"取扱説明書"

"取扱説明書"
( A s ρl
l
R●
■
レ 、
取扱 説明 書
近 畿 地 区 の VHF・ U HF 放 送 (ch1 ∼ 24) と 神 戸 ま た は
京 都 の UHF 放 送 (ch22 ∼62) を 混 合 す る た め の ミキ サ ー
(混 合 器)で す。
各 端 子 を 間 違 え な い よ う に,
よ く 確 認 し て 接 続 し て く だ さ い。
〔 ^ ■ρ ■ 0
A T
T
蝸[
コ
慌
(ア ㌫ 矛一)
●ch1∼24の 電 波 が
し て く
だ さ
国;
1■
なっています。
㊥
㊥
砦
雁
㊥
75 Ω ケ ー ブ ル の 太 さ に
合 わ せ て 防 水 キ ャ ッ プ
を 切 っ て く だ さ い。
強 い 場 合, 「
10dB」
㊥
に し て く だ さ い。
● 出 荷 時 は 「0dB」 に
諏
㊥
。Fi r 。
なっています。
言
● 付 属 の 防 水 キ ャ ッ プ に 通 し て か ら,
加 工 し て く だ さ い。
ch1 ∼ 24
○
ーコ
入力端子
◎
● 5C ケ ー ブ ル を お 使 い く だ さ い。
○ 雑
o= 騒
化
s
ち 艦
」
拙
つ
あ み 線 (銅 編 組 )を 折 返 す
75 Ω ケ ー ブ ル
ch1 ∼ 24
◆
h22 ∼ 62
ぐ
団
①
テ レ ビ ヘ
出力 端 子
9
ω
く
=…
…一速
T T
(ア㌶ ㌶ .)
●ch22∼62の 電 波 が
距
㊥ “ 一 一 一・ ㊥ “ 一 一 一
圃 雷 圃
1露 露 團
い。
● 出 荷 時 は 「0dB」 に
⊂
◎
㈱□
コ
、
鑑
晒
強 い 場 合, 「10dB」
に
A
U W 77・0■
・
1
②町
」 15。。 ■
UHF
VHF・ UHF
ア ンテ ナ ヘ
ア ン テ ナ ヘ
甘
ケ ー ス の フ タ を 完 全 に
適 合 マ ス ト径
閉 め て く だ さ い。
ケ ー ブル の 取 付
22 ∼ 48.6 m m
ち■
端子 締 付 ビス を 指定 の 締 付 トル クで
締 付 け て く だ さ い。
芯線イ 南 )
75 Ω ケ ー ブ ル の 固 定
木ネ ジ
に は
別 売 の 支 柱 ス
,
タ ン ド オ フ を 使 用 し
てくださし㌔
\
冒
\
ア ン テ ナ か ら の 75 Ω ケ ー
ブ ル は
,
ケ ー ス に 付 い て い る 木 ネ ジ ( 2 本) で
,
壁 面 に 固 定 し て く だ さ い。
ケ ー ス に 雨 水 が
入 ら な い よ う にU 字 形 に
テ レ ビヘ
ω
①
岨
寸
00
各 入 力 H 出 力 電 流 通 過,
電 流 容 量1A (DC15V ま た は AC30V 以 下)
イ ン ピ ー ダ ン ス (Ω)
入力
出力
75
y
配 線 し て く だ さ い
。
(Asρ P○
通 過 帯 域 損 失(dB 以 下) 阻 止 帯 域 減 衰 量(dB 以 上) 入 力 VS W R
(以 下)
ch1 ∼ 24
ch22 ∼62
ch1 ∼19
ch28 ∼ 62
6
20
3
外観寸法
(m m )
H× W × D
、
、
、
蝦∴浜
圃
ア ル ミ 箔 が つ い
て い る ケ
の 場 合,
箔 が
端
,
ぴ 芯 線 に
な い よ う
け て
ー ブ ル
ア ル ミ
子 お よ
接 触 し
に 取 付
く だ さ い。
防 水 キ ャ ッ プ…
3個
85 x 9 2 x 45
マ ス プ ロ の 規 格 表 に 絶 対 う そ は あ り ま せ ん。
ご 理 解 と 信 頼 あ る デ ー タ に ご 期 待 く だ さ い
。
製 品 向 上 の た め 仕 様 ・ 外 観 は 変 更 す る こ と が あ り ま す。
● ご使 用 の 前 に
「 扱 説 明 書」 を よ く お 読 み く だ さ い。
, この 取
● お 読 み に な っ たあ と は
保 存 し て く だ さ い。
,
本 社
〒470−0194
愛 知 県 日 進 市 浅 田 町
営
業
部 TEL名 古 屋(052)802−
2244
工事 営業 部
4
(052)802−2225
技 術 相 談
・
(052)805−
3366
/ ンタ ー ネ ッ 1ホ ー ムペ ー ジ
㎜
.
m aspro co jp
.
.
( A s ρlR ●
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement