310689E ProMix Easy Operation, Japanese

310689E ProMix Easy Operation, Japanese

操作

複合コンポーネントプロポーショナ

重要な安全に関する説明

本取扱説明書のすべての警告および説明を参照して

下さい。説明書は保管するようにして下さい。

最大使用圧力および許容範囲を含むモデル情報につ

いては 3 頁を参照して下さい。

310689E

TI4909a

2

内容

内容

内容 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2

説明書規約 . . . . . . . . . . . . . . . . . 2

ProMix Easy モデル . . . . . . . . . . . . . . 3

関連の説明書 . . . . . . . . . . . . . . . . 4

警告 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5

概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7

使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7

ユーザインタフェース . . . . . . . . . . . 7

設置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . 8

電源接続 ( 非 IS 装置のみ ) . . . . . . . . 8

エアコントロール . . . . . . . . . . . . . 10

ソレノイドモジュール . . . . . . . . . . . 10

溶液制御 . . . . . . . . . . . . . . . . . 10

操作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12

圧力開放手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 14

ガンに接続された液体マニホルド . . . . . . 14

液体マニホルドに接続されたポンプ . . . . . 15

洗浄 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16

液体マニホルドの洗浄 . . . . . . . . . . . 16

システム全体の洗浄 . . . . . . . . . . . . 18

プライミング . . . . . . . . . . . . . . . . 20

ポンプテスト . . . . . . . . . . . . . . . . 22

スプレー作業 . . . . . . . . . . . . . . . . 24

バッチ調合または比率点検 . . . . . . . . . . 25

ポットライフタイマ . . . . . . . . . . . . . 26

再循環設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 27

シャットダウン . . . . . . . . . . . . . . . 28

ポンプベースシステムの再校正 . . . . . . . . 29

ポンプ校正値の設定 . . . . . . . . . . . 29

ポンプセンサの校正 . . . . . . . . . . . 29

メータベースシステムの再校正 . . . . . . . . 30

メータの校正 . . . . . . . . . . . . . . 30

メータの K- 係数設定 . . . . . . . . . . 31

警告 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32

パフォーマンスチャート . . . . . . . . . . . 34

技術データ . . . . . . . . . . . . . . . . . 36

寸法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

壁取り付け図 . . . . . . . . . . . . . . . . 39

Graco 社標準保証 . . . . . . . . . . . . . . 40

Graco Information . . . . . . . . . . . . . 40

説明書規約

警告

警告 : 潜在的危険があり、回避しないと死亡または

重大な人身事故の発生する恐れがある場合。

注意

注意 : 潜在的危険があり、回避しないと物的損害また

は装置破損の発生する恐れがある場合。

注 :

追加の有用な情報が記載されています。

(「取り付け」等の ) 説明中にある警告 には、通常危

険を示すシンボルマークが表示されています。説明に

従うとともに、追加の情報については一般警告ページ

5-6 の「危険」の章を参照して下さい。

例 :

警告

警告を読み、以下の説明に従って下さい。

310689E

ProMix Easy モデル

ProMix Easy モデル

警告

非危険区域用としてのみ承認された装置を危険区域

に設置しないで下さい。 部品を代用すると、本質的安

全性が損なわれ、人身事故が発生する恐れがありま

す。5 頁を参照のこと。

危険区域用

クラス I、区分 1、グループ D ( 北米 ); クラス I、ゾーン 1 および 2 ( 欧州 )

ProMix

Easy

部品番号 .

234596

234606

234608

234609

234611

234612

234613

234618

234619

234597

234598

234599

234601

234602

234603

234604

234605

234600

234825

234607

234826

234610

234827

* cst= 炭素鋼

310689E

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

シリー

A

A

A

A

説明

UltraMix

cst* ポンプ、ホースお

よびガン

壁取り付け型、UltraMix cst* ポンプ /G3000 メータ

壁取り付け型、UltraMix sst** ポンプ /G3000 メータ

壁取り付け型、UltraMix cst* ポンプ

壁取り付け型、UltraMix sst** ポンプ

壁取り付け型、 HydraMix

500 cst* ポンプ /

G3000 メータ

壁取り付け型、HydraMix 500 sst** ポンプ /

G3000 メータ

壁取り付け型、HydraMix 600 cst* ポンプ /

G3000 メータ

壁取り付け型、HydraMix 600 sst** ポンプ /

G3000 メータ

壁取り付け型、HydraMix 500 cst* ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 500 sst** ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 600 cst* ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 600 sst** ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 700 cst* ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 700 sst** ポンプ

壁取り付け型、 G3000 メータ、cst* 混合マニホルド

壁取り付け型、G3000 メータ、sst** 混合マニホルド

非危険区域用

壁取り付け型、UltraMix cst* ポンプ

壁取り付け型、UltraMix sst** ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 500 cst* ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 500 sst** ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 600 cst* ポンプ

壁取り付け型、HydraMix 600 sst** ポンプ

最大使用圧力 psi (MPa, bar)

250 (1.7, 17)

250 (1.7, 17)

250 (1.7, 17)

250 (1.7, 17)

250 (1.7, 17)

2400 (16, 166)

2400 (16, 166)

3400 (23, 234)

3400 (23, 234)

2400 (16, 166)

2400 (16, 166)

3400 (23, 234)

3400 (23, 234)

4700 (32, 324)

4700 (32, 324)

4000 (28, 280)

4000 (28, 280)

** sst= ステンレス鋼

250 (1.7, 17)

250 (1.7, 17)

2400 (16, 166)

2400 (16, 166)

3400 (23, 234)

3400 (23, 234)

承認

危険区域用

FM std 3600 & 3610

クラス I 区域 1

グループ D T3

に準拠

ISSeP 04 ATEX 020X

EEx ia p IIA T3

CAN/CSA

22.2 No. 157-92

& No. 1010.1-92

UL std 61010A-1

CSA std C22.2 No.

1010.1-92 に準拠

3

4

関連の説明書

説明書

309908

309909

310654

310655

310662

310671

310672

310673

310674

310675

310676

310677

310678

310700

309192

309623

308778

308034

関連の説明書

英語版コンポーネント説明書

説明

ProMix Easy の操作

ProMix Easy の修理 - 部品

液体混合マニホルド

ディスペンスバルブ

UltraMix および HydraMix 交換用ポンプ

UltraMix ポンプ

HydraMix ポンプ

循環キット

スタンドおよびキャスターキット

AC 電源

リモートマニホルドキット

ヒータ取り付けキット

TSL ポンプキット

ガンエアレギュレータキット

ISO 供給キット

データダウンロードキット

G3000 フローメータ

タービン発電機修理キット

以下の言語の説明書がご利用頂けます :

説明書

309908

310679

310681

310683

310685

310687

310689

310768

310770

310772

言語

英語

フランス語

スペイン語

ドイツ語

イタリア語

中国語

日本語

オランダ語

フィンランド語

スウェーデン語

310689E

警告

以下の一般的警告は、本装置の安全な設定、接地方法、保守および修理に関するものです。追加の個別警告は、

本説明書の必要な箇所に記載されています。

警告

警告

火災、爆発の危険

溶剤または作業場所中で気化した塗料のような可燃性ガスは、引火または爆発の恐れがあります。

火災および爆発を避けるには :

十分換気された場所でのみ使用するようにして下さい。

パイロット灯やタバコの火、携帯電灯およびプラスチック製たれよけ布などのすべての着火源

( 静電アークが発生する恐れのあるもの ) は取り除いて下さい。

溶剤、雑巾およびガソリンなどの不要物を作業場所に置かないようにして下さい。

引火性の気体が充満している場所で、プラグの抜き差しや電気のスイッチの ON/OFF はしない

で下さい。

作業場所にある装置および導電性物質を接地して下さい。操作手順 の説明を参照して下さい。

接地済みホースのみを使用するようにして下さい。

容器中に発射する場合、噴霧器を容器の接地側に向けてしっかりと持ってください。

静電スパークが発生したか、またはショックを感じた場合は、 直ちに運転を中止して下さい。

原因を特定し、それが除去されるまで装置を使用しないで下さい。

作業現場には消火器を備え置くようにして下さい。

皮膚への高圧噴射よる危険

ガン、ホースの漏れ部分または部品の破裂部分から噴出する高圧の液体は皮膚に突き刺さります。これ

はただの切り傷のように見えても、切断に至る重大な怪我になります。すぐに医師の手当てを受けて下

さい。

ガンを人や体の一部に向けないで下さい。

スプレーチップの上に手を置かないで下さい。

液漏れを手、体、手袋または雑巾等で止めたり、防いだりしないで下さい。

チップガードおよびトリガガードが付いていない状態で絶対にスプレーしないで下さい。

スプレーを行なわない時は、引き金をロックして下さい。

スプレー作業を中止する場合、または装置を清掃、点検、修理する前には、 本取扱説明書の 圧力

開放手順 に従って下さい。

回転部品の危険

は突然始動する可能性があり、この場合、重大な人身事故に至る恐れがあります。

回転部品を汚れのない状態に保つようにして下さい。

保護ガードまたはカバーを外したまま装置を運転しないで下さい。

加圧された状態では、警告を表示せずに装置を始動させることが可能です。装置の点検、移動また

は修理前には、本説明書の圧力開放手順 に従って下さい。電源またはエア供給接続を外します。

310689E 5

警告

警告

装置の誤用による危険

装置を誤って使用すると、死亡事故または重大な人身事故を招くことがあります。

最大使用圧力または最低定格システムコンポーネントの温度定格を超えないようにして下さい。

すべての装置説明書の 技術データ を参照のこと。

接液部品に適合した液体および溶剤を使用して下さい。すべての 装置説明書の技術データを参照

のこと。液体および溶剤製造元の警告も参照して下さい。

毎日、装置を点検して下さい。磨耗した部品や損傷した部品は直ちに修理するか交換して下さい。

装置を改造しないで下さい。

一般目的には使用しないで下さい。

本装置は、定められた用途にのみ使用するようにして下さい。詳しくは Graco 社販売代理店にお問

い合わせ下さい。

通路、尖った部分、回転部品および表面の熱い部分を避けて、ホースおよびケーブルの取り付けを

行って下さい。

ホースを引っ張って、装置を引き寄せたりしないで下さい。

適用されるすべての安全に関する法令に従って下さい。

有毒な液体または気体の危険

有毒な液体や気体が目に入ったり皮膚に付着したり、吸込んだり、飲み込んだりすると、重傷を負

ったり死亡する恐れがあります。

MSDS を参照して、ご使用の液体の危険性について確認するようにして下さい。

有毒な液体は保管用として認定された容器中に保管し、破棄する際は適用される基準に従って

下さい。

個人用保護具

目の怪我、有毒気体の吸入、火傷および聴力喪失等の重大な人身事故を避けるため、装置の運転、修理

を行う時、または運転場所にいる時には適切な保護具を着用する必要があります。保護具の例としては

以下のようなものがあります :

保護眼鏡

液体および溶剤製造元が推奨する服および呼吸マスク

手袋

耳用保護具

6 310689E

概要

概要

2.

始動ボタン 機能を開始します。

使用

ProMix Easy は2種類の異なる塗料を混合します。こ

の装置で “ 急結 ” 塗料 ( これらのポットライフは 5

分以下です ) を扱うことはできません。扱う場合は、

装置の改造が必要です。

ProMix Easy は以下および 10 頁に記載されているユー

ザーインタフェース、エアコントロールおよび液体コ

ントロールを使用して運転します。図 . 1 および図 . 3

を参照のこと。

ユーザインタフェース

ユーザーインタフェースには 6 つのメインインタ

フェースがあります。

1.

機能ノブ希望の機能を選択します :

3.

停止ボタン 機能を終了します。

4.

キースイッチ比率、ポットライフ時間、ポットラ

イフ量または校正データを変更します。

5.

表示用ディスプレイ (5 桁 ):

起動時のソフトウェア修正レベル

比率

ポットライフ時間およびリセット量

アラームコード

センサ校正原因

6.

データポート PC シリアルポート接続によりボ

リュームトータライザ、運転、比率設定およびエ

ラー警告データのダウンロードが可能です。

警告

アイコ

機能

スプレー :

マテリアルを混合させ、スプ

レーします。

運転 A:

B とは個別に、A を 12 回転 ( メー

タ計測で 500 cc) 運転 ( プライム、洗浄 )

します。

運転 B:

A とは個別に、B を 12 回転 ( メー

タ計測で 500 cc) 運転 ( プライム、洗浄 )

します

バッチ調合 :

混合された A および B を調

合します (1 パイント /500 cc)。

ポンプテスト :

規定量の A および B を調

合し、ポンプ運転の確認を行います。

再循環 :

液体 A および B を混合マニホル

ドまで循環させます。

ポットライフタイマ :

残りのポット p ライ

フ時間を表示します。.

圧力開放 / パーク : 圧力を開放し、ポン

プをストローク下部まで作動させます。

14 頁を参照のこと。

本質的安全が損なわれるのを避け、かつ火災よび爆

発の危険を減少させるには、PC を非危険区域に設置

するとともに、PC および ProMix Easy 装置間に安全

バリヤを取り付ける必要があります。ProMix Easy

データダウンロードキット説明書 309623 を参照の

こと。

4

6

3

LT

5

1

2

システムトータライザは、スプレーおよび

バッチ調合のみをカウントします。

A および B インジケータ (LT) は、いずれのディ

スペンスバルブが開いているかを示します。

図 . 1 ユーザインタフェース

サーキットボード、ソフトウェアまたはセンサを

交換する場合、またはアラーム 8 が鳴った場合に

は、サーキットボードを再校正する必要がありま

す。29 頁ポンプベースシステムの再校正を参照の

こと。

310689E 7

8

設置

設置

図 . 3 で図示した代表的な設置例は、実際的なシステ

ム構成ではありません。システム構成については Graco

サイズおよび圧力定格が適正で、システム要件に合致

していることを確認して下さい。

本文中の参照番号および文字は、図の番号および文字

に対応しています。

本文中のアイコンは、ユーザインタフェース上のアイ

コンに対応しています。

電源接続 ( 非 IS 装置のみ )

ProMix Easy の非 IS 装置は、93-250 Vac、最大 1.2 ア

ンペア電流の 50/60 Hz 入力電源で動作します。電源回

路は、最大 15 アンペアの回路ブレーカで保護する必要

があります。スイッチまたは回路ブレーカは、オペ

レータの手が届く範囲の ProMix Easy の近くに取り付

ける必要があります。スイッチまたは回路ブレーカは、

ProMix Easy の切断用装置として表示される必要があり

ます。

装置を最初に使用する場合、または 2ヶ月以上使

用していない場合は、装置を ON にして 8 時間バッ

テリの再充電を行います。設定プログラムで日時

の再設定を行います。設定プログラムはデータダ

ウンロードキットに含まれています。

最低 1ヶ月に1度 8 時間以上の連続運転を行い

バッテリ容量を一定に保ちます。バッテリの定期

的な再充電を行わないと、データがリセットされ

る場合があります。データがリセットされた場合、

データログ中のデータが不正確になります。

本質的安全が確保されていない装置では、電源

コード ( 別売 ) を使用して配線または電源供給を

行う必要があります。電源コードは、ご使用の地

域の電源構成に適合している必要があります。ワ

イヤのゲージサイズは 14AWG のものを使用するよ

うにして下さい。電源コードワイヤ (L1, L2,

GND) を、空気圧制御ボックスの端子ブロック (Y)

に接続します。図 . 2 を参照のこと。

警告

本装置は、正常に動作しない際に感電またはその他

の重大な人身事故を引き起こす可能性のある部品に

を有する電気工事士に主電源スイッチ端子への電源

接続および接地工事を行わせるようにして下さい。5

頁の警告を参照のこと。 設置が国、自治体の安全およ

び消防に関する法令に準拠してることを確認して下

さい。

取り付け

ProMix Easy は、スタンド取り付け、カート取り付けま

たは壁取り付けが可能です。壁取り付け型装置の改造

には、スタンドおよびキャスターキットがご利用頂け

ます。Graco 社販売代理店にお問い合わせ下さい。

1.

壁および取り付け金具の強度が装置、液体、ホー

スの重量および操作中に加わるストレスを支える

のに十分であることを確認します。

2.

装置をテンプレートとして使用し、オペレータが

メンテナンスを実行し易い高さの壁の位置に取り

付け穴をマークします。装置の高さを確認します。

39 頁の壁取り付け図を参照のこと。

3.

壁に取り付け穴を開けます。必要に応じてアン

カーを取り付けます。

4.

装置をしっかりとボルトで壁に取り付けます。

L2

GND

Y

L1

図 . 2。電源コード接続 ( 非 IS 装置のみ )

TI4795a

310689E

設置

U

A

F

V

G

W

P

B

T

K

E

D

S

R

L

M

J

H

C

S ( 参照 )

図 . 3. 代表的な取り付け例 ( 壁取り付け、エアアシスト装置の場合 )

図 . 3 のキー

A ProMix Easy 複合コンポーネントプロポーショナ

B

ユーザインタフェース (7 頁を参照 )

C 混合マニホルド

D ブリード型メインエアシャットオフバルブ

E エア供給圧力ゲージ

F ポンプエアレギュレータ ( ポンプベースの装置のみ )

G ポンプエア圧力ゲージ ( ポンプベースの装置のみ )

H コンポーネント A ポンプ

J コンポーネント A 液体供給ライン

K コンポーネント A 液体供給 (5 ガロン缶 図示 )

L コンポーネント B ポンプ

M コンポーネント B 液体供給ライン

N コンポーネント B 液体供給 ( 圧力ポット図示 )

P ガンエア圧力レギュレータ ( アクセサリ )

R ガンエア供給ライン

S ガン液体供給ライン

T エアアシストスプレーガン

U エアラインシャットオフバルブ

V プロポーショナエア供給ライン

W 接地ワイヤ

310689E

N

U

TI4791b

9

設置

エアコントロール

図 . 3 を参照のこと。

ブリード型メインエアシャットオフバルブ (D)、

( コントローラ電源を含む )ProMix Easy へのすべ

てのエアを停止します。

供給エア圧ゲージ (E)、ProMix Easy へのエア圧をモ

ニタします。

シャットオフバルブ (G

A

、 G

B

) 液体マニホルドから

の液体 A および B の流入を遮断します。

サンプリングバルブ (H

A

、 H

B

メータのテストを行います。

溶剤パージバルブ (J

A

、 J

B

) 溶剤を液体マニホル

ドに流入させます。

ProMix Easy を正しく運転するためには、70 psi

(483 kPa, 4.8 bar) の最小エア圧力供給を維持

する必要があります。

ゲージ (G) 付きポンプエア圧力レギュレータ (F)

ポンプのエア圧力の調節およびモニタを行います

( メータベースのシステムには装備されていま

せん )。

ガンエアレギュレータ (P) およびゲージ ガンエア

圧力の調節およびモニタ用として個別に利用可能

です。

ソレノイドモジュール

ニューマチックコントロールボックスには、2 個のソレ

A B

TI4808a

溶液制御

ProMix Easy の混合マニホルドには以下の液体コント

ロールが含まれています。混合マニホルドに関する全

情報については、説明書 310654 を参照のこと。図 . 6

を参照。

ディスペンスバルブ (F

A

, F

B

) コンポーネント A お

よびコンポーネント B を調合します。ディスペン

スバルブの ON、OFF は、ソレノイド A および B が

行います。

10 310689E

設置

コンポーネント A ディスペンス

な量のコンポーネント A がインテグレータ (Z) に流入

します。また、ソレノイド A はディスペンスバルブ A

を閉じます。図 . 4 を参照のこと。

コンポーネント B ディスペンス

な量のコンポーネント B がインテグレータ (Z) に流入

し、コンポーネント A との調整が比例的に行なわれま

す。また、ソレノイド B はディスペンスバルブ B を閉

じます。コンポーネントは、インテグレータ中でプレ

混合が行なわれ、その後スタティックミキサチューブ

(ST) 内で均一に混合されます。図 . 5 を参照のこと。

Z

図 . 4。コンポーネント A ディスペンス

図 . 5。コンポーネント B ディスペンス

ST

F

B

OFF F

B

ON

F

B

Z

H

B

G

B

F

A

OFF

FA

ON

F

A

ST

H

A

J

A

G

A

図 . 6。液体混合マニホルド

310689E

J

B

TI4699a

11

操作手順

操作手順

警告

4.

ポンプベースモデルのみ:

ポンプAおよびBのパッキ

ンナットにスロートシールリキッド (TSL) を満たし

ます。

非危険区域用としてのみ承認された装置を危険区域

に設置しないで下さい。 部品を代用すると、本質的安

全性が損なわれ、人身事故が発生する恐れがありま

す。5 頁の警告を参照のこと。 接地装置については

以下で説明しています。

1.

ProMix Easy接地ワイヤ(W)を正しい接地点に接続し

ます。

5.

エア供給ライン(V)をエアインレットに接続します。

W

エア供給要件 :

最大 110 psi (0.8 MPa, 8 bar)、

70 psi (483 kPa, 4.8 bar)。

フロー要件 :

最小 20 scfm ; 最大 125 scfm。

TI4792a

本質的安全が確保されていない装置では、電源

コード ( 別売 ) を使用して配線または電源供給を

行う必要があります。8 頁を参照のこと。

2.

液体ホース (S) を液体マニホルドアウトレットに

接続します。ガンスプレーはまだ取り付けないで

下さい。

V

S

3.

ユニットのすべての金具を締めて下さい。

TI4793a

12 310689E

操作手順

6.

ポンプベースモデルのみ :

エアレギュレータを 0 に

設定します。

9.

システムを洗浄してプライムします。16 および 20

頁を参照してください。22 頁のポンプテストで比

率が正確であるか確認します。

7.

メインエアシャットオフバルブを開きます。

時、ディスプレイに “88888” と表示された後、ソ

フトウェアによる修正および現在の比率が表示され

ます ( または に設定されている場合 )。

8.

設定比率

a.

機能ノブを の位置に回します。

b.

現在の比率を表示します。

c.

比率を変更するには、希望の比率が表示される

までキーを + または - 方向に回した後、キー

をニュートラルに戻します。

310689E 13

圧力開放手順

圧力開放手順

警告

スプレー作業を中止する場合、およびガンの修理ま

たはスプレーチップの取り外し前には、必ず液体マ

ニホルドからガンへ圧力を開放して下さい。

さらに、作業終了時、および清掃、点検またはポン

プ、マニホルド、液体ラインアクセサリの修理、装

置の移動前には、ポンプから液体マニホルドへの圧

力も開放します。

5 ページの警告を参照のこと。

ガンに接続された液体マニホルド

1.

引き金をロックします。

5.

引き金をロックします。

2.

を押します。

3.

引き金のロックを解除します。

4.

接地した金属缶に向けてガンの金属部分をしっか

りと握ります。ガンの引き金を引いて圧力を開放

します。

14 310689E

圧力開放手順

液体マニホルドに接続された

ポンプ

1.

シャットオフバルブ G

A

G

B

を閉じます。

2.

サンプリングバルブ H

A

および H

B

の下に廃棄用容器

を置きます。

5.

サンプリングバルブ A をゆっくりと開き、圧力を開

放します。ポンプ A がパークの位置に達してから

5 間インジケータ A が点灯を継続し、その後消灯し

ます。

機能ノブが圧力開放 / パーク の位置に設定

されている場合、ポンプを最下部位置に動かすに

は十分高いポンプエア供給圧力が必要です。

H

B

G

B

H

A

3.

圧力開放 / パーク

ます。

G

A

TI4699a

の位置に機能ノブを回し

6.

インジケータ B が点灯し、

7.

サンプリングバルブ B をゆっくりと開き、圧力を開

放します。ポンプ B がパークの位置に達してから 5

秒間インジケータ B が点灯を継続し、その後消灯し

ます。

4.

が加圧されます。

1 分経過後、両方のポンプがパークされていない

場合、アラーム 26 の警報音が鳴ります。

8.

システムの再始動前には、サンプリングバルブ A お

よび B を閉めます。

310689E 15

洗浄

洗浄

液体マニホルドの洗浄のみを実施する次のような場合

があります :

スプレー作業の中止

オーバーナイトシャットダウン

ポットライフの終点

本説明書中では、この手順を液体マニホルドの洗浄と

表記することもあります。液体マニホルドに溶剤ポン

プを接続して洗浄することができます :

以下のような場合はシステム全体の洗浄を実施します :

最初の材料を装置にロードする *

色を変更する

修理の実施

3-1/2 時間以上装置をシャットダウンする ( マテリ

アルによって異なります )

装置の保管

*

マテリアルをまだシステムにロードしていない場合は、い

くつかのシステム全体の洗浄手順を省略して初期洗浄を実

施することができます。

システム全体を洗浄するには、まず右に記載された液

体マニホルドの洗浄手順に従い 、その後システム全体

の洗浄手順にを実施します。18 頁を参照のこと。

液体マニホルドの洗浄

溶剤ポンプの使用

1.

14 頁の圧力開放手順に従って下さい。

クし、スプレーチップを取り外します。

2.

シャットオフバルブ G

A

および G

B

が開いていること

を確認します。溶剤ポンプラインを 溶剤パージバ

ルブ J

A

および J

B

に接続します。溶剤ポンプを ON

にし、溶剤パージバルブ J

A

を開きます。

J

B

G

B

警告

J

A TI4699a

G

A

3.

望ましい圧力になるまで溶剤ポンプレギュレータを

調節します。最低圧力を使用するようして下さい。

5 頁の警告をお読み下さい。

洗浄時には液体の飛散を避けるため最低圧力

を使用するようにして下さい。

色を変更するか、または保管のためにシャッ

トダウンする前には、高フローレートで、か

つ通常より長時間洗浄して下さい。

循環設定をご利用頂くことができます。販売

こと。

16 310689E

洗浄

4.

引き金のロックを外し、接地された空缶に向けてガ

混合マテリアルを流し出します。引き金をロックし

ます。

8.

引き金のロックを外し、ガンからきれいな溶剤が流

れ出るまでガンの洗浄を行います。引き金をロック

します。

5.

溶剤パージバルブ J

A

を閉じます。

6.

溶剤パージバルブ J

B

を開きます。 約 1 パイント

(500 cc) の混合マテリアルを流し出します。引き

金をロックします。

9.

溶剤パージバルブ J

A

および J

B

を閉じます。

10.

ガンの引き金を引き、溶剤の圧力を開放します。引

き金をロックします。

A B

J

A

J

B

7.

溶剤パージバルブ J

A

を再度開きます。

A B

J

A

J

B

310689E 17

洗浄

システム全体の洗浄

6.

接地された空缶に向けてガンの引き金を引きます。

約 1 パイント (500 cc) のマテリアルをディスペン

1.

14 頁の圧力開放手順に従います。引き金をロックし

スした後、 を押します。

シャットオフバルブを閉じます。 スプレーチップを

取り外し溶剤に浸します。

2.

コンポーネント AおよびB供給を溶剤と交換します。

3.

エアレギュレータを 50 psi (345 kPa, 3.4 bar) に

設定します。

ガンの引き金を引いてもポンプが始動しない場

合、10 psi (69 kPa, 0.7 bar) づつエア圧力を増

加させます。液体の飛散を避けるため、70 psi

(483 kPa, 4.8 bar) を超えて増加させないで下さ

い。依然としてポンプが始動しない場合は、溶剤

がパッキンを膨張させている可能性があります。

この場合は Tuff Stack

パッキンキットの使用を

推奨します。

7.

溶剤パージバルブ J

A

します。

4.

機能ノブを A

します。

の位置に回します。 を押

5.

シャットオフバルブ G

A

が開いていることを確認し

ます。シャットオフバルブ H

A

を静かに開きます。

ポンプ A は 12 回転して停止します。必要に応じ

再始動させます。サンプリングバルブ H

A

からきれ

いな溶剤が流れ出た後バルブを閉じます。

H

B

G

B

A

J

A

B

8.

接地された空缶に向けてガンの引き金を引きます。

約 1 クオート (1000 cc) のマテリアルをディスペ

ンスします。

9.

溶剤パージバルブ J

A

を閉じます。

H

A

J

A

G

A

J

B

TI4699a

A B

H

A

J

A

18 310689E

洗浄

10.

機能ノブを B

ます。

の位置に回します。 を押し

14.

接地された空缶に向けてガンの引き金を引きます。

約 1 quart (1000 cc) のマテリアルをディスペン

スします。

15.

溶剤パージバルブJ

A

を開きます。 接地された空缶に

向けてガンの引き金を引き、きれいな溶剤がガン

から流れ出るまで洗浄します。

11.

シャットオフバルブ G

B

が開いていることを確認し

ます。シャットオフバルブ H

B

を静かに開きます。

ポンプ B は 12 回転して停止します。必要に応じ再

始動させます。サンプリングバルブ H

B

からきれい

な溶剤が流れ出た後バルブを閉じます。

A B

H

B

J

A

J

B

16.

溶剤パージバルブ J

A

および J

B

を閉じます。

12.

接地された空缶に向けてガンの引き金を引きます。

約 1 パイント (500 cc) のマテリアルをディスペン

スした後、 を押します。

A B

ガンの引き金を引いてもポンプが始動しない場

合、10 psi (69 kPa, 0.7 bar) づつエア圧力を増

加させます。液体の飛散を避けるため、70 psi

(483 kPa, 4.8 bar) を超えて増加させないで下さ

い。依然としてポンプが始動しない場合は、溶剤

がパッキンを膨張させている可能性があります。

この場合は Tuff Stack

パッキンキットの使用を

推奨します。

13.

溶剤パージバルブJ

B

します。

J

A

J

B

17.

14 頁の圧力開放手順に従いホースからガンを取り

外します。ガン清掃に関する詳細情報については

ガン説明書を参照のこと。

使用しているマテリアルによっては追加の清掃が

必要となり、システム中に溶剤を循環させる必要

がある場合があります。

A B

J

B

310689E 19

プライミング

プライミング

ガンスプレーチップはまだ取り付けないで下さ

い。 洗浄時には液体の飛散を避けるため最低圧力

を使用するようにして下さい。

1.

A および B 液体供給ホースを A および B ポンプ / メー

タに接続します。

4.

各サンプリングバルブの下に容器を置きます。サン

プリングバルブ H

A

をゆっくりと開きます。

H

A

2.

ポンプベースモデルのみ :

エアレギュレータを 0 に

設定します。

5.

機能ノブをA の位置に回し、 を押します。

ポンプベースモデルのみ、

ポンプ A が始動するま

でエアレギュレータをゆっくりと上に上げます。

単独運転 (A または B に設定 ) している場合、ポ

場合 および を押します。容器から溢れる

のを防ぐため、目を離さないようにして下さい。

3.

液体シャットオフバルブ G

A

および G

B

を閉じます。

G

A

G

B

20 310689E

6.

A 面のプライム時には、エアレギュレータを 0 に設

定し、 を押します。

A

を閉

じます。サンプリングバルブ H

B

ます。

をゆっくりと開き

H

B

7.

機能ノブをB の位置に回し、 を押します。

ポンプ B が始動するまで、エアレギュレータをゆっ

くりと上に上げます。

8.

B 面のプライム時、 を押します。 サンプリングバ

ルブ H

B

を閉じます。

9.

溶剤でサンプリングバルブ H

A

および H

B

を洗浄しま

溶剤パージバルブ J

A

および J

B

を開き、溶剤ポ

ンプを ON にします。バルブからきれいな溶剤が流

れ出るまでサンプリングバルブ H

A

を開きます。バ

ルブからきれいな溶剤が流れ出るまでバルブ H

A

閉じ、バルブ H

B

を開きます。バルブ H

B

を閉じます。

310689E

プライミング

21

ポンプテスト

ポンプテスト

( 洗浄、プライミング後 ) システムを最初に運転する場

合、およびポンプが比率を維持しているか点検する場

合はこの手順に従ってください。

以下の表はポンプ比率に基づくポンプテスト中のディ

スペンス総量を表します。十分な目盛に達するまで容

器にディスペンスします。

2.

液体 A のディスペンス :

a.

液体シャットオフバルブ (G

A

B

) およびサンプ

リングバルブ (H

A

、H

B

) を閉じます。

b.

サンプリングバルブ H

A

の下に、汚れのない 1 ク

オート (1000 cc) 容器を置きます。

c.

を押します。インジケータ A が点灯します。

ディスペンス総量

ポンプ / メータ

5 回転での

ポンプ メータ

UltraMix

HydraMix

メータ

270 cc

460 cc

---

---

---

500 cc

メータ付き UltraMix

メータ付き HydraMix

270 cc

460 cc

243 cc*

408 cc*

* メータのディスペンス量はポンプ校正により異な

ります。ご使用の装置向けのメータ量はメータ

ディスペンス終了後に表示されます。 ビーカー中

の量は表示と一致する必要があります。

d.

望ましいフローになるようサンプリングバルブ

H

A

をゆっくりと開き、調節します。5 回転後、

ポンプは自動的に停止します。最終の回転中の

アップストロークおよびダウンストロークで、

各 1 回づつポンプが停止し、ポンプ失速テスト

ジケータ B が点灯します。

比率を正確にするためには、両方のポンプ下端サ

イズを同一にする必要があります。

1.

機能ノブを の位置に回します。エアレギュレ

ータを 0 に設定します。メインエアシャットオフ

バルブを開きます。エア圧を 50 psi (0.35 MPa,

3.5 bar) に調節します。

3.

サンプリングバルブ H

A

を閉じます。

22 310689E

4.

液体 B のディスペンス手順は以下の通りです :

a.

サンプリングバルブ H

B

の下に、汚れのない 1 ク

オート (1000 cc) 容器を置きます。

b.

望ましいフローになるようサンプリングバルブ

H

B

をゆっくり開き、調節します。5 回転後、ポ

ンプは自動的に停止します。インジケータ B が

点灯します。

5.

サンプリングバルブ H

B

を閉じます。

6.

容器内の液体量を比べ、等量になるようにします。

液体が等量でない場合にはテストを繰り返します。

問題が解決しない場合には ProMix Easy 修理説明

書の故障対策を参照してください。

ポンプ失速テストの結果が不良の場合、アラーム

が表示されます (33 頁のアラーム 15-20 を参照 )。

ポンプテスト

310689E 23

スプレー作業

スプレー作業

1.

サンプリングバルブ H

A

および H

B

を閉じます。

シャットオフバルブ G

A

および G

B

を開きます。

4.

引き金をロックします。 を押します。

5.

14 頁の圧力開放手順に従って下さい。

6.

引き金をロックします。

けます。

2.

機能ノブを の位置に回します。 を押します。

TI1948A

7.

必要なスプレー圧になるまでエアレギュレータを調

節します。 を押してプロポーションおよびスプ

レーを行います。

3.

空缶に向けて引き金を引き、ポンプが動作し、混合

マテリアルが連続してディスペンスされるまでエア

レギュレータ圧をゆっくりと上げます。

24

8.

スプレー完了時またはポットライフが切れる前に

16 頁の液体マニホルドの洗浄か、28 頁のシャット

ダウンを参照してください。

温度が高くなると、混合マテリアルのポットラ

イフまたは使用時間は短くなります。

液体供給タンクを空にしないでください。 供給

ラインのエアフローは液体と同じ方法で歯車

比率および許容誤差のセッティングに合う、液

体とエアのプロポーショニングにつなげること

ができます。 これは、さらに、触媒作用を受け

ないまたは十分に触媒作用を受けないマテリア

ルの噴霧をもたらす可能性があります。

310689E

バッチ調合または比率点検

バッチ調合または比率点検

d.

望ましいフローになるようサンプリングバルブ

H

A

をゆっくり開き調節します。ディスペンスが

終了すると、ポンプは自動的に停止します。イ

ンジケータ A が消灯し、インジケータ B が点灯

します。

バッチ調合は、比率の設定に関わらず常に総量中

で 1 パイント (500 cc) です。

この手順に従ってバッチを (1 個の容器に ) 調合する

か、または比率設定の確認を行います ( 液体 A および

B 用に個別の容器を使用 )。各コンポーネントの5 % を

超えない目盛りまで容器中にディスペンスします。

1.

機能ノブを の位置に回します。エアレギュレー

タを 0 に設定します。メインエアシャットオフバル

ブを開きます。エア圧を 50 psi (0.35 MPa,

3.5 bar) に調節します。

2.

液体 A のディスペンス :

a.

液体シャットオフバルブ G

A

、 G

B

およびサンプ

リングバルブ H

A

、H

B

を閉じます。

b.

サンプリングバルブ H

A

の下に、汚れのない 1 ク

オート (1000 cc) 容器を置きます。

3.

サンプリングバルブ H

A

を閉じます。

4.

液体 B のディスペンス :

a.

バッチ調合:

1クオート(1000 cc)容器をサンプ

リングバルブ H

B

の下から取り外します。

比率の点検

: 汚れのない 1 クオート (1000 cc)

容器をサンプリングバルブ H

B

の下に置きます。

比率が高く設定されている場合、より正確な読み

取りのため、小さな容器を使用するようにして下

さい。

b.

望ましいフローになるようサンプリングバルブ

H

B

をゆっくり開き調節します。ディスペンス

が終了すると、ポンプは自動的に停止します。

インジケータ B が消灯します。

c.

を押します。インジケータ A が点灯します。

310689E

5.

バッチ調合 :

混ざるまで材料をかき混ぜます。

比率チェック

: A および B の液体調合を比較し

ます。

6.

スプレー作業を再開するには、24 頁を参照して下

さい。

25

ポットライフタイマ

ポットライフタイマ

残りのポットライフ時間を ( 分単位で ) 表示する

には

機能ノブを の位置に回します。

リセット値を変更するには、 を押し続けます。

キーを回して ポットライフリセット量を増減させます

(cc 単位 )。

アラーム警報音が鳴った場合

を押してアラームを解除し、システムを洗浄 (16 頁

) するか、または 新しいマテリアルがシステムにロー

ドされるまで を押してスプレーを行います。

ポットライフタイマの動作説明

ポットライフタイマは、スプレー モード開始時に

カウントを開始します。ポットライフタイマが起動す

ると、システムがどのモードで運転中かに関わらずカ

ウントを継続します。

タイマが 0 になると、システムはすべてのディスペン

スバルブを閉じ、ポットライフ ( コード 21) アラーム

警報音がなります。32 頁を参照のこと。

ポットライフ時間を変更するには

を増減させます ( 分単位 )。

推奨のポットライフ時間設定は、マテリアルの

ポットライフ時間の 1/2 です。

概算ポットライフ量

以下の情報を参照して、概算ポットライフ量 (PLV) を

決定します ( 単位は cc):

ホース ID

( インチ )

3/16

1/4

3/8

ボリューム *

(cc/foot)

5.43

9.648

21.71

インテグレータマニホルドおよび混合量 = 75 cc

スプレーガン量 = 20 cc

( ホース量 * x ホース長さ ) + 75 + 20 = PLV

ポットライフリセット量

スプレー総量がポットライフリセット量を超過した場

合、タイマがリセットします。

26 310689E

再循環設定

Graco の循環キットを使用して、混合マニホルドまで液

体を循環させることができます。 最寄りの販売代理店

までお問い合わせ下さい。

再循環中はポンプのみ作動します ; A および B

ザは、再循環モードで排出されたマテリアルをカ

ウントしません。

ProMix Easy の循環設定を行うには :

1.

ポンプのエア圧供給を必要最小限度まで下げて、望

ましい循環量を維持します。

2.

機能ノブを の位置に回します。

3.

を押します。

循環を終了するには、 を押します。

再度循環を行うには、 を押します。

スプレーを開始するには、機能ノブを の位置に回

し、システムを希望の比率にリセットした後、ポンプ

をスプレー圧力に調節します。

注意

スプレー中に、再循環バルブから液体供給にマテリ

アルが漏れていないか確認して下さい。

310689E

再循環設定

27

シャットダウン

シャットダウン

長期間の停止または装置の修理を行う前には以下の手

順に従ってください。

1.

14 頁の圧力開放手順に従います。 引き金をロックし

を取り外します。

2.

16 頁の洗浄を参照してください。

3.

14および15頁の圧力開放手順に従います。

ロックします。

4.

長期間の停止前 :

液体アウトレットにキャップを

し、溶剤をライン中に満たした状態にしておきま

す。ポンプ A 、B のパッキンナットおよびディス

ペンスバルブ A、B のウェットカップに スロート

シールリキッド (TSL) を満たします。

28 310689E

ポンプベースシステムの再校正

ポンプベースシステムの再

校正

メインサーキットボード、ソフトウェア、センサを交

換する場合、またはアラーム 8(32 頁を参照 ) が発生し

た場合は、必ず 1-9 の手順に従って下さい。センサの

校正のみが必要な場合は、7-9 の手順に従います。

ポンプセンサの校正

7.

空缶に向けてガンの引き金を引くか、またはサンプ

リングバルブ H

A

または H

B

を開きます。

データをダウンロードする場合、ProMix Easy ソ

フトウェアを使用して、校正後にデータおよび時

間の設定を行います。

ポンプ校正値の設定

1.

校正値 (CV) はポンプセンサに記載されています。

8.

を押し続けます ( ボタンを離すよう指示される

CV

2.

メインエアバルブを開いて装置を始動させます。

システムがブートし、比率設定を表示するまで待

ちます。

3.

機能ノブを A

ます。

または B の位置に戻し

4.

を押し続けます (ステップ 6 で校正値が設定され

るまで押します )。5 秒後、デフォルトの校正値

(85000 - 95000) が表示されます。

5.

キーを回してデフォルト値から手順 1 に記載の校正

値に変更します ( 左に回すと減少、右に回すと増

加します )。

6.

校正値を入力後、 を離します。

9.

を押します。 を離し、次に を離

します。ポンプはセンサのボード終端まで回転し

た後、反対側終端まで回転し停止します。

310689E 29

メータベースシステムの再校正

メータベースシステムの再

校正

メインサーキットボード、ソフトウェア、センサを交

換する場合、またはアラーム 8(32 頁を参照 ) が発生し

た場合は、必ず 1-7 の手順に従って下さい。メータの

K- 係数の設定については、31 頁を参照のこと。

5.

汚れのない 1 クオート (1000 cc) 容器をサンプリング

バルブ H

B

の下に置きます。サンプリングバルブ jH

B

が停止します。サンプリングバルブ H

B

を閉じます。

データをダウンロードする場合、ProMix Easy ソ

フトウェアを使用して、校正後にデータおよび時

間の設定を行います。

メータの校正

1.

メインエアバルブを開いて装置を始動させます。

システムがブートし、比率設定を表示するまで待

ちます。

2.

機能ノブを の位置に回します。

6.

コンポ-ネント B を完全にディスペンスすると、

コンポーネント A のディスペンス量が表示されま

す。ディスペンス量と容器 A 中の実際の液量を比

較します。

a.

変更がない場合には を押して、離します。

3.

を押します。

4.

汚れのない 1 クオート (1000 cc) 容器をサンプリング

バルブ H

A

の下に置きます。サンプリングバルブ jH

A

が停止します。サンプリングバルブ H

A

を閉じます。

b.

表示を変更するには を押し続けます。実際

の液量に合うようキーを回して表示を変更しま

す ( 左に回すと減少、右に回すと増加します )。

を離します。

注 : 主制御盤が流量計を使用するユニットに交換

された場合、流量計校正データは、パーソナルコ

ンピュータおよびデータダウンロードキットを使

用して設定する必要があります。

30 310689E

7.

コンポーネント B のディスペンス量が表示されま

す。ディスペンス量と容器 B 中の実際の液量を比較

します。

a.

変更がない場合には を押して、離します。

b.

表示を変更するには を押し続けます。実際

の液量に合うようキーを回して表示を変更しま

す ( 左に回すと減少、右に回すと増加します )。

を離します。

メータベースシステムの比率許容誤差のデフォル

クセサリデータダウンロードキット 248403(IS)

の説明に従って下さい。

メータの K- 係数設定

フローメータ K- 係数の値については説明書

308778 を参照のこと。

1.

メインエアバルブを開いて装置を始動させます。

システムがブートし、比率設定を表示するまで待

ちます。

2.

機能ノブを A

ます。

または B の位置に戻し

3.

を押し続けます(ステップ5でK-係数が設定され

るまで押します )。5 秒後、デフォルトの K- 係数

が表示されます。

4.

キーを回して K- 係数を変更します ( 左に回すと減

少、右に回すと増加します )。

5.

を離して K- 係数を設定します。

310689E

メータベースシステムの再校正

31

警告

警告

警告状態になるとが装置が停止します。

故障対策および修理のための修理説明書 Pro-

Mix Easy を参照して下さい。

* 警報音が 1 回短く鳴ってエラーを知らせます。

** 警報音が鳴ってエラーを知らせます。

コー

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

21

アラーム アク

ティブ

問題 原因

始動エラー

センサエラー A*

センサーエラー B*

通信エラー *

常時

常時

常時

ポンプ A センサーからの

信号が無い

ポンプ B センサからの信

号がない

表示ボード・メインボー

ド 間で通信できない

ケーブルの緩み、センサー、ケーブル、マグネット

アセンブリの故障

ケーブルの緩み、センサー、ケーブル、マグネット

アセンブリの故障

ケーブルの緩み、ボードの故障

運転エラー

使用せず

使用せず

ポンプエラー A**

ポンプエラー B**

センサコードエラー

メータリングエラー A**

メータリングエラー B**

センサー読取りロー A*

センサー読取りロー B*

センサー読取り高 A*

センサー読取りハイ B*

ポットライフエラー

スプレー

テスト

バッチ

常時

噴霧

トップチェンジオーバの

後ポンプが失速しない

ポンプが過度に空打ち

する

インテイクバルブの漏れ

アジテータの使用または取り付け不良によるライン

へのエア流入

液体供給がない

センサ値の初期値復帰 センサバルブデータの破壊 ; ボード交換または校正

が必要です

A の量が多過ぎる ディスペンスバルブ A からの漏れ

B 液体供給がない

噴霧 B の量が多過ぎる

フローメータの詰まり

ディスペンスバルブ B の漏れ

A 液体供給がない

スプレー

テスト

バッチ

スプレー

テスト

バッチ

スプレー

後、常時

ポンプストロークがトッ

プチェンジオーバでセン

サレンジを超えている

ポンプストロークがボト

ムチェンジオーバでセン

サレンジを超えている

ポットライフ時間のタイ

ムアウト

フローメータの詰まり

センサーまたはブラケットの緩み

センサーマグネットの汚れ

センサーまたはブラケットの緩み

センサーマグネットの汚れ

最後のリセット後に十分なマテリアルがスプレーさ

れていない

32 310689E

警告

コー

アラーム

動作エラー ( 続き )

22 比率が高い

( メータ付き装置のみ )

23 比率が低い

( メータ付き装置のみ )

24 ドーズタイムアウト A

( メータ付き装置のみ )

25 ドーズタイムアウト B

( メータ付き装置のみ )

26 パークタイムアウト ( ポ

ンプベース装置のみ )

テストエラー

15 ピストンパッキン / ボー

ル A*

16 ピストンパッキング /

ボール B*

17 インレットボール A*

18 インレットボール B*

19 ディスペンスバルブ A*

20 ディスペンスバルブ B*

27 ポンプ校正タイムアウ

ト A

28 ポンプ校正タイムアウ

ト B

アク

ティブ

問題 原因

噴霧 混合比率がターゲットの

+ 許容誤差よりも高い

噴霧 混合比率がターゲットの

- 許容誤差よりも低い

噴霧 エアフロースイッチが、

ドーズ完了なしに 40 秒

以上のエアフローを

示す。

フローレートが高過ぎる。

ディスペンスバルブ A および B の動作が遅い。

フローメータの詰まり

エアフロースイッチスタックが開いている。

エアフロースイッチの噴霧化エアの漏れダウンスト

リーム。

フローメータの詰まり。

パーク ポンプがストロークのボ

トムにない

液体なしでガンの引き金が引かれた ( 噴霧部品 )

サンプリングバルブが閉じているか、またはガンの

引き金が引かれていない

テスト ポンプが上昇ストローク

で完全に失速しない

ピストンパッキンまたはボールの点検不良

テスト ポンプが下降ストローク

で完全に失速しない

テスト ポンプが上昇および下降

ストロークで完全に失速

しない

動作 A ポンプが校正中動作し

ない

動作 B

インテイクバルブボールの点検不良

スロートパッキンまたはディスペンスバルブの

不良。

サンプリングバルブが閉まっている。

310689E 33

パフォーマンスチャート

パフォーマンスチャート

2.5:1 比率 UltraMix ポンプ

10W オイル使用によるテスト

250

(1.75, 17.5)

200

(1.4, 14.0)

150

(1.05, 10.5)

100

(0.7, 7.0)

50

(0.35, 3.5)

0

0

0.1 (0.38)

24:1 比率 HydraMix ポンプ

10W オイル使用によるテスト

0.2 (0.76) 0.3 (1.14)

液体フロー、gpm (lpm)

( 曲線は全比率の代表例です )

100 psi (0.7 MPa, 7 bar)

70 psi (0.48 MPa, 4.8 bar)

40 psi (0.28 MPa, 2.8 bar)

0.4 (1.52) 0.5 (1.90)

2500

(17.5, 175)

2000

(14.0, 140)

1500

(10.5, 105)

1000

(7.0, 70)

500

(3.5, 35)

0

0

100 psi (0.7 MPa, 7 bar)

70 psi (0.48 MPa, 4.8 bar)

40 psi (0.28 MPa, 2.8 bar)

0.2 (0.76) 0.4 (1.52) 0.6 (2.28) 0.8 (3.04)

液体フロー、gpm (lpm)

( 曲線は全比率の代表例です )

1.0 (3.80) 1.2 (4.56)

34 310689E

パフォーマンスチャート

34:1 比率 HydraMix ポンプ

10W オイル使用によるテスト

3500

(24.5, 245)

3000

(21.0, 210)

2500

(17.5, 175)

2000

(14.0, 140)

1500

(10.5, 105)

1000

(7.0, 70)

500

(3.5, 35)

0

0

100 psi (0.7 MPa, 7 bar)

70 psi (0.48 MPa, 4.8 bar)

40 psi (0.28 MPa, 2.8 bar)

0.2 (0.76) 0.4 (1.52) 0.6 (2.28) 0.8 (3.04)

液体フロー、gpm (lpm)

( 曲線は全比率の代表例です )

1.0 (3.80) 1.2 (4.56)

47:1 比率 HydraMix ポンプ

10W オイル使用によるテスト

5000

(35.0, 350)

4000

(28.0, 280)

3000

(21.0, 210)

2000

(14.0, 140)

1000

(7.0, 70)

0

0

100 psi (0.7 MPa, 7 bar)

70 psi (0.48 MPa, 4.8 bar)

40 psi (0.28 MPa, 2.8 bar)

0.2 (0.76) 0.4 (1.52) 0.6 (2.28)

液体フロー、gpm (lpm)

( 曲線は全比率の代表例です )

0.8 (3.04) 1.0 (3.80)

310689E 35

技術データ

技術データ

混合比率の範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 0.1:1-10:1 (0.1 刻みで増加 )、ポンプベースシステム

0.1:1-30:1 (0.1 刻みで増加 )、メータベースシステム

比率許容誤差 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . +/- 1% まで

フローレート

最小 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 0.02 qt/min (0.02 lpm)*、ポンプベースシステム

0.1 qt/min (0.1 lpm)*、メータベースシステム

最大 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 gpm (3.8 lpm)

ポンプサイズ

UltraMix . . . . . . . . . . . . . . . . . 54 cc/ 回転

HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . . . 92 cc/ 回転

ポンプ回転長さ

(1 回転 = 1 アップストロークおよび 1 ダウンストローク )

UltraMix . . . . . . . . . . . . . . . . . 6 インチ (152 mm)/ 回転

HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . . . 7.6 インチ (193 mm)/ 回転

液体粘度範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50-20,000 cps( 粘度がより高い場合は追加のヒータ、加

熱ホース、および機械設備により混合することができま

す )

液体の濾過 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60 メッシュ (238 ミクロン ) 標準

最大液体使用圧力

2.5:1 UltraMix . . . . . . . . . . . . . . 250 psi (1.7 MPa, 17 bar)

24:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 2400 psi (16 MPa, 166 bar)

34:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 3400 psi (23 MPa, 234 bar)

47:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 4700 psi (32 MPa, 324 bar)

メータベースシステム . . . . . . . . . . . 4000 psi (28 MPa, 280 bar)

エア供給圧力範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . 60-110 psi (420-800 kPa, 4.2-8 bar)

100 psi (0.7 MPa, 7 bar) における最大空気消費量

2.5:1 UltraMix . . . . . . . . . . . . . . 1 gpm で 10.8 scfm(3.8 lpm で 0.30 m

3

/ 分 )

24:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 1 gpm で 40.5 scfm(3.8 lpm で 1.13 m 3

/ 分 )

34:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 1 gpm で 54.7 scfm(3.8 lpm で 1.53 m 3

/ 分 )

47:1 HydraMix . . . . . . . . . . . . . . . 1 gpm で 63.0 scfm(3.8 lpm で 1.76 m 3

/ 分 )

周辺温度範囲

運転 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32-104?? F (0-40?? C)

保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30-160?? F (-1-71?? C)

* 最小フローレートは、スプレーするマテリアルおよび混合性能に依存します。特定のフローレート用に使用す

る場合は、マテリアルのテストを行って下さい。

36 310689E

外部電源条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93-250 Vac、50/60 Hz、1.2 アンペア最大電流

最大 15 アンペアサーキットブレーカが必要

14 AWG 電源ワイヤゲージ

環境条件評価 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 室内 / 室外

高度 4000 メートルまで

40?? C までの 99% の最大相対湿度

公害等級 (1)

設置種別 (2)

音圧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100 psi (0.7 MPa, 7 bar) において 98 dBA

接液部品

ポンプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 310662 を参照のこと。

ディスペンスバルブ. . . . . . . . . . . . . 310655 を参照のこと。

混合マニホルド. . . . . . . . . . . . . . . 310654 を参照のこと。

メータ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 308778 を参照のこと。

PC 通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . RS-232

技術データ

310689E 37

技術データ

38 310689E

寸法

カートモデル ( 幅 x 高さ x 奥行 ) . . . . . . 31 x 56 x 29 in. (787 x 1422 x 737 mm)

エアインレットサイズ. . . . . . . . . . . . 1/2 npt(f)

液体インレットサイズ. . . . . . . . . . . . UltraMix 装置 : 3/4 npt(m)

HydraMix 装置 : 1 in. npsm(m)

液体アウトレットサイズ

( インテグレータチューブ ) . . . . . . . . . 1/4 npt(m)

重量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . UltraMix カート型装置 : 210 lb (95 kg)

UltraMix 壁型装置 : 150 lb (68 kg)

HydraMix カート型装置 : 240 lb (108 kg)

HydraMix 壁型装置 : 180 lb (81 kg)

壁取り付け図

寸法

11 in.

(279.4 mm)

48.0 in.

(1219 mm)

28.45 in.

(722.6 mm)

11 in.

(279.4 mm)

1.79 in. (45.5 mm)

ポンプ下部または装置の最下部

19.0 in.

(482.6 mm)

310689E

0.406 in. (10.3 mm) 直径

取り付け穴 6 個

TI4809a

39

Graco

社標準保証

Graco warrants all equipment referenced in this document which is manufactured by Graco and bearing its name to be free from defects in material and workmanship on the date of sale to the original purchaser for use. With the exception of any special, extended, or limited warranty published by

Graco, Graco will, for a period of twelve months from the date of sale, repair or replace any part of the equipment determined by Graco to be defective. This warranty applies only when the equipment is installed, operated and maintained in accordance with Graco’s written recommendations.

This warranty does not cover, and Graco shall not be liable for general wear and tear, or any malfunction, damage or wear caused by faulty installation, misapplication, abrasion, corrosion, inadequate or improper maintenance, negligence, accident, tampering, or substitution of non-Graco component parts. Nor shall Graco be liable for malfunction, damage or wear caused by the incompatibility of Graco equipment with structures, accessories, equipment or materials not supplied by Graco, or the improper design, manufacture, installation, operation or maintenance of structures, accessories, equipment or materials not supplied by Graco.

This warranty is conditioned upon the prepaid return of the equipment claimed to be defective to an authorized Graco distributor for verification of the claimed defect. If the claimed defect is verified, Graco will repair or replace free of charge any defective parts. The equipment will be returned to the original purchaser transportation prepaid. If inspection of the equipment does not disclose any defect in material or workmanship, repairs will be made at a reasonable charge, which charges may include the costs of parts, labor, and transportation.

THIS WARRANTY IS EXCLUSIVE, AND IS IN LIEU OF ANY OTHER WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED

TO WARRANTY OF MERCHANTABILITY OR WARRANTY OF FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

Graco’s sole obligation and buyer’s sole remedy for any breach of warranty shall be as set forth above. The buyer agrees that no other remedy

(including, but not limited to, incidental or consequential damages for lost profits, lost sales, injury to person or property, or any other incidental or consequential loss) shall be available. Any action for breach of warranty must be brought within two (2) years of the date of sale.

GRACO MAKES NO WARRANTY, AND DISCLAIMS ALL IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A

PARTICULAR PURPOSE, IN CONNECTION WITH ACCESSORIES, EQUIPMENT, MATERIALS OR COMPONENTS SOLD BUT NOT

MANUFACTURED BY GRACO. These items sold, but not manufactured by Graco (such as electric motors, switches, hose, etc.), are subject to the warranty, if any, of their manufacturer. Graco will provide purchaser with reasonable assistance in making any claim for breach of these warranties.

In no event will Graco be liable for indirect, incidental, special or consequential damages resulting from Graco supplying equipment hereunder, or the furnishing, performance, or use of any products or other goods sold hereto, whether due to a breach of contract, breach of warranty, the negligence of Graco, or otherwise.

グラコ製品ご愛顧の日本のお客様へ

The Parties acknowledge that they have required that the present document, as well as all documents, notices and legal proceedings entered into, given or instituted pursuant hereto or relating directly or indirectly hereto, be drawn up in English.

グラコおよびお客様は、現在のドキュメントを

含む全てのドキュメント、通知および本契約に基づき実行される法的手続き、または直接または間接に本契約に関連する法的手続きについて

は、英語を使用することに同意するものとします。

Graco Information

TO PLACE AN ORDER

, contact your Graco distributor or call to identify the nearest distributor.

Phone: 612-623-6921 or Toll Free: 1-800-328-0211, Fax: 612-378-3505

All written and visual data contained in this document reflects the latest product information available at the time of publication.

Graco reserves the right to make changes at any time without notice.

This manual contains Japanese. MM 309908

Graco Headquarters: Minneapolis

International Offices: Belgium, China, Japan, Korea

GRACO INC. P.O. BOX 1441 MINNEAPOLIS, MN 55440-1441

Copyright 2005, Graco Inc. is registered to ISO 9001 www.graco.com

Revised 04/2009

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project