日本語説明書

日本語説明書
参考資料
DIGITAL L C METER 6243
取扱説明書(⽇本語版)
a) インダクタンス(コイル)
レ
ン
ジ
20mH
10μ H
200mH
100μ H
2H
1mH
20H
10mH
f) 電池電圧低下表⽰: シンボルマーク「
」で表⽰
g) 使⽤電池: 9V 乾電池(006P/6F22/1604)
h) 外形サイズ: 188 x 91 x 32 mm
i) 質
この技術仕様で⽰す諸特性は、温度 23℃±5℃、湿度 75%以下の環境条件に
レ
ン
みが最上位桁に⽰されます。この場合には、さらに⾼いレンジの⽅に順番に
切り替えてください。
⾼位の桁にゼロが表⽰されている場合には、⾼い分解能が得られるように低
いレンジの⽅に順番に切り替えてください。
ジ
分
解
能
1pF
20nF
10 pF
200nF
100 pF
2μ F
1nF
20μ F
10nF
200μ F
100nF
確
度
± (1.5%+5)
± (2.5%+5)
-12
pF: ピコ-ファラッド(10 F)
-9
nF: ナノ-ファラッド(10 F)
-6
μ F: マイクロ-ファラッド(10 F)
します。
選択されたレンジの最⼤値を超えた測定では、オーバーレンジ表⽰「1」の
± (2.5%+5)
2000pF
確度は、± (%[レンジ内最⼤表⽰値の百分率]+最下位桁のデジット数)で⽰
インダクタンス成分 10μ H 以内 (2mH レンジ、
閉回路の条件下)
± (2.0%+5)
b) キャパシタンス(コンデンサ)
おけるものです。
ゼロ調整: キャパシタンス成分 6pF 以内 (2000pF レンジ)
度
-6
量: 約 300g
技 術 仕 様
確
μ H: マイクロ-ヘンリー(10 H)
-3
mH: ミリ-ヘンリー(10 H)
b) オーバーレンジ表⽰: 最上位桁に「1」のみを表⽰
e) 保存温度範囲: -10℃〜50℃
能
1μ H
a) ⽂字⾼ 25 mm, 3+1/2 桁, 最⼤ 1999 表⽰ ,各種シンボルマーク表⽰
d) 動作温度範囲: 0℃〜40℃ (湿度 75%以下)
解
2mH
特 ⻑
c) オートゼロ機能: 6pF 以内にゼロ調整 (2000pF レンジを除く)
分
測定する前に
a) 本測定器は、インダクタンスとキャパシタンスを測定するために設計さ
れています。抵抗のインダクタンス成分(寄⽣成分)や、抵抗のキャパシ
タンス成分(浮遊容量)を測定することはできません。
b) 回路内の部品を測定する際は、事前に回路に供給されている電源を遮断
してください。また、テストリードを接続する前に、回路内の⾃励発振
を停⽌させてください。
c) 事前に測定対象のコンデンサの残留電荷は放電してください。
-1-
-2-
インダクタンス(コイル)の測定⽅法
a) 適切なレンジを選択します。
b) ⼊⼒ソケット部または、テストリードに測定対象のコイルを接続します。
c) 測定対象コイルのインダクタンスが LCD に表⽰されます。表⽰されるのは、
数値と単位(mH または H)です。
 どのインダクタンスレンジを選んでいいか分からない場合には、まず 2mH
レンジにセットします。オーバーレンジ表⽰(最上位桁に「1」のみが表⽰
される状態)が消えるまで、順にレンジを上げていきます。


前後のレンジに切り替えたとき、1/10 や 10 倍の⽐例関係にない数値が
⽰された場合、測定対象コンデンサが劣化している可能性があります。
メンテナンス
a) 未使⽤時には、レンジセレクタを「OFF」の位置にセットしてください。
b) ⻑期間使⽤しない場合には、内蔵の電池を取り外しておいてください。
c) シンボルマーク「
」が表⽰された場合には、電池を交換してください。
低い値のインダクタンスを測定する場合、なるべく短いテストリードか、
本測定器の⼊⼒ソケットを使⽤すると測定誤差が少なくなります。
キャパシタンス(コンデンサ)の測定⽅法
a) 適切なレンジを選択します。
b) ⼊⼒ソソケット部または、テストリードに測定対象のコンデンサを接続
します。
c) 測定対象コンデンサのキャパシタンスが LCD に表⽰されます。表⽰され
るのは、数値と単位(pF、nF またはμ F)です。
構




成 品
本測定器
テストリード(⾚/⿊ 1 ペア)
9V 乾電池(本体にセット済み)
Manual (英語版)
※ 外箱は商品保護⽤のものです。デザイン上イメージ写真の場合がございま
すのでご了承ください。
 どのキャパシタンスレンジを選んでいいか分からない場合には、まず
2000pF レンジにセットします。オーバーレンジ表⽰(最上位桁に「1」
のみが表⽰される状態)が消えるまで、順にレンジを上げていきます。

低い値のキャパシタンスを測定する場合、なるべく短いテストリードか、
本測定器の⼊⼒ソケットを使⽤すると測定誤差が少なくなります。

測定結果は、テストリードの浮遊容量を含んだ値です。測定前にテスト
リードのみの容量を測定しておくことをお勧めします。⼆本のテストリ
ードを本測定器に接続し、オープンな状態で 2000pF レンジにて測定し
ます。表⽰された値がテストリードを含む測定系の全浮遊容量となりま
す。その後、測定対象コンデンサを接続してください。表⽰値から測定
系の浮遊容量を引いた値が、コンデンサの容量となります。この⽅法は、
2000pF/20nF レンジでの容量測定時に特に有効です。

2000pF レンジを除くすべてのキャパシタンス測定レンジで、表⽰値がゼ
ロとなっている場合には、コンデンサがつながれていないオープンな状
態です。

200μ F/20μ F を除くすべてのキャパシタンス測定レンジで、オーバー
レンジ表⽰(最上位桁に「1」のみが表⽰)される場合には、測定対象コン
デンサがショート状態にある可能性があります。
この説明書(⽇本語版)は、DIGITAL L C METER 6243 を活⽤していただくことを⽬的
に、参考資料として秋⽉電⼦通商が翻訳いたしました。
この⽇本語参考資料に関するお問い合わせは、秋⽉電⼦通商までお願いいたします。
2012 年 6 ⽉ 株式会社秋⽉電⼦通商
AKIZUKI DENSHI TSUSHO CO.,LTD.
http://akizukidenshi.com
-3-
-4-
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement