ム辛)

ム辛)
(A s ρ職 ●
電
丁 距
一 、
ヒ :
取扱 説明書
c h38 ∼ 6 2 一ト ch36
c h1 3 ∼ 3 4,
UHFのCh13∼ 34,ch38∼62 とch36 を 混 合 す る た め の
ミ キ サ ー (混 合 器) で す富
よ く 確 認 し て 接 続 し て く だ さ い。
各 端 子 を 間 違 え な い よ う に,
アッテ ネ ー タ ー
アッテ ネ ータ ー
(ch36)
一 ブ ル の
● ch36 の 電 波 が 強 い
大 さ に 合 わ せ て
(ch13∼34,ch38∼62)
● ch13 ∼ 34.ch38∼
Ch13∼62入カ
62 の 電 波 が 強 い
c
h36入力
歴
場 合, 「10d8」 に
し て く だ さ い。
場 含
全力
銅81耐8
園
● 出 荷 時 は, 「OdB」
に な っ て い ま す。
樹
⑮
○逮邊塁
「10d B」 に
.
し て く だ さ い。
ア・
・チー一争一
.
’⑮
㊥
(5Cまた は4C)
ch36
⑮
入カ端子
入力端子
付 属 の 防 水 キ ャ ッ プ に 通 して か ら
⊂
◎
く だ さ
◎
コ
嚢
毒 嚢 蕪≡
護・
驚
一薫… 茸
UHFア ン テ ナ
麺
○
〔〔
嚢
化
(ch13 ∼ 34, ch38 ∼ 62三 か ら
◎
75 Ω ケ ー
鶯
!
タ
葦
萌菱
;…
萎董
t
瞠 ヰ
ー,,
姜一
……姦
閏鶯
轟難塾
一’
一工
一_
,
義
,一
冒
,
⑳
防
水
キ
ヤ
ツ
プ
(Ch 3 6 … か
あ 鵬 (繍 縄)を折返す ← ! つ
①
75 Ω ケ ー ブ ル
」一
1。 ㎜ _ 」 13 一
TV へ
ω
②
く
=…
」 15_ ↓ 柵 」
ケ ー ス の フ タ
. 岸適合マス
1
て く だ さ い 。
ケー ブルの 取 付
UHF
ト径
(ch13 ∼ 34,ch38 ∼ 62)
22 ∼ 32刮莚
を 完 全1こ 閉 め ミ
端 子 繍 付 ビス を指 定 の 締 付ト ルク で 繍 榊 すてくださ い、
’
■一一I一一
丁
一
1m 以 上
端 子 締 付 ビス(3本)
● 縛 付ト施 ク
士
.. . .
.
◎ 7 N・m
,
ノ
ア ン テ
ケ ー ブ ル 窪、 爾 水 が 入
月≡
1 し 1= く だ さ し・o
に 薮1萎泉 し て く だ さ い …
關
ら な い よ う に,
三
ま せ ん。
電 流 通 過,
電 流 容 量1A(DC15V ま た は AC3◎V 以 下)
入力
通過箒域損失
芯 線 に あ み 線 (銅 編 組) が 触 れ な い よ う
前13 ∼34
ch38 ∼ 62
ch36
I
6
音 声撮 送 波 圏 波 数 :9
防 水 キ
ャ ッ
(以 下)
15
映 像 搬 送波 周 波 数
マ ス ブ ロ の 規 格 表 に 絶 対 う そ は あ り ま せ ん。
VS WR
(d8以 上)
6
75
に し て く だ さ いo
(A三ρ浸 ○
彊止帯域滅衰量
(d8以 下)
出力
} λ∴
ム 辛)
牲 能 が 充 分:こ で
U 字 形
入 力 ←“ 出 力
インピー ダン ス(Ω)
受 信チャ ンネル
萬
ナ か ら の 75 Ω
引 込 線 の 国 愁 二 は, 清1
j売
の 支桂 スタ ン ドオフ を 使
(7,2kg{・cm)
ア ノ テ ナ の 間 隔
が 接 近 し す ぎ る
ア ン テ ナ の
\
/
◎
⑩
嶋
寸
篶
カ目 工 し て
い。
ら
◆
ア
5
Ωブル
ケー
雇
ブ ル
ア ン テナ
UHF
ナ
UHFア ノテ
へ
;
≡……
,
∼
◆
;
さ い
o
肩
ch13 ∼ 34, ch38 ∼ 62
で
て く だ
● 出 荷 時 は, 「OdB」
に な っ て い ま す。
㊥
電握通窒
防 水 キ ャ ッ プ を
…切
っ
礫 像 撮 送 波 周 波 数 :12
音 声 撮 送 波 周 波 数 : 9
ご 理 解 と 信 籟 あ る デ ー タ に ご 期 待 く だ さ い皇
プ ・・
・・ 3 個
y
製品向 上の た め
仕 様 ・ 外 観 は 変 更 す る こ と が あ り ま す。
● ご 使 用 の 前 に, こ の 「取 扱 説 明 書」 を よ く お 読 み く だ さ い。
● お 読 み に な っ た あ と は, 保 存 し て く だ さ いむ
本社
r=470−O 犯 4
…童 姜葦
愛 知 県 日 進 市 浅 露 町
誉匿 TEし幸
ヨ吉産…(052)302−2244
工享営業部
壬
享壷 季蔑 ヰ目 言糞
埋
ノン 払 まフト ポ ムペ イ
( A s ρ 浸 o
(書52鴻◎2−2225
(◎52)§05 −3366
WW W、 鯛 駆 O.εO.畑
l Au G
., 200 31
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement