アントンバウアー ダイオニックHC

アントンバウアー ダイオニックHC

リチウムイオン デジタルバッテリー

ダイオニック HC

取扱説明書

目 次

重要:ご使用の前に必ずこの取扱説明書をお読みください

はじめに

特 長

ダイオニックHCバッテリーの充電

ダイオニックHCバッテリーの充電時間

取扱い上のご注意

カストマーサービス

予防対策

ダイオニックHCバッテリーの仕様

保証規定

................

2-3

................

4

................

5

................

6

................

7-9

................

10-11

................

12

................

13

................

14

................

15

ご使用の前に必ずこの取扱説明書をお読みください。

リチウムイオンを使用したインタラクティブ・ダイオニックHCバッテリーは

これまでのニッカド(NiCd)やニッケル水素(NiMH)よりも高出力です。しかし

充電と放電のパラメーターに関して言えば、はるかにデリケートな性質を持っ

ていますし、充電時間も長くなります(2∼4時間)。詳細につきましてはP7の充

電のページをお読みください。

2

ダイオニックHCバッテリーは次の充電器でしか充電できません:

 ・インタラクティブパワーチャージャー(内蔵ソフトが3.6版またはそれ以上)

 ・タイタンツイン(ツートーンの製品のみ)

 ・タイタンT2

 ・タイタン70(S#1032とそれ以上のモデルは工場でアップグレードが必要)

※アントンバウアー XM2004、XM2002充電モジュ ール搭載のパワーチャ ー

ジャーではダイオニックHCバッテリーは充電できません。

上記の充電可能機種以外では安全上、絶対に充電しないでください。

3

2

重 要

ダイオニックHCバッテリーと交信できないチャ ージャ ーの場合、ダイオニッ

クHCバッテリーに内蔵された安全回路が働いて充電操作を受け付けません。

ダイオニックHCバッテリーは化学成分にリチウムイオンを採用しているの

で、皆さんがこれまでに使用されてきたビデオ用バッテリーとは大きく異なっ

ています。この取扱説明書にはダイオニックHCバッテリーの特別な注意と取

扱い方法が書かれています。それらを厳守して、安全で確実な操作をしてくだ

さい。この製品に関して分からない点がありましたら、必ずアントンバウアー

日本総代理店、株式会社駒村商会 (Tel:03-3639-3351)までご連絡ください。

レッドキーの解除とロック

バッテリー を使用する際は赤い

キーを上図のように引出してから

ご使用ください。

長期間バッテリーを使用しない場合

は、一部充電してから赤いキーを元

の位置に戻して保管してください。

3

4

はじめに

新開発のダイオニックHCバッテリーシステムはアントンバウアーのデジタル

システムであるインタラクティブテクノロジーとリチウムイオンセル処方を

組み合わせることで実現しました。ダイオニックHCバッテリーには重要な操

作特性や状態はもちろんのこと、充電されたエネルギーと放出されたエネル

ギーをモニターできる“容量コンピューター”が搭載されています。このデータ

がインタラクティブチャージャーに伝えられて、これに基づいて信頼できる性

能を発揮するための安全な充電プログラムが組まれるのです。

さらに、各バッテリーに搭載されたリアルタイム液晶ディスプレイにはバッテ

リーの残容量が表示され、放送用カムコーダーや業務用カムコーダーのビュー

ファインダーでも残量を知ることができます。デジタルバッテリーとビュ ー

ファインダーをつなぐ特許のインターフェ ースは主要カメラメーカーから発

表されているほとんどのカメラ、カムコーダーに標準搭載されています。

アントンバウアーのインタラクティブチャージャーは標準となっているプロ

パック、ハイトロン、トリムパックといったバッテリー製品に対応しているば

かりでなく、チップをひとつ交換するだけで、新開発セルの新しいバッテリー

システムにも対応できるように設計されています。この上位互換、下位互換を

実現したチャージャーがあればこそ、アントンバウアーは既存のバッテリーに

加えて、ダイオニックのような高性能セルテクノロジーを発表しました。

ダイオニックHCバッテリーはインタラクティブチャージャーにセットすると

自動的に認識されて、この新しいテクノロジーを最大限活かすのに必要な充電

プログラムが組まれまて最適な充電が行われます。

5

4

特 長

1.マイクロプロセッサー容量コンピューター:バッテリーの“年齢”、自然放電、

充電率/放電率、運用状態、それまでの充放電回数等を解析しながらプログラ

ムがバッテリーのエネルギーを正確にモニターします。ダイオニックHCバッ

テリーは絶えずその充電容量と残容量の正確な状態を “記憶”しており、充電

時にはこのデータがインタラクティブチャ ージャ ーに自動的に送信されま

す。

2.リアルタイム液晶ディスプレイ:アントンバウアーだけが実現した新機能リ

アルタイム液晶ディスプレイには同時に、残っている駆動時間と容量の%が

をお読みください)

3.ビュ ーファインダー内の残量表示:アントンバウアーのインタラクティブ

ビューファインダーを搭載したカメラならダイオニックHCバッテリーの“容

量コンピュ ーター”と交信して、バッテリーの残容量を残量計の形でビュ ー

ファインダーに正確に表示することができます。メニューの設定に関しては

お手持ちのカメラの取扱説明書をお読みください。

4.インパックケースデザイン:耐高衝撃ケースには従来のケースに見られたよ

うなウィ ークポイントはありません。インパックケースなら、従来のバッテ

リーでは耐えられなかったような強い衝撃からもセルを安全に保護してくれ

ます。

5.ゴールドマウントインターフェ ース:世界的に標準仕様となっている特許

ゴールドマウントコネクターはアントンバウアーのすべてのカメラマウント

やアクセサリーと互換性があります。

6.バッテリーは個別にコンピュ ーターでテスト済み:アントンバウアーの他

のバッテリー同様、ダイオニックHCバッテリーもすべてひとつひとつコン

ピューターでテスト済みで、容量、電圧、総合品質のすべてに合格しています

から安心してお使い頂けます。品質の証としてコンピューターによるテスト

結果がグラフとしてパッケージに同封されています。

5

6

ダイオニック HC バッテリーの充電

・ この取扱説明書に記載されているアントンバウアーのインタラクティブ

チャージャー以外のチャージャーでダイオニックHCバッテリーを充電する

ことは絶対に止めてください。

・最初に使用される前に1回、フル充電してください…必ず緑色LEDが連続点灯

するライフセイバーモードまで充電してください。チャージャーを使用され

る前に必ずチャージャーの取扱説明書をお読みになって、チャージャーの操

作に習熟してください。

・ダイオニックHCバッテリーは緑色LEDが点滅した時点で約90%充電されて

います。そして緑色LEDの連続点灯でフル充電完了です。この時点でチャ ー

ジャーから外してお使い頂けます。

・ダイオニックHCバッテリーは使用直前までチャ ージャ ーにセットしておけ

ます。ライフセイバー管理充電モード(緑色LEDの連続点灯の状態)がバッテ

リーを使用直前までフル充電の状態で管理します。バッテリーを長期間(60

日以上)ご使用にならないときは、後出の「保管について」をお読みください。

※最善の結果を得るには、バッテリーを48時間以内に使用されるか、あるいは

インタラクティブチャージャーに戻してください。

7

6

ダイオニック HC バッテリーの充電時間

●ダイオニック HC バッテリーの標準的充電時間

充電レベル LED 表示

90%

緑色 LED 点滅

インタラクティブパワーチャージャー

(クオード、デュアル-2702/2701/2700)

(クオード、デュアル-2401/2400)

2 時間

タイタン T2(2 ヶ同時充電)

タイタン 70

タイタンツイン(2 ヶ同時充電)

2 時間

2 時間

4 時間

100%

緑色 LED 点灯

3 時間

3 時間

3 時間

5 時間 30 分

充電時間はチャージャーにセットされた時点における各バッテリーの年齢、状

態、残容量によって大きく異なります。

ダイオニックHCには、新バージョンの“リアルタイム”液晶ディスプレイが搭

載され、従来のバー表示による残容量表示に加え、現時点における残りの駆動

時間が15分単位で表示されます。特別なアダプターやセットアップは必要あ

りません。リアルタイム残時間表示機能が負荷を自動的に計算して、容量情報

とバッテリー状態を常に表示します。ダイオニック用に設計された電子回路が

バッテリーのリチウムイオンセルをダメージから保護しているので、安全に使

用できます。デジタルバッテリーの電子回路とセル保護用電子回路が連携して、

以下のような形でバッテリー状態をリアルタイムディスプレイに表示します:

60分  

1時間表示

45分 

15分

30分

デジタル表示

「分」

5のバー 1のバー

アナログ表示

(バッテリー残容量表示)

7

8

ダイオニック HC バッテリーの充電時間

RealTime TM LCDは、バッテリー残容量表示だけでなく、その時の操作状況・消費

電力を基に、バッテリー残容量からカメラの稼動可能な時間を瞬時に計算し、

バッテリー本体に表示します。カメラの稼動可能な時間(15分毎)を表示しま

す。このように、LCDはバッテリー残容量を2つの方法で表示します。

以下は、LCDの残容量表示の特徴です:

1.残り時間は、現在のバッテリー容量と絶えず更新される現在のバッテリーの

負荷の正確な測定を基に計算されます。

2.負荷が感知されなかったり、バッテリーが放電負荷を算出しない内にチャー

ジャーから外されてしまった場合、残り時間を計算するための基礎暫定容量

は20ワットになります。

3.バッテリーの負荷が感知されると、基礎暫定容量の20ワットは消え、残り時

間は新しい負荷データに基づいて計算されます。

4.バッテリーはこの新しい負荷データを読み取り、メモリ(ROM)に記憶させます。

5.バッテリーがカメラから外されても、新しい負荷データは30分間、新たな負

荷を感知するまで保持されます。

6.負荷のないまま30分が経過すると、バッテリーは基礎暫定容量の20ワットに

戻ります。

7.バッテリーがCapacity Level Reached(12.7Vdc)に達すると、バッテリーを

チャージャーに戻すまで、LCDは15分表示のアイコンを点滅し続けます。

8.バッテリーがEOD状態(12.4のVdc)になると、バッテリーをチャージャーに戻

すまで、LCDの5のバーが点滅し続けます。

9.残容量表示が点滅してもバッテリーをチャージャーに戻さなかった場合、残

容量表示は使用不能となり、バッテリーをチャージャーに戻すまで、LCDには

何も表示されません。

※残容量表示が表示されなくなったらそのまま放置せず、必ずチャージャーに

戻してください。

9

8

ダイオニックHCバッテリーの充電時間

1. アナログ表示(バッテリー残容量表示)

LEDセグメント

1∼5のバー全て表示

2∼5のバー表示

3∼5のバー表示

4∼5のバー表示

5のバーのみ表示

5のバーのみ点滅

バッテリー残容量 (% )

100%

80%

60%

40%

20%

EOD (12.4 Vdc)

2. カメラ稼動可能時間表示

LEDセグメント

1時間表示‘3’と15分表示4つ

1時間表示‘3’と15分表示4つ

1時間表示‘3’と15分表示3つ

1時間表示‘3’と15分表示2つ

1時間表示‘3’と15分表示1つ

1時間表示‘2’と15分表示4つ

1時間表示‘2’と15分表示3つ

1時間表示‘2’と15分表示2つ

1時間表示‘2’と15分表示1つ

1時間表示‘1’と15分表示4つ

1時間表示‘1’と15分表示3つ

1時間表示‘1’と15分表示2つ

1時間表示‘1’と15分表示1つ

15分表示4つ

15分表示3つ

15分表示2つ

15分表示1つ

15分表示1つ点滅

カメラ稼動可能時間

4時間以上

3時間45分∼3時間59分

3時間30分∼3時間44分

3時間15分∼3時間29分

3時間∼3時間14分

2時間45分∼2時間59分

2時間30分∼2時間44分

2時間15分∼2時間29分

2時間∼2時間14分

1時間45分∼1時間59分

1時間30分∼1時間44分

1時間15分∼1時間29分

1時間∼1時間14分

45分∼59分

30分∼44分

15分∼29分

14分以下

要充電(12.7 Vdc)

※P7 ディスプレイ表示参照

9

取扱い上のご注意

1.バッテリーは可能な限り、低い温度、もしくは室温で保管してください。バッ

テリーを高い温度の中で長いこと保管することは“早死”する最も多い原因で

す:

(a)充 電:バッテリーは室温で充電してください。暑いところでは、エアコンの

効いた部屋で充電してください。

(b)撮影時:熱い車のトランクの中や直射日光が当たる屋外にバッテリーを放

置しないでください。

(c)リチウムイオンの自然放電特性は優れていますが、ダイオニックHCバッテ

リーの長期保管時は6 ヵ月ごとの頻度での充電を必要とします。これらは携

帯電話用からビデオ用まで、すべてのリチウムイオンに共通した問題です。

バッテリーは長期間保管しないで使用してください。

(d)バッテリーは一部充電した状態で冷暗所に保管してください。バッテリー

を長期間保管しなければならない場合(6 ヶ月以上)はときどき保管場所から

取り出して、放・充電を行ってください。

2.バッテリーを過放電させないでください。カメラやVTRの低電圧警告ランプ

が点灯するまでバッテリーを放電させることはきわめて適切なことですが、

警告ランプが点いたら直ちに新しいバッテリーと交換してください。カメラ

やVTRやライトをONにしたままでその場を離れるようなことは絶対にしな

いでください。バッテリーを過放電させてしまう原因になります。

3.カメラに内蔵されている“保温回路”が働いてバッテリーを消耗させますの

で、バッテリーをカメラやカムコーダーに取り付けたまま運搬したり、保管し

たりしないでください。ダイオニックHCバッテリーは過放電させないための

特別な回路が内蔵されているので、バッテリー自体を守るために送電は遮断

されます。

10

4.長い間、チャージャーから外したままにしておくと、ディスプレイの回路まで

も遮断されてディスプレイに何も表示されなくなるので、バッテリーが低電

圧バッテリーになってしまう可能性があります。バッテリーが低電圧バッテ

リーになってしまった場合はチャージャーに戻してください。チャージャー

にセットされた他のバッテリーの急速充電が完了するまで、低電圧バッテ

11

10

取扱い上のご注意

リーの充電は開始されません。ですからこの場合は低電圧バッテリーをイ

ンタラクティブチャージャーにセットしても認識されません。低電圧バッテ

リーの充電が完全に完了するまでチャ ージャ ーにセットしておいてくださ

い。ディスプレイに表示のないバッテリーをチャージャーにセットする場合

は他のバッテリーを外しておくのもいいでしょう。

 バッテリーのディスプレイが完全に消えている状態から、点滅状態となった

場合は、充電器から一度外し、再度装着してください(数回は着脱を繰り返す

ことをお勧めします)。 これらを実行してもディスプレイの点滅状態が改善

されない場合は株式会社駒村商会 (Tel:03-3639-3351)までご連絡ください。

5.バッテリーを使用機器にセットしたまま、その場を離れるようなことは絶対

にしないでください。

6.日頃、バッテリーの定格を越える放電率(例えば、最大150ワット、ライティン

グに関しては75ワット未満)で使っていると、バッテリーの寿命を縮めるこ

とになります。必ず使用機器の消費電力に適したバッテリーをお選びくださ

い。

7.診断のためのバッテリーの放電は頻繁にやらないでください(せいぜい6∼8

週間に1回程度)。不必要な放電はバッテリーの寿命を縮めるだけです。

8.チャ ージャ ーとバッテリーの端子を定期的にクリーニングして端子の接触

を確保してください。時々、鉛筆用の消しゴムや尖っていない金物で表面を軽

く擦るようにして端子を清掃すると接触不良を防げます。

11

12

カストマーサービス

お買上げのダイオニック HC バッテリーが所定の性能を発揮するよう、厳重

な品質管理の下で製造されていますが、万一、お買上げのバッテリーが正常

に動作しなくなった場合はご面倒でもアントンバウアー日本総代理店、株式

会社駒村商会のカストマーサービス宛てに郵送されるか、カストマーサービ

スまでお持ちください。ダイオニック HC バッテリーの複雑なセンサーや電

子回路を調整・修理できる設備を備えているのは株式会社駒村商会のカスト

マーサービスだけです。このバッテリーを皆様が勝手に修理・調整したり、

正規サービス以外で修理・調整させたりした場合、複雑な電子回路が狂って

さらに深刻な故障につながったり、危険な結果を招きかねませんし、保証も

すべて無効になります。

従いまして:

1.どんな場合でも、ご自身でバッテリーを修理することは絶対にやめてくださ

い。問題があった場合は必ずアントンバウアー日本総代理店、株式会社駒村商

会のカストマーサービスで点検を受けてください。

2.どんな場合でも、バッテリーを分解しないでください。バッテリー内部の電

子回路が損傷して、正常に機能しなくなったり、破裂したりする可能性があり

ます。

3.バッテリーを再生利用しようなどとは絶対に考えないでください、再生は不

可能です。寿命の場合はアントンバウアー日本総代理店、株式会社駒村商会カ

ストマーサービスにご連絡ください。

13

12

予防対策

1.バッテリーを50℃以上の高熱にさらさないでください。直射日光にさらした

り、暑い日にクルマの中に入れておいたり、ヒーターの近くに置いたりするこ

とも厳禁です。これらは電解液の漏れ、性能の低下、バッテリー寿命の短縮に

つながるおそれがあります。

2.長期間、バッテリーを使用しない場合は、保管前にダイオニックHCバッテ

リーを充電し、使用しない期間中は6ヵ月ごとに充電してください。

3.リチウムイオンバッテリーの寿命には限りがあります。フル充電しても駆動

時間が著しく短くなってしまった場合は直ちに新しいバッテリーと交換して

ください。いずれかのセルが寿命になるとこうした駆動時間が短くなる現象

が出始めます。この場合、バッテリーを回復させようと何度も充・放電を繰り

返すようなことは絶対にしないでください。

4.このバッテリーにはリチウムイオンセルを過充電、過放電、過負荷から保護

するための特別な電子回路が組み込まれています。またバッテリーの電圧が

異常に高くなったり、低くなったりした場合、バッテリー内の温度が可動範

囲を超えた場合などに備えて何重もの保護装置も用意されています。バッテ

リーを誤用したり、乱暴に扱ったりすると、こうした電子装置を損なわれる

おそれがあります。強い機械的な衝撃を受けたり、水害などの現場ではバッテ

リーを使用しないでください。

5.バッテリーを落としたり、傷つけたり、ぶつけたりしないでください。外側

ケースが損傷したり、壊れたりしたバッテリーは絶対に使用しないでくださ

い。

13

ダイオニック HC バッテリーの仕様

出力電圧

容量

ヒューズ

公称14.4V

12.4 ∼16.8V(実測)

91ワット

10 Amp内蔵式

推奨放電率

(最大放電率)

50 ∼ 100ワット*

(150 ワット)**

標準駆動時間 @20w:4.5時間

@25w:3.5 時間

@40w:2.25 時間

重 さ

サイズ

充電温度

放電温度

保管温度

794 g

14cm×10.5cm×6cm

0 ∼ 40℃

-20∼60℃

-20∼50℃

14

*** 日頃、バッテリーの定格を越える放電率(例えばダイオニック HC は 91 ワッ

ト以上)で使っていると、バッテリーの寿命を縮めることになります。必ず

使用機器の消費電力に適したバッテリーをお選びください。

15

14

保証規定

重 要:ご購入後、製品に同梱されている保証書は大切に保管してください。

保証書を紛失した場合、以下の保証が適用されません。また、保証書の再発

行はいたしませんのでご注意ください。

インタラクティブ ダイオニック HC バッテリーはすべて厳重なテストと検査

を受けた上で出荷されており、アントンバウアーのロジックシリーズ・イン

タラクティブ チャージャーとの併用を前提として、材質の欠陥、製造上のミ

スに対して保証が適用されます。当製品が定められた最低容量 * を満たせな

かったり、欠陥が見つかったりした場合、以下の保証規定が適用されます:

お買上後 0 ∼ 12 ヶ月:アントンバウアーの判断において、製品を無償で修理、

もしくは交換いたします。

※この 1 年間の保証につきましては、ロジックシリーズ・インタラクティブ

チャージャーの製品番号の提示も必要になります。

本保証では事故、使用上の誤り、不注意、不適切なサービス及びメインテナ

ンスによる故障は対象外となります。純正以外のサービス部品、アタッチメ

ントを使用された場合も本保証は適用されません。本製品を本来の使用目的

以外に使用した場合も使用上の誤りに含まれます。

特異な事故もしくはそれに関連した故障に対しては一切責任を負いません。

文書、口頭、暗黙によるその他の保証にも一切責任を負いませんし、認めら

れません。アントンバウアー社の責任は販売された製品もしくはここに明記

されたその他のものの修理、交換に関する請求にのみ限られます。

* 最低容量とは、定格容量の 70% の性能を意味します。

保証の適用、使用方法、仕様に関するご質問につきましてはアントンバウアー

日本総代理店、株式会社駒村商会のカストマーサービスで承っております。

15

輸送に関して

ダイオニック HC リチウムイオンバッテリーパックは、国際航空運送協会(IATA)、国際民間航

空機関(ICAO)および国連(UN)の定めにおいて、非危険物として航空運送に適合するものです。

ダイオニックリチウムイオンバッテリーパック総等価リチウム含有量が 8 グラム以下です。これ

は IATA および ICAO の定める危険物質基準 PI-965(特別梱包基準項目)の許容範囲に適合します。

したがって、本バッテリーパックは非危険物として航空運送に適合します。

アントンバウアー・インク

アントンバウアー日本総代理店

● " アントンバウアー "、 "ANTON BAUER" は

米国、アントンバウアー社の登録商標です。

株式会社駒村商会

〒 103-0013

東京都中央区日本橋人形町 3-2-4 駒村ビル

TEL.03-3639-3351

FAX 03-3808-0115

●この取扱説明書に記載の製品の仕様・外観・

価格などは予告無しに変更される場合があ

ります。

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement