Ultrospec 3100 pro Spectrophotometer

Ultrospec 3100 pro Spectrophotometer

紫外・可視分光光度計

Ultrospec 3100 pro

取扱説明書

GE imagination at work

71-1831-34

CONTENTS

Page Section

2

50

51

52

52

52

45

46

46

47

49

53

54

54

57

60

33

35

38

41

43

13

18

23

25

30

8

9

6

7

12

4

5

3

3

6

開封と据付け

安全性に関する注意事項

このマニュアルで使われている記号

キーボード

液晶ディスプレイとソフトウェア

操作

はじめに

測定モード

- 装置の使用法

- Basic

(Abs, %T, 濃度)

- Methods

- Nucleic

- Protein

- Wavescan

- Multiwave

- Kinetics

- Standard Curve

- Substrate

装置のユーティリティ

プリントアウト

コンピュータへのスプレッドシート出力

メッセージ

アクセサリー

マルチセルホルダーアクセサリー

シングルセルホルダーアクセサリー

その他のアクセサリー

消耗品 他

SWIFT II アプリケーションソフトウェア

保守

アフターセールスサポート

ヒューズの交換

クリーニングと一般的なメンテナンス

付録

Good Laboratory Practice

Kinetics(反応カイネティクス)

仕様

1

開封と据付け

□ 輸送中に装置の損傷が起きた形跡がないかどうか確認してください。万一何ら

かの損傷が見つかったら、すぐに取り扱い代理店に連絡してください。

□ 据付け場所が安全に操作ができる環境かどうか確認してください。

室内でのみ使用してください。

許容温度:10℃∼40℃

最大許容相対湿度:31℃までは80%。ただし31℃以上では40℃で50%まで直線

的に減少します。

□ 装置は必ず実験室の実験台やテーブルのような堅くて平らで、かつ装置の重量

(13 kg)を支えられるような台の上に設置してください。装置の周囲は空気が

循環できるようにしておいてください。

□ 冷却ファンの出入口を塞がないように注意してください。装置は壁から5 cm以

上離してください。

□ 本装置は付属の電源コードを使って電源に接続し、必ずアース線を接地してく

ださい。100∼240V電源で使用できます。

□ 電源を入れ、ディスプレイが表示されるか確認してください( 操作の項参

照)。ディスプレイ表示と印刷を英語(0)、ドイツ語(1)、フランス語(2)、

スペイン語(3)、イタリア語(4)、ロシア語(5)にすることができます。電源

投入時に括弧内の番号を押してください(初期設定は英語です)。

□ 据付け時に研究室名、操作者名などを入力する場合は 装置のユーティリティの

項を参照ください。

本装置を決められた以外の方法で使用したり、安全な操作に適当でない設置環境で

使用した場合には、装置の安全機構を損ない、装置の保証をしかねることがありま

す。

2

安全性に関する注意事項

本装置には多くの警告ラベルや記号がついています。これは危険性のある箇所を明

示し、特別な注意が必要であることを示しています。操作を始める前にこれらの記号

とその意味をよく理解してください。

警告(付属の文書を参照ください)

背景が黄色で記号とその周囲枠は黒。

W A R N IN G

U .V . R A D IA TIO N

H O T

WARNING

U.V. RADIATION IS HARMFUL

TO YOUR EYES

紫外線は、目を痛めます。トップカバーを外し

て電源を入れるときは目を保護してください。

アクセサリー 

● 加熱されたアクセサリーを取り扱う時は常に注意してください。

● セルチェンジャーやシッパーを操作する時は、セル収納部のふたが閉まって

いることを確認してください。

● シングルセルアクセサリーに付属しているベースプレートプラグは、最適な

空気循環と遮光がされるようにはめ込んでください。

このマニュアルで使われている記号

注意

警告

リファレンスの入った

セルをセルホルダーに

入れてください

通常セル位置 1 に入れ

てください sample

Abs

λ

∨ ∨

LCD表示パネル上のソフ

トウェアオプション

キー

キー

吸光度

波長

サ ン プ ル の 入 っ た セ

ル を セ ル ホ ル ダ ー に

入れてください

3

キーボード

1 C

4 G ghi

7 U/T

pqrs

. A

2 abc

5

jkl

8 tuv

0

3 def

6

mno

9 wxyz

C mode function set ref run print enter stop

このキーボードは、数字キー以外は上から下へ、左から右へ操作するように配置さ

れているため、基本的な吸光度測定操作は非常に簡単です。装置のユーティリティ

や測定モードはfunctionおよびmode キーを押して選択します。これらの機能につい

ては後で説明します。 mode

∨∨

∨ wave

ます。他のモードでは、この操作はセットアップページで実施できます。 set ref

リファレンス溶液を使って吸光度と透過率を0.000 AUおよび100 %Tに各々

設定します。 sample

セルチェンジャー内の測定するサンプルの位置を数字キーで決定し、  enter

を押します(Basicモードのみ)。 enter run

ます。

測定モードでの操作において、測定を開始します。 stop

作動中のプログラムを終了します。 function

SetupやParameters等の装置ユーティリティモードになります。

4 print 表示パネル上の内容をパラレルプリンタに出力します。

液晶ディスプレイとソフトウェア

本装置は高解像度液晶ディスプレイとグラフィックユーザーインターフェースを備

カードの形で用意されており、

∨ ∨

きます。

使用するモードにより、以下に示した2つの標準フォーマットがあります: a) Basicモード(Absorbance[吸光度]、%Transmission[透過率]、Concentration

は、下記のような対話ボックスで示されます。 b) 他のモードではグラフィックレイアウトで、装置についての情報は a ) と同様に

画面のステータスバー上に表示され、プリンタ接続の有無や時間、セルナン

バー、波長、使用ランプについてのメッセージが示されます。この他、ルーチ

ン作業を行うためにはどうすればよいか、ルーチン時の装置の状況(S e t R e f ,

Setting Ref, Load Sample, Running Sampleなど)をメッセージで表示します。

5

操作

はじめに

本装置は極めて使いやすいマイクロプロセッサ制御の紫外・可視分光光度計です。

高解像度液晶ディスプレイ(LCD)が装備されており、広範囲な分光光度測定が可

能です。

本装置では、キセノンランプの発する光が固定ミラーにより屈折し、入り口スリッ

トよりモノクロメーター内に入ります。この光は四分円形の単一あるいは複数の

(選択した波長により異なる)フィルターを通過し、ホログラフィック格子により

選択した波長となります。次にこの光はモノクロメーターの出口スリットを通っ

て、複数のミラーによりサンプルコンパートメント内に集光されます。この光束が

サンプルの入ったセルを通り、脱焦点レンズを通過してソリッドステートの検出ユ

ニットに入ります。感知されたシグナルが電気信号に変換され、測定結果が表示さ

れます。

この分光光度計の特徴

標準的な吸光度、濃度、透過率を測定します。

D N A 、R N A 、オリゴヌクレオチドの定量パラメータが保存されており、核

酸溶液中の核酸純度の確認、核酸波長スキャン、Tm計算ができます。核酸に

関する、便利な情報も保存されています。

タンパク質濃度測定法のブラッドフォード法、ローリー法、ビューレット

法、B C A 法、U V 法による各パラメータが保存されています。タンパク質と

アミノ酸に関する、便利な情報も保存されています。

以下のアプリケーションモードがあります: □

    

    波長スキャン

    酵素カイネティクス

    多波長測定

    標準曲線

    基質濃度測定

ユーザーメソッドを50個まで保存できます。

シリアルインターフェイスによって直接データをダウンロードし、E x c e l で

解析したり、保存・アーカイブすることができます。

GLP自己診断テスト機能があります。 □

一連のアクセサリーを利用することにより、本装置の機能がさらに充実します。

6

測定モード

最初の開始画面は装置の操作モードを表示します。これらのモードは下図のように

ループ状に配置されています。モードキーを押して上下左右に矢印で下図に示され

た測定モードを選択します。 mode enter で測定モードを選択します。

Basic

Absorbance

%Transmission

Concentration

Methods

Save

Recall

Clear

Nucleic

DNA

RNA

Oligo

Scan

Tm Calculation

Info

Protein

Bradford

Lowry

Biuret

BCA

UV Methods

Info

Applications

Wavelength Scanning

Multi Wavelength

Enzyme Kinetics

Standard Curve

Substrate Concentration

7

装置の使用法

set ref

選 択 し た 測 定 モ ー ド の 全 波 長 で リ フ ァ レ ン ス 溶 液 の 吸 光 度 を

0.000AUに、透過率を100%に各々設定します。 run

サンプル番号とセル位置は自動的に番号付けされます。

B a s i c モード(吸光度、% T 、濃度)では数字キーを押して任意のセ

ル位置に変えることができます。runキーを押すとBasicモード以外の

モードで作動し、リファレンスを測定します。(リファレンス設定

またはWavescanの時にはリファレンススキャン設定がされます。)

以後の実験でのサンプル測定値からこの値が引かれます。

Basicモード以外のモードでは

行ってください。 run

    を 押 す 前 に 以 下 の 操 作 を

セル位置1にリファレンスを置いてください。

セル位置2以降にサンプルを置いてください。

サンプル毎に run

を押します。

Auto Printが設定されていれば、各サンプル測定終了後に自動的にプ

リントされます( 装置のユーティリティの項参照)。

測定を終了するか、またはメインメニューへ戻ります。 stop

∨ mode

操作の前ステップへ戻ります。Applicationsでデータを得た後 mode

キーを押すとSetupページに戻り、Post Runオプションを選択できま

す。

8

enter

Basic

Absorbance

このモードではサンプルの吸光度を測定し、サンプルを通過した光の量をリファレ

ンスと比較して計算します。

Set up

enter

Wavelength

Cell number

シングルセルホルダーアクセサリーが装着されている

場合は、サンプル番号を入力してください

Wavelength Absorbance

Sample

set ref

セル位置 2 に移動 run r u n キーを押すと、サンプルの吸光度が測定され、セルチェンジャーが次の位置に

回転します。この結果、ディスプレイには測定波長、次のサンプルの番号、吸光度

が表示されます(その時点での光線が当たっているサンプルの値が表示されるため

です)。プリンターが接続されている状態で、S e t u p メニュー中・U s e r の項にある

Auto Printが選択してあると、runキーを押すと同時に測定したサンプルの吸光度な

どが自動的に印刷され便利です。

%Transmission

透過率モードでは、特定波長においてサンプルを通過した光量を測定し、リファレ

ンスを通過した光量と比較します。この結果はパーセント表示されます。サンプル

濃度と透過率はどの波長においても直線関係ではないため、吸光度が非常に高い

(低透過率)サンプルを除いては実験に利用されることはほとんどありません。

Set up

enter

Wavelength

run

Cell number

シングルセルホルダーアクセサリーが装着されている

場合は、サンプル番号を入力してください

Wavelength % Transmission

Sample

9

Concentration

enter

Concentration濃度モードには2種類あります。Factor(ファクター)およびStandard

(スタンダード)です。

Factor Concentration モードは変換ファクターが既知の場合に使用します。特定波長

におけるサンプルの吸光度を濃度に変換する時にこのファクターが必要で、[濃度

= 吸光度×ファクター]の式で算出できます。

Standard Concentration モードは濃度が既知のサンプルを用いて使用できます。特定

波長におけるこのサンプルの吸光度を測定して変換ファクターを算出します(上記

参照)。未知のサンプル濃度はこの変換ファクターを用いて相関的に計算できま

す。この方法はワンポイント・キャリブレーションに相当し、ゼロ濃度のサンプル

の吸光度をゼロとしています。

Wavelength

Cell number

Mode

Factor Concentrationの場合

Factor

波長を数字キーで入力してください

シングルセルホルダーアクセサリーが装着されて

いる場合は、サンプル番号を入力してください

FactorかStandardかを選択して

ください。

サンプル濃度 = 吸光度×ファクター

Factor

Units set ref

または run

ファクター(0.01 ∼99999)を設

定してください。

単位を選択してください。

単位を選択してください。

リファレンスの入ったセルはセル位置1

に入れます。

Wavelength Concentration Sample

run

10

Standard Concentrationの場合

Standard

サンプル濃度=

サンプル吸光度×スタンダード濃度

スタンダード吸光度

Standard

Units

スタンダードの濃度を入力してく

ださい。(0.01∼99999)

単位を選択してください。

または set ref run

単位を選択してください。

リファレンスの入ったセルをセル位置1に、

Standardの入ったセルをセル位置2へ

サンプルは3以降へ

Wavelength Concentration

run

Sample

ファクターを計算

します。 run

スタンダードから

相関的に算出した

サンプル濃度

11

Methods

Recall

保存されているメソッドをメモリーから呼び出します。 a ) 目的とするメソッドが入ったグループ範囲(1 ∼1 0 な

ど、5グループ)を選択します。 b ) メソッド番号をキーパットから直接入力します。モード

を選択したらリファレンスとサンプルを入れて run キーを押します。

Clear

Save

保存されているメソッドをメモリーからクリアします。 a) c

を押します。 b) 目的とするメソッドが入ったグループ範囲を選択しま

す。 c)メソッド番号を選択します。  d) Yes(    )またはNo(

enter

して確認します。

メソッドは最大50個まで保存でき、アプリケーション使

用中にsaveオプションを選択すれば直接保存できます。

メソッド番号は以下のように入力します。 a)保存先のグループ範囲を選択します。 b)メソッド番号を数字キーで直接入力します。  c ) タイトルを入力します( 装置のユーティリティの項を

参照)。

12

enter

Nucleic

核酸の定量には6つのモードがあります。

DNA

RNA

Oligo

Scan

Tm Calc.

Info

DNA 定量および純度分析

RNA 定量および純度分析

オリゴヌクレオチド定量および純度分析

サンプルのスペクトル分析および

選択した波長における核酸定量と純度分析

塩基配列の理論上のTm値を算出する

核酸に関するインフォメーション

DNA RNA Oligo

核酸の定量

DNAやRNA溶液では光路長10 mmで260 nmでの吸光度を測定した時、1.0 AUの濃度

が各々50および40

µ g/mlであることが確認されているため*、260 nmでの吸光度

を使って濃度測定を行っています。オリゴヌクレオチドについては、経験則か

ら33

µ g/ml濃度とされていますが、この値は塩基組成*によって異なります。異なる

ファクターを入力したい場合は、OligoモードのSetup画面でFactorの値を入力しなお

してください。

濃度= A

λ260

(260 nm での吸光度)×ファクター

核酸の純度分析

純粋なサンプルと吸光度を比較することにより調製したサンプル中の不純物の混入

度を確認することができます。

使用する 2 つの波長は、260 nm(核酸の最大吸収波長)および 280 nm(不純物であ

るタンパク質の最大吸収波長)です。純粋なサンプルにおいて予想される2 波長の吸

光度比からの偏差がサンプル中の不純物混在を示します。

A

吸光度比 =

A

λ260

λ280

純粋なヌクレオチドの吸光度比 A

260

/A

280

は、純粋な DNA の場合は 1.8、純粋な RNA

は 2.0 とわかっているので核酸溶液の純度確認が迅速に行えます。

バックグラウンド補正

これら2つの波長から離れた320nmは、濁りや吸光度の高いバッファーによるバック

グラウンド吸光度の影響を補正する場合に用いられます。

濃度 =(A

λ260

- A

λ320

)×ファクター

吸光度比 =

A

λ260 −

A

λ320

A

λ280 −

A

λ320

バックグラウンド補正を行わない場合は、このオプションのチェックをはずしてください。

13

まとめ

核酸 ds DNA

RNA

オリゴヌクレオチド

ファクター(

µ g/ml)

50

40

33

A

λ260

/A

λ280

1.8

2.0

配列により異なる

注意点

希釈ファクターなどの他のファクターを用いたり、最大吸収波長を 257 nm、バック

ドもしくは Multi Wavelength モード中の Absorbance Ratio モードを使用します。

DNA、RNA、Oligo の各モードで、光路長 10 mm のセルを用い、サンプルを希釈せ

ずに測定を行なえば、定量結果は直接

µ g/ml の単位で算出されます。その際に使用さ

れる係数は、各々 50、40、33 です。光路長 5 mm のセルを用い、希釈したサンプル

を測定する場合には、これらの係数を変更する必要があります。

光路長 5 mm のセルを使用して DNA の定量を行なう場合は、係数として 100 を用い

てください。

光路長 10 mm のセルを使用し、10 倍希釈で DNA の定量を行う場合は、係数として

500 を用いてください。

これらのモードで微量セル(例:5

µ l ウルトラマイクロボリュームセル)を用いる場

合は、光線の散乱を防ぎ、再現性のある結果を得るためにセルにサンプルが正しく注

入されているか確認してください。

吸光度の高いバッファーを含む溶液を測定する際、またはウルトラマイクロボ

リュームセルで吸光度の低い溶液を測定する場合には320 nmでバックグラウンド補

正を行います。

* 参考文献:Molecular Cloning, Maniatis et al.

260nm、280nmおよび(選択されている場合)320 nmでの吸光度値は表示パネ

ルに表示され、必要に応じてプリントできます。

14

DNA and RNA

必要であれば保存メソッドとして保存できます。

Background on

Dilution factor

Integration Time *

Save Method

If yes,

必要に応じて希釈倍率を入力してください。

If yes, enter

バックグラウンド補正は必要ですか。

このメソッドを保存するときは enter run

Load and

リファレンス設定

Ratio Concentration Sample

run サンプル測定 ( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

Oligo

必要であれば保存メソッドとして保存できます。

Background on

Dilution factor

Factor

Integration Time * enter

If yes,

バックグラウンド補正は必要ですか。

必要に応じて希釈倍率を入力してください。

初期設定値33

µ g/ml

Save Method If yes,

このメソッドを保存するときは enter run

Load and

リファレンス設定

Ratio

Concentration Sample

run サンプル測定 ( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

* 初期設定値(1秒)、2、0.1秒から選択してください。吸光度が非常に低いあるい

は高いサンプルを測定する場合にはintegration timeを長くしてください。

15

Scan

必要であれば保存メソッドとして保存できます。 enter

2 0 0 ∼3 5 0 n m の波長スペクトルを読み取ることにより、調製した核酸の純度を調べ

ることができます。

End

λ

λ

1

λ

2

Background on

If yes,

λ

B

Factor

Save Method

If yes,

If yes,

測定終了波長を 350∼600 nmの範囲で設定

して下さい。

定量と吸光率を求めるための波長1を設定

吸光率を求めるための波長2を設定

Background補正をするかどうか

Backgroundの波長を設定

波長1に対するファクターを設定

このメソッドを保存するときはYes

Load and run リファレンス設定

λ

1

Ratio

Concentration

Sample

run サンプル測定

( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

スキャン後、

λ

1

の値を変える時は    キーを使用してください。

16

Tm Calculation

enter

核酸の塩基配列とその溶液中濃度が既知であれば、ヌクレオチド鎖における各塩基

と隣接塩基間の関係から熱力学的計算をもとにTm の理論値が計算できます(参考文

献:Breslauer et al , Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 83, 3746 (1986))。RNAでは、TがUに置

き換わります。

Mode

Buffer

Oligo

Base

A

AC

DNA または RNA?

バッファーおよび塩濃度をモル単位で入力し

ます。

オリゴヌクレオチド濃度を

µ g/ml

(またはng/

µ l)単位で入力します。

配列の最初の塩基を選択します。 enter

配列の2番目の塩基を選択します。

以下同様にして塩基配列を選択します。 enter

キーパッドから入力することもできます。

(数字キー1、4、7、.がそれぞれC、G、

U/T、Aに相当します)

Tm

理論的Tm値が℃で表示されます。

分子量および濃度(p m o l /

µ l )も表示

されます。

方程式は16から60merまでの間で有効です。

オリゴヌクレオチド濃度

µ g/mlはOligoモードで測定できます。

Info

enter

セルの選択、分子量からモル数への変換式、コドン表などに関する一般的なインフォメー

ションが利用できるモードです。

17

Protein

enter

溶液中のタンパク質量の測定は、可視・紫外分光光度計を使った各種の比色法で簡

便に行うことができます。多くの比色法を応用できますが、その内の4 法が本装置の

ビルトインオプションとして含まれています。測定波長はキットの製造元により異

なるので注意してください。一般的なU V 法とタンパク質、アミノ酸に関与する情

報モードも含まれています。

ブラッドフォード( Bradford

この方法では、色素クマシーブリリアントブルーが未知のタンパク質に結合する量

を異なる一定量のスタンダードタンパク質、通常ウシ血清アルブミン(BSA)に結

合する量と比較して595 nmで測定します。1∼10

µ gタンパク質が測定できます。色

素溶液量を5倍に増し、大きいチューブを使用すれば、10∼100

µ gレンジのタンパク

質も測定できます。

ローリー(

Lowry )法

ローリー法は、Folin-Ciocalteuフェノール試薬と未知のタンパク質のチロシン残基との

反応呈色量を、通常BSAをスタンダードタンパク質とするスタンダードカーブでの呈

色値と比較して750 nmで測定します。このアッセイ法で測定できるタンパク質レン

ジは1∼20

µ g

です。反応系の全部の容量を5倍に増やせば5∼100

µ g

のタンパク質も

測定できます。

ビューレット( Biuret

この方法は、第2 銅イオンとペプチド結合がアルカリ溶液中で起こす主要反応におけ

る、546 nmに吸収がある錯体形成を基にしています。吸光度を標準反応時間後に測

定すれば130 mg/mlまでの直線性が得られます。またこの方法は血清や尿のルーチ

ン分析に利用できます。

BCA 法

この方法も第2 銅イオンとペプチド結合間の反応を基にしていますが、さらにこの反

応にbicinchonicic酸(BCA)を用いた第2銅イオンの検出を利用しており、最大吸収は

562 nmになります。測定レンジは1∼2000

µ g/mlです。

UV 法

核酸サンプル中のタンパク質濃度の推定法と、205、280 および 215、225 nm での測

定値を用いたタンパク質濃度の測定法が含まれます。

Information

タンパク質およびアミノ酸に関する一般的なインフォメーション。

18

リファレンスは必ず必要です。スタンダード溶液は濃度が低い方から順に

入れてください。波長は自動的に設定されます。

キットの製造元によって濃度を含むパラメータは異なるので、それに合わ

せて測定波長とスタンダードの数を変更することができます。

Bradford, Lowry, BiuretならびにBCA法については、すべて同じフォーマッ

トに基づきます。

Set up

Wavelength

Curve Type

No. of standard

No. of standard replicates

No. of sample replicates

Units

(ファクター)から曲線の種類を選択し

ます。

3 ∼ 9 まで設定可能

最大 3

最大 3

単位を選択します。

単位を選択します。

セル位置1にリファレンスを入れてください。

プロトコールは必要に応じて変更してください。変更をしたパラメーター

はメソッドとして保存できます。

例:セル位置1にリファレンス用ブランクを、セル位置2に濃度0.000のバッ

クグラウンドをセットし、スタンダード溶液をセル位置3 以降にセットして

測定。

19

Concs

1

9

Integration Time

Save Method

Load and

各スタンダードの濃度を濃度の

低い順に入力してください。

(Set upで入力した数だけ表示

されます)

0.1、1、2、5秒のいずれかを選択。非

常に薄い(または濃い)サンプルの

場合は長めに設定してください。

If yes,

enter run run

キーを押してリファレンスを取り、続けて 

キーを押してサンプルを測定します。

スタンダードとサンプルは別々に測定してください。

一連のスタンダード測定が終了したらモードキーを押して

に戻り、濃度・吸光度データを必要に応じて保存してください。

スタンダード(およびサンプル)番号と定量方法は、ディスプレイ上

部に表示されます。表示ディスプレイ上でスタンダードの測定が終了

してから、サンプルの測定を行ってください。

Graphs

表示画面とプリントアウトにあわせてデータをサイズ調節します。

Max Abs

Min Abs

Autoscale Y axis post run

最大吸光度を入力します。

最小吸光度を入力します。

If Yes

Standards

スタンダード濃度と吸光度を測定後、表示する場合に使用します。

スタンダードの測定が繰り返し行われた場合は、吸光度の平均値と

標準誤差(SE)%が表示されます。

20

UV methods

Protein Impurity

必要であれば保存メソッドとして保存できます。 enter

核酸中のタンパク質混入度

核酸溶液中のタンパク質の混入度を確認するために、結晶化酵母エノラーゼを使っ

てワールブルグとクリスチャンが導き出した方程式をもとにしてタンパク質濃度を

自動的に算出します * 。ここでは、280 nm の吸光度を用いるため、タンパク質中に

チロシンならびにフェニルアラニンが存在している場合に有効です。

タンパク質 濃度(mg/ml) = 1.55×(Abs

λ280

) - 0.76×(Abs

λ260

)

特殊なタンパク質に式を対応させるためには、濃度既知タンパク質を 260 nm および

280 nm で吸光度測定し、相関係数を逆算することもできます。この場合、X と Y(目

的の相関係数)を変数として解く連立方程式になります。X値が負の係数になる場合

は、X 値をゼロに設定してください(260 nm での吸光度は、タンパク質濃度に全く

ンド吸光度を補正することができます。

* 参考文献 : Warburg and Christian, Biochemisches Zeitung 310, 384 (1941).

タンパク質濃度 =ファクター1 ×(Abs

λ280

- Abs

λ320

) - ファクター2 × (Abs

λ260

- Abs

λ320

)

λ 320(バックグラウンド)はオプションなので、使用するかどうか選択できます。

ファクターの設定値は変更可能です。

直接λ 280 でタンパク質を測定する場合、ファクター 2 = 0.00 に設定。スタンダード

として BSA(bovine serum albumin)を使用する場合、ファクター 1 = 1.115 に設定する

ことで 0 ∼ 0.8mg/ml 間は直線的な結果が得られます。

Background on

yes, バックグラウンド補正は必要ですか。

Factor 1

Factor 2

Save Method yes,

ファクター 1 を設定してください。

(初期設定値 1.55 mg/ml)

ファクター 2 を設定してください。

(初期設定値 0.76 mg/ml)

このメソッドを保存するときは enter

Load run and

リファレンス設定

Result Sample

run サンプル測定 ( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

21

Empirical 280, 205 nm

必要であれば保存メソッドとして保存できます。 enter

タンパク質濃度(mg/ml)は次の実験式により推定できます。

タンパク質濃度(mg/ml)=27 + (120×A

280

/A

205

)

参考文献: Scopes, R. K (1974) Measurement of protein by spectrometry at 205 nm

Anal. Biochem. 59, 277-282

Save Method If yes,

Load   and run run

キーを押してリファレンスをとり、

キーを押してサンプルを測定します。

Ratio

Concentration

と が表示されます。 enter

Empirical 215, 255 nm

必要であれば保存メソッドとして保存できます。

タンパク質濃度(

µ g/ml)は次の実験式により推定できます。 enter

タンパク質濃度(mg/ml)=144×A

215

/A

225

)

参考文献: Waddel, W.J (1956) A Simple UV Spectrophotometric method for the determination of protein. J. Lab. Clin. Med. 48, 311-314

Save Method If yes, enter

Load   and run run

キーを押してリファレンスをとり、

キーを押してサンプルを測定します。

Result

が表示されます。

Info

数多くの一般的なタンパク質について、A

280

の測定値から濃度(mg/ml)へ換算する式、およ

びアミノ酸についての一般的な情報が参照できます。

22

Applications

enter enter

Wavescan

波長に対する吸光度変化のグラフは、吸光スペクトルとして知られていますが、

物質の物理的特徴の1 つであり、定性分析や定量分析の手段として有用です。吸光

スペクトルは、分子中で起こりうる種々の電子遷移により生じ、そのピークは

(溶液中では)幅広くなります。

スペクトルの導関数からは次に挙げる情報がさらに得られます。 1次微分では、密

接した多くのピークの同定ができます。 2 次微分からは、ピークショルダー(屈

曲)の同定が可能です。そして4次微分は、同時に多ピークと屈曲、両方の同定

ができます。

Set up

Start

λ

End

λ

Scan Speed*

Data Interval*

Reference scan

Save Method

If yes,

If yes,

開始波長を入力します。

終了波長を入力します。

スキャン速度を選択します

(Fast, Medium, Slow)。

データを測定する間隔を(1.0、0.5 nm)

選択します。

リファレンスのスキャンは臨時ベースラ

インになります。 enter

Load (リファレンス設定する場合), and run

* およそのスキャン速度(nm/min)と測定波長間隔

               測定波長間隔

1.0nm

0.5nm

Fast 高速

Medium 普通

Slow 低速

1800

750

250

900

375

125

23

以下の操作でポイントを入力すれば、正確な位置でズームが行えます。

開始波長

Graph

終了波長

Y 軸のオートスケールを行う場合に選択しま

す。

最大吸光度を選択します。

最小吸光度を選択します。 enter

を連続して押してください。

を押すと戻ります。

Overlay

導関数を選択してスケーリング機能を使ってスペクトルに重ねる

ことができます。スペクトルデータはスムージングや% T への変換

もできます。

Type

Scale

Offset

Off、1st・2nd・4th Derivative、Smooth、

Enhance、%Transmissionから選択します。

}

実験およびプリントアウトのためにY軸値

を入力してL C D 上でオーバーレイを至適化

します。ScaleおよびOffsetはTypeのみに影響

します。入力した数値とT y p e の商がスケー

ルとなります。必要に応じて横座標から

TypeをOffsetにより移動します。

個々のスキャンはオーバーレイできません。

Peak Table

おけるピーク吸光度と波長の値をリストアップしますが、ピーク幅が 1 5 n m

以上あるものについては、ピークとして認識しません。認識されないピーク

は キーを使ってカーソルを移動して簡単に同定できます。平ら

または幅広のピーク上の波長値は正確ではないので、( )で示されます。

結果は変更できません。

24

Applications

Multiwave

Abs Ratio

enter enter enter

Absorbance Ratio(吸光度比)は分子生物学分野で利用されている核酸の定量や純度

試験に用いてください。

λ

1

λ

2

Background on

If yes,

λ

B

Factor

Units

If yes,

波長1を入力

波長2を入力

バックグラウンド補正が必要ならば

バックグラウンドの波長を入力

波長1に対応するファクターを入力

単位を選択

単位を選択

Save Method

If yes, enter

Load run and

リファレンス設定

Ratio

run

Concentration

Sample

サンプル測定

( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

25

Abs Diff

enter

Absorbance Difference(吸光度差)は基質に干渉するバックグラウンド吸光度を補

正する場合に用いてください。

λ

1

λ

2

Background on

If yes,

If yes,

λΒ

波長1を入力

波長2を入力

バックグラウンド補正が必要ならば

バックグラウンドの波長を入力

Factor1

Factor 2

Units

Save Method If yes,

波長1に対応するファクターを入力

波長2に対応するファクターを入力

単位を選択

単位を選択 enter run

Load

サンプル測定 and

Result Sample

( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

3 Point net

enter

3 point net は amniotic液中のbilirubin 測定などの傾いたベースラインを示す濁状サン

プルにおける正しいピーク高を測定する場合に用いてください。

λ

1

λ

2

?

?

λ

3

?

Factor

Units?

波長1

波長2

波長3

ピーク高に対するファクター

単位を選択

単位を選択

Save Method If yes,

メソッドが保存するときは

√ enter run

Load and

Height

サンプル測定

Area Sample

( リファレンスの次のサンプルがサンプル番号1となります。

表示の数字はサンプルであり、セルの位置ではありません。)

26

enter

Multiwave

Multiwaveでは最大9波長の吸光度測定を同時に行うことができます。それらの測定値と最大9

つの異なる係数を用いて、2つまでの計算式に当てはめ、サンプルの純度や濃度を求めること

ができます。

計算式はあらかじめ紙などに書いて用意しておくと入力の際に便利です。

2ページ後に入力例が記載されていますのでご参照ください。 enter

Set up

No. of

λ

’s

λ

1

測定波長の数(最大9波長)

測定波長1

λ

9

Integration Time

各波長を短い順に入力してください。

(No. of

λ

’s で入力した数だけ表示されます。)

測定波長9

0 . 1、1 、2、5 秒のいずれかを選択。非常

に薄い(または濃い)サンプルの場合は

長めに設定してください。 enter

Factors

計算式に用いるためのファクター、係数を入力します。

Dilition Factor, C

K1

サンプルの希釈率

係数1

K9 係数9

マイナスの値を入力する場合は、

C キーを押してから数字を入

力してください。

数値は小数点以下第2位まで入力

できます。

27

Equation 1

Description

Equation

Units and

Enable Equation

Save Method

Load and

Equation 2

計算式の名称

計算式

計算結果の単位(分母)

計算結果の単位(分子)

If Yes

If Yes run run

Equation 2の入力画面に

のみ表示されます。 enter

キーを押してリファレンスを取り、続けて 

キーを押してサンプルを測定します。

計算結果(測定後に表示されます)

Equation 1 Description

Equation 2 Description

28

Multiwaveモードの入力例

計算式

Cobalt (g/l) = ((12.26×A

511

)−(0.3×A

720

))×100

Nickel (g/l) = ((−0.40×A

511

)−(27.41×A

720

))×100

Set up

No.of.

λ

’s

λ

1

λ

2

2

511

720

Integration Time 1s キーで選択

Factors

C

Κ1

Κ2

K3

K4

100

12.26

0.30

-0.40

27.41

マイナスの値を入力する場合は、 C キーを押

してから数字を入力してください。

数値は小数点以下第2位まで入力できます。

Equation 1

and

Description

Equation 2

Cobalt enter

Stop

キーを押すと、キーパットが現れます。

キーで1文字ずつ決定します。

キーを押すと、キーパットが消えます。

キーを押すと、入力済みの文字を消去で

きます。

Equation

Units

Enable Equation

Save Method

√ g

1

ます。間違えた場合は C で消去します。

キーで選択

キーで選択

キーで選択

キーで選択

29

Applications

enter enter

Kinetics

時間ごとの吸光度の変化をグラフ化し、反応速度を測定するカイネティクス解析

に用いてください。詳しくは付録を参照してください。

Set up

Wavelength

Factor

Units

波長を入力

ファクターを入力 *

単位を選択

単位を選択

Auto set ref

解析開始時にリファレンスをセル1に

設定しますか? yesであれば、 enter

* 臨床検査キット解析にファクターを用いる場合には反応時間をインターバル時間と同じに設

定してください。

Timing

Mode

Parallel

の場合のみ、以下2項目がでます。

No. of samples

Active reference

Serial, Parallel

両方で

TimeUnits

Delay

Reaction time

Interval

シリアルですかパラレルですか?

P a r a l l e l モードでは複数解析を同時に行い

ます。

最大8個、Active Reference を選択した場合

には最大7個。

時間経過にともないリファレンスが変化す

るときに を入力。

秒または分?

遅延時間は(0∼1000)?

遅延時間を含めた時間は?

タイムインターバル。最大データポイント数

は6 0 0 。パラレルキーの場合、最小インター

バルは10 秒。

Save Method Y e s であれば enter

30

Serial

の場合     Load

Parallel

の場合     Load run

時間経過にともないリファレンスが変化

する場合。 run

Graph

SOUNDがONになっているとタイムインターバル毎に装置はクリック

音を出します。変更する時にはSOUNDをOFFにします。 function set up user

∨ sound

時間と吸光度はタイムインターバル毎にアップデートされ、スロー

プ(ΔA /分)は線で表示されます。解析終了時に、結果(S l o p e ×

F a c t o r )が最後の5 データポイントの下部に表示されます。スロープ

は最も勾配が大きい直線部分で計算され、

訂することもできます。

データのスケール設定を行い、LCDやプリントアウトでの表示を規定

します。 

Maximum Abs

Minimum Abs

Autoscale Y axis

Show Data Points

Plot graph when printing results

}

測定中の

If Yes,

If Yes,

If Yes,

最大吸光度

最小吸光度

Y軸の自動スケールを行う

解析ごとにデータポイン

トを表示

グラフをプリント

31

Post Run

スロープを選択し(Parallelモードで)結果の至適化を図るために再

設定します。

Sample number

Results: Initial Abs

Final Abs

Slope

Slope × Factor (Result)

Linearity

Start time

End time

Auto find end points

}

スロープを手動で決定します。

If Yes,

If No,

自 動 的 に 回 帰 直 線 の 最

終点を算出します。

入力した開始および終

了時間をもとにスロー

プを算出します。

32

Applications

enter

Standard Curve

enter

標準曲線を作成すると、濃度既知の一連のサンプル(スタンダード)の吸光度

プロットから、必要な試料サンプル(サンプル)の濃度を算出することができ

ます。この方法を使ったタンパク質量決定を前述しましたが、その他廃液中の

金属錯体や塩、殺菌剤の分析にも応用できます。ファクターを使うこともでき

るので、吸光度値およびファクター結果が表示されます。

スタンダード用に3つのカーブフィッティング法から選択できます。

直線回帰‐最小二乗法を用いデータ点間の至適直線を推定します(3 データポイ

ント以上が必要です)。

直線捕間法‐直線により連続したデータ点を結びます。

スプライン‐natural cubic スプラインフィッティング法を用い、データ点を通じ

た至適曲線を計算およびフィッティングさせます(4 データポイント以上が必要

です)。

Set up

Wavelength

Curve Type

波長を入力

Factor(ファクター)から曲線の種

類を選択します。

ファクターを入力します。

If Factor,

F a c t o r の場合

Number of standards

F a c t o r 以外の場合

Number of standard replicates

Number of sample replicates

Units

最大 9 まで設定可能

最大 3

最大 3

単位を選択

単位を選択

リファレンスは常にセル位置1に入れ、吸光度0.000、濃度0.000とします。

スタンダードは低濃度のものから順に入れます。

直線回帰およびスプラインは、それぞれ3点および4点以上のデータが必要です。

33

1

9

Integration Time

各スタンダードの濃度を濃度の

低い順に入力してください。

(Set upで入力した数だけ表示

されます)

0.1、1、2、5秒のいずれかを選択。

非常に薄い(または濃い)サンプル

の場合は長めに設定してください。

If Yes,

enter

Save Method

Load and run run

キーを押してリファレンスを取り、続けて 

キーを押してサンプルを測定します。

スタンダードとサンプルは別々に測定してください。

一連のスタンダードを測定し終えたら、modeキーを押して

濃度・吸光度データを必要に応じて保存してください。 concs

に戻って

(ディスプレイ上の は実測値を は平均値を表しています。ディスプレイ上に

スタンダードが入力されていれば、サンプルを計ることができます。)

Graph

データのスケール設定を行い、LCD やプリントアウトの表示を規定します。

Maximum Abs

Minimum Abs

Autoscale Y axis post run

If Yes,

最大吸光度

最小吸光度

Y軸の自動スケール

Standards

スタンダードの濃度と吸光度を表示する時に使用します。スタンダードの測定が

繰り返し行われた場合は吸光度の平均値と標準誤差(SE)%が表示されます。

Running Samplesサンプル測定

サンプルはひとつずつ別々に測定します。スタンダードを測定後(もしくはMethod

として呼び出した後)サンプルを入れ表示ディスプレイ上の指示に従ってくださ

い。

それぞれのサンプルごとにrunキーを押してください。

サンプル吸光度がキャリブレーション曲線両端の1 0 %未満である場合。曲線

を終点から直線として補外することができます。これは表示ディスプレイに

示されてプリントされます。GLP設定中は補外は適応されません。

34

Concs

Applications

enter enter

Substrate

この方法を用い、濃度既知の一連のサンプル(スタンダード)の反応速度プ

ロットから、必要な試料サンプル(サンプル)の濃度を算出することができま

す。酵素を基にした基質濃度分析は、試薬キットを使用すれば食品工業や医薬

品化学分析において迅速な構成物質の定量ができます。吸光度はアッセイの開

始時と終了時の 2 点で測定し、両点ともアッセイの直線相にある必要がありま

す。反応速度(傾き)はこれら 2 回の測定に対してユーザーが設定した時間間

隔での吸光度変化と定義されます。

Standard Curve(標準曲線)と同様の曲線フィッティング法を用いることができ

ます。

医薬品検査キット分析にも使用できます。経時による吸光度変化が必要な場

合にはKineticsカイネティクスを選んでください。

Set up

Wavelength

Curve Type

No. of Standards

No. of Standard Replicates

No. of Sample Replicates

Units

波長を入力

直線回帰:直線捕間:スプライン

曲線を選択

最大9

最大3

最大3

単位を選択

単位を選択

リファレンスは常にセル位置1に必ず入れ、吸光度0.000 、濃度0.000としま

す。

直線回帰およびスプラインには、それぞれ3、4点以上のデータが必要です。

35

36

Timing

Time units

Delay

Reaction time

秒また分?

遅延時間は(0-1000)?

遅延時間を含めた時間は?

Concs

}

スタンダード濃度を低いものから入力

します。

Save Method

Load and run enter

スタンダードとサンプルは別々に測定してください。

一連のスタンダードを測定し終えたら、modeキーを押して、

り濃度・吸光度データを必要に応じて保存してください。 concs

に戻

ディスプレイ上の□は実測値を は平均値を表しています。ディスプレイ上

にスタンダードが入力されていればサンプルを測ることができます。

Graph

データのスケール設定を行い、LCDやプリントアウトの表示を規定

します。 

Maximum Abs

Minimum Abs

Autoscale Y axis post run

If Yes,

最大吸光度

最小吸光度

Y軸の自動調整が必要な場合

Standards

スタンダードの濃度と吸光度を表示する時に使用します。スタン

ダ ー ド の 繰 り 返 し 測 定 が 行 わ れ れ ば 吸 光 度 の 平 均 値 と 標 準 誤 差

(SE)%が表示されます。

Running Samplesサンプル測定

サンプルはひとつずつ別々に測定します。スタンダードを測定後(もしくはMethod

として呼び出した後)サンプルを入れ表示ディスプレイ上の指示に従ってくださ

い。それぞれのサンプルごとにrunキーを押してください。

37

装置のユーティリティ

  function enter または

を使って下図から選択します。

Accessory

Printer

Display

Setup

User

Baseline

Clock

Service

GLP

GLP設定中に選択できます (Setup Userで設定) 。

文字入力の仕方

キーパッド上の適切なキーを繰り返して押し、小文字、数字、大文字の順で切り替え

ます(例えば数字キー2を続けて押すと、abc2ABCの順で表示が切り替わります)。

スペースを入力するには数字キー1を用います(1_1_の順で切り替わります)。

別のキーを押せば、次の文字が入力されます。同じ文字を連続して入力する場合に

も数字キー1 を用います(例えばA A と入力する場合、数字キー2 を5 回、数字キー

1を1回、数字キー2を5回押します)。  を押すと反転表示された文字列の最後の

1字が消去されます。

38

accessory

Printer

装着されているアクセサリーを確認します。

マルチポジションセルチェンジャーをシングルセルホルダーのように使用す

ることもできます( run

ボタンを押してもチェンジャーは回転しません)。

詳しくは「アクセサリー」のセクションを参照ください。

Seiko DPU-414

を選択します(「プリントアウト」のセクションをご参照く

ださい)。

Print

を押してページの一番上にセットします。

Display

キーで画面のコントラストを調整します。

ハイコントラストにする場合は キーでバックグラウンドが明るくなりま

す。

GLP

診断を設定できます。下記または付録をご参照ください。

GLP

Setup

G L P C a l i b r a t i o n R e s u l t s (キャリブレーション結果)を表示します。

(「

GLP Enabled

(設定済)」がチェックされていればキャリブレーション後

に自動的にプリントします)この設定は

Setup User

で行います。

User

∨ Operator

Lab Name

∨ Instrument

Sound

GLP

Enabled

Print Key

Function

アルファベット数字キーパッドを使って名前を入

力します。

同様に入力します。

同様に入力します。

サウンドを

On

または

合、キーボード(使用していればシッパー)の

キーを押した時と

Rate

音がして知らせます。

Off

にします。

On

にした場

モードのインターバル時に

キャリブレーション毎に(または再キャリブレー

ション時に)プリンタが接続されていれば、

は影響ありません)。ウォーミングアップが終了

するまで

装置の状態が良好であると確認したら

押します。さらに

GLP

を確認する内容のヘッダーがプリントされます

GLP

Off

10

にしても装置のキャリブレーションに

分かかります。キャリブレーションで run enter

キーを

キーを押すと、確認された内

容の読み取りと結果がプリントされます。

データの出力を、「プリンタのみ、コンピュータ

のみ、プリンタとコンピュータ両方」の

3

つの中か

ら選択してください。自動出力を行う場合は「コ

ンピュータのみ」を選択してください。「コン

ピュータへ出力」の項目をご参照ください。

39

40

Auto Print

この項目を選択すると、測定完了と同時にパラ

メーターおよびグラフ(グラフモード時)が自

動出力されます。その場合は上のデータの出力

モードを「コンピュータのみ」に設定してくだ

さい。

Baseline

Action

New、Save、Restore、Viewから選択し

ます。 enter

New: 新規ベースラインを作ります。

Save: 新規ベースラインを保存します。

Restore:新規ベースラインを保存されているベースラインに

置き換えます。

View: ベースライン情報を表示します。

Clock

現在時刻(時:分:秒)と日付(日/月/年)を設定

します。

Service

サービスエンジニアのみ使用します。 enter stop

プリントアウト

Seiko DPU414

(「

Seiko DPU414

」を選択)

弊社で推奨するプリンタです。プリンタスタンドを用いて機器の上に設置することができま

す。

a ) Auto Print を on にしたとき function Setup

User

∨ AUTO PRINT AUTO PRINT

測定が終了後、自動的にパラメータおよびグラフ(グラフィックモード時)がプリントされま

す。次ページをご参照ください。

41

b)

キーによるプリントアウト

・ モード設定のページで

ます。

・ 実験結果(WavescanのグラフやDNAのテキストなど)が表示された時に   

波長スキャンのプリントアウト例を以下に示します。

42

コンピュータへのスプレッドシート出力

測定結果はExcel形式でコンピュータへ直接出力することができます。その際には、

コンピュータにスプレッドシートインターフェースソフトウェア(80-2110-73、別

売)をインストールし、シリアルケーブル(80-2105-97、別売)で装置と接続して

ください。また、装置の出力設定を、“Output to computer”および“Autoprint on”に

変更してください(39ページ参照)。

このようにして、スキャンなどの吸光度と波長データの関係や、反応カイネティクス

実験などの吸光度と時間の関係をスプレッドシートとして配列し、見馴れたグラフの

かたちに変換することができます。測定結果を報告書に掲載したり、ハードディスク

に保存する前に、望み通りの形式に変換することが可能です。

下記のようにして Data Capture Software をインストールしてください(約200 Kbytes の

ディスク空き容量が必要です)。

1. disk 1をコンピュータの3.5インチドライブに挿入してください。

2. 「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し、a:\setupと入力

してください。

3. 「Welcome」ダイアログボックス上で「Next」をクリックし、「User Information」ダ

イアログボックス上でユーザー名と施設名を入力してください。再び「Next」をク

リックしてください

4. デフォルトのプログラム保存先はC:\PROGRAM FILES\Biochrom Data Capture です。他

の保存先を指定するには「Browse」を、そうでない場合は「Next」をクリックして

ください。

Data Capture Utility の使用

・ Data Capture Utility をインストールしたら、すぐに起動してみてください。このソフ

トウェアの存在を他のインストール済みソフトウェアに認識させるためです。「ス

タート」メニュー>「プログラム」>「Biochrom Data Capture」>「Capture Utility」

で起動できます。

・ 「Data Capture」ダイアログボックスが表示されます。Flie>Set Up で「Set Up」ダイ

アログボックスを表示し、コンピュータのcomm.ポートとBaud Rate (19,200)を入

力してください。

・ Run>Start でCommunication Moduleを起動してください。

・ 終了するには、Communication Module の Cancel をクリックしてください。データは

用途に応じて保存したり、他のファイルにコピーしたりできます。

Excel テンプレートの使用

テンプレートはdata capture sheet、short instruction sheet、macro のワークシート3枚で構成

されています。M a c r o は不慮の誤使用を避けるためロックされています。ロック解除

/ロック設定のパスワードは ljb です。

・ このテンプレートは スタート>プログラム>Biochrom Data Capture>Excel Template で

呼び出せます

・ 「Set Up」ダイアログボックスが現れます。コンピュータのcomm.ポートとBaud Rate

(19,200)を選択してください。

・ Communication Module がアクティブとなり、分光光度計からデータを取り込めるよ

うになります。

・ "Ready"という表示がディスプレイ左下で点滅しますが、これはディスプレイ内容

を継続的にアップデートしているためで、問題はありません。

43

・ 分光光度計本体が正しく設定されていることを確認し、「run」ボタンを押して

ください。データは直接 Capture Utility に転送されます。

・ 終了するには、Communication Module の Cancel をクリックしてください。デー

タは用途に応じて保存したり、他のファイルにコピーしたりできます。

・ 同時に他のアプリケーションも使用している場合には、Communications Tool Box

はExcel 画面の背後に隠すことができます。Alt + Tab コマンドで再表示すること

が可能です。

・ 測定をやり直したい場合は、Tools>Run Capture を選択してください。データを

新たなシートに保存するオプションが表示されます。続いて 「Set Up」ダイア

ログボックスと Communication Module が表示されます。

Excel テンプレートは、Excel 97および7.0a 以上のバージョンを、Office 95および

Office 97 の一部としてWindows 95上での使用した場合に動作すること確認していま

す。

Excel でグラフ作成する時のコツ

・ Excel 97 に関する知識が必要です。適当なユーザーガイドを参照してください。

・ スキャニングやカイネティクスといった実験データを Excel形式で 出力した場合

に、グラフ化は特に便利です(装置によります)。

・ x軸、y軸の範囲を選択してください。

・ x軸の範囲を変更するには、x軸をダブルクリックし、「軸の書式設定」ダイア

ログボックス中の「目盛」タブを選択し、表示範囲や最小値、最大値を入力し

てください。

・ グラフのバックグラウンドの色をグレーから他の色に変更するには、バックグ

ラウンドをダブルクリックし、「プロットエリアの書式設定」ダイアログボッ

クス中の「領域」で「なし」を選択してください。

表示例

波長スキャンのデータをスプレッドシートにダウンロードし、波長に対して吸光度

をプロットした例は以下のようになります。レポート作成などに有用であることが

示されています。

Holmium perchlorate, direct to PC

44

メッセージ

この分光光度計は複数のステップキャリブレーションが連続して行われています。

何等かの理由でキャリブレーションに不備が生じた場合には、メッセージが表示さ

れます。もし以下のような説明が表示されなかったり、故障が起きたと考えられる

時にはお近くの代理店または技術サービスに連絡してください。これらのメッセー

ジはポップアップボックスに表示されます。以下に主なメッセージを示します。

GLP Warming Up

Calibration Status :Failed

Abs Non - Linear

Too much light

Beam Blocked

< 3.0

(in Abs mode)

> 3.0

!

(in Abs mode)

(in status bar)

作動温度に達していない

フィルタークアドラント

のミスアライメント

フィルターの汚れ

サンプルへの光量が多す

ぎる

ディテクタに十分な光量が

届いていない

ディテクタへの光量が多す

ぎる

ディテクタに十分な光量

が届いていない

サンプル濃度が高すぎる

光路が遮断されている

アクセサリーが初期化され

ていない

付録のG L P 自己診断テストを

参照してください

もう一度行ってください。技術

サービスへ連絡してください 

ふたをきちんと閉めベースライ

ンプラグを確認してください

光線が遮られていないか、セル

収納部が空かどうか確認してく

ださい

リファレンスを確認し、ベース

プレートプラグを正しく差し込

み、ふたを閉めてください。

ユーテイリティの setup lamp

でランプ

の設定をチェックし、設定波長

がその lamp に適したものか確認

してください

サンプルを希釈してください。光

路がふさがっていないか確認して

ください。ユーテイリティの setup lamp でラン

プの設定をチェックし、設定波長

がその lamp に適したものか確認

してください

Stop ボタンにつづいて function ボタ

ンを押し、"accessory" を選択して

セサリーの初期化をしてください

45

アクセサリー

下記に示したセルホルダーは特に表示がない限り全て光路長10mm のセルを標準装

着できます。“安全性に関する必須注意事項(P3)”を参照してください。

マルチセルホルダーアクセサリー

セルホルダーの据え付け方法は、まず装着されているセルホルダーを外して新しい

セルホルダーと交換し、中心部の据付けねじを手で硬く締めます。 function

Accessory

enter

を押してください。

アクセサリー=4セルチェンジャー

自動リファレンス選択

光路長10∼50mmのセルを装着可能

アクセサリー=8セルチェンジャー

自動リファレンス選択

別に恒温循環槽が必要です。

円菰のチューブ固定台をセルチェンジャーの

つまみスクリュー上に差し込みます。

Oリングをチュービング固定のためにはめておきま

す。表のブランク栓を外しチューブを中に入

れます。

アクセサリー=6セルチェンジャー

自動リファレンス選択

ペルチエ電子コントロールユニット

(80-2105-49)が必要です。

セルコンパートメントソケット1

reeewrwr

アクセサリー=8セルチェンジャー

自動リファレンス選択

46

シングルセルホルダーアクセサリー

据え付けは、まず装着されているセルホルダーを外し、アクセサリーについている

ベースプレートプラグと交換してロックを指で押して装着します。 function

Accessory

enter

を押してください。

セルホルダー(光路長 10mm まで) セルホルダー(光路長 10 mm ま で)

アクセサリー=シングルセルホルダー アクセサリー=シングルセルホルダー

アクセサリー=シングルセルホルダー

5

µ lセル(80-2103-68)および

70

µ lセル(80-2103-69)用の

セルホルダーです。

2本の軸調節スクリューを使って最大光量が

得られる位置に固定します。

アクセサリー=シングルセルホルダー

50

µ lセル(80-2076-38)用の

セルホルダーです。

47

(光路長 100 mm まで) (光路長 10 ∼ 40 mm まで)

アクセサリー=シングルセルホルダー アクセサリー=シングルセルホルダー

別に恒温循環槽が必要です。

表のブランク栓を外しチューブを中に入れ

ます。

HPLC 用

( 8

µ

l

フローセル付)          (ペルチエ)

アクセサリー=シングルセルホルダー

フローセル容量:8

µ l

光路長:2.5 mm

表のブランク栓を外し2本の

チューブを中に差し入れます。

アクセサリー=サーモスタットセル

温度範囲20∼49℃でキーパッドを使って

設定します。

セルコンパートメントソケット2

( SWIFT-Tm

48

その他のアクセサリー

シッパー(フローセル付

シッパーは分光光度計で複数のサンプルを続けて測定する時、または1つのサンプルを連続し

て測定する時に使用します。10 mmのシングルセルホルダーであれば、恒温式でも恒温式でな

くても使用できます。PTFEチュービングとポンプチュービング付のフローセルも使用するこ

とができます。シッパーには専用のユーザー操作マニュアルがついています。

* シングルセルホルダー(80-2106-05、-38、-13)のいずれかが必要です。

6連サーモセルチェンジャー(ペルチエ)(80-2106-04)およびTm値実験用のプログラマブル

ペルチエセルホルダー(80-2106-14)の温度制御に必要な装置です。本装置には専用のユー

ザー操作マニュアルがついています。

セルホルダー 100 mm"Boat" セル用

49

消耗品 他

シッパー用ポンプヘッドチューブ(6)

PTFE フローセルチュービングとコネクター

取りかえ用フローセル(チュービングを含む)

チャートレコーダーケーブル

シリアルインターフェースケーブル (9ピン用)

80-2080-74

80-2055-13

80-2080-60

80-2105-95

80-2105-97

シリアルインターフェースケーブル (25ピン用)

プリンタケーブル

80-2106-51

80-2071-87

シリアルおよびパラレルインターフェースコネクションについての詳しい内容が必

要な方は、代理店を通じて技術サービスまでご連絡ください。

50

SWIFT II アプリケーションソフトウェア

SWIFT II はカスタマーニーズに合った広い範囲のソフトウェアモジュールを含んで

います。

80-2108-26

SWIFT II-LAB 一般分析向

波長スキャン、反応カイネティクス、定量、タイムドライブ

80-2108-31 SWIFT II-METHOD

波長スキャン、反応カイネティクス、タイムドライブ、

定量、多波長、フラクション解析

個別のモジュールでパッケージ機能を追加することができます。

80-2107-88 SWIFT II-SCAN

80-2107-89 SWIFT II-KIN

80-2107-90 SWIFT II-TIME

80-2107-91 SWIFT II-QUANT

80-2107-92 SWIFT II-MULTI

- Wavelength Scanning

- Reaction Kinetics

- Time Drive

- Quantification

- Multi Wavelength

80-2107-93 SWIFT II-FRAC   - Fraction Analysis

波長スキャン

反応カイネティクス

タイムドライブ

定量

波長測定

フラクション解析

PC

仕様についての留意点:

パフォーマンスを最大限に得るには、I B M コンパチブル4 8 6 またはその上位機種の

パーソナルコンピューターを使用し、Microsoft Windows* 95, 98あるいはNTを搭載し

ていることが必要です。使用するPCは、8 Mb RAM以上、500 Mbハードディスク、

1.44 Mb3.5インチフロッピーディスクドライブ、シリアルマウス、フリーのCOMMS

シリアルポート1(Tmプログラムペルチエアクセサリーに付属したSWIFTーTmをTm

アクセサリーと併せて使用する時には、外部シリアルポートがもう1 つ必要です)、

VGAグラフィックスを装備していることが必要です。

Microsoft Windows 95に対応したプリンタであればどの機種でも結果を印刷できま

す。詳細については代理店までお問い合わせください。

*Windowsは米国マイクロソフト社の登録商標です。

51

保守

アフターセールスサポート

- GLP/GMP に関する標準ガイドラインを充たすためのサポートを行います。

□ 

キャリブレーション、国際基準に準じたフィルターを使用した評価

□ サポート技術者およびキャリブレート済機器

□ ISO 9001 基準に合格

次の事項を保守契約内容に補充できます。

□ Preventative maintenance

□ Certification

危険なサンプルや溶液を取扱う際は、必要な予防措置を必ずとってくだ

さい。

ユーザーが行う保守は、装置のランプとメインヒューズの交換だけに限られていま

す。キセノンランプの交換を含むその他の保守や調整に関しては代理店または技術

サービスまでご連絡ください。

ヒューズの交換

1) 装置のスイッチを切って電源のコードを抜いてください。ヒューズホルダー

は、必ず電源プラグを外して開けてください。ヒューズホルダーは装置後部パ

ネル上のパワーインプットソケットとon/offスイッチの間にあります。

2) 小型のドライバーを切込みに入れて引きながらヒューズホルダーをスライドさ

せます。ドライバーをてこにしてヒューズを手で取り外します。

3) 新しいヒューズ(2A、5mm×20mm、FST)をヒューズホルダーに入れて元の位

置にスライドさせます。

4) 電源を接続し装置のスイッチを入れます。

ヒューズは装置使用寿命中に通常は消耗されません。繰り返し

ヒューズがとんでしまう時には代理店まで連絡してください。

52

クリーニングと一般的なメンテナンス

装置外側のクリーニング:::::

装置のスイッチを切って電源のコードを抜いてください。

軟らかい布を濡らして使用します。

外側の表面を全部拭きます。

□ 落ちにくい汚れは薄い液体洗剤を使って落としてください。 

装置のスイッチを切って電源のコードを抜いてください。

セルホルダー、ベースプレート、サンプルコンパートメントの表面は化学耐

性コート仕上げになっています。しかし濃いサンプル液等は表面を侵す可能

性があるので、こぼれた時には迅速に拭き取ってください。

危険性のあるサンプルや溶剤を取り扱う際には、必要な予防措置をとってく

ださい。

セルコンパートメント内には小さいドレーンホールが開いており、こぼれた

液はそのホールから排出されます。排出液は分光光度計の下の椅子テーブル

の上に流れ出てきますが、ドレーンホールにチューブを接続し廃棄すること

もできます。

セルホルダーは取り外してクリーニングします。

軟らかい乾いた布を使ってセルコンパートメントを拭き取り、セルホルダー

を戻します。

電源のコードを接続して装置のスイッチを入れます。

53

付録

Good Laboratory Practice

Good Laboratory Practice では装置及びオペレーターごとの試験結果とその結果を

出した日付を確認でき、装置が正しく機能しているかどうかを検証できることが必

要です。 分光光度計には 実験室、オペレーター、装置内部リファレンスの各名称が

入力できます。キャリブレーションまたは再キャリブレーション時に本装置は、ユー

ザーが通常操作に入る前に確認できるよう各パラメータをチェックし、その状況を

れます。日時ならびに操作状況は、パラメータとともにプリントされます。GLPでは、

すべての実験結果のもととなるデータの記録保管が義務づけられています。 “GLP

PRINT OUT”をON にすることにより、これらの作業がすべて自動的に行われ、結果

を記録します。

GLP 自己診断テスト

装置が GLP 規準に達成しているかについては以下の項目から判断されます。

・装置のキャリブレーション状況

・装置製造または交換時と比較したランプの使用時間と%エネルギー

・881.9 nm のバンド幅

・881.9 nm のキセノン輝線と比較した波長精度

・装置製造または交換時と比較したビルトイン吸光フィルター値

・装置の迷光

期待値はキャリブレーション後、GLPプリントアウト上にカッコ内で示されます。各

値の許容範囲は装置の技術仕様に定義されています。

万一、装置がキャリブレーション不能になったり仕様から外れる場合は、表示パネル

上に一連のエラーメッセージが表示され、最後に“GLP CALIBRATION FAIL”が表

示されます。これらのメッセージは enter キーを押す毎に表示されてきますので、本

マニュアルのメッセージの章を参照してチェックしてください。パラレルプリンタ

が接続されていれると、以上の操作で GLP プリントアウトに詳しい情報が加わりま

す。 

以下の点について確認してください。

・セルコンパートメントのふたが正しく閉じられているか。

54

・セルコンパートメントの正面のブランク栓がセットされているか。

“GLP CALIBRATION FAIL”のメッセージが表示された後、装置の状態を確認した

enter キーを押してください。この状態では個々のプロトコールに従った実験の

測定が必ずしも出来ないわけではありません。GLP プリントアウトを確認の上、お

近くのサービスエンジニアに連絡してアドバイスを受けることをお勧めします。

キャリブレーション中に "GLP Enabled" が設定されている時は、本装置は作

動温度に達するまでキャリブレーションを完了する前に 10 分間待機します。

LCD(液晶ディスプレイ)には、メッセージが表示されますので、中止する

55

装置キャリブレーション後の(GLP Enabled)のプリントアウト

Ultrospec 3100 pro UV/Vis Spectrophotometer

Lab Name ....................

Instrument Ultrospec 3100pro

Serial number : 81410

Software : 4194 V1.1, Slave 4194 V1.2

Last Serviced : 20/11/00 17:05

Instrument state at calibration

GLP Calibrated 05/02/01 22:45

Calibration Full UV/Visible

PASS

PASS

Bandwidth (2.0-3.0nm) : 2.5nm

Wavelength (881.9nm) :881.9nm

Absorbance at

220nm (1.382-1.396A):1.388A

340nm (1.229-1.253A):1.241A

500nm (1.129-1.141A):1.135A

Stray light at

220nm (<0.050 %T):0.018%T

Xe lamp : 99% of original energy

PASS

PASS

PASS

PASS

Current instrument state

Accesory Eight Position Cell Changer

Xe lamp : installed 21/11/00 14:14, use 0 hours baseline in use : 21/11/00 13:12 baseline stored : 21/11/00 13:12

GLP Enabledがチェックされている時にはキャリブレーション測定結果がプリント

アウトされます。

56

酵素反応速度を測定する一般的な方法では、反応に関わる1 つの基質の濃度

変化または1 つの反応生成物の濃度変化をモニターします。ここではアラニ

ントランスアミナーゼ(ALT)酵素反応を例に取り上げます。

ALT

α-オキソグルタミン酸+アラニン    ピルビン酸+グルタミン酸

ピルビン酸の生成速度を測定する場合には、直接測定することはできないた

め、NADHと乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)酵素が関わる他の酵素反応を組

み合わせて測定を行います。その反応式を次に示します。

LDH

ピルビン酸+NADH+H+     乳酸+NAD+

NADHが消費される速度は反応混合液を340 nmで吸光度測定すれば得られ、

LDHは過剰量なのでこの速度が最初の反応でのpyruvate酸生成速度に直接比

例します。およそ80%の酵素反応はこのようにしてモニターできます。

反応混合液の340 nm吸光度と時間のグラフは以下の図のようになると考えら

れます。

グラフの曲線は3つの相に分かれます。

第一相、A-B間:反応物の混合、熱平衡、直線相への導入

第二相、B-C間:直線相

第三相、C-D間:反応物の内の18つが反応速度限界に達して反応速度が

降下、反応速度は0まで減少

57

反応速度はプロット直線部分の傾きで表され、Beers法則から単位時間当りの吸

光度変化、dA/dtは以下の式で得られます。 dC/dt =(dA/dt) × (1 / EL) dC/dt は濃度の変化速度 (mol / l)

L=セル長(通常1cm)

E=測定物質のモル吸収度(モル吸光係数)、NADHではE=6300 l/mol/cm

濃度変化速度は酵素活性の算出に利用でき、以下の式で定義されます。

酵素活性=(dC/dt) × (Vt/Vs)

 Vt=反応混合液の全容量

 Vs=サンプル容量

酵素活性には2つの国際単位があります。

1) U またはI U で表される酵素活性の国際単位。2 5 ℃で基質1 マイクロモルを1 分

当りに変換させる酵素量と定義されている。

2) Katal、katで表され、基質1モルを1秒当りに変換させる酵素量と定義されてい

る。 

1IU=1.67 ×10 -6 kat 1kat=6 × 10 7 IU katalはSI単位として認められていますがあまり使われていません。

算出方法を濃度(mol/l)の変化速度として定義しましたので、その結果は単位

容量当りの活性、IU/lまたはkat/l となります。

58

酵素活性の算出方法を簡単にするために、上記の式で酵素活性はdA/dtに比例し

ていることから、モル吸光度とサンプル容量の変数を組み合わせて変換ファク

ターを作成することができます。それらの変数をI U / l の単位に転換すると以下

の式で表されます。

Factor=Vt.10

6 /E.L.Vs

Vt =全反応物容量 (ml)

Vs =サンプル容量 (ml) 

E =モル吸収度 (l/mol/cm)

L =セル長(通常1cm)

このファクターの単位は

µ mol/lです。

前述したアラニントランスアミナーゼ酵素反応の例では、試験サンプルを

0.2ml、全反応物容量を2.20mlとした場合、変換ファクターは以下のように算出

されます。

ファクター=2.20 × 10

6

/6300 × 1× 0.2=1746

µ mol/l

吸光度変化速度、dA/dtは吸光度vs時間のプロットでの直線部分のデータを直線

回帰分析すれば、分当りの吸光度変化を示す傾きの値として算出されます。こ

の方法はIU単位で利用するのに便利ですが、マイクロkatalでは変換ファクター

を60で割る必要があります。

酵素活性は、吸光度の変化速度と変換ファクターを掛けて算出します。

酵素活性(IU/l) =dA/dt ×ファクター

59

仕様

波長レンジ

モノクロメーター

スキャンスピード

スペクトルバンド幅

波長精度

波長再現性

光源

ディテクター

光度測定レンジ

光度測定精度

光度測定再現性

安定性

迷光

デジタル出力

サンプルコンパート

メントサイズ

装置サイズ

装置重量

電源

安全基準

EMC放射

EMC基準

Main harmonies

品質管理システム

190∼900 nm

1200ライン/nm 収差修正凹面回折格子

3000 nm/min

<3 nm

±1 nm

±0.5 nm

キセノンランプ

シリコンフォトダイオード 2基

-3.000から3.000A、0.01から99999

濃度単位0.1から200%T

546 nmにおいて3.000Aに対して±0.5%

546 nm・3.000Aに対して吸光度の0.5%以内

340 nmで±0.001A/時間

220 nmでNaI使用時に<0.05%T、340 nmでNaNO

2

<0.05%T

使用時に

9ピンRS232CシリアルおよびCentronicsパラレル

210×140×80 mm

520×370×230 mm

13 kg

100∼240V AC±10%、50/60Hz、150VA

EN61010-1

EN61326-2.3 Generic emissions part 1

EN61000-4-6 Generic immunity part 1

EN61000-3-2

ISO9001認可品質管理システムに適合した設計および製造

以上の仕様測定値は、装置を一定の温度条件で測定した典型的な製品ユニットの数

値です。

製品の開発等により、予告なしに製品の仕様を変更する場合があります。

保証

供給された製品は、明示した仕様に合致していることを保証致します。製品の保証

期間は12カ月です。ただしマニュアルに沿った使用法をしている場合に限ります。

本製品を誤って使用したために生じた損失や故障については責任を負いかねます。

本製品はBiochrom Ltd., Science Park, Milton Road, Cambridge CB4 0FJ, UKで製造され

ました。 

    

60

©2007 GE ヘルスケア バイオサイエンス株式会社

本書の全部または一部を無断で複写複製することは、

著作権法上での例外を除き、禁じられています。

Home Page

http://www.gehealthcare.co.jp/lifesciences

掲載されている製品は、試験研究用以外には使用しないでください。掲載されている内容は、予告なく変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。

掲載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です。この印刷物は、再生紙を使用し大豆インキにて印刷しています。

安全上のご注意

必ずお守りください

このしおりには、弊社機器に関する一般的な注意事項を記載しています。取扱い

の詳細は必ず製品添付の使用説明書をご覧ください。

誤った取扱いをした場合に生じる危険や損害の程度を、

次の区分で説明しています。 図記号の意味は次の通りです。

警告

誤った取扱いをした場合

に、死亡や重傷を負う可

能性があるもの。

禁 止

は、してはいけない「禁止」を示

します。

注意

誤った取扱いをした場合

に、傷害または物的損害

が発生する可能性がある

もの。

は、必ず実行していただく

「強制」を示します。

警告

電源プラグの抜き差しにより、

運転を停止しない

火災・感電の原因になります。

禁 止

禁 止

根元まで

差込む

禁 止

禁 止

電源コード・電源プラグを

傷つけない

●加工しない ●束ねない

●折らない ●物をのせない

●ねじらない

●加熱しない

●無理に曲げない

破損して火災・感電の原因になります。

電源プラグのほこりを取り除き、

刃の根元まで確実に差込む

接続が不十分だと、隙間にほこりが付着

して火災・感電の原因になります。

本体を水に

つけたり、

水をかけたり

しない

ショート・感電の原因になります。

使用時や使用直後(運転停止後約

60

分間)は、操作に関係のない部

位には触れない

高温部に触れ、やけどの原因になります。

同梱の電源コード・電源プラグ以

外のコード・プラグを使用しない

故障・火災・感電の原因になります。

禁 止

禁 止

電源コードを途中で接続しない、

タコ足配線をしない

火災・感電・故障の原因になります。

修理・分解・改造はしない

火災・感電の原因になります。

禁 止

指定の規格

取扱説明書に指定された規格の

コンセントを使用する

指定された規格以外で使用すると

火災・感電の原因になります。

禁 止

電源コードや電源プラグが傷んだ

り、コンセントの差し込みがゆる

いときは使わない

感電・ショート・発火の原因になります。

プラグを抜く

異常時は、運転を停止して電源プ

ラグを抜く

異常のまま運転を続けると火災・感電の

原因になります。

禁 止

同梱の電源コード・電源プラグを

他の電気機器に使用しない

故障・火災・感電の原因になります。

注意

禁 止

設置時は、次のような場所には

置かない

●不安定な場所  ●湿気やほこりの多い場所

●油煙や湯気が当たる場所

●直射日光の当たる場所 ●風雨のあたる場所

●熱器具の近く ●高温になる場所

●吸・排気口をふさぐような場所

このような場所に置くと、ショートや発

熱、電源コードの被膜が溶けるなどして、

火災や感電、故障、変形の原因になること

があります。

水平で丈夫な場所に設置する

水平

ぬれた手で電源プラグを抜き差し

しない

禁 止

感電の原因になります。

プラグを持つ

電源プラグを持ってまっすぐ引き

抜く

ななめに引き抜いたり、コードを持って

抜 く と、 プ ラ グ の 刃 や 芯 線 が 破 損 し て

ショート・感電・発火の原因になります。

低温室で使用する場合の注意

電源を

入れておく

装置を低温環境下でご使用になる

場合、システム電源は常時入れて

おく

低温環境下で長時間システムの電源を落

とした状態で放置すると、結露などによ

り故障の原因になります。

ランプなどの消耗品は

OFF

にしておくと、

劣化を防ぐことができます。

電源を

入れない

装置を低温室から常温の場所に移

動させる場合、常温に設置後、装

置内の結露が無くなるまでシステ

ム電源を入れない(状況により異

なるが、通常半日から一昼夜)

感電・漏電火災の原因になります。

弊社製品についてのお問合せ (バイオダイレクトライン)

TEL : 03-5331-9336

受付時間

9

:

00

17

:

30

土・日・祝日、弊社指定休業日、年末年始を除く

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement