても作動しません。
充電状態は、充電ランプで示しています。
(18 ページ『●充電ランプの状態』参照)
17
●充電ランプの状態
充電ランプの状態
スイッチ(トリガ)を
引いているとき
状 態
電池残量なし(充電が必要)
点滅(赤色)
※充電器を電源コンセントに
接続していない状態
点灯(赤色)
充電している状態
充電完了
点灯(緑色)
充電が完了した状態
安全上のご注意
充電中
主要機能・名称・用途
備
準
使い方
保守と点検
・充電中は、本体が熱くなりますが、異常ではありません。
・電池保護のため、電池容量が少なくなると、充電ランプが赤点滅し、
自動的に本体が停止します。停止したら、電池を充電してください。
・充電中、テレビ・ラジオなどに雑音が入ることがあります。この場合、
充電器をテレビ・ラジオから離すか、別のコンセントを使用してくだ
さい。
・リチウムイオン電池は、電池の温度が 5℃∼ 40℃の間で充電できます。
使用直後で、電池の温度が高い場合、電池の温度が下がるのを待って
充電するため、標準充電時間より長くなることがあります。
・充電しないときは、充電器を電源コンセントから抜いてください。
・電池容量が少ない状態で放置しないでください。
・長期間(6 ヶ月以上)ご使用にならない場合は、充電した状態(充電完
了した状態)で保管してください。
・電池は約 300 回まで充電可能ですが、実際の寿命は使用条件により異
なります。充電できなくなったときが、
電池(本体)の寿命となります。
18
準 備
■結束バンドの取外し
結束バンドを切断する際は、ハサミ等を使用し、けがのないように注意
してください。
カッターナイフは使用しないでください。
・けがの原因になります。
・ 本機は、スイッチが入らないように
するため、結束バンドを取付けて梱
包しています。ご使用の際は結束バ
ンドを切断してください。
結束バンド
スイッチ
(トリガ)
■ブレードカバーの取外し
使用しないときや持運ぶときは、ブレードカバーを取付けてください。
・ ブレードカバーを取外します。
ブレードカバー
19
使い方
■スイッチの扱い方
警 告
安全上のご注意
・ スイッチ(トリガ)
に指を掛けて運ばないでください。不意な始動による、
けがの原因になります。
・ セフティロックトリガを押込んだ状態で固定しないでください。
セフティ機構が働かず、けがの原因になります。
・ スイッチを入れる前に近くに人がいないことを確認し、本体をしっかり
持ってください。ブレード
(刃)
には手や顔などを近づけないでください。
けがや事故の原因になります。
主要機能・名称・用途
ブレード(刃)
上
下
スイッチ
(トリガ)
セフティロックトリガ
握ったまま
備
LED ライト
準
固定刃
使い方
1. セフティロックトリガを握って、ロックを解除します。
(このとき、LED ライトが点灯
します。
)
2. セフティロックトリガを握った状態で、スイッチ(トリガ)を引き続けます。
ブレード(刃)が下へ動き、切断を開始します。
3. ブレード(刃)は、固定刃までくると、止まります。
※ 途中で停止したい場合は、スイッチ(トリガ)から手を放してください。ブレード(刃)
が上へ動き、もとの位置に戻ります。
保守と点検
4. スイッチ(トリガ)から手を放すと、
ブレード(刃)が上へ動き、
もとの位置に戻ります。
20
使い方
■ LED ライト
・ LED ライトの光を直接のぞき込んだり、目に当てないでください。
LED ライトの光が連続して目に当たると、目を痛める原因になります。
・ 本機は、生い茂って陰になっている枝を照らす
LED ライトが左右に付いています。
・ セフティロックトリガを握ると点灯し、放すと
消えます。
LED ライト
・ライトレンズ部に付着したゴミは、柔らかい布などでふき取り、キズ
が付かないように注意してください。ライトレンズ部にキズが付くと、
明るさが低下する原因になります。
・ライトレンズの清掃は、ガソリン、シンナーなどを使用しないでくだ
さい。レンズを傷めます。
21
■過負荷保護機能
・ 本機には、ブレードに過剰な負荷がかかると、自動的に運転動作を停止する機能(過
負荷保護機能)を搭載しています。
過負荷保護機能がはたらいた場合の現象と処置は以下の通りです。
スイッチ(トリガ)を引いた状態でも
完全に切断出来ず、ブレードがもとの
位置にもどる。
(枝径が大きい場合などに)
一度、
スイッチ(トリガ)から手を放し、
再度スイッチを入れてください。
(枝がかみ込んでいる場合は、枝を取り
除いて、スイッチを入れてください。
)
ブレードが枝にかみ込んだまま、途中
で停止する。
一度、スイッチ(トリガ)から手を放
してください。ブレードがもとの位置
にもどります。
再度スイッチを入れてください。
(枝がかみ込んでいる場合は、枝を取り
除いて、スイッチを入れてください。
)
主要機能・名称・用途
処 置
安全上のご注意
現 象
備
準
■温度保護機能
使い方
・ 連続・過負荷状態などの使用時に電池温度が高くなり、モーターが停止する場合が
あります。これは、温度保護機能によるものであり、故障ではありません。
本体(電池)を冷却してください。
保守と点検
22
使い方
■ブレードの取外し、取付け
・ セフティロックトリガおよびスイッチ(トリガ)に指を掛けないでくだ
さい。不意な始動による、けがの原因になります。
・ ブレードの取外し、取付けには、手袋・ウエスなどで手を保護してから
行なってください。不用意に扱うと、けがの原因になります。
(取外し)
1. ブレード(刃)と固定刃が完全に開いた
状態になっているか確認します。
2. 刃物交換レバーを矢印方向に止まるまで
動かします。
刃物交換
レバー
ブレード
(刃)
3. ブレード(刃)を矢印方向に引き抜きます。
ブレード
(刃)
刃物交換
レバー
23
固定刃
固定刃
(取付け)
4. 新しいブレード(刃)を矢印方向に
「カチッ」と音がするまで差し込みます。
安全上のご注意
ブレード
(刃)
固定刃
主要機能・名称・用途
ブレード
(刃)
5. 刃物交換レバーを元の位置へ戻します。
備
準
刃物交換
レバー
ブレード
(刃)
固定刃
使い方
保守と点検
24
使い方
■剪定作業
・ 使用中は、本体の先端部分やブレード(刃)に、手や顔を近づけないで
ください。けがの原因になります。
・ 使用中は、枝を保持する手に注意して作業してください。
誤って挟むと、切断などけがの原因になります。
・ セフティロックトリガを押込んだ状態で固定しないでください。
セフティ機構が働かず、けがの原因になります。
・ 作業する箇所に電線などがないことを作業前に確認してください。
電線などがあると、ブレード(刃)が触れ、感電のおそれがあり、事故
の原因になります。
・ 枝や異物が挟まり、ブレードが止まった場合、必ずスイッチ(トリガ)
およびセフティロックトリガから手を放して、ブレードが停止している
ことを確認してから異物を取り除いてください。
・ 雨の中での作業や雨上がり、水やり(散水)直後のぬれた枝の剪定はし
ないでください。
感電のおそれがあり、事故の原因になります。
・ 作業前に切りやすい小枝などを切り、十分になれてから作業を行なって
ください。
・ 最大切断枝径以上の枝は切断しないでください。
・ 作業中は、けがの発生を防ぐため手袋を着用してください。
・ モーターがロックする、または機械が停止するような負荷を本体に与え
ないでください。
・ 連続して使用したときは、本体が熱を持ち熱くなります。特に先端の金
属部は熱くなりますので、不用意に触れないでください。
・ 切れ味が悪くなったブレード(刃)は、交換をおすすめします。
切れないブレード(刃)での作業は、けがを負うおそれがあるとともに、
電池の消耗を早めます。
25
●枝の切り方
主要機能・名称・用途
・ 枝は1本ずつ挟んで剪定します。
安全上のご注意
・片方の手で本体を持ち、もう片方の手で切断する枝を持ってください。
その際、手と切断位置の間に視界を遮るものがないようにしてください。
・切断したい枝の位置をブレード(刃)で挟み、剪定を行なってください。
・枝の切断が終われば、スイッチ(トリガ)を放し、ブレード(刃)が元
の位置に戻ったことを確認してから、次の剪定作業に移ってください。
備
準
・ 外芽(先端が幹と逆の方向に向いている
芽)を残すように剪定します。
内芽
使い方
ここで切る
外芽
外芽
保守と点検
幹
26
使い方
・ 芽から約 5mm の位置を目安に、芽と
同じ方向に 45°
の角度で剪定します。
45
約 5mm
向
方
の
芽
・幹の根元や地下茎から生えた枝を切る
ために、ブレード(刃)を地面に突き
刺さないでください。
27
●剪定目安表
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ナンテン
アジサイ
コデマリ
ツバキ
カナメモチ
マツ
安全上のご注意
ウメ
カイズカイブキ
ウバメガシ
キンモクセイ
※ この表は一般的な剪定時期です。天候や地域により剪定時期は異なります。
主要機能・名称・用途
ベニカナメモチ
備
準
使い方
保守と点検
28
保守と点検
・ 保守、点検、部品交換などのお手入れの前には、必ずスイッチを切って
ください。不意な始動によるけがの原因になります。
■ブレードについて
・ブレードは常に切れ味の良いものを使用してください。切れないブレードを使用すると
作業の効率が悪いばかりでなく、モーターが過負荷状態になり、故障の原因になります。
■各部取付けネジの点検
・ ネジなどのゆるみがないか、確認してください。もし、ゆるみがある場合は締直してく
ださい。
■使用後の手入れ
・ 本体は、乾いた布・せっけん水をつけた布などでふきとり、汚れを落としてください。
・ ガソリン、シンナー、石油などでの清掃は本体をいためます。また、水洗いは絶対にし
ないでください。
■作業後の保管
・ ブレードカバーを取付け、高温にならない乾燥した場所に保管してください。
お子さまの手の届く範囲や落下のおそれのあるところはさけてください。
・本体(電池)を長期間保管する場合は下記のことに注意してください。
a. リチウムイオン電池は、充電状態で保管すること。
b. 6 ケ月に一度は充電すること。
c. 高温は避けること。特に 45℃以上の場所での長期保管は禁止する。
d. ー 20℃以下で保管しないこと。
e. 熱源の近くや直射日光の当たる場所で保管しないこと。
f. 結露するような温度変化が大きい場所に保管しないこと。
g. 湿度が高い場所に保管しないこと。
h. 水を付着させないこと。
i. 低湿度の乾燥した場所で保管すること。
j. 運搬・移動時において、落下、大きな振動を与えないこと。
k. 短絡を防ぐため金属物に接触させないこと。
l. 保管する際は、必ず充電器から取外して保管すること。
29
■修理について
・ 本機は厳密な管理の元で製造されています。もし正常に作動しなくなった場合には、
お買い上げの販売店にご用命ください。
その他、部品ご入用の場合、あるいは取扱い上ご不明な点、ご質問などご遠慮なくお問い
合わせください。
安全上のご注意
主要機能・名称・用途
備
準
使い方
保守と点検
30
故障かなと思ったら
故障かなと思われましたら、次のチェックリストにそって点検を行なってください。
症状
原因
処置
電源プラグが電源コンセン 電源プラグを電源コンセン
トから抜けていませんか。
トにさし込んでください。
充
電
に
つ
い
て
本
体
に
つ
い
て
充電ランプが
点灯しない。
本体の充電器プラグさし込 本体の充電器プラグさし込
み口に充電器のプラグがさ み口にしっかりさし込んで
し込まれていますか。
ください。
本体の充電器プラグさし込 本体の充電器プラグさし込
み口に異物が入り、接触不 み口から異物を取除いてく
ださい。
良を起こしていませんか。
充電してもフル充電
しない、またはフル
電池(本体)の寿命です。
充電しても使用時間
が短い。
お買い上げの販売店にご相
談ください。
スイッチ(トリガ)を
電池の残量がありますか。
引いても作動しない。
電池を充電してください。
動かない。
必ずスイッチ(トリガ)か
過剰な負荷がかかっていま
ら手を放してください。 せんか。
ブレード(刃)がもとの位
(過負荷保護機能が作動して
置に戻ります。再度始動し
いませんか。
)
てください。
連続作業で本体が熱くなっ 本体(電池)を冷却してく
ていませんか。
(温度保護機 だ さ い。 し ば ら く 待 っ て、
能が作動していませんか。
) 再度始動してください。
切れ味が悪くなったブレー
ブレード(刃)の切れ味が
ド(刃)は、交換をおすす
悪くなっていませんか。
めします。
剪定がきれいにでき ブレード(刃)が古くなっ 新しいブレード(刃)に交
ない。
換してください。
ていませんか。
能力以上の枝径を切ろうと 最大切断枝径は 12mm 以下
していませんか。
にしてください。
※これらの点検を行なっても正常に作動しない場合は、お買い上げの販売店にご相談
ください。
31
安全上のご注意
主要機能・名称・用途
備
準
使い方
保守と点検
32
NOTE
33
34
持込修理
充電式剪定ばさみ 保証書
リョービ 充電式剪定ばさみをお買い上げいただきましてありがとう
ございます。
本書はお買い上げ日から下記保証期間中に故障が発生した場合に、
本書記載内容で無料修理を行なうことをお約束するものです。
詳細は下記をご参照ください。
モデル名
BSH-120
レシート貼付
製造番号
お客様
お名前
ご住所 〒
電話 ( )
お買い上げ日
平成 年 月 日 保証期間(お買い上げ日より)
1年 販売店
取扱販売店名・住所・電話番号
印
無料修理規定
1. 取扱説明書、本体貼付ラベルなどの注意書に従った使用状態で保証期
間内に故障した場合には、無料修理をさせていただきます。
(イ)無料修理をご依頼になる場合には、お買い上げの販売店に商品と
本保証書をご持参ご提示いただき、お申し付けください。
2. ご転居、贈答品等で本書に記入してあるお買い上げの販売店に修理がご
依頼になれない場合には、リョービ販売営業所にお問い合わせください。
3. 保証期間内でも次の場合には原則として有料にさせていただきます。
(イ)使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障または損傷。
(ロ)お買い上げ後の落下、引越し、輸送などによる故障または損傷。
(ハ)業務用およびそれに準ずる使用をされて生じた故障または損傷。
(ニ)本書のご提示がない場合。
(ホ)本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記入または、お
買い上げ年月日、販売店名を証する物(レシートなど)の添付の
ない場合、あるいは字句を書き換えられた場合。
(ヘ)付属品、別販売品や消耗品類の場合。
4. 本書は日本国内においてのみ有効です。
(This warranty is valid only for Japan.)
5. 本書は再発行いたしませんので紛失しないよう大切に保存してください。
お客様の個人情報は、上記の目的以外には、一切使用いたしません。
〒468-8512
愛知県名古屋市天白区久方1-145-1
TEL.(052) 806 - 5111
■修理メモ
●この保証書は本書に明示した期間、条件の
もとにおいて無料修理をお約束するもので
す。従ってこの保証書によってお客様の法
律上の権利を制限するものではありません
ので、保証期間経過後の修理などについて
ご不明の場合は、お買い上げの販売店に
お問い合わせください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement