PCからLAN経由でデジタル信号を監視・制御

PCからLAN経由でデジタル信号を監視・制御
PCからLAN経由でデジタル信号を監視・制御
鉛フリー環境配慮設計
ハンダ工程での鉛フリーハンダの使用や
使用や
組立工程での6価クロムフリーネジの
採用など環境に配慮した製品です。
LAN接続型デジタルIOユニット
LAN Ethernet
工場内のネットワークとして、
(
)が普及したことで、
今後、工場内の産業機器やセンサーの制御や監視に
を利用しようという機運が高まってきました。
LAN
LAN IOシリーズは、PCからLAN(Ethernet)経由で、
遠隔地の警報信号の監視や制御信号のON/OFFを簡単に実現する
小型、低価格のデジタルIOユニットです。
LA-3R2P
リレー接点出力 : 3点 フォトカプラ絶縁入力 : 2点
端 子
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
LA-7P
DO2
リレ ー接点出力2
DO3
リレ ー接点出力3
DI1
DI2
絶縁フォトカプラ入力1+
絶縁フォトカプラ入力1−
絶縁フォトカプラ入力2+
絶縁フォトカプラ入力2−
端 子
記 号
入出力構成
1
COM
入力1−5コモンアノード+
2
DI1
絶縁フォトカプラ入力1−
3
DI2
絶縁フォトカプラ入力2−
4
DI3
絶縁フォトカプラ入力3−
5
DI4
絶縁フォトカプラ入力4−
6
DI5
8
9
10
DI6
DI7
絶縁フォトカプラ入力5−
絶縁フォトカプラ入力6+
絶縁フォトカプラ入力6−
絶縁フォトカプラ入力7+
絶縁フォトカプラ入力7−
リレー接点出力 : 5点
端 子
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
LA-5T2S
入出力構成
リレ ー接点出力1
フォトカプラ絶縁入力 : 7点
7
LA-5R
記 号
DO1
記 号
入出力構成
DO1
リレ ー接点出力1
DO2
リレ ー接点出力2
DO3
リレ ー接点出力3
DO4
リレ ー接点出力4
DO5
リレ ー接点出力5
オープンコレクタ出力 : 5点 フォトカプラ絶縁入力 : 2点
端 子
記 号
入出力構成
1
DO1
オ ープンコレクタ出力1
2
DO2
オ ープンコレクタ出力2
3
DO3
オ ープンコレクタ出力3
4
DO4
オ ープンコレクタ出力4
5
DO5
オ ープンコレクタ出力5
6
COM
7
8
9
10
DI1
DI2
◎出力には保護ヒューズ等は内蔵されていません。短絡保護のため、負荷側で保護ヒューズを挿入してください。
◎誘導性負荷の場合、負荷と並列にダイオードやバリスタを接続しサージ保護してください。
◎故障や外部電源異常等で誤動作,誤出力した場合でも、システム全体が安全側に動作するように、外部で安全回路を設けてください。
出力コモンエミッタ−
絶縁フォトカプラ入力1+
絶縁フォトカプラ入力1−
絶縁フォトカプラ入力2+
絶縁フォトカプラ入力2−
LAN IO
小規模な制御用途に特化したことで、
LANインターフェースを内蔵
しながら、手のひらサイズの小型化と低価格を実現。必要な入出力
点数に応じて4モデルの中から組み合わせてご利用いただけます。
制御対象が工場内に分散していて1カ所当たりの必要点数が多くない
遠隔制御用途に最適です。
【応用例】
【制御対象との接続例】
パソコン
センサ
ランプ
LA-7P
PLC
LA-5R
LA-3R2P
LAN(Ethernet)
試運転や保守作業に配慮
入出力の状態をケース表面のLEDで確認できます
ので、導入試運転の動作チェックが簡単に行えます。
また 、超 小 型でありながら着 脱 式 端 子 台を 装 備
していますので、導入時やメンテナンス時に配線
したまま端子台を着脱でき、作業時間を大幅に
短縮することができます。
FA対応の堅牢設計
2系統入力の電源仕様
現場の電源状況に応じて、ピンヘッダ型コネクタ
またはACアダプター用ジャックのどちらからでも
ACアダプター
DC8∼30Vを給電できます。また、隣接した2台 (別売:DSA-0151F-09A)
のユニット間を電源分岐ケーブルで接続すれば、
1個 のACアダプタで2台 の ユニットに給電でき、
ACアダプター の 設 置ス ペ ー スとコストを 削 減
できます。
1台目
2台目
(増設)
電源分岐ケーブル
(別売:LAH-2XH)
ノイズに強く堅牢な金属筐体や−10∼55℃の広い
動作温度範囲により、過酷なFA現場環境でも安心して
導入いただけます。
また、別売りDIN取付プレート
(型番:SI-DIN70)を利用して
35mmDINレールへの取り付け
にも対応可能です。
LANインターフェー ス 部にラントロニクス 社 XPort TM を 内 蔵 。
10Base-T/100Base-TXを自動判定してLANに接続できます。
TCP/IP, UDP/IP, ARP, ICMP, SNMP, TFTP, Telnet,
DHCP, BOOTP, HTTP等、多くの通信手順に対応していますので
安心してご利用いただけます。
【XPortTM搭載】
パソコンからの簡単制御
パソコンから簡単な制御コマンドを送ることで入出力を
制御できます。LAN上のユニットは、
IPアドレスだけで
なく、機種番号やロータリスイッチで設定したID番号で
識別できますので、
LAN上に同一モデルを複数接続
している場合でも確実に目的の1台を特定できます。
制御ソフトを標準添付
メールアラート機能
標準添付の制御ソフト(LAPC10.exe)を利用すれば、入力状態の確認や出力信号の
ON/OFFなどの基本動作をお手持ちのPCから簡単に行えます。
LA-7PとLA-5T2Sは、XPort TM のメールアラート
機能を利用して、事前登録した特定のメールアドレス
に対して入力信号の変化を知らせるeメールを送信
できます。
警報信号を入力すれば、異常発生時にeメールで通知
するシステムをPCレスで実現できます。
制御ソフトLAPC10の機能
動作OS:Windows98/Me/2000/Xp
※この機能はLA-7PのDI6、DI7とLA-5T2SのDI2のみ可能です。
● LAN上のユニットを検索表示
● 出力信号を指定周期でON/OFF制御
● 入力信号を指定周期でON/OFF表示
● 入出力履歴をCSV形式で保存
独自の制御システムを開発可能
Visual BasicやC言語用の入出力関数ライブラリやソースコード付きの 【入出力関数の例】
サンプルプログラムも用意されていますので、PCで動作する他のソフトウェアと LELanioSearch(int msec)
連携した独自の制御システムなどを短時間に開発することができます。
LELanioGetId(int lanio, int *id)
*入出力関数ライブラリやサンプルプログラムはライセンスフリーでご利用いただけますが、
その使用方法などに関する無償サポートは行っておりませんので予めご了承ください。
プログラム開発のサポートや特定用途向けアプリケーションの開発は有償で承りますので、
お気軽に弊社営業部までお問い合わせください。
LAN上のユニットを検索
ID番号を取得
LELanioConnectByIdModel(int id, int model)
指定モデル指定IDに接続
LELanioConnectByIpAddress(char *ipaddr)
指定IPアドレスに接続
LELanioOutPio(hLANIO handle, int pio, BOOL active)
指定do信号のon/off制御
LELanioInPio(hLANIO handle, int pio, BOOL *active)
指定di信号のon/off確認
■ 仕 様
モデル名
入出力構成
入力 : 7点
出力 : 3点 / 入力 : 2点
出 力 回 路
定格制御電圧
リレ ー接点( 1a )[※1]
−
AC250V / DC30V [※2]
−
5A / 1点( 抵抗負荷 )
最大負荷電流
定格入力電圧
入力インピーダンス
ON/OFF電圧
フォトカプラ絶縁オープンコレクタ(エミッタ共通)
AC250V / DC30V[※2]
−
DC5V∼45V
5A / 1点( 抵抗負荷 )
0.2A / 1点( 抵抗負荷 ) 20A / 5点合計( 抵抗負荷 )
0.8A / 5点合計( 抵抗負荷 )
フォトカプラ絶縁入力
フォトカプラ絶縁入力(内5点はアノード共通)
−
フォトカプラ絶縁入力
DC12∼24V
DC12∼24V
−
DC12∼24V
4.7KΩ ( 5mA/24V )
4.7KΩ ( 5mA/24V )
−
4.7KΩ ( 5mA/24V )
15A / 3点合計( 抵抗負荷 )
入 力 回 路
出力 : 5点 / 入力 : 2点
出力 : 5点
リレ ー接点( 1a )[※1]
off→on : 9V以上
off→on : 9V以上
on→off : 7V以下
on→off : 7V以下
off→on : 9V以上
−
on→off : 7V以下
着脱式 ヨーロピアン端子台 5.08mmピッチ 10極 適合電線 : 単線、より線(棒端子使用) AWG24∼12 電線被覆剥きしろ5mm 締め付けトルク0.5Nm
入出力端子台
入出力表示LED
出力 : 3個 入力 : 2個
入力 : 7個
出力 : 5個
出力 : 5個 入力 : 2個
LANインターフェース
RJ45コネクタ 10Base-T/100Base-TX自動検知 Ethernet : IEEE 802.3
LANプロトコル
TCP/IP, UDP/IP, ARP, ICMP, SNMP, Telnet, DHCP, BOOTP, HTTP
LAN状態表示
RJ45コネクタ部2色LED: 2個 10Base-T/100Base-TX 接続状態を表示( 通信中、アイドル、全2重Full duplex、半2重Half duplex )
機器ID設定
No.0∼15 ( 16ポジション ロ ータリースイッチで選択 )
メールアラート機能
−
○( DI6、DI7のみ可 )
−
○( DI2のみ可 )
電 源
DC8∼30V 無極性 最大3W DC-IN1( ACアダプタジャック)またはDC-IN2(ピンヘッダ型2pinコネクタ)の2系統入力[※3]
温湿度条件
動作温度 : −10∼55℃ 保存温度 : −20∼75℃ 湿度条件 : 5∼95%RH( 結露しないこと)
使用雰囲気
引火性ガスや腐食性ガスがないこと。ほこり( 特に導電性のもの )がひどくないこと
耐 ノイズ
ノイズシミュレ ータにて±1500Vp-p、パルス幅 50nS/1μS、ノーマル/コモンモ ード
耐 電 圧
AC2000V、1分間 リレ ー出力一括と筐体間、リレ ー出力一括と電源一括間、リレ ー出力一括と入力一括間
絶 縁 抵 抗
DC500Vメガーにて50MΩ以上 入力/出力一括と筐体間、入出力一括と電源一括
寸 法・質 量
74×106×30mm( W×D×H )、約280g
取 付 方 法
据え置き、または、本体の裏面のM3ネジ穴を利用して固定。 別売りのDIN取付プレ ート( 型番 : SI-DIN70 )を使用して35mmDINレ ールに取付可能
付 属 品
ユ ーティリティ&サンプルソフトCD, 電源ケ ーブル, 取扱説明書, 保証書
※1 :リレーの電気的接点寿命は、最大負荷時10万回以上(抵抗負荷、開閉頻度20回/分)です。
※3 : DC-IN1は、別売りのワイド入力ACアダプタ〈DSA-0151F-09A〉が適合します。DC-IN2は、付属の電源ケーブル
または別売りの電源分岐ケーブルが適合します。
ケーブルを自作される場合は、AWG♯24∼22サイズの電線および、日本圧着端子製造(株)製ハウジング(XHP-2)
と圧着コンタクト(SXH-001T-P0.6)を使用してください。
※2 : DC負荷に対する接点最大許容電圧は、DC110V(0.3A)です。
■ 各部の説明
■ 据付方法
【据え置き】
本体裏面のネジ穴を利用して制御盤パネル等にネジ止めできます。
[ケース裏面のM3ネジ穴位置]
27
[パネル穴加工 参考図]
43
ゴム足
7.5
25
17.5
70
穴
.5
穴
ジ
ネ
3
3
φ
4−
M
4−
※パネル厚み1mmの時は
長さ5∼6mmのネジを使用してください。
入出力端子台
電源入力ジャック(DC-IN1)
電源入力コネクタ(DC-IN2)
リセットスイッチ
ID設定用ロータリースイッチ
【DINレールへの取付】
別売りDIN取付プレート(型番 : SI-DIN70)を利用して、
35mm幅DINレールへ取り付けることができます。
LANコネクタ
10/100Base-TXリンクLED
電源確認LED
入出力表示LED
■ オプション
DSA-0151F-09A
LAH-2XH 電源分岐ケ ーブル
LAH-15XH
電源ケ ーブル
SI-DIN70 DIN取付プレ ート
ワイド入力ACアダプター
入 力 : AC100∼240V、
50/60Hz
出 力 : DC9V、
2A
プラグ: センター 、外径5.5mm、内径2.1mm
安全上のご注意
本社・営業部
技術センター
● URL
2台目ユニットに電源を分岐供給するときに利用します。
両側XHコネクタ付ケーブル0.2m。電線AWG♯22
本製品をご使用の際は、
添付の取扱説明書をよくお読みいただき、
取扱説明書にそって
お使いください。取扱説明書で保証していない使い方、
仕様範囲以外の装置との接続、
改造等につきましては故障・事故の原因となります。万一、保証外の使用方法で故障・
事故などが発生した場合は責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
付属品と同等。
片側XHコネクタ付ケーブル1.5m。電線AWG♯22
35mmDINレールに取付けるときに利用します。
●本カタログに記載の会社名、
商品名は各社の商標または登録商標です。
●本カタログに記載の製品仕様、デザイン等は2004年7月現在のものです。改良のため予告なく変更することが
ございますのでご了承ください。
●製品の色は印刷のため実物と多少異なる場合があります。●このカタログからの無断転載はかたくお断りいたします。
©2004 by LINE EYE CO., LTD.
〒601−8468 京都市南区唐橋西平垣町39−1 丸福ビル5F
T E L . 0 7 5−6 9 3−0161 F AX.075−693−0163
〒526−0817 滋賀県長浜市七条町305−1
T E L . 0 7 4 9−6 3−7762 F AX.0749−63−4489
http://www.lineeye.co.jp ● E-mail : [email protected]
※株式会社ラインアイは、元積水化学工業株式会社の電子機器開発メンバーがセキスイ
ベンチャー基金からの出資を受けて設立したベンチャー企業です。2000年10月より
セキスイ電子株式会社の電子機器事業は株式会社ラインアイが事業継承しました。
Printed in Japan
L-047J/LE G
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement