Vaisala HMT100 User manual

Vaisala HMT100 User manual
取扱説明書
Vaisala HUMICAP® 湿度温度変換器
HMT100
M210701JA-C
発行
ヴァイサラ株式会社
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂 6 丁目 42 番地
電話:
03-3266-9611
ファックス: 03-3266-9610
ホームページ:http://www.vaisala.co.jp/
ⓒ Vaisala 2008
本取扱説明書のいずれの部分も、電子的または機械的手法(写真複写も含む)であろ
うと、またいかなる形式または手段によっても複製してはならず、版権所有者の書面に
よる許諾なしに、その内容を第三者に伝えてはなりません
本取扱説明書の内容は予告なく変更されることがあります。
本取扱説明書は、顧客あるいはエンドユーザーに対してヴァイサラ社を法的に拘束す
る義務を生じさせるものではないことをご承知ください。法的に拘束力のあるお約束あ
るいは合意事項はすべて、該当する供給契約書又は販売条件書に限定して記載され
ています。
________________________________________________________________________________
目次
第1章
一般情報.......................................................................................................... 5
この取扱説明書について ............................................................. 5
バージョン情報 ....................................................................... 5
関連マニュアル....................................................................... 5
安全にお使いいただくために................................................... 6
フィードバック .......................................................................... 6
製品関連の安全上の注意事項 .................................................... 6
ESD保護 ..................................................................................... 7
リサイクル.................................................................................... 7
商標 ............................................................................................ 8
ライセンス契約............................................................................. 8
保証 ............................................................................................ 9
第2章
製品概要........................................................................................................ 11
HMT100 湿度温度変換器について ............................................. 11
固定およびセパレートプローブモジュール.............................. 12
表示ディスプレイ................................................................... 12
HMT100 変換器の構成 ........................................................ 13
第3章
設置 ............................................................................................................... 15
取り付け .................................................................................... 15
壁面取り付け........................................................................ 15
プラスチック製壁面取り付けプレート(同梱)...................... 15
アルミ製壁面取り付けプレート(オプション)....................... 16
レインシールドを用いた設置.................................................. 17
ラジエーションシールドの取り付け ......................................... 18
ダクト取り付けキット .............................................................. 19
ダクト取り付けキットを付けたプローブの設置 ................... 20
ダクト取り付けキット用の孔あけ ....................................... 21
結線 .......................................................................................... 22
第4章
メンテナンス ................................................................................................... 25
HUMICAP® センサの交換 ......................................................... 25
VAISALA_____________________________________________________________________ 1
取扱説明書 _______________________________________________________________________
固定式プローブモデル ..........................................................25
セパレート式プローブモデル ..................................................25
プローブの取り付けと取り外し ....................................................26
固定式プローブモデル ..........................................................26
セパレート式プローブモデル ..................................................27
校正と調整.................................................................................28
プッシュボタンを使用した相対湿度調整 .................................28
HM70 を使った調整 ..............................................................29
校正済み標準プローブを使っての現場チェック..................30
校正器を使った 1 点調整 .................................................31
校正器を使った 2 点調整 .................................................32
LiCl-NaClによる 2 点調整................................................33
校正された基準プローブを使用した温度現場確認と調整 ..34
HMI41 を使った調整 .............................................................35
校正器の接続と選択........................................................36
オフセット調整とゲイン調整 ..............................................37
HMI41 を標準器として使用 .........................................38
HMI41 を端末器として使用 .........................................39
トラブルシューティング......................................................40
アナログ出力テスト.....................................................................41
第5章
トラブルシューティング.....................................................................................43
エラーモード ...............................................................................43
電流出力 ..............................................................................43
電圧出力 ..............................................................................43
技術サポート..............................................................................43
修理返送時の手順 .....................................................................44
ヴァイサラサービスセンター ........................................................44
第6章
技術情報 ........................................................................................................47
仕様...........................................................................................47
寸法(mm) ..................................................................................51
図リスト
図1
図2
図3
図4
図5
図6
図7
図8
HMT100 構成 ............................................................................13
プラスチック製 壁面取り付けプレート ..........................................15
アルミ製取り付けプレートとプラスチック製壁面取り付けプレート ..16
HMT100 をレインシールド付きで取り付け...................................17
プローブ/ラジエーションシールドをポールに取り付け ...................18
ダクト取り付けキットを用いたプローブの設置 ..............................19
ダクト取り付けキットを用いたプローブの設置 ..............................20
孔あけ指示事項 .........................................................................21
2 ________________________________________________________________ M210701JA-C
________________________________________________________________________________
図9
図 10
図 11
図 12
図 13
図 14
図 15
図 16
図 17
図 18
図 19
図 20
HMT100 接続ボード .................................................................. 22
(1) 絶縁した電流ループの配線 (2) 電圧出力の配線................... 23
プローブの取り外し(固定式プローブモデル) .............................. 26
プローブの取り外し(セパレート式プローブモデル)...................... 27
調整ボタン ................................................................................. 28
MI70 プローブとケーブルの接続ポート ....................................... 30
MI70 調整メニューの例 .............................................................. 31
MI70 調整モードのグラフディスプレイの例.................................. 32
HMI41 の校正コネクター位置..................................................... 35
温度測定の精度 ........................................................................ 48
HMT100 固定式プローブタイプの寸法 ....................................... 51
HMT100 セパレート式タイプの寸法............................................ 52
表リスト
表1
表2
表3
表4
表5
表6
表7
表8
表9
表 10
表 11
表 12
取扱説明書の改訂....................................................................... 5
関連マニュアル ............................................................................ 5
結線表....................................................................................... 23
調整時のエラーメッセージと対処 ................................................ 40
相対湿度 ................................................................................... 47
温度 .......................................................................................... 47
露点温度(演算値)..................................................................... 48
露点温度測定の精度 ................................................................. 48
使用環境 ................................................................................... 48
出力と入力 ................................................................................ 49
一般仕様 ................................................................................... 49
オプションとアクセサリ................................................................ 50
VAISALA_____________________________________________________________________ 3
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
4 ________________________________________________________________ M210701JA-C
第 1 章 ____________________________________________________________________ 一般情報
第1章
一般情報
この章は、本取扱説明書と製品に関する一般的な説明です。
この取扱説明書について
この説明書は、HMT100 湿度温度変換器の設置、操作、メンテナン
スについて説明しています。
バージョン情報
表1
取扱説明書の改訂
マニュアルコード
M210701JA-A
M210701EN-B
M210701JA-C
内容
2005 年 6 月 –初版
2006 年 6 月 – 結線表(表 3)
2007 年 5 月 - 製品概要、図 9 アップデート、ダクト
取り付けキット注文コード変更。メンテナンスの章に
調整手順を追加。
関連マニュアル
表2
関連マニュアル
マニュアルコード
M210185EN-B
M210297EN-C
M210316EN-A
マニュアル名
校正器 HMK15 取扱説明書
ハンディータイプ湿度温度計 HM70 取扱説明書
HMI41 指示計及び HMP41/45/46 プローブ操作説
明書
VAISALA_____________________________________________________________________ 5
取扱説明書 _______________________________________________________________________
安全にお使いいただくために
この取扱説明書を通じて、重要な安全配慮事項が以下のように特記
されています。
警 告
警告は非常に重大な危険事態を示しています。もしも、正しい実行
方法に戻さなかったり、そのままに放置しておくと、人身に損傷を及
ぼしたり死亡に至る結果の生じかねない、手順、実施法、動作条件
に対する注意を促しています。
注 意
注意は危険な事態を示します。もしも、正しい実行方法に戻さなか
ったり、そのままに放置しておくと、製品が劣化したり破損に至るよう
な、手順、実施法、動作条件に対する注意を促しています。
注 記
注記は重要な情報を強調しています。基本的な手順、実施法、動作
条件に対する注意を促しています。
フィードバック
取扱説明書の内容/構成と使い易さについて皆様からのコメントや提
案をお待ちしています。もし間違いや改善への提案がありましたら、
該当する章、セクション、ページ番号を下記までe-mailでお知らせい
ただければ幸いに存知ます。[email protected]
製品関連の安全上の注意事項
お届けした湿度温度変換器 HMT100 は、工場出荷状態で安全試験
が実施され、承認されています。以下の注意事項にご留意ください。
注 意
ユニットを改造してはいけません。不適正な改造は、製品にダメージ
を与え、故障させる恐れがあります。
6 ________________________________________________________________ M210701JA-C
第 1 章 ____________________________________________________________________ 一般情報
ESD 保護
静電気放電(ESD)は、電子回路を破損させる可能性があります。ヴ
ァイサラ製品は ESD に対する十分な保護がとられています。しかしな
がらハウジング内部に触れたり、部品を取外したり、挿入する際に静
電気放電が生じて製品が損傷する可能性があります。
取扱者自身が高圧静電気を与えることのないように、注意して慎重
に扱ってください。
- ESD に敏感な部品やユニットは、適切に接地して ESD 保護対策
を施された作業台の上で取り扱ってください。これができない場合
は、基板に触れる前に、取扱作業者自信が筐体に触れて接地し
てください。導電性のストラップコード付きリストバンドを身に付けて
作業者自身をアースしてください。これらのいずれもできない場合
は、基板に触れる前に、触れていないほうの手で筐体の導電性の
ある金属部分に触れてください。
- 基板を扱う際は、常に縁の部分を持ち、部品の実装された表面に
触れないようにしてください。
リサイクル
可能な材料すべてをリサイクルしてください。
バッテリーおよびユニット製品は法定規則に従って廃棄してくださ
い。一般ゴミと一緒にして廃棄してはいけません。
VAISALA_____________________________________________________________________ 7
取扱説明書 _______________________________________________________________________
商標
HUMICAP® はヴァイサラ社の登録商標です。
ライセンス契約
ソフトウェアに関するすべての権利はヴァイサラ社または第 3 者によ
って保持されています。ユーザーは、販売契約あるいはソフトウェア
ライセンス契約が適用される範囲において、ソフトウェアを使用するこ
とができます。
8 ________________________________________________________________ M210701JA-C
第 1 章 ____________________________________________________________________ 一般情報
保証
ヴァイサラ社は、特定の保証が与えられた製品を
除き、ヴァイサラ社によって製造され、販売された
全ての製品に、納入日より 12 カ月間、製造上ある
いは材料上の欠陥がないことを表明し、保証しま
す。ただし製品が、本書に定める期間内に製造上
の欠陥があることを証明された場合、ヴァイサラ社
は、その他の救済方法によることなく、欠陥製品ま
たは部品を修理するか、あるいは自らの裁量にお
いて、元の保証期間を延長することなく元の製品
または部品と同じ条件の下に製品または部品を無
償で交換します。本条項に従って交換された欠陥
部品は、ヴァイサラ社が任意に処理いたします。
a) 正常な消耗、または切り裂き、または事故
また、ヴァイサラ社は、販売された製品について従
業員が行ったすべての修理およびサービスの品
質についても保証します。修理またはサービスに
不十分な点または不具合があって、サービス対象
製品の誤動作または動作不良を引き起こした場合、
ヴァイサラ社の裁量において当該製品を修理また
は交換します。当該修理または交換に関する当社
従業員の作業は無償です。このサービス保証は、
サービス対策が完了した日から 6 カ月間有効です。
d) ヴァイサラ社の事前承認を得ずに行った製品
の改造または変更と、部品追加。
ただし、本保証は、次の条件に従います。
a) 申し立てられた欠陥に関する具体的な書面に
よる請求が、欠陥または故障が判明または発
生してから 30 日以内にヴァイサラ社によって受
領されること。および、
b) ヴァイサラ社が製品の点検修理または交換を
現場で行うことに同意しない限り、申し立てられ
た欠陥製品または部品は、ヴァイサラ社の要求
により、ヴァイサラ社の工場またはヴァイサラ社
が文書で指定するその他の場所に、適切に梱
包され、輸送料および保険料が前払いされ、
適切な宛名ラベルを付けて送付されること。
b) 製品の誤使用または不適当な、または未許可
の使用、あるいは製品または部品の不適切な
保管、保守または取り扱い。
c) 製品の誤った設置、組み立て、整備不良、また
はヴァイサラ社の修理、設置、組み立てを含む
点検整備手順の不履行、ヴァイサラ社が認め
ていない無資格者による点検整備、ヴァイサラ
社によって製造または供給されていない部品
への交換。
e)顧客または第三者の影響によるその他の要因。
上記条項に述べたヴァイサラ社の責任にかかわら
ず、顧客により加えられた材料、設計または指示
に起因する不具合については適用されません。
本保証は、以上に限定されていないところの、商
品性または特定の目的への適合に関する暗黙の
保証を含め、法律または制定法に基づく明示また
は暗黙のそのすべての条件、保証および責任と、
この取り決めに従って供給された製品に適用する
または製品から直接または間接的に生じた欠陥ま
たは不良に関するヴァイサラ社または代理人のそ
の他すべての義務と責任を除外します。当該義務
と責任は、これによって明示的に無効であり、放棄
されています。
ヴァイサラ社の責任は、いかなる場合にも、保証対
象製品の請求書記載価格を超えることはありませ
ん。また、いかなる事情があっても失われた利益あ
るいは直接的、間接的に生じた結果的な損失、あ
るいは特殊な損害に対して責任を負いません。
ただし、本保証は、以下を原因とする欠陥には適
用しません。
VAISALA_____________________________________________________________________ 9
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
10 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 2 章 ____________________________________________________________________ 製品概要
第2章
製品概要
本章では湿度温度変換器 HMT100 の特徴についてご説明します。
ヴァイサラの湿度測定計器は、換気用から爆発の恐れのある要件の
厳しいプロセス制御用に至る、広い用途に対応しています。その他
のヴァイサラ相対湿度計については、ご購入いただいたヴァイサラ製
品取扱会社にご連絡ください。
HMT100 湿度温度変換器について
ヴァイサラ HUMICAP®湿度センサを備えた湿度温度変換器
HMT100 は、相対湿度、温度および露点を測定します。入力電源は
10∼35 VDC で、出力は 4∼20mA、0∼1V、 0∼5V あるいは 0∼
10V のいずれかのアナログ信号です。
HMT100 変換器は、ご注文時に下記組み合わせの出力項目を選ぶ
ことができます。
- 湿度出力のみ
- 露点出力のみ
- 湿度および温度出力
- 露点および温度出力
出力単位とアナログ信号タイプは、工場出荷時に設定されます。お
客様自身では変更できません。
VAISALA _______________________________________________________________________ 11
取扱説明書 _______________________________________________________________________
次のアクセサリーをオプションでご利用いただけます。
- 壁面取り付けプレート(アルミ製)
- ダクト取り付けキット
- レインシールド付き取り付けキット
- ラジエーションシールド付き取り付けキット(ポール取り付け)
固定およびセパレートプローブモジュー
ル
HMT100 は固定タイプ(0.1mケーブル付)か、あるいはセパレートタイ
プのプローブを選ぶことができます。セパレートタイプのケーブル長
は 3m、5m、10 mから選べ、さらにアクセサリーの 10m延長ケーブル
も利用可能です。50ページの オプションとアクセサリにある 表 12を
参照してください。
HMT100 変換器のプローブ HMP100 は互換性があります。プローブ
の取り外し取り付けは手軽に実施できます。新しいプローブに交換し
ても変換器の調整は必要ありません。
表示ディスプレイ
HMT100 は、測定値を表示するディスプレイをオプションで選ぶこと
ができます。表示項目は、ご注文時の指定した出力項目に合わせた
単位で、測定結果を示します。表示項目は一つずつ順に示されます。
電圧出力タイプの場合は、ディスプレイのバックライトを変換器基板
上のジャンパーでオン/オフできます。電流出力タイプの場合は、バッ
クライトは使用できません。
12 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 2 章 ____________________________________________________________________ 製品概要
HMT100 変換器の構成
以下の図は、HMT100 の機器構成です。写真内の左側にある機器
は、ディスプレイなしセパレート式プローブモデルです。右側はオプ
ションディスプレイ付き固定式プローブタイプです。
0603-048
図1
HMT100 構成
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
4
5
=
=
=
=
=
変換器ハウジング:変換器カバー
プローブキャップ
プローブケーブル
HMP100 プローブ
フィルター
VAISALA _______________________________________________________________________ 13
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
14 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 3 章 _______________________________________________________________________ 設置
第3章
設置
取り付け
壁面取り付け
プラスチック製壁面取り付けプレート(同梱)
1.
2 本のネジでプレートを壁面に取り付けます。
2.
取り付けプレートの左右のレールに沿って変換器を滑らせ、下
へ押し下げます。
0505-171
図2
プラスチック製 壁面取り付けプレート
VAISALA _______________________________________________________________________ 15
取扱説明書 _______________________________________________________________________
アルミ製壁面取り付けプレート(オプション)
1.
アルミ製プレートを壁面に取り付けます。
2.
プラスチック製プレート(同梱)をアルミ製プレートに 2 本のネジ
で取り付けます。
3.
プラスチック製プレートの左右のレールに沿って変換器を滑ら
せ、下へ押し下げます。
0505-339
図3
アルミ製取り付けプレートとプラスチック製壁面取り付
けプレート
番号は上の番号に対応しています。
1
2
=
=
プラスチック製壁面取り付けけプレート(同梱)
アルミ製壁面取り付けプレート(オプションのアクセサリー)
16 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 3 章 _______________________________________________________________________ 設置
レインシールドを用いた設置
設置キット付きのレインシールドには金属製の取り付けプレートと変
換器用のレインシールドが含まれています。注文コード: 215109
0505-340
図4
HMT100 をレインシールド付きで取り付け
1.
金属プレートを壁面あるいはポールにネジで締め付けます。(
図 4参照) 取り付けプレートの矢印に注意してください。 矢印
が示す方向を上にして取り付けます。
2.
プラスチック製プレート(同梱)を金属プレートに 3 本のネジで
取り付けます。
3.
プラスチック製取り付けプレートのレールに沿って HMT100 湿
度温度変換器を滑らせ、下へ押し下げて、変換器をプレートに
固定します。
4. 2 本の M6 ネジでレインシールドを金属プレートに取り付けます。
注 記
HMT100 を取り外す際には、先にレインシールドを取り外してくださ
い。
VAISALA _______________________________________________________________________ 17
取扱説明書 _______________________________________________________________________
ラジエーションシールドの取り付け
キットにはラジエーションシールド DTR502 と、湿度プローブ用の取り
付けサポートが含まれています。(注文コード:DTR502B)すでに
DTR502 シールドをお持ちでプローブ取り付けサポートのみ必要な
場合は、注文コード:210623 にてご注文下さい。
1.
2 本の結束バンドでプローブを組み付けサポートに取り付けま
す。(図 5のitems 3 と 4)
2.
サポートをラジエーションシールドに挿入し、プラスチックナット
を締め込んで固定します。(図 5のitem 2)
3.
Uボルトとサポートアームを用いて、ラジエーションシールド/
プローブのアッセンブリー全体をポールマスト(直径: 30∼60
mm)に取り付けます。図 5を参照。
1
6
2
5
3
4
0505-248
図5
プローブ/ラジエーションシールドをポールに取り付け
番号は上の図に対応しています。
1 =
2 =
3, 4 =
5 =
DTR502
プラスチックナット
ケーブルタイ
アダプターDRW212054 (取り付けサポート)
18 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 3 章 _______________________________________________________________________ 設置
番号は上の図に対応しています。
6
=
プローブ
ダクト取り付けキット
ダクト取り付けキットにはフランジ付きのプラスチックパイプが含まれ
ています。(注文コード:215619)プローブをダクト取り付けキットを用
いて設置するためには、ダクトの壁面に孔をあけます。プローブをダ
クト取り付けキットに組み付け、孔からプローブをパイプごと挿し込み、
フランジをダクト壁面に 4 個のネジで取り付けます。詳細については
20 と 21 ページをご覧下さい。
24
1
L
0505-176
図6
ダクト取り付けキットを用いたプローブの設置
番号は上の図に対応しています。
1
=
固定ネジ
挿入長 L は、ダクト径に応じて適正位置に調整する。
VAISALA _______________________________________________________________________ 19
取扱説明書 _______________________________________________________________________
ダクト取り付けキットを付けたプローブの設置
1
2
3
0505-177
図7
ダクト取り付けキットを用いたプローブの設置
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
=
=
=
HMP100
ダクト取り付けキット
プローブケーブル
1.
ダクト取り付けキットのプラスチックパイプ゚にプローブケーブル
を通します。
2.
プローブケーブルをプローブ HMP100 に接続します。
3.
プローブアッセンブリーをダクトに取り付けます。
20 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 3 章 _______________________________________________________________________ 設置
ダクト取り付けキット用の孔あけ
.2
Ø3
42
4
Ø2
3
2
1
0505-178
図8
孔あけ指示事項
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
=
=
=
取り付けネジ
固定ネジ
ダクト取り付けキットのプラスチックパイプに付けた HMP100
以下のようにダクトに孔を開けます。
1.
24 mm のドリルビットを用いて、ダクト壁面にプローブ挿入用の
孔をあけます。
2.
取り付けネジ用に、上記の孔の周りに真四角に、42 mm の間
隔で孔をあけます。取り付けネジ用には 3.2 mm のドリルを使
用します。(ST4.2×16-C-Z DIN 7981 ネジ、4 個)
VAISALA _______________________________________________________________________ 21
取扱説明書 _______________________________________________________________________
結線
0505-179
図9
HMT100 接続ボード
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
4
5
6
7
=
=
=
=
=
=
=
サービスポート
調整ボタン
接続ジャンパー(ユーザー調整不可)
オプションディスプレイ
ケーブル接続端子
プローブ接続コネクタ
バックライト切替用ジャンパー(電圧出力タイプのみ)
1.
変換器カバーのネジを外して、カバーを開けます。
2.
変換器の底にあるケーブルブッッシングから電源ケーブルと信
号ケーブルを通して入れます。
22 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 3 章 _______________________________________________________________________ 設置
3.
注 記
図 10および 表 3に示されているようにケーブルを接続します。
ご注文時に指定された出力タイプ(2 線式の電流出力/3 線式
の電圧出力)に応じた結線にしてください。
電流出力で使用している場合は、両チャンネルはそれぞれ用の電
源供給を必要とします。CH1 が主となる出力なので、CH2 のみが接
続された場合は、変換器は動作しません。
4.
カバーを閉め、カバーのネジを締めます。電源を投入すれば
変換器は直ちに動作します。
0704-064
図 10
(1) 絶縁した電流ループの配線 (2) 電圧出力の配線
表3
結線表
端子
1
2
3
4
5
6
7
電流出力
(2 線式、CH2 絶縁)
CH1+ (信号および電源供給+)
CH1- (信号および電源供給 -)
CH1+
CH2+
シールド
電圧出力
(3 線式)
電源供給+
電源供給 CH1+
CH2+
CH- (両チャンネル用)
シールド
表の第1列にある端子番号 1∼7 は、上の 図 10を参照してください。
ご注文時に 2 線式の場合は、図 10の①に従って結線してください。
3 線式の場合は、図 10の②に従って結線してください。
VAISALA _______________________________________________________________________ 23
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
24 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
第4章
メンテナンス
本章は、基本的なメンテナンスについて述べています。
HUMICAP® センサの交換
固定式プローブモデル
1.
プラスチック製プローブカバーの先端部は脱着式です。先端
部を約 1/6 回転、注意深く回して弛めます。プローブカバーの
先端部とプローブのフィルターを取り外します。
2. 中の湿度センサを取り外し、新しい湿度センサを取り付けます。
3.
変換器を調整および再校正します。
4.
センサー寿命と十分な応答速度を保つために、汚れたフィルタ
ーは交換してください。
セパレート式プローブモデル
1.
フィルターを取り外します(プラスチックグリッドまたは焼結金属
フィルター)。
2. 中の湿度センサを取り外し、新しい湿度センサを取り付けます。
3.
変換器を調整および再校正します。
4.
センサー寿命と十分な応答速度を保つために、汚れたフィルタ
ーは交換してください。
VAISALA _______________________________________________________________________ 25
取扱説明書 _______________________________________________________________________
プローブの取り付けと取り外し
固定式プローブモデル
プローブは次のように取り外し、交換します。
1.
プラスチック製のプローブカバーを反時計方向に注
意深く回してゆるめます。
2.
プローブカバーを外します。
3.
プローブのキャップ①を時計回り 45 度回してから
外し、O-リングも外します。
4.
プローブを固定しているスリーブを回して、プローブ
を取り外します。
5.
プローブを交換し、スリーブをねじ込んでプローブ
を正しい位置に固定します。
6.
プローブカバーを元に戻し、回して締めます。
7.
O-リングをプローブカバーに押し込んでプローブと
プローブカバーを固定します。
8.
プローブカバーを元に戻し、回して締めます。
4
3
2
1
0505-181
図 11
プローブの取り外し(固定式プローブモデル)
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
4
=
=
=
=
プローブキャップ
プローブカバー
O リング
HMP100 プローブ
26 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
セパレート式プローブモデル
1.
プローブケーブルとプローブを接続しているスリーブを回してゆ
るめ、プローブを取り外します。
2.
プローブを交換し、スリーブをねじ込んでプローブを正しい位
置に接続します。
1
2
3
0506-006
図 12
プローブの取り外し(セパレート式プローブモデル)
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
=
=
=
プローブケーブル
スリーブ
HMP100 プローブ
VAISALA _______________________________________________________________________ 27
取扱説明書 _______________________________________________________________________
校正と調整
基板上のプッシュボタン操作、あるいは HMI41、HM70 などのポータ
ブル湿度計と比較して HMT100 を校正、調整します。
飽和塩水溶液に対する校正を行なう場合は、校正器キットが必要で
す。HMK15 湿度校正器および計量済みの認定塩類はヴァイサラか
らお求めになれます。詳細についてはお取引のヴァイサラ製品取扱
店にお問い合わせ下さい。
ヴァイサラのサービスセンターでは湿度および温度について校正を
お引き受けします。お問い合わせは、44ページを参照してください。
プローブ HMP100 は取り外して、新しいものと交換できます。元のプ
ローブは、別の変換器本体を使用して調整することができます。
プッシュボタンを使用した相対湿度調整
0505-182
図 13
調整ボタン
2 点の相対湿度標準値:11.3 % RH (LiCl) および 75.5 % RH (NaCl)
を利用して、プッシュボタンで簡単に調整することができます。
調整を行う場合は、以下の手順に従ってください。
1.
プローブカバーとフィルターを取り外します。
2.
変換器のカバーを開けます。
3.
ADJ ボタン(変換器の基板上)を押して、スタートさせます。
LED インジケーター(1 個)が点灯します。
4.
LiCl 塩チャンバーの測定孔にプローブを挿入します。LED イ
ンジケーターが等間隔で点滅します。
28 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
5.
安定した環境で 30 分待ちます。またはインジケーターが点滅
を止めて連続点灯するのを待ちます。これは調整可能な安定
した状態になったことを示します。
6.
11 %状態を調整するために、LiCl 11 % ボタンを押します。こ
れで変換器は通常の作動状態に戻り、LED インジケーターは
消灯します。
7.
75%状態を調整するために、再度 ADJ ボタン(変換器の基板
上)を押します。LED インジケーターが点灯します。
8.
NaCl 塩チャンバーの測定孔にプローブを挿入します。LED イ
ンジケーターが等間隔で点滅を始めます。
9.
安定した環境で 30 分待ちます。またはインジケーターが点滅
を止めて連続点灯して、安定した状態になったことを示すのを
待ちます。
10.
75 %状態を調整するために、NaCl 75 % ボタンを押します。これ
で変換器は通常の作動状態に戻り、LED インジケーターは消
灯します。
11.
フィルターとプローブカバーを元の位置に戻します。
HM70 を使った調整
ポータブル湿度温度計 HM70 を使用して、HMT100 の相対湿度測
定をチェックし、調整することができます。HM70 用接続ケーブル(注
文コード:211339)が必要です。
調整方法は次の 4 つがあり、状況に応じて選ぶことができます。校正
済みの標準プローブを使用して現場でチェックし、調整する方法。校
正器を用いて 1 点調整を行う方法。校正器を用いて LiCl-NaCl で調
整する方法 2 点調整を行う方法。
いずれの方法も以下の第 7 ステップまでを行い、その後は選択した
方法により調整します。
VAISALA _______________________________________________________________________ 29
取扱説明書 _______________________________________________________________________
0505-351
図 14
注 記
MI70 プローブとケーブルの接続ポート
1.
HM70 接続ケーブルをHMT100 の基板上にあるサービスポー
ト・コネクターに接続します。(22ページの 図 9参照)
2.
接続ケーブルの他端を、MI70 指示計の底部にあるコネクター
ポートのいずれかに接続します。(図 14を参照)
3.
両方機器をオンにします(HMT100 がすでにオンであれば、
HM70 をオン)。
4.
変換器の読み値は、接続ケーブルをどのポートに接続したか
によりますが、指示計ディスプレイの上段または中段に表示さ
れます。
5.
調整モードを開くために、HMT100 基板上の ADJ ボタンを押
します。HMT100 の LED インジケーターが点滅を始めます。
調整のために、MI70 指示計を使用できます。MI70 を操作する場
合、急いでボタンを押さないでください。調整が失敗する可能性があ
ります。1 秒程度間隔をあけてボタンを押してください。
6.
調整開始のために OK を押します。
7.
必要に応じて、環境設定をチェックします。環境設定が不要の
場合は NO を押します。RH または T-adjustment を選択しま
す。以降は選択した調整手法の指示に従って進めます。
校正済み標準プローブを使っての現場チェック
30 ページのステップ 1∼7 に続けて以下のように進めます。
8.
2 つのプローブがいずれも同じ条件で置かれていることを確認
し、読み値が安定(30 分以上かかることもあります)するまで待
ちます。プローブの近くいるときは、息がかからないように注意
してください。
30 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
9.
調整を続けるために、ADJUST を押します。
10.
指示計の調整メニューから、To same as RHI/II(RHI/II トオナ
ジ)を選びます。SELECT(センタク)を押します(MI70 はプロー
ブが接続されているポートを自動的に認識します)。
11.
YES(ハイ)を押して、調整を確認します。
12.
調整を終わります。BACK(モドル)および EXIT(オワリ)を押して、
基本画面表示に戻ります。
13.
MI70 指示計の電源をオフにして、接続ケーブルを外します。
校正器を使った 1 点調整
湿度 1 点で変換器を調整する場合は、その湿度が測定環境を代表
するようにご注意下さい。MI70 指示計は、ここでは単に表示器と相
対湿度設定の端末器として使います。
30ページのステップ 1∼7 にに続けて以下のように進めます。
8.
HMT100 のプローブからフィルターを取り外し、プローブヘッド
を湿度標準の中に挿入します。
9.
ADJUST(チョウセイ)を押します。
10.
MI70 指示計の調整メニューから 1-point adjustment(1-ポイント
チョウセイ)を選び、SELECT(エラブ)を押します。
0505-185
図 15
11.
MI70 調整メニューの例
読み値が安定(30 分以上かかることがあります)したら、
READY(OK)を押します。安定状態に至る湿度変化は
GRAPH(グラフ)ディスプレイで見ることができます。
VAISALA _______________________________________________________________________ 31
取扱説明書 _______________________________________________________________________
0505-186
図 16
MI70 調整モードのグラフディスプレイの例
12.
湿度の値を矢印ボタンで入力し、OK(OK)を押します。
13.
YES(ハイ)を押して、調整を確認します。
14.
調整を終わります。BACK(モドル)および EXIT(オワリ)を押して、
基本表示画面に戻ります。
15.
MI70 指示計の電源をオフにし、接続ケーブルを外します。
校正器を使った 2 点調整
2 つの湿度の値の差が、少なくとも 50%以上となるようににしてくださ
い。MI70 指示計は、ここでは単に表示器と相対湿度設定の端末器
として使います。
30ページのステップ 1∼7 に続けて以下のように進めます。
8.
変換器のプローブからフィルターを取り外し、プローブヘッドを
低湿側の中に挿入します。
9.
ADJUST(チョウセイ)を押します。
10.
MI70 指示計の調整メニューから 2-point adjustment(2-ポイント
チョウセイ)を選び、SELECT(エラブ)を押します。
11.
読み値が安定(30 分以上かかることがあります)したら、
READY(OK)を押します。安定状態に至る湿度変化は
GRAPH(グラフ)ディスプレイで見ることができます。
12.
湿度の値を矢印ボタンで入力し、OK(OK)を押します。
13.
低湿側からプローブを取り外し、プローブヘッドを高湿側に挿
入します。
14.
読み値が安定(30 分以上かかることがあります)したら、
READY(OK)を押します。安定状態に至る湿度変化は
GRAPH(グラフ)ディスプレイで見ることができます。
32 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
15.
高湿側の湿度の値(参照値)を矢印ボタンで入力し、OK(OK)
を押します。
16.
YES(ハイ)を押して、調整を確認します(NO(イイエ)を押すと調
整モードディスプレイに戻り、変更は実施されません)。2 つの
標準湿度の差が 50%RH 以下の場合は、調整は実施できませ
ん。
16.
調整を終わります。BACK(モドル)および EXIT(オワリ)を押して、
基本表示画面に戻ります。
17.
MI70 指示計の電源をオフにし、接続ケーブルを外します。
LiCl-NaCl による 2 点調整
この調整方法は、相対湿度が 11.3 %RH の塩化リチウム (LiCl) と
75.5 % RH の塩化ナトリウム(NaCl)を使用して行います。
30 ページのステップ 1∼7 に続けて以下のように進めます。
8.
変換器のプローブからフィルターを取り外し、プローブヘッドを
LiCl チャンバーの中に挿入します。
9.
ADJUST(チョウセイ)を押します。
10.
MI70 調整メニューから LiCl-NaCl を選び、SELECT(エラブ)を
押します。OK(OK)を押して、標準の値を説明する注記を受け
入れます。
11.
塩化リチウム(LiCl)チャンバーで読み値が安定(30 分以上か
かることがあります)したら、READY(OK)を押します。安定状
態に至る湿度変化は GRAPH(グラフ)ディスプレイで見ることが
できます。
12.
塩化リチウム(LiCl)チャンバーからプローブを取り外し、プロー
ブヘッドを塩化ナトリウム(NaC)チャンバーに挿入します。
13.
塩化ナトリウム(NaCl)チャンバーで読み値が安定(30 分以上
かかることがあります)したら、READY(OK)を押します。安定
状態に至る湿度変化は GRAPH(グラフ)ディスプレイで見ること
ができます。
14.
YES(ハイ)を押して、調整を確認します(NO(イイエ)を押すと調
整モードディスプレイに戻り、変更は実施されません)。
15.
調整を終わります。BACK(モドル)および EXIT(オワリ)を押して、
基本表示画面に戻ります。
VAISALA _______________________________________________________________________ 33
取扱説明書 _______________________________________________________________________
16.
MI70 指示計の電源をオフにし、接続ケーブルを外します。
校正された基準プローブを使用した温度現場確認と調整
30ページのステップ 1∼7 に続けて以下のように進めます。
注 記
8.
2 つのプローブがいずれも同じ条件で置かれていることを確認
し、読み値が安定(30 分以上かかることもあります)するまで待
ちます。プローブの近くいるときは、息がかからないように注意
してください。
9.
ADJUST(チョウセイ)を押します。
10.
指示計の調整メニューから、To same as TII/I(TII/I トオナジ)を
選びます。SELECT(センタク)を押します(MI70 はプローブが接
続されているポートを自動的に認識します)。
11.
YES(ハイ)を押して、調整を確認します。
基準プローブと HMT100 の温度差があまりにもある場合は、調整を
行うことが出来ません。HM70 にその通知が出た場合は、ヴァイサラ
サービスセンターにご連絡下さい。
12.
調整が完了しました。BACK(モドル)および EXIT(オワリ)を押し
て、基本表示画面に戻ります。
13.
MI70 指示計の電源をオフにし、接続ケーブルを外します。
34 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
HMI41 を使った調整
指示計 HMI41 と HMP41/45/46 プローブを使って、HMT100 の湿度
測定をチェックし、調整することができます。HMI41 接続ケーブル
(注文コード:25917ZZ)が必要です。
調整モードはオフセット(低湿側)1 点調整、ゲイン(高湿側)1 点調整、
2 点調整の 3 種類があります。いずれも HMI41 を標準器として使用
することも、変換器の表示設定用の端末器として使うこともできます。
オフセットとゲインの 1 点調整は同じ方法で行われ、違いは内部の
演算処理のみです。標準とする湿度が 65%よりも低い場合はオフセ
ット調整を選択し、65%以上の場合はゲイン調整を選択します。2 点
調整はオフセットとゲインの両方の補正を含んでいますので、1 点調
整よりも正確です。2 点調整を実行する際は、2 点の湿度が少なくと
も 50%以上離れていることが必要です。
HMI41 指示計を HMT100 に接続し、各調整方法に共通の準備操
作を行い、引き続いて、それぞれの調整方法に従って調整を進めま
す。
1
3
2
0505-187
図 17
HMI41 の校正コネクター位置
番号は上の図に対応しています。
1
2
3
=
=
=
HMI41 指示計
コネクター
25917ZZ 接続ケーブル
VAISALA _______________________________________________________________________ 35
取扱説明書 _______________________________________________________________________
校正器の接続と選択
1.
HMI41 の校正機能を選択するため、ON/OFF ボタンを押して
ディテストテキストが出たら ON/OFF ボタンを放し、すぐに
ENTER と MODE のボタン両方をいっしょに、次の表示が現
れるまで押します。
2.
上の表示が出て数秒後に、表示は以下のように変わります。
°C
set
基本の設定(表示単位、自動パワーオフ機能、表示単位、設
定気圧)に変更が必要な場合は、HMI41 の取扱説明書を参照
してください。設定変更が必要なければ、次の表示が出るまで、
ENTER を繰り返し押してください。
set
HMT100 を校正する場合、ボタン▲(数字がアップ)とボタン▼
(数字がダウン)を使って「3」を選び、ENTER を押します。
3.
次にボーレートが表示されます。HMT100 シリーズには、ボー
レート:19200 (HMI41 のディスプレイでは = 19.2 )を使って下さ
い。もし HMI41 の表示ボーレートが違う場合は、その数字をボ
タン▲▼によって変更してください。ボーレートが正しい場合は、
ENTER を押します。シリアル通信設定の表示が現れます。
HMT100 シリーズの通信設定は:N, 8, 1 です。必要な場合は、
正しい設定になるまで、ボタン▲▼によって変更してください。
ENTER を押し、次に ON/OFF を押します。
この設定は HMI41 のメモリーに保存されます。再度 HMI41 の電源
が入ると、メモリーはシリアル通信を備えたデジタル変換器の校正器
として起動します。設定を行った後、選択した調整手法に従って調整
を続けてください。
36 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
オフセット調整とゲイン調整
オフセットとゲインの 1 点調整は同じ方法で行われ、違いは内部の
演算処理のみです。以下の手順は両方に共通です。
4.
25917ZZ 接続ケーブルをHMT100 基板上のSERVICE PORT
コネクターに接続します。((22ページの 図 9参照)
5.
接続ケーブルの他端をHMI41 指示計の底にあるEXTコネクタ
ーに接続します。(35ページの 図 17参照)
6.
両方機器の電源をオンにします。次の表示が出るまで待ちま
す。
RH
7.
▲ および ▼ボタンを使って適切な調整モードを選びます。湿
度が 65%よりも低い場合は、オフセット調整を、湿度が 65%以
上の場合はゲイン調整を選びます。
RH
RH
or
ENTER を押して、確定します。次のような表示が出ます。
RH
%
以下のセクションはオフセット調整とゲイン調整の 2 通りのやり方を説
明しています。
VAISALA _______________________________________________________________________ 37
取扱説明書 _______________________________________________________________________
HMI41 を標準器として使用
HMI41 湿度プローブを湿度の標準として使用します(標準プローブ
として事前に調整してあることを確認してください)。ケーブルを接続
し、7. までの手順を行い、以下の指示に従って進めてください。
8.
次のような表示が現れます。
RH
%
第1行の数字は変換器の測定値を示し、第2行の数字は標準
プローブの測定値を示します。
9.
値が安定するまで(30 分以上かかることがあります)待ちます。
2 つの測定値の差を表示させることもできます。HOLD を押す
と、次のような表示になります。
RH
%
第1行の数字は、変換器の測定値が標準プローブの測定値か
らどれだけ違っているかを示しています。第2行の数字は、標
準プローブの測定値を示します。HOLD を再び押すと前の表
示に戻ります。
10.
測定値の表示が安定したら調整のため、ENTER を押します。
ENTER を押すと、変換器の値は標準プローブの値に修正さ
れます。調整が適切で有効であれば、次の表示が現れます。
RH
11.
このデータは変換器のメモリーに保存されます。調整が適切に
行なわれなかった場合は、無効となり次の表示が現れます。
RH
12.
無効の場合に再度調整を行なうためには、調整手順を繰り返し
行います。調整が有効であろうとなかろうと、HMI41 は選択した
モードの表示に戻ります。
38 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
13.
調整が完了したら、HMI41 の電源スイッチを切り、ケーブルを
外します。
HMI41 を端末器として使用
変換器を手動で調整するために、HMI41 を使用することができます。
8.
次のような表示が現れます。
RH
%
第1行の数字は HMT100 変換器の測定値を示し、第 2 行の数
字は HMI41 プローブの測定値を示します。
9.
値が安定したら、MODE を押します。次の表示が現れます。
RH
%
set
これで HMI41 は、湿度設定用の端末器としてのみ動作します。
第 1 行の数字は明滅しており、第 2 行の数字は HMT100 変換
器の測定値を示しています。
10.
これで、▲および ▼ボタンを使って、明滅している値を正しい
値(例えば飽和塩溶液の RH 平衡値)に設定します。ENTER
を押すと、変換器の値は第 1 行の値に修正されます。調整が
適切で有効であれば、次の表示が現れます。
RH
11.
このデータは変換器のメモリーに保存されます。調整が適切に
行なわれなかった場合は、無効となり次の表示が現れます。
RH
12.
無効の場合に再度調整を行なうためには、調整手順を繰り返し
行います。調整が有効であろうとなかろうと、HMI41 は選択した
モードの表示に戻ります。
13.
調整が完了した後、HMI41 の電源スイッチを切り、ケーブルを
外します。
VAISALA _______________________________________________________________________ 39
取扱説明書 _______________________________________________________________________
トラブルシューティング
HMI41 で調整を行う際に、表示されることのあるエラーメッセージの
要点を 表 4に示します。
表4
調整時のエラーメッセージと対処
エラーメッセージ
RH
推定原因
対処
一例だが、2つの標準湿
度の差が小さすぎる
(< 50 %RH)場合に出る
ことがある。
調整を再度行う。
HMI41 が変換器にコンタ しばらく待ってみる。
クトしている最中に出るこ
とがある。
接続ケーブルが適正につ
ながれていないか、
HMI41 と変換器のシリア
ル設定が一致していな
い。
校正ケーブルの接続をチ
ェックする。HMI41 メモリ
ーのシリアル設定が変換
器の設定に対応している
かチェックする。
40 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 4 章 __________________________________________________________________ メンテナンス
アナログ出力テスト
HMT100 湿度温度変換器は、アナログ出力のテスト機能持っていま
す。以下の手順で出力テストを行うことができます。
1.
変換器が調整モードに入っていないことを確認します。
2.
75 % 調整ボタンを押します。(28ページの 図 13参照)
これで変換器の設定出力範囲の中央値の電流または電圧が
30 秒間出力されます。
例:
アナログ出力範囲が 4∼20 mA の場合、75 % 調整ボタンを押すと、
約 30 秒の間、12.0 mA の電流が出力されます。
アナログ出力範囲が 0∼1 V の場合、75 % 調整ボタンを押すと、約
30 秒の間、0.5 V の電圧が出力されます。
VAISALA _______________________________________________________________________ 41
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
42 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 5 章 __________________________________________________________ トラブルシューティング
第5章
トラブルシューティング
この章は、エラーメッセージとヴァイサラサービスセンターについて述
べています。
エラーモード
電流出力
アナログ出力でのエラーモードは IOUT = 23 mA に切り替えます。エ
ラーモードインジケーターは変換器本体の電気的機能のみです。 変
換器はセンサ不良等、電気的部分以外に問題があるプローブを表
示できません。
電圧出力
電圧出力タイプはエラーモードインジケーターがありません。
技術サポート
技術的な質問はヴァイサラ株式会社へお問い合わせ下さい。
E-mail
Fax
[email protected]
03-3266-9610
VAISALA _______________________________________________________________________ 43
取扱説明書 _______________________________________________________________________
修理返送時の手順
修理校正が必要な場合、修理校正依頼書をご記入ください。速や
かな作業の実施と費用のご負担を最小限に抑えるために効果的で
す。依頼書は製品に添えてお送りください。(次ページを A4 サイズ
にコピーしてお使いください)
できる限り速やかに修理を完了してお返しするために、故障状況の
欄に以下の事柄について記入をお願いします。
- 不具合の様子(何が動かない、何がおかしい)
- 使用環境(設置場所の温度/湿度/振動/周辺機器など)
- 不具合発生日時(月日、動作後すぐに、しばらくして定期的
に、不定期に)
- 他にも同機種を仕様の場合はそれらの様子(不具合は 1 台
だけ、他も同様の不具合)
- この製品に何が接続されていたか、どのコネクタにか?
- 入力電源の種類、電圧、および同じ電源に接続されていた
他の装置(照明、ヒーター、モーター他)
- 不具合に気づいた時に、行われた処置
梱包は、輸送中に破損が起こらないように、クッション材で囲んで適
切な大きさの箱に収めてください。修理校正依頼書を同梱してくださ
い。
返送は、製品を購入されたヴァイサラ製品取扱店、あるいはヴァイサ
ラのプロダクトサービスにお送りください。
ヴァイサラサービスセンター
ヴァイサラ株式会社 サービスセンター
〒162‐0825 東京都新宿区神楽坂六丁目 42 番地
年
神楽坂喜多川ビル 3F
サービスセンター直通 TEL:03-3266-9617, Fax:03-3266-9655
E-メール:[email protected]
月
日
修理・校正依頼書
修理校正品に同封願います。
44 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 5 章 __________________________________________________________ トラブルシューティング
年
月
日
修理・校正依頼書
修理校正品に同封願います。
フリガナ
貴社名
ご住所
〒
ご部署
ご担当者名
TEL
FAX
e-mail
ヴァイサラ製品お取扱店
会社名
ご住所
〒
ご担当者名
TEL
FAX
e-mail
製品名:
製造番号:
1
故障状況:出来るだけ具体的にご記入下さい。
[
]
ご依頼内容
□:校正のみ
お見積り
□:不要
□:修理及び校正
□:必要(着手は、ご同意後になります)
※サ-ビス価格表にてお見積もり対応とさせていただきます。
校正の詳細 : 本社にての作業になります。
※サ-ビス期間、1ヶ月
送付先 返送は、製品を購入されたヴァイサラ製品お取扱店あるいは前記サービスセンターへ
お送り下さい。
VAISALA _______________________________________________________________________ 45
取扱説明書 _______________________________________________________________________
このページは白紙です。
46 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 6 章 ____________________________________________________________________ 技術情報
第6章
技術情報
この章は、この製品の技術的な情報を述べています。
仕様
表5
相対湿度
特 性
内容/ 数値
測定範囲
0∼100 %RH
非直線性、ヒステリシス、および再現性
を含む工場標準精度
+15∼+25°C において
±1.7 %RH (0∼90 %RH)
±2.5 %RH (90∼100 %RH)
0∼+40°C において
±(1.7 + 0.015 × 読み値) %RH
-40∼0°C および +40∼+80°C に ±(2.0 + 0.025 × 読み値) %RH
おいて
20 °C における工場校正精度
±1.0 %RH (0∼15 %RH)
±1.5 %RH (15∼78 %RH)
20 °C 、静止空気における応答時間
8 秒 (プラスチックグリッド付き)
(90 %)
20 秒(メンブレンフィルター付き)
40 秒(焼結金属フィルター付き)
HUMICAP® 180
湿度センサ
表6
温度
特 性
測定範囲
+20°C における精度
温度センサ
内容/ 数値
-40∼+80 °C
±0.2 °C (48ページ 図 18参照)
Pt1000 IEC 751 ⅓ クラス B
VAISALA _______________________________________________________________________ 47
取扱説明書 _______________________________________________________________________
0505-247
図 18
温度測定の精度
表7
露点温度(演算値)
特 性
測定範囲
精度
表8
温度.
-20
-10
0
10
20
40
60
80
表9
内容/ 数値
-20∼+80 °C
表 8参照
露点温度測定の精度
相対湿度
10
20
2.6 1.7
2.7 1.7
2.3 1.4
2.3 1.4
2.2 1.2
3.0 1.9
4.3 2.7
4.9 3.1
30
1.4
1.3
1.1
1.1
1.0
1.5
2.2
2.5
40
1.2
1.2
1.0
0.9
0.8
1.3
1.9
2.2
50
1.1
1.1
0.9
0.8
0.7
1.2
1.8
2.1
60
1.1
1.0
0.8
0.9
0.6
1.1
1.7
2.0
70
1.0
1.0
0.8
0.8
0.6
1.0
1.6
1.9
80
1.0
1.0
0.8
0.8
0.5
1.0
1.5
1.8
90
100
0.9
0.7
0.8
0.5
1.0
1.5
1.8
0.7
0.8
0.6
1.0
1.5
1.8
使用環境
特 性
使用温度範囲
表示部以外の変換器本体
表示部含む変換器本体
センサヘッド
保管温度範囲
電磁適合性
内容/ 数値
-40∼+60 °C
-30∼+60 °C
-40∼+80 °C
-40∼+60 °C
EN61326-1:1197+Am1:1998; +
Am2:2001; 一般環境
48 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 6 章 ____________________________________________________________________ 技術情報
表 10
出力と入力
特 性
内容/ 数値
電流出力タイプ
2 線式出力信号
外部ループ負荷、4∼20 mA
4∼20 mA (ループ電源)
10 ∼35 VDC (RL = 0 Ω)
20 ∼35 VDC (RL = 500 Ω)
電圧出力タイプ
入力電圧
10∼35 VDC、または 24 VAC
電流消費 35 VDC
最大 12 mA
電圧出力信号
0∼1 V、0∼5 V、 0∼10 V
電圧出力に対する外部負荷
RL:最小 10 kΩ
表 11
一般仕様
特 性
材料
ハウジング
プローブ
取り付けプレート GM45160
ハウジング等級
センサ保護
プラスチックグリッド
薄膜フィルター付きプラスチックグリ
ッド
焼結ステンレスフィルター
接続
プローブケーブル長
ディスプレイ (オプション)
内容/ 数値/ 注文コード
ABS/PC プラスチック
クローム被膜アルミニウム
ABS プラスチック
IP65 (NEMA 4)
DRW010522
DRW010525
HM46670SP
ネジ端子 0.5∼1.5 mm²
3 m、 5 m、 10 m
10 m 延長ケーブル(オプション)
1行表示、変数表示は変化式または固
定式(6 秒インターバル)
VAISALA _______________________________________________________________________ 49
取扱説明書 _______________________________________________________________________
表 12
オプションとアクセサリ
内 容
センサヘッド HMP100
湿度センサ
温度センサ PT1000
メンブレンフィルター付きプラスチックグ
リッド
焼結ステンレスフィルター
延長ケーブル 10m
プローブケーブル 0.1 m
プローブケーブル 3m
プローブケーブル 5m
プローブケーブル 10m
ラジエーションシールド
取り付けキット付きレインシールド
プローブホールダー
ダクト取り付けキット
壁面組み付けプレート(プラスチック)
取り付けプレート(アルミ)
プローブキャップ
プローブカバー
HMI41 接続ケーブル
HM70 接続ケーブル
注文コード
HMP100
Humicap180
18921
DRW010525
HM46670SP
DRW220095
HMP50Z010SP
HMP50Z300SP
HMP50Z500SP
HMP50Z1000SP
DTR502B
215109
215986
215619
GM45160
DRW010712
HM47329
HM47328
25917ZZ
211339
50 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 6 章 ____________________________________________________________________ 技術情報
寸法(mm)
0505-188
図 19
HMT100 固定式プローブタイプの寸法
VAISALA _______________________________________________________________________ 51
取扱説明書 _______________________________________________________________________
137.5 5.41
119 4.69
119 4.69
33.5 1.32
71 2.8
Ø 12 0.47
0505-189
図 20
HMT100 セパレート式タイプの寸法
52 __________________________________________________________________ M210701JA-C
第 6 章 ____________________________________________________________________ 技術情報
This page intentionally left blank.
VAISALA _______________________________________________________________________ 53
www.vaisala.co.jp
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement