1 2 3 4 5 6 7 2009年度 商品テスト公表の概要 1

1 2 3 4 5 6 7 2009年度 商品テスト公表の概要 1
資料5-4
2009年度 商品テスト公表の概要
SNO
テーマ
犬用リードの強度
1
目的
テスト結果の概要
様々なリードについて、強度を調べるとと ロープ又はナスカンが破断するまでの最大荷重は銘柄間で
もに強度に関連する表示の内容を調べた。 差があり、犬の適用体重が同じものでも破断するまでの最
大荷重にはばらつきがあった。取扱説明書等に記載されて
いる強度に関連する表示内容は銘柄間で違いがあり、ほつ
れなどがあった場合には使用を中止する旨が表示されてい
ない銘柄もあった。
公 道 走 行 で き る と 公道走行できることがうたわれた四輪バ
い う 四 輪 バ ギ ー の ギーをインターネットで購入し、商品受け
取り時の状態、保安基準への適合、品質な
安全性
どを調査した。
2
歩行補助車(シル
バーカー)の安全
性
3
4
使用状況を想定したモニターテストを実施 小さい段差等に車輪が引っかかり、バランスを崩して危険
するとともに歩行補助車の構造、安全性、 な状態となる銘柄があった。組み立て後にフレームのロッ
クが必要な銘柄ではロックを忘れることがあり、使用中に
耐久性などを調べた。
不意に折りたたまれて転倒する危険があった。さらに、ハ
ンドルの高さ調節が困難な銘柄も見受けられた。また、外
観が類似している歩行補助車とショッピングカーを調べた
ところ安定性などが異なっていた。
水 槽 用 ヒ ー タ ー の サーモスタットが不要なオートヒーターを
空 焚 き に よ る 火 災 対象として、水槽用ヒーターが空焚き状態
になった時のヒーターの温度などについて
に注意!
調べた。
水槽用ヒーターが空気中に放置され空焚き状態となり、新
聞などの可燃物に接すると焦げたり、条件によっては発火
することがあった。また、水槽用ヒーターを空気中に出し
空焚き状態にしたところ、8銘柄中7銘柄で、ヒーター部の
表面温度が通電後3~5分で400℃前後まで上昇した。なお、
全銘柄に空焚き状態で使用しない旨の注意表示があった。
自転車の荷台の強
度
自転車の荷台に幼児座席を取り付けて使用
したとき、荷台の強度に問題が発生しない
かテストするとともに、荷台の強度に関す
る表示内容を調べた。
22kgのダミー人形を幼児座席に乗せ横方向の振動試験を
行ったところ、積載荷重の上限が18kgである荷台の多くは
破損した。JIS規格に基づき荷台の強度試験を行ったとこ
ろ、ほとんどの銘柄で基準を満たしていたが、1銘柄は基準
を満たしていなかった。自転車や荷台を見ただけでは、幼
児座席が使用できるかわからず、積載荷重の上限もわから
ないものが多かった。幼児座席を取付可能としている自転
車は、太いステンレス鋼を用いているか、パイプ式の構造
にしているなど荷台に工夫がみられた。
体 に 良 い と う た う 高純度のゲルマニウムを使用した旨の表示
ゲ ル マ ニ ウ ム 使 用 があり、体に良いとイメージさせる販売価
格15,000円未満のゲルマニウムブレスレッ
のブレスレット
トについて、ゲルマニウムの含有量の他、
金属や鉛等の溶出がないか調べた。また、
うたい文句に関する科学的根拠も調査し
た。
高純度のゲルマニウムを使用しているという表示で、ごく
わずかな量しかゲルマニウムが含まれていない銘柄が12銘
柄中8銘柄あった。また、全ての銘柄に、ゲルマニウムが健
康に対する何らかの効果を示す旨の表示がみられたが、科
学的根拠を示す文献は確認できなかった。商品として効
能・効果があると受け取れ、薬事法に抵触するおそれがあ
るインターネット上の広告もみられた。
5
6
7
保安基準に適合しない内容が全銘柄にあり、また小回りが
滑らかにできないため、速度が速い状態で左右に曲がると
車体が外側に倒れてしまう危険性があった。灯火類の性能
や仕様が不十分なものや、車両が小さすぎて安全な乗車姿
勢をとれない、上り坂で発進する時に前輪が浮き上がりや
すい、発進できないなどの銘柄もあった。 一部が未完成の
状態で販売・配送されたものの中には一人で組み立てるの
が難しいと思われるものがあり、組立説明書が添付されて
いない銘柄があった。
睡 眠 時 の 冷 却 効 果 ジェル入りマットには冷却効果が長続きす 蒸し暑い室温30℃の環境下では、冷たく感じるのは最初の
を う た っ た ジ ェ ル ることを期待させる表示がみられることか 30分程度であり、長時間の効果は期待できない。冷却効果
ら、暑くて寝苦しい夜を想定した室内で、 が朝まで続く旨の表示がみられるものもあったが、誤認さ
入りマット
モニターによる評価を中心に冷却効果とそ れる表示であると思われた。また、ジェル入りマットは薄
さのわりに重く10kg近いものもあり、移動時などは取り扱
の持続性を調べた。
いが楽ではない。
1
SNO
8
9
10
11
12
13
14
テーマ
目的
テスト結果の概要
調 理 器 具 の 安 全 性 電気ミキサーで手指にけがを負うという事 容器と容器台座が分割できるもののうち、カッターが露出
そ の 1 「 電 気 ミ キ 故事例が寄せられている。電気ミキサーに した状態で作動した4銘柄のうち3銘柄には安全装置が付い
ついて、手指のけがを防止するための安全 ていなかった。また、残りの1銘柄は安全装置が本体上には
サー」
付いているが、容器台座上にはなく不十分であった。電源
性に着目したテストを行った。
スイッチの種類は全8銘柄ともプッシュボタン式であった。
また、使用直前に誤ってスイッチが押されないように、複
数の操作を経ないとスイッチを押せないような工夫をした
ものはなかった。
調 理 器 具 の 安 全 性 スライサーで手指にけがを負うという事故 スライサーは刃が露出している構造のため、そもそも危険
そ の 2 「 ス ラ イ 事例が寄せられている。スライサーについ なものであるが、たわみが大きいものは持っている野菜が
て手指のけがの危険性に着目したテストを より早く小さくなり、手指が刃に近づきやすくさらに危険
サー」
であった。たわみに関するモニターテストでは、プレート
行った。
中央のたわみが大きかった1銘柄は、「思ったよりも持って
いる野菜が早く小さくなった」と回答した人が最も多かっ
た。小さくなった野菜をスライスする際に使用する安全ホ
ルダーは、野菜の種類や大きさによってはうまくスライス
できなかった。
家 庭 用 オ ゾ ン 発 生 オゾンは酸化力が強いため、高濃度のオゾ 空気中、水中で使用できる4銘柄は、室内で30分間運転する
器の安全性
ンに曝露されると身体への影響も大きい。 と室内環境基準や労働環境における許容濃度を超えて危険
家庭用のオゾン発生器(空気中と水中の両 であった。また少量の水に使用する場合、水中に通したオ
方で使用できるタイプ、空気中のみで使用 ゾンのほとんどは溶けずに空気中に放散されるため、室内
できるタイプ)を対象に、使用時に周囲の のオゾン濃度が高くなり危険であった。空気中のみで使用
オゾンが高濃度にならないか、また、表示 できる3銘柄のオゾン濃度には大きな差があった。表示につ
いては、高濃度のオゾンを吸い込むような危険な使用方法
が適切であるかも調べた。
やオゾンに関する注意事項がほとんどないものがあった。
オゾンの表示値と実測値がかけ離れているもの、治療効果
をうたうなど薬事法に抵触するおそれのあるものもあっ
た。
電 子 レ ン ジ や IH 電子レンジやIHヒーター等で加熱できる湯 電子レンジで、オート加熱を行うと加熱時間が長くなり、
ヒ ー タ ー 等 で 加 熱 たんぽについて、どのような使用状況で事 高温の内容物が外へ漏れ出ることがあり危険であった。IH
す る 湯 た ん ぽ の 安 故となるのか、また、製品に事故を防止す ヒーター等で直接加熱できるタイプは間違って口金をした
るための対策があるのかなどを調べた。 まま直接加熱すると、湯たんぽが爆発したり、高温になっ
全性
ているときに口金を外すと、高温の水蒸気が噴出し危険で
あった。
ウ イ ル ス 対 策 を う 「ウイルス99%カット」など、ウイルス対 ウイルス対策をうたっているにもかかわらず、フィルター
たったマスク
策をうたった商品が多く見受けられる。マ の捕集効率が低いものがあった。さらに、フィルターの捕
スクのフィルター部の性能や着用時にでき 集効率が低いにもかかわらず、3銘柄でN95マスクの基準を
る顔とマスクの隙間から空気がどの程度漏 満たしていると受け取れる表記があり、景品表示法上問題
があるおそれがあった。また、すべての銘柄で平均漏れ率
れるのか等を調べた。
が40%以上であり、フィルターの捕集効率が高いもので
も、顔との隙間からの漏れがあるため、ウイルス等の微粒
子を完全に遮断することはできなかった。
ソ フ ト コ ン タ ク ト コンタクトレンズ装用による眼障害の中で 消毒効果は、MPSよりも過酸化水素タイプやポビドンヨード
レ ン ズ 用 消 毒 剤 の 近年増加しているとされるのがアカントア タイプのほうが高かったが、消毒剤の消毒効果のみでは、
ア カ ン ト ア メ ー バ メーバ角膜感染症である。ソフトコンタク アカントアメーバを完全に消毒できないことが分かった。
に対する消毒性能 トレンズ用消毒剤のアカントアメーバにつ ソフトコンタクトレンズの衛生状態調査では、全体の約
いての消毒効果を調べるとともに、ソフト 10%にあたる人にアカントアメーバ汚染の痕跡があった。
コンタクトレンズの使用実態と衛生状態の 注意点を守ってレンズケアを行っていた人は注意点を守っ
ていなかった人に比べてアカントアメーバ汚染率、細菌検
調査を行った。
出率ともに低かった。
折 り た た み 自 転 車 重大事故が発生した折りたたみ自転車と同 ハンドルステムの固定にレバーを用いているものは、十分
( ス ポ ー ツ タ イ 様の構造の5銘柄をインターネット通信販 な締め付け力が得られずハンドルが緩み重大な事故につな
プ ) の ハ ン ド ル の 売で購入し、ハンドルステムの固定につい がるおそれがあった。ハンドルステムを最も下げた状態で
固 定 力 不 足 に 注 て調査して、消費者へ情報提供することと は、ハンドルバーが左右に回転するような外力が加わると
固定力が低下することがあった。
した。
意!
2
SNO
15
16
テーマ
目的
テスト結果の概要
子 ど も が 使 用 す る 消費者庁から輸入品の子どもが身につける カドミウムの溶出は、調べた中では国際標準化機構の玩具
こ と の あ る ア ク セ 可能性のある金属部分を含むアクセサリー 規格を超えるものはなかった。鉛の溶出については、食品
サ リ ー に 関 す る 調 について、カドミウムの溶出量に関する調 衛生法の金属製アクセサリー玩具の方法で調べたところ、
査依頼があったためテストを実施した。さ 法令違反ではないが、9銘柄で一定量(90μg/g)を超える
査結果
らに、鉛についても併せて調べることとし 溶出が認められた。
た。
乗 用 車 用 フ ロ ア 消費者庁からフロアマットがアクセルペダ 純正マットは全て固定できる構造になっている。固定して
マ ッ ト の ア ク セ ル ル等にどのように干渉するのか、干渉した 使用する場合はアクセルペダルへの干渉は認められなかっ
ペ ダ ル 等 へ の 影 響 場合の危険性についての調査依頼があった た。固定していない純正マットや市販マットがずれた場合
には、アクセルペダルがマットに干渉することがあった。
に関する調査結果 ためテストを実施した。
3
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement