詳細取扱説明書

詳細取扱説明書
ヲ⣽ྲྀᢅㄝ᫂᭩
製品概要
〇ရࡢ≉㛗࡟ࡘ࠸࡚ㄝ᫂ࡋࡲࡍࠋ
セットアップ
〇ရ࠾ࡼࡧ࿘㎶ᶵჾࡢタ⨨࣭タᐃసᴗ࡟ࡘ࠸࡚ㄝ᫂ࡋࡲࡍࠋ
製品の取り扱い
〇ရࡢᇶᮏⓗ࡞ྲྀࡾᢅ࠸᪉ἲ࡟ࡘ࠸࡚ㄝ᫂ࡋࡲࡍࠋ
アプリケーション開発情報
ᮏࣉࣜࣥࢱ࣮ࡢไᚚ᪉ἲ࡜ࠊ࢔ࣉࣜࢣ࣮ࢩࣙࣥࢆ㛤Ⓨࡍࡿ㝿࡟
ᚲせ࡞᝟ሗ࡟ࡘ࠸࡚ㄝ᫂ࡋࡲࡍࠋ
付録
〇ရࡢ௙ᵝࠊ࠾ࡼࡧᩥᏐࢥ࣮ࢻ⾲࡟ࡘ࠸࡚ㄝ᫂ࡋࡲࡍࠋ
M00079205
Rev.F
ご注意
 本書の内容の一部または全部を無断で転載、複写、複製、改ざんすることは固くお断りします。
 本書の内容については、予告なしに変更することがあります。最新の情報はお問い合わせください。
 本書の内容については、万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載漏れなど、お気づきの
点がありましたらご連絡ください。
 運用した結果の影響については、上項に関わらず責任を負いかねますのでご了承ください。
 本製品がお客様により不適切に使用されたり、本書の内容に従わずに取り扱われたり、またはエプソンおよびエ
プソン指定の者以外の第三者により修理・変更されたことなどに起因して生じた損害などにつきましては、責任
を負いかねますのでご了承ください。
 エプソン純正品およびエプソン品質認定品以外のオプションまたは消耗品を装着してトラブルが発生した場合に
は、責任を負いかねますのでご了承ください。
商標について
EPSON、EXCEED YOUR VISION および ESC/Label はセイコーエプソン株式会社の登録商標です。
Microsoft®、Windows®、Windows Vista®、および Windows Server® は米国 Microsoft Corporation の米国、日
本およびその他の国における登録商標です。
Zebra Technologies Corporation および ZPL II は Zebra Technologies Corporation 社の商標または登録商標です。
Intel®、Celeron®、および Pentium® は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の
商標です。
AMD® および AMD AthlonTM は、Advanced Micro Devices, Inc. の商標です。
BarTender® は Seagull Scientific, Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。
Seagull Scientific は Seagull Scientific, Inc. の商標です。
NiceLabel® は Euro Plus d.o.o. の商標または登録商標です。
CODESOFT は、TEKLYNX International の商標または登録商標です。
その他の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
© Seiko Epson Corporation 2014-2015. All rights reserved.
ご使用の前に
本書では、本製品とソフトウェアの機能・操作方法、設置から印刷できるようにするまでのセットアップ作業、メン
テナンスに関する情報、各種トラブルの解決方法について説明しています。ご使用の際は、必ず本書をよくお読みの
上、正しくお使いください。
Install Navi を使用して、簡単に本製品をセットアップすることもできます。
安全にお使いいただくために
本書には、製品を安全に正しくお使いいただき、お客様や他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するため
に、以下の記号が使われています。その意味は以下のとおりです。内容をよく理解してから本文をお読みください。
警告
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定され
る内容を示しています。
注意
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性および物的損害を起こ
す可能性が想定される内容を示しています。
補足説明や知っておいていただきたいことを記載しています。
設置上のご注意
警告
注意
 本製品の通風口を塞がないでください。通風口を塞ぐと内部に熱がこもり、火災になるお
それがあります。(18 ページ「本体背面」)
 布などで覆ったり、風通しの悪い場所に設置したりしないでください。また、本書で指示
された設置スペースを確保してください。
(34 ページ「設置に適した場所」)
 不安定な場所、他の機器の振動が伝わる場所に設置・保管しないでください。落ちたり倒
れたりして、けがをするおそれがあります。
 油煙やホコリの多い場所、水に濡れやすいなど湿気の多い場所に置かないでください。感
電・火災のおそれがあります。
 本製品を持ち上げる際は、無理のない姿勢で作業してください。無理な姿勢で持ち上げる
と、けがをするおそれがあります。
 本製品は重いので、1 人で運ばないでください。開梱や移動の際は 2 人以上で運んでくださ
い。本製品の質量は約 37 kg です。
(33 ページ「プリンターの設置」)
 本製品を持ち上げる際は、本書で指示された箇所に手をかけて持ち上げてください。他の
部分を持って持ち上げると、プリンターが落下したり、下ろす際に指を挟んだりして、け
がをするおそれがあります。
(33 ページ「プリンターの設置」)
 本製品の設置時に、本製品底面にコードや異物などを挟み込まないよう注意してください。
3
電源のご注意
警告
 AC100V 以外の電源は使用しないでください。感電・火災のおそれがあります。
 電源プラグは、ホコリなどの異物が付着した状態で使用しないでください。感電・火災の
おそれがあります。
 電源プラグは刃の根元まで確実に差し込んで使用してください。感電・火災のおそれがあ
ります。
 付属の電源コード以外は使用しないでください。また、付属の電源コードを他の機器に使
用しないでください。感電・火災のおそれがあります。
 破損した電源コードを使用しないでください。感電・火災のおそれがあります。
電源コードが破損したときは、エプソンの修理窓口に相談してください。また、電源コー
ドを破損させないために、以下の点を守ってください。
 電源コードを加工しない
 電源コードに重い物を載せない
 無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったりしない
 熱器具の近くに配線しない
 濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。感電のおそれがあります。
 電源コードのたこ足配線はしないでください。発熱して火災になるおそれがあります。
 電源プラグは定期的にコンセントから抜いて、刃の根元、および刃と刃の間を清掃してく
ださい。電源プラグを長期間コンセントに差したままにしておくと、電源プラグの刃の根
元にホコリが付着し、ショートして火災になるおそれがあります。
 電源プラグをコンセントから抜くときは、コードを引っ張らずに、電源プラグを持って抜
いてください。コードの損傷やプラグの変形による感電・火災のおそれがあります。
長期間ご使用にならないときは、安全のため電源プラグをコンセントから抜いてください。
注意
4
取り扱いのご注意
警告
注意
 アルコール、シンナーなどの揮発性物質のある場所や火気のある場所では使用しないでく
ださい。感電・火災のおそれがあります。
 煙が出る、変なにおいや音がしたりなど異常状態のまま使用しないでください。感電・火
災のおそれがあります。異常が発生したときは、すぐに電源を切り、電源プラグをコンセ
ントから抜いてから、販売店またはエプソンの修理窓口に相談してください。
 異物や水などの液体が内部に入ったときは、そのまま使用しないでください。感電・火災
のおそれがあります。すぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてから、販売
店またはエプソンの修理窓口に相談してください。
 お客様による分解・修理は、危険ですから絶対にしないでください。
 可燃ガスおよび爆発性ガスなどが大気中に存在するおそれのある場所では使用しないでく
ださい。また、本製品の内部や周囲で可燃性ガスのスプレーを使用しないでください。引
火による火災のおそれがあります。
 各種ケーブルは、本書で指示されている以外の配線をしないでください。発火による火災
のおそれがあります。また、接続した他の機器にも損傷を与えるおそれがあります。
 製品内部の、本書で指示されている箇所以外には触れないでください。感電や火傷のおそ
れがあります。
 開口部から内部に、金属類や燃えやすい物などを差し込んだり、落としたりしないでくだ
さい。感電・火災のおそれがあります。
 電源ケーブルは安全規格取得品で電源システム接地(PE)端子の付いたものを使用し、
接地を
確実に実施してください。感電のおそれがあります。
 本製品の上に乗ったり、重い物を置いたりしないでください。倒れたり壊れたりして、け
がをするおそれがあります。
 各種ケーブルやオプションを取り付ける際は、取り付ける向きや手順を間違えないでくだ
さい。火災やけがのおそれがあります。本書の指示に従って、正しく取り付けてください。
 本製品を移動する際は、電源を切り、電源プラグをコンセントから抜き、すべての配線を
外したことを確認してから行ってください。ケーブルが傷つくなどにより、感電・火災の
おそれがあります。
 本製品を保管・輸送するときは、傾けたり、立てたり、逆さまにしないでください。イン
クが漏れるおそれがあります。
 シロキサンを含むシリコン系ガス ( シリコン接着剤、シリコンオイル、シリコンパウダーな
ど )、および、悪性ガス ( 硝酸、硫化水素、アンモニア、塩素など ) の雰囲気中で使用しな
いでください。絶縁皮膜の付着または酸化によって、メカニカルスイッチ、DC モーターな
どのメカ接点部が短時間で接点障害を起こすおそれがあります。
 長時間使用されない場合は、用紙を取り外し、ホコリのないところで保管またはカバーな
どによる保護をしてください。外部供給の用紙に堆積したごみやホコリの侵入により、不
具合を発生するおそれがあります。
 ベンジン、シンナー、トルエン、ケトン系溶剤は、プラスチックを変質、破損させるおそ
れがあるため、本製品に付着させないでください。
5
インクカートリッジ / メンテナンスボックスに関するご注意
注意
6
 インクカートリッジ / メンテナンスボックスの IC チップには触らないでください。正常に
動作・印刷できなくなるおそれがあります。
 本製品のインクカートリッジは、IC チップでインク残量などの情報を管理しているため、
使用途中に取り外しても再装着して使用できます。ただし、インクが残り少なくなったイ
ンクカートリッジを取り外すと、再装着しても使用できないことがあります。また、再装
着の際は、プリンターの信頼性を確保するためにインクが消費されることがあります。
 インクカートリッジは、全色セットしてください。全色セットしないと印刷できません。
 本製品はプリントヘッドの品質を維持するため、インクが完全になくなる前に動作を停止
するように設計されており、使用済みインクカートリッジ内に多少のインクが残ります。
 プリントヘッドを良好な状態に保つため、印刷時以外にもインクカートリッジ交換時・ヘッ
ドクリーニング時などのメンテナンス動作で全色のインクが消費されます。

( 電源 )LED の点滅中はヘッドクリーニング、インク充てん、あるいは印刷などを実施
しているため、ロール紙カバー開閉、インクカートリッジカバー開閉、メンテナンスボッ
クスカバー開閉、および電源を切らないでください。
 充てん中(
( 電源 )LED の点滅中)は、電源を切ったり、カバーを開けたりしないでく
ださい。カバーを開けると、閉じたときにインクが再度充てんされ、さらにインクが消費
されます。また、正常に印刷できなくなるおそれがあります。
 モノクロ印刷した場合(モノクロ画像を印刷した場合)でも、印刷、およびプリントヘッ
ドを良好な状態に保つための動作で全色のインクが使われます。
 インクカートリッジ / メンテナンスボックスは分解や、インクの補充・詰め替えをしないで
ください。分解するとインクが目に入ったり皮膚に付着したりするおそれがあります。ま
た、正常に印刷できなくなるおそれがあります。インクが漏れてプリンターが破損する場
合があります。
 インクカートリッジを改造しないでください。正常に印刷できなくなるおそれがあります。
 古くなったインクカートリッジを使用すると印刷品質が低下します。開封後は 6ヵ月以内
に使い切ってください。未開封の推奨使用期限は、インクカートリッジの個装箱をご覧く
ださい。
 使用可能なメンテナンスボックスを取り外して長期放置を行った場合、再使用はしないで
ください。
 インクカートリッジ / メンテナンスボックスは子どもの手の届かないところに保管してく
ださい。またインクは飲まないでください。
 インクが皮膚に付いてしまったり、目や口に入ってしまったりしたときは以下の処置をし
てください。
 皮膚に付着したときは、すぐに水や石けんで洗い流してください。
 目に入ったときはすぐに水で洗い流してください。そのまま放置すると目の充血や軽い
炎症を起こすおそれがあります。異常がある場合は、速やかに医師に相談してください。
 口に入ったときは、すぐに吐き出し、速やかに医師に相談してください。
 インクが漏れて衣類に付着すると、洗濯しても落とせない場合があるので、インクカート
リッジ / メンテナンスボックスの取り扱いにご注意ください。
 取り外したインクカートリッジはインク供給孔部にインクが付いていることがありますの
で、周囲を汚さないようにご注意ください。
 交換時以外はインクカートリッジ / メンテナンスボックスを取り外さないでください。
 インクカートリッジの袋は、本体に取り付ける直前まで開封しないでください。
 インクカートリッジ/メンテナンスボックスは強く振らないでください。強く振ったり振り
回したり、側面を強く押したりすると、カートリッジ / メンテナンスボックスからインク
が漏れるおそれがあります。
 インクが漏れる可能性があるため、インクカートリッジ/メンテナンスボックスの供給口を
突かないでください。
注意
 カートリッジセット部に異物を入れたり落としたりしないでください。印刷できなくなる
おそれがあります。落としてしまったときは、セット部に傷を付けないように取り除いて
ください。
 インクカートリッジを収納するプリンター内インクカートリッジホルダーの内側には、プ
リンターへのインク供給用針が装備されておりインクが付着しています。汚れるので、指
などを差し込まないでください。
 購入直後のインク初期充てんでは、プリントヘッドノズル(インクの吐出孔)の先端部分
までインクを満たして印刷できる状態にするため、その分インクを消費します。そのため、
初回は 2 回目以降に取り付けるインクカートリッジよりも印刷できる量が少なくなること
があります。
 本製品を初めて使用する場合、インクの充てんでインクが消費されるため、メンテナンス
ボックスの交換時期が通常よりも早くなります。
 本体の電源ボタンで電源を切るとプリントヘッドは自動的にキャップ(蓋)をされ、イン
クの乾燥を防ぎます。インクカートリッジ取り付け後、本製品を使用しないときは、必ず
本体の電源ボタンで電源を切ってください。電源が入った状態のまま、電源プラグを抜い
たり、ブレーカーを切ったりしないでください。
 アート紙などの表面撥水処理を施した用紙に印刷すると、インク速乾性が悪く印刷汚れを
起こす場合があります。また、光沢紙に印刷した場合は、印刷面に触れると指の跡が付い
たりインクが指に付着したりすることがあります。印刷汚れを起こさない用紙を選定して、
ご使用ください。
 使用途中のインクカートリッジをプリンターに装着しないで輸送すると、インクが漏れる
可能性があります。そのため、単品で輸送しないでください。
 本製品に対応した純正品以外のメンテナンスボックスを使うとプリンター本体や印字品質
に復帰不能な悪影響が出るなど、本製品本来の性能を発揮できなくなる場合があります。
純正メンテナンスボックスを使用することをお勧めします。
 ベンジン、シンナー、トルエン、ケトン系溶剤は、プラスチックを変質、破損させるおそ
れがあるため、インクカートリッジ / メンテナンスボックスに付着させないでください。
 インクカートリッジ / メンテナンスボックスを廃却する場合は、各国、地域の法律・条例・
規制に従って廃却してください。
7
注意ラベル
本製品に貼ってあるラベルは、以下の注意事項を示しています。
オートカッターの刃に手を触れるとけがをするおそれがあります。
注意
オートカッター刃
オートカッター固定刃
8
使用制限
本製品を航空機・列車・船舶・自動車などの運行に直接関わる装置・防災防犯装置・各種安全装置など機能・精度な
どにおいて高い信頼性・安全性が必要とされる用途に使用される場合は、これらのシステム全体の信頼性および安全
維持のためにフェールセーフ設計や冗長設計の措置を講じるなど、システム全体の安全設計にご配慮いただいた上で
弊社製品をご使用いただくようお願いいたします。
電波障害自主規制について
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会 (VCCI) の基準に基づくクラス A 情報技術装置です。この装
置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用され
ると、受信障害を起こすことがあります。本マニュアルに従って正しい取り扱いをしてください。
本書について
本書の目的
本書は、システムの開発、設計、設置、またはプリンターアプリケーションの開発、設計に必要なすべての情報を開
発技術者に提供することを、その目的としています。
本書の構成
本書は以下のように構成されています。
第1章
製品概要
第2章
セットアップ
第3章
製品の取り扱い
第4章
アプリケーション開発情報
付録
製品仕様
9
もくじ
■ ご使用の前に ............................................................3
安全にお使いいただくために................. 3
設置上のご注意............................. 3
電源のご注意............................... 4
取り扱いのご注意........................... 5
インクカートリッジ / メンテナンスボックスに関
するご注意................................. 6
注意ラベル................................. 8
セットアップ................................... 29
■ Install Navi ...............................................................30
■ Install Navi を使用しない場合の作業フロー31
■ 付属品の確認..........................................................32
■ プリンターの設置.................................................33
■ 使用制限 .....................................................................9
設置に適した場所 ..........................34
■ 電波障害自主規制について..................................9
■ 電源コードの接続.................................................35
■ 本書について ............................................................9
■ インターフェイスケーブルの接続 .................36
本書の目的................................. 9
本書の構成................................. 9
■ 電源操作...................................................................37
■ もくじ....................................................................... 10
電源の入れ方 ..............................37
電源の切り方 ..............................37
■ インクカートリッジの取り付け......................38
■ メンテナンスボックスの取り付け .................42
製品概要 ............................................ 13
■ 特長 ........................................................................... 13
印刷......................................
操作性....................................
信頼性....................................
簡単なセットアップ........................
印刷方法..................................
その他の特長..............................
13
13
14
14
14
14
■ 各部の名称と働き ................................................ 15
本体前面.................................. 15
操作パネル................................ 16
本体背面.................................. 18
■ ノズル自己診断システム ................................... 19
ノズル自己診断システムの設定.............. 19
ノズル抜け補完機能........................ 20
■ 巻き取り装置..........................................................44
巻き取り装置の取り付け ....................44
巻き取り装置の取り外し ....................45
用紙の巻き取り装置への取り付け ............46
■ 用紙のセット..........................................................48
ロール紙のセット ..........................48
ファンフォールド紙のセット ................57
用紙交換時の排紙 ..........................58
用紙の排出経路 ............................59
■ プリンターの設定.................................................60
言語設定 ..................................60
時刻設定 ..................................61
ネットワークの設定 ........................62
■ 用紙の設定 ..............................................................64
■ 定期自動クリーニング ....................................... 21
プリンタードライバーを使用して設定 ........64
PrinterSetting を使用して設定..............67
操作パネルで設定 ..........................70
■ ステータスとエラー表示 ................................... 22
■ 印字確認...................................................................71
インクカートリッジ、メンテナンスボックスの状
態........................................ 27
ブザー.................................... 28
テスト印刷 ................................72
10
■ プリンタードライバーの表示方法 .................73
製品の取り扱い............................... 75
■ プリンター設定 / 表示項目一覧 ..................... 75
■ 外装のクリーニング方法 ................................ 149
■ 本製品をインク充てん後に長期保存
する場合................................................................ 150
■ 操作パネルの設定 ................................................ 78
本製品の保存 .............................150
本製品の再稼動 ...........................151
ステータスシート(ネットワーク)の印刷.... 82
お気に入り................................ 83
■ 輸送時の処置....................................................... 152
■ PrinterSetting .......................................................... 85
PrinterSetting の起動 ..................... 86
設定の反映................................ 88
用紙を設定する............................ 89
レイアウトを設定する...................... 90
位置を調整する............................ 92
印刷結果を調整する........................ 94
プリンターにデータを登録する.............. 95
プリセット画像を設定する.................. 96
クリーニングを行う........................ 98
プリンター本体の設定...................... 99
パネルの設定............................. 100
ノズルチェックの設定..................... 101
高度な設定............................... 102
プリンターの初期化....................... 106
プリンター情報の表示..................... 107
設定の保存と復元......................... 109
オプション............................... 110
■ プリンタードライバーの設定 ........................111
お気に入り...............................
ユーザー定義情報.........................
プリンタードライバー設定の書き出し
/ 取り込み ...............................
バーコード印刷...........................
2 次元シンボル印刷 .......................
.NET 環境でバーコード /2 次元シンボル印刷 .
バンディング低減.........................
プリンタードライバーから PrinterSetting を
起動する.................................
EPSON プリンタウィンドウ !3 の設定........
プリンタードライバーの制限事項...........
111
114
■ トラブルシューティング ................................ 153
エラー処理 ...............................153
ワーニング処理 ...........................157
ドライバー ...............................158
印刷品質の低下 ...........................159
用紙汚れ .................................162
印刷領域 .................................162
検出不良 .................................163
外部供給 .................................163
紙詰まり時の注意 .........................164
アプリケーション開発情報 ......167
■ プリンターの制御方法..................................... 167
ラベル印刷アプリケーションを使用 .........167
Epson Inkjet Label Printer SDK を使用.....168
ESC/Label コマンドを使用..................168
プリンターの設定変更とプリンターの置き換え169
■ ソフトウェアとマニュアル............................ 174
■ ソフトウェアのインストール ....................... 176
114
117
127
134
136
ソフトウェアのインストール方法 ...........176
137
138
144
■ USB プリンタークラスデバイス置き換え
サービス ................................................................145
USB プリンタークラス デバイス置き換えサービス
のアンインストール....................... 145
USB プリンタークラス デバイス置き換えサービス
の制限事項............................... 146
■ 再印刷処理............................................................147
■ Dip スイッチの設定............................................148
設定手順................................. 148
■ クリーニング .......................................................149
オートカッターのクリーニング............. 149
11
付録...................................................179
■ 製品仕様 ................................................................179
動作環境 .................................180
印刷仕様 .................................181
用紙仕様 .................................182
紙検出方式 ...............................188
印刷位置とカット位置 .....................189
電気的仕様 ...............................197
信頼性 ...................................198
環境仕様 .................................199
外形寸法 .................................200
■ 消耗品仕様 ............................................................203
インクカートリッジ .......................203
メンテナンスボックス .....................203
■ オプション仕様 ...................................................203
巻き取り装置 (TU-RC7508) .................203
■ 印刷枚数の LCD 表示仕様 ................................204
印刷中の表示 .............................204
印刷中のエラー表示 .......................204
印刷枚数が 8 桁に繰り上がった場合の表示 ...204
■ ドライバー、ユーティリティー、マニュアル
のダウンロード ...................................................205
■ ラベル印刷アプリケーション使用時の用紙検
出 / 用紙経路設定 ..............................................206
BarTender の用紙検出器設定変更............206
BarTender の用紙経路設定変更..............208
NiceLabel の用紙検出器設定変更............209
NiceLabel の用紙経路設定変更..............211
■ お問い合わせ確認...............................................212
12
第 1 章 製品概要
製品概要
本章では、製品の特長を説明しています。
特長
TM-C7500/TM-C7500G は、オンデマンドラベル印刷に求められる処理速度、操作性、信頼性を備える 4 色カ
ラーインクジェットラベルプリンターです。
1
印刷
高速印刷
 300 mm/s の高速印刷を実現しています。(600 dpi×1200 dpi ラインインクジェット印刷 )
 大容量インクタンクを採用し、インク交換によるロスタイムを軽減します。
 オプションの巻き取り装置 (型番: TU-RP7508)を使用すると、印刷後のロール紙を巻き取ることができま
す。
 印刷速度は、データ転送速度によって異なります。
 印刷速度は、ヘッドクリーニング、オートカット動作や印刷ジョブの開始 / 終了処理、定期フ
ラッシングなどの動作によって異なります。
カラー印刷
 4 色インクカラー印刷 ( ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー )
 解像度 600 dpi ×1200 dpi
[dpi: 25.4 mm あたりのドット数 (dots per inch)]
多種多様な用紙に対応
 8 インチ径ロール紙、ファンフォールド紙に対応
 全面ラベル、ダイカットラベルに対応
 ラベル間ギャップ、ブラックマーク位置検出に対応
 TM-C7500 :
普通紙ラベル、マット紙ラベル、合成紙ラベルに対応
 TM-C7500G : 普通紙ラベル、マット紙ラベル、合成紙ラベル、光沢紙ラベルに対応
TM-C7500G は光沢紙用に設計しているため、光沢紙以外に印刷した場合は、淡い印刷となりま
すが使用可能です。
操作性
 操作パネルと LCD の表示で、本製品の機能を設定できます。ネットワークの設定 (IP アドレスなど ) も、コ
ンピューターに接続しなくても直接設定できます。
 本製品の状態やエラーの内容を LCD に表示します。ブザー音や各種 LED の点滅と合わせて、本製品の状態
をいち早く確認できます。
13
信頼性
 耐光性、耐水性に優れた顔料インクを使用
 ノズル自己診断システム搭載により、ドット抜け印刷の発生しにくい高信頼性システム
19 ページ「ノズル自己診断システム」を参照
簡単なセットアップ
 付属の CD-ROM を起動すると、画面の対話形式で、プリンタードライバーやソフトウェアのインストール、
用紙の設定、本製品の設定が簡単に行えます。
印刷方法
 Windows アプリケーションから利用できる Windows プリンタードライバーを用意しています。
 以下のラベル印刷用アプリケーションは、TM-C7500/TM-C7500G シリーズ専用のドライバーを提供し
ています。これによって、各ラベル印刷用アプリケーションから TM-C7500/TM-C7500G が搭載して
いるすべての機能を簡単に使用できます。
 BarTender
 NiceLabel
 CODESOFT
 プリンタードライバーにバーコードフォントを内蔵し、読み取り品質の高いバーコードを印刷できます。
.NET 環境のアプリケーションからも使用できます。
 お客様の印刷アプリケーション開発を支援する、Epson Inkjet Label Printer SDK (Windows プリンター
ドライバーを利用 ) を用意しています。
 お客様のアプリケーションから、本製品をコマンド(ESC/Label)で直接制御できます。
その他の特長
 用紙種類、給紙方法、用紙検出、用紙サイズ、プリセット画像の情報をまとめた「お気に入り」を、本製品
に登録し、操作パネルから選択して簡単に設定できます。お客様が開発したアプリケーション、ZPL II コ
マンド対応のアプリケーションの場合に設定可能です。
 USB インターフェイス、Ethernet インターフェイスを標準搭載しています。コンピューターのローカルプ
リンターまたは、ネットワークプリンターとして使用できます。
 オートカッターを標準搭載しています。アプリケーションからの命令や操作パネルの操作によって用紙の切
断が可能です。
 ブザーを標準搭載しています。用紙やインクがなくなった時、エラー発生時、印刷終了時などの通知が可能
です。
 USB プリンターの場合、故障して別のプリンターと交換すると印刷キューが新たに生成されるため、アプ
リケーションやプリンタードライバーの設定が必要になります。本製品ではコンピューターやプリンタード
ライバーの設定を変更することなく、プリンターを置き換えるための機能 (USB プリンタークラス デバイ
ス置き換えサービス ) を提供しています。
14
第 1 章 製品概要
各部の名称と働き
本体前面
紙セットカバー
1
操作パネル
ロール紙カバー
メンテナンスボックスカバー
インクカートリッジカバー
巻き取り装置接続カバー
フロントカバー
名称
説明
操作パネル
本製品の各種設定を行います。
詳細は、16 ページ「操作パネル」を参照してください。
インクカートリッジカバー
インクカートリッジを取り付け / 交換するときに開けます。
フロントカバー
詰まった用紙を取り除くときに開けます。
巻き取り装置接続カバー
巻き取り装置 ( オプション ) を取り付けるときに開けます。
メンテナンスボックスカバー
メンテナンスボックスを取り付け / 交換するときに開けます。
ロール紙カバー
ロール紙をセットするときに開けます。
紙セットカバー
ロール紙またはファンフォールド紙をセットするときに開けます。
15
操作パネル
Paper LED
(電源) LED
Status
Pause
Paper
Ink LED
Ink
Status LED
Pause LED
K
LCD
Pauseボタン
C M
Y
M/B
Back Feed
Pause
Back Feedボタン
Menu
Cancel
OK
Feed
Cancelボタン
Feedボタン
Cut
Cutボタン
(電源)ボタン
選択/設定ボタン
名称
( 電源 ) LED
説明
プリンターの電源が入っているときに、点灯します。
印刷中やインクの充てん中に、点滅します。
Pause LED
プリンターが動作を中断しているときに、点灯・点滅します。
Status LED
プリンターが正常に稼動しているときに、青色に点灯・点滅します。
プリンターに異常があるときに、橙色に点灯・点滅します。
Paper LED
用紙の残量がないときや用紙が詰まったとき、または紙セットカバーやロール
紙カバー、フロントカバーが開いているときに、点灯します。
Ink LED
以下の状態のときに点灯します。
 インク残量が少ない
 メンテナンスボックスの空き容量が少ない
以下の状態のときに点滅します。
 インクカートリッジカバー / メンテナンスボックスカバーが開いている
 インクカートリッジ / メンテナンスボックスがセットされていない
 インクカートリッジの交換時期になる
 メンテナンスボックスの交換時期になる
LCD
メニューやメッセージが表示されます。
27 ページ「インクカートリッジ、メンテナンスボックスの状態」を参照
Pause ボタン
印刷中に押すと、1 ページ分の印刷が終わってから、一時停止します。
プリンターが動作を中断しているとき(Pause LED が点灯しているとき ) に押す
と、プリンターが動作を再開し、印刷待機状態に戻ります。
16
第 1 章 製品概要
名称
Cancel ボタン
説明
プリンターが動作を中断しているとき(Pause LED が点灯しているとき ) に、短
く (2 秒未満 ) 押すと、先頭の印刷ジョブを中止します。2 秒以上押すと、すべ
ての印刷ジョブを中止します。ただし、ジョブキャンセル直後に印刷データが
送られている場合、キャンセル後に送信されたデータがキャンセルされずに意
図しない印刷をすることがあります。
メニュー実行中に押すと、印刷待機状態に戻ります。
( 電源 ) ボタン
電源の入 / 切を行います。
DIP スイッチ 1 が ON の場合は、本製品をリセットできます。
148 ページ「Dip スイッチの設定」を参照
選択 / 設定ボタン
1
LCD に表示されるメニューや項目を選択・設定できます。
( メニュー ) ボタン : メニュー画面を表示します。
ボタン :
・
ボタン :
OK ボタン :
ひとつ前のメニューに戻ります。
メニューや項目を選択します。
選択しているメニューや項目を実行します。
Cut ボタン
用紙がカットされます。
Feed ボタン
短く (3 秒未満 ) 押すと、1 ページ分用紙が送られます。
3 秒以上押すと、連続して用紙が送られます。
Back Feed ボタン
用紙交換のときのみ押します。
Cut ボタンを押して印刷した用紙を切り取ってから、Back Feed ボタンを長押し
すると、用紙が後方に送られ、用紙を引き抜くことができます。
ただし、紙ジャムを防止するため一度バックフィードが行われた後は、再度
用紙セットが行われるまでは、バックフィードは実行されません。
 巻き取り装置への用紙セットなど、ロール紙を操作する場合は、Pause ボタンを押してプリン
ターの動作を一時停止してから操作してください。
 ファンフォールド紙のミシン目を切り離す場合は、Pause ボタンを押してプリンターの動作を
一時停止させた後または、Cut ボタンでファンフォールド紙を切り離してから操作してくださ
い。
17
本体背面
Dipスイッチカバー
USBコネクター
LANコネクター
Dipスイッチ
ワイヤーサドル
Dipスイッチカバー取り付けネジ
ACインレット
通風孔
名称
説明
USB コネクター
USB ケーブルを接続します。
LAN コネクター
LAN ケーブルを接続します。
ワイヤーサドル
USB ケーブルを通して、ケーブルの抜け落ちを防止します。
AC インレット
電源コードを接続します。
通風孔
本製品内の温度の上昇を防ぐため、内部で発生する熱を排出します。設置の際
は、通風孔から 10 cm 以上の隙間をあけ風通しを良くしてください。
Dip スイッチカバー取り付け
ネジ
Dip スイッチカバーを取り外すときに、ネジを取り外します。
Dip スイッチ
電源ボタンの機能を変更するときに操作します。
Dip スイッチカバー
Dip スイッチを操作するときに、Dip スイッチカバー取り付けネジを外してから、
カバーを取り外します。
Dip スイッチで電源ボタンの動作を " パワースイッチ無効 ( リセット動作 )" に設定した場合、電
源を切るときはプリンター動作中でないことを確認してください。
18
第 1 章 製品概要
ノズル自己診断システム
本製品は、ドット抜けを検出するノズル自己診断システムを搭載しています。
印刷物のドット抜けに対するお客様の求められる要求レベルにより、「ノズル自己診断システムの有効 / 無効」、「ノ
ズルチェック間隔」、「ノズル抜け許容数」を設定することができます。
また、クリーニングを行ってもノズル詰まりを解消できない場合には、近くのノズルを使用して補完印刷をすること
ができます。
これを使用すると、印字品質やバーコード品質の著しい低下を補うことができます。
ノズル自己診断システムの設定
ノズル自己診断システムを「有効」に設定すると、以下の場合および、
「ノズルチェック間隔」で指定した印刷枚数ご
とに、ノズル自己診断を行います。
 印刷ジョブの開始時、またはノズル自己診断システムの間隔で指定された印刷枚数ごと
 電源を入れたとき
 メンテナンスボックスカバーを閉じたとき
 紙ジャム後に、ロール紙カバーまたは用紙セットカバーを閉じたとき
検出されたノズル抜け数が設定された「ノズル抜け許容数」を超過した場合には、自動ヘッドクリーニングを行い、
ドット抜けを解消させます。自動クリーニング後にもノズルチェックを行い、設定された「ノズル抜け許容数」を下回
らない場合には、再度自動クリーニングを行います。
注意
本機能は、100% ドット抜け防止を保障するものではありません。ドット抜け、インク滴の曲がり
を 100% 検出することができません。
 ヘッドクリーニングは、すべてのヘッドに対して同時に行います。ノズル詰まりを検出した
ヘッドおよびインクだけに対して行うものではありません。
 ノズル自己診断システムを行うため、微量のインクを使用します。
 ドット抜け検出後には自動でヘッドクリーニングを実行します。ヘッドクリーニング実行時に
はインクが消費されます。
ノズル自己診断システムの有無の設定
ノズル自己診断システムの有効 / 無効を設定します。
工場出荷時には「有効」に設定されています。
設定
本製品の設定メニューおよび PrinterSetting から設定できます。
78 ページ「操作パネルの設定」または 85 ページ「PrinterSetting」を参照
19
1
「ノズルチェック間隔」
の設定
指定した印刷枚数ごとに印刷を一時停止して、ノズル自己診断をします。
設定
本製品の設定メニューおよび PrinterSetting から設定できます。
印刷ジョブの開始時~ 500 枚ごと。ページ単位で設定できます。
78 ページ「操作パネルの設定」または 85 ページ「PrinterSetting」を参照
「ノズル抜け許容数」の設定
ノズル自己診断システム実行時の、許容ノズル抜け数を設定します。ノズル抜け数がこの値を上回った場合に、ヘッ
ドクリーニングを実行します。また、ノズル抜け数がこの値に達しない場合は、ヘッドクリーニングは実行しない
で、ノズル抜け補完機能が働きます。
設定
本製品の設定メニューおよび PrinterSetting から設定できます。
0 ~ 10 ノズルの間で設定できます。
78 ページ「操作パネルの設定」または 85 ページ「PrinterSetting」を参照
 許容ノズル抜け数は、4 色 (KCMY) 合計の許容ノズルを示します。
 許容ノズル抜け数の初期値は「 6 」です。
ノズル抜け補完機能
ノズル抜け補完機能とは、ノズル詰まりが発生した場合に、近傍のノズルを使用して補完印刷を行う機能です。
自動補完可能なノズル詰まりは、合計 16 ノズル以下です。ただし、隣接するノズル詰まりの場合は、補完を十分に
行えません。ノズル詰まりの合計が 16 ノズルを超えた場合は、16 ノズル分の補完は実施し、印字は継続すること
ができます。
この機能は、ノズル自己診断システムが無効の場合には、ノズル抜け補完機能を有効に設定しても、有効にはなりま
せん。
 この機能は、「印字品位」や「バーコード品質」などを完全に補完するものではありません。
 この機能は、印刷開始時に既知のノズル抜け情報を基に補完を行うため、印刷中に発生したノ
ズル抜けを補完することはできません。
設定
本製品の設定メニューおよび PrinterSetting から設定できます。
工場出荷時には「有効」に設定されています。
78 ページ「操作パネルの設定」または 85 ページ「PrinterSetting」を参照
20
第 1 章 製品概要
定期自動クリーニング
プリンターヘッドの状態を良好な状態に保つために、定期的に自動クリーニングを実施することができます。
定期自動クリーニングは 2 分~ 30 分を要します。その間は印刷ができません。
定期自動クリーニングの実施時刻を設定することができます。
定期自動クリーニング実施時刻設定が無効の場合には、前回の定期自動クリーニングからの経過時間などからプリン
ターが必要と判断した時点で定期自動クリーニングが実施されます。
 定期自動クリーニングが設定された時刻に本製品の電源が切れている場合、次に電源が入った
ときに自動定期クリーニングが実行されます。
 長時間、本製品の電源が入らない状態が続いた場合、電源が入ったときに自動定期クリーニン
グが実行される場合があります。
21
1
ステータスとエラー表示
LED の点灯 / 点滅と LCD 表示の組み合わせによって、プリンターの状態が表示されます。
エラー発生時には、LED と LCD 表示からエラーの原因と対処方法を知ることができます。
 表中の記号の色は、本製品の LED の色を表しています。
 表中の記号はそれぞれ、以下の状態を表しています。
 ●: 点灯
 ✓: 消灯
 ▼: 点滅 ( 通常 )
 ▲: 点滅 ( 高速 )
 - : 変化なし
( 電源 ) LED
Status LED
Pause LED
Paper LED
Ink LED
LED
▼
●
✓
✓
✓
▼
●
✓
✓
✓
▼
●
▲
●
●
●
-
-
-
-
-
-
-
-
-
LCD の表示
■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
EPSON
TM-C****
キドウチュウ
****
*
パワーオフチュウ
****
プリンター状態
電源を入れてから 2
秒間
-
電源を入れてから 2
~ 4 秒までの間
LCD に機種名を表示します。
電源を入れて 4 秒~
アイドリングになる
までの間
LCD に、インク残量とメンテナン
スボックスの空き容量が表示され
ます。
電源切の処理を実行
中
この時に AC 電源を抜くなどして
強制的に電源を切らないでくださ
い。インクのノズル抜けが発生し
たりする原因となります。
アイドル中
印刷可能な状態です。このときに
は、以下の操作が可能です。
*
 電源切
インサツカノウ
****
説明
 ポーズ状態への移行
*
 設定モードへの移行
 用紙のフィード / バックフィー
ド / オートカット
22
●
●
-
-
-
▼
●
-
-
-
▼
●
-
-
-
セツデンチュウ
****
印刷中
印刷を終了すると、ブザーが鳴動
します。
*
ドウサチュウ
****
電源が入った状態で、本製品を
30 分以上操作しないと省電力
モードに移行します。
*
インサツチュウ
****
アイドル中 ( 省電力)
*
印刷終了後、アイド
ルへ移行中
第 1 章 製品概要
Ink LED
Paper LED
Pause LED
Status LED
( 電源 ) LED
LED
LCD の表示
プリンター状態
ポーズ
●
-
●
-
-
●
✓
-
-
-
●
-
●
-
-
●
●
-
-
-
●
●
-
-
-
ポーズ
****
*
メニュー
****
メニュー
メニューボタンを押すと、この状
態になります。
ジョブキャンセル
印刷中にキャンセルボタンを押す
と、印刷ジョブをキャンセルし
て、印刷を中断してプリンター内
の印字データを削除します。
ノズル自己診断シス
テムが無効 (*)
環境の温度が低くてドット抜け検
出ができない場合に LCD 表示を
行います。印刷は継続されます。
回復できないドット
抜け (*)
回復できないノズル抜けが発生し
た場合に本表示を行います。印刷
は継続されます。
印刷中のノズル抜け
(*)
印刷中にノズル抜けが発生したた
め、印刷を一時停止しています。
ポーズボタンを押すと印刷を再開
します。印刷キャンセルする場合
はポーズボタンを押す前に、
CANCEL ボタンを 2 秒以上長く押
します。
*
*
ノズルチェックオフ
****
*
ノズルツマリアリ
****
*
ノズルツマリアリ
●
●
●
-
-
印刷中にポーズボタンを押すと、
この状態になります。
この状態から、設定モードへの移
行が可能です。
ジョブキャンセルチュウ
****
説明
インサツブツヲカクニンノウエ
ケイゾクスルバアイハ
PAUSE ヲオシテクダサイ
ボタンと ボタンで LCD 表示
が変わります。
●
▼
●
-
-
●
▼
●
-
-
●
▼
●
-
-
●
▼
●
-
●
●
▼
●
-
●
ロールシカバーオープン
****
*
フロントカバーオープン
****
*
カミセットカバーオープン
****
*
メンテナンスカバーオープン
****
*
インクカバーオープン
****
*
ロール紙カバーオー
プンエラー (*)
ロール紙カバーが開いています。
フロントカバーオー
プンエラー (*)
フロントカバーが開いています。
用紙カバーオープン
エラー (*)
用紙カバーが開いています。
メンテナンスボック
スカバーオープン (*)
メンテナンスボックスカバーが開
いています。
インクカバーオープ
ン (*)
インクカートリッジカバーが開い
ています。
23
1
Ink LED
Paper LED
Pause LED
Status LED
( 電源 ) LED
LED
LCD の表示
プリンター状態
用紙経路エラー (*)
●
▼
●
●
-
ヨウシケイロエラー
****
*
▼
●
●
-
●
-
-
●
-
●
▼
●
●
-
●
▼
●
●
-
●
▼
●
●
-
●
▼
●
●
-
●
-
-
-
-
●
▼
●
-
●
▼
24
●
-
-
-
ヨウシケンシュツエラー
****
*
ヨウシナシ
****
ボタンから設定モードに移行
して、用紙タイプの設定を行うこ
とができます。
用紙なし (*)
用紙が装着されていません。
用紙サイズエラー (*)
プリンターの用紙サイズ設定が、
プリンターに装着されている用紙
のサイズと異なります。
用紙なしエラー (*)
用紙がありません。
用紙ジャムエラー (*)
用紙が紙ジャムを起こしていま
す。
用紙除去エラー (*)
印刷中に終端が芯から外れたタイ
ミングで印刷が終了しました。
## *
ヨウシナシエラー
****
*
ヨウシヅマリエラー
****
## *
ヨウシジョキョエラー
****
*
カットドウサフカジョウタイ
****
*
インクカートリッジナシ
****
*
インクジュウテンチュウ
****
プリンターの用紙タイプの設定
が、プリンターに装着されている
用紙タイプと異なります。
*
ヨウシサイズエラー
****
プリンターの用紙検出器の設定
が、プリンターに装着されている
用紙と異なります。
ボタンから設定モードに移行
して、用紙検出器の設定を行うこ
とができます。
用紙タイプエラー (*)
●
説明
*
印刷途中のものが終了してから用
紙除去エラーになります。
用紙カッ ト不可状態
(*)
用紙が同じ位置のまま、二度以上
オートカットを実行しようとして
います。
インクカートリッジ
なし (*)
インクカートリッジが装着されて
いません。
インク充てん中
インクの充てん ( 初期充てん ) を
行っています。
注意 終了するまで、本製品の電
源を切らないでください。
第 1 章 製品概要
▼
●
●
-
-
-
-
-
Ink LED
Paper LED
Pause LED
Status LED
( 電源 ) LED
LED
-
▼
●
▼
●
-
●
●
▼
●
-
●
LCD の表示
ヘッドメンテナンスチュウ
****
プリンター状態
インクシーケンス実
行中
*
インク残量少 (*)
LCD で表示されている対象のイン
クの残量が少なくなり、交換時期
が近づきました。印刷は可能で
す。
インク交換時期 (*)
LCD で表示されている対象のイン
クカートリッジの交換時期になり
ました。対象のインクは、LCD 画
面を確認してください。
インクカートリッジ
CSIC エラー (*)
インクカートリッジの情報を読み
込めません。
非純正インク (*)
非純正インクカートリッジが装着
されています。
メンテナンスボック
スなし (*)
メンテナンスボックスが装着され
ていません。
メンテナンスボック
ス CSIC エラー (*)
メンテナンスボックスエラーが発
生しました。
メンテナンスボック
スニアフル (*)
メンテナンスボックスの残容量が
わずかになりました。
メンテナンスボック
スフル (*)
メンテナンスボックスの残容量が
なくなりました。
*
インクカートリッジコウカン
****
*
インクカートリッジエラー
****
*
ヒジュンセイヒンデス
プリンターヘッドのクリーニング
を実行しています。
注意 終了するまで、本製品の電
源を切らないでください。
インクコウカンマヂカ
****
説明
ホンライノセイノウガ
ハッキデキナイ
バアイガアリマス
ツカイマスカ
●
-
-
-
●
ハイ
ツカイマスカ
イイエ
ジュンセイノ
カートリッジニ
コウカンシテクダサイ
****
●
▼
●
-
●
●
▼
●
-
●
●
-
-
-
▼
●
▼
●
-
●
*
メンテナンスボックスナシ
****
*
メンテナンスボックスエラー
****
*
メンテナンスボックスコウカンマヂカ
****
*
メンテナンスボックスコウカン
****
*
25
1
Ink LED
Paper LED
Pause LED
Status LED
( 電源 ) LED
LED
LCD の表示
メモリガイッパイデス
●
●
●
-
-
プリンター状態
メモリーフル
本製品内蔵ストレージ (SD、内蔵
RAM) の残容量を超えるサイズの
ファイルを作成しようとした場合
に、発生します。
メンテナンス要求近
い (*)
プリンターのメンテナンス時期が
近づきました。印刷は可能です。
メンテナンス要求 (*)
プリンターのメンテナンスが必要
です。印刷はできません。
フェータルエラー (*)
プリンターにフェータルエラーが
発生しました。印刷はできませ
ん。修理をご依頼ください。
ファイルカキコミデキマセン
ケイゾクスルバアイハ
PAUSE ヲオシテクダサイ
●
-
-
-
-
▼
▼
▼
▼
▼
▼
▼
▼
▼
▼
サービスコールマヂカ
****
## *
サービスコール
****
## *
プリンターエラー
****
## *
* 対処方法が 153 ページ「トラブルシューティング」記載されています。
26
説明
第 1 章 製品概要
インクカートリッジ、
メンテナンスボックスの状態
プリンター、各色インクカートリッジ、メンテナンスボックスの状態は LCD で確認できます。
1行目:プリンターの
状態を表示
インサツカノウ
2行目:各色インクカートリッジ、
メンテナンスボックスの状態を表示
インクカートリッジ残量
(左から、
ブラック、
シアン、マゼンタ、
イエロー)
メンテナンスボックス使用量
1
インクカートリッジ、メンテナンスボックスのステータス確認
各色インクカートリッジ、メンテナンスボックスの状態をアイコンで表示します。
アイコン表示
状態
 インクカートリッジ残量
 メンテナンスボックス残り使用量
 インクカートリッジ交換間近
 メンテナンスボックス交換間近
 インクカートリッジ交換要
 メンテナンスボックス交換要
 インクカートリッジなし
 インクカートリッジ読み取りエラー
 メンテナンスボックスなし
 メンテナンスボックス読み取りエラー
27
ブザー
ブザー鳴動パターンは下表のとおりです。すべてのエラー要因が解除されるまで、ブザー鳴動は継続します。
 周波数 :
約 2.5 kHz 固定
 音量制御 :
ソフトウェア設定による 5 段階 ( 鳴らないように設定できます )
鳴動時間
消音時間
繰り返し
パターン
時間
パターン回数
名称
 サービス要求
 プリンターエラー
 インクカートリッジ交換要
500 m 秒
200 m 秒
5
6秒
エラー要因が解
除されるまで
 メンテナンスボックス交換要
 用紙形態エラー
 用紙サイズエラー
 用紙詰まりエラー
 用紙除去エラー
 用紙なしエラー
 インクカートリッジカバーオープン
 メンテナンスボックスカバーオープン
 用紙カバーオープン
 ロール紙カバーオープン
 フロントカバーオープン
100 m 秒
100 m 秒
5
1秒
1回
 オートローディング失敗
 ストレージ容量オーバー
 インクカートリッジなし
 メンテナンスボックスなし
 インクカートリッジ読み取りエラー
 メンテナンスボックス読み取りエラー
28
1秒
-
なし
-
1回
100 m 秒
-
なし
-
1回
印刷終了
 パネル音量変更
 オートローディング成功
第 2 章 セッ ト アップ
セットアップ
本章では、製品を使用する前に必要な、製品および周辺機器の設置と設定作業について説明しています。
本製品のセットアップ方法には、以下の方法があります。
 付属の CD-ROM の Install Navi に沿ってセットアップする。(30 ページ )
コンピューターから付属の CD-ROM の Install Navi を起動し、その手順に従って本製品をセットアップします。
 Install Navi を使用しないで本製品をセットアップする。(31 ページ )
2
29
Install Navi
Install Navi を使用すると、コンピューターの画面の手順に従って操作して本製品をセットアップできます。
あらかじめ本製品を開梱して設置してください。詳細は、以下を参照してください。
 付属品の確認 (32 ページ )
 プリンターの設置 (33 ページ )
セットアップ手順は、以下のとおりです。
1
2
コンピューターの電源を入れます。
本製品の電源が入っていないことを確認します。
プリンターの電源は、必ず切っておいてください。
3
CD-ROM をコンピューターにセットすると Launcher が自動起動します。
[ プリンターセットアップ ] をクリックし、Install Navi を起動します。
4
Install Navi を実行すると、以下の画面が表示されます。使用許諾に同意し、[ 次へ ] をク
リックします。以降画面の指示に従って本製品をセットアップします。
Install Navi のセットアップ手順に「ソフトウェアのインストール」があり、プリンタードライバー、PrinterSetting
およびその他のソフトウェアをインストールすることができます。インストールしなくても本製品のセットアップは
可能です。また、ソフトウェアは、後からインストールすることができます。
巻き取り装置を取り付ける場合、以下を参照してください。
 巻き取り装置の取り付け (44 ページ )
 用紙の巻き取り装置への取り付け (46 ページ )
以上で本製品のセットアップが完了します。
30
第 2 章 セッ ト アップ
Install Naviを使用しない場合の作業フロー
セットアップの作業フローは、以下のとおりです。
1.付属品の確認 (32 ページ )
2.プリンターの設置 (33 ページ )
3.
電源コードの接続 (35 ページ )
4.
インターフェイスケーブルの接続 (36 ページ )
2
5.インクカートリッジの取り付け (38 ページ )
6.巻き取り装置の取り付け (44 ページ )
7.
用紙のセット (48 ページ )
8.用紙の巻き取り装置への取り付け (46 ページ )
9.
プリンターの設定 (60 ページ )
10.
用紙の設定 (64 ページ )
11.
印字確認 (71 ページ )
セットアップ終了
セットアップ後、使用する環境で印刷結果を確認してください。
31
付属品の確認
初めて使用する場合、付属品がすべてそろっていることと、本体および付属品に損傷がないことを確認してください。
付属品は以下のとおりです。
A
B
C
D
E
F
G
A
プ リ ン ター
B
イ ン ク カ ー ト リ ッ ジ (C, M, Y, K)*1
C
CD-ROM
D
USB ケーブル
E
ロ ール紙
F
電源 コ ー ド
(動作確認用)
G
保護材 *2
*1 インクの初期充てんにご利用いただけます。
*2 再輸送時に必要です。大切に保管しておいてください。
32
第 2 章 セッ ト アップ
プリンターの設置
設置に適した場所に十分なスペースを確保して設置します。
注意
 本製品を持ち上げる際は、必ず 2 人で持ち上げてください。
 本製品の質量は約 37 kg です。本製品を持ち上げる際は、上図のように本製品を二人で挟
み、本製品側面のくぼみを持って持ち上げてください。上図以外の部分に手をかけて運ぶ
と本製品が破損する原因となります。また、本製品を置くときは、本製品と設置面の間に
指を挟まないように注意してください。
 本製品を持ち上げる際は、ひざを十分に曲げるなどして無理のない姿勢で作業してくださ
い。無理な姿勢で持ち上げると、作業者がけがをしたり、本製品が破損したりする原因と
なります。
 本製品を移動する際は、前後左右に 10 度以上傾けないでください。転倒などによる事故の
原因となります。
 本製品を輸送する際は、上下逆さま、もしくは横倒しにしないでください。
 本製品の天面に 10kg 以上の物を載せないでください。本製品に無理な力がかかると故障
の原因となります。
 操作による落下が予想される高所などに、設置しないでください。
 振動する物の上や、衝撃を受ける場所へ設置しないでください。本製品の稼動中に振動、
衝撃を与えない場所に設置して使用してください。本製品の稼動中に振動、衝撃を与えた
場合、ノズル自己診断システムの誤動作を防止するため、ノズル自己診断を繰り返し実行
する場合があります。ノズル自己診断が繰り返し実行された場合、処理に時間がかかりス
ループットが低下する場合があります。
 本製品の設置時に、本製品底面にコードや異物などを挟み込まないよう注意してくださ
い。
 操作時や動作時に強い衝撃を本製品に与えると、印刷不良を起こす可能性があるので注意
してください。
33
2
設置に適した場所
本製品は、以下のような場所に設置してください。
 本製品の質量(約 37 kg)に十分耐えられる、水平で安定した場所
 本製品底面が確実に載る、本製品底面よりも広い場所
 本製品背面の通風孔から 10 cm 以上隙間をあけた、風通しの良い場所
 振動や衝撃が加わらない場所
 専用の電源コンセントが確保できる場所
 用紙のセットや取り出しが無理なく行える場所
 付属品の取り付けや消耗品の交換、日常のお手入れに支障のないよう、周囲に十分なスペースを確保できる場所
 以下の条件を満たす場所
34
温度
動作時:5 ~ 35 ℃ 保存時:-20 ~ 40 ℃(40 ℃の場合、1ヵ月以内)
湿度
動作時:20 ~ 80%RH 保存時:5 ~ 85%RH(ただし結露しないこと)
第 2 章 セッ ト アップ
電源コードの接続
以下の手順で、電源コードを接続します。
警告
1
2
 AC100V 以外の電源は使用しないでください。感電・火災のおそれがあります。
 本製品は必ずコンセントの近くに設置し、異常が起きたときはすぐに電源プラグを抜ける
ようにしてください。
電源コードのコネクターを、プリンターの AC インレットに奥まで確実に差し込みます。
電源プラグを、コンセントに奥まで確実に差し込みます。
2
35
インターフェイスケーブルの接続
使用するインターフェイスケーブルをプリンター背面のコネクターに接続します。
USB ケーブルを接続する場合、抜け防止のためワイヤーサドルにケーブルを通してください。
注意
ワイヤーサドル
36
第 2 章 セッ ト アップ
電源操作
ここでは、本製品の電源を入れる方法と、切る方法を説明します。
電源の入れ方
1
(電源)ボタンを押します。
2
2
( 電源 )LED が点灯して、電源が入ります。
電源の切り方
1
2
(電源)ボタンを 1 秒以上続けて押します。
( 電源 )LED が消灯して、電源が切れます。
37
インクカートリッジの取り付け
以下の手順で、インクカートリッジを取り付けます。
注意
1
2
3
38
インクカートリッジを取り付ける前に、取り扱いに関する注意事項をよくお読みください。
6 ページ「インクカートリッジ / メンテナンスボックスに関するご注意」および 203 ページ
「インクカートリッジ」を参照
本製品の電源を入れます。
インクカートリッジカバーを開けます。
インクカートリッジを 4 ~ 5 回振ってから、袋から取り出します。
第 2 章 セッ ト アップ
4
4 色すべてのインクカートリッジを本製品にカチッと音がするまで、静かに押し込みま
す。インクカートリッジのラベルの色と、インクカートリッジホルダーのラベルの色を確
認し、同じ色の位置にインクカートリッジをセットしてください。
2
39
5
インクカートリッジカバーを閉めます。
6
Pause ボタンを押します。
インクの充てんが始まります。充てん中は、
注意
( 電源 )LED が点滅します。
インクの充てん中(
( 電源 )LED が点滅している間)は、決して各カバーを開けたり、電
源を切ったりしないでください。インク充てん中にこれらの操作が行われた場合、インクが
著しく消費され、充てんが完了する前にインクカートリッジの交換が必要になるおそれがあ
ります。
付属のインクカートリッジは初期充てん用です。初めてインクカートリッジを取り付けたと
きは、本製品を印刷可能な状態にするために、インクを充てんします。
インクの充てん時間は、最短 10 分です。充てん時間は、状況により異なります。
7
40
インクの充てんが終わると、
( 電源 )LED が点滅から点灯に変わります。
第 2 章 セッ ト アップ
インクカートリッジの交換
本製品を使用することで、インクカートリッジのステータスは、以下のようになります。
 インクカートリッジ交換間近
 インクカートリッジ交換要
インクカートリッジ交換間近
インクカートリッジ内のインク残量が少なくなった場合、Ink LED が点滅し、LCD に「インクコウカンマヂカ」が表示され
ます。
「インクカートリッジ交換間近」を表示したらインクカートリッジ交換の準備をしてください。
「インクカートリッジ交換間近」から「インクカートリッジ交換要」までの印刷可能枚数は、使用条件により異なり
ます。
「インク残量少 LED 通知設定」が表示しない設定の場合、Ink LED は点滅しません。
2
インクカートリッジ交換要
インクカートリッジ内に使用できるインクが残っていない場合、Ink LED が点灯し、LCD に「インクカートリッジコウカン」が
表示され、本製品はオフラインとなります。
以下の手順で十分なインク残量のあるインクカートリッジに交換してください。
1
2
3
4
5
6
7
8
Ink LED が点灯しているか確認します。また、
交換するインクカートリッジを LCD の表示
で確認します。
インクカートリッジカバーを開けます。
交換するインクカートリッジをゆっくり押します。ロックが外れたことを確認した後、イ
ンクカートリッジを手前に引き抜きます。
新しいインクカートリッジを 4 ~ 5 回振ってから、袋から取り出します。
インクカートリッジを本製品にカチッと音がするまで、静かに押し込みます。
インクカートリッジカバーを閉めます。
インクカートリッジの交換が終了すると、Ink LED が消灯します。
本製品はポーズ状態に移行します。Pause ボタンを押して、解除すると本製品はアイドル
状態に戻ります。
41
メンテナンスボックスの取り付け
メンテナンスボックスは出荷時には取り付け済みです。
注意
メンテナンスボックスを取り付ける前に、取り扱いに関する注意事項をよくお読みください。
6 ページ「インクカートリッジ / メンテナンスボックスに関するご注意」を参照
メンテナンスボックスの回収について
環境保全の一環として、使用済みメンテナンスボックスの回収ポストをエプソン製品取扱店
に設置しています。回収されたメンテナンスボックスは、原材料に再生し、リサイクルして
います。最寄りの回収ポスト設置店舗はエプソンのホームページでご案内しています。
< http://www.epson.jp/ >
メンテナンスボックスの交換
本製品を使用していると、廃インクがメンテナンスボックスに回収されます。メンテナンスボックスのステータス
は、以下のようになります。
 メンテナンスボックス交換間近
 メンテナンスボックス交換要
メンテナンスボックス交換間近
インクカートリッジ内のインク残量が少なくなった場合、Ink LED が点滅し、LCD に「メンテナンス B コウカンマヂカ」が表示
されます。
「メンテナンスボックス交換間近」を表示したらメンテナンスボックス交換の準備をしてください。
「メンテナンスボックス交換間近」から「メンテナンスボックス交換要」までの印刷可能枚数は、使用条件により異
なります。
「インク残量少 LED 通知設定」が表示しない設定の場合、Ink LED は点滅しません。
メンテナンスボックス交換要
メンテナンスボックスに使用できる残量がない場合、Ink LED が点灯し、LCD に「メンテナンスボックスコウカン」が表示され、
本製品はオフラインとなります。
以下の手順で十分な残量のあるメンテナンスボックスに交換してください。
1
42
Ink LED が点灯しているか確認します。また、LCD の表示が [ メンテナンスボックスコウ
カン ] になっているか確認します。
第 2 章 セッ ト アップ
2
メンテナンスボックスカバーを開けます。
3
交換するメンテナンスボックスを手前に引き抜きます。
2
4
5
6
7
8
メンテナンスボックスを使用済みメンテナンスボックス廃棄用ポリ袋に入れます。
新しいメンテナンスボックスのラベル面を上にし、静かに差し込みます。
メンテナンスボックスカバーを閉めます。
メンテナンスボックスの交換が終了すると、Ink LED が消灯します。
本製品はポーズ状態に移行します。Pause ボタンを押して、解除すると本製品はアイドル
状態に戻ります。
43
巻き取り装置
巻き取り装置の取り付け
以下の手順で、巻き取り装置を取り付けます。
1
本製品のフロント部にある巻き取り装置接続カバーを開けます。
2
巻き取り装置の本体連結歯車をカバー開口部に挿入します。
巻き取り装置下部にある
44
マークと板金端面位置が合っているか確認してください。
第 2 章 セッ ト アップ
巻き取り装置の取り外し
巻き取り装置のレバーを矢印の方向に引き、巻き取り装置を取り外します。
2
45
用紙の巻き取り装置への取り付け
以下の手順で、用紙の巻き取り装置への取り付けをします。
1
2
3
46
巻き取り装置のフランジを取り外します。
Feed ボタンを押して、本製品から用紙を約 800 mm 出します。
用紙を下図のように通します。
第 2 章 セッ ト アップ
4
用紙の先端を巻芯に固定するか、回転軸の隙間に挟み込みます。
巻芯を使用する場合
用紙先端を巻芯にテープで固定します。その後、巻き取りフランジを回転させ、たるんでいる用紙を巻き取り
ます。(目安 2 回転程度)
巻芯を使用しない場合
用紙先端を巻き取り装置の回転軸の隙間に挟みます。その後、巻き取りフランジを回転させ、たるんでいる用
紙を巻き取ります。(目安 2 回転程度)
5
巻き取りのフランジを取り付けます。
巻き取りのフランジを取り付け忘れると、巻き膨れなどにより正常に巻き取れない場合があ
ります。忘れずに巻き取りのフランジを取り付けてください。
47
2
用紙のセット
ロール紙のセット
以下の手順で、ロール紙をセットします。
1
2
3
48
本製品の電源を入れます。
紙セットカバーを開けます。
ロール紙カバーを開けます。
第 2 章 セッ ト アップ
4
ロール紙フランジの解除レバーを挟みながら、ロール紙フランジを引き抜きます。
解除レバー
2
ロール紙フランジ
5
ロール紙を軸に取り付け、ロール紙の芯の部分を押して奥まではめ込みます。
軸
49
6
手順12の作業時に用紙の自動搬送がスムーズにいくように、ロール紙の先端を外へ約
300 mm 引き出します。
約 300 mm
7
ロール紙フランジの解除レバーを挟みながら、ロール紙フランジを軸に取り付けます。
ロール紙の幅に合わせて奥まで移動させます。
解除レバー
ロール紙フランジ
50
第 2 章 セッ ト アップ
8
9
紙セットカバー内部にある用紙押さえを開きます。
用紙押さえ
2
用紙ガイド(a)に沿って、用紙を挿入します。また、用紙の先端は
マーク
注意
マークに合わせます。
用紙ガイド (a)
用紙の先端に、折れや破れ、しわ、剥がれなどの変形がないか確認してください。
変形したまま挿入すると、正常に紙送りがされなかったり、印字ズレや紙詰まりの原因となっ
たりします。
51
10 用紙が浮かないように手で用紙を押さえます。用紙ガイド(b)のレバーを押しながら、
紙幅に合わせて用紙ガイド(b)を移動させます。
レバー
52
用紙ガイド(b)
第 2 章 セッ ト アップ
11 用紙ガイド(b)のガイド板と用紙の端面とがぴったり合うように調整します。
用紙ガイド(b)
注意
ガイド板
ガイド板が紙幅に合っていないと、印字のズレや紙詰まりの原因となります。以下の点に注
意してください。
 ガイド板と用紙の端面との間に隙間をあけない
 ガイド板を用紙の端面に強く押し付けない
53
2
cm 程度挿入すると、用紙が自動的に送られま
12 用紙の先端を用紙挿入口に挿入します。4
す。用紙が正しくセットされると、Paper LED が消灯します。Paper LED が点灯した
ままの場合は、用紙が正しくセットされていないため、用紙をセットしなおしてください。
挿入口
54
第 2 章 セッ ト アップ
13 用紙押さえを閉じます。
注意
用紙押さえ
用紙押さえを閉じると、自動的に用紙ガイド(b)のガイド板と用紙の端面との間に 0.5mm
程度の隙間があくようになっています。この隙間によって、正常に紙送りされるようになり
ます。
用紙押さえを閉じた後に、ガイド板と用紙の端面との間に隙間があいているか確認してくだ
さい。隙間があいていない場合は、印字ズレや紙詰まりの原因となりますので、手順 8 から
やり直してください。
用紙端面
隙間
0.5mm
(0.02")
ガイド板(用紙ガイド(b))
55
2
14 用紙がたるんでいる場合は、ロール紙フランジを矢印方向へ回してたるみを取ります。
15 ロール紙カバーを閉めます。
16 紙セットカバーを閉めます。
17 Pause ボタンを押します。
56
第 2 章 セッ ト アップ
ファンフォールド紙のセット
以下の手順でファンフォールド紙をセットします。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
紙セットカバーを開けます。
ファンフォールド紙を「 ロール紙のセット」のステップ 8 ~ 12 を参考にセットします。
紙セットカバーを閉めます。
ファンフォールド紙を本製品背面 15 mm 以上離して、用紙をまっすぐに置きます。また、
紙幅方向は、本製品背面にある基準刻印の線に合わせます。
2
15 mm
6
Pause ボタンを押します。
57
用紙交換時の排紙
以下の手順で用紙を排紙します。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
Cut ボタンを押し、用紙を切り取ります。
Back Feed ボタンを 1 秒以上押します。
紙セットカバーを開けます。
紙セットカバー内部にある用紙押さえを開き、用紙を取り除きます。
ファンフォールド紙の場合、排紙はこの手順で終了です。
用紙押さえ
6
7
58
ロール紙の場合、ロール紙カバーを開けます。
ロール紙フランジの解除レバーを挟みながら、ロール紙フランジを引き抜きます。その
後、ロール紙を引き抜きます。
第 2 章 セッ ト アップ
用紙の排出経路
印刷時は、下図のように排紙ガイドに沿ってまっすぐに紙を排出させてください。
障害物などにより、紙がまっすぐに排出されていない場合、印刷が乱れる可能性があります。
2
 印刷を開始するとき、ラベルへ印刷位置を合わせるために逆送りが行われ、ラベルが本製
品内部へ引き込まれます。プリンターがコンピューターから離れて設置されている場合、
本製品の使用者は印刷開始のタイミングを把握できないため、ラベルが本製品内部に引き
込まれるタイミングを本製品の使用者は把握できません。
そのため、巻き取り装置への用紙セットなど、排出用紙を操作する場合、Pause ボタンを
押してプリンター動作を停止させた後に操作してください。
 同様に、ファンフォールド紙のミシン目を手で切り離す必要がある場合、ミシン目を手で
切り離している時に逆送りによる紙ジャムを防止するため、Pause ボタンを押してプリン
ター動作を停止させた後に操作するか、カットボタンでファンフォールド紙を切り離して
ください。
 用紙のズレによる、紙ジャム、印刷位置のズレが発生する場合があるため、印刷中の用紙
には手を触れないでください。
59
プリンターの設定
メニュー画面から、本製品の各種設定ができます。ここでは、基本的な設定の手順を説明します。
言語設定
以下の手順で、LCD に表示するメッセージの表示言語を設定します。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[ プリンターセッテイ 3] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ゲンゴ ] を選択し、OK ボタンを押します。
使用する言語を選択します。選択できる言語は以下のとおりです。
 日本語
 英語
 フランス語
 ドイツ語
 オランダ語
 イタリア語
 スペイン語
 ポルトガル語
6
60
OK ボタンを押します。言語の設定が完了します。
第 2 章 セッ ト アップ
時刻設定
以下の手順で、現在の日付と時刻を設定します。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[ プリンターセッテイ 3] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ジコク ] を選択し、OK ボタンを押します。
現在の日付と時刻を入力します。
ボタンで数字を、
OK
OK
6
:0
ボタンで変更する対象を選択できます。
2
9
: MM DD YY HH:MM
OK ボタンを押します。時刻の設定が完了します。
61
ネットワークの設定
以下の手順で、製品の IP アドレスを設定します。
 本製品を Ethernet 接続で使用する場合、ネットワークの設定が必要です。USB 接続で使用す
る場合はネットワークの設定は必要ありません。
 ネットワークの設定をする場合、必要な情報をネットワークの管理者に確認してくださ
い。
1
2
3
4
5
6
7
8
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[I/F セッテイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ネットワークセッテイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
[IP セッテイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ジドウ ] または [ シュドウ ] を選択します。
[ ジドウ ] を選択した場合、ネットワークの設定は終了です。
[ シュドウ ] を選択した場合、ステップ 7 に進み IP アドレスなどの設定をします。
[IP アドレス ] を選択し、OK ボタンを押します。
IP アドレスを入力します。
ボタンで数字を、
OK
OK
:0
ボタンで変更する桁を選択できます。
9
: 192.168.192.168
9 OK ボタンを押します。
10 [ サブネットマスク ] を選択し、OK ボタンを押します。
11 サブネットマスクを入力します。
入力方法はステップ 8 の IP アドレスの入力を参考にしてください。
62
第 2 章 セッ ト アップ
12 OK ボタンを押します。
13 [ デフォルトゲートウェイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
14 デフォルトゲートウェイを入力します。
入力方法はステップ 8 の IP アドレスの入力を参考にしてください。
15 OK ボタンを押します。
2
63
用紙の設定
給紙方法、用紙種類、用紙形態、用紙検出を設定します。
 Windows ドライバーを使う場合:
64 ページ「プリンタードライバーを使用して設定」を参照してください。
 Windows ドライバーを使わない場合:
67 ページ「PrinterSetting を使用して設定」を参照してください。
 コンピューターに接続していない環境でセットアップする場合:
70 ページ「操作パネルで設定」を参照してください。
プリンタードライバーを使用して設定
1
2
3
64
本製品の電源を入れます。
プリンタードライバーを表示させます。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」を参照
[ 用紙検出 ] をクリックします。
第 2 章 セッ ト アップ
4
5
6
" 用紙検出設定 " 画面が表示されます。給紙方法と用紙検出を設定し、[OK] をクリックし
ます。
[ ユーザー定義 ] をクリックします。
2
" ユーザー定義用紙レイアウト " 画面が表示されます。
7
[ 用紙レイアウト名 ] を入力します。
8
[ 用紙形態 ] を選択します。
すでに定義済み用紙レイアウトがある場合、定義済み用紙レイアウトをベースに新規作成することができま
す。
65
9
用紙のサイズ ( 単位 :mm) を入力します。
 印刷領域を拡大したい場合、[ フチなし ] にチェックを入れるとマージンを無しにできます。
マージンがゼロになると、印刷が用紙・ラベルからはみ出す可能性があります。用途に応じ
て使用してください。
 [ フチなし ] にチェックを入れた場合、[ フチぼかし ] にチェックを入れることができます。
[ フチぼかし ] にチェックを入れると、通常の余白領域にグラデーション処理をします。
10 [ 追加 ] をクリックします。[ 定義済み用紙レイアウト ] リストに表示されます。
11 [ 閉じる ] をクリックします。
12 [ 用紙レイアウト ] を新規に作成した用紙レイアウトに選択します。
13 [ 用紙種類 ] を選択します。
 エプソン販売純正マット紙ラベルは、[ マット紙 2] を選択してください。
 エプソン販売純正以外のマット紙ラベルで、[ マット紙 2] を選択し、インク打ち込みレベルや
黒比率調整しても、印字品質に問題があれば、[ マット紙 1] の設定もお試しください。
 TM-C7500 の場合、光沢紙は表示されません。
14 [OK] をクリックします。
以上で、給紙方法、用紙種類、用紙形態、用紙検出の設定が完了します。
66
第 2 章 セッ ト アップ
PrinterSetting を使用して設定
1
2
3
本製品の電源を入れます。
PrinterSetting を起動します。
PrinterSetting の起動方法は 86 ページ「PrinterSetting の起動」を参照
" 用紙を設定する " の画面が表示されます。
2
4
給紙方法 / 用紙検出 / 用紙種類を設定します。その後、[ 設定を反映 ] をクリックします。
67
5
68
左の項目から[レイアウトを設定する]を選択します。
[レイアウトの編集]をクリックしま
す。
6
" レイアウトの設定 " 画面が表示されます。
7
[ 用紙レイアウト名 ] を入力します。
8
[ 用紙形態 ] を選択します。
すでに定義済み用紙レイアウトがある場合、定義済み用紙レイアウトをベースに新規作成することができま
す。
第 2 章 セッ ト アップ
9
用紙のサイズ ( 単位 :mm) を入力します。
 印刷領域を拡大したい場合、[ フチなし ] にチェックを入れるとマージンを無しにできます。
マージンがゼロになると、印刷が用紙・ラベルからはみ出す可能性があります。用途に応じ
て使用してください。
 [ フチなし ] にチェックを入れた場合、[ フチぼかし ] にチェックを入れることができます。
[ フチぼかし ] にチェックを入れると、通常の余白領域にグラデーション処理をします。
2
10 [ 追加 ] をクリックします。[ 定義済み用紙レイアウト ] リストに表示されます。
11 [ 閉じる ] をクリックします。
12 [ 用紙レイアウト ] から、作成した用紙レイアウトを選択します。
13 [ 設定を反映 ] をクリックします。
以上で、給紙方法、用紙種類、用紙形態、用紙検出の設定が完了します。
69
操作パネルで設定
1
2
3
4
5
6
7
8
9
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[ プリンターセッテイ 1] を選択し、OK ボタンを押します。
[ キュウシホウホウ ] を選択し、OK ボタンを押します。
給紙方法を選択し、OK ボタンを押します。
ナイブロール / ガイブフィードのいずれかから選択します。
[ ヨウシシュルイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
用紙種類を選択し、OK ボタンを押します。
フツウシ/マットシ1/マットシ2/ゴウセイシ/コウタクシ(TM-C7500G専用)のいずれかから選択します。
[ ヨウシケイタイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
用紙形態を選択し、OK ボタンを押します。
ダイカットラベル / ゼンメンラベル / レンゾクシのいずれかから選択します。
10 [ ギャップリョウヒダリ ] を選択し、OK ボタンを押します。
ボタンを押します。
11 左ギャップ量を指定し、OK
0 ~ 2551 pixel の間で指定できます。
12 [ ラベルハバ ] を選択し、OK ボタンを押します。
ボタンを押します。
13 ラベル幅を指定し、OK
0 ~ 2551 pixel の間で指定できます。
14 [ ラベルナガサ ] を選択し、OK ボタンを押します。
ボタンを押します。
15 ラベル長を指定し、OK
0 ~ 14173 pixel の間で指定できます。
16 [ ヨウシケンシュツ ] を選択し、OK ボタンを押します。
ボタンを押します。
17 用紙検出方法を選択し、OK
ブラックマーク / ギャップのいずれかから選択します。
以上で、給紙方法、用紙種類、用紙形態、用紙検出の設定が完了します。
70
第 2 章 セッ ト アップ
印字確認
プリンターが正常に動作するかどうかをノズルチェックパターンを印刷して確認します。
以下の手順で、ノズルチェック印刷をします。ノズルチェックでは、パターンを印刷して、その印刷結果でノズルの
目詰まりを確認できます。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[ ノズルチェック ] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ハイ ] を選択し、OK ボタンを押します。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
印刷されたノズルチェックパターンを確認します。
正常な場合は、左下図のようにすべてのラインが印刷されます。
右下図のように印刷されないラインがある場合は、目詰まりしています。ヘッドクリーニ
ングを行ってください。
<正常>
<目詰まり>
ノズル抜け許容数の設定値によっては、目詰まりが数ドット発生していても許容されていて、
「ノヅルツマリアリ」エラーが表示されないことがあります。
20 ページ「「ノズル抜け許容数」の設定」または 157 ページ「ノヅルツマリアリ」を参照してください。
71
2
テスト印刷
プリンタードライバーをインストール済みの場合、テスト印刷をすることができます。
以下の手順でテスト印刷をします。
1
[ デバイスとプリンター ] を開きます。
 Windows 8 の場合:
デスクトップのサイドバー [ 設定 ] から [ コントロールパネル ] を選択します。[ ハードウェアとサウン
ド ] をクリックし、[ デバイスとプリンター ] をクリックします。
 Windows 7 の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] で [ デバイスとプリンターの表示 ] をクリックします。
 Windows Vista の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] で [ プリンタ ] をクリックします。
 Windows XP Professional の場合:
[ スタート ] メニューの [ プリンタと FAX] をクリックします。
 Windows XP Home Edition の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] をクリックし、[ プリンタと FAX] をクリックします。
 Windows Server 2003 R2 の場合:
[ スタート ] メニューの [ プリンタと FAX] をクリックします。
2
[EPSON TM-C7500] を右クリックし、[ プリンターのプロパティ ] をクリックします。
プリンターの登録名が [EPSON TM-C7500] の場合の表示です。
3
72
プロパティー画面が表示されます。[ テストページの印刷 ] をクリックします。
第 2 章 セッ ト アップ
プリンタードライバーの表示方法
1
[ デバイスとプリンター ] を開きます。
 Windows 8 の場合:
デスクトップのサイドバー [ 設定 ] から [ コントロールパネル ] を選択します。[ ハードウェアとサウン
ド ] をクリックし、[ デバイスとプリンター ] をクリックします。
 Windows 7 の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] で [ デバイスとプリンターの表示 ] をクリックします。
 Windows Vista の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] で [ プリンタ ] をクリックします。
 Windows XP Professional の場合:
[ スタート ] メニューの [ プリンタと FAX] をクリックします。
 Windows XP Home Edition の場合:
[ スタート ] メニューの [ コントロールパネル ] をクリックし、[ プリンタと FAX] をクリックします。
 Windows Server 2003 R2 の場合:
[ スタート ] メニューの [ プリンタと FAX] をクリックします。
2
2
[EPSON TM-C7500] を右クリックし、[ 印刷設定 ] をクリックします。
プリンタードライバーが表示されます。
プリンターの登録名が [EPSON TM-C7500] の場合の表示です。
73
74
第 3 章 製品の取 り 扱い
製品の取り扱い
本章では、製品の基本的な取り扱い方法について説明しています。
プリンター設定 /表示項目一覧
操作パネル
PrinterSetting
プリンター
ドライバー
クリーニング
✔
✔
✔
ノズルチェック
✔
✔
✔
用紙種類
✔
✔
✔
用紙形態
✔
✔
✔
用紙検出
✔
✔
✔
用紙供給方法
✔
✔
✔
左ギャップ量調整
✔
✔
✔
ラベル幅設定
✔
✔
✔
ラベル長設定
✔
✔
✔
左余白設定
✔
✔
✔
右余白設定
✔
✔
✔
上余白設定
✔
✔
✔
下余白設定
✔
✔
✔
印刷位置調整 ( 縦方向 )
✔
✔
✔*
印刷位置調整 ( 横方向 )
✔
✔
✔*
印刷速度設定
✔
✔
✔
モノクロ / カラーの変更
-
✔
-
解像度設定
✔
✔
-
フォント幅の調整
-
✔
-
ヘッドメンテナンス
✔
✔
✔
印刷後の動作設定
✔
✔
✔*
カット位置の調整
✔
✔
✔*
紙送り量調整値
✔
✔
✔
紙送り量調整パターン印刷
✔
-
-
ノズル自己診断システム
✔
✔
✔*
ノズルチェック間隔
✔
✔
✔*
ノズル抜け発生時の動作設定
✔
✔
✔*
ノズル抜け許容数
✔
✔
✔*
再印刷設定
✔
✔
✔*
設定項目
3
75
操作パネル
PrinterSetting
プリンター
ドライバー
電源 ON 時の動作設定
✔
✔
✔*
用紙交換時の動作設定
✔
✔
✔*
パネルによるキャンセル動作設定
✔
-
-
定期クリーニング
✔
✔
✔*
指定時刻 TCL 時間設定
✔
✔
✔*
LCD 輝度設定
✔
✔
✔*
LCD コントラスト
✔
✔
✔*
ブザー音量設定
✔
✔
✔*
インク残量少 LED 通知設定
✔
✔
✔*
言語設定
✔
✔
✔*
日時設定
✔
✔
✔*
コントロール・プレフィックス文字の設定
✔
✔
-
フォーマット・プレフィックス文字の設定
✔
✔
-
デリミタ文字の設定
✔
✔
-
設定初期化
✔
✔
✔*
拡張メモリ初期化
✔
✔
✔*
通信 IF 初期化
✔
-
-
用紙検出しきい値初期化
✔
-
-
色補正方法設定
✔
✔
✔
インク打ち込みレベル設定
✔
✔
✔
黒比率補正設定
✔
✔
✔
フチぼかし
✔
✔
✔
ノズル抜け補完設定
✔
✔
✔*
バンディング低減
✔
✔
✔
キャリブレーションの実施
✔
✔
✔*
インク再充てん *1
✔
-
-
プリンター情報の印刷
✔
-
-
印刷距離 ( ノンリセット ) 表示
✔
-
-
印刷距離 ( リセットカウンター 1) 表示
✔
-
-
印刷距離 ( リセットカウンター 2) 表示
✔
-
-
ラベル印刷枚数 ( リセットカウンター 1) 表示
✔
-
-
ラベル印刷枚数 ( リセットカウンター 2) 表示
✔
-
-
累積キャリッジ往復数表示
✔
-
-
オートカッター動作回数表示
✔
✔
-
ファームウェアバージョン表示
✔
-
-
IP 設定
✔
-
-
IP アドレス
✔
-
-
設定項目
76
第 3 章 製品の取 り 扱い
操作パネル
PrinterSetting
プリンター
ドライバー
サブネットマスク
✔
-
-
デフォルトゲートウェイ
✔
-
-
文字コード表の選択
-
✔
✔*
フォント、画像、テンプレートの登録
-
✔
✔*
プリセット画像の設定
-
✔
-
パネルボタン(キャンセル、フィード、カッ
ト)の有効 / 無効
-
✔
✔*
インク着弾位置調整
-
✔
✔*
-
✔
-
✔
✔
-
設定項目
「お気に入り」の登録、編集、削除 *2
「お気に入り」の選択
✔
✔
-
*2
: 設定できます。
*
: プリンタードライバー内の Printer Setting から設定できます。
: 設定できません。
*1 : 操作パネル上のインクカートリッジ残量表示が、フルもしくは 1 段階減った状態で実行可能です。
また、インク再充てん時間は、最短 8 分です。充てん時間は、状況により異なります。
*2 : プリンタードライバーの「お気に入り」とは別の機能で、互換性はありません。プリンタードライバーを使用
する場合はプリンタードライバーの「お気に入り」を使用してください。
77
3
操作パネルの設定
設定メニュー項目
設定値
 ハイ
クリーニング
初期値
-
 イイエ
 ハイ
ノズル チェック
-
 イイエ
プリンターセッテイ 1
ヨウシシュルイ
 フツウシ
マットシ 2
 マットシ 1
 マットシ 2
 ゴウセイシ
 コウタクシ
ヨウシケイタイ
 ダイカットラベル
ダイカットラベル
 ゼンメンラベル
 レンゾクシ
ヨウシケンシュツ
 ブラックマーク
ブラックマーク
 ギャップ
キュウシホウホウ
 ナイブロール
ナイブロール
 ガイブフィード
ギャップリョウ ヒダリ
0 ~ 2,551 [pixel]
47
ラベルハバ
0 ~ 2,551 [pixel]
2,551
ラベルナガサ
0 ~ 14,173 [pixel]
3,600
ヨハク ヒダリ
0 ~ 35 [pixel]
35
ヨハク ミギ
0 ~ 35 [pixel]
35
ヨハク ウエ
0 ~ 35 [pixel]
35
ヨハク シタ
0 ~ 35 [pixel]
35
インサツイチチョウセイ タテ
-48 ~ 48 [pixel]
0
インサツイチチョウセイ ヨコ
-24 ~ +24 [pixel]
0
インサツソクド
 150[mm/s]
300[mm/s]
 300[mm/s]
カイゾウド
 600[dpi]
600[dpi]
 300[dpi]
 200[dpi]
ヘッドメンテナンス
 カンケツインサツ ( キレイ )
カンケツインサツ ( キレイ )
 レンゾクインサツ ( ハヤイ )
インサツゴドウサ
 カットナシ
カットナシ
 カットアリ
キリトリイチチョウセイ
-35 ~ +35 [pixel]
0
カミオクリリョウチョウセイ
-99 ~ +99
0
カミオクリリョウチョウセイパターン
 ハイ
-
 イイエ
78
第 3 章 製品の取 り 扱い
設定メニュー項目
プリンターセッテイ 2
ノズルジコシンダンシステム
設定値
 ユウコウ
初期値
ユウコウ
 ムコウ
ノズルチェックカンカク
0 ~ 500[ マイ ]
0
ノズルヌケジドウサ
 インサツケイゾク
インサツケイゾク
 ノズルヌケツウチ
ノズルヌケキョヨウスウ
0 ~ 10 [nozzle]
6
サイインサツ
 ユウコウ
ユウコウ
 ムコウ
デンゲンオンドウサ
 フィード
フィード
 キャリブレーション
 フィードシナイ
ヨウシコウカンドウサ
 フィード
フィード
 キャリブレーション
 フィードシナイ
キャンセルドウサ
 ジョブノミ
ジョブノミ
 ジョブ &RAM ドライブ
テイキクリーニング
 ユウコウ
ムコウ
3
 ムコウ
テイキクリーニングジコク
HH:MM (24 時間 )
00:00
79
設定メニュー項目
プリンターセッテイ 3
LCD キド
設定値
 オフ
初期値
レベル 2
 レベル 1
 レベル 2
 レベル 3
LCD コントラスト
0 ~ 10
5
ブザーオンリョウ
 オフ
チュウ
 ショウ
 チュウ
 ダイ
 サイダイ
インクロー LED
 ヒョウジ
ヒョウジ
 ヒヒョウジ
ゲンコ
 ニホンゴ
ニホンゴ
 エイゴ
 フランスゴ
 ドイツゴ
 イタリアゴ
 スペインゴ
 ポルトガルゴ
 オランダゴ
ジコク
MM/DD/YY HH:MM
-
コントロールプレフィックス
0x00 ~ FF
0x7E
フォーマットプレフィックス
0x00 ~ FF
0x5E
デリミタモジ
0x00 ~ FF
0x2C
セッテイショキカ
 ハイ
-
 イイエ
カクチョウメモリショキカ
 ハイ
-
 イイエ
ツウシン I/F ショキカ
 ハイ
-
 イイエ
ヨウシケンシュツシキイチショキカ
 ハイ
 イイエ
80
-
第 3 章 製品の取 り 扱い
設定メニュー項目
ガゾウショリセッテイ
イロホセイ
設定値
 シゼンナイロアイ
初期値
シゼンナイロアイ
 EPSON キジュンショク
インクウチコミレベル
-6 ~ +4
0
クロヒリツ
-6 ~ 0
0
( 用紙種類によって、選
択範囲が異なります。)
フチボカシ
 ユウコウ
ムコウ
 ムコウ
ノズルヌケホカン
 ユウコウ
ムコウ
 ムコウ
メンテナンス
バンディング
-2 ~ +2
0
キャリブレーション
 ハイ
-
 イイエ
インクサイジュウテン
 ハイ
-
 イイエ
ジョウホウノインサツ
 ステータスキホン
-
 ステータスセッテイ
3
 ステータスネットワーク
 リストフォント
 リストバーコード
 リストイメージ
 リストテンプレート
メンテナンスカウンタ
インサツキョリ リセットフカ
********[mm]
-
インサツキョリ リセットカ 1
********[mm]
-
インサツキョリ リセットカ 2
********[mm]
-
インサツマイスウ リセットカ 1
********[ マイ ]
-
インサツマイスウ リセットカ 2
********[ マイ ]
-
キャリッジオウフク
********[ カイ ]
-
オートカッタークドウ
********[ カイ ]
-
バージョン
 メインファームウェア
-
 ネットワークファームウェア
 FPGA ファームウェア
 キャラクタデータ
I/F セッテイ
IP セッテイ
 ジドウ
シュドウ
 シュドウ
オキニイリセンタク
IP アドレス
***.***.***.***
192.168.192.168
サブネットマスク
***.***.***.***
255.255.255.000
デフォルトゲートウェイ
***.***.***.***
255.255.255.255
登録済みの「お気に入
り」が表示
-
81
ステータスシート
(ネットワーク)
の印刷
ステータスシート(ネットワーク)は操作パネルで印刷します。
1
2
3
4
5
本製品の電源を入れます。
( メニュー ) ボタンを押して、メニューを表示します。
[ メンテナンス ] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ジョウホウインサツ ] を選択し、OK ボタンを押します。
[ ステータスネットワーク ] を選択し、OK ボタンを押します。
ステータスシート(ネットワーク)が印字されます。
ステータスシート
(ネットワーク)
の印刷例
HHHH Epson Status Sheet HHHH
<General Information>
MAC Address
xx:xx:xx:xx:xx:xx
Software
xxxxxxxxx
Network Status
AUTO(Disconnected)
<TCP/IP IPv4>
82
Obtain IP Address
Manual
IP Address
xxx.xxx.xxx.xxx
Subnet Mask
xxx.xxx.xxx.xxx
Default Gateway
None
第 3 章 製品の取 り 扱い
お気に入り
用紙種類、給紙方法、用紙検出、用紙サイズ、プリセット画像などの情報をまとめた「お気に入り」を本製品に登録
し、操作パネルから選択して簡単に設定できます。
「お気に入り」は合計 100 個まで登録できます。
使用環境
 「お気に入り」の設定内容は、以下で印刷する場合のみ有効です。
ZPL II コマンド対応のアプリケーションから ZPL II コマンド搭載プリンター用ドライバー経由で印刷する場合
お客様が開発したアプリケーションから直接コマンド実行で印刷する場合
 TM-C7500/TM-C7500G シリーズのプリンタードライバーを使用して印刷する場合は、本機能は有効ではあ
りません。
 この機能は、本製品のファームウェア Ver.WAI30000 以降、および PrinterSetting Ver.1.2.0.0 以降、使用で
きます。
使用方法
1
PrinterSetting を使用して、本製品に「お気に入り」を登録します。
3
104 ページ「お気に入りの登録」を参照してください。
2
クリーニング動作中でないこと、印刷中でないこと、本製品にデータ送信中でないこと
を確認します。
3
LCD の [ オキニイリセンタク ] メニューから、登録されている「お気に入り」を選択し、OK ボタン
を押します。
81 ページ「オキニイリセンタク」を参照してください。
「お気に入り」のリストは、「お気に入り」の登録名の昇順で表示されます。
4
設定が完了すると、LCD に「セッテイヲヘンコウシマシタ」が約 3 秒間表示されます。
83
注意事項
 「お気に入り」の [ 用紙検出 ] および [ 給紙経路 ] の設定がプリンターと異なる場合、用紙検出エラーおよび用紙経路
エラーが発生します。この場合、「トラブルシューティング」を参照してエラーを解除し、その後「お気に入り」
を再設定してください。
 「お気に入り」の選択は、操作パネルまたは PrinterSetting で行うことができます。
 設定が完了しなかった場合は、
「プリンターガビジーデス セッテイヲヘンコウデキマセン」が約 3 秒間表示されま
す。本製品の状態を確認の上、もう一度設定をやり直してください。
 本製品の「お気に入り」の設定内容よりも、アプリケーション側で設定できる設定項目が優先されます。
84
第 3 章 製品の取 り 扱い
PrinterSetting
ユーザー権限で使用する場合、PrinterSetting Ver.1.2.0.0 以降が必要です。
PrinterSetting をユーザー権限で使用する場合、プリンタードライバーなどの他のソフトウェアが
本製品と通信していると、設定を変更できないことがあります。
PrinterSetting は本製品を設定するためのユーティリティーです。PrinterSetting を使用して以下を設定できます。
項目
説明
ページ
用紙を設定する *
本製品で使用する用紙を設定します。
89 ページ
レイアウトを設定する *
用紙レイアウトを設定します。用紙形態や印刷領域を設
定したユーザー定義レイアウトをします。
90 ページ
位置を調整する
印刷開始位置やカット位置を調整します。
92 ページ
印刷結果を調整する *
カラー調整やバーコード調整をします。
94 ページ
プリンターにデータを登録する
画像、テンプレート、フォントをプリンターに登録しま
す。また、文字コード表から使用するコードを選択しま
す。
95 ページ
プリセット画像を設定する *
プリセット画像を設定します。
96 ページ
クリーニングを行う
ヘッドクリーニングやノズルチェックの実行、定期ク
リーニングの設定をします。
98 ページ
詳細設定
プリンターの詳細設定をします。
 プリンター本体の設定
 パネルの設定
 ノズルチェックの設定
 高度な設定
 ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定
 お気に入りの設定
 プリンターの初期化
99 ページ
プリンター情報の表示
プリンター用紙設定やレイアウト設定などのプリンター
の設定情報やメンテナンスカウンターを確認します。
107 ページ
設定の保存と復元
プリンターの設定を保存したり、保存していた設定を復
元したりします。
109 ページ
オプション
PrinterSetting の設定をします。
110 ページ
3
~ 106 ページ
PrinterSetting で使用する単位と起動時の設定をします。
* プリンタードライバーから PrinterSetting を起動した場合、表示されません。
85
PrinterSetting の起動
以下の方法で、PrinterSetting を起動します。
1
2
3
4
本製品の電源を入れます。
[ スタート ] - [ すべてのプログラム ] - [Epson] - [TM-C7500 Series] - [PrinterSetting] を選択します。
[ プリンターの選択 ] 画面が表示されます。検索対象を選択し [ 検索 ] をクリックします。
リストに本製品が表示されます。設定するプリンターを選択し、[OK] をクリックしま
す。
Ethernet 接続の場合、検索してもリストに本製品が表示されない場合があります。
その場合、IP アドレスを入力してください。
86
第 3 章 製品の取 り 扱い
5
PrinterSetting が起動します。
3
87
設定の反映
各項目を設定した後、[ 設定を反映 ] をクリックすると本製品の設定が変更されます。
88
第 3 章 製品の取 り 扱い
用紙を設定する
本製品で使用する用紙を設定します。
プリンタードライバーから PrinterSetting を起動した場合、表示されません。
3
項目
用紙検出設定
印刷設定
説明
給紙方法
給紙方法を設定します。
用紙検出
用紙の検出方法を設定します。
用紙種類
用紙種類を設定します。
紙送り量調整
紙送り量を設定します。
印刷パフォーマンス 印刷速度
ヘッドメンテナンス
印刷速度を設定します。
印刷時ヘッドメンテナンスモードを設定します。
印刷時ヘッドメンテナンスモードについては 181 ページ「印刷
速度」を参照してください。
89
レイアウトを設定する
用紙レイアウトを設定したり、新規のユーザー定義レイアウトを作成したりします。
プリンタードライバーから PrinterSetting を起動した場合、表示されません。
項目
レイアウト設定
90
説明
用紙レイアウト
用紙レイアウトを設定します。
レイアウトの編集
新規のユーザー定義レイアウトを作成します。クリックすると
" レイアウトの設定 " 画面が表示されます。
第 3 章 製品の取 り 扱い
レイアウトの設定
項目
用紙レイアウト名
説明
用紙レイアウト名を設定します。
3
任意の名称を入力します。
定義済み用紙レイアウト
定義済みの用紙レイアウトがリストに表示されます。
用紙形態
用紙形態を設定します。
レイアウト情報
用紙幅、ラベル幅、左ギャップ、ラベル長さ、ブラックマーク間隔を設定し
ます。
用紙形態によって設定可能なレイアウト情報は変わります。レイアウト情報
を設定する前に、用紙形態を設定してください。
フチなし
チェックを入れると印刷領域を拡大できます。
マージンがゼロになると、印刷が用紙・ラベルからはみ出す可能性がありま
す。用途に応じて使用してください。
フチぼかし
[ フチぼかし ] にチェックを入れると、通常の余白領域にグラデーション処
理をします。[ フチなし ] にチェックを入れた場合のみ設定できます。
長いラベルを印刷する場合、用紙によっては、印刷結果が指定した長さに満たないことがありま
す。その結果、紙送り方向を上として、ラベル下端部に空白が出ることがあります。この空白が
気になる場合、以下の方法をお試しください。
手順 1: 印字結果を確認してください。
手順 2: 空白部分をレイアウトの設定メニューで、ラベル長さに足して指定してください。
91
位置を調整する
印刷開始位置やカット位置を調整します。
項目
位置調整
説明
印刷開始位置の調整
(垂直方向)
垂直方向の印刷開始位置を調整します。
印刷開始位置の調整
(水平方向)
水平方向の印刷開始位置を調整します。
カット位置の調整
[ 調整を実行する ] をクリックすると、位置を調整します。
[ 調整を実行する ] をクリックすると、位置を調整します。
カット位置の調整をします。
[ 調整を実行する ] をクリックすると、位置を調整します。
92
第 3 章 製品の取 り 扱い
調整を実行する
1
2
3
4
5
[ 調整を実行する ] をクリックすると以下の画面が表示されます。
(印刷開始位置の調整(垂直方向)を例に説明しています。)
調整値を入力し、[ 設定を反映 ] をクリックします。
3
確認画面が表示されます。[ はい ] をクリックすると調整が実行されます。
結果が表示されます。[OK] をクリックします。
調整を実行した後、印刷を行って調整した位置を確認してください。
93
印刷結果を調整する
カラー調整やバーコード調整をします。
プリンタードライバーから PrinterSetting を起動した場合、表示されません。
項目
カラー調整
バーコード調整
94
説明
色補正方法
色補正方法を設定します。
インク打ち込みレベル
インクの濃淡を設定します。使用する用紙によって、印刷品質
を確保するため適時調整します。
黒比率補正
黒比率補正を設定します。
バンディング低減
バンディングを低減させたいときに設定します。
バー幅補正
内蔵バーコードフォントを使用している場合、バーの幅を調整
する場合に設定します。
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリンターにデータを登録する
画像、テンプレート、フォント、文字コード表をプリンターに登録します。
3
項目
説明
画像
プレプリントやテンプレートで使用する画像を登録します。
テンプレート
テンプレートを登録します
フォント
印刷データに適用するフォントを登録します。
文字コード表
印刷時に使用する文字コード表を変更します。
95
プリセット画像を設定する
プリセット画像を設定します。
 以下のソフトウェアを使用する場合に、本機能を使用します。
 Zebra Technologies Corporation 社の Windows ドライバー
 本製品が対応している市販のラベル印刷アプリケーション
 ZPL II や ESC/Label コマンドを直接制御するアプリケーション
 プリンタードライバーから PrinterSetting を起動した場合、表示されません。
項目
プリセット画像 プリセット画像を
の設定
使用しない
共通のプリセット画像を
使用する
説明
プリセット画像を印刷しません。
通常の印刷の場合、指定した画像をプリセット画像として印刷しま
す。
テンプレートを使用して印刷した場合、プリセット画像を印刷しま
せん。
テンプレートごとに異な
るプリセット画像を使用
する
96
テンプレートを使用して印刷した場合、指定された組み合わせに
沿ってプリセット画像を印刷します。
テンプレートを使用しない場合、プリセット画像を印刷しません。
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリセット画像
プリセット画像の作成
1
本製品の印刷に適した解像度の画像(PNG 形式)を用意します。
2
画像を用紙サイズに合わせて変換します。
181 ページ「印刷仕様」を参照
A インチ
600 x A ピクセル
A インチ
B インチ
B インチ
紙送り方向
3
600 x B ピクセル
紙送り方向
画像フォーマットを PNG 形式で出力します。
プリセット画像の登録と指定方法
3
プリセット画像は PrinterSetting の 95 ページ「プリンターにデータを登録する」で登録します。
また、96 ページ「プリセット画像を設定する」でプリセット画像を指定します。
プリセット画像の印刷方法
以下のソフトウェアを使用する場合に、プリセット画像が印刷されます。
 Zebra Technologies Corporation 社の Windows ドライバー
 本製品が対応している市販のラベル印刷アプリケーション
 ZPL II や ESC/Label コマンドを直接制御するアプリケーション
エプソンのプリンタードライバーではプリセット画像の印刷はできません。
97
クリーニングを行う
ヘッドクリーニングやノズルチェックの実行、定期クリーニングの設定をします。
項目
ヘッドクリーニング マニュアルヘッド
説明
ノズルチェックをして、ノズルのドット抜けを自動で回復します。
クリーニング
[ 実行 ] をクリックすると、ヘッドクリーニングが実行されます。
ノズルチェック
ノズルチェックパターンを印刷してノズルの目詰まりを確認します。
[ 実行 ] をクリックすると、ノズルパターンを印刷します。
定期クリーニング
98
定期クリーニング
が必要な場合、す
ぐに実施する
定期クリーニングが必要な場合、すぐに定期クリーニングを実施しま
す。
定期クリーニング
が必要な場合、指
定した時刻に実施
する
定期クリーニングが必要な場合、指定した時刻に定期クリーニングを
実施します。
[ 時刻(HH:MM)] に定期クリーニングする時刻を指定します。
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリンター本体の設定
プリンター本体の設定をします。
3
項目
動作設定
通知設定
説明
電源 ON 時の動作
電源を入れた時の動作を設定します。
用紙交換時の動作
用紙交換時の動作を設定します。
印刷後の動作
印刷後に用紙をカットするか設定します。
ブザー音量
ブザーの音量を設定します。
インク残量少 LED
インク残量が少なくなったときの動作を設定します。
エラー設定
エラー発生時の再印刷を設定します。
時刻設定
本体の日時を設定します。
99
パネルの設定
パネルの設定をします。
項目
パネルボタンの設定 キャンセルボタン
LCD 設定
100
説明
キャンセルボタンの有効 / 無効を設定します。
フィードボタン
フィードボタンの有効 / 無効を設定します。
カットボタン
カットボタンの有効 / 無効を設定します。
LCD 輝度
LCD の輝度を設定します。
LCD コントラスト
LCD のコントラストを設定します。
言語
LCD 表示の言語を設定します。
第 3 章 製品の取 り 扱い
ノズルチェックの設定
ノズルチェックの設定をします。
3
項目
ノズルチェック設定 ノズル自己診断シス
テム
説明
ノズル自己診断システムの有効 / 無効を設定します。
ノズル抜け許容数
ノズル抜け許容数を指定します。
印刷中の自動ノズル
チェック
印刷中の自動ノズルチェックの設定をします。
ノズルチェック間隔
印刷中の自動ノズルチェックを行う場合、ノズルチェック間隔を指
定します。
ノズル抜け発生時の ノズル抜け補完機能
動作設定
ノズル抜け検出時の
動作
ノズル抜け補完機能の有効 / 無効を設定します。
ノズル抜け検出時の動作を設定します。
101
高度な設定
プリンター本体に高度な設定をします。
項目
説明
インク着弾位置調整
画像がぼやける場合、インク着弾位置を調整します。
キャリブレーション
検出器のキャリブレーションを実行します。
ZPL II コマンド搭載 ZPL II コマンド搭載
プリンターからの置 プリンターからの置
き換え設定
き換え設定
ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定を実行します。
[ 実行 ] をクリックすると、"ZPL II コマンド搭載プリンターからの置
き換え設定 " 画面が表示されます。
103 ページ「ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定」を
参照してください。
プレフィックス文字
の設定
プリンター本体の
お気に入り設定
プレフィックス文字の設定をします。
「お気に入り」を本製品に登録したり、登録済みの「お気に入り」の
設定を本製品に反映したりします。
104 ページ「お気に入りの登録」を参照してください。
102
第 3 章 製品の取 り 扱い
ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定
[ 初期値に戻す ] をクリックすると、入力値がプリンターの初期設定の値に戻ります。
その後、[ 設定を反映 ] をクリックするとプリンターの初期設定に戻ります。
1
[ZPL IIコマンド搭載プリンターからの置き換え設定]の[実行]をクリックすると、"ZPL II
コマンド搭載プリンターからの置き換え設定 " 画面が表示されます。
3
2
ZPL II コマンド搭載プリンターと同じ解像度を選択し、[ モノクロ印刷モードで使用する ]
のチェックを ON にします。[ 設定を反映 ] をクリックします。
3
確認画面が表示されます。[ はい ] をクリックすると設定が反映されます。
4
結果が表示されます。[OK] をクリックします。
フォント幅の調整は、実際に印刷しながら調整してください。
プリンターの置き換えに関しては、169 ページ「プリンターの設定変更とプリンターの置き換
え」を参照してください。
103
お気に入りの登録
1
2
3
[ プリンター本体のお気に入り設定 ] の [ 登録 / 削除 / 編集 ] をクリックします。
" プリンター本体のお気に入りの編集 " 画面が表示されます。[ 新規登録 ] をクリックしま
す。
" プリンター本体のお気に入りの登録 " 画面が表示されます。[ お気に入りの名前 ] を入力
し、[ プリンター本体のお気に入り ] の各項目を設定します。設定後、[ 登録 ] をクリッ
クします。
 「お気に入り」の [ お気に入りの名前 ] には、'^'、'~'、':'、',' および '.' を除く ASCII(20h ~ 7Eh)文
字が有効であり、15 文字が指定できます。
 「お気に入り」は合計 100 個まで登録できます。
[ プリンターの設定値を読み込む ] をクリックすると、設定済みの本製品の設定値を取得します。
104
第 3 章 製品の取 り 扱い
4
[ 閉じる ] をクリックすると、" プリンター本体のお気に入りの編集 " 画面に戻ります。
[ 登録済みデータ ] に、登録した「お気に入り」が表示されます。
お気に入りの設定を反映
登録した「お気に入り」の設定を、本製品に反映することができます。
1
[ プリンター本体のお気に入り設定 ] の [ 登録したお気に入りを選択する ] をクリックしま
す。
2
"プリンター本体のお気に入りの選択"画面が表示されます。[お気に入りの名前]から設定
を反映させる「お気に入り」を選択し、[ 設定を反映 ] をクリックします。
3
105
プリンターの初期化
プリンターを初期化します。
項目
初期化
106
説明
設定初期化
プリンター本体の設定を初期化します。
拡張メモリの初期化
拡張メモリーを初期化します。
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリンター情報の表示
プリンター本体の情報を表示します。
3
項目
プリンター情報
プリンターの設定一覧
メンテナンスカウンター
説明
[ 表示 ] をクリックすると、現在のプリンターの設定情報を表示し
ます。108 ページ「プリンターの設定一覧」を参照
メンテナンスカウンターを確認できます。
107
プリンターの設定一覧
プリンターの設定一覧の [ 表示 ] をクリックすると、" プリンターの設定一覧 " 画面が表示されます。[ ファイルに出
力 ] をクリックすると、現在の設定をテキストファイルに保存することができます。
108
第 3 章 製品の取 り 扱い
設定の保存と復元
本製品の設定の保存と復元をします。
3
項目
設定の保存
設定の復元
説明
保存するデータ
保存するデータを設定します。保存したいデータにチェックを入れ
ます。
保存先フォルダ
保存先のフォルダーを指定します。
ファイル名
任意のファイル名を指定します。
保存を開始する
保存するデータ、保存先フォルダ、ファイル名を指定し、[ 保存を開
始する ] をクリックすると、本製品の設定が保存されます。
バックアップファイル バックアップファイルを指定します。
ファイルデータ
バックアップファイルの情報を表示します。
復元を開始する
バックアップファイルを指定後、[ 復元を開始する ] をクリックする
と、本製品の設定を復元します。
データが大きい場合、処理に時間がかかります。
109
オプション
PrinterSetting で使用する単位と起動時の設定をします。
項目
説明
表示設定
単位
単位を設定します。
起動時の設定
起動時にウェルカムダ
イアログを表示する
起動時のウェルカムダイアログの設定をします。
単位の設定は PrinterSetting のみ対象となります。操作パネルやプリンタードライバーには反映
されません。
110
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリンタードライバーの設定
お気に入り
「お気に入り」とは、プリンタードライバーの印刷設定を 1 まとめにして管理できる機能です。
本製品の「お気に入り」とは別の機能で、互換性はありません。本製品の「お気に入り」と併用
することはできません。
印刷設定は、[ 基本設定 ] タブと [ 拡張設定 ] タブの内容です。用紙の種類、用紙レイアウト ( ユーザー定義用紙を
含む ) などがあります。
[基本設定]タブ
お気に入り
3
[ 拡張設定 ] タブ
111
特長
 アプリケーションから印刷する場合、「お気に入り」で登録した印刷設定を初期値で選択できます。
そのため、印刷設定をしたら [ 現在の設定を登録 ] をクリックし、
「お気に入り」に登録することをお勧めします。
 「お気に入り」には、いくつもの印刷設定を登録できます。
たとえば帳票ごとに印刷設定を「お気に入り」登録すると、帳票を変更した場合、
「お気に入り」の変更をするだ
けでプリンタードライバーの印刷設定が完了します。用紙の変更に伴う様々な設定を正しく設定できます。
( 帳票を変更した場合、プリンターの用紙検出設定を変更する必要がある場合があります。)
印刷設定を
「お気に入り」
に登録
1
2
印刷する用紙などに合わせてプリンタードライバーを設定します。
[ 基本設定 ] タブと [ 拡張設定 ] タブを設定します。ユーザー定義した用紙を設定する場合、[ 基本設定 ] の
用紙レイアウトから選択します。
[ 現在の設定を登録 ] をクリックします。
" お気に入り設定の登録 / 削除 " 画面が表示され
ます。
現在の設定が右側のリストに表示されます。
3
112
印刷設定名を入力します。
第 3 章 製品の取 り 扱い
4
[ 追加 ] をクリックします。
印刷設定が「お気に入り」に登録され、" お気に入り設定の登録 / 削除 " 画面が閉じて、元の画面に戻りま
す。
②
①
現在の設定
③
④
ユーザー定義用紙
「お気に入り」に登録される
3
「お気に入り」には、以下の設定があります。
 初期設定:
プリンタードライバーインストール時の初期値です。
 現在の設定:
[ 基本設定 ] タブと [ 拡張設定 ] タブに設定されている内容です。
この内容は「現在の設定一覧」画面と、
「お気に入り設定の登録 / 削除」画面の現在
の設定に表示されます。
 ユーザーが定義した設定:
ユーザーが定義した印刷設定です。
113
ユーザー定義情報
ユーザー定義情報には以下のものが含まれます。
ユーザー定義用紙
バーコードフォントの登録
.NET 環境のフォント置き換え
ユーザー定義情報は、クライアントコンピューターごとに 1 つ設定されます。
1 台のコンピューターに複数のプリンタードライバーがインストールされている場合、これらは共通で使用できま
す。
プリンタードライバー設定の書き出し / 取り込み
お気に入り設定、ユーザー定義情報 ( 用紙レイアウト、バーコード )、プリンタードライバーの動作設定を BSF ファ
イル ( 拡張子 .BSF) に書き出すことができます。また、BSF ファイルから設定を取り込んでプリンタードライバー
を設定することもできます。
プリンタードライバーの「お気に入り」は、本製品の「お気に入り」とは別の機能です。プリン
タードライバーの設定用ファイルに、本製品の「お気に入り」を含めることはできません。
設定の書き出し
以下の手順で、設定を書き出します。
1
印刷設定が、「お気に入り」に登録されていることを確認してください。複数の印刷設定
が登録されている場合、設定の取り込み時に反映される印刷設定は、
「お気に入り」の最
初に配置されている印刷設定です。
 「お気に入り」の順番は、
「お気に入り設定の登録 / 削除」画面を開き、設定リストに登録され
ている印刷設定を選択して、[ 上へ ] または [ 下へ ] をクリックすることで編集できます。
 「お気に入り」に登録されていない場合、プリンタードライバーの初期設定が反映されます。
114
第 3 章 製品の取 り 扱い
2
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択します。
[ 設定の書き出し / 取り込み ] をクリッ
クします。
BSF ファイルの保存は、現在の設定から行ってください。標準の設定から行うと、プリ
ンタードライバーの画面の内容と異なる内容が書き出されます。
 現在の設定:
プリンタードライバーのプロパティー -[ 全般 ]-[ 基本設定 ]
-[ ドライバーユーティリティー ]-[ 設定の書き出し / 取り込み ]
 標準の設定:
プリンタードライバーのプロパティー -[ 詳細設定 ]-[ 標準の設定 ]
-[ ドライバーユーティリティー ]-[ 設定の書き出し / 取り込み ]
3
4
5
" 設定の書き出し / 取り込み " 画面が表示されます。
[ 設定の書き出し ] をクリックします。
ファイルの保存画面が表示されます。名前をつけて BSF ファイルを保存します。
処理の完了画面が表示されます。[OK] をクリックします。
BSF ファイルには、ユーザーが定義した「お気に入り」の印刷設定が反映されます。「現
在の設定」の印刷設定は反映されません。
115
3
設定の取り込み
BSF ファイルから設定を取り込むと、プリンタードライバーの設定は上書き保存されます。その
ため、以下の既存設定を残したい場合は、既存設定を含めて BSF ファイルを作成してください。
 お気に入りリスト
 ユーザー定義した用紙リスト
 バーコードフォントリスト
 バーコードフォントの置き換えリスト
以下の手順で、設定を取り込みます。
1
2
3
4
5
116
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択します。
[ 設定の書き出し / 取り込み ] をクリッ
クします。
" 設定の書き出し / 取り込み " 画面が表示されます。
[ 設定の取り込み ] をクリックします。
確認画面が表示されます。[OK] をクリックします。
開く画面が表示されます。取り込むファイルを選択します。
処理の完了画面が表示されます。[OK] をクリックします。
第 3 章 製品の取 り 扱い
バーコード印刷
プリンタードライバーは、バーコードフォントを内蔵しています。アプリケーション側でバーコードを生成しなくて
も、バーコードを印刷できます。
バーコードフォントの設定
バーコードの印刷設定は、[ ドライバーユーティリティー] タブの [ バーコード / 2 次元シンボル設定 ] で設定します。
3
1
以下の設定を行います。
表示:[ バーコード ] を選択します。
フォント名:任意の文字列を入力します。これがバーコードフォント名になります。入力できる文字は ASCII
のみです。
タイプ:バーコードの種類を選択します。選択したタイプにより、表示される設定項目が切り替わります。
以下の種類から選択できます。
UPC-A
UPC-E
JAN13(EAN)
JAN8(EAN)
Code39
ITF
Codabar(NW7)
Code93
Code128
GS1-128
GS1 DataBar
Omnidirectional
GS1 DataBar
Truncated
GS1 DataBar Limited
GS1 DataBar Expanded
回転指定:バーコードを回転させて印刷するときに選択します。
Hex 入力モード:バーコードにするデータを Hex 入力モードで指定するときは、チェックします。
モジュール:バーコードの細いエレメントの幅をドットで設定します。
117
バー高さ:エレメントの高さをドットで設定します。指定したドットは、印刷されたときの実寸法で表示さ
れます。
HRI 文字の位置:HRI 文字の印刷位置を指定します。印刷しないときは、[ 印刷しない ] を選択します。
タイプによっては、印刷位置の指定が限定されるものがあります。
コンポジット種類:コンポジットの種類を設定します。
エレメント比:太いエレメント幅を、細いエレメント幅に対する比率で設定します。
推奨する最小エレメント比は 2.5 です。
チェックディジッド:数列の誤りを検出したり捏造を防止したりするために付与させる数値や記号です。
シンボル全体幅が最小となるように自動変換する:
CODE128 の場合に選択できます。与えられたデータ文字列を表現するために必要
なシンボルキャラクター数を最小限に抑える機能です。
開始文字:開始文字を設定します。
終了文字:終了文字を設定します。
2
[ 追加 ] をクリックします。
設定したバーコードフォントが登録され、フォントリストにフォント名が追加されます。
 バーコードフォントは、30 個まで登録できます。
 フォントリストのフォント名を選択し、設定を変更してから [ 保存 ] をクリックすると、
設定したバーコードフォントの設定を上書き保存できます。
 フォントリストのフォント名を選択し、[ 削除 ] をクリックすると、設定したバーコー
ドフォントを削除できます。
118
第 3 章 製品の取 り 扱い
モジュールの推奨値
バーコードの印刷方向は以下のとおりです。また、モジュールの推奨値は、用紙種類、バーコードの種類および印刷
方向によって異なります。
 普通紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
バー コ ー ド
印刷方向
ANSI グ レー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
フ ェ ンス
5
7
ラ ダー
6
8
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
6
8
フ ェ ンス
5
7
ラ ダー
6
8
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
6
7
フ ェ ンス
6
8
ラ ダー
6
7
フ ェ ンス
6
6
ラ ダー
6
8
フ ェ ンス
7
7
ラ ダー
7
7
3
Code39
Codabar(NW7)
Code93
Code128
GS1-128
ITF
GS1 DataBar Omnidirectional
GS1 DataBar Truncated
GS1 DataBar Limited
GS1 DataBar Expanded
UPC-A
UPC-E
JAN13(EAN)
JAN8(EAN)
119
 バーコードの認識率は用紙の種類、バーコードリーダーの性能などにより変動しま
す。またドット抜け、インク滴の曲がりによって、バーコードランクが低下し、
バーコードリーダーで読めない場合がります。このため、HRI 文字を印刷するなど工
夫することを推奨します。
 インクの特性上、用紙にインクが染み込み印刷したバーコードのバー部分が太くな
ることがあります。バーコードのバー部分のデータを 2 ピクセル分減らし、空白部
分を 2 ピクセル分増やす補正 ( バー幅補正 ) をしてください。
 合成紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
バー コ ー ド
印刷方向
ANSI グ レー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
6
6
ラ ダー
6
6
フ ェ ンス
6
6
ラ ダー
6
6
フ ェ ンス
7
7
ラ ダー
7
7
Code39
Codabar(NW7)
Code93
Code128
GS1-128
ITF
GS1 DataBar Omnidirectional
GS1 DataBar Truncated
GS1 DataBar Limited
GS1 DataBar Expanded
UPC-A
UPC-E
JAN13(EAN)
JAN8(EAN)
 バーコードの認識率は用紙の種類、バーコードリーダーの性能などにより変動しま
す。またドット抜け、インク滴の曲がりによって、バーコードランクが低下し、
バーコードリーダーで読めない場合がります。このため、HRI 文字を印刷するなど工
夫することを推奨します。
 インクの特性上、用紙にインクが染み込み印刷したバーコードのバー部分が太くな
ることがあります。バーコードのバー部分のデータを 2 ピクセル分減らし、空白部
分を 2 ピクセル分増やす補正 ( バー幅補正 ) をしてください。
120
第 3 章 製品の取 り 扱い
 マット紙ラベル / 光沢紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
バー コ ー ド
印刷方向
ANSI グ レー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
5
6
ラ ダー
5
6
フ ェ ンス
6
7
ラ ダー
6
7
フ ェ ンス
6
6
ラ ダー
6
6
フ ェ ンス
7
7
ラ ダー
7
7
Code39
Codabar(NW7)
Code93
Code128
GS1-128
ITF
GS1 DataBar Omnidirectional
GS1 DataBar Truncated
GS1 DataBar Limited
GS1 DataBar Expanded
UPC-A
UPC-E
JAN13(EAN)
JAN8(EAN)
3
 バーコードの認識率は用紙の種類、バーコードリーダーの性能などにより変動しま
す。またドット抜け、インク滴の曲がりによって、バーコードランクが低下し、バー
コードリーダーで読めない場合がります。このため、HRI 文字を印刷するなど工夫す
ることを推奨します。
 インクの特性上、用紙にインクが染み込み印刷したバーコードのバー部分が太くなる
ことがあります。バーコードのバー部分のデータを 2 ピクセル分減らし、空白部分を
2 ピクセル分増やす補正 ( バー幅補正 ) をしてください。
121
バーコードデータの指定方法
バーコードデータは以下を参照して指定してください。
コンポジットシンボルについて:
CC-A と CC-B の切り替えは自動的に行われますが、CC-C はお客様が明示的に選択する必要があります。
(GS1-128 の場合、コンポジットコンポーネントの種類は「なし」
「CC-A / CC-B」「CC-C」から選択できます。)
コンポジットコンポーネントの種類
エンコード許容桁数
CC-A
1 ~ 56 桁
CC-B
1 ~ 338 桁
CC-C
1 ~ 2361 桁
HRI 文字について:
HRI 文字列がバーコードの全体幅よりも大きくなった場合、HRI 文字列の全体幅がバーコードの幅になります。
UPC-A
 データは 11 桁で指定してください。チェックディジットは自動的に付加されます。
UPC-E
 データは 10 桁で指定してください。5 桁がメーカーコードで 5 桁がアイテムコードです。
JAN13(EAN)
 データは 12 桁で指定してください。チェックディジットは自動的に付加されます。
JAN8(EAN)
 データは 7 桁で指定してください。チェックディジットは自動的に付加されます。
Code39
 スタート・ストップコード('*')を両方または片方指定しなかった場合、自動的に付加されます。
ITF
 奇数桁のデータを指定した場合、自動的に先頭に 0 を付加されます。
Codabar(NW7)
 スタートコードとストップコードはデータに含めないでください。プリンタードライバーの画面で指定したス
タートコードとストップコードが付加されます。
122
第 3 章 製品の取 り 扱い
Code93
 スタートコード、2 つのチェックディジット、ストップコードは自動的に付加されます。
 HRI 文字の先頭には、スタートコードを示す文字 ( □ ) を印字されます。
 HRI 文字の末尾には、ストップコードを示す文字 ( □ ) を印字されます。
 制御キャラクター (00h ~ 1Fh、7Fh) の HRI 文字は、■とアルファベット 1 文字を組み合わせて印字されます。
制御キャラクター
制御キャラクター
HRI 文字
ASCII
16 進数
NULL
00
SOH
制御キャラクター
HRI 文字
ASCII
16 進数
■U
VT
0B
01
■A
FF
STX
02
■B
ETX
03
EOT
HRI 文字
ASCII
16 進数
■K
SYN
16
■V
0C
■L
ETB
17
■W
CR
0D
■M
CAN
18
■X
■C
SO
0E
■N
EM
19
■Y
04
■D
SI
0F
■O
SUB
1A
■Z
ENQ
05
■E
DLE
10
■P
ESC
1B
■A
ACK
06
■F
DC1
11
■Q
FS
1C
■B
BEL
07
■G
DC2
12
■R
GS
1D
■C
BS
08
■H
DC3
13
■S
RS
1E
■D
HT
09
■I
DC4
14
■T
US
1F
■E
LF
0A
■J
NAK
15
■U
DEL
7F
■F
3
Code128
 自動変換を OFF にした場合のみ、先頭の 2 桁にスタートコードを入れます。自動変換を ON にした場合には、
自動
的にコード選択キャラクターを選択するため、アプリケーションはコード選択キャラクターを指定する必要はあ
りません。
 コード選択キャラクターCODE A を選択した状態でさらに CODE A を選択する {A を指定するとエラーにな
ります。
 コード選択キャラクターCODE B を選択した状態でさらに CODE B を選択する {B を指定するとエラーにな
ります。
 コード選択キャラクター CODE C を選択した状態で、下記のどれかを指定するとエラーになります。
{S {C {2 {3 {4 {{
123
 特殊キャラクターは、'{' と直後の 1 文字を組み合わせて表現されます。
制御キャラクター
ASCII
HRI 文字
SHIFT
{S
印字しない
CODE A
{A
印字しない
CODE B
{B
印字しない
CODE C
{C
印字しない
FNC1
{1
印字しない
FNC2
{2
印字しない
FNC3
{3
印字しない
FNC4
{4
印字しない
‘{‘
{{
{ を印字
GS1-128
 アプリケーション識別子の区切りを()で区別します。
(HRI文字として印字されますが、エンコードはされません。
)
 スタートコード(CODE A、CODE B、CODE C)、ストップコードは自動的に付加されます。
 スタートコードの次のシンボルキャラクター FNC1 は自動的に付加されます。
 '*' を指定すると、読み飛ばします。
 アプリケーション識別子は、連続した 2 桁の数値を指定する必要があります。正しく指定されていない場合、エ
ラーになります。
 特殊キャラクターは '{' と直後の 1 文字を組み合わせて表現されます。
 データが '{' で、直後のデータが以下に該当しない場合、エラーになります。
制御キャラクター
ASCII
制御文字(00h ~ 1Fh および 7Fh)
124
HRI 文字
スペースを印字
FNC1
{1
スペースを印字
'{'
{{
{ を印字
'('
{(
( を印字
')'
{)
) を印字
'*'
{*
* を印字
アプリケーション識別子の左カッコ
(
( を印字
アプリケーション識別子の右カッコ
)
) を印字
読み飛ばし文字
*
印字しない
第 3 章 製品の取 り 扱い
GS1 DataBar Omnidirectional / GS1 DataBar Truncated
/ GS1 DataBar Limited
 先頭のアプリケーション識別子 01 はデータに含めません。
 HRI 文字印刷時に、先頭のアプリケーション識別子 01 は、梱包識別コードの前に "(01)" と印字されます。
 チェックディジットをバーコードデータに付加する必要はありません。
 HRI 文字印刷時に、チェックディジットは商品コードの後に印字されます。
 GS1 DataBar Limited の場合、先頭 1 桁は '0' か '1' を指定してください。
GS1 DataBar Expanded
 アプリケーション識別子の区切りを()で区別します。
(HRI文字として印字されますが、エンコードはされません。)
 データに必ず、すべてのアプリケーション識別子を含めてください。
 指定されたデータから、アプリケーション識別子、左カッコ、右カッコ、'*' を削除した最初データが 01 の場合、
01 の次から数えて 14 桁目をチェックディジットとしてチェックされます。正しくない場合、エラーになります。
 01 の次からのデータが 14 桁未満の場合、チェックディジットをチェックされません。
(GS1-128 とは異なり、文字 '*' によるチェックディジットの自動計算と付加はされません。'*' を指定した場合、
'*' は無視され、以降のデータは 1 桁ずつシフトされます。)
 特殊キャラクターは以下の形式で指定してください。
制御キャラクター
ASCII
HRI 文字
FNC1
{1
印字しない
アプリケーション識別子の左カッコ
(
( を印字
アプリケーション識別子の右カッコ
)
) を印字
'*'
{*
エラー
読み飛ばし文字
*
印字しない
'{'
{{
{ を印字
3
125
印刷方法
印刷データに、設定したバーコードフォント、指定ポイント、言語を指定し、印刷します。
 バーコードのフォントサイズは、[ 指定ポイント ] の値から変更できません。それ以外の値を指
定すると、バーコードは印刷されません。
 .NET アプリケーションなど、一部のアプリケーションではプリンタードライバーが登録した
バーコードフォントを表示 / 選択できない場合があります。その場合は、
「フォントの置き換
え」機能を用いて、True Type フォントをバーコードフォントへ置き換えることでバーコード
印刷ができます。134 ページ「.NET 環境でバーコード /2 次元シンボル印刷」を参照くださ
い。
126
第 3 章 製品の取 り 扱い
2 次元シンボル印刷
プリンタードライバーは、2 次元シンボルフォントを内蔵しています。アプリケーション側で 2 次元シンボルを生
成しなくても、2 次元シンボルを印刷できます。
2 次元シンボルフォントの設定
2 次元シンボルの印刷設定は、[ ドライバーユーティリティー ] タブの [ バーコード / 2 次元シンボルフォント
設定 ] で行います。
3
1
以下の設定を行います。
表示:[2 次元シンボル ] を選択します。
フォント名:任意の文字列を入力します。これが 2 次元シンボルフォントのフォント名になります。入力でき
る文字は ASCII のみです。
タイプ:2 次元シンボルのタイプを選択します。選択したタイプにより、表示される設定項目が切り替わりま
す。
回転指定:2 次元シンボルを回転させて印刷するときに選択します。
Hex 入力モード:2 次元シンボルにするデータを Hex 入力モードで指定するときは、チェックします。
127
2
選択した [ タイプ ] により、設定をします。
 PDF417 の設定
 モジュール幅: PDF417 のモジュール幅を設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 モジュール高さ:PDF417 のモジュール高さを、モジュール幅に対する比率で設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 桁数:
PDF417 の桁数を入力します。
 段数:
PDF417 の段数を入力します。
 トランケーションシンボル:
PDF417 のストップコードを省いたシンボルを作成するときは、チェックします。
 エラー訂正レベル:
PDF417 のエラー訂正レベルを選択します。シンボルの一部が破損してもデータを読み
取ることができ、数字が大きいほど復元率が高くなります。
 MicroPDF417 の設定
 モジュール幅: MicroPDF417 のモジュール幅を設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 モジュール高さ:MicroPDF417 のモジュール高さを、モジュール幅に対する比率で設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 桁数:
MicroPDF417 の桁数を入力します。
 段数:
MicroPDF417 の段数を入力します。
 QRCode の設定
 モデル:
 モジュール:
QRCode のモデルを選択します。
QRCode のセル ( モジュール ) の設定をします。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 エラー訂正レベル:
QRCode のエラー訂正レベルを選択します。シンボルの一部が破損してもデータを読み
取ることができ、レベル L、M、Q、H の順に復元率が高くなります。
 文字モード:
QRCode に符号化する文字列のモードを指定します。
 MicroQRCode の設定
 バージョン:
 モジュール:
MicroQRCode のバージョンを指定します。
MicroQRCode のセル ( モジュール ) の設定をします。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 エラー訂正レベル:
MicroQRCode のエラー訂正レベルを選択します。シンボルの一部が破損してもデータ
を読み取ることができ、レベル L、M の順に復元率が高くなります。
 MaxiCode の設定
 モード:
MaxiCode のモードを選択します。
 GS1 DataBar の設定
 モジュール:
GS1 DataBar のモジュール幅を設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 キャラクター数:GS1 DataBar の最大幅を設定します。
2 次元シンボルが、GS1 DataBar Expanded Stacked 選択時に設定します。
128
第 3 章 製品の取 り 扱い
 AztecCode の設定
 タイプ:
AztecCode のタイプを選択します。
 セルのサイズ: AztecCode のセル ( モジュール ) のサイズを設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 レイヤーの数: AztecCode のレイヤー数を指定します。
 エラー訂正領域:AztecCode のエラー訂正領域を以下のどちらかで指定します。シンボルの一部が破損し
てもデータを読み取ることができ、数字が大きいほど復元率が高くなります。
[ 自動 ]:デフォルト値は 23%+3 コードワードです。
[ パーセンテージで指定する ]:エラー訂正領域を入力ボックスに入力したパーセン
テージで指定します。
 DataMatrix の設定
 シンボルの形: DataMatrix のシンボルの形を選択します。
 エラー訂正レベル:
DataMatrix のエラー訂正レベルを選択します。
 セルのサイズ: DataMatrix のセル ( モジュール ) のサイズを設定します。
推奨値は、130 ページ「モジュールの推奨値」を参照してください。
 縦方向のセルの数:
DataMatrix の縦方向のセルの数を指定します。
DataMatrix のシンボルの形を " 長方形 " 選択時に設定します。
 横方向のセルの数:
DataMatrix の横方向のセルの数を指定します。
DataMatrix のシンボルの形を " 長方形 " 選択時に設定します。
[ 最小化する ]:自動的に最小のセルの数に最適化します。
[ サイズを指定する ]:選択したサイズに設定します。
3
3
[ 追加 ] をクリックします。
設定した 2 次元シンボルフォントが登録され、フォントリストにフォント名が追加されます。
 2 次元シ ン ボル フ ォ ン ト は、 30 個ま で登録で き ます。
 フ ォ ン ト リ ス ト の フ ォ ン ト 名を選択 し 、設定を変更 し てか ら [ 保存 ] を ク リ ッ ク す る
と 、 設定 し た 2 次元シ ン ボル フ ォ ン ト の設定を上書き保存で き ま す。
 フ ォ ン ト リ ス ト の フ ォ ン ト 名を選択 し 、[ 削除 ] を ク リ ッ ク す る と 、設定 し た 2 次元シ
ン ボル フ ォ ン ト を削除で き ます。
129
モジュールの推奨値
モジュールの推奨値は、用紙種類、2 次元シンボルの種類および印刷方向によって異なります。
スタック型 2 次元シンボル
 普通紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
PDF417
5
5
MicroPDF417
5
6
5
5
GS1 DataBar Stacked
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional
GS1 DataBar Expanded Stacked
 合成紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
PDF417
5
5
MicroPDF417
5
5
5
5
GS1 DataBar Stacked
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional
GS1 DataBar Expanded Stacked
 マット紙ラベル / 光沢紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
PDF417
5
5
MicroPDF417
5
5
5
6
GS1 DataBar Stacked
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional
GS1 DataBar Expanded Stacked
130
第 3 章 製品の取 り 扱い
マトリクス型 2 次元シンボル
 普通紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
QR Code
10
12
Micro QR Code
12
12
AztecCode
8
9
DataMatrix
8
10
Maxi Code
21
21
 合成紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
QR Code
10
11
Micro QR Code
12
12
AztecCode
8
9
DataMatrix
8
9
Maxi Code
21
21
3
 マット紙ラベル / 光沢紙ラベル
最小モジ ュ ール [600 dpi 単位 ]
2 次元シンボル
ANSI グ レ ー ド C 以上
ANSI グ レ ー ド B 以上
QR Code
9
11
Micro QR Code
11
12
AztecCode
8
9
DataMatrix
7
9
Maxi Code
21
21
131
2 次元シンボルデータの指定方法
2 次元シンボルデータは以下を参照して指定してください。
PDF417/MicroPDF417
 桁数と段数が 0 の場合、自動計算されます。
 0 以外を指定する場合、桁数と段数の積が 928 以下になるように指定してください。
QRCode
 データのサイズによって、収まるバージョンに自動的に変更されます。
Micro QRCode
 サイズが自動的に決定されます。
MaxiCode
 特殊キャラクターは以下の形式で指定してください。
制御キャ ラ ク タ ー
16 進数表記
SHIFT
0x7B,0x53
CODE B
0x7B,0x42
CODE C
0x7B,0x43
FNC1
0x7B,0x31
FNC2
0x7B,0x32
FNC3
0x7B,0x33
FNC4
0x7B,0x34
DataMatrix
 データが '{' で、直後のデータが以下に該当しない場合、エラーになります。
制御キャ ラ ク タ ー
ASCII
FNC1
{1
'{'
{{
GS1 DataBar Stacked / GS1 DataBar Stacked Omnidirectional
 データの先頭にアプリケーション識別子 01 を含めないでください。
 データにチェックディジットを付加する必要はありません。
 コンポジットシンボル付きの 2 次元シンボル印刷をサポートしています。コンポジットシンボル付きの 2次元シン
ボルを印刷する場合には、コンポジットシンボルに指定するデータとバーコードに指定するデータは、「\|」また
は「|\」で区切ってください。また、データは、コンポジットシンボル、2 次元シンボルの順に指定してください。
132
第 3 章 製品の取 り 扱い
GS1 DataBar Expanded Stacked
 GS1 DataBar エクスバンデッドを多段シンボルにしたものです。データの指定方法は GS1 DataBar エクスバ
ンデッドと同じです。( 詳細は 125 ページ「GS1 DataBar Expanded」を参照 )
 コンポジットシンボル付きの 2 次元シンボル印刷をサポートしています。コンポジットシンボル付きの 2次元シン
ボルを印刷する場合には、コンポジットシンボルに指定するデータとバーコードに指定するデータは、「\|」また
は「|\」で区切ってください。また、データは、コンポジットシンボル、2 次元シンボルの順に指定してください。
AztecCode
 フルレンジモードとコンパクトモードをサポートしています。
印刷方法
印刷データに、設定した 2 次元シンボルフォント、指定ポイント、言語を指定し、印刷します。
3
 2 次元シンボルのフォントサイズは、[ 指定ポイント ] の値から変更できません。それ以外
の値を指定すると、2 次元シンボルは印刷されません。
 NET アプリケーションなど、一部のアプリケーションではプリンタードライバーが登録し
た 2 次元シンボルフォントが表示 / 選択できない場合があります。その場合は、「フォン
トの置き換え」機能を用いて、True Type フォントを 2 次元シンボルフォントへ置き換え
ることでバーコード印刷ができます。134 ページ「.NET 環境でバーコード /2 次元シンボ
ル印刷」を参照ください。
133
.NET 環境でバーコード /2 次元シンボル印刷
.NET Framework は、True Type フォントと Open Type フォントだけをサポートしているため、アプリケーショ
ンから、プリンタードライバーに登録されたバーコード /2 次元シンボルフォントを印刷できません。このため、プ
リンタードライバーのフォント置き換え機能を使って、True Type フォントをバーコード /2 次元シンボルフォン
トに置き換えます。これにより .NET Framework 環境のアプリケーションからでも、バーコード /2 次元シンボル
フォントを印刷できます。
アプリケーションの印刷データは True Type フォント名ですが、印刷するとバーコード /2 次元シンボルになりま
す。
フォントの置き換え
フォントの置き換えは、[ ドライバーユーティリティー ] タブの [ フォントの置き換え ] で設定します。
1
以下の設定を行います。
置き換える True Type フォント
 置き換え元の [True Type フォント ] を選択します。
置き換え先フォント
 置き換える先のバーコード /2 次元シンボルを選択します。
2
134
[OK] をクリックします。
True Type フォントが、バーコード /2 次元シンボルに置き換えられます。
第 3 章 製品の取 り 扱い
バーコード /2 次元シンボルの印刷
印刷データに、バーコード /2 次元シンボルフォントに置き換えた True Type フォント、指定されたポイント数 、
言語を指定します。
 バーコード /2 次元シンボルのポイント数は決められています。
[ ドライバーユーティリティー ]-[ バーコード /2 次元シンボル設定 ] で確認してください。そ
れ以外の値を指定すると、バーコード /2 次元シンボルは印刷しません。
 置き換え元の True Type フォントは、バーコード /2 次元シンボルの指定以外は使用できませ
ん。このフォントで他の文字を指定しても印刷しません。そのため、置き換えフォントには
印刷に使用しないフォントを選択してください。
135
3
バンディング低減
バンディング(印刷物のスジ)を低減して、印刷結果をきれいにすることができます。
バンディングの内容については、トラブルシューティング 160 ページ「「バンディング低減」の設定値が不適切で
ある。」を参照
以下の手順でバンディングを低減します。
1
プリンタードライバーを表示させます。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
2
" 基本設定 " 画面で、[ 印刷設定 ] の [ 詳細設定 ] を選択します。選択後、[ 設定 ] をクリックし
ます。
3
" 詳細設定 " 画面が表示されます。[ バンディング低減 ] の設定を変更します。
[ 閉じる ] をク
リックします。
4
136
" 基本設定 " 画面に戻ります。[OK] をクリックします。
第 3 章 製品の取 り 扱い
プリンタードライバーから PrinterSetting を起動する
以下の手順でプリンタードライバーから PrinterSetting を起動します。
1
2
3
プリンタードライバーを表示させます。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
[ プリンターユーティリティー] タブを選択します。[ プリンターの設定 ] をクリックしま
す。
3
"TM-C7500 Series PrinterSetting" 画面が表示されます。
137
EPSON プリンタウィンドウ !3 の設定
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用すると、印刷したときに用紙種類やインク残量をポップアップウィンドウで
表示します。また、致命的なエラーが発生したときには、エラー画面を表示します。
初期設定では「使用しない」に設定されています。それでも致命的なエラーが発生したときには、エラー画面を表示
させることができます。
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する / 使用しない
初期設定では、
「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用しない」になっています。この場合、ドライバーユーティリ
ティーの EPSON プリンタウィンドウ !3 の設定には、
「致命的なエラーの通知設定」が表示されています。
「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する」にする方法は以下のとおりです。
1
2
本製品の電源を入れます。
プリンタードライバーを表示します。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
3
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択し、[ ドライバー動作設定 ] の [ ドライバーの動
作設定 ] をクリックします。
4
「ドライバーの動作設定」画面が表示されます。[EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用
する ] にチェックし、[OK] をクリックします。
138
第 3 章 製品の取 り 扱い
5
ドライバーユーティリティー画面の「EPSON プリンタウィンドウ !3 の設定」には、
「EPSON プリンタウィンドウ !3」と「モニタリング機能の設定」が表示されます。
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する
「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する」に設定すると以下の動作をします。
 印刷時に自動的に画面が表示され、プリンターの状態やインク残量を確認することができます。
 印刷中のプリンターにエラーが発生すると、エラー内容が表示されます。
印刷していないときは、プリンターがエラーになっても、EPSON プリンタウィンドウ !3 は起動しません。
 タスクトレイの「EPSON プリンタウィンドウ !3」のアイコンをクリックすると、いつでも「EPSON プリンタ
ウィンドウ !3」を表示させることができます。
(アイコンの表示方法は、143 ページ「アイコンの表示」を参照してください)
EPSON プリンタウィンドウ !3 表示画面
タスクトレイのアイコン
139
3
 「モニタリング機能の設定」では、以下の設定ができます。
エラー表示の選択
(141 ページ「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用しない場合のエラー通知設定」を参照してください)
「EPSON プリンタウィンドウ !3」アイコンを、タスクバーに表示させる。
(143 ページ「アイコンの表示」を参照してください)
140
第 3 章 製品の取 り 扱い
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用しない場合のエラー通知設定
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用しない場合の、エラー通知方法は以下のとおりです。
1
2
3
本製品の電源を入れます。
プリンタードライバーを表示します。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択し、[ 致命的なエラーの通知設定 ] をクリック
します。
EPSON プリンタウィンドウ !3 が有効の場合、[ 致命的なエラーの通知設定 ] は表示されません。(138
ページ「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する / 使用しない」を参照して、EPSON プリンタウィン
ドウ !3 を無効にしてください。
)
4
" 致命的なエラーの通知設定 " 画面が表示されます。エラー発生時に表示させたい項目を
チェックし、[OK] をクリックします。
3
環境温度エラー:プリンター温度上昇時(初期設定:画面通知 [ する ])
サービスコール:印刷不可やサービスコール発生時(初期設定:画面通知 [ する ])
ノズル詰まりワーニング:ノズルが詰まり時(初期設定:画面通知 [ する ])
141
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する場合のエラー通知設定
EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する場合の、エラー通知方法は以下のとおりです。
1
2
3
本製品の電源を入れます。
プリンタードライバーを表示します。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択し、[ モニタリング機能の設定 ] をクリックし
ます。
EPSON プリンタウィンドウ !3 が無効の場合、[ モニタリング機能の設定 ] は表示されません。(138 ペー
ジ「EPSON プリンタウィンドウ !3 を使用する / 使用しない」を参照して、EPSON プリンタウィンドウ
!3 を有効にしてください。
)
4
" モニターの設定 " 画面が表示されます。エラー発生時に表示させたい項目をチェックし、
[OK] をクリックします。
印刷不可:用紙 / インク交換発生時(初期設定:画面通知 [ する ])
通信エラー:プリンターの電源が切れている時(初期設定:画面通知 [ しない ])
インク残量少:インク残量少時(初期設定:画面通知 [ しない ])
サービスコール:プリンターエラー発生時(初期設定:画面通知 [ する ])
ノズル詰まりワーニング:ノズル詰まり時(初期設定:画面通知 [ する ])
142
第 3 章 製品の取 り 扱い
アイコンの表示
タスクトレイにアイコンを常駐させ、プリンターの状態をすぐに確認することができます。初期設定ではアイコンを
表示しません。アイコンの表示方法は以下のとおりです。
1
2
本製品の電源を入れます。
プリンタードライバーを表示します。
プリンタードライバーの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」参照
3
[ ドライバーユーティリティー] タブを選択し、[ モニタリング機能の設定 ] をクリックし
ます。
4
" モニターの設定 " 画面が表示されます。
[ 呼び出しアイコン ] をチェックし、
タスクバーに
表示するアイコンの種類を選択します。[OK] をクリックします。
3
143
プリンタードライバーの制限事項
 双方向サポートは有効の状態で使用してください。
 プリンタードライバーではプリセット画像の印刷はできません。
 複数のジョブを順番どおりに印刷したい場合、[スプールされたドキュメントを最初に印刷する]を無効に設定して
ください。[ スプールされたドキュメントを最初に印刷する ] を有効にして複数のジョブを印刷した場合、印刷実
行順と出力順が異なることがあります。
 エプソンのプリンタードライバーを使用する場合は、ESC/Label コマンドのコントロールプレフィックス、
フォーマットプレフィックス、デリミタ文字の設定は初期値のまま使用してください。変更した場合、印刷が行
われないか、意図しない印刷がされるようになります。
初期値は 78 ページ「操作パネルの設定」の [ プリンターセッテイ 3] の項目を参照
144
第 3 章 製品の取 り 扱い
USBプリンタークラスデバイス置き換えサービス
コンピューターに常駐させるサービスです。本製品を修理などのために置き換えた場合、プリンターの接続を検知し
てプリンタードライバーの出力するプリンターを自動的に変更します。
アプリケーション側の設定を変更しないでもプリンターを置き換えられます。
(アプリケーションの出力先をポート
に指定している場合は置き換えられません。プリンタードライバーを指定している場合に置き換えられます。)
本製品の USB シリアルナンバーを事前に書き換える必要がありません。
USB プリンタークラス デバイス置き換えサービスのアンインストール
USB プリンタークラス デバイス置き換えサービスは、コントロールパネルのプログラム一覧に表示されません。
アンインストールをする場合、以下の手順で行ってください。
1
2
3
コンピューター上で起動しているすべてのアプリケーションを終了してください。
[ スタート ] - [ コントロールパネル ] - [ プログラムのアンインストール ] - [EPSON プリ
ンタードライバー・ユーティリティー ] を選択します。" アンインストールと変更 " をク
リックします。
"EPSON プリンターユーティリティーアンインストール " 画面が表示されます。[ アプリ
ケーション一覧 ] タブを選択します。
4
[USB Replacement Service] の項目をチェックし、[OK] をクリックします。
5
アンインストールの完了画面が表示されます。[OK] をクリックします。
[OK] をクリックすると、アンインストールが開始されます。
145
3
USB プリンタークラス デバイス置き換えサービスの制限事項
Windows 8、または Windows Server 2012 で USB プリンタークラス デバイス置き換えサービスを使用する場
合、以下の制限があります。
 プリンターを置き換えた後、" デバイスとプリンター" 画面で [ 通常使うプリンター] を示す緑色のチェックマーク
が、プリンターを置き換える前のプリンター上に表示されることがあります。または、チェックマークが表示さ
れないことがあります。この場合には、以下の方法でチェックマークの表示を補正することができます。
 デスクトップ画面に戻り、再度、" デバイスとプリンター " 画面を開き直してください。
 プリンタードライバーを右クリックして、[ 通常使うプリンターに設定 ] を選択してください。
 ユーザーアカウントをログオフしてオペレーティングシステムを再起動してください。
146
第 3 章 製品の取 り 扱い
再印刷処理
印刷中にフェータルエラーおよびメンテナンスエラー以外のエラーが発生した場合、再印刷が行われます。
再印刷
非対象
再印刷
対象
Black ヘッド
Cyan ヘッド
Yellow ヘッド
Magenta ヘッド
プリンター
再印刷
対象
3
紙送り方向
 印刷中とは、頭出し動作から Yellow ヘッドの印刷動作が終了するまでの処理を指します。
 本製品は 4 色ライン印刷方式を採用しているため、一部のヘッドまでの印刷が完了した未完成
の印字が、使用するラベルの長さによっては複数枚発生する場合があります。
 再印刷はページ単位で行われます。
 再印刷要因となるエラーを、ジョブキャンセル、リセット、および電源の入 / 切により解除し
た場合、再印刷は行われません。
147
Dipスイッチの設定
本製品には Dip スイッチがあります。Dip スイッチはすでに設定されているので、必要に応じて再設定してください。
設定手順
Dip スイッチの設定変更は、以下の手順で行います。
注意
Dip スイッチカバーを外すときは、本製品の電源を切ってください。電源を入れたまま Dip ス
イッチカバーを外すと、ショートなどにより、本製品が故障するおそれがあります。
Dip スイッチの設定は、電源投入時のみ有効です。以降切り替えても機能は変化しません。
1
2
本製品の電源が入っていないことを確認します。
本製品背面の Dip スイッチカバー取り付けネジを外し、Dip スイッチカバーを開けます。
Dipスイッチカバー
Dipスイッチ
Dipスイッチカバー取り付けネジ
3
4
ピンセットなどの先の細い物を使って、Dip スイッチの設定をします。
Dip スイッチカバーを閉じ、ネジで固定します。
機能
スイッチ
番号
ON
OFF
デフォルト
1
パワースイッチ無効
( 電源ボタンの処理 : リセット )
パワースイッチ有効
( 電源ボタンの処理 : 電源入 / 切 )
OFF
2
禁止 ( 設定を変更しないでください。)
OFF
3
予約 ( 設定を変更しないでください。)
OFF
4
予約 ( 設定を変更しないでください。)
OFF
注意
148
 Dip スイッチ番号 2 ~ 4 は変更しないでください。
 Dip スイッチの下部に搭載されている SDHC カードは、
取り外したり交換したりしないでくださ
い。本製品に不具合が発生するおそれがあります。
第 3 章 製品の取 り 扱い
クリーニング
オートカッターのクリーニング
オートカッターの固定刃にラベル紙の粘着剤が付着して、紙が切れにくくなる場合があります。
その場合、以下の手順でオートカッターをクリーニングします。
1
2
3
本製品の電源を切ります。またコンセントから電源コードを外します。
ロール紙カバーを開き、用紙を取り外します。
58 ページ「用紙交換時の排紙」を参照
ロール紙カバー側のオートカッター固定刃に付着した粘着物を、綿棒などで取り除きま
す。また、必要に応じて、綿棒にアルコールを含ませます。
3
警告
けがをするおそれがあるため、クリーニングの際にオートカッター固定刃を直接指で触れな
いでください。
外装のクリーニング方法
本製品の外装をクリーニングする場合、必要に応じて消毒用エタノールもしくは消毒用イソプロピルアルコールを染
み込ませた脱脂綿で清掃してください。
149
本製品をインク充てん後に長期保存する場合
本製品の保存
本製品を、インク充てん後 ( 使用開始後 ) に長期間使用しない場合、以下の手順に従って保存してください。
1
ノズルチェック印刷を行い、ドット抜けなどの印字不良が発生していないことを確認し
ます。ドット抜けなどの印字不良が発生している場合には、マニュアルヘッドクリーニ
ングを行ってください。
71 ページ「印字確認」を参照
注意
ドット抜けが発生している状態のまま本製品を保存すると、ノズル内のインクが固まっ
てノズルが詰まり、再稼動時に印字不良の回復が困難になるおそれがあります。
インク充てん後に本製品を輸送した場合、振動などにより、ドット抜けが発生している
場合があります。
2
印刷終了後、電源ボタンを押して本製品の電源を切ります。
注意
3
本製品の長期保存の前に電源を切るときは、必ず電源ボタンを押してください。
Dip スイッチ 1 が ON に設定されている ( 電源ボタンの動作が、本製品のリセットに設定
されている ) 場合、Dip スイッチ 1 を OFF に設定してください。
148 ページ「Dip スイッチの設定」を参照
本製品を冷暗所 (0 ℃~ 25 ℃ ) にて保管します。
本製品の保存期間は、6ヵ月です。
注意
インクカートリッジは挿入したまま保管してください。
150
第 3 章 製品の取 り 扱い
本製品の再稼動
長期保存後の本製品を再稼動する場合、以下の手順に従ってください。
1
インクカートリッジの使用期限が切れていないか確認します。
以下の場合はインクカートリッジを交換してください。
インクカートリッジの交換方法は 38 ページ「インクカートリッジの取り付け」を参照
 インクカートリッジが製造後 2 年を超えている
 インクカートリッジを開封後 6ヵ月を超えている
2
本製品の電源を入れます。
ノズル自己診断システムによりノズル詰まり検出とヘッドクリーニングが行われます。
注意
3
ヘッドクリーニング動作中は、本製品の電源を切ったり、インクカートリッジカバー、
フロントカバー、巻き取り装置接続カバー、メンテナンスボックスカバー、紙セットカ
バーを開けたりしないでください。
ノズルチェック印刷を行い、ドット抜けなどの印字不良が発生していないか確認します。
3
151
輸送時の処置
以下の点に注意して、本製品を輸送します。
注意
 本製品の質量は約 37 kg です。本製品を持ち上げる際は、本製品を 2 人で挟み、本製品底面の
くぼみを持って持ち上げてください。下図以外の部分に手をかけて運ぶと本製品が破損する
原因となります。
 本製品を輸送する際は、ロール紙を取り外してください。
 本製品を輸送する際は、インクカートリッジおよびメンテナンスボックスを取り外さないで
ください。
 本製品を輸送する際は、電源ボタンで電源を切ってから、専用の梱包箱に入れて輸送してく
ださい。
 本製品を輸送する際は、付属品の保護材を以下の手順で使用してください。
手順 1: インクカートリッジカバーを開けます。
手順 2: 保護材をインクカートリッジカバーに置きます。
手順 3: インクカートリッジカバーを閉めます。
 本製品を輸送する際は、前後左右に 10 度以上傾けないでください。転倒などによる事故の原
因となります。
 本製品を輸送する際は、上下逆さま、もしくは横倒しにしないでください。
152
第 3 章 製品の取 り 扱い
トラブルシューティング
エラー処理
LCD 表示
エラー種類
ヨウシナシ
エラーの内容
用紙がない
用紙なし
解除方法
「ロール紙の場合」
1. 用紙カバーを開けます。
2. ロール紙カバーを開けます。
3. 残りの用紙、巻芯が残っている場合、それらを取
り除きます。
4. 新しい用紙をセットします。
5. 用紙をオートローディングします。
6. 用紙カバーとロール紙カバーを閉じます。
「ファンフォールド紙の場合」
1. 用紙カバーを開けます。
2. 残りの用紙を取り除きます。
3
3. 新しい用紙をセットします。
4. 用紙をオートローディングします。
5. 用紙カバーを閉じます。
ヨウシケンシュツエラー
用紙検出エラー
「用紙検出設定」に対して、
セットされた用紙形態が異
なる
「用紙検出設定」に合った用紙をセットするか、用紙に
合った「用紙検出設定」に変更します。
ラベル印刷アプリケーショ
ンあるいはラベル印刷アプ
リケーションメーカー製の
プリンタードライバーの用
紙種類の設定に対して、
セットされた用紙形態が異
なる
ラベル印刷アプリケーションあるいはラベル印刷アプ
リケーションメーカー製のプリンタードライバーの用
紙種類の設定に合った用紙をセットするか、用紙に
合った設定に変更します。
操作パネル -「お気に入り」
の設定に対して、セットさ
れた用紙形態が異なる
設定の変更方法は、206 ページ「ラベル印刷アプリ
ケーション使用時の用紙検出 / 用紙経路設定」を参
照してください。
操作パネルの「お気に入り」機能を使っている場合
は、操作パネル -「お気に入り」で登録されている用
紙形態に合った用紙をセットするか、用紙に合った
「お気に入り」の設定をパネル上で選択します。
本エラー中は「お気に入り」の設定を変更できませ
ん。
ヨウシサイズエラー L
用紙サイズエラー
ヨウシサイズエラー W
用紙サイズエラー
印刷データの大きさに対し
て、用紙のサイズが異なる
( 送り方向 )
印刷領域に合った用紙をセットするか、用紙サイズに
合った印刷領域をセットします。
印刷データの大きさに対し
て、用紙のサイズが異なる
( 紙幅方向 )
印刷領域に合った用紙をセットするか、用紙サイズに
合った印刷領域をセットします。
153
LCD 表示
エラー種類
ヨウシヅマリエラー ##
(##: D1~D5, DC, 11~15,
21~25, 51, 61)
エラーの内容
プリンター内で用紙が詰
まっている
解除方法
1. 用紙カバーを開けます。
2. フロントカバーを開けます。
フロントカバーが開かない場合、カッター刃がロッ
クしている可能性があります。本製品の電源を入
れ直してください。
用紙詰まりエラー
3. 紙経路上にある用紙をすべて取り除きます。
4. フロントカバーを閉じます。
5. 用紙をオートローディングします。
6. 用紙カバーを閉じます。
ヨウシナシエラー
用紙なしエラー
ヨウシケイロエラー
用紙経路エラー
ヨウシジョキョエラー
用紙除去エラー
印刷途中で用紙が無くなっ
た
紙経路上に用紙が残っている場合、用紙を取り除き、
新しい用紙をセットします。
「給紙方法設定」に対して、
セットされている用紙の給
紙方法が異なる
「給紙方法設定」に合った用紙をセットするか、用紙に
合った「給紙方法設定」に変更します。
ラベル印刷アプリケーショ
ンあるいはラベル印刷アプ
リケーションメーカー製の
プリンタードライバー上の
用紙供給方法の設定に対し
て、セットされた供給形態
が異なる
ラベル印刷アプリケーションあるいはラベル印刷アプ
リケーションメーカー製のプリンタードライバー上の
用紙供給方法の設定を、セットした用紙供給に合わせ
ます。
用紙が正しくセットされて
いない、もしくは排出動作
後の用紙が取り除かれてい
ない
「プラテン上に用紙が残っていない場合」
設定の変更方法は、206 ページ「ラベル印刷アプリ
ケーション使用時の用紙検出 / 用紙経路設定」を参
照してください。
用紙の再セットを行います。
「プラテン上に用紙が残っている場合」
1. 用紙カバーを開けます。
2. フロントカバーを開けます。
3. 紙経路上にある用紙をすべて取り除きます。
4. フロントカバーを閉じます。
5. 用紙をオートローディングします。
6. 用紙カバーを閉じます。
ロール紙の残りが少なく
なった状態で、印刷がロー
ル紙の終端付近で終わった
ロール紙を交換します。
ロール紙カバーを閉じます。
ロール紙カバーオープン
ロール紙カバーが開いてい
る
カミセットカバーオープン
用紙カバーが開いている
用紙カバーを閉じます。
フロントカバーが開いてい
る
フロントカバーを閉じます。
ロールシカバーオープン
用紙カバーオープン
フロントカバーオープン
フロントカバーオープン
154
第 3 章 製品の取 り 扱い
LCD 表示
エラー種類
インクカバーオープン
インクカートリッジカ
バーオープン
インクカートリッジナシ
インクカートリッジなし
エラーの内容
解除方法
インクカートリッジカバー
が開いている
インクカートリッジカバーを閉じます。
インクカートリッジが装着
されていない。
1. インクカートリッジカバーを開けます。
2. 十分な残量のあるインクカートリッジを装着しま
す。
3. インクカートリッジカバーを閉じます。
インクカートリッジエラー
インクカートリッジ読み
取りエラー
インクカートリッジの情報
が読み取れない
1. インクカートリッジカバーを開けます。
2. インクカートリッジを取り除きます。
3. 再度、インクカートリッジを装着します。
4. インクカートリッジカバーを閉じます。
5. 再度エラーが発生するときは、新しいインクカー
トリッジに交換します。
ヒジュンセイヒンデスホンライノセイ
ノウガハッキデキナイバアイガア
リマス
非純正インクが装着されて
いる。
非製品インク
メンテナンスカバーオープン
メンテナンスボックスカ
バーオープン
メンテナンスボックスナシ
メンテナンスボックスな
し
本製品のプリンタードライバーは、本製品に対応した
純正インクカートリッジを前提に色調整されていま
す。そのため、本製品に対応した純正品以外のインク
カートリッジを使うと印刷品質の低下、プリントヘッ
ドの目詰まりやインク漏れなどの故障の原因となる可
能性があります。また、インク残量を検出できないこ
ともあります。純正インクカートリッジを使用するこ
とをお勧めします。
メンテナンスボックスカ
バーが開いている
メンテナンスボックスカバーを閉じます。
メンテナンスボックスが装
着されていない
1. メンテナンスボックスカバーを開けます。
2. 十分な残量のあるメンテナンスボックスを装着し
ます。
3. メンテナンスボックスカバーを閉じます。
メンテナンスボックスエラー
メンテナンスボックス読
み取りエラー
メンテナンスボックスの情
報が読み取れない
1. メンテナンスボックスカバーを開けます。
2. メンテナンスボックスを取り除きます。
3. 再度、メンテナンスボックスを装着します。
4. メンテナンスボックスカバーを閉じます。
5. 再度エラーが発生するときは、新しいメンテナン
スボックスに交換します。
インクカートリッジコウカン
インクカートリッジ交換
必要
インクカートリッジが交換
時期
1. インクカートリッジカバーを開けます。
2. 使用済みのインクカートリッジを取り除きます。
3. 十分な残量のあるインクカートリッジを装着しま
す。
4. インクカートリッジカバーを閉じます。
155
3
LCD 表示
エラー種類
メンテナンスボックスコウカン
メンテナンスボックス交
換必要
エラーの内容
メンテナンスボックスが交
換時期
解除方法
1. メンテナンスボックスカバーを開けます。
2. 使用済みのメンテナンスボックスを取り除きます。
3. 十分な残量のあるメンテナンスボックスを装着し
ます。
4. メンテナンスボックスカバーを閉じます。
プリンターエラー ##
紙詰まり
(##:01~0A,16~18,26,27,
2A,31~37,41~47,56~58,
62,63,C1~C4,C6~C8,
D6~DB)
オートカット動作不良
適切な処置を行い、電源を再投入するまで本製品は復
帰しません。
異常環境温度
1. 本製品の電源を切ります。
故障
2. 用紙カバーを開けます。
3. フロントカバーを開けます。
フロントカバーが開かない場合、カッター刃がロッ
クしている可能性があります。本製品の電源を入
れ直してください。
4. 紙経路上にある用紙をすべて取り除きます。
5. フロントカバーを閉じます。
6. 電源を再投入します。
( 再度エラーが発生する場合、修理をご依頼くださ
い。)
7. 用紙をオートローディングします。
エラー B2
本製品に印刷データが残っ
ている状態で、
PrinterSetting を使って「イ
ンク着弾位置の調整」を実
施すると、本製品がこのエ
ラー状態になる場合があり
ます。
本製品がこのエラー状態になった場合、本製品の電源
を入れ直してください。
サービスコール ##
寿命超過
修理をご依頼ください。
##: F0~F4
故障
サービス要求
156
また、PrinterSetting を使って「インク着弾位置の調
整」を実施する場合には、作業前に本製品が Ready
状態であることを確認してください。
第 3 章 製品の取 り 扱い
ワーニング処理
LCD 表示
エラー種類
インクコウカンマヂカ
ワーニングの内容
インク残量が少ない
インクカートリッジ交換
間近
メンテナンスボックスコウカンマヂカ
メンテナンスボックス交
換間近
ノヅルツマリアリ
対応方法
インクカートリッジ交換時期が近いため、交換用イ
ンクカートリッジを準備します。
「インクカートリッジ交換要」となったら、インク
カートリッジを交換します。
メンテナンスボックスの残
量が少ない
メンテナンスボックス交換時期が近いため、交換用
メンテナンスボックスを準備します。
「メンテナンスボックス交換必要」となったら、メン
テナンスボックスを交換します。
ノズル詰まりが発生
プリントヘッドノズル詰
まりあり
印刷結果を確認し、ヘッドクリーニングを実施しま
す。操作パネル -「クリーニング」からマニュアル
ヘッドクリーニングを実行します。
ヘッドクリーニングを 3 回以上繰り返してもドット
抜けが解消されない場合に、操作パネル -「インク
サイジュウテン」からインク再充てんを実施してく
ださい。
81 ページ「インクサイジュウテン」を参照
印刷結果を確認し、ノズル詰まりが許容できない場
合には修理をご依頼ください。
カットドウサフカジョウタイ
用紙が同じ位置のまま、二
度以上オートカットを実行
しようとしている
紙送りもしくは印字動作を行います。
-
サービスモード中
修理、検査用の動作モード
となっている。
サービスコールマヂカ ##
寿命超過が間近
本製品内部品の寿命超過が間近であるため、プリン
ターの交換や交換用プリンターの準備を行ってくだ
さい。
ノズル自己診断システムが
無効、もしくは、環境温度
が使用環境を超えている
 操作パネルの設定項目からノズル自己診断システ
ムを有効にする
用紙カット不可状態
サービスモードチュウ
##: F0, F1
サービス時期間近
ノズルチェックオフ
ノズル自己診断システム
が無効
 環境温度を確認し、5 ℃ ~35 ℃の範囲になるように
室温を調整する。
157
3
ドライバー
状態
原因
対応方法
ステータスモニター
でステータスを取得
できない
プリンタードライバー
のプロパティーの [ ポー
ト ] 設定にある [ 双方向
サポートを有効にする ]
が無効になっている
プリンタードライバーを使用している場合、プロパティーの
[ ポート ] 設定にある [ 双方向サポートを有効にする ] を有効
にした状態で使用してください。
ZPL II 対応ドライバーを使うと、本製品との組み合わせで、印刷できない場合があります。
ZPL II 対応ドライバーの最新版を使って印刷できるか確認してください。
158
第 3 章 製品の取 り 扱い
印刷品質の低下
状態
印刷面に色むらが出
る
原因
「ドット抜け」が発生し
ています。
対応方法
操作パネル -「ノズルチェック」あるいは、PrinterSetting ま
たはプリンタードライバーの「プリンターユーティリ
ティー」タブから「ヘッドクリーニング」「ノズルチェック」
を使用して、ノズルの目詰まりを確認してください。
ノズルの目詰まりが発生している場合、操作パネル -「ク
リーニング」からマニュアルヘッドクリーニングを実行して
ください。
ヘッドクリーニングを 3 回以上繰り返してもドット抜けが解
消されない場合に、操作パネル -「インクサイジュウテン」
からインク再充てんを実施してください。
81 ページ「インクサイジュウテン」を参照
「ノズルチェック設定」で「ノズル自己診断システム」の設
定が無効になっている場合は、有効(デフォルト)に変更し
てください。
19 ページ「ノズル自己診断システム」を参照
お使いの用紙と「用紙
種類」設定が異なりま
す。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定が
異なっている可能性があります。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定を
ご確認ください。
64 ページ「用紙の設定」を参照
「紙送りのズレの調整」
が必要です。
用紙によっては、紙送り量が変わるため色むらが見られるこ
とがあります。
以下のように CMYK インクの位置ズレが発生する場合には、
プリンタードライバーの「基本設定」タブを押して、「紙送
り量調整」で適切な値を設定してください。
プラス調整が必要な場合
マイナス調整が必要な場合
または、プリンタードライバーの [ プリンターユーティリ
ティー ] タブを選択します。[ プリンターの設定 ] をクリッ
クして、PrinterSetting を起動します。
「詳細設定」-「高度な設定」を選択し、「インク着弾位置調
整」で「インク着弾位置の調整」を実施してください。
102 ページ「高度な設定」を参照
159
3
状態
原因
対応方法
印刷面に色むらが出
る
「バンディング低減」の
設定値が不適切である。
プリンタードライバーを使用している場合、「バンディング
低減」を選択することで、以下のようにプリントヘッドが重
なる部分に発生する印刷の色スジを補正することにより、色
むらが目立たなくなることがあります。
薄い色むらの例
濃い色むらの例
「基本設定」タブ、「印刷設定」で「詳細設定」を選択し「設
定」をクリックして、「バンディング低減」で濃淡の設定を
変更してください。
(左図のように薄い色スジが発生した場合には、プラス(+)
方向に移動して調整してください。また、右図のように濃い
色スジが発生した場合には、マイナス(-)方向に移動して
調整してください。)
136 ページ「バンディング低減」を参照
あるいは、「ノズルチェック設定」で「ノズル自己診断シス
テム」の設定が無効になっている場合は、有効(デフォル
ト)に変更してください。
ロール紙が正しくセッ
トされていません。
ロール紙の場合、ロール紙カバーを開け、用紙をセットし直
してください。
48 ページ「ロール紙のセット」を参照
印刷された色がおか
しい
ファンフォールド紙が
正しくセットされてい
ません。
ファンフォールド用紙の場合、プリンター背面から 15 mm
以上離して、まっすぐに用紙を置いてください。
57 ページ「ファンフォールド紙のセット」を参照
ヘッドクリーニングが
必要です。
初期充てん後にプリンターを移動させた場合、振動や衝撃に
より、指定した色が出ない場合(
「混色」)があります。
マニュアルヘッドクリーニングを実行して混色がなくなるこ
とを確認してください。
印刷画像がぼやける
160
「紙送り方向のインク着
弾位置調整」が必要で
す。
用紙によっては、紙送り量が変わるため色むらが見られるこ
とがあります。
プリンタードライバーを使用している場合、「インク着弾位
置の調整」を行ってください。
102 ページ「高度な設定」を参照
第 3 章 製品の取 り 扱い
状態
印刷が横方向にズレ
る
バーコードの印刷品
質が悪い
原因
対応方法
用紙の端が正しくセッ
トされていません。
用紙をセットしたときに用紙が端からズレてセットされた場
合、用紙セット直後の印刷が横方向にズレることがありま
す。
一度、用紙を送ってから印刷を開始してください。
それでも解決しない場合は、プリンタードライバーの「プリ
ンターユーティリティー」タブ、「プリンターの設定」をク
リックして、「位置を調整する」「位置調整」で「印刷開始位
置の調整(水平方向)」を実施してください。
92 ページ「位置を調整する」を参照
用紙ガイドが正しく
セットされていません。
用紙ガイドの位置を確認してください。
48 ページ「用紙のセット」を参照
お使いの用紙と「用紙
種類」設定が異なりま
す。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定が
異なっている可能性があります。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定を
ご確認ください。
64 ページ「用紙の設定」を参照
バー幅の補正が行われ
ていません。
適切なバーコード印刷を行うためには、印刷データのバー幅
補正を行う必要があります。
 プリンタードライバーを使用している場合、プリンタード
ライバーの「基本設定」タブ、「印刷設定」で「詳細設定」
を選択し「設定」をクリックして、「バーコード /2 次元
シンボルフォント調整」で適切なレベルを設定してくださ
い。ただし、プリンタードライバーのバー幅補正の設定が
効くのは、プリンタードライバーのバーコードフォント機
能を使っている場合のみであり、それ以外の場合には効き
ません。
117 ページ「バーコード印刷」を参照
 バーコード生成を行うアプリケーションを使用している場
合には、アプリケーションでバー幅補正を行う設定をして
ください。使用しているバーコード生成アプリケーション
については、各アプリケーションのマニュアルを参照して
ください。
「インク打ち込みレベ
ル」設定が必要です。
用紙によっては、バーコード印刷品質を確保するためのイン
ク量が異なることがあります。
プリンタードライバーを使用している場合には、プリンター
ドライバーの「基本設定」タブ、「印刷設定」で「詳細設定」
を選択し「設定」をクリックして、「インク打ち込みレベル」
あるいは「黒比率補正」のチェックボックスを有効にし、適
切なレベルを設定してください。
各用紙における適切なレベルについては、プリンターを購入
した販売会社にお問い合わせください。
161
3
用紙汚れ
状態
用紙が汚れる
原因
対応方法
お使いの用紙と「用紙
種類」設定が異なりま
す。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定が
異なっている可能性があります。
お使いの用紙とプリンタードライバーの「用紙種類」設定を
ご確認ください。
64 ページ「用紙の設定」を参照
ヘッドクリーニングが
必要です。
ヘッドに異物が付着している場合、用紙が汚れることがあり
ます。マニュアルヘッドクリーニングを実行してください。
印刷領域
状態
原因
対応方法
印刷位置が合ってい
ない。
「用紙レイアウト」を正
しく設定してください。
用紙とプリンタードライバーの「用紙レイアウト」設定が
合っていない場合、正しい位置に印刷されないことがありま
す。
64 ページ「用紙の設定」を参照
ラベルサイズと印刷
領域が異なる
製品の仕様です。
プリンタードライバーを使用していて、「用紙レイアウト」
「ユーザー定義用紙レイアウト」で「フチなし」を有効にし
ない場合、ラベルサイズから上下左右 1.5 mm の余白を除い
た領域が印刷可能領域となります。
ラベルサイズすべてを印刷可能領域としたい場合、「フチな
し」を有効にしてください。「フチなし」を有効にした場合、
台紙部分に印刷する可能性がありますので、印刷データ内で
上下左右 1.5 mm の余白を取ってください。
64 ページ「用紙の設定」を参照
印刷位置、カット位
置が合っていない。
位置調整が必要です。
用紙の違いなどにより、印刷位置がズレることがあります。
プリンタードライバーの「プリンターユーティリティー」タ
ブ、「プリンターの設定」ボタンを押し、「位置を調整する」
「位置調整」で「カット位置の調整」「印刷開始位置の調整
(垂直方向)」「印刷開始位置の調整(水平方向)」を実施して
ください。
92 ページ「位置を調整する」を参照
162
第 3 章 製品の取 り 扱い
検出不良
状態
原因
対応方法
用紙をセットした
ら、用紙が送り出さ
れてエラーになる
お使いの用紙と「用紙
検出(ブラックマーク /
ギャップ)」が異なりま
す。
お使いの用紙とプリンターの「用紙検出(ブラックマーク /
ギャップ)」が異なっている可能性があります。
「用紙形態」が、ダ
イカットラベル
(ギャップ基準)の
場合
お使いの用紙とプリンターの「用紙検出設定」をご確認くだ
さい。
64 ページ「用紙の設定」を参照
用紙の透過率が仕様外
です。
用紙の透過率が異なり、ギャップを認識できないことがあり
ます。ギャップ検出には赤外光を使用しており、台紙の赤外
光透過率が規定値以上、ラベル部の赤外光透過率が規定値以
下である必要があります。用紙の仕様を確認し、プリンター
仕様に合った用紙を使用してください。
また、「検出器のキャリブレーション」により認識できる場
合があります。プリンタードライバーの [ プリンターユー
ティリティー ] タブを選択します。[ プリンターの設定 ] の
アイコンをクリックし、PrinterSetting を起動します。
「詳細設定」-「高度な設定」を選択し、「キャリブレーショ
ン」で「検出器のキャリブレーション」を実施してくださ
い。
102 ページ「高度な設定」を参照
センサーが故障してい
ます。
今まで正常に動作していた場合はセンサーの故障が考えられ
ます。修理をご依頼ください。
外部供給
状態
ファンフォールド紙
でギャップ検出が選
択できません。
原因
製品の仕様です。
対応方法
ファンフォールド紙は紙詰まり防止のため、ロール紙よりも
厚めの台紙を指定しています。台紙が厚いため、純正紙で
あってもギャップを検出できないことがあります。
プリンタードライバーの、ギャップ検出器のしきい値調整で
使用可能なラベル紙の範囲は広がりますが、それでもすべて
のラベル紙を保証できるわけではありません。このため、
ファンフォールド紙ではギャップ検出が使用できない仕様と
してあります。
ロール紙の場合、ロール紙と同じ原反 / 台紙を指定していま
すので、ギャップ検出器が使用できる仕様としてあります。
163
3
紙詰まり時の注意
紙が詰まった場合、無理に引き抜かずに、以下の手順で詰まった紙を取り除いてください。
1
2
3
プリンターの電源が切れていることを確認します。
紙セットカバーを開けます。
用紙挿入口にあるフロントカバーオープンレバーを引きます。
フロントカバーオープンレバー
164
第 3 章 製品の取 り 扱い
4
フロントカバーを開けます。
5
詰まった紙をカットし、取り除きます。
3
プリンター内部の金属輪に触れないでください。けがをするおそれがあります。
警告
165
インクが付着して手の指が汚れるおそれがあります。
注意
6
紙挿入口から用紙を引き抜きます。
7
フロントカバーを閉じます。
8
再度用紙をセットします。
166
48 ページ「用紙のセット」を参照
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
アプリケーション開発情報
本章では、本製品の制御方法、および本製品を使用したアプリケーションを開発する場合に必要な情報について説
明しています。
プリンターの制御方法
プリンターの制御方法は、お客様の使用環境によって異なります。
アプリケーションの仕様
制御方法
ページ
ラベル印刷アプリケーションとラベル印刷アプリケー
ションメーカーから提供されるプリンタードライバー
を使用する。
ラベル印刷アプリケーションとラベ
ル印刷アプリケーションメーカー製
のプリンタードライバーを使用
167 ページ
2 章のセットアップ作業フローでインストールしたプ
リンタードライバーを使用して印刷する。
プリンタードライバーを使用
111 ページ
Epson Inkjet Label Printer SDK を参考に開発したお客様
のアプリケーションから印刷する。
Epson Inkjet Label Printer SDK を使用
168 ページ
お客様が、ESC/Label コマンドを直接制御するアプリ
ケーションを開発して印刷する
ESC/Label コマンドを使用
168 ページ
既存のアプリケーションやドライバーなどを変更しな
いで、ZPL II コマンド搭載プリンターから置き換える
プリンターの設定を変更して、プリン
ターを置き換える
169 ページ
プレプリントシステムからオンデマンドプリントシス
テムに変更する
4
ラベル印刷アプリケーションを使用
市販のラベル印刷アプリケーションから印刷します。ドライバーは、アプリケーション側で提供しているものを利
用して、エプソンのプリンタードライバーは使用しません。
以下のラベル印刷用アプリケーションに対応しています。
 BarTender
 NiceLabel
 CODESOFT
入手方法
各ラベル印刷アプリケーションの販売元にお問い合わせください。
167
Epson Inkjet Label Printer SDK を使用
お客様のアプリケーションが、エプソンのプリンタードライバーを使用して印刷するために必要な環境を、SDK と
して提供しています。以下のものが含まれています。
構成
説明
Epson Inkjet Label Printer SDK
ユーザーズガイド
Epson Inkjet Label Printer SDK の構成の概要、エプソン製インクジェットラベル
プリンターをアプリケーションから制御するために必要な機能、サンプルプロ
グラムの使い方およびプリンタードライバーであらかじめ設定しておくことの
説明をしています。
EPDI
(EPSON Printer Driver Interface)
EPDI (EPSON Printer Driver Interface) は、エプソンのプリンタードライバーのア
プリケーションプログラミングインターフェイスを提供しています。EPDI を利
用すると、お客様が開発するアプリケーションソフトからエプソンのプリン
タードライバーの設定ができます。
EPDI の説明と、これをアプリケーションプログラムで利用するために必要な技
術情報については、本 SDK に同梱されている「EPDI for Inkjet Label Printer リ
ファレンスマニュアル」を参照してください。
EpsonNet SDK
EpsonNet SDK は、エプソン製インクジェットラベルプリンターのステータス
を取得するための API を提供しています。API についての説明と、これをアプ
リケーションプログラムで利用するために必要な技術情報については、本 SDK
に同梱されている「EpsonNet SDK for Windows リファレンス」を参照してくだ
さい。
Label Print Sample Program
Epson Inkjet Label Printer SDK を利用して、エプソン製インクジェットラベルプ
リンターから印刷をするアプリケーションの実行ファイルと、プログラムの
ソースファイルを提供しています。サンプルプログラムの使い方は「Epson
Inkjet Label Printer SDK ユーザーズガイド」を参照してください。
動作環境
OS
付録を参照してください
ソフトウェア
プリンタードライバー(Install Navi を使用してインストールします)
.NET Framework Ver.3.5(エプソンからは提供されません。お客様が入手してくださ
い)
入手方法
弊社ホームページからダウンロードしてください。
ESC/Label コマンドを使用
お客様のアプリケーションが、プリンタードライバーを使用しないで直接印刷するためのコマンド (ESC/Label)
を提供しています。ESC/Label コマンドの詳細は、販売店にお問い合わせください。
168
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
プリンターの設定変更とプリンターの置き換え
既存のアプリケーションやドライバーなどを変更しないで、ZPL II コマンド搭載プリンターから置き換える場合は、
プリンター本体の設定を ZPL II コマンド搭載プリンターの設定に合わせる必要があります。
また、カラーの背景などをプレプリントしたラベル紙にモノクロ印刷していた場合は、以下の手順で設定します。
本製品と設定用コンピューターの接続
USB インターフェイス
Ethernet インターフェイス
USB ケーブルで設定用コンピューターと
本製品を接続
USBInformationSetting の設定
本製品をネットワークに接続
IP アドレスの設定
USB ID の書き換え
EpsonNet Config または操作パネルを使
用して、置き換え元プリンターのアドレス
と同じ IP アドレスに本製品を設定
PrinterSetting で設定
プリンターの解像度とモノクロ印刷モードの設定
ZPL II コマンド搭載プリンターの解像度に合わせ、モノクロ印刷モードに設定します。
4
プリセット画像を登録
 画像の登録
 プリセットの設定
印刷
PrinterSetting で設定
フォント幅の調整
モノクロ印刷モードに設定しても、プリセット画像はカラーになります。
本製品と設定用コンピューターの接続
本製品を USB ケーブルで設定用コンピューターと接続、またはネットワークに接続します。
18 ページ「本体背面」または 36 ページ「インターフェイスケーブルの接続」を参照してください。
169
USB インターフェイスの場合
USBInformationSetting の設定
本製品を USB 接続で使用する場合、USBInformationSetting で、置き換え元プリンターの USB ID に書き換え
ます。以下の手順で操作してください。
1
[スタート] - [Epson] - [TM-C7500 Series] - [USBInformationSetting]を選択しま
す。
2
USBInformationSetting が起動します。置き換え方法を設定し、[ 次へ ] をクリックしま
す。
項目
置き換え方法
説明
[ 自動で設定する ] を選択します。
[ 自動で調整する ] にすると、置き換え元プリンターの USB ID などを自動的に取得して、設定
します。
170
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
3
今まで使用していたプリンターと設定用コンピューターを USB で接続して、プリンター
の電源を入れます。[ 次へ ] をクリックします。
4
今まで使用していたプリンターの情報が取得されます。本製品を接続する前に、今まで使
用していたプリンターを取り外します。
5
本製品と設定用コンピューターを USB で接続し、本製品の電源を入れます。[ 次へ ] をク
リックします。
4
171
6
設定が正常に変更された場合、以下の画面が表示されます。[ 完了 ] をクリックします。
7
本製品の電源を切り、再度電源を入れます。
Ethernet インターフェイスの場合
IP アドレスの設定
本製品の IP アドレスを設定します。
設定方法は、62 ページ「ネットワークの設定」を参照してください。
プリンターの解像度とモノクロ印刷モードの設定
PrinterSetting を使用して、本製品の解像度を ZPL II コマンド搭載プリンターの解像度に合わせて設定します。
また、モノクロ印刷モードに設定します。設定方法は、103 ページ「ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換
え設定」を参照してください。
プリセット画像を登録
PrinterSetting を使用して、プリセット画像を登録します。
画像の登録
プリセット印刷に使用する画像を設定します。95 ページ「プリンターにデータを登録する」を参照してください。
プリセット画像の設定
プリセット画像を設定します。設定方法は、96 ページ「プリセット画像を設定する」を参照してください。
172
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
印刷
実際に使用する環境で印刷し、印刷結果を確認してください。
フォント幅の調整
印刷結果を確認した後、印刷物の文字幅を調整したい場合は PrinterSetting で調整できます。
"ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定 " 画面を表示し、フォント幅を調整してください。
"ZPL II コマンド搭載プリンターからの置き換え設定 " 画面の表示方法は、103 ページ「ZPL II コマンド搭載プリ
ンターからの置き換え設定」を参照してください。
4
文字の高さや行間を変えたい場合は、アプリケーション側で設定してください。
173
ソフトウェアとマニュアル
アプリケーション開発用として、下記のソフトウェアとマニュアルが用意されています。
ソフトウェア
ソフトウェア
TM-C7500 Series
PrinterSetting
EpsonNet Config
説明
Windows ベースの本製品を設定するユー
ティリティーです。
機能については、85 ページ「PrinterSetting」
を参照してください。
ネットワーク上に接続された本製品の
ネットワーク設定を変更するためのユー
ティリティーです。
ネットワーク上に接続された複数台の本
製品に対して、以下の機能を提供するた
めのユーティリティーです。
EPSON Monitoring Tool
 ステータスの確認
マニュアル
本書
EpsonNet Config User's
Guide
Monitoring Tool
ユーザーズマニュアル
提供方法
Web または
CD-ROM
Web または
CD-ROM
Web
 プリンターの設定変更
 ネットワーク設定の変更
USB プリンタークラスデ
バイス置き換えサービス
コンピューターに常駐させるサービスで
す。
本製品を修理などのために置き換えた場
合、プリンター接続を検知してプリンター
ドライバーの出力するプリンターを自動
的に変更します。
アプリケーション側の設定を変更しない
でもプリンターを置き換えられます。
(ア
プリケーションの出力先をポートに指定
している場合は置き換えられません。
プリンタードライバーを指定している場
合に置き換えられます。)
-
Web または
CD-ROM
本製品の USB シリアルナンバーを事前に
書き換える必要がありません。
Color Tone Matching
Assistant
174
印刷するイラストや文字の色調整を支援
Color Tone Matching
するためのユーティリティーです。
Assistant ユーザーズ
イラストや文字などの特定の色が、どのよ
ガイド
うな色味で出力されるかを確認できます。
Web
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
マニュアル
マニュアル名称
説明
提供方法
はじめにお読みください
ユーザーが CD を起動し、Install Navi またはセット
アップガイドを起動するまでを誘導します。
製品に付属
セットアップガイド
設置から印刷できるようにするまでを説明していま
す。本製品単独で、できるところまでを説明してい
ます。
CD-ROM
初期充填注意シート
本製品に初めてインクカートリッジを取り付け、イ
ンクを充てんする際に必要な情報が記載されていま
す。
製品に付属
インクに関する注意事項が記載されています。
インクカート
リッジに付属
メンテナンスボックスに関する注意事項と交換手順
が記載されています。
メンテナンス
ボックスに付
属
TU-RC7508 User's manual
巻き取り装置に関する注意事項と設置手順が記載さ
れています。
巻き取り装置
に付属
TM-C7500/TM-C7500G 詳細取扱説明書
本書です。TM-C7500/TM-C7500G を用いたシステ
ムの開発、設計、設置、またはプリンターアプリ
ケーションの開発、設計に必要なすべての情報を記
載しています。
インクカートリッジ同梱マニュアル
メンテナンスボックス同梱マニュアル
CD-ROM
Web
4
175
ソフトウェアのインストール
付属品の CD-ROM を使用して、以下のソフトウェアをインストールすることができます。
 プリンタードライバー
 プリンター設定ユーティリティー(PrinterSetting)
 USB プリンタークラス デバイス置き換えサービス
 EpsonNet Config
ソフトウェアのインストール方法
以下の手順でソフトウェアのインストールをします。
1
2
コンピューターの電源を入れます。
本製品の電源が入っていないことを確認します。
プリンターの電源は、必ず切っておいてください。
3
CD-ROM をコンピューターにセットすると Launcher が自動起動します。
[ ソフトウェアのインストール ] をクリックします。
4
以下の画面が表示されます。インストールするソフトウェアにチェックを入れ、[ インス
トール ] をクリックします。
選択したソフトウェアがインストールされます。
176
第 4 章 アプ リ ケーシ ョ ン開発情報
本製品を Ethernet 接続で使用する場合の注意
本製品を Ethernet 接続で使用する場合、プリンタードライバーをインストールするだけでは使用できません。
以下の手順で本製品を追加してください。
1
2
3
4
プリンタードライバーをインストールします。
本製品の電源を入れます。
[ デバイスとプリンター ] を開きます。
デバイスとプリンターの表示方法は、73 ページ「プリンタードライバーの表示方法」を参照
[ プリンターの追加 ] を実行し、画面の指示に従って本製品を追加します。
途中のプリンタードライバーのインストール画面では、製造元を "Epson"、プリンターを
"EPSON TM-C7500" を選択してください。
4
177
178
付録
付録
製品仕様
印刷方式
ラインインクジェットドットマトリクス
4 色カラー印刷
紙送り方式
オートカッター
フリクションフィードによる正逆方向送り
カット方式
刃分離型ハサミ方式
カット形態
フルカット ( 完全切り離し )
画像解像度
600 dpi×1200 dpi
印字速度
300 mm/s
150 mm/s
印刷速度は、解像度、印刷幅によって変わります。
用紙
( 詳細は 182 ページ
「用紙仕様」を参照 )
用紙種類
TM-7500
普通紙ラベル、マット紙ラベル、合成紙ラベル
TM-7500G
普通紙ラベル、マット紙ラベル、合成紙ラベル、
光沢紙ラベル
用紙形態
全面ラベル ( ブラックマーク基準 )
ダイカットラベル ( ギャップ基準 )、
ダイカットラベル ( ブラックマーク基準 )
給紙装置
ロール紙、ファンフォールド紙
インクカートリッジ
( 詳細は 203 ページ「インクカートリッジ」を
参照 )
4 色インク別体型専用インクカートリッジ
インターフェイス
Ethernet (1000BASE-T/ 100BASE-TX/ 10BASE-T)
USB 2.0 ハイスピード
バーコード /
2 次元シンボル印刷
電源
バーコード
UPC-A、UPC-E、JAN13(EAN)、JAN8(EAN)、Code39、ITF、
Codabar(NW7)、Code93、Code128、GS1-128、
GS1 DataBar Omnidirectional、GS1 DataBar Truncated、
GS1 DataBar Limited、GS1 DataBar Expanded
2 次元シンボル
PDF417、QR Code、Maxi Code、GS1 DataBar Stacked、
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional、
GS1 DataBar Expanded Stacked、DataMatrix、AztecCode、
Micro PDF、Micro QR Code
AC100 ~ 240V
179
温度・湿度
( 詳細は 199 ページ
「環境仕様」を参照 )
印刷時
5 ~ 35 ℃、20 ~ 80 %RH 非結露
保管時
出荷梱包状態:-20 ~ 60 ℃、5 ~ 85 %RH 非結露 ( インク非
充てん )
-20 ℃または 60 ℃の場合:120 H 以内
インク充てん状態:-20 ~ 40 ℃
-20 ℃の場合:120H 以内
0 ~ 25 ℃の場合:6ヵ月以内
40 ℃の場合:1ヵ月以内
外形寸法 (H×W×D)
392×598×395 mm ( 突起部を除く )
質量
約 37.0 kg
( インクカートリッジ、メンテナンスボックス、ロール紙は含
みません。)
動作環境
OS
Microsoft Windows 8.1 (32 bit/ 64 bit)
Microsoft Windows 8 (32 bit/ 64 bit)
Microsoft Windows 7 SP1 (32 bit/ 64 bit)
Microsoft Windows Vista SP2 (32 bit/ 64 bit)
Microsoft Windows XP SP3 (32 bit)
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2008 (32 bit/ 64 bit)
Microsoft Windows Server 2003 R2 (32 bit)
コンピューター
上記 OS が動作する以下のコンピューターをサポートしていること。
PC/AT 互換機
CPU
OS の動作環境に準ずる。
(Windows 8.1/ Windows 8/ Windows 7/ Windows Vista/ Windows XP/ Windows Server 2012/
Windows Server 2008/ Windows Server 2003 の場合、Pentium 4 2 GHz 以上のプロセッサーを
搭載したコンピューターを推奨。Intel Pentium/ Intel Celeron 系列、AMD Athlon/ AMD Duron
ファミリ、またはこれらと互換のプロセッサーを推奨。)
Memory
OS の動作環境に準ずる。
(Windows 8.1/ Windows 8/ Windows 7/ Windows Vista/ Windows XP/ Windows Server 2012/
Windows Server 2008/ Windows Server 2003 の場合、1 GB 以上を推奨。)
HDD
OS の動作環境に準ずる。
(Windows 8.1/ Windows 8/ Windows 7/ Windows Vista/ Windows XP/ Windows Server 2012/
Windows Server 2008/ Windows Server 2003 の場合、空き容量 250 MB 以上。)
上記の要件は、サポートする OS の最小システム要件を満たしていない場合あります。その
場合、OS の最小要件を満たしてください。
180
付録
印刷仕様
印刷領域
ロール紙
最小幅 46 mm、最大幅 108 mm
ファンフォールド紙
最小幅 46 mm、最大幅 108 mm
印刷速度
印刷時ヘッド
メンテナンスモード
入力解像度 *1
( 幅 x 長さ )
連続動作 ( はやい )
600 x 600 dpi
間欠動作 ( きれい )
600 x 600 dpi
画像解像度 *1
( 幅 x 長さ )
600 x 1200 dpi
600 x 1200 dpi
紙上
フラッシング
標準
少ない
最大印刷
速度 *2
平均印刷
速度 *3
300 mm/s
300 mm/s
150 mm/s
150 mm/s
300 mm/s
約 220 mm/s
150 mm/s
約 110 mm/s
*1
dpi:25.4 mm あたりのドット数 (dots per inch)
*2
最大印刷速度は、ヘッドクリーニング、オートカット動作や印刷ジョブの開始 / 終了処理、定期フラッシングを
除く、印刷中の最大速度
*3
平均印刷速度は、ヘッドクリーニング、オートカット動作や印刷ジョブの開始 / 終了処理を除き、定期フラッシ
ングを含む印刷中の平均速度
 印刷速度は、データ転送速度によって遅くなる場合があります。
 平均印刷速度は、35 ℃を超える高温環境において、低下する場合があります。
181
用紙仕様
本製品で使用可能な用紙は以下のとおりです。
 指定紙以外の用紙を使用する場合、紙送り精度 / バーコード認識率 / 印刷品質の低下、紙
ジャムが発生することがあります。
 合成紙ラベルと紙台紙の温度や湿度による伸縮率が異なるため用紙のカールが発生しま
す。カールした用紙を使用すると、印刷ヘッドとのこすれによる汚れ、紙ジャムが発生す
る場合があります。
 テープなどでつないで延長した用紙を使用しないでください。用紙の継ぎ目による誤検
出、印刷ヘッドとのこすれによる汚れ、紙ジャムが発生することがあります。
❏
TM-C7500
用紙形態
全面ラベル ( ブラックマーク基準 )
用紙種類
普通紙ラベル
給紙装置
ロール紙
幅
50 ~ 112 mm
マット紙ラベル
(台紙幅)
合成紙ラベル
46 ~ 108 mm
( ラベル幅 )
ダイカットラベル ( ギャップ基準 )
普通紙ラベル
ロール紙
50 ~ 112 mm
マット紙ラベル
(台紙幅)
合成紙ラベル
46 ~ 108 mm
( ラベル幅 )
ダイカットラベル
( ブラックマーク基準 )
普通紙ラベル
ロール紙
マット紙ラベル
ファンフォールド紙
50 ~ 112 mm
合成紙ラベル
(台紙幅)
46 ~ 108 mm
( ラベル幅 )
❏
TM-C7500G
用紙形態
全面ラベル ( ブラックマーク基準 )
用紙種類
普通紙ラベル
給紙装置
ロール紙
マット紙ラベル
ダイカットラベル ( ギャップ基準 )
182
50 ~ 112 mm
(台紙幅)
合成紙ラベル
46 ~ 108 mm
光沢紙ラベル
( ラベル幅 )
普通紙ラベル
ロール紙
マット紙ラベル
ダイカットラベル
( ブラックマーク基準 )
幅
50 ~ 112 mm
(台紙幅)
合成紙ラベル
46 ~ 108 mm
光沢紙ラベル
( ラベル幅 )
普通紙ラベル
ロール紙
マット紙ラベル
ファンフォールド紙
50 ~ 112 mm
(台紙幅)
合成紙ラベル
46 ~ 108 mm
光沢紙ラベル
( ラベル幅 )
付録
全面ラベル ( ブラックマーク基準 )
ྎ⣬ᖜ
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
ࣛ࣋ࣝᖜ
ྎ⣬
ࣛ࣋ࣝ㡿ᇦ
用紙種類
普通紙ラベル / マット紙ラベル / 合成紙ラベル / 光沢紙ラベル
形状
ロール紙
台紙幅
50 ~ 112 mm
ラベル幅
46 ~ 108 mm
左右カス取り部
2  0.5 mm
ブラックマーク幅
紙端より 28 mm 以上
ブラックマーク長さ
5 mm 以上
ブラックマーク位置
紙送り方向を上にして、紙裏面の右端
ブラックマーク間隔
25.4 mm ~ 603 mm
紙厚
普通紙ラベル / マット紙ラベル / 合成紙ラベル:
0.129 ~ 0.236 mm
光沢紙ラベル:
0.167 ~ 0.182 mm
巻芯
内径:76.2  0.5 mm
外径:82.2 mm 以上
外径
最大 203.2 mm
巻き方向
印字面が外側
 穴、切り欠きのある用紙は使用できません。
 ロール紙供給部への粘着財の付着を防止するため、左右端をカス取りしたラベルを使用し
てください。
183
ダイカットラベル ( ギャップ基準 )
ࣛ࣋ࣝ㛗ࡉ
ྎ⣬ᖜ
ࣛ࣋ࣝ㛫ࢠࣕࢵࣉ
ゅ5
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
ࣛ࣋ࣝᖜ
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
ྎ⣬
ࣛ࣋ࣝ㡿ᇦ
用紙種類
普通紙ラベル / マット紙ラベル / 合成紙ラベル / 光沢紙ラベル
形状
ロール紙
台紙幅
50 ~ 112 mm
ラベル幅
46 ~ 108 mm
ラベル長さ
25.4 ~ 600 mm
ラベル間ギャップ
3 ~ 6 mm
左右カス取り部
2  0.5 mm
ラベル角 R
1.5 mm 以下
紙厚
普通紙ラベル / マット紙ラベル / 合成紙ラベル:
0.129 ~ 0.236 mm
光沢紙ラベル:
0.167 ~ 0.182 mm
巻芯
内径:76.2  0.5 mm
外径:82.2 mm 以上
外径
最大 203.2 mm
巻き方向
印字面が外側
 穴、切り欠きのある用紙は使用できません。
 台紙が合成紙やフィルムの場合、ミシン目があっても手切りしにくいため、その際にはミ
シン目を使用しないでください。
184
付録
ダイカットラベル ( ブラックマーク基準 )
カス取りされている用紙
ࣛ࣋ࣝ㛗ࡉ
ྎ⣬ᖜ
ࣛ࣋ࣝ㛫ࢠࣕࢵࣉ
ゅ5
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
ࣛ࣋ࣝᖜ
࣐࣮ࢡ㛗ࡉ
< 印字裏面 >
࢝ࢫྲྀࡾ㒊
ྎ⣬
ࣛ࣋ࣝ㡿ᇦ
< 印字表面 >
⣬㏦ࡾ᪉ྥ
࣐࣮ࢡ㛫㝸
ࣈࣛࢵࢡ࣐࣮ࢡ఩⨨
࣑ࢩࣥ┠఩⨨
PP ௨ୖ
ࣇ࢓ࣥࣇ࢛࣮ࣝࢻ⣬ ࣐࣮ࢡᖜ
㏫᪉ྥ࡟ᤄධࡉࢀࡓሙྜࡢ
ࣈࣛࢵࢡ࣐࣮ࢡ఩⨨
ྎ⣬
ࣛ࣋ࣝ㡿ᇦ
185
用紙種類
普通紙ラベル / マット紙ラベル / 合成紙ラベル / 光沢紙ラベル
形状
ロール紙
台紙幅
50 ~ 112 mm
ラベル幅
46 ~ 108 mm
ラベル長さ
25.4 ~ 600 mm
ラベル間ギャップ
3 ~ 6 mm
左右カス取り部
2  0.5 mm
ラベル角 R
1.5 mm 以下
ブラックマーク幅
紙端より 28 mm 以上
ブラックマーク長さ
5 mm 以上
ブラックマーク位置
紙送り方向を上にして、紙裏面の右端
ブラックマーク間隔
28.4 mm ~ 606 mm
紙厚
普通紙ラベル / マット紙ラベル:
0.129 ~ 0.236 mm
光沢紙ラベル:
0.167 ~ 0.182 mm
巻芯
内径:76.2  0.5 mm
外径:82.2 mm 以上
外径
最大 203.2 mm
巻き方向
印字面が外側
 穴、切り欠きのある用紙は使用できません。
 ダイカットラベルへのブラックマーク位置はラベル先端とブラックマーク先端を合わせて
ください。
186
付録
用紙種類
普通紙ラベル / マット紙ラベル
形状
ファンフォールド紙
台紙幅
50 ~ 112 mm
ラベル幅
46 ~ 108 mm
ラベル長さ
25.4 ~ 301.8 mm
ラベル間ギャップ
3 ~ 6 mm
左右カス取り部
2  0.5 mm
ラベル角 R
1.5 mm 以下
ブラックマーク幅
紙端より 28 mm 以上
ブラックマーク長さ
5 mm 以上
ブラックマーク位置
紙送り方向を上にして、紙裏面の右端
ブラックマーク間隔
28.4 mm ~ 304.8 mm
紙厚
0.161 ~ 0.164 mm
ミシン目間隔
203.2 ~ 304.8 mm
ミシン目形状
1 mm アンカット、5 mm カット
折り数
750 折り以下
 穴、切り欠きのある用紙は使用できません。
 ミシン目の上をオートカットすると小さな紙片が発生し、不具合が生じる場合がありま
す。また、ミシン目の前側をオートカットすると紙送り時に不具合を生じる可能性があり
ます。このため、ミシン目の後ろ側を 0.5 ~ 1 mm 離してオートカットしてください。
 ブラックマーク位置はミシン目より 2 mm 以上離してください。
 ダイカットラベル紙へのブラックマーク位置はラベル先端とブラックマーク先端を合わせ
てください。
 用紙両端のミシン目はアンカットとしてください。
PP PP ࣑ࢩࣥ┠
࢔ࣥ࢝ࢵࢺ㒊㛗ࡉ
࢝ࢵࢺ㒊㛗ࡉ
187
紙検出方式
検出器
ラベル検出器 ( 透過型フォトインタラプタ )
ブラックマーク検出器 ( 反射型フォトインタラプタ )
判定方式
ラベル検出器、およびブラックマーク検出器で位置を検出
 ブラックマークなしのダイカットラベル紙を使用する場合、台紙の光透過率 40 % 以上、ラ
ベル部の光透過率 23 % 以下の用紙を使用してください。
 ブラックマークを使用する場合、ブラックマーク反射率 10 % 以下、白反射率 70 % 以上の用
紙を使用してください。
 連続紙裏面にプリプリントする場合、検出に影響を与えるため、図に示すプリプリント禁
止領域にプリプリントを行わないでください。
15 mm
15 mm
紙送り方向
印字裏面
13 mm
紙送り方向
印字表面
13 mm
用紙
プリプリント禁止領域
188
付録
印刷位置とカット位置
全面ラベル ( ブラックマーク基準 )・ロール紙
「印刷領域拡大」無効時
上下余白:1.5 mm ( 中心値 )
左右余白:1.5 mm ( 中心値 )
1.5 mm
用紙幅
紙送り方向
28 mm 以上
25.4 mm 以上
オートカット位置
1.5 mm
オートカット位置
1.5 mm
印刷領域幅
1.5 mm
印字領域
ラベル領域
カス取り部
2.0 mm
カス取り部
2.0 mm
用紙
ブラックマーク位置
( 裏側 )
オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない場合
があります。
189
「印刷領域拡大」有効時
上下余白:1.5 mm ( 中心値 )
左右余白:0 mm ( 中心値 )
1.5 mm
用紙幅
紙送り方向
28 mm 以上
25.4 mm 以上
オートカット位置
1.5 mm
オートカット位置
印刷領域幅
印字領域
ラベル領域
カス取り部
2.0 mm
カス取り部
2.0 mm
用紙
ブラックマーク位置
( 裏側 )
 「印刷領域拡大」を有効に設定した場合、実印刷位置とラベルのセット位置によっては印刷
がはみ出す可能性があります。印刷がはみ出ないようにするためには、印刷データ内に
1.5 mm 以上の余白を確保してください。
 オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない
場合があります。
190
付録
ダイカットラベル ( ギャップ基準 )・ロール紙
「印刷領域拡大」無効時
上下余白:1.5 mm ( 中心値 )
1.5 mm
1 mm
0.5
用紙幅
1.5 mm
左右余白:1.5 mm ( 中心値 )
紙送り方向
28.4 mm 以上
25.4 mm 以上
ラベル間
3.0 mm
22.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
1.5 mm
1.5 mm
オートカット位置
印字領域
1.5 mm
カス取り部
2.0 mm
印刷領域幅
1.5 mm
カス取り部
2.0 mm
ラベル領域
用紙
191
「印刷領域拡大」有効時
上下余白:0 mm ( 中心値 )
1.5 mm
0.5
用紙幅
1 mm
左右余白:0 mm ( 中心値 )
紙送り方向
28.4 mm 以上
ラベル間
3.0 mm
25.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
1.5 mm
オートカット位置
印字領域
印刷領域幅
カス取り部
2.0 mm
カス取り部
2.0 mm
ラベル領域
用紙
「印刷領域拡大」を有効に設定した場合、実印刷位置とラベルのセット位置によっては印刷が
はみ出す可能性があります。印刷がはみ出ないようにするためには、印刷データ内に 1.5 mm
以上の余白を確保してください。
192
付録
ダイカットラベル ( ブラックマーク基準 )・ロール紙
「印刷領域拡大」無効時
上下余白:1.5 mm ( 中心値 )
1.5 mm
1 mm
0.5
用紙幅
1.5 mm
左右余白:1.5 mm ( 中心値 )
紙送り方向
28.4 mm 以上
25.4 mm 以上
22.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
1.5 mm
1.5 mm
オートカット位置
1.5 mm
オートカット位置
1.5 mm
カス取り部
2.0 mm
印刷領域幅
1.5 mm
カス取り部
2.0 mm
印字領域
ラベル領域
用紙
ブラックマーク位置
( 裏側 )
オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない場合
があります。
193
「印刷領域拡大」有効時
上下余白:0 mm ( 中心値 )
1.5 mm
0.5
用紙幅
1 mm
左右余白:0 mm ( 中心値 )
紙送り方向
28.4 mm 以上
25.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
1.5 mm
1.5 mm
オートカット位置
ラベル領域
用紙
印刷領域幅
カス取り部
2.0 mm
印字領域
カス取り部
2.0 mm
ブラックマーク位置
( 裏側 )
 「印刷領域拡大」を有効に設定した場合、実印刷位置とラベルのセット位置によっては印刷
がはみ出す可能性があります。印刷がはみ出ないようにするためには、印刷データ内に
1.5 mm 以上の余白を確保してください。
 オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない
場合があります。
194
付録
ダイカットラベル ( ブラックマーク基準 )・ファンフォールド紙
「印刷領域拡大」無効時
上下余白:1.5 mm ( 中心値 )
1.5 mm
1 mm
0.5
用紙幅
1.5 3.0 mm
左右余白:1.5 mm ( 中心値 )
紙送り方向
ミシン目間隔(Pm)
28.4 mm 以上
発行間隔 (Ph)
25.4 mm 以上
22.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
3.0 mm
1.5
1.5 mm
オートカット位置
1.5 mm
カス取り部
2.0 mm
印刷領域幅
1.5 mm
1.5
3.0 mm
ミシン目位置
オートカット位置
カス取り部
2.0 mm
印字領域
ラベル領域
用紙
ブラックマーク位置
( 裏側 )
 オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない
場合があります。
 発行間隔 (Pm) とミシン目間隔 (Ph) が以下の関係になるよう調整してください。
Pm=Ph× 整数倍
195
「印刷領域拡大」有効時
上下余白:0 mm ( 中心値 )
1.5 3.0 mm
0.5
用紙幅
1 mm
左右余白:0 mm ( 中心値 )
紙送り方向
1.5
3.0 mm
オートカット位置
ミシン目間隔(Pm)
28.4 mm 以上
発行間隔 (Ph)
25.4 mm 以上
ミシン目位置
オートカット位置
印刷領域幅
カス取り部
2.0 mm
1.5
3.0 mm
ミシン目位置
オートカット位置
カス取り部
2.0 mm
印字領域
ラベル領域
用紙
ブラックマーク位置
( 裏側 )
 「印刷領域拡大」を有効に設定した場合、実印刷位置とラベルのセット位置によっては印刷
がはみ出す可能性があります。印刷がはみ出ないようにするためには、印刷データ内に
1.5 mm 以上の余白を確保してください。
 オートカット位置からブラックマーク先端距離は、1.5 mm 以上にしてください。
1.5 mm 以下の場合、ブラックマークが検出できず、ページを読み飛ばし、印刷できない
場合があります。
196
付録
電気的仕様
電源供給
電源コネクターによる電源供給
入力電圧 ( 定格 )
100 ~ 240 V、1.1 A
周波数 ( 定格 )
50 Hz ~ 60 Hz
消費電力 *
動作時
100 V: 平均 約 84 W
ピーク 約 123W
230 V: 平均
約 81 W
ピーク 約 102W
待機時
電源 OFF 時
100 V: 平均
約 5.1 W
230 V: 平均
約 5.4 W
100 V: 平均
約 0.2 W
230 V: 平均
約 0.5 W
*: 弊社動作条件による。
付属品の電源コードを使用してください。
197
信頼性
寿命
印刷ヘッド
紙送り機構
120 億ショット / ノズル
TM-C7500
普通紙ダイカットラベル : 500 km
マット紙ダイカットラベル : 500 km
合成紙ダイカットラベル : 500 km
普通紙全面ラベル : 500 km
マット紙全面ラベル : 500 km
合成紙全面ラベル : 500 km
TM-C7500G
普通紙ダイカットラベル : 500 km
マット紙ダイカットラベル : 500 km
合成紙ダイカットラベル : 500 km
光沢紙ダイカットラベル : 500 km
普通紙全面ラベル : 500 km
マット紙全面ラベル : 500 km
合成紙全面ラベル : 500 km
光沢紙全面ラベル : 500 km
オートカッター機構
TM-C7500
普通紙ダイカットラベル台紙 : 150 万カット
マット紙ダイカットラベル台紙 : 150 万カット
合成紙ダイカットラベル台紙 : 50 万カット
普通紙全面ラベル : 75 万カット
マット紙全面ラベル : 20 万カット
合成紙全面ラベル : 10 万カット
TM-C7500G
普通紙ダイカットラベル台紙 : 150 万カット
マット紙ダイカットラベル台紙 : 150 万カット
合成紙ダイカットラベル台紙 : 50 万カット
光沢紙ダイカットラベル台紙 : 150 万カット
普通紙全面ラベル : 75 万カット
マット紙全面ラベル : 20 万カット
合成紙全面ラベル : 10 万カット
光沢紙全面ラベル : 30 万カット
198
付録
環境仕様
項目
温度/湿度
仕様
印刷時
5 ~ 35 C、20 ~ 80 %RH 非結露
湿度 (%)
温度 ( ℃ )
バーコード印刷時
15 ~ 35C、20 ~ 80%RH 非結露
保管時
出荷梱包状態 ( インク非充てん ):-20 ~ 60 C、5 ~ 85 %RH 非結露
-20 C または 60 C の場合 120 時間以内
インク充てん状態:-20 ~ 40 C
-20 C の場合 120 時間以内
0 ~ 25 C の場合 6ヵ月以内
40 C の場合 1ヵ月以内
絶対最大定格温度
70 C
気圧 ( 標高 )
使用時
700 ~ 1060 hPa ( 標高 0 ~ 2500 m 相当 )
非使用時
( 輸送を含む )
700 ~ 1060 hPa ( 標高 0 ~ 2500 m 相当 )
梱包時
周波数 : 5 ~ 55 Hz
耐振動
加速度 : 約 19.6 m/s2 {2G}
スイープ : 10 分 ( 片道 )
時間 : 1 時間
方向 : XYZ
耐衝撃
梱包時
梱包仕様 : エプソン標準工場出荷時梱包
高さ : 45 cm
方向 : 1 角、3 稜、6 面
非梱包時
高さ : 5 cm
方向 : 4 辺、片方向支持
騒音
動作時
約 55 dB (ANSI Bystander position)
オートカット動作を含む、弊社評価条件によります。
199
外形寸法
本体外形図
 幅:
392 mm
 奥行き:598 mm
 高さ:
395 mm
21.7
392
638
598
395
[ 単位:mm]
200
付録
カバー 開口時
691.2
717.6
632.5
[ 単位:mm]
201
巻き取り装置装着時 ( オプション : TU-RC7508)
900
958
[ 単位:mm]
202
付録
消耗品仕様
インクカートリッジ
型番
TM-C7500
SJIC26P(K)/ SJIC26P(C)/ SJIC26P(M)/ SJIC26P(Y)
TM-C7500G
SJIC30P(K)/ SJIC30P(C)/ SJIC30P(M)/ SJIC30P(Y)
形態
4 色インク別体型専用インクカートリッジ
インク色
ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー
インク種
顔料インク
有効期限
プリンター装着後 6ヵ月、使用期間を含め製造日から 2 年
保存温度
個体輸送時
-20 ~ 60 ℃ (60 ℃の場合、5 日以内 )
個装保存時
-20 ~ 40 ℃ (40 ℃の場合、1ヵ月以内 )
本体装着時
-20 ~ 40 ℃ (40 ℃の場合、1ヵ月以内 )
 製造日よりの 2 年の有効期限は、インクカートリッジの個装箱とカートリッジ本体で確認
してください。
 インクカートリッジ中のインクは、-20 ℃以下の温度で放置すると凍結する場合がありま
す。解凍後、10 ℃以上になれば使用することができます。
メンテナンスボックス
型番
SJMB7500
形態
廃液吸収材一体型メンテナンスボックス
有効期限
なし
保存温度
199 ページ「環境仕様」に準ずる
オプション仕様
巻き取り装置 (TU-RC7508)
巻き取り装置とは、印刷された用紙をロール状に巻き取るための装置です。
外形寸法 (H×W×D)
293 x 222 x 403 mm
質量
4.25 kg
203
印刷枚数の LCD表示仕様
印刷枚数の表示は、印刷枚(ジョブ内で印刷が終了した枚数)と全印刷枚数(印刷ジョブの総印刷枚数)で LCD に
表示されます。印刷枚は最大 7 桁、全印刷枚数は最大 8 桁まで表示することができます。
インサツチュウ
1234567 / 12345678
印刷枚
区切り文字
全印刷枚数
印刷中の表示
印刷中は、上段に " インサツチュウ " と表示され、下段はインクインジケーターと印刷枚数が 1 秒ごとに交互に表示
されます。
インサツチュウ
インサツチュウ
1234567 / 12345678
印刷中のエラー表示
印刷中にエラーで停止した場合、上段にエラー状態が表示され、下段インクインジケーターと印刷枚数が 1 秒ごと
に交互に表示されます。
ヨウシサイズ エ ラ ー
ヨウシサイズ エ ラ ー
1/
10
印刷枚数が 8 桁に繰り上がった場合の表示
印刷枚は最大 7 桁まで表示されますが、枚数が 8 桁に繰り上がった場合、オーバフローし 0 枚目から再カウントさ
れます。
9999999 枚印刷
204
10000000 枚印刷
インサツチュウ
インサツチュウ
9999999 / 12345678
0000000 / 12345678
付録
ドライバー、
ユーティリティー、
マニュアルのダウンロード
プリンタードライバー、ユーティリティー、マニュアル類の最新版は、下記 URL からダウンロードできます。
http://www.epson.jp/support/sd/
205
ラベル印刷アプリケーション使用時の用紙検出 / 用紙経路設定
ラベル印刷アプリケーションを使用する場合に、用紙検出および用紙経路が正しく設定されていないと、用紙検出エ
ラー / 用紙経路エラーになって印刷できません。
ここでは、以下のラベル印刷アプリケーションの設定方法を説明します。
 BarTender の用紙検出器設定変更 :
206 ページ
 BarTender の用紙経路設定変更 :
208 ページ
 NiceLabel の用紙検出器設定変更 :
209 ページ
 NiceLabel の用紙経路設定変更 :
211 ページ
 ラベル印刷アプリケーションの設定方法は、以下のバージョンで確認しています。他の
バージョンでは、機能や設定方法が異なる場合があります。
 BarTender:
BarTender Enterprise Automation Version 10.1 SR3
 NiceLabel:
NiceLabel Pro DEMO Version 6.3.1
 設定は、使用する用紙に合わせてください。ラベル印刷アプリケーションと本製品の設定
が同じでも、用紙の種類が合っていないとエラーとなってしまいます。
BarTender の用紙検出器設定変更
以下の手順で BarTender の用紙検出器の設定を変更できます。
1
206
BarTenderドキュメント(*.btw)を開きます。[ファイル]メニューから、[ページ設定...]を
選択します。
付録
2
"ページ設定"画面が表示されます。[用紙の処理]タブを選択し、[ドライバ設定...]をクリッ
クします。
3
"Epson Colorworks C7500 のプロパティ" 画面が表示されます。
[ ストック ] タブを選
択します。[ 用紙設定 ] の [ 用紙種類 ] を変更し、[OK] をクリックします。
ドライバー
対応する操作パネルの設定
用紙種類
ヨウシケンシュツ
ヨウシケイタイ
Gap Die-cut Label
ギャップ
ダイカットラベル
Mark Die-cut Label
ブラックマーク
ダイカットラベル
Mark Continuous Paper
ブラックマーク
レンゾクシ
Mark Continuous Label
ブラックマーク
ゼンメンラベル
207
BarTender の用紙経路設定変更
以下の手順で BarTender の用紙経路の設定を変更できます。
1
BarTenderドキュメント(*.btw)を開きます。[ファイル]メニューから、[ページ設定...]を
選択します。
2
"ページ設定"画面が表示されます。[用紙の処理]タブを選択し、[ドライバ設定...]をクリッ
クします。
3
"Epson Colorworks C7500 のプロパティ" 画面が表示されます。
[ ストック ] タブを選
択し、[ 用紙設定 ] の [ 詳細設定 ...] をクリックします。
4
"Advanced Media Settings" 画面が表示されます。[ 用紙種類 ] の [Media] を変更し、
[OK] をクリックします。
208
ドライバー
対応する操作パネルの設定
用紙種類
キュウシホウホウ
内部
ナイブロール
外部
ガイブフィード
付録
NiceLabel の用紙検出器設定変更
以下の手順で NiceLabel の用紙検出器の設定を変更します。
1
NiceLabelラベル(*.lab)を開きます。[ファイル]メニューから、[ラベル設定...]を選択しま
す。
2
"ラベル設定ウィザード"または"ラベル設定"画面が表示されます。"Epson TM-C7500
for NiceLabel" を選択し、[ プロパティ ...] をクリックします。
[ 次回はウィザードを使用しない ] をチェックした場合、" ラベル設定 " 画面が表示されます。
209
3
" Epson TM-C7500 for NiceLabel のプロパティ" 画面が表示されます。
[ ページ設定 ]
の [ メディアの種類 ] を変更し、[OK] をクリックします。
ドライバー
対応する操作パネルの設定
用紙種類
210
ヨウシケンシュツ
ヨウシケイタイ
黒いマークのあるラベル
ブラックマーク
ダイカットラベル
ギャップセンサー
ギャップ
ダイカットラベル
マーク付き連続ラベル
ブラックマーク
ゼンメンラベル
黒マーク付き連続用紙
ブラックマーク
レンゾクシ
付録
NiceLabel の用紙経路設定変更
以下の手順で NiceLabel の用紙経路の設定を変更します。
1
NiceLabelラベル(*.lab)を開きます。[ファイル]メニューから、[ラベル設定...]を選択しま
す。
2
"ラベル設定ウィザード"または"ラベル設定"画面が表示されます。"Epson TM-C7500
for NiceLabel" を選択し、[ プロパティ ...] をクリックします。
3
" Epson TM-C7500 for NiceLabel のプロパティ" 画面が表示されます。
[ ページ設定 ]
の [ メディアフォーム ] を変更し、[OK] をクリックします。
ドライバー
対応する操作パネルの設定
メディアフォーム
キュウシホウホウ
ロール
ナイブロール
ファンフォールド
ガイブフィード
211
お問い合わせ確認
本製品についての技術的な質問、疑問あるいは、障害がある場合、以下の情報を確認の上、販売店もしくは、弊社開
発者向けヘルプデスク ( http://www.epson.jp/support/sd/ ) にお問い合わせください。
 弊社への技術的な質問、疑問の問い合わせ内容については、弊社のプリンターに関するこ
とに限らせていただきます。それ以外の Microsoft Corporation ないしはその他の会社が所
有する技術に関する内容については、それを所有する会社にお問い合わせください。
 障害が発生した場合、お問い合わせの前に、物理的な障害 ( 接続、電源などの問題 ) がない
かを確認してください。
❏ 問い合わせ分類:障害 / 質問
❏ 日付:
❏ 御社名:
❏ 部署名:
❏ お名前:
❏ お電話 /FAX/Email:
❏ コンピューター情報:
 製造メーカー
 CPU
❏ OS( サービスパックも含む ):
❏ 対象プリンター機種名:
❏ プリンタードライバー:インストール済み (OS 標準 /Epson カスタム )/ インストールしていない
❏ 対象プリンター接続形態:USB / Ethernet / MS 共有 ( クライアント / サーバー )
❏ インストールプロトコル / サービス:NetBEUI / NetWare Client(Novell(Ver. ) / Microsoft (Ver. ))
/ TCPIP / OS 標準 SNMP エージェント / その他
❏ 印刷ツール:ローカル (LPT/USB) / OS 標準 Standard TCPIP / OS 添付 LPR / Epson 製 TCPIP 印刷 ( 名称 )
/ 自社カスタムアプリケーション / その他 ( 製品名 /Ver)
❏ ファイアウォール:OS 標準 / パーソナル ( 製品名 /Ver)/ なし
❏ 御社アプリケーション情報:
 Windows サービス動作 / 通常 EXE 動作
❏ 弊社アプリケーション動作状況:EpsonNet WebManager / EpsonNet Log Browser
/ EpsonNet Simple Viewer/ EpsonNet SDK for Windows
/ PrinterSetting / その他 ( 名前 )
❏ 障害の現象 (or 質問内容 ):
❏ システム構成:コンピューター、ネットワークなどハードウェア構成と、ソフトウェアモジュール構成
❏ 障害の再現手順 : 操作手順、関数実行手順、現象を発生させた関数とその引数の値
❏ 障害の再現性:再現する (
212
回中
回 )/ 再現しない
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement