PDFファイル

PDFファイル
2007 年 5 月
2006 年 10 月
1 日
2 日
改訂(第 2 版)
作成(第 1 版)
届出番号 14B2X10002000006
機 械 器 具 0 9 暗 室 自 動 X 線 フィ ル ム 現 像 装 置 ( 4 1 0 1 1 0 0 0 )
一般医療機器 特定保守管理医療機器
富士メディカルフィルムプロセサー
FPM100
【操作方法又は使用方法等】
【形状・構造及び原理等】
[形状・構造]
本装置は、以下のユニットにより構成されます。
1. 処理部(現像、定着、水洗ラックを含む)
2. 乾燥部(乾燥ラックを含む)
3. 電装部(制御部)
[装置の操作方法]
1. 処理を始めるとき
始業前の点検を行い、指定された電源を入れてください。
2. フィルムの処理
撮影済みのフィルムを処理してください。
3. 処理を終わるとき
使用後の終業点検を行い、指定された電源を切ってください。
本装置の形状及び主要部分の名称
操作方法の詳細については、取扱説明書を参照してください。
[操作方法又は使用方法に関連する使用上の注意]
1. 使用前に、現像、定着、水洗タンク内に処理液が十分あること
を確認すること。
2. 使用前に、現像、定着、水洗補充ボトル内に補充液が十分ある
ことを確認すること。
3. フィルムを処理する際は、温調・挿入ランプが点灯しているこ
とを確認すること。
【使用上の注意】
本体寸法及び重量
電気的定格
外形寸法(mm)
:
幅 580×奥行(含:挿入台)860×高 566
本体重量(kg)
:
約 41kg(処理液を含めて約 59kg)
電圧 :単相 AC100V±10%
電流 :8A
周波数:50Hz 又は 60Hz
形状、構造の詳細については、取扱説明書を参照してください。
[重要な基本的注意]
1. この装置は防爆型ではないので、装置の近くで可燃性及び爆発
性の気体を使用しないこと。
2. 装置のカバーを開けた状態で使用しないこと。けがや感電する
おそれがあります。
3. 装置を使用の際は設置環境(温度、湿度、電気的定格)を守る
こと。
4. 環境を良好に保つため、自動現像機を設置した部屋の換気扇を
使用時作動させ、新鮮な空気を入れること。
5. 装置のアースが確実に接続されていることを確認すること。
6. フィルム、処理薬品は指定された製品を使用すること。
7. 装置に不具合が発生した場合(異常な音、臭い、煙等が発生し
た場合)は、直ちに電源を切り「故障中」等の適切な表示を行い
弊社又は弊社指定の業者へ連絡すること。
8. 移設する場合、又は電源接続変更等が必要な場合は、弊社又は
弊社の指定業者に連絡すること。
[相互作用]
1. 装置の傍での携帯電話等電磁波を発生する機器の使用は、装置
に障害を及ぼすおそれがあるので、使用しないこと。
[動作原理]
1. フィルムはローラーで構成された処理ラック(現像、定着、
水洗、乾燥)の間を自動的に搬送されます。
[その他の注意]
2. 現像・定着液温度、乾燥条件、補充量は自動的に制御されます。
1. 処理薬品(現像液、定着液、水洗リンス液)は各原液、使用液
及びプラスチック容器とも、認定された産業廃棄物処理業者に
処理を委託するか、自家処理の場合、地方自治体の定める排水
【使用目的、効能又は効果】
基準を遵守して排水すること。
2.
この装置を廃棄する場合は産業廃棄物となるため、必ず地方自治体
本装置は、暗室自動 X 線フィルム現像装置に属するものであり、撮影
の条例・規則に従い、許可を得た産業廃棄物処理業者に廃棄を委託
済みのスクリーン型医用 X 線・画像診断用フィルム(乳房撮影用を除
すること。
く)及びスクリーン型歯科画像診断用 X 線フィルム(以下フィルムと
いう)を自動現像処理する装置です。
使用上の注意の詳細に つ い て は、取扱説明書を参照してください。
【品目仕様等】
形態
:連続ローラー搬送方式
使用可能フィルム:八切∼半切サイズの専用フィルム
処理能力
:四切(横通時) 約 50 枚/時
処理槽の容量
:現像槽 3.0L、定着槽 3.0L、水洗槽 3.0L
処理温度
:現像 35℃
補充ボトル
:現像、定着、水洗とも各 3L
取扱説明書を必ずご参照ください。
1/2
【設置環境及び使用期間等】
1. 設置環境
(1) 水等がかからない場所に設置してください。
(2) 換気設備の整った部屋に設置してください。
2. 動作保証条件
装置を使用の際は下記の設置環境条件を守ってください。
動作時
温度:10∼30℃
湿度:30∼80%RH(結露なきこと)
3. 有効使用期間
本装置の有効使用期間は、使用上の注意を守り、正規の保守点
検を行った場合に限り納入後 6 年間です。 〔自己認証(当社デ
ータ)による〕
【保守・点検に係る事項】
1. 医用機器の使用・保守の管理責任は使用者側にあります。
2. 使 用 者 に よ る 日 常 及 び 定 期 点 検 、 指 定 された 業 者 に よ る
定 期 保 守 点 検 を必 ず 行 っ てく だ さい 。
使用者による主な保守点検項目
項目
点検頻度
実施しない場合の影響
装置外観の点検と
清掃
随時
汚れがフィルムにつくと処
理品質に影響する懸念があ
ります。
3 週間
液の疲労が進み、処理品質低
下の原因となる懸念があり
ます。
3 週間
液が結晶化してラック、タン
ク等にこびり付き、故障・処
理品質低下の原因となる懸
念があります。
処理液交換
現像ラック、定着ラ
ック、水洗ラック
と、タンクの清掃
使用者による保守点検の詳細については、取扱説明書を参照してく
ださい。
定 期 保 守 点 検 周 期 は フ ィ ルム 処 理 量 や 一 日 の 稼 働 時 間 に よ り
異 なり ま す 。
指定された業者による保守点検及び定期交換部品については、弊 社
又 は 弊社指定の業者にお問い合わせください。
【製造販売業者及び製造業者の名称及び住所等】
製造販売業者
住
所
電話番号
:富士フイルム株式会社
:〒258-8538
神奈川県足柄上郡開成町宮台798番地
:0120-771669
製造業者
住
所
:ダイトー株式会社
:〒574-0077
大阪府大東市三箇 6 丁目 15 番 15 号
販売業者
住
所
:富士フイルムメディカル株式会社
:〒106-0031
東京都港区西麻布 2 丁目 26 番 30 号
:03-6419-8033
電話番号
取扱説明書を必ずご参照ください。
2/2
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement