PDFが開きます

PDFが開きます

建物オーナー・管理者向け

『建物の自己診断・評価シート

∼ビル収益力アップの第一歩∼

有限会社  

環境設計コンサルタント

1

スタート!

1 目的

ビルの資産価値や収益性を高めたい!そう思いませんか?

 それにはまず、ビルの現状を知ることが大切です。現状を把握し、問題点を改善していくことが

ビルの資産価値や収益性を高めるための第一歩につながります。

 この自己診断・評価シートは、資産価値や収益性を高めたいがどうやっていいのかわからない

オーナー・管理者の皆様のためのご参考になればと考え作られました。

 ぜひ、このシートをご活用いただき、ご自身でビルを診断。評価をしてみてください。そして、資産

価値・収益性を高めるためにお役立てください。

2 診断の手順

診断シートは大きく4つに区分してあり、設問は

A.の基本性能    

B.の建築現況

-

-

設問A1からA10

設問B1からB9

C.の設備現況

D.の保全のあり方

-

-

設問C1からC18

設問D1からD24 合計61あります。

自己診断は次の手順によって進めてください。

ステップ 1  「診断シート」の各設問(全61問)について、現況欄の該当する点数欄に印をつける。

ステップ 2

ステップ 3

 全問チェックし終えたら、順に点数を計算してください。

ステップ2で計算した点数を10ページの評価の手順に従って「評価表」と照らし合わせてください。

2

1

シー

区分

A1

A2

A3

A4

A5

A6

A7

A8

A9

A10

設問

基準階の天井の高さは?

空調設備の主要方式は何ですか?

※1

現況

4点

フリーアクセスフロアは採用している場

合の高さはどのくらいですか?

はい  100

㎜以上

主要な部屋の床面積当たりのOA電源

容量は?

50VA/㎡以

3点

2.8m以上

2点

2.6m以上・

2.8m未満

はい 50mm

以上・

100mm未満

はい 50mm

未満

個別分散式

(個別制御)

フロア別方

式(1フロア

同一ゾーニ

ング)

1点

2.5m以上・

2.6m未満

セントラル方

式(複数フロ

ア同時制御)

0.5点

35VA/㎡以

上・50VA/㎡

未満

35VA/㎡未

わからない

耐震性※2

アスベストはありますか?

PCBの使用はありますか?

代替フロンへの転換は進んでいます

か?

雨水・雑排水の中水利用など自然資

源の有効かつ効率的配慮がなされて

いますか?

防犯システム(ITV、鍵管理システムな

ど)はありますか?

1981年以降

いいえ

ある

1980年以前

わからない

いいえ

はい

はい

0点

2.5m未満

いいえ

はい

わからない はい

わからない いいえ

いいえ

ない

[コメント] A.集計欄    チェック個数         得点小計

3

2

シー

区分

B1

設問

外部の状態で気になっている所・外壁

にひび割れが見られる

現況

4点

B2

B3

B4

B5

B6

外部の状態で気になっている所・屋上

の防水層が膨らんでいる。

外部の状態で気になっている所・屋根

の排水がうまくなされていない。

外部の状態で気になっている所・屋根

に雑草が生えている。

外部の状態で気になっている所・窓が

あきにくい。

B7

B8

B9

床の仕上材で、割れたり剥がれたり、

変色している所はありますか?

壁の仕上材で、割れたり剥がれたり、

変色している所はありますか?

天井の仕上材で、割れたり剥がれた

り、変色している所はありますか?

雨漏りがありますか?

[コメント]

3点

いいえ

2点

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

1点

わからない

わからない

わからない

わからない

わからない

いいえ

いいえ

いいえ

わからない

B.集計欄    チェック個数         得点小計

0.5点 0点

はい

はい

はい

はい

はい

わからない はい

わからない はい

わからない はい

はい

4

3

シー

区分

C1

C2

C3

C4

C5

C6

C7

C8

C9

C10

C11

設問

施設部位に応じた席せつな運転制御

がなされていますか?

設備の運転、操作担当者はどんな人

ですか?

調

室内温度について苦情はあります

か?

室内湿度について苦情はあります

か?

空気の気流、部屋内の温度差に不満

はありますか?

空気清浄度についてはどのようにお感

じですか?

臭気や目に刺激を与えていることはあ

りませんか?

室内環境データは、定期的に測定して

いますか?

電気容量についてどの様にお感じです

か?

現況

4点

室内照度についてどの様にお感じです

か?

エレベーターの待ち時間が長いなどの

クレームはありますか?

3点 2点

はい

専門者

ない

ない

ない

満足

ない

1点

わからない

専門外

普通

0.5点 0点

いいえ

なし

はい 一部

不足は感じ

ない

増設予定中

心配してい

いいえ

満足 暗い

場所によっ

て差が大き

ある

ある

ある

不満足

ある

いいえ はい

5

3

シー

区分 設問

C12

受水槽の周辺は十分な点検スペース

がありますか?(六面点検が可能です

か?)

C13

C14

C15

C16

C17

C18

給水の圧力が弱いと感じる時がありま

すか?

濁り水あるいは赤水が出るときがあり

ますか?

給湯温度について温度が低い時或い

は温度が上がるまでに時間がかかる

と感じたときはありますか?

排水関係で臭気が気になったことがあ

りますか?

衛生器具の汚れや割れが気になる場

所はありますか?

配管から水漏れや騒音が発生したこと

がありますか?

現況

4点

[コメント]

3点 2点

ある

ない

ない

ない

ない

ない

今はない

1点

わからない

たまにある

たまにある

C.集計欄    チェック個数         得点小計

0.5点

十分とは言

えない

0点

ある

よくある

ある

よくある

ある

現在ある

6

4

シー

区分

D1

D2

D3

D4

D5

D6

D7

D8

D9

D10

D11

D12

D13

設問

長期保全計画は作成されています

か?

計画的に修繕改修をおこなっています

か?

建物の劣化調査診断は、実施されまし

たか?

劣化調査診断に基づく改修は実施さ

れましたか?

省エネルギー管理は行っています

か?

器具の修理・更新は安全かつスムー

ズに行えますか?

メンテナンスのし難いところはあります

か?

現況

4点

保全台帳は整備されていますか?

耐用年数を設定した維持保全を行って

いますか?

業務委託が適切になされています

か?

耐震診断は実施されましたか?(1981

年以降に設計された建物の場合はは

いに印をする)

耐震補強は実施されましたか?(1981

年以降に設計された建物の場合はは

いに印をする)

消防計画届出及び防火管理者を選任

していますか?毎年消防訓練を実施し

ていますか?

3点 2点 1点

はい

計画的

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

0.5点 0点

いいえ

一部 事後

実施の検討

をしている

実施の検討

をしている

実施の検討

をしている

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

少しある 多くある

いいえ

いいえ

いいえ

実施の検討

をしている

いいえ

実施の検討

をしている

いいえ

いいえ 7

シー

4

区分

D14

D15

D16

設問

高齢者対応や身障者対応はされてい

ますか?

建物内部・外部からの騒音・振動に対

する苦情はありますか?

ゴミ置き場の設置状況・管理は適切に

行われていますか?

現況

4点

D17

D18

D19

D20

D21

D22

建築基準法・消防法など方基準に適

合していますか?また、各種法令の基

準を満たすよう努力していますか?

法的な定期報告は適切に実施されて

いますか?

完成図書(取扱説明書、試験成績書)

はありますか?

構造計算書はありますか?

改修した場合、適切に竣工図を訂正し

ていますか?(これから改修する方⇒

適切に竣工図を訂正することを知って

いましたか?)

建築意匠竣工図はありますか?

D23 設備竣工図はありますか?

D24 確認申請書の控えはお持ちですか?

[コメント]

3点 2点 1点

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

はい

D.集計欄    チェック個数         得点小計

0.5点 0点

いいえ

ある

いいえ

わからない いいえ

わからない いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

わからない いいえ

わからない いいえ

わからない いいえ

8

総合判断

総合

  E=A+B+C+D

〔総評〕

『診断シート記入』に当たっての注意事項

※1:空調の自由度についてお伺いしてます。 ※2:1981年より耐震設計思想が

一新され、通称『新耐震設計法』になりました。竣工年賀1980年以前の建物でも

新耐震設計法に準拠していれば「1981年以降」(3点)にチェックしていただいて結

構です。また逆に竣工年が1981年以降でも旧耐震設計法に準拠している場合

は「1980年以前」にチェックしてください。

建物名

竣工年

所在地

記入年月日

記入者

9

評価の手順

ステップ①

診断シートの計算結果を以下の手順で評価してください。

ビルの築年数が下の「評価表」のどの欄に該当するか、ご確認ください。

ステップ②

該当する築年数の横軸に沿って計算結果がどの評価ランク(ⅠⅡⅢ)に該当するか、

評価表に従ってチェックしてください。

「A.基本性能」「B。建築現況」「設備現況」「D.保全のあり方」及び「E.総合(総合計)」欄をチェックしてください。

評価表 築年数

築15年未満

区分

A基本性能

B.建築現況

C.設備現況

19以上

14以上

27以上

D.保全のあり方 18以上

E.総合 78以上

点数を評価ランク(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)

19未満∼12以上

14未満∼12以上

27未満∼16以上

18未満∼12以上

78未満∼52以上

12未満

12未満

16未満

12未満

52未満

築15年以上

築25年未満

築25年以上

A基本性能

B.建築現況

17以上

13以上

C.設備現況 25以上

D.保全のあり方 17以上

E.総合

A基本性能

B.建築現況

C.設備現況

72以上

14以上

12以上

23以上

D.保全のあり方 14以上

E.総合 63以上

17未満∼11以上

13未満∼11以上

25未満∼16以上

17未満∼11以上

72未満∼49以上

14未満∼10以上

12未満∼10以上

23未満∼14以上

14未満∼11以上

63未満∼45以上

11未満

11未満

16未満

11未満

49未満

10未満

10未満

14未満

11未満

45未満

※配点の考え方:当評価では「古い建物(築年数の多い建物)は現在までのニーズにこたえ続けてきた」ことへの価値を評価し、築年数によって若干の差を設けています。

ステップ③ 以下の『評価結果の判定』をご覧ください。

評価結果の判定

Ⅰ 有料建築!と言っていいでしょう。(但し、得点の低かった区分については診断をおすすめします)

Ⅱ 特に問題はない様です。(但し、得点の低かった区分については診断をおすすめします)

Ⅲ 問題がありそうです! なお、評価結果の判定は目安としてお考えください。

評価結果が気になったら・・・ 

 評価の気になる方は、以下の専門技術者のいる会社に調査診断を依頼されることをお勧めします。

建築仕上診断技術者(ビルディングドクター(非構造))

建物の外壁、防水などの「仕上げ」の診断を行い、補修・改修の適切なアドバイスを行う専門家。

建築設備診断技術者(ビルディングドクター(建築設備))

電気、空調、給排水等の建築設備の診断を行い、補修・改修の適切なアドバイスを行う専門家。

建築・設備総合管理技術者

「維持保全計画」を策定し、この遂行に勤める建築物の維持保全のエキスパート。 10

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement