使用説明書 - ニコンイメージング

使用説明書 - ニコンイメージング
Jp
SB-910 と使用説明書について
A
お使いになる前に
このたびはニコン SB-910 をお買い上げくださいまして、誠にありがとうござい
ます。
お使いになる前に、この「使用説明書」をよくお読みになり、内容を充分に理
解してから正しくお使いください。お読みになった後は、お使いになる方がい
つでも見られるところに保管し、撮影を楽しむためにお役立てください。
知りたいことの探し方
i 目次 から
(0A-11)
操作方法、発光モード、撮影機能など、項目別に探せます。
i 目的別かんたん検索 から
(0A-9)
名称や用語が分からなくても、使いたいことや知りたいことから探せます。
i 索引 から
(0H-21)
英数字、五十音順の索引から探せます。
i 故障かな?と思ったら から
(0H-1)
動作がおかしいときや警告表示が出たときに役立ちます。
安全上のご注意
安全にスピードライトをお使いいただくために守っていただきたい内容が記載
されています。スピードライトをお使いになる前に必ずお読みください。詳し
くは 0A-14 ∼ A-18 をご覧ください。
A–2
付属品をご確認ください
A
q スピードライトスタンド AS-21
q バウンスアダプター SW-13H
q カラーフィルター SZ-2FL(蛍光灯用)
q カラーフィルター SZ-2TN(電球用)
q ソフトケース SS-910
スピードライト
スタンド AS-21
お使いになる前に
SB-910 と次の付属品がすべてそろっていることを確認してください。
万一、不足のものがありましたら、ご購入店にご連絡ください。
q 使用説明書(本書)
q 作例集
q 保証書
q 登録のご案内
ソフトケース SS-910
SB-910
カラーフィルター SZ-2FL
カラーフィルター SZ-2TN
バウンスアダプター
SW-13H
A–3
SB-910 と使用説明書について
A
SB-910 について
お使いになる前に
SB-910 は、ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)対応のカメラ
との組み合わせに最適化された、ガイドナンバー 34(ISO 100・m)/48(ISO
200・m)(照射角 35mm、FX フォーマット、スタンダード配光時、20℃)の
高性能スピードライトです。
CLS 対応カメラ
FXフォー マット/DXフォー マットの ニコンデジタル 一 眼レフカメラ
(D1シリー ズ、D100 を除く)、F6、ニコンデジタルカメラCOOLPIX
(P7100、P7000、P6000)
使用説明書について
この「使用説明書」は、SB-910 と CLS 対応カメラ、CPU レンズ(0 A-5)との
組み合わせを前提に説明しています。
ご使用の前に使用説明書をよくお読みになり、内容を充分に理解してから正し
くお使いください。
• CLS 非対応一眼レフカメラとの組み合わせについては 「CLS 非対応一眼レフカ
メラ使用時 」(0F-1)をご覧ください。
• i-T TL 対 応 ニ コ ン デ ジ タ ル カ メ ラ COOLPIX( P5100 、P5000 、E8800 、
E8400)との組み合わせについては 「 ニコン クールピクスとの組み合わせに
ついて 」(0G-1)をご覧ください。
• 別冊の「作例集」は SB-910 の機能を生かして撮影した作例写真とライティン
グについて説明しています。
• カメラの機能や設定については、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
本文中のマークについて
v
製品の故障や撮影の失敗を防ぐために注意していただきたいことを記
載しています。
t
製品を使用する際に知っておいていただきたいこと、便利な情報やヒ
ントを記載しています。
0
使用説明書上で関連情報が記載されているページです。
A–4
t CPU レンズの見分け方
A
CPU レンズには CPU 信号接点があります。
• IX ニッコールレンズとの組み合わせでは使用できま
せん。
使用説明書の取り扱いについて
• この使用説明書および作例集の一部または全部を無断で転載することは、固
くお断りいたします。
• 使用説明書の内容が破損などによって判読できなくなったときは、下記の
ホームページから使用説明書の PDF ファイルをダウンロードできます。 http://www.nikon-image.com/support/manual/
• ニコンサービス機関で新しい使用説明書を購入することもできます(有料)。
A–5
お使いになる前に
CPU 信号接点
SB-910 と使用説明書について
A
用語と表記について
お使いになる前に
■ 初期設定
ご購入時に設定されている機能やモードの設定状態です。
■ ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)
ニコンのスピードライトとカメラの先進的なデータ通信方式により、さまざま
なスピードライト撮影機能を可能にしたシステムです。
■ 配光タイプ
画面中央と周辺の光量差の制御タイプ。スタンダード配光、均質配光、中央部
重点配光の 3 タイプが選択できます。
■
FX/DX フォーマット(撮像範囲)
ニコンカメラの撮影画面サイズ。FX フォーマット(36×24) と DX フォーマット
(24×16)の 2 つがあります。
■ ガイドナンバー(GN)
スピードライトの発光量を示す値。GN =スピードライトから被写体までの距離
(m)× 絞り値(F)で表わします(ISO 100 の場合)。
■ 照射角
スピードライトの光が照射される角度です。
■ 調光距離
スピードライトの光で適正露出が得られる、スピードライトから被写体までの
距離です。
■ 調光範囲
調光距離の範囲です。
■ 調光補正
スピードライトの発光量を意図的に変えて、主要被写体の明るさを変えること
をいいます。
A–6
■
i-TTL 調光モード
モニター発光
被写体からの反射光を測光するために、本発光の直前に行われる極めて短時
間の発光です。通常、本発光と区別して目視することはできません。
バランス調光(i-TTL-BL 調光)
被写体と背景光のバランスを考慮して発光量を制御します。
スタンダード i-TTL 調光
背景光を考慮せず、主要被写体が基準露光量になるように発光量を制御します。
■ 絞り連動外部自動調光モード
スピードライトの発光による被写体からの反射光をスピードライトが測光し、
カメラからの情報を加えて発光量を制御します。
■ 外部自動調光モード
スピードライトの発光による被写体からの反射光をスピードライトが測光し、
発光量を制御します。
■ 距離優先マニュアル発光モード
スピードライトから被写体までの距離を設定すれば、カメラの設定に合わせて
適正な発光量をスピードライトが自動的に設定するマニュアル発光モードです。
■ マニュアル発光モード
撮影者が任意の発光量と絞り値の組み合わせで露出を設定できる発光モードです。
■ リピーティングフラッシュモード
シャッターが開いている間、スピードライトが連続発光して、1 コマの画面に被
写体の連続的な動きを写し込める発光モードです。
■ 1段
シャッタースピードや絞り値の変化量の単位。1 段変化すると、カメラが取り込
む光の量は 2 倍、または 1/2 になります。
A–7
A
お使いになる前に
モニター発光を行って被写体からの反射光をカメラが測光して、スピードライ
トの発光を制御します。
SB-910 と使用説明書について
A
■
EV(Exposure Value:露出値)
シャッタースピードや絞り値が 1 段変化すると、1EV 変化します。
お使いになる前に
■ ワイヤレス増灯撮影
ワイヤレスで複数のスピードライトを同時発光させる撮影です。
マスターフラッシュ(主灯)
増灯撮影時に、リモートフラッシュに指示を送るスピードライトです。
リモートフラッシュ(補助灯)
マスターフラッシュからの指示を受けて発光するスピードライトです。
アドバンストワイヤレスライティング撮影
CLS 対応のワイヤレス増灯撮影。マスターフラッシュから複数のリモートフ
ラッシュのグループの発光を制御できます。
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
モニター発光しないため、マスターフラッシュとリモートフラッシュの発光
にタイムラグがほとんどなく、特に動きが速い被写体に適しているワイヤレ
ス増灯撮影です。
A–8
目的別かんたん検索
使いたいことや知りたいことから、記載ページを簡単に探せます。
A
撮影について -1(SB-910 をカメラのアクセサリーシューに接続して使用する)
使いたいこと・知りたいこと
キーワード
0
発光モードを知りたい
発光モード
C-1
いちばん簡単な手順で撮影したい
撮影の基本ステップ
B-6
横に並んだ大勢の人の記念写真を撮りたい
均質配光
E-2
人物が引き立つポートレートを撮りたい
中央部重点配光
E-2
後ろの壁に映る影を消して撮影したい
バウンス撮影
E-4
ライティング状態を確認してから撮影したい
モデリング発光
E-22
主要な被写体を明るく
(暗く)
して撮影したい
調光補正
E-18
蛍光灯や電球の影響を緩和して撮影したい
カラーフィルター
E-12
スピードライトの光に色をつけて撮影したい
カラーフィルター
E-12
暗い被写体をオートフォーカスで撮りたい
AF 補助光
E-20
人物と背景の夜景の両方をきれいに撮りたい
スローシンクロ
(スローシャッター)撮影
E-24
人物の瞳が赤くならないように撮影したい
赤目軽減発光撮影
E-25
連続した動きを分解写真のように写したい
リピーティングフラッシュモード
C-16
CLS に対応していない一眼レフカメラと組み合わせ CLS 非対応一眼レフカメラ
て使いたい
使用時
ニコン クールピクスと組み合わせて使いたい
ニコン クールピクスとの組み
合わせ
キーワード
G-1
0
複数のスピードライトを使って撮影したい
アドバンストワイヤレス
ライティング
D-1
動きが速いものをワイヤレス増灯撮影したい
SU-4 タイプ
D-10
ワイヤレス増灯撮影ができるニコン クールピクスと CLS 対応
ニコン クールピクス
組み合わせて使いたい
C
D
E
F
F-1
撮影について -2(SB-910 をワイヤレスで使用する)
使いたいこと・知りたいこと
B
G-1
A–9
G
H
目的別かんたん検索
A
設定や操作について
使いたいこと・知りたいこと
キーワード
お使いになる前に
使用できる電池を知りたい
使用できる電池
電池別の発光間隔や発光回数を知りたい
電池別の発光間隔と発光回数
0
B-7
H-20
各種の設定の変更方法(カスタムメニュー)を知り
カスタムメニュー
たい
B-13
いろいろな設定をリセットしたい
B-12
ツーボタンリセット
操作ボタンが不用意に押されて誤作動するのを防ぎ
キーロック
たい
B-4
ファームウェアをバージョンアップしたい
H-9
A–10
ファームアップの方法
目次
A
B
C
D
お使いになる前に
SB-910 と使用説明書について........................................ . . . . . . . . . . . . . . . A-2
目的別かんたん検索.. .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . A-9
安全上のご注意. . ........................................................... . . . . . . . . . . . . . A-14
ご確認ください. . ........................................................... . . . . . . . . . . . . . A-19
操作方法
各部の名称............... .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . B-1
ファンクションボタンの使い方. ..................................... . . . . . . . . . . . . . . . B-5
撮影の基本ステップ.. .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . B-6
設定と表示について ・. ................................................... . . . . . . . . . . . . . B-12
カスタムメニューについて ・. ......................................... . . . . . . . . . . . . . B-13
発光モード
i-TTL 調光モード....... .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . C-1
絞り連動外部自動調光モード. ........................................ . . . . . . . . . . . . . . . C-4
外部自動調光モード.. .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . C-7
距離優先マニュアル発光モード. ..................................... . . . . . . . . . . . . . C-10
マニュアル発光モード. .................................................. . . . . . . . . . . . . . C-13
リピーティングフラッシュモード................................... . . . . . . . . . . . . . C-16
ワイヤレス増灯撮影
SB-910 のワイヤレス増灯の仕組み. ................................ . . . . . . . . . . . . . . . D-1
SB-910 のワイヤレス増灯撮影機能. ................................ . . . . . . . . . . . . . . . D-3
マスターフラッシュとしての設定................................... . . . . . . . . . . . . . . . D-4
リモートフラッシュとしての設定................................... . . . . . . . . . . . . . . . D-5
アドバンストワイヤレスライティング撮影 ・.................... . . . . . . . . . . . . . . . D-6
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影. ................................ . . . . . . . . . . . . . D-10
リモートフラッシュについて ・. ...................................... . . . . . . . . . . . . . D-15
ワイヤレス増灯撮影時の状況確認について...................... . . . . . . . . . . . . . D-18
A–11
A
B
C
D
E
F
G
H
目次
A
E
主な機能
お使いになる前に
配光タイプ切り換え機能. . ........................................... . . . . . . . . . . . . . . . . . . E-2
バウンス撮影......... .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . . . . E-4
近距離撮影............ .................................................... . . . . . . . . . . . . . . . . . . E-9
カラーフィルターを使用した撮影................................ . . . . . . . . . . . . . . . . . E-12
撮影をサポートする機能. . ........................................... . . . . . . . . . . . . . . . . . E-18
調光補正
オートパワーズーム
AF 補助光
ISO 感度の手動設定
テスト発光
モデリング発光
スタンバイ
過熱防止
カメラ側の設定による撮影機能. .................................. . . . . . . . . . . . . . . . . . E-24
• オート FP ハイスピードシンクロ撮影
• FV ロック撮影
• スローシンクロ(スローシャッター)撮影
• 赤目軽減発光撮影 / 赤目軽減スローシンクロ(スローシャッター)撮影
• 後幕シンクロ撮影
•
•
•
•
•
•
•
•
F
G
A–12
CLS 非対応一眼レフカメラ使用時. .................. . . . . . . . . . . . . . . . . . . F-1
ニコン クールピクスとの
組み合わせについて............................................ . . . . . . . . . . . . . . . . . . G-1
H
使用上のご注意・資料
故障かな?と思ったら. ................................................... . . . . . . . . . . . . . . H-1
ガイドナンバーと絞り値、距離について ・. ....................... . . . . . . . . . . . . . . H-4
お手入れについて ・....................................................... . . . . . . . . . . . . . . . H-5
電池についてのご注意. ................................................... . . . . . . . . . . . . . . H-7
表示パネルについて...................................................... . . . . . . . . . . . . . . . H-8
ファームアップの方法. ................................................... . . . . . . . . . . . . . . H-9
使用できるアクセサリー. . .............................................. . . . . . . . . . . . . . H-10
仕様............................................................................. . . . . . . . . . . . . . H-13
索引............................................................................. . . . . . . . . . . . . . H-21
アフターサービスについて. ............................................ . . . . . . . . . . . . H-27
A
B
C
D
E
F
G
H
A–13
安全上のご注意
A
お使いになる前に
ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。この「安
全上のご注意」は製品を安全に正しく使用していただき、あなたや他の人々へ
の危害や財産への損害を未然に防止するために、重要な内容を記載しています。
お読みになった後は、お使いになる方がいつでも見られるところに必ず保管し
てください。
表示と意味は、次のようになっています。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死
"
危 険 亡または重傷を負う可能性が高いと想定される内容を示
"
警 告 亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示してい
"
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷
害を負う可能性が想定される内容および物的損害の発生
が想定される内容を示しています。
しています。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死
ます。
注意
お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、説明しています。
絵表示の例
!
△記号は、注意(警告を含む)を促す内容を告げるものです。
図の中や近くに具体的な注意内容(左図の場合は感電注意)が
描かれています。
$
# 記号は、禁止(してはいけないこと)の行為を告げるものです。
図の中や近くに具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が
描かれています。
●記号は、
行為を強制すること
(必ずすること)
を告げるものです。
(左図の場合は電池を取り出す)
' 図の中や近くに具体的な強制内容
が描かれています。
危 険 スピードライトについて
"
"
A–14
危険
電池からもれた液が目に入ったときは、すぐにきれいな水で洗い、
医師の治療を受けること
そのままにしておくと、目に傷害を与える原因となります。
危険
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたときは、すぐにきれい
な水で洗うこと
そのままにしておくと、皮膚がかぶれたりする原因となります。
"
分解禁止
接触禁止
A
感電したり、異常動作をしてケガの原因となります。
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を触
れないこと
すぐに修 感電したり、破損部でケガをする原因となります。
理依頼を 電池、電源を抜いて、販売店またはニコンサービス機関に修理を依頼し
てください。
電池を取 熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常時は、速やかに電池を取
る
り出すこと
そのまま使用すると火災、やけどの原因となります。
すぐに修 電池を取り出す際、やけどに十分注意してください。
理依頼を 電池を抜いて、
販売店またはニコンサービス機関に修理を依頼してください。
水かけ
禁止
禁止
発光禁止
水につけたり、水をかけたり、雨にぬらしたりしないこと
発火したり感電の原因となります。
引火・爆発のおそれのある場所では使用しないこと
プロパンガス、ガソリンなどの引火性ガスや粉塵の発生する場所で使用
すると、爆発や火災の原因となります。
車の運転者等にむけてスピードライトを発光しないこと
事故の原因となります。
スピードライトを人の目に近づけて発光しないこと
発光禁止 視力障害の原因となります。
特に乳幼児を撮影するときは 1m 以上離れてください。
発光禁止
発光部を人体やものに密着させて発光させないこと
やけどや発火の原因となります。
幼児の口に入る小さな付属品は、
幼児の手の届かないところに置くこと
保管注意 幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだ場合は直ちに医師にご相談ください。
警告
禁止
使用説明書に表示された電池を使用すること
正しい電池を使用しないと、液もれ、破裂、発火の原因となります。
新しい電池と使用した電池、種類やメーカーの異なる電池をまぜて
使用しないこと
液もれ、破裂、発火の原因となります。
禁止
マンガン乾電池、アルカリ電池、リチウム電池は非充電式電池
ですので、充電しないこと
液もれ、破裂、発火の原因となります。
危険
ニッケル水素電池などの充電式電池の充電は、メーカー指定の充電器
で、付属の注意事項を守って行うこと
「+」「−」を逆にしての逆充電、電池が熱いままの充電はしないこと
破裂、発火、液もれの原因となります。
A–15
お使いになる前に
$
%
&
'
&
(
#
#
#
#
"
"
#
#
警 告 スピードライトについて
分解したり修理・改造をしないこと
安全上のご注意
A
お使いになる前に
!
"
"
注 意 スピードライトについて
感電注意
保管注意
注意
ぬれた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
製品は幼児の手の届かない所に置くこと
なめて感電したり、ケガの原因となることがあります。
強い衝撃を与えないこと
内部が故障し、破裂、発火の原因になることがあります。
シンナーやベンジンなどの有機溶剤を使ってふかないこと
#
溶剤清掃 防虫スプレーの液剤を製品に吹きつけないこと
禁止
また、ナフタリン、樟脳の入った場所に保管しないこと
'
電池を
取る
プラスチックケースが割れて火災や感電の原因となることがあります。
保管するときには電池を外すこと
発火、液もれの原因となることがあります。
危 険 電池について
"
#
$
#
"
"
"
"
A–16
危険
電池からもれた液が目に入ったときは、すぐにきれいな水で洗い、
医師の治療を受けること
そのままにしておくと、目に傷害を与える原因となります。
危 険 ニッケル水素充電池について
禁止
分解禁止
禁止
電池を火に入れたり、加熱しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
電池を分解しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
新しい電池と使用した電池、種類やメーカーの異なる電池をまぜて
使用しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
警告
危険
危険
電池の「+」と「−」の向きを間違えないようにすること
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
専用充電器を使用すること
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
ネックレス、ヘアピンなどの金属製のものと一緒に持ち運んだり保
管しないこと
ショートして液もれ、発熱、破裂の原因となります。
危険
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたときは、すぐにきれいな水
で洗うこと
そのままにしておくと、皮膚がかぶれたりする原因となります。
"
(
警告
警告
警告
A
液もれ、発熱、発火の原因となります。
使用説明書に表示された電池を使用すること
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
外装チューブをはがしたり、キズをつけないこと
また、外装チューブがはがれたり、キズがついている電池は絶対に
使用しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
電池は幼児の手の届かないところに置くこと
保管注意 幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだ場合は、直ちに医師にご相談ください。
水かけ
禁止
水につけたり、濡らさないこと
液もれ、発熱の原因となります。
警 告 ニッケル水素充電池について
#
"
"
#
$
#
"
変色・変形、その他、今までと異なることに気づいたときは使用し
使用禁止 ないこと
液もれ、発熱の原因となります。
警告
充電の際に所定の充電時間を超えても充電が完了しない場合には、
充電をやめること
液もれ、発熱の原因となります。
警告
電池をリサイクルするときや、やむなく廃棄するときは、テープな
どで接点部を絶縁すること
他の金属と接触すると、発熱、破裂、発火の原因となります。
お住まいの自治体の規則に従って、正しく廃棄してください。
警 告 リチウム電池、アルカリ電池について
禁止
分解禁止
禁止
電池を火に入れたり、加熱しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
電池を分解しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
新しい電池と使用した電池、種類やメーカーの異なる電池をまぜて
使用しないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
警告
電池の「+」と「−」の向きを間違えないようにすること
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
A–17
お使いになる前に
"
"
"
警 告 電池について
電池に表示された警告・注意を守ること
安全上のご注意
A
お使いになる前に
#
"
'
"
警 告 リチウム電池、アルカリ電池について
禁止
充電式電池以外は、充電しないこと
液もれ、発熱の原因となります。
電池を廃棄するときは、テープなどで接点部を絶縁すること
警告
他の金属と接触すると、発熱、破裂、発火の原因となります。
お住まいの自治体の規則に従って、正しく廃棄してください。
電池を
取る
使い切った電池はすぐに器具から取り出すこと
警 告 アルカリ電池について
警告
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたときは、すぐにきれいな水
で洗うこと
そのままにしておくと、皮膚がかぶれたりする原因となります。
注 意 電池について
"
"
A–18
注意
連続発光後は電池の発熱に注意すること
電池が発熱していて、やけどの原因となります。電池を交換する際には、
注意してください。
注 意 ニッケル水素充電池について
注意
電池に強い衝撃を与えたり、投げたりしないこと
液もれ、発熱、破裂の原因となります。
ご確認ください
保証書について
カスタマー登録
下記のホームページからカスタマー登録ができます。
https://reg.nikon-image.com/
付属の「登録のご案内」に記載されている登録コードをご用意ください。
カスタマーサポート
下記のホームページで、サポート情報をご案内しています。
http://www.nikon-image.com/support/
大切な撮影の前には試し撮りを
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)の前には、必ず試し撮りをしてスピード
ライトが正常に機能することを事前に確認してください。本製品の故障に起因
する付随的損害(撮影に要した諸費用および利益喪失等に関する損害等)につ
いての補償はご容赦願います。
本製品を安心してお使いいただくために
本製品は、当社製のカメラ及びアクセサリーに適合するように作られておりま
すので、当社製品との組み合わせでお使いください。
• 他社製品や模倣品と組み合わせてお使いになると、本製品の充分な性能が発
揮できないほか、事故・故障などが起こる可能性があります。その場合、当
社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
A–19
A
お使いになる前に
本製品には「保証書」が付いていますのでご確認ください。「保証書」は、お買
い上げの際、ご購入店からお客様へ直接お渡しすることになっています。必ず「ご
購入年月日」「ご購入店」が記入された保証書をお受け取りください。「保証書」
をお受け取りにならないと、ご購入 1 年以内の保証修理が受けられないことに
なります。お受け取りにならなかった場合は、ただちにご購入店にご請求くだ
さい。
B 操作方法
各部の名称
6
7
B
9
1
10
11
12
2
13
3
4
5
1. フラッシュヘッド
2. フラッシュヘッドロック解除ボタン
(0B-9)
3. 電池ぶた
4. 電池ぶたロック解除ボタン(0B-6)
5. ワイヤレスリモートセンサー窓
(0D-15)
6. キャッチライト反射板(0E-8)
7. ワイドパネル(0E-10)
8. 発光パネル
9. カラーフィルター識別センサー
(0E-15)
B–1
PUSH
操作方法
8
14
15
16
17
10. AF 補助光(0E-20)
11. レディーライト(リモートモード時)
(0D-18)
12. 外部電源コネクター(キャップ付き)
(0H-11)
13. 外部自動調光用センサー窓
(0C-4、C-7)
14. 外部 AF 補助光接点
15. ロックピン
16. カメラ連動接点
17. 取付け脚
B
18
操作方法
19
22
20
23
21
24
18.
19.
20.
21.
22.
23.
24.
フラッシュヘッド上下回転角度目盛(0E-4)
フラッシュヘッド左右回転角度目盛(0E-4)
シンクロターミナルキャップ
シンクロターミナル
表示パネル(0B-12)
レディーライト(0B-11、D-18)
ロックレバー(0B-8)
B–2
各部の名称
27
28
29
B
操作方法
30
25
31
32
33
34
26
25.[MODE] ボタン
発光モードを切り換えます。
(0B-11)
26.[MENU] ボタン
31. ロック解除ボタン
ワイヤレス増灯モードを設定する
際は、
このボタンを押しながらスイッ
チを回します。(0D-4、D-5)
カスタムメニュー画面を表示します。
(0B-13)
32. 電源スイッチ / ワイヤレス増灯モー
27. ファンクションボタン 1
28. ファンクションボタン 2
29. ファンクションボタン 3
• 変更したい項目を選択します。
• 各ボタンに割り当てられる機能は、
• 電源の ON/OFF を設定します。
• ワイヤレス増灯撮影時のマスタ
ーモード / リモートモードを設定
します。(0D-4、D-5)
発光モードや設定状態によって
異なります。(0B-5)
30. テスト発光ボタン
• テスト発光(0E-21)、またはモ
デリング発光(0E-22 )ができ
ます。
• テスト発光 / モデリング発光の切
り換えはカスタムメニューで設
定します。(0B-18)
B–3
ドスイッチ
33. セレクターダイヤル
反転表示された項目の設定を変更
します。(0B-12)
34.[OK] ボタン
選 択し た 設定 を確 定 しま す 。
(0B-12)
t 操作ボタンをロックするには(キーロック)
ファンクションボタン 1 と 2
(カギのマーク付き)
を同時に約 2 秒間押して、キーロックアイコン
を表示させると、操作ボタンがロックされます。
• 電源スイッチ / ワイヤレス増灯モードスイッ
キーロックアイコン
• 再度、ファンクションボタン 1 と 2 を同時に
約 2 秒間押すと、キーロックを解除できます。
B–4
B
操作方法
チ、テスト発光ボタンはロックされません。
ファンクションボタンの使い方
発光モードや設定状態によって、ファンクションボタンに割当てられる機能が
異なります。
B
• ボタンに割当てられて
操作方法
いる機能は、アイコン
で表示されます。
• ボタンに機能が割当て
ら れ て い な い 場 合 は、
何も表示されません。
ファンクション
ボタン 1
ファンクション
ボタン 2
ファンクション
ボタン 3
アイコンと割当てられた機能
照射角設定
調光補正値設定
マニュアル発光量設定
TTL 調光アンダー量表示
絞り値設定
距離設定(距離優先マニ
ュアル発光モード時)
発光回数 / 発光間隔設定
設定項目の切り換え
配光タイプの切り換え
照射角自動設定への移行
B–5
【ワイヤレス増灯撮影時】(0D-1)
チャンネル設定
サウンドモニターの切り換
え
【カスタムメニュー設定時】(0B-13)
前ページ表示
次ページ表示
マイメニューとフルメニュ
ーの切り換え
マイメニューへの登録/
削除
マイメニューへの登録/
削除の中止
撮影の基本ステップ
SB-910 と CLS 対応カメラとの組み合わせで、i-TTL 調光モードを使った撮影の
基本的なステップを説明しています。
v 連続発光についてのご注意
分間、発光を止めると警告画面が消えて、通常の操作ができます。
• 安全機構が作動するまでの時間は、周囲温度や SB-910 の発光量によって異な
ります。
• パワーアシストパック SD-9(別売)使用時の連続発光のご注意(0H-11)。
ステップ
1
電池を入れる 電池ぶたロック解除ボタンを押しな
が ら、 電 池 ぶ た を ス ラ イ ド さ せ て
開ける
+−表示の向きに電池を入れる
電池ぶたを押さえながら、スライド
させて閉じる
B–6
B
操作方法
• 発光部が過熱するのを防ぐため、連続発光は 15 回でいったん発光を止めて、
発光部を 10 分以上、自然冷却してください。
• 連続発光を断続的に繰り返した場合は、内部の安全機構が働き、発光間隔が
最大で 15 秒程度まで長くなることがあります。この状態からさらに連続発光
を行うと、「高温検出警告画面」に変わり、発光が禁止されて、電源 OFF とカ
スタムメニュー設定を除く操作ができなくなります(0 E-23)。この場合は数
撮影の基本ステップ
使用できる電池と電池交換の目安
B
次の同じ種類の単 3 形電池 4 本を使います。
電源 ON や発光後、レディーライト点灯までの時間が表のように遅くなったら、
早めに新しい電池に交換または充電してください。交換の際は、4 本とも新品電
池をお使いください。
操作方法
電池の種類
レディーライト点灯までの時間
1.5V アルカリ単 3 形電池
1.5V リチウム単 3 形電池
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
20 秒以上
10 秒以上
10 秒以上
• 使用電池別の最短発光間隔、発光回数等は「仕様」をご覧ください。(0H-20)
• アルカリ電池はメーカーにより性能が大きく異なることがあります。
• 1.5V マンガン単 3 形電池のご使用はおすすめしません。
• 外部電源(別売)を使うと電源供給が安定し、発光回数を増やしたり発光間
隔を短縮できます。(0H-11)
v 電池についてのご注意
•「安全上のご注意」の「危険」、「警告」、「注意」(0 A-14 ∼ A-18)の注意事項
をお守りください。
•「電池についてのご注意」(0 H-7)をよくお読みの上、内容を充分に理解して
から正しくお使いください。
• リチウム単 3 形電池は発熱時に出力電流を抑える機能を備えているため、連
続発光すると発光間隔が長くなることがあります。
電池容量不足画面
電池容量が不足すると、表示パネルが左の画面に変
わり、すべての動作が停止します。新しい電池に交
換または充電してください。
B–7
ステップ
2
カメラに取り付ける
SB-910 およびカメラの電源
OFF を確認する
B
取付け脚をアクセサリーシュー
に差し込み、奥まで押し込む
ロックレバーを右に L の位置
まで回す
v ロックの確認
ロックレバーが止まり、ロック機構の指
標が合っていることを確認してください。
カメラからの取外し方
SB-910 およびカメラの電源を
OFF にしてから、ロックレバ
ーを左に 90 °回し、取付け脚
をゆっくり引き抜く
• 取付け脚が引き抜けない場合は、も
う一度、ロックレバーを左にいっぱ
いまで回してからゆっくり引き抜い
てください。
• 無理に引き抜かないでください。
B–8
操作方法
ロックレバーが左(白丸)に
あることを確認する
撮影の基本ステップ
ステップ
3
フラッシュヘッドを設定する
フラッシュヘッドロック解除
ボタンを押しながら、フラッ
シュヘッドを正面に設定する
• フラッシュヘッドは正面および上方
向 90°でロックされます。
B
操作方法
フラッシュヘッドの状態表示
正面に設定されている。
フラッシュヘッドが正面以外に設定さ
れている。(上方、左右バウンス表示)
フラッシュヘッドが下方向に設定され
ている。(下方バウンス表示)
B–9
ステップ
4
電源を ON にする
SB-910 およびカメラの電源を
ON にする
B
• 次の画面は、i-TTL 調光モード、FX フォーマット、スタンダード配光、ISO 感
度 200、照射角 24mm、絞り値 F5.6 の場合の表示例です。
• 表示は、SB-910 の設定や使用するカメラ、レンズによって異なります。
SB-910 の発光に
関する表示
SB-910 の状態を
表示
発光モード
ISO 感度
調光範囲
CLS 対応カメラに
接続中
FX フォーマット
各ファンクション
ボタンの機能
照射角
絞り値
B–10
操作方法
画面表示例
撮影の基本ステップ
ステップ
5
発光モードを設定し、撮影する
[MODE]ボタンを押して、発
光モード表示を反転させる
B
操作方法
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
[OK]ボタンを押す
発光モードの切り換え方
セレクターダイヤルを右に回すと、発光
モードが次のように切り換わります。
• 使用できない発光モードは表示されません。
•[MODE]ボタンを押しても、同様に切り換えられます。
SB-910 またはカメラのファイ
ンダー内のレディーライトの
点灯を確認して、撮影する
B–11
設定と表示について
表示パネルのアイコンは各種設定状態を表わし、発光モードや設定状態によっ
て異なります。
• 各種設定は、基本的に次の方法で変更できます。
変更したい項目のボタンを押し
て、反転表示させる
[OK]ボタンを押して、設定を
確定する
• 確定した項目が通常の表示に戻ります。
•[OK]ボタンを押さない場合は、約 8
秒が経過すると設定が確定します。
t 設定を初期設定に戻すには(ツーボタンリセット)
各種の設定(カスタムメニューを除く)を初期
設定に戻すには、ファンクションボタン 1 と 3
(緑
の●印付き)を同時に約 2 秒間押してください。
• 表示パネルが反転表示後、通常表示に戻れば
完了です。
B–12
操作方法
セ レ ク タ ー ダ イ ヤ ル を 回 し て、
設定を選択する
B
カスタムメニューについて
表示パネルで確認しながら、各種の設定ができます。
• 表示されるアイコンは、組み合わせるカメラや SB-910 の設定によって異なり
ます。
• 網目の枠のメニューは、設定しても設定内容が反映されない状態であること
B
を示しています。
操作方法
カスタムメニューの設定方法
[MENU]ボタンを押して、カ
スタムメニュー画面にする
セレクターダイヤルを回して
設 定 し た い メ ニ ュ ー を 選 び、
[OK]ボタンを押す
• 反転表示のメニューが設定できます。
設定中は反転表示されます。
設定中のメニュー
設定が反映されないメニューは網目の枠になります。
B–13
セレクターダイヤルで設定内容
を選び、
[OK]ボタンを押す
• 選択中は反転表示されます。
•[OK]ボタンを押すと、メニュー選
択画面に戻ります。
B
操作方法
は現在の設定内容
選択できる設定内容
[MENU]ボタンを押して、カ
スタムメニューを終了する
• 通常の表示に戻ります。
B–14
カスタムメニューについて
よく使うメニューだけ表示できる「マイメニュー」
「MY MENU:マイメニュー」は、よく使うメニューだけを登録してカスタムメ
ニュー画面に表示させる機能です。
B
• 登録メニューは必要に応じて追加、削除できます。
• すべてのメニューを表示させる場合は「FULL:フルメニュー」に設定してく
操作方法
ださい。
マイメニューの設定方法
「マイメニューの設定」で「SET
を選択し、[OK]ボタンを押す
UP」
セレクターダイヤルで登録するメニ
ューを選び、ファンクションボタン
2 を押す
• メニューのチェックボックスに が表示され
ます。
• 登録できないメニューはチェックボックスが
表示されません。
• 登録削除する場合は、再度ファンクションボ
タン 2 を押してチェックボックスの を外し
てください。
• ファンクションボタン 1 を押すと、今回の登
録や削除を無効にして、
「マイメニューの設定」
に戻ります。
B–15
手順 を繰返し、すべてのメニュー
を登録したら、[OK]ボタンを押し
て「マイメニューの設定」に戻る
t カスタムメニューのページ切り換え機能と表示切り換え機能
ページの切り換え
メニュー選択画面では、ファンクションボタン 1 と 2 でページを切り換えること
ができます。
• ページ数は 1 ページから 5 ページまで、設定によって異なります。
• 表示中のページの位置は、右のバーで確認できます。
表示の切り換え
メニュー選択画面では、ファンクションボタン 3 でフルメニュー表示とマイメ
ニュー表示を切り換えることができます。
表示中のページの位置
:前のページを表示
:次のページを表示
:フルメニュー表示
:マイメニュー表示
B–16
B
操作方法
「MENU」ボタンを押して、カスタム
メニューを終了する
• 通常の表示に戻ります。
カスタムメニューについて
カスタムメニューの詳細
• 太字は初期設定です。
外部自動調光モードの設定(0C-4、C-7)
B
操作方法
絞り連動外部自動調光モード(モニター発光あり)
絞り連動外部自動調光モード(モニター発光なし)
外部自動調光モード(モニター発光あり)
外部自動調光モード(モニター発光なし)
マスターフラッシュのリピーティングフラッシュモードの設定
(0D-8)
ON:リピーティングフラッシュモードを設定
OFF:リピーティングフラッシュモードを設定しない
マニュアル発光量のステップ幅の設定(0C-15)
マニュアル発光モード時の発光量 M 1/1と1/2 の間のステップ幅を設定します。
1/3EV:1/3 段刻みで変化
1EV:1 段変化
ワイヤレス増灯モードの設定(0D-1)
Advanced:アドバンストワイヤレスライティング
SU-4:SU-4 タイプのワイヤレス増灯
B–17
テスト発光ボタンの設定(0E-21、E-22)
FLASH:テスト発光
MODELING:モデリング発光
B
操作方法
i-TTL 調光モード時のテスト発光量の設定(0E-21)
M 1/128:約 1/128 の光量
M 1/32:約 1/32 の光量
M 1/1:フル発光
FX/DX フォーマットの設定(0A-6)
照射角の手動設定時の FX/DX フォーマットを設定します。
FX DX:カメラに合わせて自動切り換え
FX :FX フォーマット(36×24)
DX:DX フォーマット(24×16)
オートパワーズーム禁止の設定(0E-19)
照射角の自動設定機能を設定 / 解除します。
ON:オートパワーズーム禁止(手動設定専用)
OFF:オートパワーズーム(手動設定不可)
AF 補助光 / 本発光禁止の設定(0E-20)
AF 補助光の照射 / 禁止、スピードライトの発光禁止を設定します。
ON:AF 補助光を照射
OFF:AF 補助光の照射禁止
AF ONLY:スピードライトの発光禁止(AF 補助光を照射)
B–18
カスタムメニューについて
スタンバイ機能の設定(0E-22)
自動的に待機(スタンバイ)状態になるまでの時間を設定します。
AUTO:カメラの半押しタイマーと連動
40:40 秒
80:80 秒
160:160 秒
300:300 秒
B
操作方法
:スタンバイ機能解除
ISO 感度の手動設定(0E-21)
ISO 感度を手動で設定します。 ISO3 ∼ 8000 の間で選択できます。
100:ISO 感度 100
リモートモード時のレディーライトの設定(0D-18)
リモートモード時の消費電力節減のためのレディーライトの点灯 / 点滅 / 消
灯を設定します。
REAR, FRONT:後側が点灯、 前側(リモートモード時)が点滅
REAR:後側のレディーライトのみ点灯
FRONT:前側のレディーライト(リモートモード時)のみ点滅
表示パネルバックライトの点灯/強制消灯設定(0H-8)
ON:点灯
OFF:強制消灯
表示パネルのコントラストの設定(0H-8)
設定できるコントラストは 9 段階で、グラフで表示します。
9 段階の 5 段目
B–19
距離表示単位の設定
m:メートル
ft:フィート
B
ワイドパネル破損時の照射角の手動設定(0E-11)
ON:手動設定可能
OFF:手動設定不可
マイメニューの設定(0B-15)
カスタムメニュー画面で、すべてのメニューを表示するか、登録したメニ
ューだけを表示するかを設定します。
FULL:すべてのメニューを表示
MY MENU:登録したメニューのみ表示
SET UP:マイメニューの編集
ファームウェアバージョン表示(0H-9)
カスタムメニューリセットの設定
カスタムメニューの初期設定へのリセットを実行します。
(「距離表示単位の設定」と「マイメニューの設定」を除く)
YES:初期設定にリセット
NO:リセットしない
B–20
操作方法
ワイドパネル破損時に照射角を固定するか、手動設定するかを設定します。
C 発光モード
i-TTL 調光モード
モニター発光を行って被写体からの反射光をカメラで測光して、カメラがスピ
ードライトの発光量を制御する調光方式です。
• i-TTL 調光モードでの撮影手順は、「撮影の基本ステップ」をご覧ください。
(0B-6)
• i-TTL 調光モードは BL(バランス)調光またはスタンダード調光が選択できます。
C
i-TTL-BL 調光
発 光 モード
被写体と背景光のバランスを考慮して発光量を制御する、バランス調光を行い
ます。
が表示されます。
スタンダード i-TTL 調光
背景光を考慮せず、主要被写体が基準露光量になるように発光量を制御します。
主要な被写体を強調した撮影に最適です。
が表示されます。
t
カメラの測光モードと i-TTL 調光モードについて
• i-TTL-BL 調光時にカメラの測光モードをスポット測光に切り換えると、自動
的にスタンダード i-TTL 調光に切り換わります。
• スポット測光からマルチパターン測光、中央部重点測光に戻すと、i-TTL-BL 調
光に戻ります。
C–1
i-TTL 調光モードの設定方法
[MODE]ボタンを押す
セレクターダイヤルを回して
または
を表示させる
[OK]ボタンを押す
C
発 光 モード
i-TTL 調光モード時の表示例
:モニター発光を行います。
:i-TTL 調光を行います。
:バランス調光を行います。
i-TTL 調光モード時の調光範囲
調光範囲は数字とインジケーターで表示され
ます。
• スピードライトから被写体までの距離は、
調光範囲内に設定してください。
• 調光範囲は FX/DX フォーマット、配光タ
イプ、ISO 感度、照射角、絞り値によって
近距離側の調光限界
異なります。詳細は「仕様」をご覧くださ
い。(0H-15)
C–2
i-TTL 調光モード
tISO 感度、絞り値、焦点距離の自動設定
CLS 対応カメラ、CPU レンズとの組み合わせ時は、ISO 感度、絞り値、焦点距
離などのカメラやレンズの情報は SB-910 に自動的に設定されます。
• ISO 感度連動範囲の詳細は、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
v 光量不足警告が出たら
• 発光直後にカメラのファインダー内および
SB-910 のレディーライトが約 3 秒間点滅
C
発 光 モード
した場合は、撮影に必要な光量が不足して
いる可能性があります。
スピードライトから被写体までの距離を短
くする、絞り値を開放側にする、ISO 感度
を上げるなどして、撮影し直してください。
• TTL 調光アンダー表示と、光量不足量の目
安となるアンダー量が、約 3 秒間表示され
ます。(表示範囲:− 0.3EV ∼− 3.0EV)
• TTL 調光アンダー量表示は、消灯後もファ
ンクションボタン 3 を押すと、押している
間は表示されます。
C–3
絞り連動外部自動調光モード
スピードライトの発光による被写体からの反射光を外部自動調光用センサー窓
で測光し、カメラから伝達される ISO 感度・絞り値・焦点距離・露出補正値な
どの情報を加えて、スピードライトが発光量を制御します。
絞り連動外部自動調光モードの設定方法
絞り連動外部自動調光モードと外部自動調光モード(0 C-7)の切り換えは、カ
スタムメニューで行います。(0B-17)
に設定されます。
[MODE]ボタンを押す
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
[OK]ボタンを押す
絞り連動外部自動調光モード時の表示例
:モニター発光を行います。
:絞り連動外部自動調光を行います。
C–4
C
発 光 モード
• 初期設定は絞り連動外部自動調光モード(モニター発光あり)です。
• カメラから絞り値情報が伝達されない場合は、自動的に外部自動調光モード
絞り連動外部自動調光モード
t モニター発光について
• モニター発光の有無は、カスタムメニューで選択できます。(0B-17)
•「モニター発光あり」に設定すると本発光直前にモニター発光を行い、本発光
に必要な被写体情報を収集して発光を制御するので、「モニター発光なし」に
比べて、より精度の高い発光制御となります。
• オート FP ハイスピードシンクロ撮影(0 E-24)、FV ロック撮影(0 E-24)を
する場合は、「モニター発光あり」に設定してください。
C
絞り連動外部自動調光モード時の調光範囲
発 光 モード
調光範囲は数字とインジケーターで表示されます。
• スピードライトから被写体までの距離は、調
光範囲内に設定してください。
• 調光範囲は FX/DX フォーマット、配光タイプ、
ISO 感度、照射角、絞り値によって異なります。
詳細は「仕様」をご覧ください。(0H-15)
C–5
絞り連動外部自動調光モードの撮影手順
スピードライトから被写体までの距
離が調光範囲内にあることを確認す
る
レディーライトの点灯を確認して、
撮影する
C
発光直後にカメラのファインダー内および
SB-910 のレディーライトが約 3 秒間点滅した場
合は、撮影に必要な光量が不足している可能性が
あります。
スピードライトから被写体までの距離を短くする、
絞り値を開放側にする、ISO 感度を上げるなどし
て、撮影し直してください。
t 撮影前に光量不足を確認するには
実際の撮影と同様にカメラと SB-910 を設定し、
テスト発光します。
• 発光直後にレディーライトが点滅した場合は、
撮影に必要な光量が不足している可能性があり
ます。
C–6
発 光 モード
v 光量不足警告が出たら
外部自動調光モード
スピードライトの発光による被写体からの反射光を外部自動調光用センサー窓
で測光し、スピードライトが発光量を制御します。
外部自動調光モードの設定方法
外部自動調光モードと絞り連動外部自動調光モード(0 C-4)の切り換えは、カ
スタムメニューで行います。(0B-17)
• 初期設定は絞り連動外部自動調光モード(モニター発光あり)です。
C
[MODE]ボタンを押す
発 光 モード
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
[OK]ボタンを押す
外部自動調光モード時の表示例
:モニター発光を行います。
:外部自動調光を行います。
絞り値。SB-910 で設定した場合は、
アンダーラインが表示されます。
C–7
t モニター発光について
• モニター発光の有無は、カスタムメニューで選択できます。(0B-17)
•「モニター発光あり」に設定すると本発光直前にモニター発光を行い、本発光
に必要な被写体情報を収集して発光を制御するので、「モニター発光なし」に
比べて、より精度の高い発光制御となります。
• オート FP ハイスピードシンクロ撮影(0 E-24)、FV ロック撮影(0 E-24)を
する場合は、「モニター発光あり」に設定してください。
C
外部自動調光モード時の調光範囲
• スピードライトから被写体までの距離は、
調光範囲内に設定してください。
• 調光範囲は FX/DX フォーマット、配光タ
イプ、ISO 感度、照射角、絞り値によって
異なります。詳細は「仕様」をご覧くださ
い。(0H-15)
C–8
発 光 モード
調光範囲は数字とインジケーターで表示され
ます。
外部自動調光モード
外部自動調光モードの撮影手順
ファンクションボタン 3 を押して、
絞り値表示を反転させる
調光範囲を確認しながら、セレク
ターダイヤルを回して絞り値を設
定する
• 絞り値はファンクションボタン 3 を押し
C
ても変更できます。
発 光 モード
• スピードライトから被写体までの距離
が調光範囲内にあれば、適切な露光量
が得られます。
[OK]ボタンを押す
SB-910 に設定した絞り値を、レ
ンズまたはカメラに設定する
レディーライトの点灯を確認して、
撮影する
v 光量不足警告が出たら
発光直後にカメラのファインダー内および SB-910 のレディーライトが約 3 秒間
点滅した場合は、撮影に必要な光量が不足している可能性があります。
スピードライトから被写体までの距離を短くする、絞り値を開放側にする、ISO
感度を上げるなどして、撮影し直してください。
t 撮影前に光量不足を確認するには
実際の撮影と同様にカメラと SB-910 を設定
し、テスト発光します。
• 発光直後にレディーライトが点滅した場合
は、撮影に必要な光量が不足している可能
性があります。
C–9
距離優先マニュアル発光モード
スピードライトから被写体までの距離を設定すれば、カメラの設定に合わせて
適正な発光量をスピードライトが自動的に設定するマニュアル発光です。
距離優先マニュアル発光モードの設定方法
距離優先マニュアル発光モードは、フラッシュヘッドが正面および下方向以外
に設定されていると設定できません。
[MODE]ボタンを押す
[OK]ボタンを押す
距離優先マニュアル発光モード時の表示例
(スピードライトから被写体までの距離が 5m の場合)
設定した距離(▼)と調光範囲(インジケーター)
設定した距離が調光範囲内にあれば、
適切な露光量が得られます。
距離(数値)
C–10
C
発 光 モード
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
距離優先マニュアル発光モード
距離優先マニュアル発光モードの撮影手順
ファンクションボタン 3 を押して、
距離表示を反転させる
セレクターダイヤルを回して距離
を設定し、[OK]ボタンを押す
• 距離はファンクションボタン 3 を押して
C
も変更できます。
発 光 モード
• 設定可能な距離は 0.3m ∼ 20m で、ISO
感度によって異なります。
レディーライトの点灯を確認して、
撮影する
距離優先マニュアル発光モード時の設定可能な撮影距離
• 設定可能な距離は 0.3m ∼ 20m です。
• スピードライトから被写体までの距離が距離表示と異なる場合は、近距離側
の数値に設定してください。例えば、スピードライトから被写体までの距離
が 2.7m の場合は、2.5m に設定します。
v 光量不足警告が出たら
発光直後にカメラのファインダー内および
SB-910 のレディーライトが約 3 秒間点滅し
た場合は、撮影に必要な光量が不足してい
る可能性があります。
絞り値を開放側にする、ISO 感度を上げるな
どして、撮影し直してください。
C–11
t
距離優先マニュアル発光モード時にフラッシュヘッドを回転させると
• 距離優先マニュアル発光モード時にフラッシュヘッドを正面および下方向以
外に設定すると、自動的に絞り連動外部自動調光または外部自動調光モード
に切り換わります。
• フラッシュヘッドを正面または下方向に戻すと、自動的に距離優先マニュア
ル発光モードに戻ります。
C
発 光 モード
C–12
マニュアル発光モード
任意の絞り値と発光量の組み合わせで、スピードライトから被写体までの距離
や露出を撮影者が設定できます。
• 発光量は M 1/1(フル発光)から M 1/128 の微少発光まで、撮影意図に合わ
せて設定できます。
• マニュアル発光モードでは、撮影後の光量不足警告は行われません。
マニュアル発光モードの設定方法
C
[MODE]ボタンを押す
発 光 モード
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
[OK]ボタンを押す
マニュアル発光モード時の表示例
マニュアル発光量
調光距離(数値)
調光距離(▼)
C–13
マニュアル発光モードの撮影手順
ファンクションボタン 2 を押し
て、発光量表示を反転させる
セレクターダイヤルを回して
発光量を設定し、[ OK ]ボタ
ンを押す
• 発光量はファンクションボタン 2 を
押しても変更できます。
離は、表示された調光距離に合わせ
てください。
レディーライトの点灯を確認
して、撮影する
t レンズの絞り値情報がない場合
カメラから SB-910 にレンズの絞り値情報が伝達されない場合は、ファンクショ
ンボタン 3 に絞り値設定機能が割り当てられます。
SB-910 で設定した絞り値は
アンダーラインが表示されます。
C–14
発 光 モード
• スピードライトから被写体までの距
C
マニュアル発光モード
■ マニュアル発光モード時の発光量の設定方法
発光量表示が反転しているときにセレクターダイヤルを回すと発光量が変化します。
セレクターダイヤル
を左に回す
1/1
セレクターダイヤル
を右に回す
1/1
発光量 大
1/2
C
1/2
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
-0.3
-0.7
+0.7
+0.3
1/4
1/4
発 光 モード
1/8
1/8
1/16
1/16
1/32
1/32
1/64
1/64
1/128
1/128
発光量 小
• 上図のように、セレクターダイヤルを左に回すと分母が大きく(発光量が小さく)
なり、右に回すと分母が小さく(発光量が大きく)なります。
• 発光量は 1/3 段ずつ変化します(1/1 と 1/2 の間を除く)。従って、1/32 − 0.3
と 1/64 + 0.7 は同じ発光量を意味します。
• M 1/1 と 1/2 の間のステップ幅は、初期設定では 1 段ですが、カスタムメニュー
で 1/3 段に設定できます(0 B-17)。お使いのカメラによっては、シャッター
スピードを速くすると M 1/2 以上の光量が M 1/2 と同程度まで小さくなるこ
とがあります。
C–15
リピーティングフラッシュモード
シャッターが開いている間、スピードライトが連続発光して、1 コマの画面内に
被写体の連続した動きを写し込める発光モードです。
• リピーティングフラッシュ撮影時は、新品電池またはフル充電した電池を使用し、
1 回のレリーズごとにスピードライトの充電時間を充分にとってください。
• シャッタースピードが遅くなりますので、三脚のご使用をおすすめします。
• リピーティングフラッシュモードでは、撮影後の光量不足警告は行われません。
リピーティングフラッシュモードの設定方法
C
セレクターダイヤルを回して
を表示させる
[OK]ボタンを押す
リピーティングフラッシュモード時の表示例
発光量
発光間隔
調光距離(数値)
発光回数
調光距離(▼)
C–16
発 光 モード
[MODE]ボタンを押す
リピーティングフラッシュモード
発光量、発光回数、発光間隔の決め方
• 発光回数(Times)は 1 コマで連続発光させる回数です。
• 発光間隔(Hz)は 1 秒間当たりの発光回数です。
• 発光回数は最大の発光回数であり、露光中にだけ発光するため、シャッター
スピードを速くしたり、発光間隔を長く設定すると、実際の発光回数は設定
した回数以下になります。
C
• 発光量と発光間隔の組み合わせにより、次のように最大連続発光回数が制限
されています。表を参照して、各数値を設定してください。
発 光 モード
最大連続発光回数
発光間隔
1Hz
2Hz
3Hz
4Hz
5Hz
6Hz
7Hz
8Hz
9Hz
10Hz
20Hz
30Hz
40Hz
50Hz
60Hz
70Hz
80Hz
90Hz
100Hz
C–17
M1/8
発光量
M1/8– M1/8– M1/16 M1/16– M1/16– M1/32 M1/32– M1/32– M1/64 M1/64– M1/64– M1/128
1/3EV 2/3EV
1/3EV 2/3EV
1/3EV 2/3EV
1/3EV 2/3EV
14
16
22
30
36
46
60
68
78
90
90
90
90
12
10
8
6
6
5
5
4
14
12
10
7
7
6
6
5
18
14
12
10
10
8
8
6
30
20
20
20
20
10
10
8
36
24
24
24
24
12
12
9
46
30
30
30
26
14
14
10
60
50
40
32
28
24
22
20
68
56
44
36
32
26
24
22
78
64
52
40
36
30
28
26
90
80
70
56
44
36
32
28
90
80
70
56
44
36
32
28
90
80
70
56
44
36
32
28
90
80
70
56
44
36
32
28
4
5
6
8
9
10
12
14
18
24
24
24
24
リピーティングフラッシュモードの撮影手順
ファンクションボタン 2 を押して、
発光量表示を反転させる
セレクターダイヤルで発光量を設
定し、
[OK]ボタンを押す
• 発光量は、ファンクションボタン 2 を押
しても変更できます。
ファンクションボタン 3 を押して
発光間隔表示を反転させ、セレク
ターダイヤルで発光間隔を設定し、
[OK]ボタンを押す
カメラの液晶表示
設定した発光量と焦点距離からガ
イドナンバーを求める
• ガイドナンバーの詳細は、仕様をご覧
ください。(0H-17)
スピードライトから被写体までの
距離とガイドナンバーから絞り値
を求めて、カメラ側で絞り値を設
定する
• 絞り値は計算式で求めます。(0H-4)
• SB-910 では絞り値を設定できません。
• 設定した発光量と絞り値に見合う調光
距離が表示されます。
C–18
C
発 光 モード
• 設定できる発光量は、1/8 ∼ 1/128 です。
ファンクションボタン 3 を押して
発光回数表示を反転させ、セレク
ターダイヤルで発光回数を設定し、
[OK]ボタンを押す
リピーティングフラッシュモード
カメラの液晶表示
シャッタースピードを設定する
• 次の計算式で求めた秒数よりも遅いシャッタース
ピードにしてください。
発光回数÷発光間隔=秒数
• 例えば、発光回数を 10 回、発光間隔を 5Hz に設定
した場合、シャッタースピードは 2 秒より低速に設
定してください。
• Bulb(バルブ)も設定できます。
レディーライトの点灯を確認して、撮影
する
C
発 光 モード
t 撮影前に発光状態を確認するには
実際の撮影と同様にカメラと SB-910 を設定し、
テスト発光します。
• 設定した発光間隔と発光回数で発光します。
v リピーティングフラッシュ撮影時の露出の補正
• 手順の で設定した絞り値で得られる調光距離は、最初の発光で適正露出と
なる値です。そのままリピーティングフラッシュ撮影すると、像が重なった
部分の露出がややオーバーになります。
• 必要に応じてカメラ側の絞り値の設定でアンダー側に露出補正してください。
C–19
D ワイヤレス増灯撮影
SB-910 のワイヤレス増灯の仕組み
「アドバンストワイヤレスライティグ(初期設定)」と「SU-4 タイプ」
SB-910 では、
の 2 つのワイヤレス増灯撮影ができます。
• 一般的な増灯撮影にはアドバンストワイヤレスライティング撮影をおすすめ
します。
•「アドバンストワイヤレスライティング」と「SU-4 タイプ」はカスタムメニ
ューで切り換えます。(0B-17)
アドバンストワイヤレスライティング撮影
リモートフラッシュ
(Cグループ)
D
リモートフラッシュ
(Bグループ)
ワイヤレス増 灯 撮 影
リモートフラッシュ
(Aグループ)
モニター発光を指示
反射光をカメラが測光
カメラが発光を制御
カメラ+
マスターフラッシュ
• マスターフラッシュ(主灯)は、カメラに装着した SB-910(1 台のみ)です。
• リモートフラッシュ(補助灯)のグループは最大 3 つ(A、B、C)を設定できます。
• リモートフラッシュの 1 グループは 1 台または複数のスピードライトで設定で
きます。
• マスターフラッシュおよびリモートフラッシュの各グループごとに、異なる
発光モードや調光補正値を設定できます。
D–1
SB-910 のワイヤレス増灯の仕組み
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
リモートフラッシュ
D
カメラ+
マスターフラッシュ
ワイヤレス増 灯 撮 影
発光開始に連動して発光(AUTO(オート)モード時 /M(マニュアル)
モード時)
発光停止に連動して発光停止(AUTO(オート)モード時)
• マスターフラッシュ(主灯)は、カメラに装着したスピードライトまたはカ
メラの内蔵フラッシュが使えます。
• マスターフラッシュは必ずモニター発光を解除するか、モニター発光しない
発光モードに設定してください。
• リモートフラッシュの発光モードは、リモートフラッシュ側で設定します。
リモートフラッシュ同士は同じ発光モードに設定してください。
D–2
SB-910 のワイヤレス増灯撮影機能
マスターモード時
発光モード
• i-TTL 調光モード
• 絞り連動外部自動調光モード* 1 マスターフラッシュで設
定(グループごとに異な
• 外部自動調光モード* 1
るモードを設定可能)
• マニュアル発光モード
• 発光なし
アドバンス
トワイヤレ リピーティング カスタムメニューで設定
スライティ フラッシュ撮影
ング撮影
調光補正値
設定可能
使用可能
マスターフラッシュで設
定(グループごとに異な
る値を設定可能)
グループ
最大 3 グループ(A、B、C)
チャンネル* 2
4 チャンネル(1 ∼ 4)
• 絞り連動外部自動調光モード* 1
• AUTO(オートモード)
• 外部自動調光モード* 1
• M(マニュアルモード)
• 距離優先マニュアル発光モード
• OFF(受光禁止)
• マニュアル発光モード
プのワイヤ 発光モード
レス増灯
撮影
調光補正値
設定可能
−
* 1 カスタムメニューの設定に関係なく、絞り連動外部自動調光モードになります。レン
ズ情報(焦点距離、絞り値)が得られないときは、自動的に外部自動調光モードにな
ります。
* 2 4 つのチャンネルから 1 つを使用します。複数の人がアドバンストワイヤレスライテ
ィング撮影を行っているときは、誤発光を防止するため、他の人とは異なるチャンネ
ルに設定してください。
v マスターフラッシュの「発光なし」について
マスターフラッシュの発光モードを「発光なし」に設定して、リモートフラッ
シュのみで撮影する場合でも、マスターフラッシュは少光量発光します。この
少光量発光による露出への影響はほとんどありませんが、ISO 感度を高感度に
して近距離撮影すると被写体露出に影響を与える場合があります。この場合は、
影響がなくなるまでマスターフラッシュのフラッシュヘッドを上方向にバウン
ス調節してください。
D–3
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
SU-4 タイ
リモートモード時
マスターフラッシュとしての設定
ワイヤレス増灯モードスイッ
チの指標を[MASTER]に合
わせる
• ワイヤレス増灯モードスイッチはロ
ック解除ボタンを押しながら回して
ください。
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
マスターモード設定時の表示例(i-TTL 調光モード時)
マスターフラッシュの発光モード / 調光補正値
チャンネル
リモートフラッシュの発光モード / 調光補正値
マスターフラッシュの照射角
D–4
リモートフラッシュとしての設定
ワイヤレス増灯モードスイッ
チの指標を[REMOTE]に合
わせる
• ワイヤレス増灯モードスイッチはロ
ック解除ボタンを押しながら回して
ください。
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
リモートモード設定時の表示例
(アドバンストワイヤレスライティング時)
リモートモード
グループ
チャンネル
サウンドモニター
リモートフラッシュの照射角
D–5
アドバンストワイヤレスライティング撮影
撮影の手順
1. マスターフラッシュで発光モード、調光補正値、チャンネルを設
定する
[i-TTL 調光モード、チャンネル 1 の設定例 ]
マスターフラッシュのファン
ク シ ョ ン ボ タ ン 2 を 押 し て、
を反転表示させる
[MODE]ボタンを押してから、
セレクターダイヤルで[TTL]
を選択し、
[OK]ボタンを押す
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
ファンクションボタン 3 を押し
てから、セレクターダイヤル
で調光補正値を設定し、[OK]
ボタンを押す
ファンクションボタン 2 を押し
て、 を反転表示させる
• 他のグループを設定する場合は、セ
レクターダイヤルで選択してくださ
い。
手順 、 に準じて、グルー
プ A の発光モード、調光補正
値を設定する
グループ A と同様に、グルー
プ B、C を設定する
D–6
ファンクションボタン 3 を押
してから、セレクターダイヤ
ルで[CH1]を選択し、[OK]
ボタンを押す
2. リモートフラッシュのグループ、チャンネル、照射角を設
定する
[ グループ A、チャンネル 1 の設定例 ]
リモートフラッシュのファンク
ションボタン 2 を押してグループ
表示を反転させ、セレクターダイ
ヤルで [A] を選択し、
[OK]ボタン
を押す
• 設定中のグループ、チャンネルが大き
く表示されます。
ンネルに設定してください。
ファンクションボタン 1 を押して
照射角表示を反転させ、セレク
ターダイヤルで照射角を選択し、
[OK]ボタンを押す
レディーライトの点灯を確認して、
撮影する
D–7
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
ファンクションボタン 2 を押して
チャンネル表示を反転させ、セレ
クターダイヤルで [1] を選択し、
[OK]ボタンを押す
• 必ず、マスターフラッシュと同じチャ
アドバンストワイヤレスライティング撮影
リピーティングフラッシュ撮影について
アドバンストワイヤレスライティング撮影では、リピーティングフラッシュ撮
影ができます。
• リピーティングフラッシュモードへの切り換えは、カスタムメニューで行います。
(0B-17)
リピーティングフラッシュ時の表示例
リピーティングフラッシュモード
発光量
D
発光回数
チャンネル
ワイヤレス増 灯 撮 影
発光間隔
マスターフラッシュ、A、B、C グループの
発光(ON)/ 非発光(OFF)
D–8
リピーティングフラッシュ時の設定方法
• 発光モードは「発光あり」または「発光なし」しか設定できません。
• 発光量、発光回数、発光間隔はすべてのマスターフラッシュ、リモートフラ
ッシュに共通となります。
•「リピーティングフラッシュモード」を参照して発光量、発光回数、発光間隔
を設定してください。(0C-17)
1. マスターフラッシュを設定する
マスターフラッシュのファンクション
ボタン 2 を押して、設定する項目を
反転表示させる
ファンクションボタン 3 を押して
チャンネル表示を反転させ、セレク
ターダイヤルで選択し、
[OK]ボタン
を押す
2. リモートフラッシュを設定する
リモートフラッシュのグループ、チャンネル、照射角を設定する
• 設定方法は 0D-7 を参照してください。
D–9
ワイヤレス増 灯 撮 影
セレクターダイヤルで設定内容を
選択し、[OK]ボタンを押す
D
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
動きが速い被写体の増灯撮影には、SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影が適して
います。
SU-4 タイプのワイヤレス増灯の設定方法
カスタムメニューで「SU-4 タイプのワイヤレス増灯」を設
定する(0B-17)
ワイヤレス増灯モードスイッチの指標を[MASTER]または
[REMOTE] に合わせる
• ワイヤレス増灯モードスイッチはロック解除ボタンを押しながら回してく
D
ださい。
ワイヤレス増 灯 撮 影
マスターモード時の表示例
SU-4 タイプ
発光モード
マスターモード
リモートモード時の表示例
SU-4 タイプ
リモートモード
発光モード
サウンドモニター
リモートフラッシュの照射角
D–10
マスターフラッシュの発光モード
絞り連動外部自動調光、外部自動調光、距離
優先マニュアル発光、マニュアル発光モード
が設定できます。(0D-3)
発光モードは、
[MODE]ボタンを押してから、
セレクターダイヤルで選択し、[OK]ボタン
を押して決定します。
D
ると適正な露出が得られません。
• SB-910 はマスターモードに設定されると、モニター発光しません。
• SB-910 以外のスピードライトをマスターフラッシュとして使用時は、モニ
ター発光を解除してください。解除の方法は、それぞれのスピードライトの
使用説明書をご覧ください。
リモートフラッシュの発光モード
AUTO(オート)、M(マニュアル)、OFF(受光禁止)の 3 つがあります。
発光モードは、
[MODE]ボタンを押してから、
セレクターダイヤルで選択し、[OK]ボタン
を押して決定します。
D–11
ワイヤレス増 灯 撮 影
v マスターフラッシュのモニター発光を解除する
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影時は、マスターフラッシュがモニター発光す
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
(オート)モード:
• マスターフラッシュの発光開始と発光停止に連動して、リモートフラッシュ
も発光開始と発光停止を行います。
• マスターフラッシュとリモートフラッシュの発光量を合わせた調光ができます。
• マスターフラッシュの発光開始と発光停止を感知できる距離は、マスターフ
ラッシュの対向正面で約 7m 以内です。
(マニュアル)モード:
• マスターフラッシュの発光開始に連動して、リモートフラッシュが発光を開
始します。発光停止には連動しません。
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
• マスターフラッシュとリモートフラッシュの発光量を独立して設定できます。
• マスターフラッシュの発光開始を感知できる距離は、マスターフラッシュ対
向正面で約 40m 以内です。
• 発光量は M 1/1 ∼ M 1/128 に設定できます。
(受光禁止):
マスターフラッシュが発光しても、リモートフラッシュは発光しません。
v リモートフラッシュの誤発光を防止するには
リモートフラッシュは、静電気や周囲の電磁波ノイズによって発光する場合が
あるので、使用しないときは、必ず電源スイッチで電源を OFF にしてください。
D–12
撮影の手順
1. リモートフラッシュの発光モード、 照射角を設定する
[AUTO(オート)モードの設定例 ]
[MODE]ボタンを押してから、
セレクターダイヤルで[AUTO]
を選択し、
[OK]ボタンを押す
D
t M(マニュアル)モード時は発光量
を設定する
M(マニュアル)モード時はファンクション
ボタン 2 を押して発光量を設定してください。
D–13
ワイヤレス増 灯 撮 影
ファンクションボタン 1 を押して
照射角表示を反転させ、セレク
ターダイヤルで照射角を選択し、
[OK]ボタンを押す
SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
2. マスターフラッシュの発光モードを設定する
[ 絞り連動外部自動調光モードの設定例 ]
[MODE]ボタンを押してから、
セレクターダイヤルで
を
選択し、[OK]ボタンを押す
• リモートフラッシュを AUTO(オート)
に設定した場合は、絞り連動外部自
動調光、外部自動調光、距離優先マ
ニュアル発光、マニュアル発光モー
ドに設定します。(0D-3)
D
• リモートフラッシュを M(マニュアル)
ワイヤレス増 灯 撮 影
に設定した場合は、マニュアル発光
モードに設定します。
レディーライトの点灯を確認
して、撮影する
D–14
リモートフラッシュについて
リモートフラッシュの設定について
• SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-R200 はリモートモードに
設定するとスタンバイ機能が解除されます。電池の消耗に注意してください。
• リモートフラッシュの照射角は、狙いがはずれても被写体に光が充分に当た
るように、撮影画角より広めに設定します。特に、被写体に近い場合は、よ
り広くする必要があります。
リモートフラッシュの配置について
• リモートフラッシュは、マスターフラッシュの光がワイヤレスリモートセン
D–15
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
サー窓に入る位置(通常はカメラより被写体に近い位置)に置きます。特に、
手持ちで撮影する場合、マスターフラッシュの光が確実にワイヤレスリモー
トセンサー窓に入るように、リモートフラッシュはカメラより前に配置して
ください。
リモートフラッシュについて
• マスターフラッシュとリモートフラッシュの距離は、マスターフラッシュの
対向正面で約 10 mまで、両サイドで約 7 mまでが目安です(アドバンストワ
イヤレスライティング撮影時)。ただし、周囲の照明環境により、この距離は
多少変化します。
• 同時に使用できるリモートフラッシュの台数に制限はありません。しかし、
撮影環境によっては他のスピードライトの発光の影響を受けることがあるため、
3 台程度が実用的です。アドバンストワイヤレスライティング撮影の場合は、
1 グループ最大 3 台程度を目安にしてください。
• 同じグループのリモートフラッシュは一ヵ所にまとめ、同じ方向に向けてく
ださい。
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
グループC
約10m以内
約5∼7m
30°
以内
主灯
グループB
30°
以内
約5∼7m
グループA
D–16
• マスターフラッシュとリモートフラッシュの間に障害物があると、正常な交
信ができません。
• リモートフラッシュの光が、カメラの撮影レンズやマスターフラッシュの外
部自動調光用センサー窓に入らないようにしてください。
• 付属のスピードライトスタンド AS-21 を使用すると、リモートフラッシュを
安定して設置できます。スピードライトの取り付け、取り外しは、アクセサ
リーシューと同様に行ってください。
D
ワイヤレス増 灯 撮 影
• 配置が終わったら、必ずマスターフラッシュのテスト発光ボタンを押して、
リモートフラッシュが発光することを確認してください。
• 必ずリモートフラッシュのレディーライトの点灯を確認してから撮影してく
ださい。
D–17
ワイヤレス増灯撮影時の状況確認について
ワイヤレス増灯撮影時、撮影前後の SB-910 の状況は、レディーライトとモニタ
ー音で確認することができます。
• リモートフラッシュの状況を音で知るには、サウンドモニター ON に設定します。
サウンドモニターの ON/OFF は、ファンクションボタン 3 で切り換えます。
• リモートフラッシュのレディーライトは消費電力節減のため、カスタムメニ
ューで消灯させることができます。初期設定は、後側のレディーライトが点灯、
前側のレディーライト(リモートモード時)が点滅する設定です。(0B-19)
レディーライトとモニター音による状況確認
マスター
フラッシュ
D
レディーライト
ワイヤレス増 灯 撮 影
点灯
リモートフラッシュ
後側が点灯、前側
(リモートモード時) ピー(1 回)
が点滅
後側が点灯、前側
消灯後、
ピッピッ
充電完了で (リモートモード時)
(2 回)
が点滅または消灯
点灯
速い点滅
点滅
(約 3 秒間) (約 3 秒間)
消灯後、
速い点滅
充電完了で
(約 6 秒間)
点灯
D–18
充電完了
正常発光
ピーピーピー
(約 3 秒間)
光量不足警告* 1
光量不足の可能性があります。スピー
ドライトから被写体までの距離を短くす
る、絞り値を開放側にする、ISO 感度を
上げるなどして、撮影し直してください。
ピー、ピー、
ピー ( 約 3 秒間 )
(リモートフラッ
シュのグループ
によって音程が
異なる)
リモートフラッシュが正常に信号を受信
できませんでした。スピードライト自身
の反射光や、他のリモートフラッシュの
光が強く入ってマスターフラッシュの発
光停止を検出できなかった可能性があ
ります。リモートフラッシュの位置を変
えて、撮影し直してください。
* 1 次の警告画面が表示されます。
マスターフラッシュ
状 態
サウンド
モニター
レディーライト
リモートフラッシュ
E 主な機能
SB-910 の各種撮影機能や撮影をサポートする機能、カメラで設定する撮影機能
を説明しています。
• カメラ側の機能や設定については、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
配光タイプ切り換え機能(0E-2)
バウンス撮影(0E-4)
近距離撮影(0E-9)
カラーフィルターを使用した撮影(0E-12)
撮影をサポートする機能
(0E-18)
オート FP ハイスピードシンクロ撮影
FV ロック撮影
スローシンクロ(スローシャッター)撮影
赤目軽減発光撮影 / 赤目軽減スローシンクロ(スローシャッ
ター)撮影
後幕シンクロ撮影
E–1
E
主な機 能
カメラ側の設定による
撮影機能(0E-24)
調光補正
オートパワーズーム
AF 補助光
ISO 感度の手動設定
テスト発光
モデリング発光
スタンバイ
過熱防止
配光タイプ切り換え機能
スピードライトの配光は、画面中央がいちばん明るく、周辺になるほど暗くな
るのが一般的です。SB-910 では、画面中央と周辺の光量差を制御する配光タイプ
を 3 種類備えており、撮影シーンに応じて選択できます。
スタンダード配光
一般的なスピードライト撮影に適した、
基本的な配光タイプです。
E
均質配光
主な機 能
周 辺 部 の 光 量 落 ち が、 ス タ ン ダ ー ド
配光よりさらに少ないタイプです。
• 集合写真など、画面の周辺部まで明る
くしたい撮影に適しています。
中央部重点配光
スタンダード配光に比べて、画面周辺部
の光量は落ちますが、中心部ではより大
きなガイドナンバーが得られます。
• ポートレートなど、四隅の光量落ちを
気にしない撮影に適しています。
E–2
配光タイプの設定方法
ファンクションボタン1を
押して、照射角表示を反転さ
せる
ファンクションボタン3を
押して、配光タイプを切り換
える
• 設定中の配光タイプはアイコンで表示
されます。
スタンダード配光
均質配光
E
中央部重点配光
主な機 能
t バウンスアダプター装着時、ワイドパネル設定時は
ファンクションボタン 1 を押して、配光
タイプを切り換えます。
• ファンクションボタン 1 を押すと、
配光タイプに合わせて照射角も切り
換わります。
E–3
バウンス撮影
フラッシュヘッドを回転させて、天井などに反射させた光を利用する撮影をバ
ウンス撮影といいます。被写体に正面からスピードライトの光を当てる場合に
比べて、次のような効果があります。
• 近い被写体だけが白とびするのを軽減できます。
• 背景に出る影を弱められます。
• 人物の肌や髪や服のてかりを抑えられます。
• バウンスアダプターを装着すると、スピードライトの光が広く拡散して、さ
らにソフトに照明できます。
• バウンス撮影の比較作例の詳細は、別冊「作例集」をご覧ください。
フラッシュヘッドの設定方法
フラッシュヘッドロック解除
ボタンを押しながら、フラッ
シュヘッドを回転させる
• 上方向 90 °
∼下方向 7 °
、左右に 180 °
E
主な機 能
ずつ回転できます。
• 図に示す数値の角度でクリックスト
ップします。
0°
12
15
0°
E–4
バウンス角度、反射面の選び方
• フラッシュヘッドを上方向に設定して、天井(反射面)にバウンスさせるの
が最も簡単な撮影方法です。
• カメラを縦位置に構えた場合は、フラッシュヘッドを左右に回転させると、
同様の効果が得られます。
• カメラ後方の天井や壁にバウンスさせると、上方バウンスに比べて、さらに
やわらかく照明できます。
• 反射面は、白色系で反射率の高いものを選んでください。反射面に色があると、
被写体にその色が影響します。
• スピードライトの光が直接被写体に当たらないように注意してください。
• フラッシュヘッドと反射面との距離は、撮影状況にもよりますが、1 ∼ 2m 前
後が理想的です。
• 反射面が遠過ぎる場合は、白い紙(A4 判程度)を反射面に利用すると効果的です。
このとき、反射光が被写体に当たっていることを確認してください。
E
主な機 能
後方15°
白色系天井
1-2m
90º
光を通さない白い紙
E–5
バウンス撮影
バウンスアダプターの使い方
• スピードライトの光がバウンスアダプターによって広い範囲に拡散され、
さらに光をやわらげ影を抑えることができます。
• カメラを縦位置に構えた場合でも、同様の効果が得られます。
• ワ イ ド パ ネ ル を 併 用 す る と、 さ ら に 光 を 拡 散 す る 効 果 が 得 ら れ ま す。
(0E-10)
E
主な機 能
装着方法
照射角表示
E–6
バウンスアダプターは図のよう
に、Nikon ロゴを上にして取り
付けてください。
• バウンスアダプター装着時の照射角
は、 配 光 タ イ プ に 応 じ て、FX フ ォ ー
マットでは 12mm、14mm、17mm、
DX フォーマットでは 8mm、10mm、
11mm に切り換えられます。(0H-16)
• 配光タイプはファンクションボタン 1
で切り換えてください。(0E-3)
バウンス撮影の手順
発光モードを設定する
• i-TTL 調光、絞り連動外部自動調光、
外部自動調光のいずれかに設定しま
す。
カメラの液晶表示
カメラ側で絞り値、シャッタ
ースピードなどを設定する
E
t バウンス撮影時の絞り値の設定方法
• 通常(フラッシュヘッドが正面位置)の撮影に比べて、バウンス撮影は光量
が減少するため、2 ∼ 3 段開放側(小さい数値)の絞り値に設定して、撮影結
果を見て調整してください。
• フラッシュヘッドを正面以外の位置に設定すると、調光範囲の表示が消灯します。
正面位置で調光範囲と絞り値を確認してから、絞り値を設定してください。
E–7
主な機 能
フ ラ ッ シ ュ ヘ ッ ド を 設 定 し、
撮影する
•「フラッシュヘッドの設定方法」を参
照して設定してください。(0E-4)
バウンス撮影
■
t キャッチライト反射板の使い方
• バウンス撮影時、キャッチライト反射板を使うと、人物の目に光を与えて、
目を生き生きと表現できます。
• フラッシュヘッドは上方 90°に向けてください。
「フラッシュヘッドの設定方法」
を参照して設定してください。(0E-4)
反射板の設定方法
ワイドパネルと反射板を一緒に引き出
して、ワイドパネルだけを押し戻して
ください。
• 戻すときは、再度ワイドパネルを引
き出して、反射板と一緒に押し戻し
てください。
E
主な機 能
E–8
近距離撮影
スピードライトから被写体までの距離が約 2m より近い場合は、フラッシュヘッ
ドを下方向に設定すると、被写体の下側にもスピードライトの光を充分に回す
ことができます。
• フラッシュヘッドを下方向に設定すると、
下方バウンスアイコンが表示されます。
0°
7°
• ワイドパネルを使用すると、スピードラ
イトの光が拡散されるため、影を弱めた
り、顔のてかりなどを抑える効果があり
ます。
• 全長が長いレンズでは、スピードライト
下方バウンスアイコン
の光がレンズの先端部分でさえぎられる
場合があるので、ご注意ください。
• 近距離撮影時は、スピードライトの配光
E–9
E
主な機 能
や使用するレンズ、焦点距離などにより、
撮影画面の一部が光量不足になるケラレ
現象が発生する場合があります。試し撮
りをおすすめします。
近距離撮影
ワイドパネルの設定
ワイドパネルをゆっくり引き
出して発光部側に倒す
キャッチライト反射板を押し
戻す
• ワイドパネルを戻す場合は、ワイ
E
ドパネルを起こして、まっすぐ奥
まで押し込んでください。
主な機 能
照射角表示
• ワイドパネル設定時の照射角は、配光
タイプに応じて、FX フォーマットで
は 12mm、14mm、17mm、DX フォ
ーマットでは 8mm、10mm、11mm
に切り換えられます。(0H-16)
• 配光タイプはファンクションボタン 1
で切り換えてください。(0E-3)
• 照射角を手動で設定する場合は、カス
タムメニューの「ワイドパネル破損
時の照射角の手動設定」で「ON(手
動設定可能)」に設定してください。
(0B-20)
E–10
下方バウンスによる近距離撮影の手順
発光モードを設定する
ワイドパネルを設定する
フラッシュヘッドを下方向に
設定する
t ワイドパネルが取れてしまった場合は
• ワイドパネルを設定した状態で強い衝撃を与えると、ワイドパネルが外れる
おそれがありますので、ご注意ください。
• ワイドパネルが取れてしまった場合の補修は、ご購入店またはニコンサービ
ス機関にご依頼ください。
• ワイドパネルが取れるとワイドパネルを設定した
状態と同じになり、照射角は任意に設定できなく
なります。照射角を変更する場合は、カスタムメ
ニューの「ワイドパネル破損時の照射角の手動設定」
で手動設定可能にしてください。(0B-20)
• 照射角の手動設定時は、表示が四角で囲まれます。
E–11
主な機 能
レディーライトの点灯を確認
して、撮影する
E
カラーフィルターを使用した撮影
SB-910 には、蛍光灯用と電球用の色補正カラーフィルターが付属しています。
• カラーフィルターによる撮影効果の詳細は、別冊「作例集」をご覧ください。
• スピードライトの光の着色には、別売のカラーフィルターセット SJ-3 とカラ
ーフィルタホルダー SZ-2 が必要です。(0H-10)
カラーフィルターの種類と用途
カラーフィルター
E
用途
蛍光灯用カラーフィルター
(SZ-2FL。付属品)
蛍光灯の光源による影響を補正
電球用カラーフィルター
(SZ-2TN。付属品)
電球の光源による影響を補正
着色用カラーフィルター(SJ-3。別売)
スピードライトの光に着色
主な機 能
t 付属のカラーフィルターと別売のカラーフィルターの補正効果について
付属のカラーフィルター SZ-2TN(電球用)と別売のカラーフィルター TN-A1/
TN-A2(電球用)は、補正効果が多少異なるため、同じ光源で撮影しても画像に
再現される色味に若干の差があります。この差は、カメラのホワイトバランス
の微調整で補正することができます。調整量は 0E-17 をご覧ください。
E–12
色補正用カラーフィルター(付属品)の使い方
SZ-2FL
カラーフィルターを、フラッシ
ュヘッドにかぶせて差し込む
• 図のように、Nikon ロゴを上にして取
り付けてください。
表示を確認する
• カラーフィルターの種類が表示されま
す。
• SB-910 からカメラにカラーフィルター
の情報が送られます。
E
主な機 能
蛍光灯用カラーフィルター
電球用カラーフィルター
E–13
カラーフィルターを使用した撮影
着色用カラーフィルター(別売)の使い方
カラーフィルターを折り線のと
ころで、きちんと折りまげる
図のように、カラーフィルター
をカラーフィルターホルダー
(SZ-2。別売)に装着する
• カラーフィルターの端をホルダーの切
り込みに差し込み、フィルターの位置
合わせ穴とホルダーの突起を合わせて
ください。
• カラーフィルターの識別コード(銀色
のマーク)をホルダーの黒い部分に合
わせてください。
E
• カラーフィルターはホルダーに密着さ
主な機 能
せてください。浮き上がったり、端が
めくれたりしている場合は、装着し直
してください。
カラーフィルターホルダーを、
フラッシュヘッドにかぶせて差
し込む
• 図のように、Nikon ロゴを上にして取
り付けてください。
• カラーフィルターホルダーは、必ずカ
ラーフィルターを付けてからフラッシ
ュヘッドに装着してください。
E–14
表示を確認する
• カラーフィルターの種類が表示されま
す。
• カラーフィルター識別センサーはふさ
がないでください。
フィルター RED 装着時
FL-G1(蛍光灯用)
RED(赤)
FL-G2(蛍光灯用)
BLUE(青)
TN-A1(電球用)
YELLOW(黄色)
TN-A2(電球用)
AMBER(肌色)
• 図の警告表示が出た場合は、カラー
警告表示
v 着色用カラーフィルター(SJ-3)使用上のご注意
• カラーフィルターは消耗品です。外観が著しく劣化したときは、予備のフィ
ルターと交換してください。
• 発光時の熱などによってカラーフィルターの外観が変形しても、性能には問
題ありません。
• カラーフィルターにキズ等があっても、変色していないかぎり、性能には問
題ありません。
• カラーフィルターが汚れた場合は、乾いた柔らかい布などで軽く拭き取って
ください。
E–15
E
主な機 能
フィルターが正常に装着されていませ
ん。再度、装着し直してください。
カラーフィルターを使用した撮影
カラーフィルターとカメラのホワイトバランス設定
カメラのホワイトバランスを「オート」または「フラッシュ」に設定し、色補
正用カラーフィルターを装着すると、カメラが自動的に最適なホワイトバラン
スを設定します。
• 着色用カラーフィルター使用時は、カメラのホワイトバランスを「オート」、
「フ
ラッシュ」、「晴天」のいずれかに設定します。
• フィルター識別機能を備えていないカメラ( D2 シリーズ、D1 シリーズ、
D200、D100、D80、D70 シリーズ、D60、D50、D40 シリーズ)では、装
着したカラーフィルターに合わせて、次の表を参照して、カメラのホワイト
バランスを設定してください。
• ホワイトバランスの詳細は、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
E
主な機 能
E–16
■ カメラ別のホワイトバランス設定
カメラ
フィルター
D4、D3*1、D3X、D3S、
D800シリーズ、D700、 シリーズ、 、
D1X
D2
D600、D300*2、
D1H、D200、D100、
D300S、D90、D7000、
D1、D50
D80、D70シリーズ、
D5100、D5000、
、D40シリーズ
D60
D3200、D3100、
D3000
SZ-2FL(蛍光灯用) オート、フラッシュ
SZ-2TN(電球用) オート、フラッシュ*3
FL-G1、FL-G2
オート、フラッシュ
(蛍光灯用)
TN-A1(電球用)
TN-A2(電球用)
オート、フラッシュ
推奨しません
推奨しません
電球
電球 推奨しません
推奨しません
電球(微調整+ 3)、
+ 1.0EV * 4
晴天(微調整+ 3)、
+ 0.3EV * 4
推奨しません
* 1 D3 カメラのファームウェアが A:2.00、B:2.00 以降で対応。
* 2 D300 カメラのファームウェアが A:1.10、B:1.10 以降で対応。
* 3 SZ-2TN 使用時に TN-A1/TN-A2 と同じ補正効果を得るには、ホワイトバラ
ンスを「オート」に設定するか、「フラッシュ」で微調整量 A6 に設定して
ください。
* 4 ホワイトバランスおよび調光補正値を設定してください。
• 撮影結果を見て、必要に応じて調光補正値などを調整してください。
E–17
E
主な機 能
着色用
オート、フラッシュ、 オート、フラッシュ、
カラーフィルター
オート、フラッシュ、
晴天(AMBER は
晴天(AMBER は
晴天
(RED、BLUE、
+ 0.7EV *4)
+ 0.7EV * 4)
YELLOW、AMBER)
撮影をサポートする機能
調光補正
スピードライトの発光量だけを意図的に変えて、背景の明るさを変えずに主要
被写体の明るさのみを変えることを調光補正と言います。
• 主要被写体を明るくしたい場合は+側に、暗くしたい場合は−側に補正します。
• 発光モードが i-TTL 調光、絞り連動外部自動調光、外部自動調光、距離優先マ
ニュアル発光モードの場合に補正できます。
ファンクションボタン 2 を押し
て、調光補正値表示を反転さ
せる
セレクターダイヤルで調光補
正値を設定する
• + 3.0 ∼− 3.0 の範囲で、1/3 段ステ
E
ップで設定できます。
主な機 能
[OK]ボタンを押す
v 調光補正を解除するには
• 調光補正値を“0”に設定してください。
• 電源を OFF にしても、調光補正は解除されません。
t 調光補正機能を備えたフラッシュ内蔵デジタル一眼レフカメラにつ
いて
• 調光補正機能を備えたフラッシュ内蔵デジタル一眼レフカメラは、カメラ側
でも発光量を補正できます。詳細はお使いのカメラの使用説明書をご覧くだ
さい。
• スピードライトとカメラの両方で調光補正した場合は、両方の補正量を加算
して発光します。ただし、スピードライトの表示パネルにはスピードライト
で設定した補正値のみが表示されます。
E–18
オートパワーズーム
SB-910 は、レンズの焦点距離に合わせて照射角が自動的に設定されます。
• 自動設定できる照射角は設定によって異なります。詳細は「仕様」をご覧く
ださい(0H-16)。
オートパワーズーム
照射角の手動設定
オートパワーズーム禁止
(手動設定専用)
バウンスアダプター装着時
ワイドパネル使用時
オートパワーズーム状態
最広角側の照射角
最望遠側の照射角
■ 照射角の手動設定
レンズの焦点距離と異なる照射角に設定する場合は、手動で設定します。
ルで照射角を設定します。
• セレクターダイヤルを時計回りに回すと数値が増え、反時計回りに回すと数
値が減ります。
• ファンクションボタン 1 を押して照射角を設定することもできます。ボタン
を押すごとに数値が増え、最望遠の次は最広角になります。
• 自動設定に戻る場合は、ファンクションボタン 1 を押して
示されたらファンクションボタン 2 を押してください。
アイコンが表
■ オートパワーズームの禁止
オートパワーズーム機能はカスタムメニューで禁止できます。(0B-18)
• オートパワーズームを禁止すると照射角表示に が表示されます。
• 照射角を手動で設定でき、ズーミングやレンズ交換または電源 ON/OFF を行
っても照射角が変わりません。
• 照射角の設定方法は上の「照射角の手動設定」と同じです。
E–19
E
主な機 能
• 手動設定時は照射角表示に が表示されます。
• ファンクションボタン 1 を押して照射角表示を反転させ、セレクターダイヤ
撮影をサポートする機能
AF 補助光
被写体が暗く、オートフォーカスでのピント合わせが難しい場合でも、AF 補助
光により、オートフォーカスでピントを合わせることができます。
• SB-910 の AF 補助光はマルチポイント AF に対応しています。
• AF 補助光は CLS に対応していないカメラおよびニコン クールピクスでは使用
できません。
■
AF 補助光の使用条件
• AF 補助光は、オートフォーカスができるレンズを使い、フォーカスモードが
シングル AF サーボ“S”(フォーカス優先モード)、“AF-A”または“AF”に
設定されている場合に使えます。
• AF 補助光の有効距離は画面中央部分で約 1m ∼ 10m(50mm f/1.8 レンズ使
用時)です。使用レンズによっては、有効距離が短くなる場合があります。
E
• 使用できるレンズ焦点距離は 17mm ∼ 135mm です。オートフォーカス可能
なフォーカスポイントは、次の図の通りです。
主な機 能
D3 シリーズカメラの場合
17 ∼ 19mm の場合
20 ∼ 105mm の場合
106 ∼ 135mm の場合
• フォーカスロックしている場合や、レディーライトが点灯していない場合は、
AF 補助光が照射されません。
• 詳細はお使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
■
AF 補助光 / 本発光禁止の設定
カスタムメニューで AF 補助光の照射 / 禁止、スピードライトの発光禁止を設定
できます。(0B-18)
:AF 補助光を照射します。(初期設定)
:AF 補助光の照射を禁止します。AF が表示されません。
E–20
:スピードライトの発光を禁止し、AF 補助光だけを照
射します。
v AF 補助光を使用してもピントが合わない場合は
AF 補助光が照射されてもファインダー内のピント表示が点灯しないときは、マ
ニュアルフォーカスでピントを合わせてください。
t SB-910 をカメラから離して使用する際には
AF 補助光機能を備えた TTL 調光コード SC-29 を使用すると、SB-910 をカメラか
ら離して使用する際にも、AF 補助光を使用したオートフォーカスでのピント合
わせができます。(0H-10)
t フラッシュ内蔵カメラの AF 補助光との関係
されます。
ISO 感度の手動設定
ISO 感度はカスタムメニューで手動設定に変更することができます。(0B-19)
• 設定できる ISO 感度は ISO3 ∼ 8000 です。ただし、カメラからの ISO 感度情報
がある場合は、そちらが優先されます。
テスト発光
テスト発光ボタンを押すと発光して、SB-910 が正常に発光するかどうかを確認
できます。
• テスト発光とモデリング発光は、カスタムメニューで切り換えます。
(0B-18)
• テスト発光の光量は、発光モードや設定によって異なります。
• ワイヤレス増灯でマスターモードに設定しているときは、テスト発光
できません。
E–21
E
主な機 能
• カメラ側に AF 補助光機能がある場合でも、SB-910 の AF 補助光が優先され、
自動的に AF 補助光が照射されます。カメラの AF 補助光は照射されません。
• SB-910 で AF 補助光の照射を禁止している場合は、カメラの AF 補助光が照射
撮影をサポートする機能
モデリング発光
テスト発光ボタンを押すと一定の微小光量で連続発光して、てかりや影など、
ライティング状態をチェックすることができます。
• テスト発光とモデリング発光は、カスタムメニューで切り換えます。
(0B-18)
• 発光時間は、最長約 1.5 秒間です。
• モデリング発光機能を持つカメラのプレビューボタンを押すと、SB-910 がモ
デリング発光に設定されていなくてもモデリング発光します。詳細はお使い
のカメラの使用説明書をご覧ください。
■ アドバンストワイヤレスライティング撮影時(0D-6)
• マスターフラッシュのテスト発光ボタンを押すと、発光に設定されているマ
E
スターフラッシュおよびリモートグループが一定の光量でモデリング発光し
ます。
• カメラのプレビューボタンを押すと、発光に設定されているマスターフラッ
主な機 能
シュおよびすべてのリモートフラッシュが、設定されたモードと光量でモデ
リング発光します。
■
SU-4 方式のワイヤレス増灯撮影時(0D-10)
• カメラのプレビューボタンを押すと、マスターフラッシュのみがモデリング
発光します。
• マスターフラッシュのモデリング発光によってリモートフラッシュが連続的
に発光しますが、これはモデリング発光ではありません。
スタンバイ
SB-910 とカメラを操作しない状態が一定時間続
くと、自動的に待機(スタンバイ)状態になり、
電池の消耗を抑えます。
• SB-910 のスタンバイ機能はカメラの半押し
タイマーに連動しています(初期設定)
。
• スタンバイ状態になるまでの時間は、カスタ
ムメニューで変更できます。(0B-19)
E–22
スタンバイ状態から電源 ON にするには
• カメラのシャッターボタンを半押しします。
• SB-910 の電源スイッチを OFF にし、再度[ON]、
[REMOTE]または[MASTER]
に合わせます。
• テスト発光ボタンを押します。
過熱防止
SB-910 は過熱による発光パネルおよび本体の破損を防止する機能を備えています。
ただし、この機能は発光によって発光部の温度が上昇するのを防止するもので
はありません。連続発光を繰り返す場合は、温度上昇に注意してください。
• 連続発光などによって発光部の温度が上昇して、発光パネルや本体に破損の
おそれがある場合は、「高温検出警告画面」に変わり、発光が禁止されて、電
源 OFF とカスタムメニュー設定を除く操作ができなくなります。
平常時の画面
高温検出警告画面 1 ∼ 3
E
主な機 能
温度が高い
• 発光部を自然冷却してください。
• 警告画面が消えると、通常の操作ができます。
• 照射角が変化することによって、まれに「高温検出警告画面」が出たり消え
たりすることがありますが、故障ではありません。
E–23
カメラ側の設定による撮影機能
次の撮影機能は、それぞれの機能を備えたカメラとの組み合わせでできる撮影で、
カメラ側で設定します。スピードライトでは設定できません。
• カメラ側の機能や設定の詳細は、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
オート FP ハイスピードシンクロ撮影
対応カメラの最高速度までの高速シャッタースピードが使える機能です。
• シャッタースピードがフラッシュ同調シャッタースピードよりも高速側にな
った場合、自動的に FP 発光に切り替わります。
• 日中の撮影でも、フラッシュ同調シャッタースピードを気にすることなく、
レンズの絞りを開いて背景をぼかした撮影がお楽しみいただけます。
• アドバンストワイヤレスライティングによる増灯撮影時でも機能します。
• 使用できる発光モードは、i-TTL 調光、モニター発光あり絞り連動外部自動調光、
モニター発光あり外部自動調光、距離優先マニュアル発光、マニュアル発光です。
E
• FP 発光時の TTL 調光範囲、ガイドナンバーについては「仕様」をご覧ください。
(0H-19)
主な機 能
FV ロック撮影
FV ロックするとフラッシュ調光量がロックされるため、構図を変えても被写体
の明るさを一定に保ったまま撮影できます。
• FV ロック中にズーミングや絞り値の変更をしても、発光量は自動追随するの
でフラッシュ調光量(明るさ)は変わりません。
• FV ロック中はフラッシュ調光量を一定にしたまま複数のコマを撮影できます。
• アドバンストワイヤレスライティングによる増灯撮影時でも機能します。
• 使用できる発光モードは、i-TTL 調光、モニター発光あり絞り連動外部自動調光、
モニター発光あり外部自動調光です。
• FV とは Flash Value の略で、フラッシュによる被写体の露光量を意味します。
スローシンクロ(スローシャッター)撮影
背景の露出を考慮して、低速シャッタースピードに制御されるので、夕景や夜
景の雰囲気を生かした撮影ができます。
• シャッタースピードが遅くなるので、三脚のご使用をおすすめします。
E–24
赤目軽減発光撮影 / 赤目軽減スローシンクロ
(スローシャッター)撮影
本発光直前に小光量で 3 回発光して、暗いところで人物の瞳が赤く写る「赤目現象」
を軽減して撮影できます。
• 赤目軽減スローシンクロ(スローシャッター)撮影は、赤目軽減発光とスロー
シンクロ(スローシャッター)撮影が同時に設定されます。
• 赤目軽減スローシンクロ(スローシャッター)撮影ではシャッタースピード
が遅くなるので、三脚のご使用をおすすめします。
後幕シンクロ撮影
夜間、動いている被写体を通常の先幕シンクロで低速シャッタースピードで撮
影すると、光の軌跡が被写体の前方に流れ、不自然な写真になってしまいます。
後幕シンクロでは、光の軌跡が被写体の後方に流れる自然な撮影ができます。
• 先幕シンクロ時は先幕走行終了直後に発光しますが、後幕シンクロ時は後幕
• 通常、シャッタースピードを低速にして撮影するので、三脚のご使用をおす
すめします。
• リピーティングフラッシュモード時は使用できません。
先幕シンクロ時
後幕シンクロ時
E–25
E
主な機 能
走行開始直前に発光します。
F
CLS 非対応一眼レフカメラ使用時
SB-910 は、CLS 非対応一眼レフカメラとの組み合わせでも使えますが、いくつ
かの機能は制限されます。
• 制限される機能は、使用するカメラによって異なります。
• 使用するカメラの使用説明書もあわせてご覧ください。
CLS 対応カメラと非対応カメラの違い
CLS 対応カメラ
カメラ通信
アイコン
使用できる
発光モード
表示される
• i-TTL 調光モード
• 絞り連動外部自動調光モード
• 外部自動調光モード
• 距離優先マニュアル発光モード
• マニュアル発光モード
• リピーティングフラッシュ
モード
ISO 感度設定
自動設定
•
アドバンストワイヤレスライ
ティング
SU-4 タイプ
CLS 非対応カメラ
表示されない
•
•
•
•
外部自動調光モード
距離優先マニュアル発光
モード
マニュアル発光モード
リピーティングフラッシュ
モード
カスタムメニュー設定
• SU-4 タイプ
使用できる
ワイヤレス増灯撮影
C
L
S
使用可能(フィルター識別機能 使用可能
カラーフィルターを
搭載カメラではフィルター情報 (ただし、フィルター情報は
使用した撮影
伝達しません)
を伝達)
非対応一眼レフカメラ使用時
F
FV ロック撮影
•
使用可能
使用不可
オート FP ハイス
使用可能
ピードシンクロ撮影
使用不可
赤目軽減発光撮影
使用可能
使用不可
後幕シンクロ撮影
使用可能
使用可能
AF 補助光
使用可能
(マルチポイント AF に対応)
使用不可
ファームアップ機能
使用可能
(ファームアップ対応カメラ)
使用不可
F–1
G ニコン クールピクスとの組み合わせについて
SB-910 は、次のニコン クールピクスとの組み合わせでも使えますが、いくつか
の機能は制限されます。
CLS 対応ニコン クールピクス(P7100、P7000、P6000)
i-TTL 対応ニコン クールピクス(P5100、P5000、E8800、E8400)
• 使用するカメラの使用説明書もあわせてご覧ください。
CLS 対応
ニコン クールピクス
使用できる発光モード
使用できるワイヤレス
増灯モード* 1
ニコンクールピクスとの組み合わせについて
ニコン クールピクス使用時
i-TTL 対応
ニコン クールピクス
• スタンダード i-TTL 調光モード
• 絞り連動外部自動調光モード
• 外部自動調光モード
• 距離優先マニュアル発光モード
• マニュアル発光モード
• リピーティングフラッシュモード
• アドバンストワイヤレス • SU-4 タイプ
ライティング
• SU-4 タイプ
FV ロック撮影
使用不可
オート FP ハイスピード
シンクロ撮影
使用不可
AF 補助光
使用不可
ファームアップ機能
使用不可
G
* 1 ニコン クールピクスの内蔵フラッシュをマスターフラッシュに、SB-910
をリモートフラッシュにしたワイヤレス増灯撮影はできません。
G–1
ニコン クールピクスとの組み合わせについて
t CLS 対応のニコン クールピクスについて
• マスターフラッシュになる SB-910、SB-900、SB-800、SB-700 またはワイヤ
レススピードライトコマンダー SU-800 をニコン クールピクスのアクセサリ
ーシューに取り付けて、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600 などを「リ
モートモード」に設定すれば、ワイヤレス増灯撮影ができます。
ニコンクールピクスとの組み合わせについて
• 設定条件など詳細は、お使いのカメラの使用説明書をご覧ください。
t CLS 対応ニコン クールピクスとの組み合わせ時の照射角の設定
オートパワーズーム機能により、レンズの焦点距離に合わせて照射角が自動的
(ズームオート)が表
に設定されます。このとき、照射角表示には
示され、照射角の数値は表示されません。
G
G–2
H 使用上のご注意・資料
トラブルへの対処、お手入れの方法や製品の保証などを説明しています。また、
使用できるアクセサリーもご紹介しています。
故障かな?と思ったら
トラブルが起きたり、警告表示が出たら、ご購入店やニコンサービス機関にお
問い合わせになる前に、次の項目を確認してください。
SB-910 のトラブル
トラブル
電源が入らない
レディーライトが
点灯しない
調光距離表示が
出ない
電池容量が不足している
スタンバイ状態になっている
対処方法
0
電池を正しく入れてください
B-6
電池を交換してください
B-7
・カメラのシャッターボタンを半押し
してください
・SB-910 の電源を ON にしてくだ
さい
E-22
電池容量が不足している
電池を交換してください
B-7
カスタムメニューで発光が
禁止されている
発光禁止を解除してください
B-18
フラッシュヘッドが正面に
設定されていない
フラッシュヘッドを正面に設定してく
ださい
B-9
・カメラの設定を確認してください
・SB-910 をカメラに装着し直してく
ださい
一
SB-910 とカメラの電源を入れ直し
てください
一
カメラからの絞り値情報、
ISO 感度情報がない
カメラからの焦点距離
情報がない
・ワイドパネルまたはバウンスアダ
ワイドパネルを設定している、 プターを外してください
またはバウンスアダプターを ・カスタムメニューの「ワイドパネ
オートズーム動作 装着している
ル破損時の照射角の手動設定」
しない
で、手動設定可能にしてください
照射角の手動設定に
なっている
オートパワーズームに設定してくだ
さい
B-20
E-6
E-10
E-19
H–1
使用上のご注意・資料
発光しない
原因
電池の+−が逆になっている
H
故障かな?と思ったら
トラブル
原因
対処方法
0
マスターフラッシュとリモート
フラッシュの距離が遠すぎる、
または間に障害物がある
リモートフラッシュ
マスターフラッシュとリモートフラッ
マスターフラッシュの光がリ シュの配置をやり直してください
が発光しない
モートフラッシュのワイヤレス
リモートセンサー窓に入って
いない
D-15
使用上のご注意・資料
・SB-910 の電源スイッチを ON に
正常に動作しない 充分な容量がある電池を正し したまま、電池を入れ直してくだ
く入れていても左のようなト さい
ラブルがある場合は、マイク ・電池を入れ直しても左のようなト
ロコンピューターの誤作動の ラブルが解消されない場合は、ご
異常な表示が
可能性があります
購入店またはニコンサービス機関
出る
に修理を依頼してください
B-6
ボタンを押しても
キーロックされている
作動しない
キーロックを解除してください
B-4
操作ができない
自然冷却して、温度が下がるのを
待ってください
E-23
過熱防止機能が働いた
警告表示
表示 / 警告
電池容量不足画面
H
原因
電池容量不足のため、
すべての動作を停止した
対処方法
電池を交換してください
0
B-7
SB-910 が過熱して破損す
高温検出警告画面
安全回路作動画面
H–2
るおそれがあるため、発
自然冷却して、温度が下がるの
光を禁止し、電源 OFF と
を待ってください
カスタムメニュー設定を
除く操作を停止した
電源を OFF にしてから電池を取
電圧異常を検出したため、
り出し、ご購入店またはニコン
電源スイッチ以外の操作
サービス機関に修理を依頼して
を停止した
ください
E-23
H-27
表示 / 警告
原因
対処方法
0
発光直後にレディー 適正露出が得られていな
ライトが点滅
い可能性がある
C-3
スピードライトから被写体まで
C-6
の距離を短くする、絞り値を開
C-9
放側にするなどして、撮影し直
C-11
してください
D-18
リモートフラッシュ
適正露出が得られていな
がピーピーピーと
い可能性がある
約 3 秒間鳴った
スピードライトから被写体までの
距離を短くする、絞り値を開放側
にする、リモートフラッシュの位
置を変えるなどして、撮影し直し
てください
D-18
カラーフィルターの装着状態を
確認してください
E-15
フィルター認識
失敗画面
装着したカラーフィル
ターが認識できない
―
レンズの絞り値が最小絞り レンズを最小絞りに設定してく
になっていない
ださい
―
カメラの電源を ON にしてくださ
い
―
カメラの電源が OFF
・SB-910 の電源を入れ直してくだ
さい
ズーム動作機構に異常が ・電源を入れ直しても表示が消え
発生した
ない場合は、ご購入店またはニ
コンサービス機関に修理を依頼
してください
使用上のご注意・資料
カメラ側で設定した絞り値
絞り値を設定し直してください
が調光範囲外である
H
H-27
H–3
ガイドナンバーと絞り値、距離について
ガイドナンバー(GN)とはスピードライトの発光量を示す値で、数値が大きい
ほど光量が大きく、光が遠くまで届きます。
ガイドナンバー=スピードライトから被写体までの距離(m)× 絞り値(F)と
いう関係があります(ISO 100 の場合)。たとえば、SB-910 はガイドナンバーが
34(ISO 100、照射角 35mm、FX フォーマット、スタンダード配光時、20℃)
なので、ISO 感度が 100 で絞り値が F8 なら、ガイドナンバー 34÷ 絞り値 8 =
4.25m までスピードライトの光が届くことになります。
• ISO 100 以外の場合は、ISO 感度に応じてガイドナンバーに下の係数を乗じて
ください。
ISO
係数
25
0.5
50
0.71
100
1
200
1.4
400
2
800
2.8
1600
4
3200
5.6
6400
8
• ガイドナンバーの詳細は「仕様」をご覧ください。(0H-17)
t 適正な露出が得られる絞り値、距離の求め方
使用上のご注意・資料
絞り値 = ガイドナンバー(ISO 100・m)× ISO感度係数 ÷ スピードライトから
被写体までの距離(m)
スピードライトから被写体までの距離(m)=
ガイドナンバー(ISO 100・m)× ISO感度係数 ÷ 絞り値
H
H–4
お手入れについて
#
シンナーやベンジンなどの有機溶剤を清浄に使用しない
こと
使用禁止 火災や健康障害の原因となります。
お手入れの方法
• 発光パネルにゴミが付着したまま発光させると、発光パネルの破損につなが
ります。定期的にパネルを清掃してください。
• ブロアーでゴミやホコリを軽く吹き払った後、柔らかい清潔な布で軽く拭い
てください。特に、海辺で使った後は、真水を数滴たらした柔らかい清潔な
布で塩分を拭き取ってから、乾いた布で軽く拭いて乾かしてください。
• ブラシなどで表示パネルを拭いた場合、静電気で表示パネルが点灯したり、
黒く変色したりすることがありますが、故障ではありません。しばらく放置
すると、正常な状態に戻ります。
• スピードライト内部には、精密な電子部品が多く含まれています。振動や衝
保管の方法
• カビや湿気による故障を防ぐため、風通しの良い乾燥したところに保管して
ください。
• ナフタリンや樟脳、磁気を発生する器具の近くには、置かないでください。
• 極端に高温になるところ(夏期の車内やストーブなどの近く)には、置かな
使用上のご注意・資料
撃を与えないでください。また、表示パネルを強い力で押さないでください。
いでください。高温になると、故障の原因となります。
• 約 2 週間以上使用しないときは、電池の液漏れによる故障を防ぐために、電
池を取り出してください。
• コンデンサー(スピードライト内部の部品)の劣化を防ぐため、約 1 ヶ月に 1
回はテスト発光を行ってください。
H–5
H
お手入れについて
ご使用になる場所にご注意ください
• 極端に温度差がある場所に移動すると、スピードライトの内部や外観部に水
滴が生じることがあります。バッグやビニール袋などに入れ、周囲の温度に
なじませてからご使用ください。
• テレビ塔や高圧鉄塔に近い場所では、強い磁気や電波が発生しており、誤作
動することがあります。
使用上のご注意・資料
H
H–6
電池についてのご注意
• 一般的に、スピードライトは非常に大きな電流を消費するため、電池などに
記されている充放電回数前に電池が使えなくなる場合があります。
• 電池を交換するときは、電源を OFF にしてから、+−を間違えないよう正し
く入れてください。
• 電池の両極に油や汚れなどが付着していると、接触不良の原因となりますので、
ご注意ください。
• 電池の仕様により、連続発光して電池が高温になると発光できなくなること
があります。ただし、電池温度が下がれば、ご使用になれます。
• 電池には、低温になるほど性能が低下する性質、使用しないでおくと電圧が
回復する性質、使わなくても自己放電する性質があります。ご使用になる前
には電池の容量の確認を心がけて、電池は早めに交換することをおすすめし
ます。
• 電池は、高温・多湿になる場所を避けて保管してください。
• 充電池のご使用上の注意や充電方法などについては、各メーカーの電池およ
び充電器の使用説明書をご覧ください。
小型充電式電池の
リサイクル
NIMH
不要になった充電式電池は、貴重な資源を守る
ために、廃棄しないで充電式電池リサイクル協力
店へお持ちください。
使用上のご注意・資料
• 充電池以外は充電しないでください。充電すると、破裂する恐れがあります。
H
H–7
表示パネルについて
表示パネルの特性
• 表示パネルの液晶には指向性があります。斜め上から見ると読み取りにくく
なりますが、やや下の方向から見ると読み取りやすくなります。
• 約 60℃以上の高温下では、一時的に液晶表示が黒くなることがありますが、
常温に戻れば表示も正常に戻ります。
• 低温下では液晶の応答速度が多少遅くなり、表示が読み取りにくくなったり、
表示の切り換わりに時間がかかったりすることがありますが、常温に戻れば
正常に戻ります。
表示パネルバックライトの点灯、消灯
SB-910 の電源が ON の状態でボタンやスイッチを操作すると、バックライトが
点灯して、表示パネルが読み取りやすくなります。
使用上のご注意・資料
H
• SB-910 を操作しない状態が約 16 秒間続くと、バックライトは消灯します。
• 点灯しないようにするには、カスタムメニューで OFF(強制消灯)に設定します。
(0B-19)
• OFF に設定しても、カメラ側の表示パネルの照明が点灯すると、連動して
SB-910 の表示パネルの照明も点灯します。また、カスタムメニュー画面にし
たときも点灯します。
表示パネルのコントラストの設定
表示パネルのコントラストは、カスタムメニューで調整して、読み取りやすく
することができます。(0B-19)
• コントラストは 9 段階に設定できます。
H–8
ファームアップの方法
SB-910 のファームアップに対応したカメラでは、ニコンウェブサイトから最新
のファームウェアをダウンロードして、カメラボディーからの操作でアップ
デートすることができます。
http://www.nikon-image.com/support/
• D3 カメラはファームウェアが A:2.00、B:2.00 以降で対応。
• D300 カメラはファームウェアが A:1.10、B:1.10 以降で対応。
• 現在使用中のファームウェアのバージョンは、カスタムメニューで確認できます。
(0B-20)
• ファームアップ対応カメラをお持ちでない方は、ニコンサービス機関にご相
談ください。
SB-910 のファームアップに対応していないカメラ
D2 シリーズ、D1 シリーズ、D200、D100、D80、D70 シリーズ、
D60、D50、D40 シリーズ
使用上のご注意・資料
H
H–9
使用できるアクセサリー
■ スピードライトスタンド AS-21
付属品のスピードライト
スタンド AS-21 と
同じものです。
■ カラーフィルターセット SJ-3
カラーフィルター 8 種類、20 枚のセ
ットです。カラーフィルターホルダー
SZ-2 に装着して使用します。
・FL-G1(蛍光灯用)・FL-G2(蛍光灯用)
・TN-A1(電球用)・TN-A2(電球用)
・BLUE(青)・YELLOW(黄色)
・RED(赤)・AMBER(肌色)
使用上のご注意・資料
H
■ カラーフィルターホルダー SZ-2
SJ-3 のフィルターを
装着するホルダーです。
SB-900 の付属品と同
じものです。
■ ウォーターガード WG-AS1、
WG-AS2、WG-AS3
SB-910 とニコンデジタル一眼レフカ
メラの組み合わせ時に、カメラ連動接
点への水滴の浸入を防ぐカバーです。
WG-AS1:D3 シリーズ専用
WG-AS2:D300 シリーズ専用
WG-AS3:D700 専用
H–10
■ スレーブフラッシュコントロー
ラー SU-4
マスターフラッシュの発光開始と発
光停止を SU-4 のセンサーで検知し、
SU-4 を取り付けたスピードライトの
発光開始と停止を同じタイミングで制
御するので、ワイヤレス増灯撮影がで
きます。
■ TTL 調光コード SC-28/17
(約 1.5m)
スピードライトをカメラから離して
i-TTL 調光撮影をする際に使用します。
三脚取り付け用のねじ穴を備えていま
す。
■ TTL 調光コード SC-29
(約 1.5m)
スピードライトをカメラから離して
i-TTL 調光撮影をする際に使用します。
AF 補助光機能を備えています。
外部電源
電源供給が安定し、発光回数を増やしたり発光間隔を短縮できます。
パワーアシストパック
パワーブラケット SK-6
SD-9
単二パック
パワーアシストパック
SD-7
SD-8A
• 外部電源使用時でも、SB-910 本体の電池が必要です。
• 他社製の外部電源と組み合わせてお使いになると、事故・故障などが起こる
可能性があります。その場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意く
ださい。
外部電源コネクターのキャップを外し、電源コードを接続してください。
• SD-7 の接続には、電源コード SC-16A をご使用ください。SC-16 は使用でき
ません。
使用上のご注意・資料
外部電源の接続方法
H
v パワーアシストパック SD-9 使用時のご注意
電池 8 本を使用した SD-9 を併用して 8 コマ / 秒相当の連続発光を長く続けると、
フラッシュヘッド前方が高温になる場合がありますので、ご注意ください。
H–11
使用できるアクセサリー
主な仕様
外部電源
使用上のご注意・資料
H
使用電池
1.5V アルカリ単 3 形電池×4 本
1.5V リチウム単 3 形電池×4 本
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
パワーアシスト (eneloop)×4 本
パック
1.5V アルカリ単 3 形電池×8 本
SD-9*3
1.5V リチウム単 3 形電池×8 本
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
(eneloop)×8 本
1.5V アルカリ単 3 形電池×4 本
1.5V リチウム単 3 形電池×4 本
パワーブラケット 1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
SK-6*3
(2600 mAh)×4 本
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
(eneloop)×4 本
1.5V アルカリ単 2 形電池×6 本* 4
1.2V ニッケル水素単 2 形充電池
単二パック
×6 本* 5
SD-7
1.2V ニッケル水素単 2 形充電池
×6 本* 6
1.5V アルカリ単 3 形電池×6 本
1.5V リチウム単 3 形電池×6 本
パワーアシスト
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
パック
(2600 mAh)×6 本
SD-8A*3
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
(eneloop)×6 本
最短発光間隔 * 1
発光回数 * 2/ 発光間隔 * 1
約 1.9 秒
約 2.4 秒
280 回以上/ 1.9 ∼ 30 秒
500 回以上/ 2.4 ∼ 120 秒
約 1.2 秒
350 回以上/ 1.2 ∼ 30 秒
約 1.2 秒
約 1.6 秒
450 回以上/ 1.2 ∼ 30 秒
840 回以上/ 1.6 ∼ 120 秒
約 0.8 秒
520 回以上/ 0.8 ∼ 30 秒
約 2.2 秒
約 3.2 秒
190 回以上/ 2.2 ∼ 30 秒
420 回以上/ 3.2 ∼ 120 秒
約 1.9 秒
240 回以上/ 1.9 ∼ 30 秒
約 1.9 秒
230 回以上/ 1.9 ∼ 30 秒
約 2.0 秒
320 回以上/ 2.0 ∼ 30 秒
約 1.5 秒
280 回以上/ 1.5 ∼ 30 秒
約 1.5 秒
260 回以上/ 1.5 ∼ 30 秒
約 2.0 秒
約 2.2 秒
300 回以上/ 2.0 ∼ 30 秒
550 回以上/ 2.2 ∼ 120 秒
約 1.5 秒
260 回以上/ 1.5 ∼ 30 秒
約 1.5 秒
250 回以上/ 1.5 ∼ 30 秒
* 1 発光間隔は、30 秒(リチウム電池使用時は 120 秒)に 1 回の発光を行ったときのフル発光相当からレディーライト
点灯までの時間です。
* 2 発光回数は、30 秒(リチウム電池使用時は 120 秒)に 1 回の発光を行ったときの、フル発光相当から 30 秒以内に
レディーライトが点灯する回数です。
* 3 SB-910、外部電源共に同じタイプの電池を使用。
* 4 SB-910 に 1.5V アルカリ単 3 形電池を使用。
* 5 SB-910 に 1.2V ニッケル水素単 3 形充電池 (2600 mAh) を使用。
* 6 SB-910 に 1.2V ニッケル水素単 3 形充電池 (eneloop) を使用。
• 電池初期での性能です。電池の新旧、および同じ銘柄でも、電池性能の変更等によってデータが異なることがあります。
• SD-8A または SK-6 使用時にモデリング発光を行う場合、発光は SB-910 内の電源のみで行われ外部電源は作動しな
い場合がありますが、故障ではありません。
H–12
仕様
形式
直列制御方式 TTL 自動調光スピードライト
ガイドナンバー
(照射角35mm、
スタンダード配 34(ISO 100・m)/48(ISO 200・m)
FXフォーマット、
光時、
20℃)
調光範囲(i-TTL 調光モード
0.6m ∼ 20m(フォーマット、配光タイプ、ISO 感度、照射角、
/ 絞り連動外部自動調光モー
絞り値によって異なります)
ド / 外部自動調光モード時)
配光タイプ切り換え(スタンダード配光/均質配光/中央部
重点配光)
FX/DX 切り換え対応
発光モード
• i-TTL 調光モード
• 絞り連動外部自動調光モード
• 外部自動調光モード
• 距離優先マニュアル発光モード
• マニュアル発光モード
• リピーティングフラッシュモード
その他の発光機能
テスト発光 / モニター発光 / マルチポイント AF 補助光 /
モデリング発光
ニコンクリエイティブ
ライティングシステム
対応カメラと組み合わせると、次の機能が可能。
i-TTL 調光モード / アドバンストワイヤレスライティング /FV
ロック撮影 / 発光色温度情報伝達 / オート FP ハイスピードシ
ンクロ撮影 / マルチポイント AF 補助光
増灯撮影機能
• アドバンストワイヤレスライティング撮影
• SU-4 タイプのワイヤレス増灯撮影
カメラ側の設定による撮影
機能
カメラのシンクロモード:スローシンクロ(スローシャッター)/
赤目軽減スローシンクロ(スローシャッター)/ 先幕シンクロ /
後幕シンクロ / 後幕スローシンクロ(スローシャッター)
撮影機能:オート FP ハイスピードシンクロ撮影 /FV ロッ
ク撮影 / 赤目軽減発光撮影
バウンス角度
電源 ON/OFF
∼正面∼下方向 7°
垂直方向:上方向 90°
(クリック:下 7°/ 正面 /45°/60°/75°/90°
)
水平方向:左方向 180°
∼右方向 180°
(クリック:正面 /30°/60°/75°/90°/120°/150°/180°
)
電源スイッチによる切り換え
スタンバイ機能設定可能
H–13
使用上のご注意・資料
配光画角
H
仕様
次の単 3 形電池の同一種類を 4 本
使用電池
• 1.5V アルカリ単 3 形電池
• 1.5V リチウム単 3 形電池 • 1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
使用電池別の最短発光間隔、発光回数は(0H-20)
レディーライト
充電完了:点灯
光量不足警告(i-TTL 調光モード / 絞り連動外部自動調光モード /
外部自動調光モード / 距離優先マニュアル発光モード時):点滅
充電完了:点滅
レディーライト
光量不足警告(i-TTL 調光モード / 絞り連動外部自動調光モード /
(リモートモード時)
外部自動調光モード /SU-4 タイプの AUTO モード時):点滅
使用上のご注意・資料
H
閃光時間
約 1/880 秒:M 1/1 発光(FULL)約 1/10000 秒:M 1/16 発光
約 1/20000 秒:M 1/32 発光
約 1/1100 秒:M 1/2 発光
約 1/35700 秒:M 1/64 発光
約 1/2550 秒:M 1/4 発光
約 1/38500 秒:M 1/128 発光
約 1/5000 秒:M 1/8 発光
ロックレバー
ロックプレートおよびロックピンにより、アクセサリーシューか
らの脱落を防止。
調光補正
+ 3.0 ∼− 3.0 の範囲で 1/3 段ステップで調光可能。(i-TTL 調光
モード / 絞り連動自動調光モード / 外部自動調光モード / 距離優先
マニュアル発光モード時)
カスタムメニュー
全 19 項目
その他の機能
ISO 感度設定 /TTL 調光アンダー量再表示 / 初期設定へのリセット
/ キーロック / 過熱防止 / ファームアップ
寸法(W×H×D)
約 78.5×145×113mm
質量
約 510g(1.5V アルカリ単 3 形電池 ×4 本を含む)
約 420g(本体のみ)
付属品
スピードライトスタンド AS-21、バウンスアダプター SW-13H、
カラーフィルター SZ-2FL、カラーフィルター SZ-2TN、
ソフトケース SS-910
• 仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、全て常温(20 ℃)、新品電池使用時のものです。
• 仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。使用説明書の誤
りなどについての補償はご容赦ください。
• 本書記載の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。
H–14
調光範囲
(i-TTL 調光/絞り連動外部自動調光/外部自動調光モード共通)
SB-910 の調光範囲は 0.6m ∼ 20m です。調光範囲はフォーマット、配光タイプ、
ISO 感度、照射角、絞り値によって異なります。
• 次の表は FX フォーマット、スタンダード配光時の調光範囲表です。
• 各設定状態での調光範囲は、表示パネルで確認できます。
■ FXフォーマット、スタンダード配光時
ISO 感度
照射角(mm)
12800 6400 3200 1600 800 400 200 100 14BA/
WP 14BA 14WP 17 18 20 24 28 35 50 70 85 105 120 135 180 200
4 2.8 2 1.4
5.6 4 2.8 2 1.4
8 5.6 4 2.8 2 1.4
16 11 8 5.6 4 2.8 2 1.4
絞り値︵
︶
F
32 22 16 11 8 5.6 4 2.8
32 22 16 11 8 5.6 4
32 22 16 11 8
32 22 16 11
32 22 16
32 22
32
•
•
BA:バウンスアダプター装着時
WP:ワイドパネル使用時
6.1
∼
20
4.3
∼
20
3.1
∼
20
2.2
∼
20
1.6
∼
20
1.1
∼
17
0.8
∼
12
0.6
∼
8.5
0.6
∼
6
0.6
∼
4.2
0.6
∼
3
0.6
∼
2.1
0.6
∼
1.5
0.6
∼
1
7.1 7.8 8.2 8.7 9 9.1 9.2 9.4
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
5 5.5 5.8 6.2 6.4 6.4 6.5 6.7
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
3.6 3.9 4.1 4.4 4.5 4.6 4.6 4.7
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
2.5 2.8 2.9 3.1 3.2 3.2 3.3 3.4
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
1.8 2 2.1 2.2 2.3 2.3 2.3 2.4
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
1.3 1.4 1.5 1.6 1.6 1.6 1.7 1.7
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20 20 20 20
0.9 1 1.1 1.1 1.2 1.2 1.2 1.2
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
14.1 15.5 16.2 17.3 17.8 18 18.3 18.7
0.7 0.7 0.8 0.8 0.8 0.8 0.9 0.9
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
10 11 11.5 12.2 12.6 12.7 13 13.2
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 m
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
7 7.7 8.1 8.6 8.9 9 9.1 9.3
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
5 5.5 5.7 6.1 6.3 6.3 6.5 6.6
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
3.5 3.8 4 4.3 4.4 4.5 4.5 4.6
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
2.5 2.7 2.8 3 3.1 3.1 3.2 3.3
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
1.7 1.9 2 2.1 2.2 2.2 2.2 2.3
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼ ∼
1.2 1.3 1.4 1.5 1.5 1.5 1.6 1.6
︶
32 22 16 11 8 5.6
3.9 4.1 4.3 4.8 5.4
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20
2.8 2.9 3 3.4 3.8
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20
2 2.1 2.2 2.4 2.7
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20
1.4 1.5 1.5 1.7 1.9
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
20 20 20 20 20
1 1.1 1.1 1.2 1.4
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
15.5 16.2 16.9 19 20
0.7 0.8 0.8 0.9 1
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
11 11.5 12 13.5 15
0.6 0.6 0.6 0.6 0.7
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
7.7 8.1 8.4 9.5 10.6
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
5.5 5.7 6 6.7 7.5
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
3.8 4 4.2 4.7 5.3
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
2.7 2.8 3 3.3 3.7
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
1.9 2 2.1 2.3 2.6
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
1.3 1.4 1.5 1.6 1.8
0.6 0.6 0.6 0.6 0.6
∼ ∼ ∼ ∼ ∼
0.9 1 1 1.1 1.3
0.6 0.6 0.6 0.6
0.6 0.6 0.6 0.6 ∼ ∼ ∼ ∼
0.7 0.7 0.8 0.9
調光距離範囲︵
22 16 11 8 5.6 4 2.8 2
3.1
∼
20
2.2
∼
20
1.6
∼
20
1.1
∼
17
0.8
∼
12
0.6
∼
8.5
0.6
∼
6
0.6
∼
4.2
0.6
∼
3
0.6
∼
2.1
0.6
∼
1.5
0.6
∼
1
0.6
∼
0.7
使用上のご注意・資料
11 8 5.6 4 2.8 2 1.4
2.9
∼
20
2
∼
20
1.5
∼
20
1
∼
16
0.8
∼
11.3
0.6
∼
8
0.6
∼
5.6
0.6
∼
4
0.6
∼
2.8
0.6
∼
2
0.6
∼
1.4
0.6
∼
0.9
0.6
0.6 ∼
0.7
2.3
∼
20
1.7
∼
20
1.2
∼
18
0.9
∼
13
0.6
∼
9.1
0.6
∼
6.5
0.6
∼
4.5
0.6
∼
3.2
0.6
∼
2.2
0.6
∼
1.6
0.6
∼
1.1
0.6
∼
0.8
H–15
H
仕様
FX フォーマット 照射角度表
ズームセット位置
使用上のご注意・資料
H
12(BA/WP)* 1
14(BA/WP)* 2
17(BA/WP)* 3
17 * 4
18 * 4
20 * 4
24
28
35
50
70
85
105
120
135
180 * 5
200 * 5
照射角度(°)
垂直方向
水平方向
120
110
100
77
74
69
60
53
45
34
26
23
20
18
17
15
14
130
120
110
96
93
87
78
70
60
46
36
31
27
25
24
21
20
BA:バウンスアダプター装着時
WP:ワイドパネル使用時
* 1 中央部重点配光時
* 2 スタンダード配光時
* 3 均質配光時
* 4 スタンダード配光および中央部重点配光時
* 5 スタンダード配光および均質配光時
H–16
DX フォーマット 照射角度表
ズームセット位置
8(BA/WP)* 1
10(BA/WP)* 2
11(BA/WP)* 3
12 * 4
14 * 4
16
17
18
20
24
28
35
50
70
85
105 * 5
120 * 5
135 * 5
180 * 5
200 * 5
照射角度(°)
垂直方向
水平方向
120
110
100
74
66
60
57
55
50
44
39
32
25
20
17
16
15
14
13
13
130
120
110
93
85
78
75
72
67
58
52
44
34
27
24
22
21
20
19
18
ガイドナンバー表
SB-910 のガイドナンバーは FX/DX フォーマット、配光タイプ、ISO 感度、照射角、
発光量によって異なります。
ISO 100・m
照射角
(mm)
DX フォーマット
均質配光
均質配光
8(BA+WP)
8(BA)
8(WP)
10(BA+WP)
10(BA)
10(WP)
11(BA+WP)
11(BA)
11(WP)
12(BA+WP)
12(BA)
12(WP)
12
14(BA+WP)
13
14(BA)
16
14(WP)
17
−
14
−
16
−
17(BA+WP)
−
17(BA)
−
17(WP)
17
22
18
23
20
24
24
27
28
30
35
34
50
40
70
44
85
46
105
49
120
50.5
135
51
180
52
200
53
BA:バウンスアダプター装着時
WP:ワイドパネル使用時
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
13
16
17
−
−
−
22
24
31
36
41
44
47
48
49
51
51.5
中央部重点 スタンダード
配光
配光
−
−
−
−
−
−
−
13
−
16
−
17
−
−
−
−
−
−
−
13
−
16
−
17
−
23
−
−
−
−
−
−
−
25
−
27
−
−
−
−
−
−
25
26
27
32
36
39
45
49
51.5
52
53.5
54.5
−
−
29
30
31
34
36
40
45
49
50.5
51.5
52
53
53.5
54
−
−
−
−
−
−
13
16
17
−
−
−
−
−
−
−
−
22
−
−
−
23
24
25
32
33
37
43
47
49
50
51
51.5
52
52.5
中央部重点
配光
13
16
17
−
−
−
−
−
−
−
−
−
26
−
−
−
29
32
−
−
−
33
34
36
39
42.5
46
49.5
52
54.5
−
−
−
−
−
H–17
使用上のご注意・資料
•
•
FX フォーマット
スタンダード
配光
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
H
仕様
FX フォーマット ガイドナンバー表
■ スタンダード配光、ISO 100・m
照射角(mm)
発光量
1/1
1/2
1/4
1/8
1/16
1/32
1/64
1/128
14mm
WP +
BA
13
9.1
6.5
4.5
3.2
2.2
1.6
1.1
20
24
28
17 22 23 24
12 15.5 16.2 16.9
8.5 11 11.5 12
6 7.7 8.1 8.4
4.2 5.5 5.7 6
3 3.8 4 4.2
2.1 2.7 2.8 3
1.5 1.9 2 2.1
27
19
13.5
9.5
6.7
4.7
3.3
2.3
30
21.2
15
10.6
7.5
5.3
3.7
2.6
BA WP
16
11.3
8
5.6
4
2.8
2
1.4
17
18
35
50
70
85 105 120 135 180 200
34 40 44 46 49 50.5
24 28.2 31.1 32.5 34.6 35.7
17 20 22 23 24.5 25.2
12 14.1 15.5 16.2 17.3 17.8
8.5 10 11 11.5 12.2 12.6
6
7 7.7 8.1 8.6 8.9
4.2 5 5.5 5.7 6.1 6.3
3 3.5 3.8 4 4.3 4.4
51
36
25.5
18
12.7
9
6.3
4.5
52
36.7
26
18.3
13
9.1
6.5
4.5
53
37.4
26.5
18.7
13.2
9.3
6.6
4.6
DX フォーマット ガイドナンバー表
■ スタンダード配光、ISO 100・m
使用上のご注意・資料
H
照射角(mm)
発光量
1/1
1/2
1/4
1/8
1/16
1/32
1/64
1/128
•
•
10mm
WP+ BA
BA
13 16
9.1 11.3
6.5 8
4.5 5.6
3.2 4
2.2 2.8
1.6 2
1.1 1.4
WP
17
12
8.5
6
4.2
3
2.1
1.5
12 14 16 17 18 20 24 28 35 50 70 85 105 120 135 180 200
23 25 27 29 30 31
16.2 17.6 19 20.5 21.2 21.9
11.5 12.5 13.5 14.5 15 15.5
8.1 8.8 9.5 10.2 10.6 10.9
5.7 6.2 6.7 7.2 7.5 7.7
4 4.4 4.7 5.1 5.3 5.4
2.8 3.1 3.3 3.6 3.7 3.8
2 2.2 2.3 2.5 2.6 2.7
BA:バウンスアダプター装着時
WP:ワイドパネル使用時
H–18
34
24
17
12
8.5
6
4.2
3
36 40 45 49 50.5 51.5 52 53 53.5 54
25.4 28.2 31.8 34.6 35.7 36.4 36.7 37.4 37.8 38.1
18 20 22.5 24.5 25.2 25.7 26 26.5 26.7 27
12.7 14.1 15.9 17.3 17.8 18.2 18.3 18.7 18.9 19
9 10 11.2 12.2 12.6 12.8 13 13.2 13.3 13.5
6.3 7 7.9 8.6 8.9 9.1 9.1 9.3 9.4 9.5
4.5 5 5.6 6.1 6.3 6.4 6.5 6.6 6.6 6.7
3.1 3.5 3.9 4.3 4.4 4.5 4.5 4.6 4.7 4.7
FP 発光時のガイドナンバー表
■ FXフォーマット、スタンダード配光、ISO 100・m
照射角(mm)
発光量
1/1
1/2
1/4
1/8
1/16
1/32
1/64
1/128
14mm
WP +
BA
4.7
3.3
2.3
1.6
1.1
0.8
0.5
0.4
BA WP
17
5.8 6.2 8.1
4.1 4.3 5.7
2.9 3.1 4
2 2.1 2.8
1.4 1.5 2
1
1 1.4
0.7 0.7 1
0.5 0.5 0.7
18
20
24
28
35
50
70
85 105 120 135 180 200
8.5 8.8 10 11.1 12.6
6 6.2 7 7.8 8.9
4.2 4.4 5 5.5 6.3
3 3.1 3.5 3.9 4.4
2.1 2.2 2.5 2.7 3.1
1.5 1.5 1.7 1.9 2.2
1 1.1 1.2 1.3 1.5
0.7 0.7 0.8 0.9 1.1
14.8
10.4
7.4
5.2
3.7
2.6
1.8
1.3
16.3
11.5
8.1
5.7
4
2.8
2
1.4
17 18.1 18.7 18.9
12 12.7 13.2 13.3
8.5 9 9.3 9.4
6 6.3 6.6 6.6
4.2 4.5 4.6 4.7
3 3.1 3.3 3.3
2.1 2.2 2.3 2.3
1.5 1.5 1.6 1.6
19.2
13.5
9.6
6.7
4.8
3.3
2.4
1.6
19.6
13.8
9.8
6.9
4.9
3.4
2.4
1.7
■ DXフォーマット、スタンダード配光、ISO 100・m
照射角(mm)
発光量
10mm
BA WP
12 14 16 17 18 20 24 28 35 50 70 85 105 120 135 180 200
1/1
5.8 6.2 8.5 9.2 10 10.7 11.1 11.4 12.6 13.3 14.8 16.6 18.1 18.7 19 19.2 19.6 19.8 20
1/2
4.1 4.3 6 6.5 7 7.5 7.8 8 8.9 9.4 10.4 11.7 12.7 13.2 13.4 13.5 13.8 14 14.1
1/4
2.9 3.1 4.2 4.6 5 5.3 5.5 5.7 6.3 6.6 7.4 8.3 9 9.3 9.5 9.6 9.8 9.9 10
1/8
2 2.1 3 3.2 3.5 3.7 3.9 4 4.4 4.7 5.2 5.8 6.3 6.6 6.7 6.7 6.9 7 7
1/16
1.4 1.5 2.1 2.3 2.5 2.6 2.7 2.8 3.1 3.3 3.7 4.1 4.5 4.6 4.7 4.8 4.9 4.9 5
1/32
1 1 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 2 2.2 2.3 2.6 2.9 3.1 3.3 3.3 3.3 3.4 3.5 3.5
1/64
0.7 0.7 1 1.1 1.2 1.3 1.3 1.4 1.5 1.6 1.8 2 2.2 2.3 2.3 2.4 2.4 2.4 2.5
1/128
0.5 0.5 0.7 0.8 0.8 0.9 0.9 1 1.1 1.1 1.3 1.4 1.5 1.6 1.6 1.6 1.7 1.7 1.7
• FP 発光時のガイドナンバーはシャッタースピード 1/500 秒、D3 カメラ装着時の値です。
• 上記 FP 発光時のガイドナンバーはシャッタースピードによって変化します。例えばシャッタースピード
が 1/500 から 1/1000 になるとガイドナンバーは 1 段小さくなります。つまり高速になるほどガイドナン
•
•
バーは小さくなります。
BA:バウンスアダプター装着時
WP:ワイドパネル使用時
H–19
使用上のご注意・資料
WP+
BA
4.7
3.3
2.3
1.6
1.1
0.8
0.5
0.4
H
仕様
電池別の発光間隔と発光回数
電池
最短発光間隔 * 1
発光回数 * 2 /発光間隔 * 1
1.5V アルカリ単 3 形電池
約 4.0 秒
110 回以上 /4.0 ∼ 30 秒
1.5V リチウム単 3 形電池
約 4.5 秒
230 回以上 /4.5 ∼ 120 秒
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
(2600mAh)
約 2.3 秒
190 回以上 /2.3 ∼ 30 秒
1.2V ニッケル水素単 3 形充電池
(eneloop)
約 2.3 秒
165 回以上 /2.3 ∼ 30 秒
* 1 発光間隔は、30 秒(リチウム電池使用時は 120 秒)に 1 回の発光を行ったときのフル
発光相当からレディーライト点灯までの時間です。
* 2 発光回数は、30 秒(リチウム電池使用時は 120 秒)に 1 回の発光を行ったときの、フ
ル発光相当から 30 秒以内にレディーライトが点灯する回数です。
• AF 補助光・ズーム作動・表示パネルのバックライトを使用しない場合の数値です。
• 電池初期での性能です。電池の新旧、および同じ銘柄でも、電池性能の変更等によって
データが異なることがあります。
使用上のご注意・資料
H
H–20
索引
英数字/五十音順
• 各部の名称については「各部の名称」(0B-1)をご覧ください。
英数字
TTL 調光アンダー量 ................... C-3
TTL 調光コード ........................ H-10
ア
アイコン .................................... B-5
赤目軽減スローシンクロ
(スローシャッター)撮影....... E-25
赤目軽減発光撮影.................... E-25
アクセサリー ............................ H-10
アドバンストワイヤレス
ライティング撮影 .......... D-1、D-6
使用上のご注意・資料
AF 補助光................................ E-20
AF-ILL ONLY ........................... E-21
AUTO(オートモード)............. D-12
BL(バランス)調光 ......... A-7、C-1
CLS .......................................... A-6
CLS 対応カメラ .......................... A-4
CLS 対応ニコン クールピクス...... G-1
CLS 非対応一眼レフカメラ .......... F-1
CPU レンズ ................................ A-5
DX フォーマット............... A-6、B-18
EV(露出値)............................. A-8
FV ロック撮影........................... E-24
FX フォーマット ............... A-6、B-18
GN(ガイドナンバー)................ H-4
GN(距離優先マニュアル
発光モード).......................... C-10
i-TTL-BL 調光 ............................. C-1
i-TTL 調光モード ........................ C-1
i-TTL 対応ニコン クールピクス .... G-1
ISO 感度 ......................... C-3、E-21
ISO 感度係数 ............................. H-4
M(マニュアルモード)............ D-12
MASTER .................................. D-4
MENU ボタン .......................... B-13
MODE ボタン ............................ B-3
OFF(受光禁止).................... D-12
OK ボタン.................................. B-3
REMOTE .................................. D-5
SU-4 タイプの
ワイヤレス増灯........... D-2、D-10
後幕シンクロ撮影.................... ・E-25
色補正用カラーフィルター ........ E-12
ウォーターガード ...................... H-10
オートパワーズーム .................. E-19
オート FP ハイスピード
シンクロ撮影 ........................ E-24
カ
ガイドナンバー ........................... H-4
H
ガイドナンバー表 ..................... H-17
外部自動調光モード ................... C-7
外部自動調光用
センサー窓 ・.................. C-4、C-7
外部電源 ................................. H-11
カスタムメニュー...................... B-13
過熱防止 ................................. E-23
下方バウンス ................... B-9、E-11
H–21
索引
カラーフィルター ..................... E-12
カラーフィルター
識別センサー ....................... E-15
カラーフィルターセット ............. H-10
スピードライトスタンド.............
D-17
スレーブフラッシュ
コントローラー ..................... H-10
カラーフィルター
スローシンクロ
キーロック ................................. B-4
キャッチライト反射板 .................. E-8
セレクターダイヤル .................... B-3
ホルダー ................... E-14、H-10
距離優先マニュアル
発光モード ........................... C-10
近距離撮影................................ E-9
(スローシャッター)撮影....... E-24
増灯撮影 ..................................
D-1
タ
着色用カラーフィルター ........... E-12
均質配光 ................................... E-2
チャンネル ................................
グループ...................................
調光距離 ................................... A-6
クールピクス.............................. G-1
D-3
蛍光灯用カラーフィルター ........ E-12
警告表示 ................................... H-2
使用上のご注意・資料
H
スタンバイ機能の設定 .............. B-19
光量不足警告
..... C-3、C-6、C-9、C-11、D-18
サ
最短発光間隔 .......................... H-20
サウンドモニター .................... D-18
先幕シンクロ ........................... E-25
............. A-6
撮像範囲(フォーマット)
絞り値 .............................. C-3、H-4
絞り連動外部自動調光モード ...... C-4
受光禁止 ................................ D-12
照射角 .................................... E-19
照射角度表.............................. H-16
初期設定 ................................... A-6
スタンダード i-TTL 調光 ............... C-1
スタンダード配光 ....................... E-2
スタンバイ............................... E-22
H–22
D-3
中央部重点配光 ......................... E-2
調光範囲 ................................... A-6
調光範囲表.............................. H-15
調光補正 ................................. E-18
調光補正値.............................. E-18
ツーボタンリセット.................... B-12
テスト発光 ............................... E-21
電源スイッチ.............................. B-3
電池 ................................. B-7、H-7
電池交換 ................................... B-7
電池容量不足画面 ..................... B-7
電球用カラーフィルター ........... E-12
取付け脚 ................................... B-8
ナ
ニコンクリエイティブライティング
システム(CLS)..................... A-6
ニコンクールピクス .................... G-1
ハ
ラ
配光タイプ ................................ E-2
リピーティング
バウンス撮影 ............................. E-4
リモートフラッシュ(補助灯)
............. A-8、D-5、D-11、D-15
バウンスアダプター .................... E-6
バックライト ............................... H-8
発光回数 ...................... C-17、H-20
フラッシュヘッド
ロック解除ボタン ............ B-9、E-4
フルメニュー ............................ B-15
ホワイトバランス ...................... E-16
本発光禁止.............................. E-20
リモートモード ...... D-3、D-5、D-10
レディーライト............... B-11、D-18
レディーライト
(リモートモード時)..............
D-18
連続発光 ................................... B-6
ロック解除ボタン........................ B-3
ロックレバー .............................. B-8
ワ
ワイドパネル ............................ E-10
ワイヤレス増灯撮影 ..................
D-1
使用上のご注意・資料
発光間隔 ...................... C-17、H-20
発光モード............. B-11、C-1、D-3
発光量 ......................... C-15、C-17
バランス調光 .................... A-7、C-1
反転表示 ................................. B-12
表示パネル ................................ H-8
ファームアップ ........................... H-9
ファームウェアバージョン .......... B-20
ファンクションボタン................... B-5
............. A-6
フォーマット(撮像範囲)
フラッシュヘッド ................. B-9、E-4
フラッシュモード .......... C-16、D-8
ワイヤレス増灯モード
スイッチ ....................... D-4、D-5
ワイヤレスリモート
センサー窓 ..........................
D-15
マ
マイメニュー ............................ B-15
H
マスターフラッシュ(主灯)
........................ A-8、D-4、D-11
マスターモード ..... D-3、D-4、D-10
マニュアル発光モード............... C-13
モデリング発光 ........................ E-22
モニター発光.................... C-5、C-8
H–23
H–24
H–25
H–26
アフターサービスについて
■ この製品の使い方や修理に関するお問い合わせは
• 使い方に関するご質問は、裏面に記載の「ニコン カスタマーサポートセンター」
にお問い合わせください。
• 修理に関するご質問は、裏面に記載の「修理センター」にお問い合わせください。
【お願い】
• お問い合わせいただく場合には、おわかりになる範囲で結構ですので、次の
内容をご確認の上、お問い合わせください。
「製品名」、「製品番号」、「ご購入日」、「問題が発生したときの症状」、「表示さ
れたメッセージ」、「症状の発生頻度」など。
• ソフトウェアのトラブルの場合には、おわかりになる範囲で結構ですので、
次の内容をご確認の上、お問い合わせください。
「ソフトウェア名およびバージョン」、
「パソコンの機種名」、
「OS のバージョン」、
「メモリー容量」、
「ハードディスクの空き容量」、
「問題が発生したときの症状」、
「症
状の発生頻度」、エラーメッセージが表示されている場合はエラーメッセージ
の内容など。
ください。
■ 修理を依頼される場合は
• ニコンサービス機関(裏面に記載の「修理センター」など)、ご購入店、また
は最寄りの販売店にご依頼ください。
• ニコンサービス機関につきましては、詳しくは「ニコン サービス機関のご案内」
使用上のご注意・資料
• ファクシミリや郵送でお問い合わせの場合は「ご住所」、
「お名前」、
「フリガナ」、
「電話番号」、「FAX 番号」を(会社の場合は会社名と部署名も)明確にお書き
をご覧ください。
■ 補修用性能部品について
この製品の補修用性能部品(その製品の機能を維持するために必要な部品)の
保有年数は、製造打ち切り後 7 年を目安としています。
• 修理可能期間は、部品保有期間内とさせていただきます。なお、部品保有期
間経過後も、修理可能な場合もありますので、ニコンサービス機関またはご
購入店へお問い合わせください。水没、火災、落下等による故障または破損
で全損と認められる場合は、修理が不可能となります。なお、この故障また
は破損の程度の判定は、ニコンサービス機関にお任せください。
H–27
H
製品の使い方に関するお問い合わせ
<ニコン カスタマーサポートセンター>
全国共通のナビダイヤルにお電話ください。
0570-02-8000
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用
いただけます
営業時間:9:30 ∼ 18:00
(年末年始、夏期休業日等を除く毎日)
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、
(03)
6702-0577 におかけくだ
さい。ファクシミリでのご相談は、
(03)5977-7499 にお送りください。
修理サービスのご案内
修理品のお引き取りを依頼される場合は
<ニコン ピックアップサービス>
下記のフリーダイヤルでお申し込みいただくと、ニコン指定の配送業者(ヤマト運輸)が、梱包資材のお届け・修
理品のお引き取り、修理後のお届け・集金までを一括して提供するサービスです。全国一律の料金にて承ります。
※宅配便で扱える大きさや重さには制限があるため、取り扱いできない製品もございます。
0120-02-8155
営業時間:9:00∼18:00(年末年始12/29∼1/4を除く毎日)
※上記のフリーダイヤルはピックアップサービス専用です。ニコン指定の配送業者(ヤマト運輸)にて承ります。
製品や修理に関するお問い合わせは、カスタマーサポートセンター、または修理センターへお願いいたします。
修理品を宅配便などでお送りいただく場合の送り先と修理に関するお問い合わせは
<(株)ニコンイメージングジャパン 修理センター>
230-0052 横浜市鶴見区生麦2-2-26
0570-02-8200
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用
いただけます
営業時間:9:30∼18:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、
夏期休業日など弊社定休日を除く毎日)
(03)6702-0577 におかけください。
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、
●修理センターには、ご来所の方の窓口がございません。宅配便のみお受けします。ご了承ください。
インターネットご利用の方へ
<ニコンイメージング/サポートページ>
●
http://www.nikon-image.com/support/
最新の製品テクニカル情報や、
ソフトウェアのアップデートに関する情報がご覧いただけます。
※製品をより有効にご利用いただくために、定期的にアクセスされるようおすすめします。
●
http://www.nikon-image.com/support/repair/
「ニコン ピックアップサービス」のお申し込みや修理見積もり金額の確認、インターネットを利用して修理
を申し込まれた場合の修理状況や納期の確認などがご覧いただけます。
※お問い合わせや修理を依頼をされるときには、裏面の「アフターサービスについて」も参照ください。
Printed in Japan
TT2K07(10)
8MSA4410-07
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement