アクリル板彫刻加工

アクリル板彫刻加工
アクリル板彫刻加工
岡村
裕介
田爪
快
1. まえがき
僕たちは、先生に勧められてLPKFプリント基
板加工機を使ってアクリル板に文字を彫刻加工する
ことにした。
図2
流れ図
(1)データ作成
まず始めに Circuit CAM を使用して、彫刻加工す
る文字を入力しデータを作成する。フォントや文字
のサイズは自由に変えることができるが、そのため
に細かな設定を行わなければならない。文字を入力
すると図3のように表示される。しかし、このまま
では彫刻加工することができないのでここからさら
に設定を行い、彫刻加工のできるデータを作成して
図1
2. 原
LPKF本体
いく。
理
LPKF プリント基板加工機は、切削方式により配
線・穴あけ・外形切断を行い、短時間でプリント基
板を作成する機械である。
そのために2種類のソフトを使用した。
(1) Circuit CAM
加工パターンデータを作成するソフトである。
(2) Board Master
Cirtuit CAM で作成したデータをもとに、LPKF 本
体を使用しドリルでアクリル加工を行うソフトであ
図3
データの作成
る。
① 形線へ変更
3. 作業工程
彫刻加工のできるデータにするために、まず入力
図2のフローチャートの手順で作業を進めた。
した文字を外形線に変更する必要がある。外形線に
まず最初にデータの作成をする。各種設定のし忘れ
変更した作業画面が図4である。この作業は「外形
はないかなどの確認をした後、LPKF 本体を使いアク
線に変換」というツールを使用し一度に文字全体を
リル板の加工を行う。
外形線処理した。
1
② 刻加工をするためのデータに変更
外 形 線 に 変 更 し 終 え た 文 字 デ ー タ を Board
Master で加工できるようにするために、パターン一
つ一つに使用するツールやドリルの設定を行う。
一箇所でも設定し忘れると、加工した際に失敗して
しまうので、何度も確認したりして気を付けて作業
する。設定し終えたら、データ形式を LMD に変更し
保存する。
< 設定例 >
レイヤー:InsulateTop_Std
図4
外形線に変換
ツール
:LpkfMIllingTools
ドリル
:Universal Cutter 0.2 mm (8 mill)
図4のように文字を外形線にするだけでは、内側
のパターンが消えてしまい綺麗な文字にならないの
(2)アクリル加工
で図5のように、手作業で一つ一つパターンを追加
Circuit CAM で作成したデータを BoardMaster に
して書き込んでいく。パターンを書き終わった画面
移し、LPKF 本体で加工する。前もって設定しておい
が図6である。
たドリルなどの設定を、BoardMaster でも再度設定
する。異なる設定をしてしまうと、うまく動作しな
いので確認を作業ごとに何度もする。図7は
BoardMaster にデータを移し、設定し終えた画面で
ある。設定し終え開始のボタンをクリックすると、
LPKF 本体が動き加工を始める。図8は加工している
時の画面である。ドリルの動きと同じように、画面
の青色のポインタも動く。
図5
パターン書き込み中
図7
図6
書き込み後
2
加工前
4.まとめ
初め説明書を見ただけではほとんど内容を理解で
きなかったが、去年の先輩の資料などを参考にし無
事アクリル板を加工できるようになった。後半には
設定の仕方や作業にも慣れ、スムーズに作業するこ
とができた。彫刻加工を行う際に、アクリル板をし
っかり固定しておかないと線がずれてしまうので、
加工開始する前に十分に確認をしてから作業するこ
とに気を付けた。
図8
加工途中
5.あとがき
LPKFプリント基板加工機を使えるようになる
(3)完成
まではそんなに時間はかからなかったが、いつもと
図9は加工し終えたアクリル板である。
同じように設定をして加工してもうまくできなかっ
同じ作業を繰り返し、
「整理」
「整頓」
「清掃」
「清潔」
たり、ちょっとしたミスで加工できなかったりと慣
「習慣」の 5 種類の彫刻をした。
れたつもりでも気を抜かずに作業をする大切さを、
この課題研究から学ぶことができた。とても有意義
な1年を過ごせた。
6.参考文献
・Circuit CAM 取扱説明書
・Board Master 取扱説明書
・LPKF 取扱説明書
図9
図10
完成品
太いドリルを使用した作品
3
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement