非分散形 赤外線ガス分析計 (ZRG 代替用)

非分散形 赤外線ガス分析計 (ZRG 代替用)
取扱説明書
非分散形
赤外線ガス分析計
(ZRG 代替用)
形式:ZKJ7-4
INZ-TN4ZKJ7a
はじめに
このたびは,非分散形赤外線ガス分析計(形式:ZKJ7)をお買い上げいただき,まことにありがとうございます。
・ この取扱説明書をよくお読みいただき,十分に理解した上で赤外線ガス分析計の取付け,配線,
運転,保守をしてください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐れがあります。
・この赤外線ガス分析計の仕様は,製品改良のため予告なく変更することがあります。
・ 無断で,この赤外線ガス分析計を改造することは,固く禁止致します。無断で改造したことに
より生じた事故については,一切責任を負いません。
・この取扱説明書は,実際に赤外線ガス分析計をお使いになる方が保管してください。
・お読みになった後は,お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
・この取扱説明書は,必ず最終需要家まで渡るように配慮してください。
製
造
者
:富士電機株式会社
式
:本体銘板に記す
製 造 年 月 日
:本体銘板に記す
製
:日本
形
造
国
納入品
赤外線ガス分析計(本体)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1台
ヒューズ(AC250V/3.15A)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2本
セル組立て用工具(ブロックセル使用時のみ)・・・・・・ 1個
取扱説明書(本書)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1冊
© 富士電機株式会社
お願い
●
●
●
本書の内容の一部,または全部を無断で記載することは禁止されて
います。
本書の内容に関しましては,将来予告なしに変更することがあります。
本書の中の分かりにくい箇所,記述の誤り,記載もれなどお気づき
の点がございましたら,巻末のマニュアルコメント用紙にご記入の
うえ,担当営業員にお渡しください。
̶i ̶
発 行
改訂 1 版
2011
2011-7
2011-10
安全上のご注意
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上,正しくご使用ください。
・ここに示した注意事項は,安全に関する重大な内容を記載していますので,必ず守ってください。安全事項の
ランクを「危険」,「注意」,
「禁止」と区分してあります。
危険
取扱いを誤った場合に,
危険な状況が起こりえて,
死亡または重傷を受け
る可能性が想定される場合。
注意
取扱いを誤った場合に,
危険な状況が起こりえて,
中程度の障害や軽傷を
受ける可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される場合。
禁止
禁止(してはいけないこと)
を示します。
ガス分析計の取付け,保管上の注意
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しない
でください。爆発,火災などの重大な事故の原因になります。
注意
・取付けは,取扱説明書に示される取付けのルールを守り,ガス分析計の
質量に耐えるところに取付けてください。不完全な場所への取付けは,
転倒,落下の原因となり,けがをする恐れがあります。
・ガス分析計を持ち上げるときには,必ず手袋を着用してください。素手
の場合けがをする恐れがあります。
・ガス分析計は,重量物です。人力での運搬は,2人以上で十分に注意し
て行ってください。体を痛めたり,けがをする恐れがあります。
・取付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。
火災,故障,誤動作の原因になります。
̶ ii ̶
配管上の注意事項
危険
◎配管は,下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管,接続は
ガス漏れの原因になります。
漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合,重大な事故につながる恐れがあ
ります。また,可燃性ガスが含まれる場合は,爆発,火災などを引き
起こす可能性があります。
・配管接続は,取扱説明書に従い正しく行ってください。
・排出ガスは,サンプリング装置内,屋内にこもらないように屋外に排出
してください。
・ガス分析計からの排出ガスは,大気開放として不要な圧力がガス分析計
にかからないように注意してください。ガス分析計内の配管が外れ,ガ
ス漏れの原因になることがあります。
・配管は,油脂類の付着がないパイプ,減圧弁をご使用ください。油脂類
の付着があると,火災などを引き起こす可能性があります。
配線上の注意
注意
・配線は,必ずすべての電源を落としてから行ってください。感電の恐れ
があります。
・アース線はD種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠
ると,感電や故障の原因になります。
・配線材は,機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に
耐えない配線材の使用は,感電や火災の原因になります。
・定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると
火災の原因になります。
使用上の注意事項
危険
注意
禁止
・校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは,標準ガスの取扱説明書を熟読
して正しく使用してください。
・長期間休止させたり,またその再立上げは,通常の運転・休止とは異な
りますので,各取扱説明書の指示に従ってください。十分な性能が発揮
されないばかりか,事故やけがの原因になります。
・ガス分析計のカバーを開けたまま長期間運転しないでください。
粉塵,埃などが内部に付着し,故障の原因になります。
・入出力端子部を金属,指などで触らないでください。感電,けがの恐れ
があります。
・ガス分析計周辺で喫煙など,火気を使用しないでください。火災の原因
になることがあります。
・ガス分析計に水の侵入原因になることをしないでください。感電,装置
内部の火災の原因になることがあります。
̶ iii ̶
保守,点検上の注意
危険
注意
・保守,点検など,ガス分析計のカバーを開けて作業を行う際は,ガス分
析計内だけでなく測定ガスラインをゼロガスで十分パージしてから行っ
てください。ガス漏れなどによる中毒,火災,爆発を引き起こす原因と
なります。
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってくだ
さい。
・時計などの金属物を外して作業してください。
・濡れた手で装置に触れないでください。
・ヒューズが溶断したときは,その原因を確認の上,必ず同容量,同形式
のものと交換してください。感電や事故の原因となります。
・交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に
発揮されないばかりか事故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください。地域のルール
に従って廃棄ください。
その他
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の
調整技術員に連絡ください。不用意に分解すると感電,けがの恐れがあ
ります。
̶ iv ̶
目 次
はじめに ................................................................................................................................i
安全上のご注意 ...................................................................................................................ii
1. 概 要 .......................................................................................................................... 1
2. 各部の名称と説明 ....................................................................................................... 2
2.1 分析計本体の名称と説明 ............................................................................................................................................................ 2
2.2 入出力端子台 ....................................................................................................................................................................................... 3
3. 設置方法 ...................................................................................................................... 4
3.1 設置条件 .................................................................................................................................................................................................. 4
3.2 分析計本体の取付け方法 ............................................................................................................................................................ 5
3.3 配管方法 .................................................................................................................................................................................................. 6
3.4 サンプリング ....................................................................................................................................................................................... 9
3.4.1 試料ガス条件 ....................................................................................................................................................................... 9
3.4.2 試料ガス流量 ....................................................................................................................................................................... 9
3.4.3 標準ガスの準備 .................................................................................................................................................................. 9
3.4.4 器内パージ ............................................................................................................................................................................. 9
3.4.5 試料ガス出口の圧力 ................................................................................................................................................... 10
3.4.6 サンプリングシステム構成例.............................................................................................................................. 10
3.5 配線方法 .............................................................................................................................................................................................. 11
3.5.1 電源インレット .............................................................................................................................................................. 11
3.5.2 入出力端子台 ................................................................................................................................................................... 12
3.5.3 接続方法・アナログ出力成分.............................................................................................................................. 17
4. 運 転 .................................................................................................................... 18
4.1 運転準備 .............................................................................................................................................................................................. 18
4.2 暖機運転と運転 .............................................................................................................................................................................. 18
5. 表示・操作パネルの説明 ......................................................................................... 19
5.1 操作パネルの名称と説明 ........................................................................................................................................................ 19
5.2 表示・操作パネルの概要.......................................................................................................................................................... 20
5.3 表示画面の概要 .............................................................................................................................................................................. 21
5.4 基本操作 .............................................................................................................................................................................................. 25
6. 設定および校正 ......................................................................................................... 26
6.1 レンジ切り換え .............................................................................................................................................................................. 26
6.1.1 レンジ切換方法の設定 .............................................................................................................................................. 26
6.1.2 手動レンジ切換 .............................................................................................................................................................. 27
6.2 校正設定 .............................................................................................................................................................................................. 28
6.2.1 校正濃度の設定 .............................................................................................................................................................. 27
6.2.2 手動ゼロ校正動作の設定 ........................................................................................................................................ 30
6.2.3 校正レンジ動作の設定 .............................................................................................................................................. 32
̶v ̶
6.2.4 自動校正成分/レンジの設定.............................................................................................................................. 34
6.3 アラーム設定 ................................................................................................................................................................................... 36
6.3.1 アラーム値の設定......................................................................................................................................................... 36
6.3.2 ヒステリシスの設定 ................................................................................................................................................... 38
6.4 自動校正の設定 .............................................................................................................................................................................. 39
6.4.1 自動校正 .............................................................................................................................................................................. 39
6.4.2 自動校正の強制実行および中止 ........................................................................................................................ 42
6.5 簡易ゼロ校正の設定 ................................................................................................................................................................... 45
6.5.1 簡易ゼロ校正 ................................................................................................................................................................... 45
6.5.2 簡易ゼロ校正の強制実行および中止 ............................................................................................................. 47
6.6 ピークアラーム設定 ................................................................................................................................................................... 50
6.7 パラメータの設定 ........................................................................................................................................................................ 52
6.8 メンテナンスモード ................................................................................................................................................................... 58
6.9 校 正.................................................................................................................................................................................................... 63
6.9.1 ゼロ校正 .............................................................................................................................................................................. 63
6.9.2 スパン校正 ......................................................................................................................................................................... 64
7. 保 守 ........................................................................................................................ 65
7.1 日常点検 .............................................................................................................................................................................................. 65
7.2 日常点検保守要領 ........................................................................................................................................................................ 65
7.3 分析部の保守要領 ........................................................................................................................................................................ 66
7.3.1 試料セルの清掃方法(パイプセル)................................................................................................................ 66
7.3.2 試料セルの清掃方法(ブロックセル)........................................................................................................... 68
7.3.3 光学ゼロ調整方法(光学バランス調整)..................................................................................................... 70
7.3.4 水分干渉補償調整方法 .............................................................................................................................................. 71
7.4 長期的な保守品について ........................................................................................................................................................ 73
8. エラーメッセージ ..................................................................................................... 74
9. 仕 様 ........................................................................................................................ 76
9.1 一般仕様 .............................................................................................................................................................................................. 76
9.2 形式指定 .............................................................................................................................................................................................. 79
9.3 測定成分・測定レンジ −製作可否対応表− ........................................................................................................... 82
9.4 外形図.................................................................................................................................................................................................... 83
̶ vi ̶
1. 概 要
本品は異原子分子が赤外線の波長域に吸収スペクトルを持ち,その吸収強さがランベルト・ベールの式にしたが
う事を利用した赤外線ガス分析計で,試料ガス中の NO,SO2,CO2,CO,CH4 等の濃度測定を行います。また,
外部 O2 計を取り付けることで,1 台で,O2 計を含めて最大 3 成分(O2 測定以外では最大 2 成分)の同時測定を
可能としました。
さらに,マイクロプロセッサー搭載,大型液晶画面の採用により,操作性の向上,高精度・多機能化を実現して
います。
ボイラ,ゴミ焼却等の燃焼排ガス測定用として最適です。その他,鉄鋼用ガス分析[高炉,
転炉,熱処理炉,焼結(ペ
レット設備),コークス炉]
,青果貯蔵及び熟成,生化学(微生物)
[発酵],大気汚染[焼却炉,排煙脱硫・脱硝],
自動車排ガス(除テスタ)
,防災[爆発性ガス検知,有毒ガス検知,新建材燃焼ガス分析],植物育成用,化学用
分析[石油精製プラント,石油化学プラント,ガス発生プラント,環境用[着地濃度,トンネル内濃度,駐車場,
ビル管理],理化学各種実験用などの分析計としても有用です。
̶1 ̶
2. 各部の名称と説明
2. 1 分析計本体の名称と説明
4 試料ガス入口
5 試料ガス出口
8 入出力端子
3 表示・操作パネル
GA
S
AN
ZK
ALY
J
ZE
R
PO
WE
R
MO
DE
ZE
RO
SP
AN
ES
C
EN
TE
R
6 セクターモータ
ON
FU
S
E
7 光源部カバー
25 FUSE
0V
PO T
WE3.1
R
5A
PE
N
PO
AC WE
R
L
SOUV
RCE
2 電源スイッチ
1 取手
9 電源端子
図2−1
名 称
説 明
名 称
説 明
①取手
分析計本体を取り付けるとき
に使用する取手です。
⑥セクターモータ
セクター回転駆動用のモータ
です。
②電源スイッチ
分析計の電源を「入・切」し
ます。
⑦光源部カバー
内部に赤外線光源が収納され
ています。
③表示・操作パネル
液晶表示器と,各種操作設定
用のキーがあります。
⑧入出力端子
分析計の出力信号及び警報出
力などの信号を取り出す端子
です。
④試料ガス入口
測定ガスを配管します。
⑨電源端子
電源用配線を接続します。
⑤試料ガス出口
排気ラインへ配管します。
̶2 ̶
2. 2 入出力端子モジュール
本分析計の各種入出力信号は,上面の端子台より入出力します。
〈入出力端子〉
①入出力端子
PURGE
INLET1
OUTLET1
AUTO CAL
②通信用コネクタ
OPTION2
AUTO CAL OPTION2
OPTION1
A/O
OPTION1
A/O
図2−2
名 称
説 明
名 称
説 明
①入出力端子台
アナログ出力,レンジ識別接
点,警報接点出力等の信号の
入出力端子です。
②通信用コネクタ
通信ケーブルを接続します。
M3.5 ねじ
̶3 ̶
※通信機能についての詳細は、
別冊説明書(INZ-TN513327)
を参照してください。
3. 設置方法
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,火
災など重大な事故の原因になります。
注意
・据付け,移動,再据付けは専門の業者,またはお買上先に依頼してください。不完全な据え付
けは,転倒事故,感電,火災けがなどの原因になります。
・赤外線ガス分析装置は重量物です。十分に注意して据付けてください。転倒,落下などにより,
事故やけがの恐れがあります。
・赤外線ガス分析装置を持ち上げるときには必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをす
る恐れがあります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超えた場所
での使用は,感電,火災,誤動作の原因になります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤動作
の原因になります。
3. 1 設置条件
次の条件を満足する場所に設置してください。
① 本機器は,システム組み込み用機器です。
パネル,ロッカー等,鋼板製の囲いのあるものに組み込んで使用してください。
② 屋内で使用してください。
③
振動がある場所は避けてください。
④
雰囲気の清浄な場所を選んでください。
⑤ 供給電源: 定格電圧 ;AC100V ∼ AC240V
使用可能電圧;AC85V ∼ AC264V
定格周波数 ;50Hz/60Hz
最大定格電力;250VA
⑥ 動作条件: 周囲温度;− 5℃∼ 45℃
周囲湿度;90% RH 以下,結露なきこと
̶4 ̶
3. 2 分析計本体の取付け方法
φ12
(単位 mm)
ZKJ
GAS ANALYZER
POWER
MODE ZERO SPAN
835
ENTER
813
ESC
F
ON
U SE
PE
FUSE
250V T 3.15A
N
L
AC
V
POWER SOURCE
140
218
12
底部固定用取付板
(質量はこれで受ける)
※ 分析計本体の点検・保守の際は,本体前面のふたを取り外して行う場合があります。
取付けでは,分析計の質量をケース底部で支持して下さい。
直射日光の当たる場所での設置はさけてください。
分析計の周囲温度は−5 ∼ 45℃の範囲で温度変化の少ない場所に設置してください。
̶5 ̶
3. 3 配管方法
配管方法は,分析計本体前面のガス出入口へ接続してください。
●
計器とサンプリングシステムをテフロン,ステンレス,ポリエチレンなど耐食性のあるチューブで接続して
ください。腐食の心配がない場合でもゴムや軟質ビニールのチューブは使わないでください。配管材料によ
るガスの吸着のため指示が不正確になります。
●
配管接続口は Rc1/4 めねじになっています。配管は応答を速くするため,できるかぎり短くしてください。
内径は4mm 位が適当です。
●
計器内にダストが浸入すると動作不良を起こす可能性がありますので,配管や継手は清浄なものを使用して
ください。
次の方法で,ガス配管を行ってください。
上面図
試料ガス入口
試料ガス出口
PURGE
INLET1
OUTLET1
パージガス入口
AUTO CAL
OPTION2
OPTION1
A/O
試料ガス入口 : 除湿などの前処理の終わった測定対象ガス,およびゼロ・スパン校正用標準ガスを導入するよ
うに配管します。
導入するガス流量は 0.5L/min ± 0.2L/min の範囲で一定流量としてください。
試料ガス出口 : 測定後の測定対象ガスを排出します。
配管を屋外・大気開放とするように布設してください。
パージガス入口: パ−ジガス有を指定した場合パージガス入口が付きます。
分析計内部全体をパージするためのガス入口です。
パージガスはドライ N2 または計装エアーを使用,流量は 1L/min です。
̶6 ̶
内部配管図
測定部(IR Unit)
OUTLET INLET
試料セル
*レンジの組合せにより
2つ入る場合もある
試料ガス入口
試料ガス出口
各測定部と測定成分の対応
測定成分
測定部
NO,SO2,CO2,CO,CH4 の各 1 成分
各測定成分
NO/SO2,CO2/CO の 2 成分計
NO/SO2,CO2/CO
̶7 ̶
配管例
・NOX計がない場合
ZKJ
サンプルガス
フィルタ
流量計
0.5L/min
試料ガス入口
試料ガス出口
排気
大気解放
・NOX計がある場合
サンプルガス
ZKJ
*
NO2/NO
コンバータ
フィルタ
流量計
0.5L/min
試料ガス入口
試料ガス出口
*NO2/NOコンバータは、NO計をNOX計として測定する場合に使用
̶8 ̶
測定部
(IR Unit)
排気
大気解放
3. 4 サンプリング
3. 4. 1 試料ガス条件
① 試料ガスに含まれているダストは,フィルタにより完全に除去してください。最終段のフィルタは 0.3
μmのダストを除去できるものを使用してください。
② ガス分析計内にドレンが発生しないために,試料ガスの露点は周囲温度より低くなくてはなりません。
試料ガス中に水蒸気が含まれているときは,除湿器を通して露点を0℃付近まで下げてください。
③ 試料ガス中に SO3 ミストが含まれている場合は,ミストフィルタおよび冷却器などにより SO3 ミストを
取り除いてください。その他のミストについても同様です。
④ Cℓ2,F2,HCℓなどの強腐食性ガスが試料ガス中に多量に含まれていると,計器の寿命が短かくなるので
注意してください。
⑤ 試料ガス温度は0∼ 50℃です。高温のガスを直接計器内に入れないよう注意してください。
3. 4. 2 試料ガス流量
試料ガスの流量は 0.5L/min ± 0.2L/min を流してください。
測定中は流量変動を抑えてください。
流量計をサンプリングシステム構成例(3.4.6 項)の様に設けて,流量を確認ください。
3. 4. 3 標準ガスの準備
本計器を正常にご使用いただくためには,標準ガスによる定期的な校正が必要です。(1週間に1回程度)
ゼロ・スパン校正用の標準ガスボンベを準備してください。
O2 計なしの分析計の場合
ゼロガス
O2 計以外の
スパンガス
外付けジルコニア O2 計付きの
分析計の場合
N2 ガス
ドライエア
フルスケールの 90%以上の濃度の
ガス
フルスケールの 90%以上の濃度の
ガス
O2 計(形式:ZFK7)
のスパンガス
1∼2% O2 ガス
3. 4. 4 器内パージ
器内パージは一般には必要ありませんが,次の場合にはご検討ください。
① 測定ガスに可燃性ガスが含まれる場合。
② 設置場所の雰囲気中に腐食性ガスが含まれる場合。
③ 設置場所の雰囲気中に測定成分と同じガスが含まれる場合。
パージはドライ N2 または計装エアーを使用してください。流量は 1L/min 以上です。
パージガス中にダスト・ミストが含まれる場合は,これらを十分に取り除いて使用してください。
̶9 ̶
3. 4. 5 試料ガス出口の圧力
試料ガス出口の圧力は,大気圧となるようにしてください。
3. 4. 6 サンプリングシステム構成例
下記はボイラ・塵芥焼却等,燃焼排ガス測定用 3 成分ガス分析の場合の一般的なシステム構成例です。
用途に応じて,システムの構成は異なってきます。不明な点がございましたら弊社までお問合せください。
ご相談に応じます。
①ガス採取器
φ10φ8
テフロン
チューブ
上
゜以
④ガス吸引器
15
2方
電磁弁
②ミストフィルタ
⑦メンブレン
フィルタ
⑧流量計
⑪
NO2/NO
コンバータ
⑦
⑤
電子式
ガス冷却器
ZKJ本体
メンブレン
フィルタ
赤外線
分析計
NO,SO2
ZERO
NO
SO2
O2
⑥ 電磁弁
③
安全
ドレン
トラップ
圧力調整器
Air
NO
/N2
SO2
/N2
O2
/N2
⑩ジルコ
ニア
O2計
(ZFK7)
⑨標準ガス
排気
ドレン
名 称
説 明
名 称
説 明
①ガス採取器
加熱式ステンレスフィルタ付
きガス採取器,
標準フィルタ径 40 μ m
⑧流量計
サンプルガス流量を調整,監
視します。
②ミストフィルタ
ドレンとミスト,ダストを除
去します。
⑨標準ガス
分析計のゼロ・スパンを校正
する基準ガス。測定成分に応
じて使用します。
③安全ドレントラップ
正圧力と負圧力に別れ,サン
プルガス圧力の監視・調整を
します。
⑩ジルコニア O2 センサ
(ZFK7)
外付のジルコニア式酸素セン
サです。ガス中の酸素の濃度
を測定します。
④ガス吸引器
サンプルガス吸引用
⑤電子式ガス冷却器
サンプルガス中の水分を除湿
します。
⑪ NO2/NO コンバータ
⑥電磁弁
校正ガス導入用に使用します。
NOX 分析時に付加します。
NO2 ガスを NO ガスに効率よ
く変換する特殊触媒を使用し
たコンバータです。
⑦メンブレンフィルタ
PIFE フィルタにより微細ダス
トを除去します。
̶ 10 ̶
3. 5 配線方法
3. 5. 1 電源端子台
電源端子台は,本体下部にあります。
取付の盤仕様に合わせて,電源と接続してください。
電源端子台
F
ON
U SE
PE
FUSE
250V T 3.15A
N
L
AC
V
POWER SOURCE
ノイズ発生源が近くにあるときは
●
電源ノイズを発生する電気的装置の近くにこの計器を設置しないでください(高周波炉,電気溶接機など)。
このような装置の近くで計器を使用する場合は,ノイズを避
本体電源
けるため電源ラインを全く別にしてください。
●
電源からリレー,電磁弁などのノイズが入る場合は,ノイズ
発生源にバリスタあるいはスパークキラーを右図のように付
バリスタまたは,
スパークキラー
近接配置接続
けてください。ノイズ発生源から離して付けると効果があり
ノイズ発生源
ませんから注意してください。
̶ 11 ̶
3. 5. 2
入出力端子台
(1) アナログ出力信号(A/0):A/0 ①∼⑧,⑬∼⑱
出力信号:DC4 ∼ 20mA または DC0 ∼ 1V(オーダー時に選択)
非絶縁
許容負荷:DC4 ∼ 20mA
DC0 ∼ 1V
550 Ω以下
100k Ω以上
・アナログ出力は測定画面表示の CH(チャネル)に対応して各端子から出力されます。
本製品のアナログ出力は全て非絶縁です。屋外への配線の引き出しや,30m 以上の配線をされる場合,
複数の出力を外部に接続する場合は,不要な信号の回り込みや,外乱の影響をなくすために,信号を個々
に絶縁して使用されることをお奨めします。
(2) O2 センサー入力:A/0 ⑪∼⑫
入力信号:外部ジルコニア酸素計
外部酸素計
ジルコニア酸素センサー信号(当社 ZFK7 出力)
DC0 ∼ 1V(直流入力抵抗 1MΩ 以上)
・オーダー時指定により,外部ジルコニア酸素計または外部酸素計を指定された場合に使用します。
・別途用意していただいたジルコニア酸素計または酸素計の出力を接続します。
・外部酸素計の場合,本分析計の O2 フルスケールに対して DC0 ∼ 1V の信号を入力してください。
O2 センサー入力部は非絶縁です。分析計から離れた場所に O2 計を設置して信号を入力する場合には,
信号を絶縁して使用されることをお奨めします。ジルコニアセンサー(当社 ZFK7)は,本分析計と近
接して設置ください。
(3) 接点入力(DI)
:OPTION1 ①∼④,⑨∼⑩,⑪∼⑭,AUTO CAL ⑮∼⑯
・入力は無電圧接点入力です。短絡(on),開放(off)の切り換えで入力します。
・端子に電圧は印可しないでください。
(4) 接点出力(DO)
:A/O ⑲∼⑳,OPTION1 ⑤∼⑧,⑮∼⑳,OPTION2,AUTO CAL
接点容量:AC250V/2A 抵抗負荷
・出力はリレー接点です。導通(on),開放(off)の切り換えで出力します。
信号への外部からの影響をなくすため,電源及び接点出力への配線とアナログ信号,O2 センサー入力,
接点入力への配線は分離してください。
※ 外部からのノイズ等による誤動作防止のため,分析計本体は必ずアースをとってください。また,入出
力端子モジュール取付板と取付けるパネルとの間は導通をもたせ,パネル筐体は分析計と同じアースに
接続してください。
̶ 12 ̶
(5) 入出力端子一覧
A/O
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
第1成分
出力
第2成分
出力
+
1
11
+
−
2
12
−
O2センサ入力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(O2換算平均値)
+
−
4
14
−
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
+
5
15
+
−
6
16
−
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(O2換算平均値)
+
7
17
+
−
8
18
−
3
9
13
+
O2
上限アラーム
接点出力
未使用
+
1
11
2
12
3
13
4
14
自動校正終了
接点出力
⑤−⑧
5
15
6
16
第2成分
(**)
O2換算値出力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
第1成分
レンジ識別
接点出力
7
17
8
18
9
19
10
20
20
+
R1
第1成分
O2換算値出力(***)
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
O2
リモート
レンジ入力
+
第2成分
レンジ識別
接点出力
O2
レンジ識別
接点出力
OPTION 2
AUTO CAL
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
第1成分
下限アラーム
接点出力
自動校正中
接点出力
ゼロガス用
接点出力
第2成分
下限アラーム
接点出力
O2
下限アラーム
接点出力
スパンガス1用
接点出力
スパンガス2用
接点出力
(M3.5ねじ)
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
校正異常
接点出力
ポンプON/OFF接点
+
自動校正リモート
スタート入力
−
未使用
スパンガス3用
接点出力
未使用
1
第2成分
リモート
レンジ入力
自動校正中
接点出力
⑮−⑱
(M3.5ねじ)
11
平均値リセット入力
+ ⑪−⑭
(M3.5ねじ)
1
第2成分
上限アラーム
接点出力
第1成分
リモート
レンジ入力
FAULT出力
10
第1成分
上限アラーム
接点出力
O2出力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
19
未使用
OPTION 1
リモート出力
ホールド入力 +
①−④
未使用
(M3.5ねじ)
(**)2 台併設して使用する場合(O2 換算値、換算平均値あり)の1台目は
O2 瞬時値(DC 0∼1V:0∼25%レンジ相当)が出力されます。
(***)2 台併設の1台目が CO2/CO 計の場合 CO 換算値は、第1成分 O2 換
算値出力に出力されます。
通信用コネクタ(D-Sub 9pin)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
※詳細は
「赤外線ガス分析計通信機能
(MODBUS)
」参照
̶ 13 ̶
(6) 端子台説明 A/O
第1成分
出力
第2成分
出力
1
11
端子台<A/0>
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
+
−
2
12
−
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(O2換算平均値)
+
3
13
+
−
4
14
−
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
+
5
15
+
−
6
16
−
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(O2換算平均値)
+
O2センサ入力
+
7
17
+
−
8
18
−
9
19
O2出力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
(瞬時値)
第1成分
O2換算値出力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
:第一成分
瞬時値出力
3−4 間
:第一成分
O2 換算平均値出力
5−6 間
:第二成分
瞬時値出力
7−8 間
:第二成分
O2 換算平均値出力
9−10 間
:中継用として配線しないでください。
11−12 間 :O2 センサ入力用です。
当社ジルコニア酸素計または外部
第2成分
O2換算値出力
DC 0∼1Vまたは
DC 4∼20mA
の酸素計の入力ですので,外部 O2 計
仕様でない場合は使用しないでください。
13−14 間 :O2 瞬時値出力
FAULT出力
10
1−2 間
15−16 間 :第一成分 O2 換算値出力
20
(第二成分 O2 換算値出力の場合あり)
(M3.5ねじ)
17−18 間 :第二成分 O2 換算値出力
(O2 瞬時値出力(DC0 ∼ 1V)の場合あり)
19−20 間 :FAULT 出力
OPTION 1
リモート出力
ホールド入力 +
①−④
1
11
2
12
3
13
4
14
自動校正終了
接点出力
⑤−⑧
5
15
6
16
第1成分
レンジ識別
接点出力
7
17
8
18
9
19
10
20
第1成分
リモート
レンジ入力
O2
リモート
レンジ入力
+
R1
+
端子台<OPTION1>
平均値リセット入力
+ ⑪−⑭
1−4 間
:リモート出力ホールド入力
開放(オープン)でホールドなし
+
短絡(ショート)で出力ホールド
第2成分
リモート
レンジ入力
詳しい動作については,
「6.7 パラメータ設定,ホールド
自動校正中
接点出力
⑮−⑱
動作」の項を参照してください。
3−4 間
:第一成分リモートレンジ入力
開放(オープン)で Highレンジ,
第2成分
レンジ識別
接点出力
短絡(ショート)で Lowレンジが
選択されます。
O2
レンジ識別
接点出力
5−8 間
:自動校正終了接点出力
自動校正の最終ガス流通後,接点が
(M3.5ねじ)
約 1.5 秒間導通します。
11−14 間 :平均値リセット入力
接点入力を短絡(ショート)すると(1.5 秒
15−18 間 :自動校正中接点出力
自動校正中のとき導通,それ以外
以上)O2 平均,換算平均をすべて同時に
のときは開放となります。
リセットします。
7−8 間
:第一成分レンジ識別接点出力
その後開放(オープン)で平均値再スタート
9−10 間
:O2 リモートレンジ入力
します。
詳しい動作については「6.7 パラメータ設定,
13−14 間 :第二成分リモートレンジ入力
開放(オープン)で Highレンジ,
短絡(ショート)で Lowレンジが
選択されます。
17−18 間 :第二成分レンジ識別接点出力
19−20 間 :O2 レンジ識別接点出力
̶ 14 ̶
平均値リセット」の項を参照してください。
《端子台説明》 OPTION 2
1
第1成分
上限アラーム
接点出力
端子台<OPTION2>
1, 2, 3 間
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
第1成分
下限アラーム
接点出力
:第一成分上限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 1−2 間が導通、
2−3 が開放、それ以外は 1−2 間が開放
2−3 間が導通します。
第2成分
上限アラーム
接点出力
O2
上限アラーム
接点出力
8
18
9
19
10
20
第2成分
下限アラーム
接点出力
4, 5, 6 間
:第二成分上限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 4−5 間が導通、
5−6 が開放、それ以外は 4−5 間が開放
5−6 間が導通します。
O2
下限アラーム
接点出力
7, 8, 9 間
:O2 上限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 7−8 間が導通、
8−9 が開放、それ以外は 7−8 間が開放
8−9 間が導通します。
(M3.5ねじ)
11, 12, 13 間 :第一成分下限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 11−12 間が導通、
12−13 が開放、それ以外は 12−13 間が開放
13−14 間が導通します。
14, 15, 16 間 :第二成分下限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 14−15 間が導通、
15−16 が開放、それ以外は 14−15 間が開放
15−16 間が導通します。
17, 18, 19 間 :O2 下限アラーム接点出力
設定値を越えた場合は 17−18 間が導通、
18−19 が開放、それ以外は 17−18 間が開放
18−19 間が導通します。
アラーム接点動作については、
「6.3 アラーム設定」
の項を参照してください。
̶ 15 ̶
《端子台説明》 端子台<AUTO CAL>
AUTO CAL
自動校正中
接点出力
ゼロガス用
接点出力
スパンガス1用
接点出力
スパンガス2用
接点出力
スパンガス3用
接点出力
1−2 間
:自動校正中接点出力
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
ゼロ,スパン校正時にエラーが発生した
9
19
場合導通します。
10
20
校正異常
接点出力
自動校正中のとき導通,それ以外のとき
は開放となります。
ポンプON/OFF接点
+
自動校正リモート
スタート入力
−
3−4 間
:ゼロガス用接点出力
5−6 間
:スパンガス 1 使用接点出力
7−8 間
:スパンガス 2 使用接点出力
9−10 間
:スパンガス 3 使用接点出力
11−12 間 :校正異常接点出力
正常時は,開放です。
13−14 間 :ポンプ ON/OFF 接点出力
(M3.5ねじ)
ポンプの ON/OFF に使用します。
自動及び手動校正中に開放,測定中に導通
します。
15−16 間 :自動校正リモートスタート入力
短絡(ショート)1.5 秒以上の後,
開放(オープン)の入力があると
自動校正の設定の ON/OFF にかかわ
らず,自動校正がスタートします。
詳しい動作については,
「6.4 自動校正の設定」の項を参
照してください。
17−18 間 :内部接続用です。配線しないでください
19−20 間
̶ 16 ̶
(中継用として使用しないでください)。
3. 5. 3
接続方法・アナログ出力成分
NO/SO2/CO/O2 計の場合【例】
(換算値・換算平均値あり)
CO
瞬時値
ZKJ7(1 台目)
A/O 端子
+
+
⑪
①
−
+
CO
換算平均値
−
+
未使用
−
+
未使用
ZKG1,2
ZFK7
−
②
⑫
③
⑬
④
⑭
⑤
⑮
⑥
⑯
⑦
⑰
+
+
−
−
+
CO
瞬時値
−
+
CO
換算平均値
SO2
瞬時値
O2 瞬時値
(DC0-1V のみ)
SO2
換算平均値
+
−
−
−
+
−
②
⑫
③
⑬
④
⑭
⑤
⑮
⑥
⑯
⑦
⑰
⑧
⑱
⑲
⑨
⑲
⑳
⑩
⑳
⑧
⑱
⑨
⑩
②
⑫
③
⑬
④
⑭
⑤
⑮
⑥
−
+
CO
換算値
⑯
−
+
−
未使用
+
−
NO
換算値
+
−
SO2
換算値
ZKG1,2
ZFK7
ZKJ7(1 台目)
A/O 端子
+
+
⑪
①
+
未使用
NO
換算平均値
−
−
−
+
O2 瞬時値
NO/SO2/CO2/CO/O2 計の場合【例】
(換算値・換算平均値あり)
CO2
瞬時値
NO
瞬時値
−
ZKJ7(2 台目)
A/O 端子
+
+
①
⑪
NO
瞬時値
−
+
−
+
O2 瞬時値
NO
換算平均値
−
+
−
ZKJ7(2 台目)
A/O 端子
+
+
①
⑪
−
+
CO
換算値
SO2
瞬時値
+
−
+
②
⑫
③
⑬
④
⑭
⑤
⑮
⑥
⑯
⑦
⑰
⑧
⑱
⑦
⑰
⑧
⑱
⑨
⑲
⑨
⑲
⑩
⑳
⑩
⑳
−
O2 瞬時値
(DC0-1V のみ)
SO2
換算平均値
̶ 17 ̶
−
−
+
−
未使用
+
−
NO
換算値
+
−
SO2
換算値
4. 運 転
4.1 運転準備
(1) 配管・配線の確認
ガスサンプリング部,排気等の配管接続が正しいかもう一度確認してください。
正しく配線されているかもう一度確認してください。
4.2 暖機運転と運転
(1) 運転手順
① 本体正面左下にある電源スイッチを ON する
1 ∼ 2 秒で正面表示パネルに測定画面が表示されます。
② 約4時間の暖機運転を行う
本体の測定動作が安定するまでに約4時間かかります。
注)暖機運転中に濃度表示が
_ _ _ _
レンジオーバー
又は
_ _ _ _ レンジアンダー
となることがありますが,異常ではありません。
③ 各種設定値の設定
「6. 設定および校正」を参考に,必要な設定を行ってください。
④ゼロ・スパン校正
暖機運転の後,ゼロ・スパン校正を実施してください。
「6.9 校正」を参照。
⑤測定ガスの導入,測定
測定ガスを本体に導入し,測定を開始します。
̶ 18 ̶
5. 表示・操作パネルの説明
赤外線分析部の各表示画面と操作パネルの名称説明と操作について,次に示します。
5. 1 操作パネルの名称と説明
ZKJ
表示部
GAS ANALYZER
⑧SPAN キー
④上キー
⑦ZEROキー
③下キー
①MODEキー
②横キー
MODE ZERO SPAN
ESC
ENTER
POWER
MODE ZERO SPAN
⑤エスケープキー
ESC
⑥エントリーキー
ENTER
操作部
・表示部:測定画面の表示や各設定項目を表示します。
・操作部:右図のような構成になっています。
図5−1
名 称
説 明
名 称
説 明
① MODE キー
モードを切り換えるために使
用します。
⑤エスケープキー
前画面に戻りたいときや,設
定を途中でやめるときに使用
します。
②横キー
選択項目の変更(カーソルの
移動),数値の桁を変更する
ために使用します。
⑥エントリーキー
選択項目の決定や数値の決定
に使用します。また校正の実
行にも使用します。
③上キー
選択項目の変更(カーソルの
移動),数値を増加するため
に使用します。
⑦ ZERO キー
ゼロ校正をするときに使用し
ます。
④下キー
選択項目の変更(カーソルの
移動),数値を減少するため
に使用します。
⑧ SPAN キー
スパン校正をするときに使用
します。
̶ 19 ̶
5. 2 表示・操作パネルの概要
・測定モード
▼
*1)表示チャネルにより画面構成が
異なります(測定モード画面は
上下にスクロールします)。
*1
▲
ZERO
ゼロ校正
・測定モード
スパン校正
▼
SPAN
▲
・測定モード
MODE
ESC
MODE
・項目選択
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分/レンジ
・メニューモード
ESC
ESC
・レンジ
切り換え
・項目選択
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
自動校正実行(中止)
ESC
・校正設定
・メニューモード
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
*2)ピークアラームは,
CO,O2両成分ある
ときだけ形式指定
により付加されま
す。
ESC
・アラーム
設定
ESC
・自動校正
設定
ESC
ESC
・簡易ゼロ校正
設定
・ピークアラーム
設定
・項目選択
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
簡易ゼロ校正実行(中止)
ESC
・パラメータ
・項目選択
ON/OFF
ピーク濃度
ピークカウント
ヒステリシス
・項目選択
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間 メンテナンスモード
図5−2
̶ 20 ̶
:現在時間設定
:キーロックON/OFF
:ON/OFF
:平均値リセット実行
:応答時間(フィルタ)
:平均時間設定
:メンテナンスモード(パスワード入力)
5. 3 表示画面の概要
(1)
測定モード画面(電源投入時は必ずこの画面になります。)
測定画面は,成分数により異なります。下記画面構成は,NO,SO2,O2 (出力 6 チャネル)のときの例です。
①
①
②
Ch
NOX
0.0
0.0
0.0 0
0.0
0.0
0-100
Ch
SO2
0-100
Ch
O2
0-25
Ch
4
Ch
5
換算NOX
0-100
換算SO2
0-100
③
②
Ch
6
ppm
O2平均
0.0
0-25 vol%
スクロール
ppm
vol%
ppm
ppm
CO 500ppm
④
PEARK COUNTER
0
⑤ ⑥ ③
⑦
times/h
⑧
④
図5−3
*5チャネル以上の出力がある場合は
番号
名 称
キーでスクロールして表示できます。
機 能
番号
名 称
機 能
①
成分表示
瞬時値,換算瞬時値,換算
平均値などの成分表示
⑤
ピークアラーム
ピークアラーム成分表示
成分表示
②
濃度表示
測定濃度値の表示
⑥
ピークアラーム
ピーク値(上限設定値)の濃度の表示
濃度表示
③
レンジ表示
レンジ値の表示
⑦
ピークアラーム
ピーク値をオーバーした回数の表示
回数
④
単位表示
ppm,vol%の表示
⑧
ピークアラーム
ピークアラームの単位 times/h の表示
単位表示
● 瞬時値濃度値
: 成分表示部に“CO2”,
“CO”
“O2”などのように測定対象成分が表示されている Ch(成分)
,
は,現在測定しているガス中の測定対象成分の濃度値です。
● O2
: 成分表示部に“換算 CO”のように“換算**”と表示されている Ch(成分)は,測定
対象成分と,O2 の瞬時値濃度の値,および O2 換算基準値(「6.8」
「各種設定」参照)か
換算濃度値
ら次の式により算出した値です。
換算出力=
21 − On
× Cs
21 − Os
On:酸素換算基準値
(アプリケーションにより設定される値)
Os:酸素濃度(%)
Cs:対象成分のガス濃度
ただし,Os は,設定により
(「6.8 メンテナンスモード」「各種設定」参照)
設定値以上の値はとらない。
換算対象成分は,NO, SO2 および CO のみです。
*)
O2 換算濃度値および O2 換算濃度平均値の測定レンジは測定対象成分の測定レンジと同じになります。
また,O2 平均の測定レンジは O2 の測定レンジと同じになります。
̶ 21 ̶
(2)
各設定,選択画面について
各設定,選択画面は下図のような構成になっています 。
・ ステータス表示領域では現在のステータスを表示します 。
・ メッセージ表示領域では操作に関する案内を表示します 。
・ 設定項目 , 選択項目表示領域では設定する項目や数値が必要に応じて表示されます。カーソルを上下キー
や横キーで移動し , 各項目にあった操作を行ってください 。
メッセージ表示領域
・LCD画面
ステータス表示領域
設定項目,選択項目
表示領域
カーソル
図5−4
(3)
測定 Ch 測定値対応表
形式に対応した,各測定 Ch と各チャネルの内容を下表に示します。
1 台で使用の場合
形式コード
5桁目 6桁目
Y
P
Y
A
Y
D
Y
B
Y
E
Y
F
Y
G
A,B
P
A,B
A
A,B
D
A,B
B
A,B
E
A,B
F
A,B
G
A,B
P
A,B
A
A,B
B
A,B
E
A,B
F
G
A,B
22桁目
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
A
A
A
A
A
A
内 容
Ch1: NO
Ch1: SO2
Ch1: CO2
Ch1: CO
Ch1: CH4
Ch1: NO,Ch2: SO2
Ch1: CO2,Ch2: CO
Ch1:NO,Ch2:O2
Ch1:SO2,Ch2:O2
Ch1:CO2,Ch2:O2
Ch1:CO,Ch2:O2
Ch1:CH4,Ch2:O2
Ch1:NO,Ch2:SO2,Ch3:O2
Ch1:CO2,Ch2:CO,Ch3:O2
Ch1: NO,Ch2: O2,Ch3: 換算NO,Ch4: 換算平均NO
Ch1: SO2,Ch2: O2,Ch3: 換算SO2,Ch4: 換算平均SO2
Ch1: CO,Ch2: O2,Ch3: 換算CO,Ch4: 換算平均CO
Ch1: CH4,Ch2: O2
Ch1: NO,Ch2: SO2,Ch3: O2,Ch4: 換算NO,Ch5: 換算SO2,Ch6: 換算平均NO,
Ch7: 換算平均SO2
Ch1: CO2,Ch2: CO,Ch3: O2,Ch4: 換算CO,Ch5: 換算平均CO
̶ 22 ̶
2 台で使用の場合
1 台目
形式コード
5 桁目 6 桁目
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
Y
B
Y
D
Y
E
Y
G
A,B
D
2台目
内 容
22 桁目
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO
Ch1:CO2
Ch1:CH4
Ch1:CO2,Ch2:CO
Ch1:CO2
E
A,B
Y
Ch1:CH4
D
A,B
Y
Ch1:CO2
E
A,B
Y
Ch1:CH4
D
A,B
Y
Ch1:CO2
E
A,B
Y
Ch1:CH4
B
A,B
A
G
A,B
A
B
A,B
A
G
A,B
A
B
A,B
A
G
A,B
A
Ch1:CO,Ch2:O2
Ch3:換算 CO
Ch4:換算平均 CO
Ch1:CO2,Ch2:CO,
Ch3:O2
Ch4:換算 CO
Ch5:換算平均 CO
Ch1:CO,Ch2:O2
Ch3:換算 CO
Ch4:換算平均 CO
Ch1:CO2,Ch2:CO,
Ch3:O2
Ch4:換算 CO
Ch5:換算平均 CO
Ch1:CO,Ch2:O2
Ch3:換算 CO
Ch4:換算平均 CO
Ch1:CO2,Ch2:CO,
Ch3:O2
Ch4:換算 CO
Ch5:換算平均 CO
形式コード
5 桁目 6 桁目
Y
P
内 容
22 桁目
Y
Ch1:NO
A
Y
Y
Ch1:SO2
F
Y
Y
Ch1:NO,Ch2:SO2
P
A,B
Y
Ch1:NO,Ch2:O2
A
A,B
Y
Ch1:SO2,Ch2:O2
F
A,B
Y
Ch1:NO,Ch2:SO2
Ch3:O2
P
A,B
A
A
A,B
A
F
A,B
A
P
D
A
Ch1:NO
Ch2:O2
Ch3:換算 NO
Ch4:換算平均 NO
Ch1:SO2
Ch2:O2
Ch3:換算 SO2
Ch4:換算平均 SO2
Ch1:NO
Ch2:SO2
Ch3:O2
Ch4:換算 NO
Ch5:換算 SO2
Ch6:換算平均 NO
Ch7:換算平均 SO2
Ch1:NO
Ch2:換算 NO
Ch3:換算平均 NO
A
D
A
Ch1:SO2
Ch2:換算 SO2
Ch3:換算平均 SO2
F
D
A
Ch1:NO
Ch2:SO2
Ch3:換算 NO
Ch4:換算 SO2
Ch5:換算平均 NO
Ch6:換算平均 SO2
̶ 23 ̶
置換え形式例
【ZRG】
成分
CO,CO2,O2
NO,SO2,O2
形式例
ZRG6GBB2-0B0ND-FF1F5FY
ZRG6FBB2-0B0ND-FF1F5FY
1 台目
成分
CO,CO2,O2
2 台目
NO,SO2
形式例
ZKJ7G A 14-YJBFB-FYYYY VY -CAB
O2 レンジ 0-25% 固定
外部ジルコニア O2
ZKJ7F D 14-YJBFB-FYYYYYY-CAB
外部 O2 表示なし
1 台目
2 台目
【ZKJ7】
̶ 24 ̶
5. 4 基本操作
・測定モード
測定モードは,1画面最大 5Ch を表示します。表
示 Ch がこれ以上ある場合は,
キーを押
すと 1Ch ずつ画面がスクロールします。
Ch
NOX
Ch
SO2
0-100
0-100
Ch
O2
0-25
Ch
4
Ch
5
換算NOX
0-100
換算SO2
0-100
0. 0
0. 0
0. 0 0
0. 0
0. 0
ppm
ppm
vol%
ZERO
ppm
「6.9.1 ゼロ校
正」項参照
ppm
「6.9.2 スパン
Ch
6
O2平均
0-25
0. 0
校正」項参照
vol%
SPAN
MODE
・メニューモード
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
の表示です。
メニューモード 項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
設定内容については,「6. 設定および校正」章を
参照してください。
MODE
ESC
測定モード
̶ 25 ̶
ESC
6. 設定および校正
6. 1 レンジ切り換え
6. 1. 1 レンジ切換方法の設定
MODE
レンジ切換方法の設定に使用します。
① 測定状態で
させます。
MODE
キーを押してメニューモードを表示
② レンジ切り換えにカーソルを合わせて
てください。
ENT
キーを押し
メニューモード 項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
ENT
③ チャネル選択画面が表示されましたら,
キー
で 印カーソルを移動して,Ch(成分)を選択します。
④ 選択後,
ENT
レンジ切り換え 成分を選択してください。
キーを押してください。
Ch1
NOx
Ch2
SO2
Ch3
O2
手動
自動
手動
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100
0–2000
0–100
0–2000
0–10
0–25
( )
⑤ レンジ切換方法の設定の文字が反転します。
キーを押して切換方法を選択してください。
設定内容
手動
:使用レンジは本画面で選択します。
リモート :リモートレンジ切換接点入力に従って使用レ
ンジを選択します。
自動
:測定濃度値が,レンジ1の90%を超えたとき
レンジ1→レンジ2自動切換
レンジ1の80%より小さくなったとき,レン
ジ2→レンジ1に自動切換します。
※それぞれのChで設定した動作のみ可能とな
ります。
⑥ 選択後,
ENT
キーを押して確定してください。
「手動」を選択した場合は,レンジ選択に,カーソ
ルが移動します。
̶ 26 ̶
ppm
ppm
ppm
ppm
vol%
vol%
ENT
レンジ切り換え レンジ切り換え方法を選
択してください。
Ch1
NOx
Ch2
SO2
Ch3
O2
手動
自動
手動
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100
0–2000
0–100
0–2000
0–10
0–25
ppm
ppm
ppm
ppm
vol%
vol%
ENT
レンジ切り換え,または前画面
6. 1. 2 手動レンジの切換
手動で測定成分のレンジを切り換える場合に使用します。
① レンジ切換方法選択で「手動」を選択し
してください。
ENT
キーを押
レンジ切り換え レンジ切り換え方法を選
択してください。
Ch1
NOx
Ch2
SO2
Ch3
O2
手動
自動
手動
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100
0–2000
0–100
0–2000
0–10
0–25
ppm
ppm
ppm
ppm
vol%
vol%
ENT
す。(
▼
② レンジ選択にカーソルの反転が移動したら,
キーを押し,カーソルを移動して,レンジを選択しま
印があるレンジが,現在選択されているレン
ジです)
③ 選択後,
ENT
キーを押してください。
選択したレンジで測定が行われます。
注)レンジ切換方法を「リモート」または「自動」と
設定した場合は,本操作はできません。
O2 換算値のレンジは,対応する瞬時値のレンジを
切り換えると自動的に切り換わります。
(
「リモート」「自動」の場合も同様)
レンジ切り換え レンジを選択してくださ
い。
Ch1
NOx
Ch2
SO2
Ch3
O2
手動
自動
手動
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
( )
0–100
0–2000
0–100
0–2000
0–10
0–25
ENT
レンジ切り換え終了
終了する場合
レンジ切換方法の設定や,レンジ切換操作を
終了する場合や,途中で操作を中止する場合
は, キーを押してください。
設定操作は無効になり,一つ前の画面に戻り
ます。
ESC
レンジ識別接点動作
各Ch(成分)に対応するレンジ識別接点出力は,レンジ1が選択されている場合に導通,
レンジ2が選択されている場合に開放となります。これは,レンジ切換方法の設定がど
の場合でも共通です。
ただし,リモートホールド接点入力による測定値ホールド中,校正時の測定値ホールド中
は,レンジが切り換わっても,レンジ識別接点出力は,ホールド直前のレンジの接点状態
を保持します。ホールド解除後は,現在レンジ相当の接点状態になります。
̶ 27 ̶
ppm
ppm
ppm
ppm
vol%
vol%
6. 2 校正設定
校正時の濃度や動作を設定する場合に使用します。項目は,校正濃度,ゼロ校正動作,校正レンジ動作,自動校
正成分の4つです。
6. 2. 1 校正濃度の設定
校正時に使用する各 Ch の標準ガス(ゼロ,スパン)の濃度を設定します。
① 測定状態で
させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示
キーで校正設定にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
MODE
メニューモード 項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面を表示したら,
キーで校正
濃度にカーソルを合わせて ENT キーを押してくださ
い。
校正設定
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分/レンジ
( )
④ 校正濃度 Ch 選択画面を表示したら,
設定したい Ch にカーソルを合わせて
てください。
ENT
キーで
キーを押し
校正設定
校正濃度
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
成分を選択して下さい。
レンジ
0–100ppm
0–2000ppm
0–100ppm
0–2000ppm
0–10vol%
0–25vol%
ゼロ
+0000. 0
+00000
+0000. 0
+00000
21. 00
21. 00
( )
̶ 28 ̶
ENT
スパン
0100. 0
02000
0100. 0
02000
01.00
01.00
ENT
⑤ 校正濃度選択画面を表示したら,
キーを
押して,設定したい濃度項目を選択します。
選択後,
ENT
校正設定
校正濃度
キーを押すと数値が反転します。
濃度を設定する項目を
選択して下さい。
レンジ
0–100ppm
0–2000ppm
0–100ppm
0–2000ppm
0–10vol%
0–25vol%
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
数値の入力は,
行い,
校正設定
校正濃度
キーで1桁分の数値の増減を
キーで桁移動を行います。
設定後,ENT キーを押すと記憶します。記憶した値は,
次回校正時より有効となります。
注)それぞれのレンジに対応する設定値を入力してく
ださい。O2 センサにジルコニア O2 計を使用する
場合,O2 の濃度設定は,ゼロのところに 21.00(大
気使用の場合)
,ボンベエアーを使用する場合は
ボンベに表記されている濃度を設定してください。
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
ENT
校正濃度を設定して
下さい。
レンジ
0–100ppm
0–2000ppm
0–100ppm
0–2000ppm
0–10vol%
0–25vol%
ゼロ
+0000. 0
+00000
+0000. 0
+00000
21. 00
21. 00
スパン
0100. 0
02000
0100. 0
02000
01. 00
01. 00
ENT
終了する場合
校正濃度の数値設定を終了する場合や操
ESC キーを
作を途中で中止する場合は, 押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
校正濃度の設定終了
数値の設定範囲
NO X, SO 2, CO 2 , CO, CH 4
及び外部O 2
スパン
0100. 0
02000
0100. 0
02000
01. 00
01. 00
( )
数値設定カーソル
⑥ 校正濃度数値設定表示になりましたら,校正ガス濃度
値(ゼロ,スパン)を入力してください。
ゼロ
+0000. 0
+00000
+0000. 0
+00000
21. 00
21. 00
スパン:1∼105%FS
(フルスケール(FS)は各レンジ値です。)
外部ジルコニアO 2 計
ゼロガス:5∼25vol%
スパンガス:0.01∼5vol%
上記の範囲外の値は設定できません。
̶ 29 ̶
6. 2. 2 手動ゼロ校正動作の設定
手動でゼロ校正を行うとき,全ての測定成分を同時に校正するか,選択しながら各々校正するかを設定します。
MODE
① 測定状態で
MODE
キーを押してメニューモードを表示
させます。
②
メニューモード 項目を選択して下さい。
キーで校正設定にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面を表示したら,
校正動作にカーソルを合わせて
さい。
ENT
キーでゼロ
キーを押してくだ
校正設定
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分 /レンジ
( )
④ 手動ゼロ校正動作 Ch 選択画面を表示したら,
キーで設定したい Ch( 成分 ) にカーソルを合わせて
ENT キーを押してください。
校正設定
ゼロ校正動作
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
成分を選択して下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
一括
一括
選択
( )
̶ 30 ̶
ENT
ENT
⑤ 手動ゼロ校正動作選択画面を表示したら,
キーで「選択」か「一括」を選択します。
・「一括」の場合は,設定した Ch(成分)全てが同時
にゼロ校正します。
・「選択」の場合は,右 Ch(成分)を選択してゼロ校
正します。
設定後,
ます。
ENT
校正設定
ゼロ校正動作
キーを押すと指定した校正動作を行い
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
ゼロ校正を“一括”で行
うか“選択”で行うか
設定して下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
一括
一括
選択
終了する場合
ゼロ校正動作の設定を終了する場合や操
作を途中で中止する場合は, ESC キーを押
してください。一つ前の画面に戻ります。
( )
手動ゼロ校正動作の設定終了
例
“選択”,“一括”の設定はCh(成分)ごとにできます。
“選択”の場合
手動のゼロ校正時,Ch(成分)を選択してからゼロ校正することになります。
“一括”の場合
手動のゼロ校正時,“一括”に設定したCh(成分)を同時にゼロ校正することができます。
※ゼロガスとしてボンベエアー,大気エアーを使用の場合は“一括”を設定してください。
手動校正時の画面
・全ての成分を“選択”と設定した場合
・全ての成分を“一括”と設定した場合
手動ゼロ校正
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
手動ゼロ校正
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
0
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
0
レンジ1 0–10 vol%
レンジ2 0–25 vol%
21. 00
カーソルは1つだけ出現します
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
0
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
0
レンジ1 0–10 vol%
レンジ2 0–25 vol%
21. 00
カーソルは全成分が出現します
̶ 31 ̶
ENT
6. 2. 3 校正レンジ動作の設定
ゼロ・スパン校正時(手動校正,自動校正),各 Ch(成分)のレンジを表示レンジ単独で校正,または,2レ
ンジ連動させて校正を行うか設定します。
MODE
① 測定状態で
させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示
キーで校正設定にカーソルを合わせて
キーを押してください。
メニューモード 項目を選択して下さい。
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
キーで校正
③ 校正設定項目画面を表示したら,
レンジ動作にカーソルを合わせて
ください。
ENT
校正設定
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
キーを押して
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分/レンジ
( )
④ 校正レンジ動作 Ch 選択画面を表示したら,
キーで設定したい Ch にカーソルを合わせて
を押してください。
ENT
キー
校正設定
校正レンジ動作
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
成分を選択して下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm レンジ連動
0–100 ppm
0–2000ppm 表示レンジ
0–10 vol%
0–25 vol% 表示レンジ
( )
̶ 32 ̶
ENT
ENT
⑤ 校正動作選択画面を表示したら,
キーで「レ
ンジ連動」か「表示レンジ」を選択します。
・
「レンジ連動」の場合は,設定された Ch のレンジ1
とレンジ2を連動させてゼロ,スパン校正します。
・
「表示レンジ」の場合は,設定された Ch の校正時に表
示されているレンジのみをゼロ,スパン校正します。
設定後,
ENT
キーを押すと指定した校正動作を行い
校正設定
校正レンジ動作
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
校正を“レンジ連動”で
行うか“表示レンジ”で
行うか設定して下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm レンジ連動
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm 表示レンジ
0–10 vol%
0–25 vol% 表示レンジ
ます。
終了する場合
校正レンジ動作の設定を終了する場合や
操作を途中で中止する場合は ESC キーを
押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
( )
ENT
手動校正の設定終了
例
Ch1
NO X
レンジ1 0−100 ppm
レンジ2 0−2000 ppm
レンジ連動
Ch2
SO 2
レンジ1 0−100 ppm
レンジ2 0−2000 ppm
表示レンジ
Ch1はレンジ1,2を連動して校正します。
Ch2は表示レンジだけの校正を実行します。
注 意
レンジ連動で校正する場合は,校正ガス濃度の設定を両レンジとも同じ値を設定してく
ださい。
手動校正時の画面
・NO X,COをレンジ連動に設定の場合
手動ゼロ校正
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
0
レンジ1 0–100 ppm
0
レンジ2 0–2000ppm
レンジ1 0–10 vol%
21. 00
レンジ2 0–25 vol%
カーソルは2レンジ共出現します
̶ 33 ̶
6. 2. 4 自動校正成分/レンジの設定
自動校正を行う Ch(成分)の設定,および自動校正時に校正を実行するレンジを設定します。レンジ切換方
法が「自動」に設定してある Ch については,手動校正時も,ここで設定したレンジで校正されます。
MODE
① 測定状態で
させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示
キーで校正設定にカーソルを合わせて
キーを押してください。
メニューモード 項目を選択して下さい。
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面を表示したら,
校正成分/レンジにカーソルを合わせて
押してください。
キーで自動
ENT
校正設定
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
キーを
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分/レンジ
( )
④ 自動校正成分/レンジ選択画面を表示したら,
キーで設定したい Ch にカーソルを合わせて
を押してください。
ENT
キー
校正設定
自動校正成分/
レンジ
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
成分を選択して下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm す る
0–2000ppm
0–100 ppm す る
0–2000ppm
0–10 vol% す る
0–25 vol%
( )
̶ 34 ̶
ENT
ENT
⑤ 選択した Ch(成分)のレンジの前のカーソルが反転
します。
キーを押して,主として校正するレ
ンジを選択してください。
校正設定
自動校正成分/
レンジ
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
⑥ 選択後, ENT キーを押してください。
選択したレンジで校正を行います。
設定
本設定で選択したレンジは,自動校正時
およびレンジ切換方法が「自動」になっ
ている成分の手動校正時に,校正動作を
実施するレンジとなります。この場合,
校正が始まると,自動的にレンジが切り
換わり,校正終了と共に元のレンジに戻
ります。
レンジ識別接点は,切り換わった時のレ
ンジに連動しますが,ホールド設定が
“ON”になっている場合は,接点状態
を校正前の状態で保持します。
⑨ 選択後,
ENT
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm す る
0–100 ppm す る
0–2000ppm
0–10 vol% す る
0–25 vol%
( )
ENT
校正レンジ選択終了
⑦ ⑤の状態から
キーを押すと,自動校正“する”
“し
ない”の設定が反転します。
⑧ 設定値が反転したら,
ない”かを選択します。
自動校正を行うレンジを
選択して下さい。
キーで“する”か“し
キーを押してください。
校正設定
自動校正成分
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
自動校正時、校正を
“する”か“しない”の
設定を行って下さい。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm す る
0–100 ppm す る
0–2000ppm
0–10 vol% す る
0–25 vol%
終了する場合
自動校正成分/レンジの設定を終了する
場合や操作を途中で中止する場合は ESC
キーを押してください。一つ前の画面に
戻ります。
( )
自動校正成分設定終了
設定による動作
自動校正成分の設定により,以下のようなルールで自動校正を行います。
1.自動校正および簡易ゼロ校正によるゼロ校正時に,“する”と設定したCh(成分)
を同時にゼロ校正します。
2.自動校正時のスパン校正を“する”と設定したCh(成分)の若い順にスパン校正を
順次実行します。
注 意
“する”と設定した成分の自動校正および簡易ゼロ校正時のゼロ校正は,
「6.2.2 手動ゼロ校正動作の設定」項にかかわらず一括して行います。
̶ 35 ̶
ENT
6. 3 アラーム設定
6. 3. 1 アラーム値の設定
測定中に測定濃度に対する上下限アラームの出力および電源断アラーム(アラーム 6 のみ)の出力をするため
の設定を行います。任意に 6 点のアラーム接点出力が使用できます。
アラームの設定を変更する場合は,アラームの ON/OFF 設定を
OFF に設定してから数値の変更を行ってください。
MODE
メニューモード 項目を選択して下さい。
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示さ
せます。
②
キーでアラーム設定にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
③ アラーム設定選択画面を表示したら,
キーで
設定したいアラーム No. にカーソルを合わせて ENT
キーを押してください。各アラームは,下表の通りに
対応しています。
アラーム 1
第 1 成分上限アラーム
アラーム 2
第 2 成分上限アラーム
アラーム 3
O2 上限アラーム
アラーム 4
第 1 成分下限アラーム
アラーム 5
第 2 成分下限アラーム
アラーム 6
O2 下限アラーム
アラーム設定
成分,または,ヒステリ
シスを選択して下さい。
アラーム1
アラーム2
アラーム3
アラーム4
アラーム5
アラーム6
ヒステリシス 00 %FS
( )
④ アラーム項目選択画面を表示したら,
設定したい項目にカーソルを合わせて
してください。
ENT
ENT
キーで
ENT
キーを押
アラーム設定
アラーム1
項目を選択して下さい。
注 意
対象Ch
Ch1
上限値 レンジ1 100.0 ppm
レンジ2 2000 ppm
下限値 レンジ1 000.0 ppm
レンジ2 0000 ppm
接点動作
上限値
ON/OFF OFF
上限値>下限値となるように値を設定し
てください。さらに(上限値−下限値)
>ヒステリシス幅となるように,設定し
てください。
( )
̶ 36 ̶
ENT
⑤設定後,
です。
ENT
キーを押しますとアラームの設定は終了
数値設定カーソル
アラーム設定
アラーム1
終了する場合
アラーム設定を終了する場合や操作を
中止する場合は, ESC キーを押してくだ
さい。一つ前の画面に戻ります。
項目を選択して下さい。
対象Ch
Ch1
上限値 レンジ1 100.0 ppm
レンジ2 2000 ppm
下限値 レンジ1 000.0 ppm
レンジ2 0000 ppm
接点動作
上限値
ON/OFF OFF
設定範囲
0∼100%FS
(各レンジごとに設定可能)
( )
アラーム設定の終了
設定項目の説明
1つのアラームに対して同じ番号のアラーム接点が対応して動作します。
対象Ch
:アラーム対象のチャンネルの設定(アラーム6では電源断アラームが選択可)
複数のアラームに同じCh No.を設定することもできます。
上限値
:アラームの上限値(濃度)の設定
下限値
:アラームの下限値(濃度)の設定
接点動作 :上限値,下限値,上限値or下限値,上上限値,下下限値の5つの選択
上限値,上上限値 … 上限値を上まわったときだけアラーム接点が閉
下限値,下下限値 … 下限値を下まわったときだけアラーム接点が閉
上限値or下限値 … 上限値を上まわったときまたは,下限値を下まわっ
たときにアラーム接点が閉じます。
対象Chに「電源断」が選択されている場合は,ここの設定にかかわらず,電源投入時
は常に接点閉となります。
ON/OFF :アラーム機能を有効にする ON,無効にする OFF。
*上限値は下限値以下,下限値は上限値以上に設定できません。
すでにメモリーされている下限値以下に上限値を設定したい場合は,下限値を
さげてから上限値を設定してください。下限値の場合も同様にしてください。
アラーム発生時の画面例
上限値アラーム発生の場合
Ch(成分)に"H-alarm"の
メッセージが点灯します。
(下限値アラームの場合は "L-alarm"
上上限値の場合は "HH-alarm"
下下限値の場合は "LL-alarm"と表示)
Ch
Ch
SO2
Ch
O2
0-100
注 意
電源投入後,10分間はアラーム判定を行いません。
̶ 37 ̶
NOX
H-alarm
0-100
0-25
---ppm
0.0
2 1.0 0
ppm
vol%
ENT
6. 3. 2 ヒステリシスの設定
アラーム設定値付近でのアラーム出力のチャタリングを防ぐため,ヒステリシスを設定します。
キーで
① アラーム設定選択画面を表示させて,
ヒステリシスにカーソルを合わせて
てください。
ENT
キーを押し
アラーム設定
成分,または,ヒステリ
シスを選択して下さい。
アラーム1
アラーム2
アラーム3
アラーム4
アラーム5
アラーム6
ヒステリシス 00 %FS
( )
② ヒステリシス値設定画面が表示されましたら,ヒス
テリシス値を入力してください。
数値入力は,
い,
アラーム設定
ENT
成分,または,ヒステリ
シスを選択して下さい。
キーで1桁分の数値の増減を行
キーで桁移動を行います。
キーを押すと設定したヒステリシスが有効にな
ります。
ENT
終了する場合
ヒステリシスの設定を終了する場合や
操作を途中で中止する場合は,ESC を押
してください。一つ前の画面に戻りま
す。
アラーム1
アラーム2
アラーム3
アラーム4
アラーム5
アラーム6
ヒステリシス 00 %FS
ENT
ヒステリシスの設定終了
設定範囲
注 意
0∼20%FS
【%FS(フルスケール)】とは各成分の
レンジ幅を100%にした割合です。
ヒステリシスは,全ての
アラームで共通です。
ヒステリシスの動作(上限値アラームの場合)
図のように上限値を越えるとアラーム出力が ON します。アラーム出力が ON の後,上限値から設定した
ヒステリシス分指示が下がると OFF します。
上限値
ヒステリシス
ON(導通)
アラーム
接点出力
OFF(開放)
̶ 38 ̶
6. 4 自動校正の設定
6. 4. 1 自動校正
ゼロ点およびスパン点の校正を設定した時間で自動的に実行します。
自動校正の設定を変更する場合は,ON/OFF を OFF に設定して
から,数値の変更を行ってください。
MODE
① 測定モードで
示させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表
メニューモード 項目を選択して下さい。
キーで自動校正設定にカーソルを合わせて
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
キーを押してください。
( )
③ 自動校正項目選択画面を表示したら,
設定したい項目にカーソルを合わせて
してください。
キーで
ENT
項目を選択して下さい。
キーを押
④ 自動校正設定画面を表示したら,数値入力および設
定を行ってください。
キーで数値入力および設定変更,
カーソルを右に移動します。
自動校正設定
ENT
キーで
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
12 : 00
日
OFF
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 実行
設定後, ENT キーを押すと入力した設定で自動校正
を行います。
設定項目の説明
・スタート時間 :最初の校正のスタート曜日,時,分の設定
・サイクル
:スタート時間から次の校正までの周期
(単位は時間/日)
・流通時間
:校正ガスで置き換えを行う時間
および校正終了後のサンプルガス置換時間
(校正ガス毎に設定 次頁参照)
・ON/OFF
:自動校正の ON / OFF 設定
( )
自動校正設定
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
ENT
スタート時間を設定して
下さい。
SUN
07
12 : 00 サイクルは時間と
日を交互に表示し
日
設定。
OFF
時間
日
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 実行
終了する場合
ENT
自動校正の設定を終了する場合や操作の
途中で中止する場合は, ESC キーを押し
てください。一つ前の画面に戻ります。
自動校正の設定終了
̶ 39 ̶
キー
<ガス流通時間>の設定
自動校正設定
項目を選択して下さい。
①“流通時間”の前にカーソルがある状態で, ENT キー
を押すと,右のように流通時間設定の表示に移ります。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
12 : 00
日
OFF
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 実行
ENT
② 流通時間設定画面と表示したら,
キーを押
して,設定を変更したいガスにカーソルを合わせて,
ENT キーを押してください。
自動校正設定
ゼロ
Ch1スパン
Ch2スパン
Ch3スパン
置換時間
成分を選択して下さい。
350 秒
350 秒
350 秒
350 秒
300 秒
( )
③ 反転した数値が変更可能となります。
キーで数値変更,
移動させます。
④ 数値変更後,
⑤
ESC
ENT
自動校正設定
キーでカーソルを右へ
キーを押します。
キーを押すと,自動校正設定画面に戻ります。
注)本画面で表示される Ch は使用している Ch のみ
です。
置換時間は,校正終了後の出力信号ホールド延
長時間となります。ホールド設定“ON”の場合
のみ有効になります。また,ここで設定された
置換時間は,手動校正時のホールド延長時間に
もなります。
̶ 40 ̶
ゼロ
Ch1スパン
Ch2スパン
Ch3スパン
置換時間
ENT
自動校正時各成分のガス
流通時間を設定してくだ
さい。
350 秒
350 秒
350 秒
350 秒
300 秒
( )
ENT
自動校正中接点出力が自動校正中は導通,それ以外は開放となります。
例
スタート時間
サイクル
流通時間
SUN
1
12:00
日
ゼロ
Ch1スパン
Ch2スパン
Ch3スパン
置換時間
ON/OFF
350秒
350秒
350秒
300秒
300秒
ON
上記の設定で自動校正を行った場合
日曜日
12:00
サイクル
月曜日
12:00
火曜日
12:00
:自動校正中
Ch1
Ch2
Ch3
ゼロ校正 スパン校正 スパン校正 スパン校正 置換時間
350秒
350秒
350秒
350秒
300秒
流通時間
(6.2.4項の自動校正分の設定で,Ch1∼Ch3:“する” と設定した場合の例です。)
設定範囲
サイクル : 1∼99時間または1∼40日 (初期値 7日)
流通時間 :各60∼900s
(初期値 300s)
注 意
・自動校正が開始されると自動的に測定画面になります。
・自動校正中は,自動校正の強制中止(6.4.2項参照)以外の操作はできません。
さらにキーロックがONの時は,“自動校正中止”もできなくなりますので,自動校
正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFしてから自動校正中止を実行してく
ださい。
・電源断後(停電等も含む)再投入後は,次回の自動校正はスタート時間に設定されて
いる時間に実行し,その後サイクルの間隔で実行します。
リモートスタートについて
自動校正の ON/OFF にかかわらずリモートスタート入力を短絡(ショート)にして 1.5 秒以上経過後に開
放(オープン)にすることで自動校正が行えます。
短絡(ショート)(1.5秒以上保持してください)
開放(オープン)
リモートスタート入力
̶ 41 ̶
6. 4. 2 自動校正の強制実行および中止
自動校正を1回のみ実施したい場合,または,自動校正中に校正を強制的に止める場合に使用します。
6.4.2.1 自動校正の実行(1回のみ)
① メニューモードを表示して,
設定にカーソルを合わせて
ENT
メニューモード 項目を選択して下さい。
キーで自動校正
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
② 自動校正項目選択画面を表示したら,
自動校正中止にカーソルを合わせて
てください。
キーで
ENT
自動校正設定
ENT
項目を選択して下さい。
キーを押し
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
12 : 00
日
OFF
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 実行
( )
③ 自動校正実行が反転表示になり自動校正を実行する
か,確認のメッセージを表示します。
ENT
自動校正設定
キーを押
すと実行, ESC キーを押すと中止します。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
自動校正を実行します
ENT:実行
ESC:中止
SUN
07
12 : 00
日
OFF
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 実行
̶ 42 ̶
ENT
6.4.2.2 自動校正の強制中止
自動校正中に校正を強制的に止める場合に使用します。
① メニューモードを表示して,
設定にカーソルを合わせて
い。
キーで自動校正
ENT
キーを押してくださ
メニューモード 項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
② 自動校正項目選択画面を表示したら,
自動校正中止にカーソルを合わせて
てください。
キーで
ENT
自動校正設定
ENT
項目を選択して下さい。
キーを押し
(自動校正中にこの画面に入ると“自動校正中止”と
表示されます。)
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
S
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 中止
( )
③ 自動校正中止が反転表示になり自動校正の中止を実
自動校正設定
行するか,中止するか確認のメッセージを表示しま
す。 ENT キーを押すと実行,
します。
ESC
キーを押すと中止
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
自動校正を中止します。
ENT:実行
ESC:中止
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
S
現在時刻:MON 12 : 34
自動校正 中止
̶ 43 ̶
ENT
自動校正時の画面例
自動校正成分(6.2.4項)をCh1:“する”,Ch2:“する”と設定した場合
・ゼロ校正
Ch1,Ch2に"ゼロ校正"の
メッセージが点滅します。
Ch
NOX
ゼロ校正
0-100
Ch
SO2
ゼロ校正
0-100
Ch
O2
0-25
・Ch1スパン校正
Ch
NOX
スパン校正
0-100
Ch1,に"スパン校正"の
メッセージが点滅します。
Ch
SO2
0-100
Ch
O2
0-25
・Ch2スパン校正
Ch
Ch2に"スパン校正"の
メッセージが点滅します。
NOX
0-100
Ch
SO2
スパン校正
0-100
Ch
O2
0-25
0.5
0.3
2 1.0 2
9 0.8
0.0
0.0 0
0.0
9 5.0
0.0 0
ppm
ppm
vol%
ppm
ppm
vol%
ppm
ppm
vol%
注 意
自動校正中は,キーロックON/OFF,自動校正中止以外のキー操作はできません。
さらに,キーロックがONのときは,自動校正中止もできなくなりますので,自動校正
を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFしてから自動校正中止を実行してください。
̶ 44 ̶
6. 5 簡易ゼロ校正の設定
6. 5. 1 簡易ゼロ校正
ゼロ点の校正を設定した時間で自動的に実行します。
MODE
校正する成分は,6.2.4 項の自動校正成分の設定により決
定します。
メニューモード 項目を選択して下さい。
簡易ゼロ校正の設定を変更する場合は,ON/OFF を OFF
に設定してから数値の変更を行ってください。
① 測定モードで
示させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表
キーで簡易ゼロ校正設定にカーソルを合わせ
て
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
③ 簡易ゼロ校正項目選択画面を表示したら,
キーで設定したい項目にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
④ 簡易ゼロ校正パラメータ設定画面を表示したら,数
値入力および設定を行ってください。
キーで数値入力および設定変更,
カーソルを右へ移動させます。
キーで
簡易ゼロ校正
設定
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
ENT
項目を選択して下さい。
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
s
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 実行
( )
キーを押すと入力した設定値で簡易ゼロを実行
します。
ENT
簡易ゼロ校正
設定
ENT
スタート時間を設定して
下さい。
設定項目の説明
・スタート時間 :最初の校正のスタート曜日,時,分の設定
・サイクル
:スタート時間から次の校正までの周期
(単位は時間/日)
・流通時間
:セル内を校正ガスで置き換えを行う時間
・ON/OFF
:簡易ゼロ校正の ON / OFF 設定
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
300
OFF
12 : 00 サイクルは時間と
日を交互に表示し
日
設定。
時間
s
キー
日
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 実行
ENT
終了する場合
簡易ゼロ校正の設定を終了する場合や操
作の途中で中止する場合は, キーを押
してください。一つ前の画面に戻ります。
簡易ゼロ校正の設定終了
ESC
̶ 45 ̶
自動校正中接点出力が簡易ゼロ校正中は導通,それ以外は開放となります。
例
スタート時間
サイクル
流通時間 ON/OFF
SUN
12
300
ON
12:00
時間
s
上記の設定で簡易ゼロ校正を行った場合
日曜日
12:00
サイクル
月曜日
00:00
月曜日
12:00
:簡易ゼロ校正中
ゼロ校正 置換時間
300秒
300秒
校正後のガス置換時間も流通時間と同じ
流通時間
(6.2.4項の自動校正成分の設定で,Ch1∼Ch5:“する” と設定した成分が一括で
ゼロ校正されます。)
設定範囲
サイクル : 1∼99 時間 または 1∼40 日 (初期値 7日)
流通時間 : 60∼900 s
(初期値 300s)
注 意
・簡易ゼロ校正が開始されると,自動的に測定画面になります。
・簡易ゼロ校正中は,簡易ゼロ校正の強制中止(6.5.2項参照)以外の操作はできません。
さらに,キーロックがONの時は,“簡易ゼロ校正中止”もできなくなりますので,簡
易ゼロ校正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFしてから簡易ゼロ校正中止
を実行してください。
・自動校正と簡易ゼロ校正の周期が重なった場合は,自動校正を優先し,その回の簡易
ゼロ校正を,無視します。
・校正後のガス置換時間は,ホールド設定がONの時のみ自動校正中接点および測定値
出力信号のホールドを延長します。
̶ 46 ̶
6. 5. 2 簡易ゼロ校正の強制実行および中止
簡易ゼロ校正を1回のみ実施したい場合,または,簡易ゼロ校正中に校正を強制的に中止する場合に使用しま
す。
メニューモード 項目を選択して下さい。
6.5.2.1 簡易ゼロ校正の実行(1回のみ)
① メニューモードから,
定にカーソルを合わせて
キーで簡易ゼロ校正設
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
② 簡易ゼロ校正項目選択画面を表示したら,
キーで簡易ゼロ校正実行にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
簡易ゼロ校正
設定
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
ENT
項目を選択して下さい。
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
s
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 実行
( )
③ 簡易ゼロ校正実行が反転表示になり簡易ゼロ校正を
実行するか,確認のメッセージを表示します。
ENT
簡易ゼロ校正
設定
キーを押すと実行, ESC キーを押すと中止します。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
簡易ゼロ校正を実行します
ENT:実行
ESC:中止
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
s
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 実行
̶ 47 ̶
ENT
6.5.2.2 簡易ゼロ校正の強制中止
簡易ゼロ校正中に校正を強制的に止める場合に使用します。
キーで簡易ゼロ校正設
① メニューモードから,
定にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
メニューモード 項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
② 簡 易 ゼ ロ 校 正 設 定 画 面 を 表 示 し た ら,
キーで簡易ゼロ校正中止にカーソルを合わせて
キーを押してください。
(簡易ゼロ校正中にこの画面に入ると“簡易ゼロ校正
簡易ゼロ校正
設定
ENT
項目を選択して下さい。
ENT
中止”と表示しています。)
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
s
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 中止
( )
③ 簡易ゼロ校正中止が反転表示になり簡易ゼロ校正の
中止を実行するか,中止するか確認のメッセージを
表示します。 ENT キーを押すと実行, ESC キーを押
すと中止します。
簡易ゼロ校正
設定
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
簡易ゼロ校正を中止します
ENT:実行
ESC:中止
SUN
07
300
OFF
12 : 00
日
s
現在時刻:MON 12 : 34
簡易ゼロ校正 中止
̶ 48 ̶
ENT
簡易ゼロ校正時の画面例
自動校正成分(8.2.4項)をCh1:“する”,Ch2:“する”と設定した場合
・ゼロ校正
Ch1,Ch2に"ゼロ校正"の
メッセージが点滅します。
Ch
NOX
ゼロ校正
0-100
Ch
SO2
ゼロ校正
0-100
Ch
O2
0-25
0.5
0.3
2 1.0 2
ppm
ppm
vol%
注 意
簡易ゼロ校正中は,キーロックON/OFF,簡易ゼロ校正中止以外のキー操作はできません。
さらに,キーロックがONのときは,簡易ゼロ校正中止もできなくなりますので,簡易
ゼロ校正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFしてから簡易ゼロ校正中止を実
行してください。
̶ 49 ̶
6. 6 ピークアラーム設定
測定中,CO 測定濃度が上限値を越えたピークの回数が設定回数以上になった場合にアラームを出力します。本
項では,そのピークアラームの各種設定を行います。
ピークアラームおよび本設定画面は,オプションで付加されているときのみ表示されます。
MODE
① 測定モードで
MODE
キーを押してメニューモードを表
メニューモード 項目を選択して下さい。
示します。
②
キーでピークアラーム設定にカーソルを合わ
せて
ENT
キーを押してください。
③ ピークアラーム設定項目選択画面を表示したら,
キーで設定したい項目にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
( )
④ ピークアラーム設定画面を表示したら,数値入力お
よび設定を行ってください。
ピークアラーム設定
ピークアラーム
ピーク濃度
ピークカウント
ヒステリシス
項目を選択して下さい。
OFF
0500 ppm
05 カイ
00 %FS
( )
数値入力および設定方法は,
ENT
キーで行います。
ピークアラーム設定
キーを押すと設定値を記憶します。
ENT
ENT
ピークアラームの
“ON”か“OFF”を
設定して下さい。
設定項目の説明
・ピークアラーム
・ピーク濃度
・ピークカウント
・ヒステリシス
:ピークカウントアラームの
ON / OFF 設定
:設定したピーク濃度値を越えると
1回カウント
:設定した回数以上のピークが発生
した場合,
ピークカウントアラームを
出力する
:チャタリングしないよう1回のピーク
がピーク濃度を越えたらヒステリシ
スの余裕でカウントする
̶ 50 ̶
ピークアラーム
ピーク濃度
ピークカウント
ヒステリシス
OFF
0500 ppm
05 カイ
00 %FS
ENT
ピークアラームの設定終了
設定範囲
・ピーク濃度
:10∼1000ppm→5ppmステップ (初期値 500ppm)
・ピークカウント :1∼99回
(初期値 5回)
・ヒステリシス :0∼20%FS
(初期値 0%FS)
%FSとはCOレンジを100%とした時の割合
ピークアラームの動作
例
㈰5回/hourとなったのでピーク
カウントアラーム導通(ON)
㈪4回/hourとなったのでピーク
カウントアラーム開放(OFF)
ピーク濃度
測定値
3時間前
2時間前
1時間前
現在時間
ピークカウント
アラーム
CO 瞬時値がピーク濃度を越えた場合,ピークカウントを行います。そのピーク数が1時間当たり設定回数
以上出現した場合,ピークカウントアラームが導通(ON)状態となります。そして1時間当たり設定回数
未満となったときに開放(OFF)状態となります。
部分が1時間で5回ピークが出現したのでピークカウントアラームが ON します。①∼
上の図で①
②
までの時間は,ピークが1時間当たり5回以上なので ON のままです。②の部分で1時間当たり
4回となり OFF となります。
ヒステリシスの動作は,アラーム設定のヒステリシスに同様で,ピーク濃度付近で測定対象ガスがふらつ
いたときのチャタリングを防ぎます。
※電源投入後,10 分間は,ピークカウントを行いません。
ピークカウントアラームの解除
ピークカウントアラームを解除する場合は,一度ピークアラームの設定を OFF にしてください。
ピークアラームを ON にした時点から,ピークカウントが0より始まります。
̶ 51 ̶
6. 7 パラメータの設定
パラメータの設定は,時刻,キーロックなどの必要に応じて設定を行うものです。ここで設定する項目は次の通
りです。
設定項目の説明
・時刻
:現在の年,月,日,曜日,時,分の設定(表示は,この順番に並んでいます。)
注)
時計のバックアップは 2 日間です。2 日以上電源を切って再投入する場合は
時刻設定をやり直してください。
・キーロック
:キーロック OFF にするキー操作以外の操作をできなくする ON/OFF 設定
・ホールド
:校正時出力をホールドするかしないかの設定およびホールドする値の設定
・平均値リセット
:平均値のリセット
・応答速度
:電気系の応答時間の設定
・平均時間
:移動平均時間の設定
・表示消灯
:表示部バックライトの自動消灯と消灯までの時間を設定
・メンテナンスモード :メンテナンスモードに入るためのパスワードの入力
※メンテナンスモードについては,6.8 項を参照してください。
MODE
① 測定モードで
示させます。
②
MODE
キーを押してメニューモードを表
メニューモード 項目を選択して下さい。
キーでパラメータにカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
ピークアラーム設定
パラメータ
パラメータ画面 1
③ パラメータ設定画面を表示したら,
設定したい項目にカーソルを合わせて
してください。
キーで
ENT
パラメータ
( )
ENT
項目を選択して下さい。
キーを押
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
OFF 直前値
リセット
ON 05分
0000
( )
̶ 52 ̶
ENT
④ パラメータ設定画面が表示されましたら,数値入力お
よび設定を行ってください。
数値入力および設定方法は,
を右へ移動させる場合は,
ENT
パラメータ
日曜を設定して下さい。
キーで,カーソル
キーで行ってください。
キーを押すと入力した設定値で実行されます。
終了する場合
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
OFF 直前値
リセット
ON 05分
0000
パラメータの設定を終了する場合や操作
ESC
中止する場合は, キーを押してくだ
さい。一つ前の画面に戻ります。
ENT
パラメータの設定終了
設定範囲
・ホールド設定値
・応答速度
・平均時間
・表示消灯
・メンテナンスモード
:0-100%FS
:1∼60s
(初期値 15s)
:1∼59分または1∼4時間
(初期値 1時間)
単位を分に設定した場合1∼59,時間に設定した場合1∼4
:1∼60分
(初期値 : 5分) :0000∼9999
(0000)
ホールド動作
ホールドを ON に設定すると校正中(手動校正,自動校正共),およびガス流通時間の間(
「6.4 自動校正
の設定」項を参照)各 Ch(成分)の出力信号がホールドされます。また,ホールドの ON/OFF の設定に
かかわらず外部入力により出力信号をホールドすることも可能です。
1. 手動校正時の動作
ZERO
or
SPAN
ENT
ENT
キーでガスが流れ,その後 キーで校正実行
校正動作
ホールド延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間
(「6.4 自動校正の設定」項を参照)
̶ 53 ̶
2. 自動校正時の動作
自動校正開始
自動校正終了
校正動作
ホールド延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間ホールド
3. 外部ホールド
短絡(ショート)
開放(オープン)
リモートホールド
出力ホールド
4.
ホールド中の画面表示
測定画面で“ホールド中”のメッセージが点滅します。校正動作中は,校正動作の画面表示をするため
ホールドしていても“ホールド中”は表示しません。ホールド延長時間になってから表示します。
5.
手動,
自動を問わず校正ガスが流通した後に校正動作を中止した場合もホールド延長時間の出力ホール
ドを行います。
6.
ホールドする値は,出力ホールドに入る直前の値“直前値”もしくは,任意の値“設定値”を選択する
ことができます。
設定方法は以下のとおりです。
① ホールドの前にカーソルがある状態で
します。
ENT
キーを押
パラメータ
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
項目を選択して下さい。
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
ON 直前値
リセット
ON 05分
0000
ENT
②“ON”または“OFF”が反転します。
を押して ON/OFF 変更します。
ENT
キー
パラメータ
ON/OFFを選択して
下さい。
キーを押すと①へ戻ります。
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
̶ 54 ̶
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
ON 直前値
リセット
ON 05分
0000
③ ON/OFF が反転している状態で
キーを押しま
す。“直前値”または“設定値”の文字が反転しま
す。
キーを押して“直前値/設定値”を変
更します。
④“直前値”で
で
ENT
ENT
キーを押すと①へ戻ります。
“設定値”
キーを押すと設定値入力画面に移ります。
“直前値”:ホールド直前の値でホールドします。
“設定値”:設定した任意のホールド値でホールドします。
パラメータ
ホールド設定値を選択
して下さい。
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
ON 設定値
リセット
ON 05分
0000
ENT
⑤ ホールド設定値設定画面を表示したら,
キー
で設定したい Ch(成分)にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
パラメータ
ホールド
Ch1
Ch2
Ch3
成分を選択して下さい。
NOX
SO2
O2
010 %FS
020 %FS
022 %FS
ENT
⑥ 数値が反転します。反転した数値が変更可能となり
ます。
キーで数値を変更,
ルを右へ桁移動させます。
⑦数値を変更後
ENT
キーでカーソ
パラメータ
ホールド
Ch1
Ch2
Ch3
キーを押します。
設定値の意味
ホールド設定値を入力
して下さい。
NOX
SO2
O2
010 %FS
020 %FS
022 %FS
設定値はレンジ対しての%での設定です。
2レンジとも共通です。
たとえばレンジが 0-1000ppm の場合,ホールド設置値を
10%FS と設定すると,そのときの測定値には関係なく,
100ppm 相当の出力をしてホールドします。
ENT
ホールド設定値設定終了
ESC
⑧
ESC
キーを押してパラメータ設定画面に戻ります。
パラメータ設定画面
設定項目の説明
・ 測定瞬時値表示はホールドしません。(出力のみホールド)
・ ホールドを設定値ホールドに設定した場合,O 2 換算瞬時値は,設定値にて計算し,ホールド
します。
・ ホールド中はレンジ切換えを行っても,レンジ識別接点出力は切換わりません。
̶ 55 ̶
平均値リセット
O2 換算平均値,O2 平均値をクリアし,平均を始めます。全ての平均値を同時にリセットします。
リセット入力時点で表示値および出力値は0ppm,vol% 相当となります(平均時間設定を参照)。
短絡(ショート)
(1.5秒以上保持してください)
開放(オープン)
リセット入力
短絡(ショート)の間リセットが続きます。
短絡(ショート)から,開放(オープン)に変化したとき,平均動作を開始します。
応答速度
電気系の応答時間を変えることができます。
成分ごとに設定が可能です。
注)ここで設定できる時間(S)は,あくまでも目安
となるもので正確な値ではありません。
お客様の必要に応じて値を設定してください。
平均時間設定
O2 換算平均値の移動平均時間,O2 平均時間の設定がで
きます。
1 ∼ 59 分(1 分ステップ)または 1 ∼ 4 時間
(1 時間ステッ
プ)の平均時間が設定できます。
設定を変えると O2 換算平均値,O2 平均値はリセットさ
パラメータ
応答速度
Ch1
Ch2
Ch3
パラメータ
平均時間
Ch6
Ch7
成分を選択して下さい。
NOX
SO2
O2
15 s
15 s
15 s
時間または単位を選択し
て下さい。
換算NOX平均 01 時間
換算SO2平均 50 分
れます(設定を変えた成分だけ,ENT の入力時にリセッ
トされます)。
平均動作の例
平均時間を 1 時間と設定したとき
リセット
平均値
時間
時間
・サンプリング周期は 30 秒に 1 回です。
・平均値は現在の時点より,1時間(設定時間)前までの平均を 30 秒ごとに出力します。
・リセット時点では,現在の時間より前の値は全てゼロとして計算されます。よって正確な平均
値となるのは,リセットより 1 時間後となります。
̶ 56 ̶
表示消灯
液晶表示部のバックライトを自動消灯するための設定です。
測定画面に復帰した時点から,設定した時間を経過すると自動的にバックライトが消灯します。
バックライト消灯から復帰するには任意のキーを押してください。
設定を ON にしたときのみ自動消灯までの時間が表示
されます。この状態で
キーを押すと,
パラメータ
キー
で時間設定が変更できます。 ENT キーで確認します。
OFF に設定した場合は,バックライトは消灯しません。
時刻
キーロック
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
表示消灯
メンテナンスモード
ON/OFFを設定して
下さい。
05/01/27 THU 13 : 50
OFF
ON 直前値
リセット
ON 05分
0000
メンテナンスモード
メンテナンスモードに入る時にパスワードを入力します。パスワード入力後 ENT キーを押すことによりメ
ンテナンスモードに入ります。パスワードはメンテナンスモードのパスワードセッテイで設定できます。
工場出荷時のパスワードは“0000”となっていますので,パスワード変更前であればこの値でメンテナン
スモードに入ることができます。
̶ 57 ̶
6. 8 メンテナンスモード
センサー入力値の確認,エラーログファイルの表示,パスワードの設定等を行います。本項は,最初にパスワー
ドを設定し,次回から設定されたパスワードが必要となります。本項は,
「6.7 パラメータの設定」項でメンテナ
ンスモードを選択することにより表示されます。
① パラメータ項目選択画面で,メンテナンスモードを選
ぶと,パスワード入力画面を表示します。
② パスワードを入力すると,メンテナンスモード項目選
択画面が表示されます。
キーで選択したい項
目にカーソルを合わせて ENT キーを押してください。
③ 次に各メンテナンスの画面を示します。
注)ファクトリーモードは当社サービスマン用ですの
で,お客様の使用はできません。
④ 各画面からは,
ESC
キーを押して戻ることができます。
メンテナンスモード
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
項目を選択して下さい。
センサ入力値
エラーログファイル
校正ログ
光学系調整
水分干渉調整
入出力調整
各種設定
ファクトリーモード
( )
ENT
各メンテナンスの画面
・センサー入力値画面
センサー入力値画面の説明
・NOx M
・NOx C
・SO 2 M
・SO 2 C
・温度
・O 2
:NOx用センサー入力値
:NOx用干渉補償センサー入力値
:SO 2用センサー入力値
:SO 2用干渉補償センサー入力値
:温度センサー入力値
:O 2センサー入力値
・エラーログファイル画面
メンテナンスモード
センサー入力値
センサー
NOX M
C
SO2 M
C
O2
温度
メンテナンスモード
エラーログ
エラーログファイル画面の説明
エラー発生の履歴です。最新の14個のエラーを
記録しています。
エラー番号,発生した日時(年月日,時間)
発生チャンネルなどエラーの内容は「8.1 エラーメッ
セージ」項を参照してください。
ENT
エラーログクリアで キーを押すと,エラー記録
をすべて消去できます。
̶ 58 ̶
エラーNo. 年
No. 4 04
No. 1 04
No. 6 03
No. 9 03
No. 5 03
No. 9 03
次ページ
入力値
5514
5514
8037
8037
20001
15722
センサー
入力値
ENT :エラーログクリア
ESC :前画面に戻る
月
2
1
12
12
12
12
日
11
10
1
1
1
1
エラーログクリア
時
18
12
10
10
0
0
分
10
2
10
10
0
0
Ch
5
1
2
2
2
2
Page1
・校正ログ画面
校正ログ画面の説明
過去の校正の履歴です。
ゼロ・スパン校正を実施した時点での,センサ
入力値,濃度値,日時を記録しています。
各成分ごと最新の10個の校正記録を記録してい
ます。
ENT
校正ログクリアにカーソルを合わせて キー
を押すと,校正記録をすべて消去できます。
Z1 … レンジ1のゼロ校正(Z)の意味
S1 … レンジ1のスパン校正(S)の意味
M … 校正時の測定検出器の値
C … 校正時の干渉補償検出器の値
Con … 校正直前の表示濃度値
メンテナンスモード
校正ログ
Ch1
Ch2
Ch3
成分を選択して下さい。
NOX
SO2
O2
校正ログクリア
ENT
メンテナンスモード
校正ログ
Ch1 NOx
R
M
C
Con
Z1 00023 00045 −0.2
S1 05439 01254 189.5
月日時分
12111810
12111815
注 意
以下の操作で間違った調整を行うと,測定に多大な支障をきたす恐れがあります。十分注意して操作し
てください。
・光学系調整画面
この項目の詳しい内容は「7.3.3 光学ゼロ調整方法」項
を参照してください。
ENT
キーを押し,
光学系調整
ENTキーでゼロガスを
流します。
ゼロガスをセットして下
さい。
キーにて各校正用ガスの電
磁弁駆動信号をオンすることができます。
1–1
0
1–2
0
0
0
バルブ
̶ 59 ̶
2–1
0
2–2
0
測定
0
0
>
水分干渉調整
, キーで調整する
成分を選択して下さい。
ENT:確定
ESC:この画面から抜ける
この項目の詳しい内容は「7.3.4 水分干渉調整方法」
項を参照してください。
画面左側の数値がそれぞれの成分に体する水分
干渉補正後の値です。右側の数値は干渉補正係
数です。
キーで 印カーソルを移動して,Ch(成分)
ENT
10
–33
Ch1 NOX
Ch2 SO2
水分干渉調整画面の説明
を選択し,
します。
>
・水分干渉調整画面
キーを押します。右側の数値が反転
ALL
バルブ OFF
ENT
ENT
水分干渉調整
, キーで調整して
下さい。
ENT:調整値確定
ESC:前画面に戻る
キーの入力で水分
注 意
0
–33
Ch1 NOX
Ch2 SO2
各成分とも低レンジ側が0-10vol%以上のレン
ジの場合は,干渉補償検出器がありませんの
で,干渉調整はできません。(不要です)
>
が0に近づくように調整し,
干渉補正値を記憶します。
>
水分干渉調整用のガスが流れていることを確認し,
キーで水分干渉補正係数を変更し,左側の値
1.252
0.983
1.263
0.983
ALL
バルブ OFF
・出力調整画面
出力調整画面の説明
メンテナンスモード
出力調整
アナログ出力の調整用画面です。
調整するOUTの番号に対応する出力端子にデジ
タルマルチメータを接続し,ゼロで4mAまたは
0V,スパンで20mAまたは1Vの出力となるよう
に数値を調整します。
キーでカーソルを移動して,調整する出
力(OUT No. およびゼロ・スパン)を選択します。
キーを押してください。
OUT
1
2
3
4
5
6
ゼロ
01245
01245
01245
01245
01245
01245
ZERO/SPAN調整
スパン OUT ゼロ スパン
11845
7 01900 12500
11845
8 01900 12500
11845
9 01900 12500
11845 10 01900 12500
11845 11 01900 12500
11845 12 01900 12500
ENT
ENT
調整する数値が反転します。
キーを押して,
出力を見ながら数値を調整してください。
を押すと桁の移動ができます。
調整が完了した後,
ENT
キー
キーを押してください。
̶ 60 ̶
メンテナンスモード
出力調整
OUT
1
2
3
4
5
6
ゼロ
01245
01245
01245
01245
01245
01245
ZERO/SPAN調整
スパン OUT ゼロ スパン
11845
7 01900 12500
11845
8 01900 12500
11845
9 01900 12500
11845 10 01900 12500
11845 11 01900 12500
11845 12 01900 12500
・各種設定
各種設定画面の説明
パスワード: パラメータの設定画面から,メン
テナンスモードヘ移行するときの
パスワードを設定します。
任意の4桁の数字が設定可能
酸素換算 : 酸素換算演算時の酸素濃度基準値
の設定です。設定可能範囲 00∼19%
リミット : 酸素換算演算時の酸素濃度リミッ
トの設定です。設定可能範囲 01∼20%
※酸素換算の計算方法は,
「5.3 表示画面の概要」
の O2 換算濃度値を参照ください。
ステーション No.:MODBUS 通信時のステーション
No. の設定です。
設定可能範囲 00∼32
レンジ設定: 測定レンジの変更・設定を行う画
面へ移行します。
メンテナンスモード
各種設定
項目を選択して下さい
パスワード 2465
酸素換算 12% O2 リミット 20% O2
ステーション No.01
レンジ設定
キーを押して,設定変更したい項目の前に
カーソルを移動してください。
パスワード,酸素換算,リミット,ステーション
No. では,数値が反転します。
キーで任意の数値に変更し,
してください。
ENT
キーを押
注)設定したパスワードは,忘れないよう管理して
ください。パスワードがわからなくなるとメン
テナンスモードに入れなくなります。
<レンジの設定・変更方法>
測定レンジは,購入時に指定している最小,最大レン
ジの範囲で任意に設定可能です。使用レンジも1また
は2で選択可能です。
①
キーでレンジ設定の前にカーソルを移動し,
ENT
キーを押します。
メンテナンスモード
各種設定
項目を選択して下さい
パスワード 2465
酸素換算 12% O2 リミット 20% O2
ステーション No.01
レンジ設定
ENT
̶ 61 ̶
ENT
②
キーでカーソルを移動し,設定変更をする
Ch(成分)の前に合わせ,
ENT
キーを押します。
メンテナンスモード
レンジセッテイ
Ch1
Ch2
Ch3
成分を選択して下さい
NOX
SO2
O2
ENT
③
キーでカーソルを移動し,変更する設定値の
前に合わせて,
ENT
キーを押してください。
レンジ設定可能な範囲
レンジ1,レンジ2の値は,MINレンジとMAXレ
ンジの間の値(MINレンジ,MAXレンジ含む)
で,かつレンジ1<レンジ2でなければなりませ
ん。
レンジスウは1または2
メンテナンスモード
レンジセッテイ
Ch1 NOx
MINレンジ
レンジ 1
レンジ 2
MAXレンジ
レンジスウ
設定レンジを選択して
下さい
100.0
500.0
1000.
2000.
2
ppm
ppm
ppm
ppm
ENT
④
キーで数値の変更をしてください。
メンテナンスモード
レンジセッテイ
Ch1 NOx
キーで桁を移動できます。
単位の変更はできません。
小数点位置は,小数点位置が反転している状態で,
キーを押すと位置を移動できます。
⑤ 変更が終わりましたら,
ENT
キーを押してください。
注 意
レンジ設定変更後は,必ずゼロ・スパン校正を
行ってください。
校正を実施しないと測定値がずれている場合が
あります。
̶ 62 ̶
MINレンジ
レンジ 1
レンジ 2
MAXレンジ
レンジスウ
100.0
500.0
1000.
2000.
2
ppm
ppm
ppm
ppm
6. 9 校 正
6. 9. 1 ゼロ校正
ゼロ点の調整を行う場合に使用します。通常,ゼロ校正用ガスは「3.3 サンプリング」(3) 標準ガスの項を参照し,
用途に応じたガスを使用してください。
ZERO
① 測定画面で
ZERO
キーを押して手動ゼロ校正画面を表
手動ゼロ校正
示します。
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
0.0
0.0
20. 09
( )
②
キーを押して,校正する Ch(成分)を選択
します。選択後
ENT
手動ゼロ校正
キーを押すとゼロガスが流れます。
注 意
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
校正設定モードの「ゼロ校正動作」で一
括と設定されているCH(成分)は,同
時にゼロ校正が行われます。
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
0.0
0.0
20. 09
ENT
③ ゼロガスを流した状態で指示値が安定するのを待ちま
手動ゼロ校正
す。安定後,
キーを押すとカーソルで選択され
ているレンジのゼロ校正が行われます。
ENT
注)レンジ切換方法の設定(「6.1.1」
)で切換方法を“自
動”と設定している Ch(成分)は,自動校正成
分/レンジの設定(「6.2.4」
)で選択しているレ
ンジの方にカーソルが自動的に動き,そのレンジ
での校正が行われます。
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0–100 ppm
0.0
レンジ2 0–2000ppm
0.9
レンジ1 0–100 ppm
レンジ2 0–2000ppm
レンジ1 0–10 vol%
20. 09
レンジ2 0–25 vol%
終了する場合
ENT
操作を途中で中止する場合は, キーを
押してください。測定画面に戻ります。
ESC
手動ゼロ校正の実行後測定画面へ
̶ 63 ̶
6. 9. 2 スパン校正
スパン点の調整を行う場合に使用します。スパン値として設定されている濃度の校正ガスを流し,スパン校正
を行います。NOX,SO2,CO2,CO 計のスパン校正用ガスとしては,レンジ値の 90%以上の濃度の標準ガス
を使用してください。O2 計のスパン校正用ガスは,内蔵 O2 計の場合,レンジ値の 90%以上の濃度の標準ガス,
外付ジルコニア O2 計の場合は2vol%前後の標準ガスを使用してください。
手動スパン校正
① 測定画面で
SPAN
キーを押して手動スパン校正画面を表
示します。
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
SPAN
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
0.0
0.0
00. 00
( )
キーを押して,
校正する Ch
(成分)
を選択します。 手動スパン校正
②
選択後
ENT
キーを押しますと校正ガスが流れます。
注 意
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
校正設定モードの「校正レンジ動作」でレ
ンジ連動と設定している場合は,2レン
ジ同時にスパン校正を行います。
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
レンジ2
0–100 ppm
0–2000ppm
0–100 ppm
0–2000ppm
0–10 vol%
0–25 vol%
0.0
0.0
00. 00
ENT
③ 校正ガスを流した状態で指示値が安定するのを待ちま
す。安定後, ENT キーを押すとカーソルで選択されて
いるレンジのスパン校正が行われます。
注)レンジ切換方法の設定(「6.1.1」
)で切換方法を“自
動”と設定している Ch(成分)は,自動校正成分
/レンジの設定(「6.2.4」
)で選択しているレンジ
の方にカーソルが自動的に動き,そのレンジでの
校正が行われます。
終了する場合
ᚻേࠬࡄࡦᩞᱜ
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
ࠞ࡯࠰࡞ߩᚑಽࠍࠬࡄࡦ
ᩞᱜߒ߹ߔ‫ޕ‬ᜰ␜߇቟ቯ
ߒߚࠄ㧱㧺㨀ࠠ࡯ࠍ౉ജ
ߒߡਅߐ޿‫ޕ‬
98.0
࡟ࡦࠫ –100 ppm
࡟ࡦࠫ –2000ppm
0.0
࡟ࡦࠫ –100 ppm
࡟ࡦࠫ –2000ppm
࡟ࡦࠫ –10 vol%
00. 00
࡟ࡦࠫ –25 vol%
ENT
操作を途中で中止する場合は, キーを
押してください。測定画面に戻ります。
ESC
手動スパン校正の実行後測定画面へ
̶ 64 ̶
7. 保 守
7. 1 日常点検
(1)ゼロ校正およびスパン校正
① ゼロ校正を行ってください。校正方法は「6.9.1 ゼロ校正」項を参照ください。
② ゼロ校正が終了しましたらスパン校正を行ってください。校正方法は「6.9.2 スパン校正」項を参照くだ
さい。
③ ゼロ,スパン校正は,1週間に1回必要に応じて行ってください。
(2)流量の点検
① 試料ガス流量・パージガス流量は,それぞれ下記のようになります。
・試料ガス流量 :0.5L/min ± 0.2L/min です。
・パージガス流量:1L/min です。
② 点検保守は,1日に1回必要に応じて行ってください。
7. 2 日常点検保守要領
表7−1 保守点検表
点検箇所
指示値
現 象
原 因
指示低下
指示上昇
対 象
毎日点検する所
① 試料セルの中にダスト
が混入してしまった。
① 試料セルの掃除,同時に
サンプリング機器,特に
ガスフィルタを点検
② サンプリング配管の途
中で空気を吸引してい
る。
② サンプリングラインの漏
れを検出して修理
一週間ごとに 一年ごとに
点検する所
点検する所
試料ガス流量器内パー
ジを行っている場合は
パージガスの流量を含
む
標準流量は0.5L/min,0.3∼
0.7L/minの規定流量から外
れている
フロレータのニードル弁など
で調整
ガス分析計のゼロ点
ゼロ点のずれ
ゼロ点調整
ガス分析計のスパン点
標準からのずれ
スパン調整
ガス分析計
現象のいずれかにかかわ
らず
オーバホール
̶ 65 ̶
7. 3 分析部の保守要領
7. 3. 1 試料セルの清掃方法(パイプセル)
本項は,工場出荷時に厳重な調整を行っています。取扱いには十分注意してください。
もし,行なわなければならない場合は,当社にご連絡ください。
① 電源スイッチを切って,試料ガスを止めゼロ
ガスを数分間流し,セル内をパージしてくだ
さい。
上部カバーの取付ねじ(6箇所)を外し,上
部カバーを取外します。
上部カバー
② 内部ガス導管を外してください。
③ セル押え板のねじを,左右共に外します。
・
試料セルのみ取外します。
④セル窓押え金具(赤外線透過窓付き)を左に
回して,試料セルから取出してください(図
7 − 1 参照)。
ねじ
ねじ
試料セル
セル押え板
⑤ 赤外線透過窓やセル内面の掃除は,最初に柔
かいブラシなどで大きなダストを取り除き,
次に柔かい布で軽くふいてください。
窓は傷つき易いので損傷しないよう,特に注
意してください。
セル押え板
ガス導管
ガス導管
基準セル
⑥ 試料セルの掃除が終ったら,元通りセルを取
付けて運転してください。
セル清掃後は必ず,光学的ゼロ調整(7.3.3 項
参照)及び水分干渉補償調整(7.3.4 項参照)
を行ってください。
注 意
窓やセル内の汚れがひどい場合は,柔らかい布に無水エタノールを付けて汚れを落としてください。
万一,赤外線透過窓,試料セルが腐食した場合は,軽度のときは掃除布に酸化クロム粉末をつけて軽く
こすればとれますが,はなはだしく腐食した場合は,取替える必要があります。
掃除に際しては,無理な力を加えないように注意してください。
̶ 66 ̶
赤外線透過窓
窓押え金具
赤外線透過窓と押え金具は,
接着剤で接着されています。
Oリング
試料ガス入口
セル
試料ガス出口
図 7 − 1 試料セル構造図(パイプセル)
̶ 67 ̶
7. 3. 2 試料セルの清掃方法(ブロックセル)
① 電源スイッチを切って,試料ガスを止めゼロ
ガスを数分間流し,セル内をパージしてくだ
さい。
上部カバーの取付ねじ(6箇所)を外し,上
部カバーを取外します。
上部カバー
② 内部ガス導管を外してください。
③ 検出器取付用ボルト2箇所を取外してくださ
い。
注)分配セルとブロックセル,検出器が一体
締めなので注意してください。
④ 付属のセル組立用工具を用い,押え金具を左
に回してセルから取外してください(図7−
2の試料セル構造図(ブロックセル)を参照
してください)。
検出器取付用ボルト
⑤ 赤外線透過窓やセル内面の掃除は,最初に柔
らかいブラシなどで大きなダストを取り除
き,次に柔らかい布で軽くふいてください。
窓は傷つき易いので損傷しないよう,特に注
意してください。
赤外線透過窓
⑥ 試料セルの掃除が終ったら,元通りセルを取
付けて運転してください。
セル清掃後は必ず,光学的ゼロ調整(7.3.3 項
参照)及び水分干渉補償調整(7.3.4 項参照)
を行ってください。
内側Oリング
外側Oリング
Oリング押え
押え金具
注 意
窓やセル内の汚れがひどい場合は,柔らかい布に無水エタノールを付けて汚れを落としてください。
万一,赤外線透過窓,試料セルが腐食した場合は,軽度のときは掃除布に酸化クロム粉末をつけて軽く
こすればとれますが,はなはだしく腐食した場合は,取替える必要があります。
掃除に際しては,無理な力を加えないように注意してください。
̶ 68 ̶
セル組立て用工具
押え金具
Oリング押え
外側Oリング
内側Oリング
赤外線透過窓
試料ガス出口
試料ガス入口
基準セル部
試料セル部
ボルト通し穴
分配セル,ディテクタと
一体締めするボルト通し穴
(
試料セル構造図(セル長32,16,8,4,2mmのもの)
(試料セルと基準セルは一体構造になっています。)
注)専用のセル組立て工具(付属品)を用いてください。
図 7 − 2 試料セル構造図(ブロックセル)
̶ 69 ̶
)
7. 3. 3 光学ゼロ調整方法(光学バランス調整)
注 意
本操作で間違った調整を行うと,測定に支障をきたします。調整のトレーニングを受けていない方は,
本操作を行わず,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡ください。
試料セルなどを掃除などにより取り除いた後,再び組み立てて使用する場合に行う調整です。
下記にその調整方法を示します。
① 分析部本体の上部カバーを外します。分析部
試料ガス入口よりドライ N2 またはドライエ
試料ガス入口
アーを流し,指示が安定するのを待ちます。
試料ガスの導入方法は,分析計の INLET に
直接,ボンベからガスを導入します。
試料ガス出口
PURGE
INLET1
OUTLET1
パージガス入口
AUTO CAL
② メンテナンスモードの光学系調整に入りま
す。
本体の操作パネルの表示は,右図のように表
示されます。± 100 以内であればバランス調
整は不要です。
光学系調整
OPTION2
OPTION1
A/O
ENTキーでゼロガスを
流します。
ゼロガスをセットして下
さい。
1–1
0
1–2
0
0
0
2–1
60
c
2–2
–30
–20
d
b
0
バルブゼロ ON
・〈測定検出器と表示位置の対応表〉
測定成分数
ⓐ
ⓑ
ⓒ
ⓓ
メイン
コンポ
−
−
NO/SO2
NO メイン
NO コンポ
SO2 メイン
SO2 コンポ
CO2/CO
CO2 メイン
CO2 コンポ
CO メイン
CO コンポ
2成分計
1 成分計
* O2 は成分数から除いている
*メインは,各成分のメイン検出器からの信号入力値
コンポは,各成分の干渉補償検出器からの信号入力値
低レンジが 0-10vol% を越える場合はコンポの検出器信号は使用しない。
測定対象成分にないセンサーの値は無視してください。
̶ 70 ̶
a
③ ④以下の操作で調整を行ってください。
● 2-1,2-2 のⓐ ∼ ⓓの値を± 100 の表の範囲で0に近くなるように調整
※ 調光板を動かすときは,検出器取付用ボルトを緩めてから行っていください(調光板を動かすのに少
しかたい位で緩めた方が調整が行い易くなります)。
④ ⓐの表示の数値を,光学ゼロ調整つまみを回し
て調整してください。
⑤ ⓑの表示の数値を,調光板を左右に動かすこと
で調整してください。
光学ゼロ調整
つまみ
⑥ ⓒの表示の数値を,調光板を左右に動かすこ
とで調整してください。
⑦ ⓓの表示の数値を,調光板を左右に動かすこ
とで調整してください。
⑧ ④∼⑦の操作を順番に繰り返し,全ての表示が
± 100 以内で0に近づくように調整してくださ
い。
※ 調光板はゼロ調整つまみに近い側から順に調
整してください。
⑨ 光学バランス調整後,分析部の上部カバーを取
付けた後,水分干渉補償調整を行いゼロ,スパ
ン校正を行ってください。
光学ゼロ調整つまみ
調光板
7. 3. 4 水分干渉補償調整方法
注 意
本操作で間違った調整を行うと,測定に支障をきたします。調整トレーニングを受けていない方は,本
操作を行わず,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡ください。
水分の干渉の影響が大きい(±2% FS を超える)場合に,調整してください。
光学バランス調整後は必ず実施してください。
AUTO CAL
OPTION2
OPTION1
① 暖機運転後,レンジをローレンジにし,ドライ
ガス(N2,エアー)を 0.5 ℓ /min 流しゼロ校正
A/O
を行ってください。
OUTLET1
̶ 71 ̶
INLET1
を2℃露点にし分析計に流してください(右
図)。
PURGE
② 分析部の画面を水分干渉調整画面(「6.8 メン
テナンスモード」の項を参照)にしてください。
その後,バブリングした N2 またはエアーガス
N2またはエアー
電子クーラー
(露点2℃)
水
バブラー
るべく0に近くする)となるように,
調整し
でメモリーしてください(
効になります)。
ESC
ENT
キー
で抜けると調整は無
ALL Ch を選択し ENT キーを押すと全成分まとめて
0となるように調整できます。
(
初めに ALL で実施し上下キーで1成分ごと
に微調してください。
)
>
水分干渉調整
>
③ 画面で Ch(成分)を ENT キーで選択し
, キー
で右側の数値を変更し,左側の数値が± 10 以内(な
, キーで調整する
成分を選択して下さい。
ENT:確定
ESC:この画面から抜ける
Ch1 NOX
Ch2 SO2
1.252
–33
0.983
ALL
バルブ OFF
*レンジが 0-10vol% を越える成分は調整できません。
(干渉補償の必要がないため)
>
>
ENT
水分干渉調整
, キーで調整して
下さい。
ENT:調整値確定
ESC:前画面に戻る
Ch1 NOX
Ch2 SO2
ALL
バルブ OFF
④ 全ての成分が終了したら配管を元に戻しゼロ,スパン校正を行ってください。
̶ 72 ̶
10
0
1.263
–33
0.983
7. 4 長期的な保守品について
下記「ガス分析装置年度点検計画表」に従い,保守部品の長期計画を立ててください。
ガス分析計年度点検計画表
試料ガス条件
1)温 度:
2)圧 力:
3)水 分:
4)ダスト:
5)組 成:
設置条件によって構成機器の推奨交換周期が変わります。
1)推奨交換周期は,標準的な目安であり現場の環境,測定ガス
状態などにより異なります。
2)推奨交換周期は,保証期間ではありません。交換の目安とし
てください。
設置条件
1)周囲温度:-5 ∼ +40℃
2)湿 度:90%RH 以下
3)腐食性ガス:無し
4)幅射熱・直射日光,雨風無きこと
5)粉 塵:環境基準以下
6)振 動:無きこと
+60 ∼ +800℃
-3 ∼ +3kPa
30% 以下
0.1g/Nm3 以下
0 ∼ 500 ppm NOX,0 ∼ 500 ppm SO2,
0 ∼ 2000 ppm CO,5 ∼ 15% CO2,
0 ∼ 21% O2,0 ∼ 100 ppm HCℓ,残り N2
メンテナンスサービスについては当社にご相談ください。
当社指定のサービスマンにより,確かなサービスをご提供いたし
ます。
ガス分析計年度点検計画表
赤外線光源(半密封)
推奨交換
年度
周期(年) 納入年度 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目
1台
5
○
基準セル
1本
5
測定セル
1本
5
○
分配セル
1台
5
○
構成機器名称
数量
○
干渉フィルタ
1台
5
セクターモータ
1台
2
セクターモータ用電源ユニット
1台
5
スイッチング電源
1式
3
○
○
○
LCD表示器
1台
3
○
○
○
本体
1台
10
工場引取オーバーホール
5
○
○
○
○
○
○
○
○
計量器(JQA)検定
8
年次点検用消耗部品
1
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
年次点検
1
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
̶ 73 ̶
8. エラーメッセージ
下記の内容で分析部のエラーが発生します。
エラー表示
エラー内容
考えられる要因
Error No.1
モータ回転検出信号不良
Error No.4
ゼロ校正が校正可能範囲外
・モータの回転不良または停止
・モータ回転検出回路の不良
(注)セクターモータは消耗部品ですので 2 年程度で
の交換をお奨めします。
Error No.5
・ゼロガスが流れていない
・セルの汚れなどでゼロ点が大きくずれた
ゼロ校正量(表示している値)がフルス ・検出器不良
ケールの 50%以上
・光学バランスのずれ
Error No.6
スパン校正が校正可能範囲外
Error No.7
・スパンガスが流れていない
・校正濃度設定がボンベガス濃度にあっていない
スパン校正量(表示している値と校正濃 ・ゼロ校正を正常に行っていない
度値の差)がフルスケールの 50%以上 ・セルの汚れなどでスパンが大きくずれた
・検出器感度の低下
Error No.8
ゼロ,スパン校正時測定値の変動が大き ・校正ガスが流れていない
すぎる
・校正ガスを流す時間が短い
Error No.9
自動校正中の校正異常
・自動校正中に Error No.4 ∼ No.8 に相当するエラー
が発生した
出力線結線不良
・分析計−インターフェースモジュール間の配線が外
れている
・分析計−インターフェースモジュール間の配線の断
線
Error No.10
Error No.1,No.10 が発生した場合,計器異常出力接点が閉となります。
Error No.4 ∼ No.9 が発生した場合,校正異常出力接点が閉となります。
<エラー発生時の画面表示および操作>
Error No.1 ∼ No.4,No.6,No.8 ∼ No.10 の場合
測定画面
Ch
NONo.9
2
Error
0-25
Ch
SO2
Ch
O2
0-100
0-25
エラー内容表示
0 0.8
1 3.6
2 1.0 0
ppm
ENT
Error No.9
自動校正異常
測定画面に戻る:ESC
ppm
ゼロ NOx 校正異常
vol%
ESC
・ ESC キーを押すとエラー表示は
消えます。
・ ESC キーを押してもエラー発生
要因が取り除かれていなければ
再びエラー表示します。
エラー発生要因
・校正ガスが流れていない
・ガス流通時間が短い
・校正濃度設定値が間違っている
・セルの汚れ
・複数のエラーが発生している場合は
キーで他のエラー内容表示にな
ります。
̶ 74 ̶
Error No.5, No7 の場合
手動ゼロ校正
Ch1
NOX
Ch2
SO2
Ch3
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1
0–100 ppm
3083
Error No.5
レンジ2
0–2000ppm
レンジ1 0–100 ppm
-13.6
レンジ2 0–2000ppm
レンジ1 0–10 vol%
-0.09
レンジ2 0–25 vol%
ゼロ校正量50%FS以上
校正を続ける:ENT
校正を中止 :ESC
Error No.5
NOX校正異常
エラー発生要因
・ゼロガスが流れていない
・ガスの汚れによるゼロ点ずれ
・検出器不良
ENT
ESC
・ キーを押すとエラー表示は消えます。
ENT
ESC
強制的に
校正を実行
校正動作を続けます。他の校正エラー
にかからなければ校正を実行,終了し
測定画面に戻ります。
Ch
NO2
Ch
SO2
Ch
O2
9 0.8
1 3.6
0.0 9
0-25
0-100
0-25
ppm
ppm
vol%
エラーログファイル
エラーが発生するとエラーログファイルにその履歴を残します。エラーログファイルはメンテナンスモードの中
にあります。
<エラーログ画面>
エラー発生年月日および時間
メンテナンスモード
エラーログ
発生エラー
エラーNo. 年
No. 4 04
No. 1 04
No. 6 03
No. 9 03
No. 5 03
No. 9 03
次ページ
ENT :エラーログクリア
ESC :前画面に戻る
月
2
1
12
12
12
12
日
11
10
1
1
1
1
時
18
12
10
10
0
0
分
10
2
10
10
0
0
Ch
5
1
2
2
2
2
Page1
エラー発生対象Ch
新しい
古い
エラーログクリア
※ エラーの履歴は最大 14 個まで残ります。それ以上の場合,新しいエラーが1つ発生すると古いエラーを1
つ消します。
※ エラーログの内容は電源を切っても保存されます。
<エラー履歴の消却>
上記画面で
ENT
キーを押し「エラーログクリア」を反転させ,さらにキーを押すとエラー履歴は消却され
ます。
̶ 75 ̶
9. 仕 様
9. 1 一般仕様
1. 標準仕様
・測定成分及び測定範囲 :
NO
SO2
CO2
CO
CH4
O2
(外部設置
ジルコニア)
最小レンジ
0 ー 100ppm
0 ー 100ppm
0 ー 100ppm
0 ー 100ppm
0 ー 200ppm
最大レンジ
0 ー 5000ppm
0 ー 10vol%
0 ー 100vol%
0 ー 100vol%
0 ー 100vol%
0 ー 10vol%
0 ー 25vol%
・O2 を含めて最大 3 成分まで測定可能。
・測定レンジ比
≦ 1:5 (O2 計)
≦ 1:25(O2 計以外)
・1 レンジ,2 レンジの選択も可能。
測定成分及び測定レンジの組合せは「測定
成分・測定レンジ−製作可否対応表−」(○
ページ)をご参照ください。
・測 定 原 理: NO, SO2, CO2, CO, CH4, ;
非分散形赤外線吸収法
単光源 2 光束(ダブルビーム方式)
O2 ; 専用ジルコニア式(外部設置,
形式:ZFK7)
・測定値表示:デジタル 4 桁表示(バックライト付き液晶パ
ネル)
・各成分瞬時値表示
・O2 換算瞬時値表示(O2 計付きの NO, SO2,
CO 計のみ)
・O2 換算平均値表示(O2 計付きの NO, SO2,
CO 計のみ)
・アナログ出力信号:
DC4-20mA または DC0-1V 非絶縁出力最大
7点
アナログ出力は測定値表示に対して 1 対 1 で
出力
許容負荷 DC4-20mA 550 Ω以下
DC0-1V 100k Ω以上
*表示値及び出力値のチャネル番号との対応
については「測定 Ch 測定値対応表」
(22
ページ)をご参照ください。
・アナログ入力信号:
外付設置 O2 計信号入力用
入力(1)ジルコニア O2 計信号(弊社 ZFK7)
(2)DC0-1V フルスケールの信号
入力部は非絶縁
(入力信号により測定濃度表示,O2 換算を行
う)
*外付 O2 計は別項目手配
̶ 76 ̶
・接 点 出 力: 1a リレー接点(接点容量 AC250V/2A 抵抗
負荷)
計器異常,校正異常,レンジ識別,自動校
正中,ポンプ ON/OFF,自動校正用電磁
弁駆動信号,自動校正終了
接点相互および内部回路とはリレー絶縁
1c リレー接点(接点容量 AC250V/2A 抵抗
負荷)6 点任意選択
上下限警報接点出力
接点相互および内部回路とはリレー絶縁
・接 点 入 力: 無電圧接点(ON/0V,OFF/DC5V,ON 時
電流 5mA)
リモートレンジ切換,自動校正リモートス
タート,リモートホールド,平均値リセット
内部回路とはフォトカプラ絶縁,接点入力間
は非絶縁
・供 給 電 源: 定格電圧 AC100V ∼ AC240V
使用可能電圧 AC85V ∼ AC264V
定格周波数 50Hz/60Hz
最大定格電力 250VA
・動作条件: 周囲温度 -5℃∼ 45℃
周囲湿度 90%RH 以下,結露なきこと
・保管条件: 周囲温度 -20℃∼ 60℃
周囲湿度 95%RH 以下程度,結露なきこと
・外形寸法(H × W × D):
分析部本体
835 × 218 × 202mm
・質 量: 約 16kg
・塗 装 色: オフホワイト(マンセル 10Y7.5/0.5 相当)
・外 被 形 式: 鋼板製ケース,屋内形
・接ガス部材質: ガス出入口 :テフロン
試料セル
:SUS304,ネオプレン
赤外線透過窓 :CaF2
O2 計試料セル:SUS316
内部配管
:トアロン,テフロン
・ガス出入口:Rc1/4 またはφ 6 ホースエンド
・パージガス流量:1L/min(必要に応じて行う)
2. 標準機能
・出力信号ホールド
ホールド設定(設定を ON)により手動および自動校正中
に出力信号をホールドします。
ホールドする値は,校正に入る直前の値もしくは,任意
設定値です。
瞬時値の表示値はホールドされません。
・リモート出力ホールド
リモート出力ホールド入力端子を短絡することにより,
出力信号はその直前の値もしくは,任意設定値をホール
ドします。
短絡している間ホールドします。この瞬時値の表示値は
ホールドされません。
・レンジ切換
レンジ切換の方法は,設定により,手動,自動,リモー
トが選択可能。
設定した切換方法のみが有効。
手動;キー操作によりレンジ切換。
自動;低レンジの 90% FS 以上で低レンジから高レンジに切換
低レンジの 80% FS 以上で高レンジから低レンジに切換
リモート;無電圧接点入力(測定成分毎)
リモートレンジ切換入力信号でレンジを切換。
各成分の接点入力端子を短絡で第1レンジ,
開放で第2レンジ
・レンジ識別信号
現在の測定レンジの識別を接点信号で出力します。
各成分の接点出力端子が第 1 レンジで閉,第 2 レンジで
開となります。
・自動校正
あらかじめ設定した周期で周期的に自動校正を行います。
外部に校正用標準ガスボンベおよびガス流通開閉用の電
磁弁をご用意いただければ,設定された自動校正のタイ
ミングで,ゼロ,およびそれぞれのスパンの校正用電磁
弁駆動接点を順次 ON/OFF し,校正を行います。
自動校正周期設定:自動校正を実施する周期を設定
します。
1 ∼ 99 時間(1 時間単位)または 1 ∼ 40 日(1 日単位)
で設定可変
ガス流通時間設定 : 自動校正時に流す 1 つ 1 つの校正
ガスの流通時間を設定します。
60 ∼ 900 秒(1 秒単位)
・自動校正リモートスタート
外部入力信号により 1 回のみの自動校正を実施します。
校正のシーケンスは通常の自動校正の設定によります。
自動校正リモートスタート入力端子を 1.5 秒以上短絡後開
放することにより自動校正を開始します。
・簡易ゼロ校正
あらかじめ設定した周期で周期的にゼロ校正を行います。
自動校正とは別の周期で設定可能です。
外部に校正用のゼロガスおよび,ガス流通開閉用の電磁
弁をご用意いただければ,設定された簡易ゼロ校正のタ
イミングで、ゼロ校正用電磁弁駆動用接点を ON/OFF し,
周期的にゼロ校正を行います。
簡易ゼロ校正周期設定: ゼロ校正を実施する周期を設
定します。
1 ∼ 99 時間(1 時間単位)
または 1 ∼ 40 日(1 日単位)
ガス流通時間設定 : ゼロ校正を実施する周期を設
定します。
60 ∼ 900 秒(1 秒単位)
・上下限警報
あらかじめ設定した警報上下限値により警報接点信号を
出力します。
各 Ch の値に対して警報上限値を超えた時または警報下限
値を下回ったとき,接点が閉となります。
・計器異常接点出力:
分析計エラー No.1,3,10 発生時に接点閉
・校正異常接点出力:
手動および自動校正異常時(エラー No.4 ∼
9 発生時)に接点閉
・自動校正中接点出力:
自動校正中に接点が閉となります。
・ポンプ ON/OFF 用接点出力:
測定中に接点閉,自動及び手動校正中に接点
開(校正中にポンプを止めるように動作する)
・平均値リセット:
平均値リセット入力端子を 1.5 秒以上短絡後
開放することにより,上記換算平均値出力を
初期状態からスタートさせます。
短絡でリセット,開放で再スタート。
・自動校正連動機能:
本品を 2 台並べて設置する場合,2 台目へ自
動校正同期信号を出力します。
自動校正中接点出力: 自動校正中に接点が
となります。
自動校正終了接点出力:自動校正の最終ガス
流通後,接点が約 1.5
秒閉となります。
3. オプション機能
・ O2 換算演算
NO,SO2,CO,測定ガス濃度を基準 O2 濃度で換算演算
します。
換算式 :
C=
21 − On
× Cs
21 − Os
C: 換算濃度
Cs: 測定対象ガスの測定濃度値
Os:O2 測定濃度値(リミット設定 1 ∼ 20% O2)
On: 換算基準 O2 濃度(値は設定で可変 0 ∼ 19% O2)
̶ 77 ̶
・ O2 換算平均値演算
O2 換算結果を,設定時間の平均値として出力が可能
30 秒ごとのサンプリングでの移動平均値
(出力は 30 秒ごとに更新)
平均時間は設定で可変 1 ∼ 59 分(1 分単位)または 1
∼ 4 時間(1 時間単位)
・通信機能:
RS-232C(9 ピン D-sub 出力)
半二重ビットシリアル、調歩同期式
ModbusTM プロトコル
・校正用標準ガス:
ゼロガス :ドライ N2
スパンガス:各測定対象成分のレンジに対し
て 90%∼ 100%の濃度(推奨)
100% FS を超える濃度は使用
できません。
但し,外部にジルコニア式 O2 計を設置し同
じ校正ガスラインで校正する場合は,
ゼロガス :ドライ Air または大気(CO2 計
がある場合は不可)
スパンガス : O2 計以外
通信内容: 各種設定値の読み書き,測定濃度値,機器ス
テータスの出力
備 考: RS-485 経 由 で 接 続 す る 場 合 は RS232C ←→ RS-485 変換器を使用してください。
各測定対象成分のガスで
レ ン ジ に 対 し て 90% ∼
100% の濃度
O2 計 1 ∼ 2vol%O2 ガス
4. 適合規格
・製 品 安 全: EN61010-1:2001,EN62311:2008
・ E M C : EN61326-1:2006
E N61326-2-3:2006,E N61000-3-2:2006,
A1:2009,A2:2009,EN61000-3-3:2008
* EMC 規格は,鋼板製のロッカー内取付に
て満足します。
5. 性能
7. 設置条件
・屋内で使用してください。
(直射日光,風雨,高温物質か
らの輻射熱が当たらない場所。これらの影響が避けられ
ない場合には,直射日光,輻射熱の影響を防ぐために屋
根あるいはカバーをご用意ください。)
・振動がある場所はさけてください。
・雰囲気の清浄な場所を選んでください。
ZRG ⇔ ZKJ7 相違表
・繰り返し性:± 0.5%FS
・直 線 性:± 1%FS
・ゼロドリフト:± 1%FS/ 週
(100ppm 以上 200ppm 未満は± 2% FS/ 週)
・スパンドリフト:± 2%FS/ 週
・応答時間(90%FS 応答)
:電気応答 15 秒
試料ガスの置換時間を含め最大 60 秒以内
(ガ
ス流量 0.5L/min 時)
(ガス置換時間は,成分数レンジにより異な
ります。)
6. 標準測定ガス条件
・流 量: 0.5L/min ± 0.2L/min
・温 度: 0 ∼ 50℃
・圧 力: 10kPa 以下(ガス出口側は大気圧開放のこと)
・ダ ス ト: 1μm 以下の粒度で 100μg/Nm3 以下
・ミ ス ト: なきこと
・水 分: 2℃飽和以下(結露なきこと)
・腐食性成分: 1ppm 以下
̶ 78 ̶
接点入力
ZRG
ZKJ7
DC5V
無電圧接点
ジルコニア酸素計 ZFK3,4
ZFK7
平均値
ホールド中も演算 ホールド中は中止
校正異常接点
自動校正中の異常 校正中(自動・手動)
の異常
9. 2 形式指定
基本形式:ZKJ 7 □□□ 4 − Y □□□□−□ YYYY □□−□□□
仕 様
桁
注
4 <特定顧客仕様>
ZRG形リプレース代替品
5 <測定成分(NO, SO2, CO2, CO, CH4)>
第1成分
第2成分
NO
SO2
CO2
CO
CH4
NO
SO2
CO2
CO
その他
注1
6 <測定成分(O2)>
無し
外部ジルコニアO2検出器(形式:ZFK7)
外部酸素計
外部表示無し(外部からO2換算用信号を入力) 注2, 9
7 <ガス出入口>
Rc1/4(パージ入口有り)
テフロンφ6(パージ入口無し)
8 <改良記号>
9 −
10 <表示>
日本語
英語
注3
11 <測定レンジ>第1成分第1レンジ
0-100ppm
0-200ppm
0-250ppm
0-500ppm
0-1000ppm
0-2000ppm
0-5000ppm
0-1%
0-2%
0-5%
0-10%
0-20%
0-50%
0-100%
その他
注3
12 <測定レンジ>第1成分第2レンジ
なし
0-200ppm
0-250ppm
0-500ppm
0-1000ppm
0-2000ppm
0-5000ppm
0-1%
0-2%
0-5%
0-10%
0-20%
0-50%
0-100%
その他
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
ZKJ 7
Y
4
YYYY
7
P
A
D
B
E
F
G
Z
Y
A
B
D
1
4
4
Y
J
E
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
Z
Y
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
Z
̶ 79 ̶
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23
桁数
仕 様
桁
13 <測定レンジ>第2成分第1レンジ
なし
0-100ppm
0-200ppm
0-250ppm
0-500ppm
0-1000ppm
0-2000ppm
0-5000ppm
0-1%
0-2%
0-5%
0-10%
0-20%
0-50%
0-100%
その他
14 <測定レンジ>第2成分第2レンジ
なし
0-200ppm
0-250ppm
0-500ppm
0-1000ppm
0-2000ppm
0-5000ppm
0-1%
0-2%
0-5%
0-10%
0-20%
0-50%
0-100%
その他
15 −
16
17 −
18
19 <O2計レンジ範囲>
20 最小レンジ
最大レンジ
なし
なし
0-10%
0-25%
0-25%
なし
その他
21 <出力>
DC4∼20mA
DC0∼1V
DC4∼20mA+通信機能
DC0∼1V+通信機能
22 <酸素換算>
無し
酸素換算出力付き
23 <調整>
燃焼排ガス向け・単位ppm
その他
注
注3
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
ZKJ 7
YJ
4
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23
桁数
YYYY
Y
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
Z
注3
Y
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
Z
YY
YY
注4
YY
MV
VY
ZZ
注5, 9
A
B
C
D
注6
注7
Y
A
B
Z
注8
注 1)6 桁目 B を指定の場合,O2 計からの信号はフルスケールに対して 0-1V DC リニアで入力してください。
外部ジルコニア O2 検出器及び外部酸素計は本手配には含まれません。
注 2)2 台併設して使用する場合の 2 台目の指定は測定値対応表を参照ください。(注 9 もあわせて参照ください)
注 3)測定成分及び測定成分の組み合わせにより選択可能なレンジは,別表を参照ください。
注 4)6 桁目 Y,D を指定した場合は,YY のみの指定となります。
注 5)2 台併設して使用する場合は,VY のみの指定となります。
(注 9 もあわせて参照ください)
注 6)酸素換算は,NO,SO2,CO の測定値のみに対して演算を行います。同時に酸素換算平均値を出力します。
注 7)6 桁目 Y を指定した場合は,Y のみの指定となります。
注 8)23 桁目で Z を指定した場合は,測定ガス中に含まれるガス組成表を添付してください。
̶ 80 ̶
注 9)外部 O2 計使用及び 2 台併設の場合の注意事項
・ZKJ7 の 2 台併設使用時における外部 O2 計の接続は,下図の右側に示す接続とする必要があります。
(換算値・換算平均値ありの場合)
この際本接続における「2 台目」側では,O2 表示を行うことはできません。(計量法上の制限)
端子の接続は「接続方法・アナログ出力成分」を参照ください。
【ZRG による構成】
【ZKJ7による構成】
ZAG
ZKG1,2
ZKG1,2
ZFK7
ZFK3,4
ZRG
(1 台目)
ZRG
(2 台目)
リプレース
ZKJ7
(1 台目)
ZKJ7
(2 台目)
※1 台目:O2 信号を直接接続し,O2 表示させる分析計
2 台目:1 台目からの O2 瞬時値信号を接続し、O2 表示させない分析計
・O2 レンジは 0-25% 固定になります。
・本接続における「2 台目」の成分は必ず NO 計,SO2 計,NO/SO2 計のいずれかになります。
詳細は「測定値対応表」・「形式指定」を参照
・ZRG のリプレースにおいては,2 台同時に交換する必要があります。
̶ 81 ̶
9. 3 測定成分・測定レンジ −製作可否対応表−
(*)レンジコードは,設定可能な最大レンジ比の組合せです。
(1)1 成分計(NO,SO2,CO2,CO,CH4)
第 2 レンジ
第 1 レンジ
B 0 ∼ 100ppm
C 0 ∼ 200ppm
D 0 ∼ 250ppm
E 0 ∼ 500ppm
F 0 ∼ 1000ppm
G 0 ∼ 2000ppm
H 0 ∼ 5000ppm
J 0 ∼ 1%
K 0 ∼ 2%
L 0 ∼ 5%
M 0 ∼ 10%
N 0 ∼ 20%
P 0 ∼ 50%
R 0 ∼ 100%
C
0∼
200ppm
☆□◎○
(2)2 成分計(NO/SO2)
SO2
NO
B
C
D
E
F
G
B
0∼
100ppm
0 ∼ 100ppm
○
0 ∼ 200ppm
○
0 ∼ 250ppm
○
0 ∼ 500ppm
○
0 ∼ 1000ppm
○
0 ∼ 2000ppm
○
D
E
0∼
250ppm
☆□◎○
☆□◎○△
0∼
500ppm
☆□◎○
☆□◎○△
☆□◎○△
☆:NO 測定可能範囲 □:SO2 測定可能範囲 ◎:CO2 測定可能範囲 ○:CO 測定可能範囲 △:CH4 測定可能範囲
F
0∼
1000ppm
☆□◎○
☆□◎○△
☆□◎○△
☆□◎○△
G
0∼
2000ppm
☆□◎○
☆□◎○△
☆□◎○△
☆□◎○△
☆□◎○△
H
0∼
5000ppm
J
K
L
M
N
P
R
0 ∼ 1%
0 ∼ 2%
0 ∼ 5%
0 ∼ 10%
0 ∼ 20%
0 ∼ 50%
0 ∼ 100%
☆□◎○△
☆□◎○△
☆□◎○△ □◎○△
☆□◎○△ □◎○△ □◎○△
☆□◎○△ □◎○△ □◎○△ □◎○△
□◎○△ □◎○△ □◎○△ □◎○△
□◎○△ □◎○△ □◎○△ ◎○△
□◎○△ □◎○△ ◎○△ ◎○△
□◎○△ ◎○△ ◎○△ ◎○△
◎○△ ◎○△ ◎○△
◎○△ ◎○△
◎○△
○:2 成分測定可能範囲(第 1 レンジ)
C
0∼
200ppm
○
○
○
○
○
○
D
0∼
250ppm
○
○
○
○
○
○
E
0∼
500ppm
○
○
○
○
○
○
F
0∼
1000ppm
○
○
○
○
○
○
G
0∼
2000ppm
○
○
○
○
○
○
H
0∼
5000ppm
○
○
○
○
○
○
※第 2 レンジは NO(0-2000ppm),SO2(0-5000ppm)を最大とし,第 1 レンジの 25 倍までの範囲で選択可能。
(3)2 成分計(CO2/CO)
CO
CO2
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
B
0∼
100ppm
0 ∼ 100ppm
①
0 ∼ 200ppm
①
0 ∼ 250ppm
①
0 ∼ 500ppm
①
0 ∼ 1000ppm
①
0 ∼ 2000ppm
①
0 ∼ 5000ppm
①
0 ∼ 1%
0 ∼ 2%
0 ∼ 5%
0 ∼ 10%
②
0 ∼ 20%
②
0 ∼ 50%
0 ∼ 100%
①∼⑤:2 成分測定可能範囲(第 1 レンジ)
C
0∼
200ppm
①
①
①
①
①
①
①
②
②
D
0∼
250ppm
①
①
①
①
①
①
①
②
②
E
0∼
500ppm
①
①
①
①
①
①
①
②
②
F
G
H
0∼
0∼
0∼
1000ppm 2000ppm 5000ppm
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
②
②
②
②
②
②
※第 2 レンジは下記を最大測定可能範囲とし,第 1 レンジの 25 倍までの範囲で選択可能
②:CO(0-5000ppm),CO2(0-20%)
①:CO(0-5000ppm)
,CO2(0-5000ppm)
③:CO(0-50%),CO2(0-20%)
④:25 倍までの範囲で選択可能
̶ 82 ̶
J
K
L
M
N
P
0 ∼ 1%
0 ∼ 2%
0 ∼ 5%
0 ∼ 10%
0 ∼ 20%
0 ∼ 50%
③
③
③
③
③
④
④
④
③
④
④
④
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤
⑤:CO(0-100%)
,CO2(0-100%)
R
0∼
100%
⑤
⑤
⑤
⑤
9. 4 外形図
<分析計本体>
<上面図>
試料ガス入口
RC1/4またはφ6
INLET1
(ZRG形と同じです)
OUTLET1
813
PURGE
取付寸法
試料ガス出口
RC1/4またはφ6
パージガス入口
RC1/4
通信用コネクタ
AUTO CAL
OPTION2
OPTION1
A/O
140
OPTION2端子
AUTO CAL端子
A/O端子
本体取付けねじはM10を
ご使用ください。
OPTION1端子
<側面図>
11.5
(12)
<正面図>
φ12
3 - φ12穴
ZKJ
GAS ANALYZER
操作パネル
POWER
MODE ZERO SPAN
ENTER
(597.1)
ESC
835
813
(787)
電源
(M4ねじ)
E
電源
AC100V∼AC240V
50/60Hz
電源端子
ON
F
電源スイッチ
U SE
PE
FUSE
250V T 3.15A
N
L
AC
V
POWER SOURCE
ヒューズ
3.2
12
140
43.2
218
202.2
̶ 83 ̶
★ マ ニ ュ ア ル コ メ ン ト 用 紙 ★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございまし
たら,この用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マニュアルNo.
INZ−TN4ZKJ7a
マニュアル名称
非分散形赤外線ガス分析計
取扱説明書
ご 提 出 日 年 月 日
社名
ご提出者 所属
氏名
形式:ZKJ7
ページ
行
内 容
意見,要望,内容不明確‥‥‥‥‥いずれかに○印
出版元記入欄 担当
受付
年 月 日 受付番号
本社 〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
http://www.fujielectric.co.jp
計測機器の技術相談窓口
(042)584-1506
FAX(042)584-1513
受付時間 AM9:00∼12:00 PM1:00∼5:00
[月∼金曜日(祝日を除く)、FAXでの受信は常時行っています]
計測機器のホームページ http://www.fujielectric.co.jp/products/instruments/
営業拠点
関東地区 TEL
(03)
5435-7041
中部地区 TEL
(052)
746-1014
関西地区 TEL
(06)
6455-6790
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement