取扱説明書

取扱説明書
大口径用管内検査カメラ
ローカム 3
取 扱 説明 書
【ご使用前に必ず本書をお読みください。】
I M1 401
ローカム 3
安全にご使用いただくために
このたびは、ローカム 3 をお買い上げいただきましてありがとうございます。
●この取扱説明書は、お使いになる方に必ずお渡しください。
●ご使用前に必ず本書を最後までよく読み、確実に理解してください。
●適切な取扱いで本機の性能を十分発揮させ、安全な作業をしてください。
●本書は、お使いになる方がいつでも取り出せるところへ大切に保管してください。
●本機を用途以外の目的で使用しないでください。
●商品が届きましたら、ただちに次の項目を確認してください。
・ ご注文の商品の仕様と違いはないか。
・ 輸送中の事故等で破損・変形していないか。
・ 付属品等に不足はないか。
万一不具合が発見された場合は、至急お買い上げの販売店、または当社営業所にお申し付けください。
(本書記載内容は、改良のため予告なしに変更することがあります。
)
警告表示の分類
本書および本機に使用している警告表示は、次の 3 つのレベルに分類されます。
危険
本機に接触または接近する使用者・第三者等が、その取扱いを誤ったりその状況を回避
しない場合、死亡または重傷を招く可能性がある危険な状態。
警告
本機に接触または接近する使用者・第三者等が、その取扱いを誤ったりその状況を回避
しない場合、死亡または重傷を招く差し迫った危険な状態。
注意
本機に接触または接近する使用者・第三者等が、その取扱いを誤ったりその状況を回避
しない場合、軽傷または中程度の傷害を招く可能性がある危険な状態。
または、本機に損傷をもたらす状態。
目 次
安全上のご注意................................................. 2
製品の構成......................................................... 5
カウンタリセット ..........................................14
静止画 / 動画を撮影 ......................................14
各部の名称...................................................... 5
USB メモリの認識 .........................................15
仕 様............................................................. 7
保存データの表示 / 再生.................................17
標準付属品 / 別販売品 ................................... 8
保存データの削除 ...........................................18
準 備................................................................. 9
1
バッテリの充電.............................................. 9
カメラを使用する............................................19
MENU 画面の操作..........................................20
運搬および設置............................................... 9
設 定 ............................................................20
カメラヘッドの接続 .......................................10
Date and Time(日時の設定)......................20
センタリングガイドの取付け ........................10
Languages(言語の設定)............................21
使用方法............................................................11
bw/ colour(白黒 / カラー表示の切換)......21
スクリーンアイコン一覧................................11
Automatic Shutdown ( 自動シャットダウン )...22
ボタン操作一覧..............................................12
Unit of Length( 距離表示単位 )...................22
起 動.............................................................13
キャプチャモード..........................................13
LED の明るさを調整する...............................13
パソコンでの表示............................................23
保守・点検 .......................................................25
修理・サービスを依頼される前に...............26
ズーム.............................................................13
ROCAM3
●ここでは、本機を使用するにあたり、一般的な注意事項を示します。
●作業要所での詳しい注意事項は、この後の各章で記載しています。
危険
安全上のご注意
安全上のご注意
◆修理技術者以外は絶対に分解しないでください。
◆改造は絶対に行わないでください。
◆本機を使用用途以外の用途には使用しないでください。
本機は、各種配管内を検査するための機械です。本機を医療目的または航空等の検査目的で使用
しないでください。
警告
◆カメラケーブルを取り扱うときには、必ずゴム(皮)手袋を着用してください。
作業中、カメラケーブルに異物が付着する場合があり、手に傷を負う恐れがあります。
◆雨中や濡れた手で操作しないでください。
雨中や濡れた手で電源プラグを抜き差ししたり、各スイッチ類を操作すると感電する恐れがあり
ます。
◆ガソリンやシンナー、可燃性ガスが漏れる恐れのある場所では使用しないでください。
◆粉じんが多い場所で使用しないでください。
爆発や発熱、本機の故障の原因となります。
◆本機から離れるときや、停電、保守、点検のときは、必ずスイッチを OFF にして電
源プラグを抜いてください。
◆雷が鳴ったら、使用を中止し、触れないでください。
感電の原因になります。
◆カメラヘッド部に手を触れないでください。
高温になっており、火傷の恐れがあります。
2
ローカム 3
安全上のご注意
注意
◆本機を担当者以外に操作させないよう管理してください。
◆結果の予測ができない、または確信の持てない取り扱いはしないでください。
◆本機に負担のかかる無理な使用はしないでください。
無理な作業は本機の損傷を招くばかりでなく、事故の原因にもなります。
◆作業場など本機の周辺は整理整頓し、常にきれいな状態を保ってください。
作業環境が悪いと事故の原因となります。
◆本機は、精密機器です。本機を高温や多湿になるところや、直射日光のあたるところ、
振動のあるところでは、使用や保管をしないでください。
故障の原因となります。
◆磁気が発生するところや電磁波が発生するところ【電子レンジ、テレビやゲーム機な
ど】からはできるだけ離れて使用してください。
テレビ・スピーカー・大型モータ・マイコンを含めたデジタル回路などの強い磁気により記録が
損なわれたり、画像のゆがみ・乱れることがあります。
◆疲労、飲酒、薬物などの影響で作業に集中できないときは操作しないでください。
◆本機を使用しないときは、乾燥した場所で子供の手の届かない、または、鍵のかかる
場所に保管してください。
◆ガソリン、化学薬品などの配管検査に使用しないでください。
事故や故障の原因となります。
◆お手入れの際は、電源プラグをコンセントから抜き、乾いた柔らかい布で拭いてくだ
さい。汚れがひどいときは、水にひたした布をよく絞ってから汚れをふき取り、その
あと乾いた布で拭いてください。
シンナー・アルコール・台所洗剤などの溶剤は、外装ケースが変形したり、塗装がはげる恐れが
ありますので使用しないでください。
◆撮影する物・環境によって実際の色とは違う色が映し出される場合がありますが、カ
メラの性能によるもので異常ではありません。
◆本書および当社カタログに記載されている指定の付属品、別販売品以外は使用しない
でください。
3
事故や故障の原因となります。
ROCAM3
◆本機を落としたり、ぶつけたり、衝撃を与えないでください。また、本機に強い圧力
をかけないでください。
安全上のご注意
注意
落としたり、ぶつけたりした場合は、使用を中止し、修理を依頼してください。
使い続けると、ケガや事故の原因となります。
◆各部に変形、腐食などがないか日常点検を行ってください。
◆本機の異常(異臭、振動、異常音)に気づいたときは、ただちに停止し、本書の P.25
「修理・サービスを依頼される前に」を参照してください。また、むやみに分解せず、
点検や修理を依頼してください。
修理はお買い上げの販売店、または当社支店、営業所にお申し付けください。
◆液晶モニタを強く押えないでください。
画面にムラが出たり、故障の原因となります。
◆LED を直視しないでください。
目を傷める恐れがあります。
◆寒冷地などで、本機が冷え切っている場合、電源を入れた直後は液晶モニタが通常よ
りも少し暗くなります。
内部の温度が上がると通常の明るさに戻ります。
◆撮影内容の補償はできません。
本機および USB メモリの不具合等で記録されたデータの消去・破損に伴う損害の補償について
はご容赦ください。
◆砂、ほこり、水などが本機にかからないように使用してください。
本機の隙間から砂などが侵入し故障の原因となります。
4
ローカム 3
製品の構成
各部の名称
製品の構成
モニタ
パイプフレーム
発信機
カメラヘッド
5
カメラケーブル
ROCAM3
製品の構成
モニタ
バッテリ残容量
LED 明るさ
ズーム
記録(静止画、動画)
データ書込み
再生
日付
時間
ケーブル
カウンタ
USB 差込口(USB ポート)
使用しません
6
ローカム 3
仕 様
製品の構成
品 名
ローカム 3 φ 40
ローカム 3 φ 30
コード No.
R15684
R15594
適用口径
φ 50 ~φ 300mm
φ 40 ~φ 150mm
曲管通過能力
φ 100 ~φ 300mm
φ 75 ~φ 150mm
カメラヘッド外径
φ 40mm
φ 30mm
カメラケーブル 外径×長さ
照 明
φ 7mm × 30 m
高輝度 LED 36 灯
防水能力
焦点範囲
高輝度 LED 25 灯
30 m
55mm ~∞
45mm ~∞
許容曲げ半径
150mm
自動水平
あり
発信機 周波数
33KHz
カウンタ
あり(精度± 4%)
モニタ
10.4 インチ TFT LCD カラーディスプレイ
インターフェース
USB2.0
記録メディア
USB メモリ(4GB)
解像度
720 × 576
本体保護等級
IP54
電 源
AC100V/NIMH バッテリ(DC12V)
質 量
18Kg
大きさ
(L)600 ×(W)400 ×(H)365
100V 使用時
使用温度 バッテリ使用時
範囲
保管時
-20℃~ 50℃(結露しないこと)
0℃~ 50℃(結露しないこと)
0℃~ 50℃(結露しないこと)
本体のみ:-30℃~ 50℃(結露しないこと)※
※バッテリを外して保管時
7
ROCAM3
標準付属品
品 名
ロースコープ 3 φ 40
ロースコープ 3 φ 30
-
ロースコープ 3 本体
-
33KHz 発信機
R15121
バッテリ
R69495
USB メモリ (4GB)
-
六角レンチ
IM0340
取扱説明書
IM0342
インストール CD
R15122
カメラヘッドφ 40
●
R69111
センタリングガイドφ 40
●
R15123
カメラヘッドφ 30
●
R15120
センタリングガイドφ 30
●
製品の構成
コード No.
●
別販売品
コード No.
品 名
備 考
R69118
ローラーガイド 150
適応管径:φ 150 ~ 200mm カメラヘッド 40mm 用
R69119
ローラーガイド 200
適応管径:φ 200 ~ 300mm カメラヘッド 40mm 用
R10065
ローロックプラスセット
受信機
8
ローカム 3
準 備
バッテリの充電
●初めて使用するときは、以下に従って本体内にあるバッテリの充電を 7 時間行い、フル充電して
ください。
①電源を切った状態にする。
準 備
②電源ケーブルをコンセント (AC100V) に接続すると充電が開始されます。
※充電開始から、約 7 時間で充電完了になります。
※フル充電した場合の使用可能時間は約 3 時間です。使用状況、使用環境により変わります。
使用可能時間が半分以下になったら、バッテリの寿命です。
注意
◆周囲温度 0℃以下、50℃以上で使用しないでください。
◆湿気が多い、濡れた、または爆発性の環境の中で充電しないでください。
発熱、発煙、発火の原因となります。
運搬および設置
●運搬の際は、カメラヘッドをカメラホルダーに収納し、保護カバーを閉じてください。
●設置の際は、本体のパイプフレームを両手で持ち、静かに設置してください。
注意
◆運搬の際は、必ずフレームをしっかり持って運搬してください。
足の上などに落下するとケガの原因になります。
フレーム以外の場所を持つと可動部が思わぬ方向へ動き落下する原因となります。
本体内部に水がかかると、ショートや感電する恐れがあります。
爆発や発熱、本機の故障の原因となります。
◆雨中や本体内部に水が入りやすい場所では、使用しないでください。
また、濡れた手で操作しないでください。
◆粉じんの多い場所で使用しないでください。
9
ROCAM3
カメラヘッドの接続
●本機の電源が切れていることを確認してください。
①カメラケーブルのコネクタ ( オスねじ)とカメラヘッドのコネクタ ( メスねじ ) を接続します。
準 備
②ねじをしっかり締めてください。
③取外すときは、ねじを緩め、まっすぐ抜いてください。
注意
◆必ず電源を切った状態で行ってください。
故障の原因となります。
コネクタが破損する恐れがあります。
変形している場合は、修理を依頼してください。
ショートや故障の原因となります。
◆無理に差し込んだり、外したりしないでください。
◆コネクタのピンが変形していないか確認してください。
◆接続は粉じんの多い場所、雨中や水が掛かりやすい場所では行わないでください。
センタリングガイドの取付け
●カメラヘッドの汚れを拭いてから取付けを行ってください。
①センタリングガイドをカメラヘッド先端から奥まで差し込みます。
②センタリングガイド側面にある止ねじ(3ヵ所)を六角棒レンチでしっかり締めます。
③別販売品ローラーガイドも同様に取付けます。
止めねじ
注意
◆確実に取付けてください。
確実に取りつけないと、使用中に落下し、思わぬ事故を招く恐れがあります。
10
ローカム 3
使用方法
スクリーンアイコン一覧
アイコン
アイコン名
バッテリ容量
使用方法
LED 明るさ
ズーム
静止画撮影モード /
動画撮影モード
( アイコンがビデオカメラ
になります )
データ書込み
再生 / 一時停止
11
説 明
バッテリ容量が最大であることを表します
LED の明るさを表します
映像をズームします(x1,x2,x4)
静止画 / 動画を撮影する状態を表します
USB へデータを書込み時に点滅します
動画像を再生時に再生中か一時停止を表します
ROCAM3
ボタン操作一覧
ボタン
ボタン名
電 源
メニュー
説 明
電源の ON/OFF をします
メニューを開きます
静止画 / 動画の撮影モードを切換えます
再生 / 一時停止
動作再生時の再生 / 一時停止を行います
決 定
削 除
リセット
使用方法
静止画 / 動画 切換
【キャプチャモード時】撮影を行います
【メニューモード時】選択 / 決定します
保存データの削除を行います
カメラケーブルのカウンタを 0 mにリセットします
ズーム
+拡大、-縮小
メニュー時の移動(上、下)
ライト
LED の明るさを調整します
メニュー時の移動(右、左)
12
ローカム 3
起 動
①電源ボタン
を3秒以上押して離すと、起動します。
注意
◆必ずカメラを接続した状態で起動してください。
カメラが接続されていない状態では、正しく起動しません。
使用方法
キャプチャモード
●キャプチャモードとは、カメラが映している映像がそのままモニタに映し出される状
態のことです。
キャプチャモードでは、LED の明るさ調整、ズーム、距離カウンタのリセット、静止画 / 動画の
撮影を行うことができます。
LED の明るさを調整する
を押して LED の明るさを調整することができ
●キャプチャモードでは、ライトボタン
ます。
①
を押すと“LED が明るく”なり、
を押すと“LED が暗く”なります。
注意
◆LED を直視しないでください。
目を傷める恐れがあります。
ズーム
●キャプチャモードでは、デジタルズーム (3 段階 x1,x2,x4) させることができます。
①ズームボタン
13
を押すと“ズームイン(拡大)
”
、
を押すと“ズームアウト(縮小)
”します。
ROCAM3
カウンタリセット
●リセットボタン
を押すことより、距離カウンタが 0m になります。
静止画 / 動画を撮影
●キャプチャモードでは、決定ボタン
を押して静止画、動画を撮影することができます。
②静止画 / 動画 切換ボタン
使用方法
①USB メモリを USB ポートへ接続して USB を認識させます。
(詳細 P.15)
を押して、静止画または動画を選択します。
③撮影モードはモニタ左側にカメラマーク ( 静止画 )、ビデオマーク ( 動画 ) で表示されます。
④決定ボタン
を押して撮影します。
⑤動画を撮影するときは、もう一度決定ボタン
を押して撮影を終了します。
注意
◆撮影中は USB メモリを抜かないでください。
USB メモリが壊れる恐れがあります。
14
ローカム 3
USB メモリの認識
●カメラからの画像を撮影や保存データの確認をするには、USB メモリを本機に接続し、認識させ
てから使用が可能になります。
①本機の電源を入れます。( 詳細 P.13)
②MENU ボタン
を押します。
使用方法
③上ボタン、下ボタンを使用して、Create Directory( ファイル作成 ) または Open Directory( ファ
イル開く ) を選択して決定ボタンを押します。
④以下の画面が出るので、USB メモリをスロットに接続し、「YES」 を選択し、決定ボタンを押します。
⑤「Search」 が点滅し、初めて USB メモリを接続する場合は USB のフォーマット画面がでるので、
「YES」 を選択して、フォーマットを行います。
15
ROCAM3
⑥USB メモリの認識が完了すると、以下が表示されます。
・Defect catalogue 不具合カタログ ( 英語のみ )
・Capture キャプチャモード ( カメラからの映像を表示する )
・Playback プレイバック ( 保存画像の確認 )
・Remove USB stick USB メモリを外す (USB メモリを安全に取り外します )
使用方法
※フォーマットする際は、「FAT32」 にフォーマットしください。
また、アロケーションユニットサイズを 16 キロバイト以上にすることを推奨します。
USB メモリに関する注意事項
◆データの書き込み・読み出し中に、本機の電源を切らないでください。
USB メモリの故障、保存データを損失する恐れがあります。
◆分解や改造しないでください。
◆高温になるところ、直射日光のあたるところ、油煙・湯気・湿気・ほこりの多いと
ころ、電磁波や静電気の発生しやすいところに放置しないでください。
◆強い衝撃を与えたり、曲げたり、落としたり、水に濡らしたり、濡れた手で触れた
りしないでください。
◆端子部にゴミや水、異物などを付着させないでください。
また手などで触れないでください。
◆破棄・譲渡の際は、USB メモリ本体を物理的に破壊するか、市販のパソコン用デー
タ消去ソフトなどを使って USB メモリ内のデータを完全消去するなど、お客様の
責任においてデータの処理をしてください。
本機やパソコンの機能による「フォーマット」や「消去」では、USB メモリ内のデータは完
全に消去されません。
◆USB メモリ内のデータは、お客様の責任において管理してください。
◆ 標準付属している USB メモリをご使用ください。
他の USB メモリでは認識しないことがあります。
16
ローカム 3
保存データの表示 / 再生
●USB メモリを認識させた状態で、保存データの表示 / 再生を行うことができます。
①MENU ボタン
を押して、Playback を選択し、決定ボタン
を押してください。
②表示 / 再生する画像を選択し、決定ボタンを押してください。
使用方法
③動画の再生の場合 再生ボタン
を押して再生 / 一時停止を行います。
④他の画像を見る場合は MENU ボタンを押して手順②から行ってください。
17
ROCAM3
保存データの削除
①MENU ボタンを押して、Playback を選択し、決定ボタンを押してください。
②削除する画像を選択し、削除ボタン
を押してください。
③「Remove file?」 ( 削除しますか? ) と確認が出るので、「Yes」 を選択して決定ボタンを押して
ください。
使用方法
注意
◆削除したデータは復元できません。
削除するデータを確認してから削除を行ってください。
18
ローカム 3
カメラを使用する
●ご使用になる前に
レンズキャップ、カメラヘッド、センタリングガイド等ゆるんでいないことを確認してください。
ゆるんでいる場合は、増し締めをしてご使用ください。
①カメラをゆっくりと検査する場所、配管内などに入れてください。
②カメラを引き出すときは、ゆっくりとカメラケーブルを引き、水気等を取りながらケーブルドラム
に戻してください。
③距離カウンタを使用する場合は、右下に距離カウンタがあります。
カメラを使用する
測定を始める地点でリセットボタンを押して、距離カウンタ「0.00 m」にしてから、カメラケー
ブルを挿入してください。
※距離カウンタはケーブルドラムの回転で距離の測定を行っています。
④ 配管のセンターが出ない場合は付属のセンタリングガイド又は別販売品のローラーガイドをご使用
ください。
注意
◆カメラケーブルを強く引っ張らないでください。
カメラケーブルが折れたり、曲がってしまう恐れがあります。
◆挿入口から離れたところでカメラケーブルを持って挿入しないでください。
カメラケーブルのたわみが大きくなると、カメラケーブルが折れやすくなります。
◆カメラケーブルの最小曲げ半径は 150mm です。
最小曲げ半径以下になると破損します。カメラケーブルは
修理できないため有償での交換となります。慎重に作業してください。
◆レンズ面を強く押さないでください。
◆レンズを太陽に向けたまま放置しないでください。
集光により故障の原因になります。屋外や窓際に置くときは気をつけてください。
◆撮影する物・環境によって実際の色とは異なる色が映し出されたり、鮮明に映し出
されない場合がありますが、カメラの性能によるもので異常ではありません。
◆温度差がある環境で使用するとレンズが曇り、鮮明な画像が映し出されないことが
あります。
◆焦点範囲内に無い被写体は、ピントが合っていない画像になります。
◆自動露出機能により、画像が明るくなったり、暗くなることがあります。
◆砂、ほこり、水などが本体に掛からないように使用してください。
19
ROCAM3
MENU 画面の操作
設 定
●MENU ボタンを押して「System settings」を選択すると各種設定を行うことができます。
※ MENU の初期設定は英語表示です。日本語表示はありません。
① 「Date and Time」 を選択し、決定ボタンを押してください。
MENU画面の操作
Date and Time ( 日時の設定 )
② 上下左右ボタンを使用し、日時の変更をしてください。
※ DD( 日 )/MM( 月 )/YYYY( 年 ) HH( 時 ):MM( 分 ):SS( 秒 )
③ 変更が終わったら、「Set」 を選択し、決定ボタンを押してください。
④ MENU ボタンを押すと設定画面に戻ります。
20
ローカム 3
Languages ( 言語の設定 )
① 「Languages」 を選択し、決定ボタンを押してください。
② 上下ボタンを使用して言語を選択して、決定ボタンを押してください。
※ 日本語はありません。
MENU画面の操作
bw/ colour ( 白黒 / カラー表示の切換 )
① 「bw/ colour」 を選択し、決定ボタンを押してください。
② BW( 白黒 ) または Colour( カラー ) を選択して、決定ボタンを押してください。
21
ROCAM3
Automatic Shutdown ( 自動シャットダウン )
●設定時間、無操作が続くと電源が自動的に切れます。
①「Automatic Shutdoun」 を選択し、決定ボタンを押してください。
②左右ボタンを使用して「Active」(10 分後に切る )「Inactive」( 無効 ) を選択して、決定ボタン
を押してください。
MENU画面の操作
Unit of Length( 距離表示単位 )
●距離表示を m( メートル ) または f( フィート ) に設定できます。
①「Unit of Length」 を選択し、決定ボタンを押してください。
②左右ボタンを使用して「meter」( メートル )「feet」( フィート ) を選択して、決定ボタンを押し
てください。
22
ローカム 3
パソコンでの表示
●お使いのパソコンの USB ポートに USB メモリを接続すると、保存データを表示、パソコンへ保
存ができます。
静止画 (JPEG 形式 ) の表示には、特別なソフトを必要なくパソコンで表示ができます。
動画の再生には Quick Time と専用コーディックをインストールする必要があります。
Quick Time 及びコーディックのインストールは付属の CD-ROM から行えます。
①CD-ROM をパソコンの CD ドライブに入れてください。
②マイコンピュータより CD ドライブをダブルクリックしてください。
③アプリケーション Rocam をダブルクリックしてセットアップアプリケーションを開いてください。
パソコンでの表示
③
④Quick Time がインストールしていなければ、
「Install Quick Time」
(Quick Time のインストー
ル)を押して Quick Time をインストールしてください。
※ Quick Time がインストールされていれば必要ありません。
※アップル社のサイト http://www.apple.com/jp/quicktime/download/ からもインストールでき
ます。
⑤Quick Time をインストールが完了したら、
「Install Codec」
(コーディックのインストール)を
押して、コーディックをインストールします。
23
⑥「Copy success」と表示されたら、コーディックのインストールが完了しました。
「OK」を押し
てください。
ROCAM3
⑦コーディックのインストールで「The copying process failed」と表示された場合、
コーディックを手動でパソコンに入れてください。
CD 内の \Dateien\codec\ ファイルを Quick Time がインストールしてある、*\QuickTime\
QTComponents\ へコピーしてください。
④
⑤
⑥
※ インストール CD は Windows 専用ソフトです。Mac には対応していません。
注意
◆USB メモリをパソコンから取外す際は、パソコンのタスクトレイの「ハードウェ
アの安全な取外し」を行ってください。
パソコンでの表示
※ パソコンに接続しても認識されない場合は、パソコンの設定が必要です。設定方法に関しては、お
使いのパソコンメーカーにお問合せください。
QuickTime 及び Mac は、米国およびその他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または
商標です。
24
ローカム 3
保守 ・ 点検
●以下の箇所を定期的に点検・清掃し、適時修正または交換を行ってください。
危険
◆修理技術者以外は、絶対に分解しないでください。
液晶モニタには、高電圧箇所があり、非常に危険です。
◆改造は、絶対に行わないでください。
警告
◆清掃 ・ 点検のときは、必ず電源プラグをコンセントから抜き、電源が切れているこ
とを確認してください。
電源の入ったままで、不用意に本機に触れると感電する恐れがあります。
注意
◆清掃、点検のときはゴム(皮)手袋を着用してください。
カメラケーブルに異物が付着していることがあり、不用意に触れるとケガをする恐れがあります。
本機がさび付いて本機内部の故障の原因となります。
本機を傷める原因となります。
コネクタ部は、防水仕様になっておりません。
◆作業終了後、土・砂・水分など付着させたままにしないでください。
◆ガソリン・シンナーなど有機溶剤を付着させないでください。
◆モニタ・スイッチ類には、水をかけないようにしてください。
保守・点検
◆子供の手が届かない場所か、鍵のかかる場所へ保管してください。
◆雨のかかる軒先などには保管しないでください。
◆直射日光が当たる場所に保管しないでください。
点検と清掃
●各部に大きなキズ・ヒビなどがないことを確認してください。
●各可動部が正常に動くことを確認してください。
●全体の汚れは柔らかい布でふき取り、汚れがひどいときは、水に浸した布を良く絞ってから汚れを
ふき取ってください。その後、乾いた布でふいてください。
●使用後は全体を清掃し、付属の収納ケースに収納して保管してください。
●レンズが汚れている場合は、柔らかい布で軽くふくか、アルコールを少量布に付けてふいてください。
25
ROCAM3
修理・サービスを依頼される前に
●修理・サービスを依頼される前に下記の故障診断にしたがって点検してください。
それでも解決されない場合は、弊社またはお買い求めの販売店にご相談ください。
●正しくご使用いただかない場合や、本商品の用途以外に使用して故障した場合は、保証の対象外とな
ります。
現 象
原 因
対 策
バッテリ残量不足
充電する
バッテリ寿命
バッテリを交換する
LED が暗い
LED ライトを明るくする
カメラが接続されていない
カメラを正しく接続する
液晶モニタの故障
弊社にて修理または交換
本機内電気配線が遮断している
弊社にて修理または交換
カメラヘッドの故障
弊社にて修理または交換
カメラケーブルが折れている
弊社にて修理または交換
対象物までの距離が遠い
カメラを対象物に近づける
LED が切れている
弊社にて修理または交換
液晶モニタに太陽光が当たっている
モニタに太陽光が当たらないようにする
LED ライトによって対象物が反射している
LED ライトを暗くする
USB メモリが接続されていない
USB メモリを接続する
USB メモリの容量不足
保存データを削除する、または新しい USB
メモリを導入する
ノイズが出る
LED ライトが暗い
LED ライトを明るくする
映像が白っぽい
レンズが汚れている
レンズを柔らかい布で拭く
映像が映らない
映像が暗い
画像の保存ができ
ない
修理・サービスを依頼される前に
映像がぼやける
26
●お客様メモ
製造番号 :
購入年月日:
年
お買い求めの販売店
後日のために記入しておいてください。
お問合せや部品のご用命の際にお役に立ちます。
月
日
コード No. IM0340 MEE
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement