瞬時・積算指示計 - 日本スターテクノ株式会社

瞬時・積算指示計 - 日本スターテクノ株式会社

瞬時・積算指示計

(アナログ入力タイプ)

【取扱説明書】

MODEL:ES2000SL

日本ステーテクノ株式会社

Rev.3.1 2014.04.11

【製造元】

スター電子株式会社

【販売元 及び サポートセンター】

日本スターテクノ株式会社

〒105-0013 東京都港区浜松町 2-2-11

廣瀬ビル 3F

TEL 03 - 6432 - 4006

FAX 03 - 6432 - 4010

※万一不備な点や、品質上、設計上の問題がございましたら、当社サポートセンターまでご連絡ください

※改良のため、仕様等は予告無くの変更する場合がありますので予めご了承ください。

概要

本製品はアナログ発信型センサとの接続により、瞬時流量計、回転計、速度計、積算流量計、

特徴

などの用途にご使用いただける瞬時指示計です。

● 表示器にLED×6桁を2段搭載

● 入力は4~20mA、1~5V、0~10Vなどの計装信号

(内部スイッチにより切り替え可)

● 警報出力2段出力(NPNオープンコレクタ出力)を標準装備

● RUN信号出力(リレー出力)を標準装備

● アナログ出力は最速1msで応答

【オプション】

● RS232C通信による表示データの送信可

● 3種類のホールド(データ、ピーク、バレー)と禁止入力機能付き

● 警報出力2段出力(リレー出力)を装備可

● 積算同期出力は最大500Hzまで出力可

ご使用上の注意

このたびは、弊社製品をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。製品を安全にご

使用いただくため、下記の注意事項と本取扱説明書をよくお読みいただきますようお願いいたしま

す。

■ 電源電圧は仕様範囲内で使用してください。

■ 負荷は定格以内で使用してください。

■ 直射日光はさけて使用してください。

■ 定格を越える湿温度や結露しやすい場所では使用しないでください。

■ 本体を落としたり振動を与えたりしないでください。

■ 本体に金属粉、ほこり等が入らないようにしてください。

■ 本体に水、石油、油等の液体を浸したり、塗ったり、入ったりしないようにしてください。

■ 電源配線中、通電中は感電等の事故に注意してください。

■ 電源を入れた状態で分解したり内部にふれたりしないでください。

目次

1.付属品の確認・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1

2.仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2~3

3.各部の名称とその機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4~5

4.端子台の接続方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6

5.端子配列表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7

6.入出力回路の構成およびローパスフィルタの切替・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8

7.モード設定値の変更のしかたと各内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9

(1)モード設定のキー操作方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9

(2)設定項目一覧と初期値・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10

(3)モード内容と設定値・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11~24

8.RS-232C通信・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25

9.アナログ出力調整・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26

10.アナログ電圧出力と電流出力の切替・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26

11.トラブルシューティング・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・27

12.付録・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28

1.付属品の確認

本製品には本体の他に以下の付属品が同梱されていますので、全て揃っているかまずご確認くださ

い。万一、付属品が足りない場合や破損していた場合は、取扱店または弊社までご連絡ください。

(1)取扱説明書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

(2)単位ラベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

(3)お客様指定の付属品(指定のない場合はありません)

1 )

2.仕様

センサ入力

アナログ入力信号 ・アナログ電流入力 (4~20mADC)

・アナログ電圧入力 (0~10V、0~5V、1~5VDC等)

※内部スイッチにより切替

センサ供給電源 DC+12V(±10%)100mA MAX(安定化)出力

瞬時計測

計測方式

計測精度

演算レート

V/F変換方式

F.Sに対し

±0.2%±1digit

入力周波数に対する表示値を設定可

・入力周波数レート 0.00001~999999

・表示レート 0.00001~999999

表示サンプリング 入力パルスを00.1~99.9秒で平均化

表示移動平均 表示値を任意に設定した回数(1~8回)で平均化

ローカット ローカット率を最大値の0・1~49.9%まで任意設定可

積算計測

計測方式

計測精度

演算レート

ローカット

オーバー表示

V/F変換方式

F.Sに対し

±0.2%±1digit

入力周波数に対する表示値を設定可

・入力周波数レート 0.00001~999999

・表示レート 0.00001~999999

ローカット率を最大値の0・1~49.9%まで任意設定可

6桁表示値オーバー時、オフセット値から再カウント

LED表示

表示器 赤色LED6桁 文字高:10.0 mm (ch1 表示)

緑色LED6桁 文字高: 8.0 mm (ch2 表示)

表示範囲

オーバー表示

0.00000~999999

999999点滅表示

小数点以下表示 小数点以下1桁~5桁より選択可、オートレンジ機能搭載

警報出力

出力方式 NPNオープンコレクタ出力

最大定格:DC35V

50mA

出力タイミング

表示値とコンパレータ値との比較により判定出力

出力表示 警報出力中、フロント部LEDが同期して点灯

出力リセット フロント部リセットキーで出力を解除

コンパレータ値設定 High、Lowの値を

それぞれ0~999999 の範囲で設定

外部入力

オールリセット入力 後面端子台ONでch1表示・ch2表示の計測をリセット

(NPNオープンコレクタ出力、又は有接点出力を受付)

RUN信号出力

出力方式 リレーa接点出力

最大定格:AC250V(DC30V)

1A MAX

2 )

その他

電源 AC85~264V(50/60Hz)約12VA

使用温湿度 0~50℃ 30~80%RH(但し結露しないこと)

重量・外形寸法 約800g H96×W96×D176.4mm

ケース材質 グラスファイバー入ノーリル

アナログ出力【オプション】

電圧出力

電流出力

出力精度

温度特性

出力応答

分解能

DC0~10V(任意に設定可)

Ω 以上

DC0~20mA(任意に設定可)

Ω 以下

±0.1%F.S.以内(23℃)

200 ppm/℃ 以下

最速1ms (0.001~9.999まで1ms単位で設定可)

D/A変換方式DC0~10V時、 10

,000分解能

D/A変換方式DC0~20mA時、10

,000分解能

RS-232C通信【オプション】

信号レベル

通信速度

EIA RS-232C規格準拠

2400 bps/4800bps/9600bps/19200bps より設定

スタートビット 1ビット固定

ストップビット 1ビット/2ビットより設定

データビット 7ビット/8ビットより設定

パリティビット 無し/奇数/偶数より設定

外部入力【オプション】

ホールド入力 ホールド(データ、ピーク、バレー)

端子台ONの間機能

(NPNオープンコレクタ出力、又は有接点出力を受付) ch1 表示リセット

端子台ONの間、表示を

"0"に戻す ch2 表示リセット

端子台ONの間、表示を

"0"に戻す

警報出力【オプション】

出力方式

出力タイミング

表示値とコンパレータ値との比較により判定出力

出力表示

出力リセット

リレーa接点出力

最大定格:AC250V(DC30V)

1A MAX

警報出力中、フロント部LEDが同期して点灯

フロント部リセットキーで出力を解除

コンパレータ値設定

High、Lowの値を それぞれ0~999999 の範囲で設定

積算同期出力【オプション】

出力方式

NPNオープンコレクタ出力

パルス出力幅

最大定格:DC35V

50mA

0.001~9.999secまで設定可

パルスカウント幅

0.00001~999999まで任意設定可

最大出力周波数 500Hz max

3 )

3.各部の名称とその機能

①ch1表示器

6桁の数字表示LEDです。

計測値を表示します。

②ch2表示器

6桁の数字表示LEDです。

計測時は、計測値またはコンパレータ値を表示します。

モード設定時は、モード設定値を表示します。

③HIGHコンパレータ動作表示

HIGHコンパレータ動作出力時に点灯します。

④LOWコンパレータ動作表示

LOWコンパレータ動作出力時に点灯します。

⑤モードNo.表示器

2桁の数字表示LEDです。

モード設定時、モードNo.を表示します。

4 )

⑥モード変更キー

計測中ch2表示器がコンパレータ値を表示している時にこのキーを押していくと(HIGH

コンパレータ値→

LOW コンパレータ値→HIGH⇔LOW交互)と変わります。

モード設定中にこのキーを押していくとモードNo.が(00→01→・・・→b9→00→・・・)

と変わります。

⑦シフトキー

モード設定中にこのキーを押していくと点滅表示している桁を右へ移動させます。

⑧DOWNキー

モード設定中にこのキーを押すと点滅表示している桁の数値を1つ下げます。

⑨UPキー

モード設定中にこのキーを押すと点滅表示している桁の数値を1つ上げます。

⑩MODEキー

このキーを1.5秒以上押すとモード設定になります。

モード設定中にこのキーを押していくとモードNo.が(00→b9→・・・→01→00→・・・)

と変わります。

⑪SETキー

モード設定中にこのキーを押すと設定値が登録されモードNo.を1つ上げます。

⑫RESETキー

コンパレータ保持出力中にこのキーを押すと解除します。

エラー表示中にこのキーを押すと解除します。

モード設定中にこのキーを押すと設定値を登録せずに計測に戻ります。

5 )

4.接続方法

1 2

19 20

ホールド -

アナログ入力

3 4 5

アナログ出力

6 7

RUN信号

BIN

AIN +12V

GND

RES (-) (+) (-) (+)

(GND) (GND)

(オプション)

21 22 23 ch1表示 ch2表示

COM

24

25

8 9

232C

モジュラ

FG

10

AC電源

リセット

11 12 13

(GND)

警報出力

積算同期パルス

14 15 16 17 18

AC85~264V

(GND)

C(+) E

(GND)

C(+)

(HIGH) (LOW)

- -

※接続する前の注意事項

・電気配線時は感電などの事故に注意してください。

・電源の入力電圧仕様はACです。今一度ご確認ください。

・端子台のねじは確実に締めて下さい。

・RUN信号および警報出力には、過電圧吸収素子は内蔵しておりませんので

誘導負荷で使用される場合は必ず過電圧吸収素子を接続してください。

6 )

5.端子配列表

端子番号

上段

項目

1 BIN

2 AIN

+12V

4 GND

5 RES

下段

(-)

(+)

(-)

(+)

アナログ信号入力端子

詳細説明

センサ電源用端子。

制御信号入力用GND端子。

ON(GNDと短絡)でマニュアルリセット

アナログ出力用

GND 端子。(他のGND端子と内部は共通)

アナログ出力用端子。

RUN信号。

正常動作時RUN(+)とRUN(-)は短絡されます。

10

FG

11 AC電源

フレームGND端子。

電源入力端子。

AC85~264V。

12

13

HIGH(E)

警報出力HIGH端子。警報出力時HIGH(C)-HIGH(E)

14

HIGH(C)

がON/OFFします。

15

LOW(E)

16

LOW(C)

17 -

18 -

警報出力LOW端子。警報出力時LOW(C)-LOW(E)がON

/OFFします。

空端子。

空端子。

(オプション)

中段 19

20

ホールド

ホールド入力端子。

空端子。

21

ch1表示 ch1 表示リセット端子。

22

ch2表示 ch2 表示リセット端子。

23

COM

24

(E)

GND 端子。中段の各入力端子と短絡させます。

積算同期パルス出力端子。

25

(C)

モジュラ

RS232C

7 )

6.入力回路およびローパスフィルタの切替

入力回路とローパスフィルタは内部ディップスイッチ(DS2)で切り替えることができます。

内部ディップスイッチ(DS2)

入力プルアップ

A信号

入力プルアップ

B信号

ON +5Vプルアップ (入力)NPNオープンコレクタ

OFF

プルダウン (入力)電圧パルス入力

ON +5Vプルアップ (入力)NPNオープンコレクタ

OFF

プルダウン (入力)電圧パルス入力

ON 常時ONにしてください

4 ON 常時ONにしてください

ローパスフィルタ1

A信号

ローパスフィルタ2

A信号

ローパスフィルタ1

B信号

ローパスフィルタ2

B信号

ON 100Hz -3dBの周波数特性

OFF

なし

ON 1.5KHz -3dBの周波数特性

OFF

なし

ON 100Hz -3dBの周波数特性

OFF

なし

ON 1.5KHz -3dBの周波数特性

OFF

なし

工場出荷時の設定は以下の通りです。

1.入力プルアップA信号

2.入力プルアップB信号

3.

4.

5.ローパスフィルタ1A信号

6.ローパスフィルタ2A信号

7.ローパスフィルタ1B信号

8.ローパスフィルタ2B信号

ON(NPNオープンコレクタ)

ON(NPNオープンコレクタ)

ON

ON

※変更しないでください

※変更しないでください

OFF(ローパスフィルタなし)

OFF(ローパスフィルタなし)

OFF(ローパスフィルタなし)

OFF(ローパスフィルタなし)

8 )

7.モード設定値の変更のしかたと各内容

(1)モード設定のキー操作方法

各モードを設定する時は、下記のとおり各キーの操作を行ってください。

操作キー 操 作 内 容 表 示 部

約1.5秒押すと設定モードに入り、モード“00”

を呼び出します。

設定モード中に押すとモードNo.を変更します。

1度押すごとにモードNo.を1つ下げます。※1

:000000

00 000001.

点滅表示の位置(桁)を変更します。1度押すごと

に1つずつ右へ移動します。※1

小数点は最終桁の次に点滅します。

:000000

00 000001.

↑→→→→→│

└─────┘

点滅表示している数値を変更します。1度押すごと

に1つずつ上げます。※1

(0→1→2→・・→8→9→0→・・・)

小数点点滅時は右から左へ位置が移動します。

:000000

00 010001.

点滅表示している数値を変更します。1度押すごと

に1つずつ下げます。※1

(0→9→8→・・→2→1→0→・・・)

小数点点滅時は左から右へ位置が移動します。

:000000

00 000001.

モードNo.を変更します。1度押すごとにモード

No.を1つずつ上げます。※1

(00→01→02→・・→b8→b9→00→・・)

注:設定値の登録は行いません。

:000000

01 000001.

↑↑

設定値を登録します。

登録終了後、モードNo.を1つ上げます。

:000000

02 000001.

↑↑

計測表示に戻ります。

注:設定値の登録は行いません。

※1 ボタンを約1.5秒押し続けると、以後約0.1秒間隔ごとに移動します。

9 )

(2)設定項目一覧と初期値

モード 項 目

00

表示方式/小数点位置/スタート動作

01

表示移動平均/更新時間

02

表示:ローカット率

03

表示レート

05

表示オフセット(-)

06

表示オフセット(+)

32

40

瞬時表示単位時間設定(0:秒、1:分、2:時)

コンパレータ同期/出力/論理

41

コンパレータショット時間

42

LOWコンパレータ値

43

HIGHコンパレータ値

50

積算同期パルス出力幅(オプションボード装着時のみ表示)

51

積算同期カウント幅(オプションボード装着時のみ表示)

60

アナログ同期/パターン

61

アナログ移動平均/更新時間

62

アナログフルスケール

63

アナログ微調整(MAX)

64

アナログオフセット(MIN)

70

ホールドモード

71 RS232C 通信フォーマット

72 RS232C 通信入出力方式

73 RS232C 通信出力更新時間

78

予測演算

79

フロントリセットキーの有効、無効

初期化

SETキーを押しながら電源を投入することにより設定値をすべて初期化することができます。

※ オプションボードを装着していない場合はモード50、51の積算同期の設定項目は表示され

ません。

初 期 設 定 値

2 2 0

0 1. 0

3. 0

0 0 0. 0 0

0 0 0 0 0

0 0 0 0 0

0 2 0

. 0 1

0 0 0 0 0

0 0 0 0 0

. 0 0 1

0 0 0 0 1

1 0. 0 1

0 0 0. 0 0

0 0. 0 0

0. 0 0

0 0 0

1. 0

10 )

(3)モード内容と設定値

00 演算/表示方式

0 0.

A B C D E F

0 6 6 0

[設定可能範囲]

C:0 ~ 2

D:0 ~ 6

E:0 ~ 6

F:0 ~ 1

[初期設定値]

0660

C:表示方式の設定

設定値 ch1表示

0 瞬時流量値

1 瞬時流量値

2 積算流量値 ch2表示

コンパレータ値

積算流量値

瞬時流量値

D:ch1の表示小数点位置の設定

E:ch2の表示小数点位置の設定 ch1表示 ch2表示

0:

□ □ □ □ □ □.

1:

□ □ □ □ □.□

2:

□ □ □ □.□ □

3:

□ □ □.□ □ □

4:

□ □.□ □ □ □

5:

□.□ □ □ □ □

6:

□.□.□.□.□.□.

(オートレンジ)

要設定のモード

No.

01-09、32、40-43

01-09、32

01-09、32

F:電源ON時の動作設定

0:

ノーマルスタート

電源OFF時の積算値でスタートする

1:

リセットスタート

電源OFF時の積算値をリセットしてスタートする

11 )

01 表示移動平均/更新時間(瞬時のみ)

0 1.

A B C D E F

1 0 1. 0

[設定可能範囲]

C :1 ~ 8

D-F:00.0 ~ 99.9

[初期設定値]

101.0

C:表示更新時間毎のデータを1サンプルとした、サンプル数の設定

(設定したサンプル数で常に平均を取る)

D-F:表示を更新する時間(秒)の設定(00.0は、100秒とします)

02 ローカット率

0 2.

A B C D E F

0 3. 0

[設定可能範囲]

00.0 ~ 49.9

[初期設定値]

03.0

最大表示値に対しローカットする割合を設定(00.0~49.9まで設定可)

12 )

04 A入力:表示レート

0 4.

A B C D E F

1 0 0 0. 0 0

[設定可能範囲]

0.00001 ~ 999999

[初期設定値]

000001

入力MAX時に表示する数値の設定

32 瞬時表示単位時間設定

3 2.

A B C D E F

0

[設定可能範囲]

0 ~ 2 0:毎秒、 1:毎分、 2:毎時

[初期設定値]

13 )

[設定例]

瞬時・積算表示を行う場合

1. 最大表示値50.0L/minの設定を行う場合

積算計測を行う場合は秒換算した値(0.83333/sec)を設定し

時、分、秒設定で分を選択してください。

瞬時設定 モード03 0.83333

モード32 1 (0:秒、1:分、2:時)

2. 最大表示値300.0L/hの設定を行う場合

上記1と同じように秒換算した値(0.08333/sec)を設定し

時、分、秒設定で時を選択してください。

瞬時設定 モード03 0.08333

モード32 2 (0:秒、1:分、2:時)

3. 最大表示値50.0L/secの設定を行う場合

表示値をそのまま設定し、時、分、秒設定で秒を選択してください。

1000と表示値を直接入力してください。

瞬時設定 モード03 00050.0

モード32 0

14 )

05 A入力:表示オフセット(-)(瞬時のみ)

0 5.

A B C D E F

0 0 0 0 0 0

[設定可能範囲]

0.00000 ~ 999999

[初期設定値]

000000

設定したレートのオフセット値(-)の設定

06 A入力:表示オフセット(+)(瞬時のみ)

A B C D E F

0 6. 0 0 0 0 0 0

[設定可能範囲]

0.00000 ~ 999999

[初期設定値]

000000

設定したレートのオフセット値(+)の設定

15 )

40 コンパレータ同期/出力/論理

4 0.

A B C D E F

0 0 2 0

[設定可能範囲]

C:0 ~ 2

D:0 ~ 3

E:0 ~ 2

F:0 ~ 2

[初期設定値]

0020

C:同期対象の設定

0:ch1表示と同期(初期値)

1:ch2表示と同期

2:アナログ出力と同期

D:警報出力形式の設定

0:比較(初期値)

表示値が上限、もしくは下限の間、警報出力します。

範囲外のときは警報出力OFFとなります。

1:保持

表示値が上限、もしくは下限になった時、警報出力します。

範囲外であってもリセット入力があるまで警報出力

2:1ショット

だけ警報出力します。

3:1ショット(0復帰)

OFF になりません。

表示値が上限、もしくは下限になった時に設定された幅のパルスを1度

表示値が上限、もしくは下限になった時に設定された幅のパルスを1度

だけ警報出力します。

(積算のみ)HIGHコンパレータを上限で設定された場合、警報出力時に

表示をオフセット値からリセットスタートします。

E:LOWコンパレータの出力条件の設定

0:上限

1:下限即

「表示値 ≧ LOWコンパレータ値」のとき、警報出力

「表示値 ≦ LOWコンパレータ値」のとき、警報出力

※1

「表示値 ≦ LOWコンパレータ値」のとき、警報出力

F:HIGHコンパレータの出力条件の設定

※2

0:上限(初期値)

1:下限即

2:下限

「表示値 ≦ HIGHコンパレータ値」のとき、警報出力

※1

「表示値 ≦ HIGHコンパレータ値」のとき、警報出力

※2

※1 下限即は起動してすぐコンパレータが機能します。

※2 下限は起動後、コンパレータ値を越えてからコンパレータが機能します。

16 )

41 コンパレータショット時間

4 1.

A B C D E F

0. 0 1

[設定可能範囲]

0.01 ~ 9.99

[初期設定値]

0.01

1ショット時、警報出力するパルス幅(秒)を設定します。

42 LOWコンパレータ値

4 2.

A B C D E F

0 0 0 0 0 0

[設定可能範囲]

0.00000 ~ 999999

[初期設定値]

000000

LOWコンパレータ値を設定します。

43 HIGHコンパレータ値

4 3.

A B C D E F

1 0 0 0 0 0

[設定可能範囲]

0.00000 ~ 999999

[初期設定値]

100000

HIGHコンパレータ値を設定します。

17 )

50 積算同期パルス出力幅(オプションボード搭載時のみ)

5 0.

A B C D E F

0. 0 0 1

[設定可能範囲]

0.001~9.999

[初期設定値]

0.001

同期パルス出力幅(秒)の設定

※出力周波数は500

[Hz] MAX です。

51 積算同期カウント幅(オプションボード搭載時のみ)

5 1.

A B C D E F

0 0 0 0 0 1

[設定可能範囲]

0.00001 ~ 999999

[初期設定値]

000001

同期して出力させたいカウント幅の設定

同期パルス出力 (この端子はオプションです。

24,25端子にch2表示の積算と同期のパルスをNPNオープンコレクタ出力します。

出力回路図は下図のとおりです。

図 出力回路図

25

24

18 )

60 アナログ同期/パターン

6 0.

A B C D E F

1 0

[設定可能範囲]

E:0 ~ 3

F:0 ~ 1

[初期設定値]

10

E:アナログ同期の設定

0:不使用(初期値)

1:A入力と同期出力

2:B入力と同期出力

F:アナログパターンの設定

10V

[出力値]

[入力周波数]

0:0~10V

1:10~0V

61 アナログ移動平均及び更新時間(瞬時のみ)

6 1.

A B C D E F

0 1 0. 0 1

[設定可能範囲]

A~B : 01 ~ 32

C~F : 0.00 ~ 9.99

[初期設定値]

010.01

A~B : アナログ移動平均の設定

更新時間毎の出力を移動平均することで変動の少ない滑らかな出力に

することが可能。

C~F : アナログ出力を更新する時間(秒)の設定(0.00は表示と同期)

19 )

62 アナログフルスケール

6 2.

A B C D E F

1 0 0 0. 0 0

[設定可能範囲]

0.00001 ~ 999999

[初期設定値]

1000.00

アナログ出力の最大値に相当する表示値を設定します。

63 アナログ微調整(MAX)

6 3.

A B C D E F

1 0 0. 0 0

[設定可能範囲]

050.00 ~ 100.00

[初期設定値]

100.00

表示値が「62」アナログフルスケールのときの出力値(%)の設定

64 アナログオフセット(MIN)

6 4.

A B C D E F

0 0. 0 0

[設定可能範囲]

00.00 ~ 50.00

[初期設定値]

00.00

表示値が0のときの出力値(%)の設定

【設定例】

アナログ出力が電圧出力の場合:

出力 No.63(%)

0~10V

0~5V

1~5V

100.00

050.00

050.00

No.64(%)

00.00

00.00

20.00

アナログ出力が電流出力の場合:

出力 No.63(%)

4~20mA 100.00

No.64(%)

20.00

20 )

70 ホールドモード

7 0.

A B C D E F

0

[設定可能範囲]

0 ~ 2

[初期設定値]

外部端子

19(HOLD DATA)がONされているときの動作を設定します。

OFFでホールドは解除されます。

0:ホールドONされた瞬間の表示値、アナログ出力値を保持します。

1:ホールドONされている間の最大値を保持します。

2:ホールドONされている間の最小値を保持します。

3:ホールドONされている間センサ入力を禁止します。

21 )

71 RS232C通信フォーマット

7 1.

A B C D E F

2 0 0 0

[設定可能範囲]

C:0 ~ 3

D:0 ~ 1

E:0 ~ 1

F:0 ~ 2

[初期設定値]

2000

RS232C通信フォーマットの設定

C:ボーレート

0: 2400bps

1: 4800bps

3:19200bps

2: 9600bps(初期値)

D:ストップビット

0: 1ビット(初期値)

1: 2ビット

E:データ長

0: 8ビット(初期値)

1: 7ビット

F:パリティ有無

0: なし(初期値)

1: 偶数

2: 奇数

22 )

72 RS232C通信入出力方式

7 2.

A B C D E F

0 0

[設定可能範囲]

E:0 ~ 2

F:0 ~ 2

[初期設定値]

00

RS232C通信の入出力方式および動作方式の設定

E:出力選択

0: ch1表示(初期値)

1: ch2表示

2: ch1表示+ch2表示

[補足]ch1表示とch2表示の間を「,

F:送信方式

0: 一定周期送信(初期値)

1: リクエスト応答(ENQ受信)

2: リクエスト応答(ホールド入力)

73 RS232C通信出力更新時間

7 3.

A B C D E F

0 1. 0

[設定可能範囲]

00.1~99.9

[初期設定値]

01.0

「72」送信方式を一定周期送信が設定したとき、表示値を送信する時間(秒)の設定

78 予測演算機能

7 3.

A B C D E F

0

[設定可能範囲]

0 ~ 1

[初期設定値]

0: 予測演算をおこなう(初期値)

1: 予測演算しない

23 )

8.RS-232C通信

(1)一定周期送信モード

す。

(2)リクエスト応答(ENQ受信)モード

このモードを選択時、ENQコード(キャラコード05h)を受信すると、その時表示されて

いる値を返信します。また、CLRコード(キャラコード0Ch)を受信するとデータをクリア

します。

(3)リクエスト応答(ホールド入力)

このモードを選択時、外部端子

19(HOLD DATA)を短絡するとその時表示されている

値を送信します。

(4)ケーブル接続

本器とホストコンピュータの接続には下記の結線が必要です。

ピン番号

名称

詳細

NC

TX

出力 送信データ

RX

入力 受信データ

+5V

GND 信号グランド

NC

NC

TX

RX

+5V

GND 5

NC

D-SUB(9P)

CD

RX

TX

DTR

GND

DSR

RTS

CTS

RI

24 )

9.アナログ入力調整

アナログ電圧入力と電流入力の調整方法

(1)計測モードで起動し、

キーと キーを同時に1.5秒以上押すことにより調整モー

ドを呼び出します。

(2)下表の入力電圧値または入力電流値になるように、

キーと キーで調整します。

キーを押すと調整No.を変更できます。

Fn 0を選択時にMIN電圧または電流を入力し キーを押してください。

次に キーにてFn 1000を選択し、MAX電圧または電流を入力して

ください。 アナログ入力に対する祖調整が出来ます。

同じように キーでAJ0を呼び出します。上段のLEDにMIN入力時の表示が

出ますので表示がゼロになるように微調整を行ってください。

キーでAJ1000を呼び出し、MAX電圧または電流を入力して上段の表示を

見ながら表示の微調整を行ってください。

各々の調整を行った後は必ず キーを押して調整値を登録してください。

Fn 0 MIN電圧または電流に対する祖調整

Fn 1000 MAX電圧または電流に対する祖調整

AJ 0 MIN電圧または電流に対する微調整

AJ 1000 MIN電圧または電流に対する微調整

(3)

キーを押すと調整値を登録し、計測モードに戻ります。

キーを押すと調整値を登録せずに計測モードに戻ります。

25 )

10.アナログ出力調整

アナログ電圧出力と電流出力の調整方法

(1)計測モードで起動し、

キーと キーを同時に1.5秒以上押すことにより調整モー

ドを呼び出します。

(2)下表の出力電圧値または出力電流値になるように、

キーと キーで調整します。

キーを押すと調整No.を変更できます。

P.0 モードNo.64で設定された出力電圧値または出力電流値

P.1 モードNo.63で設定された出力電圧値または出力電流値

(3)

キーを押すと調整値を登録し、計測モードに戻ります。

キーを押すと調整値を登録せずに計測モードに戻ります。

11.アナログ電圧出力と電流出力の切替

方に引き出します。

[b]

にジャンパを切り替えてください。

[d]

[e]

※切り替えを行なったときは、必ずアナログ出力調整を行なってください。

図7-1

アナログ基板

アナログ基板

図7-2 電流出力時

図7-3 電圧出力時

26 )

12.トラブルシューティング

万一エラーが発生した場合、下記の通り対処を行なってください。

現象 対策と処置 oPr.001が点滅 レートが大きすぎる為、演算処理でオーバーフローが発生しています。

レートを変更してください。

(モード03~06,23~26参照)

999999が点滅 表示最大値をオーバーフローしています。

表示小数点位置を変更してください。

(モード00参照)

Err.001が点滅

Err.002が点滅

Err.003が点滅

Err.004が点滅

電源入力が正常かチェックしてください。

それでも直らない場合はICが破損しています。

弊社へご連絡ください。

Err.005が点滅 センサ入力が仕様を大幅に越えています。

センサ入力を仕様内に変更後、RESETキーを押してください。

27 )

13.外形寸法図

2.パネルカット寸法

91.0 +0.7/-0

28 )

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement