一括ダウンロード

一括ダウンロード
鹿 屋 市 水 道ビジョン
2008 ~ 2017
「全 市 民 の生 活 や産 業 を支 え、
信 頼 される水 道 」を目 指 して
平 成 20 年 3 月
鹿児島県鹿屋市
はじめに
我が国の水道は、市民生活と都
市活動を支える社会基盤として
「いつでも安全で安心して飲める
水を安定して供給」することはも
とより、災害時においても市民生
活の根底を支える重要なライフラ
インとして発展してまいりました。
本市の水道事業の概要について申し上げますと、平成18年1月1日の合併を経
て「新鹿屋市」の水道事業として、現在3年目を迎え、「鹿屋串良地域水道事業」、
「吾平地域水道事業」
、
「古江簡易水道事業」
、
「柏木簡易水道事業」の4事業で計画
給水人口98,760人、計画1日最大給水量42,671立方メートルで運営い
たしております。
これまで8次にわたる拡張事業計画の推進等により施設整備の充実を図り、安全
で安定した水の供給に努めてきたところでございます。また、このほかに輝北町全
域に給水している「輝北簡易水道事業」と串良町の一部に給水している「立小野簡
易水道事業」がございます。
近年、水道の普及率が一定の水準に達したことから、「拡張」の時代から「維持
管理」の時代へ移り変わってきておりますが、少子高齢化に伴う人口減少や長引く
景気の低迷、さらには節水意識の高まりや健康志向による市販水の活用などで水需
要が減少に転じるなど、水道事業は大きな転換期を迎えております。
今後は、浄水場をはじめとする施設等の老朽化により、修繕や更新に多額の費用
を要することが予測され、事業運営は益々厳しくなることが予想されます。
このような情勢の中、鹿屋市水道事業としては新しい時代を的確に見極め、将来
にわたって安全な水を安定して供給していくという水道事業者の使命を全うする
ための指針として「鹿屋市水道ビジョン」を策定いたしました。
今後の事業運営にあたっては、このビジョンに基づき取り組んでまいりたいと考
えておりますので、水道事業に対するご理解とご協力をお願い申し上げます。
平成20年3月
鹿屋市水道事業
鹿屋市長
山下 栄
鹿屋市水道ビジョン
鹿屋市水道ビジョン
目目 次次
1.鹿屋市水道ビジョン(未来像・理想像)の策定に当たって ..............................1
1-1
鹿屋市の概況と水道事業の沿革 ....................................................................................1
(1)鹿屋市の概況...................................................................................................................1
(2)水道事業の沿革...............................................................................................................2
1.2
鹿屋市水道ビジョン策定の意義とその成果 ................................................................3
1.3
鹿屋市水道ビジョンの策定体制 ....................................................................................3
1.4
策定のスケジュール(計画)及びフォローアップ(追跡調査) .............................4
1.5
水道事業を取り巻く環境の変化と時代の要請 ............................................................4
(1)水道事業を取り巻く情勢 ...............................................................................................4
(2)需要者の水道ニーズ(要求)の変化 ...........................................................................5
2.水道事業の現状分析と評価 ..........................................................................................6
2-1
事業の現状と課題 ...........................................................................................................6
(1)
事業基盤に関する事項 ................................................................................................6
(2)
経営基盤に関する事項 .............................................................................................. 13
(3)
災害対策や環境保全対策に関する事項 ...................................................................15
(4)
水道事業の現状と課題のまとめ...............................................................................18
2-2
ガイドラインに基づく水道事業の現状分析と評価 ..................................................19
(1)
業務指標(PI)の現状分析と評価.......................................................................19
(2)
水道施設のハード面での現状分析と評価【構造物の診断】 ............................... 23
3.鹿屋市水道事業の将来像と目標 ...............................................................................26
3-1
鹿屋市水道事業の将来像の基本的考え方 ..................................................................26
(1)
水道事業に対する信頼性・満足度の向上【安心】 ...............................................26
(2)
施設的基盤や技術的基盤の強化【安定】 ............................................................... 27
(3)
経営的基盤の強化【持続】 ......................................................................................28
(4)
環境保全対策の強化【環境】...................................................................................29
3-2
将来の給水人口や給水量の見通し ..............................................................................29
(1)
計画給水人口 ..............................................................................................................29
(2)
計画給水量 ..................................................................................................................29
3-3
鹿屋市水道事業の基本理念に対する今後の課題 ......................................................30
3-4
鹿屋市水道事業の将来像と目標 ..................................................................................31
4.目標を実現するための施策 ........................................................................................35
4-1
(1)
全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水の供給【安心】...........................35
全ての市民に清浄な生活用水の供給.......................................................................35
(2)
水道事業に対する信頼性・満足度の向上 ............................................................... 37
(3)
公営水道への加入率の向上 ......................................................................................39
4-2
いつでもどこでも安定的な生活用水の供給【安定】 ..............................................40
(1)
安定した給水の確保 ..................................................................................................40
(2)
災害・事故時でもライフラインの確保 ...................................................................42
4-3
いつまでも安心できる水の安定した供給【持続】 ..................................................45
(1)
事業収入による水道事業の健全経営.......................................................................46
(2)
蛇口から直接水を飲む水道文化の継承 ...................................................................47
(3)
顧客サービスの向上 ..................................................................................................47
(4)
水道施設の適切な運営・実行...................................................................................48
4-4
環境への影響を低減し環境保全への貢献【環境】 ..................................................51
(1)
環境対策の推進 ..........................................................................................................51
(2)
有効率 95%以上の確保 ............................................................................................. 52
5.ビジョンの実現に向けた事業計画 ...........................................................................53
5-1
事業計画の概要 .............................................................................................................53
(1)
運営・管理等ソフト面の計画...................................................................................53
(2)
施設整備・更新・耐震化等ハード面の計画 ...........................................................53
(3)
財政計画 ......................................................................................................................54
5-2
水道事業等における施設整備・更新・耐震化等の計画内容...................................54
(1)
鹿屋串良地域 ..............................................................................................................54
(2)
吾平地域 ......................................................................................................................56
(3)
公営簡易水道事業(輝北) ......................................................................................57
(4)
公営簡易水道事業(立小野)...................................................................................58
(5)
非公営簡易水道事業 ..................................................................................................58
(6)
その他の水道事業(専用水道、飲料水供給施設等) ...........................................59
5-3
年次スケジュール .........................................................................................................60
5-4
財政計画 .........................................................................................................................64
(1)
現行料金による財政見通し ......................................................................................64
(2)
鹿屋市水道事業(鹿屋串良地域・吾平地域・輝北簡易水道・立小野簡易水道
を統合した場合)の財政見通し...............................................................................65
5-5
業務計画の再評価(業務指標) ..................................................................................66
<参考資料>
■鹿屋市水道事業の現況 .........................................................................................................1
■鹿屋市の水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)平成 18 年度 ....................9
■鹿屋市水道ビジョン策定委員会及び作業部会委員名簿................................................16
■用語解説 .............................................................................................................................. 17
注)文中の※印がついた用語は、「用語解説」で説明しています。
1.鹿屋市水道ビジョン(未来像・理想像)の策定に当たって
1-1 鹿屋市の概況と水道事業の沿革
鹿屋市の概況と水道事業の沿革
1-1
(1)
鹿屋市の概況
平成 18 年 1 月 1 日、鹿屋市・輝北町・串良町・吾平町が合併し、新たに「鹿屋市」
が誕生しました。鹿屋市は、本土最南端へと伸びる大隅半島のほぼ中央に位置し、大
隅地域の交通・産業・経済・文化の拠点となっています。
北部には、日本の自然百選にも選ばれている壮大な高隈山系が連なり、北東部は山
林地帯となっています。また、その南側には国営第 1 号の畑地かんがい施設をもつ笠
野原台地や肝属平野が広がり、中央部にかけて平坦地が続いています。
西部は、錦江湾に面しており美しい海岸線が見られます。また、南部は、神代三山
陵の一つである吾平山上陵を有する山林地帯となっています。
総面積は 448.33km2 であり、鹿児島県総面積 9,187.83km2 の約 5%を占めています。
【鹿屋市総合計画まちづくりの体系】
将 来
都市像
基本目標
基本理念
●地域で支えあう健やかで心のかようまちづくり
ひと・まち・産業が躍動する「健康・交流都市
・生涯にわたる健康づくりの推進
・ふれあいの福祉の創造
心豊かでいきいき
健やかな人づくり
●創造性と豊かな心をはぐくむまちづくり
・生涯学習社会の形成
・人権を尊重する社会の実現
・市民文化の振興
・スポーツ活動の振興
・国際性豊かな人づくりの推進
●安全・安心な暮らしのあるまちづくり
・安全・安心のまちづくり
●豊かな自然環境を次代に引きつぐまちづくり
安心して暮らせる
快適なまちづくり
にぎわいと活力
あふれる産業づくり
・地球にやさしいまちづくり
●快適な生活を支えるまちづくり
・適正な土地利用の推進
・交通体系の整備
・快適な居住環境の充実
・高度情報通信社会への対応
●活力ある産業が展開するまちづくり
・ 活力ある農林水産業の確立
・にぎわいと活力ある商工業の振興
・魅力あふれる観光地の創造
・雇用の促進と勤労者福祉の充実
か の や」
●共生・協働で進めるまちづくり
・共生・協働社会の構築
・効率的・効果的な行財政運営に向けた経営システム
の確立
・広域行政の推進
まちづくりの推進体制
-1-
(2)
水道事業の沿革
鹿屋市水道事業の前身は、一部事務組合の「旧笠之原水道企業団」と「鹿屋町営水
道(旧鹿屋市水道局)
」の 2 つの水道事業が存在していました。
「旧笠之原水道企業団」
は大正 13 年に計画給水人口 8,500 人、計画※ 1 日最大給水量 595 m3/日で創設認可を受
け、昭和 2 年から給水を開始し、
「鹿屋町営水道(旧鹿屋市水道局)」は昭和 6 年に計
画給水人口 9,800 人、計画 1 日最大給水量 1,225 m3/日で創設認可を受け、翌昭和 7 年
より中央地区の給水を開始しました。平成 7 年 4 月には、これまで 1 つの行政区域内
に 2 つの水道事業が存在するという変則的な事業経営の効率化を図るため、「鹿屋串
良水道企業団」として合併しました。その後、給水人口や給水量の見直しを行ってき
ましたが、
平成 18 年 1 月 1 日に
鹿屋市・輝北町・串良町・吾平
町が合併し新鹿屋市が誕生しま
したので、新たな鹿屋市鹿屋串
上水道区域
輝北簡易水道事業
簡易水道区域
良地域水道事業として計画給水
輝北総合支所
人口 89,660 人、計画 1 日最大給
水 源
浄水場
配水池
水量 47,600 m3/日で創設されま
柏木簡易水道事業
した。
R504
立小野簡易水道事業
このほか鹿屋市には、鹿屋市
吾平地域水道事業を始めとして、
4 箇所の公営の ※ 簡易水道事業
古江簡易水道事業
R220
鹿屋串良地域水道事業
R220
(柏木簡易水道、古江簡易水道
輝北簡易水道及び立小野簡易水
串良総合支所
鹿屋市役所
R269
吾平総合支所
吾平地域水道事業
道)、10 箇所の※ 非公営簡易水道
事業(桜町、花里、花岡、根木
原、船間、海道、白水、古里、
獅子目、天神)、3 箇所の※ 専用
水道(星塚敬愛園他)及び 44
箇所の ※ 飲料水供給施設等の小
規模水道があります。
図-鹿屋市公営水道事業の概況
-2-
1-2 鹿屋市水道ビジョン策定の意義とその成果
鹿屋市水道ビジョン策定の意義とその成果
1-2
水道ビジョン策定の意義とその成果は以下のとおりです。
需要者である市民の皆様の立場から
水道事業者の立場から
○ 水道 事業 と 需 要者 であ る 市民
の皆様との連携・協働の推進
○ 計画策定段階からの市民参加
○ 対話 の 増進 に よる 顧客 サービ
スの向上
○ 水道 革新 の 成 果 を 市民 の皆様
へ還元
○ 将来を見通した水道経営の推進
○ 鹿屋市の課題に即応し、特色を
発揮した事業展開
○ 中期計画など他の計画の作成と
関連した取り組み
○ 上下水道一体経営型事業などに
もフレキシブル(しなやか)に
フィット(適応)
水道事業の
地域特性の発揮
水道事業の透明化
市民の皆様から信頼される
水道事業の構築
水道事業経営・運営に対する
柔軟性の向上
1-3 鹿屋市水道ビジョンの策定体制
鹿屋市水道ビジョンの策定体制
1-3
鹿屋市水道ビジョンの策定体制は次図に示すとおりです。
市長・副市長
報
告
議
報
会
告
鹿屋市水道ビジョン策定委員会
委 員 長:上下水道部長
副委員長:上下水道部業務課長
委
員:総務部総務課長
総務部行政経営改革課長
企画財政部企画調整課長
企画財政部財政課長
市民環境部環境政策課長
建設部都市政策課長
上下水道部簡易水道室長
上下水道部工務課長
上下水道部配水管理課長
計 11 名
意見聴取
水道事業
懇話会
意見聴取
アンケート
市
公
民
表
指示事項の報告
計画書の素案作成
調査等の指示
鹿屋市水道ビジョン策定委員会
作業部会
部 会 員:業務課 5 名
工務課 3 名
配水管理課 4 名
総合支所(水道分室)3 名
計 15 名
-3-
素案提示
事務局
業務課
素案修正
1-4 策定のスケジュール(計画)及びフォローアップ(追跡調査)
策定のスケジュール(計画)及びフォローアップ(追跡調査)
1-4
鹿屋市水道ビジョンの計画期間:平成 20 年度から平成 29 年度までの 10 年間
財政計画については財務状況をより詳細に検討するために、計画期間は平成 39 年
度までの 20 年間とします。
※
フォローアップ:3 年に 1 回程度レビュー
⇒
必要に応じて見直し
目標の達成状況や各実現方策の進捗状況について、3 年に 1 回程度レビュー(再検
討)を行い、関係者の意見を聴取しつつ、必要に応じて鹿屋市水道ビジョンの見直し
を行います。
1-5 水道事業を取り巻く環境の変化と時代の要請
水道事業を取り巻く環境の変化と時代の要請
1-5
(1)
①
水道事業を取り巻く情勢
給水量や料金収入の減少
水道利用者のライフスタイル(生活様式)の変化により節水意識の向上や節水型
機器の普及により水の需要が抑えられ、料金収入が減少してきています。
また、大口需要者の中には、水道光熱費削減の一環として自家井戸を掘り水道料
金を節約しているところもあり、更新時期を迎えている水道施設を補修・補強する
ために必要な資金の確保等、水道事業を取り巻く経営環境の変化への柔軟な対応が
求められています。
②
維持管理時代と環境・災害に対応した事業計画
インフラストラクチャー(社会資本)としての水道施設も、整備拡充の時代から
維持管理時代となり、施設の延命化を図る更新事業を検討する時期となっています。
また、地球の温暖化対策として環境に配慮した資源の有効利用や地震・台風等に
よる災害に対する事業計画が必要となっています。
③
水道施設の老朽化と水道システムの再構築
水道施設の老朽化により 21 世紀は水道の再構築が課題と言われていますが、鹿屋
-4-
市水道事業の主な施設も、築造後 20 年以上経過したものが殆どであり、施設の改
良・更新による安定・持続的な経営を行うために水道システム全体の再構築を行う
必要があります。
④
熟練職員の退職
鹿屋市上下水道部(上水道部門)では、職員の高齢化により熟練技術者の退職が
見込まれています。
このようなことから、今後ますます高度化する水道事業を維持管理していくには、
一般会計とは異なる人事制度による「水道業務経験年数度」の高い職員の育成や技術
専門職員の確保が必要となってきます。
更に、官民を問わず技術者の育成や世代を超えた水道技術の継承を考えていく必
要があります。
(2)
需要者の水道ニーズ(要求)の変化
①
水道の水質
近年、人々の安全でおいしい水の安定供給への要求はますます強くなっています。
「水道水の安全性・おいしさ」を満足させるためには、次のような条件を満たす必要
があります。
●
●
●
●
●
●
●
②
嫌な臭いのないおいしい水の供給(カビ臭、塩素臭等)
給水装置の管理不良により水質が劣化した水が供給されないこと
良質の水源水質が保たれていること
健康に有害な物質が取り除かれていること
快適に使用できる水圧が確保されていること
事故や渇水期にも給水制限や断水がないこと
台風・地震等の災害時にも必要最小限の給水が確保できること
社会的責任
水道事業として市民の皆様からの信頼を得るために、市民の皆様との協働による
事業への取り組みや水道事業者として環境に配慮した事業経営を行うことが必要で
す。
更に、市民の皆様から安心して水道運営を任せられるためには、企業倫理の確立
やコンプライアンス(法令順守)の確保を徹底しなければなりません。
-5-
2 .水道 事業の 現状分 析と評 価
2-1 事業の現状と課題
事業の現状と課題
2-1
(1)
①
事業基盤に関する事項
水道事業等の給水人口及び普及率
鹿屋市の公営水道事業は、2 箇所の上水道事業と 4 箇所の※ 簡易水道事業で構成さ
れており、企業会計で行う鹿屋市水道事業と特別会計で行う鹿屋市簡易水道事業に
分類されます。この他に、非公営の 10 箇所の※ 簡易水道事業と 3 箇所の※ 専用水道
があります。
表-鹿屋市の水道の現状
単位:人、%
区分
鹿屋串良地域水道事業
企 吾平地域水道事業
業
柏木簡易水道事業
会
計 古江簡易水道事業
公営
小計
特 輝北簡易水道事業
別
立小野簡易水道事業
会
小計
計
計
非公営簡易水道事業
専用水道
合計
行政区域内 給水区域内
行政区域内 給水区域内 現在給水
人口に対す 人口に対す
人口
人口
人口
る普及率 る普及率
(C)
(B)
(A)
(C)/(A) (C)/(B)
93,844
88,021
84,223
89.7
95.7
7,438
7,438
7,288
98.0
98.0
(80,281)
71
71
-
100.0
(80,281)
1,043
1,043
-
100.0
101,282
96,573
92,625
91.5
95.9
4,166
4,060
4,060
97.5
100.0
13,563
162
162
-
100.0
17,729
4,222
4,222
-
100.0
105,448
100,795
3,038
333
104,166
96,847
3,038
333
100,218
91.8
-
-
95.0
96.1
100.0
100.0
96.2
105,448
平成18年度末現在
非公営の簡易水道事業と専用水道の現在給水人口を加えますと、水道法の適用を
受けている水道事業から給水を受けている人口は 100,218 人となりますが、残りの
5,230 人は※ 飲料水供給施設や小規模水道(自家用飲用井戸等を含む)から生活用水
を確保していることになります。これらの地域は、垂水市、錦江町、肝付町との境
界付近に点在しています。
今後は、簡易水道の上水道への統合について検討する必要がありますが、公営の
柏木簡易水道事業や古江簡易水道事業は既に鹿屋串良地域水道事業の中で経営さ
れており、連絡管等の施設面での検討が必要となります。また、輝北簡易水道事業
-6-
や立小野簡易水道事業についても、鹿屋串良水道事業との施設統合を含めた検討を
行います。
なお、※ 非公営簡易水道事業や小規模水道等については、要望調査等を行い、可
能なところから段階的に公営水道への加入を図る必要があります。
②
給水人口等の動向
次図に、公営水道事業の過去 10 カ年間の行政区域内人口、給水区域内人口及び
給水人口の動向を示します。
(人)
110,000
105,448人
105,000
100,795人
100,000
96,847人
95,000
90,000
行政区域内人口
給水区域内人口
現在給水人口
85,000
80,000
H9
普及率(%)
H10
91.1
91.4
H11
H12
91.4
H13
91.5
91.5
H14
H15
91.5
91.5
H16
92.2
H17
92.4
H18(年度)
91.8
図-給水人口等の推移
鹿屋市の行政区域内人口は、平成 16 年度をピークに減少傾向を示し、平成 18 年
度は 105,448 人となっています。
公営水道事業の給水区域内人口も行政区域内人口と同様に、平成 16 年度をピーク
に増加傾向から減少傾向に転じ、平成 18 年度は 100,795 人で現在給水人口も 96,847
人となっています。
また、非公営簡易水道事業(10 箇所)の給水人口は 3,038 人であり、減少傾向を
示しています。
-7-
③
1 日最大(平均)給水量、※ 有収水量、1 人 1 日当たり給水量等
次図に、公営水道事業の過去 10 カ年間の※1 日平均給水量及び※ 1 日最大給水量
の動向を示します。
1日有収水量
1日平均給水量
1日最大給水量
1人1日平均給水量
1人1日最大給水量
(m3/日)
(L/日・人)
70000
500
433L/日
450
60000
386L/日
50000
37,378m3/日
41,901m3/日
日 40000
給
水
量 30000
20000
31,625m3/日
400
350
1
人
300 当
た
250 り
日
200 給
水
量
150
100
10000
50
0
0
H9
H10
H11
H12
H13
H14
H15
H16
H17
H18 (年度)
図-給水量の推移
1 日最大給水量は減少傾向を示し、
平成 18 年度は 41,901 m3/日となっていますが、
1日平均給水量及び有収水量は、ほぼ横ばいで推移しており、平成 18 年度は、それ
ぞれ 37,378 m3/日、31,625 m3/日(※ 有収率:84.6%)となっています。
給水人口 1 人当たりの 1 日最大給水量は、節水意識の高まりや節水型の機器の普及
等により平成 9 年度の 475 L/人から 42L も減少しており、平成 18 年度は 433 L/人と
なっています。また、給水人口 1 人当たりの平均給水量は横ばいで推移しており、平
成 18 年度は 386 L/人となっています。
-8-
④
水道施設の規模・能力等
a.
水源施設
公営水道事業の水源は 23 箇所あり、全て※ 自己水源です。水源の種別は、湧水
(12 箇所)、表流水(3 箇所)、浅層地下水(3 箇所)、深層地下水(5 箇所)等さ
まざまですが、水源能力としては、計画 1 日最大取水量(44,110m3/日)に対して
約 1.4 倍の 61,395m3/日以上が確保できています。
しかしながら、地域別にみると一部の水道事業では、水源が 1 箇所のみで他に
代替水源がないことから、早急に水源確保を行う必要があります。
また、水道事業全体としては水源能力の向上による一層の安定供給を図るため
に、良質な原水水質が確保できる水源の開発が必要となります。
深層地下水, 5箇所
湧水, 12箇所
浅層地下水, 3箇所
合計:23箇所
表流水, 3箇所
水源の種別
水源能力 61,395m3/日
浅層地下水
湧水
表流水 深層地下水
1日最大計画取水量 44,110m3/日
余裕水量 17,285m3/日
水源能力
荒谷水源地(湧水)
吾平地域の取水口(表流水)
-9-
田崎第三水源地(深井戸)
b.
浄水施設
公営水道事業には、2 箇所の※ 緩速ろ過方式の他に消毒のみ方式の浄水場があり、
施設能力は、緩速ろ過方式が 5,788m3/日、消毒のみ方式が 37,654 m3/日となってい
ます。
緩速ろ過方式は、表流水を水源としている柳浄水場及び吾平浄水場で採用されて
います。この他の湧水、浅層地下水及び深層地下水を水源としているところでは、
良好な原水水質により塩素消毒のみ方式を採用していましたが、一部の水源につい
ては※ クリプトスポリジウム等耐塩素性病原生物(以下「クリプト等」と言います。)
対策として、平成 20 年度までには※ 紫外線照射設備を設置することとしています。
今後は、湧水や浅層地下水を水源としているところで、※ 高度浄水処理施設(紫
外線照射設備等)を検討する必要があります。
クリプトスポリジウムとは、胞子虫類に属する病原性生物のひとつです。水源
等が汚染された場合、飲料水や水道水に混入して集団的な下痢症状を発生させる
ことがあります。
柳浄水場(緩速ろ過池)
生栗須ポンプ場(8,000m3/日))
吾平浄水場(緩速ろ過池)
- 10 -
c.
配水施設(配水池)
公営水道事業の配水池は、合計 42 池で総容量が 20,655 m3 あり、計画※ 1 日最
大給水量に対して 10.9 時間分の容量が確保されています。また、※ 非公営簡易水
道事業の配水池は 10 箇所で総容量が 744m3 であり、計画 1 日最大給水量に対し
て約 20 時間分の容量が確保されています。
この中には、昭和 10 年代に築造された配水池が 2 箇所、築造後 30 年以上経過
した配水池が 11 箇所あります。これらの一部では漏水が発生し、※ 耐震性能が確
保されていないものもあるため、配水池の耐震補修・補強事業を検討する必要が
あります。
更に、災害対策を考慮し、計画 1 日最大給水量の 12 時間分程度の容量を確保す
ることも検討する必要があります。
共心配水池(ステンレス製)
横山配水池(プレストレストコンクリート造)
新生配水池(鉄筋コンクリート造)
- 11 -
d.
管路施設
公営水道事業の導・送・配水管路の総延長は、約 1,150 ㎞となっています。導・
送・配水管別、管種別の延長は次図に示すとおりです。
管路施設については、未普及地解消事業としての管路の新設事業や耐震化を考
慮した更新事業の推進が必要です。
導水管,
23.1km,2.0%
配水管,
1061.9km,92.4%
送水管,
64.5km,5.6%
総延長:1,149.5km
導・送・配水管別延長
鋳鉄管, 26.2km,
2.3%
鋼管,29.7km,
2.6%
ポリエチレン管等,
6.5km,0.6%
硬質塩化ビニル管,
923.9km,80.3%
ダクタイル鋳鉄管,
139.9km,12.2%
石綿セメント管,
23.3km,2.0%
管路の管種別延長
- 12 -
(2)
経営基盤に関する事項
①
組織体制
鹿屋市上下水道部の中で、水道事業を運営している組織は、業務課、工務課及び
配水管理課の 3 課で構成されています。
職員数は 46 人であり、うち技術職員は 18 人(全職員数の 39%)です。また、職
員の水道業務の平均経験年数は、13 年となっています。
平成 19 年度現在の組織体制は次図のとおりですが、組織再編に伴い平成 20 年 4
月 1 日から工務課と配水管理課が統合され、新たな工務課が組織されます。
上下水道部(水道部門)組織図(平成 19 年度)
主な担当業務
業
務
調
整
係
部内及び総合支所との総合調整・進行管理、職員の
給与・研修・福利厚生・保健、庁舎の維持管理等
財
務
係
予算、決算及び財務諸表に関すること、会計、財産
管理、資金計画、契約に係る指導総括、統計資料の
総括管理等
電
算
係
検針委託者との契約・指導、水道料金の電算管理、
情報ネットワークの保守管理、給水戸数・人口・水
道料金等の統計調査
収
納
係
水道料金の収納・滞納整理、開閉栓の受付、徴収委
託者との契約・指導等
吾 平 水 道 分 室
吾平地域水道事業 の維持管理、水道料金の収納・滞
納整理、苦情処理等
課
上 下 水 道 部
(水道部門)
簡
易
水
道 室
(輝北・串良水 道分 室)
工
務
輝北及び立小野簡易水道の維持管理、集落水道及び
専用水道に関すること、簡易水道特別会計等に係る
予算等の総括、水道分室との連絡調整
計
画
係
水道施設に係る資料の収集、調査、計画及び立案、
水道事業計画、認可業務、水道施設の拡張工事の計
画、設計及び実施、工事契約事務等
建
設
係
水道施設の建設改良工事の設計及び実施、改良工事
に伴う給水管切替等の工事等
給
水
係
給水装置工事の申請の受理及び工事完成検査、給水
の開始、休止及び廃止に関すること、渇水及び漏水
対策、供給水の苦情処理、給水管の維持管理等
維
持
係
水道管の修繕及び維持管理、水道管の漏水調査、貯
蔵品(材料)の管理等
浄
水
係
水源地、浄水場、配水池の維持管理及び周辺の監
視、水質検査、水量、水質の保持及び汚染対策、導
送水管の維持管理、渇水及び節水対策等
課
配 水 管 理 課
今後は、水道施設が高度化してくることが考えられるため、それらの運転管理を
長年行っている熟練技術者や、新たな技術に対応できる技術職員の確保が重要とな
ります。
- 13 -
②
料金
公営水道事業の水道料金は、合併後、料金の統一を行っていないため、各水道事
業で異なります。今後は、水道事業の統合計画と併せて、段階的に料金の統一を検
討する必要があります。
表-公営水道事業の 1 カ月当たりの家庭用水道料金(消費税込み)
区分
鹿屋串良地域水道事業
柏木、古江及び立小野
簡易水道事業
吾平地域
事業水道
10 m 3 使用時
1,312 円
1,090 円
940 円
20 m 3 使用時
2,677 円
2,140 円
1,680 円
輝北簡易
水道事業
注)1 カ月当たりの家庭用水道料金(口径 13 ㎜の場合)=基本料金+1m3 当たり従量料金
③
経営成績と財政収支状況(企業会計及び特別会計の決算書の分析)
企業会計(鹿屋串良地域、吾平地域、柏木簡易水道、古江簡易水道)における平
成 18 年度の※ 収益的収支の収入 1,621,671 千円に対して支出は 1,273,930 千円であり、
当年度純利益として 347,741 千円を計上しています。一方、 ※ 資本的収支の収入
275,161 千円に対して支出は 1,002,888 千円であり、不足額 727,727 千円は繰越利益
剰余金等で補填しています。
表-企業会計の財政収支状況(平成 18 年度)
区 分
収入
支出
収支(A-B)
単位:千円(税抜き)、%
資本的収支
収益的収支
項目
料金収入
その他
収入計 A
職員給与
維持管理費
減価償却費
起債支払利息
その他
支出計 B
実額
構成比
項目
実額
構成比
1,562,933
96.4 企業債、地方債 250,000
90.9
58,738
3.6 工事負担金
25,016
9.1
その他
145
0.1
1,621,671
100.0 収入計 A
275,161
100.0
133,170
10.5 拡張事業費
376,530
37.5
458,287
36.0 建設改良費
389,204
38.8
511,488
40.2 起債償還金
227,419
22.7
145,934
11.5 その他
9,735
1.0
25,051
2.0
1,273,930
100.0 支出計 B
1,002,888
100.0
347,741
-727,727
- 14 -
特別会計(輝北簡易水道、立小野簡易水道)の収益的収支の収入 53,867 千円に対
して支出は 45,877 千円であり、当年度純利益として 7,990 千円を計上しています。
一方、資本的収支の収入 107,774 千円に対して支出は 111,594 千円となり、3,820 千
円不足しています。
表-特別会計の財政収支状況(平成 18 年度)
区 分
収入
支出
項目
料金収入
その他
収入計 A
職員給与
維持管理費
起債支払利息
支出計 B
収支(A-B)
④
単位:千円(税抜き)、%
資本的収支
収益的収支
実額
構成比
項目
52,333
97.2 国庫補助金
1,534
2.8 企業債、地方債
その他
53,867
100.0 収入計 A
8,481
18.5 建設改良費
36,190
78.9 起債償還金
1,206
2.6 その他
45,877
100.0 支出計 B
7,990
実額
構成比
32,208
29.9
71,700
66.5
3,866
3.6
107,774
100.0
108,461
97.2
3,133
2.8
0
0.0
111,594
100.0
-3,820
資金の状況
企業会計の平成 18 年度末の資金残は 532,107 千円であり、現時点では健全経営を
維持していますが、今後は拡張事業費(新たな施設建設費)、既存施設の耐震化、
老朽化対策等を含む施設の更新費用などの施設整備や起債(借金)の※ 償還元金と
して多額な資金が必要なことから、まず合併時に生じている料金格差の課題等を解
消しながら財源対策に取り組み、なお、これらの施設整備に資金不足を生じる場合
は、料金の改定を考慮する必要があります。
特別会計では、※ 資本的収支不足額が※ 収益的収支内に収まっていますが、今後、
既存施設の耐震化、老朽化対策等を含む施設の更新費用の増大が見込まれますので、
企業会計と同様に料金改定を考慮する必要があります。
(3)
①
災害対策や環境保全対策に関する事項
取水施設
湧水の水源は、河川沿いの急斜面の下や崖錐の下にあり、斜面崩壊や落石等の災
害の影響を受け易く、また、地下水を取水している浅井戸、深井戸とも地下構造物
であることから井戸自身に対する災害対策は、十分とはいえないのが現状です。ま
- 15 -
た、表流水を取水している水源については、豪雨時における濁り水対策等を検討す
る必要があります。
更に、災害時の停電に備えて、取水ポンプが設置されている取水施設には、非常
用電源設備を設置し、水道システムとしての最上流側で給水に影響を与えないよう
な施設整備を行っていますが、今後は、水源の被災に備え、異なった種類の水源の
相互連絡を図ることも検討課題の一つと考えています。
また、環境保全対策の一環として、省エネルギー化を目指した取水ポンプのより
一層効率的な運転・管理が必要となります。
②
導・送・配水管路
公営水道事業の導・送・配水管の総延長は、平成 18 年度末で約 1,150km となっ
ており、そのうち法定耐用年数(40 年)を超える老朽管路が 10%以上を占めていま
す。
管路施設の災害対策として、※ 耐震性能が大きな継手を有するダクタイル鋳鉄管、
溶接継手鋼管及び融着継手ポリエチレン管等による布設替えが考えられますが、今
後は、液状化等の大きな地盤変状が発生すると予想される地域に布設されている管
路の耐震化や伸縮可撓管による免震化を手始めに、耐震性能の高い管や継手への布
設替え、バイパス管路の整備、配水管網のブロック化等を推進する必要があります。
なお、耐震性能の低い鋳鉄管や※ 石綿セメント管の布設替えは計画的に進んでお
り、平成 18 年度末現在、総延長の 4.3%しか残っていません。
また、環境保全対策としては、浅層埋設による建設廃材の減量化を図るとともに、
アスファルト合材や砕石類については、積極的に再生品を採用する必要があります。
耐震管路の定義は、「水道事業ガイドライン」によると、①SⅡ形、NS 形、US 形、
UF 形、KF 形、PⅡ形継手のダクタイル鋳鉄管、②溶接継手の鋼管、③熱融着継手
水道配水用ポリエチレン管とされています。ただし、K型継手のダクタイル鋳鉄
管は、岩盤・洪積層などの良い地盤において低い被害率を示していることから、
基幹管路が備えるべきレベル 2 地振動に対する耐震性能を満たすものとされてお
り、各水道事業者の判断により耐震管として採用することは可能であるとなって
います。
- 16 -
③
浄水施設及び配水池等
公営水道事業には、2 箇所の※ 緩速ろ過方式の他に消毒のみ方式の浄水場と 42 箇
所の配水池があります。浄水施設としては、緩速ろ過方式が 5,788m3/日、消毒のみ
方式が 37,654 m3/日の能力があります。
消毒のみ方式では、維持管理も比較的容易なため大きな問題は発生していません
が、緩速ろ過方式の浄水場では、水源が表流水であることから豪雨時の高濁度対策
やろ過砂の掻き取りの機械化等維持管理上の課題を抱えています。
このようなことから、緊急取水停止装置の設置、主要な構造物の※ 耐震性能の見
直しを行うとともに、容量の大きな配水池については災害時の緊急貯水槽として利
用できるように、※ 緊急遮断弁の設置を検討する必要があります。
また、環境保全対策の一環として、省エネルギー化を目指した浄・配水施設のよ
り一層効率的な運転・管理が必要となります。
- 17 -
(4)
水道事業の現状と課題のまとめ
区分
検討項目
現
普及率(含非公営)
現在給水人口(同)
状
課
95.0%
未普及地解消
100,218 人
未普及地解消
題
※
給水量
1 日最大給水量は減少傾向。1 人 1 日当たりの給水も、
475 L から 42 L 減少し、433 L となっている。
計画量の 1.3 倍を確保
一部の不足している水道事業で
の水源開発
良質な水源水質の確保
浄水施設の規模・能力等
消毒のみ方式が主
湧水や浅層地下水への ※ 高度浄
水処理設備の検討
一部の不足している水道事業の
浄水能力の確保
配水池の規模・能力等
公営:10.9 時間分を確
保
老朽施設の更新
災害対策を含め、12 時間分を確
保。耐震化事業の推進
管路施設の規模・能力等
総延長約 1,150 ㎞
未普及地解消としての新設事業
耐震化等を考慮した更新事業
水源施設の規模・能力等
事業基盤
組織体制
経営基盤
財政収支状況
3 課 11 係:職員数 46
人(技術 18 人)
現状では健全経営を維
持しているが、今後、
施設整備や起債の償還
元金として多額の資金
が必要
技術職員の確保と技術力の向上
水道料金の統一
資金確保のための料金改定
災害対策
取水施設
災害対策が十分とはい
えない
災害対策の推進
災害時の水源運用の検討
導・送・配水管路
総延長約 1,150 ㎞
鋳鉄管及び※ 石綿セメ
ント管:4.3%
老朽管の更新
耐震管への布設替え
バイパス管の整備
配水管網のブロック化
※
※
豪雨時の高濁度対策
緩速ろ過方式浄水場の機械化
※
緊急遮断弁の設置
環境保全対策
浄水施設及び配水池等
緩速ろ過方式:2 箇所
その他は消毒のみ方式
取水施設
ポンプによる取水を行っているところでは、取水ポンプ
のより効率的な運転・管理による省エネルギー化
導・送・配水管路
浅層埋設による建設廃材の減量化を始め、より一層再生
材料(アスコン、砕石等)を採用
浄水施設
浄水施設で使用されている機器類のより効率的な運転・
管理による省エネルギー化
- 18 -
2-2
2-2 ガイドラインに基づく水道事業の現状分析と評価
ガイドラインに基づく水道事業の現状分析と評価
ガイドラインに基づく水道事業の現状分析及び評価は、一般的には【安心】、
【安定】、
【持続】、
【環境】、【国際】の 5 項目と【管理・持続等】について行いますが、鹿屋市
においては、これまで【国際】に関することは殆ど実績がありませんので、今回の水
道ビジョンにおいては、【国際】を除いた 5 項目について行います。
ソフト面(情報等無形の部分)の現状分析は、算出可能な業務指標(PI:Performance
Indicator)により、「公表事業体 35 箇所の平均値(平成 17 年度):以下、「※ 公表平均
値」という。」との比較により鹿屋市水道事業に係る現状を分析・評価します。なお、
現状や平均値との比較を考慮して、項目ごとに次に示すように 3 段階に分けて判定し
ています。
判定ランク
A
B
C
評 価
良好、現状で問題なく対応できる
現状で対応できる部分もあるが、弱点を計画的に改良・改善する
必要がある。
現状では対応できないため、早急に改良・改善する必要がある。
また、施設等のハード面の現状分析(水道施設の機能診断)については、「水道施
設機能診断の手引き」により行います。
(1)
業務指標(PI)の現状分析と評価
項目
現状分析の視点
「安心」
評
価
判定
飲める水が供給されているか
全ての市民に安心しておいしく
①水資源の保全
・水源余裕率、有効利用率
水源水量には余裕があります。しかしながら、
取水した水が有効的に利用されている割合は
80%程度です。
B
②水源から給水栓までの
水質管理
・水質基準不適合率
常時、水質基準に適合した水を供給していま
す。
A
・おいしい水達成率
塩素臭に対する苦情が年間数件あります。法律
で管末でも一定量の塩素が検出されることと
なっていますが、細かな塩素注入量の制御を行う
必要があります。
B
・水質事故の発生状況
これまで水源で水質事故は発生していません。
常に管理された浄水を供給しているため、給水栓
での水質は極めて良好です。
A
・直結給水の進捗状況
本管から直接給水している割合は 90%程度で
す。今後は、受水槽等の維持管理や直結給水率の
向上に努める必要があります。
B
・鉛製給水管の布設状況
鉛給水管は使用されていません。
- 19 -
A
項目
「安定」
現状分析の視点
評
価
判定
いつでもどこでも使える水が安定的に供給されているか
普及率は 96.1%ですので、今後とも公営水道へ
の加入促進を検討する必要があります。1 人当た
りの配水量は、370L 程度です。
B
・浄水予備能力
・配水池貯留能力
(日平均)
全体的な浄水能力としては 14%程度の余裕が
ありますが、一部の地区では不足しています。配
水池の貯留能力は、平均給水量の約 14 時間分が
確保されていますが、災害時の給水能力向上のた
めにも、これまで以上の容量を確保する必要があ
ります。
B
②将来への備え
・経年化施設の状況
耐用年数を超える施設は、浄水施設で 8%、電
気・機械設備で 24%、管路で 9%残っていますの
で計画的な更新が必要です。
B
・管路の更新状況
管路の更新率は年間 1%程度であり、今後も計
画的に管路の更新を推進する必要があります。
B
幹線管路での事故発生率が、公表平均値より高
くなっています。また、鹿屋市で最も大きな荒谷
水源系浄水場で事故が発生した場合、他の浄水場
からの配水可能率は全体の 40%程度しかありま
せん。事故時配水量率の公表平均値は 70%であ
り、これを大きく下回っています。今後は、幹線
管路の更新や浄水場の余裕度を高める必要があ
ります。
C
・耐震化の進捗状況
ステンレス配水池の耐震化は図られています
が、その他の配水池、浄水施設、ポンプ場、管路
の耐震化率は平均値を下回っています。今後は、
主要施設や幹線管路を中心に、耐震化に向けた施
設の更新・布設替え等を推進する必要がありま
す。
C
・応急給水、可搬ポリパック
備蓄等の状況
緊急時の給水拠点となる配水池等の設置密度
は、平均値の 15 箇所/100 ㎞ 2 に対して、0.5 箇所
/100 ㎞ 2 と極めて低くなっていますので、応急給
水拠点の整備を検討する必要があります。また、
可搬ポリパック等の備蓄についても検討が必要
です。
C
・応急給水方法、燃料・
薬品等の備蓄状況
給水車や車載用給水タンクの保有度、燃料や薬
品の備蓄、自家用発電設備容量等は、公表平均値
並みかそれを上回っていますが、災害時における
必要量が確保されているかどうかを検討する必
要があります。
B
①連続した水道水の供給
・普及率、1 人当たり給水
量の状況
③リスク管理
・管路事故等の発生状況
- 20 -
項目
「持続」
現状分析の視点
評
価
判定
いつまでも安定的な事業運営が行われているか
営業収支比率、経常収支比率、総収支比率は
100%を超えており安定した経営が維持できてい
るといえますが、今後、老朽施設の更新・耐震化
等の事業費の増加が見込まれるため、なお一層の
経営合理化が必要となってきます。
B
・供給状況
(有収率、 供給単価、
給水原価)
配水量に対する水道料金の対象となる有収水
量の割合(有収率)は平均値を下回っていますの
で、有効率とともに有収率の向上を図る必要があ
ります。鹿屋市公営水道事業の供給単価は 140 円
ですが、給水原価が 113 円と 27 円安くなってい
ますので、経営効率は比較的良好です。
B
・水道料金
水道料金は各水道事業間で異なっているため、
早期に統一する必要があります。
C
・施設の利用率、稼働率
の状況
施設の利用率、稼働率とも平均値を上回ってお
り、効率的な運転が行われているといえます。今
後は予備能力や災害等を考慮した運転計画が必
要となります。
B
・自己資本比率、固定資産
比率等の状況
自己調達した資本の割合、資本の固定資産への
投入状況、減価償却費に対する企業債等の元金償
還額の割合等を見ると、公表平均値より優れた値
を示しており、比較的健全な財政状況となってい
るといえます。しかしながら、今後とも、新設・
更新・災害対策等への投資が必要となるため、よ
り健全な財政を目指した資本及び資産の運用を
行う必要があります。
B
蛇口からの水を直接飲む直接飲用率は公表平
均値の半分程度ですので、今後は蛇口からの水を
直接飲むという「水道文化」の継承に努めるとと
もに、今後も上質な水の供給を行う必要がありま
す。
B
職員の技術向上を図るための研修時間や技術
職員率は平均値を下回っています。今後は、技術
研修や資格取得の機会を増やすとともに、技術職
員数の確保が必要となります。
C
情報公開を行っていますが、現在までその開示
請求はありません。なお、水道専門の情報紙の配
布は行っていませんが、今後は需要者ニーズを踏
まえた情報提供の充実を図る必要があります。
B
水道サービスや水質に対する文書での苦情は
ありませんが、水道料金に対する苦情は若干寄せ
られています。なお、電話や窓口では、相談や苦
情が寄せられることがあります。
B
①鹿屋市にあった運営基盤の
強化
・経営、財務状況
②水道文化・技術の継承
と発展
・直接飲用率の状況
・技術者の確保
③給水サービスの向上
・情報公開の状況
・苦情の状況
- 21 -
項目
「管理」
行われているか
業務運営及び維持管理が
水道システムの適正な実行、
環境保全に貢献しているか
環境の影響を低減し、
「環境」
現状分析の視点
①適正な実行・業務運営
・給水圧等の状況
評
価
判定
給水圧が不適切な範囲に低下したことがなく、
水道の業務運営は適正に行われています。
A
検針や施設の維持管理等を外部委託していま
すが、水道法に基づく第三者委託は行っていませ
ん。
B
浄水場の設備点検率は平均値よりも高くなっ
ていますが、管路や消火栓の点検率は低くなって
います。また、給水管の事故割合は少ないですが、
管路の事故割合や漏水率は公表平均値より高い
ため、今後とも適正な管路の点検・維持管理を行
う必要があります。
B
・貯水槽水道への指導状況
貯水槽水道については県から権限委譲を受け
ていませんが、受付時に容量計算等の指導等は
行っています。今後も県と情報を共有し、貯水道
から安全な水が供給されるような体制づくりに
努める必要があります。
B
①地球温暖化防止
・消費電力量、二酸化炭素
排出量等の状況
配水量 1m3 当たりの電力消費量や消費エネル
ギー量、二酸化炭素排出量は平均値を上回ってい
るため、取水から給水までに消費されるエネル
ギーの効率的な運用と代替エネルギー導入つい
て検討を行う必要があります。
B
・浄水発生土の有効利用、
建設副産物のリサイクル
状況
浄水発生土については、数量も少なく数値には
表れませんが、埋戻土として使用しています。建
設副産物のリサイクルも数値化は困難ですが、ア
スファルトや砕石等のリサイクルを行っており、
今後もこれらの有効利用に努める必要がありま
す。
A
②健全な水循環
健全な水循環の指標として地下水率がありま
すが、鹿屋市は 81.0%と公表平均値の 14.2%と比
べても、かなり高い方だといえます。地下水を水
源としている場合は、コストも安く水質的にも安
定していますが、適正な揚水量の範囲で利用する
必要があります。今後とも、健全な水循環を考慮
して、浄水コストが安価で比較的安定している良
質な地下水の開発を行う必要があります。
A
・外部委託の状況
②適正な維持管理
・浄水場、管路、消火栓
等の維持管理状況
- 22 -
(2)
水道施設のハード面での現状分析と評価【構造物の診断】
水道施設等のハード面の現状分析(水道施設の機能診断)については、以下の 5 項
目を分析して構造物が現在どのような状態であるかを診断します。
①
老朽度(A):築造からの経過年数
②
コンクリートの中性化度(B)
:アルカリ性のコンクリートが二酸化炭素により中
性化する程度(度合い)。コンクリートが中性化すると中の鉄筋が錆びやすくなり
ます。
③
※
④
耐震性(D):地震に対する抵抗力
⑤
総合物理的評価点数=(A×B×C×D)1/4
コンクリートの圧縮強度(C)
:コンクリートが持っている構造的な強さ
総合物理的評価点数
(点)
①
土木施設の総合物理評価
76~100
健
51~75
一応許容できるが弱点を改良、強化する必要がある。
26~50
良い状態ではなく、計画的に更新を要する。
0~25
きわめて悪い、早急に更新の必要がある。
全
老朽度(経過年数)
今回調査を行った土木構造物(※RC 造り配水池)20 箇所の、築造後の経過年数は
以下のとおりです。
経過年数
箇所数
0~20
3
21~40
13
41~60
3
60 以上
1
今後は、築造後 40 年以上経過している配水池を中心に、施設の老朽化対策として
の更新事業を行う必要があります。
- 23 -
②
コンクリートの中性化度
コンクリートの中性化は、鉄筋腐食等に大きな影響を与えますが、今回の調査で
は、そのような影響を与えるような中性化は構造物の耐用年数以内では発生してい
ません。
③
※
コンクリートの圧縮強度
コンクリートの圧縮強度の推定は、反発度法(※ コンクリートテスター及び※ リバ
ウンドハンマー)で行い、設計基準強度を 24N/㎜ 2 と想定し、これ以上のものを 100
点、それ以下のものについては 17N/㎜ 2 から直線的に補完して、反発度法で得られ
た圧縮強度を評価しました。
圧縮強度の評価点
箇所数
100
16
75~99
2
51~75
1
50 以下
1
この結果、設計基準強度をクリアできた構造物が 16 箇所ありましたが、設計基準
強度の 24N/㎜ 2 をクリアできないものも 4 箇所ありました。
圧縮強度の低下は、構造物としての機能維持が十分果たせなくなる可能性が大き
いため、補修・補強(耐震補強を含む。)等の更新計画により、施設の延命化を図る
必要があります。
④
耐震性
※
耐震性能の評価は、設計時点において耐震性能をどのように照査したかにより
ますが、今回は水道施設の安全性の向上を目指すという考え方により、「耐震度をほ
とんど考慮していない」という評価としました。
⑤
物理的視点からみた配水池の総合評価
今回調査を行った土木構造物(※RC 造り配水池)20 箇所の、総合物理的評価は以
- 24 -
下のとおりです。
総合物理的
土木施設の総合物理評価
評 価 点 数
箇所数
0
76~100
健
51~75
一応許容できるが弱点を改良、強化する必要がある。
19
26~50
良い状態ではなく、計画的に更新を要する。
1
0~25
きわめて悪い、早急に更新の必要がある。
0
全
以上の総合評価を見ると、「良い状態ではなく、計画的に更新を要する。」という
診断結果となった施設が 1 箇所あります。また、これ以外の 19 箇所の配水池につい
ても、評価点は 51.9~63.5 となり「一応許容できるが、弱点を改良、強化する必要
がある。」との診断となり、鹿屋市水道事業全ての施設を対象として、今後、更新事
業(補修・補強工事)の計画的な検討を行わなければならないことを示唆していま
す。
また、評価点が 50 点以下(良い状態ではなく、計画的に更新を要する。)となる
までの経過年数は以下のとおりです。
評価点が 50 点以下
となるまでの経過年
箇所数
40 年以上
3
31~40
8
21~30
3
11~20
4
0~10 年以下
2
特に評価点が低く、これから 20 年以内には評価点が 50 点以下となると考えられ
る配水池が 6 箇所あり、これらについては、詳細な二次診断に基づいた更新計画を
策定する必要があります。
- 25 -
3 .鹿屋 市水道 事業の 将来像 と目 標
これからの水道事業経営に対して水道ビジョンの基本理念である【安心】、
【安定】、
【持
続】、【環境】の四つの視点に対する基本的考え方と課題を示し、それらの課題解決に向
け、鹿屋市水道事業の現状や地域特性を踏まえた将来像と目標を設定します。
なお、目標達成期間は、概ね平成 20 年度から平成 29 年度までの 10 年間とします。
3-1 鹿屋市水道事業の将来像の基本的考え方
鹿屋市水道事業の将来像の基本的考え方
3-1
(1)
水道事業に対する信頼性・満足度の向上【安心】
①
清浄な水の供給
鹿屋市水道事業等には、公営水道事業だけでも 23 箇所の水源がありますが、一
部で水質的な課題があるところもあります。また、水道法で規定されている塩素注
入が、塩素臭を引き起こしている地域も見られ、水道水を蛇口から直接飲む人の割
合は、※ 業務指標(PI)の※ 公表平均値よりも劣っています。
このようなことから、水道に対する信頼性や満足度を更に向上するために、原水
水質に応じた浄水処理(※ 高度浄水処理を含む。)の導入を図るとともに、塩素注入
のきめ細かな制御を行うことにより、塩素臭の低減に努めます。
また、全ての市民に清浄な生活用水を供給すると言う観点から、非公営簡易水道
や小規模水道等の公営水道への加入率の向上を目指しますが、所有権の問題やこれ
までの布設経緯等もあり、現時点では全ての方々が加入を要望されているわけでは
ないという現状を踏まえ、今後は加入に対する意向調査等を行い、将来的には公営
水道への加入促進を図ります。
②
原水から給水までの一貫した水質管理
原水の水質に応じて、適切な浄水処理を行い各家庭・事業所等に給水しますが、
浄水場から給水栓の間で発生した水質事故にも対応できるような「水安全計画」等
により水管理システムの構築を図ります。
- 26 -
(2)
施設的基盤や技術的基盤の強化【安定】
①
計画給水区域、計画給水人口、計画給水量等の事業計画
a
計画給水区域
目標とする計画給水区域は、理想的には鹿屋市行政区域の全域ですが、この水道
ビジョンにおいては、現在整備されている配水設備で概ね給水できる範囲、原則と
しては集落が形成されているところを給水対象(計画給水区域)とします。
b
計画給水人口
目標とする計画給水人口は、「全市民の健康保護の観点から、十分に水質管理が
なされた水の供給を受ける。」という水道事業の最重要課題に基づいて設定する必
要があります。
このようなことから、全ての市民が公営水道から良質の水の供給を受けることが
できるように、普及率の向上を目指します。
c
計画給水量
計画給水量は、施設計画や財政計画の基本となる水量であることから、生活用水、
業務営業用水、工業用水等を用途別に整理し、全ての市民が健康的な生活を確保で
き、十分な社会活動ができるような給水量を確保します。
合併により、計画給水区域の拡張に伴う新たな水道施設等の整備が必要となるも
のの、その事業が公営企業として費用対効果が上がらないことも考えられます。し
かしながら、全市民に供給できる規模の水源の確保や浄・配水施設等の整備を行い、
いつでもどこでも安定的に生活用水が得られるような水道事業づくりに努めます。
また、災害時に必要な給水量を想定し、緊急貯留・相互融通が可能な施設整備を
目指します。
②
施設整備計画(水源計画、配水計画等)
a
施設整備の基本理念
水道事業で最も重要な「水源水質・水量確保」を基本理念として、10 年に 1 回程
度の渇水では減・断水が発生しないような水源計画を策定します。
また、施設・管路の老朽化を水道システムや施設改善の好機と捉え、複数の※ 配
水ブロックを持ちそれぞれが独立した水道システムとして運営できるなどの鹿屋
- 27 -
市水道事業の特性を生かした新たな施設整備を行います。既存施設については点検、
調査、劣化予測や診断により適切な施設の更新計画を策定します。
b
施設整備計画の策定
施設の整備・更新・高水準化事業、浄水場改良・更新事業、水質改善事業等の計
画の策定は、未普及地域解消、浄水場や配水池の耐震化、配水管網整備(耐震化を
含む)に併せて行います。
③
技術基盤の確保
水道事業を維持管理していく上で最も重要な課題は、技術基盤の確保です。その
ためには、今後ますます専門化していく水道事業を維持管理できる経験豊富な技術
職員を確保し、講習会への参加、人事制度の見直し、新たな水道技術の導入等によ
り、水道事業の技術基盤の強化を図ります。
④
災害対策の強化
想定される被害(災害)に対応できる水道事業を構築します。また、災害事前対
策や災害応急対策を行うことにより、災害による施設や管路の想定被害に対して、
※
(3)
ライフライン(生命線)としての機能の確保を図ります。
経営的基盤の強化【持続】
①
施設事業資金の確保
a
施設更新の方針
再生が容易な材料を使用して、※ ライフサイクルコスト(生涯費用)の低減化を
図るとともに、一定の給水サービス水準を保持しながら、年次計画による施設更新
事業費の平準化を図ります。
b
事業資金の確保方策
※
内部留保資金だけでは施設の整備・更新、水道システムの高度化等の資金が不足
することから、自己資本と起債(借入金)を適切に組み合わせて必要な事業資金を
確保し、健全な経営を図ります。
- 28 -
②
経営効率の向上
a
経営効率化事業の推進
経営改善方策、情報管理システムの有効利用、民間活用等の方策を示した経営効
率化計画を策定し、持続的な経営を図ります。
b
全体事業と財政計画
施設の耐震化計画や老朽施設・管路の更新のための事業等については、実施に必
要な期間内での全体的な事業計画を策定します。また、※ 収益的収支と※ 資本的収支
のバランスを考慮した料金設定を行い、経営の効率化や健全性に配慮した財政計画
を策定します。
(4)
環境保全対策の強化【環境】
省エネルギー対策を軸とした地球温暖化対策に努め、環境にやさしい水道事業を
推進します。
3-2 将来の給水人口や給水量の見通し
将来の給水人口や給水量の見通し
3-2
(1)
計画給水人口
鹿屋市の行政区域内計画人口は、上位計画に当たる「鹿屋市総合計画(計画目標年
度:平成 29 年度)」との整合を図り、平成 29 年度は 104,000 人とします。現時点では、
平成 29 年度までに全ての非公営水道を統合することは困難ですので、平成 29 年度に
は現在の公営水道区域内の普及率が 100%(全体的には 95.5%)となることを目標とし
ます。
鹿屋市全体の給水人口=99,300 人、普及率=95.5%
(2)
計画給水量
計画給水量は以下のとおりです。この給水量を基に水道施設整備計画を行いますの
で、給水量が最も大きい平成 20 年度の値を採用しています。
※
1 日平均給水量=37,000m3/日、 ※1 日最大給水量=45,600m 3/日、負荷率=81.2%
- 29 -
3-3
3-3 鹿屋市水道事業の基本理念に対する今後の課題
鹿屋市水道事業の基本理念に対する今後の課題
【安心】、【安定】、【持続】、【環境】の四つの基本理念に対する、現状分析から得ら
れた課題は以下のとおりです。
基本理念
課
題
(信頼性・満足度の向上)
①水源の有効利用率(平成 18 年度現在約 80%)の向上
②大腸菌、窒素分等に関する水源の水質問題
安
心
③新規水源開発、※ 高度浄水処理導入の必要性
④塩素臭の低減
⑤原水から給水まで一貫した水質管理(水安全計画策定)の必要性
(公営水道への加入率 100%の推進)
非公営簡易水道や小規模水道等の統合問題
(施設基盤や災害対策の強化)
①事故時に備えた浄水予備能力不足への対応
②災害時の緊急給水拠点としての配水池の貯留能力不足への対応
安
定
③施設の整備・更新、耐震化、高水準化、維持管理の一元化(中央監視制
御等)の必要性
④幹線管路の事故率の低減
⑤老朽化施設・管路の更新・耐震化
⑥緊急給水拠点の確保(給水拠点の指定・整備・ポリパックの備蓄等)
(経営基盤や技術基盤の強化)
①給水量減少に伴う料金収入減少への対応
②施設整備・更新・高度化資金の確保
③※ 有収率の向上
④水道料金の統一
持
続
⑤健全経営維持のための料金改定の検討
⑥蛇口から水を直接飲む割合の向上
⑦熟練技術者の退職と技術職員の確保対策
⑧水道施設の維持管理の省力化の検討
⑨※ 貯水槽水道への指導・助言体制の検討
(環境対策の強化)
環
境
①電力負荷設備の効率的な運転の検討
②建設廃材の減量、副産物※ リサイクルの検討
③※ 有効率 95%以上の確保
- 30 -
3-4
3-4 鹿屋市水道事業の将来像と目標
鹿屋市水道事業の将来像と目標
将来像の基本的考え方を踏まえ、鹿屋市水道事業の将来像と基本目標を次のとおり設
定します。
鹿屋市水道事業の将来像
「
「全
全市
市民
民の
の生
生活
活や
や産
産業
業を
を支
支え
え、
、信
信頼
頼さ
され
れる
る水
水道
道」
」
将来にわたって、全市民の生活や産業を支えていくことを基本
に、安全・安心な水道水を供給するとともに、事業の透明性を確
保し市民から信頼され、満足される水道の構築を目指します。
【安心】、【安定】、【持続】、【環境】に対応した基本目標の 4 本柱は次のとおりです。
安心:全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水を供給します
安定:いつでもどこでも安定的に生活用水を供給します
持続:いつまでも安心できる水を安定して供給します
環境:環境への影響を低減し環境保全へ貢献します
- 31 -
<鹿屋市水道事業の目標>
安心
■全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水を供給します
安全・安心な水道水の供給は、水道事業の重要な責務です。いつ
までも安心しておいしく飲める水道水を供給できるよう、水源から
蛇口までの水質管理を徹底し、良質な水づくりに努め、水道に対す
る信頼性・満足度の向上を図ります。
【施策目標】
(1)
全ての市民に清浄な生活用水の供給
(2)
水道事業に対する信頼性・満足度の向上
(3)
公営水道への加入率の向上
安定
■いつでもどこでも安定的に生活用水を供給します
水道は生活に不可欠なものであり、日常はもとより災害・事故時
においても給水することが求められています。
将来にわたった安定供給のために、水道システム全体が効率よく
機能するよう水源確保・施設の整備や管理システムの構築、災害対
策等を着実かつ計画的に推進し、全ての市民のライフラインとして
頼りになる水道を目指します。
【施策目標】
(1)
安定した給水の確保
(2)
災害・事故時でもライフラインの確保
- 32 -
持続
■いつまでも安心できる水を安定して供給します
水道事業はお客様からの水道料金で成り立っており、経営努力に
より適正な料金で水道水を供給することが重要です。
そのために、経営の効率化や安定的な財政の確保、技術の継承な
ど持続可能な経営基盤の強化を図ります。また、お客様に対する更
なるサービスの向上に努め、お客様の視点に立った水道事業運営を
目指します。
【施策目標】
(1)
事業収入による水道事業の健全経営
(2)
蛇口から直接水を飲む水道文化の継承
(3)
顧客サービスの向上
(4)
水道施設の適切な運営・実行
環境
■環境への影響を低減し環境保全へ貢献します
公益的サービスの提供者としての社会的責任を果たす観点から、
地球温暖化対策、廃棄物の減量化や資源の有効利用等の環境問題へ
の対応が求められています。
水道事業は多くの電力を消費することから省エネルギーに努め
るとともに、水資源や※ 建設副産物の有効利用等を推進し、環境に
やさしい水道を目指します。
【施策目標】
(1)
環境対策の推進
(2)
有効率 95%以上の確保
- 33 -
鹿屋市水道ビジョンの体系図
将来像
基本目標
(1)全ての市民に清浄
な生活用水の供給
安心
全ての市民の皆様が
安心しておいしく飲
める水を供給します
(2)水道事業に対する信
頼性・満足度の向上
(3) 公 営 水 道 へ の 加
入率の向上
(1)安定した給水の確保
全市
市民
民の
の生
生活
活や
や産
産業
業を
を支
支え
え、
、信
信頼
頼さ
され
れる
る水
水道
道
全
安定
いつでもどこでも
安定的に生活用水
を供給します
(2)災害・事故時でもラ
イフラインの確保
①
良質な水質の水源開発と有効利用
②
塩素臭の低減
①
情報公開と説明責任
②
水道水のより一層の安全性
向上(高度浄水処理導入等)
③
水安全計画の策定
①
非公営簡易水道等 の公営水
道加入率 100%の推進
①
浄水施設や配水池の余裕度
確保
②
老朽化した水道施設の更新・耐震化
③
配水管の更新
①
水質事故やテロ対策
②
災害に強い水運用
③
基幹施設の耐震化
④
管路網の耐震化(連絡管・
ブロック化)
⑤
応急給水、応急復旧体制の充実
⑥
緊急給水拠点の整備
⑦
渇水対策
①
経営基盤の強化
②
事業実施に伴う水道料金の
統一や料金改定
③
有収率の向上
(2) 蛇口から直接水を
飲む水道文化の継承
①
蛇口から直接水を飲む水道
文化の継承
(3)顧客サービスの向上
①
顧客サービスの向上
①
水道施設の効率的運転
②
浄水場 、配水 池、管 路の 運
転・維持管理体制の強化
③
施設や業務の効率化と経費節減
④
検針・料金徴収システムの合理化
⑤
第三者委託の導入検討
⑥
技術基盤の強化(技術職員の
確保等)
(1)事業収入による水
道事業の健全経営
持続
施策方針
施策目標
いつまでも安心
できる水を安定
して供給します
(4)水道施設の適切な
運営・実行
⑦ 貯水槽水道や給水装置等の事故防止
環境
環境への影響を
低減し環境保全
へ貢献します
(1)環境対策の推進
(2)有 効 率 95% 以 上
の確保
- 34 -
①
水源の監視強化・保全や有効
利用
②
水道施設の運転における環境
負荷の低減
③
建設工事における環境負荷
の低減
①
有効率の目標値 95%以上の確保
4 .目標 を実現 するた めの施 策
鹿屋市水道事業の将来像と目標を実現するために、将来の事業計画(給水人口や給水
量等)に基づき、計画期間内に実施する施策の方針と実現方策を示します。
4-1
全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水の供給
安心
【施策の体系】
全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水を供給します
(1)
①
(1) 全ての市民に清浄
①
良質な水質の水源開発と有効利用
②
塩素臭の低減
な生活用水の供給
① 情報公開と説明責任
(2) 水道事業に対する信
② 水道水のより一層の安全性向上
頼性・満足度の向上
③
(3) 公 営 水 道 へ の 加
水安全計画の策定
① 非公営簡易水 道等の公営 水道加入 率
100%の推進
入率の向上
全ての市民に清浄な生活用水の供給
良質な水質の水源開発と有効利用
鹿屋市の水源の一部では、※ クリプト等の指標菌である大腸菌が検出されたり、
硝酸態窒素や亜硝酸態窒素(以下「窒素分」と言います。)が上昇して取水を停止し
ている水源があります。また、浄水場の一部では給水量に対して計画取水量が 60%
程度となっているところがあります。
- 35 -
このようなことから、水質的に安定している深層地下水の開発が望まれますが、
水量的には汚染されていない湧水等の開発が有利な場合もありますので、水質・水
量の両面から水源開発を検討します。
また、鹿屋市には色々な種類の水源がありますので、災害時にはこれらの水源を
有効的に活用することで、緊急給水量の確保に努めます。
②
塩素臭の低減
鹿屋市における異臭味問題としては、年間 2~3 件配水池(浄水場)に近い住民
から塩素臭に対する苦情が寄せられています。
この問題を解決するために、配水池(浄水場)等での塩素注入を最小限とし、管
路の途中に追加塩素注入設備を設けるとともに、配水管の末端だけではなく広い範
囲に残留塩素計を設置し、残留塩素濃度の変化を常時監視できるシステムを検討し
ます。
【実現方策】
施策方針
良質な水源開
発と有効利用
塩素臭の低減
実現方策
具体的な内容
地下水の水質保全
●水源地域を涵養保安用地として取得
良質な地下水の開発
●予備水源の開発
●水源の予備能力を加味した広範囲での水源
調査
●災害時における水源の有効活用計画の策定
広域的な水質監視体
制
●塩素注入箇所の変更(追加塩素注入設備)
●中央監視設備による広範囲での残留塩素の
監視・制御
- 36 -
(2)
(2)
①
水道事業に対する信頼度・満足度の向上
水道事業に対する信頼性・満足度の向上
情報公開と説明責任
水道事業に関する情報は、常時の一般的なことは「広報かのや」で、水質について
は鹿屋市の※ ホームページの「鹿屋市水質検査計画」で公表しています。また、災害
時等においては、防災無線、有線放送(※ オフトーク等)、報道機関等で緊急広報を
行っています。
今回のアンケート調査結果を見ると、知りたい情報のベスト 3 は、①水道水の水
質や安全性、②災害時の情報、③水道料金であり、また、情報の入手手段は、①広
報紙、②防災無線・オフトーク、③テレビ・ラジオの順となっています。
市民の皆様が最も知りたい水質リスク(危機)に関する情報を市民の皆様や水道
事業者(行政)とで共有し、お互いの意思疎通(相互理解)を図る必要があります
が、これらの情報はホームページで公開されているものの、実際にホームページか
ら情報を得ている人は 16%程度です。
このようなことから、説明責任を果たすために、鹿屋市が保有している原水や浄
水の水質試験の結果、安定した水道水源確保への取り組み等を積極的に公表・広報
することで水道水に対する不安を払拭し、市民の皆様の信頼性や満足度の向上を図
ります。また、水道事業全般の情報を公開する「水道だより」等の水道専用の広報紙
の作成を検討します。
②
水道水のより一層の安全性向上(※ 高度浄水処理導入等)
水道水の安全性を更に向上させるためには、※ クリプト等に対応した浄水処理方
式の高度化(※ 膜処理、紫外線処理の導入等)を検討する必要があります。
その一環として、一部の水源でのクリプト等対策として紫外線処理設備の導入を
計画していますが、これ以外の浅井戸や湧水を水源としている全ての水道事業等
(非公営水道事業や小規模水道施設も含む。)においても、同様の問題が発生する
可能性が考えられます。
このようなことから、代替施設からの給水や高度浄水処理方式の導入を検討しま
す。
③
水安全計画の策定
より一層の水質管理体制の強化と『蛇口から直接水を飲むといった日本が誇る水道
- 37 -
文化の確実な継承』を図るため、水安全計画の策定を検討します。
以下に、水安全計画の概要を示します。
水安全計画とは、水源から蛇口に至るまでのあらゆる過程において、一貫して
水質管理の一層の強化を図るものであり、「水質検査計画」や「水道※ 危機管理対策
マニュアル(手引書)」を、以下のとおり更に充実させたものです。
○ これまで発生した危害だけではなく、※ テロ等を含めた水道水質へ影響を
与える可能性全ての危害を抽出・分析して、対応措置を機能的なマニュアル
として整理します。
○ 危害が発生した場合は、マニュアルを活用し迅速な対応で水質への影響を
未然に防止します。
○ PDCA サイクル(計画:Plan⇒実行:Do⇒検証:Check⇒改善:Act⇒計画:
Plan⇒・・・)による定期的な見直しを行うことにより、将来にわたって水
質的な安全性を確保するとともに、技術力の維持・向上にも役立てることが
出来ます。
【実現方策】
施策方針
情報公開と説明
責任
実現方策
●原水・浄水の水質試験の結果
●水道水の水質など安全に関すること
「広報かのや」、防災
●災害時の被害状況や応急給水状況
無線・※ オフトーク、
●水道料金の仕組み
テレビ・ラジオ、ホー
●水源の状況
ムページ等での積極
●水道工事や断水状況
的な広報活動
●水道に関する将来計画
●「水道だより」等の水道専用の広報紙
※
水道水のより一
層の安全性向上
具体的な内容
高 度浄 水 処 理設 備
の導入
●水源保全と窒素分低減方策
●耐塩素性微生物対策(膜処理、紫外線処理等)
浄水施設の増設
●取水量に対して十分余裕のある浄水施設能
力の確保
水質検査計画や水道
水安全計画の策定 危機管理対策マニュ
アルの見直し
●考えられる全ての危害の抽出・分析
●対応措置の機能的なマニュアル化
●危機発生時のマニュアルを活用した迅速な
対応
●定期的な見直しによる将来にわたる水質的
な安全性の確保
- 38 -
(3)
公営水道への加入率の向上
鹿屋市水道事業としては、非公営の簡易水道、小規模水道、自家用飲用井戸、
※
貯水槽水道等も包含した水道サービスが、全ての市民を対象として実施できる体
制として、行政区域内人口=給水人口(給水普及率 100%)が理想です。
しかしながら、非公営の水道事業等(小規模水道や自家用飲用井戸等も含む)に
ついては、布設の経緯や、当時の負担金や水道料金に対する問題も山積しています
ので、水道ビジョンの計画期間内(平成 29 年度まで)に全ての非公営水道事業等
を、公営水道へ統合することは極めて困難だと考えています。
今後は、行政サービスの平等性といった立場からも、健康な生活が維持できる清
浄な生活用水の供給を推進するために、公営水道への加入に関する意識調査(加入
の意向調査)を行い、※ 非公営簡易水道事業や小規模水道等の統合計画を策定する
とともに、現在、実態の把握が困難な自家用飲用井戸等の施設把握の向上を目指し
ます。
これらの水道においては、公営水道への加入の要望もあるところから、今後は順
次統合を推進していきたいと考えています。
【実現方策】
施策方針
非公営簡易水道等
の公営水道加入率
100%の推進
実現方策
要望調査の実施
具体的な内容
●小規模水道等施設の実態把握
●水道施設等に対する指導・助言
●要望調査結果に基づく統合計画策定
- 39 -
4-2
いつでもどこでも安定的な生活用水の供給
安定
【施策の体系】
いつでもどこでも安定的に生活用水を供給します
① 浄水施設や配水池の余裕度確保
(1) 安 定 し た 給 水 の
② 老朽化した水道施設の更新・耐震化
確保
③ 配水管の更新
① 水質事故やテロ対策
② 災害に強い水運用
③ 基幹施設の耐震化
(2)災害・事故時でも
④ 管路網の耐震化
ライフラインの
確保
⑤ 応急給水、応急復旧体制の充実
⑥ 緊急給水拠点の整備
⑦ 渇水対策
(1) 安定した給水の確保
①
浄水施設や配水池の余裕度確保
浄水施設の予備能力は、事故時や大量に浄水処理を行う必要がある場合などに備
え、各※ 配水ブロック間の融通を確保する必要があります。鹿屋市の浄水施設の予
備能力は、平成 18 年度現在 14%程度にとどまっています。また、浄水場の一部で
は、※1 日最大給水量の 60%程度の能力となっているところがあります。
一般的に浄水施設の予備能力は、25%程度を標準としていますので、現在の施設
では災害や原水水質の悪化・変動時には十分対応できないことも考えられるため、
- 40 -
水源開発とともに浄水施設の能力確保に努めます。
配水池の有効容量は、計画※ 1 日最大給水量の 12 時間分を標準とし、給水の安定
性を高めるために出来るだけ大きく確保することが望ましいとされています。鹿屋
市の配水池貯留量は 10.9 時間分しか確保されていませんので、12 時間分以上貯留す
るために配水池の整備を図ります。
②
老朽化した水道施設の更新・耐震化
布設(築造)年度や施設機能診断結果による更新の優先順位により、老朽施設や
老朽管路の更新・耐震化を推進します。
特に、重要施設や基幹管路は統廃合も含めて総体的に検討し、施設利用率が高い
水道システムとしての再構築を図ります。
③
配水管の更新
配水管の中で特に耐震性が低いといわれている鋳鉄管や※ 石綿セメント管が、約
34.6 ㎞布設されています。これ以外にも、耐震性が低いソケット継手の鋼管や※TS
継手の塩化ビニル管が布設されています。
配水管の更新は、老朽管や耐震性が低い管路を優先的に行いますが、事前に配水
管網シミュレーション計算等で合理的な管種・管径を決定してから、効率的な布設
替えを推進します。
【実現方策】
施策方針
実現方策
浄水施設や配水
池の余裕度確保
浄水施設・配水池の
増設
●浄水施設の予備能力を 25%以上確保
●配水池の新設・増設
施設の補修・補強
●施設の健全度調査・診断(二次)
●施設の統廃合の検討
●耐震化を考慮した更新計画
適正管径での布設替
●計画流量に適合した管径の決定
●管路更新の優先度の設定(水管橋や橋梁添
架管等)
●耐震化を考慮した管種・継手の選定
老朽化した水道
施設の更新・耐震
化
配水管の更新
具体的な内容
- 41 -
(2) 災害・事故時でもライフラインの確保
災害・事故時でもライフラインを確保
(2)
①
水質事故やテロ対策
水質事故や※ テロ(脅威行動)による水源の汚染対策を考慮して、安定水源の確
保や水道施設の多系統化とともに、浄水場の無人化に向けて、中央監視制御システ
ム(常時監視システム)等の導入を図ります。
具体的な対応策としては、水源から蛇口までで考えられる全ての水質事故に対応
できる「水安全計画」の実践に努めます。
②
災害に強い水運用
連絡管の整備や※ 配水ブロックの再編成等により、効率的な水運用機能を強化し、
想定される渇水、地震、台風等豪雨被害への対応策を検討します。
想定される災害のうち、
a 渇水災害については種類の異なる水源の運用
b 地震災害については配水ブロック間の連絡管による水の融通
c 台風等豪雨災害に対しては表流水の※ 緊急遮断や他系統からの水の融通
により、生活に必要な最小限の給水確保に努めます。
③
基幹施設の耐震化
コンクリート構造物の耐震補修・補強、浄水場・配水場等の土砂崩壊対策、構造
物や管路基礎の液状化対策、電気・機器の耐震・水没対策、配水池への※ 緊急遮断
弁の設置等基幹施設の耐震化を図ります。
なお、全ての基幹施設を耐震化するためには、補修・補強にかかる莫大な事業費
と長い工事期間が想定されますので、特に重要と判断された施設から耐震化を図り
ます。
④
管路網の耐震化
構造物との接合部への伸縮可撓管の設置、主要管路の耐震化(※ 耐震管、耐震継
手の採用)、※ 石綿セメント管等※ 耐震性能が低い管路の優先的な更新、水管橋、橋
梁添架管の耐震補強とともに、配水システム全体の耐震化(連絡管、配水ブロック
化、広域的バックアップ体制の構築)に努めます。
施設の耐震化と同様に、最終的に全ての主要管路の耐震化が終了するまでには相
当期間が必要と考えられますので、特に重要な幹線管路や緊急給水拠点までの管路
- 42 -
等の早期耐震化を図ります。
⑤
応急給水、応急復旧体制の充実
災害時には、「水安全計画」を実践するとともに、災害や水質事故等による給水停
止時における迅速な応急給水に努めます。
また、災害時のより早い復旧を目指して、近隣水道事業者等との応急復旧体制を
構築します。
⑥
緊急給水拠点の整備
地震等の災害発生時にも応急給水を可能とするために、配水池への※ 緊急遮断弁
の設置や配水池容量の増加等による備蓄量の確保並びに災害に強い給水拠点の整
備を検討します。
また、緊急給水拠点までの配水管路の耐震化や※ 耐震管への布設替えを図ります。
一般的に大規模災害時における応急給水量等の想定値は、以下のとおりです。
災害発生からの日数
発生から 3 日まで
10 日まで
21 日まで
28 日以降
目標水量
3 L/人・日
20 L/人・日
100 L/人・日
380 L/人・日
水運搬距離
1 ㎞以内
250 m 以内
100m 以内
100m 以内
主な給水方法
緊急貯水槽、タンク車等
配水幹線付近の仮設給水栓
配水支線上の仮設給水栓
仮配管からの各戸給水
上表に示したとおり、災害時の緊急給水拠点は、緊急時の生活用水の運搬量(生
命維持用水:2~3 L/人・日)や被災者の高齢化を考慮し、1 ㎞圏内に 1 箇所程度大
規模な病院、公園、学校等を候補として検討します。
⑦
渇水対策
これまで鹿屋市では、大きな渇水被害は発生していませんが、今後は、地球温暖
化により豪雨と渇水が交互に発生すると言われています。
このため、渇水期でも安定的に取水出来る水源開発を行うとともに、異常時でも
断・減水しないことを目指し、10 年に 1 回程度の渇水を想定した渇水対策を検討し
ます。
- 43 -
【実現方策】
施策方針
実現方策
具体的な内容
水質事故やテロ
対策
水安全計画の実践
●安定水源の確保
●中央監視システムによる水質の常時監視
災害に強い水運用
取水・配水系統の多
系統化
●配水区域のブロック化と連絡管
●異なる水源の相互融通
基幹施設の耐震化
施設の補修・補強
●施設能力等の分析
●耐震補修・補強方法・費用等の検討
●優先順位に基づく補修・補強計画
管路網の耐震化
(連絡管・ブロッ
ク化)
●管網水理計算による管径の決定
●幹線・重要路線や優先順位の検討
管路の更新(布設替)
●重要度に応じた管路更新計画
●連絡管・配水区域ブロック化の検討
応急給水、応急復
旧体制の充実(災
害時の ※ ライフラ
インの確保)
緊急給水拠点の
整備
水安全計画の実践
●緊急時に備えた給水車の保有
●緊急時用のポリパック等の備蓄
●近隣水道事業体との応急復旧体制の整備
緊急給水拠点の整備
●配水池への※ 緊急遮断弁の設置
●配水池容量の増加
●緊急給水拠点までの配水管路の耐震化
渇水対策(水源水
良質な水源の開発
量の余裕度確保)
●10 年に 1 回程度の渇水に対応可能な水道
システムの構築
●水源余裕率を 30%程度までに上昇
- 44 -
4-3
持続
いつまでも安心できる水の安定した供給
【施策の体系】
① 経営基盤の強化
(1)事 業 収 入 に よ る
② 事業実施に伴う水道料金の統一や料
水道事業の健全
金改定
経営
③
いつまでも安心できる水を安定して供給します
(2)蛇口から直接水を飲
※
有収率の向上
① 蛇口から直接水を飲む水道文化の継承
む水道文化の継承
(3) 顧 客 サ ー ビ ス の
① 顧客サービスの向上
向上
①
水道施設の効率的運転
②
浄水場、配水池、管路の運転・維持
管理体制の強化
③
施設や業務の効率化と経費節減
④
検針・料金徴収システムの合理化
⑤
第三者委託の導入検討
⑥
技術基盤の強化(技術職員の確保等)
⑦
貯水槽水道や給水装置等の事故防止
(4) 水 道 施 設 の 適 切
な運営・実行
- 45 -
(1)
(1) 事業収入による水道事業経営
事業収入による水道事業の健全経営
①
経営基盤の強化
安定した水道事業の経営を図るための経営基盤の強化策としては、※ 内部留保資
金の確保とともに、自己資本と起債(借入金)を適切に組み合わせて施設の整備・
更新・耐震化等に必要な事業費を確保し、施設の安全で・安定した運転による事業
経営の安定化を図ります。
②
事業実施に伴う水道料金の統一や料金改定
鹿屋市では、合併後も複数の水道事業を経営し、それぞれで水道料金が異なって
います。費用負担の公平性確保の観点から、また、施設の整備・更新・耐震化等の
事業費を確保するため、水道料金の統一を図ります。
また、今後においては施設整備等に相当な費用が見込まれていますので、事業計
画に基づく財政計画を策定し、適正な時期に適正料金の設定を図ります。
③
有収率の向上
水道事業収入の殆んどは給水収益であり、効率的に給水収益を上げるためには、
水道施設からの漏水をなくし、水源からの水が全て家庭や事業所等に届けられるこ
とが理想です。
このためには、老朽施設や管路の漏水調査を行い、漏水が発見されたら直ちに補
修することにより※ 有収率を向上させ、効率的に給水収益が得られる事業経営を推
進します。
【実現方策】
施策方針
実現方策
具体的な内容
経営基盤の強化
施設の整備・更新・
耐震化等の事業費の
確保
●施設整備・更新・耐震化事業費の算定
●事業費の財源内訳書(自己資金、起債
等)の作成
●内部留保資金と料金改定の検討
事業実施に伴う水道
料金の統一や料金改
定
事業実施年次割表に
基づく財政計画
●公営水道事業の料金統一の検討
●事業実施に伴う収支不足額の算定
●料金改定を含む財政計画の策定
- 46 -
有収率の向上
老朽施設・管路の更
新
●老朽施設の調査
●調査結果に基づく老朽施設の更新
●管路の漏水調査
●調査結果に基づく老朽管路の更新
(2) 蛇口から直接水を飲む水道文化の継承
蛇口から直接水を飲む水道文化の継承
(2)
市民の皆様に安全でおいしい水をつくり届けることで、蛇口から直接水を飲むと言
う日本が誇る水道文化の確実な継承を図ります。また、このような安全でおいしい水
をつくり続けるために、「水安全計画」を実践するとともに、水道施設の高水準化を図
ります。
【実現方策】
施策方針
実現方策
具体的な内容
蛇口から直接水を飲
む水道文化の継承
安全でおいしい水の
供給
●良質な水の供給
●塩素臭の低減
(3)(3)顧客サービスの向上
顧客サービスの向上
①
顧客ニーズの把握
今回の「鹿屋市水道ビジョン」の策定においても、水道事業懇話会の設置やアン
ケート調査等を行っており、今後とも、顧客満足度調査、※ 水道モニター制度、※ パ
ブリックコメント等の実施に努め、顧客ニーズの把握を図ります。
②
広報の充実や情報公開の推進
参加型広報活動や IT(Information Technology:情報技術)活用等による情報公開
を行うとともに、他団体と比較しやすい※ 業務指標(PI)を活用する等の方策を検
討します。
情報公開の手段としては、今後とも水質などの安全性、災害時の被害や給水に関
する情報、水道料金の仕組み、水源の情報等に関するお知らせは、広報紙等や※ ホー
ムページに掲載します。
また、宅地内での漏水等については、検針時にお知らせする等、市民の皆様の視
- 47 -
点に立った顧客サービスの向上を図ります。
③
公正な業務評価の実施
自己又は第三者機関による公正な業務評価について検討します。なお、当面の間
は、1年に1回程度業務指標(PI)による自己評価を行います。
【実現方策】
施策方針
顧客サービスの向上
実現方策
具体的な内容
顧客ニーズの把握
●顧客満足度調査等の実施
広報の充実や情報公
開の推進
●参加型広報活動の推進
●IT の活用による業務の効率化
公正な業務評価の実
施
●年 1 回程度の業務評価の実施
(自己評価)
(4) 水道施設の適切な運営・実行
水道施設の適切な運営・実行
(4)
①
水道施設の効率的運転
今後とも、水源、浄水場、配水池等の位置・規模等を考慮して※ 配水ブロックを
再構築することにより、適正水圧の確保に努めます。
また、需要者の利便性(複層階への※ 直結給水等)の向上に向けて、市内の主要
な箇所での水圧や※ 残留塩素が遠方監視・制御できる体制の構築に努めます。この
ような、水道専門の高度な施設の維持管理には、相当な経験と知識が必要となるた
め、「水道業務経験度」の高い技術職員の確保が不可欠です。
②
浄水場、配水池、管路の運転・維持管理体制の強化
水道システムの効率的運転や維持管理体制の強化のために、一箇所で監視・制御
できるようなシステムの導入を図ります。このことにより、末端給水圧を常時監視
することで、水道施設全般の効率的な運転管理を行い、※ 有効率を向上することで
環境対策へも寄与できます。
また、浄水場等の適正な維持管理による事故防止対策として、施設や管路(バル
ブ類を含む)の点検を強化し、有効率の向上や断水・濁水時間の大幅な短縮や漏水
事故の低減を図ります。
- 48 -
③
施設や業務の効率化と経費節減
施設の効率的運用、IT の活用による業務の効率化、組織の見直しなどにより、経
費の節減に努めます。
④
検針・料金徴収システムの合理化
検針や料金請求方法等に係る運営方法については、現在使用されている「検針業
務マニュアル」に基づいた講習会を行うなど、最も合理的な実施方策を検討します。
なお、検針の省力化、正確さ、効率化のためのメーターの※ 遠隔指示方式、※ 遠隔
検針方式の導入、※ プリペード方式の採用については今後の検討課題とします。
⑤
第三者委託の導入検討
他の水道事業においても、これまで水道管理技術上の業務における※ 第三者委託
導入の実績は少数にとどまっています。今後は第三者委託を既に実施している水道
事業者の実施状況調査等の結果を踏まえながら、その実施例や導入の手順、手続き
等について十分に調査するなど、第三者委託の導入を検討します。
⑥
技術基盤の強化(技術職員の確保等)
水道事業の運営は、公営企業としての特殊性や高い知見と技術を必要としており、
職員の研修、人事制度の見直し、職員の意識改革等により、「水道業務経験度」の高
い職員の育成や技術専門職員数の確保に努めます。
⑦
貯水槽水道や給水装置等の事故防止
鹿屋市公営水道事業の給水区域内における※ 貯水槽水道については、簡易専用水
道が 78 箇所、小規模貯水槽水道が 254 箇所ありますが、全て鹿屋保健所が監督指
導を行っているため、鹿屋市では受付時に貯水槽容量計算等の指導のみを行ってい
ます。
今後、貯水槽、給水管、給水用具等が原因となる事故を防止するためにも、給水
装置等の維持管理を自ら行わなければならないこと等の周知徹底や情報の公開、指
定給水装置工事業者との連携の強化に努めます。
更に、給水施設の事故防止対策として、全ての給水設備(貯水槽水道を含む)に
対して関係機関と協力しながら監督指導を行い、貯水槽水道を含む給水装置等の事
故防止に努めます。
- 49 -
【実現方策】
施策方針
実現方策
具体的な内容
中央監視制御設備等
の整備
●中央監視制御設備によるきめ細か
な維持管理体制の構築
※
● インバータ制御等省エネルギーシ
ステムの採用
適正水圧の広範囲な
管理システムの導入
●3 階までの※ 直結給水の検討
●末端給水圧の広範囲な管理による
適正水圧の確保(管網整備等)
※
● 有効率向上のための施設や管路の
漏水調査の強化
維持管理体制の強化
●中央監視制御設備の充実
施設や業務の効率化と
経費節減
IT の活用、管理業務
内容の見直し
●IT(情報技術)の活用による業務の
効率化
●水源地や浄水場の管理委託等を含め
た組織の見直しによる経費の節減
検針・料金徴収システム
の合理化
「検針業務マニュア
ル」に基づく講習会
の実施
●「検針業務マニュアル」に基づく講習
会の実施
第三者委託の導入検討
水道管理の技術上の
業務の第三者委託導
入検討
●導入実態調査の実施
技術基盤の強化(技術職
員の確保等)
総合的な技術能力の
向上
●「水道業務経験度」の高い技術職員
の確保
●職員研修の実施
●新たな技術等の導入
貯水槽水道や給水装置
等の事故防止
関係機関との情報の
共有
●申込み時の指導・助言
●直結給水の可能性調査の実施
水道施設の効率的運転
浄水場、配水池、管路の
運転・維持管理体制の強
化
- 50 -
4-4
環境
環境への影響を低減し環境保全への貢献
【施策の体系】
環境への影響を低減し環境保全へ貢献します
①
(1)環境対策の推進
水源の監視強化・保全や有効利用
② 水道施設の運転における環境負荷の低減
③ 建設工事における環境負荷の低減
(2)有効 率 95%以 上
①
有効率の目標値 95%以上の確保
の確保
(1)
(1) 環境対策の推進
環境対策の推進
①
水源の監視強化・保全や有効利用
水源流域圏や水源の後背地における水質改善対策として、水源地保護の観点から
水源地周辺を涵養保安用地として取得に努めるとともに、汚染源となる恐れのある
農畜産業や工場、事業所等の有無や種類、汚染物質の排出状況の把握に努め、必要
に応じて関係行政機関等とも連携した水質監視体制の構築を図ります。
また、節水、雨水利用、用水転用、※ 水源涵養林の整備等による水の有効利用策
を検討します。
②
水道施設の運転における環境負荷の低減
小水力発電、太陽光発電、省エネルギー型機器への取替え(※ インバータ制御方
式の採用)等の環境・エネルギー対策技術について検討します。
具体的には、鹿屋市水道事業でのエネルギー消費量の大半を占めているポンプ施
- 51 -
設について、中央監視制御設備の導入により、きめ細かな維持管理を行うことで、
現在の単位水量あたりの電力使用量の削減を図ります。
③
建設工事における環境負荷の低減
浅層埋設による※ 建設副産物の減量化、発生土、建設廃材の再利用・再資源化に
努め、建設工事における環境負荷の低減を図ります。
具体的には、再生骨材、※再生アスコン、※再生砕石等の利用率の向上を目指します。
【実現方策】
施策方針
実現方策
具体的な内容
水源監視体制の強化
●農畜産業、製造業等への環境保全
に対する周知徹底
●窒素肥料等の監視
●耐塩素性微生物と水質試験頻度
水源涵養保安用地の取
得
●水源地周辺環境の保護
水道施設の運転におけ
る環境負荷の低減
電力消費量の削減
●中央監視制御設備や※ インバータ
方式の採用
●合理的な施設の運転管理
建設工事における環境
負荷の低減
再生可能材料の利用
●建設副産物の減量化
●再生アスコン、再生砕石等の利用
水源の監視強化・保全
(2) 有効率
有効率95%以上を確保
95%以上の確保
(2)
水資源の有効利用を図るため、計画期間内(平成 29 年度まで)における※ 有効率の
目標値を 95%とします。具体的な取り組みとしては、浄水場内の漏水防止策としての
施設更新、配水管の漏水防止策としての漏水探査、老朽管路の更新、適正水圧の保持、
給水装置等の漏水防止策等に努めます。
【実現方策】
施策方針
有効率の向上
実現方策
目標値=95%以上
- 52 -
具体的な内容
●老朽施設の漏水調査と更新
●管路の漏水調査と更新
●給水装置の漏水防止
●適正水圧の保持
5 .ビジ ョンの 実現に 向けた 事業 計画
5-1
5-1 事業計画の概要
事業計画の概要
(1)
運営・管理等ソフト面の計画
基本理念
安
心
安
定
持
続
事業方針
具体的な計画内容
水源水質の安全性確保
水源涵養保安林の取得、水源有効活用計画
蛇口から安全でおいしい
水安全計画、公営水道への加入100%の推進、
水
の
供
給 小規模水道等の実態把握
漏水調査、老朽施設の二次診断、災害時の施
設運転計画、緊急給水拠点の整備、災害時の水
事故・災害時での供給確保
運用計画、近隣事業体との応急復旧体制、
(水安
全計画)
技術基盤の強化、維持管理委託業務等の見直
し、検針・料金徴収システムの合理化、効率的
維持管理体制の強化
な施設の運転管理と点検、※ 直結給水の推進、直
接飲用率の向上、貯水槽水道対策、
(水安全計画)
顧客サービスの向上
水源水質の安全性確保
環
境
地球温暖化対策への貢献
(2)
安
浅層埋設、建設廃材の減量化・※ リサイクル、
有効率95%以上の確保
施設整備・更新・耐震化等ハード面の計画
基本理念
安
情報公開、水道専門情報紙(水道だより)、顧
客満足度調査、参加型広報活動、※ 業務指標(PI)
による自己評価
地下水の監視強化・保全、農業・畜産業・工
場・事業所等の有無や汚染物質の把握
心
事業方針
具体的な計画内容
良 質 な 水 源 の 確 保
水源調査、水源開発、水源予備能力の確保
蛇口から安全でおいしい
塩素臭対策、※ クリプト等対策、窒素分対策、
水
の
供
給 高度浄水処理の導入、追加塩素注入設備
施 設 能 力 の 強 化
既存水源の施設更新、浄水予備能力の確保、
配水池の予備容量の確保(新設・拡張)、配水池
の補修・補強、老朽施設の更新(耐震化を含む)、
老朽管路(※ 石綿セメント管等)の布設替え
災 害 対 策 の 強 化
基幹施設の耐震化、幹線管路の耐震化、配水
管路網の耐震化(連絡管、※ 配水ブロック)、※ 緊
急遮断弁の設置、伸縮可撓管の設置、水管橋・
橋梁添架管の耐震化、渇水対策
定
- 53 -
持
続
維持管理体制の強化
広範囲な有効圧力・※ 残留塩素管理や維持管理
体 制の 一 元 化及 び 省 力 化( 中 央 監視 制 御 設 備
等:市役所分庁舎での一元管理))
環
境
地球温暖化対策への貢献
中央監視制御設備によるきめ細かな施設制御
や省エネルギー機器の採用
(3)
財政計画
基本理念
持
続
事業方針
具体的な計画内容
事 業 基 盤 の 強 化
施設整備・更新・高水準化・耐震化等の事業
計画⇒適正な起債(借入金)計画⇒経常収支概
算表の作成⇒効果的な水道料金の統一・改定に
基づく財政計画⇒必要な事業費の確保
5-2
5-2 水道事業等における施設整備・更新・耐震化等の計画内容
水道事業等における施設整備・更新・耐震化等の計画内容
(1)
鹿屋串良地域
鹿屋串良地域水道事業は、現在平成 29 年度を目標とした第 1 次拡張事業を予定して
います。
この事業では、紫外線処理設備工事を行うとともに、施設の改良・更新事業として
は、老朽化した配水池の耐震補強工事や※ 石綿セメント管等※ 耐震性能が劣っている配
水管路の布設替え工事を見込んでいます。
また、昭和 38 年に創設された柏木簡易水道事業、昭和 62 年に創設された古江簡易
水道事業も、施設の状況は次で述べる輝北簡易水道事業と同様に、水源は地下水(湧
水)に頼っています。
柏木簡易水道事業と古江簡易水道事業の状況を見ると、給水人口が計画値の約 60%
に減少し、給水量も計画値の 70%程度に減少していることから、今回の水道ビジョン
では、特に、給水人口が 100 人以下となっている柏木簡易水道事業の施設統合ととも
に、古江簡易水道事業についても、鹿屋市上水道事業との施設統合も視野に入れた計
画を目指します。
今回の水道ビジョンでは、基本理念に基づく事業方針に沿って、以下のような施設
整備・更新・耐震化事業(ハード面)を行います。
- 54 -
基本理念
事業方針
良 質 な 水 源 の 確 保
安
心
具体的な計画内容
①
開発済みの白崎第2水源の水質変動(窒素分
の上昇)により、新たに田崎第4水源の調査・
開発を行います。
②
古江・花岡地区に、新たな深井戸水源の調
査・開発を行います。
③
古江・花岡地区で十分な水量が確保された
場合は、東花岡地区、柳地区やその周辺への
供給を検討します。
④
柳配水池系の高牧第1水源(表流水)は、季
節による水量の変動が大きいため、地下水水
源への転換を検討します。
①
蛇口から安全でおいしい
水
の
供
給 ②
新高隈水源、高松水源及び浅井戸と湧水水源
については、水質の状況に応じて、※ 紫外線照
射設備によるクリプト等対策を行います。
鹿屋串良地域水道事業と経営上一体化され
ている古江簡易水道や柏木簡易水道への連絡
管を布設します。
①
水源施設能力の強化のために、新生・西原
系、馬掛・共心・旭原系、横山系に取水ポン
プや電気計装設備を整備します。
②
配水施設能力の強化のために、馬掛・共心・
旭原系、東花岡系、新生・西原系、大浦系に、
配水池や配水管の整備を行います。
③
鹿屋串良地域から古江簡易水道や柏木簡易
水道への給水に当たり、老朽化した配水施設
等を新たに整備します。
①
災害時の予備水源として、古江地区に深井戸
とは別に浅井戸水源の調査・開発を行います。
②
老朽化した導・送・配水管を※ 耐震管で布設
替えします。
③
緊急貯水槽となる配水池(東花岡、柳、横
山、新生、西原、大浦、三角、馬掛、共心、
旭原)に、緊急遮断弁を設置します。
④
本管分岐から緊急給水拠点までの配水管路
を耐震化します。
⑤
主要な水管橋・橋梁添架管を耐震補強(補
修を含む)します。
①
吾平地域の情報は上田崎ポンプ場を、輝北簡
易水道の情報は輝北総合支所を経由し、上下水
道部で管理制御可能なシステムとします。
②
広範囲に水圧や※ 残留塩素を監視し、快適な
水の供給に努めます。
③
中央監視制御設備(市役所分庁舎:上下水
道部での一元管理)の充実を図ります。
①
中央監視制御設備によるきめ細かな施設制
御を行えるシステムを整備します。
②
電力消費量の削減を目指して省エネルギー
機器(インバータ等)への更新を行います。
施 設 能 力 の 強 化
安
定
災 害 対 策 の 強 化
持
環
続
境
維持管理体制の強化
地球温暖化対策への貢献
- 55 -
(2)
吾平地域
吾平地域水道事業は昭和 49 年に創設され、簡易水道等国庫補助事業(広域簡易水道
事業)により施設整備に着手し、昭和 52 年に変更認可(浄水方法の変更)を受け、昭
和 53 年 3 月に竣工しました。その後、配水池の増設、加圧施設の整備、道路改良に伴
う配水管の整備・更新を行ってきましたが、今後は、水源の調査・開発や管路の布設
替えなど施設整備を行う必要があり、その財源対策として合併時に生じた料金格差等
の課題を早急に解消します。
今回の水道ビジョンでは、これまで述べてきたような経緯を十分に考慮し、以下の
ような基本理念に基づく事業方針に沿って、施設整備・更新・耐震化事業(ハード面)
を行います。
基本理念
安
心
事業方針
具体的な計画内容
良 質 な 水 源 の 確 保
水源の不足水量を確保するために、深井戸水
源の調査・開発を行います。
※
蛇口から安全でおいしい
緩速ろ過池等浄水施設の改修・更生(ろ材入
れ替え等)を行います。
水
の
供
給
①
配水施設能力の強化のために、配水池を新
設します。
②
老朽化または容量が不足している高区配水
池や永野牧配水池の更新(新設による耐震化)
を行います。
③
老朽管路(鋳鉄管・鋼管・石綿セメント管)
の更新を行います。
①
着水井、普通沈殿池、緩速ろ過池、流入調
整弁槽等浄水施設一式を耐震補強します。
②
低区配水池や新設する配水池に緊急遮断弁
を設置します。
③
本管分岐から緊急給水拠点まで、配水管路
を耐震化します。
④
主要な水管橋・橋梁添架管を耐震補強(補
修を含む)します。
⑤
災害時の緊急給水を確保するために、鹿屋
串良地域との連絡管を布設します。
施 設 能 力 の 強 化
安
定
災 害 対 策 の 強 化
持
環
続
境
維持管理体制の強化
地球温暖化対策への貢献
吾平地区の情報は全て上田崎ポンプ場を経由
して、上下水道部で管理制御可能なシステムと
します。
①
中央監視制御設備によるきめ細かな施設制
御を行えるシステムを整備します。
②
電力消費量の削減を目指して省エネルギー
機器(インバータ等)への更新を行います。
- 56 -
(3)
公営簡易水道事業(輝北)
輝北町簡易水道事業は、平成 17 年 3 月に 5 箇所の簡易水道事業、3 箇所の※ 飲料水
供給施設、2 箇所の未給水地区を統合して創設され、それぞれの簡易水道事業の地理
的・地形的状況により施設統合(ハード統合)は困難と判断し、事業の効率化を図り、
より健全で安定・持続が可能な水道事業経営を目指すこととしました。
このため、基幹施設の新設・一元化事業は行わず、給水区域の拡張に伴う配水管の
整備工事、老朽化した基幹施設の改良工事を国庫補助等により行う計画となっていま
す。
平成 18 年 1 月 1 日の合併に伴い、鹿屋市輝北簡易水道事業として経営することに
なり、今後は、配水系統の統合や鹿屋市水道事業への編入を目指します。
具体的には、以下のような基本理念に基づく事業方針に沿って、施設整備・更新・
耐震化事業(ハード面)を行います。
基本理念
事業方針
具体的な計画内容
①
新市成水系(市成、唐鎌、諏訪原、上場を
施設統合)で新たな水源の調査・開発を行い
ます。
②
新百引水系(堂平、上百引、下百引を施設
統合)で新たな水源の調査・開発を行います。
良 質 な 水 源 の 確 保
安
心
蛇口から安全でおいしい
新市成水源、新百引水源において、紫外線照射設
備によるクリプト等対策を行います。
水
の
供
給
施 設 能 力 の 強 化
安
定
①
配水施設能力の強化のために、新百引配水
池や新市成配水池を新設します。
②
老朽化または容量が不足している新住宅配
水池を更新(新設による耐震化)します。
③
老朽管路(鋳鉄管・鋼管)や管径が不足して
いる配水管等の更新・布設替えを行います。
① ※ 耐震性能が劣っている平房配水池、岳野配
水池、上場配水池の耐震化のために、新たな
配水池を築造します。
災 害 対 策 の 強 化
② 新百引配水池や新市成配水池に緊急遮断弁
を設置します。
③ 本管分岐から緊急給水拠点まで、配水管路
を耐震化します。
持
環
続
境
維持管理体制の強化
地球温暖化対策への貢献
輝北地区の情報は全て輝北支所を経由して、上下
水道部で管理制御可能なシステムとします。
①
中央監視制御設備によるきめ細かな施設制
御を行えるシステムを整備します。
②
電力消費量の削減を目指して省エネルギー
機器(インバータ等)への更新を行います。
- 57 -
公営簡易水道事業(立小野 )
(4)
昭和 58 年に創設された立小野簡易水道事業も、施設の状況は輝北簡易水道事業と
同様に、水源は地下水(湧水)に頼っています。
立小野簡易水道事業は、計画給水人口 330 人に対して平成 18 年度末の現在給水人
口が 162 人で約 50%に、計画※ 1 日最大給水量 161 m3/日に対しては約 20%と大きく減
少しています。
このようなことから、鹿屋市水道事業との施設統合も視野に入れた計画を目指しま
す。
具体的には、以下のような基本理念に基づく事業方針に沿って、施設整備・更新・
耐震化事業(ハード面)を行います。
基本理念
安
心
事業方針
蛇口から安全でおいしい
鹿屋串良地域(共心配水池系管末)から、連
絡管を布設します。
水
の
供
給
施 設 能 力 の 強 化
安
具体的な計画内容
老朽化している立小野配水池を更新(新設に
よる耐震化)します。
定
同
災 害 対 策 の 強 化
持
環
(5)
続
境
維持管理体制の強化
地球温暖化対策への貢献
上
立小野地区の情報は全て生栗須ポンプ場を経
由して、上下水道部で管理制御可能なシステム
とします。
①
中央監視制御設備によるきめ細かな施設制
御を行えるシステムを整備します。
②
電力消費量の削減を目指して省エネルギー
機器(インバータ等)への更新を行います。
非公営簡易水道事業
(桜町、花里、花岡、根木原、船間、海道、白水、古里、獅子目、天神)
非公営の簡易水道事業については、
【安心】の項で述べたとおり、非公営の簡易水道
等を包含した水道サービスが、全ての市民を対象として実施できる体制(給水普及率
100%)が理想です。しかしながら、布設の経緯や、当時の負担金や水道料金に対する
問題も山積しています。
今後は、公営水道への加入に関する意識調査(加入の意向調査)を行い、統合可能
- 58 -
なところから、順次統合を推進していきたいと考えています。
(6)
その他の水道事業等( ※専用水道、※ 飲料水供給施設等)
その他の水道事業等についても非公営簡易水道事業と同様に、今後は、公営水道へ
の加入に関する意識調査(加入の意向調査)を行い、統合可能なところから、順次統
合を推進していきたいと考えています。
- 59 -
5-3
5-3 年次スケジュール
年次スケジュール
基本目標や施策目標に基づく具体的な施策の年次スケジュールを下記に示します。
なお、スケジュール期間は、短期(平成 20 年度~24 年度)、中期(平成 25 年度~29
年度)、長期の(平成 30 年度以降)の 3 期に分類しています。
1.全ての市民の皆様が安心しておいしく飲める水を供給します。【安心】
施 策
スケジュール
調査・計画
具体的な施策
(
地下水の水質
保全
)
1
水源地域の涵養保安林の
取得等
(
広範囲での水源調査・
①良質な水源開
全 生 発と有効利用
開発
良質な地下水の
て活
開発
災害時の水源有効活用計
の用
画の策定
市水
民の
に供
追加塩素注入設備の整備
清 給 ②塩素臭の低減 広域的な水質監
視体制
浄
残留塩素監視・制御シス
な
テムの整備
)
2
水
道満
事足
業度
にの
対向
す上
る
信
頼
性
・
①情報公開と
説明責任
積極的な広報
活動
広報等による広報活動の
充実
「水道だより」等の水道
専門広報紙の作成
水源保全と窒素分低減
高度浄水処理設 方策
②水道水のより 備の導入
一層の安全性
耐塩素性微生物対策
向上
浄水施設の増設 浄水施設の増設
③水安全計画の
策定
(3)公営水道への加入率の向上
①非公営簡易水道等の公営水道加入
率100%の推進
水安全計画の策定
公営水道への統合計画
の策定
公営水道への統合
- 60 -
短期
H20~H24
実施
継続
中期
H25~H29
長期
H30以降
2.いつでもどこでも安定的に生活用水を供給します。【安定】
施 策
スケジュール
具体的な施策
(
)
1
浄水施設の予備能力の確
①浄水施設や
浄水施設・配水 保
配水池の余裕
池の増設
度確保
配水池の新設、増設
安
定
し
た
給
水
の
確
保
(
)
2
災
害
・
事
故
時
で
も
ラ
イ
フ
ラ
イ
ン
の
確
保
施設の健全度調査・診断
(二次)
②老朽化した水 施設の補修・補
施設の統廃合の検討
道施設の更新 強
老朽施設の更新
計画流量や耐震化を考慮
した口径・管種等の選定
適正管径での布
③配水管の更新
設替
配水管の布設替
①水質事故や
テロ対策
安定水源の確保
水安全計画の実
践
中央監視システムによる
水質の常時監視
②災害に強い
水運用
配水区域のブロック化と
取水・配水系統 連絡管整備
の多系統化
異なる水源の相互融通
施設の耐震診断と耐震化
③基幹施設の耐 施設の補修・補 計画
震化
強
計画に基づく補修・補強
④管路網の耐震 管路の更新
化
(布設替)
管路更新計画
耐震管の布設替
給水車の保有、ポリパッ
⑤応急給水、応
水安全計画の実 ク等の備蓄
急復旧体制の
践
近隣水道事業体との応急
充実
復旧体制の整備
配水池への緊急遮断弁の
⑥緊急給水拠点 緊急給水拠点の 設置
の整備
整備
緊急給水拠点までの配水
管路の耐震化
⑦渇水対策
良質な水源の開 渇水に対応可能な水道シ
発
ステムの構築
- 61 -
調査・計画
短期
H20~H24
実施
中期
H25~H29
継続
長期
H30以降
3.いつまでも安心できる水を安定して供給します。【持続】
施 策
スケジュール
調査・計画
具体的な施策
(
)
1
事事
業業
収の
入健
に全
よ経
る営
水
道
①経営基盤の
強化
施設の整備・更
新・耐震化等の
事業費の確保
事業資金計画
公営水道事業の料金統一
②事業実施に伴
事業実施年次割 の検討
う水道料金の
表に基づく財政
統一化や料金
料金改定を含む財政計画
計画
改定
の策定
③有収率の向上
老朽施設・管路
の更新
老朽施設の調査と更新
管路の漏水調査と更新
(2)蛇口から直接水を飲 安全でおいしい
塩素臭の低減
水の供給
む水道文化の継承
顧客ニーズの把
顧客満足度調査等の実施
握
(3)顧客サービスの
向上
広報の充実や情
参加型広報活動の推進
報公開の推進
公正な業務評価 年1回程度の業務評価の
の実施
実施
中央監視制御設備による
①水道施設の効 中央監視制御設 維持管理体制の構築
率的運転
備等の整備
インバータ制御等省エネル
ギーシステムの採用
3階までの直結給水の検
討
(
4
)
水
道
施
設
の
適
切
な
運
営
・
実
行
②浄水場、配水
適正水圧の面的
池、管路の運
末端給水圧の広範囲な管
な管理システム
転・維持管理
理による適正水圧の確保
の導入
体制の強化
施設の点検や管路の漏水
点検の強化
IT活用による業務の効
③施設や業務の ITの活用、管 率化
効率化と経費 理業務内容の見
管理委託等を含めた組織
節減
直し
の見直しによる経費節減
④検針・料金徴 「検針業務マニュ
収システムの アル」に基づく講 講習会の実施
合理化
習会の実施
水道管理の技術
⑤第三者委託の
上の業務の第三 導入実態調査の実施
導入検討
者委託導入検討
水道業務経験度の高い
技術職員の確保
⑥技術基盤の
強化
総合的な技術能
職員研修の充実
力の向上
新たな技術等の導入
申込み時の指導・助言
⑦貯水槽水道や
関係機関との情
給水装置等の
報の共有
直結給水可能性調査の実
事故防止
施
- 62 -
短期
H20~H24
実施
継続
中期
H25~H29
長期
H30以降
4.環境への影響を低減し環境保全へ貢献します。【環境】
施 策
スケジュール
調査・計画
具体的な施策
(
)
1
環
境
対
策
の
推
進
①水源の監視
強化・保全
農畜産業、製造業等への
環境保全に対する周知徹
水源監視体制の 底
強化
水質監視の強化
中央監視制御設備やイン
②水道施設の運
電力消費量の削 バータ方式の採用
転における環
減
境負荷の低減
合理的な施設の運転管理
(
建設副産物の減量化
③建設工事にお
再生可能材料の
ける環境負荷
利用
再生アスコン、再生砕石
の低減
等の利用
)
2 有以
効 上 ①有効率の向上 目標値=95%以
上
率の
9 確
5 保
%
老朽施設の漏水調査と更
新
管路の漏水調査と更新
給水装置の漏水防止
適正水圧の保持
- 63 -
短期
H20~H24
実施
継続
中期
H25~H29
長期
H30以降
5-4
5-4 財政計画
財政計画
財政計画は、以下のような条件で行います。
①
給水収益は、1m3 当たりの平均供給単価に年間有収水量を乗じて求めます。
②
収益的収入のうちその他収入や営業外収益等は、平成 20 年度以降同額で推移
するものとします。
③
収益的支出のうち、人件費や業務費及び総係費等も、平成 20 年度以降同額で
推移するものとします。
④
動力や薬品費は、1m3 当たりの費用に年間有収水量を乗じて求めます。
⑤
企業会計(鹿屋串良地域及び吾平地域)における減価償却費は過年度分を考慮
し、取得した翌年度から償却を開始するものとします。
また、輝北簡易水道事業や立小野簡易水道事業については、簡易水道特別会計
(一般会計)で決算されているため減価償却費は計上していませんが、統合後の
財政計画には加算しています。
⑥
資産減耗費やその他費用については、平成 20 年度以降同額で推移するものと
します。
⑦
企業債の償還方法は、償還期間 30 年、据置き期間 5 年、年利 2.1%、元利均等
払いとします。
(1)
現行料金による財政見通し
①
鹿屋串良地域水道事業
単年度の収支を表す「収益的収支」では、事業推進に伴い、今後は減価償却費や
支払利息の増加により利益は大幅な減少となり、平成 27 年度以降非常に厳しい
財政状況が予想されます。
また、資産の取得や施設整備に要する収支を表す「資本的収支」では、収支不
足額を地方公営企業法施行令に基づき、内部留保資金(利益剰余金等)で補填す
ることとなっておりますが、平成 27 年度には資金不足が予想され、繰越金等の
補填財源がなくなるため、このままでは事業推進が困難となる恐れがあります。
- 64 -
このようなことから、「水道ビジョン」の基本である「安全で安心して飲める
水の安定供給」持続させるための水源開発や施設整備に必要な財源対策として、
平成 27 年度以降に料金の見直しが必要となってきます。
②
吾平地域水道事業
吾平地域は、姶良川を水源としている浄水場が一箇所のみで代替水源がないこ
とから、早急に水源開発や施設整備を実施する必要があります。
しかしながら、現行料金での経営は平成 21 年度から損失(赤字)となり、資金
不足が生じる見込みで、このままではこれからの水源開発などの事業推進に影響
を及ぼし、市民生活を脅かすこととなります。
このようなことから、まず、合併時に生じた鹿屋串良地域との料金格差を平成
21 年度以降統一することが急務であり、このことにより財源対策を図ることが先
決であると考えます。
③
輝北簡易水道事業
輝北簡易水道事業は、簡易水道特別会計で経営されてきましたので、基金等か
らの繰入金で歳入と歳出のバランスを保ってきましたが、今後、国庫補助金を導
入して施設整備を行っても、相当額の繰入金が必要となります。
このようなことから、「水道ビジョン」に基づく事業を行うための資金を確保す
るためには、平成 23 年度以降料金改定を行う必要があります。
④
立小野簡易水道事業
現在、鹿屋串良地域水道事業と同じ料金体系となっているため、鹿屋市公営水
道事業全体の料金改定に併せて検討することとします。
(2)
鹿屋市水道事業(鹿屋串良地域・吾平地域・輝北簡易水道・立小野簡易水道を統
合した場合)の財政見通し
平成 26 年度に、鹿屋市水道事業として全ての公営水道事業を統合した場合の「収
益的収支」での利益は、統合前と比較すると大幅に減少し、平成 29 年度には損失(赤
字)を生じます。
このようなことから、「水道ビジョン」に基づき事業を推進するためには、統合後
の新たな料金設定が必要となってきます。
- 65 -
5-5
5-5 業務計画の再評価(業務指標)
業務計画の再評価(業務指標)
平成 29 年度までの施策推進による主要な※ 業務指標を算出すると、下記のとおり
となります。「安心」「安全」「環境」の業務指標については、良好で望ましい方向に
増加・減少しており、事業の効果が現れています。「持続」の経営については、現状
よりも悪い方向に数値が増加あるいは減少しており、より一層の経営の効率化等を図
る必要があります。
施策に関連する業務指標(PI)
基本理念
業務指標
安心
現状
将来
(H18) (H29)
単位
1002 水源余裕率
%
28.1
35.6
水源水量の増大に伴い水源の余裕が拡大
し、事故時や大量に使用する必要がある場合
の対応が容易となります。
1003 原水有効利用率
%
81.8
95.1
取水した水がより有効に利用されます。
塩素臭から見たお
いしい水達成率
%
75.0
100.0
2003 浄水予備力確保率
%
15.6
17.3
2004 配水池貯留能力
日
0.57
0.86
2104 管路の更新率
%
1.1
1.1
今後も計画的に管路の更新を推進します。
2107 管路の新設率
%
0.9
0.5
2209 配水池耐震施設率
%
32.2
89.5
2210 管路の耐震化率
%
3.1
18.0
3001 営業収支比率
%
141.6
106.3
管路の新設は減少しますが、今後は、維持
管理や更新に重点を置いた計画を行います。
配水池の耐震性能が大きく向上し、災害時
でも安定供給が可能となります。
管路の耐震性能が向上し、災害時の安定性
が高まります。
営業収支比率は100%を超え、安定した経
営を維持できていますが、老朽化施設の更新
や耐震化等の事業費が増加したため、現状よ
りも減少します。
3002 経常収支比率
%
127.0
97.5
3003 総収支比率
%
127.0
97.5
%
9.1
9.6
%
14.3
14.3
1106
安定
給水収益に対する企
業債利息の割合
給水収益に対する企
3011
業債償還金の割合
3009
持続
環境
評 価
3014 供給単価
円/m
3
139.9
147.9
3015 給水原価
円/m3
113.4
155.9
3018 有収率
%
84.6
92.7
5107 漏水率
%
12.9
4.9
3
0.52
0.50
3
1.94
1.88
188.1
182.4
3
4001 配水量1m 当たり電
力使用量
3
配水量1m
当たり消
4002
費エネルギー
3
4006 配水量1m 当たり二
酸化炭素排出量
kWh/m
MJ/m
g-CO2/m
3
- 66 -
塩素臭の被害がなくなり、おいしい水の供給
が図られます。
水源水量の増大に伴い浄水予備能力も拡
大し、事故時等の浄水能力が向上します。
配水池の貯留能力が拡大し、災害時の給水
能力が向上します。
費用が収入を上回りますので、料金改定
の検討が必要です。
数値は現状よりも若干高くなりますが、財務
安全性は高い方です。
数値を現状維持しており、財務安全性は高
い方です。
統合に伴う施設整備による事業費の増大に
より、給水原価が供給単価を上回りますので、
料金改定の検討が必要性です。
有収率が向上し、より効率的な経営ができる
ようになります。
漏水率が低下し、有効率の向上に貢献でき
ます。
電力使用量が減少し、より効率的に電力を
使って配水できるようになります。
消費エネルギーが減少し、より効率的にエネ
ルギーを使って配水できるようになります。
二酸化炭素の排出量が減少し、地球温暖化
防止に貢献します。
参
考
資
料
鹿屋市水道事業の現況
■鹿屋市水道事業の概要
事業名称
鹿屋串良地域水道事業
H20.3
T13.12
68.31
90,500
吾平地域水道事業
S52.6
S53.5
48.10
6,400
7,288
1,688
2,961
柏木簡易水道事業
S38.12
S39.4
0.40
200
71
33
44
古江簡易水道事業
S62.3
S63.4
10.60
1,660
1,043
950
765
127.41
98,760
92,625
42,671
39,270
輝北簡易水道事業
H17.3
S30.4
45.3
4,550
4,060
2,600
2,600
立小野簡易水道事業
S58.4
S60.2
3.0
330
162
161
31
4,222
2,761
2,631
小計
鹿屋市
簡易水道事
業
計画
実績
1日最大 1日最大
給水量
給水量
(m3/日)
(m3/日)
84,223
40,000
35,500
現在
給水人口
(人)
給水開始
年月
区分
鹿屋市
水道事業
給水区域
計画
面積
給水人口
(人)
(㎞2)
許可
年月
小計
合計
48.3
4,880
175.71
103,640
96,847
45,432
41,901
注)実績は平成18年度末
資料:上下水道部調
■非公営簡易水道事業の概要
区分
280
計画
実績
1日最大 1日最大
給水量
給水量
(m3/日)
(m3/日)
177
42
100
-
500
192
42
100
-
1,200
568
240
170
S36.2
-
210
76
31
25
S49.11
S49.12
-
430
207
86
64
S54.7
S39.10
-
360
543
54
131
S42.11
S43.4
-
660
460
99
145
古里簡易水道事業
S42.8
S42.7
-
500
330
60
123
獅子目簡易水道事業
S33.6
S33.10
-
770
126
115
80
天神町簡易水道事業
S51.7
S51.7
-
650
359
130
92
給水区域
計画
面積
給水人口
(人)
(㎞2)
許可
年月
給水開始
年月
桜町簡易水道事業
S34.3
S32.9
-
花里簡易水道事業
S34.3
S35.2
花岡地区簡易水道事業
S46.3
S46.4
根木原町簡易水道事業
S34.3
事業名称
船間町簡易水道事業
非公営簡易
水道事業 海道町簡易水道事業
白水町簡易水道事業
5,560
計
現在
給水人口
(人)
3,038
899
1,030
注)実績は平成18年度末
資料:上下水道部調
1
■集落水道組合の概要
給水開始 給水世帯 給水人口
年月
(世帯) (人)
1 瀬戸野高付水道組合
鹿屋市上高隈町瀬戸野町内会 S38.4
5
9
2 瀬戸野尾淵水道組合
S35.2
1
2
鹿屋市上高隈町瀬戸野町内会
3 鶴簡易水道組合
鹿屋市上高隈町柏木町内会 S37.5
3
5
4 鍋山水道組合
5
9
鹿屋市上高隈町柏木町内会
5 重田第一水道組合
鹿屋市上高隈町重田
17
34
6 牛牧水道組合
5
13
鹿屋市上高隈町重田
7 踊橋地区水道組合
鹿屋市上高隈町重田
26
63
8 石ヶ野水道組合
S35
2
3
鹿屋市上高隈町重田
9 浦石原上水道組合
鹿屋市上高隈町重田
3
10
10 浦石原中水道組合
S38.4
9
21
鹿屋市上高隈町重田
S47.12
11 浦石原下水道組合
鹿屋市上高隈町重田
32
70
12 柚木原上中水道組合
S53.4
20
40
鹿屋市下高隈町柚木原
S47
13 柚木原下水道組合
鹿屋市下高隈町柚木原
18
40
14 川原田水道組合
3
6
鹿屋市下高隈町上別府原田
15 川出水道組合
鹿屋市下高隈町谷田
4
14
16 谷田木場水道組合
S48.1
8
17
鹿屋市下高隈町谷田
17 山ヶ野水道組合
鹿屋市下高隈町山ヶ野
2
4
18 吉ヶ別府仮谷水道組合
S40.10
18
50
鹿屋市下高隈町吉ヶ別府
H1
19 赤崩水道組合
鹿屋市花岡町
6
15
20 小薄水道組合
51
109
鹿屋市小薄町
H11.10
21 一里山簡易水道組合
鹿屋市白水町
36
77
22 古江小島西水道組合
S26.2
5
9
鹿屋市古江町
23 古江上小島水道組合
鹿屋市古江町
11
20
24 山下西簡易水道組合
S34.2
30
100
鹿屋市南町
S43.3
25 山下第1簡易水道組合
鹿屋市南町
11
23
26 山下中簡易水道組合
S34.4
26
60
鹿屋市南町
S31.4
27 永目水道組合
鹿屋市永小原町
20
40
28 平原地区簡易水道組合
9
14
鹿屋市永小原町平原
29 新村水道組合
鹿屋市大姶良町
16
33
30 宮下簡易水道組合
S35.2
22
45
鹿屋市大姶良町
31 中原水道組合
鹿屋市獅子目町
9
24
32 新里水道組合
31
75
鹿屋市高牧町
S40.10
33 平牧小屋谷水道組合
鹿屋市高牧町
5
6
34 小屋谷水道組合
3
5
鹿屋市高牧町
35 祓川町川東水道組合
鹿屋市祓川町
20
43
36 砂ヶ野振興会飲料水供給施設 鹿屋市吾平町砂ヶ野振興会 H12
5
13
37 上苫野地区飲料水供給施設
鹿屋市吾平町金山、苫野等
16
42
38 木場部落飲料水供給施設
S62
16
42
鹿屋市吾平町木場
S53
39 眞戸原部落飲料水供給施設
鹿屋市吾平町眞戸原
17
44
40 久木野々地区集落水道
14
26
鹿屋市輝北町久木野々地区
41 宇都地区集落水道
鹿屋市輝北町宇都地区
5
9
42 風呂段地区集落水道
4
10
鹿屋市輝北町風呂段地区
43 堂園地区集落水道
鹿屋市串良町堂園地区
14
24
44 山郷飲雑用水組合
7
27
鹿屋市串良町下中地区
計
590
1,345
注)給水戸数及び給水人口は平成19年6月現在
資料:上下水道部調
組合名称
給水区域
2
■鹿屋市水道事業の水需要の推移
年度 項目
平成9年度 平成10年度 平成11年度 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成18年度
3
行政区域内人口
(人)
104,843
105,049
105,255
105,666
106,328
106,371
106,668
106,694
105,511
105,448
給水区域内現在人口
(人)
100,069
100,593
100,731
101,203
101,906
101,878
102,168
102,988
101,356
100,795
現在給水人口
(人)
95,507
96,039
96,168
96,679
97,334
97,325
97,603
98,330
97,466
96,847
普及率(対給水区域内人口)(%)
95.4
95.5
95.5
95.5
95.5
95.5
95.5
95.5
96.2
96.1
普及率(対行政区域内人口)(%)
91.1
91.4
91.4
91.5
91.5
91.5
91.5
92.2
92.4
91.8
3
14,041
13,874
14,109
13,852
13,872
13,845
14,283
14,283
17,039
14,692
3
13,457
13,640
13,616
13,587
13,586
13,637
13,516
13,575
13,477
13,643
3
13,457
13,640
13,616
13,587
13,586
13,619
13,514
13,575
13,477
13,643
3
年間取水量
(千m )
年間浄水量
(千m )
年間給水量
(千m )
年間有収水量
(千m )
11,410
11,553
11,516
11,535
11,514
11,539
11,473
11,505
11,496
11,543
1日平均給水量
(m /日)
3
36,868
37,372
37,215
37,225
37,221
37,309
36,936
37,193
36,923
37,378
1人1日平均給水量
(L/人・日)
386
389
387
385
382
383
378
378
379
386
1日最大給水量
(m /日)
45,320
45,640
45,819
44,656
43,569
42,398
43,467
43,867
43,218
41,901
1人1日最大給水量
(L/人・日)
475
475
476
462
448
436
445
446
443
433
有収率
(%)
84.8
84.7
84.6
84.9
84.7
84.7
84.9
84.8
85.3
84.6
負荷率
(%)
81.4
81.9
81.2
83.4
85.4
88.0
85.0
84.8
85.4
89.2
3
資料:上下水道部調
■水源の概要
水系、
区分 水道事業名称 配水池系
東花岡
柳
横山
鹿
屋
市
水
道
事
業
水源種別
高牧第二水源地
湧 水
907
高牧第一水源池
表流水
2,600
高橋水源地
表流水
2,000
三角
馬掛共心
東原
36.8
4,600
4,092
12.4
4,600
4,600
2,300
1,000
田崎第三水源地 深層地下水
5,839
3,700
3,606
2,700
2,668
76.2
7,400
6,274
104.6
田崎第一水源地 深層地下水
-
1,866
-
2,900
-
2,768
横山系に移行
22.8
白崎第二水源地 浅層地下水
4,500
2,000
小計
7,900
4,900
4,634
70.5
-
-
H20から供用
新高隈水源地
湧 水
7,000
3,400
2,682
161.0
荒谷水源地
湧 水
14,400
12,300
12,255
17.5
高松水源地
湧 水
11,211
7,200
6,752
66.0
25,611
19,500
19,007
34.7
58,857
40,500
37,352
57.6
1,856
1,856
2,961
-37.3
1,856
1,856
2,961
-37.3
湧 水
33
33
44
-25.0
33
33
44
-25.0
湧 水
950
950
765
24.2
950
950
765
24.2
61,696
43,339
41,122
50.0
2,600
55.3
吾平地域水道 姶良川水源地
事業
表流水
計
柏木簡易水道 柏木水源地
事業
計
古江簡易水道 古江第二水源地
事業
計
計
上百引
上百引水源地
浅層地下水
1,008
560
下百引
下百引水源地
湧 水
492
335
浅層地下水
864
365
唐鎌水源地
鹿
屋
市 輝北簡易水道 市成
事業
簡
諏訪原
易
岳野
水
堂平
道
事
上場
業
H20から移行
61.9
4,700
3,400
200
135
1,064
500
浅層地下水
648
545
湧 水
576
465
岳野水源地
深層地下水
115
70
堂平水源地
湧 水
70
70
上場水源地
計
湧 水
65
65
4,038
2,610
唐鎌第二水源地
湧 水
小計
市成水源地
諏訪原水源地
立小野簡易水 立小野水源地
道事業
湧 水
計
計
161
161
31
419.4
161
161
31
419.4
4,199
2,771
2,631
59.6
7,053
-8.5
36700
49.7
43,753
40.3
表流水
6,456
6,456
浅層地下水
2,520
1,470
深層地下水
16,354
10,370
湧 水
36,065
25,814
合 計
61,395
44,110
※1:水源余裕率(%)=[(水源能力/日最大取水量)-1]×100
※2:取水量合計には白崎第二水源地(H20から供用)の取水量は含まない
4
備考
12.4
-
12,839
計
唐鎌
4,092
-
小計
深層地下水
小計
合 計
663
小計
田崎第二水源地 深層地下水
新生西原
700
田崎第一水源地 深層地下水
船塚水源地
鹿屋串良地域
水道事業
水源能力 計画取水量 平成18年度 平成18年度
日最大取水量 水源余裕率
3
(m /日) (m3/日)
(%)
(m3/日)
水源名称
資料:上下水道部調
単位:千m3
水道事業名称
消毒のみ 緩速ろ過
計
10,413
1,142
11,555
鹿屋串良地域水道事業
884
884
吾平地域水道事業
10
10
柏木簡易水道事業
209
209
古江簡易水道事業
10,632
2,026
12,658
計
757
757
輝北簡易水道事業
9
9
立小野簡易水道事業
■年間浄水量
区分
鹿屋市
水道事業
鹿屋市
簡易水道事業
766
11,398
計
合 計
766
2,026
13,424
平成18年度実績
■配水池の概要
区分
水道
事業名称
配水系統
配水池 配水池容量
耐震設
竣工年
3
構造
計
(m )
315 S.57
R C
1,500 S.11
R C
R C
500 S.16
R C
1,000 S.58
1,000 S.63
P C
30 S.53
R C
250 H.7
SUS
○
R C
1,640 S.45
740 S.45
R C
1,000 H.11
SUS
○
1,000 S.61
R C
配水池名称
東花岡
鹿
屋
市
水
道
事
業
東花岡配水池
柳第1配水池
柳
柳第2配水池
横山第1配水池
横山第2配水池
横山
上浜田配水池
霧島ヶ丘配水池
新生配水池
鹿屋串良地
域水道事業 新生・西原 西原第1配水池
西原第2配水池
大浦
大浦配水池
三角
三角配水池
SUS
馬掛配水池
馬掛・共心・
旭原
共心配水池
R C
P C
SUS
小 計
永野牧配水池
高区配水池
吾平地域水
道事業
低区配水池
R C
R C
R C
R C
小 計
柏木簡易水 柏木配水池
道事業
古江簡易水 古江第2配水池
道事業
計
上百引
下百引
鹿
屋
市
簡
易
水
道
事
業
輝北簡易水
唐鎌
道事業
市成
諏訪原
岳野
堂平
上場
城山第1配水池
城山第2配水池
城山第3配水池
竹下配水池
新住宅配水池
三原第1配水池
三原第2配水池
三原第3配水池
唐鎌配水池
平房配水池
下沢津第1配水池
下沢津第2配水池
下沢津第3配水池
市成第1配水池
市成第2配水池
八重山配水池
仏山配水池
岳野配水池
堂平配水池
上場配水池
小 計
立小野簡易
立小野配水池
水道事業
計
1,500 H.10
1,080
1,500
3,300
16,355
58
182
580
580
1,400
S.55
S.45
H.8
17 S.39
R C
375 S.62
R C
18,147
200
180
50
48
50
106
140
40
180
100
20
50
100
50
300
180
180
100
60
300
2,434
緊急貯水槽と
して利用
○
S.52
S.51
S.51
H.2
R C
R C
R C
R C
R C
SUS
SUS
SUS
R C
R C
R C
R C
R C
SUS
R C
R C
SUS
SUS
R C
SUS
R C
○
備考
鹿屋
S.60
S.60
S.30
S.49
H.4
S.62
H.6
S.36
S.58
S.54
S.55
H.元
H.4
S.37
S.37
H.5
S.61
S.54
H.元
S.54
74 S.58
串良
2,508
合 計
20,655
5
資料:上下水道部調
■管種別管路延長(平成18年度末現在)
施設
管種
鹿屋串良
地域
鋳鉄管
5,754
ダクタイル鋳鉄管
6,385
鋼管
1,672
導水管 石綿セメント管
1,030
硬質塩化ビニル管
4,839
ポリエチレン管等
小計
19,680
鋳鉄管
1,202
ダクタイル鋳鉄管
31,020
鋼管
235
送水管 石綿セメント管
495
硬質塩化ビニル管
7,206
ポリエチレン管等
小計
40,158
鋳鉄管
15,885
ダクタイル鋳鉄管
94,606
鋼管
18,845
配水管 石綿セメント管
15,866
硬質塩化ビニル管 648,657
ポリエチレン管等
903
小計
794,762
鋳鉄管
22,841
ダクタイル鋳鉄管 132,011
鋼管
20,752
合計 石綿セメント管
17,391
硬質塩化ビニル管 660,702
ポリエチレン管等
903
計
854,600
単位:m、%
鹿屋市水道事業
吾平 柏木簡易 古江簡易
地域
水道
水道
107
16
935
1,858
107
2,793
4,670
120
467
4,790
6,817
2,317
1,141
91,030
103
101,408
107
6,817
2,317
5,811
91,150
103
106,305
16
260
407
51
0
3,685
1,185
1,527
597
1,854
138
3,836
4,486
0
0
1,736
0
5,543
0
7,279
7,952
1,787
1,020
1,905
138
4,303
0
9,153
801
鹿屋市簡易水道事業
計
5,861
6,401
2,607
1,030
6,697
22,596
1,462
31,427
286
5,165
7,793
46,133
17,412
102,020
23,817
17,145
747,208
1,006
908,608
24,735
139,848
26,710
23,340
761,698
1,006
977,337
輝北
立小野
32
215
266
513
1,482
0
2,546
109
12,035
1,911
17,974
319
428
88
142,669
3,579
146,248
1,514
0
2,761
0
154,970
5,490
164,735
6,946
7,034
0
0
197
0
7,265
0
7,462
計
合計
構成比
32
5,893
0
6,401
215
2,822
0
1,030
266
6,963
0
0
513
23,109
1,482
2,944
0
31,427
2,655
2,941
0
5,165
12,354
20,147
1,911
1,911
18,402
64,535
0
17,412
0
102,020
88
23,905
0
17,145
149,615
896,823
3,579
4,585
153,282 1,061,890
1,514
26,249
0
139,848
2,958
29,668
0
23,340
162,235
923,933
5,490
6,496
172,197 1,149,534
資料:水道統計調査
■上水道口径別管路延長(平成18年度末現在)単位:m、%
施設
口径
300㎜未満
300~500㎜未満
導水管
500~1000㎜未満
小 計
300㎜未満
送水管 300~500㎜未満
小 計
50㎜以下
75㎜
100㎜
125㎜
150㎜
200㎜
配水管
250㎜
300㎜
400㎜以下
500㎜以下
600㎜以下
小 計
計
鹿屋串良
地域
15,123
5,030
2,336
22,489
21,600
19,743
41,343
96,688
440,468
115,475
2,237
73,422
45,941
10,859
4,888
10,552
6,594
76
807,200
871,032
吾平
上水道計 構成比
地域
107
15,230
67.4
5,030
22.3
2,336
10.3
107
22,596
100.0
4,790
26,390
57.2
19,743
42.8
4,790
46,133
100.0
24,829 121,517
13.4
34,455 474,923
52.3
17,601 133,076
14.6
0
2,237
0.2
15,964
89,386
9.8
3,328
49,269
5.4
2,205
13,064
1.4
2,466
7,354
0.8
560
11,112
1.2
6,594
0.7
76
0.0
101,408 908,608
100.0
106,305 977,337
注)鹿屋串良地域水道事業には柏木及び古江簡易水道の管路を含む。
資料:水道統計調査
6
25.5
27.7
12.2
4.5
30.1
0.0
100.0
4.6
48.7
4.6
8.0
31.2
3.0
100.0
1.6
9.6
2.3
1.6
84.5
0.4
100.0
2.3
12.2
2.6
2.0
80.4
0.6
100.0
■上水道管路の老朽化、耐震化等の状況(平成18年度末現在)
水道事業
施設名称
名称
鹿屋串良
地域水道
事業
吾平地域
水道事業
計
導水管
送水管
配水管
計
導水管
送水管
配水管
計
導水管
送水管
配水管
計
延長
(m)
22,489
41,343
807,200
871,032
107
4,790
101,408
106,305
22,596
46,133
908,608
977,337
法定耐用年数(40
石綿セメント管
耐震管
年)を超える管路
延長(m)率(%) 延長(m)率(%) 延長(m)率(%)
7,864
35.0
1,030
4.6
2,607
11.6
2,270
5.5
495
1.2
2,586
6.3
92,454
11.5
16,004
2.0
23,277
2.9
102,588
11.8
17,529
2.0
28,470
3.3
0
0.0
0
0.0
0
0.0
0
0.0
4,670
97.5
0
0.0
0
0.0
1,141
1.1
6,861
6.8
0
0.0
5,811
5.5
6,861
6.5
7,864
34.8
1,030
4.6
2,607
11.5
2,270
4.9
5,165
11.2
2,586
5.6
92,454
10.2
17,145
1.9
30,138
3.3
102,588
10.5
23,340
2.4
35,331
3.6
注)鹿屋串良地域水道事業には柏木及び古江簡易水道の管路を含む。
資料:水道統計調査
■鹿屋市公営水道事業の給水収益の推移
(百万円)
1800
1700
1,598
1,623
1,627
1,623
1,628
1,626
1,625
1,617
1,615
H10
H11
H12
H13
H14
H15
H16
H17
H18
1600
1500
1400
1300
1200
1100
1000
(年度)
資料:各水道事業決算書
7
■鹿屋市水道事業における収益的収支(平成18年度)
企業会計
消費税抜き
単位:千円、%
鹿屋串良
区 分
吾平地域
計
構成比
地域
1,480,845
82,088 1,562,933
96.4
料金収入
55,768
2,970
58,738
3.6
収入
その他
1,536,613
85,058 1,621,671
100.0
小計 A
124,102
9,068
133,170
10.5
職員給与
431,763
26,524
458,287
36.0
維持管理費
487,501
23,987
511,488
40.2
減価償却費
支出
145,934
0
145,934
11.5
企業債支払利息
24,619
432
25,051
2.0
その他
1,213,919
60,011
1,273,930
100.0
小計 B
収支(A-B)
322,694
25,047
347,741
注)柏木及び古江簡易水道事業を含む
資料:各水道事業決算書
■鹿屋市水道事業における資本的収支(平成18年度)
企業会計
区 分
企業債
工事負担金
収入
その他
小計 A
建設改良費
企業債償還金
支出
その他
小計 B
収支(A-B)
消費税抜き
単位:千円、%
鹿屋串良
吾平地域
計
構成比
地域
250,000
0
250,000
90.9
21,779
3,237
25,016
9.1
145
0
145
0.1
271,924
3,237
275,161
100.0
734,364
31,370
765,734
76.4
227,419
0
227,419
22.7
9,735
0
9,735
1.0
971,518
31,370 1,002,888
100.0
-699,594
-28,133
-727,727
■鹿屋市簡易水道事業における収益的収支(平成18年度)
特別会計
区 分
料金収入
収入
その他
小計 A
職員給与
維持管理費
減価償却費
支出
起債支払利息
その他
小計 B
収支(A-B)
輝北
50,964
1,533
52,497
8,481
34,121
0
1,206
0
43,808
8,689
消費税抜き
立小野
1,369
1
1,370
0
2,069
0
0
0
2,069
-699
単位:千円、%
計
構成比
52,333
97.2
1,534
2.8
53,867
100
8,481
18.5
36,190
78.9
0
0.0
1,206
2.6
0
0.0
45,877
100.0
7,990
■鹿屋市簡易水道事業における資本的収支(平成18年度)
特別会計
区 分
国庫補助金
地方債
収入
その他
小計 A
建設改良費
地方債償還金
支出
その他
小計 B
収支(A-B)
輝北
32,208
71,700
3,866
107,774
108,461
3,133
0
111,594
-3,820
消費税抜き
立小野
0
0
0
0
0
0
0
0
0
単位:千円、%
計
構成比
32,208
29.9
71,700
66.5
3,866
3.6
107,774
100.0
108,461
97.2
3,133
2.8
0
0.0
111,594
100.0
-3,820
※資本的収支の収入差引不足額は、過年度損益勘定留保資金、
減債積立金等で補填している。
8
鹿屋市の水道事業ガイドラインに基づく業務指標(PI)平成18年度
○安心(すべての国民が安心しておいしく飲める水道水の供給)
a)水資源の保全
番号
業務指標
定 義
平成18年度
望ましい値
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
奈良市
(奈良県)
370千人
我孫子市
(千葉県)
135千人
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
1001 水源利用率(%)
(一日平均配水量/確保している水源水量)×100
―
69.6
68.2
59.6
77.5
54.6
65.5
62.5
1002 水源余裕率(%)
〔(確保している水源水量/一日最大配水量)-1〕
×100
―
28.1
27.6
37.7
10.5
53.3
36.5
35.9
1003 原水有効利用率(%)
年間有効水量/年間取水量×100
81.8
92.3
90.0
93.0
89.1
90.8
91.2
1004 自己保有水源率(%)
自己保有水源水量/全水源水量×100
100.0
2.6
29.7
34.4
53.6
40.6
29.9
取水量1m3当たり水源
1005
保全投資額(円/m3)
水源保全に投資した費用/その流域からの取水
量
0.0
0.28
0.17
該当なし
0
1.00
0.05
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
40
50
162
87
40
104
85
13.0
10.5
13.2
9.2
3.7
14.6
13.2
0.0
0.026
0.000
0.000
0.0
0.029
0.009
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
90.0
88.0
68.0
100.0
90.0
88.7
93.0
75.0
0.0
0.0
0.0
0.0
17.2
0.0
11.0
41.0
51.0
35.0
47.0
38.9
39.0
b)水源から給水栓までの水質管理
番号
業務指標
1101 原水水質監視度(項目)
定 義
望ましい値
原水水質監視項目数
水質検査箇所密度(箇所
水質検査採水箇所数/給水区域面積×100
/100㎞2)
連続自動水質監視度(台 (連続自動水質監視装置設置数/一日平均配水
1103
/1000m3/日))
量)×1000
1102
9
1104 水質基準不適合率(%)
(水質基準不適合回数/全検査回数)×100
〔(1-ジェオスミン最大濃度/水質基準値)
カビ臭から見たおいしい
十(1-2‐メチルイソボルネオール最大濃度/水質
水達成率(%)
基準値)〕/2×100
塩素臭から見たおいしい 〔1-(年間残留塩素最大濃度一残留塩素水質管
1106
水達成率(%)
理目標値)/残留塩素水質管理目標値〕×100
1105
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
平均してどの程度、水源を利用しているのかを示しています。値が100%に近いほど、
効率的ですが、水源にゆとりがないことになります。
確保している水源の水量が、一年で最も多く使用された日の水量に対し、どのくらい
上回っているかを示しています。値が大きいほど、水源に余裕があることになります。
水源から取水した原水をどの程度有効に利用しているかを示しています。値が100%
に近いほど、原水を有効に利用していることになります。
自己で保有する水源の割合を示しています。値が100%に近いほど、水源運用の自由
度が高いことになります。
取水する水1m3当たりの水源涵養・水質保全に要した費用を示しています。
指標の説明
原水となるダムや河川において行っている水質検査の項目数を示しています。この
項目数が多ければよいわけではな<、原水の特質によります。
給水区域100㎞2当たりの毎日水質検査している箇所数を示しています。
配水量1,000m3当たりの連続自動水質監視装置(濁度・色度・残留塩素を1日24時間
連続して計る装置)の設置数を示しています。
水質基準不適合の発生割合を示しています。値がO%でない場合は、遵守すべき水
質基準を満たせていないことを示していることから、O%が当然と言えます。
カビ臭の原因となる物質の水質基準値に対し、検出された濃度の比率を示していま
す。値が100%に近いほど、検出濃度が低いことになります。
おいしい水の要件は残留塩素の濃度が0.4mg/L以下と言われています。残留塩素
が0.4mg/L以下であると値は100%となり、濃度が高<なるほど、値は小さくなります。
総トリハロメタン濃度水質基準値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割合を示
しています。値が100%を超えた場合は、遵守すべき水質基準を満たせていないことに
なります。
有機物(TOC)濃度の水質基準値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割合を示
しています。値が100%を超えた場合は、遵守すべき水質基準を満たせていないことに
なります。
1107
総トリハロメタン濃度水
質基準比(%)
1108
有機物(TOC)濃度水質
有機物最大濃度/有機物水質基準値×100
基準比(%)
76.0
34.0
30.0
20.0
52.0
24.2
22.0
1109
(測定を実施した農薬毎の最大濃度をそれぞれの
農薬濃度水質管理目標
水質管理目標値で除した値の合計値)/測定を実
比(%)
施した農薬数×100
1.0
0.081
0.099
0.00
該当なし
0.206
0.0
10.8
13.0
8.0
10.0
10.0
7.60
7
8.7
13.0
11.0
18.0
18.0
18.50
16.0
16.3
0.00
5.0
22.5
46.0
7.60
5.0
10.2
0.60
0.0
0.0
8.0
1.10
0.0
10.0
14.00
20.0
13.0
18.0
11.60
10.0
88.9
87.3
98.2
77.6
99.2
79.6
91.9
0.0
23.8
42.2
該当なし
0.0
21.5
9.1
年間日数のうち、活性炭(粉末活性炭)を使った日数の割合を示しています。
0.0
29.3
53.1
9.6
0.0
15.9
13.1
給水件数に占める鉛製給水管の使用件数の割合を示しています。現在、新規の鉛
製給水管の使用は認められていません。
1110
1111
1112
1113
1114
重金属濃度水質基準比
(%)
無機物質濃度水質基準
比(%)
有機物質濃度水質基準
比(%)
有機塩素化学物質濃度
水質基準比(%)
消毒副生成物濃度水質
基準比(%)
総トリハロメタン最大濃度/総トリハロメタン濃度
水質基準値×100
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
指標の説明
(6項目の重金属毎の最大濃度をそれぞれの水質
基準値で除した値の合計)/6×100
(6項目の無機物質毎の最大濃度をそれぞれの水
質基準値で除した値の合計)/6×100
(4項目の有機物質毎の最大濃度をそれぞれの水
質基準値で除した値の合計)/4×100
(9項目の有機塩素化学物質毎の最大濃度をそれ
ぞれの水質基準値で除した値の合計)/9×100
(5項目の消毒副生成物毎の最大濃度をそれぞれ
の水質基準値で除した値の合計)/5×100
1115 直結給水率(%)
直結給水件数/給水件数×100
1116 活性炭投入率(%)
年間活性炭投入日数/年間日数×100
1117 鉛製給水管率(%)
鉛製給水管使用件数/給水件数×100
―
厚生労働省が定めた農薬の管理目標値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割
合を示しています。値が100%を超えた場合は、目標を達成できていないことになりま
す。
重金属の水質基準値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割合を示しています。
値が大きいほど、多く含まれていることになります。
無機物の水質基準値に対する給水栓で測定された最大濃度の割合を示していま
す。値が大きいほど、多く含まれていることになります。
有機物質の水質基準値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割合を示していま
す。値が大きいほど、多く含まれていることになります。
有機塩素化学物質の水質基準値に対し、給水栓で測定された最大濃度の割合を示
しています。値が大きいほど多く含まれていることになります。
塩素消毒を行う際に生成される消毒副生成物の水質基準値に対し、給水栓で測定
された最大濃度の割合を示し、値が大きいほど、多く含まれていることになります。
受水槽を介しないで直結給水を受けている件数(戸数)の割合を示しています。マン
ション・アパート等の集合住宅の大部分は、受水槽を介して給水しています。
○安定(いつでもどこでも安定的に生活用水を確保)
a)連続した水道水の供給
番号
業務指標
定 義
給水人ロ1人当たり貯留 〔〔配水池総容量(緊急貯水槽容量は除く)×1/2
飲料水量(L/人)
十緊急貯水槽容量〕/給水人ロ〕×1000
給水人ロ1人当たりの配
2002
1日平均配水量/給水人ロ×1000
水量(L/日/人)
(全浄水施設能力-1日最大浄水量)/全浄水施
2003 浄水予備力確保率(%)
設能力×100
望ましい値
2001
―
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
112.9
204
209
95.2
163
161.8
145.0
385.9
329
368
287.0
322.0
360.0
350.0
15.6
22.5
26.7
18.2
27.4
28.4
24.4
2004 配水池貯留能力(日)
配水池総容量/1日平均配水量
0.57
1.19
1.13
0.66
1.01
0.87
0.82
2005 給水制限数(日)
年間給水制限日数
0.0
0
0
0
0
0.6
0
2006 普及率(%)
給水人ロ/給水区域内人ロ×100
96.1
99.4
99.8
93.9
99.4
99.0
99.7
配水管延長密度
2007
(km/km2)
配水管延長/給水区域面積
5.5
9.0
8.4
11.8
8.6
12.00
14.20
65.1
130
70
106.2
100
113.8
115.0
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
奈良市
(奈良県)
370千人
我孫子市
(千葉県)
135千人
2008 水道メータ密度(個/km) 水道メータ数/配水管延長
平成18年度
b)将来への備え
番号
業務指標
定 義
望ましい値
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
指標の説明
配水池等に貯められている給水人ロ1人当たりの貯留水量を示しています。
給水区域内の1人1日当たりの配水量を示しています。値が小さいほど、節水が進ん
でいると言えます。
全浄水施設能力に対する予備力の割合を示しています。事故時や大量に浄水処理
を行う必要がある場合などに備え、柔軟に施設間の融通を確保する必要があります。
1日平均配水量の何日分を、配水池等で貯留可能であるかを示しています。値が大
きいほど、非常時における配水調整能力や、応急給水能力が高いことになります。
渇水時や水道施設の事故時等において、減圧や断水など給水の制限した日数で
す。
給水区域内に居住する人のうち給水を受けている人の割合を示しています。値が大
きいほど、水道が普及していることになります。
給水区域1㎞2当たりの配水管の長さを示しています。一般的にこの値が大きいほ
ど、利用者からの給水申込みがあった際に、接続・給水が容易であると言えます。
配水管延長1km当たりの水道メータ数を示しています。値が大きいほど、効率的に配
水管が使用されていると言えます。
指標の説明
法定耐用年数を超えた浄水施設能力/全浄水施
設能力×100
経年化年数を超えている電気・機械設備数
/電気・機械設備の総数×100
法定耐用年数を超えた管路延長/管路総延長
×100
7.7
0.0
6.5
0.0
0.0
10.9
0.0
全浄水施設のうち、耐用年数(60年)を超えた浄水施設の割合を示しています。
23.9
45.7
29.9
39.3
38.5
46.6
41.5
全電気・機械設備のうち、耐用年数を超えた電気・機械設備の割合を示しています。
8.9
1.2
19.9
0.0
2.0
7.1
4.5
2104 管路の更新率(%)
更新された管路延長/管路総延長×100
1.1
0.81
0.32
2.12
0.11
0.90
0.84
2105 管路の更生率(%)
更生された管路延長/管路総延長×100
0.000
0.001
0.000
0.000
0.000
0.0
0.0
2106 バルブの更新率(%)
更新されたバルブ数/バルブ設置数×100
0.6
2.15
1.57
3.01
データなし
1.66
1.69
設置されているバルブのうち、年間に交換されたものの割合を示しています。
2107 管路の新設率(%)
新設管路延長/管路総延長×100
0.9
0.60
0.43
0.62
0.93
0.90
0.80
1年間で新たに布設した管路の割合を示しています。管の整備が進むほど、この値
は小さくなります。
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
奈良市
(奈良県)
370千人
我孫子市
(千葉県)
135千人
年間の水源水質事故件数
0.0
0
1
0
0
5.1
0
幹線管路の事故件数/幹線管路延長×100
7.1
0.2
2.3
0.0
データなし
1.4
0.7
事故時配水量/1日平均配水量×100
38.3
99.2
55.0
93.8
10.6
70.0
86.8
38.5
0.8
78.8
39.1
89.4
34.3
24..6
配水池・緊急貯水槽数/給水区域面積×100
0.5
9.4
12.3
6.9
7.3
15.0
12.1
原水の融通能力/受水側浄水能力×100
0.0
20.6
8.0
22.4
0.0
11.9
0.0
2101 経年化浄水施設率(%)
10
2102 経年化設備率(%)
2103 経年化管路率(%)
平成18年度
c)リスクの管理
番号
業務指標
2201 水源の水質事故数(件)
2202
幹線管路の事故割合
(件/100km)
2203 事故時配水量率(%)
定 義
2204 事故時給水人ロ率(%) 事故時給水人ロ/給水人ロ×100
2205
給水拠点密度
(箇所/100㎞2)
系統間の原水融通率
2206
(%)
望ましい値
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
給水区域に布設されたすべての管路のうち、耐用年数(40年)を超えた管の割合を示
しています。
年間に更新された導・送・配水管の割合を示しています。値が大きいほど、管路の更
新に積極的に取り組んでいることになります。
管の内面保護のためライニング(保護物質の塗布、貼り付けなど)により更生した導・
送・配水管の割合を示しています。
指標の説明
河川への油の流入などにより、取水停止や活性炭注入などの対応が必要となった
水質事故の件数を示しています。
幹線管路100km当たりに対しての事故件数の割合を示しています。値が小さいほど、
健全な管路であると言えます。
最大浄水場が丸1日全面停止した場合、残りの施設で、1日平均配水量に対して、ど
の程度配水ができるかを示しています。この値は、水道施設の融通性、余裕度による
サービスの安定性を示しています。
最大浄水場が全面停止した場合、全給水人口に対して、給水できない人ロの割合を
示しています。
給水区域100㎞2当たりの応急給水ができる拠点施設(配水池や緊急貯水櫓など)数
を示しています。値が大きいほど、震災等の災害時に飲料水を確保しやすいと言えま
す。
他系統からの融通可能な原水水量の割合であり、水運用の安定性、柔軟性、危機
対応性等の能力の程度を示しています。
耐震対策の施されている浄水施設能力/全浄水
施設能力×100
耐震対策の施されているポンプ所能力/全ポンプ
2208 ポンプ所耐震施設率(%)
所能力×100
耐震対策の施されている配水池容量/配水池総
2209 配水池耐震施設率(%)
容量×100
2207 浄水施設耐震率(%)
2.8
24.6
77.6
0.0
0.0
11.1
0.0
0.0
データなし
31.6
39.1
0.0
28.9
15.7
32.2
データなし
46.4
30.3
0.0
29.0
24.2
3.1
21.9
11.2
1.57
0.5
9.3
9.4
143.7
27.4
23.9
25.6
9.5
38.6
28.0
全浄水施設能力に対する耐震化した浄水施設の能力の割合を示しています。値が
大きいほど、地震に強<、安定性が高いと言えます。
全ポンプ施設能力に対する耐震化したポンプ施設の能力の割合を示しています。値
が大きいほど、地震に強<、安定性が高いと言えます。
全配水池容量に対する耐震化した配水池の容量の割合を示しています。値が大き
いほど、地震に強<、安定性が高いと言えます。
全管路のうち耐震管の割合を示しています。値が大きいほど、地震に強<、安定性が
高いと言えます。
浄水場に何日分の薬品(凝集剤・塩素剤)が備蓄されているかを示しています。薬品
が劣化しない程度に、余裕をもって備蓄しておくことが必要です。
浄水場に何日分の燃料(自家発電用)が備蓄されているかを示しています。地震等で
予想される停電日数分以上を、確保しておくことが必要です。
2210 管路の耐震化率(%)
耐震管延長/管路総延長×100
2211 薬品備蓄日数(日)
平均薬品貯蔵量/1日平均使用量
2212 燃料備蓄日数(日)
平均燃料貯蔵量/1日使用量
2.3
0.9
0.8
0.28
0.2
2.5
0.8
給水車数/給水人ロ×1,000
0.021
0.006
0.0083
0.016
0.0
0.009
0.006
可搬ポリタンク・ポリパック数/給水人ロ×1,000
0.310
24.0
49.7
76.1
19.6
55.2
31.1
車載用給水タンクの総容量/給水人ロ×1,000
0.041
0.052
0.060
0.08
0.039
0.06
0.04
自家用発電設備容量/当該設備の電力総容量
×100
57.2
83.3
95.5
64.6
137.8
50.7
47.2
警報付施設数/全施設数×100
25.2
11.5
3.6
100.0
0.0
63.8
73.4
全水道施設のうち、警報装置が設置されている施設の割合を示しています。
1.1
0.01
0.030
0.08
データなし
3.481
0.10
給水件数1,000件当たりの年間凍結件数を示しています。
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
奈良市
(奈良県)
370千人
我孫子市
(千葉県)
135千人
2213
2214
2215
2216
給水車保有度
(台/1000人)
可搬ポリタンク・ポリパッ
ク保有度(個/1000人)
車載用の給水タンク保
有度(m3/1,000人)
自家用発電設備容量率
(%)
2217 警報付施設率(%)
―
給水装置の凍結発生率
2218
給水装置の年間凍結件数/給水件数×1,000
(件/1000件)
給水人口1,000人に対して、給水車を何台保有しているかを示しています。
給水人口1,000人に対して、何個のポリクンク・ポリパックを保有しているかを示して
います。
給水人口1,000人に対して、車載用給水タンクを何m3分保有しているかを示していま
す。
電力総容量に対する自家用発電設備容量の割合で、非常時に稼動可能な電気設
備の割合を示しています。
○持続(いつまでも安心できる水を安定して供給)
平成18年度
a)地域特性にあった運営基盤の強化
11
番号
業務指標
定 義
望ましい値
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
3001 営業収支比率(%)
営業収益/営業費用×100
141.6
110.7
122.5
106.2
109.3
117.7
123.5
3002 経常収支比率(%)
(営業収益十営業外収益)/(営業費用十営業外費
用)×100
127.0
102.2
104.3
112.8
102.9
106.3
105.0
3003 総収支比率(%)
総収益/総費用×100
127.0
102.2
104.2
112.3
102.9
106.2
104.9
3004 累積欠損金比率(%)
累積欠損金/(営業収益一受託工事収益)×100
0.0
21.7
0.0
0.0
0.0
2.62
0.0
損益勘定繰入金/収益的収入×100
0.0
1.7
5.1
0.2
0.2
2.1
0.9
資本勘定繰入金/資本的収入×100
8.4
9.3
37.8
3.5
23.8
8.4
6.0
46,151
58,665
50,088
95,739
63,973
55,094
49,840
職員給与費/給水収益×100
17.8
18.1
17.9
11.2
13.7
18.7
20.8
企業債利息/給水収益×100
9.1
14.7
20.0
6.7
7.5
12.7
14.4
3010
給水収益に対する減価
減価償却費/給水収益×100
償却費の割合(%)
31.7
28.3
23.2
25.6
19.3
25.7
26.1
3011
給水収益に対する企業
企業債償還金/給水収益×100
債償還金の割合(%)
3005
3006
3007
3008
3009
繰入金比率(収益的収支
分(%)
繰入金比率(資本的収人
分(%)
職員一人当たり給水収
益(千円/人)
給水収益に対する職員
給与費の割合(%)
給水収益に対する企業
債利息の割合(%)
給水収益/損益勘定所属職員数/1000
14.3
25.4
33.5
14.0
13.1
21.9
21.1
給水収益に対する企業
3012
企業債残高/給水収益×100
債残高の割合(%)
244.4
421.8
478.5
123.3
192.6
332.1
374.0
料金回収率(%)(給水に
3013 かかる費用のうち水道 供給単価/給水原価×100
料金で回収する割合)
123.4
91.7
95.0
97.2
92.2
97.0
96.6
指標の説明
営業活動により得られた収益(営業収益)の、収益を得るために要した費用(営業費
用)に対する割合を示しています。100%以上であることが必要であり、下回ると営業損
失を生じていることになります。
経常収益の経常費用に対する割合を示しています。100%以上であることが必要であ
り、下回ると経常損失を生じていることになります。
総収益の総費用に対する割合を示しています。100%を超えている場合は利益を計上
していることになります。
累積欠損金は営業活動の結果生じた欠損金が当該年度で処理できず、複数年度に
わたって累積したものを言います。そのため、この数値はO%であることが望ましいとい
えます。
収益的収入に占める、繰入金の割合を示しています。値が小さいほど、収入に占める
一般会計の負担割合が小さいことになります。
資本的収入に占める繰入金の割合を示しています。値が小さいほど、収入に占める
一般会計の負担割合が小さいことになります。
職員一人当たりの給水収益の売上高を示しています。値が高いほど、職員一人当た
りの生産性が高いと言えます。
職員給与費の料金収入に対する割合を示しています。数値が小さいほど、組織の生
産性・効率性が高いと言えます。
企業債償還利息の料金収入に対する割合を示しています。数値が低いぽど、財務安
全性が高いと言えます。
減価償却費の料金収入に対する割合を示しています。水道事業は事業運営のため
に大規模な施設の建設を必要とする装置型産業と言われており、一般に他の業種に
比べてこの値が大きくなります。
企業債償還元金の料金収入に対する割合を示しています。値が小さいほど、財務安
全性が高いと言えます。
料金収入に対する企業債残高の割合です。水道事業の性質上、起債はある程度や
むを得ないと言えますが、一般杓にはこの割合が小さいほど、経営状況が良いとされ
ています。
給水にかかる費用のうち、料金収入で回収する割合です。100%を下回っている場合
は、給水に係る費用が料金収入で賄えていないことを示しています。
3014 供給単価(円/m3)
給水収益/有収水量
〔経常費用-(受託工事費+材料及び不用品売却
3015 給水原価(円/m3)
原価+附帯事業費)〕/有収水量
1箇月当たりの一般家庭用(ロ径13mm)の基本料
1箇月当たり家庭用料金
3016
金
(10m3)(円)
十10m3使用時の従量科金
1箇月当たり家庭用料金 1箇月当たりの一般家庭用(ロ径13mm)の基本料
3017
(20m3)(円)
金十20m3使用時の従量科金
139.9
210.2
181.7
190.9
164.9
185.5
182.0
113.4
228.8
191.3
196.4
178.9
193.5
193.9
1,312
1,380
930
1,312
955
1,209
1,125
2,677
3,230
2,480
2,971
2,455
2,728
2,550
有収水量1m3当たりの平均販売価格を示しています。
有収水量1m3当たりの平均生産原価を示しています。値が小さいほど、経営効率が
良いと言えます。
標準的な家庭における水道料金を示します。水道料金は、それそれの事業体が置
かれている地形条件、給水規模、水源、歴史的背景などによって異なります。
同 上
3018 有収率(%)
有収水量/給水量(配水量)×100
84.6
91.9
89.7
94.5
87.3
90.2
91.3
3019 施設利用率(%)
1日平均配水量/1日給水能力×100
70.5
68.2
63.5
64.9
62.7
64.4
63.2
3020 施設最大稼働率(%)
1日最大給水量/1日給水能力×100
79.0
78.4
77.3
75.8
74.9
74.2
74.5
3021 負荷率(%)
1日平均給水量/1日最大給水量×100
89.2
87.1
82.1
85.6
83.8
87.0
87.2
3022 流動比率(%)
流動資産/流動負債×100
2330.7
439.1
241.8
1802.3
834.1
509.3
357.5
3023 自己資本構成比率(%)
(自己資本金+剰余金)/負債・資本合計×100
69.9
46.1
61.1
82.7
71.2
57.8
55.4
3024 固定比率(%)
固定資産/(自己資本金十剰余金)×100
136.9
197.7
159.0
98.1
120.0
166.7
165.1
45.1
89.8
144.6
54.5
68.0
85.4
83.1
(営業収益-受託工事収益)/(期首固定資産+期
末固定資産)/2
0.13
0.13
0.08
0.15
0.2
0.13
0.13
給水量/有形固定資産×10,000
11.1
7.06
7.5
8.1
11.4
8.7
7.9
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
3101 職員資格取得度(件/人) 職員が取得している法定資格数/全職員数
0.5
0.83
0.58
データなし
0.50
1.10
1.10
3102 民間資格取得度(件/人) 職員が取得している民間資格取得数/全職員数
0.0
0.0063
0.0052
0.00
データなし
0.06
0.01
3103 外部研修時間(時間)
職員が外部研修を受けた時間・人数/全職員数
11.0
3.9
9.5
データなし データなし
13.1
5.2
3104 内部研修時間(時間)
職員が内部研修を受けた時間・人数/全職員数
0.0
2.4
6.9
データなし データなし
6.7
4.9
3105 技術職員率(%)
技術職員総数/全職員数×100
―
39.1
53.2
56.0
19.4
61.1
51.4
58.1
全職員数に占める技術職員数の割合を示しています。
水道業務経験年数度
3106
(年/人)
全職員の水道業務経験年数/全職員数
―
13.1
18.3
20.6
10.5
6.2
15.3
18.4
職員1人当たりの水道業務経験年数であり、人的資源としての専門技術の蓄積を示
しています。
3107 技術開発職員率(%)
技術開発業務従事職員数/全職員数×100
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.2
0.0
全職員数のうち、技術開発業務に従事している職員数の割合を示しています。
3108 技術開発費率(%)
技術開発費/給水収益×100
0.00
0.01
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
296,584
265,188
252,000
427,831
419,700
300,725
258,000
1502.0
891
637
1,766
1,295
954
803
同 上
0.020
0.000
全職員のうち、公傷で業務を休んだ職員の割合を、日数から算出して示しています。
なお、公傷とは、公務中に受けた負傷のことで法令で認定されるものを言います。
70.5
79.9
アンケートで「水道水を直接飲用している」と答えている利用者の割合です。
企業債償還元金対減価
3025
企業債償還元金/当年度減価償却費×100
償却費比率(%)
3026 固定資産回転率(回)
12
配水量のうち、有収水量(料金収入の対象となった水量)の割合を示しています。値が
大きいほど、効率的な給水ができていると言えます。
施設の能力をどの程度平均的に利用しているかを示しています。値が大きいほど、
効率的に施設を利用していると言えますが、大きすぎる場合は、予備能力が不足して
いることになります。
1年間で最も給水した日の給水量が、施設能力のどの程度に当たるかを示していま
す。値が大きいほど、効率的に施設を利用していると言えますが、大きすぎる場合は、
予備能力が不足していることになります。
施設が年間を通して、どの程度有効に利用されているかを示しています。値が大きい
場合は、1年間の需要の変動が大き<、効率が悪<なっていると言えます。
短期債務に対する即時的・直接的支払能力を示しています。100%以上が必要であ
り、100%を下回っていれば不良債務が発生していることになります。
自己調達した資本の割合を示しています。値が高いほど健全な財政状態と言えま
す。
自己調道した資本がどの程度固定資産に投下されているかを示しています。この値
は小さいほど良いですが、水道事業のように企業債等に依存する企業では必然的に
高<ならざるを得ません。
企業債の元金償還額と、その財源の主要な部分を占める減価償却費を比較した指
標です。値は小さいことが望ましいと言えます。
固定資産に対する営業収益の割合であり、固定資産の活用度を示しています。値が
大きいほど、固定資産を有効に活用しており、小さいと過大投資の可能性があると言
えます。
有形固定資産の使用効率を示しています。値が大きいほど望ましいと言えます。ただ
し、地理的条件や歴史的背景により有形固定資産の保有状況は各事業体で異なりま
す。
3027
固定資産使用効率
(m3/10,000円)
b)水道文化・技術の継承と発展
番号
業務指標
定 義
職員一人当たり配水量
年間配水量/全職員数
(m3/人)
職員一人当たリメータ数
3110
水道メータ数/全職員数
(個/人)
(公傷で休務した延べ人・日数)/(全職員数×年
3111 公傷率(%)
間公務日数)×100
直接飲用回答数/直接飲用アンケート回答数
3112 直接飲用率(%)
×100
3109
望ましい値
0.0
0.007
39.2(H19) データなし
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
0.000
90.9
0.000
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
0.000
データなし データなし
指標の説明
職員1人当たりの法定資格所有数を示しており、値が大きいほど、職員が多くの法定
資格を取得していることになります。
職員1人当たりの民間資格(水道関連)所有数を示しており、値が大きいほど、職員が
実務能力の向上を目指し、多くの民間資格を取得していることになります。
職員1人当たりの年間の外部研修受講時間数であり、値が大きいほど、職員が多くの
研修を受講していることになります。
職員1人当たりの年間の内部研修受講時間数であり、値が大きいほど、職員が多くの
研修を受講していることなります。
給水収益を水道技術の研究開発にどのくらい費やしているかを示しています。値が
大きいほど、研究開発を推進していることになります。
職員に関する事業の効率性を示しています。値が大きいほど、事業効率が良いと言
えます。
c)消費者ニーズをふまえた給水サービスの充実
番号
3201
0.0
3.6
2.2
2.0
0
3.0
2.2
0.0
0.050
0.000
0.0
0.0
0.04
0.03
アンケート回答人数/給水人ロ×1,000
0.0
0.85
0.33
1.65
0.57
見学者数/給水人ロ×1,000
8.4
21.1
8.1
10.3
7.9
水道サービス苦情件数/給水件数×1,000
0.0
0.25
3.48
1.11
0.29
水質苦情件数/給水件数×1,000
0.0
0.21
0.51
0.6564
0.26
水道料金苦情件数/給水件数×1,000
0.0
0.023
0.009
0.231
0.025
業務指標
定 義
望ましい値
水道事業に係る情報の
広報紙配布部数/給水件数
提供度(部/件)
3204
3205
3206
3207
アンケート情報収集割合
(人/1000人)
水道施設見学者割合
(人/1000人)
水道サービスに対する
苦情割合(件/1000件)
水質に対する苦情割合
(件/1000件)
水道料金に対する苦情
割合(件/1000件)
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
仙台市
(宮城県)
1,029千人
3202 モニタ割合(人/1000人) モニタ人数/給水人ロ×1,000
3203
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
鹿屋市
105千人
データなし データなし
0.51
2.5
データなし データなし
0.16
0.39
データなし データなし
3208 監査請求数(件)
年間監査請求件数
―
0.0
0
0
0
0
0.1
0
3209 情報開示請求数(件)
年間情報開示請求件数
―
0.0
3
2
0
0
12.1
4
3210
職員一人当たり受付件
受付件数/全職員数
数(件/人)
468
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
186
データなし データなし
380
314
水道事業に関するパンフレットやポスターを利用者にどの程度配布しているかを示
しており、値が大きいほど利用者が水道事業に関する情報を得やすいと言えます。
モニタとは、意見や要望を把握するために水道事業者が一定期間任命した利用者
のことで、この値が大きいほど、利用者との双方向のコミュニケーションを推進している
と言えます。
アンケートこより、利用者の意見を収集している割合を示しています。
1年間で給水人口1,000人当たり、何人が水道施設を見学しているかを示していま
す。
水道サービス全般に間する苦情について、1年間で給水件数1,000件当たり何件受
け付けたかを示しています。
水進水の臭いや味など、水質に間する苦情について、1年間で給水件数1,000件当た
り、何件受け付けたかを示しています。
水道料金に関する苦情について、1年間で給水件数1,000件当たり、何件受け付けた
かを示しています。
法令に基づき水道事業に関して監査請求された年間の件数です。
法令に基づき水道事業に関して情報開示請求された年間の件数です。
業務量を示す指標で、職員が1年間で給水に関して何件受付をしたかを示していま
す。ただし、事業規模などにより値が大き<変化することから、他都市との単純な比較は
できません。
13
264.7
指標の説明
○環境(環境保全への貢献)
a)地球温暖化防止、環境保全などの推進
番号
業務指標
定 義
望ましい値
配水量1m3当たり電力
4001
全施設の電力使用量/年間配水量
消費量(kWh/m3)
配水量1m3当たり消費エ
4002
全施設での総エネルギー消費量/年間配水量
ネルギー(MJ/m3)
4003
0.14
0.23
0.37
0.38
0.30
0.30
1.94
0.59
0.82
データなし
1.41
1.10
1.17
0.0
0
0.00
該当なし
0.0
0.4
0.00
0.0
63.2
100.0
該当なし
0.0
59.1
92.3
0.0
67.7
36.5
100.0
データなし
72.8
73.4
188.1
68
59
データなし
124
106
110
望ましい値
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
―
81.0
0.03
浄水発生土の有効利用
有効利用土量/浄水発生土量×100
率(%)
建設副産物のリサイクル リサイクルされた建設副産物量/建設副産物排
4005
率(%)
出量×100
配水量1m3当たリニ酸
総二酸化炭素(CO2)排出量/年間配水量×10の6
4006 化炭素(CO2 )排出量
乗
(g・CO2/m3)
4004
b)健全な水循環
業務指標
4101 地下水率(%)
♭)健全な水循
定 義
地下水揚水量/水源利用水量×100
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
0.52
再生可能エネルギー利 再生可能エネルギー設備の電力使用量
用率(%)
/全施設の電力使用量×100
番号
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
0.0
30.6
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
100.0
14.2
0.3
指標の説明
飲み水を1m3つくるために必要な電力消費量を示しています。値が小さいほど、電力
を効率よ<使って飲み水をつくっていることになります。
家庭に飲み水を1m3を届けるまでに必要なエネルギー量を示しています。値が小さ
いほど、エネルギーを効率よ<使って水を届けていることになります。
太陽光発電・小水力発電等の繰返して利用できる再生可能エネルギーの利用割合
を示しています。値が大きいほど、理墳にやさしいエネルギーを利用していることにな
ります。
原水を浄水する過程で発生する土の有効利用の割合を示しています。値が大きい
ほど、有効利用されていることになります。
建設工事に伴って発生した土砂やアスファルト、コンクリートなどをリサイクルした割
合を示しています。値が大きいほど、リサイクルが進んでいることになります。
飲み水1m3をつくるために水道事業全体で排出した二酸化炭素の量を示していま
す。値が小さいほど地球温暖化への影響が少ない言えます。
指標の説明
水源のうち、地下水の使用割合を示しています。
○管理(水道システムの適正な実行・業務運営及び維持管理)
平成18年度
a)適正な実行・業務運営
番号
業務指標
5001 給水圧不適正率(%)
仙台市
(宮城県)
1,029千人
奈良市
(奈良県)
370千人
我孫子市
(千葉県)
135千人
0.0
0.0
5.76
0.0
データなし
0.6
0.0
給水圧測定点において、給水圧が適正な範囲になかったものについて、その割合を
箇所及び日数から算出しています。値が小さいほど、適正な給水圧を確保していること
になります。
127.5
227.0
93.0
0.0
41.0
151.4
94.0
清掃という観点から配水池の管理状況を示しています。
不明
17.3
21.0
33.5
25.4
27.5
23.8
0.3
0.09
0.01
0.0
データなし
0.1
0.08
0.4
0.11
0.0
0.0
データなし
0.2
0.13
年度未未納料金総額/総料金収入額×100
16.1
8.8
8.0
3.4
10.2
7.4
8.2
年度末現在での総料金収入に対する未納料金の割合を示しています。
給水停止件数/給水件数×1,000
19.7
21.0
3.15
46.9
8.7
15.1
15.2
給水停止とは、水道料金の確実な回収のため、法的根拠に基づいて給水を停止する
ことです。値が大きいほど、給水停止の執行が多いことを示しています。
定 義
望ましい値
適正な範囲になかった圧力測定箇所・日数
/(圧力測定箇所総数×年間日数)×100
最近5年間に清掃した配水池容量/(配水池総容
量/5)×100
年間ポンプ平均稼働率 ポンプ運転時間の合計/(ポンプ総台数×年間日
5003
(%)
数×24)×100
検針誤り割合
5004
誤検針件数/検針総件数×1,000
(件/1000件)
料金請求誤り割合
5005
誤料金請求件数/料金請求総件数×1,000
(件/1000件)
5002 配水池清掃実施率(%)
5006 料金未納率(%)
5007
給水停止割合
(件/1000件)
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
鹿屋市
105千人
―
指標の説明
水道施設に設置されているポンプが、平均してどの程度使われているかを稼働時間
を基に示しています。
検針総件数に占める検針誤りの割合を示しています。値が小さいほど、誤りが少な<
正確な検針がなされていることになります。
料金請求総件数に占める請求誤りの割合を示しています。値が小さいほど、誤りが
少な<正確な請求がなされていることになります。
委託した水道メータ数/水道メータ数×100
―
100.0
100.0
100.0
100.0
100.0
92.2
100.0
設置されているメータのうち、外部委託により検針が行われているものの割合を示し
ています。値が大きいほど、検針業務の委託化か進んでいると言えます。
第三者委託した浄水場能力/全浄水場能力
×100
―
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
3.1
0.0
全浄水場のうち、浄水業務を第三者に委託している浄水場の割合を、浄水能力を基
に示しています。
望ましい値
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
10年間の浄水場停止事故件数/浄水場総数
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.2
0.0
ダクタイル鋳鉄管延長十鋼管延長/管路総延長
×100
14.7
72.2
55.4
77.8
48.6
71.8
78.0
管路の事故件数/管路総延長×100
10.2
2.3
20.8
2.3
5.3
6.7
4.0
鉄製管路の事故件数/鉄製管路総延長×100
不明
1.1
12.5
0.3
0.8
3.0
2.2
非鉄製管路の事故件数/非鉄製管路総延長
×100
不明
5.9
36.2
9.6
10.7
16.0
14.5
給水管の事故件数/給水件数×1,000
26.1
6.4
13.0
8.2
25.5
7.3
5.2
年間漏水量/年間配水量×100
12.9
5.5
5.8
5.4
1.6
5.7
5.5
37.9
17.8
21.1
14.4
5.2
19.5
18.1
不明
データなし
0.01
データなし
0.0
0.26
0.01
154.5
500.0
1675.0
100.0
192.0
434.6
213
15.2
50.0
61.0
データなし
0.0
37.4
34.0
5112 バルブ設置密度(基/km) バルブ設置数/管路総延長
6.6
10.9
20.8
19.1
データなし
14.7
12.2
5113 消火栓点検率(%)
90.3
100.0
100.0
100.0
100.0
65.7
100.0
5114 消火栓設置密度(基/km) 消火栓数/配水管延長
0.7
4.4
3.0
2.2
2.7
4.0
3.4
5115 貯水槽水道指導率(%) 貯水槽水道指導件数/貯水槽水道総数×100
0.0
0.04
12.8
100.0
100.0
9.0
0.1
5008 検針委託率(%)
5009
浄水場第三者委託率
(%)
b)適正な維持管理
14
番号
5101
5102
5103
5104
5105
5106
業務指標
浄水場事故割合(10年間
の件数/箇所)
ダクタイル鋳鉄管・鋼管
率(%)
管路の事故割合
(件/100km)
鉄製管路の事故割合
(件/100km)
非鉄製管路の事故割合
(件/100km)
給水管の事故割合
(件/1000件)
5107 漏水率(%)
定 義
給水件数当たり漏水量
5108
年間漏水量/給水件数
(m3/年/件)
(断水・濁水時間×断水・濁水区域給水人ロ)/給
5109 断水・濁水時間(時間)
水人ロ
電気・計装・機械設備等の点検回数
5110 設備点検実施率(%)
/電気・計装・機械設備の法定点検回数×100
5111 管路点検率(%)
点検した管路延長/管路総延長×100
点検した消火栓数/消火栓数×100
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
指標の説明
浄水場の事故によリ一部でも給水できなかったケースが過去10年間でどの程度あっ
たかを示しています。ただし、水源の水質事故によるものは除きます。
管路の質(強度)に視点を当てた指標であり、管路の安定性・維持管理の容易性を示
しています。
管路延長100km当たりの事故件数を示しており、値が小さいほど、管路の健全性が
高いと言えます。
鉄製の管路延長100km当たりの事故件数を示しており、値が小さいほど、鉄製管路
の健全性が高いと言えます。
非鉄製の管路延長100km当たりの事故件数を示しており、値が小さいほど、非鉄製
管路の健全性が高いと言えます。
給水件数1,000件当たりで発生している給水管(配水管分岐から水道メーターまで)の
事故件数であり、給水管の健全性を示しています。
配水量に対する漏水量の割合を示しています。漏水は損失であり、事業の効率性か
らも、この値は小さいことが望ましいと言えます。
給水件数1件当たりの年間漏水量を示しています。
管路の破損や水質汚染等による濁水や断水が、どの程度発生したかを示していま
す。
水道施設の主要設備について、法定点検回数に対して、どの程度点検が実施された
かを示しています。100%が当然と言えます。
管の総延長のうち、1年間に点検した管路の延長の割合であり、管路の健全性確保
のための執行度合いを示すものです。
水圧の平均化、水の融通及び管路の維持管理が適正に行えるよう、バルブ(弁)が管
路1km当たりで何個設置されているかを示しています。
全消火栓のうち、1年間に点検を行った消火栓の割合を示しています。
管路1km当たりに設置されている消火栓の数を示しています。水道の管路は消防施
設・救命ライフラインとして重要な役割を担っています。
貯水槽水道(受水槽形式の建物等)のうち、立入り点検・指導を実施した割合を示し
ています。
○国際(我が国の経験の海外移転による国際貢献)
a)技術の移転
番号
業務指標
国際技術等協力度
6001
(人・週)
定 義
望ましい値
人的技術等協力者数×滞在週数
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
0
0
鹿屋市
105千人
仙台市
(宮城県)
1,029千人
0
5
b)国際機関、諸国との交流
番号
業務指標
6101 国際交流数(件)
定 義
年間人的交流件数
望ましい値
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
0
0
平成18年度
奈良市
我孫子市
(奈良県) (千葉県)
370千人
135千人
0
0
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
0
9.3
平成17年度 平成16年度
蓮田市
H17
H16
(埼玉県) 公表事業体 公表事業体
64千人
(35)平均値 (41)平均値
0
4.9
15
平成16年度
平成17年度
試算値公表41水道事業体
(注)都道府県内は、五十音順
北海道 :石狩市、小樽市、帯広市、札幌市
青森県 :八戸圏域水道企業団
岩手県 :盛岡市
宮城県 :仙台市
秋田県 :秋田市
山形県 :(旧)鶴岡市、山形市
福島県 :会津若松市、郡山市、福島市
埼玉県 :さいたま市、草加市
千葉県 :千葉県
神奈川県 :神奈川県、川崎市、横須賀市、横浜市
新潟県 :新潟市
富山県 :高岡市
静岡県 :静岡市
愛知県 :名古屋市
三重県 :鈴鹿市
滋賀県 :大津市、彦根市
京都府 :京都市
大阪府 :大阪市、堺市、豊中市
試算値公表35水道事業体
兵庫県 :神戸市、西宮市
奈良県 :奈良市
島根県 :(旧)松江市
広島県 :広島市
愛媛県 :松山市
福岡県 :北九州市、福岡市
沖縄県 :豊見城市、那覇市
0
東京都
横須賀市
横浜市
鶴岡市
札幌市
神戸市
豊中市
堺市
松江市
郡山市
名古屋市
神奈川県
岡山市
川崎市
1
会津若松市 山形市
彦根市
奈良市
仙台市
長岡京市
大津市
草加市
北九州市
北上市
福島市
我孫子市
西宮市
静岡市
鈴鹿市
うるま市
秋田市
山武郡市広域水道企業団
大阪市
ひたちなか市
福岡市
指標の説明
国際技術協力(水道技術及びそれに関連する事務等)に係る海外延べ滞在週数であ
り、値が大きいほど、海外への技術協力を行っていることを示しています。
指標の説明
海外に対する技術・事務的な交流(派遣・受入)を1年間に何件行っているかを示して
います。
用語解説(五十音順)
ア 行
■オフトーク
オフトーク通信は、アナログ固定電話・ISDN 等の
■RC
電話回線の通話に使用していない時間を利用した、地
鉄筋コンクリートのことであり、引張に弱いコンク
域情報の放送サービスである。
リートを補強するために鉄筋を配したコンクリートを
いう。
カ 行
■1 日最大給水量
■簡易水道事業
年間の 1 日給水量のうち最大のもの。
計画給水人口が 101 人以上 5,000 人以下である水道
によって水を供給する水道事業をいう(水道法 3 条 3
■1 日平均給水量
項)。施設が簡易ということではなく、計画給水人口
1 日当たりの給水量の平均値のこと。年間総給水量
規模が小さいものを簡易と規定したものである。
を年日数で除したもの。
■元金償還額
■インバータ制御
企業債等の元金が投資家等に約束した期日に戻され
インバータとは、直流電圧を交流電圧へ変換する装
る額をいう。
置をいう。逆に交流電圧を直流電圧へ変換する装置を
■緩速ろ過方式
コンバータと呼ぶが、二つを総称してインバータと呼
ぶ場合が多い。出力周波数を任意に可変できるため、
原水が比較的きれいな場合に適するもので、通常、
ポンプやエアコン等電動機の回転速度制御に用いられ、
普通沈殿池で原水中の懸濁物質を自然沈降により沈殿
無段階でスムーズな制御が可能、回転数にかかわらず
除去した後に、緩速ろ過池で 1 日 4~5mのろ過速度で
95%以上の高効率運転、始動電流が比較的少ない等の
ろ過し、さらに塩素消毒を行う浄水方式である。
長所があり、回転数制御方式の主流となっている。
■企業債
■飲料水供給施設
地方公営企業が行う建設、改良等に要する資金に充
50 人以上(地下水等汚染地域にあっては、この限り
てるために起こす地方債をいう。
ではない。)100 人以下の給水人口に対して、人の飲
用に供する水を供給する施設等の総体をいう。
■危機管理(クライシスマネジメント)
■営業収支比率
な状況が発生した後の安全性の確保を図る活動が即刻
不測事態への適切対応を目的として、事故や危機的
営業費用に対する営業収益の割合を表すものであり、
開始できるように前もって準備しておくことをいう。
総収益比率や経営比率と比べて、特別損益、営業外収
■給水原価
支及び受託工事といった企業本来の活動とは直接結び
供給原価ともいう。有収水量 1m3 当たりについて、
つかない収支を除外して、企業固有の経済活動に着目
した収益性分析数値である。数値が 100%未満の場合
どれだけの費用がかかっているかを表すもの。
には健全経営とはいえないことを示している。
■供給単価
給水単価ともいう。有収水量 1m3 当たりについて、
■遠隔検針方式/遠隔指示方式
メータは一般的に地中に設置されており検針作業効
どれだけの収益を得ているかを表すもの。
率が悪いので、検針作業効率を向上するため、遠隔式
■業務指標(PI:Performance Indicator)
水道メータを利用して検針する方式
(遠隔検針方式)
、
ケーブルを介して信号を検知して検針する方式(遠隔
水道業務の効率を図るために活用できる規格の一種
指示方式)がある。
であり、水道事業体が行っている多方面にわたる業務
を定量化し、厳密に定義された算定式により評価する
もの。
17
■緊急遮断弁
陰イオン界面活性剤等の処理を目的として、通常の浄
地震や管路の破裂などによる異常流量を検知すると
水処理に追加して導入する処理のこと。代表的な高度
ロックやクラッチが解除され、自動的に自重や重錘ま
浄水処理の方法としては、オゾン処理法、活性炭処理
たは油圧式や圧縮空気を利用して緊急閉止できる機能
法、生物処理法及びエアレーションがあり、処理対象
を持つバルブ。
物質等によってこれらの処理方法が単独または複数の
組み合わせで用いられる。
■クリプトスポリジウム
■コンクリートテスター
胞子虫類に属する病原性生物のひとつ。水源等が汚
染され、飲料水や水道水に混入して集団的な下痢症状
非破壊によりコンクリートの圧縮強度の推定や健全
を発生させることがある。
性診断(強度・劣化・剥離)を行うことのできる装置。
■経常収支比率
■コンクリートの圧縮強度
経常費用(営業費用+営業外費用)に対する経常収
硬化したコンクリートが外力からの圧縮荷重を受け
益(営業収益+営業外収益)の割合を表すものであり、
た際に、どのような強さを持つかをみる指標。
この数値が 100%を超える場合は単年度黒字を、100%
サ 行
未満の場合は単年度赤字を表している。
■再生アスコン
■減価償却費
回収した旧アスコンに再生用添加剤や新アスコンを
固定資産の取得価額を法定の耐用期間に配分し、年
加え、室内で混合調整したアスコンのことをいう。
間の費用とされる額であり、その算出は定額法と定率
法の 2 つの方法がある。
■再生砕石
コンクリート塊、アスファルト塊及び他の廃棄物を
■減債積立金
利用し、循環資源のみで製造されている砕石をいう。
地方公営企業法に定める法定積立金のひとつ。企業
品質確保・向上のため新材を混入することが多い。た
債の償還に充てるために積立て、他の用途には使用す
だし、新材の混入率は 50%以下。
ることはできない。
■残留塩素
■建設副産物
水道水に注入した塩素が、消毒効果をもつ有効塩素
建設工事に伴って副次的に得られる物品のことであ
として消失せずに残留している塩素のことであり、水
り、再生資源や廃棄物を含んでいる。水道事業で発生
道法により残留塩素濃度は、給水栓の水で 0.1mg/L 以
する建設副産物としては、残土、砕石、アスファルト
上を保持するように義務付けられている。
混合物、コンクリートや鉄からなる残管等がある。
■紫外線照射設備
■公表平均値
クリプトスポリジウム等塩素性病原生物に紫外線を
平成 17 年度の業務指標(PI)が公表されている全事
照射し浄化する設備。
業体(35 事業体)の平均値。その事業体は以下のとお
りである。
■自己資本比率
東京都、横浜市、札幌市、豊中市、松江市、名古屋
総資本(負債及び資本)に占める自己資本の割合を
市、岡山市、会津若松市、彦根市、仙台市、大津市、
表しており、企業の自己資本調達度を判断する指標と
北九州市、福島市、西宮市、鈴鹿市、秋田市、大阪市、
なる。
福岡市、横須賀市、鶴岡市、神戸市、堺市、郡山市、
神奈川県、川崎市、山形市、奈良市、長岡京市、草加
■自己水源
市、北上市、我孫子市、静岡市、うるま市、山武郡市
自ら開発し確保する水源。
広域水道企業団、ひたちなか市。
■資本的収支
■高度浄水処理
収益的収入および支出に属さない収入・支出のうち
通常の浄水処理では十分に対応できない臭気物質、
現金の収支を伴うもので、主として建設改良及び企業
トリハロメタン前駆物質、色度、アンモニア態窒素、
債に関する収入や支出である。
18
■収益的収支
よる健康への影響が問題となり、現在、製造が中止さ
企業の経常的経営活動に伴って発生する収入とこれ
れている。
に対応する支出をいう。
■専用水道
■償還元金
寄宿舎、社宅、療養所等における自家用の水道や水
企業債等の元金が投資家等に約束した期日に戻され
道事業・簡易水道事業以外の水道であり、100 人を超
ることをいう。
えるものその居住に必要な水を供給するものをいう。
ただし、
他の水道から供給を受ける水のみを水源とし、
■浄水発生土
かつ、その水道施設のうち、地中または地表に布設さ
れている口径 25mm 以上の導管の全長が 1,500m以下
年間の浄水処理過程における発生する土の乾燥固形
で水槽の有効容量の合計が 100m3 以下の水道は除か
をいう。配水池などの清掃に伴う発生土も含む。
れる。
■水源涵養林
■総収支比率
森林が降雨を貯留する天然の水源としての機能を持
つとして、水源涵養林あるいは水源林と呼んでいる。
総収益を総費用で除したものであり、総費用が総収
森林の土壌がこの機能を有しており、樹木は、落ち葉
益によってどの程度賄われているかを示すもの。この
などにより土壌を形成し、また、根が降雨による土壌
比率が 100%未満の場合は、収益で費用を賄えないこ
の流失を防止する役割を果たしている。
ととなり健全な経営とはいえない。
■水道事業(上水道事業)
■損益勘定留保資金
一般の需要に応じて、計画給水人口が 100 人を超え
資本的収支の補てん財源のひとつで、当年度損益勘
る水道により水を供給する事業をいう(水道法 3 条 2
定留保資金と過年度損益勘定留保資金に区分される。
項)。計画給水人口が 5,000 人を超える水道によるも
タ 行
のは、慣用的に上水道事業と呼ばれている。
■耐震管
■水道ビジョン
耐震管路の定義は、「水道事業ガイドライン」によ
2004 年 6 月、厚生労働省より公表された、水道関係
ると、①SⅡ形、NS 形、US 形、UF 形、KF 形、PⅡ形
者共通の政策目標と実現のための施策。これを基に、
等の離脱防止機能付継手のダクタイル鋳鉄管、②溶接
水道事業者が自らの事業の現状と将来見通しを分析・
継手の鋼管、③熱融着継手水道配水用ポリエチレン管
評価した上で目指すべき将来像を描き、その実現のた
とされている。ただし、K 形継手のダクタイル鋳鉄管
めの方策等を示したものを「地域水道ビジョン」とい
は、岩盤・洪積層などの良い地盤において低い被害率
う。
を示していることから、基幹管路が備えるべきレベル
2 地震動に対する耐震性能を満たすものとされており、
■水道法に基づく第三者委託
各水道事業者の判断により耐震管として採用すること
水道の管理に関する技術上の業務の全部または一部
は可能であるとなっている。
を他の水道事業者、水道用水供給事業者または当該業
務を実施できるだけの経理的・技術的基礎を有する者
■耐震性能
に水道法上の責務を含めて委託すること。
地震時に施設等が保持すべき性能。地震動レベル、
施設の重要度の組み合わせにより決定する。
■水道モニター制度
消費者に水道事業の現状を知らせることにより、意
■貯水槽水道
見・提言を受け、よりよい水道事業経営を目指すこと
ビルやマンション等の高い建築物では、水道管から
を目的とした制度。ある一定期間任命された消費者を
供給された水をいったん受水槽に貯め、これをポンプ
モニターという。
で屋上等にある高架水槽に汲み上げてから、各家庭に
給水する。この受水槽と高架水槽を含む全体の給水設
■石綿セメント管
備を一般的に貯水槽水道という。
石綿繊維(アスベスト)、セメント、硅砂を水で練
り混ぜて製造したもの。人体内へのアスベスト吸入に
19
■直結給水
ュータとディスプレイ、キーボード及びプリンタで構
需要者の必要とする水量、
水圧が確保できる場合に、
成され、軽量で手で持ち運びができるものをいう。
配水管の圧力を利用して給水する方式。貯水機能がな
■非公営簡易水道事業
くなるため、災害、断水、一時に大量の水を必要とす
る場合の対処が不能となる大規模集合住宅、病院、学
公的機関以外が運営する簡易水道事業をいう。鹿屋
校等は、直結給水の対象としない事業体が多い。メリ
市では、民営の簡易水道事業や飲料水供給施設、小規
ットは水質劣化防止、
受水槽の清掃・点検費用が不要、
模水道施設をいう。
受水槽設置スペースが不要となるため土地の有効利用
■フォローアップ
が可能、配水管の圧力を利用するためエネルギーの有
効利用がある。
ある物事を徹底するために、その物事の展開を継続
的に調査すること。
■TS 継手
■負荷率
硬質塩化ビニル管用継手で、接着剤を受口と挿口の
1 日最大給水量に対する 1 日平均給水量の割合を表
両方に塗って接合する継手である。
すものであり、水道事業の施設効率を判断する指標の
■テロ
ひとつである。数値が大きいほど効率的であるとされ
テロ(テロリズム)とは、一般に恐怖心を引き起こ
ている。
すことにより、特定の政治的目的を達成しようとする
■プリペイド方式
組織的暴力行為、またはその手段を指す。現代では行
政組織・国家権力・社会・文明に対する過激派の暴力
プリペイドとは現金や料金をあらかじめ前払いして、
行為・冒険主義をさす事例が多く、最近ではその動機
商品を購入したり、サービスを利用したりすること。
が多様化し、攻撃目標も要人から一般市民に変わって
水道事業では、需要者は磁気カードを購入し、プリペ
きている。
イド装置に挿入することにより、購入料金の分だけ水
道水を使用できる方式をいう。
ナ 行
■ホームページ
■内部留保資金
ホームページという言葉は本来、ウェブブラウザを
減価償却費などの現金支出を伴わない支出や収益的
起動した際に表示されるウェブページの事を指す。し
収支における利益によって、企業内に留保される自己
かし、日本国内では、ホームページと呼ぶ場合、「ブ
資金のこと。損益ベースでは将来の投資資金として確
ラウザのホームボタンに登録されたウェブページ(本
保され、資金ベースでは資本的収支の不足額における
来のホームページの意味)」よりも、「ある特定のウ
補てん財源などに用いられる。
ェブサイトのトップページ」、「ウェブページ」、「ウ
ェブサイト全体」
を指して使う傾向にある。
要するに、
ハ 行
ウェブブラウザを通して見る物を全般的に「ホームペ
■配水ブロック
ージ」とひとくくりにするのに近い形で使われる。
地形、標高や土地利用(鉄道、幹線道路)等により
マ 行
分割されている配水区域を更に細分化して給水する配
水形態をいう。
■膜処理
逆浸透膜、限外ろ過膜、精密ろ過膜、イオン交換膜、
■パブリックコメント
透析膜などにより水中の不純物を分離する処理方法。
政策立案段階において、
その立案に係る政策の趣旨、
内容等を公表し、市民等から意見等を募集し、提出さ
■マニュアル
れた意見等を考慮して意思決定を行うとともに、意見
手引書または取扱説明書。
等に対する市の考え方を公表すること。
■メカニズム
■ハンディーターミナル(携帯用検針末端機)
構造、仕組み。
メータ検針の正確性の向上、料金事務の効率化を目
的とした検針システムのひとつであり、小型のコンピ
20
器。コンクリート表面を打撃しその反発度から強度を
ヤ 行
推定する。
■有効水量
使用上有効とみられる水量のことであり、メータで
計量された水量、もしくは需要者に到達したものと認
められる水量並びに事業用水量などをいう。
■有効率
有効水量を給水量で除したもの。水道施設及び給水
装置を通して給水される水量が有効に使用されている
かどうかを示す指標であり、有効率の向上は経営上の
目標となる。
■有収水量
料金徴収の対象となった水量及び消防用水などの他
会計から収入のあった水量
■有収率
有収水量を給水量で除したものであり、施設の稼働
状況がそのまま収益につながっているかどうかが確認
できる。
ラ 行
■ライフサイクルコスト
ある商品の天然資源採取から資材生産、製造組立、
使用、廃棄、また場合によってはリサイクルを含めた
一連の流れを
(商品の生涯を)
ライフサイクルといい、
その過程における費用の総計をライフサイクルコスト
という。商品を低価格で調達しても、使用中のメンテ
ナンス費用や廃棄時の費用を考慮しなければ結果的に
高い費用が掛かることから生まれた発想。
■ライフライン
本来の命綱、生命線という意味から派生し、電気、
ガス、水道など、市民生活に必要なものをネットワー
ク(ライン)により供給する施設または機能のこと。
これらに通信や輸送などを加える場合もある。
■リサイクル
本来は再循環を指し、
製品化された物を再資源化し、
新たな製品の原料として利用すること。リデュース
(Reduce、減量)、リユース(Reuse、再使用)と共に
3R と呼ばれる。
■リバウンドハンマー
非破壊によりコンクリートの圧縮強度の推定する機
21
鹿屋市水道ビジョン
平成 20 年 3 月
企画・編集
鹿屋市 上下水道部
〒893-0014
鹿児島県鹿屋市寿 2 丁目 11 番 18 号
TEL:0994-43-2800 FAX:0994-43-3646
22
かのや ばら園
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement