その3 - Dynabook

その3 - Dynabook
6
パソコンの取り扱い
日常のパソコンのお手入れやパソコンを廃棄する
ときなどについて説明しています。
1
2
3
日常の取り扱いとお手入れ ....................... 144
アフターケアについて............................... 149
廃棄について .............................................. 150
日常の取り扱いとお手入れ
注 意 ・お手入れの前には、必ずパソコンやパソコンの周辺機器の電源を切り、電源コードを
AC 電源から抜いてください。電源を切らずにお手入れをはじめると、感電するおそ
れがあります。
・機器に強い衝撃や外圧を与えないように注意してください。
製品には精密部品を使用しておりますので、強い衝撃や外圧を加えると部品が故障す
るおそれがあります。
日常の取り扱いでは、次のことを守ってください。
パソコン本体
● 機器の汚れは、柔らかい乾いた布で拭いてください。
汚れがひどいときは、水に浸した布を固くしぼってから拭きます。
ベンジン、シンナーなどは使用しないでください。
● 薬品や殺虫剤などをかけないでください。
● ディスプレイは静かに閉じてください。
● 使用できる環境は次のとおりです。
温度 5 ∼ 35℃、湿度 20 ∼ 80%
● 次のような場所で使用や保管をしないでください。
直射日光の当たる場所
非常に高温または低温になる場所
急激な温度変化のある場所(結露を防ぐため)
強い磁気を帯びた場所(スピーカなどの近く)
ホコリの多い場所
振動の激しい場所
薬品の充満している場所
薬品に触れる場所
● 使用中に本体の底面や AC アダプタが熱くなることがあります。
本体の動作状況により発熱しているだけで、故障ではありません。
電源コード
電源コードのプラグを長期間にわたって AC コンセントに接続したままにしていると、
プラグにホコリがたまることがあります。定期的にホコリを拭き取ってください。
キーボード
乾いたやわらかい素材のきれいな布で拭いてください。
汚れがひどいときは、水に浸した布を固くしぼって拭きます。
キーのすきまにゴミが入ったときは、掃除機などで吸い出します。ゴミが取れないとき
は、お使いの機種をご確認後、お買い求めの販売店、または保守サービスにご連絡くだ
さい。
飲み物など液体をこぼしたときは、電源を切り、AC アダプタとバッテリパックを取り
はずしてからお買い求めの販売店、または保守サービスに連絡し、交換を依頼してくだ
さい(有償)。
144
液晶ディスプレイ
画面のお手入れ
● 画面の表面には偏向フィルムが貼られています。このフィルムは傷つきやすいので、
むやみに触れないでください。
表面が汚れた場合は、柔らかくきれいな布で拭き取ってください。水や中性洗剤、揮
発性の有機溶剤、化学ぞうきんなどは使用しないでください。
● 無理な力の加わる扱いかた、使いかたをしないでください。
液晶表示素子は、ガラス板間に液晶を配向処理して注入してあります。そのため、圧
力がかかると配向が乱れ、元に戻らなくなる場合があります。
サイドライト用 FL 管について
液晶ディスプレイに表示されている内容を見るためにサイドライト用 FL 管(冷陰極管)
が内蔵されています。サイドライト用 FL 管(冷陰極管)は、ご使用になるにつれて発
光量が徐々に減少し、表示画面が暗くなります。表示画面が見づらくなったときは、お
使いの機種をご確認後、お買い求めの販売店、またはお近くの保守サービスにご相談く
ださい。有償にて交換いたします。
表示不良画素について
カラー液晶ディスプレイは、非常に高精度な技術を駆使して作られていますが、一部に
6
表示不良画素(欠け、常時点灯など)が存在することがあります。これらの表示不良画
章
素は、少量に抑えるよう管理していますが、現在の最先端の技術でも表示不良画素をな
パ
ソ
コ
ン
の
取
り
扱
い
くすことは困難ですので、ご了承ください。
アキュポイントⅡ(ポインティング装置)
ポインタを動かすポインティング装置をアキュポイントⅡといいます。
アキュポイントⅡは、ハンドクリームや油などのついた手で操作したり、油性の液体を
つけたりしないでください。操作時にすべりやすくなったり、アキュポイントキャップ
が劣化する(溶ける)おそれがあります。アキュポイントキャップがすりきれたら取り
換えてください。
携帯電話、無線機など電波を発生する機器が近くにあるときにポインタが移動する場合
があります。その場合は、電波を発生する機器を離してください。
145
フロッピーディスク
フロッピーディスクは消耗品です。傷がついた場合は交換してください。
フロッピーディスクを取り扱うときには、次のことを守ってください。
●フロッピーディスクに保存しているデータは、万一故障が起こったり、消失した場合
に備えて、定期的に複製を作って保管するようにしてください。
フロッピーディスクに保存した内容の障害については、当社は一切その責任を負いま
せんので、あらかじめご了承ください。
●シャッター部を開けて磁性面を触らないでください。
汚れると使用できなくなります。
●スピーカなど強い磁気を発するものに近づけないでください。
記録した内容が消えるおそれがあります。
●直射日光に当てたり、高温のものに近づけないでください。
●本やノートなど重いものを上に置かないでください。
●使用場所、保管場所の温度は次のとおりです。
環 境
使用時
保管時
温 度
5∼35℃
4∼53℃
●ラベルは正しい位置に貼ってください。
貼り替えるときに重ね貼りをしないでください。
●ホコリの多い場所、タバコの煙が充満している場所に置かないでください。
●保管の際は、プラスチックケースに入れてください。
●食べ物、タバコ、消しゴムのカスなどの近くにフロッピーディスクを置かないでくだ
さい。
● 3.5 型フロッピーディスクは当社の次の製品をお使いください。
他のフロッピーディスクは、規格外などで使用できなかったり、フロッピーディスク
ドライブの寿命を縮めたり、故障の原因となる場合があります。
製品番号
形式
M4293
2HD形式
M4216
2DD形式
フロッピーディスクドライブ
市販のクリーニングディスクを使って、1ヶ月に 1 回を目安にフロッピーディスクドラ
イブをクリーニングしてください。
146
6 章 -1 日常の取り扱いとお手入れ
CD / DVD
CD / DVD の内容は故障の原因にかかわらず保障いたしかねます。製品を長持ちさせ、
データを保護するためにも、次のことを必ず守ってお取り扱いください。
● CD / DVD を折り曲げたり、表面を傷つけたりしないでください。CD / DVD を読
み込むことができなくなります。
● CD / DVD を直射日光が当たるところや、極端に暑かったり寒かったりする場所に
置かないでください。また、CD / DVD の上に重いものを置かないでください。
● CD / DVD は専用のケースに入れ、清潔に保護してください。
● CD / DVD を持つときは、外側の端か、中
央の穴のところを持つようにしてください。
データ記憶面に指紋をつけてしまうと、正確
にデータが読み取れなくなることがあります。
ラベル
● CD / DVD のデータ記憶面に文字などを書かないでください。
● CD / DVD が汚れたりホコリをかぶったりしたときは、乾燥した清潔な布で拭き
取ってください。
円盤に沿って環状に拭くのではなく、円盤の中心から外側に向かって直線状に拭くよ
6
うにしてください。乾燥した布では拭き取れない場合は、水か中性洗剤で湿らせた布
章
を使用してください。ベンジンやシンナーなどの薬品は使用しないでください。
パ
ソ
コ
ン
の
取
り
扱
い
● CD / DVD のかたよった位置にシールなどを貼らないでください。CD / DVD が正
常に回転しなくなり、CD / DVD の損傷などの原因になります。
データのバックアップについて
重要な内容は必ず、定期的にバックアップをとって保存してください。
バックアップとはハードディスクやアプリケーションの故障などでファイルが使用でき
なくなったときのために、あらかじめファイルをフロッピーディスクや CD-R、CD-RW
などにコピーしておくことです。
本製品は次のような場合、スタンバイ機能または休止状態が無効になり、本体内の記憶
内容が変化し、消失するおそれがあります。
● 誤った使いかたをしたとき
● 静電気や電気的ノイズの影響を受けたとき
● 長時間使っていなかったために、バッテリ(バッテリパック、時計用バッテリ)の充
電量がなくなったとき
● 故障、修理、バッテリ交換のとき
● バッテリ駆動で使用しているときにバッテリパックを取りはずしたとき
● 増設メモリの取り付け/取りはずしをしたとき
記憶内容の変化/消失など、ハードディスクやフロッピーディスク、CD-R、CD-RW
などに保存した内容の損害については、当社は一切その責任を負いませんので、あらか
じめご承知ください。
147
持ち運ぶとき
持ち運ぶときは、誤動作や故障を起こさないために、次のことを守ってください。
● 電源は必ず切ってください。電源を入れた状態、またはスタンバイ状態で持ち運ばな
いでください。
電源を切った後も、Disk
LEDが点灯中は動かさないでください。
● かばんなどにパソコンを収納するときは、必ず電源が切れていることをご確認ください。
● 急激な温度変化(寒い屋外から暖かい屋内への持ち込みなど)を与えないでください。
やむなく急な温度変化を与えてしまった場合は、数時間たってから電源を入れるよう
にしてください。
● 外付けの装置やケーブルは取りはずしてください。
また、フロッピーディスクや CD / DVD がセットされている場合は、取り出してく
ださい。
● 落としたり、強いショックを与えないでください。また、日の当たる自動車内に置か
ないでください。
故障の原因になります。
● ディスプレイを閉じてください。
148
アフターケアについて
保守サービスについて
保守サービスへのご相談は、
『東芝 PC サポートのご案内』をご覧ください。
保守・修理後はパソコン内のデータはすべて消去されます。
保守・修理に出す前に、ご自分で作成したデータの他に次のデータのバックアップを
とってください。
・メール
・メールのアドレス帳
・インターネットの履歴
・インターネットのお気に入り
消耗品について
次の部品は消耗品です。
● バッテリパック(充電式リチウムイオン電池)
長時間の使用により消耗し、充電機能が低下します。
充電機能が低下した場合は、別売りのバッテリパックと交換してください。
● 時計用バッテリ(交換は有償です)
● アキュポイントキャップ
消耗した場合は、お使いの機種をご確認後、お買い求めの販売店、または保守サービ
スにご相談ください。
6
章
補修用性能部品について
パ
ソ
コ
ン
の
取
り
扱
い
本製品の補修用性能部品(本製品の機能を維持するために必要な部品)の最低保有期間
は、製造終了後 6 年です。
149
廃棄について
バッテリパックについて
不要になったバッテリパックは、貴重な資源を守るために廃棄しないで充
電式電池リサイクル協力店へお持ちください。
ぜつえん
その場合、ショート防止のため電極にセロハンテープなどの絶縁テープを
貼ってください。
バッテリパック(充電式電池)の回収、リサイクルおよびリサイクル協力店に関するお問い合わせ先
社団法人 電池工業会
TEL:03-3434-0261
ホームページ:http://www.baj.or.jp
パソコン本体について
本製品を廃棄するときは、地方自治体の条例または規則に従って処理してください。詳
しくは、各地方自治体にお問い合わせください。
(本製品は、プリント基板の製造に使用するはんだには鉛が、 LCD 表示部に使用してい
る蛍光灯には水銀が含まれています。
)
企業でパソコンをご使用のお客様へ
本製品を廃棄するときは、産業廃棄物として扱われます。
東芝は、廃棄品の回収と適切な再使用・再利用処理を有償で実施しています。
使用済みになった東芝製品については、東芝の回収・処理システムをご利用いただきま
すようお願いいたします。
【お問い合わせ先】
東芝パソコンリサイクルセンター
〒 230-0034 神奈川県横浜市鶴見区寛政町 20 − 1
株式会社テルム内
TEL
:045-510-0255
受付時間:9:00 ∼ 17:00(土・日・祝日・当社指定の休日を除く)
FAX
:045-506-7983(受付時間:24 時間)
パソコン内のデータ消去について
パソコン内のデータは、
「削除」や「フォーマット」を行っただけでは、特殊なソフト
ウェアなどの使用により、消したはずのデータが再生されることがあります。
パソコンの廃棄の際に、ハードディスクに保存されたデータの完全消去を行う場合には
専門業者に依頼もしくは市販のソフトウェアなどをお使いになることをおすすめいたし
ます(有償)。
本件に関するお問い合わせは、東芝 PC ダイヤル(巻末参照)にご連絡ください。
お客様登録の削除について
お客様登録されている製品を廃棄される場合は、
「パソコンお客様ご登録係」までご連
絡のうえ、登録の削除の手続きをお願いいたします。
【お問い合わせ先】
パソコンお客様ご登録係
TEL
:043-278-5997
受付時間:9:00 ∼ 17:00(土・日・祝日・特別休日を除く)
150
7
困ったときは
本章では、困ったときの対処方法を説明します。
操作中、うまく動作しないときにお読みください。
1
困ったときは .............................................. 152
困ったときは
パソコン本体を使っていてうまく操作できないとき、動作がおかしいと感じたときの解
決法のヒントをご紹介します。
Q&A 集を見る前に
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
設定の確認によく使う、
[コントロールパネル]の開きかたを説明します。
Windows XP の場合
1 [スタート]ボタンをクリックする
2 [コントロールパネル]をクリックする
[コントロールパネル]が開きます。
Windows 2000 / 98 の場合
方法 1 −[スタート]メニューから開く
1 [スタート]ボタンをクリックする
2 [設定]にポインタを合わせる
3 [コントロールパネル]をクリックする
[コントロールパネル]が開きます。
方法 2 −[マイコンピュータ]から開く
1 デスクトップの[マイコンピュータ]アイコンをダブルクリックする
2 [コントロールパネル]アイコンをダブルクリックする
[コントロールパネル]が開きます。
Q&A 集
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
電源を入れるとき/切るとき…
電源が入らない/システムが起動しない .................................................. 154
自動的にプログラムが実行される .............................................................. 155
電源が切れる ................................................................................................ 157
電源が切れない ............................................................................................ 157
表示・画面について
画面に何も表示されない ............................................................................. 158
画面が見にくい ............................................................................................ 159
アプリケーションについて
アプリケーションが使えない ..................................................................... 160
152
印刷について
印刷できない ................................................................................................ 162
キーボード/マウス/アキュポイントⅡについて
思うように文字が入力できない ................................................................. 163
マウス/アキュポイントⅡが使えない ...................................................... 164
周辺機器についてのトラブル
フロッピーディスク、フロッピーディスクドライブについて ............... 165
CD / DVD、ドライブについて ................................................................ 167
PC カードについて ...................................................................................... 169
LAN 機能が使えない ................................................................................... 170
USB 対応機器について ............................................................................... 170
赤外線通信について ..................................................................................... 171
音量について
スピーカから音が聞こえない ..................................................................... 172
おかしな音が聞こえる ................................................................................. 173
調子がおかしい!
テレビ・ラジオに障害が出る ..................................................................... 173
休止状態にならない ..................................................................................... 174
パソコンの動作がおかしい ......................................................................... 175
その他調子がおかしい ................................................................................. 176
7
章
困
っ
た
と
き
は
不明なメッセージが出た!
............................................................................................................................ 177
異常や故障の場合
............................................................................................................................ 180
東芝 PC サポートのご案内
............................................................................................................................ 180
153
電源を入れるとき/切るとき…
電源が入らない/システムが起動しない
パソコンの電源が入らない
電源スイッチを押す時間が短い
電源スイッチをしばらく押し続けてください。
一度電源が入りかけるが、すぐに切れる
(Battery LED がオレンジ色に点滅している場合)
バッテリの充電量が少ない
次の操作を行ってください。
・ 本製品用の AC アダプタを接続する
他製品用の AC アダプタは使用できません。
・ 充電済みのバッテリパックを取り付ける
☞ バッテリパックの取り付け ➪ 「3 章 4-3 バッテリパックを交換する」
一度電源が入りかけるが、すぐに切れる
(DC IN LED がオレンジ色に点滅している場合)
電源の接触が悪い
次の操作を行ってください。
・ AC アダプタを抜き差しする
・ バッテリパックを抜き差しする
危険防止機能が働いた
パソコンを移動するなど、パソコンの内部温度が下がるのを待ってください。
パソコン内部温度の上昇が一定以上に達すると、危険防止機能が働き、シ
ステムが自動停止します。使用できる環境温度は 5 ∼ 35℃です。
以上の手順でも解決できない場合は、お近くの保守サービスにご連絡くだ
さい。
154
7 章 -1 困ったときは
電源を入れたが、システムが起動しない
休止状態による起動ができなくなった(
)
休止状態によるパソコンの起動をせずに、システムを再起動してください。
この場合、休止状態によって保存されたデータは失われます。
① 電源を切る
② BackSpace キーを押しながら、電源スイッチを押す
次のメッセージが表示されます。
「WARNING:CAN'T RESTORE HIBERNATED STATE. PRESS ANY
KEY TO CONTINUE.」
③ 何かキーを押す
「Windows が正しく終了されなかったため、ディスクドライブにエラーが
ある可能性があります。」と表示され、自動的にスキャンディスクが
始まる(
)
前回使用したときに、Windows の終了手順に従わずに電源を切った
スキャンディスク後、ハードディスクに異常がなければ、Windows が起
動します。
正常に起動しなかった場合は、画面の指示に従って操作を行ってください。
自動的にプログラムが実行される
7
章
Windows の起動と同時にプログラムが実行される
困
っ
た
と
き
は
[スタートアップ]にプログラムが登録されている
[スタートアップ]に登録されていると、Windows 起動と同時にプログラ
ムが自動的に起動します。
次の手順で設定を変更してください。
①[スタート]ボタンを右クリックする
② 表示されるメニューから[開く]をクリックする
[スタートメニュー]画面が表示されます。
③[プログラム]アイコンをダブルクリックする
④[スタートアップ]アイコンをダブルクリックする
[スタートアップ]画面が表示されます。
⑤ 削除したいプログラムのアイコンをクリックし、[ファイルとフォルダのタ
スク]の[このファイルを削除する]をクリックする
[ファイルの削除の確認]画面が表示されます。
⑥[はい]ボタンをクリックする
⑦[スタートアップ]画面の[閉じる]ボタンをクリックする
155
①[スタート]-[設定]-[タスクバーと[スタート]メニュー ...]をクリック
する
②[詳細]タブで[削除]ボタンをクリックする
[ショートカットやフォルダの削除]画面が表示されます。
③[スタートアップ]をダブルクリックする
[スタートアップ]の下にアイコンが表示されます。
④ 削除したいプログラムのアイコンをクリックし、[削除]ボタンをクリック
する
確認メッセージが表示されます。
⑤[はい]ボタンをクリックする
⑥[閉じる]ボタンをクリックする
①[スタート]-[設定]-[タスクバーと[スタート]メニュー ...]をクリック
する
②[
[スタート]メニューの設定]タブで[削除]ボタンをクリックする
[ショートカットやフォルダの削除]画面が表示されます。
③[スタートアップ]をダブルクリックする
[スタートアップ]の下にアイコンが表示されます。
④ 削除したいプログラムのアイコンをクリックし、[削除]ボタンをクリック
する
⑤[閉じる]ボタンをクリックする
Windows のタスクスケジューラで設定されている
Windows のタスクスケジューラで[実行する]に設定されていると、設
定したスケジュールに従ってタスクを実行します。次の手順で設定を変更
してください。
①
[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール][タスク]をクリックする
[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[タスク]
をクリックする
② 設定されているタスクをダブルクリックする
プログラムが実行された時間などを参考に選択してください。
③[タスク]タブで[実行する]のチェックをはずす
④[OK]ボタンをクリックする
156
7 章 -1 困ったときは
電源が切れる
パソコン使用中に電源が切れる
危険防止機能が働いた
パソコンを移動するなど、パソコンの内部温度が下がるのを待ってください。
パソコンの内部温度の上昇が一定以上に達すると、危険防止機能が働き、
システムを自動停止します。使用できる環境温度は 5 ∼ 35℃です。温度
の低い場所に移動しても、電源が切れる場合は、お近くの保守サービスに
ご連絡ください。
警告音が鳴り、点滅していた Battery LED が消灯した
バッテリの充電量が少なくなった
引き続き使用する場合は、次の操作を行ってください。
・ AC アダプタを接続する
・ 充電済みのバッテリパックを取り付ける
☞ バッテリパックの交換 ➪ 「3 章 4-3 バッテリパックを交換する」
電源が切れない
電源スイッチを押しても電源が切れず、「ピッピッピッ…」と音が鳴り続
ける
7
章
困
っ
た
と
き
は
次の操作を行ってください。
・ 電源スイッチを 4 秒以上押す
・ AC アダプタ→バッテリパックの順に取りはずし、バッテリパック→ AC ア
ダプタの順に取り付ける
157
表示・画面について
画面に何も表示されない
画面に何も表示されない
(Power LED が点灯していない、またはオレンジ点滅している場合)
電源が入っていない、またはスタンバイ状態になっている
電源スイッチを押してください。
画面に何も表示されない
(Power LED が点灯している場合)
表示自動停止機能が働いた
次の操作を行ってください。
・ Shift キーや Ctrl キーを押す
・ マウスやアキュポイントⅡを操作する
・CRT ディスプレイを接続している場合、表示が復帰するまでに 10 秒前後かかることがあり
ますが、故障ではありません。
インスタントセキュリティ機能が働いた
インスタントセキュリティ機能については、
「3 章 2- Fn キーを使った特殊
機能キー」をご覧ください。解除するには、次の操作を行ってください。
・ パスワードを設定していない場合
Enter キーまたは F1 キーを押す
・ パスワードを設定している場合
パスワードを入力し、 Enter キーを押す
☞ パスワード ➪ 「4 章 4 パスワードセキュリティ」
・パスワードを忘れた場合は、お使いの機種をご確認後、お近くの保守サービスにご依頼くだ
さい。パスワードの解除を保守サービスにご依頼される場合は、有償です。またそのとき、
身分証明書(お客様ご自身を確認できる物)の提示が必要となります。
表示装置が適切に設定されていない
Fn + F5 キーを押して表示装置を切り替えてください。
押すごとに次の順で表示が切り替わります。
LCD→LCD/CRT→CRT*→LCD/TV**→TV*
* CRT ディスプレイやテレビを接続していなくてもこの状態に切り替わります。
この場合は、パソコン本体の液晶ディスプレイには何も表示されません。
** 画面のプロパティで表示装置として「LCD / TV」を設定している場合のみ、
この状態に切り替わります。
☞ 表示装置の切り替え
➪ 「3 章 9- CRT ディスプレイやテレビを接続した場合」
158
7 章 -1 困ったときは
画面が見にくい
CRT ディスプレイで画面の色がにじんだように表示される
他の電気製品の影響を受けている
テレビ、オーディオ機器のスピーカーなど強力な磁気を発生する電気製品
から遠ざけてください。
・高圧電線の近くの建物の場合は、パソコン本体を置く位置を変えることによって、画像の乱
れが直る場合もあります。
画面が暗い
画面の輝度が適切ではない
次の手順で画面の輝度(3 段階)を変更してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[パフォーマンスとメンテナンス]をクリッ
ク -[東芝省電力]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝省電力]をダブルクリックする
②[電源設定]タブで利用したい省電力モードを選択し、
[詳細]ボタンをク
リックする
7
③[省電力]タブで[モニタの輝度]を設定する
④[OK]ボタンをクリックする
章
サイドライト用の冷陰極管が消耗している
困
っ
た
と
き
は
お使いの機種をご確認後、お近くの保守サービスにご連絡ください。有償
にて交換いたします。
・ディスプレイに装着されているサイドライト用の FL 管(冷陰極管)は、ご使用になるにつ
れて発光量が徐々に減少し、表示画面が暗くなります。画面の輝度を変更しても暗い場合は、
長期間のご使用によりサイドライト用の冷陰極管が消耗していることが考えられます。
159
色が汚い
少ない色数で設定されている
次の手順で設定を変更してください。
①[コントロールパネル]を開き、
[デスクトップの表示とテーマ]をクリック
する
②[画面解像度を変更する]をクリックする
③[設定]タブの[画面の解像度]で解像度を変更する
④[OK]ボタンをクリックする
①[コントロールパネル]を開き、
[画面]をダブルクリックする
②[設定]タブで
[画面の色]
、
[TrueColor]に変更する
[色]を[HighColor]や
③[OK]ボタンをクリックする
・解像度によっては[TrueColor]に設定できません。
アプリケーションについて
アプリケーションの使いかたについては、
『アプリケーションに付属の説明書』
、または
アプリケーションのヘルプをご覧ください。
アプリケーションが使えない
アプリケーションが使えない
正しくインストールしていない
『アプリケーションに付属の説明書』を読んで、正しくインストールしてく
ださい。
アプリケーションがシステムに対応していない
アプリケーションによっては、使用できるシステム(OS)が限られている
場合があります。
使用できるシステムについては、『アプリケーションに付属の説明書』をご
覧ください。
メモリが足りない
アプリケーションを起動するために必要なメモリ容量がない場合は、その
アプリケーションを使用することはできません。必要なメモリ容量は、
『ア
プリケーションに付属の説明書』をご覧ください。
☞ メモリの増設 ➪「3 章 8 増設メモリ」
160
7 章 -1 困ったときは
システム構成を変更していない
アプリケーションによっては、システム構成の変更が必要です。
『アプリケーションに付属の説明書』を読んで、システム構成を変更してく
ださい。
アプリケーションが操作できなくなった
アプリケーションを強制終了する
この場合、保存していないデータは消去されます。
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[Windows タスクマネージャ]画面が表示されます。
②[アプリケーション]タブで[応答なし]と表示されているアプリケーショ
ンをクリックする
③[タスクの終了]ボタンをクリックする
アプリケーションが終了します。
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[Windows のセキュリティ]画面が表示されます。
②[タスクマネージャ]ボタンをクリックする
[Windows タスクマネージャ]画面が表示されます。
③[アプリケーション]タブで[応答なし]と表示されているアプリケーショ
ンのタスクをクリックする
7
章
④[タスクの終了]ボタンをクリックする
アプリケーションが終了します。
困
っ
た
と
き
は
⑤[Windows タスクマネージャ]画面を閉じる
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[プログラムの強制終了]画面が表示されます。
②[応答なし]と表示されているアプリケーションをクリックする
③[終了]ボタンをクリックする
アプリケーションが終了します。
161
印刷について
印刷できない
印刷ができない
プリンタの電源が入っていない
パソコン本体の電源をいったん切り、プリンタ、パソコン本体の順で電源
を入れ直してください。
正しく接続されていない
接続ケーブルを正しく接続し直してください。
接続しているプリンタと違うプリンタを設定している
プリンタの設定を確認してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[インストールされているプリンタまたは FAX プリンタを表示す
る]をクリックする
[スタート]-[設定]-[プリンタ]をクリックする
② 接続しているプリンタのアイコンを右クリックする
③ 表示されたメニューの「通常使うプリンタに設定」をクリックし、チェック
をつける
最後まで正しく印刷できない
ECP に対応していないプリンタを使用している
プリンタのモードを双方向に設定してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[東芝 HW セットアップ]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝 HW セットアップ]をダブルクリック
する
②[プリンタ]タブで[プリンタポートモード]を[双方向]に設定する
③[OK]ボタンをクリックする
162
7 章 -1 困ったときは
プリンタドライバを更新する
ドライバの入手方法については、プリンタの製造元にご確認ください。
Windows Update を行うと最新のドライバをダウンロードし、ドライバ
を更新できる場合があります。
上記のすべてを行っても印刷できない
Windows を終了し、パソコンを再起動する
プリンタのセルフテスト(印字テスト)を実行する
セルフテストができないときは、プリンタの故障が考えられます。プリン
タの製造元にご相談ください。
キーボード/マウス/アキュポイントⅡについて
思うように文字が入力できない
キーを押しても希望の文字が入力できない
キーボードの文字入力の状態が合っていない
キーボードの文字キーは、キーボードの入力の状態によって、入力される
文字が異なります。次のキーを使ってキーボードを希望の状態にしてくだ
7
章
さい。
困
っ
た
と
き
は
・ Shift + Caps Lock 英数 キー
・ Ctrl + Shift + カタカナひらがな キー
・ Fn + F10 キー
・ Fn + F11 キー
☞
「3 章 2 キーボード」
・ Shift + Caps Lock 英数 キー
・ Ctrl + Caps Lock 英数 キー
・ Alt + カタカナひらがな キー
・ Fn + F10 キー
・ Fn + F11 キー
163
キーに印刷された文字と違う文字が入力されてしまう
キーボードドライバが正しく設定されていない
次の手順で設定を変更してください。
①[コントロールパネル]を開き、
[パフォーマンスとメンテナンス]をクリッ
クする
②[システム]をクリックする
③[ハードウェア]タブで[デバイスマネージャ]ボタンをクリックする
④[キーボード]を[106 日本語(AO1)キーボード(Ctrl +英数)
]に設定
する
⑤[デバイスマネージャ]を閉じる
①[コントロールパネル]を開き、
[システム]をダブルクリックする
②[ハードウェア]タブで[デバイスマネージャ]ボタンをクリックする
③[キーボード]を[日本語 PS/2 キーボード(106/109 キー)
]に設定する
④[閉じる]ボタンをクリックする
⑤ パソコンを再起動する
①[コントロールパネル]を開き、
[システム]をダブルクリックする
②[デバイスマネージャ]タブで[キーボード]を[106 日本語(A01)キー
ボード(Ctrl +英数)
]に設定する
③[OK]
、または[閉じる]ボタンをクリックする
どのキーを押しても、反応しない
設定は合っているが、希望の文字が入力できない
内部処理が正しく行われなかった
次の操作を行ってください。
・ パソコンを再起動する
☞ 「その他調子がおかしい - A. 強制終了し、再起動する」
マウス/アキュポイントⅡが使えない
マウスが使えない
マウスが認識されていない
次の操作を行ってください。
・ マウスを接続した状態で、電源を入れ直す
・ パソコン本体の電源を切ってマウスを抜き差しし、もう 1 度パソコン本体の
電源を入れる
164
7 章 -1 困ったときは
新しいハードウェアとして認識されていない
次の手順でウィザードを実行してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[関連項目]の[ハードウェアの追加]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[ハードウェアの追加と削除](
)
、
)をダブルクリックする
[ハードウェアの追加]
(
②[次へ]ボタンをクリックする
画面の指示に従って操作してください。
アキュポイントⅡと PS/2 マウスが同時に使用できない
ポインティング装置を同時に使用できるように設定されていない
次の手順で設定を変更してください。
ただし、マウスによって同時使用できない場合もあります。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[東芝 HW セットアップ]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝 HW セットアップ]をダブルクリック
する
②[ポインティング装置]タブで[ポインティング装置]を[内部 / 外部を同
7
章
時使用]に設定する
③[OK]ボタンをクリックする
困
っ
た
と
き
は
周辺機器についてのトラブル
周辺機器については「3 章 本体の機能」もあわせてご覧ください。
フロッピーディスク、フロッピーディスクドライブについて
「ファイルが作れません」というエラーメッセージが表示された
ルートディレクトリに作成できるファイル数を超えた
新しくフォルダを作って、そこにファイルを作成してください。
ルートディレクトリに作成できるファイル数には制限があります。
165
ファイルが開けない(読み込みエラーやディスクエラーが表示される)
フロッピーディスクに何らかの問題がある
フロッピーディスクを次の手順でチェックしてください。
①
[スタート]-[マイコンピュータ]をクリックする
[マイコンピュータ]を開く
②[3.5 インチ FD]を右クリックし、表示されたメニューから[プロパティ]
をクリックする
③[ツール]タブで[エラーチェック]の[チェックする]ボタンをクリック
する
④[チェックディスク]画面で[不良なセクタをスキャンし、回復する]を
チェックする
⑤[開始]ボタンをクリックする
フロッピーディスクのチェックを開始します。
①[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[スキャ
ンディスク]をクリックする
②[エラーチェックをするドライブ]欄で「3.5 インチ FD(A:)
」を選択する
③[開始]ボタンをクリックする
スキャンディスクを開始します。
フロッピーディスクドライブが故障している
他のフロッピーディスクで試してみてください。
フォーマットに時間がかかる
未フォーマットのフロッピーディスクをフォーマットしている
Windows では、初めてフォーマットするフロッピーディスクの場合、時
間がかかります。
FDD/CD-ROM LED が消えない
データを処理している
大量のデータを処理しているときは、時間がかかります。LED が消えるま
で待ってください。
どうしても消えないときは電源を切り、再起動してください。
再起動後、作業を行い、LED が消えない場合は、電源を切り、お近くの保
守サービスに連絡してください。
166
7 章 -1 困ったときは
フロッピーディスクからシステムが起動しない
フロッピーディスクドライブから起動するように設定されていない
次の操作を行ってください。
・ F キーを押したまま、電源スイッチを押す
一時的に、起動ドライブがフロッピーディスクドライブになります。
・ フロッピーディスクドライブから起動するようにユーティリティで設定する
①
[コントロールパネル]を開き、[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[東芝 HW セットアップ]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、[東芝 HW セットアップ]をダブルクリッ
クする
②[OS の起動]タブで[OS の起動]を[FDD]が最初になるように設定
する
③[OK]ボタンをクリックする
CD / DVD、ドライブについて *
*内蔵されているドライブの種類は、ご購入のモデルによって異なります。
CD / DVD にアクセスできない
ディスクトレイがきちんとしまっていない
7
章
「カチッ」と音がするまで押し込んでください。
☞ CD / DVD のセット ➪「3 章 6-2 CD / DVD のセットと取り出し」
困
っ
た
と
き
は
CD / DVD がきちんとセットされていない
ラベルがついている方を上にして、水平にセットしてください。
ディスクトレイ内に異物がある
異物があったら取り除いてください。何かはさまっていると、故障の原因
になります。
CD / DVD が汚れている
汚れているようなら、乾燥した布で拭いてください。それでも汚れが落ち
なければ、水か中性洗剤で湿らせた布で拭き取ってください。
ドライブが CD / DVD を認識していない
FDD/CD-ROM LED が点滅している間は、まだ認識されていません。
消灯するまで待って、もう 1 度アクセスしてください。
167
CD / DVD をセットしても自動的に起動しない
自動起動に対応していない CD / DVD を挿入している
自動起動に対応していない CD / DVD は自動起動できません。『各 CD /
DVD に付属の説明書』などで確認してください。
対応していないときは、次の手順で起動することができます。
①
[スタート]-[マイコンピュータ]をクリックする
デスクトップの[マイコンピュータ]をダブルクリックする
② ドライブのアイコンをダブルクリックする
正しく動作する CD / DVD もあるが、動作しない CD / DVD もある
使用環境の設定が必要な CD / DVD を使用している
各 CD / DVD によって異なる使用環境を設定しなければならない場合が
あります。
『各 CD / DVD に付属の説明書』を読んで、それぞれの CD /
DVD に合った環境を設定してください。CD-R、CD-RW は、メディアの
特性や書き込み時の特性により、読み取れないものもあります。
CD / DVD が取り出せない
パソコン本体の電源が入っていない
電源を入れてから、イジェクトボタンを押してください。
故障などで電源が入らない場合は、ドライブのイジェクトホールを先の細い
丈夫なもの(例えばクリップを伸ばしたもの)で押してください。
イジェクトホール
168
7 章 -1 困ったときは
PC カードについて
PC カードの挿入が認識されない
PC カードを奥までしっかり差し込む
☞ PC カードの取り付け ➪「3 章 7 PC カード」
PC カードの挿入は認識されるがデバイスとして認識されない
PC カードのコントローラモードが正しく設定されていない
セットアッププログラムを起動し、
[PC CARD]の[Controller Mode]
の設定を変更してください。
☞ セットアッププログラム ➪「4 章 3 セットアッププログラム」
MS-DOS 上で使用しようとしている
本製品は Windows 専用モデルです。MS-DOS モードで PC カードをご利
用いただくためのドライバはご用意しておりません(一部の PC カードを
除く)。
デバイスとして認識されるが使用できない
IRQ が不足している
7
章
使用しないデバイスを使用不可にしてください。
困
っ
た
と
き
は
①
[コントロールパネル]を開き、
[パフォーマンスとメンテナンス]をクリッ
ク -[システム]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[システム]をダブルクリックする
②[ハードウェア]タブで[デバイスマネージャ]ボタンをクリックする
③[デバイスマネージャ]で使用しないデバイスの をクリックする
④ 表示される項目から使用しないデバイスを右クリックし、[無効]をクリッ
クする
確認のメッセージが表示されます。
⑤[はい]ボタンをクリックする
⑥[デバイスマネージャ]を閉じる
[システムのプロパティ]画面に戻ります。
⑦[OK]ボタンをクリックする
169
①[コントロールパネル]を開き、
[システム]をダブルクリックする
②[デバイスマネージャ]タブで使用しないデバイスの をクリックする
③ 表示される項目から使用しないデバイスを選択し、[プロパティ]ボタンを
クリックする
④[全般]タブで[このハードウェアプロファイルで使用不可にする]を
チェックする
⑤[OK]ボタンをクリックする
[システムのプロパティ]画面に戻ります。
⑥[閉じる]ボタンをクリックする
LAN 機能が使えない
ネットワークに接続できない
ネットワークの設定が正しくない
次の点をネットワーク管理者に確認してください。
・ Windows のネットワーク設定を確認する
・ 相手先のネットワーク機器(HUB)などの設定を確認する
・ ケーブルの状態を確認する
USB 対応機器について
USB 対応機器が使えない
USB 対応機器がシステムに対応していない
USB 対応機器によっては、使用できるシステム(OS)が限られている場
合があります。使用できるシステムについては『USB 対応機器に付属の説
明書』をご覧ください。
正しく接続されていない
ケーブルが、パソコン本体と USB 対応機器に正しく接続されているかど
うか確認してください。
ドライバが正しくインストールされていない
ハードウェアウィザードを実行してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[東芝 HW セットアップ]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝 HW セットアップ]をダブルクリック
する
170
②[次へ]ボタンをクリックする
画面の指示に従って操作してください。
7 章 -1 困ったときは
Windows を再起動する
休止状態から復帰後、正常に動作しない
休止状態に対応していない USB 対応機器を接続している
USB 対応機器を USB コネクタからはずし、もう 1 度接続してください。
赤外線通信について
赤外線通信ができない
赤外線通信ができる環境になっていない
次のことを確認してください。
・ 通信先とパソコン通信速度を同じにする
・ 赤外線ポート間の障害物を取り除く
・ 赤外線ポートの汚れをおとす
・ 赤外線ポートの設定を正しく設定する
赤外線通信ソフトが使えない
「マイクロソフト赤外線通信ソフト」が正しく設定されていない(
次の手順で設定してください。
)
7
章
①[コントロールパネル]を開き、
[赤外線モニタ]をダブルクリックする
②[オプション]タブで[赤外線通信を使用可能にする]をチェックする
困
っ
た
と
き
は
赤外線通信はできるが、データが正しく送られない
正しく通信できる環境になっていない
次のことを行ってみてください。
・ 通信先とパソコン通信速度を同じにする
・ 通信先との距離を近付ける
・ 直射日光や蛍光灯の当たる場所からパソコンを離す
・ 赤外線を出す装置をパソコン本体から離す
171
音量について
スピーカから音が聞こえない
スピーカから音が聞こえない
ヘッドホン出力端子にヘッドホンが挿してある
ヘッドホン出力端子からヘッドホンを取りはずしてください。
パソコン本体にあるボリュームダイヤルで音量を調節する
システムビープ音が鳴らない
システムスピーカが無効になっている
次の手順で設定を変更してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[プリンタとその他のハードウェア]をク
リック -[東芝 HW セットアップ]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝 HW セットアップ]をダブルクリック
する
②[アラーム]タブで[システムビープ音を鳴らす]をチェックをする
③[OK]ボタンをクリックする
音量の設定が「ミュート」になっている
次の手順で設定を変更してください。
①[コントロールパネル]を開き、
[サウンド、音声、およびオーディオデバイ
ス]をクリックする
②[サウンドとオーディオデバイス]をクリックする
[サウンドとオーディオデバイスのプロパティ]画面が表示されます。
③[音量]タブの[デバイスの音量]で[ミュート]にチェックがついている場
合は、チェックをはずす
④ つまみをドラッグして調整する
つまみを上にするとスピーカの音量が上がります。
① タスクバーの[音量]アイコンをクリックする
②[ミュート]にチェックがついている場合は、クリックし、チェックをはずす
③ つまみを上下にドラッグして調整する
つまみを上にするとスピーカの音量が上がります。
172
7 章 -1 困ったときは
サウンドドライバがインストールされていない(
)
サウンドドライバをインストールしてください。
詳しくは、アプリケーション CD をセットして表示される画面をご覧くだ
さい。
標準の優先するデバイスが変更されている(
)
次の手順で優先するデバイスを正しく設定してください。
①[コントロールパネル]を開き、
[マルチメディア]をダブルクリックする
②[オーディオ]タブの[再生]で[優先するデバイス]を正しく設定する
③[OK]ボタンをクリックする
おかしな音が聞こえる
甲高い音がする
外部マイクとスピーカとでハウリングを起こしている
使用するソフトウェアによっては、この現象が起きることがあります。
次の操作を行ってください。
・ パソコン本体のボリュームダイヤルで音量を調節する
・ 使用しているソフトウェアの設定を変える
・ Windows 上から音量の設定を調整する
調子がおかしい!
7
章
困
っ
た
と
き
は
テレビ・ラジオに障害が出る
テレビ、ラジオの調子がおかしい
何らかの原因がある
次の操作を行ってください。
・ テレビ、ラジオの室内アンテナの方向を変える
・ テレビ、ラジオに対するパソコン本体の方向を変える
・ パソコン本体をテレビ、ラジオから離す
・ テレビ、ラジオのコンセントとは別のコンセントを使う
・ コンセントと機器の電源プラグとの間に市販のフィルタを入れる
・ 受信機に屋外アンテナを使う
・ 平衡フィーダを同軸ケーブルに替える
173
休止状態にならない
休止状態にならない(
)
ドライブ C が圧縮されている
圧縮を解凍してください。
休止状態に対応していない周辺機器(PC カードなど)を取り付けている
休止状態に対応していない周辺機器を取りはずしてください。
休止状態が有効になっていない
休止状態が無効の状態で[スタート]メニューの[休止状態]をクリック
しても、
「休止状態へ移行するには、[東芝省電力]で休止状態を許可して
下さい。」というメッセージが表示され、休止状態にはなりません。
次の手順で「東芝省電力ユーティリティ」の設定を変更してください。
①[コントロールパネル]を開き、
[東芝省電力]をダブルクリックする
②[休止状態]タブで[休止状態をサポートする]をチェック する(
)
③[OK]ボタンをクリックする
休止状態用のファイルが壊れている
次の操作を行ってください。
①[スタート]メニューから[Windows の終了]-[MS-DOS モードで再起動
する]を選択する
② HALLOC Space /C Enter と入力する
③ EXIT Enter と入力する
スタンバイ状態になってしまう
休止状態が有効になっていない
次の手順で「東芝省電力ユーティリティ」の設定を確認してください。
①
[コントロールパネル]を開き、
[パフォーマンスとメンテナンス]をクリッ
ク -[東芝省電力]をクリックする
[コントロールパネル]を開き、
[東芝省電力]をダブルクリックする
②[休止状態]タブで[休止状態をサポートする]をチェックする(
)
③[適用]ボタンをクリックする
④[電源設定]タブで利用したい省電力モードを選択し、
[詳細]ボタンをク
リックする
⑤[動作]タブでそれぞれのメニューから[休止状態]を選択する
⑥[OK]ボタンをクリックする
174
7 章 -1 困ったときは
スタートアップに休止状態の妨げになるアプリケーションソフトが登録さ
れている
スタートアップからアプリケーションソフトの登録をはずし、Windows
を再起動してください。
パソコンの動作がおかしい
バッテリパックは充電したのに、すぐ Battery LED がオレンジ色に点滅
する
バッテリパックの充電機能が低下している
別売りのバッテリパックと交換してください。
使用中に処理が遅くなる
CPU の温度が上がった
CPU は高温になると、自動的に処理速度を下げます。しばらく作業を中止
すると、CPU の温度が下がり、自動的に処理速度が元に戻ります。
使用中に操作できなくなった
パソコンの調子がおかしい
7
章
次の操作を行ってください。
困
っ
た
と
き
は
・ 電源スイッチを 4 秒以上押し続ける
電源スイッチを 4 秒以上押し続けると電源が強制切断されます。もう 1 度
電源スイッチを押してください。この場合、保存していないデータは消失
します。
・ 電源をOFFにし、 BackSpace キーを押しながら電源スイッチを
)
押す(
BackSpace キーは[ハイバネーションエラー]が表示されるまで押し続
けてください。
・ すべての電源を抜いて、再起動する
① AC アダプタをはずしてから、バッテリをはずす
電源が OFF になります。
② バッテリを取り付けてから、AC アダプタを取り付ける
③ もう 1 度電源スイッチを押す
設定した日付と時刻が合っていない(進む/遅れる)
時計用バッテリが充電されていない
パソコン本体に AC アダプタを接続し、時計用バッテリを充電してください。
175
時計用バッテリの充電機能が低下している
お近くの保守サービスにご連絡ください。
充電したはずのバッテリパックを使用しても、パソコンの Battery LED
がオレンジ色に点灯し、バッテリがフル充電状態を示さない
長時間バッテリパックを使用していなかった
長時間バッテリパックを使用していなかった場合、新しいバッテリパック
と交換して充電してください。
それでも状態が変わらない場合は、故障していると考えられます。お近く
の保守サービスにご連絡ください。
しばらく充電をして様子をみる
しばらく充電を続けて、様子をみてください。
その他調子がおかしい
調子がおかしい
応答しないアプリケーションを強制終了する
☞「アプリケーションが使えない -Q アプリケーションが操作できなくなった」
アプリケーションを終了しても調子がおかしい場合は、次の操作を行って
ください。
強制終了し、再起動する
強制終了の方法は、次のとおりです。この場合、作業中の保存していない
データは消去されます。
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[Windows タスクマネージャ]画面が表示されます。
② メニューバーの[シャットダウン]をクリックする
アキュポイントⅡやマウスで操作できない場合は、Alt + U キーを押してく
ださい。
③[コンピュータの電源を切る]をクリックする
アキュポイントⅡやマウスで操作できない場合は、U キーを押してくださ
い。
プログラムを強制終了し、電源が切れます。
④ パソコンの電源を入れる
176
7 章 -1 困ったときは
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[Windows のセキュリティ]画面が表示されます。
②[シャットダウン]ボタンをクリックする
アキュポイントⅡやマウスで操作できない場合は、Alt + S キーを押してく
ださい。
シャットダウン画面が表示されます。
③[シャットダウン]を選択し、
[OK]ボタンをクリックする
アキュポイントⅡやマウスで操作できない場合は、 ↑ ↓ キーで[シャット
ダウン]を選択し、 Enter キーを押してください。
プログラムを強制終了し、電源が切れます。
④ パソコンの電源を入れる
① Ctrl + Alt + Del キーを押す
[プログラムの強制終了]画面が表示されます。
②[シャットダウン]ボタンをクリックする
アキュポイントⅡやマウスで操作できない場合は、Alt + S キーを押してく
ださい。
プログラムを強制終了し、電源が切れます。
③ パソコンの電源を入れる
自動的にスキャンディスクが実行されることがあります。
ウィルスに感染している
7
ウィルスチェックソフトでウィルスチェックを行い、ウィルスが発見され
た場合は駆除してください。
章
困
っ
た
と
き
は
不明なメッセージが出た!
ご使用のシステムやアプリケーションソフトの説明書をご覧になってもわからない場
合、次の点をご確認ください。
「Password =」と表示される
パスワードが設定されている
設定したパスワードを入力し、 Enter キーを押してください。
パスワードを忘れた場合は、キーフロッピーディスクを使用してください。
キーフロッピーディスクがない場合は、お使いの機種をご確認後、お近く
の保守サービスにご連絡ください。有償にてパスワードを解除いたします。
またそのとき、身分証明書(お客様ご自身を確認できる物)の提示が必要
となります。
☞ パスワード、キーフロッピーディスク
➪「4 章 4 パスワードセキュリティ」
177
「入力されたパスワードが間違っています」と表示される
大文字ロック状態でパスワードを入力した
Shift + Caps Lock 英数 キーを押して大文字ロック状態を解除し、も
う 1 度入力してください。
「WARNING:CAN'T RESTORE HIBERNATED STATE. PRESS ANY
KEY TO CONTINUE」と表示された
休止状態が無効になった
電源を切る前の状態は再現できません。どれかキーを押してください。
「Previous resume from hibernate failed. Would you like to try
again [Enter=Y, Esc=N] ?」と表示された
休止状態が無効になった
電源を切る前の状態は再現できません。 Enter キーを押してください。も
う1度同じメッセージが表示された場合は、 Esc キーを押してください。
使用中突然「このプログラムは不正な処理を行ったので…」というメッ
セージが表示された
ソフトウェアの内部処理がうまくいかなかった
画面の指示に従い、[閉じる]ボタンをクリックし、パソコンを再起動して
ください。
次のようなメッセージが表示された
・「Insert system disk in drive. Press any key when ready」
・「Non-System disk or disk error Replace and press any key
when ready」
・「Invalid system disk Replace the disk, and then press any key」
・「Boot: Couldn't Find NTLDR Please Insert another disk」
・「Disk I/O error Replace the disk, and then press any key」
・「Cannot load DOS press key to retry」
フロッピーディスクドライブからフロッピーディスクを取り出し、何か
キーを押す
178
7 章 -1 困ったときは
「Boot sequence is changed.」と表示された
システム起動の順番が変更された
指定したドライブから起動を開始します。
しばらくお待ちください。
「C:¥WINDOWS>_」や「C:¥>_」と表示された
コマンドプロンプト(
)または MS-DOS プロンプト(
)
が全画面表示されている
次の方法を行ってください。
■方法 1 −コマンドプロンプトまたは MS-DOS プロンプト画面をウィンドウ
表示に切り替える
① Alt + Enter キーを押す
■方法 2 −コマンドプロンプトまたは MS-DOS プロンプト画面を終了する
① E X I T とキーを押す
② Enter キーを押す
「KBC ERROR」と表示された
PS/2 マウス、および PS/2 キーボードが接続されている
7
パソコン本体の電源を切り、PS/2 マウス、および PS/2 キーボードを取
章
りはずしてからもう 1 度起動させてください。
困
っ
た
と
き
は
それでも同じエラーが表示されるようであれば、本体の故障のおそれがあ
ります。お近くの保守サービスにご連絡ください。
「Bad ×××× ××××」と表示された
セットアッププログラムを標準設定の状態にする
次の手順で行ってください。
① F1 キーを押す
セットアッププログラムの画面が表示されます。
☞ セットアッププログラムの画面
➪「4 章 3-3 セットアッププログラムの画面」
② Home キーを押す
③ End キーを押す
確認のメッセージが表示されます。
④ Y キーを押す
標準設定の状態にし、セットアッププログラムが終了します。
パソコンは再起動されます。
179
「WARNING:×××××」と表示された
Enter キーを何回か押してください。
上記以外のメッセージが表示される
ご使用のシステムやアプリケーションソフトの説明書をご覧ください。
異常や故障の場合
異常な臭いや過熱に気づいた!
パソコン本体、周辺機器の電源を切り、電源コードのプラグをコンセント
から抜いてください。安全を確認してバッテリパックをパソコン本体から
取りはずしてから販売店または保守サービスにご連絡ください。
なお、ご連絡の際には次のことをお知らせください。
・使用している機器の名称
・ご購入年月日
・現在の状態(できるだけ詳しくご連絡ください)
操作できない原因がどうしてもわからない
東芝 PC ダイヤルにご連絡ください。
ご連絡の際には次のことをお知らせください。
・使用している機器の名称
・ご購入年月日
・現在の状態
東芝 PC サポートのご案内
東芝パソコンをより快適にお使いいただくために、サポート窓口、サービス制度をご用
意しております。本製品に同梱の『東芝 PC サポートのご案内』をご覧ください。
180
付録
1
2
3
4
5
オンラインマニュアルについて ............... 182
製品仕様 ...................................................... 183
各インタフェースの仕様 ........................... 191
技術基準適合について............................... 196
アプリケーションお問い合わせ先一覧.... 212
オンラインマニュアルについて
Windows が起動しているときに、取扱説明書(本書)をパソコン画面上で見ることが
できます。
Windows 2000 モデル、Windows 98 モデルの場合は「Adobe Acrobat Reader」
と「オンラインマニュアル」それぞれのインストールが必要です。
①「Application CD-ROM」
(
)
、
「アプリケーション & ドライバ CD-ROM」
(
)
をセットする
CD-ROM は複数枚入っている場合があります。
② 表示されるメッセージに従ってインストールを行う
[ファイルのダウンロード]画面が表示された場合は、[開く]ボタンをクリック、ま
たは[このプログラムを上記の場所から実行する]を選択し[OK]ボタンをクリッ
クしてください。
起動方法
1
デスクトップの[オンラインマニュアル]アイコンをダブルクリックする
また、次の方法でも起動できます。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[オンラインマニュアル]をクリック
または
[スタート]-[ヘルプとサポート]をクリック -[オンラインマニュアル]をクリック [オンラインマニュアル]をクリック
[スタート]-[オンラインマニュアル]をクリック
「Adobe Acrobat Reader」と「オンラインマニュアル」が起動します。
初めて「Adobe Acrobat Reader」を起動したときは、[ソフトウェア使用許諾契約
書]画面が表示されます。契約内容をお読みのうえ、[同意する]ボタンをクリックし
てください。
[同意する]ボタンをクリックしないと、
「Adobe Acrobat Reader」を
ご使用になれません。また、「オンラインマニュアル」を見ることはできません。
182
製品仕様
基本仕様
DynaBook
機 種
プロセッサ
CPU
*1
ROM
メモリ
表示機能
Satellite1800シリーズ
「PC診断ツール」を参照
512KB(フラッシュROM)、
ACPI 1.0b、APM 1.2、Plug and Play 1.0a
RAM*1
「PC診断ツール」を参照(最大512MB)
ビデオRAM
16MB(メインメモリと共用)
表示装置*1
冷陰極管サイドライト方式
15型TFT/14.1型TFT/13.3型TFT
グラフィック表示 横1024× 縦768 1画面
キーボード
入力装置
OADG109Aキータイプ準拠
90キー(文字キー、制御キーの合計)
ポインティング
アキュポイントⅡ、コントロールボタン、スクロールボタン内蔵
デバイス
フロッピー
ディスク
ドライブ
1台 内 蔵
2DD、または2HD型フロッピーディスクを使用
720KB(2DD)/1.2MB、1.44MB(2HD)
ハードディスク
2.5型 1台装備
ドライブ*2
CD-ROMドライブ
1台内蔵、最大24倍速
8cm、12cmのCD対応、マルチセッション
CD-R/RWドライブ
1台 内 蔵
補助記憶装置
ドライブ*1
CD
CD-R
CD-RW(マルチスピード)
High-Speed対応CD-RW
:最大24倍速
:最大8倍速
:最大4倍速
:最大8倍速
8cm、12cmのCD対応、マルチセッション
マルチドライブ
1台 内 蔵
CD
DVD、CD-R
CD-RW(マルチスピード)
High-Speed対応CD-RW
:最大24倍速
:最大8倍速
:最大4倍速
:最大8倍速
付
録
8cm、12cmのCD対応、マルチセッション
* 1 ご購入のモデルによって異なります。
* 2 ハードディスク容量は、ハードディスクドライブのプロパティで確認できます。プロパティを表
示するには、[マイコンピュータ]からハードディスクドライブのアイコンを右クリックし、表示
されるメニューから[プロパティ]をクリックします。
183
DynaBook
機 種
インタ
フェース
Satellite1800シリーズ
RS-232C
1個 装 備
非同期115.2kbpsまで対応(ハードウェア仕様)
プリンタ
1個装備(ECP)
PS/2
1個装備
RGB
1個装備
USB
2個装備
PCカード
2個装備 PC Card Standard準拠
(TYPE Ⅱ×2、またはTYPE Ⅲ×1) CardBus対応
LAN
1個装備 100Base-TX/10Base-T
無線LAN*3
1個装備 IEEE802.11b準拠 11Mbpsまで対応
モデム*4
1個装備
サウンド
マイク入力
1個装備(Φ3.5mmモノラルミニジャック)
ヘッドホン出力
1個装備(Φ3.5mmステレオミニジャック)
内蔵スピーカ(ステレオ)装備
ビデオ出力
1個装備(RC Aピンジャック)
赤外線通信機能 1ポート装備 IrDA 1.1準拠
日付、時計機能を標準装備
充電型電池によるバックアップ
カレンダ機能
電源
ACアダプタ
AC100V∼240V(50Hz、または60Hz)ACアダプタ
バッテリ
バッテリパック Li-Ion
10.8V 4500mAh
最大消費電力
約 60W
使用環境条件
温度:5℃∼35℃ 湿度:20%∼80%Rh
外形寸法(突起部除く)
327(幅)×
274(奥行)×
41.4(高さ)mm(15型)
313(幅)×
274(奥行)×
39.5(高さ)mm(14.1型/13.3型)
質量
約3.4kg(15型)
約3.2kg(14.1型/13.3型)
* 3 無線 LAN モデルのみ
* 4 モデム内蔵モデルのみ
仕様について
本製品の仕様は国内向けです。国外で本製品を使用する場合は、電源に合った電源コー
ドをお買い求めください。
AC アダプタの仕様は次のとおりです。
入力:AC100V ∼ 240V(0.75A ∼ 0.35A) 50/60Hz
出力:DC15V、4A
また、消費電力の仕様は次のとおりです。
最大消費電力:60W(電源スイッチオン時)
最小消費電力:約 11.5W(電源スイッチオン時)
約 2.5W(電源スイッチオフ時)
パソコンの電源を切った後に、電源コードを抜くと消費電力はゼロになります。
本機器は、
「機器のリサイクルに適した設計」となっています。
184
付録 -2 製品仕様
PC 診断ツール
「PC 診断ツール」で本製品の CPU、OS、ディスプレイなどに関する情報を確認するこ
とができます。
起動方法
1
[スタート]-[すべてのプログラム]-[東芝ユーティリティ]-[PC 診断
ツール]をクリックする
[スタート]-[プログラム]-[東芝ユーティリティ]-[PC 診断ツール]
をクリックする
PC 診断ツールが起動します。
2 [基本情報の表示]ボタンをクリックする
本製品の基本情報が表示されます。
PC 診断ツールについて、詳しくは PC 診断ツールのヘルプをご覧ください。
ヘルプの起動方法
1 PC 診断ツールを起動する
2 [ヘルプ]ボタンをクリックする
付
録
185
外形寸法図
13 インチ/ 14 インチモデル
*イラストは 14 インチモデルです。
313
274
39.5
(突起部を含まず)
(単位 mm)
186
付録 -2 製品仕様
15 インチモデル
327
274
41.4
付
録
(単位 mm)
187
サポートしているビデオモード
ディスプレイコントローラによって制御される画面の解像度と表示可能な最大色数を定
めた規格をビデオモードと呼びます。
本製品でサポートしている英語モード時のすべてのビデオモードを次に示します。
モードナンバは一般に、プログラマがそれぞれのモードを識別するのに用いられます。
アプリケーションソフトがモードナンバによってモードを指定してくる場合、そのナン
バが図のナンバと一致していないことがあります。この場合は解像度とフォントサイズ
と色の数をもとに選択し直してください。
ビデオ
モード
188
形式
解像度
フォント
サイズ
色数
CRTリフレッシュ
レート(Hz)
0,1
VGAテキスト
40×25字
8×8
16/256K
70
2,3
VGAテキスト
80×25字
8×8
16/256K
70
0*,1*
VGAテキスト
40×25字
8×14
16/256K
70
2*,3*
VGAテキスト
80×25字
8×14
16/256K
70
0+,1+ VGAテキスト
40×25字
8(9)×16
16/256K
70
2+,3+ VGAテキスト
80×25字
8(9)×16
16/256K
70
4,5
VGA
320×200
グラフィックス
ドット
8×8
4/256K
70
6
VGA
640×200
グラフィックス
ドット
8×8
2/256K
70
7
VGAテキスト
80×25字
8(9)×14
モノクロ
70
7+
VGAテキスト
80×25字
8(9)×16
モノクロ
70
D
VGA
320×200
グラフィックス
ドット
8×8
16/256K
70
E
VGA
640×200
グラフィックス
ドット
8×8
16/256K
70
F
VGA
640×350
グラフィックス
ドット
8×14
モノクロ
70
10
VGA
640×350
グラフィックス
ドット
8×14
16/256K
70
11
VGA
640×480
グラフィックス
ドット
8×16
2/256K
60
付録 -2 製品仕様
ビデオ
モード
形式
解像度
フォント
サイズ
12
VGA
640×480
グラフィックス
ドット
8×16
13
VGA
320×200
グラフィックス
ドット
8×8
色数
CRTリフレッシュ
レート(Hz)
16/256K
60
256/256K
70
ー
SVGA
640×480
グラフィックス
ドット
ー
256/256K
60/75/85
ー
SVGA
800×600
グラフィックス
ドット
ー
256/256K
60/75/85
ー
SVGA
1024×768
グラフィックス
ドット
ー
256/256K
60/75/85
ー
SVGA
1280×1024
グラフィックス
ドット*1
ー
256/256K
60/75/85
ー
SVGA
1600×1200
グラフィックス
ドット*1
ー
256/256K
60
ー
SVGA
640×480
グラフィックス
ドット
ー
64K/64K
60/75/85
ー
SVGA
800×600
グラフィックス
ドット
ー
64K/64K
60/75/85
ー
SVGA
1024×768
グラフィックス
ドット
ー
64K/64K
60/75/85
ー
SVGA
1280×1024
グラフィックス
ドット*1
ー
64K/64K
60/75/85
ー
SVGA
1600×1200
グラフィックス
ドット*1
ー
64K/64K
60
ー
SVGA
640×480
グラフィックス
ドット
ー
16M/16M
60/75/85
ー
SVGA
800×600
グラフィックス
ドット
ー
16M/16M
60/75/85
ー
SVGA
1024×768
グラフィックス
ドット
ー
16M/16M
60/75
* 1:LCD の場合は実際の画面(1024 × 768)内に、仮想スクリーン表示します。
本製品のディスプレイは、640 × 480 ドットのモードを選択しても、1024 × 768
付
録
ドットのタイミングで動作しています。そのため、VGA 専用の CRT ディスプレイとの
同時表示はできません。同時表示をする場合は、SVGA の CRT ディスプレイを使用し
てください。
189
ハードウェアリソース
メモリマップ、I/O ポートマップ、IRQ 使用リソース、DMA チャネルは次の方法で確
認できます。
ご使用の環境(ハードウェア/ソフトウェア)によって変更される場合があります。
Windows XP の場合
1 [スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール][システム情報]をクリックする
2
3
画面左側のツリーから[ハードウェアリソース]をクリックする
調べたい項目をクリックする
メモリマップ
:[メモリ]
I/0 ポートマップ :[I/0]
IRQ 使用リソース :[IRQ]
DMA チャネル
:[DMA]
Windows 2000 の場合
1 [マイコンピュータ]を右クリックして[管理]をクリックする
2 画面左側のツリーから[システム情報]-[ハードウェアリソース]をダブ
ルクリックする
3
調べたい項目をクリックする
メモリマップ
:[メモリ]
I/0 ポートマップ :[I/0]
IRQ 使用リソース :[IRQ]
DMA チャネル
:[DMA]
Windows 98 の場合
1 [スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[システ
ム情報]をクリックする
2
3
画面左側のツリーから[ハードウェアリソース]をダブルクリックする
調べたい項目をクリックする
メモリマップ
:[メモリ]
I/0 ポートマップ :[I/0]
IRQ 使用リソース :[IRQ]
DMA チャネル
:[DMA]
190
各インタフェースの仕様
PRT インタフェース
ピン番号
信号名
意 味
信号方向
1
-STROBE
2
PD0
PD0のデータを送信する信号
PD0∼7のデータを書き込むための同期出力信号
I/O
O
3
PD1
PD1のデータを送信する信号
I/O
4
PD2
PD2のデータを送信する信号
I/O
5
PD3
PD3のデータを送信する信号
I/O
6
PD4
PD4のデータを送信する信号
I/O
7
PD5
PD5のデータを送信する信号
I/O
8
PD6
PD6のデータを送信する信号
I/O
9
PD7
PD7のデータを送信する信号
I/O
10
-ACK
-STROBEに対するデータ受信完了信号
I
11
BUSY
データ受信できるかどうかを示すステータス信号
I
12
PE
用紙切れを知らせるステータス信号
I
13
SELCT
セレクト/ディセレクト状態を示すステータス信号
I
14
-AUTFD
自動用紙送り機構用信号
O
15
-ERROR
アラーム状態を示すステータス信号
I
16
-PINT
初期状態に戻す信号
O
17
-SLIN
未使用
O
18
GND
信号グランド
19
GND
信号グランド
20
GND
信号グランド
21
GND
信号グランド
22
GND
信号グランド
23
GND
信号グランド
24
GND
信号グランド
25
GND
信号グランド
付
録
コネクタ図
13
1
25
14
D-SUB 25ピンメス
信号名
:−がついているのは、負論理の信号です。
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
191
COMMS インタフェース
ピン番号
信号名
1
CD
2
意 味
信号方向
受信キャリア検出
I
RXD
受信データ
I
3
TXD
送信データ
O
4
DTR
データ端末レディ
O
5
GND
信号グランド
6
DSR
データセットレディ
I
7
RTS
送信要求
O
8
CTS
送信可
I
9
CI
被呼表示
I
コネクタ図
1
5
6
9
D-SUB 9ピンオス
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
PS/2 インタフェース
ピン番号
信号名
意 味
1
MOUSDT
マウスデータ
2
EXTKBDT キーボードデータ
3
GND
グランド
4
VCC
5V
I/O
5
MOUSCK マウスクロック
I/O
6
EXTKBCK キーボードクロック
I/O
コネクタ図
6
5
3
4
2 1
ミニDIN 6ピンメス
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
192
信号方向
付録 -3 各インタフェースの仕様
RGB インタフェース
ピン番号
信号名
意 味
信号方向
1
CRV
赤色ビデオ信号
O
2
CGV
緑色ビデオ信号
O
3
CBV
青色ビデオ信号
O
4
ID2
モニタID2
5
GND
信号グランド
6
GND
信号グランド
7
GND
信号グランド
8
GND
信号グランド
9
Reserved
10
GND
信号グランド
11
IDO
モニタID
12
SDA
SDA通信信号
予約
13
-CHSYNC 水平同期信号
O
14
-CVSYNC 垂直同期信号
O
15
SCL
SCLデータクロック信号
コネクタ図
5
1
10
6
15
11
高密度D-SUB 3列15ピンメス
信号名
:−がついているのは、負論理の信号です。
付
録
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
193
モデムインタフェース
*モデム内蔵モデルのみ
ピン番号
信号名
意 味
1
-
ノーコンタクト
2
-
ノーコンタクト
信号方向
3
TIP
電話回線
I/O
4
RING
電話回線
I/O
5
-
ノーコンタクト
6
-
ノーコンタクト
コネクタ図
123456
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
LAN インタフェース
ピン番号
信号名
意 味
1
TX
送信データ(+)
O
2
-TX
送信データ(ー)
O
3
RX
受信データ(+)
I
4
Unused
未使用
5
Unused
未使用
6
-RX
7
Unused
受信データ(ー)
未使用
8
Unused
未使用
コネクタ図
12345678
信号名
:−がついているのは、負論理の信号です。
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
194
信号方向
I
付録 -3 各インタフェースの仕様
USB インタフェース
ピン番号
信号名
意 味
信号方向
1
VCC
+5V
2
-Data
マイナスデータ
I/O
3
+Data
プラスデータ
I/O
4
GND
信号グランド
コネクタ図
1
信号名
2
3 4
:−がついているのは、負論理の信号です。
信号方向(I) :パソコン本体への入力
信号方向(O):パソコン本体からの出力
付
録
195
技術基準適合について
漏洩電流自主規制について
この装置は、社団法人 電子情報技術産業協会のパーソナルコンピュータ業界基準
(PC-11-1988)に適合しております。
瞬時電圧低下について
この装置は、社団法人 電子情報技術産業協会の定めたパーソナルコンピュータの瞬
時電圧低下対策のガイドラインを満足しております。しかし、ガイドラインの基準を
上回る瞬時電圧低下に対しては、不都合を生じることがあります。
電波障害自主規制について
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス
B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、
この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、電波障害を引き起
こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
高調波対策について
本装置は「高調波ガイドライン適合品」です。
国際エネルギースタープログラムについて
当社は国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、本製品
が国際エネルギースタープログラムの対象製品に関する基準を満たし
ていると判断します。
※対象 OS は Windows 98、Windows 2000、Windows XP Pro
☞ 省電力設定について ➪「3 章 4-5 東芝省電力ユーティリティ」
196
FCC information
Product name
: DynaBook Satellite 1800 series
Model number
: PS183
FCC notice "Declaration of Conformity Information"
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device,
pursuant to Part 15 of the FCC rules. These limits are designed to provide reasonable protection
against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses and can
radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions,
may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that
interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful
interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment
off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the
following measures:
Reorient or relocate the receiving antenna.
Increase the separation between the equipment and receiver.
Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is
connected.
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
WARNING: Only peripherals complying with the FCC rules class B limits may be attached to
this equipment. Operation with non-compliant peripherals or peripherals not recommended by
TOSHIBA is likely to result in interference to radio and TV reception. Shielded cables must be
used between the external devices and the computer’s or external monitor port, PS/2 mouse/
keyboard port, parallel port, USB port, video-out port, microphone jack and headphone port,
serial port. Changes or modifications made to this equipment, not expressly approved by
TOSHIBA or parties authorized by TOSHIBA could void the user’s authority to operate the
equipment.
付
録
FCC conditions
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two
conditions:
1. This device may not cause harmful interference.
2. This device must accept any interference received, including interference that
may cause undesired operation.
Contact
Address:
TOSHIBA America Information Systems, Inc.
9740 Irvine Boulevard
Irvine, California 92618-1697
Telephone:
(949) 583-3000
197
EU Declaration of Conformity
TOSHIBA declares, that the product: PS183* conforms to the following Standards:
Supplementary Information:
“The product complies with the requirements of the Low Voltage
Directive 73/23/EEC the EMC Directive 89/336/EEC and/or the
R&TTE Diretctive 1999/05/EEC.”
This product is carrying the CE-Mark in accordance with the related European Directives. Responsible
for CE-Marking is TOSHIBA Europe, Hammfelddamm 8, 41460 Neuss, Germany.
198
付録 -4 技術基準適合について
モデム使用時の注意事項
*モデム内蔵モデルのみ
本製品の内蔵モデムをご使用になる場合は、次の注意事項をお守りください。
内蔵モデムは、財団法人 電気通信端末機器審査協会により電気
通信事業法第 50 条 1 項に基づき、技術基準適合認定を受けた
認定番号
A00-0940JP
ものです。
●使用できない地域
内蔵モデムは、次の地域で使用できます。
アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、イギリス、
イスラエル、イタリア、インド、インドネシア、エジプト、エストニア、
オーストラリア、オーストリア、オマーン、オランダ、カナダ、韓国、ギリシャ、
クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、
スリランカ、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ、中国、デンマーク、
ドイツ、トルコ、日本、ニュージーランド、ノルウェー、パキスタン、ハンガリー、
バングラデシュ、フィリピン、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、
ポーランド、ポルトガル、香港、マルタ、マレーシア、南アフリカ、モロッコ、
ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、レバノン、ロシア
(2002 年 1 月現在)
なお、その他の地域での許認可は受けていないため、その他の地域ではご使用になれま
せん。ご注意ください。
内蔵モデムが使用できない地域では、その地域で許認可を受けているモデムをご購入く
ださい。
内蔵モデムに接続する回線が PBX 等を経由する場合は使用できない場合があります。
上記の注意事項を超えてのご使用における危害や損害などについては、当社では責任を
負えませんのであらかじめご了承願います。
付
録
●自動再発信の制限
内蔵モデムは 2 回を超える再発信(リダイヤル)は、発信を行わず『BLACK
LISTED』を返します(『BLACK LISTED』の応答コードが問題になる場合は、再発信
を 2 回以下または再発信間隔を 1 分以上にしてください)
。
*内蔵モデムの自動再発信機能は、電気通信事業法の技術基準(アナログ電話端末)
「自動再発信機能は 2 回以内(但し、最初の発信から 3 分以内)」に従っています。
・雷雲が近づいてきたときは、モジュラープラグを電話回線用モジュラージャックから抜いてく
ださい。電話回線に落雷した場合、内蔵モデムやパソコン本体が破壊されるおそれがあります。
・内蔵モデムを使用する場合は、ご使用になる地域にあわせてモデムの地域設定が必要です。
☞「3 章 9- 電話回線への接続」
199
Conformity Statement
The equipment has been approved to [Commission Decision “CTR21”] for pan-European single
terminal connection to the Public Switched Telephone Network (PSTN).
However, due to differences between the individual PSTNs provided in different countries the
approval does not, of itself, give an unconditional assurance of successful operation on every
PSTN network termination point.
In the event of problems, you should contact your equipment supplier in the first instance.
Network Compatibility Statement
This product is designed to work with, and is compatible with the following networks. It has been
tested to and found to confirm with the additional requirements conditional in EG 201 121.
Germany
- ATAAB AN005,AN006,AN007,AN009,AN010 and
DE03,04,05,08,09,12,14,17
Greece
- ATAAB AN005,AN006 and GR01,02,03,04
Portugal
- ATAAB AN001,005,006,007,011 and P03,04,08,10
Spain
- ATAAB AN005,007,012, and ES01
Switzerland
- ATAAB AN002
All other countries regions - ATAAB AN003,004
Specific switch settings or software setup are required for each network, please refer to the relevant
sections of the user guide for more details.
The hookflash (timed break register recall) function is subject to separate national type approvals.
If has not been tested for conformity to national type regulations, and no guarantee of successful
operation of that specific function on specific national networks can be given.
Pursuant to FCC CFR 47, Part 68:
When you are ready to install or use the modem, call your local telephone company and give them
the following information:
- The telephone number of the line to which you will connect the modem
- The registration number that is located on the device
The FCC registration number of the modem will be found on either the device which is to be
installed, or, if already installed, on the bottom of the computer outside of the main system label.
- The Ringer Equivalence Number (REN) of the modem, which can vary.
For the REN of your modem, refer to your modem’s label.
The modem connects to the telephone line by means of a standard jack called the USOC RJ11C.
200
付録 -4 技術基準適合について
Type of service
Your modem is designed to be used on standard-device telephone lines.
Connection to telephone company-provided coin service (central office implemented systems) is
prohibited. Connection to party lines service is subject to state tariffs. If you have any questions
about your telephone line, such as how many pieces of equipment you can connect to it, the telephone
company will provide this information upon request.
Telephone company procedures
The goal of the telephone company is to provide you with the best service it can.
In order to do this, it may occasionally be necessary for them to make changes in their equipment,
operations, or procedures. If these changes might affect your service or the operation of your
equipment, the telephone company will give you notice in writing to allow you to make any changes
necessary to maintain uninterrupted service.
If problems arise
If any of your telephone equipment is not operating properly, you should immediately remove it
from your telephone line, as it may cause harm to the telephone network. If the telephone company
notes a problem, they may temporarily discontinue service. When practical, they will notify you in
advance of this disconnection. If advance notice is not feasible, you will be notified as soon as
possible. When you are notified, you will be given the opportunity to correct the problem and
informed of your right to file a complaint with the FCC.
In the event repairs are ever needed on your modem, they should be performed by TOSHIBA
Corporation or an authorized representative of TOSHIBA Corporation.
Disconnection
If you should ever decide to permanently disconnect your modem from its present line, please call
the telephone company and let them know of this change.
Fax branding
付
録
The Telephone Consumer Protection Act of 1991 makes it unlawful for any person to use a computer
or other electronic device to send any message via a telephone fax machine unless such message
clearly contains in a margin at the top or bottom of each transmitted page or on the first page of the
transmission, the date and time it is sent and an identification of the business, other entity or
individual sending the message and the telephone number of the sending machine or such business,
other entity or individual.
In order to program this information into your fax modem, you should complete the setup of your
fax software before sending messages.
201
Instructions for IC CS-03 certified equipment
1 NOTICE: The Industry Canada label identifies certified equipment. This certification means that
the equipment meets certain telecommunications network protective, operational and safety
requirements as prescribed in the appropriate Terminal Equipment Technical Requirements
document(s). The Department does not guarantee the equipment will operate to the user’s
satisfaction.
Before installing this equipment, users should ensure that it is permissible to be connected to the
facilities of the local telecommunications company. The equipment must also be installed using an
acceptable method of connection.
The customer should be aware that compliance with the above conditions may not prevent
degradation of service in some situations.
Repairs to certified equipment should be coordinated by a representative designated by the supplier.
Any repairs or alterations made by the user to this equipment, or equipment malfunctions, may
give the telecommunications company cause to request the user to disconnect the equipment.
Users should ensure for their own protection that the electrical ground connections of the power
utility, telephone lines and internal metallic water pipe system, if present, are connected together.
This precaution may be particularly important in rural areas.
Caution: Users should not attempt to make such connections themselves, but should contact the
appropriate electric inspection authority, or electrician, as appropriate.
2 The user manual of analog equipment must contain the equipment’s Ringer Equivalence Number
(REN) and an explanation notice similar to the following:
T h e R i n g e r E q u i v a l e n c e N u m b e r ( R E N ) o f t h e m o d e m , w h i c h c a n v a r y.
For the REN of your modem, refer to your modem’s label.
NOTICE: The Ringer Equivalence Number (REN) assigned to each terminal device provides an
indication of the maximum number of terminals allowed to be connected to a telephone interface.
The termination on an interface may consist of any combination of devices subject only to the
requirement that the sum of the Ringer Equivalence Numbers of all the devices does not exceed 5.
3 The standard connecting arrangement (telephone jack type) for this equipment is jack type(s):
USOC RJ11C.
CANADA: 1353 11026A
202
付録 -4 技術基準適合について
Notes for Users in Australia and New Zealand
Modem warning notice for Australia
Modems connected to the Australian telecoms network must have a valid Austel permit. This
modem has been designed to specifically configure to ensure compliance with Austel standards
when the region selection is set to Australia.
The use of other region setting while the modem is attached to the Australian PSTN would result in
you modem being operated in a non-compliant manner.
To verify that the region is correctly set, enter the command ATI which displays the currently
active setting.
To set the region permanently to Australia, enter the following command sequence:
AT%TE=1
ATS133=1
AT&F
AT&W
AT%TE=0
ATZ
Failure to set the modem to the Australia region setting as shown above will result in the modem
being operated in a non-compliant manner. Consequently, there would be no permit in force for
this equipment and the Telecoms Act 1991 prescribes a penalty of $12,000 for the connection of
non-permitted equipment.
Notes for use of this device in New Zealand
- The grant of a Telepermit for a device in no way indicates Telecom acceptance of responsibility for
the correct operation of that device under all operating conditions. In particular the higher speeds
at which this modem is capable of operating depend on a specific network implementation which
is only one of many ways of delivering high quality voice telephony to customers. Failure to
operate should not be reported as a fault to Telecom.
付
録
- In addition to satisfactory line conditions a modem can only work properly if:
a/ it is compatible with the modem at the other end of the call and
b/ the application using the modem is compatible with the application at the other end of the
call - e.g., accessing the Internet requires suitable software in addition to a modem.
- This equipment shall not be used in any manner which could constitute a nuisance to other Telecom
customers.
203
- Some parameters required for compliance with Telecom’s PTC
Specifications are dependent on the equipment (PC) associated with this modem. The associated
equipment shall be set to operate within the following limits for compliance with Telecom
Specifications:
a/ There shall be no more than 10 call attempts to the same number within any 30 minute
period for any single manual call initiation, and
b/ The equipment shall go on-hook for a period of not less than 30 seconds between the end of one
attempt and the beginning of the next.
c/ Automatic calls to different numbers shall be not less than 5 seconds apart.
- Immediately disconnect this equipment should it become physically damaged, and arrange for its
disposal or repair.
- The correct settings for use with this modem in New Zealand are as follows:
ATB0 (CCITT operation)
AT&G2 (1800 Hz guard tone)
AT&P1 (Decadic dialing make-break ratio =33%/67%)
ATS0=0 (not auto answer)
ATS10=less than 150 (loss of carrier to hangup delay, factory default o f 15 recommended)
ATS11=90 (DTMF dialing on/off duration=90 ms)
ATX2 (Dial tone detect, but not (U.S.A.) call progress detect)
- When used in the Auto Answer mode, the S0 register must be set with a value 3 or 4.
This ensures:
(a) a person calling your modem will hear a short burst of ringing before the modem answers. This
confirms that the call has been successfully switched through the network.
(b) caller identification information (which occurs between the first and second ring cadences) is not
destroyed.
- The preferred method of dialing is to use DTMF tones (ATDT...) as this is faster and more reliable
than pulse (decadic) dialing. If for some reason you must use decadic dialing, your communications
program must be set up to record numbers using the following translation table as this modem does
not implement the New Zealand “Reverse Dialing” standard.
Number to be dialed: 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Number to program into computer: 0 9 8 7 6 5 4 3 2 1
Note that where DTMF dialing is used, the numbers should be entered normally.
- The transmit level from this device is set at a fixed level and because of this there may be
circumstances where the performance is less than optimal.
Before reporting such occurrences as faults, please check the line with a standard Telepermitted
telephone, and only report a fault if the phone performance is impaired.
204
付録 -4 技術基準適合について
- It is recommended that this equipment be disconnected from the Telecom line during electrical
storms.
- When relocating the equipment, always disconnect the Telecom line connection before the power
connection, and reconnect the power first.
- This equipment may not be compatible with Telecom Distinctive Alert cadences and services such
as FaxAbility.
NOTE THAT FAULT CALLOUTS CAUSED BY ANY OF THE ABOVE CAUSES MAY INCUR A
CHARGE FROM TELECOM
General conditions
As required by PTC 100, please ensure that this office is advised of any changes to the specifications
of these products which might affect compliance with the relevant PTC Specifications.
The grant of this Telepermit is specific to the above products with the marketing description as
stated on the Telepermit label artwork. The Telepermit may not be assigned to other parties or other
products without Telecom approval.
A Telepermit artwork for each device is included from which you may prepare any number of
Telepermit labels subject to the general instructions on format, size and colour on the attached
sheet.
The Telepermit label must be displayed on the product at all times as proof to purchasers and
service personnel that the product is able to be legitimately connected to the Telecom network.
The Telepermit label may also be shown on the packaging of the product and in the sales literature,
as required in PTC 100.
The charge for a Telepermit assessment is $337.50. An additional charge of $337.50 is payable
where an assessment is based on reports against non-Telecom New Zealand Specifications. $112.50
is charged for each variation when submitted at the same time as the original.
An invoice for $NZ1237.50 will be sent under separate cover.
付
録
205
東芝 CD-ROM ドライブ XM-7002B
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1 PRODUKT
TO EN 60825-1
クラス 1 レーザー製品
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因になります。信頼性、安全性、性能の保証をす
ることができなくなります。
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあります。従って、本装置を使用するシステムに
は、これらの誤りや故障に起因する二次的な損失、障害および事故を防止するために、安全性や保
全性に関する十分な配慮が必要です。本装置の故障、取り出されたデータの誤りによって、人体へ
の危害や物質的損害を誘発する可能性があるシステムには、本装置を使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
Location of the required label
PRODUCT IS CERTIFIED BY THE
MANUFACTURER TO COMPLY
WITH DHHS RULES 21 CFR
SUBCHAPTER J APPLICABLE AT THE
DATE OF MANUFACTURE.
MANUFACTURED:
TOSHIBA CORPORATION
1-1, SHIBAURA 1-CHOME,
MINATO-KU, TOKYO 105-8001,
JAPAN
206
付録 -4 技術基準適合について
TEAC CD-ROM ドライブ CD-224E
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この
装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因に
なります。信頼性、安全性、性能の保証をすることが
できなくなります。
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1
CAUTION - INVISIBLE LASER RADIATION WHEN
OPEN DO NOT STARE INTO BEAM OR
VIEW DIRECTLY WITH OPTICAL
INSTRUMENTS
VORSICHT - UNSICHTBARE LASERSTRAHLUNG,
WENN ABDECKUNG GEOFFNET NICHT
IN DEN STRAHL BLICKEN AUCH NICHT
MIT OPTISCHEN INSTRUMENTEN
VARNING - OSYNL IG LASERSTRALNING NAR
- DENNA DEL AR OPPNAD STIRRA EJ IN I
STRALEN OCH BETRAKTA EJ STRALEN
MED OPTISKA INSTRUMENT
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあり
ます。従って、本装置を使用するシステムには、これらの誤りや故障に起因する二次的な損失、
障害および事故を防止するために、安全性や保全性に関する十分な配慮が必要です。本装置の故
障、取り出されたデータの誤りによって、人体への危害や物質的損害を誘発する可能性があるシ
ステムには、本装置を使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
Location of the required label
CERTIFICATION: THIS
PRODUCT COMPLIES WITH
DHHS RULES 21 CFR CHAPTER
1, SUBCHAPTER JAPPLICABLE
AT DATE OF MANUFACTURE.
付
録
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1
TEAC CORPORATION
3-7-3, NAKA-CHO,
MUSASHINO-SHI,
TOKYO, JAPAN
207
松下 CD-R/RW ドライブ UJDA340
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因になります。信頼性、安全性、性能の保証をす
ることができなくなります。
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあります。従って、本装置を使用するシステムに
は、これらの誤りや故障に起因する二次的な損失、障害および事故を防止するために、安全性や保
全性に関する十分な配慮が必要です。本装置の故障、取り出されたデータの誤りによって、人体へ
の危害や物質的損害を誘発する可能性があるシステムには、本装置を使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
CAUTION
INVISIBLE LASER RADIATION WHEN OPEN. AVOID EXPOSURE TO BEAM. JDGS0150ZA
ATTENTION RAYONNEMENT LASER INVISIBLE EN CAS D’OUVERTURE.
EXPOSITION DANGEREUSE AU FAISCEAU.
VORSICHT
UNSICHTBARE LASERSTRAHLUNG, WENN ABDECKUNG GEÖFFNET.
NICHT DEM STRAHL AUSSETZEN.
ADVARSEL
ADVARSEL
USYNLIG LASERSTRÅLING VED ÅBNING. UNDGÅ UDS/ETTELSE FOR STRÅLEN.
VARNING
OSYNLIG LASERSTRÅLNING NÄR DENNA DEL ÄR ÖPPNAD. STRÅLEN ÄR FARLIG.
VARO!
NÄKYMÄTÖN AVATTAESSA OLET ALTTINA LASERSÄTEILYLLE. ÄLÄ KATSO SÄTEESEEN.
USYNLIG LASERSTRÅLING NÅR DEKSEL ÅPNES. UNDGÅ EKSPONERING FOR STRÅLEN.
Location of the required label
MANUFACTURED:
SERIAL NO.
----------------------------------------------COMPLIES WITH FDA RADIATION
PERFORMANCE STANDARDS, 21 CFR
SUBCHAPTER J. 130KMT
Manufactured by Kyusyu Matsushita
Electric Co., Ltd.
1-62, 4-Chome Minoshima Hakata-Ku
Fukuoka, Japan
208
付録 -4 技術基準適合について
TEAC CD-R/RW ドライブ CD-W28E
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因になります。信頼性、安全性、性能の保証をす
ることができなくなります。
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあります。従って、本装置を使用するシステムに
は、これらの誤りや故障に起因する二次的な損失、障害および事故を防止するために、安全性や保
全性に関する十分な配慮が必要です。本装置の故障、取り出されたデータの誤りによって、人体へ
の危害や物質的損害を誘発する可能性があるシステムには、本装置を使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
CAUTION
INVISIBLE LASER RADIATION WHEN OPEN. AVOID EXPOSURE TO BEAM.
ATTENTION RAYONNEMENT LASER INVISIBLE EN CAS D’OUVERTURE.
EXPOSITION DANGEREUSE AU FAISCEAU.
VORSICHT
UNSICHTBARE LASERSTRAHLUNG, WENN ABDECKUNG GEÖFFNET.
NICHT DEM STRAHL AUSSETZEN.
ADVARSEL
ADVARSEL
USYNLIG LASERSTRÅLING VED ÅBNING. UNDGÅ UDS/ETTELSE FOR STRÅLING.
VARNING
OSYNLIG LASERSTRÅLNING NÄR DENNA DEL ÄR ÖPPNAD. STRÅLEN ÄR FARLIG.
VARO!
NÄKYMÄTÖN AVATTAESSA OLET ALTTINA LASERSÄTEILYLLE. ÄLÄ KATSO SÄTEESEEN.
USYNLIG LASERSTRÅLING NÅR DEKSEL ÅPNES. UNDGÅ EKSPONERING FOR STRÅLEN.
Location of the required label
付
録
MANUFACTURED:
SERIAL NO.
-----------------------------------------------
CERTIFICATION
THIS PRODUCT COMPLIES WITH DHHS RULES 21
CFR CHAPTER 1, SUBCHAPTER JAPPLICABLE AT
DATE OF MANUFACTURE.
MANUFACTURED
TEAC CORPORATION
3-7-3, NAKA-CHO,MUSASHINO-SHI,TOKYO, JAPAN
209
東芝 CD-R/RW / DVD-ROM ドライブ SD-R2102
(マルチドライブ)
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
CLASS 1 LASER PRODUCT
APPAREIL À LASER DE CLASSE 1
LASER KLASSE 1 PRODUKT
TO EN 60825-1
クラス 1 レーザー製品
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因になります。信頼性、安全性、性能の保証をす
ることができなくなります。
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあります。従って、本装置を使用するシステムに
は、これらの誤りや故障に起因する二次的な損失、障害および事故を防止するために、安全性や保
全性に関する十分な配慮が必要です。本装置の故障、取り出されたデータの誤りによって、人体へ
の危害や物質的損害を誘発する可能性があるシステムには、本装置を使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
DANGER
ADVARSEL
VISIBLE AND INVISIBLE LASER RADIATION WHEN OPEN.
AVOID EXPOSURE TO BEAM.
SYNLIG OG USYNLIG LASERSTRÅLING VED ÅBNING.
UNDGÅ UDSÆTTELSE FOR STRÅLING.
ATTENTION
ADVARSEL
RAYONNEMENT VISIBLE ET INVISIBLE LASER EN CAS
D’OUVERTURE EXPOSITION DANGEREUSE AU FAISCEAU.
SYNLIG OG USYNLIG LASERSTRÅLING NÅR DEKSEL ÅPNES.
UNNGÅ EKSPONERING FOR STRÅLEN.
VORSICHT
VARO!
NÄKYVÄÄ JA NÄKYMÄTÖN AVATTAESSA OLET ALTTINA
LASERSÄTEILYLLE. ÄLÄ KATSO SÄTEESEEN.
SICHTBARE UND UNSICHTBARE LASERSTRAHLUNG WENN
ABDECKUNG GEÖFFNET. NICHT DEM STRAHL AUSSETZAN.
注 意
ここを開くと可視レーザ光及び不可視レーザ光が出ます。ビー
ムを直接見たり触れたりしないこと。
VARNING
SYNLIG OCH OSYNLIG LASERSTRÅLNING NÄR DENNA DEL ÅR
ÖPPNAD. STRÅLE ÄR FARLIG.
Location of the required label
PRODUCT IS CERTIFIED BY THE
MANUFACTURER TO COMPLY
WITH DHHS RULES 21 CFR
SUBCHAPTER J APPLICABLE AT THE
DATE OF MANUFACTURE.
MANUFACTURED:
TOSHIBA CORPORATION
1-1, SHIBAURA 1-CHOME,
MINATO-KU, TOKYO 105-8001,
JAPAN
210
付録 -4 技術基準適合について
松下 CD-R/RW / DVD-ROM ドライブ UJDA720
(マルチドライブ)
安全にお使いいただくために
本装置を正しくご使用いただくために、この説明書をよくお読みください。
また、お読みになった後は、必ず保管してください。
注意
1. 本装置はレーザーシステムを使用しています。
本装置の定格銘板には、右記の表示がされています。
本装置はヨーロッパ共通のレーザー規格 EN60825
で“クラス1レーザー機器”に分類されています。
レーザー光を直接被爆することを防ぐために、この
装置の筐体を開けないでください。
2. 分解および改造をしないでください。感電の原因に
なります。信頼性、安全性、性能の保証をすることが
できなくなります。
3. 本装置はある確率で読み取り誤りをおこすことがあり
ます。従って、本装置を使用するシステムには、これ
らの誤りや故障に起因する二次的な損失、障害および
事故を防止するために、安全性や保全性に関する十分
な配慮が必要です。本装置の故障、取り出されたデー
CLASS 1 LASER PRODUCT
LASER KLASSE 1
CAUTION
VISIBLE AND INVISIBLE LASER RADIATION
WHEN OPEN. AVOID EXPOSURE TO BEAM.
ATTENTION RAYONNEMENT LASER VISIBLE ET INVISIBLE
EN CAS D’OUVERTURE.
EXPOSITION DANGEREUSE AU FAISCEAU.
VORSICHT
SiCHTBARE UND UNSICHTBARE
LASERSTRAHLUNG, WENN ABDECKUNG
GEOFFNET. NICHT DEM STRAHL AUSSETZEN.
ADVARSEL
SYNLIG OG USYNLIG LASERSTRÅLING VED
ÅBNING. UNDGÅ UDS/ETTELSE FOR STRÅLING.
ADVARSEL
SYNLIG OG USYNLIG LASERSTRÅLING NÅR
DEKSEL ÅPNES. UNNGÅ EKSPONERING FOR
STRÅLEN.
VARNING
SYNLIG OCH OSYNLIG LASERSTRÅLNING NÄR
DENNA DEL ÄR ÖPPNAD. STRÅLEN ÄR FARLIG.
VARO !
NÄKYVÄ JA NÄKYMÄTÖN AVATTAESSA OLET
ALTTINA LASERSÄTEILYLLE. ÄLÄ KATSO
SÄTEESEEN.
タの誤りによって、人体への危害や物質的損害を誘発する可能性があるシステムには、本装置を
使用しないでください。
4. ご使用のディスクが損傷を受けても保証はいたしません。
5. ご使用中に異常が生じた場合は、電源を切って、お買い上げの販売店にご相談ください。
Location of the required label
付
録
COMPLIES WITH FDA RADIATION
PERFORMANCE STANDARDS, 21 CFR
SUBCHAPTER J.
MANUFACTURED:
Manufactured by
Kyusyu Matsushita
Electric Co., Ltd.
1-62, 4-Chome Minoshima,Hakata-Ku
Fukuoka, Japan
211
アプリケーションお問い合わせ先一覧
本製品にインストールされているアプリケーションのお問い合わせ先をご紹介します
(2002 年 1 月現在)。
インストールされているアプリケーションは、ご購入のモデルにより異なります。
アプリケーション名

Microsoft Internet Explorer
Microsoft Outlook Express
PC診断ツール
東芝省電力ユーティリティ
東芝HWセットアップ
内蔵モデム用地域選択ユーティリティ
212
お問い合わせ先
東芝PCダイヤル
ナビダイヤル
TEL :0570-00-3100
受付時間:9:00∼19:00
(祝日、12/31∼1/3を除く)
電話番号はおまちがえのないよう、お確かめのうえ、
おかけいただきますようお願いいたします。お客様から
の電話は全国6箇所(千葉市、大阪市、名古屋市、福岡
市、仙台市、札幌市)の最寄りの拠点に自動的に接続さ
れます。
拠点までの電話料金は有料となります。また海外からの
電話、携帯電話などで上記電話番号に接続できないお客
様、NTT以外とマイラインプラスなどの回線契約をご利
用のお客様は、043-298-8780でお受けしています。
ご注意
・ナビダイヤルでは、ダイヤル後に通話区間料金のアナウ
ンスが流れます。これはお客様から全国6箇所の最寄り
の拠点までの通常電話料金で、サポート料金ではありま
せん(サポート料金は無料です)。
・ナビダイヤルでは、NTT以外とマイラインプラスをご契
約の場合でも、自動的にNTT回線を使用することになり
ますので、あらかじめご了承ください。
アプリケーション名

お問い合わせ先

Microsoft Bookshelf Basic
Microsoft Excel 2002
Microsoft Outlook 2002
Microsoft Word 2002
Microsoft PowerPoint 2002
Microsoft Access 2002
マイクロソフト株式会社 お問い合わせ各種窓口
●無償サポート専用回線
・セットアップ、インストールに関するお問い合わせ
TEL :東京:03-5354-4500
大阪:06-6347-4400
受付時間 :9:30∼12:00、13:00∼19:00(平日)
10:00∼17:00(土曜日)
(指定休業日、年末年始、祝祭日を除く)
期間、回数:指定はございません。
・基本操作に関するお問い合わせ
TEL :東京:03-5354-4500
大阪:06-6347-4400
受付時間 :9:30∼12:00、13:00∼19:00(平日)
10:00∼17:00(土曜日)
(指定休業日、年末年始、祝祭日、日曜日
を除く)
期間 :指定はございません。
回数 :4件のご質問
・早急に回答が必要な場合
サポートオンライン
http://www.microsoft.com/japan/support/
サポートオンラインではよく寄せられる質問の回答集を
検索することができます。
・情報交換しながら問題解決する
ニュースグループ
http://www.microsoft.com/japan/support/oj_newsg.htm
ニュースグループではマイクロソフト製品に関して他の
方や技術的な知識を持った方とコミュニケーションする
ことができます。製品情報やヒント、テクニックの交換
の場としてご活用ください。
※ニュースグループに参加する際は、上記URL内にある「サービスの
範囲とルール」を必ずご覧ください。ニュースを閲覧/投稿する際
には、Outlook Expressなどのニュースリーダーが必要です。
●非技術的なお問い合わせ窓口
(マニュアルの乱丁・落丁、ディスク不良、欠品およびオ
フィシャルユーザー登録/変更などやご購入前の製品/
これから発売される製品に関するお問い合わせ)
付
録
マイクロソフトカスタマーインフォメーションセンター
T E L
:03-5454-2300(技術サポート以外)
受付時間:9:30∼12:00、13:00∼17:30
(当センター休業日・土・日・祝祭日を除く)
※ご購入前の製品やこれから発売される製品に関するお
問い合わせは、お電話でのみ受け付けています。
上記以外に聴覚・言語に障害があるかたのための窓口も
ご用意させていただいております。
いきなりインターネット
東芝情報システム株式会 社
infoPepperインターネットサービスサポート窓口
TEL :044-201-0450
受付時間 :10:00∼12:00、13:00∼17:00
(土・日・祝祭日、当社休業日を除く)
FAX :044-246-1131
FAX音声情報サービス
:044-201-0449(24時間受付)
E-mail :[email protected] ホームページ:http://www.pep.ne.jp/
213
さくいん
記号
キーを使ったショートカットキー ...... 58
A
AC アダプタ .................................................. 53
Alarm Volume .......................................... 120
Alt キー ................................................. 54, 55
Application CD-ROM ............................. 133
Arrow Mode LED ....................................... 52
AT コマンド ............................................... 100
Auto Power On ....................................... 119
B
BackSpace キー ......................................... 55
BATTERY .................................................. 113
Battery LED ................................................ 52
Battery Save Mode ............................... 113
BOOT PRIORITY .................................... 116
Boot Priority ............................................ 116
Break キー .................................................... 55
Built-in LAN .............................................. 122
C
CapsLock LED ........................................... 52
CapsLock 英数キー .................................... 54
CD / DVD のセット ................................... 83
CD / DVD の取り出し ............................... 84
CD-ROM .................................................... 122
CD / DVD の取り扱い ............................ 147
COMMS コネクタ ........................................ 93
CONFIGURATION .................................. 121
Controller Mode ...................................... 122
CPU Cache .............................................. 118
Ctrl キー ................................................ 54, 55
D
DC IN LED .......................................... 13, 52
Del キー ......................................................... 55
Device Config . ....................................... 121
Disk LED ...................................................... 52
DISPLAY ................................................... 117
DRIVES I/O .............................................. 122
E
End キー ........................................................ 55
Enter キー ..................................................... 55
214
Esc キー ........................................................ 54
Ext Keyboard "Fn" .................................. 115
F
FDD/CD-ROM LED ................................... 52
Floppy Disk .............................................. 122
FLOPPY DISK I/O .................................. 122
Fn キー ........................................................... 54
Fn キーを使った特殊機能キー .................... 57
H
Hard Disk Mode ..................................... 116
HDD ............................................................ 122
Home キー .................................................... 55
I
I/O PORTS ............................................... 121
Ins キー .......................................................... 55
L
LAN アクティブ LED ................................... 93
LAN コネクタ ............................................... 93
LCD Display Stretch ............................ 118
Level 2 Cache ......................................... 118
M
MEMORY .................................................. 113
N
Not Registered ....................................... 113
Numeric Mode LED .................................. 52
O
OTHERS .................................................... 118
P
Panel Power On/Off ............................. 120
Parallel ....................................................... 121
Parallel Port Mode ................................ 116
PASSWORD ............................................ 113
Pause キー ................................................... 55
PC CARD .................................................. 122
PC Card ..................................................... 122
PCI BUS .................................................... 121
PCI Bus ..................................................... 121
PCI LAN ..................................................... 122
PC カードの取り付け ................................... 86
PC カードの取りはずし ............................... 87
アプリケーション CD ............................... 133
PC カードをセキュリティロックする ........ 88
アプリケーションキー .................................. 55
PC 診断ツール ........................................... 185
PERIPHERAL ........................................... 115
PgDn キー ..................................................... 55
PgUp キー ..................................................... 55
Pointing Devices ................................... 115
Power LED ......................................... 13, 52
Power On Boot Select ......................... 117
Power On Display .................................. 117
イ
インスタントセキュリティ機能 .................. 57
エ
液晶ディスプレイの取り扱い ................... 145
オ
Power-up Mode ...................................... 118
オーバレイキー ............................................. 55
Processor Serial Number ................... 119
Product Recovery CD-ROM ............... 133
オンラインマニュアル ............................... 182
Prtsc キー ..................................................... 55
PRT コネクタ ............................................... 93
PS/2 コネクタ ............................................. 93
R
Registered ............................................... 113
RGB コネクタ ............................................... 93
S
カ
カスタム・リカバリ CD ............................ 133
カタカナひらがなキー .................................. 55
画面のお手入れ .......................................... 145
漢字キー ......................................................... 54
漢字変換 ......................................................... 60
キ
Serial .......................................................... 121
キーシフトインジケータ .............................. 52
キーボード ..................................................... 52
Shift キー ............................................. 54, 55
キーボードの取り扱い ............................... 144
Space キー ................................................... 54
SysRq キー ................................................... 55
休止状態 ......................................................... 46
System Beep .......................................... 120
T
Tab キー ........................................................ 54
Total ........................................................... 113
ク
クリック ......................................................... 37
コ
コントロールボタン ................... 15, 37, 53
TV Type ..................................................... 118
U
USB Legacy Emulation ....................... 116
USB コネクタ ............................................... 93
W
Windows 2000 のセットアップ .............. 21
Windows 98 のセットアップ ................... 29
Windows XP のセットアップ ................... 16
Win キー ........................................................ 54
ア
アキュポイントⅡ ....................... 15, 37, 52
アキュポイントⅡの取り扱い ................... 145
アプリケーション & ドライバ CD-ROM ... 133
サ
再セットアップ .......................................... 132
サイドライト用 FL 管 ................................ 145
シ
システムインジケータ ......................... 13, 52
省電力モードの詳細設定 .............................. 73
消耗品 .......................................................... 149
ス
スーパーバイザパスワード ........... 123, 128
スクロール ..................................................... 37
スクロールボタン ................................ 37, 53
スタンバイ機能 ............................................. 43
スピーカ ......................................................... 52
215
セ
赤外線ポート ................................................. 53
セキュリティロック・スロット .................. 52
セットアップ(Windows 2000)............ 21
セットアップ(Windows 98).................. 29
セットアップ(Windows XP).................. 16
セットアッププログラム ........................... 109
セットアッププログラムの画面 ............... 111
セットアッププログラムの基本操作 ....... 112
セットアッププログラムの終了 ............... 110
セットアッププログラムの設定項目 ....... 113
セットアッププログラムの起動方法 ....... 109
半/全キー ..................................................... 54
ソ
増設メモリスロット ..................................... 53
増設メモリの取り付け .................................. 90
増設メモリの取りはずし .............................. 91
タ
ダブルクリック ............................................. 37
ツ
通風孔 ............................................................. 52
テ
データのバックアップ ............................... 147
ディスプレイ ................................................. 52
ディスプレイ開閉ラッチ ..................... 12, 52
電源コード ..................................................... 53
電源コードの取り扱い ............................... 144
電源コネクタ ................................................. 53
電源スイッチ ................................................. 52
電源に関する表示 ......................................... 13
電源の接続 ..................................................... 12
電源を入れる(2 回目以降)........................ 40
電源を入れる(初回)................................... 14
電源を切る(Windows 2000 の場合).... 41
電源を切る(Windows 98 の場合).......... 42
電源を切る(Windows XP の場合).......... 41
ト
東芝 HW セットアップ .............................. 105
東芝省電力ユーティリティ .......................... 70
特殊機能キー ................................................. 58
時計用バッテリ ............................................. 66
216
ドライブ ................................................ 53, 79
ドラッグアンドドロップ .............................. 37
ニ
日本語入力システム(MS-IME)................. 59
ハ
パスワード .................................................. 123
パスワードとして使用できる文字 ........... 124
パスワードの入力 ...................................... 129
パソコン本体の取り扱い ........................... 144
パソコン本体へのケーブルの接続 .............. 92
パソコンを持ち運ぶとき ........................... 148
バッテリ充電量の確認 .................................. 63
バッテリ充電量の減少 .................................. 64
バッテリで使用できる時間 .......................... 65
バッテリの充電時間 ..................................... 65
バッテリの充電方法 ..................................... 65
バッテリの充電保持時間 .............................. 66
バッテリの節約 ............................................. 69
バッテリパックの交換 .................................. 67
パネルスイッチ機能 ..................................... 50
ヒ
ビデオ出力端子 ............................................. 93
表示不良画素 .............................................. 145
フ
ファンクションキー ..................................... 54
フォーマット ................................................. 77
フロッピーディスクドライブ ............. 52, 76
フロッピーディスクドライブの取り扱い 146
フロッピーディスクのセット ...................... 77
フロッピーディスクの取り扱い ............... 146
フロッピーディスクの取り出し .................. 78
ヘ
ヘッドホン出力端子 ..................................... 93
変換キー ......................................................... 55
ホ
ポインティング装置の取り扱い ............... 145
ボリュームコントロール .............................. 61
ボリュームダイヤル ............................ 52, 61
マ
マイク入力端子 ............................................. 93
モ
文字キー ......................................................... 56
モジュラーケーブル ..................................... 53
モジュラーケーブルの取り付け .................. 98
モジュラーケーブルの取りはずし .............. 99
モジュラージャック ..................................... 93
ヤ
矢印キー ......................................................... 55
ユ
ユーザ登録 ..................................................... 35
ユーザパスワード ...................................... 124
ユーザパスワードの削除 ........................... 126
ユーザパスワードの登録 ........................... 124
ユーザパスワードを忘れてしまった場合 .. 127
ラ
ライトプロテクトタブ .................................. 76
リ
リカバリ CD ............................................... 133
ロ
ローマ字キー ................................................. 55
ワ
ワイヤレスコミュニケーション LED ......... 94
ワイヤレスコミュニケーションスイッチ ... 94
217
218
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement