廃車時の i-MiEV 駆動用 バッ テ リーの 取外し方法

廃車時の i-MiEV 駆動用 バッ テ リーの 取外し方法
1
自動車 リ サ イ ク ル関係事業者向け内容
廃 車 時 の i-MiEV 駆 動 用
バ ッ テ リ ーの
取外 し 方法
目 次
はじめに . . . . . . . . . .
-2
i - Mi EV 駆動用バッテリーの取外し方 法
. . . . . . . . . . . . . .
-3
2
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
1. はじ めに
.
1. は じ め に
M1008100100011
• こ の マ ニ ュ ア ル は三 菱 自 動 車 工 業 株 式 会 社 i - M i EV が廃車 に な っ た 際 の 「i-Mi EV 駆動用 バ ッ テ リ ー」 の取外 し 方法
マ ニ ュ ア ル です。
• 駆動 用 バ ッ テ リ ー の リ サ イ ク ル ・ 回 収 方 法 につ い て は、 別 フ ァ イ ル 「i - M iE V 駆動用 バ ッ テ リ ー リ サ イ ク ル ・ 回収 マ
ニ ュ ア ル」 の該 当 す る 項 目 を ご 覧 く だ さ い。
• 廃車 で な い場 合駆 動 バ ッ テ リ ー の取 外 し ・ 取付 け に関 し て は、 整備解説書 を 参照願 い ま す。 (本書 を 使用 し て の修理
作業 は保 証 対 象外 に な り ま す 。)
車 体 か ら i - M i E V 駆 動 用バ ッ テ リ ー を 取 外 す 際 の 注意 点
1. i - Mi EV に は、 高 電 圧 (330 V) 回 路 を 有 し て い る た め、 取扱 い を 誤 る と 漏電、 感電 な ど の原因 につ な が り ま す。 ま
た、 電 気 自 動 車 の高 電 圧 回 路 に関 わ る 点 検 ・ 整備 を 行 う 作業者 に は、 低圧電気取扱 い の特別安全教育 の受講 が義務
付 け ら れ て い ま す。
2. i - Mi EV に は、 通 常 の鉛 電 池 1 2V ( 補 機 用 バ ッ テ リ ー ) と 専用 の高電圧電池 330V ( 駆動用 バ ッ テ リ ー ) の 2 種類 の
バ ッ テ リ ー ユ ニ ッ ト が搭 載 さ れ て い ま す 。 使用済み と な っ た i - M i EV を 解体す る 場合 に は、 こ の 2 種類 の バ ッ テ
リ ー ユ ニ ッ ト を 取 外 し て く だ さ い。 通 常 の鉛 電池 の取扱 い は、 通常 の自動車用鉛電池 と 同様 に取外 し 、 処理 を し て
く だ さ い。
3. i -M iE V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 取 外 す 際 の重 機 に よ る 解体 の禁止
使用 済 み と な っ た車 の駆 動 用 バ ッ テ リ ー は基本的 に充電状態 に あ り 、 バ ッ テ リ ー ユ ニ ッ ト 本体 が破損 し た場合、 ス
パー ク や 発 火 、 液 漏 れ事 故 の原 因 と な る た め、 ニ ブ ラ ー ( 自動車解体機 ) や重機 な ど 、 駆動用 バ ッ テ リ ー本体 を 破
損 さ せ る 恐 れ の あ る 方 法 で取 り 出 す こ と は絶対 に し な い で く だ さ い。
4. i -M iE V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の引 き 取 り を お 断 り す る 場合
当 マ ニ ュ ア ル に従 わず 、 意図的 に駆動用 バ ッ テ リ ー を 分解 し た も の、 あ る い は重機等 を 使用 し て取外 し た た め に破
損 し た も の な ど は、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の輸 送時 の安全性確保 に支障 を き たす恐 れ が あ る こ と か ら 、 引 き 取 り を お断
り す る 場 合 が あ り ま す の で、 あ ら か じ め ご 注意 く だ さ い。
三菱自 動 車 工 業 株 式 会 社 で は転 売 ・ 譲 渡 等 に よ る 専用車両以外へ の i - M iE V 駆動用 バ ッ テ リ ー使用 ( 改造等 を 含む ) に
よ る 事 故 ・ 損 害 等 につ い て は責 任 を 負 い かね ま す。
転売 ・ 譲 渡 等 の結 果 、 事 故 防 止 を 目 的 と す る 使 用環境 の制限、 使用条件 の制限、 設置据付条件 の制限、 使用前準備 の制
限、 使 用 者 の制 限 、 予 測 さ れ る 誤 使 用 の禁 止 、 保守 ・ 点検、 異常時 の処置等 につ い て の告知 が さ れ な い こ と に よ り 事故
が起 こ っ た 場 合 、 転売 ・ 譲 渡 等 を さ れ た 解 体 業 者様 の製造物責任 が問 わ れ る 可能性 が あ り ま す の で、 絶対 に転売 ・ 譲渡
等 は行 わ な い で く だ さ い。
i - M i E V 駆 動 用バ ッ テ リ ー
廃車 か ら i-Mi E V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 取 外 す 際 、 お よ び取外 し た後、 絶対守 っ て い た だ き た い こ と 。
( 1 ) サー ビ ス プ ラ グ を 必 ず 引 き 抜 い て く だ さ い ( 詳細 は、 本 マ ニ ュ ア ル 「i - M i EV 駆動用 バ ッ テ リ ー の取外 し 方法」 の該
当す る 項目 を ご覧 く だ さ い )。
ま ず 最 初 に、 取 外 し 作 業 を 行 う 前 に、 必 ず サー ビ ス プ ラ グ を 引 き 抜 い て く だ さ い。
サー ビ ス プ ラ グ を 抜 かず に高 電 圧 部 位 の解 体 、 高電圧 の配線 ( オ レ ン ジ色 ) お よ び そ の コ ネ ク タ ー の取外 し 、 分解、
切断 な ど は生 命 に か か わ る よ う な重大 な傷害 を 引 き 起 こ す恐 れ が あ り 、 大変危険 です の で、 絶対 に行 わ な い で く だ
さ い。
( 2 ) 絶対 に転 売 ・ 譲渡 ・ 改 造 等 を し な い で く だ さ い。
廃 車 よ り 取 り 外 さ れ た i -M iE V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー は安全上 の事故防止 の た め、 株式会社 リ チ ウ ム エ ナ ジー ジ ャ パ ン
に よ り 速 や か に回 収 を 行 っ て い ま す の で、 回 収 に ご 協力 く だ さ い。
適 切 に回 収 さ れず に第 三 者 が i - M iE V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の高電圧部位 に触 れ た場合 に、 感電事故 な ど が発 生す る 恐
れ が あ り 大 変 危 険 です 。
適切 に回収 さ れず 、 事 故 が起 こ る 場 合 と し て、 次 の よ う な こ と が想定 さ れ ま す。
1) 適 切 に回 収 さ れず 、 不 法 投 棄 ま た は放 置 さ れ、 第三者 が高電圧部位 に触 れ て し ま い、 感電事故 が発生 す る 。
2) 用 途 ( 専 用 の i - M i EV 車 ) 以 外 で i - M i EV 駆動用 バ ッ テ リ ー を 使用 ( 改造等 を 含む ) し ま す と 、 感電事故、 発
熱 ・ 発煙 ・ 発 火 ・ 爆発事故等 が発 生 し 、 人体 に重大 な危害 を 加 え る 可能性 が あ り ま す。
特 に、 転 売 ・ 譲 渡 等 を 行 い ま す と 、 相 手 方 で こ れ ら の危険性 が認識 さ れず、 事故 につ な が り 易 く な り ま す。 車両 か ら
i-Mi E V 駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 取 外 し た後 は、 別 フ ァ イ ル 「i - M iE V 駆動用 バ ッ テ リ ー リ サ イ ク ル ・ 回収 マ ニ ュ ア ル」
を ご 一 読 の上 、 所定 の連 絡 先 へ お 電 話 し て頂 き 、 回収 に ご 協力 く だ さ い。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
3
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
M1008100200018
高 電 圧 車両 取 扱い の 注意 事 項
i -M iE V に は、 高 電 圧 (3 3 0 V ) 回 路 を 有 し て い る た め、 取 扱 い を 誤 る と 漏 電 、 感 電 な ど の原 因 につ な が る 。 ま た 、 電
気 自 動 車 の高 電 圧 回 路 に関 わ る 点 検 ・ 整 備 を 行 う 作 業 者 に は、 低 圧 電 気 取 扱 い の特 別 安 全 教 育 の受 講 が義 務 付 け ら れ て
い る。
保 護 具 の点 検 ・ 試 験 、 記 録 簿の 保 管
保 護 具 、 防 護 具 等 は使 用 す る 前 に日 常 点 検 を 実 施 す る 。 さ ら に 6 ヶ 月 以 内 に耐 電 圧 試 験 を 行 い そ の性 能 を 検 査 し て常 に
安 全 に使 用 で き る 状 態 を 保 つ と と も に、 そ の試 験 結 果 を 3 年 間 保 存 す る こ と (労 働 安 全 衛 生 規 則 第 3 5 1 条 )。
保護具
保護具
番号
名称
用途
市販品
MB992640
a. MB992641
b. MB992642
c. MB992643
d. MB992644
エレ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ヘル メ ッ ト
( シー ル ド 付 )
a. ヘ ル メ ッ ト
サ スペ ン シ ョ ン
b. チ ン ス ト ラ ッ プ
c. バ イ ザ
d. ラ イ ナ
• 事 故 車 両 の取 扱 い の
際 、 剥 き 出 し の活 線
部 に接 触 の恐 れ が あ
る 場合
• そ の他 、 必 要 に応 じ
て感電 を 防止す る 場
合
DIC プ ラ ス チ ッ ク
株式会社
ABS シ リ ー ズ
( 電気用 )
型 番 : MPA-S
MB992645
エレ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ジャケッ ト
• 事 故 車 両 の取 扱 い の
際 、 剥 き 出 し の活 線
部 に接 触 の恐 れ が あ
る 場合
• そ の他 、 必 要 に応 じ
て感電 を 防止す る 場
合
ヨ ツ ギ株式会社
絶縁上衣
( ジ ャ ン パー型 )
型 番 : YS-121-3- 1
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
4
保護具
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
番号
名称
MB992646
a. MB992669
b. MB992670
エレ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ト ラ ウ ザー ズ
a. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ト ラ ウ ザー ズ
バッ クル
b. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ト ラ ウ ザー ズ
アジャ ス タ
• 事 故 車 両 の取 扱 い の
際 、 剥 き 出 し の活 線
部 に接 触 の恐 れ が あ
る 場合
• そ の他 、 必 要 に応 じ
て感電 を 防止す る 場
合
ヨ ツ ギ株式会社
絶縁 ズ ボ ン
型 番 : YS-122-1
a. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
グ ロ ー ブ (LL)
b. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
グ ロ ー ブ (L)
c. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
グ ロ ー ブ (M)
d. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
グ ロ ー ブ (S)
• サー ビ ス プ ラ グ の取
外 し 作業
• 不 具 合 時 の活 線 部 で
の作 業
• 事 故 車 両 の取 扱 い の
際 、 剥 き 出 し の活 線
部 に接 触 の恐 れ が あ
る 場合
• そ の他 、 必 要 に応 じ
て感電 を 防止す る 場
合
ヨ ツ ギ株式会社
低圧用 ゴ ム手袋
型 番 : YS-102
• 事 故 車 両 の取 扱 い の
際 、 剥 き 出 し の活 線
部 に接 触 の恐 れ が あ
る 場合
• そ の他 、 必 要 に応 じ
て感電 を 防止す る 場
合
ヨ ツ ギ株式会社
絶縁樹脂長靴
型 番 : YS-111-5
a.
b.
c.
d.
a.
b.
c.
d.
e.
f.
g.
h.
MB992647
MB992648
MB992649
MB992650
MB992651
MB992652
MB992653
MB992654
MB992655
MB992656
MB992657
MB992658
a. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 4 . 0)
b. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 4 . 5)
c. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 5 . 0)
d. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 5 . 5)
e. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 6 . 0)
f. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 6 . 5)
g. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 7 . 0)
h. エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ
ブー ツ ( 2 8 . 0)
用途
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
ョン
市販品
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
5
高 電 圧 系構 成 部品
高 電 圧 系 の構 成 部 品 に は以 下 の も の が あ る 。 ま た 、 高 電 圧 回 路 の ハー ネ ス 、 コ ネ ク タ ー は オ レ ン ジ色 で統 一 し て い る 。
• 駆動用 バ ッ テ リ ー
• イ ン バー タ ー
• 車 載 充 電 器 & DC/DC コ ン バー タ ー
• モー タ ー ( パ ワ ー ユ ニ ッ ト )
• ヒ ー ター
• A / C コ ン プ レ ッ サー
• サー ビ ス プ ラ グ
• ハー ネ ス 、 コ ネ ク タ ー
駆 動 用 バッ テ リ ー の 良否 判 定要 領
点検手順
車両下 面 に あ る ア ン ダー カ バー を 取外 し 、 下記点検 を 行
い異 常 が あ っ た 場 合 は、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー が破 損 し て い
る た め、 回 収 依 頼 時 ( リ サ イ ク ル ・ 回 収 編 P 4( 2 ) ② ) の
コ ー ル セ ン タ ー へ そ の旨 を お 伝 え 願 い ま す 。
1 . バ ッ テ リ ー ト レ ー 及 び 井 桁 フ レ ー ム ( ク ロ ス メ ン バー
及び バ ッ テ リ ー ト レ ー ブ ラ ケ ッ ト ) 割 れ ・ 傷点検
2 . 井 桁 フ レ ー ム ( ク ロ ス メ ン バー ) と ボデ ー 締 結 時 の相
対変形量計測
3. 井桁 フ レ ー ム ( バ ッ テ リ ー ト レ イ ブ ラ ケ ッ ト ) と バ ッ
テ リ ー ト レ ー の相 対 変 形 量 計 測
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
6
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
井 桁 フ レ ー ム ( ク ロ ス メ ン バ ー ) と メ イ ン ボ デ ー 締 結 時の 相 対変 形 量計 測 要領
ト ラ ッ キ ン グ ゲー ジ 、 コ ン ベ ッ ク ス 等 を 使 用 し 計 測 す る 。 な お 、 記 載 数 値 は参 考 数 値 で あ る 。
番号
測定基準点
1
バ ッ テ リ ー ト レ ー ク ロ ス ブ ラ ケ ッ ト フ ロ ン ト ASSY 先 端 コ ー ナー 部 ( 左 側 )
2
バ ッ テ リ ー ト レ ー ク ロ ス ブ ラ ケ ッ ト フ ロ ン ト ASSY 先 端 コ ー ナー 部 ( 右 側 )
3
バ ッ テ リ ー ト レ ー (A ) ク ロ ス メ ン バー A SSY 先 端 コ ー ナー 部
4
バ ッ テ リ ー ト レ ー (B) ク ロ ス メ ン バー AS SY 先 端 コ ー ナー 部
5
バ ッ テ リ ー ト レ ー (C) ク ロ ス メ ン バー AS SY 先 端 コ ー ナー 部
6
バ ッ テ リ ー ト レ ー (D ) ク ロ ス メ ン バー A SSY 先 端 コ ー ナー 部
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
井 桁 フ レ ー ム ( バッ テ リ ー ト レ イ ブ ラ ケ ッ ト ) と バ ッ テ リ ー ト レ イ の相 対 変形 量 計測 要 領
シ ッ ク ネ ス ゲー ジ を 使用 し バ ッ テ リ ー ト レ イ と バ ッ テ リ ー ト レ イ ブ ラ ケ ッ ト 間 の ク リ ア ラ ン ス を 計測す る 。
標準値 : 3.9mm 以下
7
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
8
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
サ ー ビ ス プ ラ グ の 取 外し 手 順
サ ー ビ ス プ ラ グ取 外 し 手 順 チ ェ ッ ク シ ー ト
チ ェ ッ ク欄
手順
内容
注意事項
1
駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 放 電 状 態 にす る 。
−
2
エ ア コ ン の停 止 に よ り 、 駆 動 用 バ ッ テ
リ ー の放 電 完 了 を 確 認 し た後 、 パ ワ ー
ス イ ッ チ を LOCK (OFF) 位 置 にす
る。
−
3
補機用 バ ッ テ リ ー の マ イ ナ ス 端子 を切
離す。
警 告
• パ ワ ー ユ ニ ッ ト 構 成 部 品 の故 障 の原 因 と な
る た め、 パ ワ ー ス イ ッ チ L O C K ( O F F)
後 1 分 間 は補 機 用 バ ッ テ リ ー の マ イ ナ ス
端子 を切離 さ な い こ と 。
• イ ン バー タ ー 内 の平 滑 コ ン デ ン サー の電 圧
を 十 分 に下 げ る 必 要 が あ る た め、 補 機 用
バ ッ テ リ ー の マ イ ナ ス 端子 を切離 し て か ら
5 分 間 は サー ビ ス プ ラ グ を 抜 か な い こ と 。
−
4
助手席 を最後端 ま で ス ラ イ ド さ せ、 助
手席下 カーペ ッ ト を捲 り 上 げ る 。
5
サー ビ ス リ ッ ド 取付 け ナ ッ ト を 取外 し 、 −
サー ビ ス リ ッ ド を 取 外 す 。
6
サー ビ ス プ ラ グ の レ バー を 起 こ し て、
引 き上げ る。
7
サー ビ ス プ ラ グ を 取 外 す 。
危 険
• サー ビ ス プ ラ グ を 抜 く 際 は エ レ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レ ー シ ョ ン グ ロ ー ブ を着用す る こ
と。
• サー ビ ス プ ラ グ の レ バー 引 き 上 げ作 動 の途
中 は通 電 状 態 な の で、 中 途 半 端 な 引 き 上 げ
は危 険 。 サー ビ ス プ ラ グ の取 外 し は必 ず 一
挙 に行 う こ と 。
• サー ビ ス プ ラ グ 取 外 し 後 、 駆 動 用 バ ッ テ
リ ー 側 の プ ラ グ 装 着 部 の絶 縁 処 理 を 確 実 に
行 う こ と。
警 告
イ ン バー タ ー 内 の平 滑 コ ン デ ン サー の電 圧 を
十 分 に下 げ る 必 要 が あ る た め、 補 機 用 バ ッ テ
リ ー の マ イ ナ ス 端子 を切離 し て か ら 5 分間 は
サー ビ ス プ ラ グ を 抜 か な い こ と 。
8
駆動用 バ ッ テ リ ー下面 に あ る ワ ー ク
危 険
ホー ル リ ッ ド を取外 し 、 高電圧用 の
サー キ ッ ト テ ス タ に て点 検 を 実 施 す る 。 点 検 の際 は エ レ ク ト リ ッ ク イ ン シ ュ レ ー シ ョ
ン グ ロ ー ブ を着用す る こ と 。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
サ ー ビ ス プ ラ グの 取 外 し 手 順
1 . 下 記 の手 順 で駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 放 電 状 態 にす る 。
( 1) 駐 車 ブ レ ー キ を 確 実 に か け、 セ レ ク タ ー レ バー を
P 位 置 にす る 。
( 2) パ ワ ー ス イ ッ チ を S TART 位 置 に し て、
READY ( 走 行 可 能 ) 表 示 灯 を 点 灯 さ せ る 。
( 3) エ ア コ ン の温 度 調 整 ダ イ ヤ ル を H 位 置 にす る 。
( 4) エ ア コ ン の風 量 調 整 ダ イ ヤ ル を OF F 以 外 の位
置 にす る 。
( 5) エ ア コ ン の M AX ス イ ッ チ を 押 し て、 エ ア コ ン を
作動 ( 急速暖房 ) さ せ る 。
( 6) エ ア コ ン が停 止 す る ま で車 両 を 放 置 す る 。
2 . エ ア コ ン の停 止 に よ り 、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の放 電 完 了
を 確認 し た 後、 パ ワ ー ス イ ッ チ を LOCK (O FF) 位
置 にす る 。
9
危 険
• サー ビ ス プ ラ グ を 抜 く 際 は エ レ ク ト リ ッ ク イ ン
シ ュ レ ー シ ョ ン グ ロ ー ブ を着用す る こ と 。
• サー ビ ス プ ラ グ の レ バー 引 き 上 げ作 動 の途 中 は
通 電 状 態 な の で、 中 途 半 端 な 引 き 上 げ は危 険 。
サー ビ ス プ ラ グ の取 外 し は必 ず 一 挙 に行 う こ と 。
警 告
イ ン バー タ ー 内 の平 滑 コ ン デ ン サー の電 圧 を 十 分 に
下 げ る 必 要 が あ る た め、 補 機 用 バ ッ テ リ ー の マ イ ナ
ス 端 子 を 切 離 し て か ら 5 分 間 は サー ビ ス プ ラ グ を 抜
かない こ と。
警 告
パ ワ ー ユ ニ ッ ト 構 成 部 品 の故 障 の原 因 と な る た め、
パ ワ ー ス イ ッ チ L O C K ( O FF ) 後 1 分 間 は補 機 用
バ ッ テ リ ー の マ イ ナ ス 端子 を切離 さ な い こ と 。
3. 補機用 バ ッ テ リ ー の マ イ ナ ス 端子 を切離す。
4. 助手席 を最後端 ま で ス ラ イ ド さ せ、 助手席下 カーペ ッ
ト を捲 り 上げ る。
6 . サー ビ ス プ ラ グ の レ バー を 起 こ し て、 引 き 上 げ る 。
5 . サー ビ ス リ ッ ド 取付 け ナ ッ ト を 取外 し 、 サー ビ ス リ ッ
ド を取外す。
危 険
サー ビ ス プ ラ グ 取 外 し 後 、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー 側 の プ
ラ グ 装 着 部 の絶 縁 処 理 を 確 実 に行 う こ と 。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
10
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
7 . サー ビ ス プ ラ グ を 取 外 す 。
危 険
点 検 の際 は エ レ ク ト リ ッ ク イ ン シ ュ レ ー シ ョ ン グ
ロ ー ブ を 着 用 す る こ と 。 点 検 を 行 っ て も 高 電 圧 が遮
断 で き な い場 合 は、 「高 電 圧 が遮 断 で き な い と き の
処置方法」 を参照す る こ と 。
8. 駆動用 バ ッ テ リ ー下面 に あ る ワ ー ク ホー ル リ ッ ド を取
外 し 、 高電圧用 の サー キ ッ ト テ ス タ に て図 の通 り 点 検
を実施す る 。
正常時電圧 : 約 0 V
高電圧が遮断 で き な い と きの処置方法
特殊工具
工具
番号
名称
MB992337
エレ ク ト リ ッ ク
イ ン シ ュ レー シ ョ ン
ソケッ ト
用途
注 意
本 工 具 は工 具 落 下 な ど に よ る 機 器 側 の短 絡 を
防 止 す る た め の絶 縁 工 具 で あ り 、 機 器 側 と 作
業 者 間 を 絶 縁 す る も の で は な い。 本 工 具 を 使
用 の際 は必 ず エ レ ク ト リ ッ ク イ ン シ ュ レ ー
シ ョ ン グ ロ ー ブ を着用す る こ と 。
• 高 電 圧 遮 断 困 難 時 に駆 動 用 バ ッ テ リ ー
ケー ブ ル を脱着す る 場合
• そ の他 、 事 故 車 等 で機 器 側 の短 絡 が考 え
ら れ る 場合
特 殊 工 具 は、 次 の加 工 が施 さ れ た 9 . 5s q . ロ ン
グ ソ ケ ッ ト ( サ イ ズ : 10 mm) で も 代 用 可 能
• 本 体 を 2 重 被 覆 加 工 ( ポ リ エ チ レ ン 及び
E VA に よ る 絶 縁 コ ー テ ィ ン グ )
• ボ ル ト 取外 し 部 に マ グ ネ ッ ト を 装着
危 険
• 本 作 業 時 は必 ず エ レ ク ト リ ッ ク イ ン シ ュ レ ー
シ ョ ン グ ロ ー ブ を着用す る こ と 。
• 本 作 業 時 は必 ず エ レ ク ト リ ッ ク イ ン シ ュ レ ー
シ ョ ン ソ ケ ッ ト (MB992337) を使用す る こ と 。
高 電 圧 遮 断 手 順 を 行 っ た 後 で も 高 電 圧 が残 っ て い る 場 合 (
故 障 時 ) や 、 事 故 時 の損 傷 で高 電 圧 遮 断 作 業 自 体 が困 難 な
場 合 は、 以 下 の手 順 で安 全 確 保 を 行 う 。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
11
高 電 圧 系 コ ネ ク タ ー取 外 し 方 法
危 険
高 電 圧 系 の部 品 を 整 備 す る 際 は、 サー ビ ス プ ラ グ が
抜 け て い る か再 度 確 認 す る こ と 。
1. 駆動用 バ ッ テ リ ー下面 の リ ッ ド を取外 し 、 駆動用 バ ッ
テ リ ー ケー ブ ル を取外す。
2 . 1 の作業 が困難 な場合 は イ ン バー タ ー側 の駆動用 バ ッ
テ リ ー ケー ブ ル を取外す。
ロ ッ ク を ス ラ イ ド さ せ て ロ ッ ク を 解除 し 、 コ ネ ク タ ー を
取外す。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
12
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
駆 動 用 バッ テ リ ー の 取外 し 手順
危 険
本 マ ニ ュ ア ル に記 載 さ れ た 以 外 の駆 動 用 バ ッ テ リ ー の分 解 は行 わ な い こ と 。
<< A >>
<< B >>
1.
2.
3.
4.
5.
6.
取外 し 手順
ゴ ム ブ ー ツの接続
ワ ー ク ホ ール リ ッ ド
O リ ング
駆動用バ ッ テ リ ー ケ ー ブル
の接続
O リ ング
グ ラ ン ド ケ ー ブルの接続
ゴ ム ブー ツ の引 っ 掛 か り 部 を 外 し て 、 車外 ( 車 両 下 方 ) へ
押 し 出す。
<< B >> 駆動用バ ッ テ リ ー ケ ー ブルの切離 し
取 外 し の要 点
<< A >> ゴ ム ブ ー ツの切離 し
1 . 内 索 取 付 け ボ ル ト (2 箇 所 ) を 取 外 す 。
2 . 外 索 取 付 け ボ ル ト (2 箇 所 ) を 取 外 す 。
3. 駆動用 バ ッ テ リ ー か ら ケー ブ ル を引抜 く 。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
<< C >>
7.
8.
9.
10.
11.
取外 し 手順
ワ ー ク ホ ール リ ッ ド
O リ ング
急速充電 ケ ー ブルの接続
O リ ング
コ ネ ク タ ーの 接 続
取外し の要点
<< C >> 急速充電 ケ ー ブルの切離 し
1 . 内 索 取 付 け ボ ル ト (2 箇 所 ) を 取 外 す 。
2 . 外 索 取 付 け ボ ル ト (2 箇 所 ) を 取 外 す 。
3. 駆動用 バ ッ テ リ ー か ら ケー ブ ル を引抜 く 。
13
14
<< D >>
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バッ テ リ ーの取外し 方法
取外 し 手順
12. フ ロ ア フ レ ー ム プ レ ー ト
13. 駆動用バ ッ テ リ ー ASSY
取 外 し の要 点
<< D >> 駆動用バ ッ テ リ ー ASSY の取外 し
1 . 駆 動 用 バ ッ テ リ ー 内 部 に水 、 異 物 等 が入 ら な い よ う
に、 取 外 し た ワ ー ク ホ ー ル リ ッ ド 及 び O リ ン グ を 、 駆
動 用 バ ッ テ リ ー に取 付 け てお く 。
2 . 次 の特 殊 工 具 と 角 材 2 本 (1 0 0 × 100 × 1500 mm) を 使
用す る 。
( 1) 特 殊 工 具 EV バ ッ テ リ ー カ ー ト (MB992336) の ハ
ン ド ル を 取外 し 、 角材 を セ ッ ト す る 。
( 2) 上 記 特 殊 工 具 ( M B 99 2 3 3 6 ) を 使用 し て、 リ フ ト で
車 両 を 下 降 さ せ た と き 、 リ フ ト の下 降 止 め ロ ッ ク
が掛 か ら な い場 合 は、 特 殊 工 具 EV バ ッ テ リ ー リ
フ テ ィ ン グ カ ー ト ( M B 9 92 6 5 9 ) を 替 わ り に使 用 す
る。
備 考 : E V バ ッ テ リ ー リ フ テ ィ ン グ カ ー ト の詳 し い
使 用 方 法 は、 付 属 の 「取 扱 説 明 書 」 を 参 照 す る 。
3 . 駆 動 用 バ ッ テ リ ー 車 載 状 態 で、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー 前 側
2 箇 所 と 後 側 2 箇 所 の取 付 け ボ ル ト を 取 外 す 。
4 . 残 り の取付 け ボ ル ト (6 箇 所 ) を 緩 め てお く 。
5 . 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の下 面 が角 材 に当 た る 直 前 ま で、 リ
フ ト で車両 を 下降 さ せ る 。
6 . 駆動用 バ ッ テ リ ー取付 け ボ ル ト を 全 て取外す。
廃車時の i-MiEV 駆動用 バ ッ テ リ ーの 取外 し 方法
2. i-MiEV 駆動用バ ッ テ リ ーの取外 し 方法
注 意
ハー ネ ス 類 の挟 み 込 み 、 引 っ 掛 か り 等 に よ る 破 損 に注 意
する こ と。
15
( 1) E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト (M B 99 2 3 4 5 ) の中
心 と 、 中心 か ら 左右 に 275 mm の位 置 を マー キ ン
グす る 。
備 考 : マー キ ン グ は、 E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル
ト と ア イ ボ ル ト の位 置 合 わせ の た め に行 う 。
7 . リ フ ト で車 両 を 上 昇 さ せ て、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー を 取 外
す。
危 険
• 駆 動 用 バ ッ テ リ ー は水 に濡 れ な い場 所 で保 管 す
る こ と。
• 駆 動 用 バ ッ テ リ ー は火 に近 づ け た り 、 6 0 °C 以 上
( 2) ア イ ボ ル ト ( M B 99 2 3 4 4 ) 、 ワ ッ シ ャ ー
(MF450156) 及 び ナ ッ ト (MU001480) を 駆 動 用
バ ッ テ リ ー の図 示 位 置 ( 左 右 2 箇 所 ず つ ) に取 付
け る。
に加 熱 し な い こ と 。
8 . 駆 動 用 バ ッ テ リ ー 内 部 に水 、 異 物 等 が入 ら な い よ う
に、 駆 動 用 バ ッ テ リ ー の送 風 口 周 辺 ( コ ン ピ ュ ー タ ー
ユ ニ ッ ト 部 ) を ビ ニー ル シー ト 等 で カ バーす る 。
9 . 取 外 し た 駆 動 用 バ ッ テ リ ー を ク レ ー ン 等 で移 動 さ せ る
場 合 は、 特 殊 工 具 E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ツ ー ル キ ッ
ト (MB992343) を 使用 し て次 の要領 で吊 り 上 げ る 。
• EV バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ツ ー ル キ ッ ト (MB992343)
• ア イ ボ ル ト ( M B 9 9 2 34 4 × 4)
• E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト ( M B 9 9 2 34 5 × 2)
• ワ ッ シ ャ ー (MF450156 × 8 )
• ヘ キ サ ゴ ン ナ ッ ト (MU001480 × 4 )
備 考 : E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト の詳 し い使 用 方
法 は、 付 属 の 「取 扱 説 明 書 」 を 参 照 す る 。
( 3) ア イ ボ ル ト に E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト を 通
し て、 E V バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト の マー キ ン グ
を ア イ ボ ル ト の位置 に合 わせ る 。
( 4) 2 本 の EV バ ッ テ リ ー ス リ ン グ ベ ル ト を 一纏 め に し
て、 ク レ ー ン 等 で駆動用 バ ッ テ リ ー を 吊 り 上 げ る 。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising