ザッパラス(3770)

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

ザッパラス(3770)

当レポートは、掲載企業のご依頼により弊社が作成したものです。投資家用の各企業の『取扱説明書』を提供

することを目的としています。正確で客観性・中立性を重視した分析を行うべく、弊社ではあらゆる努力を尽

くしています。中立的でない見解の場合は、その見解の出所を常に明示します。例えば、経営側により示され

た見解は常に企業の見解として、弊社による見解は弊社見解として提示されます。弊社の目的は情報を提供す

ることであり、何かについて説得したり影響を与えたりする意図は持ち合わせておりません。ご意見等がござ

いましたら、 [email protected]

までメールをお寄せください。ブルームバーグ端末経由でも

受け付けております。

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

目次

要約 ....................................................................................................... 3

主要経営指標の推移 ................................................................................... 4

直近更新内容............................................................................................ 5

概 略 ................................................................................................... 5

業績動向 ................................................................................................. 6

四半期実績推移 ...................................................................................... 6

今期の会社予想 ...................................................................................... 9

中期見し及び、経営戦略 ......................................................................... 11

事業内容 ............................................................................................... 12

ビジネス概要 ....................................................................................... 12

収益性分析 ......................................................................................... 23

SW(Strengths, Weaknesses) 分析 ...................................................... 24

市場とバリューチェーン ......................................................................... 25

過去の財務諸表 ....................................................................................... 29

損益計算書 ......................................................................................... 38

貸借対照表 ......................................................................................... 39

その他情報 ............................................................................................ 40

沿革 .................................................................................................. 40

ニュース&トピックス ........................................................................... 41

大株主 ............................................................................................... 41

トップマネジメント .............................................................................. 42

企業概要 ............................................................................................... 43

http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

2/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

要約

占いを中心としたデジタルコンテンツ配信を軸に事業展開を拡充

株式会社ザッパラスは占いを中心としたデジタルコンテンツ配信を主力事業とするイン

ターネット企業である。同社では、このコンテンツ提供を通じ、ユーザーの属性、利用

履歴、行動履歴から、嗜好性、心理・行動傾向をパターン化し分析すること(CRM)を

強みとし、これらデータベースを活用しユーザーに合ったコンテンツや商品・サービス

をメルマガ・リンク等を活用し訴求する手法を用いてビジネス展開している。

設立当初は、(株)NTTドコモ(東証1部9437)のiモードサービスの開始(2000年)に

伴い、様々なコンテンツの配信を行っていた。マザーズに上場(2005年5月に上場)す

る意思決定を下した際に、事業戦略を明確化し、占いコンテンツを軸に事業を展開して

いくことにした。占いコンテンツをビジネスドメインにした背景は、①日常の悩みや関

心(恋愛、金運、仕事など)を題材とした運勢は毎日変化するため、ユーザーに毎日閲

覧する動機を与える、②占いユーザーは自分の属性等の正確なデータを入力することに

なるため、そのデータベースが占い以外の事業のマーケティングに有効であることが挙

げられる。(後述の「事業内容」の項参照)

業績動向

2014年4月期通期業績は、売上高8,155百万円(前期比8.3%減)、営業利益722百万円

(同49.2%減)、経常利益752百万円(同54.5%減)、当期純利益375百万円(同59.0%

減)となった。

2015年4月期は、売上高7,500百万円(前期比8.0%減)、営業利益0百万円(前期は722

百万円の営業利益)、経常利益0百万円(前期は752百万円の経常利益)、当期純損失13

百万円(前期は375百万円の当期純利益)を見込む。2015年4月期について同社は、目

指す体制基盤を構築する年度と位置づけ、コスト管理の徹底を図りながら必要な投資を

積極的に行っていくとしている。

同社では、キャリア経由で行う広告集客モデルから脱却し、顧客に対する独自のコンタ

クトポイントを確立しようとしている。その顧客へのコンタクトポイントを図る指標と

して同社が注目しているのが同社が提供する独自メディアのPV数である。このため、

2014年4月期からはユーザーに対するコンタクトポンイント拡充の一環として、PV数の

増加に注力している。(後述の「業績動向」の項参照)

同社の強みと弱み

SR社では、同社の強みを、高い収益力、F1層(20~34歳女性)からの高い支持、監修

者に対するブランド力、の3点だと考えている。一方、弱みは、レガシープラットフォー

ムへの依存の高さ、既存事業がニッチ市場へ特化、既存事業が国内市場に依存、にある

と考えている。(後述の「SW(Strengths, Weaknesses)分析」の項参照) http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

3/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

主要経営指標の推移

損益計算書

(百万円)

売上高 

前年比

売上総利益

前年比

売上総利益率

営業利益

前年比

営業利益率

経常利益

前年比

経常利益率

当期純利益

前年比

純利益率

一株当たりデータ(円、株式分割調整後)

13.7%

期末発行済株式数

EPS

13,346

116.0

EPS (潜在株式調整後)

DPS

BPS

貸借対照表 (百万円)

10年4月期 11年4月期 12年4月期 13年4月期 14年4月期 15年4月期

連結 連結 連結 連結 連結 会社予想

11,225

8.9%

7,580

13.6%

67.5%

3,016

11.3%

26.9%

3,041

12.8%

27.1%

1,532

-3.1%

113.4

42.00

465.2

11,813

5.2%

7,800

2.9%

66.0%

3,073

1.9%

26.0%

3,090

1.6%

26.2%

1,626

6.1%

13.8%

13,411

131.1

128.7

42.00

552.6

10,088

-14.6%

6,861

-12.0%

68.0%

2,584

-15.9%

25.6%

2,594

-16.0%

25.7%

1,579

-2.9%

15.7%

13,471

126.7

124.6

42.00

635.6

8,890

-11.9%

6,118

-10.8%

68.8%

1,423

-44.9%

16.0%

1,655

-36.2%

18.6%

917

-41.9%

10.3%

13,531

73.0

72.3

42.00

661.8

8,155

-8.3%

5,396

-11.8%

66.2%

722

-49.2%

8.9%

752

-54.5%

9.2%

376

-59.0%

4.6%

13,651

29.7

29.6

22.00

652.7

7,500

-8.0%

-13

-

-

-

-

0

-

-

0

-1.0

現金・預金・有価証券

流動資産合計

有形固定資産

投資その他の資産計

無形固定資産

資産合計

買掛金

短期有利子負債

流動負債合計

長期有利子負債

固定負債合計

負債合計

純資産合計

3,781

5,880

144

1,052

468

7,544

480

1,738

0

1,738

5,806

-

-

4,687

7,264

137

1,042

331

8,774

487

-

1,846

-

0

1,846

6,928

4,800

7,098

175

1,053

1,092

9,417

332

32

1,320

63

64

1,384

8,033

4,693

6,724

137

850

2,415

10,126

304

191

1,085

631

632

1,716

8,410

5,081

6,879

129

864

2,185

10,057

377

184

1,182

484

485

1,667

8,390

0 0 95 821 668 有利子負債(短期及び長期)

キャッシュフロー計算書 (百万円)

営業活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフロー

財務指標

総資産利益率(ROA)

自己資本利益率(ROE)

自己資本比率

出所:会社データよりSR社作成

2,084

-329

-2,018

19.5%

25.5%

76.3%

1,725

-411

-508

19.9%

25.7%

78.4%

1,637

-841

-584

17.4%

21.3%

84.4%

1,475

-2,126

213

9.4%

11.3%

82.4%

1,313

-272

-660

3.7%

11.3%

182.4%

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

*売上総利益は返品調整引当金の調整額を除いて記載している。

*ROAは当期純利益を総資産で除して算出している。

*2014年4月期に1:100の株式分割を実施。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

4/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

直近更新内容

概 略

2014 年 7 月 3 日、株式会社ザッパラスとの取材を踏まえ 2014 年 4 月期通期決算および今

後の業績見通しの内容を更新した。

(詳細は「業績動向」の項を参照)

2014 年 6 月 13 日、同社は 2014 年 4 月期通期決算を発表した。

(決算短信へのリンクは こちら 、詳細は 2014 年 4 月期通期決算項目を参照)

3 ヵ月以上経過した会社発表はニュース&トピックスへ

http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

5/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

業績動向

四半期実績推移

四半期業績推移

1 3 年4 月期

( 百万円)

売上高

前年比

売上総利益

売上総利益率

販管費

前年比

営業利益

前年比

営業利益率

経常利益

前年比

当期利益

前年比

累計値

1 Q

2,369

-16.8%

1,658

70.0%

1,049

-7.5%

604

-21.3%

25.5%

607

-21.1%

348

-23.4%

1Q累計

2 Q

2,205

-9.9%

1,520

69.0%

1,229

23.6%

307

-52.6%

13.9%

315

-51.4%

247

-34.7%

2Q累計

3 Q

2,053

-15.0%

1,411

68.7%

1,122

10.2%

289

-54.2%

14.1%

419

-33.8%

299

-29.2%

3Q累計

4 Q

2,262

-4.9%

1,530

67.6%

1,306

17.4%

224

-58.6%

9.9%

315

-42.2%

22

-93.1%

4Q累計

1 Q

売上高

2,369 4,574 6,628 8,890 1,882

前年比

-16.8% -13.6% -14.0% -11.9% -20.6%

売上総利益

1,658 3,178 4,589 6,118 1,295

売上総利益率

70.0% 69.5% 69.2% 68.8% 68.8%

販管費

1,049 2,279 3,400 4,706 1,120

前年比

-7.5% 7.0% 8.1% 10.5% 6.7%

営業利益

604 910 1,199 1,423 175

前年比

-21.3% -35.6% -41.3% -44.9% -70.9%

営業利益率

25.5% 41.3% 58.4% 62.9% 9.3%

経常利益

607 921 1,340 1,655 152

前年比

-21.1% -35.0% -34.6% -36.2% -74.9%

当期利益

348 596 895 917 86

前年比

-23.4% -28.5% -28.7% -41.9% -75.2%

出所:会社データよりSR社作成

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

*売上総利益は返品調整引当金の調整額を除いて記載している。

1,882

-20.6%

1,295

68.8%

1,120

6.7%

175

-70.9%

9.3%

152

-74.9%

86

-75.2%

1Q累計

3,899

-14.8%

2,666

68.4%

2,395

5.1%

268

-70.5%

13.3%

253

-72.6%

158

-73.4%

1 4 年4 月期

2 Q

2,017

-8.5%

1,371

68.0%

1,275

3.7%

93

-69.7%

4.6%

100

-68.1%

72

-70.9%

2Q累計

3 Q

1,912

-6.9%

1,331

69.6%

1,138

1.5%

191

-33.9%

10.0%

247

-41.1%

161

-46.2%

3Q累計

5,812

-12.3%

3,997

68.8%

3,533

3.9%

459

-61.7%

500

-

-62.7%

319

-64.3%

8,155

-8.3%

5,396

66.2%

4,656

-1.1%

722

-49.2%

1 4 年4 月期

4 Q ( 進捗率) 通期会予

2,343

-

3.6%

1,398

59.7%

1,123

-14.0%

263

17.4%

11.2%

253

-

-

-19.7%

56

-

151.2%

4Q累計

(進捗率) 通期会予

-

-

-

99.5% 8,200

-7.8%

103.1% 700

-50.8%

30.8%

752

-54.5%

376

-59.0%

106.0%

98.9%

8.5%

710

-57.1%

380

-58.6%

2014 年 4 月期通期業績

2014 年 4 月期の売上高は 8,155 百万円(前期比 8.3%減)、営業利益は 722 百万円(同 49.2%

減)、経常利益は 752 百万円(同 54.5%減)、当期純利益は 375 百万円(同 59.0%減)とな

った。売上高の減少は主力のコンテンツ事業における FP(フィーチャーフォン)売上の減少

によるもの。売上高が減少する中で、販管費はほぼ同水準で推移したため、営業利益は前期

比 49.2%減となった。

四半期別の売上高でみると第 4 四半期の売上高が急増している。これは子会社 BxE の新製品

投入効果でコマース関連売上が急増したためである。BxE の新商品『medel』が 2014 年 3

月中旬に発売され、BxE 売上高は前四半期比3倍となった。売上原価も、BxE 向けの商品原

価の増加で前四半期比で急増している。また、第 4 四半期は賞与支払いが含まれることもあ

り、労務費も若干増加している。ただし、これを除けば、基本的なコスト構造に大きな変化

はない。販管費では、賞与支払いの増加により人件費は増加しいるが、広告宣伝費の削減で

販管費総額は抑制している。この結果、営業利益を見ると、第 1 四半期から、第 3 四半期ま

では前年同期比で減益であったが、第4四半期は増益に転じている。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

6/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

セグメント別の概況は以下のとおり。

2014 年 4 月期第1四半期より、スマートフォンへの対応の一環として広告収益の獲得を目的とする部

署を新設したことに伴い、従来「コンテンツ事業」に含めていた一部コンテンツ等を「その他」セグメ

ントに含めるよう変更している。また、組織変更を行ったことに伴い各報告セグメントに含まれるコン

テンツ等の見直しを行っている。なお、前期比較については、当該組替え後の数字を基準としている。

コンテンツ事業

売上高:5,644 百万円(前期比 16.3%減)、営業利益:1,948 百万円(同 23.2%減)

主力の「占い」コンテンツについては、スマートフォン市場における新たなユーザー層を獲

得すべく、ライトユーザー向けの新規コンテンツの投入に加え、既存サイトのスマートフォ

ンアプリ化や個別課金メニューの追加投入など、スマートフォン向けサービスの拡充に努め

た。また、「知育」「恋愛ゲーム」コンテンツをスマートフォンアプリで提供するなど、コン

テンツジャンルの拡大を目指した。これらの施策により、スマートフォン売上は増加したが、

フィーチャーフォンユーザーの減少分を補うまでには至らず、減収減益となった。なお、ス

マートフォン売上は着実に増加していたが、第4四半期に関しては、直前の第 3 四半期比で

若干減少している。同社によれば、第 4 四半期のスマートフォン向けコンテンツの減少も、

キャリアマーケット向けコンテンツの広告レギュレーション変更の影響を一時的に受けるこ

とになったのが一因とのことである。

コマース関連事業

売上高:1,620 百万円(前期比 1.7%減)、営業損失:164 百万円(前期は営業損失 71 百万

円)

2013 年4月期より開始した新スタイルのコマースサイト「藤巻百貨店」「cuna select」

「STYLEST」の育成に注力した。facebook を活用した販促活動等が奏功し新規サイトの売

上高は順調に増加したが、既存モバイルコマースサイトの売上減少により、E コマース事業の

売上高は前期比で微増にとどまった。コスト面については、人員増や広告宣伝等による販売

費及び一般管理費が増加した。 株式会社ビーバイイーにおける自然派化粧品の卸売・小売事

業については、2014 年4月期第4四半期に新商品を発売したが、発売時期が期初計画から遅

れたため、前期比で減収となった。

海外事業

売上高:495 百万円、営業損失:78 百万円(海外事業の開始は 2013 年4月期第3四半期)

米国での占いコンテンツビジネスは主に広告収入を収益源に展開しているが、広告営業の梃

入れや提携先の拡充等の施策により、広告販売は堅調に推移した。一方、体制基盤強化のた http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

7/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

め、同社より1名役員を派遣し、営業、管理オペレーション整備を実施したため販売費及び

一般管理費が増加した。

その他の事業

売上高:396 百万円(前期比 10.3%増)、営業損失:380 百万円(前期は営業損失 285 百万

円)

売上高は、電話占いが好調に推移したことに加え、第4四半期より旅行事業を営む株式会社

PINK が連結対象となった事による増加があったが、モバイルサイト開発受託や「前略プロフ

ィール」広告販売の減少により、前期比で微増となった。

過去の四半期実績と通期実績は、過去の財務諸表へ

http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

8/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

今期の会社予想

15年4月期予想

(百万円)

売上高

 前年比

売上原価

売上総利益

 前年比

 売上総利益率

販売費及び一般管理費

 売上高販売管理費率

14年4月期実績

上期

3,899

下期

4,256

-14.8%

1,233

2,666

-16.1%

68.4%

2,395

61.4%

-1.4%

1,526

2,729

-7.2%

64.1%

2,262

53.1%

通期

8,155

-8.3%

2,760

5,396

-11.8%

66.2%

4,656

57.1%

営業利益

 前年比

 営業利益率

経常利益

 前年比

経常利益率

当期純利益

 前年比

268

-70.5%

6.9%

253

-72.6%

6.5%

158

-73.4%

454

-11.5%

10.7%

500

-31.9%

11.7%

217

-32.4%

722

-49.2%

8.9%

752

-54.5%

9.2%

376

-59.0%

出所:会社データよりSR社作成

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

*売上総利益は返品調整引当金の調整額を除いて記載している。

会社予想

通期

7,500

-8.0%

-13

-

-

-

0

0

-

-

2015 年 4 月期は、売上高 7,500 百万円(前期比 8.0%減)、営業利益 0 百万円(前期は 722

百万円の営業利益)、経常利益 0 百万円(前期は 752 百万円の経常利益)、当期純損失 13 百

万円(前期は 375 百万円の当期純利益)を見込む。

2015 年 4 月期について同社は、目指す体制基盤を構築する年度と位置づけ、コスト管理の徹

底を図りながら必要な投資を積極的に行っていくとしている。

同社は、従来通期の業績計画に加えて、上期の業績計画も開示していたが、今期に関しては

通期計画のみの開示になっている。これは、今期はマーケティングの強化などにより、通期

の営業利益計画を 0 としている。このため、マーケティングのタイミングが少しずれただけ

でも、上期下期の利益計画のバランスが変わりうるために開示を控えたとのこと。四半期推

移のイメージは、第1四半期は利益を計上するものの、第2四半期以降はコスト負担の増加

により、利益の落ち込みを想定しているとのことである。ただし、来期に関しては、これら

の施策の効果により、業績の好転を想定している模様である。

同社は 2014 年 4 月期より、従来の広告集客モデルに代わるものとして、自社メディアの PV

数獲得を念頭に置いた集客強化策を推進してきた。この結果、2014 年 4 月期の自社メディア

の PV 数は 2,446 万となり、期初の会社の計画をほぼ達成した模様である。また、2014 年 4 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

9/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

月期の第 3 四半期にはスマートフォン向けコンテンツ収入が、FP 向けコンテンツ収入を初め

て上回った。

これを受けて、同社は 2015 年 4 月期からより踏み込んだ集客施策を打ち出している。同社

では自社メディアによる集客が従来の広告集客モデルに代わるためには、1 億件程度の PV 数

が必要とみている模様である。このため、2015 年 4 月期について同社は、目指す体制基盤を

構築する年度と位置づけ、コスト管理の徹底を図りながら必要な投資を積極的に行っていく

としている。

集客施策強化の一環として、同社は 2015 年 4 月期の期初に事業構造の見直しを実施した。

同社は F1 層(20~34 歳女性)や F2 層(35~49 歳女性)を対象として、様々なコンテンツ・

カテゴリーを用意している。2014 年 4 月期までの戦略では、同社はコンテンツ、カテゴリー

別に集客から課金までの施策を考え実行していたため、占いカテゴリーで集客したユーザー

は基本的に占いコンテンツで課金するなど、他のカテゴリー間でのシナジー効果が出にくい

体制であった。このため、同社ではカテゴリー間のシナジー効果を極大化し、F1・F2 層への

訴求効果を高めるために、今期からは、カテゴリー区分に代わって、機能別に、集客、分析

/誘導、課金の3区分に分けて運営する。

各機能別の戦略としては、集客機能では、集客メディア量産による更なる PV 数増加と、顧客

と親和性が高く質の高いメディアの構築を目指している。集客向けサービスでは、サービス

単位でのマネタイズは考えずに、とにかくユーザーを集めることに注力する。具体的には、

主に、F1 層や F2 層をターゲットとしたスマートフォンメディアを 2014 年 7 月以降毎月1

サービスオープンする。2015 年 4 月期には新規に 10 サービスオープンする計画である。

分析/誘導機能では、分析力を強化し、カテゴリーの枠を超えたレコメンドを行う。これによ

り LTV(顧客生涯価値:1 人 1 人の顧客がある製品や企業に対して付き合っている間に支払

う金額合計から、その顧客を獲得・維持するための費用合計を差し引いた「累積利益額」)の

向上と新規獲得コストの低減を目指す計画である。

課金機能では、既存コンテンツ・サービスのクオリティアップと高い客単価が狙える新規サ

ービスの提供を狙う。個別サービスごとに集客施策は考えず、質の高いコンテンツを開発す

ることに注力する。同社ではターゲットとする顧客層に対するサービスを、恋愛カテゴリー

(占いや恋愛ゲームなど)とママ向けカテゴリー(知育など)の軸に分類し、コンテンツや、

コマースの提供を進める計画である。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

10/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

中期見し及び、経営戦略

同社は、FP時代には占いを中心とした差別化戦略が奏功し、業績を拡大してきた。しかし、

スマートフォンの急速な普及に伴って、収益の主体である FP 向けのコンテンツ収入の減少が

続いており、戦略の転換を余儀なくされている。同社によれば、同社のコンテンツの品質が

悪くなったわけでも、ARPU(1 ユーザー当りの月次売上高)が下がったわけでもないとのこ

と。同社は、スマートフォンの急速な普及に伴い、従来のキャリア向け広告を主体とした集

客モデルの効果が薄れつつあることを問題視している。

このため、同社では、キャリア経由で行う広告集客モデルから脱却し、顧客に対する独自の

コンタクトポイントを確立しようとしている。その顧客へのコンタクトポイントを図る指標

として同社が注目しているのが同社が提供する独自メディアの PV 数である。このため、2014

年 4 月期からはユーザーに対するコンタクトポンイント拡充の一環として、PV 数の増加に注

力している。

同社が目指す姿

出所)会社資料 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

11/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

事業内容

ビジネス概要

同社は占いを中心としたデジタルコンテンツ配信を主力事業とするインターネット企業であ

る。同社では、このコンテンツ提供を通じ、ユーザーの属性、利用履歴、行動履歴から、嗜

好性、心理・行動傾向をパターン化し分析すること(CRM)を強みとし、これらデータベー

スを活用しユーザーに合ったコンテンツや商品・サービスをメルマガ・リンク等を活用し訴

求する手法を用いてビジネス展開している。

*CRM:Customer Relationship Management の略、顧客管理。

設立当初は、(株)NTT ドコモ(東証 1 部 9437)の i モードサービスの開始(2000 年)に

伴い、様々なコンテンツの配信を行っていた。マザーズに上場(2005 年 5 月に上場)する意

思決定を下した際に、事業戦略を明確化し、占いコンテンツを軸に事業を展開していくこと

にした。占いコンテンツをビジネスドメインにした背景は、①日常の悩みや関心(恋愛、金

運、仕事など)を題材とした運勢は毎日変化するため、ユーザーに毎日閲覧する動機を与え

る、②占いユーザーは自分の属性等の正確なデータを入力することになるため、そのデータ

ベースが占い以外の事業のマーケティングに有効であることが挙げられる。

*占いとは、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することをいう。

大まかな占術の分類として、易やタロットのような偶然性を用いる方法をト術、占星術や四柱推命などの先天

的要素(誕生日)によって全体的な運勢を占う占術を命術と呼んで区別し、同社の占いサイトでは幅広いジャ

ンルを扱っている。

同社の事業領域は、コンテンツ事業、コマース関連事業、海外事業、その他事業からなり、

セグメント別売上構成比は、各々69%、20%、6%、5%(2014 年 4 月期)となっている。

セグメント別業績 1 0 年4 月期 1 1 年4 月期 1 2 年4 月期 1 3 年4 月期

( 百万円)

売上高

コンテンツ事業

コマース関連事業

海外事業

その他事業

連結

8,828

2,085

312

連結

8,920

2,640

253

連結

7,911

1,811

366

連結

6,741

1,649

141

359

営業利益

コンテンツ事業

コマース関連事業

海外事業

その他事業

3,526

187

3,786

93

3,234

-85

2,536

-71

-1

-285 -1 42 128

出所:会社データよりSR社作成

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

**セグメント売上高および営業利益は連結調整前の数字

1 4 年4 月期

連結

5,644

1,620

495

396

1,948

-164

-78

-380 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

12/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

ビジネスモデル

コンテンツ事業

同社は従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)・スマートフォンといったモバイル及び PC

向けに提供するコンテンツの企画制作・開発・運営を行っている。主に同社グループが提供

するコンテンツは、キャリア(携帯電話事業者)及び ISP(インターネットサービスプロバイ

ダー)の公式コンテンツ(キャリア及び ISP が審査を行い、承認したコンテンツのこと)と

なる。

*フィーチャーフォンとは、通話機能を主体とし、その他にカメラやワンセグをはじめとする機能を搭載

している従来型の携帯電話のこと。

*スマートフォンとは、iPhone や Android に代表される、パソコンと同等の機能を持ち合わせた多機能

携帯端末のこと。

ユーザーの集客方法は、純広告*・アフィリエイト広告*など。その後会員登録を行ってもら

い、日々コンテンツを配信する。コンテンツには無料コンテンツと有料コンテンツがある。

無料コンテンツの役割は集客の入り口のためのコンテンツであり、サービス利用後に有料課

金会員として登録に至るのが理想である。一方で、最初から有料課金会員として登録するユ

ーザーもいる。

*純広告: インターネット広告において、特定のアドネットワークを経由せずに指定の媒体に掲載される

広告を意味する。

*アフィリエイト広告:成果報酬型のインターネット広告。アフィリエイトプログラムを導入し、そのプ

ログラムに掲載先として参加しているアフィリエイトサイトやメールマガジンに広告を掲載してもら

い、商品購入などの最終成果またはクリックが発生した件数に応じて広告費用を支払う。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

13/44

ザッパラス(3770)

コンテンツ事業取引の流れ

SR Research Report

2014/7/3

出所:同社資料よりSR社作成

フィーチャーフォンでは、月額利用料(300 円)をキャリアが通信料と併せてユーザーに請

求する。

一方スマートフォンのビジネスモデルはフィーチャーフォンとはやや異なり、月額課金と個

別課金(従量制)からなる。個別課金は多数の占いコンテンツジャンルのアプリの企画・配

信を行っており、アイテム・各メニューの利用量に応じた従量課金となっている。iPhone(App

Store*)や Android(GooglePlay*)を経由して販売すると、Apple や Google に手数料を

支払うこととなる。ユーザーの会員登録に至る経緯の内訳としては、自然流入(フィーチャ

ーフォンからの会員+自ら同社サービスにアクセスし会員となる)によるケースと、CRM(メ

ルマガ・リンク等)と、純広告・アフィリエイト広告経由、ソーシャルメディアや口コミと

に分けられる。

*App Store: iPhone 向けアプリのダウンロードサービス

*GooglePlay:Android 向けアプリのダウンロードサービス

。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

14/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

スマートフォンへの流入状況

純広告・アフィリエイト広告

アプリマーケット

ソーシャルメディア・口コミ

その他(自発的)

リンク・メルマガ等

出所:ヒアリングをもとにSR社作成

広告経由

自然流入

CRM

スマートフォン

別課金となっている。コンテンツの価格帯は携帯電話と比較し高めのようである。ヤフー(株)

への手数料に加え、クレジットカード決済となっているため回収手数料が発生(クレジット

会社へ)する。

同社の主要ユーザーは主に F1 層(20~34 歳の女性)であり、ユーザーの利用パターンとし

ては、例えば占いコンテンツの場合、何かの「きっかけ(仕事や恋愛における悩みなど)」で

登録し利用を開始する(対価を支払う)。ユーザーは複数のサイトを積極的に回遊する傾向が

あり、その「きっかけ」が解決されるなど一定期間利用したのち、多くのユーザーが一度利

用を中断してしまうものの、別の「きっかけ」が生じると再び、利用を再開するケースも多

いという。

同社は、ユーザーの LTV(Life Time Value の略、顧客がその企業に対して将来的にもたらす

利益のこと)の向上を目指している。スマートフォンでは、多くのユーザーが個別課金を利

用しており、各アイテムの単価は平均して月額 300 円の課金単価を上回っている模様である。

因みに対面式の占いでは、著名占い師に対する報酬は高額になると 1 時間数万円にものぼる

ようだ。それと比較すると、占いコンテンツは割安な価格となる。

主要の占いコンテンツサイトとしての差別化は、①どのような占い師を抱えているか、②ユ

ーザーフレンドリー(読みやすい)なテキストメッセージを配信しているか、③コンテンツ

を量産するしくみ、運営するしくみが出来ているか、が重要と同社はコメントしている。監

修者については、メディアに露出し始めた占い師に営業を掛けて業務契約を結ぶのが一般的

だが、駆け出しの占い師をプロモーションすることもある。これらは監修者営業と呼ばれ、

雑誌などを地道にチェックし占い師に接触している。また、メディア露出の高い著名占い師

は当然のことながら人気があり、占い師自身のブランド力で集客が可能なため、人気占い師 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

15/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

を含め多くの占い師を囲い込みことは重要である。一方、占い師も自らの売上を増やすには、

より会員数の多い運営会社と提携した方が有利であり、大手企業、会員数の多い運営サイト

との提携を好む傾向があり、規模が一つの参入障壁、差別化要因とも言える。また、占いは

毎日運勢が変わるため、日々アップデートされる。そのため、テキスト作成は重要である。

毎日のようにコンテンツとなる文章(日々の運勢)が更新されているが、アルゴリズムによ

り、変数(ユーザー属性)分析はパターン化されており、1 カ月程度の分量が事前に準備され

ているようだ。各占い師が鑑定した結果を社内のライターが忠実に表現したテキストにおこ

し、その内容を占い師が監修している。2014 年 4 月の占いコンテンツランキングによると、

同社の占いサイトは上位を占め、総じてユーザーから高い評価を得ていることがわかる。

スマートフォン占いサイトランキング  ( 2 0 1 4 年4 月現在)

西洋占い

1 今日の運勢DX

2 365誕生日大占術

3 石井ゆかりの星読み

4 恋愛の神様DX

5 最後の琉球ユタはる

6 鏡リュウジ占星術

7 血液型相性診断

8 HAPPY!占い

9 ジョンヘイズ英国占星術

10 運命の恋占い

東洋占い

1 細木数子六星占術

2 スマート占いDX

3 ゲッターズ飯田の占い

4 島田秀平手相占い

5 奇跡の力◆上地一美

6 七曜姓名鑑定

7 安斎流開運鑑定

8 新宿の母

9 橋本京明ラスト陰陽師

10 銀座の母◆横田淑恵

診断・心理

1 ☆江原啓之☆

2 ゲッターズ飯田流

3 開運夢診断

4 動物占い

5 大人の関係

6 動物キャラナビ

7 青森の神様◆木村藤子

8 男子脳×女子脳

9 香山リカ深層心理学

10 スピリチュアル夢診断

同社提供のコンテンツ

占い以外のコンテンツにおいては、20 代~30 代の女性を中心としたユーザーに向けて「デ

コメ」、「待受」、「ライフスタイル」等のモバイルコンテンツを提供している。デコメとは、

デコレーション(装飾)されたメール。メール本文の文字に着色したり、メールに文字以外

の静止画像やアニメーション画像を利用することができ、フィーチャーフォンでは頻繁に利

用されていたコンテンツであるがスマートフォンの普及によって、成長が鈍化し始めている。

待受とは、主にモバイルで、何の操作もしていない待機状態のときに表示される画面。多く

の場合、背景となる画像(壁紙)を主として、時刻表示やカレンダーなどを表示できるよう

になっている。このように、待ち受け時間中に常に起動させておくタイプのアプリケーショ

ンは待受アプリと呼ばれる。「ライフスタイル」では、「レシピ」、「美容」などといったコン

テンツがある。「ライフスタイル」では占いコンテンツビジネス同様、監修者を付けており、

例えばレシピでは著名料理人川越達也氏などのプロの料理人や料理研究家が監修者となって

いる。

同社の多ジャンルにおよぶコンテンツ展開の狙いは、顧客の多様なニーズに対応することと、

CRM ノウハウを活用することで、顧客に合ったコンテンツ・商品をメルマガ・リンク等を活

用し訴求することで、LTV を最大化することである。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

16/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

具体的には、登録情報(性別、年齢、職業、趣味)やサイトの利用状況(利用履歴、行動履

歴)から顧客一人一人の心理傾向、行動傾向、趣味嗜好をパターン化し分析することにより、

女性に人気のコンテンツ(占い、デコメ、待受、ライフスタイルなど)をメルマガ・リンク

等を活用し訴求している。

同社コンテンツ内における回遊モデル

出所:同社資料をもとにSR社作成

スマートフォンの普及に伴って、フィーチャーフォンの月額課金会員数は減少傾向にあるが、

スマートフォンの月額課金会員数は、月額課金サイト数の増加や新メニューの充実(主要事

業の主な商品の項を参照)に伴い着実に拡大し、スマートフォンの売上高はコンテンツ全体

の半分強に上昇している(2014 年 4 月期第 4 四半期時点)。

同社コンテンツ事業の売上原価は、労務費、ロイヤリティ、外注費、その他で構成され、同

事業の売上原価率は 24.4%と低く、高収益事業である(2014 年 4 月期)。占い結果は基本的

にテキストで配信されサーバー負荷が軽く、プログラミングにより内容を自動更新・配信す

るため運営費が安い。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

17/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

コンテンツ事業の費用内訳(20144月期)

6.2%

労務費

ロイヤリティ

3.0%

34.5%

12.5%

9.4%

原価

5.3%

3.5%

2.2%

23.1%

販管費

外注費

その他

人件費

広告宣伝費

回収代行手数料

その他

営業利益

*ロイヤリティには監修ロイヤリティの他、運営業務委託先のレベニューシェアも含まれている。

出所:同社資料よりSR社作成

広告宣伝費が販売管理費の大部分を占め 2014 年 4 月期では対売上高比 23.1%となっている

が、同社によれば、会員一人当たり取得コスト(コンテンツ事業の広告宣伝費/月額課金会員

数)は意識して一定に留めている。一方、スマートフォンでは同取得コストはフィーチャー

フォンよりもやや高めになっていると SR 社では推測している。

コマース関連事業

(百万円)

3,000

2,500

2,000

1,500

1,000

500

0

1,570

1,655

コマース事業売上高推移

2,640

1,938

2,085

1,811

1,649

1,620

出所:同社資料をもとにSR社作成 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

18/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

コマース関連事業の売上高は 16.2 億円(2014 年 4 月期)、連結売上高の約 20%を占める。

同社はコマース関連事業に関して、ポートフォリオの見直しを行い、(株)ジープラス(携帯

電話の販売)を 2012 年 4 月期第 3 四半期において営業譲渡。そのため、2012 年 4 月期の

同セグメントの売上高は減少している。

またモバイルコマースは、商品群から利用者が検索して希望商品を購入する「来店型」の通

信販売から、同社の顧客それぞれに対して、商品を推奨する「提案型」の通信販売への転換

を行っている。具体的に「提案型」とは、同社の運営するサイト「藤巻百貨店」に代表され

るように、趣味性の高い商品においてカリスマ性が高く目利きのある専門家が厳選して、提

案するというモデルである。商品が未だ決まっていないユーザー向け(専門家の提案を参考

にしたい人)のサイトといえる。同社には細かくセグメント化された会員情報があり、その

会員に対して高付加価値かつ独自性が高く、ユーザーに適切な商品を提案していくという「提

案型」ビジネスにコマース関連事業をシフトさせている。

出所:藤巻百貨店webサイト

http://fujimaki-select.com/

http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

19/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

藤巻幸大氏:伊勢丹においてカリスマバイヤーとして注目され、「バーニーズ・ジャパン」、「解放区(伊

勢丹のコンセプトショップ)」、「リ・スタイル(伊勢丹によるセレクトショップ)」等の事業やブランド

の立ち上げを担当した。独立後はアパレル会社や福助(株)の代表取締役等を経て、同社が買収した(株)

ビーバイイーの社外取締役であったことから、ビジネスとしての関係が生まれた。

同社のコマース関連事業、例えば「藤巻百貨店」では、メイドインジャパンの商品にこだわ

っており、職人気質が高く数量が限られている商品群は一度同社に納品されてから顧客に発

送される。一方、同社は物流機能を持たず、比較的数量の多い商品群は直接生産業者から発

送されるようだ。いずれの場合も「藤巻百貨店」の商品として発送される。ユーザーはクレ

ジットカードで決済し、仕入れ代金が生産業者に支払われ、残りが「藤巻百貨店」の利益と

なる。商品は受注してから発注を行う形式が多く、ほぼ在庫リスクはない。

「藤巻百貨店」では、取扱商品数 500 点以上を扱っており(2014 年 6 月末時点)、同社によ

ると多くがメイドインジャパンにこだわった逸品であるため商品単価は高めのようだ。早期

に「藤巻百貨店」を一つの成功モデルとして確立し、新たなジャンル(例えば、ベビー用品

を扱うママ向けのサイトなど)へと展開を広げていく計画である。また現時点では、同社は

在庫リスクをとっていないが、将来的には自社でマーチャンダイジング(商品政策)を行う

ことで利益率を高めていくことも次のステップとして考えている。

コマース関連事業(20144月期)

-10.1%

商品原価

荷造運搬費

17.2%

原価

52.4%

その他

4.1%

人件費

広告宣伝費

3.3%

8.5%

販管費

支払手数料

地代家賃

その他

19.3%

営業利益

0.2%

1.9%

*支払手数料には販売手数料及び代引手数料を含む。

出所:同社資料よりSR社作成

コマース関連事業の費用項目としては、商品原価が大きい。2014 年 4 月期末時点においては、

初期費用などの先行投資・費用が嵩んでおり、利益は出ていない。なお、同社の人気コマー

スサイトである『藤巻百貨店』はプロデューサーである藤巻幸大氏が 2014 年 3 月に逝去し http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

20/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

たことに伴い、一定期間 FB 更新停止していた。この影響により 2014 年 4 月期第 4 四半期

の売上が一時的に減少がしたが、全体への影響は軽微であったとのこと。2014 年 5 月末より、

この FB 更新は再開している。同社によれば、藤巻氏のスタイルを踏襲して、このサイトは今

後も継続するとのことである。

海外事業およびその他事業

海外事業では、米国に拠点を置く当社 100%子会社である Zappallas,Inc.(U.S.)が占いコン

テンツビジネスを展開している。この米国での占いコンテンツビジネスは主に広告収入を収

益源に展開している。一方、その他の事業については、モバイルサイト開発受託や電話占い

の運営のほか、広告販売や有料コンテンツへの送客を目的とした無料サイトの運営などを行

っている。

その他事業の主なコンテン

電話占い

ロバミミ

ロバミミのサービスはグチ・相談・占いの3つである。電話を介して、誰にも相談できな

かったもやもやをキキジョウズ(不満や悩みを聞くプロ.経験に基づくアドバイスもする.)や

占い師に話すことができる..

無料メディア i無料占い 恋愛や結婚についての悩み…。人生や仕事に関する問題など、心配や不安を取り去る

解決のヒントに、人気の無料占いコンテンツを多数提供している。

出所:同社資料よりSR社作成 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

21/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

主要事業の主な商品

同社は、ユーザーが複数のサイトを回遊する行動特性に着目しサイト数を拡大させてきた。

現在(2014 年 6 月時点)では、F1層から F2 層を中心としたユーザー向けにサービス・商

品を提供している。

コンテンツサイト例

占い

奇跡の力◆上地一美

テレビ番組でも、数々の悩みを解決へと導き話題となった、奇跡の力を持つ未来鑑定師

上地一美初が相談者の潜在意識を見通し、悩みの根源を解明してくれる携帯占いサイ

ト。

365誕生日大占術

まったく同じ星座や血液型の人同士でも、生まれた日によって運命も性格も異なる。本

サイトは、生まれ日から、自身の持つ価値を全て占う。

タロット占い

神秘の力、タロットの世界。大人気!シリーズ累計380万ダウンロードの人気を誇る、

「タロット占い(TAROT READING)」の無料版!

知育ゲーム

キッズドクター 病院とお医者さんをテーマにした知育ゲーム。

恋愛ゲーム

エターナルリング PLUS 無料版女性向け恋愛シュミレーションゲーム。200万人が恋したオトナの恋愛ゲームが

アプリに!

出所:同社資料よりSR社作成

コンテンツ事業では、

2012 年 6 月よりザッパラスの占いコンテンツのサービス・ブ

ランドとして「 cocoloni」を策定、占いコンテンツと言えば「cocoloni」とユーザー

が想起・認知するブランド育成を図っている。

2012 年 8 月には、「占い」と「恋愛」

の読み物をコラボ(連携)させたサイト「 cocoloni PROLO(ココロニプロロ)」の提

供を開始し、

出所:同社資料より

コマースサイトは、スマートフォン・PC 向け「藤巻百貨店」の他「cuna select(クーナ・

性向けアパレルの定額制オンラインショッピングサイトなどの計 3 サイトの運営をしている。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

22/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

コマースサイト例

藤巻百貨店

バッグ、財布、革小物、衣服、食器、食品など、ジャンルの垣根を越えて選び抜かれた珠

玉の逸品のみを販売するオンラインショップ。商品の成り立ちや歴史、製作者のこだわり

など、商品ひとつひとつが持つストーリーと共に紹介している。 cuna select

STYLEST

妊婦や出産してからも、「同じ目線や感覚のまま商品を選ぶことができる」をコンセプトに

誕生したショッピングサイト。出産祝いや内祝いに最適なオーガニックなギフトなどを取り

揃えている。

「STYLEST」は海外で話題の「選べる定期購入型オンラインショップ」。しかも選べるアイ

テムはトップスタイリストの本格コーディネートに使用したもの。最旬アイテムをHappyPrice

でGETできる。

出所:同社資料をもとにSR社作成

収益性分析

収益性

( 百万円)

売上総利益

売上総利益率

1 0 年4 月期

連結

7,580

67.5%

1 1 年4 月期

連結

7,800

66.0%

1 2 年4 月期

連結

6,861

68.0%

営業利益

営業利益率

EBITDA

EBITDA マージン

利益率(マージン)

財務指標

総資産利益率(ROA)

自己資本純利益率(ROE)

総資産回転率

在庫回転率

在庫回転日数

運転資金(百万円)

流動比率

当座比率

営業活動によるCF/流動負債

負債比率

3,016

26.9%

3,259

29.0%

13.7%

19.5%

25.5%

1.43

250.4

1.5

1,454

338.4%

334.3%

3,073

26.0%

3,528

29.9%

13.8%

19.9%

25.7%

1.45

128.5

2.8

1,971

393.4%

388.0%

2,584

25.6%

2,909

28.8%

15.7%

営業活動によるCF/負債合計

キャッシュ・サイクル(日)

運転資金増減

出所:会社データよりSR社作成

0.14

-56.5%

0.14

18.3

-280

0.96

-58.9%

0.93

25.8

517

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

*売上総利益は返品調整引当金の調整額を除いて記載している。

*負債比率はネットデットを使用している。

1.03

-52.3%

1.18

39.3

-185

17.4%

21.3%

1.11

89.3

4.1

1,786

537.7%

529.8%

1 3 年4 月期

連結

6,118

68.8%

1,423

16.0%

1,998

22.5%

10.3%

9.4%

11.3%

0.91

58.8

6.2

1,460

620.0%

595.1%

1.23

-40.0%

0.86

42.1

-326

1 4 年4 月期

連結

5,396

66.2%

722

8.9%

1,288

15.8%

4.6%

3.7%

11.3%

0.81

34.3

10.6

1,276

581.9%

567.2%

1.16

-46.6%

0.79

38.5

-184 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

23/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

SW(Strengths, Weaknesses) 分析

強み(Strengths)

高い収益力:同社は「占い」を中心にコンテンツを量産する体制を構築し、オペレーシ

ョンを標準化することにより、サイトを効率的に運用してきた。設備投資は少なく済み、

従ってフリーキャッシュフローは安定してプラスで推移している。こういった高い収益

力と財務の健全性は、今後の新規投資やM&A実施などの際に有利に働く上、外部環境の

悪化への耐久性の高さを示すだろう。

F1層(20~34歳女性)からの高い支持:同社のコア会員層は、20代から30代の女性と

いう可処分所得の多いセグメントである。そしてこのF1層の豊富な登録データと強固な

会員基盤、CRMノウハウがあり、この消費旺盛なセグメントに即したビジネス展開がで

きる。

監修者に対するブランド力:同社は、占い師や料理人など監修者に対する訴求力が強い。

監修者は自らの売上を増やすには、より会員数の多い運営会社と提携した方が有利であ

り、大手企業、会員数の多い運営サイトとの提携を好む傾向がある。運営サイトとして

も、監修者のブランド力で集客が可能なため、人気監修者の囲い込みは重要である。

弱み(Weaknesses)

レガシープラットフォームへの依存が高かった:同社は、フィーチャーフォンにおいて

占いコンテンツ市場の高いマーケットシェアを保持していた。このことは、強みでもあ

る反面、スマートフォンという新たなプラットフォームが普及しつつある現在(2013年

4月期以降)において、同社は人材強化を含めビジネスの再構築を強いられている。過去

のトラックレコードを鑑れば、同社がスマートフォンにおいても高いシェアを保持して

いく可能性は高いが、現時点においては試行段階である。

既存事業がニッチ市場へ特化:同社が現行のポジションを築く上で、プラスに寄与した

ニッチ市場への特化は、逆にいえば、同社の専門性が特定分野に絞られていることであ

る。新規事業を立ち上げる際には、その専門性を活かしきれるか否かは現段階では不透

明さを残し、コマース関連事業は2013年4月期までのところ収益寄与は限定的である。

既存事業が国内市場に依存:国内市場においては成長余地が限られている一方、海外市

場には同社の国内での成功モデルやノウハウを活用していけば大きなポテンシャルがあ

ると考えられ、同社はその展開に着手した。一方、同社は2012年4月期までは国内市場

に依存していたため、海外展開に関しては現地の情報や言語の問題など、クリアしなけ

ればならない点も多い。2012年12月に買収したDaily Insight Groupを軸に海外展開を

図っている点は、正しい戦略として評価できよう。大々的に成功できるか否かはまだ不

透明な状態であるが、2013年6月時点では順調に推移しており、今後の展開が期待され

る。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

24/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

市場とバリューチェーン

マーケット概略

スマートフォンの急速な普及に伴いモバイルコンテンツを取り巻く環境は大きく変化してい

る。総務省が 2013 年 8 月に公表した「2012 年モバイルコンテンツの産業構造実態に関する

調査結果」によれば、モバイルコンテンツとモバイルコマースからなるモバイル関連市場の

2012 年の市場規模は前年比 23.3%増の 2 兆 3,507 億円。下図にみられるように、とりわけ

スマートフォン向けモバイル市場の拡大に牽引され、全体の市場規模も順調に拡大している。

20,000

モバイルコンテンツ及びモバイルコマース市場規模の推移

( 億円 )

25,000

モバイルコンテンツ市場(フィーチャーフォン)

モバイルコンテンツ市場(スマートフォン)

モバイルコマース市場

19,061

23,497

16,550

15,000

13,524

15,206

14,987

11,601

11,716

10,000

5,000

9,307

5,641

7,329

8,689

9,681

10,085

806

3,717

6,465 6,539

3,666

4,272

4,835

5,525

4,793

0

2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012

モバイルコンテンツ市場

モバイル関連市場のうち、2012 年のモバイルコンテンツ(フィーチャーフォン市場、スマー

トフォン等市場)の市場規模は前年比 15.9%増の 8,510 億円であった。内訳をみると、フィ

ーチャーフォン市場が同 26.7%減の 4,793 億円であったが、スマートフォン等市場が同 4.6

倍増の 3,717 億円であった。スマートフォンの普及に伴い、コンテンツ市場も既存のフィー

チャーフォンからスマートフォンへのシフトが加速していることが見て取れる。

同調査によれば、2013 年のモバイルコンテンツ関連市場は、スマートフォンの普及によって

市場に大きな変化が顕在化した年であったとのこと。同調査では、モバイルコンテンツ市場

において、フィーチャーフォン時代のキャリア公式サイトにおける月額課金モデルからスマ

ートフォンの iOS と Android に代表されるグローバル OS 上での多様なプラットフォームモ

デルへの転換が進展したと報告している。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

25/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

同調査によれば、2012 年のフィーチャーフォン向けの占いコンテンツの市場規模は前年比

32.2%減の 122 億円、構成比は同 0.3 ポイント減の 2.5%であった。同市場における同社の

シェアは 30%前後であったとみられる。

フィーチャーフォン占い市場規模推移

(億円)

250

200

200

182

191

185

180

150

122

100

50

0

2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年

出所)総務省 モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果をもとにSR社作成

同調査では、フィーチャーフォン市場とスマートフォン等市場ではデーターの集計方法が異

なっている。このため、スマートフォン向けモバイルコンテンツ市場の内訳については、4

つの分類(ゲーム・ソーシャルゲーム等市場、動画・映像配信市場、音楽コンテンツ市場、

その他)で開示しており、占いコンテンツの動向については言及していない。ただし、現在

のスマートフォン市場向けコンテンツの拡大の拡大はゲーム・ソーシャルゲーム等の市場の

隆盛が大きく寄与していると結論付けている。

モバイルコンテンツ(スマートフォン等)市場の内訳

分 類

ゲーム・ソーシャルゲーム等市場

動画・映像配信市場

音楽コンテンツ市場

2011年 2012年 前年比

481

-

-

2607 442.0%

262

198

-

-

説 明

オンラインゲーム、SNS等での課

金コンテンツ。アバター、アイテ

ム等購入可能な道具類を含む。

スマートフォン等で利用可能な動

画、映像配信コンテンツ

スマートフォン等で利用可能な配

信された音楽コンテンツ

その他

合計

325

806

650 -

3717 361.2%

出所:総務省 モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

26/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

一般的には、スマートフォンユーザーの方がコンテンツの利用頻度やコンテンツ単価が高い

と見られている。SR 社では、占いコンテンツは女性を中心に根強いコンテンツであるが、同

社の売上動向を見る限りスマートフォンユーザーのニーズを十分に取り込めていないと思わ

れる。このため、スマートフォンのユーザーの基盤が拡大あわせて、如何に占いコンテンツ

へをユーザーに訴求するかが今後の鍵になると見られる。

コマース市場

モバイル関連市場のうち、2012 年のモバイルコマースの市場規模はサービス系市場の拡大が

大きく寄与し前年比 28.0%の 14,997 億円であった。内訳をみると、物販系市場が同 17.8%

増の 6,878 億円、サービス系市場が同 47.8%増の 6,281 億円、トランザクション系市場が

同 12.9%増の 1,838 億円といずれの市場も順調に拡大している。同調査では、モバイルコマ

ース市場は。PCと同等の表現力を持ち、携帯電話と同様に時と場所を選ばず簡便に利用で

きるスマートフォンの増加により、ユーザー層、利用シーンともに広がり順調に拡大してい

るとしている。

モバイルコマース市場の内訳

( 億円 )

16,000 14,997

トランザクション系市場

14,000 1,838

12,000

10,000

8,000

サービス系市場

物販系市場

8,689

9,681

1,542

10,085

1,584

11,716

1,628

6,281

7,329

1,422 4,249

6,000

1,231

3,891

4,109

3,497

4,000

2,806

5,839

6,878

2,000

3,292

3,770

4,248

4,392

0

2007 2008 2009 2010 2011 2012

出所)総務省 モバイルコンテンツの産業構造実態に関する調査結果をもとに SR 社作成 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

27/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

顧客

コンテンツ事業においては F1・F2 層(20 代から 40 代ばの女性)の顧客が主要セグメント

であり、全体の 7~8 割を占める。

サプライヤー

占いコンテンツにおいてのサプライヤーは監修者である占い師となる。同社の委託先となる

占い師は 100 名を超える。メディア露出の高い著名占い師は当然のことながら人気があり、

人気占い師を含めた数多くの占い師の囲い込みは重要である。

コマース事業におけるサプライヤーは、商品を供給している生産業者となり、食料品から衣

料品まで幅広いジャンルとなる。

参入障壁

監修者は、会員数の多い運営サイトとの提携を好む傾向があり(自らの収入に結び付くため)、

企業規模が監修者の囲い込みに有効であり、参入障壁、差別化要因となっている。

一方、コマース関連事業における参入障壁は低い。このことは同社も十分認識しており、価

格訴求ではなく提案型の商品展開で差別化を図っている。

競合環境

同社および「2011 年モバイルコンテンツ関連市場規模調査」によると、同社はモバイル占い

コンテンツ市場において 30%前後の市場シェアを誇る。競合先としては、(株)メディア工

房(東証マザーズ 3815)、(株)エムティーアイ(ジャスダック 9438)、未上場では、(株)

ポッケ((株)ベルシステム 24 の子会社)などが挙げられる。メディア工房は占いコンテン

ツの専業として事業展開しているが、売上規模は同社の 1/4 程度(2012 年度)である。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

28/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

過去の財務諸表

2014 年 4 月期第 3 四半期業績

2014 年 3 月 7 日、同社は 2014 年 4 月期第 3 四半期決算および、通期業績予想の修正を発

表した。

2014 年 4 月期第 3 四半期業績の内容は、以下の通りである。

2014 年 4 月期第 3 四半期累計業績では、売上高は 5,812 百万円(前年同期比 12.3%減)、

営業利益 459 百万円(同 61.7%減)、経常利益 500 百万円(同 62.7%減)、当期純利益 319

百万円(同 73.4%減)となった。このうち、第 3 四半期単独(2013 年 11-2014 年 1 月)

の売上高は 1,912 百万円、営業利益は 190 百万円となり、第 2 四半期(2013 年 8-10 月)

比では売上高が 5.2%減、営業利益が 4.3%増となった。

第 3 四半期の売上高が減少したのは、子会社 BxE の卸売上の減少と、コンテンツ事業におけ

る FP(フィーチャーフォン)会員数の減少によるものである。ただし、FP 向けを中心に広告

宣伝費等のコストが減少したことにより、営業利益では増益となった。

第 3 四半期単独の部門別動向をみると、コンテンツ事業の売上高は 1,413 百万円(第 2 四半

期比で 3.7%減)、セグメント利益は 503 百万円(同 17.8%増)となった。

同セグメントでは FP 向け売上から SF 向け売上へのシフトの動きが継続している。セグメン

ト売上は、FP 会員数の減少が影響し、減収となった。ただし、2014 年 3 月期 3Q の SP 売

上高は初めて FP 売上高を上回っており、今後のモメンタム改善が期待される。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

29/44

ザッパラス(3770)

コンテンツ事業デバイス別売上(百万円)

SR Research Report

2014/7/3

出所)会社資料より SR 社作成

同社はスマートフォン集客の基盤づくりのために、ユーザーへのコンタクトポイント(主要

メディアの PV(ページビュー)や facebook いいね!数)の拡大に注力している。昨年から

相次いで立ち上げてきた女性向けサイトが着実に浸透しつつあり、2014 年 1 月末の主要メデ

ィアの PV 数は 2013 年 10 月比で約 1.6 倍の約 1,100 万となった。また、facebook いいね!

数も同 2 倍強の約 70 万件に達している。また。スマホアプリなどの売上増により、個別課金

比率も上昇しており、FP から SF へのシフトの動きは着実に進んでいる。

費用面ではデータセンター移管により通信費等その他経費(原価)が減少。また、広告宣伝

費(主に FP 向け)が減少したことにより営業利益が増加した。

ZAP 主要メディア PV 数(PV)

facebook いいね!数(いいね!)

出所)会社データより SR 社作成

* 期間は 2013 年 4 月~2014 年 1 月 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

30/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

** 主要メディア PV 数は i 無料占い(PC/SP)と cocoloniPRORO(PC/SP)の合計である。

*** facebook いいね!数は i 無料占いと cocoloniPRORO の facebook いいね!数の合計である。

コマース関連事業の売上高は 308 百万円(同 16.1%減)、セグメント損失は 75 百万円(第

2四半期は 68 百万円の損失)となった。

同事業の傘下にあるナチュラルコスメの卸・小売業を手掛ける BxE では、新製品(シャンプ

ーなど)の投入の遅れで卸売上が減少した。また、E―コマース事業では、「藤巻百貨店」や

「スタイレスト」の売り上げ拡大傾向は続いているが、既存のモバイルコマースサイトの減

収が続いている。この結果、利益面でも赤字幅が拡大する結果となった。

なお、女性向けのファッションサイト「スタイレスト」は高い伸びが継続しているもよう。

一方、「藤巻百貨店」の伸び率は、規模拡大や広告費養成などによって、鈍化傾向にある。し

かしながら、絶対額レベルでは安定的な成長が続いており、売上高は約 90 百万円(第2四半

期は 86 百万円)となった。

海外事業の売上高は 133 百万円(第 2 四半期比で 6.5%増。為替調整ベースでは 8.9%増)、

セグメント損失は8百万(第 2 四半期も 8 百万円の損失)となった。

同事業では、体制基盤強化のためのスタッフの増員に加えて、営業、管理のオペレーション

整備を期初から継続して実施している。このため、広告販売の増加により、売上高は増加し

たがセグメント損失は同水準にとどまった。

2014 年 4 月期第 2 四半期業績

2013 年 12 月 6 日、同社は 2014 年 4 月期第 2 四半期(上期)決算を発表した。尚、通期の

会社計画に変更はない。

2014 年 4 月期第 2 四半期累計(上期)の売上高は 39.0 億円(前年同期比 14.8%減)、営業

利益 2.7 億円(同 70.5%減)、経常利益 2.5 億円(同 72.6%減)、当期純利益 1.6 億円(同

73.4%減)となった。

このうち、第2四半期単独(2013 年 8-10 月)の売上高は 20.2 億円、営業利益は 93 百万

円となり、第1四半期(2013 年 5-7 月)比では売上高が 7.2%増、営業利益が 46.9%減と

なった。第 2 四半期の売上高が増加したのは、コマース関連事業の売上増と、減収基調にあ

ったコンテンツ事業の下げ止まりによるものである。ただし、コンテンツ事業の積極的な広

告宣伝や人件費などの先行費用がかさんだため、営業利益は減益となった。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

31/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

上期の部門別動向をみると、コンテンツ事業の売上高は 29.4 億円(前年同期比 16.3%減)、

セグメント利益は 10.2 億円(前年同期比 28.7%減)となった。

ただし、減収の主因であるフィーチャーフォン向けサービスの売上減少幅は徐々に縮小して

いる。一方、スマートフォン向け売上は着実に増加しており、四半期ベースでは、第 2 四半

期のコンテンツ事業の売上高は第1四半期並みの水準にとどまった。

また、同社はスマートフォン集客の基盤づくりのために、ユーザーへのコンタクトポイント

(主要メディアの PV(ページビュー)や facebook いいね!数)の拡大に注力している。昨

年から相次いで立ち上げてきた女性向けサイトが着実に浸透しつつあり、2013 年 10 月末の

主要メディアの PV 数は半年前の2倍強の約 700 万となった。また、facebook いいね!数も

7倍強の 35 万件に達している。

コマース関連事業の売上高は 6.2 億円(前年比 34.0%減)、セグメント損失は 1.6 億円(前

年同期は 1.4 百万円のセグメント利益)となった。

コマース関連事業の上期減収の主因は、既存のモバイルコマースサイトの売上減少傾向継続

によるものである。ただし、第2四半期の売上高は、第 1 四半期比で 1.5 倍となった。これ

は新製品の発売で、ナチュラルコスメを扱う E コマースサイトの「B×E」の卸売上が増加し

たためである。また、前年度より開始したEコマースサイト「藤巻百貨店」も伸び率は鈍化

傾向にあるが、四半期ベースでは未だ前期比2ケタ成長を続けている。なお、第2四半期の

コマース関連事業の売上総利益率が第1四半期比で 1%(1Q51%→2Q52%)上昇している。

この主因は、利幅の薄い子会社ビーバイイー社の卸売上が増えたものであった。

海外事業の売上高は 2.4 億円、セグメント損失は 0.4 億円となった。同社子会社である

Zappallas,Inc.(U.S.)のもとで Daily Insight Group が占いビジネスを展開している。第 1、

第 2 四半期においては、体制基盤強化のためのスタッフの増員に加えて、営業、管理のオペ

レーション整備を実施した。米国での占いビジネスは主に広告収入モデルにて展開している

が、日本の課金型コンテンツの一部を米国向けに提供開始するなど、新たな試みも開始して

いる。

その他の事業の売上高は 1.1 億円(前年同期比 14.7%減)、セグメント損失は 2.3 億円(前

年同期は 1.2 億円のセグメント損失)となった。売上面では、モバイルサイト開発受託及び

「Y! Suica」等のサイト運営や、広告販売、新規メディアの運営、新サービスの開発等に積

極的に取り組んだ。このため、利益面では、スマートフォンへの集客施策などのコスト負担

が増加することとなった。

尚、当第2四半期連結累計期間の連結業績は当初の会社計画に対し、売上高は 1.8 億円の未

達となったが、営業利益、経常利益、連結純利益は、それぞれ 1 億円前後上回る結果となっ http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

32/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

た。

上期の売上高が未達となったのは、投入を見込んでいた新サービスの開始が遅れたためであ

る。ただし、同社によれば、この新サービスの利益貢献は見込んでいなかったため、売上未

達は利益にはほとんど影響ないとのことである。一方、同社は、スマートフォンユーザーを

取り込むべく新たな集客の仕組みづくりに努めているが、上期はその費用の一部が想定を下

回った。これが、上期の営業利益が会社計画比で上振れた主因である。同社は、下期も引き

続きスマートフォン向けサービスの強化や、コマース関連事業のプロモーション・人員強化

のために費用を投入する計画である。

2014 年 4 月期第 1 四半期業績

2013 年 9 月 6 日、同社は 2014 年 4 月期第 1 四半期業績を発表した。尚、会社計画に変更

はない。

2014 年 4 月期第 1 四半期の売上高は 18.8 億円(前年同期比 20.6%減)、営業利益 1.8 億円

(同 70.9%減)、経常利益 1.5 億円(同 74.9%減)、当期純利益 0.9 億円(同 75.2%減)と

なった。

コンテンツ事業の売上高は 14.7 億円(前年同期比 17.1%減)、セグメント利益は 5.9 億円(前

年同期比 23.5%減)となった。

モバイルユーザーのフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進むなか、デバイス

に依存しない集客メディアの育成に取り組み、スマートフォン向けサービスの売上高は前年

同期比で 174%増となった。集客のためのコンタクトポイントの拡大として、「i 無料占い」

第 1 四半期においては、スマートフォンの CRM 入会数(リンク・メルマガ等経由)がフィー

チャーフォンの CRM 入会数を上回った。

また、スマートフォン向け個別課金メニューを充実させた事により、個別課金売上の割合は

全体の 26.4%へと上昇している。さらに、アプリ向けに個別課金メニューのパッケージ型商

品の投入を 7 月から開始しており、第 2 四半期以降積極的な投入を計画していることから個

別課金の売上増が期待される。今後は、コンテンツ回遊モデルをデバイスにとらわれない形

態に進化させ、多様なサービスに対応する CRM を構築していく。

フィーチャーフォン向けサービスの売上減少は続いているが、減少幅は縮小している模様。

足元(第 2 四半期)も減少幅の縮小傾向は続いており、底入れも近いとみられる。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

33/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

コマース関連事業は、既存のモバイルコマースサイトの売上高が減少したが、前年度より開

始した「藤巻百貨店」は facebook を活用した販促活動等が奏功し売上高を拡大させた。今後

は、「藤巻百貨店」の更なる拡販に注力する方向に(2013 年 9 月時点)。BxE においては、

第 1 四半期間中に新商品の投入計画がなかったため売上高は前年同期比で減少したが、計画

通りの推移となった。それらの結果、コマース関連事業の売上高は 2.5 億円(前年比 52.5%

減)、セグメント損失は 0.9 億円(前年同期は 0.7 億円のセグメント利益)となった。

海外事業は、売上高は 1.1 億円、セグメント損失は 0.3 億円となった。同社子会社である

Zappallas,Inc.(U.S.)のもとで、米国で占いビジネスを展開する Daily Insight Group の事

業譲受が 2012 年 12 月 14 日に完了し、前年の第 3 四半期(11-1 月期)より連結対象とな

っている。第1四半期においては、体制基盤強化のためのスタッフの増員に加えて、営業、

管理のオペレーション整備を実施した。米国での占いビジネスは主に広告収入モデルにて展

開しているが、日本の課金型コンテンツの一部を米国向けに提供開始するなど、新たな試み

も開始している。また、DIG 社は PC 向けを中心に展開しているが、PC のページビューが下

降傾向にありことから、モバイルサイトの充実を進めている。

その他の事業は、売上高 0.5 億円(前年同期比 25.3%減)、セグメント損失は 1.2 億円(前

年同期は 0.4 億円のセグメント損失)となった。モバイルサイト開発受託及び「Y! Suica」

等のサイト運営や、主に中高生向けのプロフィールサイト「前略プロフィール」における広

告販売のほか、新規メディアの運営や新サービスの開発等に努めた。

尚、第 1 四半期の各利益は、中間会社計画を既に超過しているが、第 2 四半期以降はスマー

トフォン向けサービスの強化や、コマース関連事業のプロモーション・人員強化のために費

用を投入する計画である。

2013 年 4 月期通期業績

2013 年 6 月 13 日、同社は 2013 年 4 月期通期業績を発表した。

売上高・売上総利益

2013 年 4 月期の売上高は 88.9 億円(前年比 11.9%減)となった。

コンテンツ事業においては、モバイルユーザーのフィーチャーフォンからスマートフォンへ

の移行が進むなか、拡大するスマートフォンユーザーのニーズを取り込むべく、新規コンテ

ンツの投入や個別課金メニューの充実などに積極的に取り組んだ。2013 年 4 月期においては、

フィーチャーフォンとスマートフォンを合わせたモバイル向け公式コンテンツでは 194 サイ

ト、PC コンテンツでは 110 サイトの新規投入を行った。一方、事業環境の変化に伴い主力の

コンテンツ事業の収益動向が変化し(フィーチャーフォン向け公式コンテンツの月額課金対 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

34/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

象者数の減少)、コンテンツ事業の売上高は 66.9 億円(前年比 15.4%減)となった。

第 4 四半期末におけるスマートフォン会員数は 35.8 万人(前四半期末 32.4 万人)と着実な

増加傾向が続いている。フィーチャーフォン会員数においては 101.8 万人(前四半期末 108.3

万人)引き続き減少傾向が続くものの、スマートフォン・フィーチャーフォンを合わせた総

計会員数の推移をみると減少に底打ち感も出始めた。

コマース関連事業では商品ラインナップの拡充を図る他、今期から立ち上げた新規コマース

サイトの育成にも注力した。「藤巻百貨店」においては、知名度向上や、商品ラインの充実に

努めるなど積極的な施策が奏功し着実に成長を続けているものの、ベビー用品を取り扱う

「cuna select」などその他の新規コマースサイトの立ち上がりが遅れているほか、モバイル

コマースの売上が引き続き減少基調で推移した。結果、コマース関連事業の売上高は 16.5 億

円(前年比 8.9%減)となった。

海外事業では、同社子会社である Zappallas,Inc.(U.S.)のもとで、米国で占いビジネスを

展開する Daily Insight Group の事業譲受が 2012 年 12 月 14 日に完了し、第 3 四半期(11

-1 月期)より連結対象となっている。新たに事業セグメントを「海外事業」として新設し、

売上高は 1.4 億円(うち第 4 四半期で 1.2 億円)となった。日米双方の強みを活かし、シナ

ジーの創出に向けた取り組みを始動した。

その他の事業については、主に中高生向けのプロフィールサイト「前略プロフィール」にお

ける広告販売、モバイルサイト開発受託及び「Y! Suica」等のサイト運営に引き続き注力し

たほか、新規サイト及び新サービスの開発等に積極的に取り組み、売上高は 4.1 億円(前年

比 10.9%増)となった。

営業利益(営業利益率)

2013 年 4 月期の営業利益は 14.2 億円(前年比 44.9%減)となった。セグメント利益は、

コンテンツ事業が 23.3 億円(前年比 28.0%減)、コマース関連事業が 0.71 億円のセグメン

ト損失(前年は、0.85 億円のセグメント損失)、海外事業が 0.01 億円のセグメント損失(の

れん償却後)、その他事業が 0.7 億円のセグメント損失(前年は 1.3 億円のセグメント利益)

となった。コンテンツ事業においてスマートフォンへの移行が進む中、広告出稿量を大幅に

増加させたことや、コマース関連事業において新規サービスの立ち上がりの遅れに加え、先

行費用が嵩んだことなどが影響している。また、海外事業では第 4 四半期においてスタッフ

の増員など体制基盤の強化に着手した。

同社は、第 3 四半期決算発表時において、通期業績予想を修正しているが、ほぼ修正予想通

りでの着地となった。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

35/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

経常利益

営業外収益として、為替差益(海外子会社)が 2.2 億円計上されており、2013 年 4 月期の

経常利益は 16.6 億円(前年比 36.2%減)となった。

当期純利益

2013 年 4 月期の当期純利益は 9.2 億円(前年比 41.9%減)となった。減損損失として 2.7

億円を計上している。

2013 年 4 月期第 3 四半期業績

売上高・売上総利益

2013 年 4 月期第 3 四半期(累計)の連結売上高は 66.3 億円(前年同期比 14.0%減)とな

った。収益減少は、事業環境の変化に伴い主力のコンテンツ事業の収益動向が変化したほか、

コマース関連事業の商品ラインナップ見直しにより、今期より新サイトの運営に着手し始め

たことが主な要因である。

コンテンツ事業においては、モバイルユーザーのフィーチャーフォンからスマートフォンへ

の移行が進むなか、拡大するスマートフォンユーザーのニーズを取り込むべく、新規コンテ

ンツの投入や個別課金メニューの充実など継続して取り組んだ。第 3 四半期連結累計期間に

おいては、フィーチャーフォンとスマートフォンを合わせたモバイル向け公式コンテンツで

は 191 サイト、PC コンテンツでは 75 サイトの新規投入を行った。結果、コンテンツ事業の

売上高は 51.4 億円(前年同期比 14.0%減)となった。

また、コマース関連事業では付加価値の高い商材の取り扱いに注力し、商品ラインナップの

拡充を図る他、今期から立ち上げた新規コマースサイトの育成にも注力した。「藤巻百貨店」

においては、知名度向上や、商品ラインの充実に努めるなど積極的な施策が奏功し着実に成

長を続けているものの、ベビー用品を取り扱う「cuna select」などその他の新規コマースサ

イトの立ち上がりが遅れているほか、モバイルコマースの売上は引き続き減少基調で推移し

ている。結果、コマース関連事業の売上高は 12.5 億円(前年同期比 19.1%減)となった。

海外事業では、同社子会社である Zappallas,Inc.(U.S.)のもとで、米国で占いビジネスを

展開する Daily Insight Group の事業譲受が 2012 年 12 月 14 日に完了し、第 3 四半期(11

-1 月期)より連結対象となっている。新たに事業セグメントを「海外事業」として新設し、

売上高は 0.2 億円となった。日米双方の強みを活かし、シナジーの創出に向けた取り組みを

始動した。

その他の事業については、主に中高生向けのプロフィールサイト「前略プロフィール」にお

ける広告販売、モバイルサイト開発受託及び「Y! Suica」等のサイト運営に引き続き注力す

るほか、新規サイト及び新サービスの開発等に積極的に取り組み、売上高は 2.1 億円(前年 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

36/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

同期比 18.0%増)となった。

営業利益(営業利益率)

2013 年 4 月期第 3 四半期(累計)の連結営業利益は 12.0 億円(前年同期比 41.3%減)と

なった。セグメント利益は、コンテンツ事業が 19.3 億円(前年同期比 23.7%減)、コマース

関連事業が 0.35 億円のセグメント損失(前年同期は、0.12 億円のセグメント損失)、海外事

業が 0.02 億円、その他事業が 1.0 億円のセグメント損失(前年同期は 0.7 億円のセグメン

ト利益)となった。コンテンツ事業においてスマートフォンへの移行が進み、広告出稿量を

大幅に増加したことや、コマース関連事業において新規サービスの立ち上がりの遅れに加え、

先行費用が嵩んだことなどが影響している。

経常利益

営業外収益として、為替差益(海外子会社)が 1.3 億円計上されており、2013 年 4 月期第 3

四半期(累計)の連結経常利益は 13.4 億円(前年同期比 34.6%減)となった。

当期純利益

2013 年 4 月期第 3 四半期(累計)の連結当期純利益は 8.9 億円(前年同期比 28.7%減)と

なった。前年に減損損失として 0.46 億円を計上していた反動もあり、減益率は経常利益と比

較しやや緩やかになっている。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

37/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

損益計算書

損益計算書

( 百万円)

売上高 

コンテンツ事業

前年比

コマース関連事業

前年比

海外事業

前年比

その他

前年比

売上高

 前年比

売上原価

売上総利益

 前年比

 売上総利益率

返品調整引当金繰入額

返品調整引当金戻入額

差引売上総利益

販売費及び一般管理費

 売上高販管費比率

営業利益

 前年比

 営業利益率

営業外収益

営業外費用

経常利益

 前年比

 経常利益率

特別利益

特別損失

法人税等

税率

少数株主利益

当期純利益

 前年比

 利益率

1 0 年4 月期

連結

8,828

9.3%

2,085

7.6%

312

7.1%

1 1 , 2 2 5

8.9%

3,644

7 , 5 8 0

13.6%

67.5%

-

-

7,580

4,565

40.7%

3 , 0 1 6

11.3%

26.9%

40

15

3 , 0 4 1

12.8%

27.1%

2

322

1,177

43.2%

12

1 , 5 3 2

-3.1%

13.7%

1 1 年4 月期

連結

8,920

1.0%

2,640

26.6%

253

-18.8%

1 1 , 8 1 3

5.2%

4,014

7 , 8 0 0

2.9%

66.0%

-

-

7,800

4,726

40.0%

3 , 0 7 3

1.9%

26.0%

19

3

3 , 0 9 0

1.6%

26.2%

7

233

1,233

43.1%

4

1 , 6 2 6

6.1%

13.8%

1 2 年4 月期

連結

7,911

-11.3%

1,811

-31.4%

366

44.6%

1 0 , 0 8 8

-14.6%

3,228

6 , 8 6 1

-12.0%

68.0%

32

14

6,843

4,259

42.2%

2 , 5 8 4

-15.9%

25.6%

18

7

2 , 5 9 4

-16.0%

25.7%

56

98

970

38.0%

3

1 , 5 7 9

-2.9%

15.7%

1 3 年4 月期

連結

6,741

-14.8%

1,649

-9.0%

141

-

359

-1.9%

8 , 8 9 0

-11.9%

2,771

6 , 1 1 8

-10.8%

68.8%

-

-36.2%

18.6%

0

296

428

31.5%

14

9 1 7

-41.9%

10.3%

10

6,129

4,706

52.9%

1 , 4 2 3

-44.9%

16.0%

239

7

1 , 6 5 5

1 4 年4 月期

連結

5,644

-16.3%

1,620

-1.7%

495

250.4%

396

10.3%

8 , 1 5 5

-8.3%

2,760

5 , 3 9 6

-11.8%

66.2%

17

-54.5%

9.2%

13

44

329

45.6%

17

3 7 6

-59.0%

4.6%

-

5,379

4,656

57.1%

7 2 2

-49.2%

8.9%

69

39

7 5 2

1 5 年4 月期

会社予想

出所:会社データよりSR社作成

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

* 組織変更に伴い、従来の報告セグメントでは「コンテンツ事業」に含めておりました一部コンテンツ等を「その他」に含めるよう変更している。

7 , 5 0 0

-8.0%

0

-100.0%

0.0%

0.0%

0.0%

- 1 3

-

-

* 2013年4月期連結会計年度のセグメント情報は、集計方法変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものである。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

38/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

貸借対照表

貸借対照表

( 百万円)

資産

現金・預金

有価証券

売掛金

貸倒引当金

たな卸資産

繰延税金資産

その他

流動資産合計

建物

機器

有形固定資産合計

投資有価証券

繰延税金資産

その他

投資その他の資産合計

ソフトウエア

のれん

その他

無形固定資産合計

固定資産合計

資産合計

1 0 年4 月期

連結

3,278

503

1,918

-31

17

141

54

5 , 8 8 0

95

48

1 4 4

697

133

222

1 , 0 5 2

212

214

42

4 6 8

1 , 6 6 4

7 , 5 4 4

1 1 年4 月期

連結

4,084

603

2,413

-36

46

100

55

7 , 2 6 4

82

55

1 3 7

629

189

224

1 , 0 4 2

244

49

38

3 3 1

1 , 5 1 0

8 , 7 7 4

1 2 年4 月期

連結

4,296

504

2,092

-30

27

132

78

7 , 0 9 8

66

109

1 7 5

608

194

250

1 , 0 5 3

468

586

38

1 , 0 9 2

2 , 3 2 0

9 , 4 1 7

1 3 年4 月期

連結

4,189

504

1,697

-15

68

80

202

6 , 7 2 4

59

79

1 3 7

500

226

124

8 5 0

369

1,992

53

2 , 4 1 5

3 , 4 0 2

1 0 , 1 2 6

1 4 年4 月期

連結

負債

買掛金

未払金

未払賞与

短期有利子負債

未払法人税等

その他

流動負債合計

長期有利子負債

その他

固定負債合計

有利子負債(短期及び長期)

負債合計

純資産

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

その他の包括利益累計額合計

新株予約権

少数株主持分

純資産合計

運転資金

有利子負債合計

ネット・デット

出所:会社データよりSR社作成

480

346

-

-

635

276

1 , 7 3 8

-

-

0

-

1 , 7 3 8

1,446

1,371

4,436

-1,496

0

-

49

5 , 8 0 6

1,454

0

-3,278

487

537

51

-

646

126

1 , 8 4 6

-

-

0

-

1 , 8 4 6

1,452

1,378

5,543

-1,496

-2

-

52

6 , 9 2 8

1,971

0

-4,084

*表の数値が会社資料とは異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意。

1,458

1,384

6,600

-1,496

0

38

48

8 , 0 3 3

1,786

95

-4,202

332

485

-

32

349

122

1 , 3 2 0

63

1

6 4

9 5

1 , 3 8 4

1,464

1,390

6,953

-1,419

-41

-

63

8 , 4 1 0

1,460

821

-3,368

304

454

-

191

0

135

1 , 0 8 5

631

1

6 3 2

8 2 1

1 , 7 1 6

1,476

1,402

6,799

-1,419

53

-

79

8 , 3 9 0

1,276

668

-3,909

377

292

-

184

132

197

1 , 1 8 2

484

1

4 8 5

6 6 8

1 , 6 6 7

株主還元

個別当期純利益の 30%を配当性向の目途として、期末配当を行っている。ただし、2015 年

4 月期の当期純利益は赤字の計画であることから、期末配当に関しては未定としている。

4,577

504

1,560

-13

93

77

81

6 , 8 7 9

41

89

1 2 9

493

209

149

8 6 4

193

1,943

48

2 , 1 8 5

3 , 1 7 8

1 0 , 0 5 7 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

39/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

その他情報

沿革

2000 年: サイバービズ(株)(現 (株)ザッパラス)を設立。モバイルコンテンツの企画

制作・開発・運営の受託を通して、BtoC の e コマースをスタート。i モード公式

コンテンツ「待受ギャラリー」の配信を開始、デジタルコンテンツ事業をスター

ト。

2001 年: (株)ザッパラスに社名変更。

2004 年: 占いコンテンツサイトをスタート、PC ユーザー向けにデジタルコンテンツの提

供開始。

2005 年: 東京証券取引所マザーズへ上場。i モード初の無料占いポータルサイト「i 無料

★占い」の配信を開始。EZweb 初の完全無料占いポータルサイト「完全オタメ

シ占い★2006」の配信を開始。携帯電話等の販売事業を行う(株)ジープラス

を連結子会社化。

イカ・ジェイピー)」サービスの提供開始。携帯電話向けコンテンツの企画・開

発・制作を行う(株)アレス・アンド・マーキュリーを子会社化(現、持分 48.6%

の持分法適用会社)、モバイル事業における新規ビジネス領域の開拓を目的とし

てトランスコスモス(株)と資本・業務提携。

2007 年: ヤフー(株)との協業により、モバイル版 Yahoo!占いを当社にて運用開始。

2008 年: 総合ショッピングサイト「ポケットマーケット」をオープン。

2009 年: 東京証券取引所市場第一部へ市場変更、トランスコスモス(株)、(株)アレス・

アンド・マーキュリーと共同で iPhone 向け占いアプリ『今日の星占い』の提供

専用モバイルサイト「Y! Suica」の提供開始。iPhone および Android 向け占い

アプリ『タロット占い』を提供開始。

2010 年: i モード向け「ドコモマーケット」に占いアプリを提供開始。スマートフォン向

け本格タロット占いコンテンツ『タロット占い Premium』の英語・中国語版を

「App Store」を通じて全世界へ提供開始。

40/44 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

2011 年: ザッパラスの人気の占いを集めた PC 向け占いポータルサイト「cocoloni 本格

占い館」を提供開始。オーガニックコスメ企画・開発・販売の(株)ビーバイイ

ーを子会社化。

2012 年: 楽天(株)よりプロフィールサイトの「前略プロフィール」を譲受。経営資源の

見直しを行い子会社の(株)ジープラスの全事業を営業譲渡。海外子会社

Zappallas,Inc.(U.S.)を設立、米国 NameMedia,Inc.より占いコンテンツ事業

Daily Insight Group を譲受。

2013 年: 占星術研究家「鏡リュウジ氏」監修の英語による占いメニューを新たに配信を開

始。米国子会社、Zappallas, Inc.傘下の Daily Insight Group(DIG)が運営する

「Tarot.com」の日本語版サイトをオープン。

ニュース&トピックス

2013 年 6 月

2013 年 6 月 20 日、同社は株式分割、および配当予想の変更を発表した。

同社は、2013 年 10 月 31 日を基準日とし、普通株式1株につき 100 株をもって分割するこ

とを発表した。同時に単元株制度を採用し、単元株式数を 100 株(従来 1 株)に変更する。

また、これに伴い、1株当たり期末配当予想 2,200 円を 100 分の1の 22 円とした。なお、

配当総額に変更はない。

大株主

2014年4月時点

大株主上位1 0 名

川嶋真理

ビービーエイチ フィデリティピューリタン フィデリティシリーズ イントリンシック

オポチュニティズ ファンド

合同会社クリムゾングループ

ゴールドマンサックスインターナショナル

ジェーピー モルガン チェース バンク 385093

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

立花証券株式会社

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口1)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口2)

出所:会社データよりSR社作成

所有株式

数の割合

21.33%

8.05%

4.89%

2.21%

1.28%

1.05%

1.05%

0.99%

0.86%

0.83% http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

41/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

トップマネジメント

代表取締役会長兼社長である玉置真理氏(1969 年生まれ)は、1989 年(株)ダイヤル・キ

ュー・ネットワークを設立する(代表取締役)。その後、1994 年ファミリービズ(株)(代表

取締役)の設立を経て、インターキュー(株)(現 GMO インターネット(株))に入社(取締

役)。2000 年にサイバービズ(株)(現同社)を設立する(代表取締役会長)。2007 年に相

談役として退くが、2011 年に代表取締役会長兼社長に再就任する。 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

42/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

企業概要

企業正式名称

株式会社ザッパラス

代表電話番号

03-6434-1036

設立年月日

2000 年 3 月 27 日

HP

http://www.zappallas.com/

IR コンタクト

IR メール

本社所在地

150-0002

東京都渋谷区渋谷 2-12-19 東建インターナショナルビル

上場市場

東証 1 部

上場年月日

2005 年 5 月 27 日

決算月

4 月

IR ページ

http://www.zappallas.com/index.php?action= index&module=irweb

IR 電話

http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

43/44

ザッパラス(3770)

SR Research Report

2014/7/3

会社概要

株式会社シェアードリサーチは今までにない画期的な形で日本企業の基本データや分析レポートのプラットフォーム提供を目指して

います。さらに、徹底した分析のもとに顧客企業のレポートを掲載し随時更新しています。

SR社の現在のレポートカバレッジは次の通りです。

アートスパークホールディングス株式会社

あい ホールディングス株式会社

アクリーティブ株式会社

株式会社アクセル

アニコムホールディングス株式会社

株式会社アパマンショップホールディングス

アンリツ株式会社

イオンディライト株式会社

株式会社イエローハット

株式会社伊藤園

株式会社インテリジェント ウェイブ

株式会社インフォマート

株式会社エス・エム・エス

SBSホールディングス株式会社

エレコム株式会社

エン・ジャパン株式会社

株式会社オンワードホールディングス

株式会社ガリバーインターナショナル

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

KLab株式会社

グランディハウス株式会社

株式会社クリーク・アンド・リバー社

ケネディクス株式会社

株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングス

ケンコーコム株式会社

コムシスホールディングス株式会社

株式会社ザッパラス

サトーホールディングス株式会社

株式会社サニックス

株式会社サンリオ

Jトラスト株式会社

GCAサヴィアン株式会社

シップヘルスケアホールディングス株式会社

株式会社ジェイアイエヌ

ジャパンベストレスキューシステム株式会社

スター・マイカ株式会社

株式会社スリー・ディー・マトリックス

株式会社ダイセキ

株式会社髙島屋

タキヒヨー株式会社

株式会社多摩川ホールディングス

株式会社チヨダ

DIC株式会社

株式会社デジタルガレージ

株式会社TOKAIホールディングス

株式会社ドリームインキュベータ

株式会社ドン・キホーテ

内外トランスライン株式会社

ナノキャリア株式会社

日進工具株式会社

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

日本駐車場開発株式会社

株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ

株式会社ハピネット

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

株式会社バルス

ピジョン株式会社

フィールズ株式会社

株式会社フェローテック

フリービット株式会社

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベリテ

株式会社ベルパーク

松井証券株式会社

株式会社マックハウス

株式会社 三城ホールディングス

株式会社ミライト・ホールディングス

株式会社メディネット

株式会社モブキャスト

株式会社夢真ホールディングス

株式会社ラウンドワン

リゾートトラスト株式会社

株式会社良品計画

レーザーテック株式会社

株式会社ワイヤレスゲート

※投資運用先銘柄に関するレポートをご所望の場合は、弊社にレポート作成を委託するよう

各企業に働きかけることをお勧めいたします。また、弊社に直接レポート作成をご依頼頂くことも可能です。

ディスクレーマー

本レポートは、情報提供のみを目的としております。投資に関する意見や判断を提供するものでも、投資の勧誘や推奨を意図したも

のでもありません。SR Inc.は、本レポートに記載されたデータの信憑性や解釈については、明示された場合と黙示の場合の両方に

つき、一切の保証を行わないものとします。SR Inc.は本レポートの使用により発生した損害について一切の責任を負いません。

本レポートの著作権、ならびに本レポートとその他Shared Researchレポートの派生品の作成および利用についての権利は、SR

Inc.に帰属します。本レポートは、個人目的の使用においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利用は本レ

ポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。

SR Inc.の役員および従業員は、SR Inc.の調査レポートで対象としている企業の発行する有価証券に関して何らかの取引を行って

おり、または将来行う可能性があります。そのため、SR Inc.の役員および従業員は、該当企業に対し、本レポートの客観性に影響

を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。

金融商品取引法に基づく表示

本レポートの対象となる企業への投資または同企業が発行する有価証券への投資についての判断につながる意見が本レポートに含ま

れている場合、その意見は、同企業からSR Inc.への対価の支払と引き換えに盛り込まれたものであるか、同企業とSR Inc.の間に

存在する当該対価の受け取りについての約束に基づいたものです。

連絡先

http://www.sharedresearch.jp

Email: [email protected]

株式会社シェアードリサーチ

東京都文京区千駄木 3-31-12

電話番号 (03) 5834-8787 http://www.sharedresearch.jp/ Copyright (C) 2013 Shared Research Inc. All Rights Reserved

44/44

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement