取扱説明書 - サンハヤト

取扱説明書 - サンハヤト
マイコントレーニングボード
MODEL MT-RL78
取扱説明書
安全上のご注意
このたびは弊社製品をご使用いただき、誠にありがとうございます。本項では、誤った取り扱いによる事故を未
然に防ぐための安全上の注意事項を説明しています。弊社製品をご使用になる前に必ずお読みください。
警告
この表記を無視して誤った取り扱いをすると、死亡や重傷など、人体への重大な障
害をもたらす恐れのある内容について示しています。
注意
この表記を無視して誤った取り扱いをすると、軽傷または中程度の障害をもたらす
恐れのある内容について示しています。また、本製品や本製品に接続している機器
に損傷を与える可能性がある事項についても示しています。
警告
水場禁止
禁止
接触禁止
▶水分の多いところ、水がかかる場所では、本製品は使用しないでください
風呂場や台所など水分の多いところ、水がかかる場所では、本製品は使用しないでく
ださい。 火災、感電、故障の原因となります。
▶医療、軍事、航空宇宙、列車、運送、原子力などの制御設備へは使用しないでくだ
さい
医療機器、軍事機器、航空宇宙機器、運送、原子力などの制御設備などの人命に関わ
るシステムへの使用は意図しておりません。
▶雷が鳴りはじめたらご使用をお控えください
近くに雷が発生したときは、パソコンから本製品を抜いてご使用をお控えください。
また、ご使用のパソコンの取扱説明書に従って、電源プラグをコンセントから抜くな
どしてください。雷によっては、火災、感電、故障の原因となることがあります。
注意
プラグの
差し込み
発火注意
▶プラグは確実に差し込んでください
差し込みが不完全ですと火災、感電、過熱、故障の原因になります。
▶発火、発煙、異臭への対処
発火、発煙、異臭がするなどの異常がありましたら使用を直ちに中止してください。
そのまま使用すると、火災、故障の原因となります。
すぐにパソコンから抜き、煙などの異常が出なくなるのを確認し、販売店などに修理
をご依頼ください。
分解禁止
▶分解・改造しないでください
分解、改造しないでください。怪我、感電、故障の原因となります。本製品の分解、
改造による怪我や事故について、当社は責任を負いかねます。
接触禁止
▶濡れた手での操作は避けてください
濡れた手で電源ケーブル・プラグを抜き差ししないでください。また、製品に触れな
いでください。感電の原因となることがあります。
注意
禁止
子供注意
引抜禁止
安全設計
▶以下のような場所では使用しないでください
本製品を以下のような場所で使用すると、動作不良、故障の原因となります。
・振動や衝撃が加わる場所
・直射日光のあたる場所
・湿気やホコリが多い場所
・温度差の激しい場所
・熱を発生するもの(暖房器具など)の近く
・ 強い磁力、電波が発生するもの(磁石、ディスプレイ、スピーカー、ラジオ、無線機など)
の近く
・湿気の多い場所
▶子供の手の届かない場所に置いてください
本製品に装着されている電子部品など子供が飲み込まないように注意してください。
▶通信中はケーブルを引抜かないでください
本製品がパソコンと通信中の場合はケーブルを引抜かないでください。ケーブルの引抜き
は、必ず通信していないときに行ってください。故障の原因になることがあります。
▶安全設計をしてください
本製品を、高度な信頼性を必要とするシステムに使用する場合は、冗長設計、誤動作防止
設計など充分な安全設計を必ず行ってください。本製品の故障、傷害により生じるいかな
る損害、事故について当社は責任を負いかねます。
保管注意
▶長期間使用しない場合の保管について
長期間使用しない場合は、帯電防止袋などに入れ、ホコリなどが入らないようにしてくだ
さい。ホコリや汚れが付着すると短絡、接触不良などの原因になります。
ホコリ注意
▶製品の清掃について
製品にホコリや汚れなどが付着すると短絡、 故障の原因になりますので、 下記の「▶お手
入れについて」に従って清掃してください。
薬品注意
▶お手入れについて
ホコリが付着した場合はサンハヤト製ジェットブロー(JBK-480)などのガススプレーで
吹き飛ばしてください。
使用注意
▶故障、破損時の処理について
本製品が故障もしくは破損した場合は、速やかに使用を中止してください。そのまま使用
しますと火災、感電、怪我の原因になるおそれがあります。
廃棄注意
▶本製品の廃棄について
本製品の廃棄は、各自治体の廃棄ルールに従ってください。詳しくは各自治体にお問い合
わせください。
本資料についてのご注意
本資料について
・本資料は、電子工作や電子回路、パーソナルコンピュータの操作について一般的な知識をお持ちの方を対
象にしています。
・本資料を元に操作するには、株式会社ルネサス エレクトロニクス製 RL78/G14 マイコンについての知識
や開発環境などが必要です。
・Microsoft 、Windows は米国 Microsoft 社の米国およびその他の国における登録商標です。
・その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
®
®
本資料のご利用にあたって
・この取扱説明書に掲載している内容は、お客様が用途に応じた適切な製品をご購入頂くことを目的として
います。その使用により当社及び第三者の知的財産権その他の権利に対する保証、又は実施権の許諾を意
味するものではありません。また、権利の侵害に関して当社は責任を負いません。
・本資料に記載した情報を流用する場合は、お客様のシステム全体で充分評価し適用可能かご判断願います。
当社では適用可能判断についての責任は負いません。
・本資料に記載してある内容は、一般的な電子機器(学習教材、事務機器、計測機器、パーソナル機器、コ
ンピュータ機器など)に使用されることを目的としています。高い品質や信頼性が要求され、故障や誤作
動が直接人命を脅かしたり人体に危害を及ぼす恐れのある、医療、軍事、航空宇宙、原子力制御、運輸、
移動体、各種安全装置などの機器への使用は意図も保証もしておりません。
・この取扱説明書の一部、又は全部を当社の承諾なしで、いかなる形でも転載又は複製されることは堅くお
断りします。
・全ての情報は本資料発行時点のものであり、当社は予告なしに本資料に記載した内容を変更することがあ
ります。
・この資料の内容は慎重に制作しておりますが、万一記述誤りによってお客様に損害が生じても当社はその
責任を負いません。
・本資料に関してのお問合せ、その他お気付きの点がございましたら、当社までお問合せください。
・本資料に関する最新の情報はサンハヤト株式会社ホームページ(http://www.sunhayato.co.jp/)に掲載し
ております。
マイコントレーニングボード
MT-RL78
目
次
1. はじめに… ………………………………………………………………… 6
1.1 この取扱説明書について……………………………………………………………………………………………… 6
1.2 主な特長………………………………………………………………………………………………………………… 6
2. MT-RL78 の構成………………………………………………………… 7
2.1 RL78/G14 マイコン………………………………………………………………………………………………… 7
2.2 E1 コネクタ… ………………………………………………………………………………………………………… 7
2.3 USB -シリアル変換モジュール用コネクタ… …………………………………………………………………… 7
2.4 電源 LED… …………………………………………………………………………………………………………… 7
2.5 モード切替スイッチ…………………………………………………………………………………………………… 8
2.6 リセットスイッチ……………………………………………………………………………………………………… 8
2.7 7 セグメント LED… ………………………………………………………………………………………………… 8
2.8 評価用 LED、ブザー、押ボタンスイッチ、ボリューム抵抗、UART… ……………………………………… 8
2.9 外部拡張端子…………………………………………………………………………………………………………… 8
3. 主な仕様… ………………………………………………………………… 9
4. 付録… ……………………………………………………………………… 11
4.1 回路図………………………………………………………………………………………………………………… 11
改訂履歴……………………………………………………………………………………………………………………… 13
1. はじめに
1.1 この取扱説明書について
この取扱説明書はマイコントレーニングボード(MODEL MT-RL78)の構成、使用方法、主な仕様について説明
したものです。
本製品に使用する開発ツールの使用方法については、当社発行の「RL78/G14 マイコンシリーズ マイコントレー
ニングボード MT-RL78 スタートアップガイド」
、またはルネサス エレクトロニクス社が発行する、それぞれの
ツールのマニュアルやオンラインヘルプを参照してください。
1.2 主な特長
MT-RL78 は、ルネサス エレクトロニクス社製 RL78/G14 シリーズマイコン R5F104LJAFA を搭載したマイコン
トレーニングボードです。マイコンプログラミング学習をサポートするための評価用デバイス、拡張用端子を備えて
います。
本製品のおもな特長は以下のとおりです。
・ルネサス エレクトロニクス社製 16 ビットマイコン RL78/G14(R5F104LJAFA)を搭載
・マイコンの動作原理とプログラミング技術習得を目的とした企業・各種学校向けの学習用マイコンボード
・オンチップデバッギングエミュレータ E1 が接続可能
・USB -シリアル変換モジュール(MODEL MM-FT232)に対応
・電源は E1、USB -シリアル変換モジュールコネクタから供給
・クロック供給源として 20MHz 容量内蔵型セラミック振動子、32.768kHz 水晶振動子を搭載
・評価用デバイスとして LED、7 セグメント LED、ブザー、スイッチ、ボリューム、UART を搭載
・マイコンのすべてのピンを 2.54mm ピッチの端子に接続
本製品をお使いいただく前のご注意
●本製品をお使いになるには電子工作や電子回路についての一般的な知識、ルネサス エレクトロニクス社製
RL78/G14 マイコンについての知識や開発環境などが必要です。
●本製品をお使いになる前には、必ずマイコンのドキュメント類を参照してください。ルネサス エレクトロニ
クス社のホームページ(http://japan.renesas.com/)からは、マイコンのドキュメントや開発ツールなど
がダウンロードできます。
●静電気に弱い部品を使用していますので、静電気対策を施した上で本製品を取り扱ってください。
マイコントレーニングボード
MT-RL78
2. MT-RL78 の構成
MT-RL78 は以下のような構成になっています。
USB−シリアル変換
モジュール用コネクタ
VDD
EVDD
VDD
EVDD
VDD
P50
P51
P52
P53
P30
P05
P54
P55
P06
P70
P17
P16
P71
P72
P15
P14
P73
P74
P13
P12
P75
P76
Serial I/F
E1 Emulator
Buzzer
TO00/TRJIO0
MCU
Power
P11
P10
P77
P31
P146
P147
P63
P62
P27
P26
P61
P60
P25
P24
P23
P22
GND
GND
EVDD
VDD
GND
PRG
RUN
RESET
74AHC00
TSSOP-14
SW1
電源 LED
P42
P43
P120
P140
P141
P00
GND
GND
モード切替スイッチ
リセットスイッチ
Analog Input
Digital I/O
74VHC240
TSSOP-20
DIG1
INTP0
VDD
RL78/G14
Interrupt
7 セグメント LED
GND
EVDD
z
P02
P01
P41
GND
kH
P03
MODE
外部拡張端子
RESET
P40
68
P04
P137
.7
P20
32
P21
P130
20
MH
z
74AHC125
TSSOP-14
RL78/G14
マイコン
EVDD
R5 RL
F 78
LQ 104 /G1
FP LJA 4
-6 FA
4
外部拡張端子
ブザー
E1 用コネクタ
INTP4
SW2
DIG0
SW3
LED7 LED6 LED5 LED4 LED3 LED2 LED1 LED0
Micom Training Board
押ボタンスイッチ
LED
P140
MODEL
ANI18
MT-RL78
ボリューム抵抗
押ボタンスイッチ
図 2-1 MT-RL78 の構成
2.1 RL78/G14 マイコン
本製品に搭載のマイコンは、ルネサス エレクトロニクス社製 RL78/G14 シリーズの R5F104LJAFA マイコンです。
このマイコンは RL78 CPU コアを搭載し、その他に各種タイマー、A/D コンバータ、シリアルインターフェイス、
I/O ポート、24kByte の RAM、256kByte のフラッシュ ROM、8kByte のデータフラッシュなどを内蔵しています。
マイコンの動作用クロックとして、20MHz の容量内蔵型セラミック振動子、32.768kHz の水晶振動子を搭載して
います。マイコンについての詳細はルネサス エレクトロニクス社発行の「RL78/G14 ユーザーズマニュアル ハー
ドウェア編」を参照してください。
2.2 E1 コネクタ
オンチップデバッギングエミュレータ E1 を接続するためのコネクタです。マイコン内蔵のオンチップデバッ
グ機能を利用してプログラムのデバッグを行うことができます。プログラム書き込みソフト「Renesas Flash
Programmer」を使用したプログラム書き込みも可能です。また、E1 からの電源供給は 3.3V、5V 両方に対応して
います。
2.3 USB -シリアル変換モジュール用コネクタ
マイコン内蔵の UART 機能を使用して、パソコンとシリアル通信するためのコネクタです。USB -シリアル変換
モジュール(MODEL MM-FT232)を接続します。このモジュールを接続することで +5V の電源も供給されます(こ
の場合、E1 からの電源供給はしないでください)
。モード切替スイッチによりモードを切り替えることで、シリアル
インターフェイスを利用したプログラムの書き込みも可能です。
2.4 電源 LED
電源が入ると点灯する LED です。
2.5 モード切替スイッチ
このスイッチは、USB -シリアル変換モジュールを使用してプログラムの書き込みを行う場合のモード切り替え
に使用します。マイコンにプログラムを書き込むときは「PRG」側に、書き込んだプログラムを動作させるときは
「RUN」側にします。このスイッチを切り替えた後は必ずリセットスイッチを押してマイコンをリセットしてくださ
い。プログラムの書き込みには書き込みソフト「Renesas Flash Programmer」を使用します。
E1 を使用するときは必ずこのスイッチを「RUN」側にしてください。「PRG」側になっていると E1 が正常に動
作しません。
2.6 リセットスイッチ
マイコンをリセットするスイッチです。モード切替スイッチを切り替えた後は、必ずこのスイッチを押してマイコ
ンをリセットしてください。
2.7 7 セグメント LED
評価用デバイスとして搭載された 7 セグメント LED です。2 個の 7 セグメント LED をダイナミック点灯で制御
します。割り付けられているポートは表 2-1 のとおりです。P70 ~ 77 に 7 セグメント LED の点灯パターンを出力し、
点灯したい桁の出力信号(1 桁目は dig0、2 桁目は dig1)をイネーブル(L レベル)にすることで点灯します。
表 2-1 7 セグメント LED のポート割付
接続先
セグメント a
セグメント b
セグメント c
セグメント d
セグメント e
セグメント f
セグメント g
セグメント D.P
dig0(1 桁目)
dig1(2 桁目)
信号名
P70
P71
P72
P73
P74
P75
P76
P77
P54
P55
入出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
仕 様
a
f
点灯パターンを出力
論理出力 L:消灯、H:点灯
g
e
c
d
点灯する桁を選択
論理出力 L:点灯、H:消灯
b
D.P
図 2-2 セグメントの割付
2.8 評価用 LED、ブザー、押ボタンスイッチ、ボリューム抵抗、UART
その他の評価用デバイスとして、LED、ブザー、押ボタンスイッチ、ボリューム抵抗、UART を搭載しています。
これらのデバイスのポート割付は表 2-2 のとおりです。
表 2-2 評価用デバイスのポート割付
部品名
LED
ブザー
ボリューム抵抗
接続先
LED0 ~ LED7
BZ1
SW1
SW2
SW3
VR1
UART
CN3
押ボタンスイッチ
信号名
P10 ~ P17
P01/TO00/TRJIO0
P137/INTP0
P31/INTP4
P140
P147/ANI18
P50/RxD0
P51/TxD0
入出力
出力
出力
入力
入力
入力
入力
入力
出力
仕 様
論理出力 L:点灯、H:消灯
タイマ(方形波)出力で鳴動
論理入力 L:ボタン押下
アナログ電圧入力
シリアル通信(受信)
シリアル通信(送信)
2.9 外部拡張端子
マイコンの各ピンを外部に引き出すための端子です。端子は 2.54 ㎜ピッチ、2 列のスルーホール端子となってい
ます。この端子のピン割付は表 3-3 のとおりです。
マイコントレーニングボード
MT-RL78
3. 主な仕様
本製品の主な仕様は下表のとおりです。
表 3-1 主な仕様
項 目
外形寸法
電源電圧
マイコン
仕 様
80 × 100(mm)
3.3V または 5V
14 ピンボックスコネクタ
7 ピンコネクタ
R5F104LJAFA
動作周波数
最大 32MHz(高速内蔵発振回路)
コネクタ
備 考
E1 または USB -シリアル変換モジュール用コネクタから給電
E1 接続用
USB -シリアル変換モジュール接続用
リセット回路
手動リセットスイッチ
LED × 8 個
7 セグメント LED × 2 個
圧電ブザー× 1 個
評価用入出力デバイス
押ボタンスイッチ× 3 個
ボリューム抵抗× 1 個
UART × 1 個
13 ピン× 2 列× 2 個
外部拡張端子
5 ピン× 2 列× 2 個
20MHz(容量内蔵型セラミック振動子)
、32.768kHz(水晶振
動子)での動作も可能
表 3-2 I/O ポート割付一覧
ピン番号
61
46
45
44
43
42
41
40
39
ピン名
P01/TO00/TRGCLKB/TRJIO0
P10/SCK11/SCL11/TRDIOD1
P11/SI11/SDA11/TRDIOC1
P12/SO11/TRDIOB1
P13/TxD2/SO20/TRDIOA1
P14/RxD2/SI20/SDA20/TRDIOD0
P15/SCK20/SCL20/TRDIOB0
P16/TI01/TO01/INTP5/TRDIOC0
P17/TI02/TO02/TRDIOA0/TRDCLK0
接続先
ブザー
LED
LED
LED
LED
LED
LED
LED
LED
37
P54
38
29
28
27
26
25
24
23
22
9
21
64
48
33
34
11
10
8
7
5
入出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
論理
-
L:点灯
L:点灯
L:点灯
L:点灯
L:点灯
L:点灯
L:点灯
L:点灯
7 セグメント(DIG0)
出力
L:点灯
P55
7 セグメント(DIG1)
出力
L:点灯
P70/KR0/SCK21/SCL21
P71/KR1/SI21/SDA21
P72/KR2/SO21
P73/KR3/SO01
P74/KR4/INTP8/SI01/SDA01
P75/KR5/INTP9/SCK01/SCL01
P76/KR6/INTP10
P77/KR7/INTP11
P137/INTP0
P31/TI03/TO03/INTP4
P140/PCLBUZ0/INTP6
P147/ANI18
P50/INTP1/SI00/RxD0/TOOLRxD/
SDA00/TRGIOA
P51/INTP2/SO00/TxD0/TOOLTxD/
TRGIOB
P121/X1
P122/X2/EXCLK
P123/XT1
P124/XT2/EXCLKS
P40/TOOL0
7 セグメント LED(a)
7 セグメント LED(b)
7 セグメント LED(c)
7 セグメント LED(d)
7 セグメント LED(e)
7 セグメント LED(f)
7 セグメント LED(g)
7 セグメント LED(D.P)
押ボタンスイッチ(SW1)
押ボタンスイッチ(SW2)
押ボタンスイッチ(SW3)
ボリューム
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
出力
入力
入力
入力
入力
H:点灯
H:点灯
H:点灯
H:点灯
H:点灯
H:点灯
H:点灯
H:点灯
L:ボタン押下
L:ボタン押下
L:ボタン押下
アナログ
シリアル I/F
入力
-
シリアル I/F
出力
-
USB -シリアル変換
モジュール用コネク
タに接続
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
デバッグ用
20MHz セラミック振動子
20MHz セラミック振動子
32.768kHz 水晶振動子
32.768kHz 水晶振動子
E1
備考
方形波出力で鳴動
7 セグメント LED の
1 桁目を点灯
7 セグメント LED の
2 桁目を点灯
7 セ グ メ ン ト LED
データ
FF つき
FF つき
表 3-3 外部拡張端子のピン割付
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
CN4
信号名
EVDD
VDD
P50
P51
P30
P05
P06
P70
P71
P72
P73
P74
P75
P76
P77
P31
P63
P62
P61
P60
P137
RESET
P40
P41
GND
GND
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
CN5
信号名
EVDD
VDD
P42
P43
P120
P140
P141
P00
GND
GND
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
10
CN6
信号名
EVDD
VDD
EVDD
VDD
P52
P53
P54
P55
P17
P16
P15
P14
P13
P12
P11
P10
P146
P147
P27
P26
P25
P24
P23
P22
GND
GND
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
CN7
信号名
EVDD
VDD
P21
P20
P130
P04
P03
P02
P01
GND
D
C
B
1
Serial Select
USB Module
RS-232
7
6
5
4
3
2
1
JP3
EVDD
MODE
6
1
3
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
1
2
3
JP2
EVDD
P5. L
2545B-1X7-T
CN3
C9
0. 1u
C6
0. 1u
N. C.
GND
N. C.
N. C.
TOOL0
TRESET
N. C.
VDD
EMVDD
RESET
N. C.
GND
RESET
GND
2532-14
CN1
2532-10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
CN2
DTR
RxD
TxD
Vdd
CTS
GND
RTS
DCD
DSR
RxD
RTS
TxD
CTS
DTR
RI
GND
E1
PRG
RUN
SW4
MMS-A-1-2N (L=2)
MODE
R2I N
R1I N
T2OUT
T1OUT
C1-
C1+
C2-
C2+
R4
1k
VDD
Y
GND
Vcc
2
5
4
2
R5
1k
C12
0. 1u
2
3
MODE
4
MODE
U3D
12
U3A
U5A
SN74LVC1G125DCKR
0. 1u
0. 1u
RESET
TOOL0
TRESET
RTS
C7
C5
EVDD
C1
0. 1u
S_ENB
9
12
10
11
16
C8
0. 1u
15
6
2
EVDD
R2OUT
R1OUT
T2I N
T1I N
GND
VCC
V-
V+
RESET
SN74LVC1G97DCKR
I N2
I N1
I N0
U6
OR
EVDD
SKQMBAE010
SW5
JP1
MODE
100
ADM3202ARUZ
VDD
8
13
7
14
3
1
5
4
U2
R3
R2
10k
VDD
10k
R6
A
100k
R8
1
13
2
1
2
3
4
U3C
9
U3B
6
TOOL0
4
4
SN74AHC125PWR
TxD
SN74AHC125PWR
RxD
8
5
U4A
SN74LVC1G125DCKR
R7
1k
EVDD
Q1
DTC143XETL
TRESET
SN74AHC125PWR
11
2
SN74AHC125PWR
MODE
3
1
2
PWR
1
PWR
470
R1
7
5
SN74AHC125PWR
GND
C14
EVDD
0. 1u
VCC
U3E
3
5
RESET
TOOL0
P41
P42
P43
P120
C13
14
C11
9p
32.768kHz
32.768kHz
INTP0
1u
0. 1u
C4
0. 1u
C3
0. 1u
EVDD
C10
9p
Y3
ST3215SB32768C0HPWBB
Y4
SSP-T7-FL 6.0pF
Y2 VT-200-FL 6.0pF
32.768kHz
Y1
CSTCE20M0V51-R0
0. 1u
C15
VDD
6
SN74LVC1G125DCKR
GND
VCC
U4B
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
6
EVdd
Vdd
EVss
Vss
REGC
P121/X1
P122/X2/EXCLK
P137/I NTP0
P123/XT1
P124/XT2/EXCLKS
RESET
P40/TOOL0
P41
P42
P43
P120/ANI 19
P6[0..3]
U1
R5F104LJA FA
C2
VDD EVDD
19-213/S2C-AN1P2B/3T(ELJ)
ORG
VDD
5
P60
P61
P62
P63
P7[0..7]
3
5
SN74LVC1G125DCKR
GND
VCC
U5B
7
1.0.0
Revision
RxD
TxD
P52
P53
P54
P55
P17
P16
P15
P14
P13
P12
P11
P10
P146
ANI18
7
2011/10/28
Date
MT-RT78
Product
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
P2[0..7]
P50/I NTP1/SI 00/RxD0/TOOLRxD/SDA00/TRGI OA
P51/I NTP2/SO00/TxD0/TOOLTxD/TRGI OB
P52
P53
P54
P55
P17/TI 02/TO02/TRDI OA0/TRDCLK0
P16/TI 01/TO01/I NTP5/TRDI OC0
P15/SCK20/SCL20/TRDI OB0
P14/RxD2/SI 20/SDA20/TRDI OD0
P13/TxD2/SO20/TRDI OA1
P12/SO11/TRDI OB1
P11/SI 11/SDA11/TRDI OC1
P10/SCK11/SCL11/TRDI OD1
P146
P147/ANI 18
P140
P141
P00
P01
P02
P03
P04
P130
4
10
P77
P76
P75
P74
P73
P72
P71
P70
17
P60/SCLA0
18
P61/SDAA0
19
P62/SSI00
20
P63
21 INTP4
P31/TI03/TO03/INTP4
22
P77/KR7/INTP11
23
P76/KR6/INTP10
24
P75/KR5/INTP9/SCK01/SCL01
25
P74/KR4/INTP8/SI01/SDA01
26
P73/KR3/SO01
27
P72/KR2/SO21
28
P71/KR1/SI21/SDA21
29
P70/KR0/SCK21/SCL21
P06
30
P06
P05
31
P05
P30
32
P30/INTP3/RTC1HZ/SCK00/SCL00/TRJO0
P140/PCLBUZ0/INTP6
P141/PCLBUZ1/INTP7
P00/TI00/TRGCLKA
P01/TO00/TRGCLKB/TRJIO0
P02/ANI17/SO10/TxD1
P03/ANI16/SI10/RxD1/SDA10
P04/SCK10/SCL10
P130
P20/ANI0/AVrefp
P21/ANI1/AVrefm
P22/ANI2
P23/ANI3
P24/ANI4
P25/ANI5
P26/ANI6
P27/ANI7
64
63
62
61
60
59
58
57
56
55
54
53
52
51
50
49
11
P20
P21
P22
P23
P24
P25
P26
P27
1
8
SW11007
DRAWING No.
MPU
PWB- MTRL78- A
Title
P1[0..7]
P5[2..5]
8
1
Sheet
2
D
C
B
A
マイコントレーニングボード
MT-RL78
4. 付録
4.1 回路図
D
C
B
A
Switch
INTP4
INTP0
1
R16
100
SW2
SKQMBAE010
R13
100
SW1
SKQMBAE010
2
0. 1u
C22
EVDD
3
5
R18
R15
10k
VDD
R12
10k
100
13
12
10
9
5
4
2
1
2
C16: 未実装
0. 1u
C19
P140
U7D
TC74VHC00FT(EL)
11
8
U7C
TC74VHC00FT(EL)
2
4
INTP4
3
P77
P76
P75
P74
P73
P72
P71
P70
3
SN74LVC1G125DCKR
U9A
INTP0
U7B
TC74VHC00FT(EL)
6
3
U7A
TC74VHC00FT(EL)
0. 1u
C16
ANI18
SN74LVC1G125DCKR
GND
VCC
U9B
1k
R10
VDD
EVDD
SKQMBAE010
SW3
0. 1u
C18
Q3
DTC143XETL
0. 1u
C17
Q2
DTC143XETL
10K(B)
3
1
10k
R17
Volume
VR1
1
EVDD
2
LED
P1[0..7]
RA5
47k
RA6
47k
10
2
4
6
8
17
15
13
11
1
19
P10
P11
P12
P13
P14
P15
P16
P17
JP4
JP5
JP6
JP7
Y1
Y2
Y3
Y4
Y5
Y6
Y7
Y8
VCC
4
1
1
1
1
1
1
1
1
18
16
14
12
3
5
7
9
20
EVDD
RA4
8
7
6
5
8
7
6
5
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
5
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
RA3
470
0. 1u
Q7
DTC143XETL
6
3
2
4
5
8
10
1
P54
6
3
2
4
5
8
10
1
P55
BZ1
PKM13EPYH4002-B0
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
C20 470
1
2
3
4
1
2
3
4
R11
1k
R9
0
EVDD
5
19-217/B9C-ANQE/3T(ELJ)
2
7Segment LED
P17
BLU
P16
BLU
P15
BLU
P14
BLU
P13
BLU
P12
BLU
P11
BLU
P10
BLU
P01
Buzzer
MC74VHC240DTR2G
GND
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
OE1
OE2
U8
4
D[0..7]
1
4
3
2
1
5
6
7
8
4
3
2
1
5
6
7
8
470
470
RA2
a
g b
c e
d c
b
D. P
a
D. P
g
f
e
d f
VDD
EVDD
Q5
DTA114YUAT106
8
7
6
5
8
7
6
5
Q6
DTA114YUAT106
DIG1
LAP-301VB
1
2
3
4
1
2
3
4
RA1
7
9
D.P_A
COM
DIG0
LAP-301VB
D. P
g
f
a
e
d f g b
c e
c
d
b
D. P
a
7
9
D.P_A
COM
12
6
7
0. 1u
C21
14
8
7
6
5
P60
P61
P62
P63
GND
VCC
U7E
TC74VHC00FT(EL)
P1[0..7]
P2[0..7]
P5[2..5]
P6[0..3]
10k
RA7
P7[0..7]
1
2
3
4
EVDD
VDD
6
1.0.0
Revision
Ext. Terminal
2552-2X5G
CN7
2552-2X13G
CN6
2552-2X5G
CN5
2552-2X13G
CN4
7
2011/10/28
Date
1
3
5
7
9
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
1
3
5
7
9
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
VDD
P20
P04
P02
P53
P55
P16
P14
P12
P10
ANI18
P26
P24
P22
P43
P140
P00
TxD
P05
P70
P72
P74
P76
INTP4
P62
P60
RESET
P41
8
8
SW11007
DRAWING No.
I/O
PWB- MTRL78- A
2
4
6
8
10
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
2
4
6
8
10
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
Title
CN4∼CN7: 未実装
MT-RL78
Product
P21
P130
P03
P01
P52
P54
P17
P15
P13
P11
P146
P27
P25
P23
P42
P120
P141
RxD
P30
P06
P71
P73
P75
P77
P63
P61
INTP0
TOOL0
EVDD
7
2
Sheet
2
D
C
B
A
マイコントレーニングボード
MT-RL78
改訂履歴
Rev.
1.00
発行日
2012/10/10
ページ
-
13
改訂内容
初版発行
MT-RL78
取扱説明書
発行日
2012-10-10 Rev1.00
発 行
サンハヤト株式会社
〒 170-0005 東京都豊島区南大塚 3 丁目 40 番 1 号
©2012 Sunhayato Corp. All rights reserved.
SG11014
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement