Bulletin 2002 メータ製品 ダイジェストカタログ

Bulletin 2002 メータ製品 ダイジェストカタログ
新JIS規格(JIS C1102:2007)対応
メータ製品
ダイジェストカタログ
Bulletin 2002
幅広いビジネスフィールドをカバーする YOKOGAWA グループ。
各社が協力し合うことによって、常に高品質の製品・サービスを
お客様に提供しています。
蘇州横河電表有限公司
中国
1915年の創業とともに歩みはじめた横河電機のメータ開発。
日本最初のメータメーカとして、実に90年以上にわたり、
国内のみならず世界で採用されてきた信頼のブランドです。
地球環境保全に基づいた設計技術、造りこまれた品質から
安心のカスタマーサポートに至るまで、長年培ったノウハ
ウが生きるYOKOGAWAメータのラインアップは安心して
お使いいただける世界のブランドです。
横河メータ&インスツルメンツ株式会社
本社
2
C
O
N
T
E
N
T
S
P
4
配電盤・パネル用計器製品一覧表
P
7
携帯用指示計器
P
15
配電盤・パネル用計器
P
16
広角度計器 2100A Series
P
20
パネル用計器 CLEAR LINE Series P
24
パネル用計器 FS・FL Series
P
28
パネル用計器 ベゼルメータ
P
30
パネル用計器 エッジワイズメータ
ク リ ア
ラ イ ン
P
32
トランスデューサ
P
34
アクセサリ
P
38
代替機種一覧
P
39
メータ製品詳細資料一覧・カスタマーサポートQ&A一覧
■ カスタマーサポートQ&A
携 帯 用 計 器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . P 13
パネル用計器 . . . . . . . . . .
P 19, P 23, P 27, P 31
3
配電盤・パネル用計器 製品一覧
広角度計器
2100Aシリーズ
製 品 名
パネル用計器
CLEARL
INEシリーズ
パネル用計器
FS・FLシリーズ
外 観
機 種 名
直
動 作 原 理
電流計
(受信指示計)
流
電圧計
(受信指示計)
永 久 磁 石
可動コイル形
整 流 形
(平均値整流方式)
電流計
可動鉄片形
実効値応答形
交 流
整 流 形
(平均値整流方式)
電圧計
可動鉄片形
実効値応答形
単相2線
単相3線
電力計 三相3線 不平衡
三相4線
実効値応答形
(時分割掛算方式)
電圧平衡
不平衡
単相2線
電圧平衡
無 効 三相3線
実効値応答形
不平衡
電力計
(時分割掛算方式)
電圧平衡
三相4線
不平衡
単相2線
平
力率計 三相3線
衡 実効値応答形
(位相弁別方式)
不平衡
三相4線 不 平 衡
周波数計
同 期
検定器
4
実効値応答形
(微分方式)
単 相
可動磁石形
三 相
110mm角
80mm角
長方形
角形
長方形
角形
ベゼルメータ
エッジワイズメータ
●携帯用指示計器製品一覧
製 品 名
携帯用指示計器
小形携帯指示用計器
外 観
2011 33
2011∼2042
形 名
直
流
電
流
計
直
流
電
圧
計
交
流
電
流
計
交
流
電
圧
計
2051 03
2051∼2053
高 周 波 電 流 計
高 周 波 電 圧 計
可聴周波電圧計
指針形周波数計
力
率
単
相
電
計
力
計
単相低力率電力計
三
相
電
力
計
●トランスデューサ・関連製品一覧
製 品 名
電力用トランスデューサ
外 観
(2374A)
形
名
2370Aシリーズ(0.5級)
*パネル・DINレール共用取付
D C − D C ア イソレ ー タ
平均値整流形
交流電流
実効値整流形
真の実効値形
平均値整流形
交流電圧
実効値整流形
真の実効値形
電 力
無 効 電 力
位 相
力 率
周 波 数
●アクセサリ一覧
外付
分流器
(直流計器用)
直列抵抗器(倍率器)
計器用変流器(CT)
計器用変圧器(V T)
5
使用上の注意
警告:人体および機器を保護するために、取り扱い上の注意を必ず読む必要があることを表しています。
携帯用指示計器を安全にお使い頂くために
1. 使用環境・使用条件について
次のような場所では使用しないでください。
・ 周囲温度が 0 ∼ 40℃の範囲を超える場所。
・ 湿度が 25 ∼ 80%RHの範囲を超える場所。
・ 振動、
衝撃の多い場所。
注:衝撃試験のピーク加速度;490m/s2
・ 雨、水滴および直射日光のあたる場所。
・ 塵埃、塩分、油煙および腐食性ガス(亜硫酸ガス、アンモニアガス、
硫化水素ガス等の金属やプラスチックを侵すガス)の多い場所。
・ 外来ノイズ、
電波の強い場所。
・ 静電気の発生が多い場所。
・ インバータ、
サイリスタ回路等、波形歪や高調波の多い場所。
2. 配線接続について
接続にあたっては次のことをお守りください。
・ 計器および付属機器を接続する場合は、
活線状態でないことを確認してから作業を行ってください。
・ 配線側の接続端子は電気量と端子サイズにあったものをご使用ください。
・ 接続は銘板やカタログの結線図のとおり、
正しく行ってください。
・ 接続端子はネジサイズに適応したトルクで締付けてください。
・ CT
(変流器)との組合せ計器は、CT二次側に正しく接続してください。誤接続はCTの故障、焼損、火災の原因となりま
す。特にCTの一次側に通電されている状態での二次側の開放は二次側端子に高電圧が発生し、
感電する危険が伴います
ので、計器をはずす前に二次側を短絡してください。
3. 使用上の注意
・
・
・
・
計器の定格範囲内でご使用ください。定格範囲外でのご使用は誤動作や故障の原因となります。
通電中は端子に触れたり、カバーやケースを開けないでください。
通電中の分流器は発熱していますので触れないでください。
通電中のレンジ切り替えのためのプラグの差替えは、
危険ですので行わないでください。
4. 異常時および故障時の処理
・ 異常な発熱、臭い、発音や発煙に気付いたり、故障と判断した場合は直ちに入力を遮断する等の処置をしたうえで、ご購入
いただいた当社代理店または弊社へお申しつけください。
5. 保守点検について
計器を良好な状態でご使用いただくために、次のような定期的な点検を実施してください。
・ 計器および付属機器に発熱等による損傷がないか。
・ 取付けおよび接続ネジ類に緩みがないか。
(安全のため必ず停電状態で実施してください。
)
・ 小形携帯用計器のカバー類には帯電防止処理を施していますのでカバー表面の汚れは柔らかい乾いた布で軽く拭き取っ
てください。濡れたぞうきん等で拭かないでください。帯電防止効果が減少します。化学ぞうきんを長時間接触させ
たり、ベンジン、シンナー等を使用しないでください。変形、変色やひび割れが生じることがあります。
・ 静電気により指針に不安定な動作が発生した場合は、カバーの裏・表に市販の帯電防止剤を塗布してください。
・ 計器の寿命は使用状況により一概にいえませんが、15 年を目安として更新されることをお勧めします。
6
携帯用指示計器
セレクションガイド
携帯用指示計器(電流計・電圧計)
区 分
階 級
形 名
測定範囲(最大目盛値)
10 μA
直
流
電
流
計
・
電
圧
計
0.5級
1.0級
2011 31
2011 32
100 μA
2011 31
4
レ
2011 32
ン
ジ 2011 41
(50 mV)
2011
DC A
1 mA
10 mA
100 mA
2011 37
2011 34
2012 00
2012 00
2011 38
2011 39
2011 42(1 mA)
2011 40
0.1 V
1V
10 V
100 V
1000 V
10 mA
100 mA
1A
10 A
100 A
2013 01
2
レ
ン
ジ
2013 06
2013 07
2013 02
2013 03
2013 04
2013 08
2013 09
2013 20
2013 05
2013
AC A
交
流
電
流
計
・
電
圧
計
(5 A)
2013 10
4
レ
ン
ジ
2013 14
2013 11
2013 23
2014
AC AV
2013 24
2013 25
13
レ
ン
ジ
2014 00
2
レ
ン
ジ
2013 15
2014 00
2013 18
2013 21
2013 19
(150 V)
2013 17
2013 16
2013 26
2013 27
0.1 V
1V
10 V
100 V
1 mA
10 mA
100 mA
1A
0.5級
2016 02
2016
(熱電対形)
2016 03
2016 04
2017
(整流形)
2017 30
10 μA
電交
流 計流
1000 V
2016 01
1.0級
0.1 V
交
流
電電
圧流
計計
・
変流器と組合わせ
2013 12
400
Hz
直
流
電電
圧流
計計
・
2013 22
(500 A)
2013 13
400
Hz
0.5級
2013
AC V
高可
周
波聴
電周
流波
計
・電
電
圧圧
計計
100 A
2011 36
2011 33
4
レ
ン
ジ
2011
DC V
10 A
2011 35
17
レ
ン 2012 00
(50 mV)
ジ
2012
DC AV
1A
2051
DC A
1V
100 μA
10 V
1 mA
2051 01
1A
10 A
1000 V
100 A
2051 03
2051 04
2051 05
2051
DC V
2051 06
0.1 V
1V
10 V
100 V
1000 V
0.1 mA
1 mA
10 mA
100 mA
1A
2052 01
2052
AC A
AC V
(整流形)
2053
AC A
1.5級
(可動鉄片形)
100 mA
2051 02
1.0級
1.5級
10 mA
100 V
2052 03
2052 02
2052 04
2052 05
2052 07
2052 06
0.1 V
1V
10 V
100 V
1000 V
10 mA
100 mA
1A
10 A
100 A
2053 01
2053 03
2053 02
*測定用のリード線はお客様にてご用意ください。
8
携帯用直流電流計・電圧計
2011, 2012
仕 様
動 作 原 理
階
級
使 用 姿 勢
目 盛 の 長 さ
目 盛 区 分
使用温湿度範囲
動作(保存)温湿度範囲
絶 縁 試 験
電 圧 試 験
外形寸法・質量
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
永久磁石可動コイル形
JIS C 1102 0.5 級相当(注 1.)
水平
約 135mm(振れ角 85°)
100/150 区分
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
3000V AC 5 秒間(電気回路と外箱間)
2011…約 197 × 181 × 92mm 約 1.7kg
2012…約 260 × 180 × 120mm 約 2.8kg
付
属
品 : 取扱説明書…1 部
防塵カバー(2012 00)
指定計器用導線
(分流器導線)
(2011 41,
2012 00のみ)
アクセサリ
(別売): 2291 01 2011 用携帯用かばん
2292 01 2012 用携帯用かばん
形 名
2011
最 大 目 盛 値
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
*3/10/30/100
*10/30/100/300
0.1/0.3/1/3
1/3/10/30
10/30/100/300
0.1/0.3/1/3
1/3/10/30
0.3/1/3/10
3/10/30/100
30/100/300/1000
(50mV)
(1mA)
2011 33
2012 00
注)
1. *印の 201131,
201132 は 1.0 級相当です。
2. JIS表示認定製品ではありません。
3. 30 Aを超える測定には、2011 41(50mV計器)または 2012 の 50mV端子に分流器
2215 ∼ 2217を外付けして使用します。2011 41
(50mV計器)
および 2012には指定
計器用導線(分流器導線)1 組(1.5m 0.025 Ω× 2)
を付属します。
導線抵抗が 0.1 Ω以下であれば付属以外の導線を使用しても支障ありません。
4. 1000Vを超える測定には、2011 42
(1mA計器)
または 2011,2012 の 3V端子に直列
抵抗器(倍率器)2222 ∼ 2223 を外付けして使用します。
概略内部抵抗/消費電力
μA
μA
mA
mA
mA
A
A
V
V
V
形 名
5.1/18.3/7.7/2.5
6.8/6.8/2.5/0.88
750/750/278/97.5
23/14/4.7/1.6
最 大 目 盛 値
kΩ
kΩ
Ω
Ω
電圧降下 50mV
2012
00
3/10/30/100/300/1000V
1/3/10/30/100/300mA
1/3/10/30 A/50mV
(17種測定範囲)
1mA(1000Ω/V)
93Ω
電圧降下 3V(1000Ω/V)
概略内部抵抗/消費電力
電圧測定範囲
約1 mA(1000 Ω/V)
電流測定範囲
<レンジ> <電圧降下> <レンジ> <電圧降下>
1mA
24mV
1A
53mV
3mA
41mV
3A
56mV
10mA
47mV
10A
75mV
30mA
49mV
30A 100mV
100mA
50mV 50mV
59Ω
300mA
51mV
携帯用交流電流計・電圧計
2013, 2014
仕 様
理
級
勢
さ
数
分
:
:
:
:
:
:
使用温湿度範囲
動作(保存)温湿度範囲
絶 縁 試 験
電 圧 試 験
外形寸法・質量
:
:
:
:
:
動 作 原
階
使 用 姿
目 盛 の 長
定 格 周 波
目 盛 区
付
属
品 :
アクセサリ
(別売):
形 名
2013
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
可動鉄片形
JIS C 1102 0.5 級相当
水平
約 135mm(振れ角 85°)
50/60Hz ※は 400Hz用
下記の記号と計器一覧表を照合ください
A…100 区分,B…150 区分,C…100/150 区分,
D…100/125 区分,E…120/150 区分
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
3000V AC 5 秒間(電気回路と外箱間)
2013…約 197 × 181 × 92mm 約 1.7kg
2014…約 260 × 180 × 120mm 約 4.2kg
取扱説明書…1 部
防塵カバー(2014 00)
2244 変流器(2013 22)
2291 01 2013 用携帯用かばん
2292 01 2014 用携帯用かばん
最 大 目 盛 値
20/100
50/250
100/500
0.2/1
0.5/2.5
1/5
2/10
5/25
10/50
20/50/100/200
0.1/0.2/0.5/1
0.5/1/2/5
2/5/10/20
10/20/50/100
mA
mA
mA
A
A
A
A
A
A
mA
A
A
A
A
形 名
概 略 消 費 電 力
目盛区分
A
D
A
A
D
A
A
D
A
A
A
A
A
A
0.3/0.2
0.5/0.5
0.5/0.5
0.4/0.4
0.5/0.5
0.6/0.6
0.7/0.7
1/1
1.2/1.8
0.4/0.3/0.2/0.3
0.2/0.3/0.4/0.5
0.7/0.6/0.5/0.3
0.5/0.3/0.6/0.9
0.6/0.9/1.7/2.4
2014 00
2013 14
注)
1. 100Aを超える測定には、2013 20(5A計器)または 2013 の 5A端子,2014 の 7.5 A
端子に変流器 2241 ∼ 2242 を外付して使用します。
2. 750Vを超える測定には、2013 21
(150V計器)
または 2013,2014 の 150V端子に変
圧器 2261,2262 を外付して使用します。
3. 2013 20
(5A計器),2013 21(150V計器)の目盛は 100/150 の 2 重目盛 2 重印字で
す。どのような定格のCT,
VTと組合せても簡単な換算で使える共通目盛となっていま
す。また特注にて直読目盛の製品
(2重目盛まで)
も製作します。
4. JIS表示認定製品ではありません。
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
VA
最 大 目 盛 値
15
16
17
18
2013
19
20
21
22
23
24
※
2013
25
(400Hz用) 26
27
2014
00
15/30
30/75
75/150
150/300
300/750
(5A)
(150V)
500A(500A)
0.5/1/2/5
2/5/10/20
10/20/50/100
75/150
150/300
V
V
V
V
V
A
A
A
V
V
30/75/150/300/750V
0.15/0.3/0.75/1.5/3/
7.5/15/30 A
(13種測定範囲)
概 略 消 費 電 力
B
B
B
B
B
C
C
D
A
A
A
B
B
B
3.8VA
0.2VA
3.8VA
変流器2244(付属品)
と組合せ使用
1.2VA
3.5VA
3.8VA
電圧測定範囲各レンジ 4.5VA
電流測定範囲
7.5A以下
0.7VA
15A
0.9VA
30A
2VA
9
携帯用高周波電流計・電圧計
2016
仕 様
動
階
作
原
理 : 熱電対形
級 : JIS C 1102 2016 01 ∼ 03…1.0 級相当、2016 04…0.5 級相当
使 用 姿 勢 : 水平
目 盛 の 長 さ : 約 135mm
(振れ角 85°)
目 盛 区 分 : 電流計 100 区分,電圧計 150 区分
過
負
荷 : 定格電流(または概略消費電流)の約 1.5 倍まで
定 格 周 波 数 : 50/60Hz
使 用 周 波 数 : 2016 01;DC,10Hz∼ 5MHz
2016 02;DC,10Hz∼ 2MHz
2016 03;DC,10Hz∼ 1MHz
2016 04;DC,10Hz∼ 100kHz
形 名
最 大 目 盛 値
01
02
03
04
2016
5/10/20/50
20/50/100/200
100/200/500/1000
15/30/75/150
mA
mA
mA
V
概 略 消 費 電 流
電圧降下: 375mV
5mA(200Ω/V)
使用温湿度範囲
動作(保存)温湿度範囲
絶 縁 試 験
電 圧 試 験
外形寸法・質量
:
:
:
:
:
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
2000V AC 5 秒間
(電気回路と外箱間)
2016 01 ∼ 03…約 260 × 180 × 141mm
約 2.5kg
2016 04…約 197 × 181 × 92mm 約 1.8kg
付
属
品 : 取扱説明書…1 部
アクセサリ
(別売): 2291 01 携帯用かばん…電圧計用
2292 01 携帯用かばん…電流計用
補
用
品 : 209910-13
(旧:B9646BB)
予備熱電対
2016 03(電流計)
注)
1. 測定の際は、
定格電流または消費電流の1.5 倍以上の電流を流さないようにしてください。
2. 誤って熱電対を焼損した場合には予備熱電対をお求めいただければ簡単に交換できます。ただし、
この場合、計器の許容差は次のようになります。2016 01 ∼ 03…1.5 級,2016 04…1.0 級
3. 電流計は,
全面シールドケースになっており±端子に接続されております。
高周波電流を測定する場合にはmA端子を必ず負荷側に接続してください。
4. JIS表示認定製品ではありません。
5. 校正証明書は商用周波数のみの対応となります。
携帯用可聴周波電圧計
2017
仕 様
動 作 原 理
階
級
使 用 姿 勢
目 盛 の 長 さ
目 盛 区 分
最 大 目 盛 値
定 格 周 波 数
使 用 周 波 数
概略消費電流
使用温湿度範囲
動作
(保存)温湿度範囲
絶 縁 試 験
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
整流形
JIS C 1102 0.5 級相当
水平
約 135mm
(振れ角 85°)
150 区分
30/75/150/300V
50/60Hz
45Hz∼ 10kHz
1mA(1000 Ω/V)
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
電 圧 試 験 : 2000V AC 5 秒間
(電気回路と外箱間)
外 形 寸 法・質 量 : 約 197 × 181 × 92mm 約 1.8kg
アクセサリ
(別売): 2291 01 携帯用かばん
注)
1. エプスタイン試験用磁束電圧計としても使用できます。
2. JIS表示認定製品ではありません。
3. 波高値電圧計は特注にて生産しております。
4. 校正証明書は商用周波数のみの対応となります。
2017 30
携帯用指針形周波数計
2038
仕 様
動
階
使
定
作
原
理
級
勢
圧
:
:
:
:
指針形周波数計(微分方式)
JIS C 1102
(基底値は測定範囲上限値)
用 姿
水平
格 電
120V/240V
120V…50 ∼ 135Vで使用可能、
240V…130 ∼ 300Vで使用可能
目 盛 の 長 さ : 約 135mm
(振れ角 85°)
消 費 電 力 : 120V…約 1.3VA,
240V…約 2VA
形 名
2038
10
31
32
03
04
11
12
測 定 範 囲
階 級
45 ∼ 65Hz
20 ∼ 100Hz
100 ∼ 300Hz
300 ∼ 500Hz
45 ∼ 55Hz
55 ∼ 65Hz
0.2級相当
1.0級相当
0.5級相当
0.5級相当
0.2級相当
0.2級相当
使用温湿度範囲 :
動作(保存)温湿度範囲 :
絶 縁 試 験:
電 圧 試 験:
外形寸法・質量 :
付
属
品:
アクセサリ
(別売):
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上(電気回路と外箱間)
2000V AC 5 秒間(電気回路と外箱間)
約 197 × 181 × 92mm 約 1.8kg
取扱説明書…1 部
2291 01 携帯用かばん
2038 31
目 盛 区 分
100区分(0.2Hz/div)
80区分( 1Hz/div)
100区分( 2Hz/div)
100区分( 2Hz/div)
100区分(0.1Hz/div)
100区分(0.1Hz/div)
注)
1. 電圧が 300Vを超える測定には、計器用変圧器 2261,
2262 を
外付して使用します。
2. JIS表示認定製品ではありません。
3. 許容差は最大目盛値に対して表します。
203831 の場合は、65⫻± 0.2%=± 0.13Hzとなります。
携帯用力率計
2039
仕 様
動作(保存)温湿度範囲 : − 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
整流形
JIS C 1102 3.0 級相当(基底値は電気角 90°)
絶 縁 試 験 : 500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
水平
500V DC 5MΩ以上
(電流回路と電圧回路間)
電 圧 試 験 : 2000V AC 5 秒間
50/60Hz
(電気回路と外箱間)
約 135mm(振れ角 85°)
1500V AC 5 秒間
(電流回路と電圧回路間)
外形寸法・質量 : 約 260 × 180 × 141mm 約 2.9kg
Lead 0-0.3 ∼ 1.0 ∼ 0.3-0Lag(位相角目盛つき)
2039 02
付
属
品 : 取扱説明書…1 部
Lead 0.5 ∼ 1.0 ∼ 0.5Lag
アクセサリ
(別売): 2292 01 携帯用かばん
電圧回路(120V)…約 0.14VA,
注)
電流回路(5A)…約 2.4VA
1. 定格電流が 25Aを超える測定には、5A端子に
形 名
定 格 電 流
定 格 電 圧
(1 A)…約 2.2VA
変流器2241∼2243を外付して使用します。
(25 A)…約 2.9VA
2. 電圧が 300Vを超える測定には、
計器用変圧
0.2/1A
01
120V
1/5A
(0.2 A)…約 2.1VA
2039 02
器 2261,2262 を外付して使用します。
(60∼300Vで使用可)
5/25A
03
使用温湿度範囲 : 0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
3. JIS表示認定製品ではありません。
動 作 原 理
階
級
使 用 姿 勢
定 格 周 波 数
目 盛 の 長 さ
目
盛
有効測定範囲
消 費 電 力
:
:
:
:
:
:
:
:
携帯用電力計
2041, 2042
仕 様
動 作 原 理
使 用 姿 勢
目 盛 の 長 さ
目 盛 区 分
使用温湿度範囲
動作(保存)温湿度範囲
:
:
:
:
:
:
空心電流力計形
水平
約 135mm(振れ角 85°)
120 区分
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
絶
縁
試
験 : 500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
500V DC 5MΩ以上
(電流回路と電圧回路間)
電 圧 試 験 : 2000V AC 5 秒間
(電気回路と外箱間)
1500V AC 5 秒間
(電流回路と電圧回路間)
外形寸法・質量 : 2041 約260×180×141mm 約2.8kg
2042 約260×180×141mm 約3.2kg
付
属
品 : 取扱説明書…1 部
アクセサリ
(別売): 2292 01 携帯用かばん
注)
単相電力計
品名・形名
●単相低力率電力計は用途に応じてご指定ください。
2041
02
01
03
品名・形名
単相低力率電力計(注5)
三相電力計
項目
01
階級
定格電圧
概 略
消費電力
定格電流
概 略
消費電力
定格力率
使用周波数
定格周波数
2042
03
02
JIS C 1102 0.5級相当
項目
階級
定格電圧
概 略
消費電力
120/240V
(1.2/2.4VA)
0.2/1A
0.66/
0.56VA
1/5A
5/25A
0.93/
1.72/
0.84VA
1.69VA
1.0
DC, 25∼1000Hz
50/60Hz
2041
12
13
21
JIS C 1102 0.5級相当
11
120/240V
(2.4/4.8VA)
22
30/60V
(0.6/1.2VA)
定格電流
概 略
消費電力
0.2/1A
1/5A
5/25A
0.2/1A
1/5A
(1.25/1.09VA) (1.7/1.5VA) (2.62/2.5VA) (1.25/1.09VA) (1.7/1.5VA)
定格力率
使用周波数
定格周波数
0.2
25∼500Hz
50/60Hz
2041 02
2042 02
1. 定格電流 25Aを超える場合は 5Aレンジに変流器
2241∼2243を外付してご使用ください。
(三相用に
は、
2 個必要です)
2. 定格電圧 240Vを超える場合は計器用変圧器 2261,
2262を外付してご使用ください。
(三相用には、2 個
必要です)
3. 低力率電力計は、エプスタイン試験器や一般の低力率
電力、
小電力の測定に使用します。
4. 三相電力計の総合消費電力=
(電圧レンジ+電流レ
ンジ)
×2で求めます。
5. 単相低力率電力計は、
目盛板右上にCOSφ=0.2と記
載されます。
6. JIS表示認定製品ではありません。
小形携帯用電流計 , 電圧計
2051, 2052, 2053
2051 03
仕 様
動
作
理 : 2051 永久磁石可動コイル形
2052 平均値整流形,ただし 15 ∼ 300Vは近似実効値整流形
2053 可動鉄片形
階
級 : JIS C 1102
2051…1.0 級相当,2052,
2053…1.5 級相当
目 盛 の 長 さ : 約 88mm(振れ角 90°)
(赤色)
指
針 : 刃形指針
使 用 姿 勢 :
定 格 周 波 数 :
使用温湿度範囲 :
動作(保存)温湿度範囲 :
絶 縁 試 験 :
電 圧 試 験 :
外形寸法・質量 :
アクセサリ
(別売):
片振れ計器
形 名
2051
2052
2053
2052 06
原
01
02
03
04
05
06
01
02
03
04
05
06
07
01
02
03
概 略 内 部 抵 抗
消 費 電 力
最 大 目 盛 値
30//100/300/1000/3000
0.3/1/3/10/30
10/30/100/300/1000
0.3/1/3/10/30
0.3/1/3/10/30
3/10/30/100/300
0.5/1/2.5
2.5/5/10
10/25/50
50/100/250
3/7.5/15
15/30/75
75/150/300
0.25/0.5/1
1/2.5/5
5/10/25
μA
mA
mA
A
V
V
mA
mA
mA
mA
V
V
V
A
A
A
DC
DC
DC
DC
DC
DC
AC
AC
AC
AC
AC
AC
AC
AC
AC
AC
5/6.8/2.8/0.9/0.3
kΩ
970/390/140/43/14
Ω
4/1.4/0.4/0.14/0.04
Ω
0.14/0.04/0.014/0.004/0.001 Ω
100μA(10kΩ/V)
両振れ計器
3V
1/1/1
0.9/0.8/0.7
0.6/0.9/2.3
2051
VA
VA
VA
水平
2052,
2053 50/60Hz
0 ∼ 40℃ 25 ∼ 80%RH
− 10 ∼ 50℃ 25 ∼ 80%RH
500V DC 10MΩ以上
(電気回路と外箱間)
2000V AC 5 秒間
(電気回路と外箱間)
約 113 × 106 × 48mm 約 0.35kg
2291 02 小形携帯用計器Eシリーズ用かばん
このほかに本体とリード等が収納できるケース
93042
(旧:B9604WM)もあります。
注)
1. JIS表示認定製品ではありません。
形 名
1mA
2053 03
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
概 略 内 部 抵 抗
消 費 電 力
最 大 目 盛 値
±0.15/0.5/1.5/5/15
±0.3/1/3/10/30
±5/15/50/150/500
±10/30/100/300/1000
±0.15/0.5/1.5/5/15
±0.3/1/3/10/30
±0.15/0.5/1.5/5/15
±0.3/1/3/10/30
±1.5/5/15/50/150
±3/10/30/100/300
mA
mA
mA
mA
A
A
V
V
V
V
DC
DC
DC
DC
DC
DC
DC
DC
DC
DC
970/390/140/43/14
Ω
1170/400/135/40/14
Ω
4/1.4/0.4/0.14/0.04
Ω
4/1.5/0.4/0.15/0.04
Ω
0.14/0.04/0.014/0.004/0.001 Ω
0.15/0.14/0.11/0.004/0.001 Ω
50μA(20kΩ/V)
100μA(10kΩ/V)
50μA(20kΩ/V)
100μA(10kΩ/V)
11
計器用変成器
2241, 2242, 2243, 2261, 2262
計器用変成器は電気計器とともに使用する変成器で、変圧器や変流器の総称です。計器用
変成器を使用するおもな目的は、大電流や高圧回路の電気量
(電圧・電流・電力・力率)
の
測定範囲を拡張し、計測に適した電流や電圧に変換することと、計測器などを高圧回路から
絶縁することです。
当社では標準用計器用変成器として最高級
(0.1 級)の変流器 2243 をはじめ,0.2 級の
6600V回路用計器用変圧器 2262、同じく 6600V用変流器 2242 および計器用変圧
器 2261、
変流器 2241など各種製作いたしております。
2241
2242
注)
1. 2241,
2242 変流器は、
100A以下の測定範囲は端子式、250A以上は貫通式です。
2. 2243 は端子式です。
3. 2241 ∼ 2243 のほかに 2244 も用意しております。2244(電流測定専用、電力測定は不可)
1 次 500A、2 次 5A(1 レンジ、
貫通式)、定格負担 1.5VA、階級 0.2 級、最高回路電圧 250V。
2261
仕 様
JIS C 1731相当 計器用変成器
計 器 用 変 流 器
形名
2241 00
2242 00
2243 00
10/15/30/50/100/
250/300/500/750/
1500A
10/15/30/50/100/
250/300/500/750/
1500A
0.5/0.75/1/1.5/2/
3/5/7.5/10/15/20/
30/50/75/100A
項目
1
次
2
次
定
格
計 器 用 変 圧 器
負 担
2261
01
03
02
220/440/2200/
3300V
100/200/300/
500V
15/30/50/75V
2262 00
3300/6600V
5A
5A
5A
110V
150V
150V
110V
15VA
15VA
15VA
15VA
15VA
15VA
15VA
比
誤
差
±0.2%
±0.2%
±0.1%
±0.2%
±0.2%
±0.2%
±0.2%
位
相
角
±10分
±10分
±5分
±10分
±10分
±10分
±10分
級
0.2
0.2
0.1
0.2
0.2
0.2
0.2
最高回路電圧
3450V
6900V
250V
–
–
–
–
耐電圧(1分間)
10000V
16000V
2000V
10000V
2000V
4000V
16000V
階
定 格 周 波 数
外
形
寸
質
50∼60Hz
50∼60Hz
法
約318×272×128mm 約348×280×152mm 約348×280×136mm
約255 × 266 × 200mm
約294×266×200mm
約11kg
約18kg
約18kg
量
約9kg
約12.5kg
分流器/直列抵抗器(倍率器)
分流器
2215 ∼ 2217
分流器
直列抵抗器
(倍率器)
2222, 2223
直列抵抗器(倍率器)
許
容
差 : 定格値の± 0.2%
定 格 電 圧 降 下 : 50mV
階 消 費 電
級 : JIS 1102 0.2 級相当
流 : 1mA
2216
(500A)
形 名
2215
08
09
10
11
12
13
14
15
定 格
15A
20A
30A
50A
75A
100A
150A
200A
形 名
2215
2216
50mV
2217
16
01
02
03
01
02
03
04
2222(1.5/3kV)
定 格
300A
500A
750A
1000A
1500A
2000A
3000A
5000A
形 名
50mV
2222
2223
定 格
0.75/1.5kV
1/2kV
1.5/3kV
3/5kV
01
02
03
00
携帯用かばん
2291, 2292
形 名
2291
2292
2291
01
01
02
収 納 計 器
2011, 2013, 2016(電圧計), 2017, 2038
2012, 2014, 2016(電流計), 2039, 2041, 2042, 3254
2051, 2052, 2053
● 携帯用かばんは計器の持ち運びあるいは保管に便利です。
12
2291 01
2292 01
2291 02
携帯用計器を立てた姿勢(垂直姿勢)で使用したいが…
携帯用計器は必ず水平姿勢
(標準姿勢)
でご使用ください。
垂直や傾斜した姿勢では精度を保証できません。理由は指針を含む可動素子の重量バランスの影響によるもので、水平姿勢で
あればこの影響がほとんど無く、
垂直では大きな指示誤差になって現れるためです。なお、
水平度については水準器を用いるよ
うな厳密なものではなく、一般的に言う
「水平な机
(ベンチ)
の上」
で構いません。どうしても垂直で使用しなければならない状
況であれば、
垂直姿勢で校正してからご使用ください。
携帯用計器の測定用のリード線を注文したいが…
当社では準備しておりませんのでお客様にてご用意ください。
計器側の接続用チップを除いて、
線径、
長さおよび相手側の接続チップは使用状況によって千差万別で標準的なリードを設定す
ることが困難なためです。ただし、分流器外付用電流計2011 41
(50 mV)
および 2012 00には分流器導線
(1.5 m、0.05
Ω×2)
を付属しています。
標準品以外のレンジを注文したいが…
標準品以外の異なったレンジもご用意していますので、
お問合せください。
0.5 級、1.0 級とは、どのような意味か?
*現製品はJIS表示認定製品ではありません。
JIS C 1102
「直動式指示電気計器」
に定められた、
精度階級のことです。
誤差および影響変動値
(特性)
の限度を表しますが、
通常は最大許容誤差を表す言葉として使われています。
0.5級=±0.5%基底値
(レンジの最大目盛値)
に対する%
1.0級=±1.0%基底値
(レンジの最大目盛値)
に対する%
なお、両振れ計器の場合の基底値は測定範囲の二つの限度に相当する電気的量
(正側と負側の最大目盛値)
の絶対値の和とな
ります。
携帯用計器 2013、2014 の目盛板で、目盛数字の上にある●印は何か?
測定範囲の下限値を表しています。
●印のある目盛から最大目盛値までが精度を保証する範囲で、
●印未満は精度保証範囲外
(参考値)
となります。
JIS C 1102
「直動式指示電気計器」
に定められた表示です。
内部(端子間)抵抗またはインピーダンスの計算式は?
電 流 計 で 電 圧 降 下 が 示 さ れ て い る 場 合: 電圧降下
(V)
/レンジの定格電流
(A)
=内部抵抗
電 圧 計 で 消 費 電 流 が 示 さ れ て い る 場 合: レンジの定格電圧
(V)
/消費電流
(A)
=内部抵抗
電流計
(回路)
で消費電力が示されている場合: 消費電力
(VA)
/定格電流
(A)
の2乗=内部インピーダンス
電圧計
(回路)
で消費電力が示されている場合: 定格電圧の2乗/消費電力
(VA)
=内部インピーダンス
13
使用上の注意
警告:人体および機器を保護するために、取り扱い上の注意を必ず読む必要があることを表しています。
配電盤・パネル計器を安全にお使い頂くために
1. 使用環境・使用条件について
次のような場所では使用しないでください。
・ 周囲温度が 0 ∼ 40℃の範囲を超える場所。
・ 湿度が 25 ∼ 80% RH の範囲を超える場所。 ・ 振動、衝撃の多い場所。
・ 雨、水滴および直射日光のあたる場所。
・ 塵埃、塩分、油煙および腐食性ガス
(亜硫酸ガス、アンモニアガス、硫化水素ガス等の金属やプラスチックを侵すガス)の多い場所。 ・ 外来ノイズ、電波の強い場所。
・ 静電気の発生が多い場所。
・ インバータ、サイリスタ回路等、波形歪や高調波の多い場所。
2. 配電盤への取付けについて
設置工事、保守点検にあたっては経済産業省令で定める電気設備技術基準および社団法人日本電気協会編
内線規定に示されている安全基準に従って、有資格者が行ってください。
・ 取付け前に、梱包箱の輸送上の破損や製品に著しいキズ等、外観上の異常がないことをご確認ください。
・ 取付けパネルは、金属パネルをご使用いただき、パネルは接地してください。
・ 取付けスタッドの不完全ネジ部
(加工上ネジ山が切れない部分)
のため、薄目のパネルまたは配電盤材料をご使用の際に取付けナット
が締め付けられない場合があります。お手数ですが座金等と組み合わせてご使用ください。
・ 盤への取付けナットは適切な工具によりネジサイズに適応したトルクで締付けてください。
締付けトルク参考値
M3 ネジ;0.6N・m
M4 ネジ;1.2N・m
取付状況に応じて適宣増し締めしてください。
M5 ネジ;2.0N・m
}
3. 配線接続について
接続にあたっては次のことをお守りください。
・
・
・
・
・
計器および付属機器を接続する場合は、活線状態でないことを確認してから作業を行ってください。
配線側の圧着端子は電気量と端子サイズにあったものをご使用ください。
接続は銘板やカタログの結線図のとおり、正しく行ってください。
主電源を直接、接続する場合は、適切なヒューズを入れてご使用ください。
端子カバーは安全のために必ず取付けてください。
端子ネジは適切な工具によりネジサイズに適応したトルクで締付けてください。
締付けトルク参考値
M3 ネジ;0.6N・m
M4 ネジ;1.2N・m
取付状況に応じて適宣増し締めしてください。
M5 ネジ;2.0N・m
・ CT
(変流器)
との組合せ計器は、CT 二次側に正しく接続してください。誤接続は CT の故障、焼損、火災の原因となります。特に CT
の一次側に通電されている状態での二次側の開放は二次側端子に高電圧が発生し、感電する危険が伴いますので、計器をはずす前
に二次側を短絡してください。
}
4. 使用上の注意
・ 本製品の操作は、取付パネルの前面で操作ご使用ください。
・ 操作者は、取付パネルの裏側は、触らないでください。
・ 計器の定格範囲内でご使用ください。定格範囲外でのご使用は誤作動や故障の原因となります。
・ 通電中は端子に触れたり、カバーやケースを開けないでください。
・ 通電中の分流器は発熱していますので触れないでください。
5. 異常時および故障時の処理
・ 異常な発熱、臭い、発音や発煙に気付いたり、故障と判断した場合は直ちに入力を遮断する等の処置をしたうえで、ご購入いただい
た当社代理店または弊社へお申しつけください。
6. 保守点検について
計器を良好な状態でご使用いただくために、次のような定期的な点検を実施してください。
・ 計器および付属機器に発熱等による損傷がないか。
・ 取付けおよび接続ネジ類に緩みがないか。
(安全のため必ず停電状態で実施してください。)
・ 計器のカバー類には帯電防止処理を施していますのでカバー表面の汚れは柔らかい乾いた布で軽く拭き取ってください。
濡れたぞうきん等で拭かないでください。帯電防止効果が減少します。化学ぞうきんを長時間接触させたり、ベンジン、シンナー等
を使用しないでください。変形、変色やひび割れが生じることがあります。
・ 静電気により指針に不安定な動作が発生した場合は、カバーの裏・表に市販の帯電防止剤を塗布してください。
・ 計器の寿命は使用状況により一概にいえませんが、10 年を目安として更新されることをお勧めします。
7. 廃棄に関する事項
・ 指示電気計器および電子式指示計器には電池を使用していません。
・ 一般産業用廃棄物として処理してください。
8. 有寿命部品の使用について
・ 周波数計には(有寿命部品の)アルミ電解コンデンサを使用しています。アルミ電解コンデンサの寿命は、23℃の環境にて公称約 10 年
です。アルミ電解コンデンサの寿命劣化によって、メータに支障が生じた場合はメータを交換願います。
14
配電盤・パネル用計器
広角度計器
2100A Series
トランスデューサ内蔵方式。
豊富なラインアップを誇る 2100A シリーズ
2102A 30
●共通仕様
項
目
規
格
精 度 階 級
支 持 方 式
仕
様
絶縁仕様
トートバンド方式、
ただし2109Aはピボット方式
250°
計器取付姿勢
絶 縁 試 験
安全に関する要求事項
様
電気回路と外箱間:基礎絶縁
使用場所
屋内使用
高度
2000mまで
汚染度
汚染度2
測定カテゴリ
110mm角:196mm,80mm角:140mm CAT.Ⅲ
(JISマーク非表示品には
測定カテゴリを適用していません。)
鉛直=垂直(⊥)
最大動作電圧 600V
電 気 回 路 と 外 箱 間:DC500Vにて10MΩ以上
使用温度範囲
0∼40℃
電流回路と電圧回路間:DC500Vにて5MΩ以上
使用湿度範囲
25∼80%RH
動作
(保存)
温度範囲
−10∼+50℃
動作
(保存)
湿度範囲
25∼80%RH
(21□5A,21□6A,21□7A)
電 気 回 路 と 外 箱 間:AC3320V 5秒間
電流回路と電圧回路間:AC2600V 5秒間
電 圧 試 験
上の要求事項は、JIS C 1010による。 機種一覧参照
指針振れ角
長
仕
目
電圧試験,
絶縁およびその他の安全に関する構造
110mm×110mm角,80×80mm角
盛
JIS C1102:2007
計器正面寸法
目
項
黒(マンセルN1.5)記号BL
(2105A,2106A,2107A)
カ バ ー 色
*2185A,2186A,2187Aは
AC2000V 5秒間
ブルーグリーン(マンセル7.5BG4/1.5)記号BG
ベース:ABS樹脂成形品(難燃グレード)
ケ ース材 質
端子部:ABS樹脂成形品(難燃グレード)
カバー:メタクリル樹脂成形品、帯電防止処理
詳しくは、
カタログ「トランスデューサ方式広角度計器 2100Aシリーズ」
(資料No.Bulletin 2100A)
をご覧ください。
計測器の機種選定上の安全に関する注意事項に関しては,測定カテゴリについて下表のよう
に「測定カテゴリⅡ,Ⅲ,Ⅳ」と分類しています。これらは,測定器および制御機器などの
国際規格(IEC61010)の安全規格やJIS C 1010-1に規定されています。
測定カテゴリ
O
(None, Other)
Ⅱ
CAT.Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
CAT.Ⅲ
CAT.Ⅳ
説 明
主電源に直接接続しないその他の回路です。
屋内配線
配電盤
備 考
主電源から供給されない
その他の回路
低電圧設備に直接接続された回路上で実施する測定のため 家電機器、携帯工具など
引込み線
CAT.Ⅲ CAT.Ⅱ
T
CAT.Ⅳ
のものです。
建造物設備内で実施する測定のためのものです。
配電盤、回路遮断器など
低電圧設備への供給源で実施する測定のためのものです。 架空線、ケーブル系統など
●ご注文時指定事項
形名、
目盛・単位、定格入力値、
カバー色
(必要な場合はCT・VT比、周波数、動作原理、付加仕様をご指定ください。)
16
図 測定カテゴリの説明
固定設備など
コンセント
機器
●機種一覧
形名
機種名
110mm角
80mm角
動作原理
製作可能範囲、定格入力
精度階級
注 5A(1A)
は5Aまたは1Aの意
ダイレクト計器
ダイレクト両振れ計器
1.5級
電流計
分流器外付用計器
分流器外付用
両振れ計器
2101A
30 2181A
00
可動コイル形
ダイレクト計器
直
流
ダイレクト両振れ計器
1.5級
電圧計
直列抵抗器外付用計器
直列抵抗器外付用
両振れ計器
サプレス計器
2101A
35
35
36 2181A
36
37
37
1.5級
延長目盛計器
CT外付用計器
CT外付用
00 実効値整流方式
延長目盛計器
交
流
1.5級
電圧計
2.5級
電流計
電圧計
31
単相2線
単相3線
電
力 三相3線 不平衡 2105A
計
電圧平衡
三相4線
不平衡
32
単相2線
無
電圧平衡
効 三相3線
電
不平衡 2106A
力
電圧平衡
計 三相4線
不平衡
単相2線
電圧平衡
力 三相3線
率
計
三相4線
不平衡
2107A
周波数計
平均値整流形
32
※1
VR付0∼(10V∼300V)
−a∼+b ただし a≦72%×(a+b) a+b=100mV ∼600V
0∼1mA
−a∼+b (b=1mA) ただし a≦1mA
0∼(1A∼30A)
2倍延長:0∼0.5∼1A から0∼10∼20A
3倍延長:0∼1∼3A から 0∼10∼30A
5倍延長:0∼1∼5A, 0∼5∼25A
0∼1A, 0∼5A
0∼1A, 0∼5Aの2倍, 3倍, 5倍
0∼(50V∼600V)
VT外付用計器
0∼150V, 0∼150√3V
70V∼130V, 140∼260V
目盛角度:4∼250°
(245°
)
ダイレクト計器
0∼(300μA∼500mA)
ダイレクト計器
0∼(3V∼600V), VR付0∼(10V∼300V)
VT外付用計器
0∼150V, 0∼150√3V
110/220V/5A(1A), 220/440V/5A(1A)
35 2185A
35 時分割掛算方式
34
34
36
36
31
31
33
33
※1
0∼(50mV∼600V),
110V/5A(1A), 220V/5A(1A), 110V/√3V/5A(1A)
1.5級
110V/5A(1A), 220V/5A(1A)
110/√3V/5A(1A), 220/√3V/5A(1A)
110V/5A(1A), 220V/5A(1A), 110V/√3V/5A(1A)
110V/5A(1A), 220V/5A(1A)
35 2186A
35 時分割掛算方式
34
34
110V/5A(1A), 220V/5A(1A)
36
36
110/√3V/5A(1A), 220/√3V/5A(1A)
31
31
33
33
35 2187A
※1
35
※1
1.5級
位相弁別方式
110V/5A(1A),
5.0級
時分割掛算方式
2108A
30 2188A
2109A
30
30
−
220V/5A(1A)
標準目盛:
LEAD 0.5∼1.0∼LAG 0.5 cosφ
110V/√3V/5A(1A),
36
220V/√3V/5A(1A)
微分方式
単相用
同期検定器
2.5級
31
36
不平衡
01
−a∼+b (b=50mV) ただし a≦50mV
ダイレクト計器
拡大目盛計器
31 2182A
VR付0∼50mV
1∼5V
電流計
2102A
0∼50mV, 0∼60mV, 0∼100mV,
4∼20mA
ダイレクト入力
30 2182A
a+b=1mA ∼2A
10∼50mA
1.5級
ダイレクト計器
2102A
0∼(300μA∼30A)
−a∼+b ただし a≦72%×(a+b)
可動磁石形
三相用
0.5級
45-55Hz, 55-65Hz
1.0級
45-65Hz, 350-450Hz
2.5級
規定値: 110V, 220V
電気角90度
電圧:100V, 110V, 115V,
200V, 220V, 230V
目盛:SLOW-FAST
※1 専用トランスデューサが付属(P19の外形図を参照ください)
17
広角度計器 2100Aシリーズ
《外形図》
単位:mm
● 2101A □□, 2102A 30, 2107A 31, 33, 2108A 30
パネルカット
質量:2101A約450g 2102A約450g 2107A 31・33約600g 2108A約490g
● 2105A □□, 2106A □□, 2107A 35, 36
φ99
パネルカット
15
21
97
質量:2105A約570g 2106A約590g 2107A 35・36約600g
● 2109A 30
15
110
21.3
97
パネルカット
90
ø97
110
M5
12 10
90
M4
質量:約550g
18
● 2181A □□, 2182A □□, 2185A □□, 2186A □□, 2187A □□, 2188A □□
M4
64
φ70
12 10
15
18
パネルカット
M4
64
106
質量:2181A約360g 2182A,2185A,2186A,2187A,2188A約370g
●専用トランスデューサ
2185A 31・32・35, 2186A 31・33・35, 2187A 35用
●専用トランスデューサ
2185A 34・36, 2186A 34・36, 2187A 36用
(103)
91
40
6 10
18 2
40
φ6.5×10.5小判穴
16
φ6.5×10.5小判穴
M4
18 2
16
91
6 10
M4
(30)
φ6.5穴
160
140±0.5
φ100
160
φ100
140±0.5
M4
φ6.5穴
端子キャップ
12
10
12
10
質量:2185A 31, 2186A 31約290g
質量:2185A 34, 2186A 34約320g
2185A 32・35, 2186A 35約320g 2186A 33, 2187A 35約340g
2185A 36, 2186A 36, 2187A 36約370g
Q&A
カスタマーサポート
広角度計器(振れ角 250°
)とパネル用計器
(振れ角 90°
)はどう違うの?
広 角 度 計 器:主に制御盤に使用されます。目盛長が長いので読取りが正確。離れていても指針の示す角度で概略値を知るこ
とができます。
パネル用計器:配電盤や測定器に使用される最も一般的なメータです。用途に応じて多くのサイズや指針形状が用意されてい
ます。
段付きスケールとは?
別名、
プラットホーム形スケールともよばれ、
主に広角度計器のスケールに使用されます。
読み取り誤差を少なくするために、目盛のあるスケールの外周部を指針の動く高さまで持
ち上げた段差のあるスケールです。
目盛
指針
段付きスケール
19
パネル用計器
ク
リ
ア
ラ
イ
ン
CLEAR LINE Series
トートバンドとピボットの
2 種類の支持方式によって
様々な用途に対応するパネル用指示計器。
2076A 10(刃形指針)
《長方形》
2094A 37(刃形指針)
《角形》
●共通仕様
項
目
仕
規
格
JIS C1102:2007
計器取付姿勢
鉛直=垂直(⊥)
機種一覧参照
絶 縁 試 験
電気回路と外箱間:DC500Vにて10MΩ以上
精 度 階 級
支 持 方 式
指針振れ角
指 針 形 状
様
項
トートバンド方式,ピボット方式
仕
目
90°
可動鉄片形はAC3320V 5秒間
刃形(赤色)記号K 全機種
電圧試験,絶縁およびその他の安全に関する構造
上の要求事項は、JIS C 1010による。
槍形(黒)記号L 20□4A∼20□6A, 2093A, 2094A
形 名
刃形指針
絶縁仕様
槍形,棒形指針
2071,81
29
29
2072,82
34
34
2073,83
47.5
47.5
2074A, 84A
63.5
62
2075A, 85A
80.5
79
2076A, 86A
計器正面寸法
( 横×縦 m m )
様
電気回路と外箱間:AC2210V 5秒間
電 圧 試 験
棒形(黒)記号B 20□1∼20□3, 2093A, 2094A
目盛 長( m m )
103
電気回路と外箱間:基礎絶縁
使用場所
屋内使用
高度
2000mまで
汚染度
安全に関する要求事項 測定カテゴリ
47.5
47.5
2094A
63.5
62
2071, 2081
52×44
2072, 2082
57×48
2073, 2083
69×58
2074A, 2084A
82×69
2075A, 2085A
102×85
2076A, 2086A
122×102
2093A
60×60
2094A
80×80
CAT.Ⅲ
(JISマーク非表示品には
測定カテゴリを適用していません。)
最大動作電圧 300V:直流電流計・電圧計,
交流
電流計・電圧計(整流形),
電力計,
無効電力計,
力率計,
周波数計
600V:交流電流計・電圧計(可動
101
2093A
汚染度2
鉄片形)
使用温度範囲
0∼40℃
使用湿度範囲
25∼80%RH
動作(保存)温度範囲 −10∼+50℃
動作(保存)湿度範囲
25∼80%RH
黒(マンセルN1.5) 記号BL
カ バ ー 色
ブルーグリーン(マンセル7.5BG4/1.5)記号BG
半透明 2093A, 2094Aのみ
ケ ース材 質
ベース:ABS樹脂成形品(難燃グレード)
カバー:メタクリル樹脂成形品,帯電防止処理
詳しくは、
カタログ「配電盤用パネル用計器」
(資料No.Bulletin 2074A)
をご覧ください。
計測器の機種選定上の安全に関する注意事項に関しては,測定カテゴリについて下表のよう
に「測定カテゴリⅡ,Ⅲ,Ⅳ」と分類しています。これらは,測定器および制御機器などの
国際規格(IEC61010)の安全規格やJIS C 1010-1に規定されています。
測定カテゴリ
O
(None, Other)
Ⅱ
CAT.Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
CAT.Ⅲ
CAT.Ⅳ
説 明
主電源に直接接続しないその他の回路です。
屋内配線
配電盤
備 考
主電源から供給されない
その他の回路
低電圧設備に直接接続された回路上で実施する測定のため 家電機器、携帯工具など
引込み線
CAT.Ⅲ CAT.Ⅱ
T
CAT.Ⅳ
のものです。
建造物設備内で実施する測定のためのものです。
配電盤、回路遮断器など
低電圧設備への供給源で実施する測定のためのものです。 架空線、ケーブル系統など
●ご注文時指定事項
形名、
目盛・単位、定格入力値、
カバー色
(必要な場合はCT・VT比、周波数、動作原理、付加仕様をご指定ください。)
20
図 測定カテゴリの説明
固定設備など
コンセント
機器
●機種一覧
機種名
形名
支持方式
動作原理
製作可能範囲、定格入力
精度階級
注 5A(1A)
は5Aまたは1Aの意
ダイレクト計器
0∼(10μA∼30A)
ダイレクト両振れ計器
±5μA∼±15A
分流器外付用計器
電流計
分流器外付用
207110∼207310,
両振れ計器
2074A10∼2076A10,
2093A10, 2094A10
2.5級
トートバンド
(2076Aは1.5級)
電圧計
ダイレクト計器
207110∼207310,
±0.25V∼±150V
0∼1mA
0∼(50μA∼30A)
ダイレクト両振れ計器
±50μA∼±15A
分流器外付用
208110∼208310,
2.5級
ピボット
(2086Aは1.5級)
2093A17, 2094A17
電圧計
両振れ計器
ダイレクト計器
VT外付用計器
2093A20, 2094A20
整流形
電流計
(平均値整流方式)
2.5級
208120∼208320,
交
流
電圧計
電流計
2084A20∼2086A20,
208130∼208330,
2084A30∼2086A30,
ピボット
可動鉄片形
2093A37, 2094A37
2.5級
2074A80∼2076A80,
周波数計
2093A80, 2094A80
2093A87, 2094A87
ピボット
実効値応答形
(微分方式)
0.5級, 1.0級
VR付0∼(10V∼300V)
0∼150V
0∼1mA
0∼(3V∼300V),
VR付0∼(10V∼300V)
0∼150V
直列抵抗器外付用計器
0∼1mA
ダイレクト計器
0∼(50mA∼30A)
ダイレクト入力
2倍延長:0∼0.5∼1A から0∼30∼60A
延長目盛計器
3倍延長:0∼1∼3A から 0∼20∼60A
CT外付用計器
0∼1A, 0∼5A
0∼1A, 0∼5Aの2倍, 3倍
ダイレクト計器
0∼(10V∼600V), 0∼150√3V
VT外付用計器
0∼150V
目盛(測定範囲)
:
トートバンド
0∼(3V∼300V),
0∼(200μA∼20mA)
(2086Aは1.5級) CT外付用
延長目盛計器
電圧計
0∼(200μA∼20mA)
直列抵抗器外付用計器
VT外付用計器
2093A27, 2094A27
±1mA
ダイレクト計器
ダイレクト計器
ピボット
VR付0∼(0.5V∼300V)
0∼1mA
ダイレクト計器
2074A20∼2076A20, トートバンド
0∼(0.5V∼300V),
直列抵抗器外付用計器
ダイレクト計器
207120∼207320,
±50mV
±0.25V∼±300V
両振れ計器
電流計
0∼50mV, 0∼60mV, 0∼100mV,
VR付0∼50mV
ダイレクト両振れ計器
直列抵抗器外付用
電圧計
±1mA
ダイレクト計器
分流器外付用計器
電流計
2084A10∼2086A10,
VR付0∼(0.5V∼300V)
1∼5V
可動コイル形
2093A10, 2094A10
0∼(0.5V∼300V),
4∼20mA, 10∼50mA, 0.2∼1mA, 1∼5mA, 2∼10mA,
永久磁石
2074A10∼2076A10,
±50mV
直列抵抗器外付用計器
両振れ計器
サプレス計器
VR付0∼50mV
ダイレクト両振れ計器
直列抵抗器外付用
直
流
0∼50mV, 0∼60mV, 0∼100mV,
45∼55Hz, 55∼65Hz,
45∼65Hz, 40∼50Hz,
300∼500Hzまで各種
電圧:
100V, 110V, 115V, 200V, 220V,
230V
21
パネル用計器 クリアラインシリーズ《外形図》
単位:mm
●2071, 2081
2-φ3.5+0.2
0 穴
16±0.3 16±0.3
16±0.3 16±0.3
14 1.5
φ38
16 16
10.5
2-M4
パネルカット
52※
45.4±0.2
45.6 +0.2
0
13.9±0.2 20.4+0.2
0
25 14.5
10 13
2-M3
20.2±0.2
44※
15
32±0.2
19
9穴
φ3
サーフェイスマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約50×42となる。
φ7+0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約70g
●2072, 2082
2-φ3.5 +0.2
0 穴
19±0.3 19±0.3
19±0.3 19±0.3
15 2
2-M4
パネルカット
57※
50.4±0.2
50.6 +0.2
0
14.9±0.2 22.9 +0.2
0
25 14.5
10 13
φ43
19 19
12.5
2-M3
22.7±0.2
48※
15
38±0.2
19
4穴
φ4
φ7 +0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約80g
サーフェイスマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約55×46となる。
●2073, 2083
20.5±0.3 27.5±0.3
28.2±0.2
24±0.3
2-φ3.5 +0.2
0 穴
18
φ45
2-M4
パネルカット
69※
61.4±0.2
6
φ4
24±0.3
61.6 +0.2
0
17.9±0.2 28.4 +0.2
0
25 14.5
10 13
58※
15
2-M3
3
20.5 27.5
11.5
48±0.2
19
穴
φ7+0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約90g
サーフェイスマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約67×56となる。
●2074A, 2084A
69
73.6 +0.2
0
32±0.3 32±0.3
穴
3
φ5
22.9±0.2 34.4 +0.2
0
+0.2
0
18.5±0.3 29.5±0.3
2-M4
23 4
端子カバー
2-φ3.5
※
10 13
2-M3
パネルカット
82 ※
73.4±0.2
25 14.5
34.2±0.2
(15.7) 17
φ52
22.5
18.5 29.5
9
64±0.2
30
穴
φ7 +0.5
0 穴
ウィンドマウント
サーフェイスマウント
質量:約105g
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約80×67となる。
●2075A, 2085A
25 14.5
102 ※
93.4±0.2
10 13
パネルカット
0 穴
2-φ4.5+0.2
93.6 +0.2
0
0
44.9 +0.2
40±0.3 40±0.3
21.5±0.3 42.5±0.3
6.5
25.5
21.5
9
φ52
22.5
42.5
端子カバー
2-M4
44.7±0.2
85 ※
2-M4
3
φ5
穴
25.4±0.2
(15.7) 17
80±0.2
30
サーフェイスマウント
φ7+0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約140g
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約100×83となる。
●2076A, 2086A
50±0.3
50±0.3
56.4 +0.2
0
9.5
32
φ52
22.5
20
9
60
2-M4
3
φ5
穴
サーフェイスマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約120×100となる。
22
113.6 +0.2
0
31.9±0.2
端子カバー
2-φ4.5+0.2
0 穴
60±0.3
2-M4
パネルカット
122 ※
113.4±0.2
10 13
20±0.3
30
25 14.5
56.2±0.2
102 ※
(15.7) 17
100±0.2
φ7 +0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約160g
●2093A
2-φ3.5
+0.2
0
52.6 +0.2
0
穴 24±0.3 24±0.3
24±0.3 24±0.3
60 ※
4
17.5
24
30.2 -0.30
10 13
端子カバー
2-M4
9
パネルカット
60 ※
0
52.4 -0.3
25 14.5
17.4±0.2 30.4+0.2
0
(15.7) 17
2-M3
φ52
22.5
24
48±0.2
30
3穴
φ5
サーフェイスマウント
φ7 +0.5
0 穴
ウィンドマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約58×58となる。
質量:約90g
●2094A
0
72.4 -0.3
穴
72.6
+0.2
0
+0.2
0
+0.2
0
32±0.3 32±0.3
3穴
φ6
サーフェイスマウント
※印の寸法は、
カバー後部を示し、前部は勾配のため約78×78となる。
40.4
80 ※
4
21.5
φ62
22.5
32
5
2-M 4
0
40.2-0.3
2-φ3.5
端子カバー
32
パネルカット
80 ※
10 13
2-M 3
21.4±0.2
25 14.5
32±0.3 32±0.3
(15.7) 17
64±0.2
30
φ7 +0.5
0 穴
ウィンドマウント
質量:約115g
Q&A
カスタマーサポート
可動部支持方式の「トートバンド」と「ピボット」の特徴は?
トートバンド:振動のない場所なら、
あらゆる設置場所に適します。 原理上
「摩擦」
(ヒステリシス)
が無い、
高感度タイプも選べる、
衝撃に強い等の長所があります。
しかしその構造から、付加振動の周波数や強さによっては可動部が共振して指針が跳ねて、指示が読み取れな
くなることがあります。
振動がある場所でトートバンドを使用したい場合は、
「防振用オイル入り」
を特注で製作しています。
ピ ボ ッ ト:振動がある場所も含めて一般的な設置場所すべてに適します。しかし振動が強く可動部が共振する場合は、防
振用オイル入りトートバンドを使用します。耐衝撃性についてはトートバンドが優れています。
交流計器の「可動鉄片形」と「実効値整流形」および「平均値整流形」の選択は?
可 動 鉄 片 形:最も一般的に使用されています。部品点数が少なく、丈夫で安価ですが、その特性から目盛は非直線
(ノンリニ
ア)
となります。
商用周波数
(50/60Hz)
専用ですが、
400Hz用も指定できます。
実効値整流形:広角度計器に採用されています。内蔵の電子デバイス回路で直流に変換し、可動コイル形計器で指示するもの
です。
これにより250°振れで、
直線
(リニア)
目盛を実現しています。
商用周波数
(50/60Hz)
用と、
400Hz用のいずれかを指定できます。
平均値整流形:交流電圧出力の回転計用発電機をはじめ、
正弦波形の電圧・電流測定に使用します。
使用周波数範囲が広く、
高感度の計器が製作できる反面、
歪み波形の測定では誤差が大きくなります。
パネル用計器の指針形状の種類は?
刃 形( 赤 色 )
:測定器に使用します。30cm程度の距離から読み取るのに適しています。
視差
(パララックス)
を少なくするミラー付スケールが選択できます。
槍 形( 黒 色 )
:主に配電盤に使用します。50cm以上の距離から読み取るのに適しています。
棒 形( 黒 色 )
:用途は槍形と同じです。デザイン上の選択となります。
23
パネル用計器
FS・FL Series
オールクリアカバーの採用で
高い視認性を確保。
配線時も取り外し不要の
安全端子カバー構造。
FL10SV
《長方形》
FS80SA
《角形》
(注)設定指針付カバー(記号BS)付
●共通仕様
仕 様
項 目
項 目
仕 様
規 格
JIS C1102:2007
電圧試験,
絶縁およびその他の安全に関する構造
精 度 階 級
機種一覧参照
上の要求事項は、JIS C 1010による。
支 持 方 式
ピボット方式
絶縁仕様
電気回路と外箱間:基礎絶縁
指針 振れ角
90°
使用場所
屋内使用
指 針 形 状
棒形(黒)
高度
2000mまで
汚染度
汚染度2
目盛 長( m m )
計器正面寸法
( 横×縦 m m )
計器取付姿勢
形 名
目盛長
FS60□□
47.5
安全に関する要求事項
電 圧 試 験
FS80□□
62
FS10□□
79
FL80□□
62
FL10□□
79
FS60□□
60×60
FS80□□
80×80
使用温度範囲
0∼40℃
FS10□□
100×100
使用湿度範囲
25∼80%RH
FL80□□
80×67
動作(保存)温度範囲
−10∼+50℃
FL10□□
100×83
動作(保存)湿度範囲
25∼80%RH
最大動作電圧 300V:直流電流計・電圧計、交流
電流計・電圧計(整流形),
電力
計,
無効電力計,
力率計,
周波数計
600V:交流電流計・電圧計(可
動鉄片形)
鉛直=垂直(⊥)
電流回路と電圧回路:DC500Vにて5MΩ以上
(電力計, 無効電力計, 力率計)
カ バ ー 色
黒(マンセルN1.5) 一般用:記号BL
設 定 指 針
設定指針(赤色)付:記号BS
ベース:ABS樹脂成形品(難燃グレード)
ケ ース材 質
カバー:メタクリル樹脂成形品,帯電防止処理
電 気 回 路と外 箱 間:AC2210V 5秒間
可動鉄片形はAC3320V 5秒間
電流回路と電圧回路間:AC2000V 5秒間
(電力計, 無効電力計, 力率計)
詳しくは、
カタログ「配電盤用パネル用計器」
(資料No.Bulletin 2074A)
をご覧ください。
計測器の機種選定上の安全に関する注意事項に関しては,測定カテゴリについて下表のよう
に「測定カテゴリⅡ,Ⅲ,Ⅳ」と分類しています。これらは,測定器および制御機器などの
国際規格(IEC61010)の安全規格やJIS C 1010-1に規定されています。
測定カテゴリ
O
(None, Other)
Ⅱ
CAT.Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
CAT.Ⅲ
CAT.Ⅳ
説 明
主電源に直接接続しないその他の回路です。
図 測定カテゴリの説明
屋内配線
配電盤
備 考
主電源から供給されない
その他の回路
低電圧設備に直接接続された回路上で実施する測定のため 家電機器、携帯工具など
引込み線
CAT.Ⅲ CAT.Ⅱ
T
CAT.Ⅳ
のものです。
建造物設備内で実施する測定のためのものです。
配電盤、回路遮断器など
低電圧設備への供給源で実施する測定のためのものです。 架空線、ケーブル系統など
●ご注文時指定事項
形名、
目盛・単位、定格入力値、
カバー色
(必要な場合はCT・VT比、周波数、動作原理、付加仕様をご指定ください。)
24
CAT.Ⅲ
(JISマーク非表示品には
測定カテゴリを適用していません。)
電 気 回 路と外 箱 間:DC500Vにて10MΩ以上
絶 縁 試 験
測定カテゴリ
固定設備など
コンセント
機器
●機種一覧
機種名
形名
電流計
動作原理
製作可能範囲、定格入力
精度階級
注 5A(1A)
は5Aまたは1Aの意
ダイレクト計器
0∼(50μA∼30A)
ダイレクト両振れ計器
±25μA∼±15A
分流器外付用計器
DA
分流器外付用
両振れ計器
永久磁石
直
流
ダイレクト計器
可動コイル形
電圧計
DV
FS80,
サプレス計器
電流計
FS10,
FL80,
FL10
RA
整流形
RV
電圧計
2.5級
DV
(平均値整流方式)
交
流
SA
電流計
可動鉄片形
単相2線
電
力 三相3線 不平衡
計
電圧平衡
三相4線
不平衡
※1
W5
W4
無
効
電圧平衡
電 三相3線
不平衡
力
計
電圧平衡
三相4線
不平衡
単相2線
※1
力 三相3線
率
計
三相4線
FS60,
FS80,
4∼20mA, 10∼50mA
1∼5V
ダイレクト計器
0∼(200μA∼20mA)
ダイレクト計器
0∼(3V∼300V), VR付0∼(10V∼300V)
VT外付用計器
0∼150V
直列抵抗器外付用計器
0∼1mA
ダイレクト計器
0∼(50mA∼30A)
ダイレクト入力
2倍延長:0∼0.5∼1A から0∼30∼60A
延長目盛計器
3倍延長:0∼1∼3A から 0∼20∼60A
CT外付用計器
0∼1A, 0∼5A
FS10,
FL80,
FL10
0∼(10V∼600V), 0∼150√3V
VT外付用計器
0∼150V
110V/5A(1A), 220V/5A(1A),
110V/√3V/5A(1A)
実効値応答形
110V/5A(1A),
Q5
(時分割掛算方式)
220V/5A(1A)
Q6
P1
P5
115V, 120V, 200V, 230V, 240V, 0.1A,
110V/5A(1A),
実効値応答形
(位相弁別方式)
5.0級
220V/5A(1A)
110V/√3V/5A(1A),
220V/√3V/5A(1A)
P6
FR
製作可能な校正無効電力の範囲は27ペー
ジ表2をご参照ください。その他、100V,
0.5Aで製作できるものもあります。片振れ形,
110V/5A
(1A)
, 220V/5A
(1A)
アンバランス形もご相談ください。
110/√3V/5A(1A),220/√3V/5A(1A)
Q4
不平衡
0∼1A, 0∼5Aの2倍, 3倍
ダイレクト計器
Q3
P3
周波数計
2.5級
Q1
電圧平衡
不平衡
実効値応答形
(時分割掛算方式)
W6
単相2線
±1m A
110V/5A(1A),220V/5A(1A),
製作可能な校正電力の範囲は27ページ表1
110V/√3V/5A(1A)
をご参照ください。その他、
100V, 115V, 120V,
110V/5A
(1A)
, 220V/5A
(1A)
200V, 230V, 240V, 0.1A, 0.5Aで製作できる
110/√3V/5A(1A),
ものもあります。両振れ形もご相談ください。
220/√3V/5A(1A)
W1
※1
VR付0∼(1V∼300V)
0∼1mA
CT外付用
SV
0∼(0.5V∼300V),
±0.25V∼±150V
延長目盛計器
電圧計
±50mV
直列抵抗器外付用計器
両振れ計器
DA
VR付0∼50mV
ダイレクト両振れ計器
直列抵抗器外付用
FS60,
0∼50mV, 0∼60mV, 0∼100mV,
実効値応答形
0.5級
45-55Hz, 55-65Hz
(微分方式)
1.0級
45-65Hz, 350-450Hz
標準目盛:
LEAD 0.5∼1.0∼LAG 0.5 cosφ
電圧:100V, 110V, 115V, 200V, 220V,
230V
※1 専用トランスデューサが付属(P27の外形図を参照ください)
25
パネル用計器 FS,FLシリーズ《外形図》
単位:mm
●FS60
パネルカット
端子カバー
48
9
60
φ52
22.5
+
25 13
10
+0.2
2-φ3.5 0 穴 24±0.3 24±0.3
24±0.3 24±0.3
(15.7)17
2-M3
60
48
30
2-M4
φ
穴
53
質量:約90g
●FS80
端子カバー
+0.2
2-φ3.5 0 穴
80
+
80
φ62
22.5
64
5
2-M3
パネルカット
25 13
10
32±0.3 32±0.3
(15.7)17
64
30
2-M4
32±0.3 32±0.3
φ6
3穴
質量:約115g
●FS10
(15.7)17
80
30
2-M4
25 13
10
100
パネルカット
+0.2穴
2-φ4.5 0
40±0.3
40±0.3
40±0.3
100
端子カバー
22.5
80
3
+
φ68
40±0.3
2-M4
9穴
φ6
質量:約140g
●FL80
+
25 13
パネルカット
81.4
10
端子カバー
2φ3.5 +0.2
穴 32±0.3 32±0.3
0
18.5±0.3 29.5±0.3
18.5 29.5
3.5
(15.7)17
2-M3
68.4
32
30
φ52
22.5
32
2-M4
3穴
φ5
質量:約105g
●FL10
30
2-M4
(15.7)17
パネルカット
25 13
10
101.6
+0.2
2φ4.5 0 穴
2-M4
84.6
+
φ52
22.5
21.5
42.5
1.5
端子カバー
21.5±0.3 42.5±0.3
40
40
40±0.3
φ
40±0.3
穴
53
質量:約130g
26
●専用トランスデューサ
F□□□□1, F□□□W5, F□□□Q3・Q5, F□□□P3・P5用
●専用トランスデューサ
F□□□W4・W6, F□□□Q4・Q6, F□□□P6用
(103)
91
40
6 10
6 10
18 2
40
φ6.5×10.5小判穴
16
φ6.5×10.5小判穴
M4
18 2
16
91
M4
(30)
φ6.5穴
160
140±0.5
φ100
160
φ100
140±0.5
M4
φ6.5穴
端子キャップ
12
10
12
表1
形名
計器定格
110 / √3 V
1 10 V
製 作 可 能な校 正 電 力 範 囲
三相 3 線
FS □ □ W5
F L □ □ W5
単 相 2線
FS□ □ W 1
FL□ □ W 1
1A
0∼(32∼95)W
5A
0∼(160∼475)W
1A
0∼(55∼164)W
0∼(95∼285)W
5A
0∼(275∼820)W
0∼(475∼1400)W
0∼(475∼1400)W
0∼(190∼570)W
5A
220 V
三相 4 線
FS □ □ W4・W 6
F L □ □ W4・W 6
0∼(95∼285)W
1A
220 / √3 V
10
質量:トランスデューサF□□□□4:約320g F□□□□6:約370g
質量:トランスデューサF□□□□1, F□□□P3:約290g F□□□W5・Q5:約320g F□□□Q3・P5:約340g
0∼(950∼2850)W
1A
0∼(110∼328)W
0∼(190∼570)W
5A
0∼(550∼1640)W
0∼(950∼2850)W
最大目盛値
・校正電力=
CT比×VT比(CT.VT不使用の場合は1として求めます)
表2
製 作 可 能な校 正 無 効 電 力 範 囲
形名
計 器定格
110 / √3V
1A
5A
110V
1A
5A
220 / √3V
単 相 2線
FS□ □ Q 1
FL□ □ Q 1
LEAD 21∼95var
LAG
LEAD
LAG 105∼475var
LEAD
LAG 36∼164var
LEAD
LAG 180∼820var
三相 3線( 平 衡 )
FS□ □ Q 3
FL□ □ Q 3
三相 3 線( 不 平 衡 )
FS □ □ Q 5
FL□□Q5
三相 4 線( 平 衡 )
FS □ □ Q 4
FL□□Q4
LEAD 95∼285var
LAG
LEAD475∼1400var
LAG
LEAD
LAG 62∼285var
LEAD
LAG 312∼1400var
LEAD
LAG 95∼285var
LEAD
LAG 475∼1400var
LEAD
LAG 62∼285var
LEAD
LAG 312∼1400var
LEAD
LAG 190∼570var
LEAD 950∼2850var
LAG
1A
5A
220V
1A
5A
・校正電力=
三相 4 線( 不 平 衡 )
FS □ □Q6
F L □□Q6
LEAD
LAG 72∼328var
LEAD
LAG 360∼1640var
LEAD
LAG 125∼570var
LEAD
LAG 625∼2850var
最大目盛値
CT比×VT比(CT.VT不使用の場合は1として求めます)
LEAD
LAG 190∼570var
LEAD 950∼2850var
LAG
LEAD
LAG 125∼570var
LEAD
LAG 625∼2850var
・三相4線平衡用(Q4)の電圧は線間電圧を入力します。
Q&A
カスタマーサポート
安全端子カバーとは?
活線状態のメータ入力端子に、不用意に触れて感電してしまう。そんな事故を防止するための透明プラスチックのカバーです。
広角度計器
パネル用計器
PL法
(製造物責任法)
にも対処して採用しました。対象機種と形状は次のとおりです。
広 角 度 計 器:2101A∼2108A, 2181A∼2188A
(専用トランスデューサを含む)
形状:はめ込みタイプ
パネル用計器:2074A∼2076A, 2084A∼2086A, 2093A, 2094A
FS,FLシリーズ全機種
配線後は忘れずに安全端子カバーを取付けてください。
形状:跳ね上げタイプ
27
パネル用計器
ベゼルメータ
経済性と融通性を追求した画期的なユニット式
パネル計器。
ベゼルメータ
(完成品)
2177 11
●共通仕様
項 目
仕 様
項 目
精 度 階 級
JIS C1102 2175, 2176:2.5級相当, 2177:1.5級相当
使用温度範囲
動 作 原 理
永久磁石可動コイル形
使用湿度範囲
30∼75%RH
動作(保存)温度範囲
−10∼+50℃
支 持 方 式
トートバンド方式 動作(保存)湿度範囲
指 針 形 状
刃形(赤色) 指 針 振れ角
90°
目
2175:66mm, 2176:88mm, 2177:105mm
盛
長
仕 様
0∼40℃
25∼80%RH
ベ ー ス :ABS樹脂成形品(難燃グレード)
ケ ース 材 質
カ バ ー :メタクリル樹脂成形品,帯電防止処理
ベゼル部 :ポリカーボネート樹脂成形品 計器取付姿勢
鉛直=垂直(⊥)
絶 縁 試 験
電気回路と外箱間:DC500Vにて10MΩ以上 電流計公称回路電圧:500V
電 圧 試 験
電 気 回 路と外 箱 間:AC2210V 5秒間
●ご注文時指定事項
詳しくは、
カタログ「配電盤用パネル用計器」
(資料No.Bulletin 2074A)
をご覧ください。
形名、
目盛・単位、定格入力値、付加仕様
ベゼルメータ《外形図》
単位:mm
●2175(ベゼルユニット付きの場合)
84
79
73
1.8 5.2 11.5
30
30
パネルカット
+1
43 0 0
43 -0.2
38.5
47
(73)
4
φ5
+1
7.5 5
26
42
39
2-M4
80.4 0 7
2-M4
62
7
2-φ 4.1穴
42.5
12
34
質量:約140g
●2176(ベゼルユニット付きの場合)
104
99
92
1.8 5.2 11.5
35
35
パネルカット
54
+1
0 0
54 -0.2
58
(86.5)
44
4
φ5
7.5 5
28.5
53
50
2-M4
+1
100 0 2-M4
7
62
77
7
42.5
12
34
2-φ4.1穴
質量:約155g
●2177(ベゼルユニット付きの場合)
1.8 5.2 11.5
40
60.5
48.5
+1
65 0 0
65 -0.2
パネルカット
+1
120 0 7
2-M4
62
77
28
40
2-M4
7.5 5
32
69
(101)
64
61
124
119
112
2-φ 4.1穴
7
42.5
12
34
54
質量:約180g
アクセサリ
(別売)
スケールユニット
メータユニット
ベゼルユニット(取付金具付)
2179 77
2177 15
2179 97
●機種一覧
部品名
販売単位
メータ本体
計 器 サイズ
2175 11
ベゼルメータ
2176 11
(完成品)
2177 11
2175 15
メータユニット 2176 15
2177 15
2179 75
スケールユニット 2179 76
2179 77
2179 95
ベゼルユニット 2179 96
2179 97
ベゼル
スケールホルダー (取付金具付)
スケール
(スケールなし)
ベゼルユニット正面サイズ:84×47mm
ベゼルユニット正面サイズ:104×58mm
ベゼルユニット正面サイズ:124×69mm
パネルカットサイズ:73×39mm
パネルカットサイズ:92×50mm
パネルカットサイズ:112×61mm
2175 15用
2176 15用
2177 15用
2175用
2176用
2177用
定格入力
0∼50μA DC,
0∼100μA DC,
0∼200μA DC,
0∼500μA DC,
0∼1mA DC
−
注)取付用のナット・スペーサ・ワッシャ・スプリングワッシャはメータ本体に付属されます。
ベゼルメータ《外形図》
単位:mm
●2175(ベゼルユニットなしの場合)
(4.1)
(13.3) 3.5
1.8 11.5
30
30
パネルカッ
ト
(13.5)7.5 9.1
4 3.5
7.2
7
4
カバー
ベース
62
7
38.5
54
φ
73
取付穴詳細
62±0.2
+0.5
73−0.1 4.2穴
(パネル直接取付例)
2-M4
2-φ4.1穴
42.5
9±0.1
+0.5
39−0.1 2-M4
38.8
77
72.8
12
34
質量:約110g
(13.3)3.5
1.8 11.5
35
2-φ4.1穴
+0.5
62±0.2
+0.5
92−0.1 2-M4
42.5
12
9±0.1
3.1
(16)7.5 6
62
77
30.5
86.5
4
φ5
7
パネルカッ
ト
50−0.1 35
2-M4
49.8
57
96
91.8
(4.1)
●2176(ベゼルユニットなしの場合)
4.2穴(パネル直接取付例)
34
質量:約120g
パネルカッ
ト
(13.3)3.5
1.8 11.5
40
61−0.1 40
+0.5
2-M4
62
77
2-φ4.1穴
60.5
62±0.2
112+0.5
−0.1 2-M4
42.5
12
34
54
9±0.1
7
3.1
(19.5)7.5 6
35
101
60.8
68
116
111.8
(4.1)
●2177(ベゼルユニットなしの場合)
4.2穴
(パネル直接取付例)
質量:約140g
29
パネル用計器
エッジワイズメータ
積み重ね、並列置きが可能な直流電流計・電圧計。
設置スペースの限られた計測環境に対応します。
2195(2 台並列使用)2331(2 台積み重ね使用)
●共通仕様
項 目
精 度 階 級
動 作 原 理
支 持 方 式
計器取付姿勢
絶 縁 試 験
電 圧 試 験
使用温度範囲
仕 様
JIS C1102 2.5級相当
永久磁石可動コイル形
トートバンド方式
水平または鉛直 要指定
電 気 回 路と 外 箱 間 : DC500V 10MΩ以上
電 気 回 路と 外 箱 間 : AC1000V 5秒間
0∼40℃
項 目
仕 使用湿度範囲
25∼80%RH
動作
(保存)
温度範囲
−10∼+50℃
動作
(保存)湿度範囲
様
25∼80%RH
フロントカバー:メタクリル樹脂成形品, 帯電防止処理
ケ ース材 質
ケース
2195:ABS脂成形品
2331:メタクリル樹脂成形品
カバー:鉄板
詳しくは、
カタログ「配電盤用パネル用計器」
(資料No.Bulletin 2074A)
をご覧ください。
●機種一覧
機
直
流
指 針 形 状
名
形 名
正面サイズ(mm)
電流計
2195
12.7×50.8
フラグ形
(赤橙色)
電圧計
2331
12.5×41.0
棒形(赤色)
種
指針振れ角
30
使用姿勢
仕 様コード
-HNC
-VNB
-HNL
-VNC
-HNR
-VNT
-HRC
-VRB
-HRL
-VRC
-HRR
-VRT
定 格 入 力
46゜
38mm
直流電流計:0∼50μA,100μA, 200μA
0∼1mA, 2mA, 4∼20mA
53.3゜
31.8mm
直流電圧計:10 V, ±5 V, 1∼5V
●ご注文時指定事項
●エッジワイズメータ 直流電流計・電圧計
仕 様コード
目盛長
使用姿勢
形名、
目盛・単位、定格入力値、使用姿勢
エッジワイズメータ《外形図》
●エッジワイズメータ2331
12.7
最大13
●エッジワイズメータ2195
単位:mm
19.6
54.7
7.6
2-φ3.5穴
7
42±0.3
2-φ3.8穴
φ6皿
5.2
43.5
29.4±0.3
2-φ3.5穴
φ6.6皿
75.8
51.6
31.1
50.8
34±0.3
29.3
41
M3×0.5
+
+
メータの
積み重ね数
1
2
3
4
5
A+0.5
0
パネルカット
52±0.3
パネルカット
A寸法
A+0.5
0
−
13
26
38.6
51.3
64
42±0.3
メータの
積み重ね数
1
2
3
4
5
A寸法
13
26
39
52
65
質量:約50g
質量:約60g
(注)取付金具は付属しません。お客様にてご用意ください
(注)取付金具は付属しません。お客様にてご用意ください
Q&A
カスタマーサポート
カバー色「黒」と「ブルーグリーン」の選択は?
黒
:特に指定のない場合は黒を使用するのが、
一般的です。手配時は
「記号BL」
とご指定ください。
ブルーグリーン:配電盤工業会の標準塗色のGK-2です。手配時は
「記号BG」
とご指定ください。
ミラー付スケールとは?
目の角度の違いによる読取り誤差
(視差=パララックス)
を少なくするもの
です。
スケール板の一部に扇形の鏡を設けて、指針の実像と鏡に映る虚像を一致
させることで、常に目の角度が垂直となります。クリアラインシリーズの刃
形指針を使用した計器にのみ付加仕様として指定できます。
ミラー付スケール
設定指針付カバーとは?
上限値や定常値等の管理値を示すため、
任意に設定できる手動の指針が付いたカバーです。
あか し しん
赤色が標準のため
「赤指針」
と呼ばれることもあります。また
「置き針」
と呼ばれることもありますが、デマンドメータ
(最大需要
計)
等に付いている
「置き針
(最大指針・最小指針)
」
=
(最大値・最小値に残る指針)
とは異なります。
広角度計器には特注で青・赤の2針形設定指針を付けることができます。
交流電流計の「延長目盛」とは?
モーターの負荷電流の測定等に使用します。有効測定範囲を越える部分に赤目盛・印字の延長目盛を設けて起動電流等の一時
的に定格を越える概略値を知ることができます。2倍、
3倍、
および
(広角度計器のみ)
5倍延長が選択できます。
交流電圧計の「拡大目盛」とは?
定常電圧付近を拡大した目盛によって、
精度良く測定することができます。
広角度計器に設定されています。
31
0.5 級電力用トランスデューサ
2370A Series
コンパクトで高性能コストパフォーマンスの
すぐれた小型トランスデューサ。
2370Aシリーズ
*パネル用・DINレール共用取付
品 名
DC-DCアイソレータ
フォトカプラ
絶縁形
定格入力/
入力抵抗
形 名
2371A
DC50mV/300Ω
1V/1kΩ
5V/5kΩ
00
1∼5V/3.6kΩ
1mA/500Ω
4∼20mA/30Ω
5V/1kΩ以上
10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
1mA/10kΩ以下
5mA/2kΩ以下
4∼20mA/500Ω以下
00
5V/2MΩ以上
10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
1mA/*4
5mA/2kΩ以下
4∼20mA/500Ω以下
交流電圧、電流
(平均値整流)
2372A
交流電圧、電流
(実効値整流)
交流電圧、電流
(真の実効値)
2373A
00
2374A
00
(±) 10mV/10kΩ以上
(±) 5V/1kΩ以上
(±) 10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
(±) 1mA/10kΩ以下
(±) 5mA/2kΩ以下
三相4線
40
4∼20mA/500Ω以下
4∼12∼20mA/500Ω以下
単相2線
10
単相3線
20
110V,
5A
30
220V,
1A
三相4線
40
220V,
5A
4∼12∼20mA/500Ω以下
単相2線
10
120V,
1A
単相3線
20
±10mV/10kΩ以上
± 6V/1.2kΩ以上
120V,
5A
1∼5V/1kΩ以上
± 1mA/10kΩ以下
± 5mA/2kΩ以下
4∼12∼20mA/500Ω以下
三相3線
位 相
2376A
2377A
三相3線
30
三相4線
40
単相2線
11
単相3線
力 率
110V,
1A
240V,
1A
三相4線
41
01
02
周波数
±10mV/10kΩ以上
± 5V/1kΩ以上
± 10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
± 1mA/10kΩ以下
± 5mA/2kΩ以下
2378A
03
補助電源
of span
1%p-p
MAX
0.5秒
DC
AC補助電源
5.5VA
DC補助電源
1.5VA
要
±0.5%
of span
1%p-p
MAX
1秒
45∼
65Hz
1VA
±0.5%
of span
1%p-p
MAX
1秒
45∼
65Hz
1VA
±0.5%
of span
1%p-p
MAX
0.5秒
45∼
3kHz
0.5VA
±0.5%
of span
1%p-p
MAX
0.7秒
45∼
65Hz
±0.5%
of span
1%p-p
MAX
±2°
1%p-p
MAX
0.7秒
45∼
65Hz
0.5秒
45∼
65Hz
45∼55Hz
110,220V
120,240V
150,300V
55∼65Hz
110,220V
120,240V
150,300V
45∼65Hz
110V
120V
220V
240V
150V
300V
2371Aと同じ
1%p-p
MAX
±0.1Hz
±0.2Hz
1%p-p
MAX
0.5秒
45∼
65Hz
約350g
約350g
要
約320g
V: 補助電源なしは
定格値の
±10%
補助電源付は
約450g
定格値の
0∼120%
A: 定格値の
0∼200%
V: 補助電源なしは
定格値の
±10%
補助電源付は 約450g
定格値の
20∼120%
A: 定格値の
0∼200%
A: 1VA
V:補助電源
なしは
2.5VA
A: 0.1VA
不要
(測定回路
P1-P0
又は
P1-P2
から供給)
要
V: 補助電源なしは
約370g
定格値の
±10%
補助電源付は
定格値の
50∼120%
A:定格値の
10∼140%
約370g
45∼
55Hz
1秒
55∼
65Hz
補助電源なし
1.5VA
補助電源なしは
定格値の
±10%
45∼
65Hz
補助電源付
0.5VA
補助電源付は
定格値の
50∼120%
1秒
AC100/110V, 120V, 200/220V, 240V ±15%
概略消費電力2VA(*アイソレータ:5.5VA)
DC24V/48V ±15%, 85∼143V
概略消費電力1.5W(*アイソレータ:3W)
応答は0-90%,100-10%に出力変更させた時±1%に収まる時間
正、負(潮流)電力を測定する場合、±出力となります。極性要(潮流対応)を指定して下さい。
測定回路から補助電源を供給する補助電源不要形の場合、補助電源なしを指定して下さい。
補助電源なし:1mA/2kΩ以下
補 助 電 源 付:1mA/10kΩ以下
・2371A∼2378Aについては、
カタログ「0.5級電力用トランスデューサ2371A∼2378A」(Bulletin 2370A)をご覧ください。
32
約380g
その他
は要
V:補助電源
なしは
3VA
補助電源
付は
0.5VA
補助電源
*1
*2
*3
*4
質量
*3
±0.045
(力率換算) 1%p-p
MAX
約±3°
±60°
にて
5V/1kΩ以上
10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
1mA/10kΩ以下
5mA/2kΩ以下
4∼20mA/500Ω以下
4.5∼6.5V/2kΩ以上
4.5∼6.5mA(1500Ω以下)
動作入力範囲
5V,
1mA
は不要
補助電源
付は
1VA
2376Aと同じ
21
31
概略消費
電力
240V,
5A
2377A
三相3線
使用
周波数
±0.5%
出力
リップル
*1
応答
時間
許容差
*2
30
三相3線
無 効
電 力
2375A
10mV/10kΩ以上
5V/2MΩ以上
10V/2kΩ以上
1∼5V/1kΩ以上
1mA/*4
5mA/2kΩ以下
4∼20mA/500Ω以下
2371Aと同じ
20
単相3線
電 力
AC1A
5A
110V
120V
150V
220V
240V
300V
480V
600V
10
単相2線
定格出力/
外部負荷抵抗
約320g
0.5 級電力用トランスデューサ《外形図》
単位:mm
●2370Aシリーズ
2371A,
2372A
2373A,
2374A
2378A
2375A,
2376A,
2377A
DIN 35mmレール
φ6.5 穴
A
B
C
5
3
6
4
7
9
10
11
12
A
B
C
127
8
127
2
55
55
5
94.5
4
1
3
133
130
94.5
2
1
φ6.5穴
55
端子ネジ M4
40
端子ネジ M4
端子保護カバー
6.5
6.5
<取付上のご注意>2 個以上並列に取付ける際は5mm以上の間隔をとるようにしてください。
33
アクセサリ
●外付分流器(直流計器用)
形 名
定 格 電 流
2215
1A∼300A
2216
500A∼1000A
2217
1500A∼5000A
定格電圧
降下
許容差
50mV
定格値の
±0.2%
備 考
2215
台付分流器
2216
2217
●直列抵抗器(倍率器)
形 名
定 格
2224
50V∼750V
2225
1kV
2226
1.5kV∼3kV
2228
5kV,7.5kV
消費電流
許容差
備 考
2224
2端子式
1mA
定格値の
±0.5%
2225
3端子式
2226
2228
34
●計器用変流器(CT)
形 名
二次
定格
一次定格
YCT025
100A∼200A
YCT051
100A∼150A
YCT052
200A∼400A
YCT053
500A∼750A
YCT151
150A, 180A
YCT152
200A∼400A
YCT153
500A,750A
定格
負担
最高
回路
電圧
2.5VA
600V
備 考
階級
YCT025
丸
窓
貫
通
形
5VA
YCT051
JIS C1731
1.0級相当 ABSケース形
5A
1150V
15VA
YCT151
端
子
形
貫端
通子
形形
2255
2258
10A∼500A
10A∼600A
5A
1A
15VA
JIS C1731
3450V
1.0級相当
2VA
JIS C1731
1150V 0.2級相当
エポキシ
モールド形
起磁力アンペア(A)
とは
2258
150A×1=150A
起磁力アンペア(A)
とは、貫通形変流器の1次側定格を表す用語です。電流(A)
と導
体の貫通数の積が1次側定格(A)になったとき、2次側に定格電流が流れます。
従って、測定電流が少ない場合に貫通数を増やすことで共用することができます。
75A×2=150A
75A
150A
(例)YCT 151 C・・・150A
導体貫通数
電
流(A)
1
2
3
5
6
10
15
150
75
50
30
25
15
10
●計器用変圧器(VT)
二次
定格
定格
負担
形 名
一次定格
2267
220V∼3300V
2268
3300V∼6600V 110V 50VA
2269
220V∼6600V
15VA
2VA
階 級
備 考
JIS C1731
1.0級相当
2267
2268
エポキシモールド形
JIS C1731
0.2級相当
2269
35
アクセサリ《外形図》
単位:mm
●外付分流器(直流計器用)
2215(1∼7.5A)
2215(10∼300A)
110
定格
10 ∼ 10 0 A
150∼300A
30
φ5.5穴
2216(500∼1000A)
H
39.5
54.5
W
50
60
84
定格
500A
750A
1000A
110
φ5.5穴
φ12ザグリ
17.5
14.5
W
50
M5
35.5
32
φ12ザグリ
150±0.4
175
M6
M5
M12
6
H
6.5
6.5
14.5
45
M6
H
50
64
64
H
M5
P
130
130
170
A
P
32
30
150±0.4
175
A
230
230
270
※100∼300AはM8
2217(1500∼3000A)
W
92
110
120
Q H C D
─ 74 35 12
50 81 35 12
70 117 53 20
2217(5000A)
700
270
32
170
50
32
540
50
50
M12 φ14穴
M12 φ14穴
6
M5
C
H
53
D
M5
110
Q
W
90
50
200
定格
1500A
2000A
3000A
136
※点線は1500 A
●直列抵抗器(倍率器)
2224(50∼750V)
2225(1kV)
2226(1.5, 2, 3kV)
7
15±1
30
φ28
1kv
METER
7
φ4.5穴
φ3.5穴
11
76
85±0.5
96
35
43
±0.25
2228(5, 7.5kV)
11
180±1
180±1
26
33
64
6
56
59.5
63
5
147
135
7.5
20.5
26
162
204
85
210
120
-
36
METER
+
アクセサリ《外形図》
単位:mm
●2.5VA丸窓貫通形変流器YCT025
φ57
2-M4
40
75
φ20
68
取付方向
。
90 回転可能
78
●5VA丸窓貫通形変流器YCT05□
●15VA丸窓貫通形変流器YCT15□
取付方向
。
90 回転可能
H
H
取付方向
。
90 回転可能
G
D
A
B
C
C
B
G
D
6.5
F
E
B
YCT 051
φ66 φ23
YCT 052
φ68 φ32
YCT 053
φ86 φ50
C
81
100
D
E
83
56
85
45
104
50
2-M4×6
A
2-M4×6
A
形 名
6
40
44
F
G
69
45
85
6.5
F
E
H
形 名
45
YCT 151
φ77 φ25
46
YCT 152
φ76 φ32
56
YCT 153
φ86 φ50
A
B
C
100
D
E
94
61
F
94
61
104
50
50
G
H
51
85
45
51
56
●計器用変流器(CT)
2255
2258
80
φ108
2258
(10∼30A)
A
B
2-M4
2次端子
φ115
66
27.5
φA
20
b
t
12.5
3
129
75
φ7
1次端子
110
130
45
定 格
A
B
P
b
d
t
170
45
12
25
7
4
200、250A
180
50
15
25
8
4
300、500A
200
60
20
40
11
5
45
110
2-9×11
取付穴
130
2-9×11
取付穴
100
10∼150A
2.3
2.3
ベース90゜
回転可能
9
50
80
75
d
82
43
P
L
10
1.6
2-M4
2次端子
φ125
132.5
K
K
(50∼600A)
135
80
60
142.5
(10∼500/5A)
●計器用変圧器(VT)
2267
2268
2269
(220∼3300/110V)
(3300/110V,6600/110V)
(220∼6600V/110V)
一次端子
2-M5
135
155
140
ヒューズ
1次端子M5
φ120
200
1次端子M5
ヒューズ
32
25
φ110
二次端子
2-M4
208
90(100)
2
2次端子M5
6
40
62
80
112
130
2
96
110
1.6
2次端子M5
145(155)
v
200
u
168
v
160
u
135
25
(30)
160(175)
110
7
40
60
6
4-M5用
取付スリット
96
110
37
代替機種一覧
旧形Fシリーズ等の代替品は下表を参考に選定してください。
品 名
廃
止
機
種
正面寸法
たて×よこ
(mm)
旧形Fシリーズ
Fシリーズ
(1968年以前)
(1993年以前)
代
替
クリアラインシリーズ
機
種
FS
シリーズ
FL
60×60
F20-11
2111
209310
2093A 10
FS60DA, DV
直流電流計
67×80
F23-11
2121
207410
2074A 10
FL80DA, DV
直流電圧計
83×100
F28-11
2131
207510
2075A 10
FL10DA, DV
100×120
F38-11
2141
207610
2076A 10
─
60×60
F20-22
2112
209320
2093A 20
FS60RA, RV
67×80
F23-22
2122
207420
2074A 20
FL80RA, RV
83×100
F28-22
2132
207520
2075A 20
FL10RA, RV
100×120
F38-22
2142
207620
2076A 20
─
60×60
F20-23
2113
209337
2093A 37
FS60SA, SV
67×80
F23-23
2123
208430
2084A 30
FL80SA, SV
83×100
F28-23
2133
208530
2085A 30
FL10SA, SV
100×120
F38-23
2143
208630
2086A 30
─
60×60
F20-24
2114
─
67×80
F23-24
2124
2074 40
83×100
F28-24
2134
2075 40
100×120
F38-24
2144
2076 40
83×100
F28-31, 33
2135
2075 5□
100×120
F38-31, 33
2145
2076 5□
F28-43
2136
2075 6□
交流電流計
交流電圧計
( 整 流 形 )
交流電流計
交流電圧計
(可動鉄片形)
交流電流計
交流電圧計
( 熱 電 形 )
電
力
直流指示計の組み合せを
計
83×100
無効電力計
力
率
トランスデューサ2374Aと
ご検討ください。
トランスデューサ
2375Aと直流指示計
の組み合せを
ご検討ください。
FL10W□
─
FL10Q□
トランスデューサ
2376Aと
直流指示計の
組み合せを
ご検討ください。
100×120
F38-43
2146
2076 6□
83×100
F28-51, 53
2137
2075 7□
100×120
F38-51, 53
2147
2076 7□
60×60
F20-61
2118
209380
2093A 80
FS60FR
67×80
F23-61
2128
207480
2074A 80
FL80FR
83×100
F28-61
2138
207580
2075A 80
FL10FR
100×120
F38-61
2148
207680
2076A 80
─
計
─
FL10P□
─
周 波 数 計
・旧形FおよびFシリーズはトートバンド方式主体であることから、
クリアラインシリーズでは、同じトートバンド方式を
記載していますが、
ピボット方式でも使用できます。
・上記の代替機種は廃止機種のパネルカットにそのまま取付けできます。
また専用トランスデューサ付属機種の
トランスデューサもそのまま取付けできます。
38
携帯用計器の新旧形名対照表
旧形名から現行品を探す時の参考にしてください。
品 名
1966年以前
1968年以前
形名(動作原理)
形 名
現 在
形 名
動作原理
直流電流計、電圧計
MPF
MPFB
2011
永久磁石可動コイル形
直流電流・電圧計
MPF-17R
MPFB 17レンジ
2012
永久磁石可動コイル形
交流電流計、電圧計
SPF
SPFB
2013
可動鉄片形
交流電流・電圧計
SPF-13R
SPFB 13レンジ
2014
可動鉄片形
高周波電流計、電圧計
TPF
TPFB
2016
熱電対形
可聴周波電圧計
CPF
CPFB
2017
整流形
指針形周波数計
DPF(電流力計形)
ZPFB
2038
微分方式
力率計
DPPU(電流力計形)
2039
整流形
単相電力計
DPB-1W
2041
空心電流力計形
単相低力率電力計
DPB-1WL
2041
空心電流力計形
三相電力計
DPW-3
2042
空心電流力計形
小形直流電流計、電圧計
MP-4
E-11
2051
永久磁石可動コイル形
小形交流電流計、電圧計
CP-4
E-21, E-22
2052
整流形
E-23
2053
可動鉄片形
小形交流電流計
−
注1. 現行製品を基にしたもので、廃止製品全てを記載しているものではありません。
注2. 製品によって仕様、
レンジの異なる場合がありますので、必ず確認してください。
● メータ製品詳細資料一覧
本カタログ
掲載ページ
各製品の詳しい仕様を記載した資料を
ご用意しています。ご参照ください。
機種名
● カスタマーサポート Q&A 一覧
Q&A 携帯用計器を立てた姿勢
(垂直姿勢)
で使用したいが…
詳細資料 No.
7
携帯用指示計器
Bulletin 2000
16
トランスデューサ方式広角度計器
Zメータ 2100Aシリーズ
Bulletin 2100A
20
CLEAR LINE パネル用計器
Bulletin 2074A
24
FS・FLシリーズ パネル用計器
Bulletin 2074A
28
ベゼルメータ 2175, 2176, 2177
Bulletin 2074A
30
エッジワイズメータ 2195, 2331
Bulletin 2074A
32
0.5級電力用トランスデューサ
Bulletin 2370A
34
計器用変成器
Bulletin 2258
*外付分流器、直列抵抗器は詳細資料No.Bulletin 2100AまたはBulletin 2074Aに
掲載してあります。
携帯用計器の測定用のリード線を注文したいが…
標準品以外のレンジを注文したいが…
13
0.5級、1.0級とはどのような意味か?
携帯用計器2013, 2014の目盛版で目盛数字の上にあ
る・印は何か?
内部(端子間)抵抗又はインピーダンスの計算式は?
19
Q&A 広角度計器
(振れ角250°
)
とパネル用計器
(振れ角90°
)
は
どう違うの?
段付きスケールとは?
Q&A 可動部支持方式の「トートバンド」と「ピボット」の特
徴は?
23
交流計器の「可動鉄片形」と「実効値整流形」および「平
均値整流形」の選択は?
パネル用計器の指針形状の種類は?
27
Q&A 安全端子カバーとは?
Q&A カバー色「黒」と「ブルーグリーン」の選択は?
ミラー付スケールとは?
31
設定指針付カバーとは?
交流電流計の「延長目盛」とは?
交流電圧計の「拡大目盛」とは?
39
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement