取 扱 説 明 書 - 日本カノマックス株式会社

取 扱 説 明 書 - 日本カノマックス株式会社
アネモマスター風速計
MODEL 6162
取 扱 説 明 書
ANEMOMASTER
MODEL 6162
SET
START/STOP
FAST/SLOW PRINT
HOLD
BATT
MENU
POWER
ご使用頂く前に、取扱説明書本文に出てくる警告事項を
注意深く読み、よく理解して下さい。
いつでもご使用いただけるように、大切に保管してください。
日本カノマックス株式会社
03001
09.08
日本カノマックス株式会社の製品をご購入頂き、誠に
有難うございます。
本器は精密計器ですので、本取扱説明書をよくお読み
頂き、警告事項を必ず守り、正しくお使い頂きますよう
お願い致します。
ご使用いただく前に
当社では、取扱説明の中での警告の種類と定義を以下のように定めています。
〔表示の説明〕
人身事故防止用
警告:
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人身事故の発生する危険が想定される内容を示しています。
注意:
製品損傷防止用
この表示を無視して誤った取扱いをすると、製品に物的損傷を与えるか、又は性能保証ができない場合
が想定される内容を示しています。
〔絵表示の説明〕
△記号は注意(危険を含む)を促す内容があることを告げるものです。図の中に具体的な注意内容(左図の場合
は高温注意)が描かれています
記号は禁止の行為であることを告げるものです。図の中や横に具体的な禁止事項(左図の場合は分解禁止)
が描かれています。
記号は行為を強制あるいは指示する内容を告げるものです。図の横に具体的な指示内容が描かれています。
警 告

可燃性ガスの雰囲気
での使用禁止
>>> センサーが加熱されているため、発火・爆発の危険性が
あります。

改造/分解禁止
可燃性ガスの雰囲気には、絶対にプローブを
近づけないで下さい。
分解・改造・修理は絶対しないでください。
>>> ショート、および性能維持ができない原因となります。
 本取り扱い説明書の指示に従って正しくお使いください。
正しく取扱う
>>>>誤った使い方をすると、感電や発火、センサー破損等の原因となります。
 本器より異常音、異常な臭い、煙などが発生した場合や本器内に液体等が混入した場
合は、速やかに電源スイッチを切り、電池または電源プラグを抜いて下さい。
>>>感電や発火、本器の故障の恐れがあります。
ご購入先又は日本カノマックス㈱サービスセンターまで修理をご依頼下さい。
警 告
 水滴を含んだ雰囲気で使用しないでください。
>>> 感電や発火、センサー破損の原因となります。
禁止
 センサー部には絶対に触れないでください。
>>> センサー部は加熱されているので、触れると火傷する危険が
高温注意
あります。また、センサーの損傷にもなりますので絶対に触れ
ないでください。
×
注 意
 使用されないときは電源プラグを抜いてください。
>>> 感電や発火、回路破損の原因となります。
 長期間、本器を保管しておく場合は、電池を取り外して保管して下さい。
 また、本体内に消耗した電池を入れたままにしないでください。
>>>電池の液漏れの原因となります。
正しく取扱う
 本体を高温多湿・ホコリの多い場所での測定に使
用したり、又は直射日光のもと長時間,放置したりし
ないで下さい。
設置禁止
>>>仕様範囲外では、正常に動作しない場合があります
 本体は、揮発性の溶液で拭かないでください。
>>> ケースが変形・変質する恐れがあります。汚れた時は、柔らかい布で乾拭きして下さ
設置禁止
い。また、汚れがひどい場合には、中性洗剤または水を含ませた布で拭いてください。シ
ンナー・ベンジン等の揮発性の薬品は使用しないで下さい。
 本体やセンサー部に強いショックを与えたり、重いものをのせたり
しないで下さい。
>>>本体やセンサー故障・破損の原因となります。
禁止
 帯電した状態で、センサー部を触らないでください。
>>>測定値に影響を与えたり、本体回路破損の原因となったりします。
目
次
1. 本器の取扱い方法について................................................................................................................................ 1
1.1 各部の名称と機能 (1) ····· 本体部 ............................................................................................................... 1
1.2 各部の名称と機能 (2) ····· プローブ ............................................................................................................. 3
1.3 シートキーの説明........................................................................................................................................... 3
1.3 シートキーの説明........................................................................................................................................... 4
1.4 電源について ................................................................................................................................................. 5
1.4.1 電池の交換 ............................................................................................................................................. 5
1.4.2 AC アダプターについて ........................................................................................................................... 5
1.5 測定の準備 .................................................................................................................................................... 6
1.5.1 プローブの接続 ....................................................................................................................................... 6
1.5.2 プローブ番号の確認 ............................................................................................................................... 6
1.5.3 プローブボードの脱着............................................................................................................................. 6
1.5.4 表示画面の確認 モニター画面 ............................................................................................................. 7
2. 基本操作 .............................................................................................................................................................. 8
2.1 測定値をホールドするには ........................................................................................................................... 8
2.2 表示値を読み取りやすくするためには ......................................................................................................... 9
2.3 風速の変動グラフを表示するには.............................................................................................................. 10
2.4 電池の残量を知るには.................................................................................................................................11
2.4.1 電池消耗のお知らせ..............................................................................................................................11
2.5 日時を変更するには .................................................................................................................................... 12
2.6 モニター画面をハードコピーするには......................................................................................................... 13
2.6.1 準備するもの ......................................................................................................................................... 13
2.6.2 プリンターの設定................................................................................................................................... 13
2.6.3 信号ケーブルの接続 ............................................................................................................................ 13
2.6.4 操作手順 ............................................................................................................................................... 13
3. 測定モード .......................................................................................................................................................... 14
3.1 平均、最大、最小値を測定するには [平均値測定] .................................................................................. 14
3.2 一定時間ごとにデータを収集するには! [間欠動作測定] ...................................................................... 16
3.3 ダクトの風量を測定するには [風量測定].................................................................................................. 18
3.4 測定モード設定 ............................................................................................................................................ 20
3.4.1 測定モードをセットするには.................................................................................................................. 20
3.4.2 他の測定モードが使えない! .............................................................................................................. 21
3.4.3 測定モードの設定を解除するには ....................................................................................................... 21
3.5 記憶容量について ....................................................................................................................................... 22
3.5.1 メモリオーバーの表示........................................................................................................................... 23
3.6 印字例 - 演算結果の自動印字とハードコピー ........................................................................................ 24
3.6.1 自動印字の例 ....................................................................................................................................... 24
3.6.2 ハードコピーの例 .................................................................................................................................. 24
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去 ............................................................................................................ 25
4.1 データを画面に呼び出すには ..................................................................................................................... 25
4.2 プリンターに出力させるには ....................................................................................................................... 26
4.2.1 プリンター出力手順............................................................................................................................... 26
4.3 記憶データを消去するには ......................................................................................................................... 28
4.3.1 全てのデータを消去 .............................................................................................................................. 28
4.3.2 一部のページを消去 ............................................................................................................................. 29
5. データ出力.......................................................................................................................................................... 30
5.1 アナログ出力について ................................................................................................................................. 30
5.1.1 風速のレンジを切り替えるには! ........................................................................................................ 30
5.2 デジタル出力について (RS-232C) ............................................................................................................. 32
5.2.1 接続例 ................................................................................................................................................... 32
5.2.2 ボーレートの設定方法 .......................................................................................................................... 32
5.2.3 生データの転送 (1 秒ごとの測定データ) ............................................................................................ 33
5.2.4 記憶データの転送 (メモリに蓄えられた測定データ) .......................................................................... 34
6.プローブの洗浄方法 .......................................................................................................................................... 36
7. 主な仕様 ............................................................................................................................................................. 37
8. 測定原理 ............................................................................................................................................................ 39
8.1 熱式風速計の原理 ...................................................................................................................................... 39
8.2 温度補償 ...................................................................................................................................................... 40
8.3 測定対象気体組成の影響 .......................................................................................................................... 41
8.4 大気圧の影響 ............................................................................................................................................ 42
9. トラブルシューティング ....................................................................................................................................... 43
9.1 電源の確認 .................................................................................................................................................. 43
9.2 初期動作の確認 .......................................................................................................................................... 43
9.3 測定中での確認 ........................................................................................................................................... 44
9.4 アナログ出力の確認 .................................................................................................................................... 44
9.5 デジタル出力の確認 .................................................................................................................................... 44
9.6 プリンターの確認 ......................................................................................................................................... 44
10. 製品保証とアフターサービス........................................................................................................................... 45
11. お問い合わせ先 ............................................................................................................................................... 46
1
1. 本器の取扱い方法について
1. 本器の取扱い方法について
1.1 各部の名称と機能 (1) ····· 本体部
単位:mm
[正面]
84
220
表示部
操作部
グラフィック LCD
シートキー
P4
[底面]
P6
148
プローブボード収納部
電池ボックス
P5
単 2 型乾電池 ··· 6 本
2
1. 本器の取扱い方法について
[右側面]
プローブ接続部
P6
[左側面]
バックライトスイッチ
ON にすると、LCD 画面にライトがつき、
暗い場所でも表示が見やすくなります。
* 必要時以外は点灯させないで下さい。
電池の消耗を早めます。
輝度調整ボリューム
デジタル出力端子
RS-232C (シリアル出力)
生データ、及び記憶データをコンピュータ
またはプリンターに出力します。P13, 32
左右に回転させると、表示画面の明るさが
変化します。表示されている数字・文字が
一番見やすくなるように調整します。
.
AC アダプタージャック
付属の当社専用アダプターをご使用下さい。
AC アダプターを接続すると、AC アダプター
が優先となります。
P5
アナログ出力
風速・温度同時出力です。P30
出力電圧は DC0 ~ 1V です。
出力レンジはメニューにて変更が可能です。
リモート端子
遠隔操作をする場合に使用します。
操作部の START/STOP キー、HOLD キーに対応
しており、画面のホールド、測定の開始などに
使用します。
3
1. 本器の取扱い方法について
1.2 各部の名称と機能 (2) ····· プローブ
[中温用プローブ] --- MODEL 0203
耐熱 200℃
耐熱 80℃
中温用接続ケーブル
耐熱 80℃
[高温用プローブ] --- MODEL 0204(旧モデル)
耐熱 500℃
耐熱 200℃
耐熱 80℃
高温用接続ケーブル(旧モデル)
耐熱 80℃
[高温用プローブ] --- MODEL 0204(新モデル)
耐熱 500℃
耐熱 200℃
高温用接続ケーブル
耐熱 80℃
耐熱 80℃
4
1. 本器の取扱い方法について
1.3 シートキーの説明
POWER
電源の入/切に使用します。
HOLD
表示値のホールド/解除を行います。
PRINT
表示画面をホールド後、PRINT キーを押すと、外部プリンターに表示画面のハードコピー
が出力されます。
FAST/SLOW
FAST、SLOW1、SLOW2 の 3 段階で切り換わります。
FAST:
SLOW1:
SLOW2:
1 秒ごとの瞬時値を表示
5 秒間の移動平均値を表示
10 秒間の移動平均値を表示
* モニター画面でのみ使用可能
BATT
電池の残量を表示します。乾電池使用のみ有効となります。
MENU
各種機能の選択を行います。メニューには以下のような項目があります。
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
4.MEMORY CLEAR
5.UTILITY
モニター画面への移行
測定モード (平均値演算、間欠動作による平均値演算、風量演算)
記憶データの出力 (表示画面、プリンター、RS-232C)
記憶データの消去
1.
2.
3.
4.
START/STOP
△, ▽
< UTILITY >
CALENDAR
ANALOG OUTPUT
PROGRAM SET
RS-232C
日付の設定
アナログ出力のレンジ切り替え
測定モードのプログラム設定
ボーレート (通信速度) の設定
測定の開始/終了を行います。
初期画面:
▽ キー:風速の変動グラフを表示し、再度押すとレンジの切り替えができ
ます。(レンジは 50、25、10、5、2、1 m/s の 6 レンジです。)
△ キー:元の画面に戻すのに使用します。
メニュー画面:各種機能の選択、各項目の選択、及び演算機能における取り込みデータ
数などの数字設定に使用します。
SET
指定した項目を実行するのに使用します。
5
1. 本器の取扱い方法について
1.4 電源について
1.4.1 電池の交換
1. 電池カバーの開け方
2. 電池の取り出し方
テープを引き上げる
つめを矢印の方向に押し上げながら引き上げる。
.
3. 電池の入れ方
* 真中の電池は両端に電池を挿入した後、最後に入れる。
このとき、テープを電池の下にひくことを忘れないこと。
《注意》
極性に注意
電池の極性の方向に注意して下さい。ショート・加熱による故障の原因となります。
電池ケースの底に記入されている方向に従って、正しく挿入して下さい。
1.4.2 AC アダプターについて
AC アダプターが挿入されている場合は AC アダプターが優先となります。電池
ボックスに電池が挿入されていても問題にはなりませんが、長期間使用しない
場合は、電池ボックスから取り除いておいてください。電池の腐食により、接点
不良の原因となります。
《注意》
当社専用の付属 AC アダプターを使用して下さい。
市販の AC アダプターは極性が異なる場合があります。
=> ショート・火災の原因となります。
AC アダプター
MODEL 6000-05
INPUT: 100-240VAC 50-60Hz
OUTPUT: 9VDC 660mA
コネクター
6
1. 本器の取扱い方法について
1.5 測定の準備
1.5.1 プローブの接続
接続ケーブル
(耐熱 80℃)
プローブは付属の接続ケーブルと一体で校正されています。
必ず、接続して測定を行って下さい。
* 接続ケーブルの長さを変更する場合は再校正が必要です。
プローブルケーブル
耐熱 200℃
プローブ番号
本体底ふた内部
1.5.2 プローブ番号の確認
プローブケーブル (テフロンケーブル) の片端に記入されて
プローブ番号
一致していますか?
いる番号と本体の画面に表示されている番号が一致している
’08.07.15
10:26:40
PROBE
ことを確認して下さい。
46-H001
* この画面は本体とプローブを未接続の
状態で電源を投入すると表示されます。
《注意》
一台のアネモマスター用に複数台のプローブを購入した場合や、同じプローブを複数台のアネモマスターで
使用する場合、もしくは予備プローブをご使用になる場合にプローブ番号の確認を行って下さい。
>>> それぞれのプローブの校正データは本体底部に装着されている PROBE BOARD の特性 ROM に書き
込まれています。プローブごとに特性が異なりますので、必ずご確認下さい。
1.5.3 プローブボードの脱着
(1) 底フタを開ける。
aaaaaaaaaa
(2) ねじをゆるめる。
>>> ねじは抜けません。
(3) 上方向に垂直に引き上げる。
ボードはコネクターで接続されています
ので、横方向にねじる、又は片側のみを
持ち上げることはしないで下さい。
>>>接続不良の原因になります。
7
1. 本器の取扱い方法について
1.5.4 表示画面の確認 モニター画面
電源 ON
プローブ未接続時  P6
’08.07.15 FAST
10:26:40
VER. 1.0
2 秒間表示
KANOMAX
PROBE
ANEMOMASTER
40-0001
日付(西暦表示) ····· 年、月、日
時刻(24 時間表示) ····· 時、分、秒
’08.07.15
FAST
10:26:40
* 日時を変更するには  P12
同時表示
12.8 m/s
27.5 ℃
風速
風温
FAST/SLOW キーで操作 P9
* FAST、SLOW、SLOW2 の 3 段階
FAST: 1 秒ごとの瞬時値
SLOW1: 5 秒ごとの移動平均値
SLOW2: 10 秒間の移動平均値
 この画面になってから、
測定を開始して下さい。
モニター画面にならないとき
こんなとき
PROBE 表示のままで
ある。
測定値の応答性が悪い。
こうしてください。
’08.07.15
10:26:40
PROBE
40-0001
 電源を一旦 OFF にし、プローブを接続後、もう
一度、電源スイッチを ON にして下さい。
’08.07.15
SLOW1
10:26:40
画面右上の表示が SLOW1、あるいは SLOW2 (移
12.8 m/s
27.5 ℃
日付、時刻が表示され
ない。
プローブが接続されていません。
< AVE > ready
T: 00/10
M:015
N: 000/010 P:007
12.8 m/s
27.5 ℃
動平均値表示) になっていませんか。
 FAST/SLOW キーを押して表示を FAST に切り
替えて下さい。
演算プログラムがセットされています。
 MENU キーを押して、1.MONITOR を指定して下さ
い。
8
2. 基本操作
2. 基本操作
2.1 測定値をホールドするには
HOLD
FAST/SLOW PRINT
BATT
POWER
本体正面
本体側面
リモート端子(REMOTE)
表示
操作キー
’08.07.01 FAST
10:26:40
HOLD
同じ機能
ホールドキー (HOLD)
操作説明
HOLD キー押して下さい。
5.38 m/s
25.7 °C
ホールド時に表示
’08.07.01 FAST
hold
10:26:40
’08.07.01 FAST
hold
10:26:40
★ 画面の左上に hold が表示され、測定値
がホールドされたことを示します。
5.38 m/s
25.7 °C
’08.07.01 FAST
10:26:40
HOLD
5.38 m/s
25.7 °C
もう一度、HOLD キーを押すと解除されます。
5.38 m/s
25.7 °C

プリンターが接続されている場合は、ホールド時 PRINT キーを押すとハードコピーを行います。
詳しくは 13 ページを参照してください。
9
2. 基本操作
2.2 表示値を読み取りやすくするためには
変動が大きく、平均化した測定値を読み取りたいときに便利です。
* 平均値測定、間欠動作測定、風量測定を行う測定モードでは、この機能は使用できません。
FAST/SLOW キーを押す。
’08.07.01 FAST
10:26:40
15.7 m/s
24.6 ℃
★ FAST/SLOW キーを押すごとに、表示画面右上の
表示文字が順に切り替わります。
FAST
モード
SLOW 1
測定データの取り方
0
5
10
15
説明
20 秒 (測定時間)
1 秒間に 4 回データを取りこみ、その平均
FAST
1 秒間の平均
0
5
10
15
SLOW 1
5
10
15
値を瞬時値として、1 秒ごとに表示します。
20 秒 (測定時間)
5 秒間の平均
0
SLOW 2
FAST: 1 秒ごとの瞬時値
SLOW1: 5 秒間の移動平均値
SLOW2: 10 秒間の移動平均値
SLOW 2
5 秒間の平均値を 1 秒ごとに表示します。
データは 1 秒ずつシフトします。
20 秒 (測定時間)
10 秒間の平均値を 1 秒ごとに表示します。
10 秒間の平均
データは 1 秒ずつシフトします。
10
2. 基本操作
2.3 風速の変動グラフを表示するには
 90 秒間の風速変動が観察できます。
(*測定モードでは、この機能は使用できません。)
表示
操作キー
’08.07.01 FAST
10:26:40
▽
5.38 m/s
25.7 ℃
操作説明
▽キーを押して下さい。
▽キー
レンジ:50、25、10、5、2、1m/s
m/s VEL. FAST
m/s
VEL.
50
FAST
50
▽
0
風
速
TIME (20S/DIV)
0
TIME (20S/DIV)
計測時間(秒)
m/s
VEL.
FAST
25
▽
更に、▽キーを押して下さい。
FAST/SLOW キー
FAST, SLOW1, SLOW2
P9
風速値
1 秒ごとに更新
一画面 90 秒
時間軸
★風速レンジが切り替わります。
0
90 秒
TIME (20S/DIV)
こんなとき便利です。
m/s VEL. SLOW1
25
0
20 秒
FAST/SLOW
>>>変動が大きく、グラフが見にくい!
FAST/SLOW キーを押して下さい。
TIME (20S/DIV)
····· SLOW 1 (5 秒間の移動平均)
m/s VEL. SLOW2
25
0
FAST/SLOW
····· SLOW 2 (10 秒間の移動平均)
TIME (20S/DIV)
’08.07.01 SLOW2
10:26:40
5.38 m/s
25.7 ℃
△
HOLD
hold VEL.
25
FAST/SLOW キーを押して下さい。
△キーを押すと元の画面に戻ります。
HOLD キーを押して下さい。
★ 表示画面がホールドされます。
SLOW2
レンジの切り替え、及び FAST/SLOW の切り替えはホールド中
0
でもできます。
TIME (20S/DIV)
PRINT
PRINT キーを押して下さい。
★ ホールド時、画面のハードコピーを行います。
11
2. 基本操作
2.4 電池の残量を知るには
表示
操作キー
モニター画面と、測定モードでの測定スタンバイ状態
(ready 表示) において使用できます。
他の画面では使用できません。
’08.07.01 FAST
10:26:40
5.38 m/s
25.7 ℃
BATT
<BATTERY CHECK>
7
8
BATT キーを押す。
★ 残っている電池容量が 2 秒間表示されます。その後、自動的
BATTERY CHANGE
VOLTAGE 6V
6
操作説明
に元の表示画面に戻ります。
9
残っている電池容量
6
’08.07.01 FAST
10:26:40
5.38 m/s
25.7 ℃
7
8
9
*
乾電池は新品時 9V
*
Ni-Cd 電池はフル充電で 8.5V 程度になります。
2.4.1 電池消耗のお知らせ
 電池容量が 6V 以下になると、表示画面が点滅します。
なお、点滅時の測定値は保証できません。
* Ni-Cd 電池は 6.5V 以下になると急速に電圧が下がります。早めに
充電を行って下さい。
* バックライトは電池の消耗を早めます。必要時以外は点灯させない
でください。
電圧 (V)
点滅し始めたら電池を交換
’08.07.01 FAST
10:26:40
5.38 m/s
25.7 ℃
さらに消耗すると!
PLEASE
CHANGE BATTERY
点滅
12
2. 基本操作
2.5 日時を変更するには
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 5. UTILITY を指定して下さい。
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
4.MEMORY CLEAR
5.UTILITY
< UTILITY >
1.CALENDAR
2.ANALOG OUTPUT
3.PROGRAM SET
4.RS-232C
SET
△, ▽
SET
指定したら SET キーを押して下さい。
(3) 1. CALENDAR を指定して下さい。
指定したら SET キーを押して下
さい。
▼
DATE
2008. 07. 01
TIME
10 : 25
△, ▽
SET
< CALENDAR >
DATE
2008. 07. 01
TIME
10 : 25
< CALENDAR >
年. 月. 日
< CALENDAR >
* 秒は設定できません。
(4) 変更する日時に▼印を移動させて下
DATE
2008. 07. 01
TIME
10 : 25
さい。
移動したら、SET キーを押して下さい。
時:分
(5) 変更する数字が反転します。
△, ▽
SET
数字が反転したら、△ ▽キーで正しい日時に変更して下
さい。
変更できたら、SET キーを押して下さい。
< CALENDAR >
DATE▼
2008. 07. 01
TIME
10 : 25
(6) さらに変更する場合は、上述の(4)から(5)の操作を繰り返して
下さい。
MENU
日付と時間の変更が終了したら、MENU キーを押して下さい。
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
’08.07.15 FAST
10:26:40
12.8 m/s
27.5 ℃
△, ▽
SET
(7) 1. MONITOR を指定して下さい。
指定したら、SET キーを押して下さい。
(8) 元のモニター画面に戻りますから、日時が変更されているか
確認して下さい。
13
2. 基本操作
2.6 モニター画面をハードコピーするには
2.6.1 準備するもの
★ プリンター(別売) ····· 推奨機種 DPU-H245(セイコーインスツルメンツ株式会社)
★ 本体とプリンターの接続ケーブル(別売)
2.6.2 プリンターの設定
スイッチ番号
SW 1
SW 2
SW 3
SW 4~6
機能
語長
パリティ有無
パリティ設定
ボーレート
アネモマスター
8 ビット
無
無
4800
プリンター
ON
ON
ON
下表
ボーレート
4800
SW 4
OFF
SW5
ON
SW6
OFF
2.6.3 信号ケーブルの接続
アネモマスター
信号ピン番号
信号名
3 (橙)
TXD
1 (茶)
GND
4 (黄)
CTS
プリンター
信号ピン番号
信号名
3
DATA
5
GND
8
BUSY
2.6.4 操作手順
1.
本体 (RS-232C 出力端子) とプリンターを接続して下さい。
2.
電源を入れて下さい。(本体とプリンター)
3.
アネモマスターの表示が初期画面であることを確認して下さい。
4.
HOLD キーを押し、表示画面をホールドして下さい。
5.
ホールドしたら PRINT キーを押して下さい。
’08.07.01
hold
10:26:40
5.38 m/s
25.7 °C
この表示画面 (ホールド画面)
の状態で PRINT キーを押す。
印字を一時停止、及び中止するには
 一時中止:
印字中に PRINT キーを押すと、一時停止します。
PRINT キーをもう一度押すと、印字が再開されます。
 中止:
印字中に PRINT キーを押すと、一時停止します。
一時停止したら MENU キーを押して下さい。
メニュー画面を表示しますので、1. MONITOR を指定して下さい。
14
3. 測定モード
3. 測定モード
3.1 平均、最大、最小値を測定するには [平均値測定]
AVERAGE
DATA (1)
DATA (2) DATA (3)
DATA (N)
 平均値
AVE=ΣDATA(N)/H
 最大値、最小値
MAX=DATA(i)
MIN=DATA(j)
測定時間
----- S-TIME (S) × N (データ数)
サンプリング時間
----- S-TIME (S)
* データは指定したサンプリング時間ごとに収集します。
各データ(DATA(N))は瞬時値であり、サンプリング時間間隔での平均値ではありません。
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 2. MEASUREMENT を指定します。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定したら、SET キーを押して下
さい。
1. AVERAGE
△, ▽
2. INTERVAL
SET
3. FLOW RATE
取り込みデータ数
(3) 1. AVERAGE を指定します。
指定したら、SET キーを押して下
さい。
< AVE >
1.
2.
3.
4.
S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
01
001
NO
NO
△、▽で変更
< AVE >
S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
SET OK!
データの記憶(YES or NO)
サンプリング時間(秒)
< MEASUREMENT >
1.
2.
3.
4.
5.
演算結果の印字(YES or NO)
(4) 変更する項目を指定します。
01
001
NO
NO
△, ▽
SET
 各項目については、次ページの「測定条件の説明」を
参照して下さい。
指定したら、SET キーを押して下さい。
< AVE >
1. S-TIME (s)
2. DATA (N)
3. MEMORY
01
001
NO
△, ▽
SET
(5) 変更する項目が反転します。
△、▽キーで数字を変更して下さい。
変更したら、SET キーを押して下さい。
< MENU >
1. S-TIME (s)
2. DATA (N)
3. MEMORY
01
001
NO
(6) 他の項目の設定も同様に上記手順の(4)~(5)の操作を繰り
返して下さい。
15
3. 測定モード
[測定条件の説明]
S-TIME (S):
サンプリング時間(瞬時値)を設定します。
設定可能なサンプリング時間(秒): 1 ~ 6, 10, 12, 15, 20, 30, 40, 50, 60 秒
DATA (N):
設定したサンプリング時間ごとに取り込むデータ数を設定します。
設定可能なデータ数: 1 ~ 6, 10, 12, 15, 20, 30, 40, 50, 60, 100, 120, 150, 180 データ
MEMORY:
YES の場合、内部メモリに記憶します。
記憶容量については P22 を参照。
PRINT:
YES の場合、演算結果を自動的に外部プリンタに出力します。
NO の場合でも、演算結果を表示した後、PRINT キーを押すことによって、演算結果のハード
コピーができます。印字例については P24 参照。
3. MEMORY
4. PRINT
5. SET OK!
NO
NO
△, ▽
SET
(7) 測定条件の設定が終了したら、5. SET OK! を指定します。
指定したら、SET キーを押して下さい。
(8) ready が表示され、測定スタンバイ状態になります。
(a)
<AVE> ready
T: 00/10
M:015
N: 000/010 P:007
START/STOP
START/STOP キーを押すと、データの取り込みを開始します。
☆前画面(測定条件設定画面)に戻るには、△キーを押します。
16.8 m/s
127 ℃
<AVE>
T: 01/10
M:015
N: 001/060 P:007
16.8 m/s
127 ℃
「測定開始」
☆途中で測定を終了するには!: START/STOP 又は ▽ キー
- それまでに取り込んだデータで演算を行います。
☆測定を中止するには (a): △キーを押します。
「測定終了」
-測定スタンバイ状態(a)に戻ります。
☆測定を中止するには (b): MENU キーを押します。
<AVE>
T: 10/10
M:016
N: 060/060 P:007
- メニュー画面に戻ります。
T:01/10···S-TIME(S)
設定値(秒)
1 秒ごとに増加
12.8 m/s
126 ℃
M:015---使用したメモリ(%表示、100%で残りゼロ)
N:001/060···DATA (N)
設定値
データ取り込みごとに増加
<AVE
AVE:
MAX:
MIN :
AVE:
MAX:
MIN :
RESULT>
12.8 m/s
15.8 m/s
10.8 m/s
126 ℃
129 ℃
123 ℃
「演算結果」
印字例P24
P:007---何ページに記憶しているかを示します。 P22
3.MEMORY NO の場合は表示されません。
☆ PRINT:
表示画面のハードコピー
☆ START/STOP 又は ▽: 測定スタンバイ状態 (a)
☆ MENU:
メニュー表示
16
3. 測定モード
3.2 一定時間ごとにデータを収集するには! [間欠動作測定]
[POINT 1]
(2) (3)·······(N)
DATA (1)
[POINT 2]
(2) (3)·······(N)
DATA (1)
DATA (1)
[POINT N]
(2) (3)·······(N)
S-TIME (S)
1 ポイント測定するのに要する時間
次の測定開始までの時間間隔
インターバル時間 --- INT (min)
S-TIME (S) × N (データ数)
測定を終了するまでの時間
INT (min) × POINT 数(N)
各ポイントのデータは平均値です。
POINT 1···AVE 1=ΣDATA(N)/N
演算結果
POINT 2···AVE 1=ΣDATA(N)/N
·
·
·
·
·
·
AVE=(AVE1+AVE2+ -----AVE N) / POINT 数 (N)
MAX=AVE I, MIN=AVE J
POINT N --- AVE H=ΣDATA(N)/N
表示
操作キー
各ポイントのデータは AVE1, AVE2, ··· AVE N が記憶されます。
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 2. MEASUREMENT を指定する。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押す。
< MEASUREMENT >
1. AVERAGE
△, ▽
2. INTERVAL
SET
(3) 2. INTERVAL を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
3. FLOW RATE
(a)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
< INT >
S-TIME(S)
DATA (N)
INT (min)
POINTS
MEMORY
PRINT
SET OK!
(4) 平均測定(P14)と同じように、
01
010
060
024
YES
YES
<Measurement Setting
Screen>
△, ▽
SET
測定条件を設定して下さい。
☆ 変更する項目の指定
△, ▽⇨SET
☆ 設定値、YES/NO の変更
△, ▽⇨SET
☆ 設定終了
7. SET OK! ⇨ SET
設定できたら、7. SET OK! を指定し、SET キーを押して下さい。
SET
17
3. 測定モード
INT (min):
POINTS:
[測定条件の説明]
何分間隔で測定を開始するかを設定します。
設定可能な測定間隔(分):1~6, 10, 12, 15, 20, 30, 40, 50, 60, 100, 120, 150, 180 分
* 1 ポイント測定を行うのに要する時間よりも短い測定間隔(INT)を設定することはで
きません。
何ポイント測定するかを設定します。
設定可能なポイント数: 1~999 ポイント
* S-TIME(S), DATA(N), MEMORY, PRINT は平均測定のページ(P15)をお読み下さい。
(b)
<INT> ready
T: 00/10
M:036
N: 000/010 P:016
16.8 m/s
127 ℃
(5) ready が表示され、測定スタンバイ状態になります。
START/STOP キーを押すと、データの取り込みを開始します。
START/STOP
☆測定条件を設定する画面(a)に戻るには: △キー
(6-1)
<INT>
T: 01/10
M:036
N: 001/010 P:016
(6)
「測定開始」
16.8 m/s
128 ℃
(6-2)
WAIT
POINTS
<INT>
060 min
001/024
[待機中]
12.8 m/s
126 ℃
(6-3)
WAIT
POINTS
<INT>
001 min
001/024
16.8 m/s
126 ℃
(6-1):
ready 表示画面については
1 ポイントの測定
平均値測定(P15)を参照。
(6-2):
1 ポイントの測定が終わると次の測定
まで待機中となります。画面は 1 ポイ WAIT 060 min:待ち時間
ントの平均値が次の測定まで表示さ 次の測定が開始される
までの残り時間 (分)
れます。
(6-3):
POINTS 001/024:ポイント
測定開始まで、あと 1 分。
1 分後、(6-1) の画面になり、測定を
設定回数
開始します。
今の測定回数
(7) 上記手順(6-1)から(6-3) を指定したポイント数だけ、繰り返し
ます。
測定終了
<INT
AVE:
MAX:
MIN :
AVE:
MAX:
MIN :
RESULT>
19.8 m/s
21.6 m/s
18.5 m/s
126 ℃
129 ℃
123 ℃
演算結果
☆途中で測定を終了するには: START/STOP 又は ▽キー
- それまでに取り込んだデータで演算を行います。
☆測定を中止するには (1): △キー
-測定スタンバイ状態(b)に戻ります。
☆測定を中止するには(2): MENU キー
- メニュー画面に戻ります。
各ポイントでの平均値をデータとし、全体の平均、最大、最小値を
表示します。
印字例
☆ PRINT:
P24
☆ START/STOP 又は ▽: 測定スタンバイ (画面 b)
☆ MENU:
表示画面のハードコピー
メニュー表示
18
3. 測定モード
3.3 ダクトの風量を測定するには [風量測定]
FLOW RATE
測定点
POINT
「例」
測定
POINT 1 --- AVE 1 = Σ DATA (N)/N
POINT 2 --- AVE 2 =Σ DATA (N)/N
Duct Area
POINT M --- AVE M =Σ DATA (N)/N
平均風速
U=
(AVE1+AVE2+···AVE N)
ポイント数(M)
* 各ポイントの測定開始は: START/STOP キー
各ポイントの測定は間欠動作測定(P16)を参照して下さい。
測定点
r1 r2
r3
R
r4
r5
JIS88330 参照
演算結果
r1=0.316R
r2=0.548R
r3=0.707R
r4=0.837R
r5=0.949R
表示
風量 (F) = 平均風速 (U) × 断面積 (AREA)
m³/hour (時)と m³/min(分)で表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 2. MEASUREMENT を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら SET キーをして下さい。
< MEASUREMENT >
1. AVERAGE
△, ▽
2. INTERVAL
SET
(3) 3. FLOW RATE を指定して下さい。
指定できたら SET キーを押して下さい。
3. FLOW RATE
(a)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
< FLOW >
S-TIME(S)
01
DATA (N)
010
POINTS
016
AREA(m2)
0.100
MEMORY
YES
PRINT
YES
SET OK!
△, ▽
(4) 平均値測定(P14)と同じように、
SET
測定条件を設定して下さい。
<測定条件設定画面 >
☆ 変更する項目の指定:
△, ▽⇨SET
☆ 設定値、YES/NO の変更:
△, ▽⇨SET
☆ 設定終了
7. SET OK! ⇨ SET
設定できたら、7. SET OK! を指定し、SET キーを押して下
SET
さい。
19
3. 測定モード
[測定条件の説明]
POINTS:
平均風速を求めるのに何ポイントで測定するかを設定します。
設定可能な分割数:1~100 ポイント
AREA(m²):
ダクト断面積(有効面積) を設定します。
設定可能な面積:0.001~9.999m²
* S-TIME(S), DATA(N), MEMORY, PRINT は平均値測定のページ(P15)をお読み下さい。
(b)
< FLOW >ready
T: 00/10
M:036
N: 000/010 P:012
16.8 m/s
126 ℃
(5) ready が表示され、測定スタンバイ状態になります。
START/STOP キーを押すと、データの取り込みを開始します。
START/STOP
☆ 測定条件を設定する画面(a)に戻るには△キーを押して下
さい。
[測定開始]
(6-1)
(6)
(6-1)
< FLOW >
T: 01/10
M:036
N: 001/010 P:012
1 ポイントの測定
(6-2)
16.8 m/s
127 ℃
ポイントの測定が終わると、次のポイントへプローブを移動させ、
START/STOP キーを押して下さい。次のポイントの測定を開始しま
す。
★ (6-1)と(6-2)を分割したポイント数だけ繰り返します。
(6-2)
< FLOW >
NEXT START !
POINTS 001/016
16.8 m/s
127 ℃
START/STOP
NEXT START! ---次のポイントの測定待ち
POINTS 001/016 --- ポイント数
設定値
今までに測定したポイント数
START/STOP
☆ 途中で測定を終了するには: ▽キー
- 1 ポイント測定中のときはそのポイントの終了
- 次の測定待ちの時はそれまでに取り込んだポイント数で演算
を行います。
☆ 測定を中止するには (1) : △キー
< FLOW >
T: 10/10
M:037
N: 001/010 P:012
☆ 測定スタンバイ状態(screen) (b))に戻ります。
☆ 測定を中止するには (2) : MENU キー
16.8 m/s
126 ℃
- メニュー画面に戻ります。
[演算結果]
<FLOW RESULT>
8.100 m3/min
486.00 m3/hour
VEL
13.5 m/s
TEMP
126 ℃
風量 m³/分
風量 m³/時
平均風速
平均風温
☆ PRINT:
表示画面のハードコピー
☆ START/STOP 又は ▽ : 測定スタンバイ(続けて測定開始)
☆ MENU:
メニュー表示
20
3. 測定モード
3.4 測定モード設定
3.4.1 測定モードをセットするには

測定モードがセットされていると、電源スイッチを ON にすると同時に測定スタンバイ状態になります。
あとは START/STOP キーを押すだけで、測定が開始できます。
測定条件
演算モード
<AVE> ready
T: 00/10
M:015
N: 000/010 P:007
電源 SW-ON
表示
<AVE
AVE:
MAX:
MIN :
AVE:
MAX:
MIN :
<AVE>
T: 01/10
M:015
N: 001/060 P:007
16.8 m/s
127 ℃
16.8 m/s
127 ℃
測定スタンバイ
測定開始
操作キー
RESULT>
12.8 m/s
15.8 m/s
10.8 m/s
126 ℃
129 ℃
123 ℃
演算結果
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 5. UTILITY を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押す。
△, ▽
(3) 3. PROGRAM SET を指定して下さい。
< UTILITY >
1.
2.
3.
4.
CALENDAR
ANALOG OUTPUT
PROGRAM SET
RS-232C
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< PROGRAM SET >
1.
2.
3.
4.
OFF
AVERAGE
INTERVAL
FLOW RATE
△, ▽
SET
(4) セットする測定モードを指定します。
指定できたら、SET キーを押して下
OFF:
解除
AVERAGE: 平均値測定
INTERVAL: 間欠動作測定
FLOW RATE: 風量測定
さい。
< PROGRAM SET >
1.
2.
3.
4.
OFF
AVERAGE
INTERVAL
FLOW RATE
(5) 指定した演算モードにカーソルが移動します。
移動後、自動的に測定条件を設定する画面が表示されます。
< AVE >
1.
2.
3.
4.
5.
S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
10
YES
YES
<測定条件設定画面>
△, ▽
SET
(6) 測定条件を設定して下さい。設定ができればカーソルを 5.
SET OK!に移動させ、SET キーを押して下さい。
ここで設定された測定モードは、本体の電源を切っても適用さ
れます。
再度、電源を投入すると、測定スタンバイ状態になります。
21
3. 測定モード
3.4.2 他の測定モードが使えない!
 プログラムがセットされている場合は、指定した演算プログラムしか使用できません。メニュー画面で 2.
MEASUREMENT を指定しても、演算モードを選択する画面は表示されません。セットされている演算モードの
測定条件を設定する画面が表示されます。他の演算プログラムを使用する場合はプログラムセットを解除し
て下さい。
[例] プログラムが FLOW RATE に設定されている場合
下記画面は表示されません。
2. MEASUREMENT を指定したとき ·················································
電源 SW – ON 時
<FLOW RATE>
1. S-TIME (S) 01
2. DATA (M) 010
3. POINTS
016
<MENU>
1. MONITOR
2. MEASUREMENT
3. DATA OUTPUT
風速演算
測定スタンバイ
MENU
<MEASUREMENT>
1. AVERAGE
2. INTERVAL
3. FLOW RATE
SET
3.4.3 測定モードの設定を解除するには
 プログラムセットと同じ方法で<PROGRAM SET>画面を表示させてください。
表示できましたら、1. OFF を指定して下さい。
1.
2.
3.
4.
表示
操作キー
< PROGRAM SET >
△, ▽
OFF
AVERAGE
INTERVAL
FLOW RATE
SET
操作説明
(1) 1. OFF を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< PROGRAM SET >
1.
2.
3.
4.
(2) カーソルが 1. OFF に移動します。
OFF
AVERAGE
INTERVAL
FLOW RATE
移動後、自動的にメニュー画面を表示します。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
△, ▽
SET
(3) 2. MEASUREMENT を指定し、他の演算測定を行って下さい。
22
3. 測定モード
3.5 記憶容量について
 測定データの記憶はページ単位で行い、各ページの先頭には測定
条件も同時に記憶されます。従って、ページ数が多くなればなるほど、
★
測定データの記憶はページ単位
記憶できるデータ数は少なくなります。
★
今、何ページに記憶されているかを
必ず確認して下さい。
★
測定データは風速と風温の 2 つの
測定値を 1 データとします。
ここでは取り込みデータ数を決めた時、何ページ記憶できるか、その
算出方法について説明しています。
1 ページ
·····
·····
·····
·····
2 ページ
·····
N ページ
·····
·····
·····
·····
·····
·····
·····
·····
·····
測定条件
測定データ
1 ページに使用するバイト数
(1) 測定開始日時 (08. 7. 1 10:40)
12 bytes
(2) 測定モード(風速・風温 VT)
2 bytes
(3) 演算モード(平均 AVE、間欠動作 INT、風量 FLW)
2 bytes
(4) サンプリング時間(S-TIME(S))
2 bytes
(5) データ数(DATA (N))
2 bytes
(6) 測定回数 POINTS
2 bytes
(7) 測定間隔 INT (min)、またはダクト断面積 AREA (m²)
2 bytes
(8) 風速データと風温データ
4 bytes × データ数
測定条件
計 24 バイト
記憶可能ページ数の算出
内部メモリ --- 記憶容量 4770 バイト
1 ページ ··· (24+4×N)バイト
P = 4770 / (24 + 4 × N)
データ
測定条件
平均値測定:
間欠動作測定:
風量測定:
データ数 (DATA (N))
ポイント数 (POINTS)
ポイント数 (POINTS)
記憶容量
[例] N=10 の場合、上式より P=74 となり、
データ数が 10 個であれば、74 回 (ページ) の測定が可能です。
23
3. 測定モード
3.5.1 メモリオーバーの表示

測定条件設定画面で SET OK!を指定した時に、十分なメモリがあるかどうかを判断し、十分なメモリが無い
場合には、メモリオーバーを表示します。
平均値測定
間欠動作測定
< AVE >
1.
2.
3.
4.
5.
S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
100
YES
NO
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
< AVE >
1.
2.
3.
4.
S-TIME (s)
01
DATA (N)
100
MEMORY
YES
PRINT
NO
MEMORY OVER
< AVE >
1.
2.
3.
4.
5.

S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
100
YES
NO
1.
2.
3.
4.
5.
6.
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
風量測定
< INT >
S-TIME(S)
DATA (N)
INT (min)
POINTS
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
010
060
024
YES
NO
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
< INT >
S-TIME(S)
DATA (N)
INT (min)
POINTS
MEMORY
PRINT
MEMORY OVER
01
010
060
024
YES
NO
1.
2.
3.
4.
5.
6.
< INT >
S-TIME(S)
DATA (N)
INT (min)
POINTS
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
010
060
024
YES
NO
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
< FLOW >
S-TIME(S)
01
DATA (N)
010
POINTS
060
AREA(m2)
1.000
MEMORY
YES
PRINT
NO
SET OK!
説明
各測定条件を設定後、SET
OK! を指定し、SET キーを押
す。
< FLOW >
S-TIME(S)
01
DATA (N)
010
POINTS
060
AREA(m2)
1.000
MEMORY
YES
PRINT
NO
MEMORY OVER
< FLOW >
S-TIME(S)
01
DATA (N)
010
POINTS
060
AREA(m2)
1.000
MEMORY
YES
PRINT
NO
SET OK!
メモリオーバー表示
自動的に、カーソルが
DATA(N)又は POINTS に戻
ります。
設定を変更するか、データ
の消去(P28)を行って下さ
い。
START/STOP キーによる繰り返し測定、又は測定モードが設定されている時は、測定スタンバイの表示画面
で判断し、メモリオーバーを表示します。
[例] 平均値測定の場合
演算結果の表示画面
プログラムがセット
されている場合
メモリオーバー表示
START/STOP キーを押す。
key.
電源 SW-ON
<AVE> ready
MEMORY OVER
16.8 m/s
127 ℃
< AVE >
1.
2.
3.
4.
5.
S-TIME (s)
DATA (N)
MEMORY
PRINT
SET OK!
01
100
YES
NO
24
3. 測定モード
3.6 印字例 - 演算結果の自動印字とハードコピー
3.6.1 自動印字の例
「平均値測定」
「間欠動作測定」
「風速測定」
2008.07.01 10:26
2008.07.01 10:26
2008.07.01 10:26
<AVE>
<INT>
<FLOW>
S-TIME (S)
DATA (N)
MEMORY
01
010
P001
VELOCITY
AVE: 2.58 m/s
MAX: 3.73 m/s
MIN: 1.69 m/s
TEMPERATURE
S-TIME (S)
DATA (N)
INT (min)
POINTS
MEMORY
01
010
060
024
P001
S-TIME (S)
01
DATA (N)
010
POINTS
024
AREA (m2) 0.100
MEMORY
P001
VELOCITY
FLOW RATE
AVE: 2.58 m/s
MAX: 3.73 m/s
MIN: 1.69 m/s
15.240 m3/min
914.40 m3/hour
VELOCITY
AVE: 126 ℃
MAX: 129 ℃
MIN: 123 ℃
TEMPERATURE
測定開始日時
測定モード
測定条件
測定データを記憶して
いるページを示してい
ます。記憶していない
場合は NONE と表示さ
れます。
演算結果
2.54 m/s
AVE: 126 ℃
MAX: 129 ℃
MIN: 123 ℃
TEMPERATURE
126 ℃
3.6.2 ハードコピーの例
「平均値測定」
<RESULT>
AVE: 2.58 m/s
MAX: 3.73 m/s
MIN: 1.69 m/s
AVE: 126℃
MAX: 129℃
MIN: 123℃
「間欠動作測定」
<RESULT>
AVE: 2.58 m/s
MAX: 3.73 m/s
MIN: 1.69 m/s
AVE: 126℃
MAX: 129℃
MIN: 123℃
「風速測定」
<RESULT>
15.240 m3/min
914.40 m3/hour
VEL 2.54 m/s
TEMP 126 ℃
* 演算結果表示後の
ハードコピーでは、日
時及び測定条件は印
字されません。
25
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
4.1 データを画面に呼び出すには
保存されている演算結果を表示させることはできます。
しかし、各記憶データは表示されません。
保存されている記憶データをみるには、プリンターに出力
させるか、またはデジタル出力 (RS-232C) でコンピュータ
にデータを転送して下さい。
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 3.DATA OUTPUT を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< DATA OUTPUT >
1. DISPLAY
△, ▽
2. PRINTER
SET
(3) 1.DISPLAY を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
3. COMPUTER
(a)
MEMORY
△, ▽
P: 001
SET
AVERAGE
’08.07.01
[VT]
10:26
指定できたら、SET キーを押して下さい。
記憶している
ページ
<ページ設定画面>
< RESULT >
AVE:
12.5 m/s
MAX: 13.8 m/s
MIN : 11.6 m/s
AVE:
126 ℃
MAX:
129 ℃
MIN :
123 ℃
(4) 出力するページを指定して下さい。
[演算結果]
データが記憶されていない
場 合 は 、 “data not found!
MODE PAGE” が表示され、
メニュー画面に戻ります。
測定モード
MEMORY
P: 001
AVERAGE
’08.07.01
[VT]
10:26
測定項目
VT:風速・風温
.
測定を行った日時
☆ START/STOP 又は ▽: ページ設定画面 (a)
☆ MENU: メニュー表示
26
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
4.2 プリンターに出力させるには
4.2.1 プリンター出力手順
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 3.DATA OUTPUT.を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< DATA OUTPUT >
1. DISPLAY
△, ▽
2. PRINTER
SET
(3) 2.PRINTER を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
3. COMPUTER
MEMORY
△, ▽
P:001~P:007
SET
(4) 1.START P:001 を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
1. START
P:001
2. END
P:001
3. SET OK!
記憶されている
ページ範囲
MEMORY
P:001 ~ P:007
1. START P:001
2. END
P:001
印字終了ページ
1. START
P:005
2. END
P:001
3. SET OK!
1. START
P:005
2. END
P:005
3. SET OK!
△, ▽
SET
(5) 1.START P:001 が反転します。
開始ページを指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(6) 2.END P:005 を指定して下さい。
SET
SET キーを押して下さい。
(7) 2.END P:005 が反転します。
1. START
P:005
2. END
P:007
3. SET OK!
△, ▽
終了ページを指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
印字開始ページ
27
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
1. START
P:005
2. END
P:007
3. SET OK!
SET
(8) カーソルを 3. SET OK!に移動させます。
SET キーを押して下さい。
RESULT: 演算結果のみ出力
< FORMAT >
1. RESULT
2. DATA
△, ▽
SET
MEMORY
P:001~P:007
1. START
P:001
2. END
P:001
3. SET OK!
指定できたら、SET キーを押して
下さい。
3. ALL
<PRINT>
(9) 出力する内容を指定します。
[印字中]
DATA:
測定データのみ出力
ALL:
演算結果と測定データ
の両方を出力
☆ 一停止するには!: PRINT キーを押して下さい。
☆ 中止するには!: PRINT
MENU キーを押して下さい。
(10) 印字終了後、ページ設定の画面に戻ります。
☆ さらに印字する場合には、同じ操作を繰り返して下さい。
☆ 終了する場合は、MENU キーを押して下さい。
4.2.2 印字例
「平均値測定」
「間欠動作測定」
2008.07.01 10:57
<AVE>
S-TIME(S)
01
DATA(N)
010
MEMORY
P001
VELOCITY
AVE: 2.58 m/s
MAX: 2.87 m/s
MIN: 1.89 m/s
TEMPERATURE
AVE: 126 °C
MAX: 129 °C
MIN: 123 °C
No.
VEL
TEMP
(m/s) (°C)
1
2.37
126
2
2.83
126
3
2.47
125
4
1.89
124
2008.07.01 10:57
<INT>
S-TIME(S)
01
DATA(N)
010
INT(min)
060
POINTS
024
MEMORY
P001
VELOCITY
AVE: 2.58 m/s
MAX: 2.87 m/s
MIN: 1.89 m/s
TEMPERATURE
AVE: 126 °C
MAX: 129 °C
MIN: 123 °C
No.
VEL
TEMP
(m/s) (°C)
1
2.37
126
2
2.83
125
「風量測定」
2008.07.01 10:57
<FLOW>
S-TIME(S)
01
DATA(N)
010
POINTS
016
AREA(m2)
0.100
MEMORY
P001
FLOW RATE
15.180 m3/min
910.80 m3/hour
VELOCITY
2.53 m/s
TEMPERATURE
126 °C
No.
VEL
TEMP
(m/s) (°C)
1
2.37
126
2
2.83
126
3
2.47
125
測定条件
(常に印字します。)
演算結果
<RESULT>
<ALL>
測定データ
<DATA>
28
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
4.3 記憶データを消去するには
ALL CLEAR
CLEAR
P001
P001
P002
P002
P003
P003
·
·
·
·
全て消去
·
·
·
·
部分消去
P004
P005
·
·
Page
P036
* ページは繰り上がります。
【例】
P003~P005 を消去した場合、P036
は P033 となります。
4.3.1 全てのデータを消去
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 4. MEMORY CLEAR を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
< MEMORY CLEAR >
AR
1. ALL CLEAR
指定できたら、SET キーを押して下さい。
E
△, ▽
SET
(3) 1. ALL CLEAR を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
2. CLEAR
MEMORY
ALL CLEAR OK?
△, ▽
1. NO
SET
(4) 2. YES を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
2. YES
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
★ 全てのデータが消去され、メニュー画面に戻ります。
29
4. 記憶データの再表示と印字、及び消去
4.3.2 一部のページを消去
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 4. MEMORY CLEAR を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< MEMORY CLEAR >
1. ALL CLEAR
2. CLEAR
MEMORY
P:001~P:025
1. START
P:001
2. END
P:001
3. SET OK!
△, ▽
SET
(3) 2. CLEAR を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
△, ▽
(4) 1. START P: 001 を指定して下さい。
SET
指定できたら、SET キーを押して
記憶されている
ページ範囲
MEMORY
下さい。
P:001~P:025
1. START
P:001
2. END
P:001
3. SET OK!
1. START
P:001
2. END
P:001
3. SET OK!
△, ▽
SET
(5) 消去開始ページを指定して下さい。
印字開始ページ
指定できたら、SET キーを押して下
印字終了ページ
さい。
1. START
P:003
2. END
P:003
3. SET OK!
1. START
P:003
2. END
P:003
3. SET OK!
1. START
P:003
2. END
P:005
3. SET OK!
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
(6) 2. END P: 003 に移動します。
SET
△, ▽
SET
SET キーを押して下さい。
データが記憶されていない場合は、
“data not found! NOTE PAGE” が表示
され、メニュー画面に戻ります。
(7) 消去終了ページを指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(8) 消去範囲を確認して下さい。
SET
OK!なら、SET キーを押して下さい。
(9) 全てのデータが消去され、メニュー画面に戻ります。
* ページは繰り上がります。
30
5.データ出力
5. データ出力
5.1 アナログ出力について
測定画面で出力------------------------------------- ★ 0.25 秒ごとに出力
初期画面:
演算モード:
ホールド時を除く
演算結果表示中、及び
測定待機中は除く
★出力電圧:DCO ~ 1V
★出力インピーダンス:47Ω
出力レンジ
風 速
風 温
0 ~ 5 m/s
0 ~ 50
0 ~ 25 m/s
0 ~ 100
0 ~ 50 m/s
0 ~ 200
0 ~ 500
アナログ出力端子
V:
T:
℃
℃
℃
℃
風速
風温
5.1.1 風速のレンジを切り替えるには!
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 5. UTILITY を指定して下さい。
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
4.MEMORY CLEAR
5.UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< UTILITY >
1.CALENDAR
2.ANALOG OUTPUT
3.PROGRAM SET
4.RS-232C
△, ▽
SET
(3) 2. ANALOG OUTPUT を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(a)
< ANALOG OUTPUT >
1. VELOCITY
2. TEMPERATURE
△, ▽
SET
(4) 1. VELOCITY を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
1. VELOCITY:
風速
2. TEMPERATURE:
風温
31
5.データ出力
(5)
< RANGE >
(a) 反転している範囲が現在設定されているレンジです。
1. 0 ~ 5 m/s
変更しない場合は、そのまま SET キーを押して下さい。
2. 0 ~ 25 m/s
画面は ANALOG OUTPUT 画面(a)に戻ります。
3. 0 ~ 50 m/s
(b) レンジを変更するには、設定したいレンジを選択し、
< RANGE >
1. 0 ~ 5 m/s
△, ▽
2. 0 ~ 25 m/s
SET
SET キーを押して下さい。
3. 0 ~ 50 m/s
< RANGE >
(6) カーソル が変更 したい レン ジに移 動 し、自動的に ANALOG
1. 0 ~ 5 m/s
OUTPUT 画面(a)に戻ります。
2. 0 ~ 25 m/s
3. 0 ~ 50 m/s
(a)
< ANALOG OUTPUT >
MENU
(7) MENU キーを押すとメニュー画面に戻ります。
1. VELOCITY
2. TEMPERATURE
風温の出力レンジの切り換えも
同じ操作を繰り返して下さい。
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
4.MEMORY CLEAR
5.UTILITY
* 表示画面が測定中であるときにのみ、アナログ電圧が出力され
ます。
<出力電圧の変換>
<例>
風 温
U:
T:
V:
【記号説明】
風速 (m/s)
風温 (℃)
出力電圧 (mV)
1.0
(V)
変換式
U = 0.005 × V
U = 0.025 × V
U = 0.05 × V
T = 0.05 × V
T = 0.1
×V
T = 0.2
×V
T = 0.5
×V
出力
風 速
レンジ
0~ 5 m/s
0~25 m/s
0~50 m/s
0~50 ℃
0~100 ℃
0~200 ℃
0~500 ℃
0.5
風速
風温
0
0
2.5
50.0
5.0 m/s
100°C
32
5.データ出力
5.2 デジタル出力について (RS-232C)
出力形式
ボーレート:
4800, 1200
語長:
8 ビット
パリティビット:
なし
ストップビット:
1 ビット
5.2.1 接続例
信号名
結線
GND
TXD
RXD
RTS
CTS
DSR
DCD
DTR
ピン番号
1
2
3
4
5
信号名
GND
RXD
TXD
CTS
RTS
アネモマスター (MODEL 6162)
信号の意味
信号の方向
信号グランド
--受信データ
入力
送信データ
出力
送信認可
入力
送信要求
出力
信号線の色
茶
赤
橙
黄
青
5.2.2 ボーレートの設定方法
表示
< MENU >
1.MONITOR
2.MEASUREMENT
3.DATA OUTPUT
4.MEMORY CLEAR
5.UTILITY
操作キー
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 5. UTILITY を指定して下さい。
SET
< UTILITY >
1.CALENDAR
2.ANALOG OUTPUT
3.PROGRAM SET
4.RS-232C
< RS – 232C >
1.
1200 bps
2.
4800 bps
< RS – 232C >
1.
1200 bps
2.
4800 bps
操作説明
△, ▽
SET
△, ▽
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(3) 4. RS-232C を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(4) ボーレートを指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
(5) 指定したボーレートにカーソルが移動し、自動的にメニュー画
面を表示します。
★ 生データの転送: 1. MONITOR
記憶データの転送: 3. DATA OUTPUT
< MENU >
33
5.データ出力
5.2.3 生データの転送 (1 秒ごとの測定データ)
転送はモニター画面で行って下さい。
転送中は他の機能を使用しないで下さい。
’08.07.01
FAST
10:26:40
12.8 m/s
27.5 ℃
SLOW の場合は移動平均値が転送されます。
モニター画面に切り替えて下さい。
出力フォーマット
# # # # # ; # # # # # ; # # # # # CRLF :19 文字
風 速
「出力例」
風 温
23.6;
126;
ダミー
*** CRLF
:(単位:m/s, ℃, **)
:風速、風温、***
コマンドの説明
コマンド
D
*
機
能
説
明
取り込みデータ数の設
コマンド受信後、AD が返送されます。
定
続いて、設定されたデータ数(*)だけ 1 秒ごとに出力されます。
データ数(*)は最大 1,000 データです。1,000 データ以上取り込む場合はもう一度
コマンドを送って下さい。
C
プローブ電源 OFF
コマンド受信後、AC が返送されます。
それと同時に風速センサーの電源が OFF になります。
プローブ電源 ON
S
コマンド受信後、風速センサーの電源が再度、投入されます。
30 秒後に AS が返送され、データ取り込み可能となります。
AS コマンド受信後、D*コマンドでデータを転送して下さい。
* コマンド C、S は例えば 1 時間ごとにデータ収集を行いたいときに使用します。
不必要なときにプローブの電源を切ることによって、電池の消耗を少なくすることができます。
* コマンドの誤入力や、データ数の誤入力などの場合は、下記のエラーコードが返送されます。
(例:データ数が最大数を超えた場合、AD の代わりに E2 が返送されます。)
E1 ----- コマンドエラー
E2 ----- データ設定エラー
B3 ----- バッテリーエラー (電池消耗)
34
5.データ出力
5.2.4 記憶データの転送 (メモリに蓄えられた測定データ)
メニュー画面における DATA OUTPUT モード
内部メモリ
記憶データの転送準備
表示
操作キー
操作説明
MENU
(1) MENU キーを押して下さい。
△, ▽
(2) 3. DATA OUTPUT を指定して下さい。
< MENU >
1.
2.
3.
4.
5.
MONITOR
MEASUREMENT
DATA OUTPUT
MEMORY CLEAR
UTILITY
SET
指定できたら、SET キーを押して下さい。
< DATA OUTPUT >
1. DISPLAY
△, ▽
2. PRINTER
SET
(3) 3. COMPUTER を指定して下さい。
指定できたら、SET キーを押して下さい。
3. COMPUTER
MEMORY
準備 OK!
(4) この表示画面になったら、コンピュータのプログラムをスタート
(RUN)させて下さい。
DATA
TRANSMISSION
転送開始
転送を中止するには、MENU キーを押して下さい。
こんなとき、エラーメッセージが表示されます。
1.
2.
RS-232C ケーブルが接続されていない。
コネクターの結線が間違っている。
ホストコンピューターとの接続例(P32)を参照して、確認して下さい。
MEMORY
DATA
TRANSMISSION
DEVICE ERROR !
エラー表示
3.
データを取り込まない。
ボーレートなどの出力形式が間違っている。
再度、ホストコンピューター、及び本体のボーレート設定を確認して下さい。
35
5.データ出力
測定条件の出力フォーマット ----- M コマンド
(2)
(1)
(3)
(4)
(5)
(6)
# # ; # # # ; # # ; # # # ; # # # ; # # # # # CRLF
: 25 文字
(1) 計測モード(VT:風速・風温)
(2) 測定モード(AVE: 平均値測定 INT: 間欠動作測定 FLW: 風量測定)
(3) S-TIME (S) (サンプリング時間)
(4) DATA (N) (取り込みデータ数)
(5) POINTS (測定回数、分割数)
* 平均値モードの場合は
ダミー出力
(6) 間欠動作測定時は INT(計測間隔)
風量測定時は AREA (m2) (ダクト断面積)
[出力例]
(1)
(2)
(4)
(3)
(5)
(6)
VT ; FLW ; 60 ; 100 ; 10 ; 1. 456CRLF
測定データの出力フォーマット ----- T コマンド
# # # # # ; # # # # # ; # # # # # CRLF :19 文字
[出力例]
風 速
風 温
ダミー
23.6;
126;
*** CRLF
:(単位:m/s, ℃, **)
:風速、風温、ダミー
<Command Explanation>
コマンド
P
機
能
記憶ページ数の確認
説
明
コマンド受信後、AP が返送されます。
続いて、記憶されているページ数が出力されます。
N*
記憶データ数の確認
コマンド受信後、AN が返送されます。
続いて、指定したページ(*)のデータ数が出力されます。
M
*
T
*
測定条件の確認
コマンド受信後、AM が返送されます。
続いて、指定したページの測定条件が出力されます。
測定データの出力
コマンド受信後、AT が返送されます。
続いて、指定したページの測定データが出力されます。
* ページ数を誤入力した場合はエラーメッセージ E が返送されます。
E1、E3 については、5.2.3 生データの転送 (1 秒ごとの測定データ)を参照して下さい
36
6. プローブの洗浄方法
6.プローブの洗浄方法
風速素子にゴミ(粉塵、煤煙)や、機械油などが付着すると、奪われる熱量(放散熱量)が変化し、風速指示値
に影響を与えます。プローブの保護金網がありますが、ゴミなどで金網が目詰まりを起こすと風速指示値に影
響を与えます。
汚れた環境下で測定し、素子・金網に汚れが付着した場合は測定後すぐに洗浄しておくことをおすすめします。
洗浄方法
風速センサー部を超音波洗浄器で10~20秒程度洗浄して下さい。あまり長くすると、素子のコー
ティングの破損につながります。
洗浄液は通常の水を使用してください。水で薄めた中性洗剤を容器に入れ、振り洗いしていただい
ても結構です。
!注意!
!)洗浄時、電源は必ず切ってください。
!)洗浄後は良く乾燥させてから電源を入れてください。
完全に乾くまでは、センサーは上に向けな
いでください。水滴が内部に入り、故障の
原因となります。
洗浄できるのは、風速センサー部
(保護金網部分)までです。
超音波洗浄器で10~20秒程度
冷風で乾燥してください。
37
7. 主な仕様
7. 主な仕様
仕
(1) 型名
様
本体:
Model 6162
プローブ:
Model 0203 (中温プローブ)
Model 0204 (高温プローブ)
(2) 測定機能
風速・風温 (同時測定)
(3) 測定対象
清浄な空気流(ただし、結露しないこと)
(4) 測定範囲
風速: V0 ~ 50.0m/s
風温:
0 ~ 200 ℃ (MODEL 0203)
0 ~ 500 ℃ (MODEL 0204)
(5) 測定精度
V0 ~
5.00 ~
10.0 ~
25.0 ~
0 ~
100 ~
200 ~
(常温精度:18~28℃)
風速
風温
(6) 温度補償精度 (風速)
(7) ケーブルの耐熱
計測範囲
4.99 m/s
9.99 m/s
24.9 m/s
50.0 m/s
99.9 ℃
199 ℃
500 ℃ (0204 のみ)
風温
風速
V0 ~
5.00 ~
10.0 ~
25.0 ~
0
100
200
300
4.99 m/s
9.99 m/s
24.9 m/s
50.0 m/s
MODEL 0203
0 ~ 200 ℃
±0.5m/s
±0.6m/s
±1.5m/s
±3.0m/s
~
~
~
~
99
199
299
399
℃
℃
℃
℃
特定精度
±0.15m/s
±0.3m/s
±0.75m/s
±1.5m/s
:
:
:
:
V0
V0
V0
V0
=
=
=
=
0.2
0.4
0.7
1.0
m/s
m/s
m/s
m/s
表示分解能
指示値の
±(1%+1℃)
0.01 m/s
0.1 m/s
0.2 ℃
1 ℃
MODEL 0204
0 ~ 400 ℃
±0.75m/s
±1.0m/s
±2.5m/s
±5.0m/s
テフロンコート (プローブ側): 200 ℃
ビニールコート (接続ケーブル): 80 ℃
(8) 応答性
(9) 表示画面
風速:
4 秒 (90%応答、風速 5 m/s 時)
風温:
5 秒 (90%応答、風速 5 m/s 時)
グラフィック LCD (120 × 64 ドット):風速・風温同時表示
バックライト、及び輝度調整機能付き
(10) 記憶容量
最大 999 データ (1 ページで計測する場合のみ)
(11) 入出力端子
リモート端子:
START/STOP 機能
アナログ出力端子:
風速・風温同時出力
出力電圧 0 ~ 1V (出力インピーダンス:47Ω)
(出力精度:0.5%FS)
デジタル出力端子:
RS-232C (シリアル)
38
7. 主な仕様
一般仕様
(12) 電源
電源電圧
DC 9V (660mA)
乾電池:単二電池 6 本 (アルカリ電池、マンガン電池)
AC アダプター:(100 ~ 240VAC 50 ~ 60Hz /0.2A)
消費電力
(13) 電池寿命
5.6VA 以下
約 8 時間 (アルカリ電池、風速 5 m/s 連続動作時、
ただし、バックライトを使用していない状態)
(14) バックアップ電池
電池寿命約 3 ヶ月·····データ、時計のバックアップ
(ただし、3 ヶ月間全く動作させなかった場合の電池寿命です。バックアッ
プ電池は Ni-Cd 電池を使用していますので、動作させるごとに充電され
ます。)
(15) 環境条件 (本体)
性能保証温度範囲
保存温度範囲
5 ~ 40 ℃
-10 ~ 50 ℃
(16) 本体外形寸法
220 (W) × 85 (D) × 150 (H) mm
(17) プローブ外形寸法
型名
0203
0204
形状
φ11 × 208
φ14 × 1000
ケーブル テフロン被覆線 1.5m
(18) 質量
(19) 付属品
本体:
約 1.8 Kg (乾電池含む)
プローブ:
MODEL 0203
約 200 g
MODEL 0204
約 500 g
テフロン被覆線 2.3m
本 体 (MODEL 6162)
肩掛けベルト
乾電池 (単二アルカリ電池)
AC アダプター (DC 9V, 660mA)
出力ケーブル (ミノムシクリップ·····アナログ出力用)
取扱説明書
1本
6個
1個
2本
1冊
中温プローブ (MODEL 0203)
プローブボード
プローブ収納ケース
接続ケーブル(ビニール線約 5m)
1枚
1個
1本
高温プローブ (MODEL 0204)
プローブボード
プローブ収納ケース
接続ケーブル(ビニール線約 10m)
1枚
1個
1本
39
8. 測定原理
8. 測定原理
8.1 熱式風速計の原理
加熱された素子に風があたると、素子は冷却されます。素子の温度が変化すれ
ば抵抗値も変化します。この抵抗値の変化は風速が早ければ早いほど、大きく
変化します。従って、風速と抵抗値の関係がわかっていれば、抵抗値 (または
電流) を測定することによって、風速値を知ることができます。
アネモマスター風速計はこの原理を利用したものです。一般に熱式風速計では
センサー部が常に一定温度になるように、フィードバック回路を用いて制御され
ています(定温度型)。
風
すなわち、センサーは常に一定温度になっており、この温度は風速の高低によ
って変化することはありません。しかし、風速の高低に応じてセンサーから奪わ
れる熱量が変化しますので、それを補うようにセンサーに電流を流すようになっ
ています。この電流の量(i)から風速値を知ることができます。
加熱素子 (白金巻線)
風速センサーから奪いとられる熱量 [H] は次式で表されます。


H  a  b U T  Ta ----- King の式
Rc
H: 熱放散量 T: 素子の温度 Ta: 風温
U: 風速
a, b: 定数
電流i
風速素子
また、熱放散量 [H] は素子の抵抗 (R) と流れる電流 (i) から次式で表すこと
ができます。
H  RI 2
(R は一定温度に保っているため風速の高低に関係なく一定)
従って、
RI 2
 ab U
となります。この式からもわかるように、風速[U]の変化を素子に流れる電流[i]
の変化としてとらえることができます。
40
8. 測定原理
8.2 温度補償
風音が変化した場合、同じ風速でも熱放散量は異なります。これは、ブリ
ッジの対辺に風速と同じ温度係数を持つ測温素子 Rc を用いることによっ
Ta1
Ta2
[H]
て、風温との温度差 (T-Ta) を一定に保つことができます。
このようにして、ブリッジの定数を決めますと、熱放散量は風温に関係な
Ta1< Ta2
く、風速と一定の関係が得られるようになります。
温度補償素子をブリッジに組み込む場合は、電流による自己加熱を避け
風速[U]
るために大きな抵抗値の素子を用いる必要があります。このために、形
温度補償
状も大きくなりがちであり、大きくなると、風速センサーに対し応答性が悪
くなり、風温が急変する場合の温度補償が困難となります。そこで、中高
[H]
温アネモマスターでは応答性を上げるために、副ブリッジを設けています。
この副ブリッジが平衡するようにアンプに帰還をかけると、このブリッジを
(a  b U )(T  Ta)
一つの抵抗とみたとき、その合成抵抗はほぼ、R(1+r2/r1) になります。
(一定)
すなわち、r2 << r1 に選んでおけば、温度検出用の抵抗値 R はかなり小さ
くても良いことになります。従って、温度検出用のセンサーの形状を小さく
風速[U]
し、応答の高い補償を可能にしています。
R1
R2
風温素子
CPU
R
表
示
r1
風速素子
RH
出
r2
力
風温検出ブリッジ
41
8. 測定原理
8.3 測定対象気体組成の影響
熱式風速計は、素子から液体中に奪われる熱量、すなわち放散熱量をもとに
して風速を指示しますが、測定対象となる流体が異なれば放散熱量が変化し、
熱放散量 Q
それに伴い指示風速値も変化します。アネモマスターは常温・常圧の空気流
で校正されていますので、煙道内の排ガス流、その他の混合ガス流をアネモ
マスターで測定する場合は指示値の補正が必要となります。従って混合ガス
の風速を補正するには、まず混合ガスの物性値を知る必要があります。
UO
UM
円柱物体(素子)の強制対流による放散熱量の求め方を以下の図で示してい
図 1 風速指示値の変化
ます。
粘性係数
η
密
度
比
熱
動粘性係数
温度伝導率
g
V
r
流
熱伝導率
λ
Cp
r
a

cpr
速
長
直
さ
ℓ
U
径
d
レイノズル数
Re 
プラントル数
Ud
r
Pr 
3600r
a
ヌツセルト数
Nu=A×B
放 散 熱 量
Q  Nu T  Ta 
図 2 円柱の強制対流による放散熱量
42
8. 測定原理
これより、放散熱量は次式で求められます。
Q  Nu  T  Ta  ········ (1)
Q: 放散熱量
Nu:ヌッセルト数
π:円周率
λ:熱伝導率
L:円柱の長さ
T:加熱体温度
Ta:気体の温度
混合ガスの物性値を求めるには、各成分の物性値を求め、その混合比を考慮して得られます。例えば、混合ガ
スの比熱 Cpは次式より求められます。
Cp 
C p1M 1Y1
········ (2)
100M
Cp:混合ガスの比熱
Cp1:各成分の比熱
M1:各成分の分子量
Y1:画成分の体積百分率
M:混合ガスの分子量
各物性値は温度の関数で、ヌッセルト数 Nu は流速 U の関数でもありますので、風温 Ta、基準風速 U0 をとって、
(1)式によって計算すると混合ガスに対する放散熱量 Qa がわかります。この Qa が空気に対する放散熱量に等
しいものと考えると、図1からアネモマスターの指示風速値 UM がわかりますので、U0 と UM を対応させることに
より混合ガスの風速補正表が得られます。
以下に、風速補正グラフの例を示します。
50
風温 100℃
風温 300℃
指示風速値 UM m/3
40
風温 500℃
30
20
成分
N2
H2O
O2
CO
10
10
20
30
40
混合比 %
74.0
11.5
3.5
11.0
50
基準風速値 U0 m/β
図 3 風速補正グラフの例
8.4 大気圧の影響
本器は大気圧1013hPaで校正されています。圧力の変動は放散熱量に影響を及ぼしますので、大気圧の補
正が必要です。大気圧の補正は次式で行えます。
Um 
1013
 Uc
Pm
Um:真の風速値[m/s]
Uc:指示風速値
Pm:測定時の圧力[hPa]
43
9. トラブルシューティング
9. トラブルシューティング
* 修理を依頼される前に、もう一度ご確認下さい。
9.1 電源の確認
No.
こんなとき
1.
電源スイッチを ON にしても、表示が
でない。
- 電池が消耗している。
⇒ 電池交換
5
2.
電源を新品と交換しても、表示がで
ない。
- 表示の輝度調整ができていない。
⇒ ボリュームの調整
2
3.
乾電池の消耗が仕様よりも早い。
- 電池のどれかの極性が逆になっている。
⇒ 電池の確認
5
表示画面が点滅する。
- 電池が消耗したことを示しています。
⇒ 電池交換
BATT キーを押し、残量をご確認下さい。
11
4.
ここをご確認下さい。
参照ページ
9.2 初期動作の確認
No.
こんなとき
ここをご確認下さい。
参照ページ
表示画面が暗いあるいは薄い。
- 表示の輝度調整ができていない。
⇒ ボリュームの調整
雰囲気温度に影響を受けます。
2
2.
バックライトがついていない。
- 明るい場所では、確認しにくいことがあり
ます。
⇒ LIGHT スイッチ ON
2
3.
電源投入時に演算測定となり、ready
を表示する。
- 測定モードが設定されている。
⇒ PROGRAM OFF
21
4.
メニューで MEASUREMENT を指定し
-測定モードが設定されている。
ても演算モード選択画面がでない。
⇒ PROGRAM OFF
測定条件設定画面を表示する。
21
5
表示画面が “PROBE”を表示したま - プローブが接続されていない。
まである。
⇒ プローブ接続
6
1.
44
9. トラブルシューティング
9.3 測定中での確認
No.
こんなとき
1.
測定値が異常表示する。
例:風速:**.*
風温:0.0
2.
測定中に表示画面が点滅し始めた
3.
内部メモリに記憶できない。
4.
指示値の応答性が遅い。
ここをご確認下さい。
参照ページ
- 仕様測定範囲以外ではオーバー表示とな
ります。
- プローブ断線 (センサー破損)
37
- 電池が消耗したことを示します。
⇒ 電池交換
- 設定ができない。
⇒ MEMORY YES
- 移動平均表示になったままである。
⇒ FAST/SLOW キー
11
3章
9
9.4 アナログ出力の確認
No.
こんなとき
1.
出力がでない。
2.
出力値が違う。
ここをご確認下さい。
- 初期画面、又は演算モードで測定中にの
み出力。
- 画面がホールド状態である。
参照ページ
30
- 出力レンジが間違っている。
9.5 デジタル出力の確認
No.
こんなとき
1.
DEVICE ERROR が表示される。
2.
データを取り込まない。
3.
データが違う。
ここをご確認下さい。
- ケーブルの結線が間違っている。
参照ページ
34
- ホストコンピューターの設定ができていな
い。
- ボーレート設定が間違っている。
- 出力フォーマットが間違っている。
33, 35
ここをご確認下さい。
参照ページ
32
9.6 プリンターの確認
No.
1.
こんなとき
印字中に電源が切れる。
2.
ハードコピーができない。
3.
演算終了後プリント出力しない。
- プリンターのニッカド電池が消耗してい
る。
- 画面がホールドされていない。
⇒ ホールドして下さい。
- 測定中である。
⇒ 測定終了後、行って下さい。
- 設定ができない。
⇒ PRINT YES
13
4章
4章
45
10. 製品保証とアフターサービス
10. 製品保証とアフターサービス
製品保証
 当社では、製品保証書を発行しておりません。
 製品には、登録カードが添付しておりますので、ご購入の際は、必ずお受け取りください。
この登録カードに所定事項を記入して頂くとともに、記載内容をお確かめのうえ、必ずご
返送ください。返送されますと、当社にて保証管理を開始いたします。尚、ご返送なき場合
は保証しかねる場合があります。
 保証期間は電池などの消耗品を除き、原則として、ご購入日から1年間です。
アフターサービス
 具合の悪いときはまずチェックを…
”故障かな?”の項お読みになり、故障かどうか、お確かめください。
 それでも調子の悪いときは当社サービスセンターへ…
販売元の日本カノマックス㈱サービスセンター、または、お近くの同社事務所(最終ペ-ジ
参照)、もしくは、お買い上げの店に、ご連絡ください。
 保証期間中での修理は…
当社の製造上、回路部品、材質などの原因によって故障が発生した場合は、無料で修理
させていただきます。
 保証期間が経過した後の修理は…
修理によって、機能、及び精度が維持できる場合は、ご要望にしたがって有償修
理させていただきます。
 修理部品の保有期間について…
修理部品は、生産中止後、最低5年間保有いたします。この部品保有期間を修理可能期
間とさせていただきます。詳しくは当社サービスセンターへ、ご相談ください。
ご相談になるときは、次のことをお知らせください。
*
*
*
*
*
*
製 品 名
型
名
器
番
プロ-ブ NO.
故障の状況
ご購入年月
アネモマスター
6162
------------------できるだけ詳しく
----------
46
11. お問い合わせ先
11. お問い合わせ先
日本カノマックス株式会社
〒565-0805 大阪府吹田市清水 2 番 1 号
この製品に関するお問い合せは・・・
TEL 0120-009-750
E-mail: [email protected]
□ 東京事務所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿 3-18-20 第 1 横田ビル
TEL: (03) 3378-4151
□ 大阪事務所
FAX: (03) 5371-7680
〒565-0805 大阪府吹田市清水 2 番 1 号
TEL: (06) 6877-0447
FAX: (06) 6877-8263
□ 名古屋事務所 〒460-0011 名古屋市中区大須 4 丁目 1 番 71 号 矢場町中駒ビル 8F
TEL: (052) 241-0535
FAX: (052) 241-0524
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement